5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小松左京

1 :名無しさん:2000/02/15(火) 04:28
日本代表ということで...

2 :名無しさん:2000/02/15(火) 04:39
文明論の方でも業績が大きいよね。
「歴史と文明の旅」「妄想ニッポン紀行」とか
60年代から見た未来と現実を比較してみるのも良いかと。
「ゴエモンのニッポン日記」ってのもあったな。

3 :名無しさん:2000/02/15(火) 09:20
「凶暴な口」って中編が鮮烈に印象に残ってるなあ。自分で自分を食っちゃう話。
あと、「さよならジュピター」とか。映画はひどかったけど原作はかなり好き。

4 :名無しさん:2000/02/15(火) 19:54
小松先生、病気が悪化してだいぶヤバめってウワサを聞いたんだけど、本当?

5 :名無しさん:2000/02/15(火) 20:34
虚無回廊の続きは?

6 :>5:2000/02/15(火) 20:44
ていうか、あれを遺作とされたらかなわんなあ。
長編にはあまりいいものがないような気がする。
「日本アパッチ族」くらいか。
短編にはほとんどハズレがないのにね。

7 :>6:2000/02/15(火) 21:20
いやいや、果てしなき流れの果てに、とか。
中学生だった私には新鮮にみえたことよ。

8 :名無しさん:2000/02/16(水) 18:38
見知らぬ明日が好きだ。
しかしこの人の長編って救いのない終わり方ばっかだなぁと中学生んとき思ってた。
日本沈没といい、首都消失といい、さよならジュピターといい、こちらニッポン…といい、
さよならジュピターといい。見知らぬ〜も結局降ってきたものは排除されないし。

9 :梅4号:2000/02/16(水) 20:18
「継ぐのは誰か」は面白いと思う。

10 :名無しさん:2000/02/16(水) 22:33
>2
空から落ちてきた歴史、か何かで

光合成による遊離酸素の発生 =
 植物による環境大変化(いわゆる破壊)&既存生物種大虐殺

という考え方を知ったのが、小学生高学年のころで
以降、
事象に対する評価は、立場により異なる
というのが、私の物の考え方の基本になりました
その点について、非常に感謝してます。

11 :ななしぃ:2000/02/16(水) 23:04
「継ぐのは誰か」今読んでる最中
小松さんのはどれをとっても良い

12 :名無しさん:2000/02/19(土) 22:09
「エスパイ」「復活の日」「日本沈没」「さよならジュピター」
は良くなかったぞ。
あ、みんな映画になった奴だ。

13 :さよならジュピターは:2000/02/19(土) 22:19
木星の謎の宇宙船とか生物とか諸々が謎のまま消えてしまうのが
すごくもったいない→人間がここまでやっていいものか
→宇宙における人類の意味って…
と、いつもの小松左京テーマが素直に俺の頭に入ってきて
よかったが。

#映画はアレだけど

14 :ぶおーん:2000/02/19(土) 23:09
>8さんへ
「見知らぬ明日」サイコー
「日本沈没」の第二部もどーなった。
10年ぐらい前の噂では、違う世界の日本をもう一回沈めるとか聞いたぞ。
松竹の「日本沈没1999」がこけたのは残念。
あとテレビ版「日本沈没」についても知っている方いたら情報ください。
ビデオ化はしないんかなあ。

15 :名無しさん:2000/02/20(日) 00:56
継ぐのは誰だ
 だったけかなめちゃ面白かった。


16 :HIR:2000/02/20(日) 15:21
「日本沈没」私は好きでした。
過去形ですけど、燃えました。(萌えじゃないよ)
皆さん否定的ですけど、
これは私の評価レベルが低いんでしょうか。

17 :名無しさん:2000/02/20(日) 16:53
「復活の日」が好きで文庫本一冊ぼろぼろにしました。
私の評価レベルはずれているらしい。
あと「くだんのはは」が好き。


18 :名無しさん:2000/02/20(日) 18:44
俺も「復活の日」は好きだよ。
巷ではそんなに評価低いの?

19 :6=12:2000/02/20(日) 19:39
うーむ、俺だけなのかなあ。
この人の長編って短編に比べてアイデアの密度が薄いような気が
するんだけどなあ。
映像化を前提にしてるというか、とってつけたような性描写を入れた
りして。
「物体О」や「アメリカの壁」なんか映像化不可能だと思いませんか。
「アパッチ族」「果てしなき〜」「継ぐのは〜」は好きです。


20 :18>19:2000/02/20(日) 20:25
う〜ん「復活の日」はアイデアが問題になるような
タイプの小説じゃないと思うけど…
むしろ破滅に直面した人間達の姿の説得力に
はまったのかな?

ちなみにアンタが挙げたハズレの4作品のうち、
残りの3作品は俺もあんまり
好きじゃないし、
「果てしなき〜」と「継ぐのは〜」
は俺も好きなんだけど。

ちなみに短編では「神への長い道」が1等好きかな。

21 :名無しさん:2000/02/20(日) 23:27
小説は面白いけど、映画化されるとダメといったところかな。


22 :名無しさん:2000/02/21(月) 00:48
「物体0」はいまならできないこともなさそうだけど・・・・
同じような設定でも「首都消失」は駄目だった。
ちょっと軍事小説ぽいなあ、と思った。
小松ものの映画は「日本沈没」だけしか見たこと無いけど
小説はいいけど、映画はいまいち、あれを劇場で見たら
いいんだろうね

23 :名無しさん:2000/02/21(月) 01:20
「さよならジュピター」が痛かったね。
あれが成功していたなら日本のSF映画は.....
どうなってたんだろう。


24 :名無しさん:2000/02/21(月) 01:23
小松左京に限らず、映画化したものは大抵つまらんよね。
パラサイトイヴとか、小説読んだら面白かったもん(笑)

25 :じじい:2000/02/21(月) 04:18
小松左京のころはワンアイデアをとことん筆力で膨らませれば
それで通用したんじゃない。核になるアイデアさえ手つかずなら
オチがどっしょもなくてもオッケーだった、って感じ。今はそう
いうことやると「ふ、××オチですか」(××にはディックとか
ニーヴンとか好きな作家名をあててくれい)てな訳知り君が多い
のでだめなんだろうけど。日本沈没って発表当時は社会現象になる
ほどショッキングなアイデアだったんだぜ。今となっては誰も信じ
ないだろうな。

26 :防災研究会代表:2000/02/24(木) 00:52
日本沈没に触発され、とうとう防災研究会を始めるまでに至りました。
まあ、素人の集まりです。
日本沈没の可能性ですが、最近では沖縄海底遺跡の例を見れば
判るように、小説ほどでは無いにしても、都市一つが沈没する程度
の可能性はある訳です。それでなくても、ここ数年の地震発生状況
や、日本の火山活動は、異常な水準にあります。
今、日本沈没を読み返そうというブームが起きてくれれば、防災機
運を高めるのに絶大な効果があると思います。下手な防災入門を
読むより百倍は、地震に対する構えができるというものです。
その上で、いつかは来る大地震に備えてもらいたいと願っております。

27 :>14:2000/02/24(木) 05:37
当時小学生の記憶です。間違ってたらごめん。とにかく憶えていること。

○主題歌は五木ひろしが歌ってた。♪ひっとはみなあ〜♪
○「ケルマディック」「わだつみ」のプラモがはっやった。
○小野寺が「ほんごうたけし」ではなく「朝日ヶ丘の大統領」だった。
○サブタイトル(例・第二話?「京都にオーロラが?」)は、当時少
 年だった私に、大きな衝撃を与えた。毎週楽しみだった。
○マントル対流とホッサ・マグナが子供でも知ってる言葉になった。

とりあえずこんなとこで。(ほとんどTV版の情報じゃないなこりゃ。
ごめん。)

28 :ベタだけど:2000/02/24(木) 14:52
連作のタイムパトロールもの割と好きだった。
とくに後の超大国指導者に刷り込みをして
戦争の危機を回避する話。


29 :名無しさん:2000/02/24(木) 18:31
復活の日の,老教授の最後のラジオ講義の部分で泣いたのは私だけではあるまい.

30 :>29:2000/02/24(木) 18:52
俺も泣いた。

後、無線で世界に呼びかける子供のエピソードも、
今思い出しても涙腺が…。

31 :名無しさん:2000/02/26(土) 00:49
28>「時間エージェント」でしょ
インドの女史に大国関係者がどやしつけられる
やつはホントノリが良くて良かった。
あの主人公の独特さが何とも言えなかったね

29>あれはホント涙もの。
うちの田舎が屋久島で、最後のハムが死ぬとこもなんか・・・
その後の核ミサイルと米大陸横断は笑ったけど

32 :TV版日本沈没:2000/02/26(土) 04:02
一、二年前に全話LDボックスが上下巻に分けて発売されました。
ビデオテープは残念ながら出ていません。
やっぱ日本沈没はTV版に限るよな〜

33 :名無しさん:2000/02/26(土) 04:03
あ、これは劇場版と比べてという意味で、原作と比べてという
意味ではないです。
日本沈没のTV版については特撮板のほうが情報を得やすいと
思います

34 :滋賀県人:2000/02/29(火) 10:36
「さよなるジュピター」2
予定されてましたが、映画大コケでおくらいり。
ジュピターゴーストの中にエイジとツレが呑み込まれて助かって………。
そんな話でした。
「日本沈没」2は、世界各地でユダヤ人なみに迫害される日本人が、ついにどっかに国家作るとか。


35 :仮装巡洋艦:2000/03/01(水) 21:42
>「日本沈没」2は、世界各地でユダヤ人なみに迫害される日本人が、ついにどっかに国家作るとか。

「果てしなき流れの果てに」で、遂に惑星植民を果たした流浪の日本民族の
描写がありましたよね。原形をとどめず、ただ悲しいだけの君が代とか


36 :ゴエモン:2000/03/02(木) 13:13
小松左京はなんといっても中短編が良いと思う。とにかくアイデア、発想が豊かな作家だから、それらがぎゅっと圧縮された中短編にかなうものはない。(SF作家の中ではね。) 「ゴルディアスの結び目(4部作)」、「結晶星団」、「神への長い道」などは世界で名作とされているSF小説と比べても全く遜色がないだろう。逆に、長編となるとどうしてもユニークなアイデアだけでは引っ張れず、人間ドラマ的な要素を付け加えることによって(成功していればよいのだけれど)中途半端なものになっているような気がする。(僕も「復活の日」「果てしなき流れの果てに」のラストに、昔感動した類だけれど、ドストエフスキーなどの感動とは質的に違うような気がする。) 

37 :名無しさん:2000/03/02(木) 14:05
小松作品って翻訳されてるのかな?
日本沈没が翻訳されてるというのは何かで読んだけど。
安部公房は翻訳が多いらしいけど、誰がやったんだろう?
翻訳に値する日本のSFって小松作品くらいしか思い浮かばないな。

38 :名無しさん:2000/03/02(木) 17:38
`映画化された復活の日をみて邦画を見直した

39 :復活の日:2000/03/02(木) 18:31
あれってタイアップ広告も秀逸だった…と思う。
覚えているのは車内広告で
「生きているか。」
「生きているビヒタス。」
って奴。
これだけだとギャグだけど、俺にはムードあったのよ。

40 :これから:2000/03/05(日) 02:43
『飢えた宇宙』(HPB)を読むところです。一時期やふーおーくしょんに出そうかと思ったけど、読まずに出したら駄目だよね。しかし、パラパラ見ただけでもなんかそそるってのは…おそるべし、左京。

41 :名無しさん:2000/03/05(日) 05:29
「女」シリーズは誰も語ってくれないのかねえ。
若い頃モテたとは思われない風貌だけど
深いような。

42 :名無しさん:2000/03/05(日) 16:31
SF新人賞の評でお写真が出ておりました,,,,ふ、老けた

43 :名無しさん:2000/03/05(日) 18:56
>42
高橋和巳や高島忠夫と同じ学年だよ

44 :>42:2000/03/07(火) 21:29
最近、鬱病とアル中でヤバかったらしいよ。
縁起でもないが
この人が死んだら本当に日本SFの一時代(黄金時代?)が
終わるんだろうね。


45 :>44:2000/03/08(水) 16:32
ヤバいこたあヤバいそうですが、鬱はなおったそうです。
アル中ではないが依存症気味とか。

46 :名無しさん:2000/03/09(木) 10:29
え。「ゴルディアスの結び目」って
四部作だったのですか。
僕は
マリアとかいう女の子が、山奥の病院にいて
主人公が女の子の夢の中に入ったいく話ししか
知りませんでしたよ。

47 :名無しさん:2000/03/10(金) 21:24
日本沈没について、ちょっとした発見をしました。
小説では197×年になってたと思うけど、
実際には1982年(昭和57年)〜1983年に特定できますね。
理由は、渡老人のセリフから
「わしゃあ、この10月で101歳になる」
「明治21年の磐梯山の噴火の時、7歳だったもんじゃよ」
・・・つまんねーコト書いて申し訳ねーです。

48 :名無しさん:2000/03/11(土) 01:55
47>
ふーん、そう言われればそうかも
小松話で盛り上がるのが、ここぐらいしか知らないんで
そういう話し良いですねえ

49 :名無しさん:2000/03/11(土) 23:04
勝手に予想、日本沈没第2部。
田所博士は生きてるね。あと阿部玲子も。

50 :名無しさん:2000/03/13(月) 20:24
短編「お召し」が何を言わんとしているのか(何かの暗喩)
20年来悩んでいるのですが御教授してくださる方はおりませんか。


51 :>50:2000/03/13(月) 21:38
赤紙の話でしたっけ?

52 :50>51:2000/03/13(月) 22:32
いえ、それは「召集令状」だと思います。
「お召し」は突然13歳以上の人間が消滅してしまい
(何故か赤ん坊は何も無い空間から産まれてくる)
子供だけで世界を再構築する話です。
新潮文庫の短編集に入っていたと思います。


53 :>50:2000/03/14(火) 01:53
魚の養殖、みたいなことを何かで見たような気がしますが・・・
稚魚だけの水槽で育てられ、成長すると取り出される。
ちがったかな?

