5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【反日マスコミが伝えない親日の話】パート4

1 :文責:名無しさん:02/04/08 01:19 ID:8beje8IN
反日の話なら10人くらいしか集まらない集会を新聞に載せても、親日のいい
話なんかはちっともマスコミは伝えません
ここでそういういい話集めてみましょう。本で見たのでも個人的体験談でもオッケイ。
***煽りは極力無視で***
***おもちゃは大切に***
【反日マスコミが伝えない親日の話】 初代
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1014515507/
【反日マスコミが伝えない親日の話】パート2
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1015347757/
【反日マスコミが伝えない親日の話】パート3
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1017464923/
「汚名挽回」にツッコミたい人は、金玉出して発言するように。ω


2 :文責:名無しさん:02/04/08 01:19 ID:8beje8IN
前スレ>>673==
ちゃんとレス読んでるか?(苦笑
無茶苦茶な数字をあげてるのは中国だけなんだから、嘘なのは
明白でしょうが(笑
それと、当時、その場所で当事者たちが書いた一等資料と明か
に矛盾してるんだから。
君はこれを知ってるか?

東京裁判でロヴィン弁護士が「南京ニ於テ殺害サレタ数ハ30万トナッテ
居リマスガ、私ノ承知シテ居ル範囲ニ於キマシテハ南京ノ人口ハ20万デアリ
マス」とズバリこの問題の本質を突く質問をした。するとウエッブ裁判長は
あわてて、「今ハソレヲ持チ出ス時デハアリマセン」とこの発言を封じてし
まった。(「速記録」58号21・8・29)。
かくして、ついに東京裁判においても、南京市民の人口問題にはふれるこ
となく、ただ10万とか、20万とか、12万7000とか、その数値さえも定かでな
い殺害数字を並べた珍無類の判決だけが下された。以後、虐殺論者は、人口
問題を敬遠するか、または洞氏のように単なる推測数字を並べて水増しをは
かるかのいずれかである。


3 :文責:名無しさん:02/04/08 01:21 ID:8beje8IN
<埋葬数>

紅卍字会の死体埋葬はいつから始まったか。
 1.南京特務機関宣撫班の丸山進氏は2月上旬と証言。
 2.ラーべの日記でも2月1日

埋葬は何日間行われたか。
 1.「南京救済国際委員会報告書」では2月1日から3月15日までの43日間で、
  雨で道路がぬかるんでいた6日間は中止したいたので、実質37日間。
 2.丸山進氏も3月15日に終了していると証言。

紅卍字会の埋葬数報告では43071体

一日当たりの埋葬量はどうだったか。(2月)
 1.丸山氏の証言では180体から200体。
 2.ラーべのドイツでの講演では一日200体は無理だった、と言っている。
 3.ベイツの「南京における救済状況」では200体。

2月中の埋葬数は
 1.上記のことから、二月は雨天の日を除いた25日間と作業として、多く
  見積もっても5000体の埋葬。
 2.それは「南京特務機関第2回報告」の記録、2月5000体、と一致。


4 :文責:名無しさん:02/04/08 01:22 ID:8beje8IN
一日当たりの埋葬量はどうだったか。(3月)
 1.ドイツ大使館ローゼン書記官、本国宛報告では一日当たり500から600体。

3月中の埋葬数は
 1.多く見積もって9000体。

合計埋葬数は
 2月と3月で14000体。下関の2000体を合わせても14000+α。

ベイツは紅卍字会の埋葬記録を信用したが、それは水増しだった。
だから、国際委員会はベイツの主張を記録から削除したわけだ。 

5 :文責:名無しさん:02/04/08 01:23 ID:8beje8IN
だいたい、20万人しかいないところで、30万人も死んだ、
などという中国のトンデモな説を真剣に受け取っている==って(w

6 :文責:名無しさん:02/04/08 01:36 ID:UH5pIIhb
中国の言う3×10のn乗の数値は、「たくさん」って意味なんだよ。

7 :文責:名無しさん:02/04/08 01:38 ID:8beje8IN
>>==
あんたがリンクを貼ってたページの
「よって、日本軍の数字は、その当時の軍人たちの推測でしかない。」という
発言だけどね、めちゃくちゃとしか言いようがない。
安全委員会は、難民の食料を確保するために、正確な市民の数、もしくは
大目に数えて把握しておく必要があった。
日本の担当者は、そういった安全委員会の情報にもとづいていたわけだから、
推測も何も(苦笑

「1937年11月27日 上海米総領事館宛
「・・・市民の脱出は続いているが、市長の話では30万から40万の市民
がまだ南京に残っているとのこと。 アチソン」 」。
これは、11月27日の段階の話だな。

1937年12月15日 ニューヨーク・タイムズ
「・・・このように日本は大勝利にもかかわらず不可思議にも詳しい情報
を封鎖しており、南京の30万の市民は包囲攻撃で恐るべき惨禍を被ったので
はないか、」

たしかニューヨーク・タイムズの記者は15日に南京を離れてるね(w

「1938年1月28日 南京イギリス大使館  
「・・・南京の25万難民のうちほとんどが、南京市内と近郊で起きた広域
にわたる放火のために」

これは翌年に五万人数が増えた、という主張を裏付けてるね。


8 :文責:名無しさん:02/04/08 01:39 ID:8beje8IN
「このことからわかることは、南京の治安は日本軍が支配した後全然よく
なっていないということだ。よって、南京の中でも、より安全な安全区へ
と逃げる中国人が増えているという現象がここからわかるのだ。虐殺否定
側が主張するように、日本軍が南京を占領してから、平和になったために、
南京全体の人口が増えたという説は全くのでたらめというしかない。 」

これを書いてる人はどういうつもりで書いたんだろう?
安全地帯の人口が増えてるのは、安全地帯の治安が確保されていたから
であり、五万人の増加は支那兵五万人とその家族が安全区に逃げ込んで、
良民証を発行されたから、ということははっきりしてるじゃない。
良民証が発行されるまでは、便衣兵の工作活動が頻繁にあったけど、
良民証の発行でそれが激減した、ということは資料から証明されてる。


9 :文責:名無しさん:02/04/08 01:40 ID:8beje8IN
<朝日の「平和が戻った南京」写真について>
<南京陥落から2〜4日後の状況>

あの写真の正しさは、元日本兵の証言、マッカラムの日記、日本の
マスコミに語ったベイツの発言、などからも証明されてるんですから。

1.「南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち-第十三師団山田支隊兵士の陣中日記」
 によれば山田支隊から五名の兵士が入城式に参加しているし、南京城内の
 印象を記しているが、誰も死体の山など見ていない。
 また、陥落から二日後、山田支隊の堀越文男伍長(仮名)は部隊長の命を受
 けて城外から城内に入った。
 堀越伍長が公用外出して見たものは、路上の死体の山ではなかった。
 露店であった。そこで堀越伍長は「難民の売る平たいパン様のもの」を買っ
 ている。

2. 以下は金陵大学病院医師マッカラム氏の日記及び手記
 からの抜粋(法廷証第309号=検察番号246号)である。
 これを松井大将の弁護人伊藤清氏が東京裁判の弁護側立
 証段階で抜粋朗読しているので紹介したい(速記録210号)。
○(日本軍は)礼儀正しく、しかも尊敬して私どもを処
 遇してくれました。
 若干のたいへん愉快な日本人がありました。

10 :文責:名無しさん:02/04/08 01:41 ID:8beje8IN
○私は時々一日本兵が若干の支那人を助けたり、また
 遊ぶために、支那人の赤子を抱き上げているのを目撃しました。
 ○12月31日、今日私は民衆の群が該地帯から中山路を横
 断して集まるのを目撃しました。
 あとで彼らは、行政院調査部から日本軍の手によって配分
 された米を携帯して帰って来ました。
 今日は若干の幸福な人々がおりました。
○(1月3日)今日は病院職員の半数の登録をするのに成功
 しました。
 私は若干の日本兵によってなされた善行を報告せねばなり
 ません。最近7、8名のたいへんに立派な日本兵が病院を訪
 問しました。
 私どもは彼らに病人に与える食物の欠乏を語りました。
 今日彼らは若干の牛肉を見つけて、100斤の豆をもって来ました。
 われわれは一ヶ月も病院で肉なんか食べなかったので、これら
 の贈り物は大いに歓迎されました。
 彼らはわれわれに他にどんなものが欲しいかを尋ねました。
 このようにラーベ氏は国際委員会を代表して感謝の手紙を
 したためており、マッカラム氏は日本兵の善行を日記の中に
 したためている。

11 :文責:名無しさん:02/04/08 01:42 ID:8beje8IN
3.12月14日、第十軍参謀の谷田勇大佐は司令部衛兵一分隊を引き連れて
 南京城内の巡回に出た。
 その時、谷田大佐の目にしたものは、「証言による「南京戦史」4」
 によれば、「街路は既に平静に帰し住民は後片付けに忙しく諸所街頭
 に小児が戯れ、なかには日本兵から食物を貰い受けている者さえ見られた」
 と証言している。

4.スミス博士も調査報告書の中で「難民区内には火災もなく平穏で
 あった」「住民のほとんどはここに集まっていた」と述べている。

5.当時同盟の特派員であった故前田雄二氏(元日本プレスセンター
 専務理事)は、内外ニュース社発行の「世界と日本」
(59・4・5、413号)の中でこう述べている。
 「いわゆる“南京大虐殺”というのは、2、30万人という数は
 別にしても、主として住民婦女子を虐殺したものだ。
 ところが殺されなければならない住民婦女子は(全部)「難民区」
 内にあって、日本の警備司令部によって保護されていた。
 そして私の所属していた同盟通信社の旧支局はこの中にあり、入
 城4日目には私たち全員はこの支局に居を移し、ここに寝泊まりし
 て取材活動をしていた。
 すなわち難民区内が私たちの生活圏で、すでに商店が店を開き、
 日常生活を回復していた。
 住民居住区の情報はちくいち私たちの耳目に入っていたのだ。
 こういう中で、万はおろか、千あるいは百をもって数えるほどの虐
 殺がおこなわれるなど、あり得るはずはなかった。
 18日には、路上の散髪人のところへ、散髪に出掛けたことを「戦争の
 流れの中に」に記している。


12 :文責:名無しさん:02/04/08 01:43 ID:glxutuaC
6.「東京日々新聞」の若梅、村上両特派員は、占領3日目の15日、大学の舎
宅にベイツ教授を訪れてインタビューをおこなっている。その時教授は、
上機嫌で2人を迎え、「秩序ある日本軍の入城で南京に平和が早くも訪れ
たのは何よりです」といって両記者に握手しているのである。
(同紙12・26)。

7.15日、日本総領事館横の安全地帯では、路上に食料品を売る者が出た。
 散髪をやる者も出た。その光景が歩兵第七連隊、井家又一上等兵の日記
 に記されている。

8.南京自治委員会委員長、紅卍字会会長の陶錫山は「今回、日本軍が入城
 するや、旬日ならずして治安の回復を見た」

9.「当時の新聞記者も、落城の数日後には戦荘(両替屋)が開かれて
 いたのを目撃している」


13 :文責:名無しさん:02/04/08 01:43 ID:glxutuaC
* 南京警備司令部は、12月24日から正月にかけて、安全区に潜入
 している便衣兵と常民を分離するため、中国人立ち会いのもとに「良
 民証」を給付した。その給付された「良民証」の数は16万に達した。
 しかしこれは「10才未満の子供と60才以上の老人を除外した数字
 である。従って総数は25万から27万とみてよかろう」と金陵大学
 教授で委員会の書記長ルイス・スマイス博士の推測である。この時摘
 出された約2千の便衣兵は、全員捕虜収容所に送られている。
 松井軍司令官の『陣中日誌』にも12月21日「人民モ既ニ多少
 宛帰来セルヲ見ル」とある。占領から1週間目である。


14 :文責:名無しさん:02/04/08 01:44 ID:glxutuaC
12月26日、24号文書は日本大使館に次のように言う。
「そこで我々は事件が減少しつつあり、状況がかなり改善されていると
報告することを喜んでいます」
南京陥落から二週間にして、事態はほとんど沈静化したことになる。
では、何が、事態の沈静化をもたらしたのか。
それは12月22日に布告され、24日から一斉に開始された住民登録である。
これにより市民は、日本軍の指定する登記所に「各自」出頭を要請された。
代理申請は不可能であった。
このときに、安全地帯に潜伏する便衣兵の摘発が、南京住民立ち会いの
もとに始まったのである。
この作業を担当したのが「佐々木到一少将私記」にある通り、歩兵第三十旅団
の佐々木少将であった。
第十六師団司令部の内田義直通訳官は「南京戦史」でこう回想している。
「自治委員会の中国人と一緒に相談しながら分離作業をやったので、一般市民
を狩り立てるようなことはなかった。上衣だけが民服で、下着が兵隊服のものが
多く、すぐ見分けがついた」
約二千人の便衣兵が摘発されたが、彼らは解放された。
これにより便衣兵の撹乱工作が減少した。
便衣兵が摘発後、良民登録され、あるいは摘発を免れて良民登録された便衣兵
が加わったことによって、人口数が20万人から25万人に増加した。


15 :文責:名無しさん:02/04/08 01:50 ID:glxutuaC
安全地帯以外に市民がいなかったことを示すもの
 1.南京安全地帯国際委員会、9号文書=「貴軍(日本軍)が入城するときには
  すべての市民を安全地帯に収容し終わっていた」ことが記されている。
 2.ラーべの日記1月15日収録の「南京の状況」12月13日付
  「13日、貴軍が城内に入った時、我々はほぼ全ての非戦闘
  員の住民に安全地帯へ集まってもらっていた」
 3.第十六師団歩兵第三八連隊の「戦闘詳報」第十二号
 4.第九師団歩兵第十九連隊第四中隊長、土屋正治中尉、支那派遣第三艦隊の
  従軍画家、住谷盤根の証言等々からも、日本軍入城時には安全地帯以外
  人がいなかったことが明らかになっている。
 5.安全区国際委員会の書記長スマイス博士(米)も、その調査報告書
  の中で「住民のほとんどはここに集まっていた。・・・
  難民区内は一件の火災もなく平穏であった」と述べている。
 6.同盟の特派員であった故前田雄二氏(元日本プレスセンタ
  ー専務理事)は、内外のニュース社発行の『世界と日本』の中で
  こう述べている。「いわゆる“南京大虐殺”というのは、2〜30
  万という数は別としても、主として住民婦女子を虐殺したというも
  のだ、ところが殺されなければならない住民婦女子は、当時全部
  “難民区”内にあって、日本の警備司令部によって保護されていた。


16 :文責:名無しさん:02/04/08 01:53 ID:glxutuaC
「南京事件」該当地域における「戦争被災者」
および「兵士の暴行」による 主張者別の「市民」
犠牲者死者数

1.安全区委員会:49/徐淑希編「南京安全区の記録」
2.スマイス:15000/南京地区における戦争被害
3.ベイツ:42000/ティンパーリ編「戦争とは何か」
4.エドガー・スノー:42000/アジアの戦争
5.スメドレー:200000/支那の歌声
6.南京検察処:340000/敵罪行調査報告
7.東京裁判:200000/極東国際軍事裁判速記録
8.台湾国防部史政局:100000/抗日戦史
9.ブリタニカ大辞典:42000/The New Encyclopadia Britannica
10.中国共産党:300000/対日戦争史録
11.アイリス・チャン:300000/ザ・レイプ・オブ・南京


17 :文責:名無しさん:02/04/08 01:56 ID:glxutuaC
日中友好協会の集まりで、日本側の出席社の一人である村松
剛氏が中国の孫平化会長に向かって、「南京虐殺というけど、
・・・人口は二十万しかいないのに、どうやって三十万人殺
せるんですか。・・・ひじょうにおかしいと思うから・・
国際調査委員会を作る、その上で話を決定しようじゃありませ
んか」と語りかけたところ、「その必要はない。三十万という
数字は、中国共産党の決定として、もう決まっているんだ」と
答えたという。
「南京」をめぐる情報戦の本質を、これほど露わにした言葉も
ないだろう。

そんな中国の言い分を真に受けるなよな(苦笑

18 :文責:名無しさん:02/04/08 02:04 ID:glxutuaC
1937/11/19日 
国民政府は南京から重慶へ遷都することを決定した。
正式発表は翌20日のことである。
ここから避難は本格化し中産階級の南京脱出が始まった。
1937/11/23日「50万」
「調査によれば本市(南京城区)の現在の人口は約50余万である。
将来は、およそ20万と予想される難民のための食料送付が必要である」

南京市政府書簡(南京事件P220 笠原十九司)
1937/11/27日「30〜40万」
在留外国人に対して「避難勧告」が出された。
「市民の脱出は続いているが、市長の話では30万から40万の市民が
まだ南京に残っているとのこと」 アメリカ大使館員「アチソン氏
の暗号電文」
(アメリカ資料編P90)

11/23「50万人」 11/27「30〜40万人」
以上の数字は「共に南京市」から出たものである。
つまり「一週間ほどの間に10〜20万が避難」できたということが
推測される。
これは「長江」という巨大な水路が存在したためで「博物館の財宝」
もこの時南京を脱出している。
 ここまでのポイントは「難民の数」である。
多い日には1000人以上の難民が南京市に流入している。
その上で「将来の難民、約20万」と推測していることを忘れないように。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/41061401/index.html


19 :文責:名無しさん:02/04/08 02:14 ID:glxutuaC
11/28「20万」
警察庁長「王固盤」は「南京には中国人がまだ20万人住んでいると繰り返した」
(注、この20万を南京城内部のみとする見解もある)
(南京の真実P77 文庫ラーベの日記)

12/3
全ての城門は土嚢で封鎖されているが、中山門と長江岸へ通じる把江門及び撫湖
へ向かう南門の三つは部分的に開いている。
アチソン報告(アメリカ資料編P93)

12/4
下関地区では脱走兵が略奪をやったことが報告されている。長江岸へ通じる
把江門は混雑している。
恐らく今日行われた南京城内に対する爆撃によって流出者はさらに増えることになろう。
アチソン報告(アメリカ資料編P93)

12/6「20万」
なぜ。金持ちを、約80万という恵まれた市民を逃がしたんだ?
(ラーベの日記P96)

農民たちは城内に連れてこられるか、そうでなければ浦口経由で北方においやられている。
(ミニー女史の日記P36)

12/7日
門の近くにある家は城壁の内側であっても焼き払われるという噂が広まり、
中華門の近くに住む住民はパニックに陥っている。
何百という家族が安全区に押し寄せてはいるが、こんなに暗くてはもう泊ま
るところがみつからない。
(ラーベの日記P100)


20 :文責:名無しさん:02/04/08 02:15 ID:glxutuaC
何千という人々が南門から安全区に入ってきた。
彼らの話によれば、5時までに立ち退くよう警察から命令されており、それに従
わなければ家は焼き払われ、スパイとみなされる、というのだ。
(ミニー女史の日記P39)

12/8日 1937/12/8NYタイムズ(ダーディン)
南京防衛軍の司令官唐生智は、市が戦闘地区に入ったと宣言し「すべての非戦闘
員は国際管理下の安全地帯に終結しなければならない」と、布告した。
市内他地区での移動は、黄色の腕章に特別の印で示される特別許可証所有者を除
いて禁じられる。
(アメリカ資料編P390)

12/8
把江門を通って江岸に出て行くのは今でも容易であるが、中国人はそこから
城内に入る事を許されていない。
昨夜警察官が、城壁外部の下関地区の家々を一軒一軒回って、長江を渡って
浦口へ行くように警告して歩いた。
アチソン報告(アメリカ資料編P95)
この日を境に「難民の流入」はなく「市民の脱出」もない。南京城は閉じら
れた空間となった。

12/9日
今夜は南京市の南西隅の空全体を火炎が照らしている。
〜中略〜AP特派員のマクダニエルは、中国兵が灯油をかけて家に火をつけ
るのを目撃したと言っている。
(ミニー女史の日記P41)


21 :文責:名無しさん:02/04/08 02:16 ID:glxutuaC
12/10日「20万」
なにしろ、この街の運命と20万人の命がかかっているのだ。
安全区の道路は、避難する人たちでごったがえしている。
〜中略〜残念ながら軍人がまだ大勢、安全区に留まっている。
(ラーベの日記P107)

12/11日
水道と電気が止まった。だが銃声は止まらない。
〜中略〜ついに安全区に流弾が落ちた。
福昌飯店(ヘンペル・ホテル)の前と後ろだ。
12人の死者とおよそ12人の負傷者〜略
(ラーベの日記P111)

12/12日
今夜の記者会見で聞いたところによれば、防衛司令官の唐生智には、
旗下の部隊に対する統率力が不足ために、城内のほとんどの場所で略
奪が行われているそうだ。
(ミニー女史の日記P47)

運命の12/13日
「日本軍の入城時、市民のほとんどが安全区にいた。その数20万」
(安全委員会公文書T-6)


南京の戦前人口「100万」
勘違いしやすいところだが「城内部は約85万」「周辺部が15万」と
いうことである。
城外の周辺部は中国軍の手によって焼き尽くされた。
「静野作戦」=「焦土作戦」
「12/7日から始められ、9日まで続けられた。中国軍は南京城壁の周囲
1〜2キロにある居住区全域と南京城から半径16キロ以内にある道路沿い
の村落と民家を強制的に焼き払った」(南京事件P120 笠原)


22 :文責:名無しさん:02/04/08 02:17 ID:glxutuaC
これらの難民のほとんどが、南京城の安全区に避難したものと推測される。
ただし「周囲1〜2キロ」の範囲はもともと「南京市」(南京城区)なので、
戦前人口100万に含まれている。
問題なのは「南京市以外からの難民」の数である。
日本軍は上海方面から進軍を続け、各都市は「中国軍の手によって焼かれ」
難民は大量に発生したはずだ。
これらの難民はどこに行ったのだろうか?

1937/12/2 シカゴ・デイリーニュース A・T・ステール
南京、12/2日発。私は山東省の省都済南から500マイル以上にわたる苦難の
道を経て、南京に辿り着いた。
〜中略6行〜済南で乗るはず乗るはずの列車には難民が殺到し、中国の群集
の中を押し合い、引き合い、腕で掻き分けて進む私の長い経験にもかかわら
ず、今回は負けてしまった。
私はくしゃくしゃの格好になって引き下がり、数時間後の次の列車に先頭
となって突進し、屋根つき貨車の特別の位置に座を占めたのだが、それも
アッという間に金持ちやボロ着の人々とその財産とで一杯になった。
状況は除州で一変した。
私はここで南京行きに乗り換えたのだが、誰も週末を運命づけられた南京に
行こうとせはせず、列車はほとんど空であった。
(アメリカ資料編P455)

難民たちは「死刑宣告」を受けた「南京」には向かわなかったようだ。
(疎開とは安全と思われるところに行くのだから当然と言える)
○10月末付近(遷都発表前)の難民流入は以下の様子で判断できる。
「多い日には1000人を超える難民が避難してきた」
(南京事件の日々P18 ミニー女史の日記)

23 :文責:名無しさん:02/04/08 02:27 ID:hH06chRs
この「多いときには1000人以上」というのは上海方面からの難民であり
12月上旬までの、およそ1ケ月の間に南京に流入した「上海方面難民は2〜3万人」
と推測される。
注目するべきは「上海方面難民」を含んで「将来の難民は20万」と南京市が予測
していたということだろう。
つまり「南京の戦前人口100万」これに「上海方面からの難民2〜3万」
合計で「103万」(まぁ約100万でいいと思うが)

★★★注目★★★
南京からの脱出組が「約80万」(ラーベ日記)
これを裏付ける資料を一つ引用。
○「12/10後の主な報告」
「南京の陥落を前にして、人口のおよそ4/5が市を脱出し、主要な部隊は武器、
装備もろとも撤退していった」
エスピー副領事の報告(アメリカ資料編P239)
80万=4/5と考えれば、南京の「戦前人口100万」と合致する。
すでに南京市全域には「避難命令」が出されており、住民は「安全区」に集合
するように命令されている。
だからこそ「12/13」南京陥落時の安全区の人口約20万=南京市民のほぼ総数と
言えるのである。
●12/13日の南京陥落時の人口は「約20万」ということになる。
そしてこの日以降「南京市の人口は増加し続け、減少することはなかった」
○つまり【市民の大量虐殺は不可能】
これは【当時南京に残留した外国人】の記録からもあきらかなのである。


24 :文責:名無しさん:02/04/08 02:51 ID:oWJlPcaN
氏は土地の青年によってかつての激戦地に案内される。
ナガ族の青年は途々賞讃をこめて語りかけるのである。
日本兵が勇敢であったこと。
彼らは英印軍の圧倒的に優勢な武器をものともせず、戦車に
銃剣一つで立ち向かっていった。
死を少しも恐れていなかった。
そして、なかんずく軍律が厳しかったという事実を。
戦後しばしば聞かされていた日本陸軍の、中国大陸やフィリピン、
マレーでの非人間的な戦争犯罪の話を思い出し、思わず「軍律が?」
と中根氏は尋ねた。青年は答える。
「日本の兵隊は私たちの婦女子にけっして悪いことをしませんでした。
・・・英印軍のなかには私たちの婦女子にずいぶんひどいことをしたのも
少なくありませんでした。私たちは、敗けたとはいえ、日本軍のあの
勇敢さと軍律の厳しさを、今でも尊敬しているのです」と。

「列伝 太平洋戦争」半藤一利
宮崎繁三郎中将--インパール作戦の鬼将軍


25 :文責:名無しさん:02/04/08 02:53 ID:oWJlPcaN
エネルギー管理試験・講習センター長
竹村 洋三
(略)
3.ポーランド人は親日派

 初めてポーランドを訪れた際、カウンターパートからポーランドの人たち
は東郷元帥、乃木大将の名前を知ってますよ、日本は立派な国ですから日本人
と共に仕事が出来るのは大変幸せですと聞かされ仰天した。
ポーランド人がこのように親日感を持っている理由は、
(1) 日露戦争で小さい日本が大きいロシア(ポーランド人が嫌いな国)
をダウンさせた。
(2) 日本政府は第一次大戦後にシベリアに流刑されていたたポーランド人
の孤児救済要請をポーランド救済委員会から受けた。
日本赤十字は短期間に765名の孤児をウラジオストックから日本へ、また言葉
・習慣が違うため孤児付添人65名を本国から招き、孤児たちに付き添わせ病気
治療、休養をさせた後、孤児の祖国復帰を実現した。(救済委員会は欧米諸国に
同様な救済要請を出したが拒否された)
(3) その後、シベリア孤児はポーランドで成長し、組織「極東青年会」を
つくった。
ナチスがポーランドに侵攻した時この青年会はレジスタンス活動に参加、日本大
使館は「極東青年会」の活動を三国同盟を楯に幾度となくナチスから擁護した。
(4) 第二次大戦初期にリトアニア領事杉原千畝は本省の不同意を無視し数千
人のユダヤ系ポーランド人に通行ビザを発行、ナチスの追及から開放して多くの
人命を救った。  
ポーランドは長い間、近隣諸国から侵略を受けつづけてきた国で、上記のよう
な出来事は友好的な日本の印象をポーランドに与え、その結果として親日派の
人たちが多くなったと思われる。

26 :文責:名無しさん:02/04/08 02:55 ID:oWJlPcaN
http://halohalo.helper.to/Infomation/Article/Shinnichi.htm
記 事(Article)

 新・アジア親日事情

NHKが調査した韓国とフィリピンの対日感情の調査があるが、「第2
次大戦への思いで日本による戦争被害に今も憤りを感じるか」という
項目に、韓国では「感じる」という回答が73%。
一方、フィリピンでは「感じる」という回答は20%に過ぎない。

また日本は戦争被害に対して、「反省している」は韓国8%に対し、
フィリピン60%である。
そのフィリピンはこの戦争で主として米軍の砲爆撃によってだが、
じつに150万人もの犠牲者を出しているのだ。

過去は過去として、このようにフィリピンには親日的な空気がある。

実際、いま日本に住んでいる外国人で最も多いのは朝鮮半島出身者の60万人
だが、次はフィリピンからの15万〜20万人。毎年6000人前後のフィリピン
女性が日本人と結婚している。

以前マニラ・ガーデンホテルの社長をしていた日本人実業家・鶴岡正一氏
に聞いた話だが、フィリピン人は誠心誠意つくしてくれるという。
たとえば用事でフィリピン人運転手を待たせておいて、帰ってくると、車
の中が暑いという。
これは木下籐吉朗のワラジの逸話と逆で、主人が乗っていない時には燃費を
考え、クーラーを切って待つからだというのである。

27 :文責:名無しさん:02/04/08 02:55 ID:oWJlPcaN
そうした親日感情に日本人も気づきはじめて、いまやフィリピンの工業団地
は、ほとんど日系企業で埋めつくされているといっても過言ではない。
さらにセブ島、マクタン島の工業団地に単身赴任でいった日本人男性の8割が
フィリピン女性と結婚しているというのだから「相思相愛」の感ありだ。

すでに九州あたりの企業は競ってフィリピンに進出しているというのだが、
そうした日本企業がフィリピンで失敗したという例を、私は、ほとんど聞
いたことがない。

28 :文責:名無しさん:02/04/08 02:57 ID:oWJlPcaN
http://user.komazawa.com/~t_ochiai/htm/d10.htm
 ミニコラム集 <親日派のトルコ人>

ーー親日派のトルコ人ーー

 トルコ人は、「日本人によく似ている。」「トルコ人は親日派だ。」
「トルコ人は日本人よりも親切だ。」等々のことをよく耳にする。
私自身トルコを旅していて、このような言葉もまんざら嘘ではないな
と思った。
それは一体どういう根拠があるのでしょう。
ちょっと興味があったので、私自身の体験と調べた事を元に書いてみました。


 トルコ人が親日なのは、同じような歴史的境遇を持っているからみたいだ。
その事例を書いてみました。

 日本は江戸時代の鎖国から抜け出して文明開化といい、明治時代には日本
の伝統的文化を犠牲にして、近代化を推し進めた。
トルコの建国の父アタテュルクはその明治天皇を尊敬し、日本を手本に近代化
を行った。
いわゆる脱イスラム近代化政策とでも言うのでしょうか。
アタテュルクの寝室には明治天皇の肖像画が飾ってあったと言います。

 同じ敗戦国だというのもその根底にあるようです。トルコの大学生と話した
ときの話ですが、日本はどうして敗戦の後、ここまで経済が成長したのかを
熱心に聞いてきた。
トルコ人にとって、日本は西欧化のお手本国。すこし、尊敬されているみた
いだった。

29 :文責:名無しさん:02/04/08 02:57 ID:g530DcQi
 過去の話になるが、トルコの国は過去に何回もロシアと戦争をしている。
少なからず日露戦争でロシアを破った日本の事を尊敬、もしくは親しみを
持っていたみたいだ。
これは大分昔の話ですけど、もしかしたら根底にあるのかもしれません。

 最近の話では、日本人は信頼できるから好きだと言うトルコ人が多い。
彼らの使う言葉で言うと「日本人はフレンドリーだ。他の国の人はそうではない」
との事。
一概には言えないのですが、日本に帰った後にも手紙をくれたり、写真を送
ってくれたりするから好きとの事だった。
「単に断るのが下手だから何でも言う事をきいてくれるから好きだ。」と言い
きる絨毯屋もいた。
多分これが本当のところだろうと思った。
<トルコ料理> <トルコの飲み物> <文化> <宗教> <治安>
 <交通> <トルコ語> <クルド人> <トルコ人の性格> <絨毯屋>

30 :文責:名無しさん:02/04/08 03:00 ID:g530DcQi
      尊敬する日本人教師


 許文龍氏は、昭和3(1928)年、日本統治時代の台湾・台南市に
生まれ、台南高等工業付属工業学校に学んだ。戦後、玩具、日用
雑貨製造を始め、現在、プラスチックの原料となるABS樹脂製
造では、世界一になっている。

 自社の病院や消防車を地域住民に役立て、また時価数百億円の
美術品、楽器などを集めた博物館を作って、一般公開している。
会社に来るのは、週2日だけで、あとは海で釣りをしているとい
う。

 許氏は中学の時、大友先生という日本人教師に教わった。ある
クラスに貧しい家の子がいて、いつも弁当はイモばかりだった。
これじゃ、栄養失調になると、見るに見かねて先生はこう言った。

 先生はイモが好きだから、先生の弁当と交換してくれないか

 そう言って、先生は何度も、自分の弁当をその子に食べさせた。
子供への愛情、自尊心を傷つけまいとする思いやりに許氏は涙を
流した。

 日本が戦争に負けると、総督府から給料が出なくなった。しか
し、先生方は学校の倉庫にたくさんある物資には手をつけずに、
道ばたでこもを被って座っていたという。それを知って「日本人
の潔さ」だと、感動したという。

「素晴らしい日本人」、許文龍、正論、H11.8

31 :文責:名無しさん:02/04/08 03:01 ID:g530DcQi
 台湾の人たちに今も敬愛される明石元二郎・元台湾総督の新
しい墓が、台北市近郊の福音山キリスト教墓園内に完成、2月
26日、総督の孫の明石元紹(もとつぐ)氏ら遺族、台湾側支
援者、日本の交流協会台北事務所の関係者らが集まり、完成式
が行われた。

 明石元総督は1918(大正七年)に第7代台湾総督に就任、1
年4カ月後に上京途中、故郷の福岡で病没したが、遺言により
遺体が台湾に埋葬されていた。

 歴代十九人の台湾総督の中で、「台湾に骨を埋めた」のは明
石総督一人とあって、台湾の人たちの敬愛を集めてきた。総督
在任中、台湾の水利、電力、鉄道、銀行などの幅広い分野で台
湾の近代化に貢献したことでも知られる。

産経新聞、H12.02.27、東京朝刊、4頁、国際2面

32 :文責:名無しさん:02/04/08 03:02 ID:g530DcQi
                    台湾・陳絢暉さん

(陳絢暉さんは、台湾に美しい日本語を残そうと8年前に結成
された「友愛グループ」の中心人物で、関東日華親善協会の常
務理事を努められている。)

 昭和10(1935)年4月21日の早朝6時すぎ、台湾新竹州南
部から台中州北部にかけて、突然強烈な大地震が起きた。

 その規模は、明治39年3月17日の嘉義地方の烈震と同程
度で、震源は浅いが、有感覚区域は殆ど全島を被い、さらに対
岸の廈門、福州方面まで広がった。今ふうに言えば、マグニチ
ュード7.5くらいではなかろうか? 震央近くの新竹、台中
両州下では、死者3,276人、重軽傷者12,187人、全
壊家屋20,709戸、半壊及び破損家屋62,314戸とい
う甚大な災害を醸した。のみならず断層、陥没など顕著な地殻
変動を生じた点で、全島民はすっかりパニックに落ち込んでし
まった。

 この烈震に、当時公館公学校3年生だったセン(澹のさんず
いなし)徳根(とっこん)が、たまたま外に出ていたところ、
付近にあった廟宇の下敷きになった。瀕死の重傷を受けた彼は、
生死の境を彷徨いながらも終始国語(日本語)を常用し、恩師
の名を呼びつづけた。人づてに聞いて駆けつけた先生は、彼が
臨終にさいし、あえかな声ではっきりと「君が代」を奉唱して
から事切れたのを見て感涙にむせんだ。故に当時の人呼んで
「君が代少年」と称賛し、記念に銅像を建てて校庭に飾ったが、
今次大戦後はすっかり取り払われてしまった。

         岡山国民文化懇談会・倉敷文化懇談会発行
 機関紙「まほろば」第160号(平成12年3月1日)から

33 :文責:名無しさん:02/04/08 09:59 ID:M1pVtBFe
こちらが本スレでしょうか?
変な人が来て話をそらさなければ(荒らしが目的?)ここも良スレなのですが・・・

先人の偉業や、現代においても立派な行いをする日本人の話を聞くと
自分も厳しく律しなくてはならないという思いを抱きます。

34 :どいたかっこ:02/04/08 10:06 ID:5BflGZT3
軍が直接殺害行為
極秘作戦の原資料発見
国家犯罪の決定的証拠/関東戒厳司令部が極秘作戦
 1923年9月1日の関東大震災の直後、日本軍が流布したデマを発
端に6000人以上の朝鮮人が虐殺された事件から、今年で74年。こ
の事件に関し、当時の陸軍省関東戒厳司令部が極秘にまとめた軍隊によ
る兵器使用事件の調査表が、東京都公文書館に保管されていたことが
1月18日までに明らかになった。20件281人の殺害について実行
部隊、兵器使用者、殺害方法などを詳細に記しており、これまで、不明
な点が多かった軍による殺害行為を明確に裏付けている。(根) 
 法政大学の松尾章一教授は「近代日本の支配層と軍の暗部をえぐる決
定的な史料だ。大空襲などをかいくぐり東京都から発見されたというだ
けでも、大変な価値がある」と語る。
 発見された「震災後警備ノ為兵器ヲ使用セル事件調査表」は、縦約4
5センチ、横約1メートルの一覧表。関東戒厳司令部が震災から3ヵ月
後に、部隊の配置状況や活動内容をまとめた、全8巻の「関東戒厳司令
部詳報」の中に綴じ込まれていた。
 調査表によると、東京府(現在の東京都)東部と千葉県西部を中心に
、在日朝鮮人254人、日本人27人の計281人が殺害されたとある
。20件のうち12件は朝鮮人が犠牲者だが、日本人犠牲者は氏名や住
所、中には職業や年齢まで細かく載っているものもある一方、在日朝鮮
人はすべて「氏名不詳」で、身元が分からない。
 しかも、在日朝鮮人の殺害理由はどれも、「自衛上やむなし」とされ
、軍の一方的な殺りく行為であったことが明らかになった。
 例えば、月島4丁目付近で1日夜中に「爆弾らしき物を投げた」との
理由で1人が撲殺、4日午後5時には「小石やこん棒で暴行した」とし
て5人が射殺された。
 軍による計画的な朝鮮人虐殺の背景には、朝鮮民族への蔑視、差別、
排外意識があり、他民族侵略思想がある。
 震災当時の治安担当部署であった内務大臣・水野錬太郎、内務省警保
局長・後藤文夫、警視総監・赤池濃(1919年3・1人民蜂起当時の
朝鮮総督府警務局長)の3人は、震災直後の大混乱で、民衆の不満の矛
先が権力側に向けられることを最も恐れた。しかし、軍が戒厳令を発令
して治安を掌握する口実がない。そこで食糧大暴動などを未然に抑える
口実として朝鮮人暴動なるものを作り出して、軍隊動員を前提とする戒
厳令を発布したのである。
 軍と警察は、「3・1独立運動を朝鮮総督府に弾圧された朝鮮人が、
日本人を恨み、震災の混乱に乗じて暴動を起こそうとしている」、「井
戸に毒を投げ入れた」など、あらゆる流言飛語を吹聴し、それを口実に
戒厳令を発令、虐殺を行った。「朝鮮人は敵」と信じ込まされた民衆は
、軍のデマに踊らされ、虐殺に手を貸した。
 こうして何の罪もない朝鮮人が無差別に殺された。さらに、日本当局
は「虐殺者は民衆。軍はそれを鎮圧した側だ」と、一切の責任を「自警
団」に転嫁する。後の裁判でも軍の責任者は1人も処罰されていない。
 松尾教授は「虐殺への軍の関与はあいまいにされて来た。『従軍慰安
婦』問題と同様、国は知られたくない恥部を何でも隠そうとする。日本
国民が二度と繰り返してはならない歴史の汚点である。政府はこれを機
に軍の関与を認め、調査を行うべきだ」と語る。
日本政府は正確な調査と謝罪を/琴秉洞(朝鮮近代史研究家)
 今回の調査表の発掘で大事なことは、軍隊が直接、朝鮮人虐殺に手を
下したことが戒厳司令軍、自らの調査で明らかになったことである。
 この問題の重大さは、ほぼ3点に要約できる。
 1つは、不明とされていた軍隊の朝鮮人虐殺関与を明らかにする決定
的資料であること、第2に、軍・警が先行し、民衆が虐殺を敢行した図
式が判然と浮かび上がったこと、3つ目は、後の中国侵略時、顕著とな
る、軍が独断専行して政府が追認するという図式が、この時すでにでき
ていたということだ。
 朝鮮人虐殺での軍の関与は国の関与である。今、日本政府に求められ
ているのは、この虐殺事件の正確な調査と謝罪であることを知るべきで
ある。

35 :どいたかっこ:02/04/08 10:59 ID:5BflGZT3
東ティモールの元慰安婦が民衆法廷で証言 

 東京都千代田区内で開かれている民衆法廷「女性国際戦犯法廷」で10日、
東ティモールの元慰安婦が初めて公開の場で証言した。NGO(非政府組織)
「東ティモール女性連絡協議会」が今秋、行った調査では、現在、約20人が
被害を名乗り出ているという。
 証言したのは西部ボボナロ県のエスメラルダ・ボエさんとマルタ・アブ・ベ
レさんの2人で、年齢はいずれも70歳ぐらい。日本軍は1942年に侵攻し
、エスメラルダさんは「村には、慰安所代わりになった家が四つあり、女性た
ちが大勢、集められた。『抵抗したら殺す』と日本兵が脅すので、私の両親も
何もできなかった」と証言した。マルタさんも「動物のように扱われ、奴隷に
された。私たちの青春を返してほしい」と訴えた。

 証言後、被害者と記者会見した国連東ティモール暫定行政機構の判事、カル
メリタ・C・モニズさん(31)は「今後も証言や証拠を集め、被害の実態を
明らかにしていきたい。また、この法廷での経験をインドネシア軍による性暴
力の追及に役立てていきたい」と話した。 



36 :どいたかっこ:02/04/08 11:02 ID:5BflGZT3
南京から家族に送った手紙見つかる 北九州の資料館 

 日中戦争に従軍した芥川賞作家の火野葦平(本名・玉井勝則、190
7〜60年)が37(昭和12)年12月、日本軍占領直後の南京から
若松市(現北九州市若松区)の家族に送った手紙が若松区の火野葦平資
料館で見つかった。代表作「土と兵隊」の素材になった描写や捕虜虐殺
の体験、南京大虐殺をうかがわせる記述もある。近代文学を研究する九
州大学比較社会文化研究院の花田俊典教授が葦平の未公表書簡から見つ
けた。雑誌「國文學」(學燈社)11月号に全文が掲載されている。 
 葦平は日中戦争が勃発した37年10月、陸軍第18師団の小隊分隊
長として南京攻略戦に従軍した。手紙は若松の父にあてたもので、日付
は12月15日。11月11日〜13日の戦闘と12月14日に入城し
た南京の光景を便せん16枚につづっている。その中で中国兵捕虜虐殺
は次のように書かれている。

 「(捕虜が)三十二名全部、殺されて、水のたまった散兵濠の中に落
ち込んでいました。(略)一人の年とった支那兵が、死にきれずに居ま
したが、僕を見て、打ってくれと、眼で胸をさしましたので、僕は、一
発、胸を打つと、まもなく死にました」「(捕虜の)日記帳などを見る
と、故郷のことや、父母のこと、きょうだいのこと、妻のことなど書い
てあり写真などもありました。戦争は悲惨だと、つくづく思ひました」


 南京入城後の記述では「南京は相当の大激戦だったやうです。城外に
は支那兵の屍骸(しがい)が山をなしています」と書き、12月13日
から14日にかけて行われたという中国兵せんめつをにおわせている。


 葦平が「糞尿譚(ふんにょうたん)」で芥川賞を受け世に出るのは手
紙の翌年の38年2月。この年から翌39年にかけ、南京進軍を描いた
「土と兵隊」「麦と兵隊」などの兵隊3部作を発表した。「土と兵隊」
の戦闘場面の手紙の描写と同じであるうえ、戦後加筆された捕虜虐殺の
場面も手紙の内容と重なっており、いずれも実体験だったことが分かる


 花田教授は「日中戦争初期にはまだ緩やかだった検閲が、兵隊3部作
執筆のころには厳しくなっていた事情がうかがえる」と話す。

 葦平の三男で、若松区の葦平旧居「河伯洞(かはくどう)」案内人を
務める玉井史太郎さん(63)は「父は死ぬまで戦争協力者と言われた
ことを悩んでいたが、作品の底に流れるものは名もない兵隊への愛情だ
った。それを証明する資料が見つかったことはありがたい」と話す。手
紙は12月25日まで葦平資料館で公開される。



37 :文責:名無しさん:02/04/08 11:05 ID:wx49Z0Lt
「読売新聞社と韓国日報社がアジア各国でおこなった共同世論調査」
               (1995年5月23日・読売新聞)

『日本と韓国に対してそれぞれ否定的な印象を持っている各国人の割合』

中国人         対日37.8%   対韓31.1%
インドネシア人     対日13.9%   対韓33.3%
マレーシア人      対日 2.9%   対韓33.3%
タイ人         対日21.6%   対韓61.2%
ベトナム人       対日 1.1%   対韓41.3%
------------------------------------------
「戦後50周年アンケート」
(1995年読売新聞の世論調査)
『第2次世界大戦中に行なった行為は、今でも日本との関係の発展を妨げているか?』

妨げている
韓国     71%
中国     49%
タイ     36%
マレーシア  25%
ベトナム   13%
インドネシア 12%

日本に対して良いイメージを持っている
ベトナム   95%
マレーシア  94%
タイ     80%
インドネシア 72%
中国     53%
韓国     30%

38 :どいたかっこ:02/04/08 11:08 ID:5BflGZT3
日本の戦争責任をめぐる問題で議論 

【サンフランシスコ清宮克良】米サンフランシスコで開かれている対日
講和条約調印50年記念シンポジウムは7日、日本の戦争責任をめぐる
問題について議論した。また、別の会場では中国系住民をを中心に、南
京大虐殺や従軍慰安婦など戦時中の日本の行為を糾弾する集会も開催さ
れた。
 大戦中に日本企業に強制労働させられた元米捕虜による訴訟を支援す
る日系のホンダ下院議員は「日本は誤りをただして経済的な責任を負う
べきだ」と指摘。ナチス犯罪を追及する作家のレービン氏は「ドイツの
ように道義的責任から賠償をすべきだ」と述べた。

 これに対し、フォーリー前駐日大使が「ホロコーストは歴史上比類の
ない残虐なもので、ドイツと日本を単純に比べることができない」と発
言すると、会場からは「なぜ日本の味方をするのか」との声が上がり、
中国系女性のシン判事は南京大虐殺を例に挙げて反論した。日本側は松
永信雄元駐米大使が「講和条約は賠償請求権放棄条項も含め米国が起草
した。敗戦国の日本は受け入れただけ」などと応じた。



39 :どいたかっこ:02/04/08 11:13 ID:5BflGZT3
中国・瀋陽市で70周年大会 約2000人が参加 

 【瀋陽(中国遼寧省)浦松丈二】日中戦争への発端となった柳条湖事
件から70周年の18日、事変の起きた瀋陽(旧奉天)市では「9・1
8記念大会」が開かれ、日本や台湾からも含め約2000人が参加した
。歴史教科書問題や小泉純一郎首相の靖国神社参拝などで日中関係が冷
え込むなか、「日本の軍国主義復活への警戒」が強調され、対日批判が
エスカレートした。
 同事件の資料などを集めた9・18歴史博物館で開かれた大会で、遼
寧省トップの聞世震・共産党省委書記は「日本の少数の右翼分子が教科
書や靖国神社参拝の問題で歴史をわい曲し、侵略戦争を美化している」
と糾弾した。

 午後9時18分(日本時間同10時18分)、市内では一斉にサイレ
ンが鳴らされ、テレビは「国辱を忘れるなかれ」とのテロップを流す。
同市は愛国主義教育の一環として「抗日戦争勝利50周年」の95年か
ら、毎年この日にサイレンを鳴らし、事変の風化を防いでいる。

 同じく旧満州国の主要都市だった吉林省長春(旧新京)など他都市で
も記念行事が開催された。

 中国外務省報道官は18日、談話を発表。「侵略を通じて他国の人民
を支配しようとする行為はすべて失敗に終わる」と述べ、「過去の歴史
に対する正確な認識」を求めた。



40 :文責:名無しさん:02/04/08 11:13 ID:jsJURNXF
>>36
>「(捕虜が)三十二名全部、殺されて、


それって、民間人や正規兵の虐殺を否定している手紙だろう?
墓穴を掘って、どうする?



41 :どいたかっこ:02/04/08 12:57 ID:5BflGZT3
「もう日本に十分謝った」
原潜事故で米紙が日本批判のコラム

  27日付の米ワシントン・ポスト紙は、米原潜事故の処理に関連し「もう
我々は日本に十分謝った」と題するコラムを掲載、日本側からの「終わりのな
い謝罪要求」は、従軍慰安婦や南京大虐殺への日本の不十分な対応を考えれば
「偽善のにおいがする」との批判論を紹介した。柳井俊二駐米大使は同日の記
者会見で、「(筆者は)そういうことを言う立場にないのではないか」と批判
する一方で、こうした議論は「今後も出てくる可能性がある」と述べた。

 
 一方、柳井氏は会見で、日本の過去の問題に対する謝罪と関連づける議論につ
いて「米国も自分の過去のことを謝っているかというとそうでもない。この議
論は泥沼になっていくわけで、あまり深みに入っていくのはどうかと思う」と
抑制を求めた。


42 :文責:名無しさん:02/04/08 13:00 ID:2yTxplEz
>「自衛上やむなし」とされ、軍の一方的な殺りく行為であったことが明らかになった。

明らかになってねーじゃん(ワラ

43 :文責:名無しさん:02/04/08 13:04 ID:7c0yNSkO
>>34はすげえ。
後半になると、資料にない事まで事実として扱われてる。

しかも
>在日朝鮮人の殺害理由はどれも、「自衛上やむなし」とされ
>、軍の一方的な殺りく行為であったことが明らかになった。
ってw
在日の死者の多さからみれば「大勢で押し寄せた」という結論が
理にかなってると思うが、軍による一方的な殺戮だったらしいw

>軍による計画的な朝鮮人虐殺の背景には、朝鮮民族への蔑視、差別、
>排外意識があり、他民族侵略思想がある。
キタ!根拠ねえよ!


44 :文責:名無しさん:02/04/08 13:04 ID:l45gtosu
>>39
>中国外務省報道官は18日、談話を発表。「侵略を通じて他国の人民
>を支配しようとする行為はすべて失敗に終わる」と述べ、「過去の歴史
>に対する正確な認識」を求めた。

思いっきり自分のことじゃん。自問自答?

45 :文責:名無しさん:02/04/08 13:14 ID:l45gtosu
>>41
外国では、「日本は南京大虐殺や従軍慰安婦についての謝罪をしていないから
何やってもいいんだ」ってのは常識になっているみたいだな。まさに開き直り。

46 :文責:名無しさん:02/04/08 13:35 ID:I6nwIBtg
どいたかっこさん、こっちがなかなか盛り上がらなくて困っています。
ぜひ、助けて下さい。

国粋マスコミが伝えない反日の話
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1015487511/





47 :どいたかっこ:02/04/08 14:04 ID:5BflGZT3
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/8596/

48 :どいたかっこ:02/04/08 16:46 ID:5BflGZT3
専門家、9・18事件の歴史的事実は変えられないと強調

明日18日は、1931年に日本侵略軍が起こした「9・18事変」の70周
年記念日だが、これを記念して、昨日(16日)北京で、国際シンポジウムが
行われた。

このシンポジウムに参加した専門家や学者は「9・18事変は日本帝国主義
が自ら起こした侵略事件で、東北地区ひいては中国への全面的侵略戦争の始ま
りを示すもので、この事実はいかなる者も変えることは出来ない」としたあと
、「このほど日本政府が検定合格した歴史教科書は事実をごまかし、‘日本軍
はただ南満鉄道を爆破しただけだ’とうそぶき、東北への侵略を進入と改めて
いるが、これは日本の右翼による卑劣な行為である。中国人民はこの歴史的事
実を永遠に忘れることはない」と強調した。



49 :文責:名無しさん:02/04/08 16:52 ID:Rj2eHaP9
とりあえずどいたかっこは出典(新聞なら掲載期日も)を書け。
つーか、こっちのスレに書くな。専用スレがあるだろ。
つーか、SM板に行け。

50 :文責:名無しさん:02/04/08 17:20 ID:IYif2V/T
ウヨ、キレ始め(プププ

51 :文責:名無しさん:02/04/08 18:19 ID:I6nwIBtg
どいたかっこさん、ここにコピペするくらいならぜひこちら↓にお願いします。

国粋マスコミが伝えない反日の話
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1015487511/

ぜんぜんのびなくて、困っています。ウヨを見返してやってください。



52 :文責:名無しさん:02/04/08 18:46 ID:rim8JByB
日本語で言っても理解できないんじゃないのかな。もしかして。
やってることも単純コピペばっかだし。

53 :どいたかっこ:02/04/08 18:54 ID:5BflGZT3
バレンシアさんの証言

バレンシアさんは、1943年1月、他の2人の女性とマニラのダゴタ地区
の「慰安所」に押し込められ、44年10月、日本軍の敗退までおかれまし
た。
「当時の日本兵は、妊娠中の妹の腹を刀で裂き、子どもを取り出し、ハンカチ
で刀を拭くというようなことさえやった。」
後、結婚。子どもを産みます。(慰安婦のことは夫には話しませんでした。)

バレンシアさんが「慰安婦」を名乗りでた時、息子さんは、「今になり、な
ぜ名乗るのか。家から出ていけ。」と怒ったとのこと。
でも、あとになり、名乗り出た意味を分かってくれて、「人権のために闘って
ほしい」というまでに成長したとのこと。
「過去のことを話すのは、心臓が刀でつき刺される程苦しい。」
文字どおり、涙ながらの証言でした。
また、「国民基金」は、「まやかしであり、受け取るわけにはいかない。」
「国連人権委員会の採択に基づき政府からの公式の謝罪と補償こそが必要だ。
」と多くの人の協力を求めました。
また、バレンシアさんと並んで「リラ・ピリピーナ」(元「従軍慰安婦の人
たちのたち上がりを支援する団体)のマルケスさんも同席し、日本政府が過
去をきちんと清算することを求めました。

54 :238:02/04/08 18:55 ID:o0y97NlH
http://www.myanmar-shafu.com/business/hist.htm
1940年、アジアへの進出をもくろんでいた日本軍は、援蒋ルート(英米連合軍が
中国蒋介石を支援するためのインド、ミャンマー、雲南に抜けるルート)を絶つ
ために独立運動を利用した。日本軍の鈴木大佐を長とする秘密組織「南機関」が
アウンサンやネ・ウィンなど30人の若者(30人の志士)を日本、台湾、海南島で
軍事訓練を行い、武力による独立運動を支援した。1941年12月、日本軍が米・英
に宣戦布告をすると同時に、バンコクで旗揚げしたビルマ独立義勇軍(BIA)は、
日本軍とともにミャンマーに進出、各地で義勇兵を集めながら、英印軍と戦った。
英印軍を破った日本軍は直ちに全土を軍政下においたが、アウンサンとの約束を
反故にして独立を与えなかった。1943年に認められた独立は日本軍政下の名目上
のものに過ぎなかった。

アウンサンらは共産党など他の地下独立運動組織と連帯し反ファシスト人民自由
連盟(AFPFL)を組織し、本当の独立を目指して今度は抗日抗争を始めた。1945年
一斉蜂起し、連合軍と協力してミャンマー奪還作戦を展開し、イギリスとの交渉
の結果、1948年に念願の独立を果たすこととなる。


55 :238:02/04/08 18:55 ID:o0y97NlH
http://www.hellojapan.org/asia/myanmar/fascist/01.htm

ミャンマー独立をめぐり対日感情は信頼から失望、バラ色から灰色に変わったが、
会長さんの言葉は日本への賛辞の常套句のようなもので、よくミャンマー人がこ
の話を引用し、しかも前半で話をやめてしまう。
ミャンマーのある農村に日本人ビジネスマンを案内した時もそうだった。年配の
村の要人たちが「独立の恩人、日本」の賛辞を口をして彼を歓待した。彼は彼で
「ミャンマーは親日的なんだなあ。」とご機嫌だった。合間にその要人たちが私
に言った。

「あの方はミャンマーのことをご存知ないからね。あんた、ミャンマー語がわか
るなら、ミャンマーで起こったこともわかるね。戦争中はこの村も大変だったん
だよ。日本兵に乱暴された女の人たちもいたよ。」


56 :238:02/04/08 18:59 ID:o0y97NlH
54は、ミャンマー政府から公式認定されているwebだからな

57 :どいたかっこ:02/04/08 19:00 ID:5BflGZT3
強制連行はあったか?

 慰安婦の徴募について強制連行はなかったと主張する人がいます。娼
妓取締規則に基づいた自由意志の確認でもやっておればはっきりした根
拠があるのですが、この主張には根拠がありません。「私が強制連行を
やった」と云う内容の本が出版されたことがあり、その本の証言があや
ふやであったことが話題になりましたが、もちろんこれは強制連行が「
無かった」と云う根拠にはなりません。
 慰安婦の徴募はいろいろな手段で行われました。日本の国内で行われ
たと同じ様な「身売り」もあり、なるべく穏便な手段で集めるのがやは
り基本ではあったでしょうが、「○月×日までに慰安婦××名送れ」な
どという軍の電文(例えば台電935号)も残っているように、軍の命令
系統を通じた指令です。徴集現場も、員数あわせには手段を選んでおれ
なかったでしょう。強姦事件で軍規の乱れを防ぐためと理由づけたので
すから、十分な数の慰安婦を確保することも軍事作戦の一部だったので
す。

 最も確実な証拠のある軍による強制連行の例はインドネシアで起こっ
た「白馬事件」とよばれている事件です。南方軍管轄下第一六軍幹部候
補生隊が17才以上のオランダ人女性を1944年2月新設のスマラン
慰安所に連行して、少なくとも35名に売春を強制したわけですから、
これはまぎれもない軍による強制です。この事件は捕虜の虐待問題であ
って慰安婦問題でないと云う人もいますが、戦闘員でもない17才の女
の子を捕虜というわけにもいかないでしょう。これは、どう見ても住民
虐待つまり慰安婦事件そのものです。オランダ抑留民団が必死の抵抗を
示し、陸軍省の大佐への直訴に及んで、国際世論の反発を招くことが必
至となったので、軍はやむなく2カ月後にこの慰安所を閉鎖する処置を
とりました。

 こうした日本側の処置などが、記録に残ってしまったことと、被害者
が白人だったので、連合国の追求がきびしく、関係者が戦犯に問われて
裁判記録が残ってしまったことが今では決定的な証拠になっています。
慰安婦に関しては資料が乏しく、「証拠がない」との居直りを許すもと
になっているのですがこの事件はその意味で大変重要な事例だと言えま
す。インドネシアでのオランダ人慰安婦についてはオランダ政府の調査
報告書が出ていますが、強制連行はスマランだけにとどまらず、65名
の白人被害者が確認されています。インドネシアの白人慰安婦は総数2
00から300人と推定されていますがそのうち「自発的」とされてい
るものはごくわずかです。

58 :どいたかっこ:02/04/08 19:03 ID:5BflGZT3
軍の方針としての慰安婦の強制

この事件の重要な点は、「強制連行」の事実がが陸軍省まで伝わったに
もかかわらず、慰安婦の幽閉処置を解除しただけで、軍としては何等処
分を行わなかったことです。日本軍内ではだれも軍法会議にかけられて
いません。陸軍刑法では「戦地又ハ帝国軍ノ占領地ニ於テ婦女ヲ強姦シ
タル者ハ無期又ハ一年以上ノ懲役ニ処ス。」とあり、慰安婦の強制連行
・集団強姦は、もちろん日本軍の軍規に照らしても大きな罪だったわけ
ですが、まったく処分の対象としなかった所に、慰安婦の強制連行に対
する軍の考え方が示されています。 軍は強制連行した部隊・軍人を軍
律違反とは認定しなかったのです。強制連行を行ったのは方面軍直属の
士官候補生隊であり、逃亡兵でも敗残兵でもない、れっきとしたエリー
ト部隊の組織的行動です。 連合軍のバタビア裁判では、この件で人道
上の罪として、死刑1名を含む11名の有罪が宣告されています。組織
的犯罪に対する裁判ですから命令されて強制連行に加わっただけの兵士
は罪を問われていません。「個人的逸脱行為」は通用しないでしょう。
「希望者だけに限れ」という司令部の命令が十分伝わらなかったせい
で、軍に責任はないというのも苦しいいいのがれです。司令部が「希望
者に限れ」と命令していたにもかかわらず、その命令に従わなかったの
が事実ならば「抗命罪」でさらに重い罪に問われるはずです。しかし、
軍はいっさい処分を行わず、慰安婦の強制連行を軍規違反とはしなかっ
たのです。



59 :どいたかっこ:02/04/08 19:06 ID:5BflGZT3
朝鮮半島での強制連行

 「強制連行」という言葉のイメージからは、軍人が銃剣を突きつけて
無理矢理連行するといった白馬事件のような情景が思い浮かびますが、
朝鮮半島では憲兵警察制度があって、軍が自由に警察や行政を動かせた
ので、軍が直接表に出る必要は少なかったと云われています。やり方が
巧妙悪質になっただけで本質的には同じことです。
 慰安婦を強制的に集めるためには、「看護婦にする」とか「工場で働
かす」とかで遠くへ連れだし、慰安所で強姦してしまうことも行われま
した。日本に反抗した親をとらえて、親を助けたければ慰安婦になれと
せまったケースもありました。憲兵や警察が、女性を拘束して、列車に
乗せてしまうと云う例もあります。村長や自治会長等を通じた徴集の割
り当て等も行われたようですが、慰安婦の証言でも、日本に協力した朝
鮮人の行動などについては「かばい」が見られ、なかなかはっきりしな
い点があります。

 慰安婦の徴集のやり方について、間に朝鮮人が介在したことが多かっ
たので、そのような場合は、軍の責任ではないとする意見もありますが
、それなら慰安所に到着した時点で娼妓取締規則にあるように本人の自
由意志であることを確認し、強制されたり騙されて来た者は、家に帰す
べきです。しかし、そのような事を行った形跡はありません。手段を問
わず連れてこいと命令したとのでしょう。強制連行も辞さずという姿勢
が根本にあって、穏当な手段があればそちらを選んだというだけのこと
です。

日本は男性朝鮮人・中国人を多数強制連行して鉱山やダム建設現場で酷
使したことがはっきりしており、しかも軍規は強姦・略奪に甘かったと
なれば、よほどはっきりした無罪証拠を発見しないかぎり、韓国で露骨
な強制連行が信じられても当然だと思います。「証拠がなければ強制連
行があったとは言えない」は日本側の勝手な理屈でしかないでしょう。
 朝鮮での慰安婦徴集の違法性で議論の余地がないのは、未成年者を徴
集したことです。現在日本で裁判をおこしている9名の元慰安婦達は全
員が21歳未満であり、この場合、国際条約によれば、本人が了承した
としても慰安婦とする事は処罰の対象としなければならないはずです。
もちろん、この人達は強制をうけて慰安婦になったと詳細な証言をして
います。



60 :どいたかっこ:02/04/08 19:07 ID:5BflGZT3
慰安婦はどの軍隊にもあったのか?
 戦争に売春や強姦行為はつきものと云われますが、日本軍には異常な
密度でそれがおこり、慰安婦を制度的に持つ様になりました。軍の内部
にすらも批判はあって、陸軍病院の早尾軍医中尉は論文で「軍当局ハ軍
人ノ性欲ハ抑エル事ハ不可能ダトシテ支那婦人ヲ強姦セヌヨウ慰安所ヲ
設ケタ、然シ、強姦ハ甚ダ旺ンニ行ハレテ支那良民ハ日本軍人ヲ見レバ
必ズコレヲ恐レ」と指摘しています。イギリス軍やアメリカ軍には軍の
慰安所は無かった し、近代軍隊でほぼ全軍にわたる規模でこのような
事をしたのは日本軍だけの様です。ドイツ軍にも慰安所があったそうで
すが、強姦事件多発のためではなくもっぱら性病の管理のためでした。

 戦場の緊張を長期に渡って続けるには無理があります。通常の軍隊は
帰休制度を持ち、ローテーションを組んで戦うのですが、日本の兵士は
消耗品扱いで、一度出征すれば死ぬまで戦わされたのです。兵站・補給
を考えぬ無理な戦線の拡大は、兵士に略奪を日常とする生活を強いまし
た。倫理観が荒廃し、強姦事件が起こるのもあたりまえでしょう。慰安
所を作らないと強姦が多発すると発想しなければまらない戦争と云うも
のが、そもそもの国策の誤りだったのです。


61 :どいたかっこ:02/04/08 19:08 ID:5BflGZT3
慰安婦議論と証拠

慰安婦問題全体から言えば、強制連行の事は一部の問題です。最初は否
定意見もあった慰安所の存在はもはや確定したし、政府や軍の関与もは
っきりした。未成年の少女を騙して慰安婦にした非道性も否定する人は
少ない。軍人が直接脅して慰安婦にした例も占領地では確認された。こ
こまでくれば個々の慰安婦の証言に裏付け証拠を要求してみても、いち
ゃもんに過ぎず、歴史事実としての認識には決着が付いたと思います。

それでも、朝鮮半島での強制連行に決定的証拠がないと言い張る人がい
ます。なにも前提をおかなければ、立証されなければ「なし」になるの
が論理だと考えている人です。「裁判と同じく、証拠がなければ無罪だ
」というのも、これに近い立場です。傍証の積み重ねだけでは納得しな
いのです。しかし、歴史では決定的な証拠が無いのが普通で、傍証を固
めていって定説をつくりあげて行くのがあたりまえでしょう。
日本軍は自由に証拠の隠滅が出来たし、慰安婦はその境遇から、記録を
残せる立場になかった。決して自慢にならない忘れてしまいたい過去に
関しては証言だって簡単には得られない。やっと重い口が開いたのは5
0年もたってからだった。こういった条件を抜きに議論すれば、終戦時
に日本が行った記録の大量抹殺がまんまと成功することになります。慰
安婦問題に限らず、朝鮮総督府関係の資料は徹底的な抹殺が行われてい
ます。記録が存在しないだけでなく、意図的な焼却が行われたこともは
っきりしています。歴史の風化を許さず、全体的な目で起こった事実を
見つめて行く必要があるのではないでしょうか。


62 :文責:名無しさん:02/04/08 23:57 ID:cuK0ul7g
親日の話が書き込まれるとなんか不都合でもあるかね?
あまりにも執拗だ。
キーワードでググればどっからひろってきたかすぐ分かるコピペだし

63 :文責:名無しさん:02/04/09 00:12 ID:dW/2GkIU


       ∧         ∧
        / ヽ        ./ .∧
     /   `、     /   ∧  ふ〜自作自演は疲れるニダ
    /       ̄ ̄ ̄    ヽ
    /             .  :::::\
   / ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-′::::∧/           ∧
   ヽ     \___/   :::::::/ ヽ         / ヽ
    ヽ    \/    ::::::::/   ヽ_____/  ヽ
  /            /                \
 |            /                   ヽ
 |            '''''"´)   ●   \─/  ●   |'´)
  \           -‐´         ヽ/       /´
   |       |   \                  /
   |       |    ~~~~|~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   |       |      |
  /         \      \
 |           |      |
  \______/____/




64 :文責:名無しさん:02/04/09 00:13 ID:4QKBUWSe
>>34
デマを流したのは、というか、助長したのはマスコミで、
日本の警察などは逆に守ろうとした、ということは知ってるかな?
資料など見つかっていないし、見つかった、というなら、それを
示してほしいね。

>>35
未だに証拠が見つからない、ということだね。

>>36
便衣兵の処刑を否定している人は全くいないと思いますが、
それが何か?

>>38
ホロコーストと南京事件を同列に扱う人間に対して、「ホロコースト
の残虐性を薄めようとするものの陰謀だ」と、ユダヤ人の人が怒って
おられますが。

>>39
南京否定派の学者が中国で当地の学者達と討論、研究をするために
渡航しようとしたら、直前で中国政府にビザを取り消された、という
ことはご存知かな?(笑


65 :文責:名無しさん:02/04/09 00:14 ID:4QKBUWSe
>>48
少しは歴史を勉強しようよ(苦笑
あんた、済南事件とか第一次南京事件をどう思ってるの?

