5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宮崎学統合スレッド

1 :文責:名無しさん:2001/07/07(土) 21:26
なんだかよくわからんけど、このシリーズもついにパート5もあるし、統合スレッド立てました。
リンク
宮崎学WATHC
http://miyazakimanabu.tripod.com/index.html
宮崎学勝手連
http://www.jcss.ne.jp/%7Emanabu/
歌舞伎町魅惑の勝手連
http://www.loft-prj.co.jp/toppa/index.html
ポスターコンテスト
http://www1.freeweb.ne.jp/%7Ekituneme/poster/contest.html
勝手連別館
http://www.toppa.jp/
日福大勝手連
http://green.jbbs.net/news/324/siennkai.html
名古屋勝手連
http://members.tripod.co.jp/ohmi_no_dragon/index.html
サイバッチ
http://member.nifty.ne.jp/%7Ecybazzi/
野田敬生
http://www.emaga.com/info/xp010617.html

516 :天下御免の向こう傷:01/10/17 06:08 ID:R+qjD5G6
宮崎=スパイという認識が広がってきた。

当初はいきがったり、居直ったりしていた宮崎もボデーブローのように、
スパイが運動体の中でどう見られているのか、わかってきたはずだ。

もう終わった。
今後、どんな運動であれ、宮崎が名前を出して関わろうとすれば、内部、外部
からの非難は覚悟せねばならない。
そこまで酔狂な団体はない。節操やモラルを問われ、活動は広がらないからだ。
さあ、次はこのオトコを担ぎあげたシン・ソゴ、大谷、佐高信、高野孟ら「文化人」
の社会的責任を問う番である。

517 :名無し:01/10/17 07:23 ID:PzdYA78j
今なにしてんの?

518 :文責:名無しさん:01/10/19 08:35 ID:R0sZ4Qol
宮崎は今アジアの某国に逃亡してるよ。

519 :文責:名無しさん:01/10/19 09:08 ID:rWl2Ko8p
元赤軍派議長塩見孝也は宮崎と徹底的にやりあった歴史を持つようだ。
その挙句塩見は宮崎に「破門状」(藁)をネット上で出されていたな。
今考えれば、塩見孝也をサヨク政治領域で謀殺することで、自分の
地位を相対的に上げていこうとしたということだろう。
そしてそれの企ては第2次ブントロートル周辺では見事に成功したように見える。

塩見がトータルで正しいヤツかどうかはともかく(苦笑)、
こと宮崎に関しては、結果迎合しなかった、という点で大いに評価できる。

520 :文責:名無しさん:01/10/20 11:35 ID:zm/a1C90
一水会を鼓舞する会 「一水会を鼓舞する会」の発起人名簿の一部。
有田芳生     (ジャーナリスト)
井上聖志     (創価学会広報室渉外部長)
柴田泰弘     (「よど号事件」メンバー)
高野 孟     (「インサイダー」編集長)
徳田虎雄     (徳洲会理事長)
中台一雄     (大悲会前会長)
宮崎 学     (作家)
山口敏夫     (元労働大臣)
塩見孝也     (元赤軍派議長)

最近、よど号グループや日本赤軍の元メンバーらが、右翼と手を結んだ。
塩見孝也なんて大物も、一水会に顔を出している。統一と北朝鮮の接近に
呼応する動きであり、きな臭い。おまけに層化まで、つるんでいる。
どうせ、金正日の意向だろうが、さて、なにをやろうとしてるのかな?
なーんで、有田や層化の渉外部長の名が出てくるのか?「やっぱり」としか
思えない。喜多の傀儡であるよど号事件の犯人や赤軍派の元議長が、層化
やウヨと組んで何をやろうというのか?ちなみに、新しい一水会のボスは
半島系譜人だったな。

521 :文責:名無しさん:01/10/20 11:36 ID:zm/a1C90
鈴木邦男と一水会とピースボートと朝鮮労働党の関係」
「このころ彼(よど号グループの田宮高麿)は、日本国内に「愛族同盟」
と称する政治団体を結成することを考えていた。民族主義を最前面に押し
出した組織だった。もちろん、この動きが朝鮮労働党の指導のもとに行
われていたことは明白だった。そして、この組織化のなかで日本の民族派
系組織も取り込んで運動を拡大することが画策されていた....」

★この文書が前から気になっていたのですが、新右翼が左翼とつるみ始め
たということなのか?それも、金正日の主導・手引きで! 一水会の宴会
に、よど号グループの柴田や塩見孝也が出ているというのは、興味深い。
オウムもよど号グループと接点を持っていた。よど号さんたちは、今も、
喜多の対日宣伝広告部隊と言う位置付けでいいのかなと思うし、そいつら
と日本の右翼や層化がつるんでいると言うのは、おもしろい。民族派の
影には、893もちらつくし。

