5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天下の悪法!個人情報保護法って

1 :文責:名無しさん:01/10/27 00:03 ID:LBs+Xh+q
まだ廃案になってないようだけど、痔眠党は言論の自由を
封じるのが好きだねえ〜

2 :ななし:01/10/27 00:03 ID:81y269Vn


3 :文責:名無しさん:01/10/27 00:07 ID:FbvbYUdm
多数決というのは一部の天才の意見を無視してしまう、ナンセンスだな

4 :文責:名無しさん:01/10/27 03:43 ID:GDU7m2Tr
個人のプライバシーより言論の自由が優先される

5 :文責:名無しさん:01/10/28 00:36 ID:08HBplCs
2chのこの法案が通ったら閑古鳥が鳴くよ!!!

6 :文責:名無しさん:01/10/29 00:08 ID:49WB/n9s
age

7 : :01/10/29 01:53 ID:SyWAYAys
このまえ講演をを聞いた大学教授は
「個人情報保護法でやっとセールスの電話から開放される」
と言っていた。
肩書きのある人たちはこの手のセールスに手を焼いているようなので、
この法律を支持しているみたい。
この法律は成立するよ。

8 :文責:名無しさん:01/11/01 23:32 ID:AI+lMJq7
ゆ〜る〜さ〜ん!!

9 :文責:名無しさん:01/11/01 23:51 ID:XVSI5raZ
WEB現代の会議室も最近じゃ閑古鳥が鳴いてるね。
ところで、9・2集会の黒字(百数十万円)ってどうなったの?

10 :文責:名無しさん:01/11/01 23:55 ID:8YsvkGn8
眠酒党はどうしてるんだ?対案だすのか?

11 :文責:名無しさん:01/11/02 23:23 ID:s+V1FP58
>9
宮崎学糾察のメルマガで読んだが、9・2の黒字は130万円。
関係者の宴会費用に使ってはどうかというトンデモ意見まであったらしい。
あるいは反対派ジャーナリストによる「同時多発ミーティング」とやら
(横浜会場でさえ集客20人前後!)で出席講師が出演料として山分けしたのか。

9・2実行委の関係者は、少なくとも集会参加者に黒字の使途を説明する義務が
あると思うがどうよ。

12 :文責:名無しさん:01/11/03 02:41 ID:NO1t5Rt2
初歩的だがこれを読んでくれい
http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/hogohou/saitou.html

13 :ド・カーポ:01/11/03 10:02 ID:zZY9HvCU
>12
リンク先からコピペ
「それでは」と役人は言い、一通の書類を示して続けた。
「諸君らの個人情報取得行為を、内閣総理大臣は報道目的の取材とは見なさない。
B先生に対する攻撃・中傷目的と判断した。よって個人情報保護法第六十一条に
より、諸君らを六カ月以下の懲役または三十万円以下の罰金に処す」

はぁ?
この法案の賛否は別にして、なんで刑事罰を司法手続抜きで科せるんだよ。
ちったぁ法律の基礎を勉強してから出直せや。

黒字処分問題は黙殺かい?

14 :文責:名無しさん:01/11/03 19:02 ID:9cBKJhTq
>>13
その
>司法手続抜き
をその文章にいれたら、何がどう変わるのかね。

15 :文責:名無しさん:01/11/03 19:08 ID:w/8tnMJ3
>>14
報道目的かどうかを裁判で審議するって事でしょ。
コピペ文では行政が司法もやってるじゃん。そんなことありえねっつの。

16 :文責:名無しさん:01/11/03 21:05 ID:9cBKJhTq
>>15
裁判する前にパソコンなど没収。
また、裁判の決着がつくまで記事にはできないだろう。
そうなれば、ほとんど意味がなくなる。
決行すれば、その文にあるような話になる。

17 :文責:名無しさん:01/11/03 21:16 ID:P8ua+X9o
>>16
起訴の前に判決が出る可能性など皆無
役人によってはじめて判決を伝えられる可能性も皆無
あほかと。

18 :文責:名無しさん:01/11/03 21:27 ID:9cBKJhTq
>>17
>決行すれば、その文にあるような話になる。
日本語が読めないか。

19 :文責:名無しさん:01/11/03 21:33 ID:9cBKJhTq
>>17
は、相手本人から「個人情報保護法違反である」と言われても決行した場合どうなるか書いて下さい。
あげ足とりだけでは・・・

20 :文責:名無しさん:01/11/03 21:33 ID:P8ua+X9o
>>18
あそ。
個人情報保護法ってのは裁判ナシで行政が判決を下せる法なわけだ。
そりゃいかんよね。うん。つぶせつぶせ。

21 :文責:名無しさん:01/11/03 21:48 ID:P8ua+X9o
9cBKJhTqってさ
200%個人情報保護法案全文を読んだことないだろ
どっかのパンフかなにかで抜粋文を読んだだけだろ
まあ、読めって。

>>19で「決行」って言ってるのがすでに無茶苦茶なんだよ。
どうなるって、同法であらたに罰せられるだけじゃん。

22 :文責:名無しさん:01/11/03 21:53 ID:P8ua+X9o
もうひとついうけど、「相手本人から」も無意味ね。
俺がいまここで9cBKJhTqは俺を侮辱した!名誉毀損だ!10万払え!って言うのと同じだよ。

23 :文責:名無しさん:01/11/03 22:13 ID:PYYuiYU5
13以降のやりとりはP8ua+X9oの一方的勝利!
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ということで以下、黒字処分問題へ移行!!
9・2実行委関係者は説明せよ!!!

24 :文責:名無しさん:01/11/03 22:19 ID:P8ua+X9o
一応顔出しておく。ジサクジエン言われたら気分悪いし。

25 :文責:名無しさん:01/11/03 23:27 ID:OyStM49q
>同法であらたに罰せられるだけじゃん。
だから、文とどういふうに違うのか、
と聞いてるんだけど。
ほら、>>23のように条文を読んだことなさそうな奴がそれで騙されるじゃん。

26 :文責:名無しさん:01/11/03 23:30 ID:OyStM49q
>あほかと。
これは
>俺を侮辱した!名誉毀損だ!10万払え!って言うのと同じだよ。
と同じじゃないのかね(w

27 :文責:名無しさん:01/11/03 23:30 ID:L6zMsS2B
>>1
今日の新聞にサイバー犯罪条約とかいう国際条約の記事があったよ。
見てみるといいかもしれない。

28 :  :01/11/04 03:11 ID:lxd+CYSI


29 :文責:名無しさん:01/11/04 03:20 ID:wvujRmw/
これは森元首相の買春疑惑報道がきっかけになっているのかな。

30 :文責:名無しさん:01/11/04 05:52 ID:ktQhr7/N
>>29
きっかけというより、それで勢いづいた、という感じのようです。

31 :文責:名無しさん:01/11/04 06:18 ID:vIlK0q+C
結論:裁判の前に判決が出ることなど
あ り え な い。

32 :文責:名無しさん:01/11/04 08:17 ID:ktQhr7/N
>>31
あの文の中の記述は、たしかに法律的に厳密にはおかしいかもしれないが、
実際、最終的な結果としては記事の差止めとなるという意味では同じことだと言える。
それを、揚げ足とりで批判してもしょうがない。

33 :文責:名無しさん:01/11/04 08:49 ID:vIlK0q+C
>>32
厳密にはどころじゃない。
行政が判決を裁判無しで下せるかのようなイメージを持たせる悪文であり、
日本の法制度下においてはありえない事を書いて個人情報保護法案に対する
歪んだイメージを持たせかねない、極めて悪質な駄文である。

それと、記事って言ったか?
55条読め。
そもそも、判決の前には裁判がある。裁判は報道される。
なあ、B代議士の「個人情報」とやらはダダモレなんだけど?
そんなことをしてB代議士に何の得がある?

もうひとつ。
この法律があれば、この夏にあったような教育委員の自宅住所電話番号
をネットに載せた変な人達は確かに困るかもしれんな。よくわからんけど。

34 :文責:名無しさん:01/11/04 08:59 ID:ktQhr7/N
>裁判は報道される。
もし当該の内容を報道したとしたら「個人情報保護法」違反でしょう(w

>行政が判決を裁判無しで下せるかのようなイメージを持たせる
「一通の書類を示して続けた」のだから、その役人が「判決文」のようなものを読んだという場面でしょう。

35 :文責:名無しさん:01/11/04 09:01 ID:vIlK0q+C
>>34
あーもう。
その判決文を出した裁判をAが知らないってことはありえない。
それを知らないうちに判決が出たかのように書いてるのが無茶苦茶なの。

それとな、55条読めって。

36 :文責:名無しさん:01/11/04 09:14 ID:ktQhr7/N
55条なんて言っているが、この法律の要点は記事内容が事実かどうかが裁判でもっぱら争われるのではないだろう。訴えられたら、罰則を覚悟した上での「決行」記事によるほかは、まず記事にはできないという法律だろう。>他の条文を読め。

勧告に従わず、命令に違反した者は六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処するというのは、法律家の人たちは如何にもクッションがあるように言うが、ちょうど交通違反の切符と同じようなものと考えてよいのでは。

37 :文責:名無しさん:01/11/04 09:18 ID:vIlK0q+C
>>36
プロセスに裁判が入ってるのにどうやって行政による恣意的な強制ができるんだよ。
それをできるかのように書いてるからあの文は駄文且つ悪文なの。

38 :文責:名無しさん:01/11/04 09:22 ID:ktQhr7/N
>55条読めって。
これって、報道目的ならOK、という意味で書いてるわけ?