>>53
挺対協やクマラスワミ女史などすら信憑性がない、とした
ような与太話を持ち出さざるを得ない、ということですか?(笑

>>57
恥も外聞もなし、というわけですか(笑
日本が悪質業者を取り締まったことを証明する文書も残っていれば、
証言もある。
実際に取り締まっていた、という事例もある。
そして、吉田清治がウソを認めた、ということすら知らない間抜けな
人がここにいる(笑

66 :文責:名無しさん:02/04/09 00:15 ID:4QKBUWSe
>>58
馬鹿だぁねぇ。
警察につかまっとりまんがな(笑

67 :文責:名無しさん:02/04/09 00:22 ID:4QKBUWSe
 確かに業者の経営による売春宿は日本軍の使用に供されました。しかし売春婦達は決して軍自ら募集したのではなく、業者自身が集めた人々でした。

 又彼女達の高収入については多くの証言があります。そのの一例として「文玉珠が2年間で2万6千円も貯めた事が、彼女の貯金通帳から明らかになった」ことを毎日新聞が1992年5月12日に報じています。これは現在価値に換算すると8千万円に相当します。

 当時の帝国陸軍大将の年収は約6600円でしたので、その2倍の年収に相当します。尚当時の2等兵の給料は僅か年間72円にすぎません。

これは朝日新聞がこの期間中、「文玉珠が報酬なしに性奴隷として奉仕させられた」と報じたことを、完全に否定しています。


68 :文責:名無しさん:02/04/09 00:26 ID:4QKBUWSe
平成3(1991)年末、かの『朝日新聞』が「従軍慰安婦」
問題で徹底的な糾弾キャンペーンを展開した事がありました。
この時、吉田清治(よしだ-せいじ)氏の著書『私の戦争犯罪 
朝鮮人強制連行』(三一書房 1983)の「慰安婦狩り」の問題が、

「済州(チェジュ)島にて軍の協力により、慰安婦狩りを行い
、一週間で205人の女性を強制連行した」
と言う記事として掲載されました。しかし、その後、千葉大
学の秦郁彦(はた-いくひこ)教授の実地調査では、吉田氏の著書
は「捏造」である事が発覚(その報告は『正論』1992年6月号 に詳しい)。
又、『週刊新潮』1995年1月5日号 の取材結果でも、事実無根
である事が判明。
当の著者も「あれは創作だった」と認めたのです(記事捏造がお得意
な、天下の大新聞『朝日新聞』の面目躍如ですね>笑)。
 では、世に言われる「従軍慰安婦」は全く存在しなかったのでしょうか?

69 :文責:名無しさん:02/04/09 00:27 ID:4QKBUWSe
 実は存在していたのです。しかし、その実態は、戦後言われる
ようになった「従軍慰安婦」とは全く違うものだったのです。

戦時中、「従軍慰安婦」は存在した。この一語を以て、
進歩的文化人や支援者達は小躍りするかも知れませんが、そ
れは彼らの早合点と言うものです。
私が言いたいのは、民間業者が日本軍向けに行っていた「売春」
は存在しただろうが、日本政府・軍が「国策」として、「従軍慰安
婦」に関与した事実は無いと言う事です(両者を混同すべきではない)。
まず、当時 ── 戦後になって「従軍慰安婦」と呼ばれる事となる
女性達の多くが、大和撫子(やまとなでしこ) ── 「日本女性」だっ
たと言う事実です。

70 :文責:名無しさん:02/04/09 00:27 ID:4QKBUWSe
そして、彼女達は「強制連行」されて来た訳ではなく、自ら「志願」
してその世界に飛び込んだと言う事実です。
よく、「従軍慰安婦」と言うと、軍の管理する施設に「隔離」され、
外界とは接触を許されずに、来る日も来る日も、日本兵の相手をさせ
られたと言う事になっていますが、これも虚偽です。
彼女達は、食べ物にも事欠くご時世の中、「三度の飯」が保障さ
れる「従軍慰安婦」の世界に自ら飛び込みましたが、軍の管理する施設に隔離等されてはいませんでした。
又、時として、「客」として通ってくる常連兵士と街に出て、ご馳
走を飲み食いし、ダンスを踊ったりして楽しんだ共言います。
こう言う証言に接すると、当時の「従軍慰安婦」達と、現代の風俗嬢
達と、一体、待遇で何処が違うのか?と考えざるを得ません。


71 :文責:名無しさん:02/04/09 00:28 ID:4QKBUWSe
しかし、それでも、進歩的文化人や支援者達は「従軍慰安婦」は
あった!! 「日本軍による強制連行」はあった!! と声高に叫ぶで
しょう。
しかし、戦後半世紀を経た今の今迄、何一つ、「日本軍による強制
連行」を裏付ける明確な資料は見つかってはいません。
あるのは、損害賠償を求める「被害者」達の証言だけ。
日韓両国間での戦後賠償が決着済みな事もありますが、証拠資料
が無い現状では、たとえ裁判をしたとしても、裁判と言う裁判にな
る訳もなく、事態がより混迷・複雑化するだけです。
又、当時は、「公娼制度」 ── つまり「売春」が公認されていた
時代です。
当時の日本同様に、朝鮮半島の貧村の食うや食わずの家庭で、
親が自分達の娘達を「身売り」した事もあったでしょう。
とすると、親に「身売り」された共知らない女性が、女衒(ぜげん
:遊女等の口入れ手引きを生業とする仲介業者)を日本軍の差し向けた
「強制連行」の実行者と、思い違いをしたとしても何ら不思議で
は無いのです。

72 :文責:名無しさん:02/04/09 00:39 ID:4QKBUWSe
>>36
最近も「南京への道」を書いていますが、私は目が悪くて
めったに本は読めないが、これはそうもいかずに、少しずつ
読んでいます。
「南京への道」は火野葦平が従軍したコースだから、火野葦平が生きて
いれば面白い論争になったと思いますよ。
火野とは小林秀雄が芥川賞を広州に持ってきた時一緒だったことがあり
ます。
イデオロギーで事実をゆがめ、それがまかり通っている世の中になって
います。

「「南京事件」日本人48人の証言」阿羅健一
外務省情報部特派カメラマン・渡辺義雄氏の証言

73 :文責:名無しさん:02/04/09 01:15 ID:4QKBUWSe
 冷戦が終了して早くも十年、世界は今なお動乱と危機の只中に
置かれている。
辛うじて保たれている国際平和を維持する上で、日米両国の友好
と同盟関係の果たす役割は依然として動かしがたい。
冷戦時代から今日に至るまで、たしかに、両国間には繊維・鉄鋼な
どの通商交渉、日本の防衛力増強から経済構造のありようをめぐ
る議論に至るまで、いくつもの大きな摩擦があった。
しかし、これらは例外なく互いの国益にからむ事柄で、両国政府
がそれぞれ円満な解決を求めて可能な限りの努力を重ねてそのつ
ど乗りこえてきたことは、ひとしく衆目の認めるところである。

 ところが、ここ数年来、これとは全く異質の、ある種の反日
活動が米国を舞台に展開され、時とともにエスカレートする一方となった。
ここから生ずる新たな、そして極めて深刻な日米摩擦の拡大に、我々
は深い憂慮の念を抱かずにはいられないのである。

74 :文責:名無しさん:02/04/09 01:16 ID:4QKBUWSe
なぜなら、これら反日活動は両国の国益に直接かかわるものではなく、
かつ、米国を舞台にしながら、その仕掛人の背後には第三国が存在す
るとみられるからである。

 端的に言って、一九九七年七月に米国で出版された中国系米国人
アイリス・チャンの『ザ・レイプ・オブ・南京』の主張と、それに
煽動された反日キャンペーンの渦が、この問題の中心に居座っている。
同書の内容が「真実」から遠いどころか、「真実」のまさに正反対
であることに、多くの日本人は激昂を抑えかねなかった。
その余りの史実の歪曲ぶりに、これまでいわゆる〈南京大虐殺〉肯定
の筆頭格だった月刊誌『世界』でさえ、苦情を呈し、異例の釈明的
な一文を掲載せざるを得なくなったほどである。


75 :文責:名無しさん:02/04/09 01:16 ID:4QKBUWSe
 アイリス・チャンの本は、標題に「レイプ」と冠し、サブタイトル
に「第二次大戦の忘れられたホロコースト」と謳ったところから
、一九三七年十二月に極東の一角で起こった遠い出来事に通じていない
米国人大衆の耳をそばだたせ、巻を開けば、想像を絶する残虐行為の
地獄図を執拗に繰り広げて見せることで、日本人に対する読者の憎悪を
極限にまで高めることに成功した。
いや、そればかりではない。ことは政治問題にまで発展し、ついにカ
リフォルニア州議会では、一九九九年八月、〈南京大虐殺〉を中心と
する日本軍の「残忍非道な罪」に対して非を鳴らし、謝罪と賠償を求
める決議を採択するに至ったのである。

 なにしろ、「虐殺三十万、レイプ二万」と称しているのだから、人
権尊重とフェアプレー精神をモットーとする米国国民の間に「日本憎し、
厳罰を加えよ」との声が挙がったところで、無理からぬところであったろう。
しかし、冷静に考えるならば、事態はこう問われてしかるべきなのである。

76 :文責:名無しさん:02/04/09 01:17 ID:4QKBUWSe
すべてこれは、〈南京大虐殺〉が間違いなく存在したということをも
って不可欠の前提としているが、はたしてそれは正しく立証された事実
なのであろうか、と。

 同書でサドの文学も顔負けといった残虐の極致を覗き見た読者は、
しかしながら、興奮から覚めてののちに、たとえば、次のような疑問
を抱かなかっただろうか。

「わずか六週間で市民三十万人が殺され、死体の多くが石油で焼か
れたなどというが、そのためにはアウシュヴィッツ並みの大火葬場
が何十箇所も必要であろう。
いったい誰があの密閉された城壁空間内でそんなものを見たのか」

「加えて、『レイプ二万から八万』という。ソ連兵のベルリン攻略の
後は大変な“ベビーブーム”だったと伝えられるが、南京戦後、同市
内に日中混血児があふれたなどと誰が事実を記したか」


77 :文責:名無しさん:02/04/09 01:17 ID:4QKBUWSe
 良識ある読者なら、こうした疑問は雲霞のごとく浮かび出て際限
もあるまい。
そこで仮に〈南京大虐殺〉を、ある特定の殺人事件としてみよう。
すると、いったい、死体は幾つあるのか、被害者は誰か、目撃者は
あったのか、犯人の動機は何か―等々の基本的な疑問について、当然
のことながら、適正な刑事訴訟の手続を通じて厳密に立証されなけれ
ばならない道理となるであろう。

 なるほど、〈南京大虐殺〉を告発する側では、一応は死体の数
も特定され、目撃者の証言、また、犯人の動機らしいものもあると
言い張っている。
だが、実はそれは、およそ文明国の法廷において証拠能力も証明力
も全く認められ得ない、お粗末きわまりない類のものばかりだった
のである。

78 :文責:名無しさん:02/04/09 01:18 ID:FFegiE/z
そして、まことに驚くべきことに、こうした実情がほとんど欧米世
界で知られることなく、ただただ、世にもおぞましい〈南京大虐殺〉
があったという吹聴、プロパガンダのみが、これら反日運動家の主
張のままに米国内に定着しつつあるありさまなのだ。

 そこで、我々は次のような作業に取り組んだのである。
すなわち、一九三七年十二月十三日から約六週間にわたって日本軍
によって行われたとされる〈南京大虐殺〉を仮に一つの「殺人事件」
(ならびにそれに付随する掠奪・強姦事件を含む)としてとらえ、
刑事訴訟の手法を用いて、告発した側に挙証責任があるという前提
のもとに、「犯罪」としての立証がなされ得ているか否かを綿密に
再検証し、これによって事の真相を客観的に究明しよう、と。


79 :文責:名無しさん:02/04/09 01:19 ID:FFegiE/z
 換言すれば、「大虐殺がなかった」ことを論証するのが目的なの
ではなく、「大虐殺があった」との立証が全然なされていないという
事実を明示しよう、それで一切を明白にするうえに十分であると思
料する立場をとったのである。

 ただし、我々の批判の対象とした「告発者」は、右に言及したアイ
リス・チャンの『ザ・レイプ・オブ・南京』ではなく、中国政府の
〈南京大虐殺〉論であるという点に注意を喚起したい。その理由は、前
者が中国政府の主張に依拠していることと、日本の加害責任を追及する
国際反日包囲網の発信源は現在の中国政府にある、との我が方の明確
なる認識に基づいている。

 とはいえ、反論というには、以下に呈するテキストは、むしろ地味す
ぎるトーンのものとして映るに違いない。

80 :文責:名無しさん:02/04/09 01:19 ID:FFegiE/z
けだし、能と茶道の serenity(静穏)を創造した日本文化には、中国
のお祭騒ぎにはつきものの銅鑼と爆竹の喧噪は似合わないからである。
「白髪三千丈」式の中国人特有のファンタジアでプロデュースされた
『ザ・レイプ・オブ・南京』とは正反対の、日本独自の簡潔かつ厳密
な手法によって、以下、本論を展開していこう。

 戦後半世紀余り、日本は、この問題で外から何を言われようとも、
一貫して沈黙を守りつづけてきた。
ここに初めて我々は沈黙を破る。ただし、中国式金切り声ではない。
被告席に立たされた日本の、低音で立ち昇る、しかし清明公正なる陳述
である。 
『再審 「南京大虐殺」』序言より

81 :文責:名無しさん:02/04/09 01:21 ID:FFegiE/z
「慰安婦強制連行問題」には何ひとつ証拠がない。
フィリピン(ホセ報告)
そして筆者は、当時を知る生存者の話を聴き、さまざまな日記、公式
および準公式の文書、ゲリラの新聞などを読んだ結果、戦時中、フィリピン
では日本軍による大規模な強制的売春はなかった、という結論に
到達した。
韓国(クマラスワミ)
「募集方法を立証する書類はほとんど残っていない」
「実際の募集の過程に関する公文書はなく、ほとんど
すべての慰安婦の募集に関する証拠は、被害者自身の口頭
証言だけである」
韓国(挺対協著書)
「今まで発見された軍文書のうち、慰安婦の動員方法を具体的に
説明するものは一件もない」
韓国(吉見義明)
97年2月1日の朝生で証拠がないことを認める。
中国(秦郁彦)
中国では戦中から戦後にかけて、慰安婦問題に対する関心薄かった。
100巻にのぼる国民政府の公式戦史にも、関連の記述はほとんど見られ
ない。
日本(官房副長官:石原信雄)
「いくら調べても日韓双方に強制連行を示す証拠がない」


82 :文責:名無しさん:02/04/09 01:33 ID:FFegiE/z


■1.目をえぐり、耳と鼻をそぎ...■

 昨年、Iris Chang という中国系米人の書いた "The Rape of Nan
king"という本が、10万部以上売れ、ベストセラーリストに入っ
た。まだ日本語版は出ていないが、その強烈に反日的な筆致は、日
本人にはショッキングである。

 チャンがどのように「南京大虐殺」を描いているか、その一端を
覗いてみよう。南京占領の章では、生き埋め、八つ裂き、火あぶ
り、
氷漬け、犬にかみ殺させる、強姦などのおどろおどろしい記述が続
く。たとえば、こんな具合である。

 少なくとも、100人の男が、目をえぐり出され、耳と鼻を
そがれてから、火炙りにされた。また別の200人の中国人兵
士や市民は、裸で学校の戸や柱に縛りつけられ、zhuiziと呼ば
れる柄のついた特別な針で口やのどや、目など何百カ所も突か
れた。[1,p87]

 このzhuiziとは、いったい何なのか。語感からして日本語ではな
いようだ。手元の日本最大級の英和辞典にも出ていない。中国の伝
統的な拷問用具なのだろうか。

 そうなら日本兵が中国の拷問用具を使って、いかにも中国的な虐
殺をしているわけで、まことにリアリティに欠けた描写である。い
つ、どこで、誰が、という基本的な事実はいっさい出てこないの
で、
検証のしようもない。

83 :文責:名無しさん:02/04/09 01:35 ID:FFegiE/z
■2.日本の子供は夜9時から朝6時まで勉強する?■

 この本がどの程度、客観的に信頼できる情報を提供しているか、
読者自身に判断してもらえる格好の材料がある。こういう一節であ
る。

 日本人の子供は、生まれた時から、東大を頂点とするピラミ
ッドを戦いながら登っていく。東大に通ずる高校に入るための、
詰め込み式の小中学校があって、子供達は夜9時から朝6時ま
で勉強する。それらの小中学校に入るための、詰め込み式の幼
稚園がある。さらにそうした幼稚園への切符を約束してくれる
産院さえある。

 こうした受験地獄にも関わらず、日本の教育システムは意図
的な記憶喪失にかけられており、1994年になるまで、日本の子
供達はヒロヒトの軍隊が第2次大戦中、2千万人もの連合軍兵
士とアジアの市民を犠牲にした事を教えられないでいた。90
年代の始めには、ある高校教師が、日本がアメリカと戦ったと
教えた所、生徒達はびっくりして、どちらが勝ったのか、質問
した、という事実を新聞で紹介した。[1,p205]

 著者(というより作者か)の文章はなかなかパワフルで、日本に
ついて何も知らない人なら、日本というのはなんと異常な国かと思
いこんでしまうだろう。チャンの本の特色は、何の具体的な証拠も
示さずに、こういう極端な記述を平気で続ける点である。

84 :文責:名無しさん:02/04/09 01:36 ID:FFegiE/z
■3.「タイサ」は人名ではない■

 固有の人名が出てくる所では、チャンの本の信頼性がすぐにばれ
てしまう。たとえば、

 朝香宮の諜報将校、Taisa Isamoは...Taisa はこう言った..
[1,p40]

 このTaisa Isamo は、松井軍司令官の制止を無視して、捕虜処分
命令を出したとされる長勇(ちょういさむ)中佐のことであるが、
チャンはTaisa(大佐?)を人名の一部だと勘違いし、さらに勇を
Isamoと読み違えている。

 日本語の諸文献もスギヤマ・サトコなど数人の女性ボランテ
ィアに英訳してもらったようだが、日本語もドイツ語も読め
ず、
チェックしてもらう一流の近現代史専門家と縁のない女性がこ
の大テーマと取り組んだのだから、惨憺たる出来栄えになって
もふしぎはない。[2,p31]

 とは、近現代史研究で著名な秦郁彦日大教授の評価である。


85 :文責:名無しさん:02/04/09 01:36 ID:FFegiE/z
■4.プロパガンダ写真のテクニック■

 文章とともに、写真もなかなかの「出来栄え」だ。まずは、ほと
んどの写真で、いつ、どこで、誰が、どういう状況で撮影したもの
か、が記載されていない。あるのは、単に「台北、軍事委員会政治
部」というような提供元で、プロパガンダ写真の素性まるだしであ
る。

 たとえば、橋の上で、日本軍兵士がシナ人の女性や子供達と一緒
に歩いている写真があり、次のような説明がついている。

 日本軍は何千人もの女性を駆り立てた。彼女らのほとんどは
強姦されるか、従軍慰安婦にさせられた(台北、軍事委員会政
治部)[6]

 この写真の出所は、秦教授の調査で、「アサヒグラフ」1937年11
月10日号であることが明らかになった。全体の説明文には、

 我が軍の庇護によって平和に還った二つの部落がある。その
一つは「日の丸部落」といわれる盛家橋部落で...約四百名の
村民は、我が軍の保護によって敗残支那兵の略奪をまぬかれ、
意を安んじて土に親しんでいる桃源郷

 とある。問題の「連行」写真には、次の説明がついている。

 我が兵士に護られて野良仕事より部落にかえる日の丸部隊の
女子供の群


86 :文責:名無しさん:02/04/09 01:37 ID:FFegiE/z
 この写真は、岩波新書「南京事件」でも、「日本兵に拉致される
江南地方の中国人女性たち」と紹介され、秦教授の指摘を受けて、
差し換えが行われたものである。

 ほかにも、南京事件当時には存在しなかった型式の日本軍戦車が
家を焼ている写真、真冬の南京で半袖姿の兵士達が写っている写真
(プロパガンダ映画の一シーンと判明)など、様々なテクニックの
プロパガンダ写真が収録されている。

■5.日本大使の反論■

 こうした本に対して、日本政府はどのような態度をとったか。

 斉藤邦彦駐米大使は...中国系米国人アイリス・チャン女史
の著書「レイプ・オブ・ナンキン」について、「日本政府が謝
っていないとか、事実を国民から隠そうとしているという主張
は明らかに事実に反している」と述べ、不快感を示した。

 斉藤大使は、その理由として、〈1〉日中共同声明で「反
省」を示したうえ、その後もたびたび謝罪している〈2〉ほと
んどの日本の教科書が南京事件を取り上げている――と指摘し
た。[3]

 つまり、南京事件の記述そのものに関する批判ではなく、「日本
政府が誤っていない、とか、事実を国民から隠そうとしている」と
いう主張に対して抗議しているのである。これでは事件に関するチ
ャンの主張は間接的に認めたことになってしまう。


87 :文責:名無しさん:02/04/09 01:37 ID:vTY9pMSW
 しかし、こうした逃げ腰の表明に対しても、今度は中国大使館ま
で口を出してくる。

 ワシントンの中国大使館スポークスマンは(5月)8日、
「南京大虐殺は日本軍国主義が中国を侵略した際に犯した残虐
な罪の一つ。日本がその事実を否定したり、抹殺することはで
きない」との談話を発表した。[4]

■6. 影に潜む高等戦術■

 アイリス・チャンは、中国系アメリカ人によるいくつかの全米規
模の団体から後援を受けており、さらにそれらは、中国政府から資
金提供を受けていると確認されている。[5]

 日本が南京で30万人を虐殺したのなら、原爆投下はそうした犯
罪国家への罰なのだ、という免罪符をアメリカ人は手に入れること
ができる。そういうアメリカの態度に日本人は改めて不快感を抱く
だろう。こうして南京事件は、現在の日米同盟に対する楔となるの
である。同時に日本には犯罪を償う賠償金として経済援助を中国に
払い続けさせることができる。

 まるで、三国志の時代のような中国的高等戦術である。謝罪問題
の影には、こうした国際的な外交戦術が潜んでいることを我々はま
ず認識すべきである。

88 :文責:名無しさん:02/04/09 01:38 ID:vTY9pMSW
 もうひとつ、文化的な問題も絡んでいる。事実かどうか、いっさ
い気にせずに罵詈雑言を浴びせかけるのが、中国式喧嘩のようだ。
それに対して、日本人は事実を曖昧にして、とにかく謝ってしまっ
て、水に流そうとする。

 両者は対照的だが、事実を無視している点では同じだ。我々日本
人ももっと、事実と論理をもって、いいがかりには断じて反論する
という姿勢を学ばなければ、到底、権謀術数うずまく国際政治の世
界ではやっていけないであろう。


89 :文責:名無しさん:02/04/09 01:49 ID:vTY9pMSW
「ニューヨーク・タイムズ」アーベント特派員の記事
 「日本ハ第一次上海事件ヲ繰リ返スヲ好マズ、忍耐、隠忍以テ、極力
 事態ノ悪化ヲ防止セント努メタルモ、支那ニ於ケル外国権益ヲ渦中ニ
 引キ込ムヲ企図シタル支那人ニ依リテ、文字通リ戦争ニ押シ込マレタ
 ルナリ。」
和平交渉が8月9日に予定されているにも関らず、支那保安隊によって、大山、
 斉藤が虐殺される。
「グラン・ゴアール」紙のエドアール・エルセイ特派員が「支那事変
 観たまま」で、日本側が国民党の術中に嵌まったことを記す。
8月9日には日本の海軍士官が、虹橋飛行場の支那番兵に殺害された不幸な事件
が起った。日本の士官も注意すればよかったと言えないこともないが、しかし支那側
の計画的だったことはなんとしても否定できない。南京政府が少なくとも15日前から
上海に戦火を挙げる決意のあったことは疑うべくもない。(略)これは蒋介石自身が
同意したことで、いささか得意でもあったことだ。10月末に南京で会った時、僕は蒋
に向かってこんなことをいってみた。「あの手は実にうまい。上海は日本の足に刺さった
刺みたいなものですからね。抜いてしまわないうちに動きがとれないわけでしょう」。
(通訳があって)

90 :文責:名無しさん:02/04/09 01:50 ID:vTY9pMSW
「そうだろう。まあうまくいった積もりだがな、という彼の答えだった。当初は日本
の政府も軍部も交戦を回避していた。上海攻略を危険視していたのだ」。

91 :文責:名無しさん:02/04/09 01:50 ID:vTY9pMSW
===== 蘆溝橋事件の真相 =====
最初の発砲はどちらから行われたか?とは永年の研究対象と
されていたが、今日では「最初の射撃は宗哲元指揮下の国府
第29軍に潜入していた中共側である」とする説が有力である。
また北京に潜入し劉少奇にそそのかされた北平大学、精華大学
の学生を中心とした学生ゲリラがそれを支援していた、とも言
われている。
中共は7月8日早朝、述安の本部から全国へ「蘆溝橋で日本は
攻撃を開始した。全国民衆の愛国運動を結集して侵略日本に立ち
向かうべし」とする電報を発信している。
この打電時刻は日支両軍司令部でさえ事態の真相をつかんでいな
い時で、この時点でこのような電報が打電されたことは、中共が
影でこの事件を画策していたことを十分推察される。
またモスクワのコミンテルン本部も、 @あくまで局地解決を避け、
日支の全面的衝突に導かねばならない。

92 :文責:名無しさん:02/04/09 01:51 ID:vTY9pMSW
 Aそのためにはあらゆる手段を利用し B民衆工作によって彼
らに行動を起こさせ、国民政府を戦争開始にたち到らしめる。
といった指令を発している。
中共当局はこれらの指令に基づき幾度も停戦協定を破った。
その後日本側から働きかけた事変解決の和平交渉をすべて流産せ
しめたのである。

93 :文責:名無しさん:02/04/09 02:01 ID:vTY9pMSW
全国戦友会連合会HPより

――― 意図的宣伝に騙されるな ―――
-----------------------------------------------

備前市  西川 晃男
-------------------------------------------------

1. 市民は全員無事であったと、南京安全区国際委員長から日本軍
に感謝の書状が出されています。

当時の中国の首都南京が陥落したのは昭和十二年十二月十三日ですが
、十二月一日に南京市長は、市内残留市民に対して、市内に設けられた
安全区に避難するよう命じました。
この安全区を管理したのは、当時南京に残留していた米・英・独人による
十五人の国際委員会でした。
その委員会の記録によりますと、全市民二十万人は全員無事であったと、
ジョン・H・ラーベ国際委員長(反日的ドイツ人)が日本軍に感謝の書状
を出しているのです。


94 :文責:名無しさん:02/04/09 02:01 ID:vTY9pMSW
2. 日本軍が占領したことにより治安が回復し、市民生活に不安がなく
なったのです。

日本軍が南京市を占領したことにより、市外に避難していた市民は安心して続
々と市内へ帰り、二十万人だった市民は一ヶ月後に二十五万人に増加し、治安
も格段によくなりました。
その様子は当時の朝日新聞に写真入りで報じられ、新聞縮刷版に残されています。

------------------------------------------------------------------------

3. 大勢いた内外の報道記者の誰もが、虐殺を報道していません。

南京陥落と同時に取材のため入城したのは、新聞記者・カメラマンの外人記者
五名を含め約百二十人と、その他著名な作家・詩人・評論家たちもいましたが、
その誰一人として虐殺・強姦の場面や屍体の山・血の川等を見ていないので、
全く報道されていません。


95 :文責:名無しさん:02/04/09 02:02 ID:vTY9pMSW
4. 便衣兵の掃討は正常な戦闘行為なのです。

一九〇七年のヘーグ陸戦条約(付属規則)によりますと、戦闘員は非戦闘員との
区別ができるように遠方から確認できる標識をつける事、陸戦条約を守る事などが
定められ、これに違反した場合の罰則は「捕虜としての待遇が受けられない」
となっています。
最高指揮官が逃亡したのでパニックに陥って、潜入が禁止されている安全区に逃げ
込み、民衆の着衣を着て抵抗する便衣兵を捕らえて処刑する事は、戦時国際法に
のっとる正当な戦闘行為であって虐殺ではないのです。

------------------------------------------------------------------------

5. 中国国民党側の軍事報告にも「市民の虐殺」はありませんでした。

日本軍と戦った蒋介石の国民政府軍の総司令官 何応欽 上将の軍事報告書の中に、
南京が陥落したときの様子が詳細に述べられており、将校・下士官・兵の戦死傷者の
数も明細に記録されていますが、「市民の虐殺」などは全く書いてありません。


96 :文責:名無しさん:02/04/09 02:02 ID:vTY9pMSW
6. 中国共産党の戦記の中にも「南京虐殺」の記述は一行もありません。

戦闘の当事者でなかった当時の中国共産党は、このときの戦闘を批判的に注目しており、
後に『抗戦中の中国軍事』なる詳細な記録を残していますが、この中にも「南京虐殺」
の事など一行も書かれてはいないのです。

------------------------------------------------------------------------

7. 国際連盟理事会に於ても「南京虐殺」など話題にもなりませんでした。

当時の国際連盟は、シナに味方して日本を非難する決議まで行っています。しかし南京
陥落直後の一月二十六日から開かれた国際連盟百回理事会でも、その直後の米・仏・ソ・
中の代表によるシナ事変問題小委員会でも、「南京虐殺」など話題にさえなりませんでした。


97 :文責:名無しさん:02/04/09 02:03 ID:vTY9pMSW
その他多くの客観的証拠が明るみに出ていますが、マスコミも政府も取り上げません。
中国が怖いので御機嫌を損ねたくないからなのです。何と情けない話だと思いませんか。

「南京大虐殺事件」は、東京裁判の場で、日本が二度と立ち上がれないように日本民
族の魂を徹底的に貶めるために作り上げられた事件なのです。
そして今再び宣伝しているのは、チベットでの人権抹殺から世界の目をそらせ、原子
爆弾投下や都市の無差別爆撃の戦争犯罪を隠蔽して、日本人だけを残虐な民族と定義づ
けて孤立させる為なのです。我々はそんな残虐な民族ではありません。

どうか目覚めてください!

98 :文責:名無しさん:02/04/09 02:20 ID:7bATS3TQ
全国戦友会連合会「孫との会話」より
仕掛けられた支那事変
米・英の後押しで長期化
------------------------------------------------------------------------
孫・・・何でアメリカやイギリスは、そんなにムキになっ て蒋介石軍を助けたのですか。

私・・・それは、日本と中国が仲良くなって、日本が中 国の中で大きな地盤を占め、
アメリカやイギリスが既 得権益を失うことを恐れたからさ。

今も上海へ行って観光バスに乗ると、ここは昔のイ ギリス租界だとか、フランス租界
だとか説明してくれ る。
租界って何だか知っているかい。
租界というのは 一種の植民地で、治外法権といって、中国政府の力の 及ばない所なんだよ。
イギリスもフランスも色々な言 いがかりをつけて、中国の中に租界という名の植民地 をつくった。
そしてそこを足がかりにして、中国の中 に権益を拡げようとした。
それが日本の進出によって、 反古になりはしないかと心配したのだよ。

アメリカ人もイギリス人もフランス人も、アジアは 白人に対して資源を供給すべき国々、
白人に隷属すべ き国々と思っていたのだよ。
それを同じアジアの有色 人種である日本が引っかき廻すことには、どうにも腹 の虫が
おさまらなかったのだろうね。

99 :文責:名無しさん:02/04/09 02:21 ID:7bATS3TQ
孫・・・しかし中国と戦争を始めたのは日本でしょう。

私・・・それが違うのだよ。中国との間にいわゆる日支 事変が始まったのは、昭和十二年
七月七日夜の蘆溝橋 事件が発端だが、これが何とも不思議な事件なんだね。
蘆溝橋というのは北京の郊外の地名だが、そこで日本 軍は協定にもとづいて、いつものよ
うに夜間演習をし ていた。
そして演習を終えて、いざ引き揚げようとし ている所へ、突如数発の銃弾が打ち込まれた。

孫・・・それで日本軍が応戦したんですね。

私・・・いや、中々応戦はしなかった。詳しいことは、 この中村粲教授の「大東亜戦
争への道」を読んで貰う とよく分るが、中国側に抗議して、二度とこのような ことが
起こらないよう厳重に申し入れた。
ところが交 渉の最中、最初の一発から約七時間後に、中国側は猛 射を浴せて来た。
それでやむを得ず応戦したわけだ。

孫・・・最初の一発というのは何だったんですか。


100 :文責:名無しさん:02/04/09 02:21 ID:7bATS3TQ
私・・・それがよく分らないんだよ。
当時あの地区の警 備に当っていたのは、蒋介石の国民政府軍だったわけ だけれども、
その他に共産党の率いる八路軍というの があって、共産党は日本軍と国民政府軍を戦
わせて、 両方が疲弊することを望んでいた。
最初の一発はどう やら共産党軍兵士によるものだという説が、今のとこ ろ濃厚のようだね。

孫・・・そうすると、そこで日本軍が応戦して、どんど んどんどん戦線を拡げて行
ったわけですね。

私・・・そうじゃーないんだよ。日本側はできるだけ不 拡大方針を立てた。
ところが中国側からの不法攻撃は 繰り返され、とうとう通州事件という、大惨事が起った。


101 :文責:名無しさん:02/04/09 02:22 ID:7bATS3TQ
残虐目を覆う通州事件
------------------------------------------------------------------------
孫・・・通州事件って何ですか。

私・・・通州事件というのはね、蘆溝橋事件から三週間 後の七月二十九日に、
北京の近くの通州で起きた中国 兵による大規模な日本人虐殺事件で、二百数十名
の日 本の子女達が、見るも無残に虐殺された事件だよ。

孫・・・へー、そんなことがあったんですか、そこに日 本軍は居なかったんですか。

私・・・居たことはいたんだ。
しかし偶々守備隊の大部 分が別の場所へ戦闘に行っていて、通州にはごく僅か
の留守部隊しか残っていなかった。
通州には親日的な 殷汝耕氏を委員長とする自治委員会が昭和十年十一月 から
出来ていて、中国の保安隊も形の上ではその隷下 にあったわけだから、日本軍も
或る程度安心していた のではないかな。

102 :文責:名無しさん:02/04/09 02:22 ID:7bATS3TQ
それが日本軍の手薄を知って突然寝 返ったわけだ。

孫・・・飼い犬に手を咬まれたというところですね。

私・・・飼い犬とまでは行かなかったかも知れないが、 とに角多勢に無勢、日本軍
は死力を尽して戦ったもの の、それ以上は何も出来なかった。
その間に殷汝耕氏 は拉致されるは、日本の子女達は虐殺されるは・・・・で、 大変
なことになってしまったわけだ。

孫・・・虐殺って、どんなことをしたんですか。

私・・・うん、あんまり凄いんで、言うのも憚られるん だがね。
女という女は全部裸にされて辱しめを受け、 その上、局所を切り取られたり、箒を押
し込まれたり していたそうだ。
そのほか鼻に牛のように針金を通さ れた子供や、目玉をくり抜かれた人など、見る
無修 な情況だったようだ。

103 :文責:名無しさん:02/04/09 02:23 ID:7bATS3TQ
孫・・・よくそんなことが出来ますね。

私・・・中国兵には時々、そういう猟奇的な殺人が集団 的に見られるようだね。
日本の兵隊はそういう殺し方 はまずしない。
一刀両断バサッと斬るとか、銃剣で一 突きで殺すとか、ホラ、テレビで見る昔の戦
争のやり 方さ。
そのへんが国民性の違いかも知れないがね。と に角ひどい殺され方をしたわけさ。

孫・・・そんなひどい殺され方をして、日本は怒ったで しょうね。

私・・・そうだよ。
日本の世論は轟々として悪逆無道の 中国討つべしという声が高かった。
しかし、それでも 日本はまだ不拡大方針を変えなかった。
そこへ今度は、 上海で大山海軍中尉らが虐殺されるという事件が八月 九日に起き、それ
をきっかけとして八月十三日、遂に 上海事変が勃発した。

104 :文責:名無しさん:02/04/09 02:23 ID:7bATS3TQ
中国は全国総動員令を下して日 本と全面的に戦う姿勢を示し、日本もやむを得ずこれ
に呼応して戦うことになったのだよ。

孫・・・そしてどんどん戦線が拡張して行ったのですね。

私・・・当時蒋介石政権の首都は南京にあった。
だから 南京さえ落せば、戦争は終ると考えていた日本人も随 分居たと思うね。
しかし蒋介石の国民政府は、南京が 陥落する前に主だった人達は皆南京を放棄し、
首都を 重慶に移して徹底抗戦を唱えた。
------------------------------------------------------------------------
東京裁判が生んだ
「南京大虐殺」の虚構

------------------------------------------------------------------------
孫・・・その南京で、日本兵は中国人を大虐殺したと教 科書に書いてありますが、
本当ですか。

105 :文責:名無しさん:02/04/09 02:24 ID:iHvMf5W7
私・・・本当なもんか。
無論戦争だから中国兵は沢山殺 したよ。日本兵も沢山戦死したけれどね。
しかし兵隊 でない一般市民を何十万も虐殺したなど有り得ないこ とだよ。
当時南京には難民区という安全地帯ができて いて、一般市民はそこに保護された。
そして日本軍の 憲兵が厳重に警備していた。

ただ困ったことには、便衣隊と言って、中国兵が軍 服を脱ぎ捨てて一般市民
の中に紛れ込み、時に応じて 日本軍を狙撃するという連中が居たので―――
これはも ちろん国際法違反だがね―――こういう連中を一般市民 の中から摘発
するということには随分苦労したようだ よ。
中には便衣兵と間違われて殺された者も居たかも 知れない。

また大勢の日本兵の中には、少しは軍紀を乱した者 や、不届き者も居たかも知れない。
しかし何もしない 市民を何十万も虐殺するとか、通州事件で中国兵がやっ たような
猟奇的な殺人など、有り得ないことだよ。日 本人には出来ない話だ。

孫・・・何十万も殺すと言ったら大変ですよね。第一そ の後始末だって容易な
ことではないでしょう。

106 :文責:名無しさん:02/04/09 02:25 ID:iHvMf5W7
私・・・そうだよ。もしそんなことが実際に行われてい たとしたら、当時はイ
ギリスやアメリカの報道班だっ て取材していたのだから、大変なニュースになっ
てい た筈さ。
しかし昭和十二年十二月の南京陥落当時も、 後になってからも、そんなニュース
はどこにも出なかっ た。
そんなことを言い出したのは東京裁判になってか らだよ。

孫・・・何故東京裁判で急にそんな話が出て来たのです か。

私・・・東京裁判は復讐裁判のようなものだから、とに 角日本を悪者にしたかった。
ドイツではナチスがユダ ヤ人を抹殺しようとして、密室に集めて大虐殺をした。
アウシュヴィッツの大虐殺という奴さ。
日本にも何か 同じような理由で裁く材料はないかと物色していたと ころへ、南京
で陥落当時肉親が殺されたというような ニュースが入り、これが針小棒大に脚色されて
、南京 大虐殺事件に発展したとおじいさんは考えているよ。

107 :文責:名無しさん:02/04/09 02:25 ID:iHvMf5W7
孫・・・南京大虐殺ということで裁かれた人も多かった のでしょうね。

私・・・そうだよ。松井石根大将はその最高責任者とい うことで死刑になった。
松井大将という方はね、非常 に軍紀を重んぜられた方だし、また本当に日本と中国
が仲よくなることを若い頃から願って居られた方だ。
本当にお気の毒としか言いようがない。靖国神社には こういう方も祭ってあるのだよ。

孫・・・戦犯が祭ってあるから首相が参拝しないなんて、 少しおかしいですね。

私・・・おかしいとも。日本はそろそろ東京裁判の呪縛 から解き放されて、本来の日本
に立ち返らねばいけな いね。


108 :文責:名無しさん:02/04/09 02:31 ID:iHvMf5W7
全国戦友会連合会
日本軍の軍紀は世界一厳正だった
------------------------------------------------------------------------
赤堀 光雄
------------------------------------------------------------------------
日本軍の軍紀に就いては、北清事変(義和団事件)当時にも欧米列強から賞賛され
、各国軍隊の模範とされたことがあるが、かつて我々が中国戦線を征ったとき、その
先々で中国民衆から熱烈歓迎を受けたのも、それは故なきことではない。

そんなことを知ってか知らずか、いわゆる戦後の進歩的文化人と称する売国奴どもは、
日本軍の残虐行為なるものを捏造して、繰り返し繰り返し己の母国を罵倒しつづけて
いるが、外国人(台湾)の評論家黄文雄氏は、次のように正鵠を射た卓見を述べている。

黄文雄氏の言によれば、事実は全く正反対で、日本軍はいつでもどこでも軍律厳しく
、しかも人間性豊かであった。
それに対して中国軍は残忍極まりない武装集団で、今なお彼らは自国民に対する飽く
なき収奪と虐殺を繰り返している。
それは中国四千年の動乱の歴史の連続であり、伝統ともいうべき不幸な現実である。


109 :文責:名無しさん:02/04/09 02:32 ID:iHvMf5W7
日本軍は日清戦争(1904〜1905)以来大東亜戦争(1941〜1945)に
至るまで、変わることなく軍紀厳正であった。
中国民衆にとって、いつ襲って来るかわからない自国の暴徒の如き武装集団に比べ、
軍紀厳正な日本軍を信じ熱烈歓迎するのは当然のことで、決して日本軍に阿(おも)ねた
り恐れてのことではなかったのである。

フランスの国際法学者フォーシーユは、日本軍を賛えて次のように語っている。
「日中戦争で日本軍は、敵が国際法を無視したにも拘らず自らはこれを守り、日本軍人
であることに誇りを持っていた。
中国兵は卑怯にして残虐極まりない軍隊で、例えば中国軍の捕虜になると、四肢を斬り
分けられ、生きながらに火炙(あぶ)りにされたり、磔(はりつけ)にされたりしたのである。
更に日本兵の屍に対しても、酸鼻を極めた蛮行を行っている。
即ち死者の首を切り落とし面皮を剥ぎとり、或は男根を切り落し、胸部を切り開いて石
を詰め込み、首は両耳を穿って紐や針金を通し、さながら魚を串刺しにしたように口から
喉に紐を通して持ち運びする等々、それが中国軍の戦争様式であり、日本軍には絶対に
見ることのできない支那の戦争文化である」と。

110 :文責:名無しさん:02/04/09 02:32 ID:iHvMf5W7
フランスのフィガロ紙の従軍記者カレスコート・イリュスト、ラシオン紙の記者ラロ、
両氏の『日本軍戦闘観戦記』によれば、

「日本軍隊は世界に対して誇るに足る名誉を有する。
吾らは日本軍の如き慈愛心の富める軍隊を、この地球上広大なりといえども他に発見
し得るか怪しむものなり」

と絶賛し、中国軍の暴虐蛮行については次のように記している。

「ひるがえって中国軍を見よ。日本兵のひとたび彼らの手に落つるや、あらゆる残虐の
刑罰をもってこれを苦しむるなり。
その残虐非情なる行為は、正に野蛮人にあらざれば為し得ざるものなり。
然るに日本軍は、これあるにもかかわらず、暴に報ゆるに徳をもってす。さすがに東洋の
君主国に愧じずというべし。」


111 :文責:名無しさん:02/04/09 02:33 ID:iHvMf5W7
北清事変(義和団事件)において、当時従軍した日本軍の軍紀が欧米列強の評判と
なり、賞賛されたことは冒頭に述べたが、その事実の証として次のような事があった。

天津落城の際天津市民は、「大日本順民」と書いて日章旗を掲げて日本軍に感謝の意を表明した。

また北京落城後、列強連合軍は北京市内を国別に分割管理したのであるが、その時ロシア
軍管区では、軍紀が乱れてロシア兵が暴徒と化し、虐殺、放火、強姦など暴行の限りを尽し、
そのため市民は難を逃れて日本軍管区へ洪水の如くに押し寄せた。
たまりかねた北京市長は、その暴状を英国公使マクドナルドに訴え、ロシア管区を日本管区
に替えるよう嘆願したという。

これらの事実は、ウッドハウス・映子の『北京燃ゆ』やジョージ・リンチの『文明の戦争』
等に記述されている。
およそ戦争の形態とか様式などというものは、その国々の文化様式でもある。
武士道社会の伝統を受け継いだ日本軍は、近代戦の戦場に於ても武士道精神を発揮し、軍律
厳しく整然と戦ったのである。

112 :文責:名無しさん:02/04/09 02:33 ID:iHvMf5W7
そして日本政府は、在日中国人に対しては戦時中と雖も国際法を守り、彼らの生命財産を守
ったのであるが、在中国の日本人居留民は、日中間に紛争が起こるたびに虐殺、掠奪、暴行
を受けつづけたことは、日清戦争以来枚挙にいとまがない事実である。

さて、これらの事例は、外国人の見聞記であるところに大きな意味と価値がある。日本人の
自画自賛では決してないのである。日清戦争から大東亜戦争に至る聖なる戦いを、日本人で
ありながら臆面もなく、総て侵略戦争なりと言い切る「似て非なる日本人」よ、もって如何
となすや。
------------------------------------------------------------------------

赤堀 光雄
------------------------------------------------------------------------
一九世紀の後半、中国(支那)は当時清王朝の時代だったが、次第に押し寄せる
西欧諸国の侵攻に手を焼いていた。
そんな中、一八九七年(明治30年)ドイツが突如として山東半島の膠州湾(青島)
を占領し、ロシアが遼東半島の旅順、大連に進出するに及んで、清国内の排外気運は頂
点に達した。

113 :文責:名無しさん:02/04/09 02:34 ID:MHuUkhD0
その排外運動の先頭に立ったのが『義和団』(清朝初期から華北に広がっていた白蓮
(びゃくれん)教という土俗宗教系の秘密結社)である。

「扶清滅洋」をスローガンとした義和団の暴動は急激に勢力を増し、一八九九年には
山東、河北両省を席捲し、翌一九〇〇年(明治33年)四月には北京を占領した。

これを機に、清朝は義和団を利用して列強を抑圧すべく、列強に宣戦を布告した。

同年六月十一日には日本公使館書記生杉山彬(あきら)が殺され、同月二十日にはドイツ
公使ケトラーが殺された。

が、外国側は手のくだしようもなかった。諸外国は公館を砦として籠城し、救援軍を待った。
だが諸外国は本国が遠く、大軍の急送は望めない。
結局は英・米等の強い要請によって、日本が最も多くの軍隊を派遣することになり、広島
の第五師団の一部が出動した。
これを日本では「北清事変」という。

114 :文責:名無しさん:02/04/09 02:35 ID:MHuUkhD0
この北清事変で連合軍を組織したのは英、米、仏、伊、墺、露、日、の八ヶ国。
総兵力は二万余。
日本、次いでロシアの軍隊が主力であった。八月十四日には北京に入城して各国公使
館員や居留民を救出した。
------------------------------------------------------------------------
司馬遼太郎氏は『坂の上の雲』の中で、当時の連合軍の様子について次のように書いている。

『連合軍は、キリスト教国の側からいえば、いわば正義の軍隊である。しかし入城後
に彼らがやった無差別殺戮と掠奪のすさまじさは、近代史上、類を絶している。
彼らは民家という民家に押し入って掠奪のかぎりをつくしたばかりでなく、大挙して宮
殿に踏み込み、金目のものはことごとく奪った。
ロシア軍に至っては、司令官のリネウィッチ将軍みずからが掠奪にくわわった。

「これは風説ではなかった。私はその後、北京駐在の財務官ポコチロフから非公式に情
報を受けとって、その風説が事実であることを知った」と、ロシアのウィッテ(大蔵大臣)
はいっている。


115 :文責:名無しさん:02/04/09 02:35 ID:MHuUkhD0
ただし、日本軍のみは一兵といえども掠奪をしなかった。北京占領後、各国が市内を幾
つかに分割して警備を担当したが、日本軍の担当地区ではいっさい掠奪暴行事件は起こらず、
避難していた中国人もこれを聞きつたえて続々と戻って来、復興がもっとも早かった。』

以上
平成12年10月25日 戦友連381号より


116 :文責:名無しさん:02/04/09 02:45 ID:MHuUkhD0
http://www1.plala.or.jp/MUSASHI/sensou/ianfu.htm
従軍慰安婦強制連行に見る問題点

「従軍慰安婦強制連行」について

  先日、教科書の検定が行われたそうですが、そこで、中学校の社会の
教科書に「従軍慰安婦の強制連行が行われた」という趣旨の記述がどの教
科書にも盛り込まれたそうです。
このことは実におかしいことであるといえましょう。
その理由としては、教科書会社はそれぞれ独自に編集、作成したはずなのに
同じ時期に判で押したように初めて記述したということ、歴史的事実でないこと
を教科書にのせ、偽りを中学生に教えようとしていることです。
前者については戦争を考えることとは直接関係ないのでここでは取り上げませんが、
後者については様々な議論がなされているように深刻な問題といえましょう。

 先日、「自虐史観」という言葉を耳にしました。意味は自国の歴史や過去の
行いを無意味にもしくは必要なく負の方向でとらえる考え方といえましょうか。
冒頭で問題にしたエセ平和主義者のいう「戦争そのものについて考えること、
もしくは第二次大戦中に日本が行ったことを一つでも肯定的にとらえることは
間違っている、または軍国主義的発想である」ことに根幹があり、戦後のその
ような方針の教育の誤りのよい具体例といえましょう。

117 :文責:名無しさん:02/04/09 02:45 ID:MHuUkhD0
このような誤った教育を続けてきたことによりおかしな空気が満ちてしまった
からです。
何度も言うように、戦争について考えることは好戦的であるということは全く
成り立たないのですから。

 さて、この問題(自虐史観云々)については他にも考えるべき事項がありま
すが、ここでは表題の通り、従軍慰安婦の強制連行の議論について考えていきます。

 問題にしたい出来事は主に二つあり、一つは最初の通り、学校の教科書に
「従軍慰安婦の強制連行が行われた」という趣旨の記述がなされるようになっ
たこと、もう一つは胡散臭い団体が「日本人は謝罪のために拠金をしましょう」
と呼びかけているということです。

 
 教科書の記述については、内容が性的な(しかも正常でない状況の)内容を
含むため、中学生に教えるにはふさわしくないという議論もあったようですが、
愚かで勇ましい勢力によって打ち消されたようです。

118 :文責:名無しさん:02/04/09 02:46 ID:MHuUkhD0
中学生といえば、いかに現代の子供が早熟とはいえ、まだ性的経験のある子供は
ごく少数でしょう。
その子らに対して、「子孫繁栄、種の保存としての性」「愛情表現のための性」を
満足に教えずに戦地のこのような事実を説明することは子供達にとってマイナス
以外の何者でもないと考えられますが。
賛成派にはその根拠(十分理解できる年頃であるといったような見解に対する)を
充分解説して欲しいとおもいます。
強姦された女性の心理などからも分かるように、通常でない性の記憶は大きく影
響を及ぼすと思います。もはや、これは一部勢力による子供への性的な集団暴行
ではないかと思われます。

 
 また、本題ですが、二つの問題点に共通する事柄として、「事実でない(と
少なくとも客観的にはそうとしか考えられない)ことを何故歴史教科書で教えるの
か、また事実でないことを謝罪しなくてはならないのか」ということを考えたいと思います。


119 :文責:名無しさん:02/04/09 02:46 ID:MHuUkhD0
 この騒ぎの発端になったのは朝日新聞の記事であるといわれています。
その記事の内容は、

* 日本が国家として韓国女性を強制連行した
* そして連行した先で強制売春させた

ということです。

 ぱっと見には驚くことであり、日本人は謝罪しなくてはならないと感じるのは
当然かも知れませんが、これは事実でないということが実証されています。
新聞の記事は中立で正しいという先入観があればそれを先ず捨てなくてはなりません。
戦後教育で「日本はアジアに悪事を幾つも行ってきた」という誤った教育を刷り込ま
れた頭に「出来事としては(やったのが誰であったとしても)悪いこと」を創作して
みせたところにトリックがあるわけです。


120 :文責:名無しさん:02/04/09 02:47 ID:MHuUkhD0
 歴史的な事柄について考えるには注意しなければならないことが幾つかありますが
、それの中に「当時の常識、生活はどうであったのか」「当時の世界的な風潮はどう
であったのか」を踏まえるということがあります。

 また、これほど大がかりな問題を断罪するには充分な証拠も必要でしょう。
「従軍慰安婦強制連行」に関しては議論にその何れもが欠けているのです。
そう結論づけたい人が人間の良心を利用して勝手にそう思い込ませようとしているだけ
なのです。
よって教科書に載せる必要もない(むしろ載せてはいけない)し、謝罪する必要もお
金を出す必要もありません。

  戦地で売買春が行われていたことは当然ありました。軍隊を構成する兵士は多
くの場合若い男性ですから生理的に当然のことです。
そして、それは何も日本軍に限りません。アメリカの進駐軍も日本において売買春
をしていました。

121 :文責:名無しさん:02/04/09 02:48 ID:DmP0ofmS
 ここの議論では日本軍が組織として韓国女性を強制的に連行したということになっています。
そして日本軍により強制的に売春(日本兵の相手をする)させられたとされています。
それについて検証してみましょう。

 もし、それが事実なら証拠として次のようなものが考えられるでしょう。

1. 連行された韓国人女性の証言
2. 連行した日本人兵士の証言
3. 連行を指示する内容の軍の公式文書

 ところが、これらはどれ一つとしてないわけです。1.については強制連行を主張
する妖しげな団体の呼びかけに応じて韓国の女性が名乗りでたという話も聞きますが、
彼女らは「自分がかり出されて日本人兵士相手に売春行為をさせられた」ということで
名乗り出たのであって、誰がかり出したのかについては日本軍と特定していないようです。
ということはそれを専門とする民間業者によってされたのかもしれないし、口減らしのた
めに両親にさせられたのかもしれないので、日本軍が強制連行した証拠にはなりません。
中には「いい金になる」と思って話を脚色している人もいるかも知れません(この人達
は強制連行されたかわいそうな人たちなのでそんな風に騙すはずがないと思う人は善良す
ぎますし、物事の因果を考慮できていません。
うそをいってお金をもらおうという人たちは「強制連行」されていないのですから)。


122 :文責:名無しさん:02/04/09 02:48 ID:DmP0ofmS
 2.についても同様です。中国で中国人ゲリラを残忍な方法で処刑したとか、捕虜を
炎天下何キロも歩かせたという証言は出ていますが、軍の指示で女性を強制連行してき
たという証言は全くありません。
以前、そのような内容の本が出て一時話題になりましたが、内容に疑問を持った人が現地
を取材して韓国の人に話を聞いた結果、そんな事実はまったくない、どうしてこの人はこ
んなことを書くのかという答えをもらって帰ってきたそうです。
後に著者も内容が創作であると言っていますので、これも証拠にはなりません。

 3.についても当然見つかっていません。仮に日本軍やその後の政府が隠そうとして
も、占領軍により軍事関係の文書は没収されていますので、それを連合国側が公表す
るでしょう。
連合国は東京裁判に見られるように、戦後、日本を邪悪な国として断罪するつもりです
から、このような非人道的なことが軍によってなされていたなら必ず公表するはずです。
また仮にそのような指令や通達の類があれば、受け取った現地責任者が持っている筈で
すのでどこかから見つかってしかるべきです。ちなみに、指示は口頭で行われたので文書
がないということはあり得ません。

123 :文責:名無しさん:02/04/09 02:49 ID:DmP0ofmS
占領した土地の運営は戦争の重要事項であるから、それを文書化しないで(しかも占領地
の住民生活や治安にかかわる重要事項である)口頭ですますということは考えられません。

 このことから、日本軍による強制連行はなかったということが出来ます。もしかすると
零とはいえない可能性で証拠が見つかるかも知れませんが、少なくとも現時点では証拠が
ないので証明できず、したがってそのような事柄を教科書に記述することはおかしいとい
うことを理解して頂けると思います。

 それでは、「売買春は戦地であったといったのにそれはどうなる」という疑問が起き
てくるかも知れません。
それは当時の売春組織の形態と社会情勢を考えれば見えてきます。
簡単に言えば、そのような施設は民間が運営していたのです。
そして民間業者は売春婦を「募集」し、それに「応募」した女性がいたわけです。
中には悪徳業者がいて拉致同然に女性を連れてくるといったこともあったでしょうが、そ
れは当然日本軍の行動もないし、責任でもありません。
また、当時の農村の生活水準を鑑みれば、(今の倫理観からするとあり得ないという主張
も分からないでもないですが)親が口減らしと仕送りを当てにして娘を業者に渡したかも
しれません。親は当然「生活が苦しいからお前を売春業者に売り渡すよ」などと言わな
いでしょうから、娘の方は「無理矢理連れられた」「だまされた」と思うことも当然ある
でしょう(1.の内容に関係してきます)。

124 :文責:名無しさん:02/04/09 02:49 ID:DmP0ofmS
 軍としては、こうした業者による施設を管理(介入と言った方が近いかも知れません)
するわけですが、これは軍の性質から言って当然のことです。
軍隊内における性的な問題としては、戦地の(いわば素性の知れない)女性を相手にする
ことによる性病感染等の危険、そして現地女性を強姦するなどの治安、住民感情に関係する
問題が上げられると思います。
性病の流行は兵の能力を著しくそぎますし、現地住民との摩擦は戦争遂行上、よいことはあ
りません。
売春施設というものがあれば、これらの問題は解決できるわけです。
そして、その施設をより安全に利用できるように軍が関与するのは当然といえるでしょうし、
その関与はむしろ正の方向に働きます。
軍が施設の運営についての意見を述べたものや、売春婦の募集が適正に行われるよう指導
する内容の文書は事実見つかっています。

 余談ですが、当時は売春婦というものは一種のステイタスという一面もありました。
業者にスカウトされるということは美人であるという証明にもなりますし、業者が高い
金をだすということは両親を豊かにすると同時に本人も「認められた」として喜ぶ例も
あったようです。

125 :文責:名無しさん:02/04/09 02:50 ID:DmP0ofmS
彼女らも、次の日に食べるものさえ困っている日常から、立派な服と食事を与えられる
生活に移ることができたのです。
農村では「男の子よりも女の子が生まれた方がよい」という考えまでありました。
現代の価値観でものを考えてはならないのです。
勿論、昔の価値観のほうがよいという意味ではありません。売春はたしかに「よい」仕事
ではありませんが、苦肉の策として(生きていくために)選ぶ人もいたのです。
もっとも、現代でも売春するひとは日本でも多くいますし。

 よって、これで日本軍が強制連行を行ったり、売春施設を直接運営したりしたことは
ないということがいえます。

 もし、これだけの状況下でまだ「日本は従軍慰安婦の強制連行に対して謝罪をすべき」
と思っているなら、その人達は日本にいる資格すらないと思います。
証拠もない(寧ろ事実でないことを証明できる事柄の方が多い)にも関わらず感情だけで
(これが重要です)日本が悪いと決めつけるのは、あいつは証拠はないけどきっと殺人
をしたのだろうと決めつけて有罪にするのと同じことです。
殺人事件の法廷でも証拠がなければ無罪になるはずです。感情だけで有罪になるでしょうか。


126 :文責:名無しさん:02/04/09 02:50 ID:tI0J+BTb
 また、話は前後しますが、従軍慰安婦のことについてふれられるとき、「」つきの表現
や「いわゆる従軍慰安婦」といった表現がなされていることに気が付くと思います。
このニュアンスは「正式には従軍慰安婦という言葉はないが、身近に使われているのでこ
のように表現する」といったところになるでしょう。
その通り、「従軍慰安婦」という言葉はありませんし、実質的にそのような役割をもった
女性もいませんでした。
「従軍」とは「従軍看護婦」や「従軍写真家」のように、軍に属して専属として軍のため
に働く職種のことを言うわけです。
よって、民間よりの募集によって構成されている戦地の売春婦は従軍慰安婦ではないわけです。
逆に、従軍慰安婦ならば軍属なので軍から報酬を得ているはずです(従軍看護婦は軍から給
料をもらいます)。
これはおかしいですね。ある人の言を聞いたことがありますが、興味深いものでした。
その人は戦地で売春婦を買ったことがあるそうです。「彼女らは従軍慰安婦などではない。
もし従軍慰安婦というなら軍から給料をもらっている筈なので私があの時に渡した料金を返
還して欲しい」ということです。
よって、先ほどのエセ団体は従軍慰安婦の定義や強制連行の定義すら知らず、寄付をむしり
取ろうとしている詐欺的な団体なのです。

127 :文責:名無しさん:02/04/09 02:51 ID:tI0J+BTb
 これまでの議論を振り返ると、整理しておかねばならない事柄が分かるはずです。
簡単に並べてみますと、

* 言葉の定義についてはきちんと理解しておかなくてはならない。
* 倫理的、感覚的な捉え方と事実としての捉え方は全く別である。
* 当時の世界常識、倫理を踏まえずに現在の価値観で一面的に見てはならない。
* 出来事とそれを行った主体は明確に分けて考察しなくてはならない。
* 国のしたこと、軍のしたこと、兵士のしたことを区別して考えなくてはならない。

といったところでしょうか。
私自身、きっかけがあってこれらについて考えるまでは混沌としてイメージ中心
で捉えているところが大きかったようです。
これも戦後教育の弊害の一つといえましょう。
発展的に議論を展開させる人の中には、これらの教育を左翼勢力の陰謀ととらえ
る人もいるようです。

128 :文責:名無しさん:02/04/09 02:51 ID:tI0J+BTb
その是非についてはともかく、そう解釈されるような歪んだ教育がなされていること
は事実でしょう。
そもそも自国民の子供に「母国は悪い国だ。ずっと反省して謝らなくてはいけない」
などと愚かなことを教える国がどこにあるでしょう。
呪文のように国際化、国際化と唱える暇があったらそのあたりから考え直してみる必
要があるのではないでしょうか。自分の国も愛せず(誇れず)他の国を愛することな
ど出来ないと思います。

 ちなみに、問題の発端となった朝日新聞は、その記事内容が誤りであったにも関
わらず謝罪訂正記事を掲載していません。
もし誤りとであると思っていないのでしたら問題であり、誤りでないことを実証す
る責任があるはずですし、誤りと認識しているのに謝罪訂正しないのなら国民の知る
権利を代弁して公正で正しい報道をするという存在意義を放棄していることにほかな
らず、何れにせよ信頼に値しない報道機関であるということがいえるでしょう。

129 :文責:名無しさん:02/04/09 04:23 ID:xWEGnVuN
(テインパリーからベイツへの手紙)
1938年3月28日
 上海付近の民衆に対する暴行については、確実な証拠が
ほとんど見つかりません。
日本に対して申し立てられた事件は主として南駅の爆撃とか攻
撃機から民衆を機銃掃射するいった一連の空爆が主なのです。
『南京事件資料集』アメリカ関係資料編P374

130 :文責:名無しさん:02/04/09 06:01 ID:Pwt60i2L
志願兵の募集に殺到した朝鮮人青年たち
「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社
朝鮮総督府は1938年、初めて志願兵制度を実施した。それは、
日韓併合から29年目の、日中戦争の翌年であった。
それには、予想外といえるほどの朝鮮人青年が殺到した。
次の公式数字からも、その異常な盛況がうかがえる。

      募集者数    志願者数     倍率
1938年    406      2946      7.26
1939年    613      1万2528    20.43
1940年    3060     8万4443    28.00
1941年    3208     14万4743    45.12
1942年    4077     25万4273    62.37
1943年    6300     30万3294    48.14

1938年 陸軍特別志願兵制度はじまる
1943年 海軍特別志願兵制度はじまる
1943年 朝鮮人学徒特別志願兵制度はじまる 
(適格者6203名中4385名(70%)が志願した)
1944年 4月 朝鮮人に徴兵制度適用
徴兵制度により徴兵された軍人・軍属は24万2341人で、
1943年の志願兵応募者数30万人よりも少ない。

131 :どいたかっこ:02/04/09 10:04 ID:7QGJyuxw
繰り返される暴言

 専門家らが「従軍慰安婦」、強制連行問題をあらゆる角度で報告した今回の
シンポで一致していたのは、日本政府に真相究明を求めるとする意見だった。


 大阪報告会では中川農水相ら、閣僚たちの繰り返される暴言の原因の一つが
、いまだに日本政府が植民地と侵略に対する真相究明を行っておらず、責任の
所在を明確にしていないからだと指摘された。

 空野佳弘弁護士は、シンポで「従軍慰安婦問題は強制連行であり、日本の戦
争犯罪だ。国際法に違反する行為であったということは国際的な常識であり、
国際的な論争ではすでに決着がついている」と述べた。

 96年の国連人権委員会ではクマラスワミ特別報告官による日本政府への法
的責任、国家賠償、責任者処罰を求めた6項目の勧告と、それ以前の94年に
は、ファン・ボーベン特別報告官による重大な人権侵害に対する被害者への補
償の形態を明確にした、国連最終報告書が全会一致で採択されている。

 後は日本政府が勧告に従って法的責任を認め被害者に補償するため最大限努
力することが解決への道であるというのが国際社会の共通の認識となっている



132 :どいたかっこ:02/04/09 10:18 ID:7QGJyuxw
事実を隠し教育に介入
 最近、一部の学者・文化人によって「新しい歴史教科書をつくる会」
が結成されるなど、歴史教科書の近現代史の記述をめぐる議論が活発に
なっています。その主張に共通するのは、従軍慰安婦問題に関する中学
校の歴史教科書の記述を削除せよ、と言うものです。すでに、これに呼
応するように岡山県議会では、自民党県議団が記述の削除を求める陳情
を採択しています。
 こうした動きは、わが国が過去に行なった侵略と植民地支配の歴史を
隠蔽するもので、日本がアジアをはじめとする世界の人々と共生し、平
和な未来を構築していくうえで大きな妨げとなる極めて危険なものと考
えています。

 彼らの主張は、

(1)従軍慰安婦という言葉は存在しなかった

(2)従軍慰安婦が強制連行された事実はない

(3)中学枝の歴史で教える内容として不適切というものです。

 しかし、これらはすべて誤りです。従軍慰安帰という言葉がなかった
から、そういう事実がなかったという根拠にはなりませんし、日本政府
の調査で当時の日本軍が関与した事実も明らかとなっています。

 また、歴史教科書の記述は、現時点での研究状況と客観的な歴史事実
を反映したものかどうか検定過程で綿密に検討がなされており、その結
果、まとめられた教科書の内容について教えてはならないなどと主張す
ることは、教育の自由を侵害するものといえます。歴史に対する多様な
見方、考え方が存在し、意見が自由に交わされることは歓迎すべきこと
ですが、事実に基づかないこうした暴輸は、歴史に対する背信行為だと
言ってもさしつかえないでしょう。

 


133 :文責:名無しさん:02/04/09 13:24 ID:AZau0Uft
 時を経て、1981年1月4日、第33回独立記念日に当時のミャンマー政府は7人の日本人に対して、
「アウンサン勲章」を授けた。それまでこの勲章授与はミャンマー人を含めて皆無であったから、
両国関係者を驚かせた。受賞者7人全員は、鈴木大佐の未亡人を含む元南機関の関係者だった。

 現在でもミャンマー国軍は軍隊の組織からしてほぼ完全に旧日本軍を踏襲している。
これは、まさしく日本が基礎固めをしたということがあったからであろう。

 ミャンマーには多くの親日家がいる。ミャンマーに行くと日本人のほとんど全員が
ミャンマーが好きになる。これは、国民性に多くの共通点を感じるからでもあるし、
また歴史的なつながりが深いからだともいえる。
しかしながら、これは日本が歴史的にミャンマーに対して良いことを行ってきたから
ではなく、お互いの理解の上に成り立っている事を忘れてはならない。

http://www.myanmar-shafu.com/business/kankei.htm

134 :文責:名無しさん:02/04/09 13:25 ID:AZau0Uft
 バー・モウは決して日本の傀儡ではありませんでした。
彼は、英国の支配を押しのけるためには、その敵(日本)と手を結ぶ必要がある。
と考え、それを実行していたにすぎません。
 昭和20年3月、アウンサン国防相率いるビルマ軍は、突然日本に宣戦布告し、
攻撃を開始しました。このアウンサンの寝返りについて、バー・モウは事前に
相談を受けていました。彼らは、日本敗戦後のことを考え、日本と戦ったという
既成事実を作っておこうと考えたのでした。
バー・モウは「親日政権」の指導者として、粛然として日本へ亡命しました。
 バー・モウは自伝の中で「真のビルマの独立宣言は1943年8月1日に行われた
のであって、真のビルマの解放者はアトリーの英国労働党政府ではなく、
東条(英機)大将と大日本帝国政府であった」と語っています。 
ビルマ独立に果たした日本の役割は消極的なものだったかもしれません。
しかしそれもビルマ人の胸に刻まれているのです。

http://www06.u-page.so-net.ne.jp/fa2/redfield/0505.htm

135 :文責:名無しさん:02/04/09 13:29 ID:AZau0Uft
ミャンマーでは3月27日の国軍記念日になると、全国のミャンマー国軍が
首都ヤンゴンに集まって盛大なパレードを繰り広げるのですが、なんと!
このパレードはいきなり日本のこの“軍艦マーチ”から演奏し始めるのです。
続いてミャンマーの軍楽隊は“歩兵の本領”“愛馬進軍歌”など昔の日本の歌
を次々と演奏して、パレードを続けていきます。
これはいったいどういうことでしょう?

実はミャンマー(旧ビルマ、1989年に国名を変更。
それ以前を記す場合はビルマと表記。)は「日本人より日本を愛する国」
といわれるほどの親日国家なのです。どうしてかって?ここミャンマーでは
政府の高官からジャーナリストに至るまで、こう言います。
「ミャンマーが今日あるのは、日本のおかげです。日本のおかげで、英国の圧制を
逃れ、独立をすることができた。われわれは深く日本に感謝しているのです。」

http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_3.html

136 :文責:名無しさん:02/04/09 13:36 ID:AZau0Uft
ミャンマーは世界一の親日国

 四年前のことである。ビルマ作戦に参加した日本兵から「ビルマは世界一の親日民族である。
戦友の会田(雄次)上等兵(京大教授、故人)は、ビルマメロメロという言葉を流行らせたが、
兵隊の感情を十分に物語っている。いい言葉だ」と聞いた。
現地に来てそれが本当だと理解できた。小説『ビルマの竪琴』が生まれる土壌も確かにあった。
ネ・ウィン議長が日本軍の訓練を受けている時に『高杉晋作』という名前をもらって誇りに思い、
今日に及んでいるのも事実であった。
 ラングーンの問屋街で親日家として有名な店を訪れたら、社長室にオンサンが日本軍の軍服を
着て、日本刀を大上段に振り上げた写真があった。老社長は「日本軍の敢闘によってイギリスの
植民地政治が崩壊した。我々は何度も戦ったが英軍に粉砕されたので、英軍を粉砕してくれた
日本軍に感謝している。このご恩は永久に忘れない」と熱弁を振るった。

  (平成10年8月25日 第182号)
アジアの曙光 -10-
親日家の声を聞こう!!