522 : :01/10/24 14:36 ID:aMCrnWnZ
公安調査庁の宮崎の子分がタリバンに拘束されたな。

523 : :01/10/29 17:04 ID:tg3aXnwT
あげ

524 :亀仙人:01/10/29 17:45 ID:Xy0QQJ3h
小生、ナンダカ一連の猟奇事件について、
根拠も記憶もないが、
現在の警察の暴走をみると、
デッチアゲであっても少しも不思議でない
と思うようになってしまった。 

525 :文責:名無しさん:01/11/04 05:55 ID:Th9jEkLV
http://bbs.pog.to/glpbbs/

526 :文責:名無しさん:01/11/04 11:19 ID:WYKTcZci
電脳キツネ目組の数人が何やら重大犯罪を起こしたらしいが詳細が分からん、何方か情報きぼーん。

527 :文責:名無しさん:01/11/04 19:04 ID:/YIZ08qx
age

528 :文責:名無しさん:01/11/04 23:29 ID:m9xEY1Ym
age

529 :文責:名無しさん:01/11/07 01:04 ID:RQmCc8CJ
age

530 :文責:名無しさん:01/11/07 20:15 ID:FK2Y+8ax
hage

531 :文責:名無しさん:01/11/08 13:13 ID:2coDFfq2
http://www1.jca.apc.org/aml/200111/24997.html
http://www1.jca.apc.org/aml/200111/24998.html

532 :文責:名無しさん:01/11/08 23:07 ID:G3/z/P/A
>>531
読めないよ。 何とかして!

533 :文責:名無しさん:01/11/09 13:47 ID:cxGHcMJR
>>532
破防法の廃止を求める連絡会・東京の角田です。協力者に関する権力の内部文書が暴露された場合、どう考え、
どう対応すべきなのか、まとめてみました。ご参考までに。

権力機関の内部文書(いわゆる協力者問題)が暴露された場合の対応について

いわゆる協力者問題について
別冊宝島の「公安アンダーワールド」、社会批評社の「公安調査庁スパイ工作集」をめぐってさまざまな問題が提起されました。
その核心の一つが、権力機関の内部文書ー協力者の暴露について、どう対応するかであったは疑いありません。
私もこの問題にかかわった一人として、この問題をどうとらえ、どう対応したか、その考え、対応が正しかったかを総括しなくてはな
らないと考え、とりあえず考えをまとめてみました。何らかのお役にたてば幸いです。

基本的考え
1、権力の協力者問題ー古くて新しい問題
国家権力が、権力にとって反体制的、反政府的とみなした運動体の情報をつかみ、その運動をつぶすために、スパイを送り込むとか運
動内部に協力者をつくってきたことはよく知られていることです。協力者、スパイ問題は古くて新しい問題といえます。
この権力による運動破壊工作のために多くの運動がつぶされたり、被害をうけてきました。スパイ、協力者問題の核心は、権力が外からは見えない、

知ることの困難な、運動内部の諸情報を入手するところにあるといっても過言ではありません。その運動の内部で誰がどのような役割をにない、
どのような傾向をもち、その運動がどういう財政をもち、どういう方針でどういう意見の違いがあるのかなどの情報を権力はもっとも
知りたがっています。
権力はその運動体をガラス張化することで、その運動をどう規制し、またつぶすか考えます。
・民衆が権力のスパイ、協力者を絶対に許さないと思うことは、彼らが権力に人と運動を売るわけですから当然のことです。
・しかし、一方でスパイ、協力者問題が運動内部に疑心暗鬼など深刻な混乱をうみだし、運動に被害、打撃をもたらすことも事実です。
こうしたことを考えたとき、スパイ、協力者は許せないが、しかしこの問題には慎重な対応が必要ということになるのではないかと思います。

2、この問題についての基本的考え
この問題についての基本的考えは運動のなかにはスパイは送り込まれることがあり、いても不思議ではないということであり、ある人物が
少し怪しいという程度で大騒ぎしないでおおらかに運動を進めていくことではないかとないかと思います。
あの人はおかしいというだけで運動から排除したりすることはあってならないからです。それこそ権力の思うつぼです。
(もちろん明らかに怪しいと思われる人物を運動の実務体制からはずすとかの措置をとることはあります)
しかし、ある人物に明白なスパイ、協力者という証拠がでてきたときは絶対に事実関係を明らかにし、しかるべき措置をとらなくてはなりません。