そもそもの裁判の対象になっている記事(報道目的)に対して「報道」ではないと言っていることを「報道」として「報道」できないでしょう。

39 :文責:名無しさん:01/11/04 09:24 ID:vIlK0q+C
まずは12のリンク先が駄文且つ悪文である事を認めろ。
認めたら次の話題として法案の是非でも問え。
おまえごっちゃになってるよ。おれもひきずられたけど。

40 :文責:名無しさん:01/11/04 09:26 ID:vIlK0q+C
>>38
だー!
滅茶苦茶法を恣意的に理解して訴えたとしても、報道か報道でないかを
判断するのは裁判所であって行政じゃないの!プソプソ。

41 :文責:名無しさん:01/11/04 09:31 ID:ktQhr7/N
>報道か報道でないかを判断するのは裁判所

何言ってるの?
「報道」か「報道」でないかを決めるのは「主務大臣」だよ。

42 :名無し:01/11/04 09:34 ID:N3PLI5aQ
現在のマスゴミに個人情報保護法を批判する資格なし。
偉そうなこと言いつつ、金儲けだけが目的の癖に

43 :文責:名無しさん:01/11/04 09:34 ID:vIlK0q+C
>>41
何条読んでいってんの?さっぱりわからんよ。
そんな条文見当たらないけど。

44 :文責:名無しさん:01/11/04 09:39 ID:ktQhr7/N
>何条読んでいってんの?

総務省の藤井さんに言って下さい(w
彼はこの法案のまとめ役であり、その「報道」か「報道」でないかを決めるのが「主務大臣」だと言っている人ですから(w

まぁ君もこの法案に関してはほとんど知識がないということで。

45 :文責:名無しさん:01/11/04 09:41 ID:vIlK0q+C
>>44
条 文 を 示 せ。

あと>>39をすっぽかすな。

46 :文責:名無しさん:01/11/04 09:50 ID:ktQhr7/N
>あと>>39をすっぽかすな。
>>32
で書いてるでしょう。

>条 文 を 示 せ。
君もおかしな人だな。
この法案を作成した人がそう言ってるんだから(w

47 :文責:名無しさん:01/11/04 09:51 ID:vIlK0q+C
>>46
しめせないんならシッポまいて逃げろよ。しばらくさいなら。

48 :文責:名無しさん:01/11/04 11:56 ID:leHTw2ac
藤井さーん、そういうことらしいですよ(w

49 :文責:名無しさん:01/11/04 12:00 ID:leHTw2ac
それにしても、今国会を見てもわかるように
条文なんてあってなきが如くだ。・・・

50 :文責:名無しさん:01/11/04 13:00 ID:sQ/5C6fP
お前ら勝手すぎる。
自分達の権利が侵されそうになるととたんに権利、権利、か?
普段弱いもののために、体張って主張してきた人間にえせ人権屋などと
罵倒しておいてそれか?

これまで散々権利の名の元に他者の尊厳を踏みにじり、濫用の限りを
尽くしてきておいて、今度は権利を守れ、か?
普段通り、「権利ばっかり主張して義務を・・」ってな硬派な態度で臨ん
でみろ。自業自得。

51 :文責:名無しさん:01/11/04 13:01 ID:sQ/5C6fP
問題のあることをしてるのは一部であって全体ではない、ってのは通用
しない。
なぜならお前等自身が草した認識を許容し、むしろ増強さえし、非難の
道具にしてきたのだから。

52 :文責:名無しさん:01/11/04 13:02 ID:sQ/5C6fP
というわけで、ざまぁみやがれ。

53 :文責:名無しさん:01/11/04 14:02 ID:5x+WwxSe
この法案の本質がわかっていないようです。
たとえば、君がそうやってマスコミを批判することも、
---もし、彼らがそれを咎めようと思えば、ですが----
できなくなるような法案なのです。
君は「別にそれでも困らない」と言うでしょう。
でも、言論の自由が必要なのはこの世の生きている全ての人なのです。
たとえば、公害や薬害、役所や政府の不正などと闘う「市民運動」などはどうなりますか?
この法案に反対する人々を君たちはよくご存知ないようだ。というのも、君たちが『ざまぁみろ』と言っているマスコミが、そもそもこの法案のことをほとんどとりあげていないからだ。
それは何故かと考えてみることだ。別に君たちが言っているようなことを自省してそうするのではない。

54 :文責:名無しさん:01/11/04 14:17 ID:sQ/5C6fP
バカだなぁ・・・いつオレが法案賛成といった?
>>53の言ってることっておまえらの大嫌いな朝日の主張に良く似てるよ。
おまえらの大嫌いな「市民運動」の主張によく似てるよ。
それらに対し、法的に禁止せよ、の類の発言から根も葉もない言い掛か
りまで散々に罵倒しておいて今更ソレか?というその二枚舌にあきれて
るんだよ。
表現の自由を守る、権利を不断の努力で保持する、それが市民運動の
思想だ。表現の自由は、「表現の自由を奪うべきだ」、という主張に対し
てさえ許される。
おまえらはそういう寛容を持ってこなかった。違うか。

オレは自分の権利をこれまでどおり適用し、この法案に反対する。
おまえらは、これまでの主張とどう整合性をつけるんだ?
そのいいかげんさに腹が立つ。

55 :文責:名無しさん:01/11/04 14:23 ID:klRVrkJG
俺も法案に反対する。
コンビニのバイトやってるんだけど
振り込みってあるじゃん。
その情報を業者に売るのがおいしい。
卒業写真とかも結構売れる。

56 :文責:名無しさん:01/11/04 14:44 ID:5x+WwxSe
>>54
書き込みの「状況」がわかっていない??

57 :文責:名無しさん:01/11/04 14:57 ID:5x+WwxSe
>バカだなぁ・・・いつオレが法案賛成といった?
?????

58 :文責:名無しさん:01/11/04 18:05 ID:kCMpo+6b
>ID:leHTw2ac

藤井さんとやらの発言をそのまま書けば言いじゃん。そうすれば根拠となる条文も分かるでしょ。
ところで「条文なんてあって無きがごとき。」ならなんで自衛隊法改正に手間かけてるわけ?(藁

59 :文責:名無しさん:01/11/04 18:15 ID:5wVF447H
人間の屑が、自分たちの既得権益の保護を声高に主張しています(笑

60 :文責:名無しさん:01/11/04 19:09 ID:oIA9LDZ9
賛成するにしろ、反対するにしろ、もう少し勉強してからにして下さい、
としか言えません。
ネットで検索かければ、資料はいくらでも出てくるだろうし。

61 :文責:名無しさん:01/11/04 19:10 ID:oIA9LDZ9
藤井昭夫室長との公開討論会
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2001_05_16_2/01.html

62 :文責:名無しさん:01/11/04 19:15 ID:5wVF447H
oIA9LDZ9

こういうのがマスゴミの屑の典型だな。
一見、中立のようで実は規制反対派。

63 :文責:名無しさん:01/11/04 19:21 ID:oIA9LDZ9
>声高に
って、どこのマスコミが「個人情報保護法案」のことをとりあげているんですか?
空想もたいがいにして下さい。

64 :文責:名無しさん:01/11/04 20:04 ID:aiD6Q8YL
>>61のとこでは報道の定義をずいぶん広く取ってるじゃん。
主務大臣が定義するっていうのはどこからでた話なんだ。
結局裁判で判断するんじゃん。

どっちにしても>>12のはウソツキ。

65 :文責:名無しさん:01/11/04 20:21 ID:oIA9LDZ9
吉岡氏
「誰がいつのどのような段階でこれは報道であり、これは報道でない、と判断をされるのでしょうか」

藤井室長
「この部分については合憲的な解釈の余地は出てこないと思います。
普通は双方の当事者が判断されればいい話で、権利義務関係になれば裁判所が関与することもあるでしょうけど、これは権利義務関係になかなかならないので裁判所があまり判断する可能性はないのではないでしょうか。
皆さま方が自主的に判断していただくことになるでしょう、第一時的には」