137 :文責:名無しさん:02/04/09 14:25 ID:QyvPeNJz
>>132
いちいち反論する気も失せる詐術に満ちた文章だ。
知的誠実さなどこうした人たちには望めないのではないか?
こんなのと論争しなければならない人の苦労がしのばれる。

138 :文責:名無しさん:02/04/09 15:18 ID:7CoNyifN
>>132
あんたは、TVタックルに例えるところの韮沢氏だね

139 :文責:名無しさん:02/04/09 19:23 ID:c7Rq0MVo
そういえば朝日新聞の広報に電話したら
「あなたはいくつですか?当時を見たんですか?その時代に生きていたんですか?
あなたみたいに事実をねじまげようとする人はよくいますけど政府も認めているんですよ
ああ他の電話が掛かってきました切りますよ」
とヒステリックに捲し立てられたっけ

140 :文責:名無しさん:02/04/09 19:33 ID:j/WsiF+R
トコロでみんな、輸入養殖海老の値段って不思議だと思わないか?
どこのスーパーでも殆ど値段が同じだろ?
また、仕入れも海老は独特のルート、海老専門問屋から来るのであって
他の鮮魚類とは別なのだ。
これはカルテルがあるのではと私は疑っているんだが・・・
もしそうなら独禁法違反で一大問題だと思うんだが、
今のところ誰も騒がないので・・・・・
昔、畜産振興事業団というのが不正カルテルで問題になったのと
同じ事が海老でも行われてるのだろうか?


141 :文責:名無しさん:02/04/09 19:41 ID:X2zguotl
養殖海老をキーワードにGoogleでサーチしたら結構Hitしたよ。
日本にはインドやインドネシア、ベトナム、タイから
多く輸入されてる。
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/dkaba703/soyokaze/ebia.htm

ん?親日国が多いなぁ。>>140の意図って・・・考えすぎかな?
どうも2chで遊んでいると人が信じられなくなるなあ(自嘲)

142 :文責:名無しさん:02/04/09 20:05 ID:j/WsiF+R
>>141
いや、海老が好きな物で価格に疑問を持っただけです。
スレチガイは承知だったけど、事情があってスレを立てる事が
出来ないのでココに書かせてもらいました。
でも確かになにか操作的な物を感じますよ、海老の価格・・。

143 :文責:名無しさん:02/04/09 20:27 ID:u7L3RChc
http://tiyu.to

きょうのちゆニュース

ちゆは「ウヨ」なのかな?と言って見るテスト。
少なくとも、サヨじゃないな。

144 :文責:名無しさん:02/04/09 20:36 ID:JsaQBHps
養殖だから値段が似ちゃうんじゃないの?
輸入イセエビなんか値段ピンキリだし。

145 :どいたかっこ:02/04/09 21:24 ID:7QGJyuxw
旧日本兵が浙江ジョウ州で謝罪

かつて中国侵略戦争に参加した旧日本軍の田代昇太郎氏(86)がこのほど、
浙江省ジョウ州で終戦から57年間の願いを果たして謝罪を行った。

田代氏は1944年3月に入隊し、浙江省ジョウ州に1945年2月まで派遣されてい
た。

田代氏は関係部門にあてた手紙の中で、「日本が発動した侵略戦争は、人道
に反し、貴国に大きな被害を与えた。この戦争の罪悪は永遠に消し去ることは
できず、私自身もそれに加わっていた。ここに深くお詫びしたい」と述べて、
謝罪した。



146 :どいたかっこ:02/04/09 21:28 ID:7QGJyuxw

日本『国際貿易』紙、歴史が否定できぬと強調

日本国際貿易促進協会機関紙『国際貿易』は1日に評論文章を発表し
、「南京大虐殺」という歴史が否定できないと強調した。

評論文章は、1月23日に大阪国際平和センターにおいて日本右翼団体
により開催された「20世紀最大のうそ──「南京大虐殺」徹底検証集会
」は、日中友好関係の基礎に関わる大きな事件である。今度の集会は、
南京大虐殺という歴史を否認し、侵略戦争を美化することを企んでいる
ことが非常に明らかである、と示した。

評論は、今回の事件が中国各地で強く抗議されていることを紹介した
後、さらにつぎのように指摘した。 

「中国人民の激しい憤激と批判は、多くの日本人は十分理解するとこ
ろである。現在の日中友好関係は、日本による過去の中国侵略に対する
真剣な反省の上に成り立っているものである。その原点である南京大虐
殺を否定することは、「日中共同声明」の精神を踏みにじるものであり
、容認できないことは大多数の日本人の共通認識である。」

評論はまた、日中友好関係の根本に関わる今回の事件について、歴史
を戒めとし、真剣に対応するよう日本側に望んでいると、強調した



147 :どいたかっこ:02/04/09 21:34 ID:7QGJyuxw
油絵《南京大虐殺》、オランダ皇宮博物館で展示

油絵《南京大虐殺》が10日から、オランダ皇宮博物館で展示されてい
る。画展開幕式において、かけつけた多数の参観者はこの作品が再現す
る歴史的惨景に驚愕したという。

在米中国人画家・李自健氏の「人間性と愛」と題した油絵世界巡回展
覧が昨年10月からオランダ国内3都市にて開催。氏の百近くにおよぶ作品
中、《南京大虐殺》ははじめて展覧される時にオランダ国民の注目を呼
び、オランダのマスコミは日本軍による侵略史実も読者に紹介した。し
かし、今年1月下旬アムステルダムにて展覧された際、主催者側は日本の
関連機関からの圧力を受けて、この日本軍の罪を暴く芸術品を撤去した
。これに対し、皇宮博物館責任者は、いかなる政治干渉も受けず3度目の
展覧を開催することを表明していた。

李自健氏は記者に対し、「この作品は1991年から92年にかけて完成、
主題となる構図は二ヶ月間に及ぶ大量の歴史資料調査及び大虐殺受難者
への訪問調査を経て形成された」と述べている。

油絵《南京大虐殺》を見学した多数のオランダ人参観者は「人類が永
遠に忘れることのできない一幕である」との感想を持ったという。


148 :文責:名無しさん:02/04/09 21:39 ID:X2zguotl
>>145
5W1Hを明確にな。
田代氏が何処の部隊に属して、上官(連隊長、大隊長、中隊長)の氏名
と除隊時の階級と収容された捕虜収容所を明確にね♪

149 :文責:名無しさん:02/04/09 21:43 ID:Kd36f8CB
>二ヶ月間に及ぶ大量の歴史資料調査

大変だよねフィクションを2ヶ月も読み続けたんでしょ。すごいよ

150 :名無し:02/04/09 21:46 ID:cvljo5ag
オランダ人は、日本人に領土とられた恨みがあるからな。

151 :文責:名無しさん:02/04/10 01:53 ID:Z2pZNtFT
 自虐教科書の病理
「『従軍慰安婦』」
平成11年3月24日掲載
------------------------------------------------------------------------

 「従軍慰安婦」という歴史用語としては誤った言葉(正し
くは「慰安婦」)が教科書に登場しています。
女子挺身隊との混同さえ見られます。
果たしてこれは学校で教えるべき事柄なのでしょうか。
仮に教えるとするならば、当時、売春が合法であったことか
ら教えねばなりません。
世界各国にこの制度があり、慰安婦を持たなかったソ連軍が、
満州や樺太、朝鮮で、あるいはドイツで何をしたか、という
ことまで教える必要があるはずです。
 教科書を読む限り、この制度があたかも好色国家である
日本だけで採用され、しかも賃金は支払われず、強制連行
された日本人以外の女性ばかりだったという誤った印象さえ
受けます。

152 :文責:名無しさん:02/04/10 01:54 ID:Z2pZNtFT
「従軍慰安婦」は子どもの心を健全に育む為に、削除される
べきなのです。
 教科書だけではありません。偏向した展示内容が批判されて
いる「ピースおおさか」は、児童・生徒の団体見学用に「ワーク
シート」という教材を用意しています。
見学しながら文章の穴埋めをするというもので、小学生でもでき
るような簡単なものなのですが、何と、「従軍慰安婦」と解答さ
せる設問があるのです。
「制作協力者」として堂々と中学校教師の実名が載っていますが、
教師としてこれを小学生に教えるべき事柄かどうかの判断すら
できないのでしょうか。
 慰安婦制度そのものが悪であったというのは、後知恵に過ぎません。
当時世界中で合法であったものを、今日の倫理観で裁く権利を私
たちは持っていません。

153 :文責:名無しさん:02/04/10 01:54 ID:Z2pZNtFT
それゆえ、この問題の最大の焦点は、多くの識者が指摘しているように
、「強制連行があったか否か」ということに尽きるのです。
 しかし、今のところ「強制連行」の証拠は何一つありません。
決定的証拠とされたのは、吉田清治という人が書いた「済州島
で慰安婦狩りをした」という本だけです。
しかしその内容に疑問を持った秦郁彦日本大学教授の調査に
より、完全にホラ話であったことが証明されました。
ところが反日活動家は、未だに彼の言説を証拠として出版物で
紹介し続けているのです。
圧倒的多数の日本人慰安婦には言及せず、ただただ国の名誉を
売るためだけに活動している輩の主張が、何の検証もなく教科
書などに載せられているわけです。
 一方、慰安婦問題をおかしくした責任者は、政治家の中にもいます。
「強制連行」の証拠が一切見つからなかったにもかかわらず、
「総じて強制的」と言った自民党の河野洋平氏の談話は、もはや
犯罪的です。

154 :文責:名無しさん:02/04/10 01:55 ID:Z2pZNtFT
親に売られたり、女衒にだまされたりしたことも強制的ならば、
戦時中は全て「総じて強制的」ではないでしょうか。
河野氏が自らの発言に責任を持つというなら、召集で戦地に赴いた
人、徴用で工場に動員された人、全てに償い金と首相のお詫びの
手紙を渡すべきです。
実際、河野氏の言説により「政府が強制連行を認めた」と、外国で
は受け止められています。
国の名誉を売った河野氏に国政を論じる資格はあり得ません。
 苦界に身を落とした不幸な女性に同情することと、歴史的事実を
混同する愚行はそろそろ終わりにすべきです。


155 :文責:名無しさん:02/04/10 01:56 ID:Z2pZNtFT
「生活者の日本統治時代」呉善花/より

聞き書きから感じたこと
日本人からの「聞き書き」を終えて愕然としたことがある。
それは、彼らのものを戦後だれ一人として当時のことを知ろうと
訪ねてきた者がいなかったということである。
とくに近年、あれだけ「従軍慰安婦」が問題にされながら、その
当時に成人して実際見聞をもつ数少ない生き証人として最後の
世代に属する彼らから、日韓の一人の研究者も運動家もジャーナリスト
も、直接話を聞こうとしていなかったことを知って、私は大きな驚き
をもった。
いったい、これほど当事者性が無視されている問題がほかにあるだろうか。
私が話をお聞きしただれもが「当時のことを聞きに来てくれたのは、韓国人
のあなたがはじめてです」と言った。
韓国には、当時の日本人は韓国人の家を奪って住むなど、ひどいことを
したという主張がある。
とくに最近では、日本人が強制的に女達を戦地へ連れて行って慰安婦にした
という主張がある。

156 :文責:名無しさん:02/04/10 01:57 ID:V4kUNPVx
そういうことが事実あったという確定的な証拠があるのかどうか、そうした
ことを実際に見たり体験したりした人がいるのかどうか、どんな思想的な
立場にある者でも、まずは同時代の現地に生活を送った人たちの話を
聞くべきではないのか。
ある大学教授から、一人の韓国の留学生が大学院生の博士論文でこの課題に
取り組もうとしたが、日本人がみな当時のことについて容易に口を開いて
くれなかったので諦めたという話を聞いた。
そうかなあ、と不思議に思った。
私の場合は喜んで迎え入れられ、みなさん「待ってました」とばかり、積極的に
口を開いてくれたのである。
また、私が質問しそびれたことについても、自分の方から話してくれるなど
、大変に好意的、協力的だった。

157 :文責:名無しさん:02/04/10 01:57 ID:V4kUNPVx
聞きたいことを話してもらうということでは、まったく障害はなかった。
その留学生がどんな趣旨から話を聞こうとしたのかはわからないが、話を
聞く姿勢に問題があったのではないかと思う。
日韓両者の「聞き書き」から感じたことがいくつかある。
少年期、学校で先輩の韓国人に日本人の後輩が叱られたとか、近所で韓国人の
青年達が上手にたこあげをしているのを見てうらやましく思ったなどの話に
、私は救われた思いがした。
話を聞いてほんとうによかったと思った。
「強制連行」、創氏改の強制、神社参拝の強制。
いずれの「強制」も、日韓両者の話を総合してみると、身の危険が迫り来る
ような弾圧下に行われたのではなかったのではなかったことがよくわかった。
統治側が法令を発し、多くの韓国人がとくに強い抵抗姿勢をみせることなく、
ともかくも従ったのである。
それが現実の姿だった。

158 :文責:名無しさん:02/04/10 01:58 ID:V4kUNPVx
それを忍従といおうと、あるいは抵抗を内に秘めた忍従といおうと、そこ
には暴圧をもっての強制はなかったといってよいだろう。
しかも強い抵抗姿勢をみせずに法に従ったという事実は、いったい当時の
現実を物語るものなのか。
その問いを韓国人自身が自らに向けてみなくてはならないと思った。
それは決して恥ずべきことではない。
これはとても重要なことである。
今回の韓国人からの「聞き書き」全般から受けたもっとも大きな印象は、韓国
で一般に流布されている日本統治時代の様相とは大きく異なるということだった。
とくに私たち戦後反日世代の「日帝イメージ」とはかなりかけ離れている話
だった。
それは、ほとんどの韓国人の話者が、個人的な日本人との関の生活体験と
政治的・制度的な体験との質を、きちんと区別して話してくれたことによって
いる。

159 :文責:名無しさん:02/04/10 01:58 ID:V4kUNPVx
韓国人がしばしば口にする「当時の日本人はひどいことをした」という言葉
には、政府、官憲、日本人諸個人が一体となって、非情、横暴、残虐などの
行為をもって韓国人を苦しめた、という気持ちが込められている。
そういう「日本人によるひどいこと」があったんだという思いが、民族集団
としての韓国人の「けっして許せない」という強固な姿勢を実際上支えて
いると言える。
しかしながら、「聞き書き」からは「個人レベル、市民レベルでの横暴、
残虐と言えるようなひどいことはほとんどなかった、あったのは法制度の
強制だった」ということがよく伝わってくる。
少なくとも彼らが体験した日本統治時代後期については、そう理解する
ことができるだろう。
そのことを多くの韓国人が確信できれば、国民一般の反日感情は大きく後退
し、政治統治の問題に焦点を当てた冷静な論議が可能となるはずである。
自ら志願して兵士となった韓国人が多数いたという事実も、私には思いも
よらないことだった。

160 :文責:名無しさん:02/04/10 01:59 ID:V4kUNPVx
思いもよらないというのは、そんなはずがないという思い込みがあったからだ。
この話を聞いて、戦地におもむいた当時の韓国の若者たちが思われ、人間
とはそういうものだ、やはり彼らもそうだったんだと胸が熱くなった。
「日本の戦争」にはちがいないけれども、敵に攻められれば、死ぬのは
日本人だろうと韓国人だろうと関係はない。
自ら志願して兵士となり、日本人と一緒に敵と戦おうとした韓国人が少なくな
かったのは、当然のことだったのである。
そういう者たちはいなかったというのならば、それは実に恥ずべきことではないか。
陸軍特別志願兵制(昭和13年
4月実施)、海軍特別志願兵制(昭和18年10月実施)、学徒兵募集(昭和18
年10月実施)への朝鮮人の志願状況は

      募集者数    志願者数     倍率
1938年    406      2946      7.7
1939年    613      1万2348    20.1
1940年    3060     8万4443    27.6
1941年    3208     14万4743    45.1
1942年    4077     25万4273    62.4
1943年    6300     30万3394    48.2

161 :文責:名無しさん:02/04/10 02:00 ID:GulNznM/
朝鮮人に徴兵制が実施されたのは昭和19年4月。
そして次の数字が記録されている。

朝鮮人軍人・軍属 24万2341
朝鮮人戦死者数 2万2182

徴兵制実施の朝鮮人軍人・軍属の総数が、それ以前の志願者数
よりも大幅に少ないことは、何を物語っているのだろうか。
韓国ではこの志願制も徴兵制だと主張している。
つまり、「行かないわけにはいかない状況下での強制だった」と
言うのである。
それならば、その異常に高い倍率はどう考えたらよいのだろうか。
「入隊は強制だったが入隊するのは難しかった」など、とうてい
理解できることではない。
そこには、郷土や家族を守ろうと自らの意志(と父の賛同)で
戦地におもむいた多くの青年たちがいたのではなかったのか。
戦争が終わって内地へ送還される日本人を、涙を流しながら見
送った数多くの韓国人がいた。

162 :文責:名無しさん:02/04/10 02:00 ID:GulNznM/
その別れの光景が、まるで今見てきたかのようにありありと目に
浮かんでくる。
(略)
韓国人も日本人もみんな同窓会を楽しみにしていて、そのときには
反日も親日もなく、当時と同じように親しく楽しく思い出話に終始
するというのだから。
したがって、「これは第三者への公的な話だから」という感覚の中
で、あまり重点を置いてふれる問題ではないと、そう考えたからだと
思う。
(略)
私が「実際生活の面でどうだったかをありのままに語ってください」
というと、しきりにそう語ろうと努めてくれるのだが、すぐにまた
政治の問題に戻ってしまう、といったことがしばしばあった。
また、「自分のまわりの日本人はみんないい人だったが、日本人全般
はよくない」といった発言をどう受け取ったらいいか迷われた人
は少なくないだろう。

163 :文責:名無しさん:02/04/10 02:00 ID:GulNznM/
これは韓国人特有の言い方で、前者の「日本人」は自分が直接知って
いる個々の日本人のことであり、後者の「日本人」は政治的・制度的
な日本人のことと考えていただければよい。
ただ、こうした水平的な語り口が、日本人には大きな誤解を与えて
しまうことがあると思う。
(略)
韓国の女性を日本人が強制的に連行して慰安婦に仕立て上げたことが、
ほんとうにあったかどうかについては、事実としてそれが確認され
実証されているかどうかにかかわらず、多くの韓国人にとって「それ
はあったにちがいない」「そう主張する人がいる」ですまされてしまう。
そこには、そうした事実軽視、イデオロギー重視の性格が大きく働いて
いる。
韓国人と比較すれば、日本人はきわめて事実を重んじる人たちで、
まことに現場主義的だということになる。
たしかに日本では、「現場をしっかり押さえていないで偉そうなこと
を言うな」という言い方がよくされる。

164 :文責:名無しさん:02/04/10 02:02 ID:GulNznM/
アイリス・チャン「ザ・レイプ・オブ・南京」の間違い

21頁。江戸時代250年間、日本の軍事力は弓と
刀を越えることがなかった。
(正)1543年、種ヶ島に銃が伝わるや、日本は既に自前で優秀な鉄砲を生産。

島国の日本にペリー司令官Commander Perry を派遣し----
(正)ペリー提督 Commodore Perryを派遣し----

1853年7月ペリーは2隻の軍艦を東京湾に----
(正)4隻の軍艦the two steamers, the Susquehanna,
his flag-ship, and the Mississippi, the Saratoga, and
the Plymouth sloops-of-war.

ペリー自身も将軍の都を闊歩し----
(正)横須賀(久里浜)に乗り込み----

この訪日1回目にしてペリーは徳川幕府と条約を調印----
(正)翌年調印。

165 :文責:名無しさん:02/04/10 02:03 ID:GulNznM/
22頁。神道の太陽信仰を国教 a state religion に
昇格させ----
(正)神道は国教ではない。

武士道という武士の倫理を全ての国民の道徳規範として採用した。
(正)意味不明

27頁。十九世紀のアメリカにとって西の太平洋岸への膨張
が明白なる天命であったとすれば、支那こそは二十世紀の日本の
明白なる天命であった。
(正)その事実なし。

参謀本部の一員であった大川周明。
(正)その事実なし。

28頁。一九二〇年代に蒋介石の国民党は----全国を統一した
(正)その頃の支那は分裂。


166 :文責:名無しさん:02/04/10 02:03 ID:N1VbR98r
29頁。支那との戦争を不可避と考え、日本は戦争の準備----。
(正)日本が支那との戦争を不可避と考えて、積極的に戦争の準備を
したことはなかった。日本は支那との戦争に「文字通リ押込マレタ」
(アーベント)のである。

32頁。(士官学校の候補生の)読むものは入念に検閲され----。
(正)検閲制度なし

33頁。日本軍は盧溝橋付近の宛平城まで進撃し、その(行方
不明の)兵士を探すことができるよう、開城せよと要求した。
支那軍司令官が拒否すると、日本軍は砲撃を加えた。
(正)志村二等兵の帰隊は7月7日夜11時頃。その事実は翌八日
午前二時に宛平県長(王冷斎)に通告ずみ。
日本兵失踪を口実に日本軍が「八日朝六時頃」(金振中大隊長)に
入城を要求してきたと言うのは、明らかに金振中の偽証。原著者は
この偽証に立脚。

八月日本軍は上海の埠頭に増援部隊を上陸させ----。
(正)8/23第三師団は呉淞に、第十一師団が川沙口に上陸。


167 :文責:名無しさん:02/04/10 02:04 ID:N1VbR98r
数百人が戦死したが、そのなかには良子皇后の従兄弟も----。
(正)皇后陛下の従兄弟の伏見宮博恭の子(博嘉王)が負傷。

35頁。上海南京間の線路沿いは日本空軍がほとんど全ての
橋を爆破----。
(正)日本軍の進攻を遅らせるために支那軍が破壊。清野作戦の
一環であった。

37頁。中島今朝吾は----昭和天皇のための秘密警察の長官。
(正)その事実なし。

バーガミニは中島今朝吾を「思想統制、脅迫、拷問の専門家」と呼ぶ。
(正)その事実なし。

中島今朝吾は南京に死体焼却用特殊油を持参。
(正)その事実なし。


168 :文責:名無しさん:02/04/10 02:04 ID:N1VbR98r
木村久邇典によれば、中島今朝吾は「獣」beast 「乱暴な男」
a violent man と称された----。
(正)これは引用の間違いである。木村久邇典は「怪物、爆弾男と
称された田中隆吉が、----」と書く。

松井石根大将は結核を病む将軍----。
(正)松井大将が結核を病んでいたという事実はない。

37頁。農村を襲い、目に触れたものはみな刺し殺した。
(正)皆逃げて、日本軍が来たときにはいなかった。

都市が灰燼に帰した。
(正)支那軍の清野作戦が都市を焼き払った。

11月19日、激しく雨の降る朝、日本軍前衛部隊が支那軍
歩哨に見破られないよう頭巾を被って蘇州の城門を通り抜けた。
一度、城内に入るや、日本軍は何日も殺害し、掠奪し、---
数千人の支那人女性を拉致して性の奴隷にした。
(正)それを裏付ける証拠を、General Chiang Kai-shek's
Appeal to the Nation(December 16, 1937) や China
Yearbook 1938 に見い出すことができない。

169 :文責:名無しさん:02/04/10 02:05 ID:N1VbR98r
38頁。12月7日、松井大将は蘇州の司令部で高熱----
結核が再発----。
(正)松井石根陣中日記「12月7日、此日始メテ蘇州、上海
間鉄道開通スルニ依リ、予ハ之ニ乗ジテ方面軍司令部ヲ蘇州ニ
前進ス。
沿道漸次平和気分ヲ見ル。避難農民逐次帰村シツツアルヲ見ル。
可欣。蘇州ニハ既ニ自治委員会設立セラレ、我副領事モ昨日来
当地ニ来リ」

昭和天皇は----叔父である朝香宮鳩彦王を前線に送った。
(正)昭和天皇と鳩彦王は従兄弟のご関係になる。

朝香宮が南京周辺の日本軍の新最高司令官として----。
(正)12月4日朝香宮は上海派遣軍司令官に任命され、
6日上海着。
しかし依然として松井大将が中支那方面軍司令官として最高
司令官であった。

39頁。バーガミニの信ずるところでは(略)昭和天皇が
叔父を南京の最高司令官に任命したのは罪を償う機会を与えるため。
(正)その事実はない。


170 :文責:名無しさん:02/04/10 02:05 ID:N1VbR98r
松井は病床に参謀を招集して会議。
(正)その事実なし。

40頁。12月5日朝香宮は飛行機で東京を発ち、3日後に
前線に着いた。
(正)飯沼守陣中日記「12月6日朝香宮軍司令官殿下ニハ軍艦
「朝汐」ニテ本日午後二・三〇頃上海御着七日軍司令部御着任ト
決定----- 12月7日(略)午後四・〇〇殿下御着」

(略)朝香宮は中島将軍と会った。
(正)その事実はない。中島今朝吾は陣中日記によれば12月8日に
「1発ノ小銃弾ハ来リテ左鎖骨ヲカスリテ貫通セリ」「12月9日
(略)正午前軍司令官朝香宮殿下ヨリ御見舞トシテ御付武官ヲ差向
ケラレ御見舞品を頂戴ス。感激ノ至リナリ」

中島は朝香宮に日本軍が南京で30万の支那軍を包囲--。
(正)支那軍兵力は数万。

事前交渉からするに、支那軍には降伏の用意があると語った。
(正)南京防衛司令官は南京死守を誓い、日本軍の降伏勧告をも
無視した。


171 :文責:名無しさん:02/04/10 02:06 ID:8nQStbWU
朝香宮の司令部から、捺印のうえ「極秘、焼却のこと」と
記された命令が出された。そこには(略)「捕虜は皆殺せ」
KILL All CAPTIVES と明瞭に書かれてあった。
(正)その事実はない。「皆殺せとのことなり」と山田栴二旅
団長は記す。
「皆殺せ」とは伝え聞いたことであって、命令書ではなかった。
しかも、これは、幕府山付近の山田支隊のみが聞いたことに過ぎない。

朝香宮の情報将校タイサ・イサモは----。
(正)上海派遣軍司令部第2課課長の長勇は中佐であった。

41頁。支那兵の捕虜は全て消せとの命令は紙に明記された
だけでなく下位の将校にも発せられた。
1937年12月13日、日本軍の歩兵第六十六大隊 the
Japanese 66th Batallion は次の命令を受領した。
(正)歩兵第六十六連隊 regiment 第一大隊

「十二名のグループに分けてここに銃殺すべし」
(正)十数名ヲ捕縛シ逐次銃殺シテハ如何」

第一中隊は駐屯地南の穀物畑にて----行動を取ること。
(正)谷地。


172 :文責:名無しさん:02/04/10 02:07 ID:8nQStbWU
42頁。50万人以上の非戦闘員と9万の支那軍部隊が南京
には閉じ込められていた。
(正)南京城内に残留した非戦闘員は20万人であった。

大量屠殺の戦略は幾つかの段階から成り立っていた。
支那兵に抵抗をやめればその代わり公正に扱うと約束し、----。
(正)そのように騙した証拠はない。

(支那兵は)日本軍が包囲したとき南京から逃げようとして
武器を投げ捨てていたので、----。
(正)安全地帯に逃げ込もうとして武器を投げ捨てていた。

多くの支那兵が簡単に投降した。
(正)殆ど全ての支那兵が投降しないで安全地帯に潜伏した。

43頁。東史郎の部隊(上海派遣軍第16師団歩兵第20連隊
第3中隊)は南京の広場に歩哨を置き宿営を設営していたとき
突然約2万の捕虜を収容せよとの命令を受け取った。
(正)そのような命令が発せられた事実はない。


173 :文責:名無しさん:02/04/10 02:07 ID:8nQStbWU
44頁。この(幕府)山は南京の真北、町と揚子江南岸の間
に位置している。
(正)東北

推計5万七千人の非戦闘員と兵士が処刑された。
(正)投降兵集団の数は約1万五千人と言われる。処刑かとどうか、
見解は分かれている。

12月16日、朝日新聞ヨコト特派員は日本軍が14、777名
の兵士を捕らえたと報じた。
(正)横田特派員

46頁。中島将軍は七千から八千の死体の山を埋葬するだけの
大きな溝がなかなか見つからないと陣中日記にこぼした。
(正)「此七八千人、之ヲ片付クル(武装解除するための間、監視
する)ニハ相当大ナル壕ヲ要シ中々見当ラズ」

1937年12月13日、日本軍は南京になだれこんで、あら
ゆる通りで人々を手当たり次第に射殺した。
(正)そのことを裏づける記録を国際委員会の抗議文書やラーベ日記
に見い出すことは出来ない。


174 :文責:名無しさん:02/04/10 02:08 ID:8nQStbWU
機関銃、ピストル、ライフルを使って、日本軍は中山北路や中央
通りにや近くの路地裏に集まっていた傷ついた兵士、老女、子供
の全集団に発砲した。
(正)そのことを裏づける記録を国際委員会の抗議文書やラーベ日記
に見い出すことは出来ない。
非戦闘員は安全地帯に集結していた。

日本軍はまた南京のあらゆる場所で非戦闘員を殺した。
(正)非戦闘員の集結した安全地帯に、日本軍は攻撃を加えなかった。
そのことを国際委員会は感謝していた。

日本軍は南京で戸別に支那兵の捜索を行った際、南京の全住民を殺した。
(正)そのことを裏づける記録を国際委員会の抗議文書やラーベ日記に
見い出すことは出来ない。
掃蕩戦に際して日本軍は戸別に支那兵の捜索を行ったが、その際、
日本軍が住民を殺したという非難はない。日本軍が安全地帯の非戦
闘員を攻撃しなかったため、安全地帯の人口は20万から25万人に
増加した。

175 :文責:名無しさん:02/04/10 02:08 ID:8nQStbWU
死体は城壁の外に、揚子江(河の流れが文字通り赤く変った)に
沿って、池や湖に、そして丘や山の上に、積み上げられた。
(正)そのことを裏づける記録を日本軍将兵の陣中日記や国際委員会
の抗議文書やラーベ日記に見い出すことは出来ない。
なお、南京城内で収容された死体は400体から600体であった。
揚子江は水深35メートル、河幅は広く、流れは速く、水の色はやや
黄色い。
その揚子江が赤く変色することは有り得ない。

南京付近の村で日本軍は若者が通るのを見れば兵士であったの
ではと疑って誰でも射殺した。
(正)日本軍は非戦闘員を攻撃しなかったから、歓迎された。
たとえば、南京から避難民が大部入り込んだ安徽省全淑県に、幕府
山付近の山田支隊が警備に行ったのが、1937年12月22日。
この時、「土民は旗を作り、爆竹を持つて来て大歓迎して呉れ」た。

47頁。12月最後の10日間、日本軍のオートバイ旅団
が南京をパトロールする間、ライフルに弾丸を込めた日本兵
があらゆる通り、並木道、路地の入り口を固めた。
----商店主を射殺した。
(正)そのことを裏づける記録を国際委員会の抗議文書やラーベ
日記に見い出すことは出来ない。


176 :文責:名無しさん:02/04/10 02:09 ID:PsbltKcY
ニチ・マイニチ新聞。
(正)大阪日日新聞もしくは東京日日新聞、のちの毎日新聞。

48頁。ユキオ・オマタ。
(正)オマタ・ユキオ(小俣行男)姓名の順が逆となっている。

48頁。従軍特派員ササキ・モトマサ
(正)野戦郵便局長ササキ・モトカツ(佐々木元勝)

49頁。タココロ・コーゾ。
(正)タドコロ・コーゾ。

50頁。第6師団長の谷寿夫大将 the senior general で
すら南京で約20名の女性を強姦し、のちに有罪となった。
(正)谷師団長は中将であった。また「谷寿夫戦犯事件判決書付
属文献の強姦部分に関する統計抜粋」によれば、住民が安全地帯
に避難して居住していなかった「中華門地区」で発生したという
日本軍兵士による強姦事件約20件の責任を、谷師団長は問われ
たのであって、自ら強姦に携わったのではない。

50頁。未だ病弱な松井大将が12月17日朝、入城式のため
、南京に入ると、殺人と強姦は下火となった。
(正)12月17日午後、入城式のため、南京に入った。

177 :文責:名無しさん:02/04/10 02:10 ID:PsbltKcY
肺結核の発作から回復した松井大将は----。
(正)松井大将は肺結核を患っていなかった。

肺結核の発作から回復した松井大将は海軍のランチで揚子江
を遡行し、----。
(正)松井石根陣中日記12月14日「蘇州飛行場ヨリ飛行機ニ
テ句容飛行場ニ飛翔シ、夫レヨリ自動車ニテ午後3時湯水鎮軍司
令部ニ安着ス」

松井大将は海軍のランチで揚子江を遡行し、南京の東の三重
のアーチ型の山門に車で来た。
そこで彼は栗毛の馬に乗り、馬首を皇居のある東京の方に向け
て、日本の国営ラジオ放送のために、天皇陛下万歳を三度唱えた。
(正)この事実はない。万歳三唱は旧国民政府で行われた。

松井大将は入念に死体の片付けられた大通りの両側を、----。
(正)中山門から国民政府に行く際に通る中山東路で、死体除去作
業がなされたという記録を、日本軍将兵の陣中日記や国際委員会の
抗議文書やラーベ日記に見い出すことは出来ない。


178 :文責:名無しさん:02/04/10 02:10 ID:PsbltKcY
松井大将は入念に死体の片付けられた大通りの両側を、数万の
兵士が歓声を上げるなか馬で進み、城内北部の首都飯店に着いた。
そこでその夜、松井大将のために祝宴が開かれた。
(正)数千の兵士であったであろう。なお兵士は歓声を上げなかった。

松井大将が南京で何かとんでもないことが起きたと気付いたの
はこの祝宴の時であったと記録は示唆する。
(正)その種の記録は存在しない。松井石根陣中日記12月20日
「尚聞く所、城内残留外人ハ一時不少恐怖ノ情ナリシガ、我軍ノ漸次
落付クト共ニ漸ク安堵シ来レリ 一時我将兵ニヨリ少数ノ掠奪行為
(主トシテ家具等ナリ)強姦等モアリシ如ク」−これによれば、少
数の掠奪行為と強姦事件があったと、松井大将は認識していたので
あって、南京虐殺が起きたと思ったのではない。

日本軍は松井大将が南京の残虐行為について完全に真実を知る
ことができないよう共同謀議して、松井大将にたいする完全沈
黙作戦に入ったと、その翌日(12月18日)の西側の新聞は
報じた。
(正)このことを裏づける記録は見い出せない。


179 :文責:名無しさん:02/04/10 02:11 ID:PsbltKcY
51頁。松井大将は南京における強姦と殺人と掠奪の全容を知る
と、狼狽の色を隠せなかった。1937年12月18日----。
(正)このことを裏づける記録は見い出すせない。松井石根陣中日記
12月19日「概シテ城内ハ殆ド兵火ヲ免レ市民亦安堵ノ色深シ」
同21日「人民モ既ニ多少宛帰来セルヲ見ル」

その日(18日)、それから、慰霊祭が挙行された時、松井大
将は南京で暴力行為の乱行があったことを咎めて、300日の
将校や連隊長その他を叱責した。松本重治は----。
(正)これは昭和13年(1938年)2月7日の慰霊祭の時の
ことであった。
また松井大将は一人の兵士の不法行為が「皇軍ノ声価ヲ此ル事ニテ
破壊スルハ残念至極」と憂慮されたのであって、南京虐殺が起き
たなどと認識されたのではない。

12月19日日曜日までに松井大将は南京郊外の朝香宮の
司令部に移されて、----。
(正)12月17日入城式があり、既にこの頃、朝香宮の上海派遣
軍司令部は城内に移っていた。
また松井大将が上海派遣軍司令部に移された事実はない。


180 :文責:名無しさん:02/04/10 02:11 ID:PsbltKcY
12月19日日曜日までに松井大将は南京郊外の朝香宮の
司令部に移されて、その次の日には駆逐艦に乗せられ上海に
帰された。
(正)12月22日松井大将は上海に戻る。陣中日記「12月
22日(晴)午前十時半雷艇鴻ニ便乗下江ス」

松井大将がアメリカ人記者に「日本軍は今日恐らく世界で
最も軍規のない軍隊である」と語ってさえいた。
(正)その事実なし。

52頁。元旦----松井大将は乾杯のとき「私の部下が大変
悪い極めて遺憾なことをしてくれた」と或る日本の外交官に
打ち明けた。
(正)乾杯のときではなく日高信六郎が松井大将の宿舎に新年の
挨拶のためうかがったときの話。
松井大将が一寸した兵士の非行にも心を痛めていた事を示す逸話。
松井石根陣中日記「陣中元旦----11時方面軍司令部ニ至リ----一
同ト祝宴----帰邸ノ後 各官ノ祝宴ヲ受ケ良元旦ヲ祝福ス」
 東京裁判における日高信六郎証言「一月一日の日に、私は松井
大将のところに、元旦の祝賀に行つたのであります。
そして日本の習慣に従いまして、二人でとそのお酒を飲んだのであります。
そのときに雑談をしておりましたが、私から何ら質問をすることが
なかつたのでありますが、そのときに松井大将が自分で、自分の部下
の中で悪いことをした者があつたということを知つて、実に困つた
ことだということを言われた」

181 :文責:名無しさん:02/04/10 02:12 ID:KMrm2/eG
52頁。日本軍司令部は責任ある兵士を処罰ないしは抑えたり
しないで、秘密の巨大な軍用売春制度を創出する計画を立てた。
(正)1938年2月9日の『シカゴ・デイリーニューズ』は10名
以上の将兵が懲役10年を含む「重罰に処せられた」ことを伝える。
国際委員会の抗議事例「192」はベイツの目撃談として「女たちが
自由意志で行こうとしているのが分った。
一人の女は若かったが、喜んで行った」と伝える。秘密裏にではなく
、公然と、売春婦を募集していた。

54頁。サムライの質問に農民が丁寧に答えなかった時、サムラ
イは農民を打ち首にする権力を数世紀間持っていた。
(正)そのことを裏づける記録は見当らない。

ナチスの戦争犯罪人の殆どは刑務所や死刑執行人の前で露と
消えるか、もし生きていても法の追及から逃げのびる日を送
っているが、日本の戦争犯罪人の多くは日本政府に守られながら、
平和に、快適に暮して、今なお生きている。
(正)名ばかりの軍事法廷で死刑宣告を受けて処刑された日本兵が
少なからずいた。
他方、1945年(昭和20年)3月10日未明の東京無差別
爆撃で八万人以上を殺害した戦争犯罪人や、昭和20年8月広島
長崎への原爆投下を犯したアメリカ大統領は、未だに処罰されていない。
非戦闘員を殺傷することは明白な戦争犯罪なのである。
また、第二次大戦後の中国革命の死者1500万人と文化大革命
の犠牲者2000万人、1989年5月天安門事件の犠牲者約80
人を生み出した責任者も、未だに処罰されていない。

182 :文責:名無しさん:02/04/10 02:12 ID:KMrm2/eG
向井敏明中尉と野田毅中尉は----。
(正)いづれも少尉。
[78]富永正三は広島の第39師団232連隊に配属され
たとき----。
(正)富永正三氏は昭和16年に中支派遣第39師団歩兵232連
隊に転属した。
昭和12年12月の南京攻略戦には参加していない。
従って、その証言は、無関係。

61頁。そして国民党の指導者孫文がまさに誕生しようとする
中華民国の臨時大総統となったのも1911年南京においてで
あった。
(正)孫文は1912年1月1日南京で臨時大総統に就任し、それ
から中華民国の建国を宣言した。


183 :文責:名無しさん:02/04/10 02:13 ID:KMrm2/eG
62頁。有名な鼓楼、−マルコ・ポーロは700年前にその
原形のものを見た。
(正)『東方見聞録』によればマルコ・ポーロは揚州、鎮江、蘇州
と旅行した。南京に寄っていない。従って南京の鼓楼の原形を見た
はずもない。

南京の町は三度侵攻された。
(正)四度。 @548年  A1864年  Bフランスの支那
学者ファルジュネルの『辛亥革命見聞記』や『中央公論』大正2年
(1913年)十月号の「南京虐殺と善後策」によれば1913年
9月1日から3日間、老満州派の張勲の軍が南京で「夫や父親の目
の前で妻や娘が強姦された。
まだ母親のなかにいる胎児を銃剣で刺し殺した」。日章旗を翻す
日本人をも殺害した。
そのため『屠殺者』張勲」は9月28日日本領事館を訪ねて謝罪。
第三次南京虐殺。 C1927年(昭和2年)3月24日、南京陥
落の翌日、蒋介石の国民革命軍による南京事件

最初の侵攻は千年以上も昔の6世紀末に起り----。
(正)6世紀半ばのことであった。


184 :文責:名無しさん:02/04/10 02:13 ID:KMrm2/eG
最初の侵攻は千年以上も昔の6世紀末に起り、蛮族の
大群が南京の重要な建物を全て破壊。
(正)548年武将の侯景が梁の武帝に叛旗を翻し、翌年3月
南京の宮城が陥落。
この時、『資治通鑑』によれば、屍は道に満ち、腐乱した死体
からは腐汁が溝に満ちた。

第二の侵攻は千年以上も昔、太平天国の反乱軍がこの町を
占領した1853年から1864年の間であった。
(正)たしかに太平天国の反乱軍が南京を占領したのは1853年
であった。
しかし太平軍が包囲攻略しても、住民が帰順を申し入れ、太平天
国の習慣に従う限り、いのちは保証された。ところが1864年
7月19日に、ゴルドンを顧問とする「曽国藩麾下の攻囲軍」が
南京を包囲して太平軍から奪還した時には、清軍が南京で3万人
以上を屠殺した。

太平天国の反乱軍は十年以上も南京を首都とし----、この町
を燻る廃墟と化し----た。
(正)清軍により南京を陥落してから40年後の1911年(明治
44年)にフランスの支那学者が南京を訪れた。
南京は清軍の攻撃により「一切のものが(略)組織的に焼かれて」
しまったため「瓦礫の山」と化した「死の町」であったと記す。
南京を燻る廃墟と化したのは太平天国軍ではなく、清軍であった。

185 :文責:名無しさん:02/04/10 02:14 ID:KMrm2/eG
太平天国の乱以降の19世紀においては南京は平和に知られ
ることなく眠っていた。満州の皇帝が支那の支配を北の北京
から再開すると、南京はまさに文化的遺跡となった。
(正)支那大陸の支配を再び北京から行ったのは、清朝の皇帝ではない。
清朝の前の明朝の成祖永楽帝(第3代)が1421年に応天府(第6代
英宗の時1440年に初めて南京と称す)から北京順天府に遷都。
それ以来、北京が支那の首都。

63頁。国民党が清を倒して南京をチャイナの都と定めて初め
て南京は重要性を取り戻した。
それは正式には1928年のことであった。
(正)国民党右派の蒋介石が南京を都とするのは1927年(昭和
2年)4月。そして汪兆銘の国民党左派の武漢政府が南京にて南京
政府と合体するのが同年9月であった。

64頁。南京の町を突き抜けて走る津浦線 the North
China railway と京滬線 the Shanghai-Nanking
railway の線路----。
(正)津浦線は天津から揚子江北岸の浦口(揚子江を挟んで南岸
の南京と相対する)を結ぶ。
京滬線は南京の町の外を走る。従って両線ともに南京の町を突き
抜けて走ることはない。


186 :文責:名無しさん:02/04/10 02:15 ID:RLZb/aQI
数ケ月もしないうちに戦争の足音が戸口まで聞こえ、家を
焼き、通りが血塗られるがままにされようとは、殆どの人
が予測できなかった。
(正)1937年(昭和12年)12月8日の『ニューヨーク・タイムズ』
は、「当局が毎日公式に否定しているにもかかわらず南京を焼き払う
計画だという噂が多数の住民の間に恐怖心を呼んでいる」と報ずる。
支那軍が撤退する時には、「中国人の一人をも、一塊の土をも、灰燼
に帰せしめて、敵の手には渡さぬ」という汪兆銘と蒋介石の宣言を、
人々は忘れていなかった。

187 :文責:名無しさん:02/04/10 02:22 ID:RLZb/aQI
>>132どいたかっこ
自分が破綻した論理を繰り返してる、ということすら
気づいてないんですか?(笑
何度も指摘された間違いを繰り返して何か意味があるん
でしょうか・・・。スレを読み返してみればわかるんだけど。
思考停止・・・・洗脳、の恐ろしさを垣間見る思いがする。


188 :文責:名無しさん:02/04/10 02:25 ID:RLZb/aQI
■7.軍の関与とは■

 次に宮沢首相の訪韓直前に発表され、公式謝罪に追い込んだ
3)の「慰安所、軍関与示す資料」の朝日新聞記事はどうか。

 発見された文書とは昭和13年に陸軍省により、「軍慰安所従業
婦等募集に関する件」であり、その中では、

 民間業者が慰安婦を募集する際、@軍部諒解の名儀を悪用、
A従軍記者、慰問者らを介した不統制な募集、B誘拐に類する
方法を使って警察に取調べられるなどの問題が多発しているの
で、業者の選定をしっかりし、地方憲兵警察と連繋を密にせよ
[2,p267]

と命じている。すなわち「関与」とは、民間の悪徳業者による
「強制連行」を、軍が警察と協カしてやめさせようとした事なの
である。


189 :文責:名無しさん:02/04/10 02:25 ID:RLZb/aQI
■8.国連での攻防■

 しかし国際社会では、事実の伝わりにくさを利用して、慰安婦
問題をスキャンダルに仕立てようとするアプローチが今も展開さ
れている。その最初は宮沢首相の訪韓直後の平成4年2月17日、
日本弁護士連合会の戸塚悦郎弁護士が、国連人権委員会で、慰安
婦を人道上の罪と位置づけ、国連の介入を求める発言をした事で
ある。

 平成8年3月にジュネーブで開かれた国連の人権委員会に提出
されたクマラスワミ女史の報告書は、家庭内暴力を主テーマにし
ているのに、その付属文書に「戦時の軍用性奴隷制問題に関する
報告書」と題して、半世紀以上前の日本の慰安婦問題を取り上げ
ている。

 戸塚弁護士は、この時にもジュネーブで本岡昭次参議院議員
(社会党→民主党)とともに、デモやロビー活動を行っている。

 報告書は、やはり吉田清治の本や、慰安婦たちの証言を取り上
げている。その中で、北朝鮮在住の元慰安婦の証言として、

 仲間の一人が一日40人もサービスするのはきついと苦情を
言うと、ヤマモト中隊長は拷問したのち首を切り落とし、「肉
を茹でて、食べさせろ」と命じた。

 などという話が紹介されている。この元慰安婦は、1920年に生
まれ、13歳の時に一人の日本兵に拉致されたという拉致された
というのだが、1933年の朝鮮は平時であり、遊郭はあったが、軍
専用の慰安所はなかった。その程度の事実確認もされていない証
言が、4例紹介され、その上で日本政府に対し、被害者への補償、
犯罪者の追及と処罰を勧告している。

190 :文責:名無しさん:02/04/10 02:26 ID:RLZb/aQI
 日本のジュネーブ外務省はこの文書に関する40頁の反論を作
成し、根回し工作をしたもようだ。西側諸国代表の間では、クマ
ラスワミ報告書の欠陥が理解されたが、韓国、北朝鮮、中国、フ
ィリピンなどの関係国は立場上、強く反発した。

 このような攻防の結果、人権委員会では家庭内暴力に関する本
文は「賞賛する」という最高の評価を得た一方、慰安婦に関する
部分は、take note(留意する)という最低の評価であった。
[1,p259]


191 :文責:名無しさん:02/04/10 02:27 ID:RLZb/aQI
「慰安婦強制連行問題」には何ひとつ証拠がない。
フィリピン(ホセ報告)
そして筆者は、当時を知る生存者の話を聴き、さまざまな日記、公式
および準公式の文書、ゲリラの新聞などを読んだ結果、戦時中、フィリピン
では日本軍による大規模な強制的売春はなかった、という結論に
到達した。
韓国(クマラスワミ)
「募集方法を立証する書類はほとんど残っていない」
「実際の募集の過程に関する公文書はなく、ほとんど
すべての慰安婦の募集に関する証拠は、被害者自身の口頭
証言だけである」
韓国(挺対協著書)
「今まで発見された軍文書のうち、慰安婦の動員方法を具体的に
説明するものは一件もない」
韓国(吉見義明)
97年2月1日の朝生で証拠がないことを認める。
中国(秦郁彦)
中国では戦中から戦後にかけて、慰安婦問題に対する関心薄かった。
100巻にのぼる国民政府の公式戦史にも、関連の記述はほとんど見られ
ない。
日本(官房副長官:石原信雄)
「いくら調べても日韓双方に強制連行を示す証拠がない」


192 :鉄腕アトム:02/04/10 02:34 ID:uVI0gKja
 渡部昇一の本を読んで再認識したんだけど、明治維新に日本は必死になって
軍人そのた社会人を海外に留学させて知識や技術を勉強させた。そんな事、当然と
思っていたが、最初に海外留学を始めたのはアジアでは日本が最初らしいよ。
 黒船が浦賀に来船し数年で薩摩藩などが軍艦を製造したのも日本だけだってね。
黒船は日本以外にもアジアの国に寄港したが、そんな事を成し遂げたのは日本だけ。
この、旺盛な知識欲と好奇心が今日の日本を作り上げていると、つくづく思う。


193 :文責:名無しさん:02/04/10 02:35 ID:RLZb/aQI
さて、この白馬事件の実態を知るには被告側の言い分
も聞いておく必要があろうが、死刑になった岡田慶治
少佐は「青壮日記」と題した獄中手記を残している。
日中戦争期の戦場体験から書き起こした半自伝だが、事件に
ついて次のように書いている。

将校クラブの婦人たちをよく可愛がってやったつもり・・・
その彼女たちが告訴している。
それも嘘八百を並べて・・・時勢が変わったので我々に
協力していたことになっては彼女達の立場がないのかと
想像・・・起訴状を見ると首謀者にされている・・・
「そうか飼い犬に手を咬まれたのだ。もう何も言うことは
ない」と覚悟した・・・敵の銃口の前に立って、日本軍人
の死に態を見せてやることではなかろうか。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦


194 :文責:名無しさん:02/04/10 02:36 ID:RLZb/aQI
>>192
然り!

195 :文責:名無しさん:02/04/10 19:12 ID:SgX8Be/o
パラグアイ人は日本人が好き

(略)
着いてしばらくすると署長が現われ「いやあすまなかったねえ。日本人がそんなこと
する訳ないもんね、彼らも仕事だから許してやってほしい」と謝りマテ茶を出してく
れました。それから署長は彼らに「お前ら知ってるか?日本人は偉いんだぞう、悪い
ことしたら自分で腹を切ったり首切って、小指まで切っちゃうんだよねえ。責任感が
あるよなあ」と言えばGメンは「ひええ、痛いだろうなあ、良かった日本人じゃなく
て」と気持ち悪がり私たちもせっかくの署長の勘違いを否定するのもはばかられ
「ええ。そうなんです。」と答えると彼は得意の絶頂で「私の祖父は壊血病で48歳
で死んだしパラグアイは昔、野菜を食べる習慣がなく大体早死にしたもんよ。
ただ日本人が移住して野菜を作ってくれ市場で買えるようになって私たちもやっと
野菜を食べビタミンを取り出したら皆長生きになって俺のおやじなんか80歳だけど
まだ元気だ。中国、韓国は商売ばかりで日本人だけだよ百姓やって頑張ってるのは分
かったかお前ら日本人は偉いんだぞ。」と言ってくれ商売をしている私たちには面映
ゆく早く逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

それから私が持っていたふりかけ、友人が醤油をあげると署長は「これ美味しいんだ、
やっぱり日本人はアミーゴだね。よし無事関所を通れるように私が許可書を作ってやろう」と
車の前に貼ってくれました。おかげでそれからは関所を通るたびに敬礼されノーチェックで
通過でき「水戸黄門の印篭なみに威力がありますね」と喜んで彼はその後もその御加護を受け
てましたが、そういつまでも幸運は続かないもので89年のクーデターがあってから軍人は
移動され署長も今はどこにいるのかも分かりません。

でもパラグアイには日本が大好きという人がたくさんおり私が聞いた話では120年前から
ずっと自分の息子に宮様の名前をつけられ現在まで孫、ひ孫あわせたら何人いるか分からない
という方が首都アスンシオンにいるそうです。
日本から一番遠くて、また近い国なのかもしれないパラグアイなんですね


196 :文責:名無しさん:02/04/10 19:15 ID:SgX8Be/o
第15回 チベット問題とマスコミ
(月刊スーパービジネスマン2000年2月号より)

私が参加したのは、「チベット 自由と人権の集い」である。
参加の理由は『チベット女戦士アデ』の著者アデ・タポンツァンさんの証言を聞きたいと
思ったからだ。
 アデさんは、中国のチベット侵略に抵抗し、そして捕らえられ、二七年間の獄中生活を
送らされた。その間、拷問やレイプ、奴隷労働を強制され、仲間は次々と餓死していった。
 彼女は言う。「私は自分自身で見たこと、経験したこと以外は話さない。
ダライ・ラマ法王にもそう言われた」と。事実、「中国についてどう思うか」「日本につ
いてどう思うか」といった、抽象的な質問に対しても、明快に「私は事実しか言えない。
難しいことはわからない」と謙虚である。ただ、「中国人民解放軍の人たちが言っている
ことはすべて反対だったので、『日本人は悪者だ』ということは、『日本人は良い人たち』
というように考えていた」と述べ、聴衆を笑わせていたのが印象的であった。
 私たち日本人は、チベットのことを知らない。中国に侵略支配されてから約五〇年近く
経つが、その間に人口の約五分の一にあたる一二〇万人のチベット人の命が奪われたとも
言われている。
 もともと、チベットという国は親日国家であり、国旗はなんと旭日旗のようだ。
それもそのはず、日清戦争のときに、清に対して独立を宣言したというのだ。
そして、第二次世界大戦のときも、連合軍側の「物資を中国に送るためにチベットを通過
させてほしい」との要求に対して、日本との関係を重んじ、拒否したという。

こんなに日本という国を愛してくれたチベットという国を、日本人はまったく知らんぷり
しているのだ。


197 :文責:名無しさん:02/04/11 00:49 ID:FUjOOs7a
ペリリュー島のサクラと神社
米国公刊戦史の讃えるもの

名越二荒之助著、展転社刊、
「世界に生きる日本の心」より
------------------------------------------------------------------------

世界の戦史と「玉砕戦」

大東亜戦争中、日本軍は、拉孟(らもう)、騰越(とうえつ)、ミートキーナ
(いずれも中国大陸)をはじめ、太平洋の島々で玉砕するまで戦いました。
玉砕の規模、そして戦死者数(私の計算では全部で八万数千)からすれば、これま
での世界の戦史に見られない壮絶さでした。

 このようなギリシャ悲劇にも見られない壮絶さは、特攻隊の出現と共に、世界
の人々の驚きでした。
当時、敵国であった蒋介石総統のごときは拉孟・騰越の攻囲軍に対して、「東洋
道徳の範とせよ」と、訓令を発した程でした。
このように全員が戦死するまで戦った事実は、精神の偉業として敬意を表し、日本
人として心に深く刻んでおくべきことではありますまいか。


198 :文責:名無しさん:02/04/11 00:49 ID:FUjOOs7a
 私の知っているだけでも、ペルシャ戦争の時(西紀前四八〇年)、スパルタ王
レオニダスは、テルモビレーの天険に於て、玉砕するまで戦い、それが今も世界戦
史の語り草になっております。
テルモピレーの玉砕数は三百五十、傭兵を含めて約千名。
さらに西暦七四年には、群がるローマ軍を相手にマサダの丘にたてこもり、ユダヤ人
約九百六十人が玉砕しました。さらにアメリカには、アラモ砦の要塞を死守して玉砕
(テキサス独立戦争・一八三六年)した二百五十人の例があります。

 これから紹介するのは、ペリリュー島の玉砕戦の中に生まれた物語の要約です。
これは一部の人が忘れようとしても、人間の心を持つペリリュー島民に語り継がれ
、やがて日本が正気をとり戻したら、我が国でも必ず教材化されるに違いありません。


世界で一番短い傑作 ”サクラ・サクラ″

 ペリリュー島というのは、パラオ諸島の中の小さな島です。南北九キロ、東西三
キロ、高さ八〇メートル、全体で二〇平方キロの珊瑚礁からできた太平洋上の小島です。
その平和な島で、第二次大戦の末期、日米両軍によって七十三日間に亘る死闘が繰り返
されたのです。


199 :文責:名無しさん:02/04/11 00:50 ID:FUjOOs7a
 当時、日本軍はフィリピンを防衛するために、その島に東洋最大といわれる飛行場
を建設していました。ペリリュー島は日本にとって、いわばフィリピン防衛の防波堤
であったのです。
昭和十九年になると、米軍は対日包囲網を圧縮してきました。米陸軍を指揮するマッ
カーサーにとって、フィリピンを攻略するためには、フィリピンの背後に位置するペリ
リュー島を奪取しなければ、戦況を有利に進めることはできませんでした。
そこで、米太平洋艦隊を指揮するニミッツ提督は、マッカーサーの作戦を助けるために、
第一海兵師団〈師団長、ウィリアム・H・リュバータス少将)にペリリュー島の占領を
命令しました。
さらに、勇名を以て鳴るハルゼー大将が指揮する第三艦隊約八百隻の艦艇が、海兵隊
支援のために差し向けられました。

 これに対するペリリュー島を守備する日本軍は、水戸の第十四師団座下の歩兵
第二聯隊を主力とした地区隊(隊長・中川州男(くにを)大佐)一万二千名。
これまで太平洋の島々が攻撃された時、日本軍の持久期間が短かく次々玉砕しました。
それは「水際撃退」を至上の戦法にしてきたからでもあります。
その戦訓をいかし、ペリリューでは、内部に深く洞窟を構築して待機していました。


200 :文責:名無しさん:02/04/11 00:50 ID:FUjOOs7a
 既に制海権・制空権を手にしている米軍は、狭い小島に文字通り絨毯(じゅう
たん)爆撃と艦砲射撃を加え、九月十五日、航空母艦を含む機
動部隊を背景に、上陸作戦を敢行してきました。総兵力四万二千。
それに対して、我が方は、二度までも上陸を阻止するほど勇戦しました。
しかし衆寡敵せず、上陸を許してからは、予定通り五百の洞窟にこもって、持久戦
に移りました。連日連夜、彼我肉迫する戦闘が続きました。
我軍は弾丸や食糧の補給が続かなく、死傷者が続出しました。
しかし七十三日間を持ちこたえ、健在者は僅か五十数名に減ってしまいました。

 そして十一月二十二日、中川隊長は、パラオ地区集団参謀長多田督知大佐宛、
訣別の電報を打ちました。その一節ーーー。


 三、地区隊ハ本二十四日以降、統一アル戦闘ヲ打切リ、残ル健在者約五十名
ヲ以テ遊撃戦闘ニ移行、飽ク迄持久ニ徹シ米奴撃滅ニ邁進セシム。重軽傷者中
戦闘行動不能ナルモノハ自決セシム。

 四、将兵一同聖寿ノ万歳ヲ三唱、皇運ノ弥栄ヲ祈念シ奉ル。集団ノ益々ノ
発展ヲ祈ル。


201 :文責:名無しさん:02/04/11 00:51 ID:FUjOOs7a
 二十四日、いよいよ全軍玉砕の時が迫りました。
中川大佐、そして第十四師団から派遣されていた村井権治郎少将、飯田義栄中佐
の三人は、それぞれ古式に則って割腹自決。三人のあっぱれな最期に続けと、
最後の決死隊が組織されました。
根本甲子郎大尉以下、傷だらけの五十五名は、夜鬼のごとくになって突撃して
ゆきました。
米海兵隊公刊戦史によれば、「日本の斬込隊の一団は、米軍の包囲圏を突破できず、
二十四日の夜から二十七日七時頃までの間に米軍と激しく交戦、全員玉砕した」
とあります。
そして、軍旗も機密書類も焼却したことを意味する最後の電文「サクラ・サクラ」
が、パラオ本部に届いたのは、二十四日の十六時でした。この六文字の電文は、
ペリリュー守備隊全員が、桜花のごとく散ったことを意味するのです。

 それは、一万人の死をもって謳いあげた世界で最も短かく簡潔な詩といえましょう。
これ以上に余韻をもった傑作は、他に例を見ないのではありますまいか〈中川大佐
は戦死して二階級特進、中将となる。墓は郷里熊本県にある)。


オレンジ・ビーチのいわれ


 我が軍としては、二十四日をもってペリリュー島は玉砕したものと確認していました。
ところが、中川隊長の最期や命令を知るすべもなかった西海岸守備隊は、その後も抵
抗を続けました。

202 :文責:名無しさん:02/04/11 00:52 ID:OcU47MGp
米軍から武器弾薬はもとより食糧衣類を奪い、神出鬼没のゲリラ戦を続けていました。
山口永少尉以下、陸海軍の生き残り兵三十四名。それも敗戦後の昭和二十二年四月二十
二日まで、彼らはおよそ二年半にわたって戦闘を続行したのでした。

 この生き残り兵の大半は、最初米軍が西海岸に上陸した時、最も果敢に戦った勇者
たちでした。
米軍は占領後、激戦の行われた西海岸をオレンジ・ビーチと名づけました。
それは、アメリカ兵の血で美しい珊瑚の海面がオレンジ色に染まったからだ、といいます。
現在「オレンジ・ビーチ」は、ペリリュー島の正式名になっております。

 ニミッツ提督はその著『太平洋海戦史』(重松譲・富永謙吾共訳〉の中で、ペリリュー
島の戦闘に相当のページをさき、次のように結んでいます。


「ペリリューの複雑極まる防備に打ち克つには、米国の歴史における他のどんな上陸
作戦にも見られなかった最高の戦闘損害比率(約四〇パーセント〉を甘受しなければな
らなかった。
既に制海権制空権を持っていた米軍が、死傷者あわせて一万人を超える犠牲者を出し
て、この島を占領したことは、今もって疑問である」

ペリリュー神社と米公刊戦史の詩文

203 :文責:名無しさん:02/04/11 00:53 ID:OcU47MGp
 ここで特筆しておかねばならないことがあります。ペリリュー島には、それまで
現地住民が住んでいました。
島民は白人の統治と日本時代を身をもって経験しているので、大人も子供も、日本軍
と一緒に戦う決意を持っていました。
しかし日本軍としては、住民を戦火に巻き込んではならないという配慮から、船舶の
乏しい中、空襲を避けつつ夜間を利用して全員をパラオ本島に退避させました。

 この誠意が通じたのか、戦いが終って帰島した彼らは、日本人の遺体を見て泣きました。
「アメリカ人は、日本人の遺体には見向きもせず、自国兵の遺体だけを整理した。
ここに、征服民族の本性を見る」として、島民はこぞって日本軍の遺体を葬りました。
日本の人達がいつ来てもよいようにと、その後も墓地の清掃に心掛けました。

 現在も島民の親日感情は極めて強く、沖山豊美(やまとよみ)という日本名を持つ
女史は、日本統治時代をなつかしみ、「愛国行進曲」を間違わずに歌ってみせ日本人
と見れば、


「日本という国は何千年来の伝統を持ち、独自の文化を創りあげてきた。
その結晶が天皇と教育勅語だ」


という趣旨を、熱っぼく語り、日本人の度胆を抜くそうです。

 さらに彼らは、ペリリューを守って玉砕した一万人余の英霊を決して忘れていません。
日本から遺骨収拾に行くと、


「戦死者は母なる大地ペリリューに抱かれているのだ。収拾などしないで、静か
に眠らせてほしい」


204 :文責:名無しさん:02/04/11 00:54 ID:OcU47MGp
と言うそうです。

 現在、島の中央部に近い「島民墓地」の一角に、高さ約四メートルの「みたま碑」
(三角錐型)が建っています。それを中心に、日本の各団体によって三十数基の慰霊碑
が肩を寄せあうように建立されました。

 そして昭和五十七年五月には、「青年神職南洋群島慰霊巡拝団」(清流社会長・
滑川 裕二(なめかわゆうじ)氏主催)二十名が、船坂弘(ふなさかひろし)氏の
助力を得て、ペリリュー神社を創建しました。
すべて日本から運搬した材料を使い、島民の多大の協力を得て、十日間を費して
完成しました。
御祭神は天照大神と戦死者一万余名の「護国の英霊」です。
現在、神社前の左の掲示板には、ペリリュー島のイサオ・シゲオ尊長(そんちょう)
によってこの趣旨が書かれています。
そして右の掲示板には、戦闘の経過が要約され、米国公刊戦史に載っているとして、
次の詩的な一文で結ばれています。

「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。あなたが日本の国を通過すること
あらば伝えてほしい。
此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶うその心根を……」


 この詩は、戦終ればかつて敵であった日本軍の忠勇武烈ぶりを、このよう
に讃えております。
そしてこの島を訪れる旅人に、その勇戦ぶりを伝えてくれ、と戦死者に代っ
て願っているのです。


205 :文責:名無しさん:02/04/11 00:54 ID:OcU47MGp
 私はこの印象的な英文を確認したいと思って、『米公刊戦史・海兵隊史』
を捜して貰いましたが、見つかりません。
ニミッツの『太平洋海戦史』にも、載っておりません。
この文章は一種の詩だから、戦史としては、ふさわしくないとも言えます。
それでは、どこに載っているのか。

 文献あさりをしていた時、浦茂氏(元・航空幕僚長〉から教えられました。
浦氏が昭和五十九年に渡米し、ニミッツの資料を求めて、アナポリス海軍兵
学校を訪れました。
その時、教官からニミッツの詩として教えられた英文は、次のようなものでした。

Tourists from every country who visit this island should be
told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers
who all died defending this island.