これ以降は(2)をみて下さい。

534 :文責:名無しさん:01/11/09 13:48 ID:cxGHcMJR
3、権力機関の内部文書(特に協力者問題)の暴露について イ、権力機関の内部文書(特に協力者問題)には慎重に対応する。
権力機関の内部文書は重要な情報として真実かどうか内部的に調査する必要があります。あくまでまずは内部的に調査するということです。
その理由は、暴露された文書が権力機関のもであるかどうか、また書かれていることが事実かどうかはっきりさせなくてはならないからです。
資料の信憑性の問題と内容の事実性の問題です。
・資料の信憑性の問題ー本当に権力機関の内部文書かどうか。
・内容の事実性の問題ー書かれていることが事実かどうか。
文書が権力機関のものかどうかの判断は権力機関関係者の証言が決定的です。文書が権力機関の内部文書であることがはっきりした場
合は書かれていることが事実かどうかの調査を本格的に行う必要があります。
記載されていることが事実であることの立証は、基本的に当事者や関係者の証言や物証があったときに限られます。
資料が明らかに権力機関の内部文書であり、文書記載の内容が事実であるときは真相をを解明しなくてはなりません。
もちろん、暴露の背景を考慮しなくてはならないことはいうまでもありません。しかし、暴露の背景がわからない(暴露の多くは背景
がわからないものです)からといって、内部文書が権力機関のものであり、かつ記載の内容が事実であるならば、事実関係は徹底的に
明らかにされなくてはなりません。

★ 今回の宮崎氏の公調協力問題では暴露された文書が公調文書であることは元公調職員が自ら持ち出した文書であると証言したこと
ではっきりしました。しかし、文書が公調文書であったとしても、書かれている事実が本当なのかどうか、事実であるとすればどこま
でが事実なのかは分かりませんでした。分かったことは、何人かの関係者の証言とテープの存在で宮崎氏が公調と接触があったことは
明らかということであり、また公調との接触の事実を宮崎氏が認めたことで(しかし、宮崎氏は公調との接触は認めましたが、暴露さ
れた文書にでてくる人物は自分ではないと言い張りました)、公調文書に書かれていることはどの程度かは分からないが事実が反映さ
れているであろう、ということまででした。たとえ文書が公調文書であることが判明しても、書かれていることがどこまで事実である
かは、誰も確定できません。知っているのは当事者、関係者のみです。

宮崎氏の問題で決定的だったのは、被害を受けた中核派がこの問題について声明をだし、宮崎氏が自ら提供したアジトの情報を権力に
流していたことを弾劾したということです。これで公調文書のなかの宮崎氏にかかわる文書が核心部分において事実であることがはっ
きりしました。要するに当事者しか知らない秘密の暴露があったということです。

ロ、資料が権力機関のものであり、かつ内容が事実であるときどうするか、どう解決すべきかということです。
運動体の中で解決するか、事実関係を対外的に明らかにするかの二通りではないかと思います。
内部的な解決をするかどうかは、その人物の危険性、スパイ行為の重大性、協力者の反省の度合い、再発の可能性などを総合的に考慮
するということだと思います。必要な場合には、公表し、本人の反省が深く、再発の可能性が小さい場合には内部的な解決も可能とい
うことでしょう。
・運動体の中で解決する。
基本的には被害を受けた団体なり個人が、協力者本人に事実を問い、事実関係を明確にさせ、事実であれば謝罪を求め、運動から追放す
ることだと思います。
その場合、謝罪したら今まで通り運動などにかかわらせるという曖昧な対応をとってはなりません。
(運動体の中で解決する、つまり公にしないで解決する場合はキチント謝罪してもらい、今後いかなる運動にも参加しないことを約束
させなくてはならないと思います。
というのは、そういう約束をさせないと他の運動に参加し、そこでまた同じあやまちを繰り返す可能性があるからです。)
理由は三つあります。
一つは、権力に人と運動を売った行為は、絶対に許されないことです。民衆の道義と絶対に相いれません。
一つは、運動体が協力者が謝罪したからといって運動に残ることを許したならば、権力はその協力者との過去の関係をネタに必ず再接
近してくるということです。権力の協力者は謝罪させたうえで運動から追放するということが本人のためでもあるということです。
一つは、スパイ、協力者を運動に残したならば、権力はその運動体の甘さをついて、必ず新たなスパイ、協力者を送り込んでくるから
です。協力者に甘い態度をとる運動体は権力になめられ、更にスパイを送り込まれるでしょう。

535 :文責:名無しさん:01/11/09 13:48 ID:cxGHcMJR
・対外的に明らかにし解決する。
スパイ、協力者が事実関係が明らかであるにもかかわらず、謝罪もせず、居直り続けた場合、スパイ、協力の事実を明らかにし、社会
的にその人物の危険性を明らかにしていくことです。その場合、対外的な公表の程度には運動団体間の一定の範囲にとど
めるとか、広く明らかにするとか、いろいろあるでしょう。信頼していた人物が、権力に情報を流していたことはショックであ
り、人に知られたくない、と思うことは理解できます。しかし、協力者が謝罪を拒否し、居直り続けるならば、問題を公にすることに
よってしか解決できません。
・、最後に・プラス・という方法もあります。
運動体を代表し、社会的にも著名な人物が協力者であった場合は、謝罪させたうえに、社会的に事実を明らかにすることで運動全体に
責任をとるという形もあります。