54 :>50:2000/03/14(火) 07:44
暗喩として読む必要はないんじゃないかな。
「こどもだけの社会」をシミュレートした小説だと思うけど。
言わば『漂流教室』とか『リヴァイアス』と同じジャンルだね。
無理に暗喩的な意味を読みとるならば、
「われわれが神という概念を持つのはなぜか」
という問題に答える、一仮説というのはどうかな?
つまり、現代人も「パク人」を失ったせいで……という。

55 :50:2000/03/14(火) 22:26
ありがとうございます。
>53
だとしたら凄い話ですね、ちょっと納得。
(氏得意の落語オチなんでしょうか)
>54
ジュブナイルっぽい語り口は確かにそれっぽいですけど
それではラストがあまりにも読者を投げ出している気が。

56 :名無しさん:2000/03/15(水) 22:20
>50

あ、でも53さんの言うことはある程度正しいはず。
序文で養殖の話に触れてるから。養殖そのものが
何かのメタファーではないでしょうけれど。

57 :名無しさん:2000/03/28(火) 10:51
「虚無回廊」の続編って出ないんでしょうか。
続きを読みたい読みたいよみたーーーい!(日本沈没も!)

58 :名無しさん:2000/03/28(火) 12:12
>57
「SFが読みたい」のハルキ文庫からのコメントに、
「虚無回廊」再開を準備中って書いてあったよ。

59 :名無しさん:2000/03/28(火) 12:52
『天神山縁糸苧環[てんじんやまえにしのおだまき]』

落語『立ち切れ』を元にした短編で、『高砂幻戯』に収録されてる。
SFじゃなく人情物。クライマックスでは涙止まらず。
小松左京はストーリーテラーとして一流だから、何でも書けるんだな。
これを読んで元ネタの『立ち切れ』を聞きたくなった。

60 :ぷぅざえもん:2000/03/29(水) 12:44
>46
あの短編集に4作入っているという意味では。
「岬」「ゴルディアスの結び目」「(忘れた。ナントカ氏の日常だっけか)「すぺるむ・さいえんすの冒険」
どれを取っても名作だと思います。
個人的には最後の、ちょっとえっちいやつが1番好き。


61 :57:2000/03/30(木) 17:45
>60
「あなろぐ・らう゛(またはコスモゴニア2)」でしたっけ。
小松左京はえっちいの書いても濃密ですごいですね。
女シリーズとか・・
>58
ほんとに?やったー。なんとか死ぬまでには完結させてほしいなー。



62 :57:2000/03/30(木) 17:56
「牙の時代」「ト・ディオティ」「毒蛇」とか、
暗黒系の短編はどうでしょう。僕は大好き。
「少女を憎む」「汚れた月」なんかも・・。


63 :名無しさん:2000/04/01(土) 22:02
>すぺるむ・さいえんすの冒険
クラークも吃驚の凄いプロットだと思ったんだが。


64 :名無しさん:2000/04/01(土) 22:33
ラストのミスターAの弁明がかっこいい!なける!

65 :名無しさん:2000/04/01(土) 22:47
小松作品の有名な科白に
「宇宙よしっかりやれ」みたいなのがあったと思うんですが
出典は何でしょうか?


66 :名無しさん:2000/04/02(日) 00:06
>65
「神への長い道」
ハルキ文庫の「結晶星団」に入ってます。

67 :65>66:2000/04/02(日) 22:03
有難うございます。
徳間文庫版「神への長い道」で家に有りました、感謝。

68 :名無しさん:2000/04/04(火) 22:08
小松左京について語れるの、ここくらいしか知らないんですが、
他にどこかありますか?

69 :名無しさん:2000/04/04(火) 22:24
>68
YAHOOです。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&board=yahoo.f4.12.835147&type=r



70 :名無しさん:2000/04/04(火) 22:27
69の訂正

すみません。上のSF、ファンタジー、ホラーの
カテゴリにはありませんでした。
こっちにあります。「小説」

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&board=yahoo.25.02.835159&type=r



71 :名無しちゃん:2000/04/05(水) 16:37
小松を語るサイト作ってもどうせ人こねえんだろな

72 :名無しさん:2000/04/05(水) 20:50

前々から思っていることなんですが、
小松左京の作品って大きく二つの傾向に分かれると思いませんか?
ひとつはアイデア勝負のエンタテイメント的作品。
もうひとつはただ一つのウソを軸に展開する大シミュレーション。
私の好きなのは後者で、「日本沈没」や「復活の日」がこれにあたるかなと。
あまり好きではないのですが「首都消失」も該当すると思うんですが、
こういうのをよんでいると、なんだか、「おれはいままさに
ものすごいものに触れている」って感じがして、快感です。


73 :名無しさん:2000/04/05(水) 21:24
>アイデア勝負のエンタテイメント的作品
こっちのほうにこそ凄いものがあると思うのだが。
「結晶星団」「神への長い道」「すぺるむ・さいえんすの冒険」
なんか。
>ただ一つのウソを軸に展開する大シミュレーション
「物体О」「アメリカの壁」なんかもそうかな。
短編のほうが好きだな。
「妄想ニッポン紀行」や「ゴエモンのニッポン日記」みたいな
社会評論系もあるね。



74 :68:2000/04/05(水) 22:46
>70
あ、あった。どうもありがとうございます。
でもあの板はちょっと書き込みにくいなあ。読みではあるけど。

75 :名無しさん:2000/04/05(水) 23:03
>72
そう!「日本沈没」や「首都消失」なんて正にタイトルそのまんま。
アイディアはそれだけ。あとは呆れるほど膨大な資料(全部頭の中に
収まってるんだろうな。)を駆使して娯楽小説にしちゃう。
本当に力業。同じアイディアでこれだけのもの書ける作家、
他にいないよ。(海外SFはよー知らんの。)
誰か書いてみやがれ!日本沈没2000(みれにあむ!)とか!


76 :名無しさん:2000/04/10(月) 01:40
小松左京と開高健と太宰治さえ読まなかったら
僕の青春時代はもちょっとあかるかった。あんな小説書いたやつらが
好きだけど恨めしい。

77 :名無しさん:2000/04/13(木) 06:07
『地には平和を』がまだ出てませんね。
やっぱり、『日本沈没』『復活の日』『果てしなき〜』が
いっちゃんすきです。

78 :"猿"の惑星:2000/04/14(金) 20:00
「結晶星団」いいですねぇ!
あと「保護鳥」

79 :名無しさん:2000/04/14(金) 23:28
「保護鳥」「くだんのはは」「霧が晴れたとき」etc・・
角川ホラー文庫の自選アンソロジーは出色!

80 :名無しさん:2000/04/15(土) 05:13
「影が重なる時」ってすごくいいとおもう!

81 :名無しさん:2000/04/15(土) 06:08
角川ホラー文庫の「霧が晴れた時」は表紙がいいし、文字の大きさが
読みやすくていいです。内容は自選だから文句なしだし。

82 :名無しさん:2000/04/15(土) 14:29
小松左京の短編で一番怖かったのは何?

83 :天然八歩:2000/04/15(土) 18:24
>82
自分自身を料理する話。題名は度忘れしました。

84 :名無しさん:2000/04/15(土) 20:30
>82
「汚れた月」
SFでもなんでもない。
でもこんな復讐はいや〜ん。

85 :こけか:2000/04/15(土) 20:31
>83
「兇暴な口」では?
>82
新潮文庫の子殺しにストレートに怒りをぶつけた作品。
題名は思い出せない...


86 :>85:2000/04/15(土) 21:57
闇の中の子供、でしょう。
私は小松左京全作品の中で、もっとも感銘を受けました。
昨今の幼児虐待のニュースを見聞するたび、この作品を
思いだします。

87 :82:2000/04/16(日) 10:51
僕も「闇の中の子供」が一押しです。
あと、「怖い」とは異なりますが、「汚れた月」「少女を憎む」
など、作者自身の青春時代に材を取ったと思われる作品には、
重たい感銘を受けます。

88 :名無しさん:2000/04/20(木) 22:27
じゃあ小松の短編もしくはショートショートで一番笑ったのは?

89 :>88:2000/04/21(金) 00:32
なんか、SF作家の乗ったタイムマシンがハイジャックに
会ってどうたら…とゆ〜筒井康孝のみたいな話はなんだっけ…。

90 :名無しさん:2000/04/21(金) 06:03
それってみんなで麻雀やるやつですか?
14枚全部東が来たりすんの

91 :名無しさん:2000/04/21(金) 07:28
養子大作戦は笑った。日本や日本人を登場させずに
日本とは・日本人とは何か、見事にしかも面白く表現
している。


92 :名無しさん:2000/04/21(金) 14:51
実物大のプラモデル作る話はなんだっけ。
ショートショートはみんな好き。

93 ::2000/04/21(金) 21:35
模型時代じゃなかったっけ。

94 :>90:2000/04/21(金) 23:11
あ、多分それです。

95 :名無しさん:2000/05/29(月) 04:25
「題未定」→ゴミ

96 :名無しさん:2000/05/29(月) 08:09
タイトル忘れたんですが、主人公(小松さん?)が戦争の時、
良いなと思っていた女の子の話と、戦争中の話が平行して
続いて、その後、その子が強姦殺人で死んだ(実は伏線が
序盤の酒場ネタで振ってある)と知って、
心に穴が開くみたいな短編が記憶に残っているんですけど、
タイトルご存知の方います?

97 :>96さんへ:2000/05/29(月) 09:50
おそらく「少女を憎む」だと思います。


98 :名無しさん:2000/05/29(月) 10:39
読みたくなりました。その話。>96さん、97さん
ご存知の方、本のタイトルを教えてください。

99 :やっぱり、:2000/05/30(火) 10:52
虚無回廊復活キボーン

なんか、「小松賞」とかいってるから引退したのかと思っちゃったよ
びびった。


100 :名無しさん:2000/05/30(火) 11:51
ハルキ文庫で虚無回廊が出てた。
これはっ
続編の発表も近いということか!(超希望的観測)

101 :名無しさん:2000/05/30(火) 12:55
日曜の朝日新聞で、虚無回廊をどう終わらせるか悩んでる、とか書いてあったよ。

102 :ところで:2000/05/30(火) 13:37
なに、まだその気があったのか…。

103 :SFセミナー参加者:2000/05/30(火) 14:41
角川春樹氏の講演で小松左京「虚無回廊」をムチ打って書かせる
と断言してましたよー。
とりあえず3巻をもう時期だすとか。

104 :名無しさん:2000/05/31(水) 11:30
やった!
今のうちに1,2を読んでおさらいしておこう。
結局「SS」って何?

105 :名無しさん:2000/06/05(月) 13:22
すうぱあすとらくちゃ、でいい?(ワラ

106 :うすくてでっかい、:2000/06/05(月) 13:25
「つつ」。

ゴムで出来ていたりはしません。

107 :名無しさん:2000/06/06(火) 19:21
僕の好きなのは中編の「神への〜」とか
よりも30ページぐらいの「影が重なる時」や「秘密(タプ)」
とかですね。あの角川文庫は衝撃だった!
恐い話は同じ本に載ってた「まめつま」です。鳥肌立ちました。
後で見るとすっごい短いんですね。あれ。
あと他に好きなのはきりが無いんだけど
 「時の顔」「地球になった男」「眠りと旅と夢」
ショートショートの「正月料理」「女かベムか」
SS「コップ1杯の戦争」
「首都消失」は映画が単純におもしろかったです。小説の方は
僕と違う感じだったので。
「果てしなき〜」なんかも最高です。

108 :名無しさん:2000/06/07(水) 22:51
首都消失って評価低いのかな?僕の中ではかなり上位の作品なんだが。
(一番は日本沈没。)
ああいうシミュレーション小説大好き。

109 :undefined:2000/06/08(木) 18:00
小松左京の最高傑作
「果てしなき流れの果てに」と「虚無回廊」どっちだと思います??
SFマガジンオールタイムベストで首位を取ったのは前者だけど・・・?