ペ島の桜を讃える歌

 最後に島民の登場を願いましょう。
昭和五十六年一月、パラオ共和国が誕生した時、日の丸をデザイン化した国旗を
制定したことは、前章で触れました。それと共に、独立を記念して、ペリリュー
島守備隊を讃える歌も作りました。
全文が船坂弘著『血風ペリリュー島』の「はしがき」の末尾に載っているので、
ここに紹介します。
作詩者はペリリュー島のオキヤマ・トヨミ、ショージ・シゲオの両氏。
題は「ペ島の桜を讃える歌」です。

206 :文責:名無しさん:02/04/11 00:55 ID:OcU47MGp
激しく弾雨(たま)が降り注ぎ
オレンジ浜を血で染めた
つわもの
強兵たちはみな散って
ペ島(じま)は総て墓地(はか)となる

    二
小さな異国のこの島を
死んでも守ると誓いつつ
山なす敵を迎え撃ち
弾(たま)射(う)ち尽くし食糧(しょく)もない

    三
将兵(ヘいし)は”桜”を叫ぴつつ
これが最期の伝えごと
父母よ祖国よ妻や子よ
別れの”桜"に意味深し

    四
日本の”桜"は春いちど
見事に咲いて明日(あす)は散る
ペ島(じま)の”桜"は散り散りに
玉砕(ち)れども勲功(いさお)は永久(とこしえ)に

    五
今守備勇士(もののふ)の姿なく
残りし洞窟(じんち)の夢の跡
古いペ島(じま)の習慣で
我等勇士の霊魂(たま)守る 

    六
平和と自由の尊さを
身を鴻(こな)にしてこの島に
教えて散りし"桜花"
今では平和が甦る

    七
どうぞ再びペリリューヘ
時なし桜花(さくら)の花びらは
椰子の木陰で待ち佗(わび)し
あつい涙がこみあげる    


207 :文責:名無しさん:02/04/11 00:56 ID:mmNWCe6v
    八
戦友遺族の皆さまに
永遠(いついつ)までもかわりなく
必ず我等は待ち望む
桜とともに皆さまを

 ペリリュー島の玉砕戦を、日本の国花・桜に託し、見事に謳いあげた
歌詞です。ペ島の勇者を弔う歌として、これ以上のものは作れないのではないか。
守備隊員は、サクラ・サクラという最後の電文を打って、文字通り集団の桜花
のように散っていったのです。
島民からこのように讃えられて、一万の英霊も、もって冥することができるの
ではないか。

 私は深い感動に襲われながらも、桜を見たことのない島民が、日本語を使って
、よくぞここまで作れたものだ。
ひょっとしたら、著者の船坂さんが相当補作されたのではないかー―ー失礼な
がらそんな疑問が湧いてきました。この疑問を率直に、著者に投げかけてみました。
船坂さんの答は次のようなものでした。


208 :文責:名無しさん:02/04/11 00:57 ID:mmNWCe6v
「たしかに、ペリリュー島には桜はない。島民は殆んど桜を見たことがない。
しかし、彼らは戦前日本の教育を受けている。
それだけに、日本人よりも美しい桜ヘのイメージがある。
それに彼らは、戦争直後、倒れた多数の軍人の遺体を葬り、今でも毎日一万の
英霊と共に生活しているのだ。
歌詞にあるように、ペ島はすべて墓地なのだ。
それだけに、日本人以上の気持がこの歌詞となって結晶したと思うのだ。
それを汲みとってほしい」


 この歌は同時に作曲もされました。作曲者は同島小学校副校長、ウィンティ氏。
彼らは今もこの歌を愛唱しているそうです。


参考資料

* 船坂弘著『血風ペリリュー島』〈昭和56年7月、叢文社)滑川裕二著「ペリリュ
ー神社再建由来記」〈昭和57年9月、ペリリュー神社奉賛会事務局)
* 第四回海外神社視察研修団「サイパン・パラオ戦没者慰霊の旅(報告書)」
(昭和57年9月1日、神社本庁)
* 安田武・福島鋳郎編『記録・自決と玉砕』(昭和49年、新人物往来社)
* 津村忠臣著「聖戦・玉砕の島ペリリュー」(昭和60年5月1日、「戦中派」)


209 :文責:名無しさん:02/04/11 00:57 ID:mmNWCe6v
今日は「どいたかっこ」お休み?(笑


210 :文責:名無しさん:02/04/11 01:01 ID:k2fxQgYX
>>1
スレと関係ないが、
「汚名挽回」ではなくて、「名誉挽回」では?
「汚名」だったら、「汚名返上」。


211 :文責:名無しさん:02/04/11 01:01 ID:mmNWCe6v
「三十万人殺害説」の有力な根拠は、戦後の中国側の調査
なのである。
この調査の詳細は、中国人民政治協商会議江蘇省南京市
委員会文史資料研究会編「史料選集(侵華日軍南京大屠殺
史料専集)代第四集」に掲載されている。
「史料選集」によれば、犠牲者三十万人以上立証する戦後
の中国側調査には、次の二つの証拠群がある。

1.十九万人殺人を証言する中国側の十一件の証言。
2.慈善団体である崇善堂と紅卍字会が計十五万人の死体埋葬。

十九万殺人を証言する中国側の十一件の証言の収集経緯を見る
と興味深い事実が浮かびあがる。
東京裁判に提出された「南京地方法院検察処敵人罪行調査報告」
によれば、第二次大戦後、日本の「戦争犯罪」を裁くために
連合国が開廷した「東京裁判」に備え、中国国民党政府は1945年
11月7日「南京敵人罪行調査委員会」を設置し、中国人に南京に
おける日本軍の犯罪を申告するよう呼び掛けた。
ところが、日本軍の残虐行為を申告する者が「甚だ少なき」ばかり
か、聴き取り調査を行うと唖然として「口を噤みて語らざる者」や
虐殺を「否認する者」までいたという。
やむなく中国政府は暫定的な報告を1946年1月20日、東京裁判
に提出したが、「日本軍による大量虐殺」の証拠は埋葬記録を
除けば、魯甦という人物の「目撃証言」ただ一件であった。

212 :文責:名無しさん:02/04/11 01:01 ID:mmNWCe6v
その後の調査でようやく数百件の「調査事実」を発掘したが、
「資料を獲得する毎々一々これを審査」した結果、新規に採用でき
たのは僅か四件であった。
「魯甦」証言と、慈善団体「崇善堂」と「紅卍字会」の二つの埋葬
表と新規四件の証拠、計七件の証拠に基づいて「被殺害者確数三十万人」
という結論を出し、1946年2月に東京裁判所へ提出した。
しかし“七件”の犠牲者数を単純に積算しても“二十二万八千人”
にしかならず、結論の“三十四万”と大きく食い違っている。
その食い違いを東京裁判の国際検察局から指摘されたのだろう。
国民政府は「極東法廷証拠法の要求するところに合致させるため」、
東京裁判開廷から二カ月後の1946年7月1日から11月11日まで約
五カ月間にわたって「再調査」を実施した。
最終的に、「確かな証拠にもとづいて」出廷し証言しえたものは十一件分
であった。
ともかく二つの埋葬表と、この十一件の証言とによって、ようやく犠牲者
三十四万となった。
このような経緯から、次の二つのことが浮かび上がる。

1.南京には当時、二十万人以上の中国人が住んでいたにもかかわらず、当時
の中国人は、敗戦国となった日本軍の犯罪を告発するのに消極的であったり
否定的であり、かつ信憑性のある証言をする者もほとんどいなかった。
2.東京裁判に提出した証拠だけでは「犠牲者三十四万人」を立証できなかった
ため、東京裁判中も中国側は証言集めに奔走した。
中国政府は証拠も揃わない内から予め犠牲者を「三十万」以上と決めていた
との疑念を生じるのを禁じえない。

213 :文責:名無しさん:02/04/11 01:03 ID:mmNWCe6v
>>210
>>1氏のカキコには、
「「汚名挽回」にツッコミたい人は、金玉出して発言するように。ω 」
とあることから、ネタだと思われ。

214 :文責:名無しさん:02/04/11 01:36 ID:ta+SdCXB
>>197
ペリリュ-島の話は恥ずかしながら初めて知りました。
泣けるなあ…勉強になったです、ありがとう。

広島・長崎の推定死者数(1945年当時)は合わせて21万人。
南京だけで30万人も殺せたとすると、日本軍の大規模殺傷能力は
原爆二発以上ということに?とか思ってみるテスト。

215 :文責:名無しさん:02/04/11 18:17 ID:lzvzWqRc
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/news/paraguay.html

日本からはとても遠い国なので、残念ながら日本ではパラグァイのことはあまり知られて
いません。ところが、パラグァイの人々の対日イメージは至って良好で、パラグァイは
南米一の親日国なのです。

 これは一つには、約7000人を数える日本人移住者と日系人の活躍があります。
特に日本人移住者による農業分野への貢献は大きく、彼らによって始められたパラグァイ
の大豆生産高は今や世界第5位を占めるまでに至っています。
他方には、1976年以降日本がパラグァイにとって最大の援助国であることが挙げられます。
国民一人あたりのわが国援助額は中南米一となっている他、JICAを通じて派遣された
100名以上の専門家やボランティア等が常時活躍しています。


216 :214:02/04/12 00:40 ID:y0YTm5F4
自己レス。日本軍の大規模殺傷能力←変な日本語。反省。

217 :文責:名無しさん:02/04/12 09:22 ID:Ldx+JtI9
ウヨも日本の教科書にも南京大虐殺は40万、慰安婦ではなく性奴隷という記述
が載ることになったから必死だな。

218 :文責:名無しさん:02/04/12 09:30 ID:l3g0GUOJ
>>217
君みたいな人にはこのスレに立ち入ってほしくないんだがな。

219 :文責:名無しさん:02/04/12 10:40 ID:Ldx+JtI9
>>214
南京大虐殺の推定死者数は合わせて40万人。
第二次世界大戦で日本軍はアジア人民を2000万殺したことからすると、
南京の犠牲者はたかだか50分の1にすぎない
とか思ってみるテスト。



220 :文責:名無しさん:02/04/12 10:51 ID:dRoj7tAQ
>南京大虐殺の推定死者数は合わせて40万人。
>第二次世界大戦で日本軍はアジア人民を2000万殺したことからすると、
>南京の犠牲者はたかだか50分の1にすぎない
>とか思ってみるテスト。
「日本軍て強かったんだ!」
なんて感想を抱いちゃったりする子供が出てきそうでちょと心配・・・w

221 :文責:名無しさん:02/04/12 11:09 ID:1mevBOMZ
少なくとも、この圧倒的な戦力差について考えてしまうと、
「南京40万虐殺」なんて話を広めたら、
はるかに少ない数の日本人に一方的に殺されるだけの
中国人は劣等民族、という差別意識をもってしまいそうで、
教育上よろしくないですよね。

222 :文責:名無しさん:02/04/12 11:13 ID:TNdM0XM7
日本軍は強かった。今でも強いYO
世界最強の軍事力を保持する大国アメリカが
一番脅威に感じる国。それは日本。

223 :文責:名無しさん:02/04/12 11:25 ID:1Q/UE1Td
>>222
だから教育で日本人を精神的に滅茶苦茶にしたんだろうね。
昨今の日本のダメダメ振りを見ると
つくづくアメリカは成功したなと・・・上手いなと・・・

224 :文責:名無しさん:02/04/12 11:31 ID:PF83YYKb
>>223
やり過ぎて危うく赤く染まりそうだったんだから、本当は怒っていいんだけどね。
ルーズヴェルトがもう少し長生きしていたら…
天皇が処刑されていたら…
アメリカ撤退後に朝鮮戦争が起きていたら…
考えるだけで恐ろしい。

225 :文責:名無しさん:02/04/12 13:05 ID:Ldx+JtI9
日本軍の残虐性がこれでまた世界的に認知されました。次は従軍慰安婦
の強制連行ですね。

226 :文責:名無しさん:02/04/12 13:09 ID:po+eQUPg
ラバウルの親日感情

ラバウルの空港からホテルまでの移動は、セラントラベルの一行と一緒のバスに乗った。
セラントラベルの添乗員は、新垣さんでラバウル大好き人間である。
道端の人が手を振ったら必ず手を振ってくれと言う。ハローと声を掛けてくれたら必ず
ハローと返してくれと言う。これは親日感情の表れで、白人にはしない行動なのだそうである。
実際道路を走っていると殆どの人が手を振り、こちらが手を振ると、手を振っていなかった人も
みんなで手を振り返してくる。
花を手に持ち、バスが止まると窓から花を投げ込む人も居た。
まるで凱旋将軍が歓迎を受けているような気分である。

何故このように日本人を歓迎するのかとの問いには、白人やパプアニューギニア政府は、
ラバウルのために何もしてくれない。日本は、ラバウルのためにとても良くしてくれる。
と、お祖父さん が言っていた。と、答えるそうである。

実際の話、現在ある道路の殆どは、日本軍が作ったものだと言うし、戦後の日本も空港、
病院、学校などにも援助しているそうである。
考えて見れば、ラバウルにとって、アメリカは爆撃しただけで、上陸はしていない。
従って、被害は与えたけれど、恩恵は与えていないのである。


227 :文責:名無しさん:02/04/12 13:15 ID:po+eQUPg
アラブ諸国の中の親日感情

アラブ諸国を旅行する人は、現地の人々の間で日本人の評判がいいこと、親日的な人々
が多いことに強く印象づけられるだろう。

親日感情の沿源と日本への求愛の言葉
筆者は1956年頃、東大教授の小掘巌氏から「アラブ諸国にみなぎるのは明治維新以
後の日本への憧れは『まだ見ぬフィアンセ』の思慕にも似た感情だった」という言葉や、
アラブに関心を寄せ始めていた小生に深い刻み込まれたが、アラブ連盟駐日代表部副
所長であったス−ダンの外交官のアブデル・ラ−マン・マ−リ氏の「アラブは親日感情の
沁みとおった肥沃な大地だ。ここに種を撒き育てることは、われわれの義務ではないか」
と言う言葉も忘れがたい。また、アラブの代表的ジャーナリストのモハッメド・ヘイ
カル氏も「日本とアラブ世界の間にはプラトニック・ラブとも言うべき感情がある」と
言葉があった。

さて、近代の国際社会、とりわけ、アジア、アラブなど発展途上国の中で日本の存在を
大きくクローズアップしたのは、日露戦争における日本の勝利であった。 当時、アラ
ブの世界で、「日本の乙女」というロマンティックな題名を持つ日露戦争を歌った有名
な詩がエジプトであり、大詩人ハーフェズ・イブラヒームによって作られた。この詩は
つい半世紀前までは、多くの知識人の間で暗唱されるくらい記憶されていたが、いま
でも、エジプトやアラブの教科書に使われてたり、時としてラジオなどで朗読されることがあるという。

228 :文責:名無しさん:02/04/12 13:16 ID:po+eQUPg
詩 日本の乙女
ハ−フェズ・イブラヒ−ム作
『(前略)
砲火飛び散る戦いの最中にて
傷つきし兵士たちを看護せんと
うら若き日本の乙女、立ち働けり、

牝鹿(めじか)にも似て美しき汝(
な)れ、危うきかな!
いくさの庭に死の影満てるを、
『われは、日本の乙女、銃もて戦う
能わずも、               
身を挺(てい)して傷病兵に尽すは
わがつとめ、
ミカドは祖国の勝利のため
死をさえ教えたまわりき。
ミカドによりて祖国は大国となり、
西の国ぐにも目をみはりたり。
わが民こぞりて力を合わせ、
世界の雄国たらんと力尽すなり。
(後略)
以上大意 』



一九世紀末から今世紀初頭にかけて『ナイルの詩人』とうたわれたハ−フェズ・イブラ
ヒ−ムの流麗なこの詩の一節は、その後長く多くのアラブ人によって愛唱された。
とりわけ、この詩にこもる大国ロシアに大勝し、近代国家建設にばく進している極東の
島国日本の姿は、当時すでにイギリスの支配に組込まれていたエジプト人の心に大きな
灯をともしたのである。当時、ロンドンでの留学を終えた若き孫文が、帰国の途中スエ
ズ運河を通過するためポ−トサイドに下船した時、駆け寄ってきた現地のエジプト人か
ら「バルチック艦隊を全滅させた日本の勝利を知った。共に喜んでほしい」と聞かされ
た、という逸話を、1924年に来日し、神戸で「大アジア主義」という講演をした際
に語っている。

その日露戦争での日本兵士の戦いぶりを描いた桜井忠温『肉弾』は、アラビア語に翻訳
された最初の日本の小説で、当時、アラブ諸国に広く読まれている。
これ以後、戦前戦後を通じて、日本人に対する期待や敬愛の感情は根強くあるが、 日
本へのこうした期待と親日感情は、日本にとって”貴重な財産”と思う。もしアラブ諸
国をはじめ発展途上国からの期待、情熱を一種のエネルギーとして計算することができる
のなら、日本は世界一の”期待エネルギー保有国”といえると思う。日本の中東外交がこ
うした伝統的な親日感情に応え、かつその発展に努めて欲しいものである。

229 :文責:名無しさん:02/04/12 13:18 ID:Ldx+JtI9
po+eQUPg氏

ウヨも名誉挽回に必死だな。頑張って教科書に載るくらいのネタ
探してくれ。

230 :文責:名無しさん:02/04/12 13:31 ID:TAoGZZ83
>>229
いちいちでてくるおまえが 
                       必 死 。

231 :  :02/04/12 14:23 ID:Hck8ZuGt
教科書問題で西部氏らが気に食わないからと言って
市民の大事な財産を勝手に処分。
日本でもこんなに恐ろしい言論統制が行われている。

http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1018565998/l50
一度日本全国の図書館を調査したほうがいいんじゃないか。


232 :文責:名無しさん:02/04/12 14:29 ID:LedffKuM
>231 ついでに貼っとくYO
焚書
「本を焼く政治は人も焼くようになる」

233 :HAB'IT:02/04/12 14:33 ID:1mevBOMZ
「日本にまたやられてしまう」日本人からの警告
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/04/11/20020411000012.html

この人も、あの国のマスコミから絶賛されてるよ。

234 :文責:名無しさん:02/04/12 14:36 ID:ClPujawG
>>232

そんなことを言っても、彼らには無駄なんだよ。
「ドイツでは『我が闘争』は禁書だ、日本も見習え」というのが
彼らの信念なのだから。

235 :からす:02/04/12 17:51 ID:1Q/UE1Td
アメリカは駄目日本人を作ることに成功して
下は

236 :文責:名無しさん:02/04/12 17:56 ID:4bbBFgBq
>>229は==か?

237 :からす:02/04/12 17:57 ID:1Q/UE1Td
アメリカは駄目日本人を作ることに成功して
下は>>229から上は>>231の教授のような人間が出来たんだね。

238 :文責:名無しさん:02/04/12 17:59 ID:bnEenGQc
Ldx+JtI9よ
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1018401144/l50
にはもう来ないのか

239 :文責:名無しさん:02/04/12 19:13 ID:gOgY3GT3
>>231

・・・・・・。
「本を焼くものは人を焼くようになる」
ttp://www.kabuken.net/aizawa/aizawa010616.html
うーん、ヒットラーを批判するハイネ(愛を語るハイネのような、のハイネなの?)のセリフかあ・・・。


240 :文責:名無しさん:02/04/12 19:19 ID:aQBxLax4
                ____________
      \∧_ヘ     /日本史板が予選落ちの危機にあり!
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 援軍求む!<<日本史>>板に投票してくれ!    ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \ジーク日本史ーーー!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

http://live.2ch.net/test/read.cgi/vote/1018591859/


241 :文責:名無しさん:02/04/13 02:20 ID:DqvbNk+f
>>229
負け犬の遠吠えってやつですか?(笑


242 :文責:名無しさん:02/04/13 03:17 ID:DqvbNk+f
■1.英語の通じない国■

 タイの最初の印象は、「英語の通じない国」であった。空港につ
いて、会社の差し向けてくれた車に乗ったのだが、まずその運転手
がいっさい英語を話さないのに面食らった。同じ東南アジアでもシ
ンガポールやマレーシアとは大違いだ。あとで現地の日本人駐在員
と一緒に車に乗ると、彼らの方がかなり流暢にタイ語を話すのであ
る。

 ホテルでは、朝エレベータで現地人の客から「サワディーカ」と
にこやかにタイ語で挨拶をされた。これには逆に好感を抱いた。

 考えてみれば、東南アジアで、日本人と現地人が話すのに、なぜ
わざわざ地球の裏側の英語を使わねばならないのか、そちらの方が
よっぽどおかしい。外国人がタイに来たのだから、タイ語で挨拶す
るのが、本来の姿だろう。当方も外国に行くときは、かならず「こ
んにちわ」と「ありがとう」は現地語を覚えていくので、「サワデ
ィーカ」と挨拶を返す。朝から清々しい気分となる。


243 :文責:名無しさん:02/04/13 03:17 ID:DqvbNk+f
■2.王室と独立維持■

 タイで英語が通じないのは、この国が植民地になったことがない
という単純な理由からである。この点、英語下手な日本人と良く似
ている。英明な君主のもとで、植民地化の危機を乗り越え、自力で
近代化を図ったという点もそっくりだ。

 東南アジア諸国の王たちが、過度の外征、下手な外交、ぜい
たく、無為などによって、次々と独立を失っていったなかで、
タイのバンコク朝だけが独立を保ちえた事実は注目にあたいす
る。もちろん運のよさもあるが、歴代の王たちの賢明な統治を
まず原因の一つにあげなければなるまい。[1]

 現在、世界に君主制の国家は28カ国ある。このうち、人口1億
2千万の我が国は、世界最大・最古の君主国であるが、それに次ぐ
のが、英国(5700万人)、タイ(5500万人)である。日本
とタイとはアジアの大国の中で、植民地とならず、君主制を維持し
得た、たった二つの国なのである。[2]

■3.王室への深い尊崇の念■

 独立を維持しえたのは、王室の英邁な指導者のお陰だという事を
知っている国民の王室への尊崇の念は深い。

 空港に出迎えに来てくれた会社の車には、バックミラーに、国王
の写真入りのペンダントがぶる下がっていた。会社の正面玄関受付
には、天井近くの高いところに、国王の「ご真影」が飾られている。
オフィスの女性たちの机の上には、王室の方々の写真入りデスクカ
レンダーが置かれていた。

 バンコクの歴史博物館では、現在の国王ラーマ9世がいかに民生
向上につくされているか、写真入りで紹介している。国王は、精力
的に国土を廻られて、農業振興などにつくされている。

 国民が王室を敬愛し、そのもとでよくまとまっている姿というの
は、和気藹々(あいあい)とした家庭を見るようで、何とも心の暖
まるものである。

244 :文責:名無しさん:02/04/13 03:18 ID:DqvbNk+f
■4.西洋植民地主義との闘い■

 西洋諸国の侵略との闘いは、1851年に即位したラーマ4世モンク
ット王に始まる。王は27年間、僧として生活し、自ら一つの宗派
を開かれたほどの碩学だ。欧米の宣教師達と交際し、英語、ラテン
語、数学、天文学などを修めた。英語の知識から、西洋文明を取り
入れて近代化しなければ独立は危ういと、大勢の外国人を雇った。

 ミュージカル「王様と私」は、この時のイギリス人家庭教師の手
記を脚色したものだ。映画ではユル・ブリンナーがタイ国王を演じ
ていたが、西洋諸国の侵略を前に、「近代化に賭ける王の悲願はこ
の中に描かれたような面白半分のものではなかった」という。[1]

 ラーマ4世は1868年にマラリアで急死する。ちょうど明治元年で
ある。16歳の王子チュラロンコーン王子はただちに即位し、ラー
マ5世と称する。「王の生没年および在位期間は日本の明治天皇と
ほぼ重なり、国の近代化につくした役割においてもよく似ている」。
タイの明治天皇と言われる。[1]


245 :文責:名無しさん:02/04/13 03:18 ID:pEiRovEd
>>1
あなたこのスレたてた人?勝手な事しないでよ

246 :文責:名無しさん:02/04/13 03:19 ID:DqvbNk+f
■5.国民の一致団結■

 幕末から明治にかけて、東南アジアは次々と欧米の植民地となっ
ていく。

1819 シンガポール(イギリス)
1826〜86 ビルマ(イギリス)
1862〜84 ベトナム(フランス)
1863 カンボジア(フランス)
1898 フィリッピン(アメリカ)
1909 マレー(イギリス)

 フィリッピンやマレーが植民地になったのは、明治に入ってから
で、20世紀初頭の第一次大戦前まで欧米帝国主義は猛威をふるっ
ていた事が分る。

 タイは、東のベトナムから攻め寄るフランス、西のビルマ、およ
び南のマレー半島から忍び寄るイギリスのちょうど中間に位置した。
英仏両国は、直接対立を避けるために、タイを緩衝国家(バッファ
ー・ステイト)として、手を出さないでおこうという取り決めを交
わした。これはタイにとって非常な幸運であった。この点も、日本
が極東に位置して、侵略勢力が来るのが遅かったという運の良さに
似ている。

 しかし、フランスは東から、イギリスは南から領土の蚕食を続け
る。

247 :文責:名無しさん:02/04/13 03:19 ID:DqvbNk+f
 タイ国の地形は象の横顔によく似ているが、現在インド象く
らいしかない耳はもとアフリカ象の耳ほどに大きく、また鼻も
もう少し長かったのである。[1]

 こうして領土を失いながらも、独立を維持できたのは、ラーマ5
世のもと、国民が一致して団結してきたからだろう。外国勢力を引
き入れて、自ら権力を握ろうという野心家がいたとしたら、一挙に
独立を失っていたであろう。この点も、幕府と薩長が対立しながら
も、外国勢力を引き入れることのなかった日本とよく似ている。

■6.近代化への道■

 西洋勢力の侵略を防ぎながら、タイは国内の近代化を急ピッチで
進めなければならなかったのも、明治日本と同じである。1883年の
郵便事業の開始、94年の市電の導入(これは多くのヨーロッパ都市
よりも早い)、1914年の水道設備建設、等々、日本と同様の文明開
化が試みられた。[3,p81]

 アジアで残されたただ二つの独立国として、我が国とタイは、早
くから交流を始める。明治15年に東伏見宮殿下が、バンコックを
訪問され、国交関係樹立について会談された時がその始まりである。


248 :文責:名無しさん:02/04/13 03:20 ID:DqvbNk+f
 タイが欧米各国から招いた20数名の法律顧問の首席だった政尾
虎吉博士は大正2年までの16年間、タイにとどまり、新法制と法
典編纂の事業に取り組んだ。博士が大正10年に亡くなられた時は、
タイ政府は国葬の礼を持って遇した。[4,p228]

 また、近代女子教育のために設立されたラーチニー(皇后)女学
校では、国王の意向で、イギリス人教師を雇う従来の習慣が変えら
れ、日本人女性、安井てつが事実上の校長として招かれた。1904年
から、3年間、安井は当時の貴族名門の子女約200人ほどを教え
た。それから再度のイギリス留学の後、帰国後は東京女子大学学長、
東洋永和(現・東洋英和)の校長を務め、日本とタイ両国の女子教
育に大きな足跡を残した。[5,p43]

 現在の日本では、発展途上国の法律顧問首席となったり、女子大
の学長になったりする人はまずいない。開国したばかりの明治期の
日本は、国際貢献が叫ばれている現代日本よりも、はるかに、スケ
ールの大きな人的貢献をしていたのである。


249 :文責:名無しさん:02/04/13 03:21 ID:2UuPnuD2
■7.日本との同盟■

 タイとの友好関係は、昭和に入っても変わらない。欧米植民地主
義に対してともに戦ってきたという立場からは、日本の行動に対し
て、欧米諸国とは異なった見方をした。

 満州建国で、真っ先に満州国を承認したのは、タイであった。そ
の後も、タイ政府は国際連盟の日本非難決議に唯一棄権をして世界
を驚かせた。

 シナ事変が始まった時に、38歳で総理の座についたピブン首相
は、日本がABCD包囲網で軍事物資の不足に悩んでいる時に、タ
イで生産される生ゴムと綿の全量を日本に供給してくれた。
[1,p227}

 大東亜戦争勃発後、ピブン首相は日本との同盟条約を結ぶと同時
に、蒋介石に対して、「同じアジア人として日本と和を結び、米・
英の帝国主義的植民地政策を駆逐すべきだ」という勧告電報を打っ
ている。さらにタイ国内のインド人、ビルマ人にそれぞれの祖国の
独立運動を奨励している。ボース率いる自由インド独立連盟も、オ
ン・サン率いるビルマ独立軍も、バンコックで編成される。


250 :文責:名無しさん:02/04/13 03:21 ID:2UuPnuD2
 昭和17年1月8日、米英はタイが日本と同盟したというので、
タイの地方都市の空襲を始めた。そこでピブン政権は、米英両国に
宣戦布告する。

 東条首相が開いた大東亜会議には、王族であるワンワイタヤコン
殿下が出席され、その返礼もあって、昭和18年7月に東条首相は
バンコックを訪れ、イギリスやフランスにもぎ取られた旧領地をタ
イに戻した。タイ国民は躍り上がって喜んだという。[1,p238]

251 :文責:名無しさん:02/04/13 03:22 ID:2UuPnuD2
■1.巧みな外交手腕■

 日本が敗れると、同盟国タイにも英印軍、オランダ軍、豪州軍が
進駐してくる。イギリスはタイ領土の割譲を要求し、フランスは終
戦のどさくさに越境するなど、白人帝国主義の本領を発揮したのだ
が、タイは国連の安保理事会に訴えるなどして、難を逃れている。

 連合軍は、戦争犯罪人を裁くと主張したが、タイは自国ですると
主張し、ピブン元首相以下10名を逮捕して裁判にかけたが、その
後、容疑者全員を釈放している。驚くべき事に、戦犯として逮捕さ
れたピブン首相は、すぐに釈放され、戦後また首相に返り咲いてい
る。そして反共親米政権を作った。

 日本で言えば、東条首相が東京裁判後、すぐに釈放され、再び首
相となって、今度はアメリカと組んで、共産主義と対決したといっ
た所である。いわば、戦争には負けたが、爆撃や原爆攻撃は受けず、
王制はびくともせず、開戦時の首相がアメリカと仲良くやっていく、
という手品のような事が起きたわけである。自虐史観など起こりよ
うがない。

 我が国の政治指導者が大正期以降失ってしまった巧みな外交手腕
を、タイはずっと維持して、第2次大戦の荒波もかいくぐってきた
と言える。[1,p240]


252 :文責:名無しさん:02/04/13 03:23 ID:2UuPnuD2
■2.コボリを死なすな■

 タイの人々の対日感情を反映し、また形成するのに映画やテレビ
は影響力が大きい。日本軍将校とタイ女性との悲恋物語、トムヤン
ティ原作の「メナムの残照」は、タイで人気が高い。すでに3回も
映画化され、いくつもの賞を受けている。

 大東亜戦争中に、日本人将校小堀と、美しいタイ娘アンスマリン
が出会う。彼女は日本への反感に心が揺れながらも、やさしく誠実
な小堀にひかれ、やがて二人は結婚する。小堀の子供を身ごもった
アンスマリンは、戦火の拡大でバンコクが空襲を受けた夜に行方不
明の小堀を探しに行く、というストーリーである。

 テレビ化された時は、コボリを死なすな、と大量の投書が寄せら
れたそうである。

■3.こんな気の毒な日本を見ていられるか■

 戦時中、タイは進駐していた日本軍に20億バーツ(30億円)
を貸与していた。その返還交渉に使節団が来日した。顧問のソムア
ンは戦前、日本で過ごし、頭山満などにかわいがられた人物である。
池田蔵相は、日本の経済事情を説明して、返済の値引きを求めたと
ころ、即座に了承した。

253 :文責:名無しさん:02/04/13 03:23 ID:2UuPnuD2
 「国に帰ったら、殺されるかな」とフッと思った。けれど、
「まあいいや、友邦日本は悲惨な状態なんだから」と自分に言
い聞かせました。

 ソムアン顧問は、さらに次のように語っている。

 日本国民は餓死寸前の時でありました。日本中が焼け野原で
した。そして皇族も華族もいなくなり、有力な軍人と賢明な役
人と高潔な政治家は牢に叩き込まれて誰もいません。アメリカ
はそっくり返って威張っている。団員は口々に「こんな気の毒
な日本を見ていられるか」と言いましたよ。だから、私に向か
って池田勇人蔵相が熱心に払えない理由を釈明していたけれど、
全然聞いていなかったのです。

 ソムアン顧問とその父で戦前に経済相をつとめたプラ・サラサス
氏は、さらに「あまりにも日本の少年少女がかわいそうだ」と言っ
て、私費で象の「花子さん」と米10トンを贈ってくれた。子供達
ばかりでなく、当時の大人も花子を見て、敗戦後も変わりないタイ
の好意に、心暖まる思いをしたのではないだろうか。

 プラ・サラサス氏はまた、マッカーサーと直接あって、「将来、
アメリカはソ連とかならず対決する日が来る。その時、力になるの
は日本である。日本をいじめる事は、アメリカのためにも、アジア
のためにも、ならない」と進言している。[1,p250]


254 :文責:名無しさん:02/04/13 03:24 ID:2UuPnuD2
■4.身を殺して仁をなした日本というお母さん■

 1973年にタイの首相になったククリット・プラモード氏は、「サ
イヤム・ラット」紙の主幹だった頃、「12月8日」と題した次の
ような記事を書いている。

 日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本という
お母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はす
くすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と
対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。それは
身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためであ
る。12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれた
お母さんが、一身を賭して、重大な決心をされた日である。我
々はこの日を忘れてはならない。

 このお母さんとは、現代日本の核家族の母親を想像しては間いで
あろう。戦前の日本のような、そして現在のタイのような、子供を
7人も8人も生んで一生懸命育てている母親を想像すると、この
「お母さん」の比喩がさらによく分かるだろう。


255 :文責:名無しさん:02/04/13 03:25 ID:4FlkLqG8
■5.仁魚■

 仁といえば、次のエピソードも忘れがたい。

 今上陛下は昭和39年、皇太子時代にタイを訪問された。その時、
山奥の苗(ビョウ)族のタンパク質不足の問題をタイ国王からお聞
きになり、魚類学者としてのご研究から、飼育の容易なティラピア
という魚50尾を国王に贈られた。

 この魚はタイ国内でさかんに養殖され、国民の栄養状態改善に貢
献するばかりでなく、73年にはバングラデシュへの食料支援として
50万尾も贈られたという。

 ある日本人は、魚市場でタイ人から、「この魚は、日本のチャ
オ・ファー・チャイ(皇太子)が持ってきてくれたんだ」と聞かさ
れたそうである。

 この魚の漢字名は「仁魚」という。華僑系市民がこの話に感動し
て、陛下のお名前(明仁)をとって命名した由である。[2]


256 :文責:名無しさん:02/04/13 03:25 ID:4FlkLqG8
■6.両国民の思いやりと志の積み重ねの上に■

 社民党の土井たか子氏は、平成7年、戦後50年の戦没者慰霊式
で衆議院議長として式辞を述べ、「日本はアジアの人々のまことの
和解を手にしていないのであります」と語った。

 この短い言葉の中には、これからの国際派日本人が犯してはなら
ない誤りが二つも含まれている。

 第一の誤りは「アジアの人々」という概括の仕方である。隣り合
わせのタイとマレーシアでも、歴史、言語、文化、政治体制、対日
関係とすべての面で大きな違いがある。それらを十把一絡げに「ア
ジア」と呼ぶ姿勢には、相手の民族・国家の個性をきちんと理解し
て、交際していこうという誠実さは感じられない。

 第二の誤りは、「まことの和解を手にしていない」というような、
口先だけの態度である。タイから見れば、そんなセリフで一人格好
をつけている暇があったら、もっと汗をかいて現実の問題の解決に
手助けをして欲しいというのが、本音であろう。

 前号で紹介したタイの新法制制定を指導した政尾虎吉博士や、女
子教育の草分け安井てつの努力を思い起こすべだ。政尾博士が亡く
なられた時に、タイは国葬の礼をもって遇したのである。

 土井党首率いる社民党は今まで「アジア」の国々のために一体ど
のような汗をかいたのであろう。社会党時代にカンボジアのPKO
にすら国会の牛歩戦術で反対した事しか筆者の記憶には残っていな
い。

257 :文責:名無しさん:02/04/13 03:26 ID:4FlkLqG8
 タイと日本とは今回紹介したように120年以上の友好と同盟の
歴史を持ち、それは政尾虎吉や安井てつのような人々の志によって、
築かれてきた。また敗戦時に好意を寄せてくれたソムアン氏、プ
ラ・サラサス氏のようなまごころによって培われてきた。このよう
な両国の人々の具体的な志と思いやりの積み重ねを思い起こしつつ、
その友好関係をどう継承・発展させていくのか、ということを考え
なければならない。

258 ::02/04/13 08:04 ID:cgy4T2j5
現在の日本人とは違う人種のような気がするな、
こんな昔の日本人の行いを読んでいると。
今よりずっと国際人だったんだね!
でも今でも名も知られずコツコツと
貢献してくれている人は大勢居るんだろうけど
マスコミは辻元みたいな派手なパフォーマンスする奴に
飛びつくからな。

259 :文責:名無しさん:02/04/13 10:43 ID:JmyfSTjD
<258
またこんな軍国主義なカキコをする
あんたのお母さん あの茂みで泣いてたよ
おかはひさうに

260 :文責:名無しさん:02/04/13 12:46 ID:yiCwRxSi
>>259
軍国主義でない国を教えてください。

261 :文責:名無しさん:02/04/13 12:51 ID:/JQdscRR
知ってる限りだと、日本。

262 :文責:名無しさん:02/04/13 13:02 ID:qP493Bh8
前スレの673が示したリンク先、http://www.palf.co.jp/~yukio/manual.htm
サヨ教師?

263 :文責:名無しさん:02/04/13 13:27 ID:MhS9/kjG
>>259
つーか、どこが軍国主義よ?

264 :文責:名無しさん:02/04/13 15:43 ID:TABWHwWF
>>261
日本より軍国主義的でない国っていったら、
バチカンくらいしか思い浮かばないね。

265 :文責:名無しさん:02/04/15 04:39 ID:XR+M70cL
記念艦三笠とニミッツ提督

名越二荒之助著、展転社刊、
「世界に生きる日本の心」より
------------------------------------------------------------------------
甦った三笠とその公園

 横須賀には、世界に誇るべき記念艦三笠があります。
申すまでもなくこの記念艦は栄光の戦艦・三笠であります。
日露風雲急を告げる頃、英国の西海岸にあるバーロー港のヴィッカース社で
建造されたものです。
進水は明治三十二年。 (写真:新装なった三笠記念艦と東郷元帥の銅像を
前に−著者中央、高千穂商科大学のゼミ学生とともに)

 三笠は日露開戦と共に、連合艦隊司令長官・東郷平八郎大将の旗艦として、
旅順要塞戦、黄海の海戦で活躍しました。
特に、明治三十八年五月二十七日の日本海海戦では、三十八隻のバルチック
艦隊のほとんどを爆破するという文字通り空前の大勝利を収めました。

 その後三笠は、大正十五年以来、横須賀の白浜海岸に、記念艦として永久
保存されていました。
記念艦三笠は、イギリスの「ビクトリー号」(トラファルガー海戦勝利の記
念艦、ネルソンが艦上で戦死。
現在英国海岸のポーツマス軍港内に保存)、アメリカの「コンスティテュー
ション号」(仏革命、ナポレオン戦争、独立戦争で活躍。現在ボストン造船所
に保存)と共に、世界三大記念艦の随一に数えられていました。
(中にはこのほかに、ロシア革命の時、冬宮を砲撃したソ連のオーロラ号
〈現在レニングラードのネヴァ川に保存〉を挙げる人もある)。

266 :文責:名無しさん:02/04/15 04:39 ID:XR+M70cL
 横須賀市は市制八十年を記念して、三笠周辺の大改造を行い、「水と光と音
の三笠公園」として再生させました。
「三笠保存会」もその完成にあわせて、「日本海海戦八十周年記念行事」を挙行
しました。

 昭和六十二年五月二十四日(日)、記念行事の当日は、海軍関係者をはじめ
熱心な三笠ファンが全国から集まり、横須賀市民も多数参加し、盛沢山な記念
行事が同時並行的に行われました。
日本海海戦をテーマとした懸賞論文募集、大学生対象の弁論大会、書道展、絵画
展、演奏会、儀使隊のドリル実演、東郷元帥銅像ヘの献花式、講演(豊田穣氏)等々。

 その中でもメインは、三笠艦内の講堂で挙行せられた記念式典でした。

 式典では海上幕僚長はじめ、アルゼンチン大使、トルコ大使、イギリス大使、
駐日米海軍司令官の祝辞がありました。
いずれも三笠の栄光を讃え、日露戦勝の歴史的意義を強調する内容でした。

 特に横山和夫横須賀市長が祝辞の中で、「今こそ日本はZ旗を掲げるべき時」
と述べたことと、海軍長老・保科(ほしな)善四郎元参議院議員〈九十六歳〉が、
「三笠は見事に復活した。しかし魂を入れなければ、三笠も形骸に過ぎない」と、
激情をこめて訴えたのが、印象に残りました。

267 :文責:名無しさん:02/04/15 04:40 ID:XR+M70cL
 保科長老〈元中将〉が、「三笠に魂を入れよ」と述べたのは、現在の我が国
の教科書で、日露戦争を記述するに当って、反戦主義者ばかりを登場させ、東郷も
三笠も載せない現状を憂えたものか、それとも戦後三笠が荒廃し、外国人が激怒し
屈辱の時代を指したものか、恐らくその両方であったでありましょう。
我々は過去の歴史を書くに当たって、栄光の記録ばかりを見るのではなく、屈辱の
姿も描かなければ、生きた歴史とはいえません。
栄光の史実には「喜び」を、失敗の事実には「涙」を、屈辱の経験には「憤激」を
もって接することによって、生きた歴史となるのであります。
この栄光の旗艦三笠に忘れてはならない屈辱の時代があったのです。
この屈辱時代を、再び繰り返さぬよう、末代までも語り継がなければならないの
であります。

三笠の屈辱時代

 大東亜戦敗戦と共に、我が国は連合国の占領下に置かれました。米、英、ソ、
中国等で結成された極東委員会で、三笠の保存をめぐって激論がかわされたこと
がありました。
ソ連代表テレビヤンコ中将は、「ロシアを負かした三笠を保存するとは何事か。
スクラップにして直ちに海中に投棄せよ」と主張しました。
それに対して米・参謀部長・ウイロビー少将は、ソ連の記念艦オーロラ号や、
ヴィクトリー号、コンスティテューション号の例を出し、日本国民の記念物を
破壊して反感を買うことは避けるべきだと、主張しました。


268 :文責:名無しさん:02/04/15 04:41 ID:XR+M70cL
 テレビヤンコはいきりたちましたが、横須賀占領の実権は米海軍にあり、三笠
は廃棄を免れました。
その後三笠は米軍監視下に置かれ、心ない米兵によって艦内の目ぼしい記念品
は持ち去られました。
やがて二十三年一月九日、米海軍基地の司令官は、(ソ連ヘの気兼ねもあってか)
艦橋、マスト、砲塔、煙突を四月一日までに除去の上横須賀市による教育事業に
転用することを許可しました。

 横須賀市は民間に払い下げて、文化的に経営することを考え、かねてから申請
していた湘南振興会社(代表・橋本道淳)に、マスト等の撤去作業を請負わせました。
湘南振興では撤去作業が終ると、艦内で米軍相手のキャバレー的な風俗営業を始
めました。
東郷長官室はキャバレー・トーゴーとなり、加藤友三郎や秋山真之参謀等のいた
参謀長室は、カフェになったといいます。

 やがて昭和二十五年、朝鮮動乱が始まると、艦内の鉄、銅、真鍮等、目ぼしい
ものは殆んど売却して暴利をむさぼったと聞きます。
当時はまだ敗戦による虚脱状態から抜けきれず、市も政府も、三笠の荒廃に目を
向けようとはしませんでした。

中村虎猪(とらお)氏と英人ルービン氏


269 :文責:名無しさん:02/04/15 04:41 ID:XR+M70cL
 日本人で最初に三笠復元にたちあがったのは中村虎猪氏(元海軍大佐)でした。
氏は昭和三十年五月、復元を公約して市会議員に当選。湘南振興会社の駆逐を申
し入れ、政府にも働きかけ、地元の日刊「南神新聞」にも記事を連載する等努力
を重ねました。

 三笠保存の声は、外国人の間からも挙がりました。
最初に口火を切ったのは、昭和三十年春、日本を訪れたジョン・S・ルービン氏
でした。
氏はイギリスの貿易商で、三笠がイギリスのバーロー・イン・ファーネス造船所
で建造されていた時、現地で宝石商、時計商を営んでいた人でした。
三笠の乗組員が、この人の店を訪れてから親しくなり、ルービン氏もまた自分の
住む町で三笠が造られたことに愛着と誇りを持つようになりました。

 三笠が完成しバーロー港を出てから五十七年目の昭和三十年の夏、氏は商用が
あって、七十五歳の老体にもかかわらず、元気に来日しました。
その時彼が再会のよろこびに胸をおどらせながら、まづ第一に訪れたのが、横須
賀の三笠でした。
しかしそこで見た三笠は前述の通りの無残な姿に荒れはてていたのでした。

 ルービン氏は憤然として帰り、直ちに一文を、ジャパン・タイムズ紙に寄稿
しました。

270 :文責:名無しさん:02/04/15 04:42 ID:XR+M70cL
「何という日本人は忘恩の国民なのだ。戦い敗れると、ツシマの英雄トーゴーと
ミカサのことも忘れてしまったのか。
神聖なるミカサが丸裸となり、ダンス・ホールやアメリカ兵相手の映画館になっ
たのを黙ってみているのか。何たる日本人は無自覚であることか」

 この原稿は同年の九月二十日の紙上にのり、たちまちアメリカ人、オーストラ
リア人から反響があり、彼らは「ミカサの復活こそ、日本国民の精神復興の試金
石であるべきだ」と説きました。

米・二ミッツ元帥の激励

 やがて昭和三十一年になると、元情ロ報局総裁であった下村海南氏(当時八十
二歳)が、三笠の荒廃ぶりを確かめて、『軍艦三笠」という小冊子を書き上げ、
各方面に配布しました。
これらを受けて軍事評論家の伊藤正徳氏が、「戦艦三笠の栄光と悲惨」を翌三十
二年「文藝春秋」(八月号)に書き、これがその年の読者賞を獲得しました。

 翌三十三年になると、「文藝春秋」〈二月号〉の随筆欄に、「三笠と私」と題
するニミッツ元帥の文章が載りました。
ニミッツは、日露戦争直後東郷提督と会ったことがあり、以来東郷元帥を尊敬し、
東郷戦法によって日本帝国海軍を全滅させたといわれる米・大平洋艦隊司令長官
であります。

271 :文責:名無しさん:02/04/15 04:43 ID:4p1I1/qd
そして日本敗戦後の九月二日、アメリカ合衆国の全権の一人としてミズーリ艦上
で、日本降伏受託書に署名した人物でもあります。

 彼は調印式が行われる前日、三笠が、どんな様子になっているか、気になって
自分自身でそれを確かめるため、横須賀に赴きました。
その時のことを元帥はこう述べています。

「---管理人の話では、真鍮や銅の付属品は戦争中に軍需資材として、全部取り
除かれたとのことだった。そのほかに歴史的価値ある部分がどさくさに持ち去ら
れた跡もみられた。東郷元帥を尊敬するものの一人として、昔から有名なこの軍
艦が、これ以上荒らさるべきでないと思い、私は米海兵隊に命じて歩哨(営門な
どの警戒・監視に任ずる兵)を立て、三笠を破損したり、歴史的な物品を持ち去
ることを防ぐことにした…」

「この有名な軍艦がダンスホールに使用されたとは嘆かわしい…」

「どういう処置をとれと差出がましいことはいえないが、日本国民と政府が全
世界の海軍々人に賞賛されている東郷提督の思い出をながらえるため、適切な方
法を講ずることを希望する…」

272 :文責:名無しさん:02/04/15 04:43 ID:4p1I1/qd
「この一文が原稿料に価するならば、その全額を東郷元帥記念保存基金に私の
名で寄付させてほしい…」〈「文藝春秋」昭和三十三年二月号)

 これ等に刺激されて、日本人の間にも三笠保存の動きが急速に盛りあがり、
昭和三十三年十一月三笠保存会設立準備委員会の創立となりました。
ニミッツは米海軍を督励して、横須賀にあった廃艦一隻を日本に譲渡し、スク
ラップにして得た全約三千万円を三笠の復元に充てさせました。
かくして三十六年五月、復元は実を結びました。これが今見る「記念艦三笠」
の姿であります。


 以上の事実関係の中から、我々は重大なことを学ばなければなりません。
たしかに戦後三笠復元について努力した日本人はありました。
しかし恥かしながら、外国人から指摘されなかったら、こんなに早く、見事に
復元することはなかったかも知れません。

 ともかく現在三笠とその周辺は、戦前以上に立派なものに再建されました。
しかし小中高校の教科書(「新編日本史」を除く)には、相変らず三笠も東郷も
出てきません。
日本人は公平な目で見ることができなくなり、自らの力で、自分を処理する能
力を欠いていたのでしょうか。
日本人の意識を正常化するためには、外圧に頼るよりほかないのでしょうか。
例えばイギリスあたりに頼んで

273 :文責:名無しさん:02/04/15 04:44 ID:4p1I1/qd
「栄光の戦艦三笠は、イギリスで作ったものである。東郷元帥もイギリスで
七年間学んだ。このようにイギリスと関係が深く、世界的に評価されている
ものを教科書で教えないとは何事か。教科書を書き直せ」

 と、サッチャー首相あたりに柳眉を逆だてて貰わなければならないのでしょうか。

 あるいはニミッツ元帥を墓場から呼び出して、もう一度「文藝春秋」に次のよ
うな一文を寄せて貰うのがよいかも知れません。

「日本に対して内政干渉がましいことはいえないが、全世界の人々に賞讃されて
いる東郷元帥や三笠が、日本の教科書で教えられないとは嘆かわしい。
現在の教科書が書かないのなら、新しい教科書会社を設立されたらどうであろうか。
拙著『太平洋海戦史』の印税はささやかだが、会社設立に役立ててほしい…」


274 :文責:名無しさん:02/04/15 05:03 ID:b56mTDcN
 自己の任務を忠実に果たした人々の物語を読むのはいつも沛
然とした感激を伴ってしまいます。

 この有名艦”三笠”−貴国最大の海軍士官である東郷提
督の旗艦−を復旧するために拠金された愛国的な日本人の
皆様へ。その大尊敬者である弟子より心からの祝福をこめ
て。
         米国海軍元帥 C.W.ニミッツ
       (昭和36年5月27日ー日本海海戦56周年)


275 :文責:名無しさん:02/04/15 05:08 ID:b56mTDcN
 ・フィンランド大統領パーシキピ
 私の学生時代、日本がロシアの艦隊を攻撃したという最
初のニュースが到着した時、友人が私の部屋に飛ぴ込んで
きた。彼はすばらしいニュースを持ってきたのだ。彼は身
ぶり手ぶりをもってロシア艦隊がどのように攻撃されたか
を熱狂的に話して聞かせた。フィンランド国民は満足し、
また胸をときめかして、戦のなりゆきを追い、そして多く
のことを期待した。

276 :文責:名無しさん:02/04/15 09:55 ID:A3RppyiT
> あるいはニミッツ元帥を墓場から呼び出して、
よし、それでは氏の遺体をエルサレムに埋め代えよう。さすれば一週間ほどで・・・・


277 :文責:名無しさん:02/04/15 10:07 ID:kmmSIxj8
南京大虐殺40万人が日本の教科書に載ることになって、基地外
ウヨが暴走しているのはこのスレですか?

278 :文責:名無しさん:02/04/15 12:05 ID:4yYLrAjv
>>277
いいえ。
「数万から40万、という数字はおかしい。『〜という説もある』というのなら、0から40万(あるいは
2から40万)とすべきだ」という意見に耳をかたむけたくないサヨが、
苦渋の策として煽りに来るスレです。

279 :文責:名無しさん:02/04/15 13:03 ID:QNQgksXP
三笠にこんな苦難の歴史があったなんて知らなかったよ
「公論は敵讐より出ずるに如かず」って言葉があるけど
これはまさにその通りだよね・・・
自分達の歴史を捨てて日本人は何処に行こうとしてるの?

280 :文責:名無しさん:02/04/15 13:25 ID:66R89PZG
>>279
>自分達の歴史を捨てて日本人は何処へいこうとしてるの?
そのとおり。
だからこそちゃんと南京大虐殺や従軍慰安婦などもきちんと教えて、
2度とこんなことを繰り返さないようにしなくてはな。
南京にある南京大屠殺記念館の日本での展示を是非キボンヌ!!!

281 :文責:名無しさん:02/04/15 13:30 ID:4yYLrAjv
>>280
それは「過去の歴史を学ぶ」というより、「現在の敵の情報戦略を学ぶ」という意味で非常に有益。
日本での展示キボンヌ。

282 :文責:名無しさん:02/04/15 13:49 ID:icv/DUmE
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sekai/africa/gana.html

世界の国からありがとう

ガーナ共和国
『野口英世博士生誕120周年記念切手の発行』

皆さんはガーナの首都アクラに「野口記念医学研究所」があるのをご存知でしょうか? 
研究に生涯を捧げ、黄熱病に倒れた野口英世博士の遺志を継いだ研究所のことです。
日本は、故野口博士の遺志を継ぐべく、無償資金協力、プロジェクト方式技術協力(**)、
草の根無償資金協力によりガーナに対する医療協力活動を進めてきましたが、この程、
ガーナ郵便公社は、1928年に当地で没した野口英世博士の業績を讃え、ガーナ・日本両国の
友好関係を促進するため、「野口英世博士生誕120周年記念切手」を発行しました。

283 :文責:名無しさん:02/04/15 13:53 ID:icv/DUmE
「今でも受け継がれる野口英世の意志―野口英世没後70周年記念式典」
 西アフリカのガーナ、首都アクラにある野口記念医学研究所には、こじんまりとした
日本庭園があり、「ノグチ」の胸像が静かに研究所を見守っています。
ガーナ国民の愛称で「ノグチ」、すなわち野口英世博士は、その生涯を研究に捧げたことで
知られています。
 昨年11月9日、日本人会が主催する没後70周年記念式典で、「ノグチ」は、世界各国から
集まっている人々に取り囲まれ、称賛を浴びました。死を覚悟して研究のためにガーナを
訪れたその勇気、人類の歴史に残る業績。黄熱病の研究中に自ら病に倒れ、この世を去りましたが、
その功績は長い年月を経た今も人々の心に深く刻まれています。
 ガーナ政府を代表して出席したグラント国家評議会委員は、かつて訪日した際に野口博士の
生家等を訪問した経験にふれて、「恵まれない環境にあっても、不屈の意志と努力によって、
人類の歴史に残る業績を成し遂げた野口博士の例に見られるような、日本人の勤勉さをガーナ人は
見習わねばならない」と述べました。自ら臨床医師として長年にわたり活躍したグラント女史は、
保健分野をはじめとする日本の協力に幅広く言及したうえで、深い謝意を表明しました(*)。
 式典のあと、野口の胸像をあらためて見つめるグラント女史の胸には、「ノグチ」の横顔が彫られた
金色のペンダントが輝いていました。

(在ガーナ共和国日本大使館からの報告)

284 :文責:名無しさん:02/04/15 14:11 ID:LL00noJ1
野口英世はちょっとなぁ。。。

285 :文責:名無しさん:02/04/15 14:37 ID:odsGIv2n
>南京大虐殺40万人が日本の教科書に載ることになって、基地外
>ウヨが暴走しているのはこのスレですか?

40万なんてケチなこと言わないでさ、どうせなら400万にしようぜ。


286 :HAB'IT:02/04/15 14:57 ID:F7eruTpT
あと5年も待てば、そうなってるだろ。

287 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/15 15:25 ID:5vru23hD
>>285
そうそう、従軍慰安婦も
  韓国                                    20万
+北朝鮮                                  20万
+中国                                    20万
+インドネシア                              2万5千
+東南アジアの虐げられた諸国の皆様約              10万
+サヨクも認める一番割合の多いのは日本人で少なく見積もって30万
==============================
合計                                    102万5千

日本軍人の数述べで300万。

3人に一人の慰安婦なのに毎日SEX三昧って教科書に是非書くよう進言して下さいよ。


288 :文責:名無しさん:02/04/15 15:29 ID:67HwsnQZ
南京の「虐殺人数」だけは、デフレ知らずだね。

289 :  :02/04/15 16:15 ID:VPhg9yun
南京虐殺人数は気づいたら四十万人かよ。
少人数の人力だけで短時間でこれだけ殺せれば核兵器はもういらないな。
それなのになぜに中国は核兵器を増やす?
中国の人口を持ってすれば全世界の人を百回は殺せるぞ!



290 :文責:名無しさん:02/04/15 16:15 ID:K0Uwq+7L
あなたの欲しいものは何ですか?
どんな人間になりたいですか?
お金、恋人、ダイエット、ファッション、健康、お仕事・・・
人それぞれ違います。
「いろんなもんや」をのぞいてみてください。
http://www.ironnamonya.com
あなたの欲しい物がきっと手に入るはずです。
お客様のお越しをこころよりお待ちしております。

291 :文責:名無しさん:02/04/15 16:33 ID:kmmSIxj8
>>287
いや日本軍の残虐性を改めて認識すべし。3人に1人だったら妥当な
ところでしょう。

292 :文責:名無しさん:02/04/15 16:35 ID:67HwsnQZ
>>291
あんた、いまに1人に3人て言い出しそうだな。

293 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/15 16:45 ID:5vru23hD
>>292
そして、朝から晩まで10数人の男が慰安婦の体を弄ぶ。
軍人3人につき1人なら、単純に考えて一日平均3〜4発すればOKだが。(毎日これなら俺は体モタネー
流石に1人につき3人じゃ、一日平均27〜36発。

恐るべき日本軍。

294 :HAB'IT:02/04/15 16:52 ID:F7eruTpT
これだけセックスしまくりながら、それでいて中国軍や民間人を
圧倒的な力で何十万人も何百万人も殺しまくるエネルギーも備えて
いるんだから、とてつもなく凄い人たちだよな。

295 :文責:名無しさん:02/04/15 17:25 ID:Ys6TmBKn
いいか、昔は長男に「一郎」とか名付けていただろ。次男は「次郎」、三男は「三郎」だ。
だから山本五十六は五十六男なんだよ。昔の日本人は絶倫だったんだ。

日本軍全体で三百万人。慰安所に行けるのは後方に下がっている兵だから、実質は兵隊2人に威アンプ1〜3人といったところだろう。
元井アンプの証言によれば、一日に数十人の相手をさせられていたそうだから、兵隊一人当たりの一日の射撃数は・・・・


296 :文責:名無しさん:02/04/15 17:28 ID:67HwsnQZ
>>295
ネタか?
父親が56歳の時に生まれたから「五十六」なんだろ。

297 :HAB'IT:02/04/15 17:28 ID:F7eruTpT
後ろの百太郎は・・・・。

298 :文責:名無しさん:02/04/15 17:30 ID:67HwsnQZ
ジョン万次郎は?

299 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/15 17:54 ID:5vru23hD
長塚京三は?

300 :文責:名無しさん:02/04/16 00:21 ID:3AAe2D6G
>>291
ところが、南京に入城した日本のマスコミ人、文化人120人
ほどのうち、「虐殺を見た!」などと主張しているのは、マスコミ
人からたったの3人しか出ていないんだなこれが(笑
しかも、その3人の嘘がすでにばれてるし(笑

301 :文責:名無しさん:02/04/16 00:24 ID:3AAe2D6G
>>295
南京の状況を把握してますか?(笑

302 :文責:名無しさん:02/04/16 01:45 ID:QdTaCxWS
295がネタでなくてなんなんだ。
つっこんでるヤツ頭悪いぞ。

303 :文責:名無しさん:02/04/16 02:58 ID:PA0b3Gyy
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/asia-in.htm
インドネシア独立戦争
大東亜戦争の終戦直後の昭和20年 8月17日、インドネシ
アは独立を宣言した。イギリス軍の支援を受けたオランダ軍が
再びインドネシアを支配するべく進駐、インドネシアはオランダ
軍と果敢に戦い四年にわたる独立戦争での戦没者は八十万人に及んだ。

昭和24年 1月 9日、東部ジャワ・マラン近郊のタンペット
村で、雨のように降り注ぐオランダ軍の銃弾の前にひるむ戦友の
勇気を奪い起すかのように、敵に向って駈け出した一人のインドネシ
ア戦士の頭部を数発の銃弾が貫いた。
戦士の名前はアブドル・ラフマン、日本名を市来龍夫といった

市来はインドネシアの独立を援助すると約束しながら敗北した日本
政府に対して、郷里に彼の帰りを待ち侍びる母と妻を思い切り、日本
人を棄てる事で抗議しインドネシアの独立に生命を捧げた。
市来は吉住留五郎と共に東部日本人部隊の指揮官として、敵地工作を
主とする謀略戦に当った。
後にスカルノ大統領は、市来龍夫、吉住留五郎を讃える一文を寄せ
ている。

304 :文責:名無しさん:02/04/16 02:59 ID:PA0b3Gyy
この独立戦争には約二千人の日本人が参加し約一千名が戦死、インド
ネシア各地の国立英雄基地には苛烈な独立戦争に功労を立てて戦死し
た日本人英霊の墓も祀られている。
そうした英霊に対して日本政府からは何の手当ても為されていないが、
インドネシア政府からは叙勲や恩給の支給など丁重な敬意が寄せられ
ている。

かつてスカルノ、スハルト大統領等は、来日のたびに独立戦争に参加し
た戦士達に面会を求め謝意を表してきた。
スハルトによって制定されたナラリア勲章も六名の日本人に授与されている。
 
青松寺
東京都港区
故 市来・吉住両君の記念碑 

碑文(表)
市来龍夫君と吉住留五郎君へ
独立は一民族のものならず 全人類のものなり
一九五八年二月十五日 東京にて
スカルノ

305 :文責:名無しさん:02/04/16 02:59 ID:PA0b3Gyy
碑文(裏)

市来 龍夫君、熊本縣の人、明治三十九年生
吉住留五郎君、山形縣の人、明治四十四年生
両君は共に青春、恋を抱いてジャワに渡航力学 よくイ語の
慈蕾を極め、相次いでインドネシアで現地の新聞記者となる。
爾来インドネシア民族の独立達成を熱望して蘭印政府より投獄
追放の厄に会うも不撓不屈、第二次大戦に乗じて、再びインドネ
シアに渡り、終戦に際して同志を統合、イ軍に投ずるや共に軍参謀、
指揮官となり、激闘、転戦ののち、遂に市来君は一九四九年マラン
・ダンペッドの戦場に、吉住君はそれに先立つこと一年ケデリ州
セゴンの山中に、インドネシア永遠の礎石となって散ず。

306 :文責:名無しさん:02/04/16 03:02 ID:PA0b3Gyy
「責任の人」今村均将軍
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog045.html

判決を受けてすぐ、今村は同時に下された部下への判決に対して、
再審の請願をしている。自分に対する判決については、何もふれず
に。

■3.インドネシア政治犯の歓迎■

 豪軍から10年の判決を受けた後、今村は今度はジャワに護送さ
れた。オランダ軍からの裁判を受けるためである。インドネシアの
独立を目指した政治犯ら1500人が収容されているストラスウェ
イク刑務所にただ一人の日本人として拘留された。

 食事を運んできた現地人の世話人がたどたどしい日本語で言った。

 日本時代の最高指揮官がここにはいったことを、みんなとて
も喜んでいます。それは今夜7時に、歌であなたに伝わるでし
ょう。

 その夜、7時の点鐘を合図に、地の底から湧き立つような大合唱
が始まった。それは今村自身が懸賞募集した、日本人とインドネシ
ア人が双方の国語で一緒に歌う「八重潮」であった。

307 :文責:名無しさん:02/04/16 03:03 ID:PA0b3Gyy
 この歌はジャワ島の町から村へと広がり、日本の将兵と現地人が
同席すれば、かならず歌われたという。獄中の今村は感動に目を潤
ませた。[1,p409]

■4.スカルノの友情■

 やがて今村は約700人の日本人戦犯容疑者を収容しているジャ
カルタ市内のチビナン刑務所に移され、裁判にかけられた。

 ある日、百二、三十人いる現地人政治犯の中のインドネシア独立
軍の将校二人が今村の房にやってきて、言った。

 これは(インドネシア)共和国からの指示です。もしあなた
の死刑が確定したら、共和国政府は、刑場に行くあなたを奪回
します。その場合は、ためらわず共和国側の自動車に乗り移っ
て下さい。

 日本統治時代に協力し、今は独立軍を指揮するスカルノは、何と
しても今村を助けたかったのである。しかし今村はその好意に感謝
しつつも、申し出を断った。

 日本の武士道では、そのような方法で生きのびることは不名誉と
されている。まして私を救うため、独立軍とオランダ兵が鉄火(銃
火)を交え、犠牲者が出るようなことは絶対に避けたい、と。
[1,p419]

308 :文責:名無しさん:02/04/16 03:05 ID:PA0b3Gyy
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/index.html
『ムルデカ17805』で歴史を再認識

世界中の人々が知るべき感動の物語
会員 飯島菜穂子
一昨年、東京裁判を批判的に描いて話題を集めた『プライド 
運命の瞬間』に続く第二弾『ムルデカ 17805』がこの五月
に公開される。

前作と同様、題材はまさに教科書が教えない歴史であり、今まで
語られることの少なかった大東亜戦争の功の側面がクローズアップ
されている。
日本国民はもとより、世界中の人々にも知ってもらいたい感動の物語である。

ちなみに、本作品はインドネシア観光文化省と国軍の全面協力を得て
製作されており、決して日本の独り善がりな歴史解釈などではないこ
とも強調しておきたい。

物語を紹介する前に、まずタイトルから説明しておこう。
 本会会員諸氏には、釈迦に説法かもしれないが、「ムルデカ」とは
インドネシア語で「独立」を意味し、「17805」とはインドネシア
が独立を宣言した日付「17、8、05」=〇五年の八月十七日を意味
する数字である。

309 :文責:名無しさん:02/04/16 03:06 ID:PA0b3Gyy
そして、「〇五年」は、西暦で言えば一九四五年であるが、独立宣言文
を起草したスカルノ、ハッタは、インドネシア独立は日本の協力があっ
てこそ、という感謝の思いを込めて、その記念すべき日付を日本の皇紀
(西暦一九四五年は皇紀では二六〇五年にあたる)で記した。

このタイトルからだけでも、おおよその見当がつくように、本作はインド
ネシア独立のために命を懸けた日本とインドネシアの兵士たちが主人公である。

 一九四一年、アジアに進軍した日本軍は、各地で現地住民の歓迎と協力
もあって、あっという間にアジアから白人支配者達を放逐した。
そして日本はアジア各地で現地の青年を教育し、自分たちの力で独立を勝
ち取るための厳しい鍛練を行なった。

 本作の舞台であるインドネシアでも青年道場が開かれ、そこで猛特訓
を受けた青年達は、のちに「祖国防衛義勇軍」(PETA)となり、日本
の敗戦で、インドネシアを再占領しようと戻ってきた、かつての支配者オ
ランダ軍との死闘を演じる主力となっていく。

 だが、彼らの独立を支援し育成してきた日本軍は既に敗れて、連合軍の
指揮下にあったため、彼らを助けてやることが出来ない。
そのような状況のなか、彼らと寝食を共にし、アジア独立を約束してきた
日本兵は、彼らを見捨てることは出来なかった。

310 :文責:名無しさん:02/04/16 03:07 ID:PA0b3Gyy
連合軍に見つからないよう、巧妙にインドネシア人に日本軍の武器を渡し、
そればかりか日本に帰ることをせず、彼らの先頭に立って戦闘を指揮し、
連合軍と闘う道を選んだのである。
 そうしてインドネシアに残った日本兵は約二千人といわれ、そのうち
の約半数がこの独立戦争で命を落とした。

 日本兵は指導者的立場であったため、最前線に立ち、死亡する確率も
高かったのである。

ジャカルタの英雄墓地には独立戦争で命を落とした日本兵が葬られ、今
も日本に感謝の意を込めて、独立記念日の祝典では、インドネシア人が
日本兵の服装をして国旗を掲揚する。
 こうした日本人の知らない、大東亜戦争の遺産がインドネシアを始め
とするアジア諸国にはまだ多く残っているのである。

 この映画の製作には実際にインドネシア独立戦争に参加した旧軍人の方
々が監修者として携わっているため、「物語」でありながら、ノンフィク
ションでもある。
本作品の中で、主人公である青年道場の教官が、罰を受けて立たされてい
るインドネシア青年と、炎天下で一緒に立ってやり、彼らの共感を得てい
く場面が出てくるが、これにはモデルとなる人物が存在する。

311 :文責:名無しさん:02/04/16 03:07 ID:PA0b3Gyy
 また、獄中で日本兵が血文字で「インドネシア独立に幸あれ」と遺言を
記す場面にも、状況は異なるがモデルがあり、その血文字は記念として
今なお保存されているという。

 五十年前、自分たちの祖父の世代がインドネシア人と一緒に闘い、そし
て今も現地で英雄として称賛されていることを知って欲しい。
彼らを「侵略者」と呼ぶのが正しいかどうか、この映画を見ればおのず
と答えは分かるのではないだろうか。

312 :文責:名無しさん:02/04/16 09:10 ID:dmmm/oE6
あいかわらず、ウヨ名誉挽回に必死だな。日本軍の絶倫について語る
方が盛り上がると思われるが。

313 :文責:名無しさん:02/04/16 11:50 ID:ITAmIJj+
>>312
あんたがどれをウヨだと思って、どれをウヨだと思ってないのか聞いてみたいもんだ。

314 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/16 11:55 ID:/w3WuZFc
>>312
そりゃそうですな、毎日5〜6発もSEXしていりゃ絶倫と思うわな。
是非、全世界に日本軍は世界でも有数の性福祉にあふれた軍隊であると啓蒙お願いしますよ。

SEXと虐殺の片手間で戦争して米以外には連戦連勝・本気にやったら世界征服も夢ではなかった
軍隊という事の宣伝よろしくお願いします。



315 :ななし:02/04/16 12:45 ID:1YPGWQzj
>>310
そういえば、デンパサール空港で、80才のぐらいの日本人の男性と
会ったが、友人(インドネシア人と日本人)の墓参りに来たと話してたな・・・
その時は、全然意味がわからなかったが、今のレスをみてなっとくできたよ

316 :文責:名無しさん:02/04/16 12:46 ID:dmmm/oE6
日本軍は性奴隷&民間人の虐殺に夢中になってしまったため戦争に敗れた
といってみるスレ。

317 :文責:名無しさん:02/04/16 13:13 ID:6kXRHtuk
 朝鮮時代、全権大使としてアメリカに渡った李成玉が各民族に接して
 みると、朝鮮人は米国人に軽蔑されているインディアンより劣り、
 その他メキシコ、インドなどの民族より劣っていることを知り、衝撃
 を受け、次のように述べています。

 「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面
 をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
 そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思って
 いるが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは
 気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、
 日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者
 である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福
 が受けられる道はない。
 日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を
 基に考察したのだ。」

           朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」



318 :文責:名無しさん:02/04/16 13:15 ID:6kXRHtuk
 「ルーズベルトよ!答えよ!」

 正義人道の仮面を被り、摂取と陰謀をほしいままにしている世界の放火魔、
 世界一の偽善君子、アメリカ合衆国大統領ルーズベルト君。君は口を開けば
 人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、(日本人が)人種差別撤廃文案を
 挿入しようとしたとき、これに反対し、削除したのはどこの国であり、黒人と
 東洋人を差別待遇して同じ席にもつかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りをあたかも
 野獣狩りをするが如くしたのはどこの国のものであったか。・・・
 しかし、君等の悪運は最早尽きた。一億同胞なかんずく朝鮮半島の二千四百万
 は渾然一体となって大東亜の聖戦の勇士とならなことを誓っている。

                   韓国の詩人 朱耀翰 (戦後韓国国会議員)




319 :文責:名無しさん:02/04/16 13:58 ID:+8l8ifwX
ジョークだと思われるだろうけど、ドイツでじいさんに
「今度やるときはイタリア抜きでやろう。」と英語で言われた。
言われた場所はAuto&Technik MUSEUM SINSHEIMで
飛行機や戦車がたくさん展示してあるところ。