★宮崎氏の場合は、最初は運動内部で解決しようとしましたが、氏が公調への協力を正当化し、居直ったために、公調文書を対外的に
公表するという形になりました。
私は、宮崎氏が関係諸団体に謝罪し、運動から去ることを求めましたが、彼はそれを拒否しました。それが5月5日の宮崎氏のホーム
ページでの対応です。
対外的に広く公表する場合は、スパイ行為が重大であり、協力者が反省しておらず、再発の可能性が高く、社会的に危険性も大きい、
ことなどが要件になるということでしょう。宮崎氏の場合はそのケースでしょう。

以上です。
・・・・・・・・・・・・・・
角田富夫
TEL03-3330-5230
・・・・・・・・・・・・・・

536 :文責:名無しさん:01/11/09 14:36 ID:QklVT8zy
http://www1.jca.apc.org/aml/200111/index.shtml
http://www1.jca.apc.org/aml/200111/25022.html

537 :文責:名無しさん:01/11/11 12:06 ID:cj9d9tqH
宮崎が拠り所としてるのは左翼じゃなく京都のヤクザの世界だろうな。
左翼の情報を公安に流す見返りに、刑事警察のヤクザ捜査の情報を
公安からもらってたのかな。
そんで公安にヤクザ捜査情報もらされて怒った刑事警察が、マスコミに
宮崎は公安のスパイだとゆう事をリークしたと。

538 :文責:名無しさん:01/11/11 12:28 ID:0M8CdrbY
誘拐事件について誰か教えてけれ。

539 :文責:名無しさん:01/11/12 00:12 ID:xb40Arrk
age

540 :文責:名無しさん:01/11/14 10:17 ID:Bn7TdiHQ
破防法の廃止を求める連絡会の角田です。
少し長めですが、「宮崎氏問題の政治的利用に反対する」意見
です。
ご参考まで。
<転載>してもかまいません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮崎氏問題の政治的利用に反対します

宮崎氏問題で運動の内部に一定の混乱がみられるので、問題の所
在を明らかにすることが必要であると考え、意見を述べることに
しました。
運動内部の混乱とは、宮崎氏問題の政治的利用に象徴的にあらわ
されているといってよいでしょう。

1、宮崎氏問題は基本的に決着がついたということです。。
宮崎氏問題は9・2個人情報保護法反対集会で基本的に決着がつ
いたということをはっきりさせなくてはならないと考えています。
宮崎氏は9・2への不参加をもって今後大衆運動にかかわらない
との立場表明をしましたた。そのことは9月11日の9・2集会
の総括会議に宮崎氏が参加し、ここで今後個人情報保護法反対運
動には参加しない、個人として立場表明をしていくと明らかにし
たことからも明らかです(「創」11月号参照)。
これは宮崎氏が、公安調査庁協力者問題で公調と会ったことを認
めながら、真相を明らかにせず、会ったこと自体を合理化したた
めに、多くの人々からの批判をあび、その結果運動に登場するこ
とができなくなったことを意味します。宮崎氏は今後諸運動に登
場することはないでしょう。というのは公調への協力を正当化し、
居直る宮崎氏が運動場面に登場するならば、必ず9・2集会のよ
うに宮崎氏糾弾の声がつきつけられることは疑いないからです。
既にそうした構造ができあがっています。
宮崎氏が、今後とも真相を明にせず、謝罪を拒否し、居直り続け
ることは疑いありません。
それは、氏の行動を規定するのが金と身の安全の確保にあるから
です。金と身の安全の確保のために、自分が提供したアジトの情
報を権力に流しさえする、そういうことはヤクザもしないでしょ
う。氏はヤクザもやらない行為をしたのです。絶対に真相を語る
とか、謝罪することはないでしょう。そうすれば氏の基盤そのも
のが崩壊するからです。子分たちのために情報を流した、墓場ま
で真相をもっていくと格好のよいことをいい続けるしかありませ
ん。
こういう人物と一緒に運動を続けようという人たちは、公調や警
察のスパイと一緒に運動をやってもよいという人たちだけでしょ
う。それはそれで勝手にやればよいでしょう。
残念ながら宮崎氏問題は、彼が事実を求め、真相を明らかにし、
関係者に謝罪するという形での解決には至りませんでしたが、公
調協力者は諸運動から追放するという形で決着がついたというこ
とです。それは運動の良識の勝利でしょう。