110 :名無しさん:2000/06/08(木) 20:40
後者の試合放棄で、前者の勝ち。

111 :名無しさん:2000/06/08(木) 21:49
「果てしなき流れの果てに」と「さよならジュピター」にわざわざコンピューター衛星に
出向いて、タイム・シェアリング・システムのコンピューターでデータ解析する描写があ
ったので、時代背景を抜きにしても、所詮コンピューターに関しては想像力の働かないニ
コチン中毒のおっさんと思った。クラークや矢野徹の爪の垢でも煎じて飲めよ。

112 :名無しさん:2000/06/08(木) 22:10
コンピュータの発展の予測は難しいよな。
通産省もシグマだの第五だの大ボケをかます位だし。
そろそろSEが60万人不足する頃だぞ(藁。

113 :マジレスしちゃった:2000/06/09(金) 04:52
俺は「果てしなき流れの果てに」へ1票。

114 :名無しさん:2000/06/09(金) 06:50
ワースト長編を知りたいですぅ〜

115 :名無しさん:2000/06/09(金) 08:21
「エスパイ」

116 :名無しさん:2000/06/09(金) 10:45
「見知らぬ明日」

117 :名無しさん:2000/06/09(金) 18:34
111様は自分の価値観を他人に押し付けて嫌われる人ですね。
あまりに批判したくて、よりにもよって小松左京をバカにしたのはいいけれど、感情がこもってて意見の相互交換全く無し。

小松左京はあまりに誉められてて批判したくなるんだろうね。
サディスティックなだけ。
小松さんだって色々未来について予言して当てているのにねぇ・・・。
もっと下等な作家ならたくさんいるからそこ行って自分のフラストレーション発散してきなさい。(された方は迷惑なだけだけど)

118 :名無しさん:2000/06/09(金) 20:58
あんまりけんかしないでね。
まったりいこ。

119 :びんぼがみ:2000/06/09(金) 23:02
そうですねぅ・・・・・・・・。

私もまぜてください・・・・・・・・・。

BYおじゃる一味

120 :114:2000/06/10(土) 02:04
>115
>116
サンクス。読んでみますぅ〜

121 :117の人です:2000/06/10(土) 08:53
ごめんなさい。つい感情的になっちゃいました
。まったりといこ(笑)

あの〜、1つ聞きたいんですけど、「虚無回廊」ってどのくらい凄いんですか?
復刊されてようやく今読みはじめる状態なんです。教えて下さいm(_ _)m

122 :.>117:2000/06/10(土) 11:55
>どのくらい凄いんですか?
1巻で大風呂敷広げて、2巻でさらに広げて、たたむ気配がまったく無いところ。
どうやって終わらせるんだろ?これ、みたいな感じがたまらん。
未完なので感想もナニもないけれど、個人的には1巻で「彼」が自分のAEにやきもち
やくシーンで、すでにジーンときてしまいました。
「どのくらい凄いか」というより「どのくらい好きか」ってレスだね、これ。

123 :名無しさん:2000/06/10(土) 21:24
>115
>116
ワーストといってもそんなに酷い出来ではないよね。
小松作品のなかでは凡庸だけど。

124 :名無しさん:2000/06/11(日) 05:39
小松さんのワースト長編は絶対「こちら日本」!!
あれは凄かった(笑)
でも主人公が小松さんの家に来るところは「すげーの書いて
んな」と思った。
とにかくあれを書き上げた力は凄い。書きながら考えてるもんな〜。あれが「果てしなき〜」のパワーの源かと思う。
122さん>それはつまり好きってことですよね?(笑)
早くよまねば!!

125 :名無しさん:2000/06/11(日) 11:34
あ、「こちら日本」があったね。(藁

126 :名無しさん:2000/06/12(月) 02:52
最近の小松さん情報無い?SFバカ本の何かに出てたね。

127 :名無しさん:2000/06/12(月) 04:39
朝日新聞日曜版に談話が載ってたよ、3週連続で。


128 :名無しさん:2000/06/12(月) 05:36
127さん>それって虚無回廊についてですか!?教えてくださいm(_ _)m

129 :>124:2000/06/12(月) 09:36
ピランデルロが卒論でしたから、ああいうメタ・フィクションじみたもの
書きたかったのでしょうが、ダメでしたね(笑)

ジャスト出版の「我らが神経チェルノブイリ」でブルース・スターリング
がやはり、こういうポスト・モダン小説の真似事をしてましたが、ダメでした。

筒井康隆でない方に、やはりこの手の小説はむきません

130 :名無しさん:2000/06/12(月) 11:00
>128
「いつも、そばに本が」とかいうインタビュー。
自分の読書体験について語るコラムです。
「虚無回廊」については1回目で少しだけ、「これから
書き始める」みたいなことが出てました。

しかし、写真が載ってるんですが、あまりにも痩せたので驚いた。

131 :名無しさん:2000/06/12(月) 16:13
やせてるよね、大丈夫かな?

132 :名無しさん:2000/06/12(月) 17:00
がんです。

133 :名無しさん:2000/06/12(月) 21:13
虚無回廊おわらせるまで死なれちゃこまるー

134 :名無しさん:2000/06/12(月) 23:33
これの続編書くとか洩らして揉めた作家居なかったっけ?

135 :>134:2000/06/13(火) 00:22
U原

136 :名無しさん:2000/06/13(火) 00:23
>134
サイファイのあの方ですね。

137 :名無しさん:2000/06/13(火) 00:31
しっかし色々もめる御方だなぁ(藁)。

138 :名無しさん:2000/06/13(火) 03:47
130さん、情報ありがとうこざいます。

小松さん痩せてたねー。喉あたりの皮のたるみが特に(笑)
果てしなき〜で帰ってきた主人公みたいに・・・。
ぜひとも、長い・・・長い・・・夢物語ってのを書き上げて欲しいな〜。
手塚さんみたいに火の鳥を完成させずに伝説で終わるってのはもうやだ。

139 :名無しさん:2000/06/13(火) 05:09
『エヴァンゲリオン』は、無理に完成させなかったら、
「未完の名作」として伝説に残ったはずだけど、
無理に完成させたせいで、脱力の駄作として残ってしまった。

『虚無回廊』も、まとめようのない作品だと思う。
風呂敷を広げただけの今の状態がいいんじゃないかなあ。
無理にまとめたら……。

むしろ『日本沈没』の<本編>の方が読みたいな。
国土を失った日本民族が迫害されつつ世界各地を流浪する物語。
その時間線をシェアードワールドにして、
小松左京は基本設定だけ公開する方式がいいかもしれない。
船戸与一バージョンとか読みたいと思わん?

140 :名無しさん:2000/06/13(火) 08:56
「えば」は確信犯では?
「日本沈没」の続編は各自が想像して楽しめる気がするけど、
「虚無回廊」はちょっと続きを思い描くのが難しいので、
ぜひ完結させて欲しい。完成度なんかどうでもいいや。
もともと作品としてののまとまりを追求するような作家ではないだろうし
(長編ではね)。



141 :名無しさん:2000/06/13(火) 19:25
世の中には未完成で最高傑作とよばれる作品が多々ありますね。
カラマーゾフの兄弟。ハイデガーのなんか(忘れた)
火の鳥(俺的にはB・J)その他諸々。
虚無回廊は小松さんなら完成度はともかく書き上げてしまうでしょうね。頭がとにかく尋常じゃない!(笑)なんなんだ、あの博識ぶりは!!!??
今頃すでに書いてるんだろうか・・・?
ぜひとも書き残して死んじゃうんならペンを持ったまま、虚無回廊執筆中にいってもらいたい(笑)
気になるセリフを残して・・・。

142 :名無しさん:2000/06/13(火) 22:52
>気になるセリフを残して・・・。

それ、一番困る(笑)

143 :名無しさん:2000/06/14(水) 16:24
142さん<もペンを持ったまま、謎のセリフを残して死んでいくなんてカッコイイじゃないですか(笑)
伝説の作家になれますよ(爆)

どなたかSFバカ本に載ってた小松さんのインタビューを読んだ方いらっしゃいませんかね?教えてほしいです。

144 :名無しさん:2000/06/15(木) 03:50
>ワースト長編
「題未定」もヒドイです。内容忘れたけど・・・

145 :名無しさん:2000/06/15(木) 05:07
144さん>題未定ってハルキ文庫に収録されてませんよね?

146 :名無しさん:2000/06/15(木) 05:32
春樹さんが映画化って噂きいたけど、どれ?

147 :144:2000/06/15(木) 05:32
>145
読んだのは10年くらい前です。
文庫オリジナルだったような気がしますが
それ以外のことは皆目わかりません。

148 :>145さん:2000/06/15(木) 10:39
本書が手元にあったので、書き込みを。
「題未定」は文春文庫で出ていました。もちろん絶版でしょうね。
単行本は、実業之日本社。20年前の作品です。
怪奇ユーモアSFとありますが、主人公は小松左京本人という、
内輪受けっぽい始まり方をしています。面白かったかどうか…あまり
記憶に残ってないということは(笑

149 :名無しさん:2000/06/15(木) 13:06
大命諦異聞(こうだっけ)、とか言う奴でしょ。
うちにもあるんだけど・・・
あまり記憶に残っていないということは(笑

150 :名無しさん:2000/06/15(木) 13:22
ハルキ文庫は「見知らぬ明日」とか「こちら日本」とか
割とどうでもいいような長編も復刻してるよね。
短編の方にもっとみるべき作品があると思うんだけど。

ひょっとしたら「題未定」も・・・!


151 :名無しさん:2000/06/15(木) 14:00
「題未定」!俺は好きだなー^^確かにあんなひどい小説もないが、
あのいきあたりばったりのしっちゃかめっちゃかさがたまらん。
小松左京本人がUFOにアブダクトされて、時空を越えた大冒険!
タイムマシンで過去へゆき、ロボットと戦い、ミュータントと戦い、
ありとあらゆるSFガジェットと絡みまくって、宇宙を守って大活躍!
だめ?

152 :名無しさん:2000/06/15(木) 17:46
栄が化をまたするなら、日本沈没より首都消失や虚無回廊(書き上げてから)や
果てしなき〜をして欲しい。(果てしなきなでも映画化は無理だろうな〜)

ってか「まめつま」ってすごく恐くありません??

153 :名無しさん:2000/06/15(木) 18:15
>148 149
誰も内容を覚えていないワースト長編なんて、「牛の首」みたいで
かっこいいじゃん。と思って古本屋いったら・・
たくさんあったよ、「題未定」。今よんでまーす。
>152
「まめつま」こわいっす。わりとメルヘンチックな出だしと、ラストの
凄惨さとの取り合わせがなんとも言えない。

映画化するなら「日本アパッチ族」がいいなー。

154 :おなじく「題未定」支持:2000/06/16(金) 03:31
>151
題未定、おれもいいと思った。

基本アイデアはむちゃくちゃだけど、それを知識を総動員して
こじつけてゆく様が最高。

なんだかんだいって、小松左京は偉大としかいいようがないと思う。
20代のおれがそう思うんだから、当時リアルタイムで小松の長編を
読んでた人達はむちゃくちゃ興奮しただろうね。
この先どういう作品群が登場するのか、どう世の中が変わっていくのかって……

SFが復興してきたっていうけど、個人的にはやっぱり、
小松左京にもうひとがんばりしてほしい。


155 :名無しさん:2000/06/16(金) 08:17
読み終わりました「題未定」。なるほどこりゃすごい(笑)
ネタの無いのを博識と饒舌で必死にフォローしてるところが最高。
なんて苦しそうな小説なんだ。

156 :名無しさん:2000/06/16(金) 16:08
文庫『角川ホラー文庫』の「影が重なる時」を読んだ衝撃は今でも忘れない。
当時マンガオタクだった僕は小説なんてろくに読まず、せいぜい有名な異形コレクションを読んで「マンガの方が勝ってる」とか古い事を言ってた。
でもあれを読み終わった後、本に土下座していた(笑)
その後、何度も小松さんの本を読んで土下座させられてます(笑)たとえば短編なら「タプ」とか「時の顔」。
あの方が凄すぎてSF界は沈んだと僕は見てるくらいです。

157 :名無しさん:2000/06/16(金) 21:53
「影が重なるとき」、いいなーあのビジュアルインパクト。
「まめつま」といい「秘密」といい、暗くていやーな短編書かせたら
比類無しって感じです。

異形コレクションもポツポツと面白いけど。

158 :名無しさん:2000/06/16(金) 22:03
4年ぶりくらいに虚無回廊読み返してみました。
ああ、やっぱりいい・・・
つづき、つづきをーーー!!

159 :156:2000/06/18(日) 08:45
そうそう、異形コレクションもポツポツとおもしろいのがあるんですよね。
僕は悪魔の発明に収録されてる「32」や「星月夜」なんかが良かったです。他かな〜り糞だったけど・・・。
もう2つぐらい良いのがあったような気がするけど忘れた!

160 :名無しさん:2000/06/18(日) 11:06
異形コレクションは横田順やの連作がちょっと好き。
他作品はちょっと頭をかかえるものも多いけど、古本屋で一冊百円で
買ったやつだから無問題。


161 :名無しさん:2000/06/19(月) 04:43
癌ってホントなの? ネタじゃなくて?

162 :名無しさん:2000/06/19(月) 16:44
ネタでしょ

163 :名無しさん:2000/06/19(月) 16:59
偉大なマンガ家や作家は皆ガンで死んでいく・・・。小松さんはSF作家。ナノマシンかなんかで助かるでしょう(笑

164 :↑癌ではない:2000/06/19(月) 17:18
白内障でしたが治りました。
肝臓と膵臓は弱ってるでしょうな当然。

165 :名無しさん:2000/06/19(月) 18:07
喫煙量すごかったっていうし、やせてきたから、つい勘ぐっちゃいますね。


166 :名無しさん:2000/06/19(月) 20:24
自分が初めて小松氏の作品と出会ったのは、十年以上前、まだ中学生の
時だった。「さらば幽霊」という、表紙にかわいらしいイラストあしらった
薄っぺらーい短編集だったので、何気なく読み始めたのだが、
「骨」だの「霧が晴れた時」だの「安置所の碁打ち」だの、ダークな作品郡
(角川ホラーの短編集とほとんど重複している)にすっかり打ちのめされ、
他作品を片っ端から読み漁った。長編は専門用語とかがダルかったので、
当時は敬遠していたが、高校に入ってから読み始め、再びはまってしまった。
今読み返しても、短編の出来の良さには本当に目を見張るものがある。
「果てしなき・・」や「虚無回廊」も好きだけど、自分はSF者ではないので、
(小松と星新一以外はよんでないの。)人から
「どこがすごいの?」って聞かれても良さを語れないんだよね。
誰かかたってくれ。

167 :名無しさん:2000/06/20(火) 10:50
絶妙なストーリーテリングと超複雑難解な仕掛けをミックスさせ演出も一人で出来る方。

でも「どこがすごいの?」なんて言ってる人は小松さんの力を知らないだけで、しっちゃえばもうハマるでしょう(笑)
SF以外でも他作家に勝つ力をあの方はもっちゃってるから。
ホラーなんて凄く恐いし。
ショートショートホラーの「むかしむかし」ってすごく恐かった!ゾクっとた。
「お糸」はどっちかって言うとファンタジーだと思う。あれのイメージと単語力にもビビる。

168 :キム回廊:2000/06/20(火) 10:51
南北朝鮮を結ぶベルト地帯をこう呼ぶ。

続編は、集団体制で書くそうです。
具体的に何人か「書き手」が決まっているとか。
「ソリトン」の人では絶対ないそうです。

169 :名無しさん:2000/06/20(火) 14:23
集団体制?まじで?ネタ?