66 :文責:名無しさん:01/11/04 20:21 ID:oIA9LDZ9
松本代議士
「適用除外になるか、個人としてやってるかどうか、判断するのは」

藤井室長
「最終的には、疑念がある場合は、内閣府の国民生活局ということになります。そこでご判断されることとなるんですけども」

松本代議士
「いやいや、法律上は主務大臣でしょ」

藤井室長
「どっかの主務大臣が手をあげるということはないので、主務大臣がいない場合は41条の但し書きで、内閣総理大臣が指定することになってますので、そこでの判断になります」

松本代議士
「いずれにしても指定された主務大臣」

藤井室長
「いまのケースは指定する必要性があるかどうかの議論が必要ですけど」

斎藤氏
「報道かどうかは国が決めるのですか」

藤井室長
「報道かどうかは決まっていて、その当てはめは誰がするのかということになります」

斎藤氏
「だったら定義は何ですか。報道って何ですか」

藤井室長
「報道とは事実を事実として提供することを業としていることです」

斎藤氏
「それはさっき保坂先生が言ったように、報道のつもりでやっても受けとる側が単に攻撃だと言ったらこれはまた議論の余地が出てきますね」

67 :文責:名無しさん:01/11/04 20:26 ID:aiD6Q8YL
この弁護士は「俺はお前を報道と認めない!訴えてやる!」て裁判が
起こり得る、って激怒してるのな(w
ペット殺されたやつが「ポチは家族なんです!家族だから人間でしょう?殺人ですよコレは!」
て訴えるのまでフォローできるか。(w

68 :文責:名無しさん:01/11/04 20:26 ID:oIA9LDZ9
「いずれにしても指定された主務大臣」
ということで、誰が決めるにしろ、それは指定された『主務大臣』。
とにかく裁判所じゃなく、議員。

69 :文責:名無しさん:01/11/04 20:26 ID:aiD6Q8YL
>>68
それ、藤井の発言ちゃうぞ・……

70 :文責:名無しさん:01/11/04 20:27 ID:oIA9LDZ9
>>67
何言ってんの?

71 :文責:名無しさん:01/11/04 20:31 ID:oIA9LDZ9
>藤井の発言ちゃうぞ

「いまのケースは指定する必要性があるかどうかの議論が」
この意味が君にはわからない?

72 :文責:名無しさん:01/11/04 20:33 ID:aiD6Q8YL
藤 井 の 発 言 ち ゃ う ぞ

73 :文責:名無しさん:01/11/04 20:43 ID:oIA9LDZ9
>>72
では、藤井氏は誰が決めると言ってるんだね?

74 :文責:名無しさん:01/11/04 20:44 ID:sQ/5C6fP
お前等逆らうなよ。
朝日が逆らったらたたきまくるんだろ?
同じようにたたかれても逆らうなよ。

権利の濫用なんだろ?権利権利って言うヤツはウザイんだろ?

75 :文責:名無しさん:01/11/04 20:50 ID:aiD6Q8YL
藤井発言
>報道とは何かと言ったら事実を事実として業としていれば報道機関ですよ

やべえ、朝日が「報道」じゃなくなるな

76 :文責:名無しさん:01/11/04 21:05 ID:sQ/5C6fP
朝日に言わせれば、他の新聞は報道ではない。
同様に、それはおまえらの意見に過ぎない。

77 :文責:名無しさん:01/11/04 21:44 ID:IWzpUdto
 あのさぁ、以前に法律板でさんざん書かれてたけど、EU加盟国じゃ、
マスコミだって個人情報保護法の埒外にあるわけじゃなくて、
いったん法律の対象になった上で個別の義務ごとに適用が除外されてる
んだってば。この場合、除外対象になるマスコミであること(又はないこと)を、
法律の一次的な運用に当たる監督機関(行政機関)が判断してるわけでしょ。
 監督機関が「これはジャーナリズム目的ではない。誹謗中傷目的である。」と
いって介入できるっていうなら、EUのジャーナリストは瀕死の状態ですな(藁
 何かにつけて外国の例を持ち出すのが好きな日本のマスコミが、
この件に限ってEUの仕組みに言及しないのは、現実が自分達の主張に沿わない
からか?

78 :.:01/11/04 23:20 ID:VGPnL9mN
個人情報保護法が言論の自由を侵すだなんて、本気で信じている奴は
幽霊が存在するとか、UFOは米軍のヒミツ兵器だとか、本気で
信じている奴らと同レベルのアホ。

個人情報保護法は、通信傍受法が成立してしまった後の、
アホ左翼の飯の種になっているだけ。
気が付けよ。

79 :文責:名無しさん:01/11/05 20:45 ID:UtXw7XO9
「主務大臣」とうのは、たとえば、
宗教法人を認定するときの「文部科学大臣」のようなものかな。
実質的な認定は宗教法人審議会というものがするらしいけど、
文書などは「文部科学大臣」になるわけだ。
まあ、この「宗教法人」の現状の認定をみてもわかるように、
政府のこういう機関はイカサマ師の集まり。

80 :名無し:01/11/05 20:47 ID:65mVe6Us
>>80

朝日の「人権と報道何とか委員会」より数倍マシ。

81 :文責:名無しさん:01/11/05 20:49 ID:K9IOrb12
/ ̄⌒⌒ヽ
| / ̄ ̄ ̄ヽ
| |   /  \|
| |    ´ ` |
(6    つ /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|   / /⌒⌒ヽ < 一大事だ!
|    \  ̄ ノ   \_____
|     /

82 : :01/11/05 20:51 ID:U1kScrPB
>>77

同意。
今、2chでマスコミが叩かれているように、もし一般国民が見ても
明らかに言論を押さえる目的での運用がされたらネット上にすぐ流れる。
そうなればすぐに政権が崩れるよ。

ただ、自分達の特権を守ろうとしているだけ。

83 :文責:名無しさん:01/11/05 23:18 ID:UtXw7XO9
【ねっとアゴラ】

個人情報保護と報道、熟考を

大阪府池田市の小学生殺傷事件でも、インターネット上を個人情報が駆け巡った。
何らかの事情で事件の詳細を知る人が匿名掲示板に容疑者の住所や離婚した元の妻たちの個人情報をアップ、それがコピーとペーストを重ねられ、あっという間にネットワーカーの間で広がった。

こうした状況を見れば、先の国会に個人情報保護法案が上程されたのは時代の要請だったと言えよう。
情報化を進める現代社会で、個人情報の保護を強化する必要は増している。

ただし、その際に問題になるのが報道の扱いだ。たとえば政治家のスキャンダルを暴こうとした取材活動が、個人情報保護法に抵触して妨げられるようでは困る。
「報道の自由」との折り合いが問題なのである。

法案には放送局、新聞社などの報道機関が報道目的で取材する場合には、個人情報取扱事業者の義務規定を免除される規定が盛り込まれていた。
当初、この除外規定に含まれなかった出版系フリージャーナリストから法案に反対する動きが起きたが、
その後、「フリージャーナリストも報道目的の場合は除外対象に加える」との政府答弁書が出され、
また国会審議もいったん見送られたので、反対運動も鎮静化している。

          ■   ■   ■

 しかし、これで一件落着、ではないはずだ。ネットワーカーたちが、かくも個人情報暴露に熱中する理由を考えてみるべきだろう−−。

 以前、ある雑誌でネットワーカーたちを取材した時、印象的なやりとりをしばしば経験した。彼らはハンドルネームで取材を受け、本名は絶対に明かさない。
「掲載誌を送るので」と住所を尋ねても断られる。その拒絶のかたくなさに改めてマスメディア不信の強さを感じた。

取材という「錦の御旗」を掲げて他人のプライバシーに土足で踏み込み、それを暴露する……。それが彼らのマスメディア観だ。
そして自分たちの個人情報もいつ暴かれるか分からないと考えている。
そんな不信感、敵対感情、そしてマスメディアへの対抗意識がねじれた形で発散されたのが、自らを匿名にしたままのネット上での第三者の個人情報暴露ではないか。
個人情報を巡るネットとマスメディアとの奇妙な「合わせ鏡」の構図が形づくられているように思われる。

          ■   ■   ■

こうした個人情報の暴露合戦は不毛でしかない。いま必要なのは、報道に従事するだれもがメディアへの不信感を自覚し、信頼回復に努めることだ。保護されるべき個人情報だが、
それでもなお報道のメスが入れられなければならない場合がある。それはどのような時であり、どのような取材方法が望ましいか。個人情報の保護と報道の在り方を巡って、
新聞、TV、出版、ネットという枠を超えて、原点に立ち返った議論を積み重ねてゆくべき時なのだ。(武田 徹/ジャーナリスト)

84 :文責:名無しさん:01/11/06 00:10 ID:jctAUxcT
ところで、この「個人情報保護法」は今国会では見送られ
また継続審議扱いとなるようだ。
そこで、「左翼」だの、マスコミの利権だのと威勢のいいことを
書いている君たち。
この、法案が継続審議扱いになったということを、何処かどの程度
どんなふうに報じているか知ってるか。
君たちの「空想」から考えれば、そざかし、大きなニュースだろうが・・・