541 :文責:名無しさん:01/11/14 10:18 ID:Bn7TdiHQ
2、宮崎氏問題の政治的利用は許されません。
この間「公調のスパイを許さない市民の会」の立派な資料集が発
行され、市民団体、文化人、国会議員、労組などに広範に配布さ
れています。
この資料集は明らかにいくつかの点で重大な問題があります。
第一に、資料集が宮崎氏の責任を追及するという観点からつくら
れているとは言いがたいということです。
この資料集が真に宮崎氏の公調への協力を暴露し、その責任を追
及していくことを目的としてつくられていたならば宮崎氏に即し
た内容、つまり彼の集会やホームページでの発言などをとりあげ
たものとなったはずです。
そこが「宮崎学「スパイ」問題を糾察する会」の資料集との違い
です。同資料集は宮崎氏問題の追及に限定し、資料的な裏付けを
しながら問題を明らかにしようとしています。
第二に、宮崎氏相関図(10、11ページ)なるものをつくりあ
げ、その相関図にでてきた人々に打撃を与えることを目的として
つくられているとしか考えられない面があります。
この資料集は「はじめに」の最後の方で「様々な市民運動で宮崎
と行動を共にしてきた佐高信氏や辛淑玉氏らにも責任があります
。一日も早い態度表明が求められます」としています。
宮崎氏は新左翼党派さえ騙し、彼らから情報を引き出し、それを
公調に流していた人物です。そうした意味では市民である佐高信
氏や辛淑玉氏らが騙されたとしても、不思議ではありません。そ
のことで同氏らを批判することなどできようはずがありません。
反権力を掲げる党派が宮崎氏と深い関係をもちながら態度表明を
しないならば責任を問われるでしょう。
しかし、宮崎氏と集会を一緒にしたとか、呼びかけ人になったと
かで表現者や弁護士、議員、市民に責任がある、態度表明せよと
いうのは明らかに誤りであり、結果として運動を混乱させるもの
としか言いようがありません。
宮崎氏とかかわりのあった人々はそれぞれの立場から宮崎氏問題
を教訓化していけばよいことです。それ以上でもそれ以下でもあ
りません。
これだけ宮崎氏の公調への協力の事実が明らかになりながら、そ
れでもなお宮崎氏と行動を共にするという人たちでてきたならば、
その時なぜなのか問えばよい問題です。
第三に、「公調のスパイを許さない市民の会」の資料集は全体と
して公調文書記載のことがすべて事実であるかのような描き方を
していることです。
協力者問題を暴露した文書が公調の内部文書であることは明らか
です。しかし、記載されていることがどこまで事実かは厳密に検
証されなくてはなりません。当事者、関係者が明らかにしたこと
しか事実とは断言できないということです。書かれていることの
ことごとくを事実であるかのような批判は明らかに誤りです。

542 :文責:名無しさん:01/11/14 10:19 ID:Bn7TdiHQ
3、今こそ破防法廃止!公安調査庁廃止!の運動を強めよう。
今問われていることは、小野田兄弟、三島弁護士、宮崎学氏問題
として表面化した公安調査庁の新左翼に対するスパイ、協力者工
作が実に広範に行われていた可能性があることをみすえて、この
広範な協力者工作網の実態をそれぞれが明らかにしていくことで
しょう。
この間垣間みえてきたことだけからも、小野田兄弟、三島弁護士
らを媒介とした工作は主要に新左翼各派とその系統の団体にむけ
られてきたということであり、多くの党派、団体がその被害を受
けた可能性が高いということです。
だが、この公安調査庁のスパイ、協力者網の重要な一角が公調内
部文書の暴露と真相解明の努力によって音をたてて崩れさろうと
しています。
いま、公安調査庁はかつてない危機にあります。何故か。それは
公安調査庁の生命線そのもであるスパイ・協力者工作が、公調内
部文書の暴露という形で破綻しはじめているからにほかなりませ
ん。協力者工作の絶対的前提は協力者の権力による秘匿というこ
とです。
内部文書が暴露され、協力者の名前が暴露されかねない公調に一
体誰が協力するでしょうか。それだけではありません。既に約6
00人分の公安調査庁幹部・調査官名簿が暴露さえされています。
そのうえで今回の小野田・三島・宮崎問題です。公安調査庁はか
つてない危機にあります。
今問われていることは、公安調査庁の協力者工作の実態を明らか
にし、公調の生命線である協力者工作に打撃を与え、公安調査庁
を一層の危機に追い込み、破防法廃止!公安調査庁廃止!の広範
な運動をつくりあげていくことでしょう。
宮崎氏問題の政治的利用は、破防法廃止!公調廃止!の運動にマ
イナスにこそなれ、プラスになることはないでしょう。結果とし
て、危機にあえぐ公調に息継ぎの時間、立ち直りの機会を与える
だけです。
宮崎氏の公調への協力問題を追及すべきではないということをい
っているのではありません。宮崎氏問題の政治的な利用には反対
であるということです。
関係者の猛省を求めるものです。

以上です。

543 :文責:名無しさん:01/11/15 00:30 ID:cp6P/NCp
>>540.541.542
アホか、宮崎がスパイだった事を問題にしてるのは、また問題にしていいのは
左翼だけじゃないだろ。
佐高なんか「こいつを評価してるからこいつはダメ」とゆう批判の仕方を
よくするんだから、「佐高、お前はどーなんだ」とその思想のご都合主義を
責められたり、責任を問われるのは当然。
佐高や辛は他人に対して、こまかい事まで厳しいんだから、自分達の
考え方、行動ともきっちり説明してもらわないとな。
何が「宮崎問題の政治利用」だ、甘ったれるな。