170 :名無しさん:2000/06/20(火) 16:26
さよならジュピターみたいにブレインストーミングとかじゃなくて?



171 :七篠権兵衛:2000/06/20(火) 16:45
なんか「研究会」の理系の人が手伝うって聞いたゾ。

172 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:25
それってブレインなんたらと違うの?どういう執筆形態になるのだろう。
詳細希望。

大丈夫かな。ショートショート全集の序文に「完成させる自信がなくなった」
みたいなこと書いてたしなー。

173 :>167:2000/06/20(火) 21:31
「むかしむかし」っておとぎ話がいろいろゴッチャになるやつでしたっけ?
あれの出だしがすごい好きなんだけど。

174 :名無しさん:2000/06/22(木) 09:04
「むかしむかし」はカチカチ山の本物バージョンを
たぬき=人間にしてやった作品。
ラストのはあさんのボソッと言うセリフ・・・

「掘れば出てくるぞ・・・」

がこえーーーー!!!


175 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/26(月) 19:41
新スレがネタスレと化したので本家あげ

176 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/26(月) 21:18
「むかしむかし」は怖いというか笑ってしまうんだけど。オチで、「今の若者は
かちかち山も知らんのかい」というくだりが。

167さんの言ってるやつも同じようなタイトルだった(「むかしムカシ・・・」かな)。
呆け老人が若者におとぎばなしを語って聞かせる、という内容で、
話は無茶苦茶だけどなんか凄みのある短編だった。出だしの
ムカシムカシムカシムカシアルトコロニアルトコロニ・・・ってリフレインするとこ
が怖い。あそこでしょ。

177 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/26(月) 21:19
ごめん167じゃなくて173さんね。

178 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/26(月) 22:28
でも小松さん「むかしむかし(カチカチ山の方)」で
ラストのオチまでは完全に恐がらせようとしてるよ・・・。
まんまとひっかかったのか、俺(笑)

おれはホラーでは圧倒的に「くだんのはは」より
「まめつま」の方が恐いと思う。題名が主題と合ってないのが
よくわからんけど好き。
「殺しておしまい・・・」(笑)

179 :ジョン・ウェットン:2000/06/27(火) 12:11
「キミタチ サイコダヨ」

180 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/27(火) 17:06
そんなことなかよ。

181 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/27(火) 23:44
やっぱ小松さんは初期ですか?みなさん。
最近芸道ものを読んでるんだけど娯楽が抜けてるなぁと
感じる。完成度はみな高いけど。

182 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/28(水) 08:09
あ、「芸道もの」っていうのね。「高砂・・」みたいなやつ。

183 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/28(水) 15:30
べつに初期がどうこう言うんじゃなく
長編は発表年代順に読んでいくと一番楽しめると思う。筆致も洗練されていくし。
(一部ごみ長編はのぞく)

184 :七篠権兵衛:2000/06/28(水) 15:36
「まんだらけ」の大将に「イワンの馬鹿」持ってる、と言ったら
30万円で買うと言われた。
値上がりを待とう。

185 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/28(水) 20:57
なにそれ、短編集?

186 :名無しさん:2000/06/28(水) 21:21
親の工場の借金を払うために描いたマンガです。
当時の手塚治虫いわく「とんでもないライバルが出てきた」

187 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/29(木) 08:39
↑よみたーい。

188 :>184:2000/06/29(木) 10:04
全ページをスキャンしてアップロードしろ。
しなかったら泣いちゃうぞ。

189 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/30(金) 03:21
それ読みたいなー。おもしろいっすか?


「時の顔」とハインラインの「時の扉」どっちが凄いと
思います??
レムと小松左京どっちが凄い?
誰か答えて

190 ::2000/06/30(金) 17:44
「時の顔」が凄い。
小松左京が凄い。

191 :190:2000/06/30(金) 17:48
すみません、名前に1をいれてしまいました。

192 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/06/30(金) 21:18
と、時の顔ってどんなんだっけ。

193 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 00:48
虚無回廊4巻が無事出ることを願って
お百度参りします

194 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/01(土) 04:13
192さん<言えないくらい複雑です(笑)読んでもわか
りません(爆)

193さん<ハルキ文庫で三巻まで出てるってことですか!?

195 :ZEROES:2000/07/01(土) 11:30
>194さん
ハードカヴァーで3巻出てますよ。

196 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/01(土) 14:00
>195
うっそ!いまから本やいってきます!

197 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/01(土) 14:16
ZEROESさん<角川??出版者おせえて!!

198 :ZEROES:2000/07/01(土) 14:41
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9973715764

199 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/01(土) 22:23
くっそ品切れだった。明日紀伊国屋に売ってっかな?

200 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/01(土) 22:28
3巻読んだ方、ちょっとだけサワリを教えて。(ちょっとでいいのよ。)

201 :193:2000/07/02(日) 00:38
SFA連載時代の積み残しですね>3巻
内容は、都市の住人を追って森に行って云々。
SSについてはこの巻で結構謎が解けたりして・・・
果てしなき〜結晶星団〜ゴルディアスの流れが今一本に、って感じ

202 :undefined:2000/07/02(日) 06:38
ZEROUSさん、サンキュウッ!
by堀内隆雄

203 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 16:30
5年間待った虚無回廊の3巻、今読み終えた。なんか5年ぶりに会った恋人と
2時間足らずで再び別れてしまったような、そんな気分。(2時間で読んだってこと)。
次に会えるのはいつのことか・・・。

204 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 17:52
四巻で完結するのかな?
あの人が書かなくなったら一つの時代が終わったってことかな?
それで日本SFの全てに終止符を打つことになってしまうのか
・・・?
小松さんにはそのくらい力があって、ある意味恐い。

205 :ZEROES:2000/07/02(日) 19:11
5巻で完結だそうです。期待していいのかな?
http://member.nifty.ne.jp/windyfield/diary0005a.html#03


206 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 20:51
来年に4,5巻か。本当ならうれしいけど。まあ広い心で待とう。
八年待ったんだしね。

207 :キム回廊:2000/07/03(月) 15:43
角川氏、無罪の可能性が出て来ました。
決定的証人であるカメラマンが証言撤回、偽証罪で服役済です。


208 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 18:22
よかったねー、なにがー

209 :小松親分最高!:2000/07/04(火) 18:46
角川春樹が今年はSFだ!!か・・・。
そうなってほしいなあ・・・。
でもホラーブームを起こした人だし新人賞も作ったから
あとは傑作が世に出るのを待つばかり・・・。

いっそ虚無回廊の映画化は??金の問題で却下(笑)

210 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/04(火) 18:56
日本沈没にちょろっと小松さんが出てるのをみんなどのくらい
知ってるかな。

どなたかSFバカ本の小松左京特別インタビュー読んだ人
いませんか?内容を教えてくださいませm(_ _)m

211 :>209:2000/07/04(火) 18:58
所詮はリングとパラサイトイブ…。期待すんなって。

212 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 02:13
211<期待したいんだよ・・・。本格SFが出てくるはずさ。
絶対・・・(笑)

でもパラサイト・イブって本だとけっこうおもしろいっすよ。
瀬名の中編読んでもストーリーテラーだと思った。
でもSFじゃないって言うところが糞だが。
恐くなきゃあホラーじゃねえっつーの。小松さんのホラーの
方がずっと恐い。

213 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 12:55
ぱ、パラサイトイブってSFじゃないの?

214 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 14:19
作者が「SFといえるほどのものじゃない」と
否定してる<パラサイト・イヴ

215 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 16:35
そんな謙遜しなくていいのに。怖くはないけど面白かった。

216 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 17:10
作者はあくまでホラーと言いたいみたいだね。
謙遜じゃなくてSFファンから批判受けたくないからだよ、
きっと。あまりにも頑固だし。
でもおもしろいよな(笑)

これからはSFの時代だ!!
しめ

217 :パラサイト・デブ:2000/07/06(木) 09:09
「僕らの地球」
「イワンの馬鹿」
「大地底海」
「第五実験室」
「神と人と悪魔と」
マンガ全集誰か出してくれ。

218 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 11:02
>217
モリミノルですね、でも実際の所「イワンの馬鹿」しか出版されたこと自体、
確認されてないんじゃなかったでしたっけ。

219 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 12:15
ホラー系統の作品では「くだんのはは」がやっぱりすごい。あとは「骨」
とか・・・まだあがってないよね。

あと、巨大な女性器が空に浮かんでて、男どもがそれを見上げてゲンナリ
する、という物凄く怖い作品(タイトルは忘れた)があったと思うけど、
誰か知ってます?

220 :名無しさん:2000/07/06(木) 12:53
>あと、巨大な女性器が空に浮かんでて、男どもがそれを見上げてゲンナリ

「地球になった男」かなぁ。満員のバスの中で女性に変身して痴漢に
あったり、実物大?のゴジラだか怪獣に変身して町を壊しまくる男の話。
ただ、女性器になったシーンは覚えてないので違う作品かも。

221 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 19:11
「まめつま」のが「恐さ」でいったら凄いよ。
引き込む力ってゆうか完成度は完全に「くだんのはは」!

「骨」ってどうゆう意味なのか今だにわからないんで
教えて下さいm(_ _)m
死んだ人間が地底からはい上がって来るってこと?

222 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 21:20
>「骨」ってどうゆう意味なのか今だにわからないんで

さまよっていた主人公の魂が自分の死に場所見つけてようやく成仏できたって意味
なんじゃない?
ただあのオチは小松氏も書き上げる直前に思いついたらしいから、お話の眼目は
途中で登場する「骨」のディテールにこそあるのだろう・・・怖すぎ!


223 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 11:32
虚無回廊V読みました。

つ、つまり「SS」とは「別の宇宙から何らかの目的で出現した巨大な
宇宙船」とゆーことでいいんですか?

224 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 12:04
勝手にオチを想像すると、あれは「物体O」と同じ。
本当はただの茶筒で、何でか巨大化してるわけ。

225 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 15:30
いや、あれは実は巨大なチ○ポで宇宙生物が一定量集まったら、どこかの
穴にぶちこんで射出するのだろう。
そこから生き残ってゴールインできたやつだけが、次の階梯に進めるわけ(笑

226 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 15:56
2chだとネタに見えるが、225のような話を
本当に書いてしまうからすごいかもしれない(ワラ

227 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 18:52
226<そうだね(笑)「彼方へ」は傑作!(笑)

虚無回廊3巻がみつからない・・・。もしかして予想以上
に角川春樹の力は弱いのか?・・・。
文庫も置いてる書店かなり少ないし(あ、こっちは田舎ね。
だけど本屋はけっこうある)
注文しよ・・・。

228 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 19:04
虚無回廊って、誰か別の作家が後を引き継いだって聞いたことあるけどそうなの?


229 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 19:21
引き継ぎたい、て言ってる作家はいるみたいだけど、まだ実現はしてないはず。
今回出版された3巻は、連載後、本にまとまってなかったのが、
十数年ぶりにようやく出版されたものだから、新作書き下ろしじゃないわけで。

SSは、他の宇宙の何者かが、こっちの宇宙の知性体たちをおびき寄せるため
に作った「撒き餌」と言うか、チョウチンアンコウのチョウチンみたいなもの。
・・・・・・だと思うんだけど。(ハルキ文庫の何かの巻末インタビューでそう言ってたような)

230 :225:2000/07/07(金) 21:13
「ゴルディアス」からの流れを考えると、マジでこんなオチも
ありかなーと思って・・


231 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 21:44
>228
上の方で語られているが、数年前の「このミス」で
「今年は虚無回廊の続きを・・・」と言って、小松に
怒られたサイファイ作家のことかい?

232 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 22:37
>230
小松左京の宇宙観の核心だと思います。ほんとに。

233 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/08(土) 12:15
「彼方へ」とか「あなろぐ・らヴ」なんて、
「わはは、おもしれーなー」とかニヤニヤしながら読んでたが、対談とか読むと、
結構まじめに書いてたらしくてびっくりした。
「革新し続ける生命象」みたいなのを追求すると、ああいう世界になるのだろうか?

234 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/08(土) 21:58
宇宙は超意識体とゆう考え方以外に考えられなくなった。
小松左京はやはり凄い。
ティンポってゆうのもたまに考えて笑ってしまうし。
ティンポを持つ超意識体!(笑)人間そのもの。
もしかしたら今のはオナニー・・・?でないことを祈りましょう。

227<角川春樹はあの事件があってから力は弱いだろうね。
なんとかして欲しいものだ。

235 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/09(日) 00:15
>234
筒井か星が突っ込んでたよ。「オナニーだったら悲惨だ」と。
対談で。

236 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 03:07
>235
いや、小松左京自身の作品で、そういうのがあるのよ。
「最近の若い奴の間でブラックホールに突っ込む輩が増えてるが…」
って話が。

237 :あれをよんで・・・:2000/07/09(日) 22:40
自分の精子も一匹いっぴきがいきてるんだなーと感じ入った。
無駄遣いしないよう心がけよう!

238 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/10(月) 00:37
虚無回廊1、2巻ゲット!早く3巻も手に入れねば。

小松左京賞ってどうなるんだろうね。100万は高い方
だと思うけど・・・。

239 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/10(月) 05:11
新人が出て欲しいよ<小松左京賞

しかし4巻は何か雑誌連載になるのかな?それとももう
書き始めているのかな?