85 :文責:名無しさん:01/11/06 00:12 ID:jctAUxcT
ビジネスというのは冷厳なんですよ、空想諸君。
君らの言う「マスコミ」はほとんど何も困らないのだ。
かえって、商売敵が減るという法案なのだ。
困るのは、ほんとに真摯なジャーナリストと、市民なのだ。

86 :文責:名無しさん:01/11/06 07:23 ID:plpQRNUa
>>85
むしろドサマギで通過させなくてはならないような悪法じゃないということの
証明に見える。
しかししかし>>7が書いているような人は市民ではないと思っておられるようだ
この御仁。

87 :文責:名無しさん:01/11/06 07:37 ID:nxL4G+U8
東京は一面で報道してますね。トップじゃないけど。
産経13版(静岡版)は一切報じてません。多分締め切り
時間が早いからで、都内、川崎あたりは報じてるかもね。

88 :文責:名無しさん:01/11/06 19:58 ID:QVE2aZA0
>>86
この法案に対する認識が甘すぎるよ。
そもそも君の理屈でいえば、テロ行為をする者が親切にする人もいるのだから
そのテロ行為自体正しいといっているようなもんだ。
こんなことを書けば、「なんだそりゃ!」と言うだろうが、君にはそれくらい
の認識しかないのだからしょうがない。

89 :文責:名無しさん:01/11/06 20:00 ID:QVE2aZA0
>>87
この3ヶ月でどのくらい記事になったかね?
両手でたりるか?

90 :文責:名無しさん:01/11/06 20:14 ID:EtpsaKLn
>85 困るのは、ほんとに真摯なジャーナリストと、市民なのだ。
>88 そもそも君の理屈でいえば、テロ行為をする者が親切にする人もいるのだから
そのテロ行為自体正しいといっているようなもんだ。

いずれも何で?

91 :なななし:01/11/06 20:23 ID:ju8i2zoX
>>88

ゴメン、私も教えて。
何を言いたいんだかさっぱり判らない。

もうちょっと自己満足じゃない比喩を使ってくれないかな。

92 :文責:名無しさん:01/11/06 20:45 ID:QVE2aZA0
>自己満足じゃない比喩を使ってくれないかな
自己満足などしてないが。
今日こそ何も書き込まないぞ、と思うくらいだ。

まぁ、まずこんなのでも読んでくれよ。
個人情報保護法の基本的な認識資料
http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/hogohou/matui.html

93 :文責:名無しさん:01/11/06 20:59 ID:EtpsaKLn
>92 まぁ、まずこんなのでも読んでくれよ。
この程度の資料ならもう読んでるよ。それでもわからんが?
(このリンク先、大々的にジュリストの論文載せてるけど
著作権法に照らして問題ないんか?)

94 :文責:名無しさん:01/11/06 21:08 ID:QVE2aZA0
なんだ冷やかしかのか。

95 : :01/11/06 21:09 ID:5Zs6zLdT
冷やかしかのか。

96 :文責:名無しさん:01/11/06 21:10 ID:QVE2aZA0
>なんだ冷やかしかのか
「なんだ冷やかしなのか」

まじめに応対して損した。

97 :文責:名無しさん:01/11/06 21:15 ID:QVE2aZA0
>それでもわからん
というのなら、それぞれに対してどの点がわからないのか言ってくれ。

それぞれ、馬鹿が主張していることではないのだ。
あんまり、人をバカにするな。

98 :なななし:01/11/06 21:20 ID:9oTFoYec
> テロ行為をする者が親切にする人もいるのだから
> そのテロ行為自体正しいといっているようなもんだ。

うーん。。私はこれの意味が知りたいだけなんですけど。
どの事例をこれに相当させているのかがわからないのよ。

99 :文責:名無しさん:01/11/06 21:22 ID:nT0lyglA
答えられない質問に対しては「質問内容が未熟である」と言って
突き放すのも手なのである。

100 :なななし:01/11/06 21:23 ID:9oTFoYec
ちなみに私は93じゃないですからね。
(わかり難いけど一応コテハン(笑))

101 :ID:QVE2aZA0:01/11/06 22:01 ID:sK/NBOXw
>>99
シアワセな人だね。

102 :文責:名無しさん:01/11/06 23:10 ID:4uKlM+hl
関係者もみてるでしょ。
これ↓はどうなったの?反論がないってことはそのとおりなのか?

11 :文責:名無しさん :01/11/02 23:23 ID:s+V1FP58
>9
 宮崎学糾察のメルマガで読んだが、9・2の黒字は130万円。
 関係者の宴会費用に使ってはどうかというトンデモ意見まであったらしい。
 あるいは反対派ジャーナリストによる「同時多発ミーティング」とやら
 (横浜会場でさえ集客20人前後!)で出席講師が出演料として山分けしたのか。

 9・2実行委の関係者は、少なくとも集会参加者に黒字の使途を説明する義務が
 あると思うがどうよ。

103 :文責:名無しさん:01/11/06 23:19 ID:j6tgrswC
>>101
ミスを認めないし質問に答えないし説得力全然ないよ。
言いっぱなしで自己満足してるようにしか見えないけど
今後はそのつもりで読めばいいのかな?

104 :文責:名無しさん:01/11/07 00:29 ID:+vovmu4x
age

105 :ID:QVE2aZA0 :01/11/07 03:11 ID:t+SYPs2W
>>103
この法案が通ると、55条で規定されている「報道」以外の「表現の自由」にすべて足枷がはめられます。(もっとも、この「報道」自体、政府の恣意的な解釈が可能なようになっていますが)
しかも、そのような法律であるにもかかわず、政府は市民に対してそれに見合ったアカウンタビリティを行っていません。「狂牛病」におけるようないい加減さです。こんなものは『テロ』みたいなものでしょう。

>今後は

その必要はないと思います。おそらくもう書き込まないと思うので。

106 :ID:QVE2aZA0 :01/11/07 03:16 ID:t+SYPs2W
まぁ、無力さも自覚しているわけですので。
では。

107 :文責:名無しさん:01/11/07 03:16 ID:TWeJs1k0
法律ってのはプログラムできないんだね。
何でだろうね?
さあみんなで良く考えてみよう!

108 :文責:名無しさん:01/11/07 03:17 ID:TWeJs1k0
>>107
うっ!
>法律ってのはプログラムできないんだね。
->法律ってのはプログラムにできないんだね。

109 :ID:QVE2aZA0 :01/11/07 21:49 ID:z6gHjpfd
最後にひとこと。
城山三郎氏が、文字通り身をけずって為政者たちを
説得して歩いておられるようだが(じょうだんでなく、
数ヶ月で体重が十数キロ減ったとの由。御高齢なので
心配)、僕にとって意外だったのは、中曽根康弘大勲位。
この法案が、前の国会で廃案になっていないのを知って
驚いたのだそうだ。
超タカ派だけあって、危険性がよくわかっているようだ。
ちなみに、宮沢喜一氏。
こんな法案があるのも知らなかったそう。引退すべし。・・・

小泉首相、悪法を残すなかれ! 城山三郎さん 個人情報保護法案を語る
http://www.mainichi.co.jp/digital/netfile/archive/200105/28-1.html

110 :文責:名無しさん:01/11/07 23:59 ID:OxydmLac
>105
はて?国会に提出されたあと審議されないのも政府のせいなのか?
国会での法案審議以上のアカウンタビリティの場はないだろうに。

111 :文責:名無しさん:01/11/08 00:00 ID:xpuDrXkS
産経の勧誘淫が勧誘相手を殺した事実を誰も語らない2ちゃんの不思議

112 :ID:QVE2aZA0:01/11/08 02:36 ID:cC3wQik3
>110
どんなことであっても聞かれなければ、説明する必要はない?
たとえば手術の成功率が1%しかない、という場合でも
患者が聞かなければ言う必要はない、と?