320 :文責:名無しさん:02/04/16 14:03 ID:r9EjmEzY
>>319
正論だと思われ(w
イタリアが日本並みに強かったら、ユーラシア大陸とアフリカはどうなっていたことか…


321 :文責:名無しさん:02/04/16 14:06 ID:Ps56oJu9
>>319
その話、良くあるみたいだね。

現、横浜国際競技場長の西田善夫氏がNHKアナ時代、
72年のミュンヘン五輪のために行った西ドイツ(当時)で、
「もう一回やろうぜ。今やったら勝つ」と話しかけられたという。

322 :文責:名無しさん:02/04/16 14:47 ID:qwrX3C1W
イタリアはヘタレだけど、なんか憎めない。
軍事板だったかな?あるスレで
孤立したイタリアの部隊を救援するためドイツの部隊が
もくもく煙の上がる地点へ駆けつけたところ
のんびりパスタを茹でてたんだとw
で、「お、きたきた。昼メシ食うだろ?」とか言われたとか。
そのパスタ料理がまたすげーうまいんだとw


323 :HAB'IT:02/04/16 14:53 ID:dT4r20vi
もちろん朝鮮も抜きでな。

324 :文責:名無しさん:02/04/16 15:52 ID:dmmm/oE6
ドイツ人は今でもヒトラーやムッソリーニは失脚したのに日本のエンペラー
は何故まだ健在なのかとよく言ってくる。
イタリア人は日本は最後まで無駄な抵抗したから原爆落とされて愚かだ何て
いう奴もいる。

325 :文責:名無しさん:02/04/16 16:19 ID:9o+H9ePe
>>322
おもろい

326 :文責:名無しさん:02/04/16 23:42 ID:pEvuiV3i
「人生は楽しむためにある!」イタリア人に言わせると「戦争に負けてもナンパはできるじゃん」みたいな認識らしい。
でもそんな、のん気なこと言ってられるのも彼らが白人だからなんだよね。きっと。

そんなイタリア軍だけど、戦争の初期に、今で言う特殊部隊が軍港に素潜りで潜入。爆薬をセットした直後に捕虜と
なったものの、爆薬の位置は黙秘を通し戦果を上げた。なんていう武勇伝もあったりする。


327 :文責:名無しさん:02/04/17 00:53 ID:XadyeVWJ
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/asia-indo.htm
独立の機運

インドは17世紀初頭よりヨーロッパの植民地主義の標的
となり、18世紀にはベンガル地方で一千万人、

19世紀には南インドで一千五百万人が犠牲になった。

日露戦争における日本の勝利は、白人に支配される事を当然
と思われていた有色人種が、白人の軍事大国に大勝利を収めた
世界史上初めての戦いとなり、多くの有色人種に感銘を与えた。

後年、インドの初代首相ジャワハル・ネールは「日本が大国ロ
シアを破ったとき、インド全国民は非常に刺激され、大英帝国
をインドから放逐すべきだという独立運動が全インドに広がった」
と回想している。

 インパール作戦

昭和19年3月、日本陸軍(牟田口廉也第十五軍司令官)とインド
国民軍の合わせて十万の将兵が、アラカン山脈を越えて進撃を開始し、
一時はコヒマを占領しインパールの周辺まで突入したが、弾薬・食糧
の補給が途絶し、飢餓と悪疫が重なって撤退を余儀なくされた。

328 :文責:名無しさん:02/04/17 00:54 ID:XadyeVWJ
インパールの山野は「白骨街道」と化し、日本軍の死者は三万・戦病
者は七万。インド国民軍は数千人の犠牲者を出した。
戦後になってインパール作戦を愚戦としてあげる人が居る。
しかし本当にそうであったのか。

  日本陸軍の象部隊

 激戦地となったコヒマでは、日本兵が倒したイギリス軍戦車を
今も勇気のシンボルとして大事に保存している。
また、インパール手前のロトパチン村には、村民たちが作った日本兵
の慰霊塔があり毎年供養が続けられている。
ロトパチン村長は「日本兵は飢餓の中で勇敢に戦い、この村で壮烈
な戦死を遂げていきました。この勇ましい行動はみんなインド独立
のためになりました。
私たちはいつまでもこの壮烈な記憶を若い世代に伝えて行こうと思っています。
そのため、ここに日本兵へのお礼と供養のため、慰霊祈念碑を建てて、
独立インドのシンボルとしたのです」と語っている。

更には対戦相手の英軍東南アジア総司令部司令官マウントバッテン
大将は、「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボ
ロボロとなり、ささえるものは不屈の精神力だけであった。

329 :文責:名無しさん:02/04/17 00:54 ID:XadyeVWJ
日本軍はインパールにおいて、ついに敗れたが、そこには何かが残った。
それは歴史学の権威トインビーがいみじくも喝破したとおりである。」
と、回想記のなかで語っている。

「何かが残った…」、インパール作戦での日本軍とインド国民軍は
多大の犠牲を払ったが、つまりインドの独立という大きな歴史を残した。
当時、大本営内部ではインパール作戦決行の可否を巡り激しい議論が交わ
されたが、最終的にこの作戦実施を促したのはインドの革命家チャンドラ
・ボースだった。
インパール作戦はボースの存在を抜きにしては語れないものである。

 ビハリ・ボース

チャンドラ・ボースが登場する陰には、多くのインド人の志士たちが居た。
ビハリ・ボースもその一人である。
ビハリ・ボースは明治19年生まれで、インド国民会議派のなかでも急
進派に属し早くから武力による闘争を主張してきた。
大正4年に北インドで独立蜂起を計画したが、計画が事前に漏洩し英国官
憲に追われため日本へ亡命した。
その後、頭山満らの尽力で中村屋の創始者・相馬愛蔵邸に匿われた。
ビハリ・ボースは亜細亜各国の革命家と親交を深め、日本でも「大亜
細亜協会」「東亜建設国民連盟」などと繋がりをもち、「インド独立連
盟(I I L)」を設立した。
昭和17年、ビハリ・ボースは日本政府に対して、ドイツに亡命してい
たチャンドラ・ボースを日本に呼ぶ事を要望し、翌18年5月に実現させた
(下記参照)。二人のボースは東京で会談し、ビハリ・ボースは「インド独
立連盟(I I L)」の全権をチャンドラ・ボースに委譲した。

330 :文責:名無しさん:02/04/17 00:55 ID:XadyeVWJ
ビハリ・ボースは相馬愛蔵の娘と結婚し日本に帰化、一男一女をもうけたが、
後に長男・正秀は沖縄決戦で戦死している。
ビハリ・ボースは相馬愛蔵への恩返しとして、当時日本で主流であった欧
米カレーとは違う本場インドカリーを日本に紹介し、現在でも新宿中村屋
の名物の一つとなっている。

6月10日には東條英機首相と会談、東條首相は16日の議会にチャンドラ
・ボースを招いて世界中を驚かせた。
ボースは壇上のマイクを通して全世界のインド人へ呼びかけた。
「なつかしき同胞達よ、私は今、日本の東京にいる。
東條首相は議会においてインド独立の為にあらゆる協力課する事を言明した。
私は誓う。常にインド国民の先頭に立ち、祖国へ身命を捧げることを。」

またボースは6月26日に日本を立つ際に。日本国民に対し次の
メッセージを残している。

「日本の皆さん、今から四十年前に一東洋民族である日本が、強大國
のロシアと戦い大敗させました。
このニュースがインドへ伝わると昂奮の波が全土を覆い、旅順攻略や
日本海海戦の話題で持ちきりで、インドの子供達は東郷元帥や乃木大
将を尊敬しました。

331 :文責:名無しさん:02/04/17 00:56 ID:XadyeVWJ
(中略)日本はこの度、インドの仇敵イギリスに宣戦布告しました。
日本は私達インド人に対して独立の為の絶好の機会を与えてくれました。」

7月2日、チャンドラ・ボースは昭南島のカラン飛行場に到着、そこには日本
の陸軍特務機関によって創設されたインド国民軍13,000人を代表
する一個大隊が整列してボースを待っていた。
ボースが二十年来求めてやまなかった武力が今忽然と湧現、ボースの目か
ら一筋の涙がつたい落ちた。

戦後、蓮光寺のボース位牌に参拝するインドの指導者達

戦後

インドは、敗戦国日本に対して、厚い友情を示した。極東軍事裁判で
連合国側が日本を弾劾しつづけるなか、インド代表のパール判事ただ一人
だけが日本の無罪を主張した。
また、インドは日本に対する懲罰的な条約に反対してサンフランシスコ
講和会議への参加を拒否しまし、日本に対する賠償も放棄している。


332 :文責:名無しさん:02/04/17 00:57 ID:dW21dxRq
さらにインド独立運動家のマハンドラ・プラタップ氏は「日本に対して
こそ賠償を払うべき」という「逆賠償論」を主張している。


昭和20年 9月18日 蓮光寺第29世住職望月教栄師の仏教者と
しての英断により印度独立の英雄スバス・チャンドラ・ボース氏の
御遺骨をこのお寺に安置し供養を続けて以来45年 我々スバス・チャ
ンドラ・ボース・アカデミーは現住職望月康史師の御厚志により茲に胸
像を建て之を後世に

伝えるものである

333 :文責:名無しさん:02/04/17 00:58 ID:dW21dxRq
インパール作戦
「日本人はインパール(ビルマ最西端からインドでの戦争)作戦は悲劇の戦争と見て
いるが、インド人は華々しい独立戦争と見ている」
(略)
インド人は「インパール作戦は、インドの独立戦争である。我々が非力な為に、
日本軍に多大な犠牲を強いてまことに申し訳ない。永久に日本人の好意は忘れない」
と力説する。
熱烈に日本軍を誉める親日家は老人だけではない。
少年少女が、今戦争を見てきたように、日本軍将兵の奮闘ぶりを語るので、老人と
少年少女の日常会話が偲ばれてならなかった。
(平成9年5月25日号)
アジアの曙光 -6-
アセアンセンター代表 中島慎三郎

334 :文責:名無しさん:02/04/17 00:59 ID:dW21dxRq
卒塔婆を建てた村長
 インパール作戦で日本軍は惨敗した。シンハ村の村長は次のように語った。 
「レッド・ヒルの争奪戦で、戦死した日本軍の将兵の骨をを集める為、村民を総動員
した。村民は丘の激戦を見ていました。日本軍は全滅し、丘は真紅に染まりました」
イギリス軍がレッド・ヒル(真紅な丘)と名づけた理由がよく分かった。
村長はその丘の麓(ロッパチン村)にレンガを積んで、卒塔婆(高さ約4?)を建て、
毎年、日本軍が玉砕した5月20日には、村を挙げて法要していると言う。 
我々は、ロッパチン村の卒塔婆に参拝し、あつく礼を申し述べた。
卒塔婆の中心に貼られた白い大理石に、雄渾な日本の文字で立派な追悼の詩が書いて
あるので、尋ねたとら、村長は「我等の尊敬してやまない牧野財士先生が書いたもの
です」とほほえんだ。 
シンハ元村長は、「この頃私は呆けましたが、死ぬまで日本兵の墓を守ります。
私が死んだら、息子(現在の村長)が引き受けます。その後は孫が守ります」と
まことに実直である。 この優しい老人の家(村長の家)は、余りにも質素(貧乏)
なので心が痛んだ。竹の家に、竹の寝台、竹のテーブル、鍋釜と槍だけである。 
牧野先生は「農地が無かったら老村長はカルカッタに行って出稼ぎ人夫になって
いた」と教えてくれた。 
家の前に3百坪ほどの水田と養鶏場と養鯉池もある。畑には豆類と薬草が植えられ、
やせた小菊や菜の花が咲いていた。完全な自給自足である。
我々がレッド・ヒルを見上げている時、シンハ元村長は「生き残った兵隊はいなか
った」と涙を浮かべてつぶやいた。
(平成9年6月25日号)
アジアの曙光 -6-
アセアンセンター代表 中島慎三郎

335 :文責:名無しさん:02/04/17 01:01 ID:dW21dxRq
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/asia-biruma.htm
亜細亜独立 ビルマ
支那事変当時、中国・蒋介石軍の物資調達は、英国からビルマ
を通じて行われていた。
日本はビルマ・ルートを立ち切るためにビルマの独立を画策し、
鈴木敬司陸軍大佐はビルマ独立の志士:ウォン・サン、ラミヤン
と秘策を練った。

昭和16年2月、鈴木大佐を長とする「南機関」を設立、バン
コクで140名の精鋭からなる「ビルマ独立義勇軍(BIA)」
を編成した。
日本軍のビルマ進撃と共にBIAへの志願者は増え続け、
27,000人にも達した。

鈴木大佐は、一時も早いビルマ独立を参謀本部に進言したが、参
謀本部はこれを認めず鈴木大佐に北海道への転属を命じた。
鈴木大佐の転出を嘆き悲しんだBIAは、肖像画と刀剣に添えて
感謝状を贈っている。

「我等はビルマ独立軍の父、ビルマ独立軍の庇護者、ビルマ
独立軍の恩人のことを忘れない。
たとえ世界が忘れるとも、我々の感謝の心が滅びる事は無い。」

336 :文責:名無しさん:02/04/17 01:14 ID:kggY9z3h
英印軍の捕虜からインド国民軍の将校になった二万人近い軍人
たちが裁判にかけられたとき、首席弁護士を務めたインド法曹界
の長老、パラディ・デサイ博士は裁判で召喚された光機関長 磯田
中将、ビルマ方面軍参謀長 片倉中将のいる前で、堂々とこう語った。
「インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは
日本である。インドの独立は日本のおかげで三十年もはやまった。
インドだけではない、ビルマもインドネシアもベトナムも、東亜民族
はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興
には惜しみない協力をしよう」と。

「捏造された日本史」黄文雄

337 :文責:名無しさん:02/04/17 01:45 ID:kObUQGOb
イタリアの国旗って、赤と白と緑、だけど、
赤と緑が微妙に原色とは違う、食欲をそそる色してんだよね。

料理もうまいし。

ごはんや魚介類などの日本人にはおなじみの食材+和食ではあまり使わない材料のコンボが
日本人に受け入れられないはずがない。昔はやったし、今でもブームとは関係なく
イタリア料理って当たり前のように日本に浸透してる。
普段着でほいほい食えるのもイタリア料理の魅力。

日本で一番売れる国旗が日の丸をさしおいてイタリア国旗だっての、わかるよ。うん。

飯を食うならイタリア。

というわけで俺は親伊だ。

338 :文責:名無しさん:02/04/17 01:55 ID:zYkqKKfY
>337
同感。

339 :文責:名無しさん:02/04/17 01:56 ID:GA1oMAHK
スレ違いがマターリとw
良いけどね。

340 :文責:名無しさん:02/04/17 02:31 ID:cp8CcFWz
大阪のお好み焼きを食って虜にならない外人はまずいない。

341 :文責:名無しさん:02/04/17 03:49 ID:vBPwupwU
いるよ。食わせたら不味いって。
ソースとか甘すぎだってさ。
ちなみに、米人、英人、タイ人の3人組だ。

342 :文責:名無しさん:02/04/17 06:03 ID:YzdWh3gN
>>341
その三人は不心得者ですな。
道であったら成敗してくれるとこだ。

343 :どいたかっこ:02/04/17 09:21 ID:QShz8K6A
「反日・反韓」スキンヘッドの30人、サハリン上陸

ロシア極東ユジノサハリンスクの日本総領事館によれば、モスクワのスキ
ンヘッド・グループ30人が16日までに、サハリン島に上陸した。「反日
・反韓」を公言し、アジア系排除の決起集会を企てている。ネオナチ集団が
同島で組織的な活動をするのは初めて。

20日のヒトラー誕生日を前に、都市部で活発化したネオナチの動きが極東
にも波及した。サハリンでは北方領土や漁業問題で日本や韓国への反発が強く
、ネオナチは地元の排他的感情をあおることが狙いとみられる。グループは
「日本人を罰せよ。韓国人を殴れ」と叫んで活動していることから、総領事館
は在留邦人に警戒を呼びかけた。



344 :どいたかっこ:02/04/17 09:27 ID:QShz8K6A

【3】香港:
旧日本軍による戦争被害者が体験を証言する集会始まる 

 【香港・成沢健一】旧日本軍による香港占領から今年12月で60周
年となるのに合わせ、香港で15日、市民団体などが主催し、旧日本軍
による戦争被害者が体験を証言する集会が2日間の日程で始まった。
 中国や韓国、フィリピンなどの元従軍慰安婦や南京大虐殺(1937
年)の生存者らが参加。初日の15日は、日本政府に賠償を求めた元従
軍慰安婦訴訟の原告の1人、中国山西省の李秀梅さん(73)が「15
歳の時に5カ月間、洞くつに閉じ込められて暴行を受けた。今も悪夢に
うなされる。家族が多額の金を払って家に戻れたが、母は自殺していた
」と証言した。

 また、中国・湖北省から出席した袁竹林さん(80)は「日本軍が管
理する寺に連行され、『抵抗すると、殺す』と脅された。慰安婦を強い
られ妊娠し、薬で流産させられた」と涙ながらに話した。



345 :文責:名無しさん:02/04/17 09:32 ID:M/BoVUEk
>>343
またまた朝日経由の人民日報かい。
お前何処の国に住んでんの?

346 :どいたかっこ:02/04/17 09:37 ID:QShz8K6A
北朝鮮、反日感情ぐっと高調
(ソウル=連合ニュース)シム・キュソク記者

最近の北朝鮮では反日感情がぐんぐん高まっている。
 28日の朝鮮中央テレビによれば、咸境南道咸興市党委員会は、日帝が
韓半島強制占領時に行なった虐殺などの蛮行資料を展示し、党員と勤労
者を対象として反日教養事業を大々的に実施している。
 展示場を見て回った党員らと勤労者らは、当時の悲惨な実像を回想し
ながら「千百倍の復讐をする決意」を固めている、と中央TVは伝えた。
 このような雰囲気は他の地域も同様であるが、各地の党・行政機関ら
は多様な行事を用意しながら「日本が総聯に対する不当な口実と、あり
もしない拉致疑惑を騒ぎながら反共和国騒動を敢行している」と対日糾
弾にたっている。
 平壌を視聴圏とする萬寿台テレビも、日本当局が総聯同胞を「弾圧」
しているという内容の報道物を連日報じている、と在日本朝鮮人総聯合
会(総聯)機関紙の朝鮮新報インターネットが最近報道した。
 この新聞は特に「12月、平壌には反日感情が渦巻いていている」とま
で表現しながら、各地で反日集会が連日開かれていると紹介した。
 北朝鮮のこのような動きは、日本当局の総聯本部押収捜索にともなう
結果ではあるが、最近の「所在不明船舶」事件と関連し、鋭い対立の様
相を見せているという点で、北朝鮮内の反日感情はより一層激化するも
のと見られる。


347 :どいたかっこ:02/04/17 09:42 ID:QShz8K6A
1】女性国際戦犯法廷:
主催団体のNGOが最終判決を発表 


 「戦時下の暴力をなくそう」と昨年12月に東京で開かれた民衆法
廷「女性国際戦犯法廷」の主催団体の一つ、NGO(非政府組織)
「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」(松井やより代表)は1
0日、都内で最終判決を発表した。慰安婦制度は旧日本軍によって組織
的に行われた性奴隷制で、「人道に対する罪」にあたると、当時の軍部
・政府指導者ら計10人を「有罪」とした。また国家の責任も認定し、
改めて日本政府に被害者への補償を求めた。
 「法廷」は「東京裁判で欠落していた戦時下の女性への暴力と植民地
支配の下での人権侵害を市民の手で明らかにしよう」と企画され、旧ユ
ーゴ国際戦犯法廷前所長ら国際法の専門家が判事役。被害者の証言や当
時の資料を基に審理した。

 最終判決は今月初め、オランダ・ハーグで開かれた「法廷」で、韓国
やインドネシア、オランダなど各国の被害者や支援者ら約80人が集ま
る中で言い渡された。法的強制力はないが、同ネットでは「各国の弁護
団から寄せられた証言集など貴重な資料は今後、日本で保管する計画で
、女性への暴力防止のために役立てたい」と話している。 



348 :( ´_ゝ`)mumur ◆2tql5zqQ :02/04/17 12:20 ID:XcUcyRHl
一気にここを読みました。
別板にある親日スレッドの方がいいですね。
勿論、こっちにも有用な発言もありますが。

ちょっと、苦言になりますが煽りに反応しちゃっている人が見苦しいです。
強制は出来ないですが、我慢して放置をお願いしたいです。
煽りに来るくらいサヨは焦っているという事です。
余裕の対応をしましょう。


ウヨのオナニーだと言う人もいましたが、それはそうかもしれませんね。
ただ、人のオナニーを覗き見ないでください。恥ずかしいです。

もうちょっと付け加えると、
「過去の戦争では、実は日本人はいい事をたくさんして尊敬されていた。そしてその子孫のわれらも偉大だ」
なんてことを思ってはいませんね。
そう思う人もいるかもしれませんが。

個人的には
「過去の戦争では、実は日本人はいい事をたくさんして尊敬されていた。それに比べて、その子孫は・・・」
って感じで、反省しきり。
今後の日本をよくしていきたいという意図の下、世界中の親日国について知りたいだけです。


気分を害された方もいるかもしれませんが、ひとつの意見と言う事で・・・・

349 :どいたかっこ:02/04/17 12:45 ID:QShz8K6A
南京大虐殺
− 記録と証言に見る1937南京 −

耐え難き女性の受難


日本軍の’掃蕩’は人間のに限らず、財物の略奪、家屋や店舗の焼き払
いもある。もし、中国の人々が出会った災難に強いて順番をつけるとし
たら、女性が受けた暴行と屈辱はその筆頭にくるべきでしょう。
戦争直後に出した国民党政府が出した統計資料が南京市档案館に保存さ
れている。それによると、南京大虐殺での女性死亡者数は65,902
名である。その大部分が強姦後に殺され、又は、強姦拒否で殺された人
たちである。南京大虐殺事件直後の1938年3月、南京金陵大学のス
ミス教授がおこなった、南京市内2027戸(50戸に1戸の割合)の
調査でも、「日本軍が南京に入ってからの家屋と動産の損傷の原因の5
2%が放火、33%が略奪、婦女の死傷者の84%が兵士による暴行」
という結果が出ている。

日本軍による性暴力の数多くの記録と証言の一部を以下再録し、婦人の
受けた強姦暴行の酷さを日本兵、南京滞在の外国人それから被害者の証
言からみてみる。



350 :どいたかっこ:02/04/17 12:49 ID:QShz8K6A
人間としての羞恥心、惻隠の心を失った日本兵を迎えた南京の女性は、
身の毛のよだつ悲惨な運命に出あった。その一端を伝える一通の手紙を
『中国慰安婦』(江浩著)のp174−176から日本文に訳してみる。
南京から日本の一兵隊が日本の友人宛てに出した手紙である。

【吉川資君:
僕は死ななかった。12月12日、三方面から南京を包囲した。南京政
府と軍隊は敗退したが、13日予定通り進撃した。
僕は中華門から首都南京へ突入した一人である。道々には、手を挙げて
降参する中国の兵隊、と難民であふれていた。
午後、秋田の横山武彦が住民宅に隠れている一人の少女を強姦した。小
隊長はビンタを食わしたが、視察で通りかかった中山隊長が、その情況
を見て、この町の女性も討伐範囲にあると一言いわれた。
この話が伝わるや否や3分足らずして、僕たちは20人の女性を家の中に
押し込んだ。正直の話、最初は多少不安だったが、仲間がいい目をみて
る脇に立っているのが馬鹿らしくなり、臆病者ではないかとさえ思った
。僕が不器用そうに一人の中国娘と争っているのを見て、小隊長は近寄
ってきて、足を上げ、革靴で彼女のお腹を思い切りけった。声を上げた
彼女は争うのを諦め、倒れた、額に汗をたらしながら・・・
・ ・・・・
ついに僕も名の知らないこの女性をやっつけた。彼女は、顔をそむけ、
泣きっぱなしでしたが、争うのを諦めた。年齢はせいぜい15才であろう
。身体をおこして他の女性を見たら、殆どただ泣いていて、我が軍の兵
士の思うままにされていた。北支のいたる所で見かけた貞節の石碑から
、中国の女性は気性が激しいと思っていたが、ここでは、そのような様
子は感じられなかった。しかしその後、つまり皆が終わりかかった時、
私の下にいた娘が、急に裸のまま飛び上がり、吉田の腰から刀を抜いた
。彼女が刀をもって立ち向かうのを防備するべく、僕たちも裸のまま飛
び起きた。わけの分からない叫び声を上げながら、彼女は狂ったように
刀を振り回した。その間に他の女性も起き上がり、裸のまま抱き合った
。その情況がすこぶる刺激的であったため、僕たちはまた興奮しだし、
彼女らに向おうとした。その時である、刀を持った女性がその刀を自分
の首に当て、倒れた。皆びっくりしている間に、女性達は次々と刀を手
に取り、首にあてた。さきを争って彼女らはその刀を奪い、刀を手にす
ると躊躇もなく自分を刺し殺し、地面に倒れた。目は大きく開き、刀の
口から、血が泡のように湧き出だし、腿は痙攣し・・・僕たちは、驚い
て裸の女性達が地面でのたうち、死亡していくのを眺めていた。軍法制
裁は免れないと恐れた。しかし、家から出て、町の光景をみて安心した
。町には、兵士に追われて走り回っている裸の女性、地面には死亡した
男性、6人の兵士に輪姦されている少女、反抗する妊婦の腹が割かれ、
拳大の子供が取り出されている・・・
号令が聞こえたので、この辺で



351 :どいたかっこ:02/04/17 12:54 ID:QShz8K6A
被害者の証言
受難した人々の証言には注釈をつける必要がない、聞く耳をもって心に
銘記するのみである。
1984年、金お婆さん(72歳)の証言:
【1937年の冬、私は、日本軍の南京占領後、漢口路の難民区にいた
。ある夜、数人の日本兵が入ってきて、寝ている私たちは起こされ、車


で連れて行かれ、強姦された。次の日,放されたが、その時受難したの
は十数人いた。】

1984年、67才になる婦人の証言:
【1937年日本軍が南京を占領する前に、夫が国民党軍に参加した。
その時私は妊娠していた。父親は汪貴之といって、床屋をしており、
その時は50才でした。12月13日、日本軍が南京を占領後、父親
は私を連れて上新河李家理髪店に避難した。ある日、日本兵が我が家
に侵入し、力ずくで私を引っ張っていこうとした、父親はそれに抵抗
し、私を屋内に引っ張り返そうとした。日本兵は父親を思いっきり殴
り付けた。父親は重傷を負った上、私も強引に連れて行かれた。父親
はその後、怪我がもとで、手を使う床屋を続けることができず、乞食
になり、2ヶ月後に傷の悪化で亡くなった。私はその後何度も日本兵
に強姦された。】

メラーヒ教授が書いたいた少女達は数十年たってお婆さんになった。そ
の中の馬お婆さんの証言:
【1937年の時、私は14才で草橋清真寺に住んでいた。12月13
日、日本軍が南京を占領した一日目、5,6人の日本兵が一人の男を刺
し殺しているところを見て、驚いて急いで隠れた。暫くして、戸を叩く
音で、父親が戸を開けると、数人の日本兵が入ってきて、父親に向って
「姑娘?」と問いただしているのを聞き、川縁にある穴へ逃げていった
。声を聞きつけて日本兵は追っかけてきて、穴をめがけて煉瓦を投げ入
れた。しかたなく出てきた。私は小礼拝堂寺8号へ引っ張り込まれ、刀
を持って服を脱ぐよう強迫され、数人の日本兵に輪姦された。私が捕ま
えられた後、私を探していた母親は、私を見つけることができなかった
だけではなく、清真寺で一人の日本兵に捕まえられて、その場で強姦さ
れた。】

当時12才の少女だった陳お婆さんの証言:
【1937年、私は12才でした。当時私は親がなく、祖母しか居なか
った。ある日、数人の日本兵が私の家に現れ、私を連れ去ろうとした。
恐ろしかったので、彼らについていこうとしなかったら、彼らは私を殴
った。隙を縫って逃げ出して、草むらににげこんだが、見つかり、鬼子
は銃剣で私を捜し出し、その後私は強姦された。】
【・・・・】



352 :どいたかっこ:02/04/17 12:56 ID:QShz8K6A
暴行を受けた女性達のその後
「The Rape of Nanking」の作者、アイリスチャンは、女性が受けた屈
辱について書いている:
「年配の婦人たちが遭遇した災難を、恐るべき、と形容するならば、幼
い少女たちを襲った暴虐を何と形容すればよいのか。その後数週間にわ
たって歩くことも出来なかったり、精神に異常をきたしたりするケース
が多く、その場で死に到った少女もいた」。
暴行を受けて亡くなった女性を埋葬した崇善堂には、つぎのような埋葬
記録が付録として記されている:
【婦人死体の中には髪を振り乱したもの、乳を切り取られたもの、胸を
刺されたもの、服をはぎとられたもの、生前に辱めを受けた人たちであ
る。怒りの表情をそのまま残した婦人死体もある;頭を上げ、目を開き
、口をあけたまま、手足をぐっと張り、下着を破かれ・・・生前に強姦
を拒否した人たちである。むごい!むごい!】

半年死体運びのトラックの運転手をしていた人の記憶による証言によれ
ば:
【朝天宮の前は秦淮河である。河の中にも沢山の死体があった。最も哀
れなのは一人の女性の死体である。見た所また非常に若い、裸のまま川
に浮かんでいた。片腕が切り取られ、おしっこをする所に一本の刀が刺
さってあった。さまざまなものを見てきたが、これ程悲惨な光景はなか
った。婦人の死体は概して髪の毛を振り乱し、衣服をちゃんと身につけ
ていた人はいなかった】

幸いにも死亡しなかった女性もいた。しかし日本軍の暴行は彼女達のそ
の後の人生に長く尾を引いた。当時南京にいた婦人科のドイツ人医者に
よると、「多くの女性が憎い日本兵の子を身ごもったのである」。



353 :どいたかっこ:02/04/17 13:02 ID:QShz8K6A
日本軍の暴虐を詳細にわたって見ていた従軍記者もいた。大虐殺の痕を
追いかけながら、「書きたいなあ」、「いつの日にかね」と同僚と話し
あった彼らはそのことを記事にすることは出来なかった。虚偽の報道し
かできない守山義雄記者は、その苦悩を当時、友人に「僕はね、篠原君
、日本軍のこんな残虐非道な行為を目のあたりに見ながら、それでもな
お'皇軍'とか'聖戦'とかいう、まやかしの表現によって虚偽の報道をし
なければならない新聞記者の職業に絶望して、いっそのことペンを折っ
て日本にかえろうかと何日も思い悩んだことがありましたよ」と語って
いる。中には、あまりの残虐にショックを受けて発狂したものもいたが
、それから20年後、守山記者が友人に語った内容がようやく文字で、
『南京大虐殺の証明』に載った:

【日本軍が南京に入城したとき、城内に残っていたのは非戦闘員ばかり
、それも、大部分が老人と女子と子供であった。日本軍は、彼らを一ヶ
所に集めておいて、城門をしめると、城壁の上から軽機関銃と手榴弾の
猛射をあびせて、みなごろしにしてしまったそうである。その数は3万
数千人だったということだが、折り重なって倒れている死体から流れ出
る血は、川のように道路にあふれ、履いていた革の長靴がつかるほどだ
ったそうである。】

「書きたいなあ」と言っていた朝日新聞の今井正剛記者は、1956年
12月号の『文芸春秋』に、「南京城内の大量殺人」を書いた。193
7年12月15日の夕日がさす中、朝日新聞支局附近、大方巷で見た大
量殺人の光景を次のように書いている:

〔支局近くの夕陽の丘だった。空き地を埋めてくろぐろと、4、5百人
もの中国人の男たちがしゃがんでいる。空き地の一方は崩れ残った黒煉
瓦の塀だ。その塀にむかって6人ずつの中国人が立つ。2、30歩離れ
たうしろから、日本兵が小銃の一斉射撃、バッタリと倒れるのを飛びか
かっては、背中から銃剣でグサリと止めの一射しである。ウーンと断末
魔のうめき声が夕陽の丘いっぱいにひびき渡る。次、また6人である。
つぎつぎに射殺され、背中を田楽ざしにされてゆくのを、空き地にしゃ
がみこんだ4、5百人の群れが、うつろな眼付きでながめている。・・
・。親や、夫や、兄弟や子供たちが、目の前で殺されてゆく恐怖と憎悪
とに満ち満ちていたにちがいない。悲鳴や号泣もあげていただろう。し
かし、私の耳には何もきこえなかった。パパーンという銃声と、ぎゃあ
つ、という叫び声が耳いっぱいにひろがり、カアッと斜めにさした夕陽
の縞が煉瓦塀を真紅に染めているのが見えるだけだった。】

夕方、中国人大量射殺を目撃した記者は、夜になって、再び虐殺の現場
に立った:

【夕方のあの事件を、私たちはボソボソと語り合っていた。ふと気がつ
くと、戸外の、広いアスファルト通りから、ひたひたと、ひそやかに踏
みしめてゆく足音がきこえてくるのだ。しかもそれが、いつまでも、い
つまでも続いている。数百人、数千人の足音。その間にまじって、時々
、かつかつと軍靴の音がきこえている。外套をひっかぶって、霜凍る街
路へ飛び出した。ながいながい列だ。どこから集めて来たのだろうか、
果てしない中国人の列である。屠所へひかれてゆく、葬送の列であるこ
とは一目でわかった。】



354 :どいたかっこ:02/04/17 13:04 ID:QShz8K6A
今井記者たちは隊列のあとを追い、長江の埠頭、下関にでた。そこで彼
らは機関銃で集団射殺しているのを目撃した:

【もうすぐ朝がくる。とみれば、碼頭一面は真っ黒く折り重なった屍体
の山だ。その間をうろうろとうごめく人影が、50人、百人ばかり、ず
るずるとその屍体をひきずっては河の中へ投げ込んでいる。うめき声、

流れる血、けいれんする手足。しかも、パントマイムのような静寂。対
岸がかすかに見えてきた。月夜の泥濘のように碼頭一面がにぶく光って
いる。血だ。やがて、作業をおえた"苦力たち"が河岸へ一列に並ばされ
た。ダダダッと機関銃の音、のけぞり、ひっくり返り、踊るようにして
その集団は河の中へ落ちて行った。終わりだ。下流寄りにゆらゆらと揺
れていたポンポン船の上から、水面めがけて機銃弾が走った。「約2万
名ぐらい」とある将校は言った。】

「何万人かしらない。おそらくそのうちの何パーセントだけが敗残兵で
あったほかは、その大部分が南京市民であっただろうことは想像に難く
なかった」と今井記者は書いている。その時、南京市のいたるところ(
例えば、下関石炭港、魚雷営、漢中門外、下関・上元門、下関・草靴峽
、漢西門、三河河岸、燕子磯浜辺など)で市民が次から次へと殺されて
いた。その状況を見た日本の兵士の日記には、「死体が重なり山となっ
ていた」と記されている。その死体処理の埋葬記録は、翌年の4月末ま
で続いていた。いかに多くの中国人が日本軍によって殺されたかを物語
るものである。



355 :どいたかっこ:02/04/17 13:05 ID:QShz8K6A
日本軍にとって禽獣にも及ばない中国人

中国でも直後から見聞記などが(日本軍の)非占領区で発表された(『
侵華日軍南京大虐殺史料』(8))。大量虐殺はもとより、中国人を特
に悲しませ、憤慨させ、許し難い思いにさせたのは、多くの犠牲者が禽
獣にも及ばない、虫ケラのようになぶられ、恥ずかしめられて日本軍に
殺されて行ったことである。元陸軍歩兵軍曹の日記である『わが南京プ
ラトーン』(9)には、女性を辱める日本軍、辱めて殺していくことが
生々しく記録され、「奇異ではあるが、戦線いたる所で見る風景である
」と書いてある。その中で兵士たちが中国人を弄んで殺していく様子が
詳しく記されている:
【どこからか、一人の支那人が引っ張られてきた。戦友たちは、子犬を
つかまえた子供のように彼をなぶっていたが、西本は残酷な一つの提案
を出した。
つまり、彼を袋の中へ入れ、自動車のガソリンをかけ火をつけようとい
うのである。泣き叫ぶ支那人は、郵便袋の中へ入れられ、袋の口はしっ
かり締められた。彼は袋の中で暴れ、泣き、怒鳴った。袋はフットボー
ルのように蹴られ、野菜のように小便をかけられた。ぐしゃりとつぶれ
た自動車の中から、ガソリンを出した西本は、袋にぶっかけ、袋に長い
紐をつけて引きずり廻せるようにした。
心ある者は眉をひそめて、この残酷な処置を見守っている。心なき者は
面白がって声援する。
西本は火をつけた。ガソリンは一度に炎えあがった。と思うと、袋の中
で言い知れぬ恐怖のわめきがあがって、渾身の力で袋が飛び上がり、自
ら転げた。
戦友のある者達は、この惨虐な火遊びに打ち興じて面白がった。袋は地
獄の悲鳴を上げ火玉のように転げまわった。
袋の紐をもっていた西本は 、「 オイ、そんなにあつければ冷たくして
やろうか」と言うと、手榴弾を二発袋の紐に結びつけて沼の中へ放り込
んだ。火が消え袋が沈み、波紋のうねりが静まろうとしている時、手榴
弾が水中で炸裂した。水がごぼっと盛り上がって静まり、遊びが終わっ
た。】



356 :文責:名無しさん:02/04/17 13:11 ID:H6GLW7uW
>>348
>「過去の戦争では、実は日本人はいい事をたくさんして尊敬されていた。それに比べて、その子孫は・・・」

ふぁげしく同意。この意味では今の日本人を見て、私は自虐的な思いに駆られます。


357 :どいたかっこ:02/04/17 13:13 ID:QShz8K6A
兵士の陣中日記、証言の一節
【中国軍は退却するのに道路を深く掘り割り、橋梁を破壊し、地雷を埋
没するなどして日本軍の急追を妨害した。是によって、弾薬、糧秣など
重量を積載した車両部隊は行動を妨げられた。そうなると補給が困難に
なって、戦闘するのに必要な弾薬の補給が精一杯で、糧秣は二の次にな
った。だが、人間が生きるには食糧は不可欠なものである。・・・
そこで軍上層部は、「糧秣は現地にて徴発自活すべし」と命令を下し
た。・・・徴発命令は即強奪命令である。】

日の丸で盛大に送り出された若き日本の兵士 −'皇軍'は、南京への道
々で予想もしなかった中国軍民の頑強な抵抗に遭い、 '盗賊'へと変身
して行った。
このような盗賊行為が日本軍の日常茶飯事になったことは、第13師団
山田支隊の兵士達の日記、『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』に克
明に記されている:

【S1兵士:とにかく、兵馬の糧秣を徴発することが先決問題なので、
午前も午後も戦友等が徴発に行き、白米、馬糧、鶏など徴発してくる。

 S2兵士:砂糖、サイダー、南京米、醤油、徴発多量。
 D兵士: 米、豆腐、小豆、砂糖、ぶた、芋、カマ、野菜類等部隊も
いろいろ徴発してきた。分隊では豚、野菜、米、鶏、芋等を徴発してき
たので今晩は相当に御馳走があった。】

強奪した後のことを、114師団の重機銃機部隊の一兵士は(『目撃者
が語る昭和史第5卷 日中戦争』)次のように回想している:

【南京までは、飲まず食わずといっていいくらいの2週間だった。補給
の米がないので農民から取って食った。どうせ言葉が通じないから、銃
で頭をたたいて取った。頭を殴られると大抵は死んだけど。集落を、つ
ぎつぎと焼き払って行くんだよ、敵が来たぞぉ、と思わせるため。兵隊
サンヨアリガトウなんて唄う占領地の子供の話しなんて、うそっぱちだ
な。なにしろ、日本兵は行く先々に道の両側にぶった切った首を並べた
りするんだから。】

「強奪した後に、殺す」、それに女性の強姦を従軍カメラマンは証言し
ている(『目撃者が語る昭和史第5卷 日中戦争』):

【川沿いに女たちが首だけ出して隠れているのを、引き上げて殺した。
陰部に竹を突き刺された死体が昆山にいたるまで、えんえんと道ばたに
転がされていた。蘇州での強姦と略奪もすさまじいものだった。ここは
、美人の産地とされているが、娘であろうが人妻であろうが片っ端から
強姦した。そして、終わった後は、必ず殺した。どうゆうわけか、みん
なそうした。強姦に飽きると、肉親同士に交わりを命じ、それを見物す
るようなことも、あちこちでなされた。】       

中国の女性は、日本兵によって耐え難き屈辱を強いられたのみならず、
人間の資格を取り上げられようとしたのである。日本兵は、このような
略奪、強姦、殺人を繰り返し、サディスト的集団になって南京城にたど
り着いたのである。


358 :文責:名無しさん:02/04/17 13:45 ID:TaaP7kG2
もうパート4なんですね。
世界には、日本に好意を持ってくれている人が沢山いるってことがわかりました。
それから、どうして好意的なのかというのもわかりました。
昔の日本人に恥じないよう、がんばろう。


359 :通りすがりの装甲巡:02/04/17 14:04 ID:A1sT9wAT
>どいたかっこ
突っ込みどころは幾らでも・・・・つかがいしゅつばかりなんだが?。
いい加減“撫順”とか“女性戦犯法廷”とか
カビの生えたネタはよせ、スレの無駄。
あと今度からは(一応は)出典も明記しろな。


360 :( ´_ゝ`)mumur ◆2tql5zqQ :02/04/17 14:07 ID:XcUcyRHl
>>359
お願いがあります。
348にも書きましたが出来るだけ、煽りには乗らないでもらえないでしょうか?
くだらない煽りに対する反論も見苦しい物があります。

サヨ、三国人の狙い通りになってしまいます。

361 :通りすがりの装甲巡:02/04/17 14:23 ID:A1sT9wAT
なるほど、りょかいです。

362 :文責:名無しさん:02/04/17 14:32 ID:TaaP7kG2
こういうのはどうですか?
親日だった韓国

韓国人の安寧と幸福、その生活の向上を図るため、母国日本の財政負担は三年間
に三千万円に達している。日本及び日本人を益することを少しもやらないで、
韓国及び韓国人のために図りてあまりにも忠実である。飽くまで韓国の主権を
尊重するため、中央の各部大臣や地方長官はすべて韓国人を任用し、日本人は
その下働きになっているに過ぎない。利権は韓国人のみに与えて、日本人には
荒蕪地開発の第一号を与えただけではないか。なおその上、韓国通の大陸浪人を
追放するなど、日本及び日本人から孤立した政策を採ってきた伊藤総監の心事那辺
にあるやを疑わしめるものがある。

                      韓国発行 「邦字新聞」より


363 :文責:名無しさん:02/04/17 14:33 ID:TaaP7kG2
私はよくよく我が子孫と朝鮮民族の将来を考えたあげくに、こうするのが当然
だという堅い信念に到達したのである。日本人との差別がなくなること以外に
朝鮮人は何を望むだろうか。したがって差別の除去のために、あらゆる努力を
注ぐことが、最も重大にして緊急なこととなる。我々の在来の姓名は、支那を
崇拝していた祖先の遺物である。今我々は日本帝国の臣民である。支那人と
混同される姓名をもつよりも、日本人と混同される氏名をもつことが、最も
自然だと信ずる。
       
             「創氏とわたし」

          韓国の英雄的文学者 李光洙(香山光郎と創氏改名)


364 :文責:名無しさん:02/04/17 14:39 ID:TaaP7kG2
<伊藤を失ったことで、東洋の人傑がいなくなった。公はわが国に忠実正義
をもって望み、骨を長白山に埋めて、韓国の文明発達に尽くすと揚言してい
た。日本に政治家多しといえども、伊藤のように世界の大勢を見て、東洋の
平和を念じた者はいない。実に伊藤はわが国の慈父である。その慈父に危害
を加える者があるとすれば、物事の理事を解さない流浪人であろう。>

                十月二十七日   太皇帝(高宗)

<伊藤を失ったことは、わが国といわず、日本のみならず、東洋の不幸である。
その凶漢が韓国人とあっては、赤面のほかない。>
                十月二十八日   太皇帝(高宗)


365 :どいたかっこ:02/04/17 16:30 ID:QShz8K6A
もうパート4なんですね。
戦時中には、日本軍はアジアでかなり残虐なことをしてきたことがわかりました。
それから、未だにそれを認めず正当化し賞賛している人がいるのもわかりました。
昔の日本人みたいにならぬよう、がんばろう。

お願いがあります。
上にも書きましたが出来るだけ、戦争美化話には乗らないでもらえないでしょうか?
くだらない話に対する賞賛も見苦しい物があります。

ウヨの狙い通りになってしまいます。

366 :文責:名無しさん:02/04/17 17:14 ID:XrgsO8Jx
>>365
だから俺は社民党が嫌いなんだ

367 :社民党大嫌い:02/04/17 17:33 ID:9aw5vH1J
>365
お願いがあります。
スレッドの趣旨を理解してください。



368 :文責:名無しさん:02/04/17 17:38 ID:r7ofIr2i
つまんなくなったな。
== は、とりあえず楽しませてくれたんだが・・・。

369 :( ´_ゝ`)mumur ◆2tql5zqQ :02/04/17 17:52 ID:XcUcyRHl
>>366,367
連中は相当焦ってるみたいだから、こっちは余裕の態度で無視すればよい。
議論する気のない奴にレスするな。

370 :文責:名無しさん:02/04/17 17:55 ID:xFySCa5N
>>369
>連中は相当焦ってるみたいだから
おまえのことか?(藁

371 :文責:名無しさん:02/04/17 18:09 ID:XrgsO8Jx
>>369
スマン、朝日新聞マンセーや社民党マンセーの奴らと議論した後だったもんで感情が高ぶってた
以後注意します

372 :文責:名無しさん:02/04/17 18:13 ID:1KpvQTZz
>>371
頭の悪いアンチ産経(荒氏臭いが…)がいるから、暇だったら一緒に遊ばないか?

373 :文責:名無しさん:02/04/17 18:15 ID:M/BoVUEk
>>370
連中の中には自分は入らぬ。>>日本語不自由な支那人へ

374 :文責:名無しさん:02/04/18 01:24 ID:jNIgQZb7
>>347
女性国際戦犯法廷を持ち出すとはいい度胸してるね。
というか恥を知らない(笑

375 :文責:名無しさん:02/04/18 01:29 ID:jNIgQZb7
スマイスの戦争被害調査は、南京事件派より南京大虐殺批判の好材料
とされていた。
しかし、筆者(上杉)は、城内の被害の「死亡 二、四〇〇人」
「拉致 四、二〇〇人は過大と批判し続けてきた。
 大阪学院大学教授丹羽春喜著『「スマイス調査」が内包する真実を探る』
(自由社刊「自由」平成十三年四月号)によると、日本軍による「市民殺害
 六〇六から七二〇人」「市民拉致 八八〇から一、三二〇人」と分析されている。
これでも筆者(上杉)はなお過大と推測していた。
 この過大な拉致実態が誕生した理由が、立命館大学教授北村稔著『「南京
事件」の探求』(文春新書、平成十三年十一月刊)より判明した。
 それは、中国国民党中央宣伝部顧問でもあったティンパーリーを通じての
〈要請と資金提供のもとで書かれた〉のがこの『スマイス報告』であること
が判明したからである。

あと、基礎知識として知っておいて欲しいんだけど、郊外におけるスマイス
の調査は、日本軍の進軍経路とは違ってるんだよ〜ん(笑
支那軍の放火を日本軍の放火であるように書いてる、ということも今では
判明(南京事件の探求参照)してるんだなこれが(笑

376 :文責:名無しさん:02/04/18 01:37 ID:jNIgQZb7
「1月17日・・・日本兵は再びやって来た。トラック二台と
、車二台に、将校二名を連れて来た。そして、養蚕の建物から
男性数名と女性七人を獲得した。ベイツ博士がそこにいて一部
始終を目撃した。男や女が完全に自由意志で行こうとしているのが
分かった。一人の女は若かったが、喜んで行った」

「南京安全地帯の記録」より

ラーベの日記や、南京ドイツ大使館文書綴「日支紛争」が記すように、
彼女達は、紅卍字会の通称ジミーこと王承典が募集していた「売春婦」
です。残念でした(笑


377 :文責:名無しさん:02/04/18 01:44 ID:jNIgQZb7
 宮崎県都城歩兵第23連隊の坂本ちかし大隊長の体験談を紹介しよう。
「13日8時ころ行動開始、破壊口から城壁に登り、10時半ころまで
には西南角付近に集結することができた(中略)、その後残敵を掃討す
るため、連隊主力は城壁に沿い、私の第二大隊はその東方の市街地を北
方に向かって前進した。
ちょうど12時ころ道路の左側に飲食店が店を開いており、主人らしい
一人の男がいたので支那ソバか何かを注文し、付近にいた者と一緒に、
久しぶりに珍しいごちそうに舌鼓を打った。
銀貨で代金を払ったところ、主人は非常に喜んでいた。
 小憩の後、前身を続けて14時半ころ、尖兵中隊の第6中隊が清涼山
(五台山ともいう)に達し、重砲6門をろかくした。命令により前進を
中止し、その夜は付近に宿営することになった。
一々家屋を点検した訳ではないが、前記の飲食店の男以外には市民も
敵兵も死体も見ず、また大した銃声も聞かなかった」(『南京戦史』(6))。
 まことに臨場感あふれる文章である。
 さらに坂本氏はこう述べている。「『朝日』は、本多勝一氏の
『中国の旅』の中で、『五台山で2万人以上虐殺された』とあるが、
前記の通り砲6門をろかくしたのみである。

378 :文責:名無しさん:02/04/18 01:45 ID:jNIgQZb7
また、『13日には下関(シャーカン)に通ずる把江門の扉を閉めて通
行を阻止し、逃げてくるおびただしい市民を機関銃で射殺した』という
意味のことを報道しているが、われわれのいた清涼山から把江門までの
直線距離は4〜5キロぐらいである。
もしもそんなことがあったとすれば、機関銃の銃声が聞こえてこない
はずがない」(『南京戦史』(6))。
 読者はすでに『第5章 南京攻略戦』の項で、中華門、光華門、中山
門から入城した将兵や新聞記者がどういう光景に接したか、くわしく
紹介しているので読了されているはず(『南京事件の総括』田中正明 
謙光社を買って読んで下さい、スイマセン)。
 「街は森閑として人っ子一人いず、整然と、むしろ清潔にさえ感
じられた」と異口同音に述べている点を想起して頂きたい。
第10軍の参謀谷田勇氏(東京・杉並区在住)も、「軍司令部は14日
午前、城内に入り、正午すぎ南京路のほとりにある銀行の社屋に司令
部をおいた。
市内はすでに平静で、駐留間一発の銃声も聞かなかった。
自分はその日午後城内を一巡し、何枚かの写真を撮って回ったが、若
干の死体を見たのみで、市街はすでに沈静していた」―と筆者に語り、
数枚の写真を示しながら、その時の市街の状況を説明した。
谷田氏によると下関埠頭には約1000人ほどの死体があった。

379 :文責:名無しさん:02/04/18 01:45 ID:jNIgQZb7
その死体は13日の攻略時の戦闘における死体と思われる。この日は
自分(谷田)の誕生日にあたり、同夜冷酒で柳川閣下と共に乾杯した
感激は忘れられぬ、とその記憶は実に鮮明である。
 『南京戦史』(6)によると、当時の朝日の近藤記者(現在・科学
振興センター代表)は「光華門外は激戦で日本兵の死体も、中国兵の
死体もあったが、それほど多数という印象はない。市民の死体は全く
見当たらなかった。」と述べている。
また「報知新聞」から「毎日」のカメラマンに転じた二村二郎氏(東京在
住)は「歩兵第47連隊について城壁をよじ登って城内に入ったが、市内
にはそれほど死体はなかった」といっている。
 引用すれば際限ないが、〈累々たる死体〉や〈血の河〉を見たな
どという者は一人もいないのである。
日本軍や日本の新聞記者だけでなく、15人の国際委員会の委員も、5人
の外人記者も、その他第三国人だれひとりとして、中国人証人の言うよ
うな凄絶な光景は見ていないのである。


380 :文責:名無しさん:02/04/18 01:52 ID:jNIgQZb7
 今の中国共産党軍とはちがって、昔のシナには「良鉄は釘
にならず、良民は兵にならず」ということわざがある。
つまり間違っても兵士にはなるな、兵士になるようなものはろくで
なしだ、真面目な人間は決して兵士にはならない、という意味である。
古来中国では兵士は良民の間に蛇蝎のごとく嫌われたのである。
 なぜかというと、戦争に勝てば勝ったで、負ければ負けたで、「
掠奪」するからである。
古来中国においては、戦争と掠奪はつきものであり、掠奪が麾下将
兵の報酬であり、役得であった。
また、それによって徴兵したことが史実に出ている。
 司馬遼太郎氏の『項羽と劉邦』にこんな話がある。
 劉邦軍は、士卒の士気の点で項羽軍に劣っていた。(中略)それ
は劉邦から軍政面を一任されている粛何がきわめて厳格で、占領地で
掠奪することを禁じていたからである。
歴世、この大陸にあっては、兵士と盗賊との区別がつきがたく、戦っ
て勝てば掠奪し、掠奪を期待することで士気も上がるという習性があ
ったが、粛何はこれをきらった。(上掲書(上)273ページ)
 つまり、兵士と掠奪の関係は『三国志』時代から、歴世、この国の
習性なのである。

381 :文責:名無しさん:02/04/18 01:52 ID:jNIgQZb7
 犬飼總一郎氏(第16師団通信班長・陸軍中尉)は、南京に向かう追
撃戦で、自分は常に第一線にあって、10月25日の無錫、29日の常州
に一番乗りを果たしたが、無錫も常州も中国兵による掠奪の跡歴然たる
ものをこの目で見た。
いかにそれがもの凄いものか、全く想像外であった、と語っている
(筆者への書簡)。
 また、第19旅団長草場辰巳少将は、北支作戦の時、隆平県城の城壁
の上から、10月13日未明、はからずも敗残兵による掠奪の場面を見
たと言っている。
すなわち「隆平県城になだれこんだ敗残兵は、まず住民から衣類を
奪って便衣となり、次に食糧を奪い、財宝を奪い、明け方を待って逃
げ出す算段で、城壁がすでに日本軍によって占領されているのも知らず、
城内は敗残兵による掠奪、暴行殺傷等で阿鼻叫喚のちまたと化し、日本
兵はただしばし呆気にとられて、この地獄図を城壁から眺めていた」
というのである。
 前述のダーディン記者も、南京における中国軍の掠奪について次の
ように述べている。

382 :文責:名無しさん:02/04/18 01:53 ID:0T+VgLbn
 「土曜日(11日)には、中国軍による市内の商店に対する掠奪が
拡がっていた。
住宅には手を触れていなかったし、建物に入るために必要な限りの破壊
にとどまっていた。
掠奪の目的が食糧と補給物資の獲得にあることは明らかであった。
南京の商店は安全区以外では経営者が逃げてしまっていたが、食糧は
相当に貯蔵してあった」
 「(12日)夕方には退却する中国軍は暴徒と化していた。
中国軍は完全に潰滅した。
中国軍部隊は指揮官もなく、何が起こったか知らなかったが、ただわ
かっているのは、戦いが終わり、何とか生きのびねばならぬというこ
とだった」(AU290ページ)
 南京に残留していた某第三国人の日記を「東京日々新聞」(現毎日
新聞)が掲載しているが、それにはこう書いてある。
 「12月12日、敗残兵の放火、掠奪なさざるはなく恐怖におちいる」
(12・12・20)。

383 :文責:名無しさん:02/04/18 01:53 ID:0T+VgLbn
岡田通訳官は、掠奪について次のように証言している。
 「城内の店は空き家になっていまして、中国兵が逃げるとき掠奪し
たのか、日本兵が入ってから掠奪したのか、掠奪の跡がありました。
日本兵は食べ物は掠奪したと思いますが、その他は中国兵がやったようです。
 昭和13年3月に維新政府が出来ると、私も南京に行きましたが、
泥棒市にはたくさんの豪華なジュウタンや骨董品があり、これらは、
その時掠奪したものだと思います。
この時私も居を構えるためジュウタンを買いました」(「正論」
〈61・6〉阿羅健一著『日本人の見た南京陥落』)。
 筆者も13年8月南京に行き、この泥棒市の盛況?を見ている。
男女の衣類から靴、食器類、缶詰やワイン類はもとより豪華なシャン
デリアやピアノまで、延々と、鼓楼から北西一帯に泥棒市がひろがり
、ここのみ異様な雰囲気であったことを覚えている。
 読者に銘記していただきたいことは“焼き払いの狂宴”にしても、
このような中国人や中国軍による“掠奪”にしても、戦後はすべて日
本軍のしわざにおきかえられていることである。

384 :文責:名無しさん:02/04/18 01:54 ID:0T+VgLbn
勝者が敗者をさばいた東京裁判が、牽強付会に悪事を何もかも日本軍
の仕業とし、えん罪を負わされたのはやむを得なかったかも知れない。
だが残念なことは、心ない日本の学者やマスメディアが、いまだに東
京裁判史観の呪縛にとらわれて、中国軍は善であり、日本軍のみが
悪であった

385 :文責:名無しさん:02/04/18 01:57 ID:0T+VgLbn
>>352
あなた、アイリス・チャンについてのカキコ見た?(苦笑
思考停止ここに極まれり、というか・・・・。
オウム信者を見ているような気分。

386 :文責:名無しさん:02/04/18 02:10 ID:0T+VgLbn
>>353
今年の春に朝日新聞の論壇系から私のところに電話がありましてね。
守山君がベルリンにいた時の話です。
ベルリンで、守山君は日本の留学生と飯を食ったことがあり、その時
留学生に、南京で大虐殺があったと語ったというのです。
その留学生が今は有名な大学教授になっているそうです。
私は彼の名前を聞くのは初めてでしたが、その大学教授がベルリン
で聞いた話を論壇宛に送ってきたというのです。
守山君の語ったその話というのは、日本軍が南京で老人、婦女子を殺し
、あまりたくさん殺したので、道路が血でいっぱいになり、守山君が
はいていた半長靴に血が流れ込むほどだった、というものです。
守山君がこういう話をしたというのです。
論壇の係は、私が南京で守山君と一緒だったし、親しかったという
ことを誰かに聞いて、この話を確かめようと電話をかけてきた訳です。
そこで私は、たしかに南京で守山君と一緒でしたが、そんなことは
見ていないし、後で守山君から聞いたこともない、守山君は嘘をしゃべる
はずはない、その大学教授はどんな人か知らないが、その人が言って
いることは嘘だ、そういうことが載るなら守山君の名誉のために残念だ、と
言いました。
論壇係は私の話を聞いて納得したようです。
教授の原稿をボツにしました。
南京大虐殺については意識的に嘘をついている人がたくさんいるんですよ。

「「南京事件」日本人48人の証言」阿羅健一
東京日々新聞・足立和雄記者の証言

387 :文責:名無しさん:02/04/18 02:13 ID:0T+VgLbn
>>353
 もう一人、「朝日」の大先輩でやはり南京特派員であった足立和雄氏は畠
中氏にこう答えている。
 「私は南京大虐殺なんて見ていません。あなた(畠中)がどういう立場の
人か存じませんが、南京大虐殺の証言はできませんョ」
 きつくそう断られたが、押し問答の末、立場をはっきりし、お目にかかった、
畠中氏はかねて疑問に思っていた“虐殺目撃者”として名乗り出た「朝日」の
記者今井正剛氏について尋ねてみたそうである。足立氏は一言のもとに、今井
氏をこう評したと言う。
 「あれは自分で見て記事を書く人ではなかった。人から聞いたことを脚色
するのが上手かった。」
 婉曲に彼の「文芸春秋」で発表した2万人の虐殺を見たかのごとき作文など
怪しいものである旨示俊したのである。はからずも同じ「朝日」の森山喬氏が
筆者に語った今井評と一致する。森山氏も彼の虚言を立証している。なぜなら
当時彼と一緒に南京で寝室を同じくして取材しているのに、そんな話はついぞ
聞いたことがないと言うのである。

388 :文責:名無しさん:02/04/18 02:18 ID:0T+VgLbn
 米南京副領事館エスピー氏は本国政府に次のように報告
している。
 「・・・・市民の大部分は南京国際委員会の計画設定する
いわゆる『安全地帯』に避難しおり、相当数の支那兵を巧み
に捕捉するはずなりしが比較的少数なりしなり、実際に残留
せる支那兵の数は不明なれども、数千の者はその軍服を脱ぎ
捨て常民の服を着て、常民に混り市内のどこか都合良き処に
隠れたるに相違なきなり」。
 また氏の東京裁判への提出書類は次の通りである。
 「・・・・ここに一言注意しおかざるべからざるは、支那
兵自身、日本軍入城前に掠奪を行いおれることなり。最後の
数日間は疑なく彼らにより人および財産に対する暴行・掠奪が
行われたるなり。支那兵が彼らの軍服を脱ぎ常民服に着替える
大急ぎの処置の中には、種々の事件を生じ、その中には着物を
剥ぎ取るための殺人をも行いしなるべし。
 また退却する軍人及び常民にても、計画的ならざる掠奪をな
せしこと明らかなり。すべての公の施設の機能停止による市役
所の完全なる逼塞(ひっそく)と支那人と大部分の支那住民の
退却とにより市に発生したる完全なる混乱と無秩序とは、市を
いかなる不法行為をも行い得らるる場所となし終われるなり。
 これがため残留せる住民には、日本人来たれば待望の秩序と
統制との回復あるべしとの意味にて、日本人を歓迎する気分さ
えもありたることは想像せらるるところなり。」(法廷証第
328号=検察番号1906号中の一部を弁護人が朗読したもの=
速記録210号)

389 :文責:名無しさん:02/04/18 02:18 ID:0T+VgLbn
http://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/8783/15a.html#15
 「東京日々新聞」は、12月20日の夕刊に、〔18日志村特派員発〕
として、戦前から南京にとどまっていた某外国人(特に匿名)の日
誌を抜粋して、外人の見た戦慄の南京最後の模様を報道している。
 それによると、7日早朝、蒋委員長が飛行機で南京を脱出したが、
「この蒋委員長の都落ちが伝わるや、全市民は家財を抱えて難民区
へなだれ込んだ」とある。つまり市民は一人残らず難民区へ逃避し
たとみてよかろう。また8日には「馬南京市長らもまた市民を置き
去りにして逃げだし、郊外の支那軍は民家に火を放ち、南京付近は
四方に炎々たる火焔起こり、市内また火災あり、逃げ迷ふ市民の姿
はこの世のものとは思われぬ」と記述している。支那兵特有の敗走
時の掠奪はそのころ極限に達したことは容易に想像できる。

390 :文責:名無しさん:02/04/18 02:19 ID:0T+VgLbn
http://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/8783/nanking.html
<日本軍到着時、南京周辺は廃虚となっていた>
「東京日々新聞」は、12月20日の夕刊に、〔18日志村特派員発〕
南京付近は四方に炎々たる火焔起こり、市内また火災あり、逃げ迷ふ市民の姿は
この世のものとは思われぬ」と記述している。支那兵特有の敗走時の掠奪はその
ころ極限に達したことは容易に想像できる。
ニューヨーク・タイムズは断末魔の南京とその周辺における“焼き払いの狂宴”
を次のようにレポートしている。
進撃しはじめたことが中国軍によ
る焼き払いの狂宴の合図となったが、これは明らかに城壁周辺で抵抗するため
に土壇場の準備を行っているものであった。中国の「ウエストポイント」であ
る湯山には、砲兵学校と歩兵学校、それに蒋将軍の夏期臨時司令部が置かれて
いるが、そこから南京へ向けて15マイルにわたる農村地区では、ほとんどす
べての建物に火がつけられた。村ぐるみ焼き払われたのである。中山陵園内の
兵舎・邸宅や、近代化学戦学校、農業研究実験室、警察学校、その他多数の施
設が灰塵に帰した。火の手は南門周辺地区と下関(シャーカン)にも向けられ
たが、これらの地区はそれ自体小さな市をなしているのである。
 中国軍部は、南京市周辺全域の焼き払いを軍事上の必要からだ、といつも説
明してきた。城壁周辺での決戦で日本軍が利用できそうなあらゆる障害物、あ
らゆる隠れ家、あらゆる施設を破壊することが必要だというのだ。この目的の
ために、建物ばかりでなく、樹木・竹やぶ・茂みなどもすっかり焼き払われた。

391 :文責:名無しさん:02/04/18 02:20 ID:umd6Q2Bp
 金陵大学のベイツ教授はこう述べている。
「南京の城壁に直接に接する市街地と南京の東南京郊外ぞいの町村の焼き払い
は、中国軍が軍事上の措置としておこなったものである。それが適切であった
かなかったかわれわれの決定しうることではない」(AU212ページ)。
 南京陥落を前にして、中国軍が戦術として用いた「空室清野作戦」、すなわ
ち公共建築物や公邸、私邸などの焼き払いの狂宴がいかにものすごいものであ
ったか、この一文でも理解できよう。「南京攻略に先だって何ヶ月間も行われ
た日本軍の空襲による損害」よりもさらに甚大な破壊と、放火と掠奪が行われ
たというのである。しかも、東京裁判ではこれらの焼き払いと掠奪の狂宴は、
すべて日本軍の仕業に置き換えられ、《南京における日本軍の暴虐事件》とし
て告発されているのである。

392 :文責:名無しさん:02/04/18 02:21 ID:umd6Q2Bp
◆「南京大虐殺」の真相
http://www.geocities.com/Tokyo/Flats/2847/Yamato12.htm
1998年11月2日、「南京を考える」シンポジウムが開催され、南京大虐殺
の虚構が明らかにされた。
 当日に放映すべく収められたビデオの中から、丸山進氏(84歳)の証言をこ
こに紹介したい。
引用元は、「明日への選択」 (1998年12月号)である。
 丸山氏は、満州鉄道の上海事務所に所属、後に日本軍の南京特務機関員として
南京自治政府との交渉役となった。南京での死体埋葬の指揮にもあたられた方
である。


=========以下引用です===========

 (中国側は陥落後六週間に亙って大虐殺が行われたと主張するが)陥落後
二週間後に南京に着いたが、市内はかなり落ち着いていた。
一月の元日には胡楼広場で南京市自治委員会の結成祝賀会があり、その後に車
で市内を見て回った。城内はほとんど回ったが、死体はほとんど見ていない。
隈無く見たが、私が実際に見たのは邑江門のあたりで少し見たくらいで、死体
がごろごろしているという状態ではなかった。
 中国人とは、仕事柄しょっちゅう会って話をしていたが、日本軍 が中国人
を虐殺したとか暴行を働いたとかいう話しはなかった。
「かなりの人が戦災を受けている」と私に教えた南京市自治委員会の幹部もい
たが、それは虐殺されたということでなく、陥落前に日本軍が軍事施設を爆撃し、
その巻き添えになつた人が相当いるという意味だったようだ。

393 :文責:名無しさん:02/04/18 02:21 ID:umd6Q2Bp
 城内には、外国人によって作られた国際安全区があり、私が南京に行った当時、
市民は皆安全区の中におり、外にはほとんどいなかった。
だから、区外で虐殺や暴行があったとすれば理屈に合わない。
安全区の中といえば、私自身、安全区に住んでいたが、死体について言えばほ
とんど見ていない。
 最初のうちは、安全区のなかに敗残兵が沢山入っており、衛兵が要所要所に
立っており、憲兵隊も巡回していた。
だから、一般の兵隊は無断で安全区には入れない(我々は特務機関の腕章を
付けているため安全区に入れたが)。
 住民は、安全区の中の大官の家とか外国人の家などに集まっているが、とても
二十万という人を収容できない。
それで国際委員会が金陵女子大とかその他の空き地にテントを立ててやり、そこ
で彼らはキャンプ生活をしていた。しかし、ずいふん落ち着いていたと思う。
一月はじめには道端に屋台や露店が出、そこで物を買ったりした。
住民が特に日本兵を恐れるような風もなかった。

(中国側の三十万虐殺説の根拠には、紅卍字会の埋葬した四万余と崇善堂
の十一万余を足した十五万五千三百余の死体埋葬数が証拠としてあげられている。
しかし、その数の虚構についても丸山氏は証言している。
激戦の南京攻防戦では日中双方に多数の戦死者が出たが、日本軍は自軍の遺体
は残さず回収し、荼毘に付した。

394 :文責:名無しさん:02/04/18 02:22 ID:umd6Q2Bp
中国人の遺体が残されていたが、これは大半は戦闘による戦死者である。)

 昭和十三年一月中旬頃、佐方特務機関長が、死体が腐って環境衛生上よくない
ため、片付けるよう発案された。
この何万という死体を処理する能力は日本軍にしかなかったが、その時は警備部隊
の一個師団しかなく、余力がない。
そこで、中国人を使うことになり、自治委員会に相談し、紅卍字会という一種の慈
善団体に頼んだ。
 作業の進み具合は紅卍字会が毎日日報を作成して、自治委員会に 報告した。
二月一日頃から作業を始め、二月末までに約五千体を埋葬した(一日の処理数は
多くて二百体、平均して百八十体位が紅卍字会の能力だった)。
この調子では捗らないので、作業は昼夜なしでやらせ、成績が上がれば、一体当
たり三十銭の割り増しを出すことにした。
その後、三月十五日までに三万一千七百九十一体を埋葬したという報告がきたが、
この数字には明らかに水増しがある。
二月末で五千体で、三月十五日でその数字であれば、十五日間で二万六千余を埋葬
したことになり、一日あたり千七百位処理したことに なる。