544 :文責:名無しさん:01/11/15 00:38 ID:feTf9dEA
そうそう、「○○はXXをこう評価している。
しかしXXは・・・○○は、そんな人間をほめていたことに
どう責任を取るのか」は佐高の十八番。かなりめちゃくちゃな
いちゃもんでもそうやってたのにな。

545 :文責:名無しさん:01/11/15 11:17 ID:qdhpZKmp
543に同意。

546 :文責:名無しさん:01/11/18 22:18 ID:yQhc+0FG
age

547 :これ貼ったのおまえらか?(ワラ:01/11/18 22:43 ID:e5V5CfUD
わし さいきんむしょーに むなしいわ
わしのじんせい うそとゴマカシと ハッタリだけやったわ
もう おおぜいのひとたちに わしの正体 バレてもて
あいてしてくれるの 三沢のアホと 信者だけになってもた
信者かて こころからわし信じて ついてきてくれてるんちゃう
せいじかも せけんも何も 信じられへん そんなよのなかで
こいつだけは本物 信用できる おもたたそのわしが
たんなる 権力の犬に過ぎへんかった その現実を ちょくしする
そんなの 痛過ぎ ただそれだけや いうことは
明敏なる頭脳の持ち主の わしにはちゃんと わかっとるねん

しやかて うそとゴマカシと ハッタリだけは だれにも負けへん このわしや
なに アホな信者には 権力のインボー いうたら 楽勝や
三沢のアホは いつまであいてしてくれるか わかれへんが

中核のアホどもには しょうたい 知れてもたから
こんどは 革マルのタコどもと 仲良くしよかとも おもとるが
うまく いくやろか

ほな 1本抜いて ねるわ

2001ねん 11がつ19にち

みやざき まなぶ

追記 こら ゴーストライターの蛆虫ども はよ原稿 持ってこんかい

548 :文責:名無しさん:01/11/20 11:31 ID:wBspiqJV
↑正直、ワラッタ

549 :文責:名無しさん:01/11/20 12:39 ID:wBspiqJV
裁判闘争の過程に、公安調査庁と接触して情報を提供していたことが発覚し
「スパイ問題」として運動内外を騒がせているあの宮崎学が登場する。宮崎は
内田さんの大学時代の旧友であり、資産食い潰しの手段に使われた土地の地上げに
偶然からんでいたことから、この闘いの戦線に加わる。宮崎は、地上げにからむ
裏情報を提供したり、挑発されて腕力を奮い逮捕されたり、裁判闘争資金として
やはり内田さんの学生運動活動家時代 の旧友からあずかった多額の資金を、
借金の穴埋めと称して使い込んでしまったり、高級美術品を「行方不明」にして
しまったり、果ては内田さんを裏切って勝手な「和解」の取りまとめに走ったりと、
この物語の「狂言回し」の役割を果たす。

550 :文責:名無しさん:01/11/24 13:35 ID:4gJlJPbT
↑著者、内田弁護士『懲戒除名』の書評の一部

551 :文責:名無しさん:01/11/24 13:44 ID:c1KKJ0zc
左翼ちんどん屋が公安の狗であろうがなかろうが問題ないと思われ(わら

552 :文責:名無しさん:01/11/30 10:53 ID:E+GMcuM6
宮崎学言い訳集その1-1
まあ、日本の公安はわしんとこへもいろんなかたちで接触してきよるし、村松ゴンのウサギに噛まれる程度やからな。

ちょうど、最近、その公安と某オデン系出版社が出した「公安アンダーワールド」ちゅうしょもない本がある。

この本はおもろい話があってな。、わしのファンが「この本を懸命に新左翼関係者に持ち歩いているおとこがおりますが、
ここにでてくる『超有名文化人』って宮崎さんやとういてまっせえ」というので読んでみた。

その男?「T田」というまあしょもないやっちゃ。

「初公開!北朝鮮関係者から超大物文化人までが・・・公安調査庁、極秘工作日誌の危険な中身」というわりには
まあ大したことは書いていない。公安の下っ端従業員がひごろどういう活動をして何を報告したか、のヒミツ書類を
手に入れた、という話だ。伏せ字だらけでわかりにくいので全部解読したんやけどな。

で、そのさわりのわしらしい男?が登場する、ちゅうのをみせたる。

その、わしらしい『かっぷくの良い男』 が「1995年2月21日に銀座のちゃんこ鍋屋」に登場して公安調査庁のやつと
「歓談」する、というんや。

553 :文責:名無しさん:01/11/30 10:59 ID:E+GMcuM6
宮崎学言い訳集その1-2
この人物は「初対面 の公安調査官相手に秘密情報をぺらぺらしゃべりまくった」ことになっており、「われわれ(編集部)が
もっとも衝撃をうけた」のが「誰でも知っている”超有名人”だったからだ」(しかも普段は反権力を売り物にしている)とか
書いてある。

この記事の主役になっとる公安にたれ込んだ弁護士ちゅうのはM(三島浩司)ゆうんやけど、権力に対して戦っていた
有名な弁護士事務所におったやつで、わしもようしっとる。 したがって、この「超有名人」はわしやないかなあ、とも
思えるのだが ただ、この「1995年2月21日」に残念ながらわしは日本におらんかった。なに、香港におった。そのあと
マカオでバクチして800万円勝ったんや。