240 :映像化はやめよう。:2000/07/10(月) 09:27
「さよならジュピター2」
ジュピターゴーストの中にエイジとマリアが生き残ってるそうです。

241 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/10(月) 18:12
虚無回廊III買ってきた。
…薄い〜。

242 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/11(火) 01:52
ジュピターゴーストはあの話の一番盛り上がる物だから
もっと出て欲しかったっす。
映画の木星のガスの中からゴゴゴゴゴと出てくるとこだけは評価
してますんで。

243 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/11(火) 20:08
あげなきゃ

244 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/12(水) 10:27
「ゴルディアスの結び目」の一話め。
どのへんがSFでどのへんがブラックホールなのかわかる人います?
残りの話はおぼろげながら理解できるんだが・・・


245 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/12(水) 10:43
「こちらにっぽん・・・」(ハルキ文庫)買った。

246 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/14(金) 04:24
145さん<俺もかっちゃった・・・(笑)
もっとだしてほしいっすね。時魔神とか載ってないし。
中古で買ってきた。

247 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/14(金) 12:05
↑「時魔神」はいいっすね。

ハルキ文庫で「くだんのはは」買った。
女シリーズが全部収録されてたのでうれし。



248 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 19:05
247さん<時魔神って題名の脇に「じんましんと読まないで
下さい」って書いてあるんですよね(笑)

249 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/15(土) 11:08
>248
「たいむましん」はOKなわけです。

短編では「イッヒッヒ作戦」とか「養子大作戦」とか、政治小説のパロディーぽい
やつが大好きなんだけど。復刻はされないのね・・

250 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/15(土) 16:06
249<イワンの馬鹿作戦は駄目ですか?(笑)

251 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/15(土) 22:35
↑よんだような気がするんだけど内容忘れちゃって・・
どんなんでしたっけ。

252 :>251:2000/07/16(日) 00:43
こくみんがみんなあほうになって
むせいふじょうたいで
めでたしめでたし
ってなかんじじゃなかったでしたっけ?
↑はしょりすぎ!

253 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/16(日) 05:37
そうそう、それであまりのバカさで他国の侵略を
いつの間にか防いでいたってゆう(笑)

254 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/16(日) 23:30
↑あんな恐い話は、聞いたことがない・・・

255 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 00:36
「愛の空間」読みながら抜けますか?

256 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/17(月) 00:48
ち、中学生の頃ならともかく今はねぇ〜

257 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/17(月) 11:41
↑ぬくなら女シリーズでしょ。
・・と、↑で会話が成り立ってるのがすごい。
思うにこのスレ、2、3人であげまくってるような・・・

258 :モー:2000/07/18(火) 04:03
「虚無回廊。」ですが、手に入りにくいですね。
池袋西武リブロでようやく手に入れました。
池袋ジュンク堂では探してもらったが、すでに品切れ。
入荷の予定は?と聞くと、店員は「角川春樹事務所ですからねえ……。
基本的に買い取りですから、次の予定はないです。」という返事。
うーん、そういうことだったのか……。

259 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/18(火) 05:50
きゃあーーーー角川春樹ってやっぱり力無いのか・・・。
ほんっとに無いですよね。うちの市で1店だけだった(苦笑)


257さん<世界の小松は、あげなきゃ損々(爆)

260 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/18(火) 17:52
でも二、三人ってのはないんじゃない?
ここで一番!?ってぐらいレス付いてるし。
小松ファンはまだいるってことだよ。でなきゃ日本の娯楽小説
は終わってる。

261 :>255,256,257:2000/07/18(火) 19:36
私は中学生の時、「男を探せ」で…

危険な性癖の始まりでした(爆)

262 :名無しさん:2000/07/18(火) 23:42
>258,259
そうなんだ。
最近、きのくにやBOOKWEBばかり利用してるんだが

このスレ読んで、懐かしくなって
結晶星団、果てしなき、ゴルディアス、虚無回廊1〜3を
買って、再読したんだけど、

なんの苦労もなく、手軽に買えて便利だったぞ。

#おんなじ調子で、書籍扱い以外のマンガを
#購入できたら、便利なんだが

263 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 02:29
オンデマンド版で「虚無回廊・V」を買ったら、購入者特典で
特製ブックカバーが送られて来て嬉しかった。けど。
こんなことなら、U、V巻を合本製本にしてもらわなきゃ
よかった。本のサイズに合わない・・・(悲)

264 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/19(水) 11:45
虚無回廊読んでる途中なんですけど、なんか凄いですねえ
・・・。情報量!!歩いて書く百科事典。
SS周辺にいる他惑星生命体の宇宙船との遭遇を、
最高のスタッフとハリウッドのCG技術+日本の優秀なクリエ
イターで映像化してほしいなあ・・・。

265 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 00:02
映画は嫌!
「さよならジュピター」で堪能しました!
(それ以前のは私的には存在してませんっ!)

どうしても映像化するっていうなら
特撮(古っ!)が少々グレードダウンしてもいいから
テレビシリーズでやって欲しい!
スタートレック(←一発変換!)程度の映像でもいい
から。

景気がいい時期のNTTみたいなところが
スポンサーにでもなってくれれば・・・

266 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 00:51
さよならジュピターは、あれで結構当時の日本SFの人が総動員って
感じだったけど…。トホホ…。

267 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 01:34
三浦友和とディアンヌ・ダンジェリー(だったかな?)
のあのシーンで泣きそうになった。
「さよならジュピター」は。

サンケイ出版の本に載ってた宮武さんのデザイン画で
もってたメカ描写への期待も裏切られたし・・・・

268 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 03:59
映画もそれほど悪くもないですよ。
でもさよならジュピターの木星のガスのシーンや
ジュピターゴースト出現シーンってけっこうおもしろく
ないですか?映画自体はトホホだけど(笑)
あと映画の首都消失、好きです(*^^*)小説とあんまし
ストーリー沿ってないんだよな、アレ。
復活の日は名作だと思うし。

269 :名無しさん@1周年:2000/07/20(木) 11:02
虚無回廊読了。
一般宇宙言語のパートとか、宇宙人のしゃべくるSS成立の概念とか、
まったく理解できなくて降参。他作品はわかりやすくて面白いけど今回
は偏差値高いわ。まあ解らないなりに面白いのが小松作品のすごいとこだが。

映画化は反対!小松氏の作品のおもしろさは、文章のおもしろさ、小説ならではの
トウトウたる台詞の長まわしにあると思う。映像化されるとただの特撮ショーに
なってがっかりする。
虚無回廊の映像化はちょっと想像できないが、するなら、
アニメのテレビシリーズあたりが一番適してるのか?


270 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 13:10
映画化しなくていいからあのSSの圧倒的なイメージを
ちょろっとだけ莫大な制作費をかけて映像化するだけでも
おもしろいと思う(夢のまた夢だけど)
ぜひ見たい!SFマインド爆発のワンシーンを。


メカは大友克洋なんて駄目???駄目そうだな・・・(汗)
でも他に今いそうにない。

271 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 13:13
間違ってsageちゃった

272 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 19:54
件の母
あたりなら邦画界でもまともに創れるのじゃないだろうか?

273 :名無しさん:2000/07/20(木) 20:17
ホンモノのくだんちゃんが生息してることですし〜(笑)
なにもほんとに牛追い祭の街へ行かなくてもイイのに……ジョー氏の陰謀か!?

274 :名無しさん@1周年:2000/07/21(金) 03:21
邦画界も捨てたもんじゃないよ。
日本SFに小松さんがいるように。
今はどうか知りませんが・・・。リング好きっす。
まめつまをドラマ程度でやって欲しい。

275 :名無しさん@1周年:2000/07/21(金) 21:20
「くだん」だったら映画向きだし、うまく作れば叙情的なすごくいい作品になるのでは?
でもみんなオチ知ってるからなー。

ところで大昔にビデオやで「小松左京のSF劇場」みたいなタイトルのアニメがあったんだけど
だれかしってます?たしかテレビ大阪だかの製作だった。

276 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 23:44
「くだんのはは」って
漢字混じってなかったっけ?平仮名だけ?
手許に本がないので確認でけんのです。

277 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 23:47
275さん<星さんのショートショート劇場ならガイナから
出てるって話聞いたけどしらないなぁ・・・。

日本SF大賞って完結してないと取れないんでしょうか?
「虚無回廊」には何か賞をあげないと駄目。
あと過去の作品にも賞与できる賞ったりますか?
「果てしなき〜」ももっと知られてほしいなあ。若い人にも。

278 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 00:14
そういえば「果てしなき流れの果てに」っていろんなところで
文庫化されてるよね。
…角川文庫、ハヤカワ文庫、ハルキ文庫、徳間文庫。他にもあるかな。
やっぱ、名作ってことだよね。自分は角川文庫版で読んだよ。

279 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 00:36
>276
「くだんのはは」はひらがなのはず。
理由は述べない。

280 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 00:50
ああ、そう言えば漢字で書くと・・・・

そうでしたそうでした。

ありがとうございました。胸のつかえがとれたっす。

281 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 01:43
前々から「果てしなき流れの果てに」は名作だと聞いていたのでハルキ文庫で
出たときに早速買って読んでみましたが、どこが面白いかさっぱりでした。
なんかごちゃごちゃな感じで……

どなたか、どこが面白いのか説明して頂けませんか?

282 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 03:10
映画化するなら「明日泥棒」なんかも面白いかも。ちょっと時代背景を
現代にアレンジしないといけないだろうけど。

283 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 03:42
>281 短編のほうが面白いかもよ。

284 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 03:44
映画の「さよならジュピター」はともかく、原作の小説は面白いと思う。
当時は上下巻ともベストセラーになったんだよね。出版は映画公開前だけど。
あんな宇宙未来SFがベストセラーになったのは凄いと思う。

285 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 05:22
281>「果てしなき〜」
俺は、終わりよければ全てよし!だからね。途中俺もつまんなか
ったがラストが良いので。なんちゅーかSFマインドがあるん
だよね。
「これはSFだ!!」って感じさせる何かが。
あれはやっぱ名作ですよ。パクリなんていっぱい出た。
あの宇宙のイメージなんてドラえもんのタイムトンネルとか
(笑)合ってないか・・・。

小松さんの長編で娯楽を求めるなら「虚無回廊」
読むと止まらないはず・・・。しかも絶品のハードSFですよ。

286 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 07:22
今でも売ってるのか知らないけど「日本アパッチ族」
は(古いけど)頭空っぽにして読む分には楽しめる
と思う。

おれ小学校の6年生位で読んだけど柔らかい鉄って
食えるんだぁ、と感心して読んでいた。<阿呆

287 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 09:39
「果てしなき・・」はお話の面白さより、イメージの物凄さをたのしむ
作品だと思う。どうにもならない世の中の「仕組み」に健気に抵抗する
レジスタンスの描写が切なくて・・。それだけに、「みんな一生懸命生きてれば
それでいいんだよ」みたいなラストに涙してしまう。

「日本アパッチ族」は小説として驚くほど「普通」にまとまってるので、
ホッとするような物足りないような・・・。


288 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 12:55
やっぱみんな結構あれをおもしろさよりもイメージ(僕はSF
マインドと表現)を楽しんでたんですね。
「果てしなき〜」は。
あの果てしない場所(時間)にあらがって、上り詰めて
最後は寸前で落ちてゆく・・・ってとこなんてたまらない。
あとラストのセリフの演出とかエピローグ1、2ですね。
そうゆうとこを誉められるこの作品は評価が危ないですよね。


ちなみに僕が楽しめなかった名作と呼ばれる作品。
「百億の昼と千億の夜」なんかとっつきにくい・・・。
読むのしんどかった(果てしなき〜もそうだったくち)
これから虚無回廊の続きを読もうかな〜・・・。

289 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 15:57
私は「果てしなき流れの果てに」はメチャメチャ面白かったですよ。
あまりの面白さに一気に読んで、読後は呆然。
魅惑的なイメージも波乱万丈のストーリーも良かったけど、
やはり壮大なテーマに圧倒されました。

でも好みの問題があるから、読んでつまらなかった人に、
その小説の面白さを説明するのはむずかしいですよね。
無理に面白いと思わなくてもいいだろうし。

290 :maru:2000/07/22(土) 17:27
虚無回廊は設定的に、A.Cクラークの宇宙のランデブーに似ている。
しかし、スケールは虚無の方がでかい。収拾がつかなくなっている。
生存中には終わらないのでは。
奇想天外の短編も好きだが、やはり、ハードSFこそ本領発揮できると思う。
虚無回廊3読みたいが。書店に見つからないよ。


291 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 17:55
http://shop.bookpark.ne.jp/sakyo/index.asp?rf=

ここで購入する手もありますよ。「虚無回廊3」

292 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 18:41
「虚無回廊」ってなんだか
「キャッチワールド」と「宇宙のランデブー」を
足して二で割って小松さんの脳中にパラパラ撒い
て前頭葉を開かせてもらって賞味している感じ。

良い!

293 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 18:42
前頭葉じゃなくて頭蓋だね。まちがっちった。

294 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 22:45
>291
はじめて見ました。いずれ全著作フォローされるんですかね。
買いやしないけどなんかうれしい。

295 :maru:2000/07/23(日) 01:59
虚無回廊もすごいが、「こちらニッポン」というパニック的なSFも良かった。
数人を残して、日本人が消滅してしまったところで、人を探しに冒険するという
サスペンスある小説です。



296 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 06:41
え、俺虚無回廊こそハードSF世界一と思うんだけど・・・。
言い過ぎ?(笑)
いや、二巻の盛り上がりは俺の中で尋常じゃなかったよ。

ハードだけど娯楽性を備えてて小松さんの長編(コムズカシさ。
演出の旨さ。ハードSF)と
短編(娯楽性。途方の無さ。展開の妙)の良さが凝縮されてる。


297 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 07:21
291さんの小松左京スペシャルインタビューを見た方
内容をさわりだけでも教えてくださいm(_ _)m
今執筆中なのか・・・とか近況とか知りたいです!