395 :文責:名無しさん:02/04/18 02:22 ID:umd6Q2Bp
しかし、私の知る限り、一日当たり最大で六百から八百が限度なので、かなりの水
増しがある。
当時からこのことは気付いていたが、それを指摘すると埋葬作業そのものが駄目に
なるのでそのまま認めようということになった。
金もその数字に基づいて、一万一千円が自治委員会を通じて紅卍字会に支払われた。
 紅卍字会が東京裁判に証拠として提出した記録も明らかに作り替えられている。
例えば、十二月二十二日に七百七十体余、十二月二 十八日には、六千四百六十八
体を埋葬とあるが、そんな事はあり得ない。
この時期は人夫五十人雇うのすら難しく、 とてもそんな作業はできない。
しかも十二月二 十八日の分は埋葬場所も空欄になって おり完全に嘘である。
 私自身三月十五日の段階で現場を見て回ったがアンペラを被せたままで埋葬
していない死体がかなり残っていた。
ところが日報ではそれが既に埋葬されたことになっていた。
こちらが急がせていたので、それすらも日報にいれていた上、東京裁判の時に
更に改竄されたということだろう。

(当時、ほとんどの人が知らなかつた崇善堂の埋葬数十一万 について)
崇善堂というのは小さな慈善団体で我々が埋葬作業をしてい た当 時はほとん
ど活動していない。

396 :文責:名無しさん:02/04/18 02:23 ID:2AahdyFI
活動を始めたのはずっと後で六月頃と思うが、それも施粥などで独自に
埋葬する力はなかった。
本多勝一が「南京への道」で崇善堂が三人一組で埋葬作業をしたと言って いる
が、十一万体の埋葬には延べ九万人、三人一組だと三万組が必要。
崇善堂にはそんな力があるとは思えない。
経費から言っても十 一万体の埋葬には諸経費含めて四万五千円ほどかかる。
これは自治委員会の一ヶ月の全行政費用に相当し、小さな一慈善団体の払える
経費ではない。

(東京裁判で架空の数字が提出されたことについて)
 戦後、戦争犯罪を追及する段になり、中国側はおおよそ上海付近での戦死者
を二十万、南京付近を十万とみて、併せて「三十万」という数字をまず考え
たのではないか。
しかし、戦時国際法上、戦闘で死んだものは不法虐殺ではないから、東京裁判
に持ち出せる数はほんのわずかになる。
ところが、既に三十万という数を出してしまっているため、国民政府から南京
特別市政府に対してどうしても 「三十 万人」の証拠を作れという要請がいった
のではないか。
いずれにしても紅卍字会の埋葬は戦闘による戦死者のものである上、水増しさ
れており、崇善堂の方はまるまる否定してよい。

397 :文責:名無しさん:02/04/18 02:24 ID:2AahdyFI
国際委員のベーツが紅卍字会の記録を元に、四万埋葬の内、約三 割、一万二千
は市民だったとしているが、埋葬記録をもとに城内にあった遺体を数えてみても
二千八百体くらいにしかならない。
しかもその内訳では女性七三体、子供二九体。
城内から持ち出した分とされているもの(七月から十月の埋葬とされており、
嘘か南京問題とは無関係のもの)を加えても女性百三体、子供四六体。
とても一万二千人の市民が虐殺されたというようなことからくる数字ではない。
中国人からの伝聞をそのまま報告書に書いたのだろう。
 南京大虐殺は完全な嘘である。


398 :文責:名無しさん:02/04/18 02:30 ID:2AahdyFI
 (2)幕府山の1万4千の捕虜
 南京で最も多く捕虜を捕らえたのは、第13師団の山田支隊(山田栴
(せん)二少将)麾下の歩兵第65連隊(会津若松市・両角業作大佐)
である。
同連隊が揚子江岸に沿って進撃した14日、幕府山付近でとらえた
捕虜は1万4700人にも及ぶ大量のものであった。
 この捕虜の処置について、その真相を明らかにするため、鈴木明氏
は、昭和47年、わざわざ仙台に山田少将はじめ、この時の関係者数名
を訪ねて『「南京大虐殺」のまぼろし』にその真相をレポートしている。
その真相というのは、山田少将はこの大量の捕虜の処置に窮し、ついに
意を決して揚子江の中洲に釈放することにし、護送して目的地近くに
ついたとき、暴動が起き、捕虜約1000が射殺され、日本側将兵も死傷
したというのである。
地元紙の福島民友新聞社も多数参戦者の証言を集めて『郷土部隊戦記』
を発刊。その中で暴動――射殺説を明確にした。そして、これはそのまま
自衛隊戦史室編集の『支那事変陸軍作戦(1)』にも掲載されている。
 ところが、59年8月7日「毎日新聞」は「元陸軍伍長、スケッチで証言、
南京捕虜1万余人虐殺」という大見出しで、第65連隊の伍長であったK氏
が多数の捕虜を揚子江岸に連行して1万3千5百人を皆殺しにしたという証
言を発表した。
それは従来の説をくつがえす計画的・組織的な虐殺説であった。
 続いて本多勝一氏がK氏を訪問してその記事を「朝日ジャーナル(21)」
(59・9・14)に連載し、さらに詳しく1万3500人の虐殺の模様と、これ
は軍司令部からの命令だと報道した。

399 :文責:名無しさん:02/04/18 02:31 ID:2AahdyFI
K氏というのは、小金井市在住の栗原利一氏のことであるが、栗原氏は
自分の意志とは全く逆な報道をされたことに対して、「毎日」に抗議を申
し入れた。
すなわち栗原氏は、中国側の公式資料集『証言・南京大虐殺』の30万・40万
の虐殺に腹を立て、これに反論するため記者に話したのだが、都合のよい部分
だけをつまみ食いされ、あのような記事になり、匿名の中傷や悪罵をあびて
困っていると抗議したのである。
 毎日は、9月27日『記者の目』と題し、「匿名の中傷、卑劣だ」という
記事の中で、栗原氏の「大虐殺否定」の真意を小さく報じたが、しかしそ
の大げさな記事の力点は、K氏に対する非難は怪しからんというのであって
、記者の誤った報道に対する反省も謝罪のカケラも見られなかった。
 実は筆者も電話で栗原氏に真意を聞いてみた。
氏は電話口で、「毎日新聞にも本多氏にも、言いもしないことを書かれた。
自分の本当に言いたいことは書かないで、結果的には逆なことになってしまった。
悔やんでいる」としきりに嘆いていた。
 2度電話したがアポイントがとれないので、私は福島にとび、この捕虜事
件に関係した第65連隊の連隊砲小隊長平林貞治氏(当時少尉)にお目にかか
り事件の真相を聴取した。

400 :文責:名無しさん:02/04/18 02:32 ID:2AahdyFI
平林氏は鈴木明氏のインタビューにも応じており、その内容は『「南京大虐殺」
のまぼろし』にあるので、ここでは詳細は省略し、慨要のみにとどめる。
(1) わが方の兵力は、上海の激戦で死傷者続出し、出発時の約3分の1の1500
足らずとなり、その上に、へとへとに疲れ切っていた。
しかるに自分たちの10倍近い1万4000の捕虜をいかに食わせるか、その食器
さがしにまず苦労した。
(2) 上元門の校舎のような建物に簡単な竹矢来をつくり収容したが、捕虜は
無統制で服装もまちまち、指揮官もおらず、やはり疲れていた。
山田旅団長命令で非戦闘員と思われる者約半数をその場で釈放した。
(3) 2日目の夕刻火事があり、混乱に乗じてさらに半数が逃亡し、内心ホットした。
その間逆襲の恐怖はつねに持っていた。
(4) 彼らをしばったのは彼らのはいている黒い巻き脚絆(ゲートル)。
ほとんど縛ったが縛ったにはならない。
捕虜は約4千、監視兵は千人たらず、しかも私の部隊は砲兵で、小銃がなく
ゴボウ剣(銃剣の事)のみ。
出発したのは正午すぎ、列の長さ約4キロ、私は最後尾にいた。
(5) 騒動が起きたのは薄暮れ、左は揚子江支流、右は崖で、道は険岨となり、
不吉な予感があった。
突如中洲の方に銃声があり、その銃声を引き金に、前方で叫喚とも喊声とも
つかぬ異様な声が聞こえた。

401 :文責:名無しさん:02/04/18 02:32 ID:2AahdyFI
(6) 最後列まで一斉に狂乱となり、機銃は鳴り響き、捕虜は算を乱し、私は
軍刀で、兵はゴボウ剣を片手に振り回し、逃げるのが精一杯であった。
(7) 静寂にかえった5時半ころ、軽いスコールがあり、雲間から煌々たる月
が顔を出し“鬼哭愁々”の形容詞のままの凄惨な光景はいまなお眼底にほうふ
つたるものがある。
(8) 翌朝私は将校集会所で、先頭付近にいた1人の将校(特に名は秘す)が
捕虜に帯刀を奪われ、刺殺され、兵6名が死亡、10数名が重軽傷を負った旨を
知らされた。
(9) その翌日全員また使役に駆り出され、死体の始末をさせられた。
作業は半日で終わったと記憶する。中国側の死者1000〜3000人ぐらいと言
われ、(注(1))葦の中に身を隠す者を多く見たが、だれ1人これをとがめたり
撃つ者はいなかった。
 我が軍の被害が少なかったのは、彼らが逃亡が目的だったからと思う。
 以上が平林氏の証言である。
「ゼンボー」(60年3月号)によると、畠中秀夫氏は栗原氏と会い、栗原氏の
証言を記述している。
 それによると、内容はほとんど平林氏の証言と一致していた。
栗原氏は畠中氏にこういったと言う。

402 :文責:名無しさん:02/04/18 02:33 ID:2AahdyFI
 「毎日新聞の記事を見てびっくりした。言っていないことが記事に出ており
、30万虐殺説に抗議して喋ったのが、一転して私自身が大虐殺の証人に仕立
て上げられてしまった」と。
 また、本多記者に対しては、「本多という人は中国人の言うウソばかり書
いている。
気がどうかしているのではないかと思う。
私はこの人にも裏切られた思いだ。
私の言わなかった事まで書いてあり、全体は私の言おうとしていることとは
別のことになっている。のせられたのです・・・・・」と。
 「毎日」の記者にも、本多記者にも、栗原氏は「完全にのせられた」をく
り返して憤慨していたそうである。
例えば「対岸で釈放」ということで捕虜を護送したのに、私が虐殺の張本人
になっている。
 マスコミは第4の権力と言われる。
ひとたび大新聞の見出しに大々的に出されてしまったら、それは違う、間違
っている、と言ってもあとの祭りである。
虐殺をしていないのに、1万3千人もの大虐殺の犯人(注(2))に仕立て上げ
られたことは、栗原さんにとって不名誉な誹謗であるばかりでなく、このよ
うな社会的影響力甚大な言論の暴力は、日本の歴史に対し、日本と日本民族
に対する悪質な中傷であり、蔑視であり、冒涜であると言わねばならぬ。
彼らがそれほどまでにして、南京に大虐殺があったとし、ありもせぬ日本の
恥辱を内外にプロパガンダし、中国側の誇大宣伝に迎合しなければならない
理由は一体何なのか?

403 :文責:名無しさん:02/04/18 02:35 ID:3o9BEwi0
フィリピン女性は第二次大戦中、日本軍によって「従軍慰安婦」
にされたのか
1992年6月23日

最近、第二次大戦中に日本軍によって、女性達が日本軍のための
売春を強制されたという報告がいくつか出た。
こうした女性の大半は朝鮮人と台湾人であるといわれるが、一部
の新聞は「従軍慰安婦」、つまり戦場で日本軍のために働く売春婦に
させられた女性の中にはフィリピン女性も含まれていたと宣伝した。
中には途方もなくセンセーショナルな記事もあった(たとえば「ピープル
ズ・トゥナイト」(1992年4月13日付)は「数千のフィリピン女性が
性奴隷にされた!」という見出しを掲げた)。
こうした報道の結果、日本に対して謝罪要求や損害補償を要求する声
がわきあがっている。
そのひとつとして、新愛国同盟(バヤン)はこの報道を真剣に受け止め、
さる5月5日、日本大使館前で抗議行動を行い、謝罪を求めた。
事実その通りであれば、たとえ50年前の出来事であったにせよ、非情に
重要な問題である。
だが、フィリピン女性が強制的に日本軍に性奴隷にされたというのは
本当だろうか。

404 :文責:名無しさん:02/04/18 02:35 ID:3o9BEwi0
だが、フィリピン女性が強制的に日本軍に性奴隷にされたというのは
本当だろうか。
筆者は人権委員会の要請に基づき、第二次大戦中のフィリピンについて
徹底的な調査研究を行い、「従軍慰安婦」事件の真相を究明した。
そして筆者は、当時を知る生存者の話を聴き、さまざまな日記、公式
および準公式の文書、ゲリラの新聞などを読んだ結果、戦時中、フィリピン
では日本軍による大規模な強制的売春はなかった、という結論に到達
した。

405 :文責:名無しさん:02/04/18 02:38 ID:3o9BEwi0
全国戦友会連合会
http://www.senyu-ren.jp/
「南京大虐殺」はなかった
――― 意図的宣伝に騙されるな ―――
------------------------------------------------------------------------

備前市  西川 晃男
------------------------------------------------------------------------
1. 市民は全員無事であったと、南京安全区国際委員長から日本軍に感謝の書状
が出されています。

当時の中国の首都南京が陥落したのは昭和十二年十二月十三日ですが、十二月一日
に南京市長は、市内残留市民に対して、市内に設けられた安全区に避難するよう命
じました。
この安全区を管理したのは、当時南京に残留していた米・英・独人による十五人の
国際委員会でした。
その委員会の記録によりますと、全市民二十万人は全員無事であったと、ジョン・
H・ラーベ国際委員長(反日的ドイツ人)が日本軍に感謝の書状を出しているのです。

------------------------------------------------------------------------
2. 日本軍が占領したことにより治安が回復し、市民生活に不安がなくなったのです。

日本軍が南京市を占領したことにより、市外に避難していた市民は安心して続々と
市内へ帰り、二十万人だった市民は一ヶ月後に二十五万人に増加し、治安も格段によ
くなりました。
その様子は当時の朝日新聞に写真入りで報じられ、新聞縮刷版に残されています。

406 :文責:名無しさん:02/04/18 02:38 ID:3o9BEwi0
3. 大勢いた内外の報道記者の誰もが、虐殺を報道していません。

南京陥落と同時に取材のため入城したのは、新聞記者・カメラマンの外人記者五名を
含め約百二十人と、その他著名な作家・詩人・評論家たちもいましたが、その誰一人
として虐殺・強姦の場面や屍体の山・血の川等を見ていないので、全く報道されていません。
------------------------------------------------------------------------
4. 便衣兵の掃討は正常な戦闘行為なのです。

一九〇七年のヘーグ陸戦条約(付属規則)によりますと、戦闘員は非戦闘員との区別が
できるように遠方から確認できる標識をつける事、陸戦条約を守る事などが定められ、
これに違反した場合の罰則は「捕虜としての待遇が受けられない」となっています。
最高指揮官が逃亡したのでパニックに陥って、潜入が禁止されている安全区に逃げ込み、
民衆の着衣を着て抵抗する便衣兵を捕らえて処刑する事は、戦時国際法にのっとる正当な
戦闘行為であって虐殺ではないのです。
------------------------------------------------------------------------
5. 中国国民党側の軍事報告にも「市民の虐殺」はありませんでした。

日本軍と戦った蒋介石の国民政府軍の総司令官 何応欽 上将の軍事報告書の中に、
南京が陥落したときの様子が詳細に述べられており、将校・下士官・兵の戦死傷者の
数も明細に記録されていますが、「市民の虐殺」などは全く書いてありません。

407 :文責:名無しさん:02/04/18 02:39 ID:3o9BEwi0
6. 中国共産党の戦記の中にも「南京虐殺」の記述は一行もありません。

戦闘の当事者でなかった当時の中国共産党は、このときの戦闘を批判的に注目しており、
後に『抗戦中の中国軍事』なる詳細な記録を残していますが、この中にも「南京虐殺」
の事など一行も書かれてはいないのです。
------------------------------------------------------------------------
7. 国際連盟理事会に於ても「南京虐殺」など話題にもなりませんでした。

当時の国際連盟は、シナに味方して日本を非難する決議まで行っています。しかし
南京陥落直後の一月二十六日から開かれた国際連盟百回理事会でも、その直後の米・
仏・ソ・中の代表によるシナ事変問題小委員会でも、「南京虐殺」など話題にさえ
なりませんでした。
------------------------------------------------------------------------
その他多くの客観的証拠が明るみに出ていますが、マスコミも政府も取り上げません。
中国が怖いので御機嫌を損ねたくないからなのです。何と情けない話だと思いませんか。

「南京大虐殺事件」は、東京裁判の場で、日本が二度と立ち上がれないように日本民族
の魂を徹底的に貶めるために作り上げられた事件なのです。
そして今再び宣伝しているのは、チベットでの人権抹殺から世界の目をそらせ、原子爆弾
投下や都市の無差別爆撃の戦争犯罪を隠蔽して、日本人だけを残虐な民族と定義づけて
孤立させる為なのです。我々はそんな残虐な民族ではありません。

どうか目覚めてください!

そして祖先に感謝し、民族の誇りを持って生きようではありませんか。

408 :文責:名無しさん:02/04/18 02:41 ID:HhDval0M
http://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/8783/15a.html
 洞氏は『南京大虐殺の証明』の中で、第16師団長中島今朝吾
中将の日誌に、「大体捕虜はせぬ方針なれば」とあるのを、捕虜
の集団処刑が軍命令、師団命令によってなされていたの_ーない
かと推測している(前掲書304ページ)。
 洞氏にかぎらず虐殺派はおしなべてこの中島中将の「捕虜はせぬ
方針」というのを一般に誤解して、南京の捕虜はかたっぱしから殺
害したかのごとく主張するが、決してそうではない。これについて
大西一上海派遣軍参謀はこう述べている。
 「それは銃器を取り上げ釈放せい、ということです。中国兵は全
国各地から集っていますが、自分の国ですから歩いて帰れます」
(「正論」61・5阿羅健一著「日本人の見た南京陥落」)。

409 :文責:名無しさん:02/04/18 02:42 ID:HhDval0M
http://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/8783/15a.html
 集団捕虜約1万が南京城内の2つの監獄と、江東門の模範囚収容の
小監獄および2つの収容所に収容された。捕虜取り扱い専任の榊原参
謀によると、「中央監獄の4000人のうち、半分の2000人は、命令によ
り上海の捕虜収容所に移した。その分類は私がした。」と言う。
さらに同氏は東京裁判で、「また幾人かは各部隊が労務に使用し、
逃亡する者も相当多数いたが、これはそのまま放置した」
(「速記録」310号22・11・7)。と証言している。
 また、一部は釈放されて、昭和13年に創立された維新政府――
のちの汪兆銘政府――の軍隊に起用された。維新政府創立の立役者
であり、行政院長に就任した梁鴻志氏は、のちに漢奸裁判にかけられ
て処刑されるが、その裁判の席上こう述べている。
 「綏靖軍(すいせいぐん・維新政府の軍隊)の成立は民国28年
(昭和14年)春で、兵士の大部分は投降兵から成り、応募者は僅少で
あった。4個師に分けたが、1個師は僅か2、3千人であった」
(益井康一著『漢奸裁判史』110ページ)。
 つまり、約1万人の綏靖軍は主として南京戦、武漢作戦における捕
虜を起用したというのである。
のちに北京新民会首都指導部で活躍した劉啓雄少将も南京戦における
捕虜の一人である。

410 :文責:名無しさん:02/04/18 02:44 ID:HhDval0M
南京戦跡見聞録
------------------------------------------------------------------------
全国戦友会連合会
http://www.senyu-ren.jp/
某旅行社が企画した「南京戦跡視察旅行」に、平成十一年十月八〜十三日
の日程で参加した。

同行者は昭和史研究所を主宰しておられる獨協大学教授中村粲先生・防衛
研究所戦史部調査員の原剛先生を含めて十六人。
支那戦線で実際に戦った人が多いかと思ったが、大正十五年生まれの陸士
在学中が最年長、予科練出身の私が二番目、最年少者は昭和四十二年生まれ
で、職業は中学校の教師・現議会議員・工務店経営者・地方公務員・商社員
等バラエティーに富んで居て、何れもいわゆる三十万人南京大虐殺に懐疑的
な人達で、共通して言える事は書物をよく読んで非常に勉強していて、思考
停止状態の人でなく自分の頭で考え判断ができ、有ったことは認めるが無か
ったことは認められない、とする人達であった。
------------------------------------------------------------------------
成田と関空から搭乗して上海に集結、一泊して上海の戦跡を視察してから、
十四時上海站(駅)出発、軟座席車で南京站に十七時到着。

第一印象は「暗い」「やたら人が多い」だった。特に硬座席車への乗車を待つ
人の群れには驚いた。

411 :文責:名無しさん:02/04/18 02:45 ID:HhDval0M
翌日朝、まず南京南西郊外の雨花台近くの「侵華日軍屠殺遭遇同胞記念館」視察
、正面入口の門柱に「愛国主義教育基地」の看板が三枚も掲げられていた。
ここは、日本軍の手で中国人が虐殺されたという中国の主張におもねる当時の社会
党が援助して建設した広壮な施設で、映像資料や証拠物件と称する物を大量に展示
していたが、何れも厳密な検証に耐え得るものではないとの印象を持ったし、そん
な説明もあった。

ここに献花した花輪のリボンが残されていたが、村山富市や野中広務の名が読み取れた。

この記念館の他に「虐殺記念碑」が各所に建てられているらしいが、その内、揚子
江岸の下関と草鞋峽と東部埋葬地の三ヵ所を視察したが、何れも一九八五年(昭和六
十年)以降に建てられていた。
文化大革命が破綻して国内体制の引き締めを迫られていた時で、国内の不満を外向き
に解消する必要に迫られていた時期に合致する。

こうして日本への反感を醸成して、反日で国内の結束を図りながら、一方でODA援助
を受けとる時や、あとで述べる城壁修理の時には、中日友好を唱える意図は、余りにも
見え透いているではないか。

412 :文責:名無しさん:02/04/18 02:46 ID:HhDval0M
ドイツ人武器商人で長年南京に居住していて、中国政府に取り入る為に事後に事実
を曲げて日記を書き直して、日本軍の非道を宣伝したジョンラーベが委員長をして
いた安全区本部跡や、避難民に紛れ込んだ便衣隊が隠れていた金稜女子大学は健在、
支那派遣軍総司令部の在った建物は南京軍区の招待所(保養所)に、東二郎元一等兵が
自分の懺悔録として出版した「わが南京プラトーン」に、上官の残虐行為として実名
で書いて、それが全くの虚偽であるとして名誉棄損の有罪判決を受ける因となった最
高法院の建物も健在。
蒋介石が逃げ去った後、汪兆明が臨時政府を樹立した国民政府跡は、今も行政府の中
心的存在であるらしく門番が立番していた。

その他当時の色々な施設として使われた建物が、用途は変わっていても、何れも当時
と余り変わらないらしい姿で残っていた。

南京市北東部の玄武湖に面した鶏鳴寺近くの『城壁博物館』のそばに、日本人が
募金しボランティアで修復したという城壁があった。
ここは日中友好協会会長の平山郁夫画伯が働きかけ、NHKが平成七年五月廿四日
に「日本軍が戦争で壊した城壁を修復して心の傷も直しましょう」と呼びかけたの
を真に受けて、夏休みを利用して社会人や学生が汗を流して修復した場所だ。
ところが実は日本軍が砲撃して突入路を作ったのは十数箇所程度で、城壁が根こそぎ
吹き飛ばされる訳がなく、城壁が無くなった部分は都市開発のために中国政府自身が
撤去したものなのだ。

413 :文責:名無しさん:02/04/18 02:47 ID:pLV13vLv
そしてこの場所は、すぐ前に玄武湖があるので突入不能の場所で砲撃する訳もなく、
中国人通訳は「焼きの悪かった煉瓦が水を吸って凍って崩壊した部分を、観光開発
のために修復するのを協力要請したもので、日本軍が壊したところだ、とは決して
言っていないはずで心外な話だ」と言っていた。

日中友好を言いながら、事実が明らかになった場合、それに反する結果を呼ぶこ
んな虚偽の報道がなされているのに、多くの人が全く気づいていないのを、現地
を見て話を聞いて実感した。
そして通訳に調べてもらったが、「日本人がボランティアで修復した部分だ」と
いう表示はどこにも無かった事を付記しておく。
------------------------------------------------------------------------
西川 晃男
------------------------------------------------------------------------
平成12年10月25日 戦友連381号より

414 :文責:名無しさん:02/04/18 02:50 ID:pLV13vLv
--虐殺があったと言われていますが・・・

佐藤--見てません。
虐殺があったと言われてますが、16、7日ごろになると、小さい通りだけで
なく、大通りにも店が出てました。
また、多くの中国人が日の丸の腕章をつけて日本兵のところに集ってました
から、とても残虐行為があったとは信じられません。
(略)
仕事用と個人用のカメラを持っていて、個人用のライカは買ったばかり
でよく撮ってました。
慰霊祭のあとは主に個人用で街を撮ってます。
その時、日本兵の死体を撮っては駄目だと言われましたが、私は死体であろう
が何であろうが撮ってました。
このとき、百枚も撮りましたが、後になって見ても、日本兵が残虐なことを
やっている写真は一枚もありません。
この中には日本兵が慰問袋を配って、中国人が群がっている写真なども
あります。
そういう状態ですから、虐殺ということはたまたま私が見ていなかったのでは
なく、なかったのだと思います。
(略)

--佐藤さんはなかったと言っても、その時の写真には残虐行為という
説明がついてますね。

415 :文責:名無しさん:02/04/18 02:51 ID:pLV13vLv
佐藤--ええ、写真は説明一つでどうにもなりますから。
15日、私が南京城内で撮った写真に、日本兵が荷物を背負って、向こう側に
乳母車が写っている写真があります。
私も経験が有りますが、荷物というのは重くて、それで中国人に背負わせたり
、ロバの背に乗せたりしました。
私は無錫で膝を痛めていましたので、摩盤山山系を越える時は本当に苦しくて、
朝、遅れないように人より早く出発しても最後は皆に遅れましてね、ですから
兵隊の荷物のこともよくわかります。
私が見た日本兵は、南京に入ったので気が緩んで肩の力が抜けたんでしょう。
肩をがっくり落として歩いていました。
それを見たとき、兵隊の気持ちがよくわかったので撮ったのですが、いつの
間にか、「徴発した荷物を運ぶ日本兵」という説明がつけられてます。
また、同じ場面を撮ってるのに、虐殺の場面だと言う人もいます。
同盟通信の不動健治さんです。
戦後しばらくして発表した写真「日本写真史1840-1945」(平凡社)
にそういう説明がついていました。
同じような場面を大毎の松尾邦蔵や私が撮って、虐殺の死体ではなかったし、
それには「倒れているのは中国兵の戦死体」と説明をつけています。
私は不動さんをよく知っていて、不動さんから南京で虐殺があったなんて
聞いたこともありませんでした。

416 :文責:名無しさん:02/04/18 02:52 ID:pLV13vLv
彼の弟さんとも親交があるので、気がついた時にそのことを言ったら、兄貴は
頭がぼけているから言ってもわからないだろうと言ってました。
(略)
十年ほど前にも朝日新聞が「中国の旅」という連載で、南京では虐殺があった
といって中国人の話を掲載しましたが、そのころ、日本には南京を見た人が
何人もいる訳です。
何故日本人には聞かないで、あのような都合よい嘘を載せるのかと思いました。
当時南京にいた人はあの話を誰も信じてないでしょう。
それ以来、私は自宅で朝日新聞を購読するのをやめましてね。
その時、配達員に朝日は嘘を書いているからやめる、と言いました。

「「南京事件」日本人48人の証言」阿羅健一
東京日日新聞・佐藤振寿カメラマンの証言

417 :文責:名無しさん:02/04/18 03:01 ID:pLV13vLv
Media Watch: 平気でうそをつく人々

■1.あんな事はホラさ■

 元帝国陸軍大尉・向井敏明のもとに警察が訪れたのは、復員後1
年足らずの昭和22年であった。米軍憲兵が彼を捜しているという。
警察は暗に逃亡を進めたが、「自分は悪いことをしていないから、
出頭します」と答えた。

 妻は、虫の知らせで「もしや、百人斬りの事が問題になるので
は?」と聞いたが、向井は「あんな事はホラさ」と、事もなげに言
った。しかし妻の不安は的中し、これが夫婦の最後の会話となった。
向井は南京に連れ去られ、「百人斬り」をした戦争犯罪人として死
刑となったのである。[1,p71]

■2.百人斬り競争!?■

 昭和16年、東京日日新聞(毎日新聞の前身)の浅海記者は、南京
を目指す日本軍を報道する中で、次のような記事を書いた。

百人斬り競争! 両少尉早くも80人 (11.30)


418 :文責:名無しさん:02/04/18 03:01 ID:pLV13vLv
・・・その第一線に立つ片桐部隊に「百人斬り競争」を企てた二
名の青年将校がある。無錫出発後早くも一人は五十六人斬り、
一人は二十五人斬りを果たしたといふ。・・・野田少尉は無錫を
距る八キロの無錫部落で敵トーチカに突進し、四名の敵を斬っ
て先陣の名乗りをあげ、これを聞いた向井少尉は奮然起つてそ
の夜横林鎮の敵陣に部下とともに躍り込み五十五名を切り伏せ
た。・・・

百人斬り”超記録” 向井106−105野田 
 両少尉さらに延長戦 (12.13)

 野田「おいおれは百五だが貴様は?」 向井「おれは百六
だ!」両少尉は”アハハハ” 結局いつまでにいづれが先に百
人斬つたかこれは不問、結局「ぢゃドロンゲームと致さう。だ
が改めて百五十人はどうぢゃ」

(向井少尉は)「俺の関の孫六が刃こぼれしたのは一人を鉄兜
もろとも唐竹割りにしたからぢや・・・」と飛来する敵弾の中で
百六の生血を吸つた孫六を記者に示した。


419 :文責:名無しさん:02/04/18 03:02 ID:pLV13vLv
■3.自己宣伝とゴマスリのための創作記事■

 山本七平は「私の中の日本軍」で、自らの従軍体験をもとに、こ
れが完全な創作記事であることを、徹底的に暴いて見せた。曰く

 日本刀で3人も斬れば、どんな名刀でも刃こぼれし、刀身は
折れ曲がり、柄ががたがたになる。まして、「鉄兜もろとも唐
竹割り」などということは、木刀でマキを割るのと同様に物理
的に不可能。(従軍した軍刀修理の専門家の著書から)[3,p7
1]

 「鉄兜」などという言葉は軍隊にない。日本軍では「鉄帽」
と言う[3,p96]。また「貴様」は兵隊用語であり、名誉や威厳
にうるさい将校は絶対に使わない。「向井少尉、貴公は」と言
うはずである。[2,p307]

 向井少尉は砲車小隊長であり、野田少尉は部下を持たない大
隊副官である。勝手に砲車や大隊長のそばを離れて、敵陣を襲
ったり、「飛来する敵弾の中で」新聞記者と話をしていたら、
「違命罪」で軍法会議にかけられる。[2,p179,p224]


420 :文責:名無しさん:02/04/18 03:02 ID:pLV13vLv
 山本七平は、このような分析の後に、結局この記事は、浅海記者
が「飛来する敵弾の中で」一生懸命取材していますよ、という自分
の上司に対する自己宣伝と、「お宅の二少尉が日本刀を振りかざし
て駆け出せば、シナ兵の百人や二百人はバッタバッタでございます
よ」[2,p202]という陸軍に対するゴマスリであると結論している。
二人が浅海記者に何を語ったかは分からないが、こういう記者に出
会ってしまったのは、二少尉の一生の不運であった。

■4.向井少尉の遺書■

 浅海記者の記事が証拠となって向井、野田両名は、南京に送られ、
中国の軍事法廷で死刑に処せられた。裁判中、家族が浅海記者に、
あの記事がでたらめだったことを証言してくれ、と必死に頼んだが、
浅海記者が書いてくれたのは「同記事に記載されている事実は、向
井、野田両氏より聞きとって、記事にしたもので、その現場を目撃
したことはありません」という内容だった。

 これは非常に巧妙なセリフで、「百人斬り」そのものが事実かど
うかは知りません、ただ二少尉がそれを自分で話していたのは事実
です、という意味になる。結局、二少尉が「百人斬り」を自白した
のと同じ事になったのである。

 向井少尉は処刑の前に、次のような遺書を残した。


421 :文責:名無しさん:02/04/18 03:03 ID:pLV13vLv
「我は天地神明に誓ひ 捕虜住民を殺害せることは全然なし 
南京虐殺等の罪は全然ありません 死は天命なりと思ひ 日本
男子として立派に中国の土になります 然れども 魂は大八州
(おおやしま、日本)に帰ります

 我が死をもつて中国抗戦八年の苦杯の遺恨流れ去り 日華親
善東洋平和の因となれば捨石となり幸ひです

 中国の奮闘を祈る 日本の敢闘を祈る 天皇陛下万歳 日本
万歳 中国万歳 死して護国の鬼となります [1,p82]

 一方の浅海記者は戦後、毎日新聞を代表する「大記者」として活
躍し、定年退職後は「日中友好推進派」として、毛沢東や文化大革
命を礼賛した数冊の著書を残している。[1,p98]

■5.よみがえる虚像■

 「百人斬り」の虚像は、昭和46年、今度は朝日新聞でよみがえっ
た。本多勝一記者の「中国の旅」である。[4]

422 :文責:名無しさん:02/04/18 03:04 ID:pLV13vLv
 これは日本でも当時一部で報道されたという有名な話なので
すが″と姜さんはいって、二人の日本兵がやった次のような”
殺人競争”を紹介した。

 「M」と「N」の二人の少尉に対して、ある日上官が殺人ゲ
ームをけしかけた。南京郊外の句容から湯山までの約十キロの
間に、百人の中国人を先に殺した方に賞を出そう−−。

 二人はゲームを開始した。結果は「M」が八十九人、「N」
が七十八人にとどまった。湯山に着いた上官は、再ぴ命令した。
湯山から紫金山まで十五キロの間に、もう一度百人を殺せ、と。
結果は「M」が百六人、「N」が百五人だった。こんどは二人
とも目標に達したが、上官はいった、″どちらが先に百人に達
したかわからんじゃないか。またやり直しだ。紫金山から南京
城まで八キロで、こんどは百五十人が目標だ″

 この区間は城壁に近く、人口が多い。結果ははっきりしない
が、二人はたぶん目標を達した可能性が強いと、姜さんはみて
いる。

 日々新聞版と違って、今度は、敵兵の「百人斬り」が、一般市民
の「殺人ゲーム」に置き換えられ、上官が命じたものとされ、さら
に3ラウンドに増やされている。明らかに意図的な作り替えである。

423 :文責:名無しさん:02/04/18 03:05 ID:a/TKoRrf
「中国の旅」は単行本でも出版され、それには注釈として、日々新
聞の記事も引用されている。本多記者はこの作為的な作り替えを知
りながら、本文ではその訂正もしない。あくまで「姜さんがそう言
ったのは事実」だからだろう。この記事で、「百人斬り」の向井少
尉の虚像は、「殺人ゲーム」の「M」少尉として一層パワーアップ
して復活した。「13日の金曜日」のジェイソンも顔負けの殺人鬼
である。

■6.「信じやすい国民」と「平気で嘘をつく記者」と■

 宮城県の小学校では、「百人斬り」が授業で教えられ、生徒の一
人は次のような感想を残したという。[5,p35]

 ちょっとひどすぎるよ、日本も! おーい、野田さーん、向
井さーん。人間のクズめ! 日本のはじ! ちょっと頭おかし
いんじゃない。のう神けい外科にでも行ってもらったら?

 冤罪による処刑にも「日華親善東洋平和の因となれば捨石となり
幸ひです」と死んでいった向井少尉は、こういう小学生の声を、草
場の陰でどんな思いで聞いている事であろう。

 山本七平は憤りを込めて言う。


424 :文責:名無しさん:02/04/18 03:06 ID:a/TKoRrf
 本多記者の「殺人ゲーム」を読んで、多くの人々は「こうい
う事実を全然知らなかった」と言った。そういっているその時
に、まだその人自身が、実は自分が何の「事実」も知ってはい
ないことになぜ気が付かないのか。それでいてどうして戦争中
の日本人が大本営発表を信じていたことを批判できるのか。
「百人斬り競争」を事実だと信じた人間と、「殺人ゲーム」を
事実だと信じた人間と、この両者のどこに差があるのか。[3,p
333]

 こういう信じやすい国民を相手に「平気でうそをつく」記者がい
た事、そういう記者をとがめもせず、優遇する新聞社がある事、そ
してそれは戦前も戦後も変わらない事を肝に銘じておこう。


425 :文責:名無しさん:02/04/18 03:06 ID:a/TKoRrf
産経新聞 
【ワシントン11日=古森義久】1937年(昭和12年)の日本軍の
南京攻略の際、日本軍将校2人が日本刀で中国側100人をど
ちらが先に殺すかの競争をしたという「百人斬(き)り」事件に
ついて米国人の歴史学者がこのほど詳細な学術論文を発表し、この
事件はねつ造であり、戦後にその2人を処刑した軍事裁判も不当
だったという結論を打ち出した。
 同論文は「南京百人斬り競争論議=一九七一年から七五年の
ねつ造されたまぼろしの戦争の罪意識」と題され、カナダ・トロン
トのヨーク大学の歴史学教授ボブ・ワカバヤシ氏(五〇)によって書
かれた。
三十三ページにわたる同論文は米国の日本研究学術雑誌でも最有力
の「日本研究ジャーナル」の最新号に掲載された。

 ワカバヤシ教授はこの論文でまず「百人斬り」について日本国内
で歴史家の洞富雄、新聞記者の本多勝一、ノンフィクション作家の
鈴木明、評論家の山本七平の各氏らが七一年から七五年にかけて展
開した論争の内容を詳しく紹介し、点検している。


426 :文責:名無しさん:02/04/18 03:07 ID:a/TKoRrf
 「百人斬り」というのは三七年十一月から十二月にかけ、南京を
攻略する日本軍の行動の一端として毎日新聞(当時の名称は東京日
日新聞)の浅海一男記者らが現地から三回にわたって送った記事で
「日本軍の少尉二人がどちらが先に日本刀で中国軍兵士百人を殺せ
るかという競争をして、実際にそれぞれ百六人と百五人を殺した」
という趣旨の報道をしたことから、戦後の中国側の南京軍事裁判で
この記事をほぼ唯一の根拠として二人を死刑とした、という事件。

 ワカバヤシ教授はこの事件をめぐり七〇年代の論争や、その対象
となった毎日新聞記事、日本国内の英字紙「ジャパン・アドバタイ
ザー」に掲載された同新聞記事の英訳、南京軍事裁判での各証拠書
類などを点検し、当時の南京での戦争の状態などをも調べた結果、
(1)日本側の当初の報道では二人の将校は南京近くの句容から紫禁城
  までの何キロもの区間で「百人斬り」競争が実行されたとしている
(2)当初の報道では「百人斬り」の対象はあくまで中国側の将兵だったが
  、後の本多勝一氏らの報道ではいつのまにか、一般住民にまで広げら
  れた(戦争で敵の将兵を殺すことは犯罪ではない)
(3)当初の記事の筆者の浅海記者らは二人の将校が実際に中国人を殺す
  ところなど、みたことはないと証言し、東京裁判では二将校を拘留
  し、尋問しながらも解放した
(4)当時の日本軍は日本刀で敵を殺すことは一般的ではなく、また将校
  の日本刀はそれほど頑強ではなかった−などという点を強調している。


427 :文責:名無しさん:02/04/18 03:07 ID:a/TKoRrf
 ワカバヤシ教授はこうした諸点を踏まえて、「提示された証拠は二将校
の有罪を十分には立証していない。
私としてはこれら証拠を総合して『百人斬り』事件というのはねつ造だ
という結論を得た」と述べ、さらに「事件は虚構であり、二人の将校は不
当に処刑された」と明言している。

 「百人斬り」に関して日本や中国以外の第三国の学者がこうした研究
を発表したのは初めて。
ワカバヤシ教授は米国オハイオ州生まれの日系米人で、カナダの大学で
歴史を教え、日本の近代史を専門としている。

428 :文責:名無しさん:02/04/18 03:11 ID:a/TKoRrf
>>355
わが南京プラトーン(笑

サンケイ新聞 平成8年4月26日夕刊より
 「客観的証拠無い」、東京地裁判決、原告の元兵士勝訴。
南京虐殺、旧日本軍が中国人捕虜や市民を虐殺したとされる
南京事件に関する「南京事件京都師団関係資料集」など三冊
の本で「虐殺者」の一人のように書かれ、名誉を傷つけられ
たとして、元従軍兵士、橋本光治氏(80)が、出版元の青
木書店と橋本氏の元部下で著者の東史郎氏(83)とジャー
ナリストの下里正樹氏(59)の二人を相手取り、200万
円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めた訴訟の判決が26日午前、
東京地裁で言い渡された。


429 :文責:名無しさん:02/04/18 03:11 ID:ONHHhUit
朝日新聞記者こそ殺してえ・・・・・・・

430 :文責:名無しさん:02/04/18 03:15 ID:VUx6fazk
今日本テレビはワイドショーなんかで、本多勝一を「ご意見番」と
して使っている。
この放送局がここまで不見識だとは、正直思わなかった。

431 :文責:名無しさん:02/04/18 03:19 ID:VUx6fazk
_/ _/_/_/  欧米マスコミのバッシングに屈せず、言挙げを
_/ _/_/ 続けるマハティール・マレーシア首相の頑固者ぶり
-----H13.07.15----34,684 Copies----282,989 Homepage View----

■1.村山首相・土井たか子議長への一喝■

 平成6(1994)年8月下旬、村山首相は訪問先のフィリピンと
シンガポールで戦争責任問題について謝罪した。その村山首相
をマレーシアに迎えて、マハティール首相は冒頭こう切り出し
た。

 日本が50年前に起きたことを謝り続けるのは理解でき
ない。過去のことは教訓とすべきだが、将来に向かって進
むべきだ。日本はこれからのアジアの平和と安定のために
国連安保理常任理事国入りして、すべての責任を果たして
欲しい。

 また村山首相の6日前にマレーシアに到着した社会党の土井
たか子衆議院議長が「二度と過ちは繰り返さない」「歴史への
反省」などと口にしたのに対し、「過去の反省のために日本が
軍隊(PKO)の派遣もできないのは残念だ」と切り返した。

432 :文責:名無しさん:02/04/18 03:20 ID:VUx6fazk
「ダメなものはダメ」とおよそ非論理的な姿勢でPKOに反対
する土井議長に対する痛烈なパンチであった。

世界の富から利益を得ていながら、世界に対して責任を負
わないということはできません。経済大国・日本にとって
は、世界を安定させ、第3次世界大戦のような惨事が引き
起こされないようにすることが重要だからです。[1,p111]

 国際貿易で膨大な利益を上げながら、半世紀前の戦争への反
省を口実に、ODAをばらまくだけで、世界の安定に対して何
ら貢献もせずにいる日本は、「世界に対する責任」を果たして
いないとマハティール首相は一喝する。

■2.「ルック・イースト」政策■

 マハティールは、1925年、インド出身で上級会計検査官の父
とマレー人の母の9人兄弟の末っ子として生まれた。1941年、
16歳の時、日本軍が初めてマレーの支配者・英国軍を打ち破
ったのを目の当たりにし、またその規律の良さに強く感動した。
我々にもその意思さえあれば、日本人のようになれる、自分た
ちの手で自分たちの国を治め、ヨーロッパ人と対等に競争でき
る能力がある、と考えるようになった。[2,p30]

433 :文責:名無しさん:02/04/18 03:20 ID:VUx6fazk
 けっして裕福とは言えない家庭のため、マハティールは働き
ながら、医科大学を卒業する。卒業後は、医師として地方の医
療活動に専念したが、患者の多くは貧しいマレー人の農民で、
その惨めな暮らしぶりになんとかしなければ、との思いに駆ら
れた。64年、下院議員に当選し、政治家としてのスタートを切
る。

 近代社会における後進性とは貧困を意味し、それが教育
の遅れをもたらし、さらに教育の遅れが貧困を永続させる。
どこかで、その悪循環を断たなくてはならない。[3,p88]

 73年に訪れた日本で、その悪循環を断ち切る解を得たようだ。
街にあふれる高品質の製品も、秒単位の正確さの新幹線も、質
の高い教育がもたらしたものである。1981年、首相に就任する
と、「ルック・イースト」政策を打ち出した。

 怠惰、無気力な植民地根性をたたき直し、日本を見習って、
マレー人に労働倫理と技術を身につけさせ、エレクトロニクス
産業や自動車産業を発展させて、経済成長を実現しようという
のである。


434 :文責:名無しさん:02/04/18 03:21 ID:VUx6fazk
 ゴムや錫の原材料輸出国から脱皮して、日本などから積極的
な外資導入を図った。96年には一人あたり国民総生産が4370ド
ルに達し、中進国の仲間入りした。3〜4LDKレベルの住宅
を大量・廉価に供給し、生活水準も急速に向上している。躍進
する東南アジアの旗手にふさわしい経済発展を実現してきた。

■3.「日本なかりせば」■

 マハティールの世界観は、92年10月香港で開かれた欧州・
東アジア経済フォーラムでの演説「日本なかりせば」から窺い
知る事ができる。

 日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本
なかりせば、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配
していただろう。欧米が基準と価格を決め、欧米だけにし
か作れない製品を買うために、世界中の国はその価格を押
しつけられていただろう。・・・

 貧しい南側諸国から輸出される原材料の価格は、買い手
が北側のヨーロッパ諸国しかないので最低水準に固定され
る。その結果、市場における南側諸国の立場は弱まる。
・・・



435 :文責:名無しさん:02/04/18 03:22 ID:VUx6fazk
 南側のいくつかの国の経済開発も、東アジアの強力な工
業国家の誕生もありえなかっただろう。多国籍企業が安い
労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本と競争せ
ざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がな
ければ、開発途上国への投資はなかった。・・・

 また日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東
アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロ
ッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打
ちできないと信じ続けていただろう。・・・

 もし日本なかりせば、世界は全く違う様相を呈していた
だろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますま
す貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨー
ロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシア
のような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工
業国の顧客の言い値で売り続けていただろう。[4]


436 :文責:名無しさん:02/04/18 03:23 ID:TN2tJUPZ
 南側のいくつかの国の経済開発も、東アジアの強力な工
業国家の誕生もありえなかっただろう。多国籍企業が安い
労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本と競争せ
ざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がな
ければ、開発途上国への投資はなかった。・・・

 また日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東
アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロ
ッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打
ちできないと信じ続けていただろう。・・・

 もし日本なかりせば、世界は全く違う様相を呈していた
だろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますま
す貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨー
ロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシア
のような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工
業国の顧客の言い値で売り続けていただろう。[4]


437 :文責:名無しさん:02/04/18 03:24 ID:TN2tJUPZ
 私は閉鎖的な地域主義を信奉しているのではありません。
開放的な地域主義の重要性を信じています。しかし、マレ
ーシアのような小国が国際貿易における意思決定にほとん
ど影響を及ぼさないことにも気づいたのです。国際的な影
響力を持つためには、もっと大きなグループをつくる必要
がある。・・・

 アジア諸国の大半は貿易国なので、世界貿易が自由に行
われるときに最大の利益を得られます。だから、我々も結
集し、ヨーロッパ諸国や南北アメリカが域内市場を保護し
ようとしている現在の傾向に対抗して自由貿易体制を守ら
なければならないと考えているのです。[1,p41]

■5.欧米との戦い■

 マハティールの突出した提案は、ASEANの長老格スハル
ト・インドネシア大統領の反発を招いたが、その顔を立てて、
スハルトがイニシアティブをとる形で、EAEGをEAEC
(東アジア経済協議体)という話し合いの場にする事とした。
他のASEAN諸国もおおむね肯定的で、91年には域内で合
意が得られ、次に日本を取り込もうという段階になった。

438 :文責:名無しさん:02/04/18 03:24 ID:TN2tJUPZ
 しかし、これに強硬に反対したのがアメリカである。べーカ
ー国務長官は、東京で宮沢首相相手に気色ばんで「どんな形で
あれ、太平洋に線を引くことは認められない。マハティール氏
の提唱する構想は太平洋を二つに分け、日米を分断させるもの
だ」とまくし立ててた。日本が参加しなければ、EAEC構想
をつぶせると考え、強硬に圧力をかけたのである。

 マハティールも負けてはいない。アメリカのお膝元、ニュー
ヨークの国連本部で演説した際には、「欧米が自分たちだけ経
済のブロック化を推進しながらEAECを阻止しようとするの
は、アジア人に対する人種差別である」とぶち上げた。

 しかし、日本政府はアメリカの圧力に屈して、EAEC参加
を見送ってしまう。その一方で、タイなどのASEAN諸国は、
EAECをより積極的に支持するようになっていった。欧米が、
人権、環境問題、労働条件を改善しろとASEAN各国に要求
し、反発を招いていたからである。マハティールは、こう反駁
した。


439 :文責:名無しさん:02/04/18 03:25 ID:TN2tJUPZ
 ヨーロッパはすでに保護主義的貿易ブロックを選択して
いる。彼らは自分たちの高い生活レベルと生産コストを守
り通すために、東アジア諸国との競争を拒絶しようとして
いる。(欧米は)あらゆる問題であら捜しををして私たち
に対する差別政策を正当化しようとするだろう。彼らはそ
の口実として民主主義、人権、労働条件、環境破壊、知的
所有権などといった問題を持ち出している。NAFTAや
ECの登場でこのような差別による排除はますますひどく
なるだろう。[3,p31]

■6.クリントンへの「NO」■

 93年1月にスタートしたクリントン政権は、その4年前に創
設されたが、ほとんど機能していなかったAPEC(アジア太
平洋経済協議体)を土台にして、アジア太平洋諸国をすべてカ
バーする巨大な経済ブロックを作ろうとする構想を発表した。
ASEAN諸国との対立を避けるためにEAECを容認するが、
同時に、それをAPECの中の一機構として、あくまで盟主ア
メリカの影響下に置こうという戦術である。


440 :文責:名無しさん:02/04/18 03:25 ID:TN2tJUPZ
 クリントンは、同年11月にAPEC全加盟国の首脳をシア
トルに召集して、拡大首脳会議を開くと発表した。アメリカは
それまでAPECを軽視して、前年のAPEC閣僚会議には一
人も閣僚を送らず、また首脳会議をやるなら94年インドネシア
でという了解があったのを一切無視して、いきなり全首脳を召
集するという盟主ぶったやり方に、マハティールは筋が通らな
いと反駁した。そしてアメリカは緩やかな協議体であったAP
ECを、自らを盟主とする経済ブロックに移行することによっ
て、EUに対抗しようとしている、と批判した。

 クリントンは、面子にかけてマハティールをシアトルでの拡
大首脳会議に参加させようと、貿易上のアメ玉まで持ち出して
説得したが、マハティールは一蹴した。欠席の理由は、「身内
の結婚式に参加するため」である。わざと刺激的な表現を使っ
て、アメリカのエゴに対して、「NO」と言える政治家である
ことを、国際社会にアピールしたのである。

 全太平洋・東アジアを包括する巨大な経済ブロックなど具体
化できるわけがない、というマハティールの読み通り、APE
Cはその後勢いを失っている。またEAEC構想はアメリカの
画策によりつぶされたが、97年のASEAN結成30周年を期
に、10カ国に拡大したASEAN+3(日中韓)の毎年の首
脳会議が定着してきている[5]。東アジアが結束して世界への
発言権を持つべきだ、というマハティールのビジョンは、姿を
変えてしぶとく命脈を保っている。

441 :文責:名無しさん:02/04/18 03:26 ID:TN2tJUPZ
■7.「マハティールなかりせば」■

 97年7月のタイ・バーツ暴落から始まった通貨危機が、マレ
ーシアにも波及した。そのわずか2週間前に、IMFのカムド
シュ専務理事は、マレーシア経済を「健全な財政システムを維
持しており、他国が手本とすべき国です」と賞賛していた。
[2,p98]

 それが経済危機に襲われた途端に、欧米マスコミは一変して
「縁故主義」「不透明」「政治腐敗」などと、マレーシア経済
の長年の「構造的欠陥」を書き立てるようになった。

 マハティールが通貨危機をもたらした国際的投機集団を批判
し、適切な規制を訴えると、欧米マスコミはさらに「マハティ
ール首相を、自国の金融・財政政策の失敗を人のせいにする」
「自由市場を冒涜する無知な指導者」などと、バッシングを繰
り返した。マハティールは屈せず、IMFからの支援申し出を
拒絶し、非居住者の通貨取引を規制した。


442 :文責:名無しさん:02/04/18 03:27 ID:bfOi/nC5
 その後、ロシアの経済危機でアメリカの投機家集団が大損を
し、米国政府が巨額の資金を使って救済する事態が起こると、
ようやく欧米諸国でも通貨取引安定化のための監督強化が合意
された。

 2001年7月、マハティールの首相としての在任期間は20年
を超えた。この間、アメリカからはEAEC構想で目の敵とさ
れ、また民主選挙によって選ばれているのに、欧米のマスコミ
からはあたかも独裁者であるかのように批判されてきた。それ
にも屈せず独自の発言を続ける姿勢は、英首相だったサッチャ
ー女史も印象に残るアジアの政治家の筆頭にあげている。

 「マハティールなかりせば」、国際社会におけるアジアの発
言力は、今よりもはるかに弱いものになっていたろう。マレー
シアのような小国の首相にすら、これだけの言挙げができる。
そのマレーシアの6倍の人口と、50倍の経済規模を持つ日本
は、なぜアジアのリーダーとして言挙げをしてくれないのか?
アジアの大国として「世界に対して責任を負ってほしい」とい
うマハティールの日本への期待は裏切られ続けている。

443 :文責:名無しさん:02/04/18 03:43 ID:DI4Y5y1r
ジャーナリストたちは、南京陥落後は、南京城内を自由に見て
歩くことができた。
軍人への取材や報道には規制が加えられたが、彼らが南京城内
やその周辺を歩き見ることに対しては、ほとんど規制はなされて
いなかった。
そのジャーナリストたちのほとんどが、戦後になっても「大虐殺」
なるものを見たことはないと証言している。--この事実は、重大である。
ただし、「大虐殺」を目撃したと証言している日本人ジャーナリスト
がまったくいなかったわけではない。
戦後、今井剛、鈴木二郎、小俣行男の三名が大量殺害場面を目撃
したとの手記を発表している。
しかし、この三名の証言が検証された結果、今ではほとんど信憑性
がないことが明らかになっている。

「再審「南京大虐殺」世界に訴える日本の冤罪」竹本忠雄・大原康男

444 :文責:名無しさん:02/04/18 04:59 ID:DI4Y5y1r
>>365
ねえ、どうして自分の頭を使って、「考える」ことを、それほど
までに恐れるんです?
ほんの少し考えてみれば、自分の話が矛盾に満ち、小学生でも見抜く
ことのできる馬鹿話であると気づくはずなんですが・・・。
一度、専門家による思考トレーニングが必要なのかもしれませんね・・。

445 :通りすがりの予備土官:02/04/18 05:35 ID:9YAJJ83Q
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 本日は山本提督の命日なり。
________ | 期待に添えぬ不肖の我らを許し給え……
  /   ./\    \_______________
 /   ./(・)\        o〇       ヾ!;;;::iii|//"
/______/(´ー`)\   ∧∧         |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || | |っ¢|| ̄   (,, ) ナモナモ   |;;;;::iii|
 || || |./,,,|ゝ iii~    ⊂  ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~ 凸( ̄)凸   ( ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr


446 :通りすがりの予備土官:02/04/18 05:37 ID:9YAJJ83Q
だぁぁぁぁっ、
失敗したぁ〜。
慣れぬ事はやらぬが吉(ToT)

447 :文責:名無しさん:02/04/18 06:34 ID:DI4Y5y1r
いわゆる「感謝の書簡」というやつ。
『南京安全区トウ案』 第1号文書(Z1)

南京安全区国際委員会
寧海路5号
1937年12月14日
南京日本軍司令官殿
 拝啓

 貴軍の砲兵部隊が安全区に攻撃を加えなかったことに
たいして感謝申し上げるとともに、安全区内に居住する
中国人一般 市民の保護につき今後の計画をたてるために
貴下と接触をもちたいのであります。
 国際委員会は責任をもって地区内の建物に住民を収容し、
当面 、住民に食を与えるために米と小麦を貯蔵し、地域内
の民警の管理に当たっております。
 以下のことを委員会の手でおこなうことを要請します。

1. 安全区の入口各所に日本軍衛兵各一名を配備されたい。
2. ピストルのみを携行する地区内民警によって地区内を警備する
 ことを許可されたい。
3. 地区内において米の販売と無料食堂の営業を続行することを
 許可されたい。
* a われわれは市内の他の場所に米の倉庫を幾つかもっている
 ので、貯蔵所を確保するためにトラックを自由に通 行させて
 頂きたい。
4. 一般市民が帰宅することができるまで、現在の住宅上の配慮を
 続けることを許されたい。(たとえ、帰宅できるようになった
 としても、多数の帰るところもない難民の保護をすることになろう。)
5. 電話・電灯・水道の便をできるだけ早く復旧するよう貴下と協力
 する機会を与えられたい。
(以下略)

448 :文責:名無しさん:02/04/18 06:35 ID:DI4Y5y1r
13日に虐殺した日本軍に「感謝の書簡」を送るほど安全委員会
は間抜けだった訳だ(笑

449 :文責:名無しさん:02/04/18 06:45 ID:DI4Y5y1r
■1.気がつけばアメリカの植民地■

 1898年4月25日、アメリカはスペインに宣戦布告し、極東艦
隊がスペイン艦隊を撃破してマニラ湾に入った。「フィリピン
革命軍を援助する」と宣言したアメリカ軍を、民衆は歓呼して
迎えた。

 アメリカの参戦で勇気を得た革命軍は、いたるところでスペ
イン軍を撃破した。しかし8月13日にマニラが陥落した時アメ
リカ軍司令官アンダーソンはマニラ市内の約4千の革命軍に撤
退を命令し、翌日米軍のみによるマニラ入城式が行われた。

 10月1日からアメリカとスペインの講和会議がパリで開かれ
た。前年に誕生したばかりのフィリッピン革命政府のアギナル
ド大統領はパリに特使を派遣したが、アメリカはその出席を拒
否し、勝手に講話条約を締結してしまった。

 講話条約の中にはスペインはフィリピンをアメリカ合衆国に
譲渡するという一項があり、マッキンレー米大統領はこの条約
と同時に「アメリカ軍はフィリピンにとどまり、その独立の日
まで撤退しないだろう。それまでフィリピンの主権はアメリカ
にある」と発表した。

 こうして300年以上もスペインの支配下にあったフィリピン
は、独立した途端にアメリカの植民地にされていたのであった。

450 :文責:名無しさん:02/04/18 06:45 ID:DI4Y5y1r
■2.革命軍総司令官アミルテオ・リカルテ■

 当初、革命政府は独立さえ認めてくれれば経済上の優先権や
駐兵権はアメリカに認めるという低姿勢で交渉に臨んだ。しか
しアメリカは8万もの大軍を上陸せしめ、フィリピン群島を完
全なる軍事制圧下に置いた。この時にあたって革命軍総司令官
として独立戦争を開始したのが33歳のアミルテオ・リカルテ
であった。

 リカルテは、1868年ルソン島最北端のラオアグという町の大
きな農家の二男坊として生まれた。1890年、名門サント・トー
マス大学を24歳で卒業。スペイン本国への留学にあこがれる
のが当時の青年たちの常であったが、リカルテは一生を民族主
義教育に捧げる決心をして、マラボンの小中学校の校長になっ
た。

 1895年頃から、スペインの暴政に対して、民衆の憤りが高ま
り、独立を目指すカティプナン党が急速に勢力を広げた。リカ
ルテも入党して、指導的な地位についた。1896年8月27日、
カティプナン党とスペイン軍との戦いが始まり、翌年3月、リ
カルテは「国軍総司令官」に任命された。この時以来、リカル
テの生涯はフィリピン独立のための戦いに捧げられる。


451 :文責:名無しさん:02/04/18 06:46 ID:DI4Y5y1r
 スペインを破った後に豹変したアメリカに対して、リカルテ
は再び革命軍総司令官として二度目の独立戦争を開始した。

 独立は戦いとるべきもので、たとえアメリカであろうと、
スペインと戦ったように、戦い取ってこそはじめて真の自
由と独立をうることができるのだ。

■3.日本からの武器弾薬供与■

 リカルテは革命政府外務長官のマリヤノ・ポンセを日本に送
り、アジア主義者の宮崎滔天に武器援助を仰いだ。ポンセの依
頼は、アジアの独立運動に深い同情と理解を持つ陸軍参謀総長
川上操六大将にもたらされた。おりしも、アメリカ国務省から
日本外務省にあてて、フィリピンへの武器密輸を取り締まって
くれという要請が届いていたが、川上は青木外務大臣の反対を
押し切って、陸軍からの兵器払い下げを決定した。川上は宮崎
らにこういった。

 フィリッピン独立といっても、なかなか容易ではないと
思う。わが国としてもお援けしてさしあげたいが、まだそ
の余力はない。・・・同じアジアの民として、困ったとき
には助け合う、武士は相見互いだ。国の力が及ばないとき
には、君たち有志に期待するほかない。しっかり頼むぞ。


452 :文責:名無しさん:02/04/18 06:47 ID:DI4Y5y1r
 約300トンもの武器弾薬が、布引丸という古い貨物船に乗
せられ、上海に送る石炭と鉄道枕木だと偽って、フィリピンに
送られることになった。明治32(1899)年7月19日に布引丸
は長崎港を出港した。日本人の義勇隊3名と道案内のためのフ
ィリピン人2名が乗船していた。しかし、翌日夜、台風に襲わ
れ、暴風雨と戦うこと約20時間、ついに布引丸は武器弾薬と
ともに東シナ海の藻屑となった。

(約80年後の昭和53年、フィリピンのマルコス大統領は、
この時に武器弾薬を宰領して遭難した益田忍夫の孫、益田豊夫
妻を独立記念日の6月12日に招待し、フィリピン独立功労者
の遺族という最高級の栄誉を授与している。)

■4.義勇隊来る■

 布引丸に先行して、5人の陸軍予備役将校と1名の民間人か
らなる義勇隊が、独立軍支援に赴いていた。隊長は元台湾総督
付参謀の原禎で、「フィリピンの独立を救援しなければ、アメ
リカは必ずこの地を占領し、東亜の自由と発展を害するや必せ
り」として、自ら軍籍を退いて、この挙に加わったのである。

453 :文責:名無しさん:02/04/18 06:47 ID:DI4Y5y1r
 6人は下級労働者に変装して、フィリピン独立軍を包囲する
アメリカ軍陣地を突破した。6人を迎えた大統領アギナルドは、
こう言った。

 日本からはるばるフィリピン独立のために、身を挺して
馳せ参じてくださった皆さんの義侠に対して、何と感謝申
し上げてよいかその言葉も知らないほどである。

 6人はアギナルドの軍事顧問や、前線部隊の作戦参謀の任に
あたった。同時にフィリピン在留の日本人約300人も、独立
軍に参加して、ともに戦った。日本から義勇隊が来たというの
で独立軍の志気は大いにあがった。

■5.革命軍の敗北■

 やがて布引丸の悲報が伝わった。米国は日本政府に抗議を申
し入れてきた。さらに革命軍に日本人が加わっていることを知
って、日米関係は険悪になった。

 武器弾薬に乏しいフィリピン軍にとって、布引丸の沈没は致
命的であった。革命軍はゲリラ戦や夜襲によって抗戦を続けた
が、8万ものアメリカ軍に次第に追いつめられていった。

454 :文責:名無しさん:02/04/18 06:48 ID:DI4Y5y1r
 1900年6月、リカルテは蛮刀で武装した特殊工作部隊を自ら
指揮して、米軍本陣に斬り込み、捕らえられた。続いて翌年3
月、アギナルド大統領が逮捕され、二人の指導者を失った革命
軍は米軍に屈服した。1899年2月から3年5ヶ月におよぶ独立
戦争はこうして失敗に帰した。

 1901年には600人ものアメリカ人宣教師がマニラに到着し、
英語での教育が広められた。すでに大部分がキリスト教徒とな
っていたフィリピン人の若者たちには、母国語や母国文化に代
わって、急速に英語文化が注入されていった。ご用政党のフェ
デラル党のごときは、アメリカの一州になろうという運動まで
起こした。

 元革命政府大統領のアギナルドも、アメリカに忠誠を誓い、
報奨として豪壮な邸宅と多額の年金を与えられた。


455 :文責:名無しさん:02/04/18 06:49 ID:pLZAwJbk
■6.故郷を目前にして■

 アメリカに買収されることを拒否したリカルテ将軍は、軍事
裁判の結果、90名の同志と共にグアム島の岩窟牢に入れられ
た。コレラやマラリアなどの風土病のため、90人の同志が流
刑3年目には28名に減ってしまった。

 当局は、アメリカに忠誠を誓うなら、無罪放免するとして、
28名の囚人を船でマニラ湾まで連れてきた。3年ぶりで見る
なつかしいマニラの街並み、故郷の山河が目の前に広がる。

 一人一人アメリカ合衆国に忠誠を誓う誓約書にサインをして、
上陸していった。去っていく同志の後ろ姿を見ながら、リカル
テは、サインを迫る米軍法務官に向かって「星条旗のもとには
帰りたくない」と言い切った。

 リカルテは再び、国外追放の処分を受け、香港に移り住んだ。
そこでイギリス人の経営する印刷会社で働いて、印刷術を修得
し、「現代の声」という新聞を発行して、フィリピンの革命同
志や学生に独立運動を呼びかけていった。

456 :文責:名無しさん:02/04/18 06:49 ID:pLZAwJbk
■7.アギナルド君、起とう!■

 明治37(1904)年に始まった日露戦争を、リカルテは祖国独
立の好機と捉えた。日本が勝てばアジアの諸民族は白人帝国主
義に抵抗し、独立・解放の機運を高めるだろう。

 日本に勝たせたいという願いはフィリピン民衆も抱いていた。
日本海海戦でバルチック艦隊がほとんど全滅したとのニュース
が伝わると、民衆は我が事のように喜んだ。日本の戦勝を祝福
する挨拶がかわされ、マニラでは旗行列まで行われた。

 リカルテはカトリック僧に扮して、祖国に潜入し、元大統領
のアギナルドを訪ねた。

 この秋(とき)起たずんばいつの日にか好機があろうか。
アギナルド君、起とう。日本がロシアを破ったように、わ
れわれもアメリカと戦い、アメリカから其の独立を勝ち取
るのだ。・・・

 ロシアを負かした日本も、われわれの独立戦争を決して
見殺しにするようなことはないと思う。ぼくも3年間の準
備工作で自信は十分できた。アギナルド君。一緒に起と
う!