わしはグリコ・森永事件以来この種の記録はしっかりもっとるんでな。

したがって「超有名ブンカ人」になりそこねたけど、まあ、スパイなんちゅうのはいたるところにおるよ。超大物はしらんけど、
中モノとか小モノはしっとっても黙っておいとる。大腸菌といっしょであって、そんなんがちょっとはおるようでないと
健全なサヨク運動とはいえない。

このMについてはしっとるし、この公安ちゅうのもそのMの「友人」やというておったんもしってる。Mゆうのも、サヨク
関係者なら誰でもしってるやつでやな、やたら紙の資料をほしがるヘンなやつだったが、当時わしは地上げ屋やったから、
まあどうでもええとおもとったんやけどな。そいつがようべらべらしゃべっとるのはおもろかった。わしの地上げのヒミツは
公安の大いに知るところであるかもしれん。税務署でのうてよかったけどなあ。

で、この程度の話がいっぱい書いてあって、ミソも糞もごったまぜやねん。ミソに糞まざったらくえん。

宮崎学言い訳集その2
「大体、そんなもん公調の文書が嘘だらけなんですよ。わしが公調と会ったと書いてある日はマカオでバクチやってましたがな。
それに、公安に会ったと非難されとるけど、わしは左翼でも警察でも会う。幹部の居場所を漏らしたんはさすがに謝ったけど、
それかて違法行為じゃないし、何が悪いんですか」

554 :文責:名無しさん:01/11/30 11:01 ID:E+GMcuM6
宮崎学言い訳集その3-1
1.公安アンダーワールドに関して

私(宮崎)とされる人物に関する情報(接触日、中核への金銭の提供、アジト情報の提供)はすべて事実と違っている
(日付、金額、アジトの件に関しては後述)。この情報は信用性がないということで済ませてしまってもいいのだが、
ここで正式に見解というものを明らかにしたほうが良いと思っている。

2.公安との接触時期

上記の本にかかれている時期に、オウムのサリン事件があり、ある弁護士のもとに元オウム信者が逃げ込んできた。
そこで住民票不実記載とかで捕まるならと自分の家を提供した。そこで当然ガサが入って、そいつらを何とか守ってやろうと
思っているときに弁護士の紹介で公安調査庁の人間に会って、2回目に自分の身分を名乗った。共産党時代ならその場で
殴っているところだが、当時地上げ屋として何千万という金とピストルを持って走り回っている時期でもあり、こいつらと
何とか取引できないかと、交渉したが3回目に公安側の要求があまりにも汚いので喧嘩別れして以後は接触していない。
情報提供というのもたまたま事務所にあった書類を渡したことで、ただこの件に関してはすべて自分の責任だと思っている。

555 :文責:名無しさん:01/11/30 11:03 ID:E+GMcuM6
宮崎学言い訳集その3-2
3.この件に関する見解

自分は公安調査庁の人間と接触して関係を解消したのち、本を出した。その後、盗聴法などの問題に関与するようになり、
以降、公安調査庁と接触したことはない、接触する気もない。接触したこと、交渉したことが悪いことであり、事務所に
たまたまあった書類を提供したということの道義性を問われるなら、それを全部認る。責任はすべて宮崎個人にある。
ただ私が言いたいのは、そういうような人間であっても、過去に権力と交渉した人間、あるいはしようと思った人間でも、
政治的主張をしても良いんじゃないかと思っている。

私は、自身のやっていたこと、そのとき考えていたこと、出版という形でカミングアウトしているつもり。ただ私は、
清く正しく美しくあったことなんて一度もありません。だから、「おまえは清く正しく美しくない」といわれてもいかんとも
しがたいことである。

いろんな権力とのいきさつ、95年に7人逮捕され今でも3人刑務所に入っているが、私の若い衆が逮捕されないために、
いろんな取引をしました。その取引をした相手は誰で、どういう取引をしたかということは墓場まで持っていかなくては
いけないことだと思いますし、公安調査庁との駆け引きも全部はカミングアウト出来ません。今言ったことはおおよそのこと
ですが、これ以上細かいことに関しては僕は黙秘権を行使したいと思います。