あなたの言っていることは逆の意味で本質に迫っていて
これまで日本をダメにしてきた理由の多くがそこにある。

それにしても、肝腎なことは何も「言わない、聞かない」の
記者クラブのようなことを言いますね。

以上、自己満足でない(?)一応の応答として。
悪いですが、僕はこれまでにさせていただきます。
もうしわけありません。

113 :OxydmLac:01/11/08 23:30 ID:0uk2lGUb
>QVE2aZA0殿
「もう書きこまないと思う」と書いてからその後も一人でご活躍の様子、敬服します。

だからさ、この場合の「患者」ってのが国民を代表する国会なわけでしょ。
政府がヤブか名医か別にして「あなたの病状と手術の内容を説明しましょ」といってんのに
患者が「そんな手術はあぶないとマスコミが言ってる」ってだけで、医者の説明さえ聞かない状況だぞ。
今日の朝日もそんな(珍しくまっとうな)ニュアンスで取り上げてたな。

国会に提出済みの法案について、政府が国会の外に向かって自ら売り込むことを
安易に許すことがどれほど危険なことに気づかんか、アンタは?
そんなの国権の最高機関たる国会を軽視する以外の何物でもないだろが。
まぁ「国会議員なんて信頼できん」っていうんだろうが、間接民主主義のルールに
従えないヤツは古代ギリシャにでも逝ってくれや。

あ、オレ、記者クラブ関係者じゃないよ。


114 :文責:名無しさん:01/11/09 00:30 ID:kWpKESnc
PRって・・・。
アカウンタビリティの意味が全然わかってない。>113
これもPR?
たしかに、アクンタビリティというより、PR(w

--- 個人情報の保護に関する法律 ---


第一章 総則

(目的)
第一条 この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、
個人情報の適正な取扱いに関し、基本原則及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、
国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、
個人の権利利益を保護することを目的とする。


[理由]
高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護するため、
個人情報の適正な取扱いに関し、基本原則及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、
国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

115 :文責:名無しさん:01/11/09 02:08 ID:VuzXC7js
>>113
城山三郎氏が言っているように、
「小説」も法の対象になるかならないか、
また、対象になる場合は、どういうことが起こるか、
というようなことを聞かれなくても説明するのがアカウンタビリティ。

>患者が「そんな手術はあぶないとマスコミが言ってる」ってだけで

そんなことはここで問題になっている「医者のアカウンタビリティ」とは何の関係もない。
>>112でいえば、

>たとえば手術の成功率が1%しかない、という場合

そのことを患者に聞かれなくても手術前に説明するのがアカウンタビリティ。

116 :文責:名無しさん:01/11/09 03:19 ID:CIbMuU9t
《アカウンタビリティーというのは、むしろレスポンシビリティー、
責任という言葉に近い語感を持った言葉です。ですから、説明という
ことに力点があるのではなく、責任ということに力点があります。
 責任というのはどういうことかというと、たとえば何か政府の計画が
あった場合、それがどういう意味を持っていて、国民の税金に
どの程度値しているか、そこからどういうネガティブな影響が出るか
というようなことについても、詳しく検討をして、国民に明かにする、
そういう説明の責任を指しているわけです。
(「原発事故はなぜくりかえすのか」高木仁三郎)

117 :文責:名無しさん:01/11/09 09:56 ID:DX9v0OTK
法の問題はどうでもよくなってアカウンタビリティの問題にすりかわったのか。

あ、もう来ないんだろ?くだらん反論しに来るなよ。

118 :文責:名無しさん:01/11/09 18:56 ID:c1rDpxUA
>>法の問題はどうでもよくなってアカウンタビリティの問題にすりかわったのか。

反論できないからって・・・嘘を書かないで。

119 :文責:名無しさん:01/11/10 00:35 ID:07o4nITH
横からしかも時間差ですいません。

>>115
>そのことを患者に聞かれなくても手術前に説明するのがアカウンタビリティ。
113「あなたの病状と手術の内容を説明しましょ」といってんのに
は、そのことを聞かれてなくても説明しようとしている医者、と読めますが?

法案に関して政府がアカウンタビリティを尽くすべき場は国会であることは当然ではないでしょうか。
だとすれば、その機会を設けようとしない国会こそに目が向けられるべきでしょう。

120 :文責:名無しさん:01/11/10 04:44 ID:+OjbL+ZK
ではこれは何のことで
>国会に提出済みの法案について、政府が国会の外に向かって自ら売り込むことを
>安易に許すことがどれほど危険なことに気づかんか、アンタは?
また、あなたはたとえば
>「小説」も法の対象になるかならないか、
>また、対象になる場合は、どういうことが起こるか
というようなことでも一度でも政府が
>聞かれてなくても説明しようとし
たことがあると思いますか。またその事実がありますか。
いずれにしろ、「アカウンタビリティ」を
>政府が国会の外に向かって自ら売り込むこと
などと言っている人はこわい人だ。
もしかしたら、政府関係者か?

121 :文責:名無しさん:01/11/10 06:58 ID:mvtrg9pW
わかりやすい例なので「小説」をあげていますが、他の《ネガティブ》なものも同じです。政府は何も言いません。
誰かが、国柄や文化や、そもそも為政者の質からして違う欧米の例を持ち出していましたが、たとえば、ジャーナリズムに関していえば、ジャーナリズムはアメリカでは法の対象になっていないし、ヨーロッパにおいても、日本のような無様なものではありません。
たとえば、こんなふうですが、
-------------------------------------------
イギリスは「ジャ−ナリズム目的、芸術目的または文学目的のために処理される個人データ」となっています。
ドイツの場合、「報道関係もしくは映画関係の事業者または放送関係の事業者が、そのジャーナリスティックな編集目的で個人データを処理または利用する場合」。
フランス。「表現の自由を制約する効果をもたらす場合には、出版または報道機関が処理する個人データに対して」。
--------------------------------------------
しかし、向こうはジャーナリズムや芸術にたいする人々の畏敬の念は日本とは段違いなので、それこそ仮に政府がこの法で暴走しても、それをとどめ得る文化のようなものがあるのではないかと思います。
ところが、日本はあまりそういうことは期待できないのではないでしょうか。昨今の小泉内閣に対する動静や、また、自衛隊派遣などに見られるいい加減さを見ていてもそう思わざるをえません。
法案作成者の一人は「ジャーナリズム」と「名簿業者」などは同じであり、それが発想の基本だと言っていますが、この「法案」では、「文学」も「演劇」も「映画」の様々な「批評」も「名簿業者」と同等ということなのです。また「市民運動」なんかも「名簿業者」なのです。
こんな役人が法を作成しているということはおそろしいことです。

122 :文責:名無しさん:01/11/10 07:01 ID:mvtrg9pW
>「映画」の様々な「批評」も
「映画」も、の様々な「批評」も

123 :文責:名無しさん:01/11/10 07:03 ID:mvtrg9pW
>「映画」の様々な「批評」も
「映画」も、様々な「批評」も

124 :文責:名無しさん:01/11/10 07:09 ID:mvtrg9pW
-------------------------------------------
イギリスは「ジャ−ナリズム目的、芸術目的または文学目的のために処理される個人データ」となっています。
ドイツの場合、「報道関係もしくは映画関係の事業者または放送関係の事業者が、そのジャーナリスティックな編集目的で個人データを処理または利用する場合」。
フランス。「表現の自由を制約する効果をもたらす場合には、出版または報道機関が処理する個人データに対して」。
--------------------------------------------

これは『適用除外』項目です。

125 :文責:名無しさん:01/11/10 22:11 ID:djkmZglC
法案反対age

126 :文責:名無しさん:01/11/10 22:17 ID:k+Nlx7wn
>124
ふと気になったのですがこの場合「ジャ−ナリズム目的」とか「表現の自由を制約する効果をもたらす場合」とかは誰が判断するのでしょうか。

127 :文責:名無しさん:01/11/10 22:27 ID:cmhp6fPx
 アカウンタビリティについての議論にはまったく関心ないけど
「向こうはジャーナリズムや芸術にたいする人々の畏敬の念は
日本とは段違い」が事実としたら、その国のジャーナリズムが
果たしている社会的な役割とか貢献とか責任が、それなりに
国民から支持を得てるということだろ。
 この国のマスコミがそれだけのものかよ(w

↓これいう事態にマスコミは一切責任がないとでも??
「昨今の小泉内閣に対する動静や、また、自衛隊派遣などに
見られるいい加減さを見ていてもそう思わざるをえません」

128 :文責:名無しさん:01/11/11 00:52 ID:QZhKdRgz
>>126
データ保護コミッショナーといわれる行政の監督機関のようです。

129 :文責:名無しさん:01/11/11 00:53 ID:QZhKdRgz
>>127
>この国のマスコミがそれだけのものかよ(w

いわんとされていることはわかります。
また新聞やテレビがこの法案が上に挙げたようなとんでもない
ものであるにもかかわらず、ほとんど無視を決め込んでいるのは
彼らが「適用除外」になっているという以前に、そもそも官報の
ような性格がより強まっていて、また調査報道のようなものも
ほとんどやらなくなった彼らには、営業上それほど反対する理由
もないからです(つまり、「表現の自由」だとか「言論の自由」
だとかではもう既に行動をしようとしない集団になっていると
いっていいでしょう。無論自分らが「困る」ものならそれらの
「理由」をたてに書きたてます)。市民オンブズマンが手弁当
でやっている官の不正などの調査・追及のようなことすらせず、
オンブズマンが結果を出したものをニュースで流して訳知り顔で
解説しているような有様なのですから。
この法案が通って困るのは、雑誌ジャーナリズムのほうで、
それも主に、その後「適用除外」に入るようになったとはいえ、
適用規定すら曖昧なままの「フリージャーナリスト」たちなの
です。週刊誌などで、あるいは単行本などで、「ジャーナリズム」
といえる仕事を日本でやっているのはその彼らなのです。この
法案は、普段まっとうなことをやっているそういう人間たちに
こそ足枷となるようになっていて(考えてみればわかるように、
たとえば汚職などの追及一つとっても、個人をあげないでは出
来ません)、新聞・テレビなどにとっては逆に商売敵が減るみ
たいな効果もあります。また、この法案の大事な点のも一つは、
「インターネット」をターゲットにもしているということです。
既存のメディアにあきたらなくて、自分らで情報発信をやって
いる人々もねらっているということです。