457 :文責:名無しさん:02/04/18 06:50 ID:pLZAwJbk
 しかし、アメリカからの年金で贅沢な生活を送っていたアギ
ナルドは、往年の独立への情熱も覇気も失っていた。リカルテ
は怒り、「国亡びて個人の栄達何するものぞ」と言って去って
いった。

■8.再度の「ノン!」■

 リカルテ将軍はバターン半島の一角に砦を構え、再び独立戦
争の狼煙をあげようとしたが、賞金目当ての裏切り者がアメリ
カ軍に密告した。砦はアメリカ官憲に急襲され、同志のあるも
のは射殺され、あるものは捕らえられて、完全に壊滅した。19
05年5月24日のことである。

 リカルテは捕らえられ、法廷に臨んだ。彼はアメリカの占領
以後の欺瞞に満ちた政策と非人道的行為を痛烈に批判した。香
港での地下工作の間に、彼の「独立宣言」文がアメリカの新聞
に大きく取り上げられた事もあって、米国世論は同情的であっ
た。これが圧力となって、法廷は極刑を避けて、禁固6年の刑
を言い渡した。

458 :文責:名無しさん:02/04/18 06:51 ID:pLZAwJbk
 6畳程度の独房で、家族との面会はおろか、読書や手紙の執
筆すら禁ぜられるという厳しい監禁生活にリカルテは耐え、つ
いに6年の刑期を終えた。リカルテは再び、法廷につれて行か
れ、アメリカ合衆国に忠誠を誓えば、アギナルドのように豪壮
な邸宅と多額の年金が約束されるとさえほのめかされたが、リ
カルテはきっぱりと、「ノン!」と叫んで、首を横に振った。

 リカルテは再び、国外追放を命ぜられ、香港の近くのほとん
ど無人の小島に流された。

■9.星条旗の下に帰ろうとは思わない■

 その後、リカルテは大正4(1915)年に脱獄し、日本に亡命し
た。陰で日本人の支援があったと推測されている。しばらく名
古屋に潜伏した後、台湾民政長官だった後藤新平などのはから
いで、大正12年に横浜に移住した。

 1934年、アメリカの主権下でフィリピンは憲法を制定し、か
つての将軍の部下ケソンが大統領に就任した。ケソンはリカル
テに対し、栄誉ある勲章と、終身年金を申し入れて、帰国を促
した。リカルテの答えは再び「ノン!」であった。


459 :文責:名無しさん:02/04/18 06:51 ID:pLZAwJbk
 昭和15(1940)年、ケソン大統領は訪米の帰途、横浜に立ち
寄り、自らリカルテを訪ねて、帰国を求めた。リカルテはこう
答えた。

 わしはフィリピンに星条旗がひるがえっているかぎり、
その星条旗の下に帰ろうとは思わない。わしが祖国に帰る
日は、祖国が完全に独立し、むかしわれわれが立てたあの
革命旗が、堂々とだれはばかることなく立てられる日だ。

■10.最後の一人となるとも、アメリカと戦うつもりだ■

 その翌年、大東亜戦争が勃発し、リカルテは参謀本部の要請
を受け、占領後の独立の約束をとりつけた後、75歳の老躯を
駆って祖国に戻った。群衆は歓呼してリカルテ将軍を迎えた。

 1943(昭和18)年10月14日、日本軍の軍政が撤廃され、
正式に「フィリピン共和国」として独立の日を迎えた。対スペ
イン独立戦争時から愛唱されてきた歌を国歌として制定し、そ
の演奏とともに、アギナルドとリカルテが革命旗をもとにデザ
インされた国旗を掲げた。(これらの国号、国旗、国歌は現在
まで引き継がれて、この時に就任したラウレル大統領は、現在
でも第2共和国の大統領として、マラカニアン宮殿に歴代大統
領と並んで肖像画が飾られている。)

460 :文責:名無しさん:02/04/18 06:52 ID:pLZAwJbk
 米国の反撃が始まると、山下奉文大将はリカルテ将軍に日本
への再亡命を勧めたが、将軍は「わしは最後の一人となるとも、
アメリカと戦うつもりだ。わしの80年の生涯は、ただこのた
めにあった。」と断った。

 日本軍とともに逃避行軍すること3ヶ月、80歳の将軍はあ
る朝、眠るように亡くなっていた。遺骨の一部は遺言にしたが
って、第二の故郷である日本に持ち帰られ、東京多摩の霊園に
祀られた。昭和46年にはフィリピン協会により、横浜市山下
公園にリカルテ将軍記念碑が建立されている。


461 :文責:名無しさん:02/04/18 06:53 ID:OGsbsWzX
http://halohalo.helper.to/Infomation/Article/Shinnichi.htm
記 事(Article)
 新・アジア親日事情
NHKが調査した韓国とフィリピンの対日感情の調査があるが、「第2
次大戦への思いで日本による戦争被害に今も憤りを感じるか」という
項目に、韓国では「感じる」という回答が73%。
一方、フィリピンでは「感じる」という回答は20%に過ぎない。
また日本は戦争被害に対して、「反省している」は韓国8%に対し、
フィリピン60%である。
そのフィリピンはこの戦争で主として米軍の砲爆撃によってだが、
じつに150万人もの犠牲者を出しているのだ。
過去は過去として、このようにフィリピンには親日的な空気がある。
実際、いま日本に住んでいる外国人で最も多いのは朝鮮半島出身者の60万人
だが、次はフィリピンからの15万〜20万人。毎年6000人前後のフィリピン
女性が日本人と結婚している。
以前マニラ・ガーデンホテルの社長をしていた日本人実業家・鶴岡正一氏
に聞いた話だが、フィリピン人は誠心誠意つくしてくれるという。
たとえば用事でフィリピン人運転手を待たせておいて、帰ってくると、車
の中が暑いという。

462 :文責:名無しさん:02/04/18 06:54 ID:OGsbsWzX
これは木下籐吉朗のワラジの逸話と逆で、主人が乗っていない時には燃費を
考え、クーラーを切って待つからだというのである。
そうした親日感情に日本人も気づきはじめて、いまやフィリピンの工業団地
は、ほとんど日系企業で埋めつくされているといっても過言ではない。
さらにセブ島、マクタン島の工業団地に単身赴任でいった日本人男性の8割が
フィリピン女性と結婚しているというのだから「相思相愛」の感ありだ。
すでに九州あたりの企業は競ってフィリピンに進出しているというのだが、
そうした日本企業がフィリピンで失敗したという例を、私は、ほとんど聞
いたことがない。

463 :文責:名無しさん:02/04/18 06:54 ID:OGsbsWzX
「読売新聞社と韓国日報社がアジア各国でおこなった共同世論調査」
               (1995年5月23日・読売新聞)
『日本と韓国に対してそれぞれ否定的な印象を持っている各国人の割合』
中国人         対日37.8%   対韓31.1%
インドネシア人     対日13.9%   対韓33.3%
マレーシア人      対日 2.9%   対韓33.3%
タイ人         対日21.6%   対韓61.2%
ベトナム人       対日 1.1%   対韓41.3%
---------------------------------------------------------------
「戦後50周年アンケート」
(1995年読売新聞の世論調査)
『第2次世界大戦中に行なった行為は、今でも日本との関係の発展を妨げているか?』
妨げている
韓国     71%
中国     49%
タイ     36%
マレーシア  25%
ベトナム   13%
インドネシア 12%
日本に対して良いイメージを持っている
ベトナム   95%
マレーシア  94%
タイ     80%
インドネシア 72%
中国     53%
韓国     30%

464 :文責:名無しさん:02/04/18 06:56 ID:OGsbsWzX
>>461>>463のような数字は、「親日話」と「反日話」のどちらを
裏付けているでしょう(笑

465 :文責:名無しさん:02/04/18 07:56 ID:vxThWPtb
「これは私が発見した資料です」と吉見義明・中央大教授が得意気に
発言する。
この通牒は「悪質業者を排除するため」中支那派遣軍は「人物選定を
適正にせよ」と通達したもので、「慰安婦募集のトラブルを回避する
ため」「軍が直接に慰安婦を募集せよ」と示達したものではない。

「正論」平成13年4月号--NHKウオッチング(中村粲)
ETV「戦争をどう裁くか」に批判集中

NHKのETV2001がこのおぞましい人権破壊行為を特集すると
言う情報が流れた時点で、多くの市民からの抗議がNHKに寄せら
れたのです。
多くの大学教授や「女性国際戦犯法廷」を憂慮する市民団体、個人
からの抗議が山ほどNHKに届き、そのためNHKの海老沢会長自
らが番組のビデオを見たところ、そのあまりの反日偏向とおぞまし
い内容に腰を抜かさんばかりに驚き慌てて結果として内容が修正され
たのです。
(この経緯は獨協大学中村教授論文:雑誌「正論」4月号209頁に詳しい)


466 :文責:名無しさん:02/04/18 07:59 ID:vxThWPtb
ETV2001「女性国際戦犯法廷」についての
朝日新聞虚偽捏造記事を論破する
非会員 法学士グレアム グリーン(投稿)

http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/index.html

467 :文責:名無しさん:02/04/18 09:11 ID:lSIinfp+
ウヨも弁明に必死だな。是非教科書に載せてもらいたいものだな。
誰にも相手にされないと思われるが。

468 :文責:名無しさん:02/04/18 09:13 ID:vxThWPtb
>>467
残念だね。
慰安婦に関する記述減って。泣くなよ。

469 :文責:名無しさん:02/04/18 09:22 ID:9mnmGjFR
>>467
煽ってるんだろうけどさあ、自国の正当性を主張したり、自国についての
いい話を披露することが「弁明」なのか?
国籍が日本人じゃないのなら理解できる発言だが。

470 :文責:名無しさん:02/04/18 09:25 ID:lSIinfp+
>>466

従軍慰安婦が性奴隷にグレードアップしましたからね。
いい話と思うなら何でマスコミや教科書に載らないのか考えてみれば?

471 :文責:名無しさん:02/04/18 09:30 ID:RkqIPs/T
>>470
民団総連が圧力かけるから。
OK?

472 :有事法制絶対粉砕!:02/04/18 11:46 ID:+Yexz3vU
性奴隷はアジア全体で約100万人いたことが明らかになっていますが、彼女達被害者は、毎日、数十人の相手をさせられていたという確かな証言があるので、一日当たり1000万以上の強制的な性行為が行われれていたという実態が明らかになっています。
日本帝国主義の兵隊が約300万人なので、一人あたり3.3回という計算になります。
このような国家ぐるみの犯罪を正面から受け止め、彼女達一人ひとりに心からの謝罪をすることが、アジアの新時代を築くと思います。


473 :文責:名無しさん:02/04/18 11:49 ID:RkqIPs/T
>>472
うおお!禿同!

474 :文責:名無しさん:02/04/18 11:50 ID:tPdWiFiZ
一日数十人の客をあてがうなんて、売春婦どもの身になって考えてみたら、
これほど素晴らしい客先はないと思うな。値段もほとんど言い値だろ。
強制もしてないのに、いつまでも勝手についてきた理由がよくわかる。

475 :文責:名無しさん:02/04/18 12:22 ID:hudG40MZ
>>472
日本軍は、兵3.3人あたり一人の慰安婦を一日に数十回犯し、クリスマス休暇もひたすら犯した。
中国大陸では8年間に3000万人(一日あたり1万人以上)を虐殺し、アジア各国で暴虐の限りをつくした。
世界史上最も過酷な植民地支配をした朝鮮半島では、上海亡命政府の韓国軍や金日成率いる朝鮮軍と戦った。
さらに、その片手間に超大国アメリカとイギリスを相手に4年間もガチンコで戦った。

476 :文責:名無しさん:02/04/18 12:37 ID:UbjtXCOm
>性奴隷はアジア全体で約100万人いたことが明らかになっていますが、
>彼女達被害者は、毎日、数十人の相手をさせられていたという確かな証言
>があるので、一日当たり1000万以上の強制的な性行為が行われれていた
>という実態が明らかになっています。

何を言うか!クマラスワミ報告では一日40人だから、一日あたりに直せば
4000万以上だ!数を誤魔化すな!反省しる!

>日本帝国主義の兵隊が約300万人なので、一人あたり3.3回という計算
>になります

結論として一日一人あたり10回以上なのは間違いない!
これは性奴隷だけでなく日本兵にとっても過酷な虐待である!
日本軍は自国の兵士を慰安所でティムポが擦り切れるまで酷使し、その上で
戦争をさせていたという世界史に類例を見ない非道な軍隊なのだああああ!!!

477 :文責:名無しさん:02/04/18 12:40 ID:NaSpsDjn
従軍慰安婦問題の本質は代金が軍票だったので
日本の敗戦と同時に紙屑になり代金の回収が不可能になった事。
ゆえに不払いの賃金を支払う事が日本政府の義務である。
今のままではやらずぼったくりである。
女を買ったのなら使用料金はちゃんと利子付けて払いましょう。

478 :文責:名無しさん:02/04/18 12:43 ID:UbjtXCOm
>従軍慰安婦問題の本質は代金が軍票だったので日本の敗戦と同時に紙屑に
>なり代金の回収が不可能になった事。

それが「本質」だって?随分とスケールが小さくなったねえ・・・

>ゆえに不払いの賃金を支払う事が日本政府の義務である。

各種の条約で全て解決済み。日本政府は「義務」を果たしている。

479 :文責:名無しさん:02/04/18 12:43 ID:tPdWiFiZ
むしろ日本軍の罪は、
強姦好きな朝鮮人志願兵に慰安婦をあてがい強姦を禁止することにより、
強姦の楽しみを奪ったこと。
そして戦争に負けたことにより、朝鮮人斡旋業者と朝鮮人売春婦から、
他にくらべるものもないくらいおいしい商売を奪ったことだろう。

480 :文責:名無しさん:02/04/18 12:48 ID:lSIinfp+
日本兵の子を身ごもった慰安婦は10から20万人いたらしいので、
その養育費も支払う義務は日本政府にある。慰安婦の慰謝料も含めて
5000万 X 100万人 + 1000万 X20万人 =52億円が妥当なところ
か。

481 :文責:名無しさん:02/04/18 12:51 ID:UbjtXCOm
>>480
煽りの前に電卓叩きなさい

482 :文責:名無しさん:02/04/18 13:06 ID:lSIinfp+
52兆円でした。国家予算の一年分弱。日本軍はどえりゃーこと
したもんだ。

483 :文責:名無しさん:02/04/18 13:45 ID:tPdWiFiZ
売春婦買っただけで慰謝料をがっぽり取られるんじゃ、
風俗なんかいけないよな。

484 :ネ土民党支持者:02/04/18 13:57 ID:gK2sDTgI
性奴隷はアジア全体で約100万人いたことが明らかになっていますが、彼女達被害者は、国連でも採用されたクマラスワミ報告に
よると、一日あたり40人の相手をさせられていたという確かな証拠があるので、一日あたり4000万以上の強制的な性行為が行
われれていたという実態が明らかになっています。
日本帝国主義の兵隊が約300万人なので、一人あたり13.3回という計算になります。
このような人類史上類を見ない、国家ぐるみの犯罪を私たち日本人は正面から受け止め、彼女達一人ひとりに心からの謝罪をするこ
とがアジアの新時代を築くと思います。


485 :文責:名無しさん:02/04/18 14:28 ID:lSIinfp+
>>483

買ったのではなく強制連行だと慰謝料をとられるのです。

486 :文責:名無しさん:02/04/18 14:45 ID:5+7vHmL4
忘れられない夜(1998.10)    李東國

僕たちが優勝した夜、僕と金殷中の部屋に「播戸」と「小笠原」がまた遊びに来てくれた。
僕らの部屋に日本人がいることを知って、チームメートが入れ替わり立ち代りやってきた。
僕たちは彼らと仲良くなりたかったのだ。
「せっかくだからさ、日本人もみんな呼んでこようよ」
僕の提案にみんな大賛成だった。
日本人がどう出るかが心配だったけど、ぞろぞろとやってきてくれた。
(総勢20人!) 部屋は一転して窮屈になった。
日本語と韓国語が話せるヒョンに来てもらって、言葉の壁は消えた。
やりたかったユニフォーム交換。韓国人なのに日の丸をつけるのは、
ちょっと不思議な感覚だった。(僕の両親はどう思うのだろう、とちょっとだけ思った)
金殷中は女の子みたいな本山と、僕はたれ目のキャプテンと交換した。
日本人が韓国のユニフォームを着ると、韓国人に見えた。
日本人は韓国のユニフォームを、 ぼくたち韓国人は日本のユニフォームを着た。
彼らがぼくたちの青い姿を見てはやしたので、 僕たちは彼らを負けずにはやした。
僕たちは話したいことがいっぱいあった。僕たちは聞きたいことがいっぱいあった。
近くて遠い国ー日本。話のすべてが新鮮だった。
僕らと似ているところと違うところがあった。彼らの質問の内容も面白かった。

夜中から始めた交流会だけど、ぜんぜん眠くなかった。
そして、僕たちがホテルを出るまであと一時間。
僕らはさよならをした。 2002年、今日と同じメンバーで戦いたい。
僕たちは優勝以上のお土産を持って韓国に戻った。
あれから半年、小野が重傷を負ったと聞いて、僕はショックを受けた。


以上しお韓住人より




487 :文責:名無しさん:02/04/18 15:49 ID:QcRV+nhc
イランイラク戦争の時、トルコの邦人救出の話はガイシュツですか?

488 :487:02/04/18 15:51 ID:QcRV+nhc
すみません。ガイシュツだったようです。

489 :文責:名無しさん:02/04/18 20:21 ID:SWiSYLJD
>>483
買ったのに代金を払ってないから請求されるのです。
そして国家が行ったわけではないですから
売った女性と買った兵隊さんの民事上の問題です。
売春自体は当時合法でしたからこれは民事の問題です。
行った場所が外国ですから国外(この場合日本)へ出国した
段階で民事上の時効がどのように扱われるかが不明です。
ゆえに買った兵隊さん個人に対し裁判をすればいいのです。


490 :文責:名無しさん:02/04/18 23:29 ID:lyw0yY5N
買った兵士は軍票で払ったんだろ。
それをとっとと現金化しなかった売春婦の問題じゃないの?
株で損するのと一緒で、個人責任だろ。

491 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/19 00:10 ID:Xhmq6O6g
強制連行から軍票か(藁
オレも1日13.3回もSEXしてみたい。
顔面射精も基本コースつうのがいいな。

492 :文責:名無しさん:02/04/19 00:25 ID:oOvty8P6
昔、韓国人慰安婦が精液をかけられ続けたためマヨネーズを食べる事が出来ない、
なんて話を読んだ事があるけど、戦前に顔面発射や口内射精などという行為が行わ
れていたのか?と疑問に思った。

493 :文責:名無しさん:02/04/19 00:32 ID:iCWI/Mh7
>>470
そんなことは少し頭を使えばわかるはずですが?
日教組はそもそも共産党系の組織と社会党系の組織が合わさって
できた団体だし、新聞でも保守系は書いてるじゃない。

494 :文責:名無しさん:02/04/19 00:34 ID:Gg0DY8PE
>>470
ひょっとして、記述が減った、ということすら知らない?

495 :文責:名無しさん:02/04/19 00:36 ID:YkjYIZn+
>>472
妄想が悪化してますね(笑
本を読む習慣をつけましょう。

496 :文責:名無しさん:02/04/19 00:37 ID:YkjYIZn+
>>472
あ、ごめんネタだったんだ。

497 :文責:名無しさん:02/04/19 00:39 ID:mKu5l30F
>>477
未払いになったのは一部、ということも忘れないでください。

498 :文責:名無しさん:02/04/19 00:40 ID:mKu5l30F
>>480
ウケた。

499 :文責:名無しさん:02/04/19 00:42 ID:mKu5l30F
う〜む。すっかりネタスレと化しましたな。

500 :文責:名無しさん:02/04/19 00:42 ID:2a+xhQc0
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1016556173/l50

ここでは自作自演で多数派工作に乗り出しているバカがいますが、472の
ような「言われていることが本当だとするとこうなる」ヨタ話をするとムキに
なって怒ります。

501 :文責:名無しさん:02/04/19 00:43 ID:e257N4nH
>>492

ああ あの

「日本軍のクリスマス休暇にはたくさんの日本人の
相手をさせられました」のババァが言った台詞だろ?

日本軍にクリスマス休暇があるもんか
それは朝鮮戦争の米兵がやったんだろう・・・

502 :文責:名無しさん:02/04/19 00:46 ID:mKu5l30F
>>500
大丈夫?

503 :文責:名無しさん:02/04/19 00:47 ID:mKu5l30F
>>500
何番と何番が同一人物なの?

504 :文責:名無しさん:02/04/19 00:47 ID:mKu5l30F
ま、おもしろけりゃいいと思うけどね。

505 :文責:名無しさん:02/04/19 00:51 ID:omhplpLY
525−527が「476さんの指摘は心に響きました」とレスしてる476と同一人物と思ワレ。

506 :文責:名無しさん:02/04/19 00:52 ID:mzRpdidM
じぇんじぇん関係ないけど「木島日記」って小説はおもろい!

507 :文責:名無しさん:02/04/19 00:55 ID:mzRpdidM
ただ、作者の偏向した歴史観が垣間見えるのがウザいけど。

508 :文責:名無しさん:02/04/19 12:45 ID:vfoyNaGy
うちのじっちゃん(もう死んでいない)はよく生前言っていた。20歳で
徴兵され主に満州や朝鮮の前線にいたそうだが、明日命がなくなるかわか
らないそんな極限状態での楽しみは、数ヶ月に一回日本から来る宝塚など
の慰安公演や、軍幹部が用意してくれた従軍慰安所での性行為だったそうだ。
その当時、ほとんどの20前後の若者は、そこで童貞を卒業し、SEXの虜にな
ったそうで、延べ数百人と関係をもったと話していた。慰安婦の中にはお金の
ために志願してなったものもいたらしく、そのほとんどが15,6歳だったそ
うだ。まんざら一日3,4回って話もネタではないと思った。
明日死ぬかもしれない、人がそんな極限状態になると、性欲は異常なまでに
高まるそうだ。かあちゃんには内緒にな、何ていっていたじいちゃんもその
3年後に亡くなった。

509 :文責:名無しさん:02/04/19 12:47 ID:lIJFD56/
>>508
間抜けな茶々入れるけど、ログにある数字は、「1日3〜4回」を「毎日」だよ。

510 :文責:名無しさん:02/04/19 12:56 ID:KY0Cw7PR
どう考えても、軍からはそんなに性行為をこなすだけ
売春婦を買えるほどお金をもらってなかったみたいだけどね。
たまたま大富豪ばかりが集まってた軍隊なのかね。

511 :文責:名無しさん:02/04/19 13:15 ID:9B+60WaL
>延べ数百人と関係をもったと話していた。

この手の自慢話は話半分に聞くものだよ。
週に一回買ったとしても、せいぜい多くて2〜300人だからね。

512 :文責:名無しさん:02/04/20 00:31 ID:wC9VatZZ
(略)山田の同僚だった長沢健一軍医のメガネにかなったのは、朝鮮
の親元へ送金して田畑を買い戻した春子とか、「三万円を貯金し、五万円
になれば京城へ帰って小料理屋を--」と励んでいた慶子という女で、
聞き知った兵站司令官が「感心な女だ。表彰しよう」と言い出したそう
である。
その長沢が認識を変えたのは1940年、第四師団の通過部隊が積慶里の
慰安所へ殺到したときであった。
過重労働で性器をはらした女が続出したので休業を命じたところ、
喜ぶかと思えばさにあらず、ふだんはヒマな所へ盆と正月が一度に
来たような稼ぎのチャンスなのに、と彼女たちから抗議されたという。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

513 :文責:名無しさん:02/04/20 01:48 ID:1Y/i6myw
すいません「そのほとんどが15,6歳だったそうだ。」という所に反応してしまいました。


514 :文責:名無しさん:02/04/20 02:03 ID:wC9VatZZ
(「南支那渡航婦女に関する取扱の件」(1938年11月8日)によれば) これらの募集
は、「支那渡航婦女に関する取扱の件」(1938年2月23日)を基本としています。
(この内容は以降に詳しく掲載)また、警察は楼主によって集められた女性に対して
彼女らの仕事を説明し、彼女らの仕事は売春婦であると説明していたのです。
そして、警察は、21歳以下の女性を取り締まり、楼主と慰安婦との契約(当時、ほとん
どの慰安婦は軍ではなく楼主と契約を交わしていた)に介入し、例えば、慰安婦の楼主
に対する大借金を規制したり、長期間にわたる契約を規制していました(「南支那渡航
婦女に関する取扱の件」(1938年11月8日)による)

515 :文責:名無しさん:02/04/21 12:55 ID:QbJyMQ2M
親日的な中央アジア

 中央アジア諸国は親日的であるが,その理由は以下のとおりである。
まず,日本人と中央アジア人は外見が似ている。これはDNA鑑定によっても類似が証明
されている。次に第二次大戦後,中央アジアに連行された日本人軍人(強制労働者)が
勤勉に働いた事を中央アジアの人達は覚えており,好感を持っている。次に,日ロ戦争
で大国ロシアを倒した日本へ共感を抱いている。キルギスにおいては,日ロ戦争終結時
に旗行列が行われたそうである。次に,アジアの中の小さな国である日本が経済大国へ
なった事への憧れがある。アカエフ・キルギス大統領は,「和魂洋才」をモットーにし
ているほどである。
最後に,当然,日本の経済援助を狙って親日的姿勢を示しているという部分もある。



516 :通りすがりの予備土官:02/04/22 01:34 ID:N1FVs455
何か最近凄いね。
方向性変わってるし。
もう昔には戻れないのでしょうか?

517 :文責:名無しさん:02/04/22 12:28 ID:tl8+gMWv
266 名前: NY在住日本人 投稿日: 01/11/20 18:58 ID:kB7S6AW8

 ニューヨークには、韓国人だけの町があります。
で、ここにいる韓国人は、人懐っこく、日本人であるあちきにも気軽に話しかけ、親切にしてくれます。
たとえば、スーパー行って、割引券無いのに、おまけしてくれたりします。
 友人(日本人)が一昨年、韓国人の女性と結婚しましたが、その奥さんが言うには、
韓国人が日本人と結婚することは、ひとつのステータスだと言ってました。
でも、その友人は、少しだらしがないので、奥さんに親類の前では、「日本人???らしくちゃんとしてね!」と怒られるそうです。

518 :文責:名無しさん:02/04/22 12:31 ID:tl8+gMWv
   英霊に捧げる
  南海の荒海に屍されし英霊よ、故国台湾台北州
 烏来の聖地に立つ、忠魂碑に降臨して、日台青年
 交流団の捧げる、感謝と哀悼の誠を受けられよ。
  顧みれば五十数年前、英霊各位は、白色人種の
 植民地政策から、黄色人種と黒色人種を開放する
 偉大なる理想実現のため、第二次世界大戦に従事
 なされた。抑々東洋平和の安定を確保し、以て世
 界平和に寄与するのは、日本建国の精神であった。
 しかし黄色人種と黒色人種は、白色人種の植民地
 政策の迫害を被り、教育を受けられず、殆ど未開
 発の原始生活に留まって居た。これらの諸民族を
 開放し、自主独立の国家を建て、平和且つ平等に
 生活ができるよう指導するのも、又日本に課せら
 れた重大使命であった。
  昭和十六年十二月八日、日本は破邪顕正の旗を
 押し立て、国運と国力を傾注して、白色人種追放
 のため、東南アジアに進出した。正に青天の霹靂
 である。白色人種の数世紀に亘る、世界制覇の夢
 は醒め、難攻不破の厚い壁は遂に崩潰した。英霊
 各位は赤道直下の炎熱焼くが如き猛暑と、悪性伝
 染病を克服なされ、強敵白色人種と、勇猛果敢に
 激闘なされ、これらを追放し、新生国家の基礎を
 確立された。殊に高砂義勇隊は、ジャングル伐採
 の先頭に勇み立ち、我が軍が苦戦に陥るや、高砂
 挺身隊はジャングルを利用して、敵陣に神出鬼没
 して、敵の軍心を攪乱し、勇敢に敵陣に切り込み、
 華々しく戦い、遂に護国の英霊となられた。英霊
 各位は尊い命を犠牲になされ、世界人類の自由平
 等のため、多大の貢献をなされた。其の偉大なる
 理想は、花を咲かせ実を結んだ。終戦後、小民族
 は開放され、相次いで独立した。今、全世界の独
 立国家は、合計百八十五カ 国となった。
  各民族は、共存共栄の信条の下、自由平等且つ
 幸福に暮らせるようになった。此の偉業は、世界
 の一頁に刻まれ、太陽の光と共に、天攘無窮に照
 り輝きます。そして英霊各位は平和の神として、
 全人類から敬愛尊敬されます。
  本日、日台青年交流団は日本青年を代表し、感
 謝と哀悼の誠を以て、英霊各位を慰う目的であり
 ます。
  尚、一九八九年日本政府は台湾人元日本兵、戦
 没者遺族補償費と、戦傷者の慰問金交付を発表し
 た。一人当たり日幣二百万円です。台幣に換算す
 ると約四十万元です。金額は微々たるものですが、
 日本国の誠意として受け取れます。遺族の生計に
 多少役立つと思います。
 英霊各位本当にご苦労様でした。何卒、安らかに
 御安息ください。
 最後に御冥福をお祈り申し上げます。
            一九九六年五月十二日
         台湾中日海交会 呉 宗姓


519 :文責:名無しさん:02/04/22 12:42 ID:tl8+gMWv
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/minna/minna_4/min_4f.html

モンゴル・ウランバートル市にある「サクラ病院」の愛唱歌が4月12日付の現地紙「ウヌードゥル」(TODAY)で発表されました。
 サクラ病院は、「国立第2病院」として設立され、これまでもモンゴルの医療に重要な役割を果たしてきました。
 4月7日、バカバンディ大統領、花田在モンゴル大使ほか多数出席のもと、無償資金協力による医療機材の引渡式が行われ、
 これを記念し「サクラ病院」と改名されました。

 我が病院
 作詞:Sh.スレンジャブ 作曲:G.テルビシ
 雪の下からアネモネの花が咲き広がるがごとく
 心清らかなる微笑を唇にたたえ
 時宜を得た千の神々が
 災いの苦しみを軽くしてくれた
 海の向こうの義兄弟の恩ある
 山に咲く花の芳香漂う
 これぞ我が病院
 健康と平和の先陣たる病院
 隠れたところも見届けるダライラマの如く
 あまねく助けんとする心を胸に抱き
 薬師如来の御手に握られし、
 多くの神聖なる機材を用意した
 島国の義兄弟の恩ある
 遠い星の救いの妙薬ある
 これぞ我が病院
 健康と平和の先陣たる病院
 月の光が大地を照らすが如く
 その思いは胸の中を照らす
 一生の喜びを人に贈り
 この宇宙の運命を支え合っていこう
 日の本の友人の恩ある
 月の光の伴侶たる
 これぞ我が病院
 健康と平和の先陣たる病院

520 :文責:名無しさん:02/04/22 13:15 ID:whpYjnyL
結局親日な国って
結果的に自国の独立に貢献したまたは経済援助を受けないとやっていけない国 
例 インドネシア、ビルマ、パラオ、等の東南アジアの一部
ロシア、アメリカ、中国等大国の敵
 例 フィンランド、バルト3国、イラン、キューバ、チベット、台湾等

の2種類に分類されるわけやね。

521 :文責:名無しさん:02/04/22 13:16 ID:x2ge4yWV
反日な国は、
1.中国
2.中国の子分

の2種類に分類されるね。

522 :文責:名無しさん:02/04/22 18:55 ID:zEwbSEqL
>>519
泣ける。

523 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/23 03:04 ID:Ztorm498
>>520
日本に消費財という首根っこを掴まれてかつ自国通貨の裏書を日本がしていても反日な
【あの国】がありますよ。【国】と言う概念とは別のものなら同意ですが。

524 :文責:名無しさん:02/04/23 03:08 ID:PpgqoZHp
>>520
独立に貢献した、ということで言えばほとんどがそうじゃない?

525 :文責:名無しさん:02/04/23 03:12 ID:PpgqoZHp
英印軍の捕虜からインド国民軍の将校になった二万人近い軍人
たちが裁判にかけられたとき、首席弁護士を務めたインド法曹界
の長老、パラディ・デサイ博士は裁判で召喚された光機関長 磯田
中将、ビルマ方面軍参謀長 片倉中将のいる前で、堂々とこう語った。
「インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは
日本である。インドの独立は日本のおかげで三十年もはやまった。
インドだけではない、ビルマもインドネシアもベトナムも、東亜民族
はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興
には惜しみない協力をしよう」と。

「捏造された日本史」黄文雄

526 :文責:名無しさん:02/04/23 03:39 ID:a5jDyvPd
タイの元首相は「日本が大東亜戦争を戦ったことによって、その母体である
お母さんは傷ついたけれども、しかし、そこからはたくさんの新しいアジア
の国が誕生したんだ」と言っている。

527 :文責:名無しさん:02/04/23 03:45 ID:a5jDyvPd
 ・フィンランド大統領パーシキピ
 私の学生時代、日本がロシアの艦隊を攻撃したという最
初のニュースが到着した時、友人が私の部屋に飛ぴ込んで
きた。彼はすばらしいニュースを持ってきたのだ。彼は身
ぶり手ぶりをもってロシア艦隊がどのように攻撃されたか
を熱狂的に話して聞かせた。フィンランド国民は満足し、
また胸をときめかして、戦のなりゆきを追い、そして多く
のことを期待した。[1]

528 :文責:名無しさん:02/04/23 03:48 ID:O0MsII7g
面倒なので全部は読んでないが、どいたかっこがスレの主旨を無視して
必死に電波記事を張ってるのだけよくわかりました。

529 :文責:名無しさん:02/04/23 03:53 ID:a5jDyvPd
>>528
しかも、自分に対するレスは一切無視(w

530 :どいたかっこ:02/04/23 09:28 ID:uLgnEfQO
日本人は何故、過去を清算できないのか?

共同通信の世論調査によると、約半分が小泉首相13日参拝を適切と想い、あ
との半分は「積極派」と「反対派」が拮抗しているという。



何故に、日本人は歴史に鈍感なのか?と思うが、日本人は歴史に敏感なのであ
る。

戦前の「皇国史観」で教育を受けた階層は、いまだ日本の国内では、隠然と
たる勢力だ。しかし彼らの残された余命は、あと20年も無い。それで彼らはあ
せっているのだ。

あの侵略は「開放」であり、戦争犯罪人は「英雄」であり、また勝戦国から
突きつけられた「憲法」は改正しないといけないし、日陰の「自衛隊」を日向
にもっていかないといけない。

このままの中途半端な体制で終らせるのは死にきれないのだ。

既に、靖国では「A級戦争犯罪人」を普通の人と同様に祀るのに成功した。
いまさら過去の清算でもなく、これからの右派勢力の最大のねらいは、「靖国
容認派」を巻き込んだ「天皇制」の復活である。

靖国参拝は、「天皇制」の復活への狼煙で、危険きわまりない兆候である。




531 :文責:名無しさん:02/04/23 09:32 ID:sWF0ENLy
>>530
ネタ・・・だよね?
それともマジ?

532 :どいたかっこ:02/04/23 09:35 ID:uLgnEfQO
韓国外交通商省の辛正承報道官は21日、声明を発表し、小泉首相が靖国
神社を参拝したことについて深い遺憾を表明した。

声明は「日本の戦犯が過去に行った植民統治と侵略戦争は、隣国に形
容しがたい惨劇と苦痛をもたらした。日本の首相がこうした戦犯を参拝
するのは『憂慮せざるをえない』」と指摘した。

また声明は「日本が隣国と友好関係を真に樹立したいのであるならば
、歴史を正しく認識し、それを基礎として、日本帝国主義による侵略の
被害を受けた隣国の国民感情を尊重しなければならない」と述べ、小泉
首相と日本政府にこれに対する誠実な回答を求めた。

韓国の各主要政党も21日、それぞれ見解を表明し、小泉首相の靖国神
社参拝に非難した。野党の南景弼スポークスマンは「小泉首相の靖国神
社参拝は北東アジアの平和を損なう挑発的行為」だと非難した。

533 :どいたかっこ:02/04/23 09:40 ID:uLgnEfQO
靖国神社が戦前果たした役割というのは、「天皇のための名誉の戦死」
をした人々を「英霊」としてまつるという、侵略戦争と軍国主義を推進
する精神的シンボルだった。これはまぎれもない歴史の事実だ。

 戦後も、靖国神社が一宗教法人となって以降も、侵略戦争を肯定する
立場はいささかも変わっていない。

 神社はいまでも、旧陸軍を創設した人物の巨大な像がたち、特攻兵器
だった「回天」など戦争で使われた数々の兵器が展示され、「軍人勅諭
」の碑がたち、強制労働でつくった泰緬(たいめん)鉄道の機関車が展
示されるなど、神社そのものが侵略戦争肯定の立場にたっているという
ことは、神社を見ただけで歴然とする。

 いま靖国神社では「かく戦えり。近代日本」という特別展をおこな
っているが、そのパンフレットをみると、日清戦争、日露戦争から始
まり、「満州事変」「支那事変」「大東亜戦争」――彼らは太平洋戦
争のことを侵略戦争肯定の立場から「大東亜戦争」と呼ぶわけだが―
―と、すべてが侵略戦争肯定の立場で書き連ねてある。そういう特別
展をやっている。

 首相が参拝したのは、そういう神社だ。きょうの談話で「誤った国
策にもとづく植民地支配と侵略」にたいして反省をするという趣旨の
ことをのべたが、これを百万回のべようと、それとまったく反する行
動をとったというのが、きょうの首相の参拝だ。

 


534 :文責:名無しさん:02/04/23 09:48 ID:sWF0ENLy
もう一度聞くけど、ネタ・・・だよね?
マジだとあんたに(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

535 :どいたかっこ:02/04/23 09:49 ID:uLgnEfQO
各国一斉に批判

マレーシア
表的華字紙、星州日報は一面で「小泉首相、国内外の反対にもかかわら
ず、自分だけの意思で靖国神社を参拝」との見出しで大きく報道。南洋
商報同日付も「小泉首相、国内外の批判者の怒りに配慮せず、早めに靖
国に参拝」と報道しています。(クアラルンプールで鈴木勝比古記者)

インド
英字紙ヒンズーはシンガポール特派員電で、「日本の首相は靖国神社参
拝によって多くの友人を得ることはできなかった」として、小泉首相の
靖国参拝が周辺諸国との関係で大きな矛盾をつくり出したと指摘しまし
た。
 また、小泉首相は本来は終戦記念日の十五日に参拝したかったという
意志はだれにも隠すことができない」とのべています。(ニューデリー
で竹下岳記者)

ドイツ
南ドイツ新聞はとくに加害者としての自覚が欠如していると批判。「小
泉は戦争賛美を育成している」と題する同紙論評は、靖国神社は天皇の
ために死んだ戦犯をまつるが日本に殺された幾百万のアジア諸国民とは
無関係である、小泉氏も「日本兵士の犠牲を語りはするが、アジア諸国
民との和解にはほとんど触れない」と指摘しています。さらに、犠牲は
強調するが加害責任に触れないという日本で支配的な「歴史的無知蒙昧
(もうまい)性」に忠実なのが小泉首相であるとし、広島・長崎での原
爆慰霊式典参列と靖国参拝という同首相の二つの行為を説明しています
 論評は、日本では小泉首相が「その民族的な傾向ゆえに国民的な人気
を博しているのかどうか」が問われているとし、「戦後五十年を過ぎて
も、日本の醜い側面はなお生き続けている」と結んでいます。(ベルリ
ンで坂本秀典記者)

フランス
フランス紙ルモンドは、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について、「パ
ンドラの箱を開けた」と指摘、「戦死者の霊をめぐるたたかいい」が始
まったと東京特派員電で伝えました。
 同紙は、小泉首相が中国や韓国の反対で外交上のリスクがあるにもか
かわらず、靖国神社参拝を行ったとし、内外からの批判をかわすため、
保守陣営がA級戦犯分祀(ぶんし)を靖国神社側に働き掛紹介しました
。(パリ=時事)

イタリア
 レプブリカ紙十四日付は一ページの特集を組んで小泉首相の靖国神社
参拝を伝えました。侵略戦争美化の教科書を政府が承認したことや憲法
改悪の意図と参拝が連動していると指摘しています。
 記事は首相がいくら私的参拝という装いをとっても「この形式に韓国
や中国の国民の目はごまかされなかった」と強調。両国だけでなく、国
内の宗教関係者や民主的な人からも侵略戦争を正当化する行為だと批判
が出ていると述べています。
 また参拝が憲法九条廃止の狙いや「日本の軍事的企てを称賛する」学
校教科書に政府が「許可証」を与えたことと連動しているとして「靖国
神社への半ば公的な訪問は最も国家主義的で“懐古主義的な”右派の引
き立てを得たいという首相の意思を確認しているようだ」と強調しまし
た。 

536 :どいたかっこ:02/04/23 09:59 ID:uLgnEfQO
 塚田真一さん(20)=学生、横浜市= 靖国神社にいったことがあ
ります。戦争の汚い、悲惨な部分を隠し、戦場に送られて死んだ人を英
雄扱いしていました。
 小泉さんのやったことは、戦争中さんざん利用されて亡くなった人を
、今また戦争美化に利用するもので、絶対に許せない。
 学校の入学式にいった知人が、「君が代」斉唱の時、“座っているヤ
ツは非国民”というような雰囲気に、思わず起立してしまったといって
いました。

 異論を許さない空気。昔話と思っていたことが、すぐ身近で繰り返さ
れようとしてることにゾっとしました。周りの人に大いに語っていかな
ければと思っています。

世界と逆の方向に向かっていると思う
 笹本賀子さん(22)=学生、埼玉・三郷市= 戦争と平和をめぐる
最近の風潮は、本当に怖いです。とくに、ガイドライン法(戦争法)や
盗聴法など戦争につながる法律が、数の力でなし崩し的に成立していく
のを見ると、知らないうちに外堀が埋められてヤバイぞって思います。
 『新しい歴史教科書』も読みました。ああ、思いっきり戦争賛美した
個所の表現を多少やわらげ、従軍慰安婦や戦争に反対して殺された人の
ことなど必要なことを知らせないやり方でいくんだなと思いました。
 こんな本が、本屋の店頭や各階フロア、店の外まで平積みするすごい
売り方で、ベストセラーに仕立てられていく怖さ。もっと勉強して、平
和のためにみんなとつながっていきたい。


 牧本誠さん(20)=学生、千葉・白井市= 戦争体験の世代じゃな
いけど毎年、原水爆禁止世界大会に参加しているので、核兵器使用や戦
争は二度とだめだと思ってきました。

 世界では着実に核兵器廃絶の声が広がっているのに、日本では首相の
靖国参拝や戦争賛美の教科書など、世界と逆の方向に向かっているよう
に思えます。
 天皇のためにたたかった人だけ祭っているような神社に、なんで小泉
さんはこだわるのか。アメリカの大統領に核兵器やめろともいえない小
泉さんは“聖域”ばかり。本当に戦争犠牲者を追悼したいのなら、戦争
賛美じゃなく、平和をこそめざすべきだよ。

 


537 :文責:名無しさん:02/04/23 10:10 ID:EwTpFO1l

 牧本誠さん(20)=学生、千葉・白井市= 戦争体験の世代じゃな
いけど毎年、原水爆禁止世界大会に参加しているので、核兵器使用や戦
争は二度とだめだと思ってきました。


禿藁!あたまわりぃ。

538 :文責:名無しさん:02/04/23 10:22 ID:sWF0ENLy
>どいたかっこ 
(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

539 :文責:名無しさん:02/04/23 10:36 ID:SMr94hzA
戦時中は盛んに国民を煽り、敗戦後は異常なくらい
国民に反省ばかりを強要する日本のマスコミって
何ら進歩がない。


540 :文責:名無しさん:02/04/23 10:42 ID:ojlHOoFV
今の日本の平和と繁栄を、国のために戦場で倒れた
英霊は見ることができなかった。
国民を代表してその英霊に哀悼を捧げるのは、一国の宰相
としての当然のことだと私は思います。
それを必要なしと、本当に森さんが自主的に決めたのなら、
救いようのないほどに暗澹とせざるを得ない。
国に殉じた人々の名誉がこうも軽んじられていいものか。
日本国民でなくとも、まともな神経の持ち主であれば誰でも
悲憤に駆られると思います。
東京都知事として敢然、石原さんが公式参拝されたことは、
決定的な堕落からぎりぎり日本人が踏みとどまった
、その象徴といっていいかもしれない。

金美齢


541 :文責:名無しさん:02/04/23 10:42 ID:ojlHOoFV
あなたは台湾へは行かれたことがありますか?
台湾では小林よしのりの『台湾論』が話題となりましたが、
本省人の歐吉桑世代を中心に肯定的な意見も多数あること
を御存意ですか?
(先日台北で行われた「世界台湾人大会」では『台湾論』
を支持する声明が発表された)
あなた方旧社会党は、中共や鮮人のことには熱心ですが、
なぜもっと台湾に目を向けないのですか?
蔡焜燦先生や、鄭春河先生、許文龍先生、金美齡女史など、
社会党に都合のいいことを言って貰えないからですか。
中華民国国民党政権を独裁政権と罵っておきながら(否定は
しませんが)、それ以上の中共や北鮮の独裁暴政には口を噤
んで友好を称える。
台湾独立も支那のチベット侵略、新疆の核実験も中共の御機
嫌を窺って何も言わない。
これ以上の偽善が他にありましょうか?
あなた方のような、日本の侵略が云々と云っている輩がどれ
ほどかつての台湾同胞の心を傷付けているのか気づかないの
ですか?
彼らは、かつて日本人であったことに誇りを持っているのです。
自ら志願して大東亜戦争に参加したのです。
あなたは、国旗や国歌にも反対の様ですが、台北の烏来にある
「高砂義勇軍慰霊碑」には毎日日章旗が翻っていることを御存
知ですか?

542 :文責:名無しさん:02/04/23 10:43 ID:ojlHOoFV
台南の「飛虎将軍廟」では毎日堂守さんが君が代と海ゆかばを
うたって日本の兵隊さんを祀っていることを御存知なんですか。
台湾の戦友会の年老いた方々が毎年靖国神社に参拝にいらっし
ゃっていることを御存知なんですか?
知っていたら、あなたの様な国会活動は出来ませんよね。
最後に、ある台湾独立運動家の言葉を贈ります。
「日本が敗戦したと同時に、我々台湾も敗戦しました。靖国神
社には台湾人の元日本兵士二万八千柱が眠っておられます。
私はもちろん台湾人の英霊だけでなく、すべての英霊に黙祷を
捧げました。
 英霊たちは、侵略しているんだ、という気持を持ちながら戦い
に出られたのでしょうか。
違います。多くの兵士は、自分の祖国を守るために、あるいはこ
れからのよりよき世界を創るために、命を捧げられたのです。
 日本政府は台湾を無視しつづけて、どうして中共の顔色ばかり
窺っているのですか。
これが二万八千人の台湾人が尊い命を捧げた国の正体ですか。
日本の国会が謝罪することは、日本の戦死者の冒涜ばかりでは
ありません。
台湾人の戦死者への冒涜であることも銘記してもらいたいと思い
ます。」     (平成六年八月十五日、黄昭堂先生)

543 :地球市民@ ◆sj4EGwIQ :02/04/23 10:44 ID:DDq/LWu8
>>529
カチュで透明あぼーんすれば問題なし。

544 :文責:名無しさん:02/04/23 10:45 ID:ojlHOoFV
去年、山拓がアジア歴訪してるけど、だれも靖国を批判しなかった。
カンボジアなどは「当然のことだ」とすら言った。

545 :文責:名無しさん:02/04/23 10:46 ID:ojlHOoFV
そのほかに、日本の統治によって自分が初めて国という一体感を
味わった、という原住民と称する台湾人の声もありました。
本当に、台湾に関する資料を読めば読むほど、ますます悲しくなり
ます。
ずっと背を向けられてきたにも関らず、日本を嫌いになれない
台湾人の気持ちはやはり切ないものです。
日本語の中に「片思い」という言葉がありますが、台湾人が抱く
感情はそれに近いものがある気がします。
私は年配者たちが、国民党政権の悪口ばかりいって、日本植民地
時代を懐かしく思う気持ちが、やっと分かるようになりました。
しかし当時、戒厳令が敷かれていたせいか、両親や年配者たちから
日本統治時代とか、周りの日本現象について聞かされたことが
ありません。
もちろん、「なぜ、年配者たちは私が知らない言葉で呼び合って
いるのか」という疑問に答えてくれるはずがありませんでした。
今でもその時代のことをたずねると、「何で聞くのか?」と、
警戒心が依然として存在しているようです。
たとえ答えたとしても、日本植民地時代の治安がいかによかった
かといった表面的なことしか教えてくれません。
やはり二等国民の気持ちがつらかったか、それともかつての
「白色恐怖」といわれていた時代が怖かったからでしょうか。
「台湾人と日本人」謝雅梅

546 :文責:名無しさん:02/04/23 10:49 ID:ojlHOoFV
現在、台湾は「親日家」が多い国として知られています。
その大半は黄先生とか父といった日本語教育を受けてきた世代を
指しています。
その他にも決して多くはありませんが、私のような日本に留学経験
がある人、そして日本の流行に憧れている若者たちもいます。
しかし、一口に「親日家」といっても、「知日家」かどうかは実に
疑問です。
いつか父が日本に遊びに来たとき、明治神宮に連れていきました。
その中の天皇の経歴を懐かしそうに説明しました。
「えっ、何で知ってるの?」と私は驚きを隠せませんでした。
十年も日本に住み、日本文化をある程度知り「知日家」を自認して
いても、初めて日本に来た父に比べれば、私の「知日」は表面的に
過ぎないかもしれません。
現在、このような「親日家」でもあり、「知日家」でもある彼らは
もう65歳以上となり、すでに第一線から退きつつあり、これから
台湾を担うのは「反日教育」を受けてきた世代に代わります。
それによって、日本に対する親近感がなくなりつつあるのではないか
といわれています。
「台湾人と日本人」謝雅梅

547 :文責:名無しさん:02/04/23 10:50 ID:ojlHOoFV
  英霊に捧げる
  南海の荒海に屍されし英霊よ、故国台湾台北州
 烏来の聖地に立つ、忠魂碑に降臨して、日台青年
 交流団の捧げる、感謝と哀悼の誠を受けられよ。
  顧みれば五十数年前、英霊各位は、白色人種の
 植民地政策から、黄色人種と黒色人種を開放する
 偉大なる理想実現のため、第二次世界大戦に従事
 なされた。抑々東洋平和の安定を確保し、以て世
 界平和に寄与するのは、日本建国の精神であった。
 しかし黄色人種と黒色人種は、白色人種の植民地
 政策の迫害を被り、教育を受けられず、殆ど未開
 発の原始生活に留まって居た。これらの諸民族を
 開放し、自主独立の国家を建て、平和且つ平等に
 生活ができるよう指導するのも、又日本に課せら
 れた重大使命であった。
  昭和十六年十二月八日、日本は破邪顕正の旗を
 押し立て、国運と国力を傾注して、白色人種追放
 のため、東南アジアに進出した。正に青天の霹靂
 である。白色人種の数世紀に亘る、世界制覇の夢
 は醒め、難攻不破の厚い壁は遂に崩潰した。英霊
 各位は赤道直下の炎熱焼くが如き猛暑と、悪性伝
 染病を克服なされ、強敵白色人種と、勇猛果敢に

548 :文責:名無しさん:02/04/23 10:50 ID:ojlHOoFV
 激闘なされ、これらを追放し、新生国家の基礎を
 確立された。殊に高砂義勇隊は、ジャングル伐採
 の先頭に勇み立ち、我が軍が苦戦に陥るや、高砂
 挺身隊はジャングルを利用して、敵陣に神出鬼没
 して、敵の軍心を攪乱し、勇敢に敵陣に切り込み、
 華々しく戦い、遂に護国の英霊となられた。英霊
 各位は尊い命を犠牲になされ、世界人類の自由平
 等のため、多大の貢献をなされた。其の偉大なる
 理想は、花を咲かせ実を結んだ。終戦後、小民族
 は開放され、相次いで独立した。今、全世界の独
 立国家は、合計百八十五カ 国となった。
  各民族は、共存共栄の信条の下、自由平等且つ
 幸福に暮らせるようになった。此の偉業は、世界
 の一頁に刻まれ、太陽の光と共に、天攘無窮に照
 り輝きます。そして英霊各位は平和の神として、
 全人類から敬愛尊敬されます。
  本日、日台青年交流団は日本青年を代表し、感
 謝と哀悼の誠を以て、英霊各位を慰う目的であり
 ます。

549 :文責:名無しさん:02/04/23 10:51 ID:ojlHOoFV
  尚、一九八九年日本政府は台湾人元日本兵、戦
 没者遺族補償費と、戦傷者の慰問金交付を発表し
 た。一人当たり日幣二百万円です。台幣に換算す
 ると約四十万元です。金額は微々たるものですが、
 日本国の誠意として受け取れます。遺族の生計に
 多少役立つと思います。
 英霊各位本当にご苦労様でした。何卒、安らかに
 御安息ください。
 最後に御冥福をお祈り申し上げます。
            一九九六年五月十二日
         台湾中日海交会 呉 宗姓


550 :文責:名無しさん:02/04/23 10:56 ID:ojlHOoFV
ラジャー・ダト・ノンチック氏の詩
かって 日本人は清らかで美しかった 
かって 日本人は親切でこころ豊かだった
アジアの国の誰にでも自分のことのように一生懸命つくしてくれた
何千万人もの人のなかには少しは 変な人もいたしおこりんぼや わがままな人もいた
自分の考えを おしつけていばってばかりいる人だっていなかったわけじゃない
でも その頃の日本人はそんな少しの いやなことや不愉快さを越えて
おおらかで まじめで希望に満ちて明るかった
 
戦後の日本人は自分たち 日本人のことを悪者だと思い込まされた
学校も ジャーナリズムもそうだとしか教えなかったから
まじめに自分たちの父祖や先輩は悪いことばかりした 
残酷無情なひどい人たちだったと 思っているようだ
だから アジアの国に行ったらひたすら ペコペコあやまって
私たちはそんなことはいたしませんと言えばよいと思っている
そのくせ 経済力がついてきて技術が向上してくると自分の国や自分までが
えらいと思うようになってきてうわべや 
口先では済まなかった悪かったと言いながら
ひとりよがりの自分本位の えらそうな態度をするそんな今の日本人が心配だ
本当にどうなっちまったんだろう日本人は そんなはずじゃなかったのに

551 :文責:名無しさん:02/04/23 10:56 ID:L1KtAgGp
本当の日本人を知っているわたしたちは今は いつも 歯がゆくてくやしい思いがする
自分のことや自分の会社の利益ばかり考えてこせこせと身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人はこれが本当の日本人なのだろうか
自分たちだけで集まっては自分たちだけの 楽しみやぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる自分の会社が仕事をしているその国と 国民のことを
さげすんだ眼で見たりバカにしたりする
 
こんな ひとたちと本当に仲良くしてゆけるだろうか
どうして どうして日本人は こんなになってしまったんだ

552 :どいたかっこ:02/04/23 10:58 ID:uLgnEfQO
>>520
>結局親日な国って
>結果的に自国の独立に貢献したまたは経済援助を受けないとやっていけない国 
>例 インドネシア、ビルマ、パラオ、等の東南アジアの一部
>ロシア、アメリカ、中国等大国の敵
> 例 フィンランド、バルト3国、イラン、キューバ、チベット、台湾等



553 :文責:名無しさん:02/04/23 10:59 ID:L1KtAgGp
少なくとも、私は現在の日本人が過去の日本人を批判できるほど
立派だとは思いませんね。
よく知りもしないで過去の人をどうこうと批判(それも反論できない
人たちのことを)する輩など、下の下、だとさえ思う。

554 :文責:名無しさん:02/04/23 11:00 ID:L1KtAgGp
>>552
独立に貢献すれば感謝されるのは当然だね。

555 :文責:名無しさん:02/04/23 11:01 ID:L1KtAgGp
      尊敬する日本人教師
 許文龍氏は、昭和3(1928)年、日本統治時代の台湾・台南市に
生まれ、台南高等工業付属工業学校に学んだ。戦後、玩具、日用
雑貨製造を始め、現在、プラスチックの原料となるABS樹脂製
造では、世界一になっている。
 自社の病院や消防車を地域住民に役立て、また時価数百億円の
美術品、楽器などを集めた博物館を作って、一般公開している。
会社に来るのは、週2日だけで、あとは海で釣りをしているとい
う。
 許氏は中学の時、大友先生という日本人教師に教わった。ある
クラスに貧しい家の子がいて、いつも弁当はイモばかりだった。
これじゃ、栄養失調になると、見るに見かねて先生はこう言った。
 先生はイモが好きだから、先生の弁当と交換してくれないか
 そう言って、先生は何度も、自分の弁当をその子に食べさせた。
子供への愛情、自尊心を傷つけまいとする思いやりに許氏は涙を
流した。
 日本が戦争に負けると、総督府から給料が出なくなった。しか
し、先生方は学校の倉庫にたくさんある物資には手をつけずに、
道ばたでこもを被って座っていたという。それを知って「日本人
の潔さ」だと、感動したという。
「素晴らしい日本人」、許文龍、正論、H11.8

556 :文責:名無しさん:02/04/23 11:01 ID:L1KtAgGp
 台湾の人たちに今も敬愛される明石元二郎・元台湾総督の新
しい墓が、台北市近郊の福音山キリスト教墓園内に完成、2月
26日、総督の孫の明石元紹(もとつぐ)氏ら遺族、台湾側支
援者、日本の交流協会台北事務所の関係者らが集まり、完成式
が行われた。
 明石元総督は1918(大正七年)に第7代台湾総督に就任、1
年4カ月後に上京途中、故郷の福岡で病没したが、遺言により
遺体が台湾に埋葬されていた。
 歴代十九人の台湾総督の中で、「台湾に骨を埋めた」のは明
石総督一人とあって、台湾の人たちの敬愛を集めてきた。総督
在任中、台湾の水利、電力、鉄道、銀行などの幅広い分野で台
湾の近代化に貢献したことでも知られる。
産経新聞、H12.02.27、東京朝刊、4頁、国際2面

557 :文責:名無しさん:02/04/23 11:02 ID:L1KtAgGp
                    台湾・陳絢暉さん
(陳絢暉さんは、台湾に美しい日本語を残そうと8年前に結成
された「友愛グループ」の中心人物で、関東日華親善協会の常
務理事を努められている。)
 昭和10(1935)年4月21日の早朝6時すぎ、台湾新竹州南
部から台中州北部にかけて、突然強烈な大地震が起きた。
 その規模は、明治39年3月17日の嘉義地方の烈震と同程
度で、震源は浅いが、有感覚区域は殆ど全島を被い、さらに対
岸の廈門、福州方面まで広がった。今ふうに言えば、マグニチ
ュード7.5くらいではなかろうか? 震央近くの新竹、台中
両州下では、死者3,276人、重軽傷者12,187人、全
壊家屋20,709戸、半壊及び破損家屋62,314戸とい
う甚大な災害を醸した。のみならず断層、陥没など顕著な地殻
変動を生じた点で、全島民はすっかりパニックに落ち込んでし
まった。
 この烈震に、当時公館公学校3年生だったセン(澹のさんず
いなし)徳根(とっこん)が、たまたま外に出ていたところ、
付近にあった廟宇の下敷きになった。瀕死の重傷を受けた彼は、
生死の境を彷徨いながらも終始国語(日本語)を常用し、恩師
の名を呼びつづけた。人づてに聞いて駆けつけた先生は、彼が
臨終にさいし、あえかな声ではっきりと「君が代」を奉唱して
から事切れたのを見て感涙にむせんだ。故に当時の人呼んで

558 :文責:名無しさん:02/04/23 11:03 ID:405beY6j
「君が代少年」と称賛し、記念に銅像を建てて校庭に飾ったが、
今次大戦後はすっかり取り払われてしまった。
         岡山国民文化懇談会・倉敷文化懇談会発行
 機関紙「まほろば」第160号(平成12年3月1日)から

559 :文責:名無しさん:02/04/23 11:04 ID:405beY6j
「諸君(台湾人兵士)はよく国の為に戦ってきた。しかし、今ここで
軍の命令どおりに犬死にすることはない。祖国台湾には諸君らの生還を
心から願っている家族が待っているのだ。私は日本人だから責任はすべて
私がとる。全員、米軍の捕虜となろうとも生きて帰ってくれ」
(「捏造された日本史」黄文雄)
そう言って、広枝音右衛門、海軍巡査隊長は、台湾人の命を
保証するよう米軍と交渉した後、フィリピンの地で自決した。
昭和五十八年、小隊長をつとめた劉維添はかつての隊長の自決の地を
訪れ、広枝隊長終焉の地の土を集め、茨城県に住むフミ未亡人の手に
わたした。
広枝隊長は獅頭山の権化堂に神様として祀られ、鬼籍の人となった夫
人も、広枝隊長の位牌とともに、かつての部下だった新竹警友会の人た
ちの手によって権化堂に祀られた。
「捏造された日本史」黄文雄
「(略)内地で行われていた教育と同じ教育が日本の最南端の台湾
でも行われていたのであって、(強制)などという卑しい言葉は
不適切であるばかりか、我々台湾人はそうした歴史の歪曲に不快感
を覚えることも知っておいていただきたい」
「日本の戦後教育のごとき、(反日教育)が生むものは、祖先への
軽蔑と他人を憎悪する卑しさだけであり、決して愛する心を育まない。

560 :文責:名無しさん:02/04/23 11:05 ID:405beY6j
現代日本の青少年による凄惨な事件の数々や、教育現場の荒廃はこう
した戦後教育の悲しい結末であろう。もっとも、歪曲した歴史観に
よって自国をさげすむことは、実に残念であるばかりか、そうした
考えに正義感を覚える輩は、ただ(無知)としかみなされないことも
肝に命じておく必要があろう」
「台湾人と日本精神」蔡焜燦著より

561 :文責:名無しさん:02/04/23 11:05 ID:l2Tew/7i
あの頃の日本人の真実を知り日本に好意を持ってくれる方たちも
多くは老境に入り、また亡くなったりしている。
今、語り継いでおかねば、戦勝国の都合のいいように捻じ曲げられた
歴史だけが残ることになる。何とかしなくてはといつも思う。

562 :文責:名無しさん:02/04/23 11:05 ID:405beY6j
台湾の土となりし後も、台湾を守り続けるといってくれた、明石元次郎総督を我々は
決して忘れることはないだろう。(中略)
「祖父を台湾に眠らせてやりたい。どうか最後まで台湾の人々のお世話になりたい」。
祖父の遺志を守ろうとする明石元紹氏の願いだった。
これを聞きつけた多くの台湾人が元紹氏を墓地の候補地に案内し、また多くが土地の
提供を申し出たのである。
かつて高砂族と呼ばれた原住民の人々も、「高砂族の英霊と私たちの手でお守りします
から、どうぞ御安心下さい」と進み出た。(中略)
タイヤル族の女性酋長、周麗梅氏などは、明石総督の墓地をどうぞ静かな鳥来へ、と熱
心に働き掛けた。
常に日本語のラジオ番組を聴く父親は、中国製のラジオが故障すると、日本製じゃないから
壊れるんだと愚痴り、テレビが普及した後も子供たちとスポーツ番組を観ながら中国との
試合で日本チームを応援する。
この徹底した日本びいきの父親の夢は、日本に行って皇居と富士山を見ることだった。(中略)
台湾には、そんな日本語世代の人々が集う「友愛グループ」という文化サークルがある。
1992年10月、日本の文化人と親交を深める陳絢暉氏とその弟、陳燦暉氏が発起人となって、
台湾にかつての日本語を残そうと「友愛日本語クラブ」を旗揚げした。
「台湾人と日本精神」蔡焜燦著より

563 :文責:名無しさん:02/04/23 11:06 ID:405beY6j
■1.歴史を共有した同じ国民■

 司馬遼太郎は「小生は七十になって、自分は『街道をゆく』
の『台湾紀行』を書くために生まれてきたのかな、と思ったり
しています」と言っていた。

 台湾の日本統治時代に育った人々の間で、「台湾紀行」はか
つての祖国・日本が再び台湾に関心を寄せてくれたと大変な熱
狂を呼び起こした。李登輝前総統の曽文恵夫人は、司馬遼太郎
が亡くなった時に、次の追悼の和歌を詠まれた。もちろん日本
語で。

今もなお心にうかぶ台湾紀行夢と希望の国なれかしと

 この「台湾紀行」に、ガイド役として登場するのが、蔡焜燦
(さい・こんさん)氏である。平成5年1月2日、取材のため
に台北を訪れた司馬を、蔡さんは日本陸軍の「歩兵操典」その
ままの挙手の礼で出迎えた。終戦時、蔡さんは奈良で陸軍航空
整備学校に学んでいた。その時の教官が司馬と同期に当たるた
め、「上官」として敬礼で迎えたのである。

564 :文責:名無しさん:02/04/23 11:07 ID:405beY6j
 司馬はすこしためらい勝ちに答礼したが、なかなか挙手の手
を下ろさない。蔡さんは直立不動のまま「司馬先生、そちらが
上官だから先に下ろしてください」と言わねばならなかった。
以後、この敬礼は二人だけの挨拶として続けられた。司馬と蔡
さんはかつて歴史を共有した同じ国民であったのだ。

■2.「日本人」として生きていく道■

 明治28(1895)年5月、日清戦争の勝利により台湾が日本に
割譲されると、日本軍は住民に2年間の国籍選択猶予期間を与
え、清国を選ぶものは自由に大陸に引き揚げることを認めた。
蔡さんの父親はこの時、16歳。一度は祖先の地・福県省に戻
ったが、そこに住んでいた叔父は、中国社会の腐敗ぶりから、
せっかく日本人になれる機会を掴んだ蔡さんの父親に「お前は
こんなところにいるような人間ではない」と帰還をすすめた。
蔡さんの父親はこうして「日本人」として生きていく道を選ん
だ。


565 :文責:名無しさん:02/04/23 11:08 ID:v2RVYY+0
 蔡さんは昭和2(1927)年、台湾中部の清水に生まれた。台湾
総督府は教育の普及に力を入れており、蔡さんも台湾人児童の
ための清水公学校に入った。ここでは鹿児島出身の河村秀徳校
長が、地元の人々の寄付を集めて、16ミリ映画や校内有線放
送による視聴覚授業など、当時の日本本土にもなかった先進的
な教育を試みていた。

 各校には教育熱心な日本人教師が配置されていた。蔡さんの
後輩に優秀だが貧しくて中等学校にいけない生徒がいたが、あ
る日本人の先生はその父親を訪ねて、「私が学校に行かせるか
ら」と言って5年間の学費を肩代わりしてくれた。日本人教師
と台湾人生徒の間には強い師弟関係が生まれ、現在も日本から
恩師がやってくると、台湾中から教え子が集まり、また自分の
郷里に招こうと恩師の奪い合いになるほどである。

 このような形で日本統治下での教育の普及が進み、昭和20
年での就学率は92%に達していた。ちなみに4百年間オラン
ダの植民地だったインドネシアでは3%だった。[a]


566 :文責:名無しさん:02/04/23 11:08 ID:v2RVYY+0
■3.大地震■

 昭和10(1935)年、台湾中北部を大地震が襲った。当時8歳
だった蔡さんも、多くの家屋が倒壊し、行き場を失った被災者
が恐怖にうち震える姿を見た。この時に、昭和天皇から遣わさ
れた入江相政侍従長が被災地の民家を一軒づつ廻って、お見舞
い金を下賜された。

 蔡さんの実家が持っていた貸家のうち、全壊は10円、半壊
は5円が下賜された。蔡さんの父親は、被害にあった借家人た
ちに見舞金をそのまま与えた。また軽傷を負った蔡さんの母も
1円を頂戴したが、その1円札は丸い額に入れ、昭和20年ま
で壁にかけられていた。少年だった蔡さんにも昭和天皇の国民
への愛情が伝わり、皇室に対する親近感が心の中に芽生えた。

■4.立派に戦ってくる■

 昭和16(1941)年、大東亜戦争が始まる。真珠湾でのアメリ
カ太平洋艦隊殲滅、マレー海戦でのイギリス東洋艦隊撃滅の報
に台湾民衆も興奮し、内地同様に提灯行列で祝った。14歳に
なっていた蔡さんも「いつの日にか戦の庭に馳せ参じたい」と
心に誓った。台中県には海軍の飛行場があり、蔡さんは塹壕堀
りの動員作業に参加して、生まれてはじめて洋食をご馳走にな
った。

567 :文責:名無しさん:02/04/23 11:09 ID:v2RVYY+0
 台湾人には軍人への道が閉ざされていたが、昭和17年、戦
線の拡大と共に、門戸が開かれた。志願兵制度が発表されるや、
千人の募集に40万人の志願者が殺到し、中には血書嘆願する
ものもいた。蔡さんも遅れをとるまいと少年兵募集に応募し、
昭和20年1月、少年航空兵として陸軍航空学校入学を許され
た。日本への出発の前夜、蔡さんは友人にこう語った。

 チャンコロといって俺をバカにする内地人は嫌いだ。し
かし俺は日本という国が好きだ。天皇陛下が好きだ。だか
ら俺、立派に戦ってくる。

 蔡さんの父親は、戦費捻出のために金製品の買い上げを呼び
かける日本政府に協力して、家の金製品を残らず差し出そうと
した。金の指輪一つだけは残そうとした母親と口論していた父
親の姿を、蔡さんは思い出す。「ああ、親父は、いい日本人に
なろうとしているのだ」と蔡さんは誇りに思った。

■5.内地にて■

 蔡さんは奈良市高畑の岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊(現
在の奈良教育大学)に入校した。そこでは台湾で経験したよう
な差別はまったくなく、上官達からかわいがられた。教科も飛
行機整備などの専門分野よりも、数学などの一般教科に多くの
時間が割かれた。


568 :文責:名無しさん:02/04/23 11:09 ID:v2RVYY+0
 ここでは伝染病予防のために「ハエ取り競争」という競技が
あり、負けると夜間の不寝番という罰則が待っていたのだが、
班長の安原万寿太(ますた)軍曹は、「お前たちは、必死にな
ってハエなど採らんでもいい。その分しっかり勉強せい。学生
の本分は勉強だ。罰則の不寝番は俺がやってやるから心配する
な」と言ってくれた。そんな班長を不寝番に立たせては申し訳
ないと、蔡さんの班は頑張って常に中隊一位の成績を収めた。

 8月、敗戦。ある中隊長から「君たちはまだすぐには台湾に
帰れないだろうから、軍の払い下げの山で雑木を切って我々と
一緒に炭を作ろうじゃないか」と誘われた。こうして蔡さんは
10数名の仲間と一緒に京都の美山町の山奥で炭焼きを始めた。
地元の人達が「兵隊さん、これをご飯の足しにしてください」
と大豆や山菜、松茸、山芋などを差し入れてくれた。

 12月、連合軍の命令で台湾への帰還を命ぜられ、佐世保で
船を待つ。「中華民国台湾青年隊」の腕章を与えられ、一躍戦
勝国民にされたが、複雑な心境だった。

 佐世保の復員事務局では「第○小隊第○班50名」と言えば、
50名分の食事が用意された。蔡さんたちはこの手で食料を余
分に手に入れて「味噌焼きおむすび」を作り、佐世保や、遠く
京都にまで戻って、飢えた戦災孤児たちに与えた。