556 :文責:名無しさん:01/11/30 11:05 ID:E+GMcuM6
:宮崎学言い訳集その4 「中核派のことは、中核派と私の問題であって君たちには関係ない」
「これ以上真相は話さない、って言われたら君たちどうするの?」
「けじめつけないよ、って言われたら君たちどうするの?」
「そもそも何で君たちに対してけじめつけなきゃいけないの?」
「俺は金になることしかやらないよ」
(じゃなぜ立候補?との問いに)「あれはシャレだ」
「俺は誰にも「自分を支持してくれ」なんて頼んだ覚えはないよ」
「川本からもらった2000万円は後で「返せ」と言われたので返した」
「(ブントSENKI派の)グラン・ワークショップは頼まれたから出ただけ。そして司会に「道義的責任」について尋ねられたので
野田くんの話を引き合いに出しただけ」
(95/7/18に会ってるじゃないか!との野田の指摘に)「会ってます」
(それは「3回」には含まれていないのか?)「いない」
(じゃ、「3回」はウソじゃないか!)「9回だろうが2000回だろうが、本質に関係ないでしょう?」
「まぁ野田くんよ、君も公調解体のために闘ってるんやろ。私も、君とは一緒にはやらないと思うけど、『けじめ』は
公調をつぶすことだと思ってる。ま、つぶれたら「どっちがつぶしたか」でもお互い話そうじゃないか」

557 :文責:名無しさん:01/11/30 11:07 ID:E+GMcuM6
:宮崎学言い訳集その5
第二番目の問題なんですが、この場を借りて明らかにしておきたいと思います。

それは、「公安アンダーワールド」に関する僕の公的な態度を明らかにしておく必要があると思います。

事実関係については、何度も話しているような通りであります。問題は解放同盟の機関誌に書いたとおり、
司法官僚の思想というものに対する対決の思想の問題であります。

僕は大逆事件のグループの取材を通じて明らかにしたわけでありますが、司法官僚が明治維新以降伝統的に持っている
民衆に対する徹底した嫌悪感、それと官僚の中に一貫して流れている極めて濃厚な差別意識というものを僕はそこで
指摘したわけですが、「公安アンダーワールド」で書かれているとおり、今の公安調査庁もその思想体系の中にあって、
それに基づいていろんなことをやってきているわけですね。それに安易に妥協したところが僕自身にあると思ってます。

それと同時に僕自身のもう一つのテーマである、在日朝鮮人−「不逞者」で金天海のことを書いたのですが−
在日朝鮮人の諸運動に対しても、公安調査庁はとんでもない役割を果たしていると僕は思っています。

そうしたものに対決できなかったという問題点はここで明らかにして、僕自身はもう一度これに対してきちっとした
闘いを挑んでいきたいと考えています。

同時に司法官僚の持つ根元的な差別意識を批判しながら、やはりそのときに僕自身がその思想系列に陥没するような
思想体系にあったということを深く反省していきたいこととして存在しています。

突破党の解散というのは「公安アンダーワールド」の問題とは全くの別問題なのでありますが、この間いたった僕の
意識としてはそういうことがありまして、今後の僕自身の在り方ということを考えますと、やはりそこを根底的に突き詰めて
もう一度ゼロの地点からもう一回闘いを挑んでいきたいと思ってます。

558 :文責・名無しさん:01/12/05 00:23 ID:MBIV9yfY
ショウもないヤツが「責任編集」だってさ
http://www.ohtabooks.com/shinkanmoji.htm

↓こういう記事もあった。
「太田出版、宮崎学氏が責任編集、アウトローの生き様提示誌創刊。
 太田出版は12月17日、宮崎学氏の責任編集による「アウトロー・
ジャパン」を創刊する。書籍扱いだが年4回の定期刊行を予定しており、
現代人にヤクザなど無法者の己の才覚で生き抜く姿を提示する」

559 :文責:名無しさん:01/12/06 19:42 ID:APiUI+7B
公安のスパイ野郎が何が国にも法にも頼らずだ(W

560 :文責:名無しさん :01/12/12 00:13 ID:kwQUQXFF
国会TV停波問題で記者会見を開きます

日時:12月14日(金)午後3時から
   場所:衆議院第一議員会館第四会議室

出席者:田中良紹(国会TV)
    越智道雄(明治大学教授)
    三枝成彰(作曲家)
    高野孟(インサイダー編集長)
    宮崎学(作家)
    他に国会議員多数

・JSAT及びスカパーと「債務返済計画」を交渉中の停波は何故なのか
・停波の原因となった「債務」は本当に「債務」なのか、つくられた「債務」ではないのか
・JSATだけが大黒字で委託放送事業者の9割が赤字のCS放送業界の現状を説明します

561 :文責:名無しさん:01/12/18 12:26 ID:UmDcJhdR
で?宮崎学は、今どうしてんの?
あれ以来、左翼からも相手にされなくなって、
めっきり影が薄くなったが。

562 :文責:名無しさん:01/12/20 15:31 ID:YV5vbBL7
新雑誌創刊記念画像
http://www2.makani.to/akutoku/upload/dat/1008829857.gif

563 :文責:名無しさん:01/12/26 11:24 ID:Sm+OpU/2
age

564 :文責:名無しさん:02/01/05 02:32 ID:w0t+colL
最近知ったんだけど、宮崎学と同姓同名のカメラマンがいるんだね。
単行本もけっこう出しているよう。
カメラマン・宮崎氏も迷惑しているんだろうなあ。同情してしまいます。

565 :文責:名無しさん:02/01/06 11:05 ID:owffeU8I
age

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)