多くのメディアがだめだからといって、それを基準にこういう
法を作っては本末転倒で、あとでかならず災いとなってふりか
かってきます。
また、こういう基本的な法というのは、そんな「相対的」に
作成していいものだとも思いません。
たとえば、「表現の自由」「思想の自由」「信教の自由」と
いったような同じ次元の問題として----この法案は同じ次元の
問題を持っているのですから---考えねばならない基本的かつ
言うまでもなく重要なものだと考えます。

130 :文責:名無しさん:01/11/11 01:25 ID:dhKKZS0c
「(メディアに)圧力を加えることではないか」。民放の記者が気色ばんだ。

 4月6日午前、自民党が、テレビの政治報道の公正さを監視するために「報道番組検証委員会」を設置したと発表した。

 新聞記者が聞いた。「(間近に迫る)総裁選や参院選を意識したことか」。党内で報道機関への対応を担当する北村直人副幹事長は「それはあるが、それだけではない」と答えた。

 唐突な動きではない。与党・自民党はメディア規制強化に向け「公正、公平」をたてに次々と揺さぶりをかけている。番組検証委は、主なものを数え上げただけでも8番目の組織になる。

 今年2月、古賀誠幹事長の下に「放送活性化検討委員会」が発足した。設立趣旨は「放送の公平中立性を守る」。非公開で議論の中身はほとんど表に出ない。だが、取材するほどに詳細が分かってきた。

 例えば3月28日夕、党本部で開かれた7回目の会合。議題は「政治と報道」だった。複数の関係者によると、委員長の熊代昭彦副幹事長や尾身幸次幹事長代理ら議員6人のほか衆院法制局、放送行政を旧郵政省から引き継いだ総務省の幹部、党の顧問弁護士らが集まった。

 講師役の大学教授が「選挙報道は慎重にしなければ。最小限の法規制が必要ではないか」と語り、議員らは勢いづいた。

 熊代氏「放送法では政治的公平などが定められているのに罰則がない。(委員会では)法改正して違反した番組を止めようと(我々は)議論している」
 尾身氏「出演者が『自民党はダサイ』と悪口を言う番組があり、支持率を低下させている」

 最後は「5つ(の民放キー局)のうち1つなくなっても、どうということはない」という声まで出た。

 それ以前の会合でも「食中毒を出せば業務停止。問題報道も罰則が必要だ」との主張が繰り返された。

 総務会でも2月13日、古賀幹事長、荒井広幸総務部会長、亀井静香政調会長代理らが、総務省の幹部から放送法の運用について聞いた。同法は、放送事業者に放送免許を与える際、公共の電波を利用することを理由に中立性や安定経営などの義務を定めている。

 古賀氏「放送法に違反した時はどうするのか」
 総務省「放送法では自主規律が基本です」
 亀井氏「違反を積み重ねた時、免許を取り上げられないか。過去の例は」
 総務省「行政指導で対応してきた。でも、電波法第76条により(運用停止を命じるなど)制限することはできる」

 この後も亀井氏が「放送法を改正すべきだ。放送免許の与えっぱなしはおかしい」などと述べたという。

   □   □

 自民党がメディア規制を本格的に検討し始めたのは、98年夏の参院選で大敗し、「メディアにたたかれたのが原因だ」と党内の声が高まったのがきっかけだった。

 翌99年3月には「報道と人権等のあり方に関する検討会」が発足。幹事長や政務調査会の下に選挙報道、人権などの名目でメディア規制を念頭に置いた組織が続々と生まれた。

 メディアを敵視する政治家は以前からいた。今の状況は少し違う。放送行政になじみが薄かった議員らから過激で押しの強い主張が出てくる。そのすそ野は、じわりと広がっている――放送問題に長年通じてきた議員や総務省幹部の一部は、変化を感じ取っている。
 放送行政に詳しいベテラン議員の1人は、タカ派と言われながらも法規制には慎重だ。
 「偏向報道か否かの認定は難しい。明確な法律違反でもないと政治はメディアを攻められない。気にくわない報道をいちいち『公正じゃない』と言ったら言論弾圧、憲法違反だって言われちゃうよ」と極端な規制論が党の大勢を占めているわけではないと語る。

 しかし、ある総務省幹部の心の中では戸惑いが膨らんでいる。「ヒアリングのたびに免許取り上げや電波停止の議論になる。ひょっとするとおかしなことにもなりかねない。自民党がかつてない逆風にさらされていることに関係しているのかもしれない」

 別の総務省幹部は「議員立法で法が改正されてしまえば、どんな法律でも我々は従わざるを得ない」と言った。

131 :文責:名無しさん:01/11/11 01:27 ID:dhKKZS0c
   □   □

 放送界も一段と厳しくなった締め付けを感じている。
 3月9日朝、日本民間放送連盟(民放連)の幹部が自民党総務部会・正副部会長会議に呼ばれた。
 放送側が自主的に設けた苦情処理機関の活動を報告する予定だったが、いきなり過去の所沢ダイオキシン報道や3月5日の内閣不信任決議案採決報道などがやり玉に挙がった。

 「ニュースステーションの久米宏キャスターらは、森首相を批判しながら反対票を入れた議員について『二枚舌、うそつき、詐欺行為』と表現した」と議員の1人は語気を強めた。2日前に自民党はテレビ朝日に抗議文を出していた。

 民放連の幹部の1人は「放送関係者との集まりのたびに何でも公正報道問題と結びつけてくる。民放つぶしだ」ともらした。

   □   □

 放送法改正は、今のところ自民党の総意とはいえない。議員立法の動きのかなめである部会に諮られているわけでもない。

 ただ最近、「5月15日が節目になる」との見方が一部有力議員や放送界の間に出てきた。所沢ダイオキシン報道に関する民事訴訟の地裁判決が言い渡される予定だ。
 報道が「誤報」と認定された場合、自民党が番組への罰則規定を設ける法改正への動きを強めるのではないかという。

 郵政族の有力議員も、こう認める。
 「判決次第では、放送免許取り上げはともかく、電波使用許可免許の更新期間を短くするなどの動きはあり得るだろう」

132 :文責:名無しさん:01/11/11 01:30 ID:GpaBmNKh
>>130
>>131
どこからのコピペですか?

133 : :01/11/11 01:35 ID:Lw6FJ6YX
http://www.toshiyuki-sai.iscute.com/

佐井(外道)が外道(佐井)

134 :文責:名無しさん:01/11/11 01:37 ID:GpaBmNKh
なんだよ、朝日の記事かよ。
↓コレ読んだら鵜のみにできねえよ。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mass&key=1004999077&st=521&to=521&nofirst=true

135 :文責:名無しさん:01/11/11 02:04 ID:dX+FC2hP
日本には個人情報保護法はないけど
個人情報保護条例があります。
福岡県春日市

136 :文責:名無しさん:01/11/11 02:08 ID:GpaBmNKh
http://www.google.com/search?q=%8C%C2%90l%8F%EE%95%F1%95%DB%8C%EC%8F%F0%97%E1&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

山ほどあるようだ

137 :文責:名無しさん:01/11/11 02:14 ID:fIOOxSsz
>>132
たしか、朝日の記事だったのでは

138 :135:01/11/11 02:14 ID:dX+FC2hP
>>136
ありがとうございます。
やっぱ保護法の方は内容に問題があるってことっすかね?