569 :文責:名無しさん:02/04/23 11:10 ID:v2RVYY+0
■6.祖国への帰還■

 昭和21(1946)年1月1日、接収された駆逐艦「夏月」で台
北に到着。しかし出迎えた軍楽隊に続く中華民国の兵士を見て、
帰還の喜びは心の中で音をたてて崩れた。

 ぼろぼろの綿入れ服に唐傘を背負い、わらじを履いている者、
天秤棒の竹籠に鍋釜をのぞかせている者、全員が胸のポケット
に歯ブラシをさし、醤油で煮詰めたような汚いタオルを腰にぶ
ら下げている。規律正しい日本陸軍とは似ても似つかぬ姿であ
る。

「俺はこんな連中と一緒になるのはいやだ!」と、共に帰還し
た二人の戦友は、引き揚げる日本兵に紛れて、日本に戻ってし
まった。日本軍の制服のまま、日本語を話していれば、疑われ
ることもなかったのである。

■7.金、金、金の世界■

 中華民国政府による台湾統治が始まると、日本統治時代には
考えられない不正と汚職がはびこり始めた。大陸から派遣され
てきた警察官は何の罪もない人々を微罪で捕まえては、保釈金
を要求した。


570 :文責:名無しさん:02/04/23 11:10 ID:EsB5f3p1
>どいたかっこ
どうしても反論を続けたかったら、
ゴー宣板から気に入ったアンチかサヨでも連れてきたらどうよ?
心強い味方になってくれそうなのが沢山いてるから。

571 :文責:名無しさん:02/04/23 11:11 ID:v2RVYY+0
 蔡さんは従兄弟が校長を務める小学校の体育の教師となった
のだが、ある日、用務員が警察の備品を便所に投げ入れた、と
いう疑いで拘束された。ゴム・ホースでさんざん殴りつけられ
た用務員は、自分がやったと自白させられた上で、蔡さんに命
ぜられたと苦し紛れの証言をした。

 出頭命令を受けて、蔡さんが交番に行くと、用務員はおどお
どした上目遣いで「蔡先生、助けてください」と言う。蔡さん
が議論で警官を負かすと、怒った警官が拳を振り上げてきた。
ちょうどそこに校長がやってきて、警察局長と話をつけて、事
なきを得た。

 教員は業者からノートを安く仕入れては、生徒に定価で売り
つけるようになり、少しでも裕福な生徒のいる学校に移って身
入りを多くしたいと県の教育課や校長に賄賂をおくるようにな
った。すべては金、金、金の世界になってしまった。


572 :文責:名無しさん:02/04/23 11:11 ID:5LjfvzXs
■8.2・28事件の惨劇■

 1947年2月27日、台北の路上でタバコ売りをしていた老婆
が、専売局の役人に暴行されたのがきっかけとなって、怒った
民衆が立ち上がった。翌28日、群衆が旧総督府前の広場に集
まると、憲兵隊が機銃掃射を行い、十数名が死傷した。各地で
抗議行動が展開され、ラジオ放送局を占拠した民衆が、台湾全
土に向けて非常事態を告げた。2・28事件の始まりである。
[b]

 ラジオからは日本語で「元○○飛行隊のものは○○に集結せ
よ」などと呼集がかかり、軍艦マーチや君が代行進曲が流され
た。「基隆港に日本からの援軍が上陸したらしいぞ」という噂
も流れた。

 3月2日、蔡さんの町にも暴動が飛び火し、群衆が若い外省
人の警察局長宅に押し入った。立派な革のトランクがこじ開け
られると、中には札束がぎっしりと詰め込まれている。民衆は
この「汚れた金」を燃やしてしまった。

 3月8、9日に大陸から送られてきた2個師団が上陸すると、
報復が始まった。中国兵はトラックに据え付けた機関銃を乱射
しながら町の大通りを駆け抜け、無差別殺戮を行った。さらに
医師や教師、弁護士、学者などの知識層が次々と逮捕され、裁
判もなく処刑されていった。犠牲者は3万とも5万とも言われ
ている。

573 :文責:名無しさん:02/04/23 11:12 ID:5LjfvzXs
 蔡さんの知人で基隆警察局の用務員だった人も検挙され、手
のひらに太い針金を通されて、9人一緒につながれ、銃で撃た
れて、海に突き落とされた。幸い列の一番端で銃弾が当たらず、
手のひらの針金を抜いて、九死に一生を得た。また当時17歳
だった蔡さんの実弟は、北京からやってきた先生に言われる通
り書いた一枚のメモがもとで、10年の懲役刑を科せられた。

■9.日本人よ胸を張りなさい!■

 1968(昭和43)年10月、ジャパンラインという船会社の代
理店の営業部長として、蔡さんは戦後初めて日本の土を踏む。

 案内役の高島嘉道氏に頼んで、靖国神社に連れて行ってもら
った。かつて共に戦い、祖国に殉じた2百数十万の英霊に鎮魂
の祈りを捧げたかった。ここには台湾人戦没者2万7千余柱も
祀られている。その一人が李登輝氏の実兄で、海軍機関上等兵
としてフィリッピンで戦死した李登欽氏(改姓名・岩里武則)
である。

574 :文責:名無しさん:02/04/23 11:13 ID:5LjfvzXs
 社に向かうと、高島氏が胸ポケットの定期入れから一枚の写
真を取り出して、言った。「蔡さん、これ・・・私の兄です。
フィリピンで戦死しました。蔡さん、今日は本当にありがとう
ございます。」「この時、高島氏と私の心が一つになった」と
蔡さんは語っている。

 戦後の価値観で、過去を批判する現代日本人に、蔡さんは次
のように語りかけている。

 日本統治時代、日本人教師達は、我々台湾人に「愛」を
もって接してくれた。そして「公」という観念を教えてく
れたのだった。愛された我々は、日本国家という「公」を
愛し、隣人を愛したのである。[p198]

 どうぞ心に留めていただきたい。「日本」はあなた方現
代日本人だけのものではない。我々「元日本人」のもので
もあることを。[p245]

 台湾には、日本がいまこそ学ぶべき「正しい日本史」が
ある。どうぞ台湾に正しい歴史を学び、自信と誇りを取り
戻していただきたい。そして誇りある日本が、アジア地域
の安定と平和を担う真のリーダーたらんことを願う。

575 :文責:名無しさん:02/04/23 11:15 ID:5LjfvzXs
コピペしながら泣けた。

576 :570:02/04/23 11:20 ID:EsB5f3p1
>575
お疲れ様。コピペしているのに気づかなくて、御免なさい。

でも、これってサヨに言わせれば、日帝に洗脳された可愛そうな人とか、
トリックとか硬直した頭で決め付けてくるんだろうねぇ。
右や左の主義主張を問わず、良い言葉ってあるはずなんだけどねぇ。

577 :どいたかっこ:02/04/23 11:26 ID:uLgnEfQO
太平洋戦争中に日本軍「慰安婦」にされた被害者と支援者が、ソウル市
内の公園で小泉首相の靖国神社参拝を糾弾し、日本の軍国主義復活阻止
を訴える集会を開きました。元「慰安婦」が毎週行う四百七十二回目の
「水曜集会」を兼ねた行動です。ときおり激しい雨が降るなか、元「慰
安婦」たちは「小泉首相は靖国参拝を謝罪せよ」、「日本は私たちに国
家補償せよ」などのスローガンを叫びました。

 集会では、「小泉首相の靖国神社への参拝や歴史わい曲教科書は、日
本が再び戦争ができる国をめざす動きの一部だ」と批判する声明が読み
上げられました。

 集会参加者は、公園から日本大使館に向かいデモ行進しましたが、警
察隊に阻止されました。

 挺身隊対策協議会の梁美康事務総長は、「日本軍は韓国の女性まで戦
争の道具として利用した。侵略戦争を美化する靖国神社に参拝したこと
で、小泉首相は、元『慰安婦』たちを冒とくした」と語りました。


578 :文責:名無しさん:02/04/23 11:29 ID:5LjfvzXs
 韓国で慰安婦問題の取組みの中心となっている「挺身隊問題対
策協議会」は、元慰安婦として登録された55名のうち、連絡可
能な40余名に聞き取りをした。論理的に話が合うか、など、検
証をしつつ、その中から信頼度の高い19人を選んで、証言集を
出版した。
 今まで何らかの機会に、強制連行されたと主張しているのは、
9人だが、信憑性があるとしてこの証言集に含められたのは、4
人のみ。さらにそのうちの二人は富山、釜山と戦地ではない所で
慰安婦にされたと主張していて、「従軍慰安婦」ではあり得ない。
残る二人が、金学順さんと、冒頭の4〜5千万円相当の貯金をし
たという文玉珠さんなのだが、この証言集では、強制連行された
とは述べていない。
 結局、韓国側調査で信憑性があるとされた証言のうち、従軍慰
安婦として強制連行されたと認められたものは、ひとつもない、
というのが実態である。

579 :文責:名無しさん:02/04/23 11:29 ID:5LjfvzXs
 韓国のソウル大学の安垂直教授は、彼がコンタクト出来た4
0人以上の女性の証言を検討した所、半数以上の証言は矛盾し
ていたり、時代背景と違っていたり、事実を歪められていたと
言っています。彼はそのうち19人の証言をまとめて発表して
いますが、そのうち日本軍に強制されて慰安婦にさせられたと
言っているのは、僅か4人に過ぎません。しかもその内の一人
は釜山で働いたと言い、他の一人は富山で働いた、と言ってい
ますが、釜山にも富山にも軍の慰安所はなかったのです。
 残る2人の内一人は前述の金学順であり、今一人は文玉珠で
す。文玉珠は日本政府に対する訴訟で、当初は娼婦として売ら
れたと言っています。日本政府はこの問題について厳密な調査
や適切な裏付け捜査を行わず、日本の伝統的な手法と「NO」
と言えない性格により、「政治的」に丸く収めようとし、恥ず
べき河野声明を出したのです。それは軍に責任をかぶせる、信
じられない程の官僚的な、無責任なものでした。

580 :文責:名無しさん:02/04/23 11:30 ID:5LjfvzXs
読売新聞社説
   いわゆる「従軍慰安婦」に関して読売新聞が8月4日、8月
11日の両日社説を掲載しました。
 8月4日は「『慰安婦』問題をもてあそぶな」と題するもので、
中川農林水産大臣の記者会見に関するものです。
ここでは名前は挙げていませんが「わざわざ韓国の反発をそそのか
している報道がある」「歴史を捏造していた一部マスコミが、捏造
への反省も訂正もないまま、重ねて問題発言だと騒いだからだ」と、
この問題に対して態度を明確に表明すると共に、一部のマスコミ
(朝日新聞のことだと思います)を批判しました。

 8月11日は「国連の権威損なう『慰安婦』報告」と題し「96年
の一次報告は、詐話師とさえ評されるある日本人が創作した“慰安婦
狩り物語”をそのまま引用するなど、きわめて粗雑なものだった」、
「詐話師の偽書を称揚したり、勤労動員だった女子挺身隊を“慰安婦狩
り”だったと歴史を偽造するような一部マスコミや市民グループ等が、
国際社会に対して、偽情報を振りまいてきた」、「加えて浅薄な外交的
思惑から、裏付けもないまま、慰安婦の『強制連行》認めたかのような
93年の河野官房長官談話があった」と「慰安婦強制連行説」を捏造し
た者と、それを追認した「河野談話」を厳しく批判しています。

581 :文責:名無しさん:02/04/23 11:31 ID:5LjfvzXs
1939年3月5付の「毎日新報」(京城発行のハングル新聞)
によると、逮捕されたハユンミヨンは、妻とともに32年から
各地の農村を歩き回り、「生活難であえぐ貧しい農夫の娘達」
に、いい仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土
などに700円から1000円で売ったという。
ついでにハユンミヨンから50余人の女を買った京城の遊廓
業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女たちを牡丹
江や山東省に転売したことも判明する。
つづいて起きた「第二のハユンミヨン事件」では、犯人のペ
シヤンオンは1935年から4年にわたり100人余の農村女性をだま
して北支と満州に、150人余を北支に売り飛ばしている。
またこの種の国外移送にさいし、渡航許可に携わった役人が
戸籍を偽造するなどの汚職に手を染めていたことも判明した。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

582 :文責:名無しさん:02/04/23 11:32 ID:5LjfvzXs
第二に、慰安所楼主たちのやる---一般に搾取とよばれているものを
なくして、慰安婦の手取りをできるだけ多くし、そして楼主からの
借金を一日も早く返し、泥水から足を洗って、内地へ帰ることが出来る
ようにする。
一方また遊客である将兵の遊興費もできるだけ安く・・・。
「慰安係長 山田清吉中尉の手記」

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

583 :文責:名無しさん:02/04/23 11:33 ID:5LjfvzXs
到着と同時に慰安係へ提出される写真、戸籍標本、誓約書、市町村
長発行の身分証明書に基づき、身上調査(前歴、父兄の住所と職業、
家族構成、前借金額などを記入)を作成、その後も病歴や特徴を追加
記入した。
到着時に「辛い仕事だが辛抱できるか」とたずねると、あらかじめ
楼主に言い含められているのか、いちように仕事のことは納得して
いると答えるのが通例だったようだ。
それでも例外があった。
44年秋、二人の朝鮮人に引率された30人余の女が到着したとき、一人
が「陸軍将校の集会所である偕行社に勤める約束できたので、慰安婦と
知らなかった」と泣き出したので、業者に就業を禁じ、適当な職業の
斡旋を命じた。
「おそらく、女衒に類する人間が、甘言をもって募集したものであったの
だろう」と長沢軍医は回想している。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

584 :文責:名無しさん:02/04/23 11:35 ID:Y9NclAYs
(略)山田の同僚だった長沢健一軍医のメガネにかなったのは、朝鮮
の親元へ送金して田畑を買い戻した春子とか、「三万円を貯金し、五万円
になれば京城へ帰って小料理屋を--」と励んでいた慶子という女で、
聞き知った兵站司令官が「感心な女だ。表彰しよう」と言い出したそう
である。
その長沢が認識を変えたのは1940年、第四師団の通過部隊が積慶里の
慰安所へ殺到したときであった。
過重労働で性器をはらした女が続出したので休業を命じたところ、
喜ぶかと思えばさにあらず、ふだんはヒマな所へ盆と正月が一度に
来たような稼ぎのチャンスなのに、と彼女たちから抗議されたという。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

585 :文責:名無しさん:02/04/23 11:35 ID:Y9NclAYs
さて、この白馬事件の実態を知るには被告側の言い分
も聞いておく必要があろうが、死刑になった岡田慶治
少佐は「青壮日記」と題した獄中手記を残している。
日中戦争期の戦場体験から書き起こした半自伝だが、事件に
ついて次のように書いている。

将校クラブの婦人たちをよく可愛がってやったつもり・・・
その彼女たちが告訴している。
それも嘘八百を並べて・・・時勢が変わったので我々に
協力していたことになっては彼女達の立場がないのかと
想像・・・起訴状を見ると首謀者にされている・・・
「そうか飼い犬に手を咬まれたのだ。もう何も言うことは
ない」と覚悟した・・・敵の銃口の前に立って、日本軍人
の死に態を見せてやることではなかろうか。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

586 :文責:名無しさん:02/04/23 11:36 ID:Y9NclAYs
それにしても、業者の悪徳ぶりが目に余ったからだろう。
警察は刑法226条(国外移送誘拐罪)を適用して、彼らの
摘発に乗り出す。
「大審院刑事判例集」には、この条文の適用をめぐって
大審院まで争った事例が二つ載っている。
一つは1936年満州国牡丹江でカフェー「ミス東洋」を
経営する日本人女性に女給募集を依頼された二人の業者
が、佐賀県の飲食店で女中奉公をしていた18歳の女性を
高収入で誘った件で、未成年と知りつつ親権者の承諾を得
なかったのが心証を悪くしたらしい。
両名とも佐賀地裁で懲役二年の刑を食い、上訴したが、
37年9月大審院で棄却されている。
もう一つは、1930年から上海で日本海軍軍人を顧客とする
醜業に従事していた村上某が、32年の上海事変にさいし、
「海軍指定慰安所」なる名称で営業の拡張をはかり、数人
の周旋人などに依頼して、長崎地区で15人の婦女を「女給
又は女中」とだまして上海へ移送した件である。
村上は移送の実行行為に加わっていないのを理由に控訴
したのだが、大審院は全員が共同正犯となりとした原審
判決を支持、37年3月に棄却の判決を出した。
また司法研究所の「刑事裁判例」には1938年5月、華北の
済南で料理屋を営む森本某が酌婦募集のため金沢へ来た時、
甘言をもって33歳の女性(飲食店経営)を周旋移送した
武部某(詐欺の前科あり)を、懲役4年に処した金沢地裁
の判決が紹介されている。

587 :文責:名無しさん:02/04/23 11:37 ID:Y9NclAYs
1939年3月5付の「毎日新報」(京城発行のハングル新聞)
によると、逮捕されたハユンミヨンは、妻とともに32年から
各地の農村を歩き回り、「生活難であえぐ貧しい農夫の娘達」
に、いい仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土
などに700円から1000円で売ったという。
ついでにハユンミヨンから50余人の女を買った京城の遊廓
業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女たちを牡丹
江や山東省に転売したことも判明する。
つづいて起きた「第二のハユンミヨン事件」では、犯人のペ
シヤンオンは1935年から4年にわたり100人余の農村女性をだま
して北支と満州に、150人余を北支に売り飛ばしている。
またこの種の国外移送にさいし、渡航許可に携わった役人が
戸籍を偽造するなどの汚職に手を染めていたことも判明した。

「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

588 :文責:名無しさん:02/04/23 11:37 ID:Y9NclAYs
テレビもよく見ているというので、「なぜ日本人慰安婦は名乗り
出ないのでしょうね」と聞いてみたら、「二百万円じゃだめでしょう。
二千万円ならいるかもしれんが」と彼女は笑いにまぎらせた。
「慰安婦と戦場の性」秦郁彦

589 :文責:名無しさん:02/04/23 11:39 ID:Y9NclAYs
フィリピン女性は第二次大戦中、日本軍によって「従軍慰安婦」
にされたのか
1992年6月23日

最近、第二次大戦中に日本軍によって、女性達が日本軍のための
売春を強制されたという報告がいくつか出た。
こうした女性の大半は朝鮮人と台湾人であるといわれるが、一部
の新聞は「従軍慰安婦」、つまり戦場で日本軍のために働く売春婦に
させられた女性の中にはフィリピン女性も含まれていたと宣伝した。
中には途方もなくセンセーショナルな記事もあった(たとえば「ピープル
ズ・トゥナイト」(1992年4月13日付)は「数千のフィリピン女性が
性奴隷にされた!」という見出しを掲げた)。
こうした報道の結果、日本に対して謝罪要求や損害補償を要求する声
がわきあがっている。
そのひとつとして、新愛国同盟(バヤン)はこの報道を真剣に受け止め、
さる5月5日、日本大使館前で抗議行動を行い、謝罪を求めた。
事実その通りであれば、たとえ50年前の出来事であったにせよ、非情に
重要な問題である。
だが、フィリピン女性が強制的に日本軍に性奴隷にされたというのは
本当だろうか。
筆者は人権委員会の要請に基づき、第二次大戦中のフィリピンについて
徹底的な調査研究を行い、「従軍慰安婦」事件の真相を究明した。
そして筆者は、当時を知る生存者の話を聴き、さまざまな日記、公式
および準公式の文書、ゲリラの新聞などを読んだ結果、戦時中、フィリピン
では日本軍による大規模な強制的売春はなかった、という結論に到達
した。

590 :文責:名無しさん:02/04/23 11:42 ID:1spKf4Vx
「慰安婦強制連行問題」には何ひとつ証拠がない。
フィリピン(ホセ報告)
そして筆者は、当時を知る生存者の話を聴き、さまざまな日記、公式
および準公式の文書、ゲリラの新聞などを読んだ結果、戦時中、フィリピン
では日本軍による大規模な強制的売春はなかった、という結論に
到達した。
韓国(クマラスワミ)
「募集方法を立証する書類はほとんど残っていない」
「実際の募集の過程に関する公文書はなく、ほとんど
すべての慰安婦の募集に関する証拠は、被害者自身の口頭
証言だけである」
韓国(挺対協著書)
「今まで発見された軍文書のうち、慰安婦の動員方法を具体的に
説明するものは一件もない」
韓国(吉見義明)
97年2月1日の朝生で証拠がないことを認める。
中国(秦郁彦)
中国では戦中から戦後にかけて、慰安婦問題に対する関心薄かった。
100巻にのぼる国民政府の公式戦史にも、関連の記述はほとんど見られ
ない。
日本(官房副長官:石原信雄)
「いくら調べても日韓双方に強制連行を示す証拠がない」


591 :どいたかっこ:02/04/23 11:48 ID:uLgnEfQO
 ひめゆり部隊を美化してはならない、首相の靖国参拝は許せない―沖
縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館で開催中の企画展「仲宗根政善―
浄《を抱いた生涯」で、悲惨な沖縄戦を体験した「ひめゆり同窓生」の
悲痛な声を聞きました。(山本眞直記者)

資料館で同窓生は…
 仲宗根氏は、「ひめゆり学徒」を引率し、多くの教え子を失った教師
の一人。「ひめゆり資料館」の初代館長や沖縄戦記録フィルム一フィー
ト運動の会代表などを務めました。ことしは七年忌にあたります。

 会場に展示された手記やノート、学徒たちへの供養の文章は、どれを
とっても沖縄戦の悲惨さとそれを二度とくりかえさない、という教育者
として決意がこめられています。会場は「ひめゆり学徒は勇敢にたたか
った」と軍国美談につくりあげる「つくる会」の歴史教科書、小泉首相
の靖国参拝への静かな告発の場となっています。

 九日、ひめゆり同窓生の一人、石川幸子さん(76)は、「看護動員
された女生徒が次々に死んでいきました。『勇敢にたたかった』はとん
でもないウソです。同窓生がどれほど無惨に死んでいったかはここに一
度でもくればわかることです」。

 仲宗根氏は戦後、教科書づくりにもたずさわりました。「『つくる会
』の教科書をみたらどう思われたでしょうね」との質問に石川さんはき
っぱりといいました。

 「ビックリし、悲しまれるはずです」

 仲宗根氏は「ひめゆり資料館」建設をめぐってこんな予感を口にして
いました。

 「ひめゆりの塔を霊域として美化して考える人は(略)『ひめゆりの
乙女たちに続け』とならないとも限らない」

 石川さんは、沖縄南部の海岸で米軍から二十日間逃げ回り、途中多く
の同窓生を失った体験を語りながら、「私たちは、公民教育でお国のた
めに死ぬこと、死ねば靖国に行けると教わってきました。靖国はそうい
う戦争動員の象徴なんです。その結果がひめゆりの犠牲です。小泉首相
が靖国を参拝することは絶対に許せません」。


592 :文責:名無しさん:02/04/23 11:51 ID:1spKf4Vx
村長に、「補償ももらえるから、軍に強制されたといいなさい」と
説得されて、真実の公表を娘に託した。
そして、その娘が本を出す(出した?)、という話が産経に載ってたね。

593 :文責:名無しさん:02/04/23 11:59 ID:EsB5f3p1
>どいたかっこ
異論があるなら、コピペで返し続けるより、
たとえ不勉強で舌足らずでも自分の言葉で反論すれば?
それが出来ないなら、誰か連れてきたら?
そのほうが遥かに誠実だと思うけど?
このままだと、不毛になるだけだよ。

594 :文責:名無しさん:02/04/23 12:05 ID:1spKf4Vx
飛田:生き残ったから雪風は世界一の幸運な艦として、栄光を
一身に担うことになる。
ところがね、人間は生き残ったやつはロクなやつがいない。
昭和の悲劇というのは、本当に日本を思った人たちが、みんな
死んじまったことだと思っている。

寺内:確かに気の利いた男はみんな死んじゃったな。

飛田:生きているやつはみんな能無し。・・・我々は生き残って、
こうして呑んでいる。
まったくの話が、駆逐艦乗りというやつは、飲んだくれで、ハシに
も棒にもかからないんだ。

寺内:そりゃまあ、我々は消耗品扱いで、今まで生きてきたんだから。
しかしネ、消耗品というやつも必要なんだ。
私は消耗品に甘んじている。
そうでなけりゃいかん。
雪風がその代表なんだ。
消耗品に甘んずるような人間がいれば、敗けたってなんだって、日本の
これからは大丈夫なんだよ。

595 :文責:名無しさん:02/04/23 12:05 ID:1spKf4Vx
周囲の情勢が変わったからといって、自己の主義主張を変えて平気な
連中の多いことを、わしは心から残念に思うのだが・・・。

小沢治三郎中将

596 :文責:名無しさん:02/04/23 12:11 ID:1spKf4Vx
たまたま本稿を記している三月二日の産経新聞に
、「靖國参拝 男に任せておけませんわ 女性
中心の戦没者慰霊 あす開催」の見出しの記事
が掲載されたが、デヴィ・スカルノさん、朝丘
雪路さんらが、「外国に気がねして、首相が終
戦記念日に靖國神社にお参りできないなど、今
の男性は情けない。
女性のパワーで日本を立ち直らせたい」と、翌三
日の桃の節句に、靖國神社で『英霊を慰め日本を
守る女性たちの集い』が催される旨報じている。

よくぞ、やっていただいた、と大きな拍手をおく
る一人であるが、国民の一人びとりが、このよう
に声を大にして、できることから実践することこ
そ、日本回帰の原点である靖國問題解決の鍵であり、
さらなる世論形成を求めてやまない次第である。

全国戦友会連合会

597 :文責:名無しさん:02/04/23 12:14 ID:1spKf4Vx
どちらにしても、自国の英霊を貶めて快楽を得るような人物を
蔑む、という感覚は、万国共通だろう。
それを隠して利用する者もあろうが。

598 :どいたかっこ:02/04/23 12:40 ID:uLgnEfQO
小泉首相の靖国神社参拝を受け、南京大虐殺の生存者や遺族など南京各
界の人々200人余りが22日午後、南京大虐殺遇難同胞記念館で抗議集会
を行った。

南京大虐殺史専門家、学者を代表して、江蘇省社会科学院歴史研究所
の王衛星副所長(南京大虐殺史研究会常任理事)は、小泉首相の靖国神
社参拝について「政界トップの靖国神社参拝は、例えそれがいつどのよ
うな形で行われたとしても、戦犯に対する招魂行為だ。過去の戦争を肯
定し、正義と平和の歩みに背き、国際的な人道・道徳に違反する行為だ
」と指摘した。

南京大虐殺の生存者の李秀英さん(84)も「私の体には刀で切られた
傷のあとが37カ所もあるのに、日本には南京大虐殺の歴史を再三にわた
り否定する人たちがいる」と述べ、断固たる抗議の姿勢を示した。

抗議集会ではまた、小泉首相の靖国神社参拝に対する南京大虐殺史研
究会と南京大虐殺遇難同胞記念館の抗議書を読み上げた

599 :どいたかっこ:02/04/23 12:44 ID:uLgnEfQO
武駐日大使、小泉首相の靖国神社参拝に厳重抗議
中国の武大偉駐日大使は22日、小泉首相が靖国神社を参拝したことに
対し、日本外務省の竹内行夫事務次官に厳正な対応を求めた。

武大使は小泉首相がアジア隣国の人々の強い反対を無視して靖国神社
を参拝したことについて「中国人民の感情と中日関係を損ねる誤った行
動」と述べ、強い不満と断固たる反対を表明。そのうえで「靖国神社に
対する日本の指導者の態度は、過去の侵略戦争に対する立場を直接表す
もので、日本の今後の発展にも関係する。中国は日本軍国主義が行った
対外侵略の最大の被害国として、日本の指導者の靖国神社参拝に対して
は、それが例えいつどのような形であれ断固として反対してきた」と強
調した。

武大使は「近代の歴史で、中国に最大の被害を与えたのは日本の軍国
主義だ。過去の不幸な歴史に正しく向き合うことは、中日関係発展の政
治的基礎だ。日本の政府と指導者はこれまでに歴史問題で一連の承諾を
行ってきた。小泉首相は昨年10月、盧溝橋の抗日戦争記念館で侵略の歴
史を認め、戦争を反省し、中国人民に謝罪の意を表す談話を発表した。
この誓いと態度の言葉がまだ耳に残っているうちに、小泉首相は靖国神
社を参拝した。これは中国人民13億人の感情を傷つけ、アジアや世界の
人々の信頼を失う行為だ」と述べ、強い遺憾の意を表明した。

武大使はまた「歴史に対する正しい認識がなければ、歴史から正しい
経験と教訓を汲み取ることはできず、安定した中日関係を築くこともで
きない」と述べ、今後このような事件を起こさないよう日本側に厳正な
対応を求めた。



600 :文責:名無しさん:02/04/23 18:16 ID:naIEoVky
  2 往路、陽気なフィンランド人

ストックホルムからヘルシンキへの往路は、大変快適な旅だった。
船の中はまるで大きなホテルそのもの。レストランも複数、バーも複数あり、
幾つかの売店もなかなか魅力的な商品を並べている。
ところで北欧諸国のホテル、交通機関は、英語で十分対応してくれるので
私には心強かった。この船も、国際航路便なので英語で一切を済ますことができた。
食事を済ませてからは、何もすることがなく退屈なのでバーで酒を飲むことにした。
(あまり大きな声では言えないが、私はどこの町にでかけても必ず大衆的な飲み屋を探し、
夜は孤独を紛らわすために、酒を飲んで酔っぱらうことにしていた。これはナイショです。)

夕方からはバンド演奏が入り、たくさんの人びとが集まってきた。ビールやウイスキーが入って、
いよいよ座が盛り上がってくる。誰彼となく話し掛け合い、少しずつグループができていく。
私は、隅っこのテーブルに一人で座っていたのだが、一人、二人と同じテーブルに人が集まる。
そのうちに、陽気なフィンランド人の男性が私に話しかけてきた。
「アンタは中国人かい?」「いいえ日本人です」そう答えたとたんに、彼が周りに「○×○×!」
と大きな声で叫んだ。何が起こったのか、と訝っているうちに、英語で「よう日本のお方、アンタの
テーブルに行っていいか」と数人がまた加わってきたのである。彼らと話しをしていて分かったのは、
フィンランド人は大変な親日的な国民だ、ということであった。「アンタの国は、あのロシアをやっ
つけた国だ」から始まり、アドミラル・トーゴーの偉大な勝利について語り始める。お分かりのように、
これは日露戦争のことである。戦後生まれの私とあまり歳が変わらないか、むしろ若い世代の人が、
我らが曾祖父の時代の日本海海戦について語るのである。なんだか古い時代の伝説めいた「お定まり」
のような話だが、本当のことなのである。

そのうちまた一人が、「俺は以前にフィンランドのヒタチに勤めていた」とうち明けてくれた。
「日本の工業製品は優秀だ。フィンランドにもノキアがあるけどね」と言い始める。
彼は、親切にもこれからの私の旅程を聞き出し、あれこれとアドバイスまでしてくれたのである。
その上、ヘルシンキでは自分の家に泊まらないか、とまで勧めてくれた。妻と子どもが三人いる、
と言って、家族の写真も見せてくれた。ホテルはすでに予約済みである、というと実に残念そうな
表情をしたので、なんだか申し訳なくなった。
とはいえ、初対面の人に世話になるのは、誰だって気が引ける。だがこのように、人なつこくて
親切な人が本当に多いことには感心した。
さすがフィンランドは、ほのぼのキャラクター「ムーミン」(トーベ・ヤンソン)を生んだ国である。



601 :文責:名無しさん:02/04/23 18:29 ID:naIEoVky
ヒースローの親日少年

パブを出て、チェックインを終え、今度はゲート待ちのとき、やはりコンセントの
近くに陣取り、ノートパソコンで作業をしていたのだが、となりに座った少年が、
とても興味深げに筆者のパソコンを見ている。こっちも酒が入って調子が良くなっ
ていたので、「興味あるのか?」と話し掛けて、自分の英文ホームページなどを見
せて調子に乗って自慢した(笑)。「日本人?」ときくので、「そうだ」といった
ら、「しゅげ〜、技術の国、日本だ!」と本気で感動している。随分、親日の少年
ではないか。12才くらいのカナダの少年で、筆者はとてもうれしくなって、「君、
日本を知っているのか?」と聞くと、「日本はすごい技術立国だ」と目を輝かして
答えた。折に触れては述べているが、経済大国、技術立国日本のイメージは西欧で
は、そんなに浸透してはいない。日本人は社会科でそういう風に習い、アメリカに
次ぐ経済大国で先進国首脳会議にも参加する国だから、当然、日本は先進国と認識
されていて当然と思っているが、実はそうではないのだ。西欧社会はキリスト教と
かローマ帝国いう共通基盤を持っているから、結局は同じような仲間がやっている
事というんで、経済的に発展している→文化・教育水準も相応なんだなと理解され
るが、極東の外れにあって、顔つきも違うアジア人が経済的に発展しているからと
いって、すぐにその国が高い文化・教育水準を持つとは信じられないのである。
基本的にアジアは暑くて、汚くて、ゴキブリがいっぱいいて、雑然としたイメージ
である。自動車、バイク、コンピュータと日本の製品がどんなに優秀なる事で有名
になっても、それはインドのように、ごくわずかの上層階級だけがインテリ&ハイ
テクで、ほかの大部分の国民は上記のような薄汚い生活をしているというイメージ
を持っている人が大半なのだ(→井上さんのホームページ)。

 そんなこともあるので、日本を技術立国と思って目を輝かしてくれる少年に本当
にうれしい思いがした。どうやら日本人の友達がいるそうである。ホームページや
らコンピュータやらの話をしていると、逆隣に座っていたフィリピン人のオジさん
も興味を持ってきて、会話に加わり、3人で盛り上がってしまい、危うく飛行機の
時間に遅れそうになった(笑)。このオジさんはアイルランドの建設会社(大成建
設とか日系のゼネコン)で働いている技術者で、筆者も元々は技術者を目指したの
で、コンピュータのハードウエアの割と詳しい話とかでもりあがり、少年も、そう
いうのに興味があるので、会話でだいぶ時間つぶしになった。そのうち、英国の車
両左側通行の話になった。フィリピンもカナダもアメリカと同じで車両右側通行で
ある。「車線のない道から車線のある道に入ると、一瞬、どちらがわを走っていい
のかわからなくなる」とか、「対向車が来ると、反射的に右に除けてしまう」とか、
日本人がアメリカで困惑するのと全く同じことをぼやいていて、ほほえましかった(笑)。


602 :文責:名無しさん:02/04/23 23:13 ID:GQXnnc5F
★南京事件の大疑問(資料)
※1937(昭和12)年12月の南京攻略戦で南京「大虐殺」
事件がおこったというが、この事件は以下のような理由で存
在したかどうかも疑問である。
多数の人が死んだだけでは虐殺ではない。当時「支那事変」と
いう名の戦争中だったのである。
「事件」を主張する人は、人が死んで当たり前の状況だったこ
とを忘れている(わざと?)の である。
※個人的な非道や一部部隊による捕虜殺害はあったが、これ
は組織的な「大虐殺」の証 拠とはならない。
※中国で、南京「大虐殺」事件の写真集が売られているが、
なぜか一般の日本人には販売しない。
しかし、南京の全住民が殺されたこの事件で、いったい誰が
「血に飢えた日本軍」の目を盗んで写真を撮ることができた
のだろうか? 
ちなみに、南京「大虐殺」の写真証拠と証明されたものは、
一枚も残っていない。
なぜなら、死体が写って いるだけの写真は、証拠にはならな
いからだ。

603 :文責:名無しさん:02/04/23 23:14 ID:GQXnnc5F
※推測や伝聞に基づく南京「大虐殺」事件が教科書に載って
いるのに、日本人がソ連軍 や中国軍に虐殺されたり、強姦
されたりした事件が載っていない事に疑問を感じない か?

◎「大虐殺」を主張する人は、下記のような疑問に答えられない。

1.日本軍は30万人殺したと言うが、当時の南京の人口は
16〜25万人である。
しかも戦 闘が迫って避難する人々も多かった。さらに日本軍
の南京入城から1か月後には人口5万人になっている。その後の日
本の8年にわたる軍政下で、人口は増えつづけている。虐殺があ
ったとしたら、一般市民は南京に戻らないのではないか。

2.何十万人もの人間を短期間で殺すためには組織的な準備が
必要である。
ナチスの収容所のような所でも、一度に殺すには限界がある。
ちなみに広島の原爆で人口30万6500人のうち24万7000人
が死んだ。それに匹敵する人数を、数日間で行うことは不可能である。
仮に東京を絨毯爆撃しても7〜8万人が限界であると考えられている。
しかし、もちろん日本軍はそのような準備はしていなかった。

3.大量に死体を放置しておけば当然伝染病が発生するので、
直ぐに殺した側の軍隊はそこから離れなければならないはずだ。
しかし、日本軍は南京を統治する意思があったので組織的に大
量虐殺を行い、病気をはやらせるわけがない。


604 :文責:名無しさん:02/04/23 23:14 ID:GQXnnc5F
4.日本軍は南京が平静を取り戻したのち、軍人と民間人を識
別するために「良民票」  を発行したが、その発行数は約20万
で、これは外国の機関にも確認されている数である。
つまり、南京攻略戦で一般市民はほとんど死んでいないということ
である。

5.軍隊が貴重な「鉄砲の玉」を抵抗能力のないものに対して無駄
遣いさせるはずがない。
また石油をかけて殺したという話もあるが、当時は「石油の一滴
は血の一滴」と言われており、これもまた考えられない話である。

6.欧米の外交団や反日的なキリスト教牧師や大学教授,ジャ
ーナリストが南京城内に残っていたので、司令官の松井石根大
将は細心の注意を払っていた。
近くにある中国国革命の父・孫文の墓を荒らさぬことまで気に
掛けていた。 

7.軍需品や必要な食料を占領地域から徴収することは国際法
上合法である。これは日 本軍人の悪事ではない。


605 :文責:名無しさん:02/04/23 23:15 ID:GQXnnc5F
8.東京裁判で初めてこの事件が公にされたが、証人のマギー
牧師が実際に見た殺人事件はたった1件で、しかもそれは警備
兵に誰何(すいか)されて逃げたからであった。
誰何して逃げれば味方でも殺すのが戦時国際法の措置である。
それ以外の彼の証言は伝聞,噂話,憶測ばかりであった。

9.マギー牧師は当時の南京城内の実写フイルムを所持し、
これは現存しているが、死体の映像が写っているだけで、日
本軍の仕業かどうかはわからない。
東京裁判にも証拠として提出されなかった(つまり、採用され
る見込みがなかったということ)。

10.中国軍は国際法で禁止されている便衣隊(非戦闘員を装
った兵士、ゲリラ。
便衣隊 を銃殺してもジュネーブ条約第4条により合法である)
の取締りをしなかったために、便衣隊に混じって、不幸にも
民間人が殺されたケースは考えられる。
これを含め、日本軍人による若干の事件はあったが、松井大将
は犯人を軍法会議にかけ、厳しく処断している。
ちなみに軍法では強姦者は銃殺であった。

606 :文責:名無しさん:02/04/23 23:15 ID:GQXnnc5F
 cf. ハーグ条約(1907年)では、敵から見えるように武器
を持ち、正規兵の服装をしない者(つまりゲリラ)は、条約の与
える保護を受けることはできないと定められている。
これは、現在も生きている戦時国際法である。

11.南京は国際都市であり、非戦闘員を集めた「安全区」
があり、欧米人が管理していた。当時日本に反感を持って
いた米,英,仏も外交的な抗議を行ってはいないし、
「安全区」を砲撃せず、病院に肉などの食料を贈った日本軍
の行為に対して感謝状まで贈っている。
12.蒋介石は小さなことでも国際連盟に訴えていたが、南京
での出来事を国際連盟(日本は脱退していたが)に提訴してい
ないし、他の問題で日本を非難した国際連盟が、南京「大虐殺」
を非難していない。

13.当時、支那事変のニュースを送っていた欧米の通信社
(マスコミ)が、本国に「大虐殺」事件を打電していない。


607 :文責:名無しさん:02/04/23 23:16 ID:GQXnnc5F
14.日本の新聞記者や著名な評論家・作家など 120人も南京
陥落と同時に南京入りしたが、戦時中は軍が怖くて批判が無理
だったとしても、戦後に至っても「大虐殺」に関して何の記事も
書いてはいないし発言もしていない。
ちなみに、支那事変の初期には、報道は自由であった。
「大虐殺」を非難する「ジャーナリスト」本多勝一や「歴史学者
」洞富雄,藤原彰一らによる著作は、当時少年だった数人の「証
言」を一方的に伝えたもので、検証を行っていない。
ゆえに信憑性が薄く、また関係者の「回想」なるものも、矛盾
に満ちており、時流便乗的なものばかりで史料とはなりえない。

15.日本軍は首都南京の被害が大きくなることを考慮し、蒋介
石に対して南京をオープ ン=シティ(無防備都市=国際法によ
り、降伏する代わりに敵に攻撃されない)とすることを勧めたが
、彼はこれを拒否した。
責任者である将軍達は市民や敗残兵 (中国人敗残兵はタチが悪いこ
とで国際的に古来有名である。
また、虐殺したり、死体を辱めることも常であった)を残して
逃げてしまっていた。

608 :文責:名無しさん:02/04/23 23:17 ID:GQXnnc5F
彼らによる略奪や強姦,殺人といった事件もあった(米国の外
交官や新聞記者が、中国人敗残兵が市民から衣服を奪い、抵抗す
る者を殺しているという報告している)。
オープン・シティにしないのであれば、降伏するか、徹底的に
戦うかの意思を内外に表明すべきであった。
首都南京で戦闘が行われた混乱の責任は国民政府にある。

16.南京陥落前に南京を脱出したドイツ人の日記なるものが
南京「大虐殺」事件の新資料として宣伝されたことがあったが、
そこには、「南京の揚子江岸は、死骸が山のようにあった」と
書いてある。
この時日本軍はまだ南京に入っていないのであるから、これが
事実なら「大虐殺」は日本軍以外の何者かが行ったことになる
のではないか?

※余談であるが、(昭和2年の)「南京事件」や「済南事件」
以外にも、日本の敗戦後中国に在留していた日本人が、無実
の罪で各地で中国人に虐殺されるという事件が起きており、
行方不明者も含めてその数は5000人にのぼるという。
鞍山(1500),本溪湖(290),安東(300),黒河(200)
,哈爾浜(1300), 通化(700)など(地名のあとの括弧内
の数字は殺された日本人の数)。          

609 :文責:名無しさん:02/04/23 23:17 ID:GQXnnc5F
平成10年6月12日、東京・有楽町の外国人記者クラブにおい
て、中国系アメリカ人ジャーナリストであるアイリス・チャン
著『ザ・レイプ・オブ・南京』(ベーシック・ブックス社刊、
邦訳は柏書房)への反論の記者会見が行われた。
 チャン氏は、いわゆる「南京大虐殺」を扱った著書の中で
「昭和12年12月から翌年1月、日本軍が南京を攻略・占領した
際に30万人もの人々を殺害した」と記述している。そこで、南京
問題についての我が国の専門家数名が、チャン氏は疑わしい史料に
基づいて南京事件を描いており、その著書は信用できないと批判
したのである。 
これは、その記者会見の席で配布されたレジュメを、著者の了解
を得て掲載したものである。

610 :文責:名無しさん:02/04/23 23:20 ID:GQXnnc5F
■1.英語の通じない国■

 タイの最初の印象は、「英語の通じない国」であった。空港につ
いて、会社の差し向けてくれた車に乗ったのだが、まずその運転手
がいっさい英語を話さないのに面食らった。同じ東南アジアでもシ
ンガポールやマレーシアとは大違いだ。あとで現地の日本人駐在員
と一緒に車に乗ると、彼らの方がかなり流暢にタイ語を話すのであ
る。

 ホテルでは、朝エレベータで現地人の客から「サワディーカ」と
にこやかにタイ語で挨拶をされた。これには逆に好感を抱いた。

 考えてみれば、東南アジアで、日本人と現地人が話すのに、なぜ
わざわざ地球の裏側の英語を使わねばならないのか、そちらの方が
よっぽどおかしい。外国人がタイに来たのだから、タイ語で挨拶す
るのが、本来の姿だろう。当方も外国に行くときは、かならず「こ
んにちわ」と「ありがとう」は現地語を覚えていくので、「サワデ
ィーカ」と挨拶を返す。朝から清々しい気分となる。


611 :文責:名無しさん:02/04/23 23:20 ID:GQXnnc5F
■2.王室と独立維持■

 タイで英語が通じないのは、この国が植民地になったことがない
という単純な理由からである。この点、英語下手な日本人と良く似
ている。英明な君主のもとで、植民地化の危機を乗り越え、自力で
近代化を図ったという点もそっくりだ。

 東南アジア諸国の王たちが、過度の外征、下手な外交、ぜい
たく、無為などによって、次々と独立を失っていったなかで、
タイのバンコク朝だけが独立を保ちえた事実は注目にあたいす
る。もちろん運のよさもあるが、歴代の王たちの賢明な統治を
まず原因の一つにあげなければなるまい。[1]

 現在、世界に君主制の国家は28カ国ある。このうち、人口1億
2千万の我が国は、世界最大・最古の君主国であるが、それに次ぐ
のが、英国(5700万人)、タイ(5500万人)である。日本
とタイとはアジアの大国の中で、植民地とならず、君主制を維持し
得た、たった二つの国なのである。[2]


612 :文責:名無しさん:02/04/23 23:21 ID:GQXnnc5F
■3.王室への深い尊崇の念■

 独立を維持しえたのは、王室の英邁な指導者のお陰だという事を
知っている国民の王室への尊崇の念は深い。

 空港に出迎えに来てくれた会社の車には、バックミラーに、国王
の写真入りのペンダントがぶる下がっていた。会社の正面玄関受付
には、天井近くの高いところに、国王の「ご真影」が飾られている。
オフィスの女性たちの机の上には、王室の方々の写真入りデスクカ
レンダーが置かれていた。

 バンコクの歴史博物館では、現在の国王ラーマ9世がいかに民生
向上につくされているか、写真入りで紹介している。国王は、精力
的に国土を廻られて、農業振興などにつくされている。

 国民が王室を敬愛し、そのもとでよくまとまっている姿というの
は、和気藹々(あいあい)とした家庭を見るようで、何とも心の暖
まるものである。

■4.西洋植民地主義との闘い■

 西洋諸国の侵略との闘いは、1851年に即位したラーマ4世モンク
ット王に始まる。王は27年間、僧として生活し、自ら一つの宗派
を開かれたほどの碩学だ。欧米の宣教師達と交際し、英語、ラテン
語、数学、天文学などを修めた。英語の知識から、西洋文明を取り
入れて近代化しなければ独立は危ういと、大勢の外国人を雇った

613 :文責:名無しさん:02/04/23 23:21 ID:GQXnnc5F
 ミュージカル「王様と私」は、この時のイギリス人家庭教師の手
記を脚色したものだ。映画ではユル・ブリンナーがタイ国王を演じ
ていたが、西洋諸国の侵略を前に、「近代化に賭ける王の悲願はこ
の中に描かれたような面白半分のものではなかった」という。[1]

 ラーマ4世は1868年にマラリアで急死する。ちょうど明治元年で
ある。16歳の王子チュラロンコーン王子はただちに即位し、ラー
マ5世と称する。「王の生没年および在位期間は日本の明治天皇と
ほぼ重なり、国の近代化につくした役割においてもよく似ている」。
タイの明治天皇と言われる。[1]

■5.国民の一致団結■

 幕末から明治にかけて、東南アジアは次々と欧米の植民地となっ
ていく。

1819 シンガポール(イギリス)
1826〜86 ビルマ(イギリス)
1862〜84 ベトナム(フランス)
1863 カンボジア(フランス)
1898 フィリッピン(アメリカ)
1909 マレー(イギリス)

 フィリッピンやマレーが植民地になったのは、明治に入ってから
で、20世紀初頭の第一次大戦前まで欧米帝国主義は猛威をふるっ
ていた事が分る。


614 :文責:名無しさん:02/04/23 23:22 ID:GQXnnc5F
 タイは、東のベトナムから攻め寄るフランス、西のビルマ、およ
び南のマレー半島から忍び寄るイギリスのちょうど中間に位置した。
英仏両国は、直接対立を避けるために、タイを緩衝国家(バッファ
ー・ステイト)として、手を出さないでおこうという取り決めを交
わした。これはタイにとって非常な幸運であった。この点も、日本
が極東に位置して、侵略勢力が来るのが遅かったという運の良さに
似ている。

 しかし、フランスは東から、イギリスは南から領土の蚕食を続け
る。

 タイ国の地形は象の横顔によく似ているが、現在インド象く
らいしかない耳はもとアフリカ象の耳ほどに大きく、また鼻も
もう少し長かったのである。[1]

 こうして領土を失いながらも、独立を維持できたのは、ラーマ5
世のもと、国民が一致して団結してきたからだろう。外国勢力を引
き入れて、自ら権力を握ろうという野心家がいたとしたら、一挙に
独立を失っていたであろう。この点も、幕府と薩長が対立しながら
も、外国勢力を引き入れることのなかった日本とよく似ている。


615 :文責:名無しさん:02/04/23 23:22 ID:GQXnnc5F
■6.近代化への道■

 西洋勢力の侵略を防ぎながら、タイは国内の近代化を急ピッチで
進めなければならなかったのも、明治日本と同じである。1883年の
郵便事業の開始、94年の市電の導入(これは多くのヨーロッパ都市
よりも早い)、1914年の水道設備建設、等々、日本と同様の文明開
化が試みられた。[3,p81]

 アジアで残されたただ二つの独立国として、我が国とタイは、早
くから交流を始める。明治15年に東伏見宮殿下が、バンコックを
訪問され、国交関係樹立について会談された時がその始まりである。

 タイが欧米各国から招いた20数名の法律顧問の首席だった政尾
虎吉博士は大正2年までの16年間、タイにとどまり、新法制と法
典編纂の事業に取り組んだ。博士が大正10年に亡くなられた時は、
タイ政府は国葬の礼を持って遇した。[4,p228]

 また、近代女子教育のために設立されたラーチニー(皇后)女学
校では、国王の意向で、イギリス人教師を雇う従来の習慣が変えら
れ、日本人女性、安井てつが事実上の校長として招かれた。1904年
から、3年間、安井は当時の貴族名門の子女約200人ほどを教え
た。それから再度のイギリス留学の後、帰国後は東京女子大学学長、
東洋永和(現・東洋英和)の校長を務め、日本とタイ両国の女子教
育に大きな足跡を残した。[5,p43]

 現在の日本では、発展途上国の法律顧問首席となったり、女子大
の学長になったりする人はまずいない。開国したばかりの明治期の
日本は、国際貢献が叫ばれている現代日本よりも、はるかに、スケ
ールの大きな人的貢献をしていたのである。


616 :文責:名無しさん:02/04/23 23:23 ID:GQXnnc5F
■7.日本との同盟■

 タイとの友好関係は、昭和に入っても変わらない。欧米植民地主
義に対してともに戦ってきたという立場からは、日本の行動に対し
て、欧米諸国とは異なった見方をした。

 満州建国で、真っ先に満州国を承認したのは、タイであった。そ
の後も、タイ政府は国際連盟の日本非難決議に唯一棄権をして世界
を驚かせた。

 シナ事変が始まった時に、38歳で総理の座についたピブン首相
は、日本がABCD包囲網で軍事物資の不足に悩んでいる時に、タ
イで生産される生ゴムと綿の全量を日本に供給してくれた。
[1,p227}

 大東亜戦争勃発後、ピブン首相は日本との同盟条約を結ぶと同時
に、蒋介石に対して、「同じアジア人として日本と和を結び、米・
英の帝国主義的植民地政策を駆逐すべきだ」という勧告電報を打っ
ている。さらにタイ国内のインド人、ビルマ人にそれぞれの祖国の
独立運動を奨励している。ボース率いる自由インド独立連盟も、オ
ン・サン率いるビルマ独立軍も、バンコックで編成される。

 昭和17年1月8日、米英はタイが日本と同盟したというので、
タイの地方都市の空襲を始めた。そこでピブン政権は、米英両国に
宣戦布告する。


617 :文責:名無しさん:02/04/23 23:24 ID:GQXnnc5F
 東条首相が開いた大東亜会議には、王族であるワンワイタヤコン
殿下が出席され、その返礼もあって、昭和18年7月に東条首相は
バンコックを訪れ、イギリスやフランスにもぎ取られた旧領地をタ
イに戻した。タイ国民は躍り上がって喜んだという。[1,p238]
(続く)
■1.巧みな外交手腕■

 日本が敗れると、同盟国タイにも英印軍、オランダ軍、豪州軍が
進駐してくる。イギリスはタイ領土の割譲を要求し、フランスは終
戦のどさくさに越境するなど、白人帝国主義の本領を発揮したのだ
が、タイは国連の安保理事会に訴えるなどして、難を逃れている。

 連合軍は、戦争犯罪人を裁くと主張したが、タイは自国ですると
主張し、ピブン元首相以下10名を逮捕して裁判にかけたが、その
後、容疑者全員を釈放している。驚くべき事に、戦犯として逮捕さ
れたピブン首相は、すぐに釈放され、戦後また首相に返り咲いてい
る。そして反共親米政権を作った。


618 :文責:名無しさん:02/04/23 23:25 ID:GQXnnc5F
 日本で言えば、東条首相が東京裁判後、すぐに釈放され、再び首
相となって、今度はアメリカと組んで、共産主義と対決したといっ
た所である。いわば、戦争には負けたが、爆撃や原爆攻撃は受けず、
王制はびくともせず、開戦時の首相がアメリカと仲良くやっていく、
という手品のような事が起きたわけである。自虐史観など起こりよ
うがない。

 我が国の政治指導者が大正期以降失ってしまった巧みな外交手腕
を、タイはずっと維持して、第2次大戦の荒波もかいくぐってきた
と言える。[1,p240]

■2.コボリを死なすな■

 タイの人々の対日感情を反映し、また形成するのに映画やテレビ
は影響力が大きい。日本軍将校とタイ女性との悲恋物語、トムヤン
ティ原作の「メナムの残照」は、タイで人気が高い。すでに3回も
映画化され、いくつもの賞を受けている。

 大東亜戦争中に、日本人将校小堀と、美しいタイ娘アンスマリン
が出会う。彼女は日本への反感に心が揺れながらも、やさしく誠実
な小堀にひかれ、やがて二人は結婚する。小堀の子供を身ごもった
アンスマリンは、戦火の拡大でバンコクが空襲を受けた夜に行方不
明の小堀を探しに行く、というストーリーである。

 テレビ化された時は、コボリを死なすな、と大量の投書が寄せら
れたそうである。

619 :文責:名無しさん:02/04/23 23:25 ID:GQXnnc5F
■3.こんな気の毒な日本を見ていられるか■

 戦時中、タイは進駐していた日本軍に20億バーツ(30億円)
を貸与していた。その返還交渉に使節団が来日した。顧問のソムア
ンは戦前、日本で過ごし、頭山満などにかわいがられた人物である。
池田蔵相は、日本の経済事情を説明して、返済の値引きを求めたと
ころ、即座に了承した。

 「国に帰ったら、殺されるかな」とフッと思った。けれど、
「まあいいや、友邦日本は悲惨な状態なんだから」と自分に言
い聞かせました。

 ソムアン顧問は、さらに次のように語っている。

 日本国民は餓死寸前の時でありました。日本中が焼け野原で
した。そして皇族も華族もいなくなり、有力な軍人と賢明な役
人と高潔な政治家は牢に叩き込まれて誰もいません。アメリカ
はそっくり返って威張っている。団員は口々に「こんな気の毒
な日本を見ていられるか」と言いましたよ。だから、私に向か
って池田勇人蔵相が熱心に払えない理由を釈明していたけれど、
全然聞いていなかったのです。


620 :文責:名無しさん:02/04/23 23:26 ID:GQXnnc5F
 ソムアン顧問とその父で戦前に経済相をつとめたプラ・サラサス
氏は、さらに「あまりにも日本の少年少女がかわいそうだ」と言っ
て、私費で象の「花子さん」と米10トンを贈ってくれた。子供達
ばかりでなく、当時の大人も花子を見て、敗戦後も変わりないタイ
の好意に、心暖まる思いをしたのではないだろうか。

 プラ・サラサス氏はまた、マッカーサーと直接あって、「将来、
アメリカはソ連とかならず対決する日が来る。その時、力になるの
は日本である。日本をいじめる事は、アメリカのためにも、アジア
のためにも、ならない」と進言している。[1,p250]

■4.身を殺して仁をなした日本というお母さん■

 1973年にタイの首相になったククリット・プラモード氏は、「サ
イヤム・ラット」紙の主幹だった頃、「12月8日」と題した次の
ような記事を書いている。

 日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本という
お母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はす
くすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と
対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるか。それは
身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためであ
る。12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれた
お母さんが、一身を賭して、重大な決心をされた日である。我
々はこの日を忘れてはならない。

621 :文責:名無しさん:02/04/23 23:26 ID:GQXnnc5F
 このお母さんとは、現代日本の核家族の母親を想像しては間いで
あろう。戦前の日本のような、そして現在のタイのような、子供を
7人も8人も生んで一生懸命育てている母親を想像すると、この
「お母さん」の比喩がさらによく分かるだろう。

■5.仁魚■

 仁といえば、次のエピソードも忘れがたい。

 今上陛下は昭和39年、皇太子時代にタイを訪問された。その時、
山奥の苗(ビョウ)族のタンパク質不足の問題をタイ国王からお聞
きになり、魚類学者としてのご研究から、飼育の容易なティラピア
という魚50尾を国王に贈られた。

 この魚はタイ国内でさかんに養殖され、国民の栄養状態改善に貢
献するばかりでなく、73年にはバングラデシュへの食料支援として
50万尾も贈られたという。

 ある日本人は、魚市場でタイ人から、「この魚は、日本のチャ
オ・ファー・チャイ(皇太子)が持ってきてくれたんだ」と聞かさ
れたそうである。


622 :文責:名無しさん:02/04/23 23:27 ID:GQXnnc5F
 この魚の漢字名は「仁魚」という。華僑系市民がこの話に感動し
て、陛下のお名前(明仁)をとって命名した由である。[2]

■6.両国民の思いやりと志の積み重ねの上に■

 社民党の土井たか子氏は、平成7年、戦後50年の戦没者慰霊式
で衆議院議長として式辞を述べ、「日本はアジアの人々のまことの
和解を手にしていないのであります」と語った。

 この短い言葉の中には、これからの国際派日本人が犯してはなら
ない誤りが二つも含まれている。

 第一の誤りは「アジアの人々」という概括の仕方である。隣り合
わせのタイとマレーシアでも、歴史、言語、文化、政治体制、対日
関係とすべての面で大きな違いがある。それらを十把一絡げに「ア
ジア」と呼ぶ姿勢には、相手の民族・国家の個性をきちんと理解し
て、交際していこうという誠実さは感じられない。

 第二の誤りは、「まことの和解を手にしていない」というような、
口先だけの態度である。タイから見れば、そんなセリフで一人格好
をつけている暇があったら、もっと汗をかいて現実の問題の解決に
手助けをして欲しいというのが、本音であろう。


623 :文責:名無しさん:02/04/23 23:28 ID:GQXnnc5F
 前号で紹介したタイの新法制制定を指導した政尾虎吉博士や、女
子教育の草分け安井てつの努力を思い起こすべだ。政尾博士が亡く
なられた時に、タイは国葬の礼をもって遇したのである。

 土井党首率いる社民党は今まで「アジア」の国々のために一体ど
のような汗をかいたのであろう。社会党時代にカンボジアのPKO
にすら国会の牛歩戦術で反対した事しか筆者の記憶には残っていな
い。

 タイと日本とは今回紹介したように120年以上の友好と同盟の
歴史を持ち、それは政尾虎吉や安井てつのような人々の志によって、
築かれてきた。また敗戦時に好意を寄せてくれたソムアン氏、プ
ラ・サラサス氏のようなまごころによって培われてきた。このよう
な両国の人々の具体的な志と思いやりの積み重ねを思い起こしつつ、
その友好関係をどう継承・発展させていくのか、ということを考え
なければならない。

624 :文責:名無しさん:02/04/23 23:28 ID:GQXnnc5F
■1.感謝される日本隊■

 今回の台湾大地震では、日本がかなり目立った働きをした。地
震発生当日の夜には、日本からの緊急援助隊が一番乗りし、「空
港で一秒間も休まずに災害現場に駆けつけた」(地元マスコミ)。
規模も合計百二十五人と最大、機材も最新鋭、訓練、規律も最高
とあって、地元マスコミに高く評価された。[1]

 ファイバースコープや生存者の呼吸を電磁波で探知する「シリ
ウス」と呼ばれるハイテク機器、赤外線探知機、さらに大型の切
断器具などの最新鋭装備だけでなく、発見された遺体に敬礼を捧
げたり、「(救助できずに)申し訳ありませんでした」と遺族に
語る救助隊員の姿勢が、好感を持って報道されている。

 日本時代に育った高齢者「多桑(とうさん)」世代を中心に、
「よくやってくださいました。ありがとう。」と涙を浮かべなが
ら、丁寧な日本語でねぎらいの言葉を寄せたり、食事を提供して
くれる人も多い。被災地の、それも最も被害の甚大な場所にいな
がら、食事や水に困ったことがないという。[2]


625 :文責:名無しさん:02/04/23 23:29 ID:GQXnnc5F
■2.「多桑」世代の親日感情■

「多桑」とは、台湾語読みで「トーサン」、日本統治時代の「父
さん」の名残である。94年に作られた映画「多桑」は、「金馬奨
(台湾のアカデミー賞)」の観客投票最優秀作品賞を受けた。

 映画の主人公セガは、日本教育を受けた世代で、戦後も何かに
つけ、日本びいきだ。子供たちには「トーサン」と呼ばせ、家で
は日本のラジオ放送を聞き、ラジオの具体が悪くなると、日本製
じゃないとだめだ、とぼやく。セガの夢は日本に行って、皇居と
富士山を見ることだった。しかし、その夢を果たす前に、この世
を去る。

 始めは「奸漢(売国奴)」と非難していた長男も、成人して父
親の心情を理解する。この長男が監督として、実体験に基づいて
作った映画が「多桑」である。「多桑」世代の人々は、この作品
を見て涙を流し、若い世代も関心を向けた。[3,p257]

 しかし、「多桑」世代の人々は、なぜそんなに親日的なのだろ
うか。それは、今回の日本の救助隊と同様、いやそれよりもはる
かに大きなスケールで、台湾のために尽くした多くの日本人がい
たからである。今回は、それらの人々の一部を列伝風に紹介して
みたい。


626 :文責:名無しさん:02/04/23 23:29 ID:GQXnnc5F
■3.児玉源太郎、後藤新平、新渡戸稲造■

 明治31(1898)年、日本の台湾統治は、まだ3年目であり、あ
ちこちに反抗勢力が残り、治安の確立も、産業の発展も立ち遅れ
ていた。ここで第4代提督として任命されたのが、後に日露戦争
でも活躍した児玉源太郎である。児玉は、後藤新平(後の東京市
長)を民政長官に起用した。

 後藤はもともと医師であり、社会衛生を重視した。アヘンに高
率の税をかけ、吸引者を徐々に減らすと共に、その税収を衛生改
善に当てた。当初16万9千人もいたアヘン吸引者は、50年後
の日本敗戦時には皆無となっていた。

 また、台湾は「瘴癘(しょうれい、風土病)の地」とも呼ばれ、
台湾平定時の日本軍戦死者164名に対し、病死者が実に4,642
名という有様だった。[3,p306]

 後藤は悪疫予防のために、上下水道を完備し、主要道路は舗装
して、深い側溝を作り、汚水雨水の排出を速やかにした。これは
当時の日本本土でも行われていなかった。

 伝染病を抑えるために、台湾医学校を設立して、ここから多く
の台湾人医師が育った。またほとんど都市の形をなしていなかっ
た台北で、大都市計画を実行し、整然とした清潔な市街を作り上
げた。

627 :文責:名無しさん:02/04/23 23:30 ID:GQXnnc5F
 児玉と後藤が台湾農業振興のために、三顧の礼で迎えたのが、
日本で最初の農学博士・新渡戸稲造である。新渡戸は、半年かけ
て台湾全土を巡り、製糖産業に目をつけた。そして品種改良、耕
作方法、加工法の改善に取り組んだ。

 この努力が実り、1900年に3万トンだった産糖は、1940年には
160万トンとなり、台湾は世界有数の生産地となった。[4]

 児玉は、後藤、新渡戸を全面的にバックアップするかたわら、
各地を精力的に巡視して、80歳以上の老人男女を食事に招待す
る(饗老会)など、民心把握に努めた。日露戦争中は、満州軍総
参謀長となりながらも、台湾提督の職位を離れなかった。

 児玉の死後、江ノ島に神社を作ろうという議が起こったが、予
算11万円に対し、集まったのはわずか3千円であった。このこ
とが台湾に伝わると、残りの金額はわずか2週間で集まった。台
湾人民がいかに児玉を敬愛していたかが窺われる。[3,p292]


628 :文責:名無しさん:02/04/23 23:30 ID:GQXnnc5F
■4.西郷菊次郎の治水工事■

 西郷菊次郎は、西郷隆盛が沖縄に流されたおり、愛加那(あい
かな)との間にもうけた子供である。米国留学の後、台湾が日本
に割譲された明治28(1895)年から、約7年間、地方行政に携わ
った。

 そのうち5年6ヶ月を、台湾の東北部、宣蘭(ぎらん)の庁長
として務めた。宣蘭は台湾第二の平原である蘭陽平原にあり、そ
こを流れる宣蘭河は、毎年氾濫を起こし、民衆を苦しめていた。

 西郷はこの治水工事に巨費を投じ、約1年半、延べ約74万人
の人員を投入して、取り組んだ。この治水工事が成功して水害は
根絶され、宣蘭の民衆有志は、その恩恵に感激して石碑を立てた。
この「西郷庁憲徳政碑」は、3m以上もの巨大なもので、漢文で
西郷菊次郎の徳政を高く称えている。[3,p90]


629 :文責:名無しさん:02/04/23 23:31 ID:GQXnnc5F
■5.教育に殉じた六氏先生■

 公衆衛生、治水、産業振興と並んで、重視されたのが、教育で
ある。台湾割譲が決まった明治28年当時、文部省の学部長心得
だった伊沢修二は、初代の台湾総督の樺山資紀に、教育を最優先
すべきと具申し、自ら学務部の長となり、7人の教師と共に、台
北の北方に芝山巌学堂を開いた。

 当時は、日本への割譲に反対する清朝残党がゲリラ活動を続け
ており、台北奪回を目指す勢力が不穏な動きを続けていた。

 それでも伊沢たちは学堂に泊まり込んで「身に寸鉄を帯ずして
住民の群中に這入らねば、教育の仕事は出来ない。もし我々が国
難に殉ずることがあれば、台湾子弟に日本国民としての精神を具
体的に宣示できる」と、死をも覚悟して教育に打ち込んだ。

 事件は翌明治29年元旦、伊沢の一時帰国中に起こった。叛乱
勢力が元旦を期して台北を攻撃するという。人々は学堂に残って
いた6人の教員にこのことを告げて、避難することを勧めた。

 しかし「死して余栄あり、実に死に甲斐あり」との覚悟を示し
て6人の先生たち意に介さなかった。台北での拝賀式のため、山
を降りた時、6人は約100名からなる勢力の襲撃を受けた。6人
は教師らしく、諄々と教育の意義を説き、一時は説得できるかに
思われたが、彼らの一部は聞き入れずに槍を持って襲いかかった。
6人はやむなく白兵戦で防ごうとしたが、衆寡敵せず、全員が惨
殺されてしまった。

630 :文責:名無しさん:02/04/23 23:32 ID:62v2cPMq
 「命をかけて教育に当たる」という「六氏先生」の「芝山巌精
神」は、その後、長く台湾教育の指針とされた。昭和5年には芝
山巌神社が創建され、六氏先生をはじめとして、台湾教育に殉じ
た人々が、昭和8年までに330人祀られた。そのうち、台湾人
教育者は24人を数えた。

 芝山巌学堂が開かれて満百年にあたる平成7年、後身である士
林国民小学(伊沢修二を初代校長とする)の卒業生有志は、六氏
先生の墓を建て直し、日本からも遺族、関係者約50人が出席し
て、「開校百周年記念祝賀会」が盛大に開かれた。

 芝山巌事件を詳しく調べている陳絢暉氏は、その著書「非情古
跡・芝山巌」を次のように結んでいる。

 「仆(たお)れて後已(や)む」の芝山巌精神が永しえに台
湾に根づくことが出来ますよう、地下の六氏先生にお頼み申し
上げます。合掌。[3,p49]


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1;.  |ΓΓΓ| |
  Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从)_.;:.;|Γ从Γ| |     ( 从へ ;: |从ΓΓ| |
  ( (( ( >>1)) )  从 Σ( ⌒(  从>>1从) ∠___/| >>1  (( ⌒ (>>1へ从) .;".;:;
 Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( >>1从) .;".;:;|Γ>>1| |  );:;   .;".;": ..;.;";":
  (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;";":|从ΓΓ| |  );:;   .;".;": ..;.;";": /test/read.cgi/mass/1018196348/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)