298 :虚無回廊III:2000/07/23(日) 13:27
巻末インタビューと称し、
12年前の対談記事でページ数を稼いでいるようでは、完結は絶望的っつーか…。
ちなみに、その対談記事中で「そろそろ再開の予定で…」ってな事を言ってるのが
笑える。

299 :名無しさん:2000/07/23(日) 14:49
>>298
>ちなみに、その対談記事中で
>「そろそろ再開の予定で…」ってな事を言ってるのが
>笑える。

お前仕事できないだろ。
とりあえず。事実関係はの時点比較ぐらいしてみろ。
馬鹿。

300 :>299:2000/07/23(日) 18:42
ま、とりあえずそう興奮するなや(藁。
「事実関係はの時点比較」なんて、何を言っているのか判らんぞ。ぷぷっ。

301 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 18:53
虚無回廊3巻の巻末に、堀晃との対談があるのは事実でしょ。
で、その対談はSFアドベンチャー1988年11月号に掲載されたモノ。
#で、それは実は更に1981年の「小松コン2」での公演より抜粋なんだがね。
298はSFアドベンチャーの事を言っているんじゃないかな。

302 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 20:58
やめてー!あれないで!

303 :ともかく:2000/07/24(月) 12:06
沢田先生や中西社長あたりが中心になって、
完結させる「システム」を構築中と聞きます。

304 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 17:34
誰かスペシャルインタビューへ行けた人いないの?
いたら教えてください。おねがいします。

305 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 23:29
299は逃げたか…(藁

306 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 00:58
週刊読売で毎週なんか載せてるね。
対談記事。

307 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 15:58
306<内容を教えて下さい!

誰か小松さんのスペシャルインタビューを見た人はいないのかー
!?
居ないかな・・・。


308 :306:2000/07/26(水) 00:11
307>
現物買いなされ。
駅の売店で350円でおいてあると思う
ヨミウリウィークリーって名前のやつ。350円。


309 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 05:49
スペシャルインタビュー知りたいなあ・・・。
虚無回廊はどうなるんだろう。

310 :名無しさん:2000/07/27(木) 03:08
学校の教科書、理系の現代文には「霧が晴れたとき」
が収録されているが、何故か文系クラスの教科書には
未収録。教科書違うというのもあれど。

311 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:19
310<うちの教科書に「逆さに地図を眺めてごらん」
ってゆうエッセイ?が載ってるよ。

俺的には「影が重なる時」を載せて欲しい(笑)あれは
名作だと思う。

312 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 08:22
>310
すごいですね。高校の教科書?
小、中で小松なんか読ませたら不良になるぞ(笑)

313 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 15:02
312<筒井読ませるよりはずっとましですよ、犯罪起こす
から(笑)

小松さんを読ませたら不良より宇宙の事象全てをエロで
定義する学者が生まれそう(笑)

314 :名無しさん@一周年:2000/07/27(木) 16:35
日本アパッチ族

315 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 17:28
も面白いよね。

316 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 23:16
日本アパッチ族は 植木等主演で映画化される話もありましたね。
確か監督が 「独立愚連隊」「日本の一番長い日」「大誘拐」の岡本喜八さんだったような・・・

今のCGの技術で 当時の映画界の力があれば面白い映画になっていたかも。

317 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 00:27
岡本喜八だったらかなり面白かったかも。
でも植木等はどうなんだ。やっぱり大酋長の役なのかな。
映画にならなくてよかったかも・・。

318 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 00:38
312>
そうそう、高校の教科書。


319 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 16:10
虚無回廊4巻はいつだーーーーーーーー!!!!
小松さん書いてるのか!?でもあの方書くの速いから
思ったよりすぐ出るかも・・・?

320 :とまれ……:2000/07/28(金) 21:18
さらに上の階梯へ……

321 :HIR:2000/07/29(土) 00:51
待てど暮らせどって感じですね
まぁ、死んだって話は聞かないから生きてるんでしょうけど、
気長に待ってればそのうち出してくれるかと思います

322 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 10:36
欝も直ったって話だしね(笑)
欝の原因はやっぱり虚無回廊?

しかしこのスレ、いつも上にあるね。見つけやすい。

323 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 22:51
「こちらニッポン」読了。
結局あれは小松左京が犯人ということ?かーなり苦しいラスト^_^;

324 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 02:11
323>
あくまでシミレーション的なものだから。


325 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 10:47
古本屋で角川の「牙の時代」購入。
腹黒汁でまくり系の短編網羅したかなり濃い(ちょっと筒井はいってる)一冊だ。
表紙の気持ち悪さもなんか本編とマッチしてて、なんともいえない読後感。

こういう変な短編もヨロシク!>ハルキ文庫

326 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 14:30
そうそう。気持ち悪いやつもほしい。
小松さん、そうゆうの書いてるからね。


327 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 20:55
小松左京の小説のセリフで脳ミソに残ったのは?
俺は

「それは長い長い・・・夢の様な・・・いや・・・
『夢物語』です・・・」

もう「果てしねーーー!!くうぅーー」って感じで(笑)
セリフも立派な演出ですよね。

328 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 00:34
>327

私はそのちょっと前の、
『野々村さん?』(原文傍点つき)
というところ。

おばあちゃん萌え〜(笑)
それ以後年寄りにやさしくなってしまったよ。不覚。

329 :日本沈没:2000/08/01(火) 10:55
「私は・・日本列島に恋をしたのです。」

田所博士と渡老人のやり取りがしゅき。

330 :シュミレーションSF:2000/08/01(火) 16:51
同じく田所博士で
「つまり・・・このつっかえ棒がなくなったら、どうなるって
ことだよ!!」

真似しました(笑)
あと首都消失の「力場ですかね?」
なんか好きでまたまた真似してました。

331 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 15:13
「うちのにょうぼにゃひげがある」

332 :老人:2000/08/02(水) 20:03
「なぜだ?生命で知的でないものがあるかね。」

333 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 11:20
買えない角川春樹本、ついに自前で直販はじめましたな

<a href="http://www.kadokawaharuki.co.jp/">http://www.kadokawaharuki.co.jp/</a>

明日はSF大会だ。小松の御大も来るらしいから楽しみだな

334 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 18:36
333<小松さんの動向レポ、この田舎者のためにたのみ
ますm(_ _)m

335 :彼方へ:2000/08/07(月) 04:15
「『直径六十億後年のふぐり』……『キンタマ』……」


今でもウケます(笑)

336 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 17:38
ちょっとだけSF大会レポ。

小松さんと とり・みきさんの座談会(対談?)あり
深海から宇宙まで どこまでも広がる話に絶妙のツッコミを入れる
とりさん。
サイン会も長蛇の列で、サインもらえずに悲しく帰った人多数。

337 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 05:42
336<ありがとーーーー。小松さん元気だったのね。
虚無回廊については何か語ったのでしょうか?
まだやれるのでしょうか?

サインもらいたいな〜・・・。
もうおじいちゃんになってしまったのね・・・。スーパー頭脳
を持った・・・。早く書いてくれぃ!

338 :ゼロコンで:2000/08/08(火) 18:20
小松先生見かけたけど、痛々しいほど年取って精気が無かったねえ。
70年万博の頃の脂ぎって燃えていた小松先生はどこへ行ったのか。
もう燃え尽きてしまったのかなあ。

339 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 02:06
最後の力をふり絞って書いてほしい。
俺の本とかで痩せた年寄りになってたのを見て
「果てしなき〜だ」と思ってしまった。もうボロボロって感じ
で。
人生の最後の最後に、希有壮大な『夢物語』を書いてほしい。

340 :神への長い道:2000/08/09(水) 09:14
「宇宙よ・・・しっかりやれ」

341 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 11:57
「小松よ・・・しっかり書け」←虚無回廊

342 :「地には平和を」で:2000/08/09(水) 20:58
「なぜ歴史はひとつでなければならないんだ」
みたいな台詞・・。

343 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/10(木) 02:57
SSの「むかしむかし」から・・・

『掘れば出てくるぞ・・・』

ゾォォ〜〜〜恐っ

344 :ZEROES:2000/08/10(木) 15:42
『虚無回廊』のはなし
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/39924d17ead2f0105724?aid=&tpl=dir/01/01010800_0020_0000000003.tpl


345 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/10(木) 18:48
もうとっくに死んじゃった人だと思いこんでて、
そーゆーふーに社長に言ったらすごく怒られた。
でもなんかすごく死んでる感じじゃない!?


346 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 00:31
既出だったらすいません。
角川春樹製作、富野由悠季監督、小松左京原作の映画プロジェクトが
進行してるらしいけど、タイトルは?
そろそろポシャルころかなあと思って聞いてみました(笑)

347 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/11(金) 02:30
たしか「さよなら超特急」だったかな。

348 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/12(土) 18:45
↑なにそれ。小松氏の作品が映画になるの?
でも富野由悠季きらーい。

349 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/18(金) 04:46
映画化すんなら虚無回廊しか残されてないし・・・
でもあれを簡単に映画化すんのは恐いよ。

350 :名無しさん@1周年:2000/08/18(金) 07:05
「くだんのはは」やってくれ。

351 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/18(金) 16:31
短編を3本くらいまとめてオムニバスにすればよし。

352 :オムニバスなら:2000/08/18(金) 19:30
「保護鳥」「秘密」「まめつま」「くだんのはは」
で決まり!(ホラー編)

353 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/18(金) 19:50
SFホラーとして「影が重なる時」も入れてほしい。
あれは傑作だと思うよ。

とゆうかSF大会で小松さんのサインの人数を見て、やはり
日本SF界の英雄なんだなと思った。
外国でももっと知られるべきだ。

354 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/18(金) 23:55
なにげにホラー以外ではあんまり絵にして面白そうな作品って
ないかもなあ・・。「結晶星団」くらいか?

355 :名無しさん@1周年:2000/08/19(土) 00:36
「アパッチ族」「明日泥棒」はどうだ。

356 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/19(土) 00:39
やっぱ「見知らぬ明日」でしょ。
あのラストの絶望的な引きは読んでて震えが走ったよ。

357 :名無しちゃん:2000/08/19(土) 03:49
映画化は是非×2「見知らぬ明日」がいいなあ。
冷戦の駆け引きが今更無理だよなあ・・・・・・。
まあ「明日泥棒」か「日本アパッチ族」かな

358 :名無しさん@1周年:2000/08/19(土) 06:30
「エスパイ」設定変えて映画リメイクしてくれないかな。
あと小松左京オリジナル脚本で「さよならジュピター」とか。無理だろけど。
(例の映画のシナリオは、小松左京が書いたのを、別人が3分の1だかに
削った物らしいので)

359 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/19(土) 11:58
「見知らぬ明日」って小松氏なりの「宇宙戦争」がやりたかったのかな。
にしても、お話にひねりが無さすぎてちょっと、、映画にすると「ID4」
みたくなっちゃうぞ。
「日本アパッチ族」はアニメで押井守あたりに撮らせると面白いかも。

360 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 09:18
虚無回廊だって〜。あの恐ろしいまでの壮大なイメージ。
無理だろうけど

361 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 10:58
「日本以外全部アパッチ族」
「虚無以外全部回廊」
「小松以外全部左京」

362 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 14:37
虚無回廊って絵にすると「キャプテンフューチャー」みたくなるんじゃ・・?
ちょっと面白そう。

363 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 14:39
「明日以外全部泥棒」。

364 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 18:03
その「以外」シリーズは小松さんのではなくて筒井さんのに
なるのでは?(笑)

362<んでも虚無回廊のSSに使われているメカ?は読んでる
と凄い革新的なデザインでなければいけないと思う。
それを映像化してほしいよ。

365 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 22:05
↑永野護だ!あれに書かせるんだ!(漫画で)

366 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 13:22
↑<そのマンが家ってどんなの書いてるの?
なんてゆうマンガ?

367 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 19:55
↑ファイブスターストーリーズ。
前衛的なロボットがいっぱい出てくる漫画。

368 :名無しさん@1周年:2000/08/22(火) 01:12
↑困る。またファイブスターストーリーズの連載が遅れるじゃないか

369 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 12:28
映画よりマンガの方が映像的な可能性が広いと感じるのは
おれが日本人だからかな?


虚無回廊を読んだ時、映像は文字に勝つことが本当にできるのか?
と思った。

370 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 18:41
虚無回廊が完結して凄かったら小松さん長編部門1、2位
独占できるかな?
短編部門、作家部門で独占してるからどうでもいいけど。
ショートショート部門あったら星さんだろうけどね。

371 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 19:47
アンジェラがHE2をおいかけるとして、SSまで到着するのに、かなりの時間が経過するが、今の話の進みかたで持つのだろうか。
SS内部で、まだ数日しか足っていない。

372 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 21:19
焼跡のお骨拾いがお役目になるのでは?

いや、なんとなく・・・

373 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 21:25
虚無回廊ってやっぱり恋愛小説として完結するのだろうか?
「果てしなき・・」みたいに。
そういうユルイ終わり方のほうが自分はちょっとホッとするかも・・

374 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/24(木) 04:36
やっぱ果てしなき〜のあとがきで小松さんが言ってた
「果てしなき〜のグレードアップバージョン」みたいなんじ
ゃない?壮大な宇宙叙情史みたいな。

そのゆるいに弱いんだよなぁ〜・・・

375 :名無しちゃん:2000/08/24(木) 04:37
熊本駅のコンビニで日本アパッチ族があった。
映画化? もしや小松さんの女性って
なんか他のSFに比べて違和感ないよね。

376 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/24(木) 10:01
遅ればせながら、虚無回廊IIIやっと買ったよ。
やっとタイトルの由来が出てきて、嬉しかったなぁ…てっきり
「何もないガランとした淋しい空間」を想像していたんだけど、
あんな壮大なビジョンのタイトルだったとは。
池を渡って行く亀の話がもう一度出てきたのも、好き。

…で、IVはいつになるんだよぅ。


377 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 18:45
376<それが問題だ・・・


小松さん!!
書き上げてから死んでSF界の神になるのだ!!!