139 :文責:名無しさん:01/11/11 04:02 ID:EBAxtXxL
地方新聞3紙がネットで議論
BNN
 11月9日、札幌、つくば、那覇、北九州の4会場をネットワークで繋ぎ、同時に対話するというシンポジウムが開催された。地方新聞3社とIT関係者、大学助教授らがパネラーを務め、IT時代の地方新聞のあり方について議論した。

 札幌の会場となったのは白石区の北海道テレコムセンター。会場内に設置されたモニターは4地点の各会場の模様を、テレビの同時中継さながらに映し出した。これらは“ギガビット・ネットワーク”と呼ばれる光ファイバーを利用して出力されたもの。
映し出された映像は、若干のタイムラグがあり、時折映像にノイズが含まれたものの、
ネットワーク中継映像の中では最高画質といえるもの。

 札幌会場に北海道新聞社の対馬俊郎氏と道内IT企業ビーユージの田崎勇二氏、那覇会場に琉球新報の国吉克俊氏と伊元清氏、つくば会場に北海道新聞社の小田原賢二氏、
北九州会場に九州大学の前泊博盛氏と西日本新聞社の原田真紀氏、北九州情報通信研究開発支援センターの広岡淳二氏が参加した。

 シンポジウムで一番の論点となったのは、各新聞社が持つウェブサイトと既存の新聞紙との住み分け。インターネットでは「情報は無料」という認識があるため、どうしても新聞の方を重視してしまう。

 「(タイトルやリードなどの)ヘッドラインをウェブサイトに載せ、内容は新聞を読んでもらうのはどうか」「客観的な事実のみを伝える新聞の記事にも、報道するまでの過程や記者の思いがあるはず。
その削られた部分をウェブサイトに載せては」。
“紙”と“デジタル”という相反するものに対する戸惑いは大きい。

 小田原氏は、今後の地方紙のあり方について「地方紙は地元とより密着していくことが重要。ウェブは突き詰めていくとインターネット放送になるのではないか」と語った。

 一方、伊元氏は「どれだけウェブサイトが普及しても、“紙”は生き残る。だからといって新聞だけでは生き残れない。“紙”と“デジタル”、両方のバランスの良いものが生き残れるはず」と述べた。

 ウェブサイト上のニュースが充実すれば、新聞の売れ行きに悪影響を及ぼすというのが新聞業界の新聞のタネ。ニュースの速報性は、読者の知る権利を充足させる上で重要なことなのだが…



140 :文責:名無しさん:01/11/11 04:06 ID:EBAxtXxL
129 名前: 朝日記者 投稿日: 2001/05/19(土) 23:18

面目なくてすみません。
私としては闘いたいのですが、上層部の意向がとにかくおとなしくしていろということなので
身動きがとれません。

朝日新聞としましては、法案が通っても通らなくても官庁発表の垂れ流し記事しか
書いておりませんから、なんの影響もないと思われます。

そのようなつまらない紙面であっても、拡張団の方々が頑張ってくださっているので、
部数は確保できるわけです。

実際、朝日紙面を購読者がどのくらい読んでいるかというデータがあるのですが、
驚くことに全紙面の13%という数字が出ています。
その内訳はほとんどテレビ欄であると思われます。

そんなヘタレの朝日新聞にはなんの期待もしないのが賢明であると思います。
役立たずでほんとにほんとに申し訳ございません。

141 :文責:名無しさん:01/11/11 04:08 ID:aICVIEgL
作家 高山文彦

http://www.sankei.co.jp/paper/today/book/11boo020.htm

■斜断機
【遠くなる「自立した個人」】

142 :転載:01/11/11 04:12 ID:EBAxtXxL
これまでは手紙とかはがきなどで伝達していたわけですが、いまではインターネット・eメールなどを使って時間もコストも大幅に節約できます。

 インターネットというのは、お役所に関係なく民間ベースで育ってきたものですが、それに対して役人が脅威と嫌悪をもったわけです。
 役人というのは言ってみれば、この世すべてを管理し取り締まりたいんです。
 自分たちの知らないところで何かをされるのがいやなんです。

 個人情報保護法案で対象とされるのは、じつは、営利・非営利を問わないんです。
 個人で住所録のデータをパソコンに保存しているだけで「個人情報取扱業者」とみなされてしまうので、すべての個人が対象となるのです。

 つまり個人情報保護法案というのは、すべてのパソコンを省庁が管理するためのものなのてす。
 当局から目をつけられたら、企業などはその会社のパソコンの情報をすべて当局に明らかにしなければならなくなります。
 また、その間はパソコンを使用できなくなるケースも可能性としては出てきます。

 そこで「このパソコンは大丈夫ですよ」というお墨付きを与える、ということになります。

 新しい天下り先を作る、そういうことを目論んでいるわけです。
 しかもその数はかなりなものになるのではないでしょうか。

 通信の自由・表現の自由を規制することで役人達の天下り先を確保しようという、行政改革にも逆行する悪法が、この個人情報保護法案だと思うのです。

143 :文責:名無しさん:01/11/11 11:47 ID:YmrqT8Xe
>>139
北新に琉球新報ね・・・。

144 :文責:名無しさん:01/11/11 12:20 ID:VhLx37vv
個人情報保護法よりもまずは公正報道法を!
事実をまともに検証もしないで嘘ばかり垂れ流すマスコミは凶悪犯罪組織そのもの。
責任をしっかりと取らせるべきだ!

145 :文責:名無しさん:01/11/11 13:22 ID:dNEWn+UA
ところで、この話題ってもしかして関係者の間ではタブーなのか。

102 :文責:名無しさん :01/11/06 23:10 ID:4uKlM+hl
関係者もみてるでしょ。
これ↓はどうなったの?反論がないってことはそのとおりなのか?

11 :文責:名無しさん :01/11/02 23:23 ID:s+V1FP58
>9
 宮崎学糾察のメルマガで読んだが、9・2の黒字は130万円。
 関係者の宴会費用に使ってはどうかというトンデモ意見まであったらしい。
 あるいは反対派ジャーナリストによる「同時多発ミーティング」とやら
 (横浜会場でさえ集客20人前後!)で出席講師が出演料として山分けしたのか。

 9・2実行委の関係者は、少なくとも集会参加者に黒字の使途を説明する義務が
 あると思うがどうよ。

146 :文責:名無しさん:01/11/11 20:56 ID:bAtQpCE5
>>145
「9・2集会=法案反対運動者」という数学の集合論も
知らないような図式をいつまで使っているのか。
それこそ、マスゴミの情報操作報道みたいなもんだ。
別にスレッドを立ててやってくれ。

147 :文責:名無しさん:01/11/12 22:17 ID:GGBg40UI
官僚たちの危険な思惑
http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/215.html

148 :なななし:01/11/12 22:46 ID:UnQN8ypU
> 「客観的な事実のみを伝える新聞の記事にも、報道するまでの過程や記者の思いがあるはず。
> その削られた部分をウェブサイトに載せては」。

北海道新聞の現状は、客観性や公平性が全く無いことがすぐにばれそうな
サイトの記事は極力客観性を保つように心がけ、一部の人(購読者)にしか
見ることの出来ない紙面でデンパを出しまくっております。

時々、電波っぷりが社説に顕れてしまいネタにされるとサイトから削除します。

それを知った上で>>139 をどうぞ。笑えます。

149 : :01/11/16 18:49 ID:ow2pwIZj
法案に激しく反対age

150 :文責:名無しさん:01/11/16 23:27 ID:RrnHPf8J
>>142
>個人で住所録のデータをパソコンに保存しているだけで「個人情報取扱業者」と
>みなされてしまうので、すべての個人が対象となるのです。

「事業の用に供している」(法案第二条第三項)の法的な意味を理解できない厨房を
さらしage

151 :文責:名無しさん:01/11/16 23:30 ID:1jC77fnW
反対する奴は逝ってよし。
適用次第でブサヨクマスコミの息の根を止めるチャンス。
しかし個人情報保護法よりスパイ防止法や治安維持法の制定の方が国益に沿う。

152 :名無し草:01/11/16 23:58 ID:bdfdPjgq
ワイドショーなんかどうにかしろ。いらん。

153 :文責:名無しさん:01/11/17 00:16 ID:iN1iTwz3
>>150
>>「事業の用に供している」(法案第二条第三項)の法的な意味を理解できない厨房を
さらしage

「法的」な意味を理解できないどころか、知ったかぶり大将でもあり・・・
吉岡氏
「事業の用とはお金儲けのことですか」

藤井室長
「いや、違います。お金儲けでなくてもいいのです。
制度屋の言うことはわかりにくいかもしれないですけど、事業といえるのはある程度の事業目的があって、
それを半分、継続的にしている必要性があると思いますが、もともと事業と言えるのですか。(部屋の脇に並ぶ官僚に向いて)ここら辺りはどうですか、江崎さん」



白川氏
「認可は」

藤井室長
「それは41条の1項。この個人情報取扱事業者の事業者の概念と事業を所管する大臣の事業の概念は言葉は似てますが違います。事業というのは各省庁が設置法または実体法で所管してる事業者のことで」

白川氏
「いや、だからこの個人情報取扱事業者はなにかをした方が業者ですか、それとも私たちのように十何万の個人データを持ってれば事業者なんですか。どっちですか?」

藤井室長
「観念的には業者になってます。事業の用に供していれば事業者です」

松本代議士
「オレも対象か、とびっくりする人がいっぱいいるわけです」

保坂代議士
「例えば5、6千の会員制の環境保護団体の読者リストを持ってる人は対象になるの」

藤井室長
「なります。ただ申し上げたいのはインターネット社会ですから」

白川氏
「インターネットとデータベースは関係ないでしょ」

藤井室長
「要は電子情報はネットワークを通じ大量にすぐに転々としてしまう。ですからあるところを除くという考えはできると思いますが、除く基準というのが逆に難しくなります。全体を網羅的に調べないと……」