378 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 19:27
「女シリーズ」とかって女性が読むとどうなんだろ、不快にならないのかな。
他作品でもひたすら「待つ女」的な描写が多いしね。>375
まあ男のキャラクターもみんなマッチョなのが多いけど全然気にならん
けどな。



379 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 20:11
SSが太陽系に突入して、アンジェラが迎え撃つのでわ。

380 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 23:59
「虚と無を結ぶっていったいなんなんだーー!}

381 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 11:05
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=anime&key=967216634&ls=50

382 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 13:41
↑なんだそれ?超巨大天体物体か?

383 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/27(日) 19:16
あげ

384 :名無しさん@1周年 :2000/09/05(火) 19:31
あげ

385 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/08(金) 22:32
日本沈没の中のセリフで
中田:「たしか、ウースンの向いだったな」
幸長:「それがどうかしたのか?」
中田:「いや・・・なんでもない」
とか
国連の日本救援対策委員長の
「・・・失礼、これはザンビア代表からの個人的なメッセージでした」
とか微妙にひっかかる所がいくつか出て来る。
ひょっとして、この頃から第2部の伏線はってたのかなあ?


386 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/09(土) 00:18
「ドントラッシュ,マターリ,マターリ」


387 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/12(火) 18:13
虚無回廊でもアンジェラの死ぬ前の
アンジェラAEにたくされたメッセージで主人公が泣いた
とか
その内容は?
みたいな複線になりそうなのあるよね。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/13(水) 17:32
虚無回廊3巻いまさらながら入手(涙)
さあ読むぞ!!!

389 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/13(水) 17:55
小松さんのあとがきみてると
この人は一生青春みたいな人生送ってるなぁと思うよ。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/14(木) 03:03
そうだな。もうあの人一人にSFをたくすよ。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/18(月) 03:10
小松左京賞ってどうなんでしょうね〜。
ってスレあるか。
賞金100万円……。小松さんが選んだのか。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 05:46
ハルキ文庫で補管しきれてないなと思う話ってあります??
当然ありますよね?
まず時魔神。
あとはあります?

393 :名状し難き名無しさん :2000/09/22(金) 18:09
「静寂の通路」ってあったっけ。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/23(土) 04:33
ありましたよ。

影が重なる時は凄く良いと思うけど、角川ホラー文庫済。
あとは・・・
「ウインク」
「眠りと旅と夢」←これ凄い。

395 :名無しのオプ :2000/09/23(土) 16:10
>名無しは無慈悲な夜の女王さま

「眠りと旅と夢」ってどんな話でしたっけ。
ネタバレになりそうでしたら
入ってる短編集だけでも教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。


396 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/23(土) 16:25
あげ

397 :394 :2000/09/24(日) 03:38
395さん<ケイブン社文庫の「アメリカの壁」
に収録されてました。インカ文明で完全な密閉状態のミイラ
が発見されて、ラストはお馴染みの小松宇宙論・・・です。
凄いです。傑作ですよ。なぜのらないのかは、選者が忘れて
いるからでしょう。

あと「飢えなかった男」
角川文庫の「ウインク」はみんなおもしろいですね。


398 :11 :2000/09/24(日) 03:40
「出て行け!」も面白いSS?です。掌編かな。
小松さんはSSより掌編におもしろいのがたくさんある。
「時魔神」なんてその良い例ですね。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 05:45
あげ

400 :1 :2000/09/28(木) 19:30
もっとない?

401 :本日 :2000/09/29(金) 16:38
東京会館で授賞式です。
ハルキ先生、オーラ張りきってます。

402 :qqqq :2000/09/29(金) 19:55
小松さんも当然いるんだよね?

ハルキ文庫で「夜があけたら」にある対談で「こちら日本」
の話が出た時、小松さん話をそらしてた(笑)
やっぱり駄作に入るのかな・・・。

403 :名無しさん@地球 :2000/09/29(金) 22:59
遅ネタで申し訳ないんですが、ようやく「虚無回廊V」を手に入れました。
リブロでは扱ってないと言われるし、紀伊国屋も丸善も在庫なしだったんで
最終的にはインターネット上の「本やタウン」で個別注文。
もっと営業に精を出せや>角川春樹どの

404 :ZEROES :2000/09/30(土) 11:33
>「果てしなき流れの果てに」をアニメ化するそーな。
http://www.asahi-net.or.jp/~wf9r-tngc/nikko.html?09300131


405 :だって、アノ「果てしなき〜」だよ? :2000/09/30(土) 17:18
>「果てしなき流れの果てに」をアニメ化する

エッ、ウソ! つーか、できんの? つーか、無理だって!
ゼッタイ、駄作決定! レンズマン並みだって!きっとね。

406 :名状し難き名無しさん :2000/09/30(土) 21:28
まじで?信じられない!
期待より不安のほうがおおきいなー。色々いろいろイロイロと
注文がわきあがる。でもなーガンダムの人かー。
誰に作ってほしいの、といわれても思いつかないけど・・。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/30(土) 21:33
>404
アニメ板とシャア専にスレあるけど、反応にぶい。
アニヲタは小松のこと知らんみたい。

でも富野は期待してもいいかもよ?

408 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 22:51
でも見てみたいね
映像は文章を超えられるか?

409 :むかしむかし :2000/10/02(月) 10:50
SKDの母体だったOSK(身売りして日本歌劇団)が
「果てしなき流れの果てに」をミュージカルしたそうです。
関西の友人が見て、絶句してました。

410 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 14:55
>409

徳間文庫版の巻頭に写真が一葉ついているね。

411 :ニッポン名無し族 :2000/10/02(月) 18:13
>409
TVで観ました。絶句して10分で消しちゃいました…。

412 :角川ハルキ氏 :2000/10/03(火) 10:25
は無罪確定なの?
なんか小柳ゆきって、ハルキ氏の直弟子だそうで。

413 :UP's :2000/10/03(火) 10:49
キングコング…。

414 :222222 :2000/10/04(水) 00:53
果てしなき〜は映像化不可能でしょう・・・。
虚無回廊も無理っぽい。
やはり映像が想像を越えることはありえないのかも・・・。
リアリティが負けてしまうし、「説明」ができないから。

415 :名無しさんだよもん :2000/10/04(水) 03:00
説明はナレーションでOKだべ(藁。
ただ、小松左京はよく文中で「―」で囲って余談つーか
マメ知識を挿入するから、その辺を映像でどうするのか…。

416 :かあああ :2000/10/05(木) 17:07
とりあえず角川春樹さんに宣伝の要求と
小松さんに続編の執筆依頼の手紙でも書くか?(笑)
本当にやったら日本SF史に残るかも・・・??

417 ::2000/10/08(日) 19:13
昔小松さんのとこに「日本が沈没するって本当ですか!?」
と電話してきたのが日本SF史の残ってるよね(笑)
当時にあの小説を読んで騙されるってのも考えられないこともない。
映画とリアリティ全然違うもんな。資料の小量が。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 21:38
>415
>説明はナレーションでOKだべ(藁

ワハハハ、デワ、アニメ版「銀英伝」ヲモウ一度見ナケレバナラナイノカ?

419 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 23:45
ナレーション一切なしで即物的な映像のみでやってほしい。
わけわかんなくてもいいから。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/09(月) 05:15
SSをうそでもいーから見てみたい(映像のこと)

421 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/12(木) 04:22
果てしなき…は、キューブリックなら見たかったよなぁ。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 03:23
日本人がうそ話に何億円も注ぎ込もうとしないからSF映画
は難しいよね。しかもこのご時世。
キューブリックなら違う意味でのアホだから何億もかけて
小松さんを満足させられたかもしんないね。

423 :??? :2000/10/13(金) 14:38
「果てしなき流れの果てに」って、OVA「トップを狙え!」最終回サブタイトルでしょ?
あれを映画にするの?


424 :一応まじめにレス    :2000/10/13(金) 22:53
「トップ」のタイトルは、小松左京の著作からいただいてるのです。

425 :ききこ :2000/10/14(土) 02:07
「果てしなき流れの果てに」っていう日本SFの名作中の名作
があるよ。
しかしトップの方も名作だと思うな。あれなら使っても良い
って思うよ。

426 :うあな :2000/10/15(日) 18:36
そういえば「ゴルディアスの結び目」って読む順番とか
ありますか?
実はまだ「岬にて」しか読んでないです。

427 :まじめにレス    :2000/10/15(日) 22:23
掲載順によんでくのが味わい深いのではないかと。「岬にて」はよくわかんなかったけど。


428 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 22:29
ハルキ文庫版「題未定」発売!

429 :u :2000/10/16(月) 00:45
↑もうちょい詳しくお願いしまっす!

427さん<岬にては一番早かったです。本の通りに読むと
時代が少し狂ってしまいます。どうなんでしょう??
岬にての感想「アイデア無しで描写だけでSFをしてしまう
とは・・・!!」

430 :un :2000/10/16(月) 00:49
↑もうちょい詳しくお願いしまっす!

427さん<岬にては一番早かったです。本の通りに読むと
時代が少し狂ってしまいます。どうなんでしょう??
岬にての感想「アイデア無しで描写だけでSFをしてしまう
とは・・・!!」

431 :>424、425 :2000/10/16(月) 15:27
「トップを狙え!」が最初です。
それをミュージカルにしたのが「OSK日本歌劇団」です。
小説はミュージカルのノヴェライゼーションです。

ニャントロ星人が、電波でそう言ってました。


432 :何資産 :2000/10/16(月) 17:13
431<俺の近所に住んでるな!?


ゴルディアスの結び目読んだ。凄いとしか言い様がない。
麻痺してきてその凄さもわかんないくらい小松さんの読んでるし。


433 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 21:52
>429
詳しくといわれても・・・
14日発売のハルキ文庫の新刊に「題未定」があったんです。
買ってないけど。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/17(火) 00:57
文春文庫だったかで、昔読みました。<題未定
再読するには値しない。

435 :かか :2000/10/17(火) 03:47
そんな題未定って駄作なんだ。こちら日本より?

436 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/17(火) 05:41
小松左京本人が主人公になって、事態収集にドタバタするという…
手塚治虫で言えば『バンパイア』『サンダーマスク』みたいな作品?
でしょうかね。>題未定
駄作とは言わないけど、まぁファンが読むものかな。
特にお薦めはしませんです。

437 :確かに :2000/10/17(火) 11:52
「果てしなき」はアニメにしにくい。
では、どの作品なら、実写ではなくアニメにむいているでしょう?

438 :  :2000/10/17(火) 12:11
「日本アパッチ族」が理屈っぽくないのでいい。
もしくは逆はって「ゴルディアスの結び目」の連作なんか意外にアニメ
向きかも。「すぺるむ・さぴえんすの冒険」をみてみたい。

439 : 名無し :2000/10/17(火) 14:54
本屋いったら「題未定」がうってた。ハルキ文庫はえらい。でも買わない。
あとJBOOKで検索してみたら「小松左京アニメ劇場」てのが売ってた。
ちょっとみてみたい。

440 :う〜ん :2000/10/18(水) 03:51
題未定は駄作か・・・。
小松左京の最高傑作は、今のところ果てしなき〜なんでしょうかね?
それとも終わってないけど虚無回廊?
早く終わらせてくれ〜・・・。

441 :はしたなき質流れの果てに :2000/10/19(木) 15:35
アニメの原画は「しりあがり寿」と言う噂と、
「とり・みき」と言う噂が…………。

442 :ななし :2000/10/19(木) 22:46
↑どっちも嫌(笑)
どうなんかな〜・・・。

443 :ちがいうでしょ :2000/10/20(金) 09:19
脚本は橋本忍で
原画はモリミノルだと聞いています。

444 :っま :2000/10/20(金) 18:09
モリミノル!??
あの手塚治虫のライバルになったかもしれないという(笑)

445 :undefined:2000/10/23(月) 18:56


446 :ぃk:2000/10/24(火) 13:39
友人に小松左京勧められたんですけど、まず初心者が読むには
どれからが一番良いでしょうか?
そいつは「果てしなき流れに果てに」って言います。
どれが良いと思いますか?

447 :名無しより愛をこめて:2000/10/24(火) 20:03
長編より短編のほうがとっつきやすい。
ハルキ文庫の「物体O」、角川ホラーの「霧が晴れた時」などがよーい!

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/24(火) 20:45
>>447
同感。初心者は短編読め!

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 04:48
長編では「復活の日」がすごく好きじゃあ。
12歳の時に読んで衝撃を受けた。
SFがもっとも面白い年齢、それが12歳。
ジュブナイルでは「青き宇宙の冒険」が好きでしたよ。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 05:00
SSって宇宙のゴキブリほいほいだと思う。
(ここで私は額に手をやっております)

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 05:33
過去スレ読ませていただきました。
今から20年前、中学生の時分に随分と小松作品を読んだものです。
その記憶が怒涛のごとく甦ってまいりました。
私も「果てしなき流れの果てに」が一番好きな長編です。
壮大で切なくて・・・。

452 :jqks:2000/10/25(水) 17:41
傑作とされる、青き宇宙の冒険について情報きぼーん。


俺も果てしなき〜の凄さを日が経つにつれて強まっていく・・・。
すんげぇよな。。。

453 :名無しの惑星:2000/10/26(木) 18:34
俺は果てしなき〜とかSF短編よりもまずお笑いをススメル。
こんな俺はオヤジ趣味かも。

454 :件の名無し:2000/10/27(金) 01:30
>>448
同感。上級者は精子食え!