154 :文責:名無しさん:01/11/17 00:18 ID:iN1iTwz3
>「法的」な意味を理解できないどころか、知ったかぶり大将でもあり・・・

これ勿論>>150を書いた人のこと。

155 :文責:名無しさん:01/11/17 00:19 ID:5Ne2PiBM
>>153
いろんな個人情報保護条例と個人情報保護法はどこが違うのでしょう。

156 :文責:名無しさん:01/11/17 01:44 ID:bTy9x1g5
>>153
たとえばある教科書を採択させまいとして採択委員の個人情報を
ネットに流した連中がいたとしたら、事業の範囲を商用に留めていたら
採択委員の人権が守られない。
事業の範囲を広くとったのは妥当な判断といえるだろう。

157 :文責:名無しさん:01/11/17 02:51 ID:iN1iTwz3
>>156
趣旨が全く違います。
「事業者」の範囲や、現実に「事業者」と認定される対象を問題にしているのです。
>事業の範囲を広くとったのは妥当な判断といえるだろう。
と言われるのなら、まず、その「事業者」の定義や範囲を明かにして下さい。
あなたにできればの話ですが・・

158 :文責:名無しさん:01/11/17 03:00 ID:bTy9x1g5
>>157
採択委員の個人情報をネットに流した連中は一般市民であり、場合によっては
良識派市民とすら呼ばれた連中である。
その良識派市民が人権侵害をするのだから、法の網は良識派市民も包囲する必要がある。
当然、良識派でない一般市民も法の網の中に入るだろう。
あえていうなら、一個人がある一人の個人情報を2CHに晒した場合にも
法の網に入れる必要がある。
「データを持っていれば事業者とみなす」という事業者の定義は、実に控えめな
適用範囲といえるだろう。

とも言えるのだが。

159 :文責:名無しさん:01/11/17 03:44 ID:iN1iTwz3
>>158
>「データを持っていれば事業者とみなす」という事業者の定義は、実に控えめな
適用範囲といえるだろう。
>とも言えるのだが。

つまり、
>>150
>「事業の用に供している」(法案第二条第三項)の法的な意味を理解できない厨房を
さらしage

は間違いということすね。

160 :文責:名無しさん:01/11/17 03:47 ID:bTy9x1g5
>>159
150はよほど好意的に解釈しても正しいとは言えませんね。

161 :文責:名無しさん:01/11/17 04:02 ID:iN1iTwz3
>>160
何故?
論理的にどういうふうに?

162 :文責:名無しさん:01/11/17 04:05 ID:iN1iTwz3
>>161

>150はよほど好意的に解釈しても正しいとは言えませんね。

>150

>159
と間違えた(^^;

ごみん。

163 :150:01/11/17 22:51 ID:bIGRxDzr
>>153
おいおい、話になんねえよ。なんで個人の住所録を保存するだけで
「個人情報データベース等を事業の用に供している者」に当たるんだよ。

行政法の世界じゃ「事業の用に供する」とか「業として」と書いたら、営利・非営利
は問わないが、プライベートユースは除かれるのが相場ってもんだろ、このトーシロ。
あんたのいってるとおりなら、「取扱事業者」の定義は「個人情報データベース等
を保有し、又は利用する者」とでもなってなきゃおかしいだろうが。
公開討論会のやりとり引用してるようだが、プライベートユースまで含むなんて藤井のおっさん
もいってねえよ。白川のおやじが取扱事業者に当たるだろうってのは、公職を目指して
政治活動をしていることが明らかだからだろ。(もっとも取扱事業者になっても政治活動だから
義務規定は適用が除外されるだろうけどな)

社会的な認知の下に行われてりゃ非営利事業だって適用にしなきゃしょうがねえよ。
営利事業に限定するなら、私立病院とか私立学校とかに適用できねえぞ。
名簿屋の情報源になっている同窓会なんかも除外されるな。
介護サービスの供給主体はどうだ。同じように個人情報を扱っても株式会社だとかかって、
社会福祉法人だとかからねえのか。なんだよそれ。

この板で法律論争するのはムダだな。
もう倉庫に逝っちまったけど、以前法律板で少しはまともな議論があったよな。
あれ読んどけよ。>153

164 :153:01/11/18 00:24 ID:jMvUiFwG
>>163

藤井室長
「ご指摘いただいてますが、全部申しあげますのもあれで、ひとつはこの法律は薄く広くということで狙ってます。
薄く広くの程度の問題で、顧客情報程度でカバーできるものを念頭に置いてます。それ以外に病歴情報や犯歴情報といったセンシティブなものがあります。
それがこの程度の記述で大丈夫かと言われるとそれはそうではないでしょう。
もともと個人情報と言ったらネットワーク社会になりますと、いったん流通し出すといったいどこに行き着くかわからない。
そういう意味ですと、一部を除くということは、それはネットワーク社会での保護を欠くと言わざるを得ない。全体を網羅することが大事だと思ってます。
行政機関、公的部門のご指摘もございましたが、いろいろご指摘いただいておりまして自覚しているところです。
別途に行政機関の個人情報保護の法制を考えていることを申し上げます」
・・・・・・・・

藤井室長
「要は電子情報はネットワークを通じ大量にすぐに転々としてしまう。
ですからあるところを除くという考えはできると思いますが、除く基準というのが逆に難しくなります。
全体を網羅的に調べないと……」
・・・・・・・・・

「プライベート」の定義をやってから文句を言ってもらいたいが、
藤井氏は「プライベートは除く」と言っているというより、
「インターネット」の特殊性を引き合いにだして「プラーベートは認めない」と言っているようにこれらの発言からは受けとれる。
また、様々な人が「プライベート」も対象にされる、と言っているにもかかわらず、
政府はそれに対して否定は一度もしていない。
いずれにしろ、法の対象者はあなたの言う「トーシロ」が多いのに、
政府のアカウンタビリティはほとんど行政の「トーシロ」並で、無きに等しい。

165 : :01/11/18 07:34 ID:jxDfxZdG
>140
そんなの、どこも同じだって。案外、最初に来た新聞社のを、取ってたりして。
新聞なんて、この国の人にとっては、結局、その程度のものなんだよ。

166 :文責:名無しさん:01/11/23 04:37 ID:+MqW7qIj
それより、こんなのも出てきたよ。

ISP法案:
今国会で成立へ 表現の自由への影響を検証
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20011120k0000m040167000c.html

167 :文責:名無しさん:01/11/23 04:39 ID:+MqW7qIj
ちなみに、この毎日の臺宏士記者という人は
「個人情報保護法」でも新聞界で唯一がんばっているような人。

168 :文責:名無しさん:01/11/23 04:51 ID:uIvSglwF
>>166
>それよりも
新スレ立てれば?板違いだと思うけど。

169 :文責:名無しさん:01/11/23 05:30 ID:+MqW7qIj
同じ流れのなかにあるもので、この法案に興味がある人は知っておいたほうがいいものだと思うが。

170 :ワリシン:01/11/23 18:31 ID:88J2MaXe
仮名口座による税金逃れの規模の大きさ…
「グリーンカード」…

みんな!僕の預金口座を守ってくれてありがとう。


池田信夫の「ドット・コミュニズム」
http://www.hotwired.co.jp/bitliteracy/ikeda/011120/

171 :文責:名無しさん:01/11/23 22:04 ID:e0rCL4nF
>>170 サンクス しかし、池田信夫ってメチャ寒だな。
条文も読まずに聞きかじったことだけで書いてることがミエミエだぞ。

 「「放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関」は除外することになったが、
  ここには出版社もフリー・ジャーナリストも含まれない。」
官邸のHPくらい当たれよ。出版社もフリーも報道する場合には含まれるってば。

 「そこで今度は、フリーの人々が抗議したが、結局修正されず、かえって
  教育・医療機関も含むという基準が出てきた。」
はぁ?行政機関に適用される個人情報保護法の見直しとゴチャ混ぜにすんなって。

 「これだと、大学の教員が政治家を批判するときには、事前に本人に開示
  しなければ、」
なんでそんなことになんだよ。何条に違反するんだよ、おい。

 「個人情報保護団体(特殊法人)による「立ち入り検査」を受け、最悪の場合には
  懲役刑も覚悟しなければならない。」
法律に出てくれば何でも「特殊法人」だと思ってんのか。
誰か「特殊法人」ってどういう団体のことか教えてやってくれ、相手する気にもならん。
だいたい認定個人情報保護団体に「立ち入り検査」なんて権限ねえだろが。
法律に根拠もなく「立ち入り検査」できんのか。どこの国の話だよ。

ヤレヤレ 反対派はこんないいかげんなこと言ってるから世論の支持が
全く広がらないことに気づかんのか

172 :文責:名無しさん:01/11/24 22:37 ID:n1ZxF2ya
>>170は法案に賛成してるだろ?それに、
記事の主要な問題点は、政治家の税金逃れだろう。

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>5>>21
デジモンテイマーズ >>7>>115
はじめの一歩>>34>>42
地球防衛家族 >>61>>111
ゾイド/0 >>68>>103
Dr.リンにきいてみて ★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)