455 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 02:41
>452
ジャリ向け。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 04:33
「焼くと苦いんだよ。でも、蛋白質だからな」
そんなもの食うなよ。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 07:10
SFおもろ放談だな
あれはわらた〜

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 18:11
>452
「青い宇宙の冒険」
中学生の頃読んですごいおもしろかった記憶があります。
あと「見えないものの影」も。
昔のSF作家ってジュブナイル上手い人多かったけど、
小松氏もその例にもれず。
「空中都市008」も読んでみたいな。

ところでハルキ文庫から、噂の怪作「題未定」が出ましたね。
読んでひっくりかえった。ほんとに小松左京本人が大冒険してるんだもん。

459 :>449:2000/10/27(金) 23:20
「復活の日」について語りたくなった。以下衝動のみで書く。
ここ2、3日好きなとこだけなんべんも読み返している。
正味2〜3ヶ月で世界を滅ぼすってすごいよな。
核戦争とかで一瞬に蒸発するならまだしも、2〜3ヶ月って嫌な間だよな。
世界がリアルに崩壊してくサマって、この作品が一番だと思う。個人的には。
アヒルが死んで「これから悪いことが起きるだよう」と泣いた中国の老人とか、
気がつくと朝の山手線が異常にすいてたりとか、
巨人−大映戦が両軍インフルエンザのため中止とか、
「水平線の向こうから煙が見える。九州は火事らしい。屋久島の島民は9割が死亡、
自殺者も多数。生き残った連中は海辺でなにかおがんでる」とか。なにおがんでんだよう。
最後に近い生き残りの女が若い医者に向かって「てるてる坊主」歌ってやるとこなんて
日本沈没のラストで摩耶だか摩耶子が八丈島の伝説を小野寺に聞かせてやるところと
オーバーラップした。
エンディングで吉住がワシントンからホーン岬まで歩いて帰ってくるのに、途中で
フロリダ半島に迷い込んだのも、「このおっさん、芸が細かいわー」と感嘆したものだ。
くそ、映画のやつも見たくなったな。あの主題歌もっぺん聞きたいわ。
映画ではヒロインの役オリビア・ハッセーがやったけど、原作ではデブのおばさんだった。
やべ、俺大分興奮気味だわ。とても人に読ませる文書じゃないわ。卯津田刺尿。

460 :かき:2000/10/28(土) 01:23
今だに病院とかでマスクしてる奴が多いと思い出すよ。

461 :あげ:2000/10/29(日) 01:59
弟子「かすみ食いすぎておな出そうだ、しちまえ」
ぶっ
仙人「こらっ!なんてはしたない」
弟子「そんなに怒らなくてもいいじゃないですか、おならぐらいで」
仙人「バカ、『うんこ』もらすやつがあるか!!」

462 :あげ労:2000/10/29(日) 15:22
↑だれか知ってる方います?小松さんの作品です。

463 :果てしなき名無しの果てに:2000/10/30(月) 01:53
小松さん・・・書いてると信じよう。

464 :果てしなき名無しの果てに:2000/10/30(月) 18:24
あげま〜〜す。

465 :ばっかす:2000/10/30(月) 23:18
一回だけスレで触れたひとがいたけど、「飢えなかった男」いいっす。

「物体O」もそうだけど、突然出現した人間の理解を超えたモノに対して
必死に解明しようとしていく話はいいなあ。
解明が進めば進むほど絶望が広がっていく感じはゾクゾクしてくるし。

あ、でも「時間エージェント」なんかの「真珠湾を奇襲しようとした連合艦隊
が途中で暗号電報『ニイタカヤマノボレ』の意味がわからなくなったので全員
でとりあえず本当に山に登って万歳三唱する」等の馬鹿ネタも大好き。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/30(月) 23:29
なにィー?! そんな話だったのか!<時間エージェント
明日、古本屋で買おうっと!

467 :名無しちゃん:2000/10/30(月) 23:50
>>459
すごく解るその気持ち。
>>465 >>466
「時間エージェント」最高。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/31(火) 01:36
>461
エキセントリック=「易仙逃里紀」ですか?

題未定も「ダイ ミ ティ?(茶飲むか?)」では
なかったっけ。すっかり忘れてる。

>465
時間エージェントはかなりバカです。小松はバカネタも上手。

469 :果てしなき名無しの果てに(もらってくださいw):2000/10/31(火) 01:40
飢えなかった男って完全なハードSFですよね。
さっき気づいたんですけど、「騒霊の時代」を読んでて小松さんの
「ゴルディアスの結び目」に近いことをやってることに気づきまし
た。その頃は1つのネタでもあったんでしょうね。
あと小松さんは「大陸間巡航(弾道)ミサイル」も連発する(笑)
興味あったのかもしれません。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 01:38
小松さんの騒霊の時代と手塚治虫の日本発狂って被ってないか?

471 :へえ:2000/11/01(水) 09:20
小松って人、実在したんだ。
ブラックジャックの脇役だと思ってた。

472 :名無しは誰か?:2000/11/01(水) 17:56
手塚治虫は小松さんもライバルと考えていたようですね。
「日本発狂」も「日本沈没」に対抗?して書かれたものだそうです
が、駄作でした・・・。最初の雰囲気は良いんですが。。。
小松実はどのくらいの実力があったんだろう?
絵はどの程度なんだろうか・・・?

473 :DUNE 名無しの惑星:2000/11/03(金) 16:18
春樹さんがつかまっても出版はだいじょぶなんでしょ?

474 :遊星からの名無しX:2000/11/04(土) 14:55
詳細きぼーーーーーーーーーーーーーーんm(_ _)m

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/06(月) 01:43
知らん。

476 :角川笑点:2000/11/06(月) 13:35
まあ事務所は赤字続きだけど、収監は覚悟してた。
「収監かどかわ」なんちて。
各作家も書店も、事務所支えるって意志表明しているし。
かえって妙な霊感女性につぎこめなくなって、
経営は健全化するのでは?


477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/09(木) 13:49
地球がオレンジジュースに沈んでしまう短編って小松左京でしたか?

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/09(木) 14:26
>477
 そうです。題名忘れてしまったけど。あれに出てくるソーダファウンテン型のジュース自動販売機って全く見なくなりましたね(昔からたくさんあったわけじゃないけど)。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/09(木) 14:39
「ある生き物の記録」に入ってたよね。

480 :我は名無し:2000/11/09(木) 17:29
今月はじめに東浩紀が家に来たって。
殴り込みか?

481 ::2000/11/09(木) 18:37
小松さんに虚無〜を急かせるため手紙とかかきたいけどどうすれば
いいと思う?


482 :あいまいな光:2000/11/09(木) 19:44
ジェインが肉体を持って、良かったのか悪かったのか....

483 :さいはい:2000/11/10(金) 11:43
>481
はやくしないと俺が続き書くぞ。
と脅す。

484 :名無回廊:2000/11/12(日) 21:01
480<どこで知ったんです?

483<あれを続けるのは常人では無理ですよ。

485 :名無し:2000/11/14(火) 03:53
世界の小松あげ

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/14(火) 04:22
勝手に続編を書いて出版してしまうのはどうだろう。
タイトルには著作権ないし。

487 :角川ハルシオン:2000/11/14(火) 09:14
医療刑務所だそうです。

488 :名梨:2000/11/18(土) 21:14
小松左京日本オールタイムベスト長編、短編部門、作家部門三冠制覇
あげ。
「果てしなに〜」と「虚無回廊」で一、二位独占の祈りもこめて
あげ。

489 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 23:12
日本のSFを駄目にした重罪人。
しかもつまらないSFを如何にも最高のSFの様に広めた張本人。
アメリカだったら二流以下

490 :流れよ我が涙と名無しは言った:2000/11/18(土) 23:31
 小松氏は社会派SFですからねー。外国のSFとは趣が違う
ような…。でも「果てしなき…」も「虚無回廊」も違うケド。

 小松氏になんとかして欲しかったのは、日本沈没以外の映画
ですね(エスパイは未見)特に「さよならジュピター」はまぁ
しょうがないとして(何故?)「首都消失」はもう少しなんと
かできたと思うんだけど…あれなら、単なる3流パニック映画
だー

491 :名無しちゃん:2000/11/19(日) 00:53
>>489
アメリカの二流以下のレベルに日本で達するのは
小松くらい…(藁
って、アメリカで一流SFかけるのって誰さ。
個人の好みの問題だねぇ

492 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 07:14
ロバート=A=ハインライン
アイザック=アシモフ
アーサー=C=クラーク
マイケル=クライトン
フィリップ=K=ディック
ウイリアム=ギブスン
その他

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/19(日) 22:21
「虚無回廊」や「果てしなき」や「ゴルディアス」なんて、クラークもびっくりの
素晴らしさだと思うのだが。まあ作品を収斂させようとしない人なので(とくに長編)
好みはわかれるかも。
しかし社会派作品に限ってみてもクライトンの百倍はおもしろいんだけどなー
(はい、好みの問題ですね。)
小松作品でだめなのは映画のほうですね。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 00:59
映画はジュピター以外はタッチしてないので、小松の責任少なし

495 :日本チンモツ:2000/11/20(月) 15:48
岩波新書「物理学とはなにか」
で朝永信一郎が紹介してたけど読んでない。

496 :名無し:2000/11/20(月) 18:58
小松左京がアメリカで二流だなんて思えないね。
虚無回廊と果てしなき〜のイメージ、情報量は世界でも
郡を抜いていると思う。
日本随一のSFを書いている人間に「日本SFを駄目にした〜」
なんてよく言えるな。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 20:21
489はただの寂しいあおりクン

やさしく相手してあげてね?

498 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 23:50
>496さん
情報量が多くても、つまらない作品はつまらないと思うが。
最近見てると、どこかの統計資料や、新聞等に載っている情報を
そのまま丸写しにした様な作品を書いて、それで如何にも優れた作品です。
なんて言ってる様な物が多くて。読んだらつまらなくてがっかりした経験はありませんか。
嘘でもいいから、楽しい作品を見たいのです。
私は、小松左京物の作品は、数冊しか読んでませんが、作品の当たりが悪いせいか、
あまりおもしろいと言う物には出くわしてません。
それから、小松左京氏が日本のSF界を背負って立つ大人物なら、
何故日本のSFがこれほど貧相な状態にあるのですか?
SFアニメやSF漫画があれだけ外国に通用して、どうしてSF本体が駄目なのですか?

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/21(火) 00:37
>>497
わかってるが、話のネタにはなる。

>>498 SFのみならず
小説そのものの減退という問題もある。

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/21(火) 00:50
>498
どのような作品を読んでつまらないと感じたのでしょう?
個人的にお勧めしたいのは、「ゴルディアスの結び目」、「虚無回廊」、
あとはハルキ文庫の短編集数冊ですが、そのへんを読んでまだつまらないのであれば、
残念ながら性格的にあわなかったということで。。。

また、アニメや漫画が云々とのこことですが、昔だったら小説で開花した
才能がアニメや漫画やゲームに流れていくのは仕方のないことでは
ないでしょうか。小松氏の責任がどうこうという問題ではないと思いますが。
小松氏の小説の、「ものすごい情報量の中から浮かび上がる異形のイメージ」
やはりアニメや漫画や他の小説では代替しがたい魅力があると思います。

501 :名無し:2000/11/21(火) 03:56
「果てしなき流れの果て」にはもう行ったの?
あの多次元宇宙論を1つのイメージに収斂してるイメージは
凄いぞ。
「SS」にはもう着いたかい?
マンガやアニメは好きだが、あれを再現できるとは思えないな。
それに彼はどちらかと言えば短編作家だよ。
情報量だけの作品は確かにある。小松ファンの俺でもつまらないの
正直はたくさんある。
おもしろさを純粋に楽しみたいなら、ぜひ角川ホラー文庫
「霧が晴れた時」を勧めるね。
このスレにオススメの短編もあるしな。

502 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 06:32
>500、501
ご意見ありがとうございました。
小松左京さんだけを責めても仕方がない事ですが、
日本のSFがあまりにも元気が無いのには、少し情けなさを感じまして。
日本では、SFではメジャーな作家に成れず、原作者にもなれません。
SF的な発想で売れるのは、他分野からの侵略者ばかり。
何か間違ってると思ったのは、僕だけだろうか。

503 :果てしなき名無しの果てに:2000/11/21(火) 09:07
「果てしなき」は
ミュージカルしか見てない。
原作もあの通りだとすると、絶望するが。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/21(火) 11:51
SKDのミュージカルは原作が何だろうがあんなになっちゃうんだよ。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/21(火) 11:59
>502

> 日本では、SFではメジャーな作家に成れず、原作者にもなれません。

一部を除けばアメリカだってイギリスだって事情は同じだよ。

映画原作というレベルの話なら、SFX技術の差、それを支える
ソフト産業の資本力の差というファクターも忘れちゃいけない。

506 :名無しさん交点:2000/11/21(火) 16:39
コア作家に触発された周辺作家がメジャーになるって、別にSFに限らず普通のことやろ。

507 :名無し:2000/11/21(火) 19:10
>コアに触発され〜
虚無回廊はバビロニア・ウェーブから触発されたっていうしね。
って堀さんはコア??

508 :名無しさん交点:2000/11/23(木) 15:28
コア中のコアでしょう。
だから当然メジャーにはなれない。

509 :名無し:2000/11/23(木) 16:05
でもバビロニア・ウェーブを超えてるから許せるでしょ。

510 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2000/11/26(日) 03:51
いや、終わらせないとそれ言うのは失礼だ<509

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 15:35
早く続きが読みたいです>虚無回廊
あとどのくらい待てばいんですかねぇ・・・

「教養」読みましたけど、虚無回廊の原稿が進んでいるようには思えなかったですからねぇ


512 :しかし:2000/11/27(月) 15:49
「早く書け」とせっついていた角川氏収監により、
のびのびでしょう。
自分では書けないし人に書かせてうまくいくはずもなし。
脱ぐ脱ぐと言ってる清純派みたい。

513 :名無しは誰か?:2000/11/28(火) 02:47
でも書く!って決めたのは今年なんでしょ?
じゃあ準備中ってこともあるよ。

しかし死んでしまったら、それこそ幻の小説だよね・・・。
設定ぐらい残していてほしい・・・と縁起悪いことを言う。

514 :実は:2000/11/28(火) 09:10
エヴァと同じで結果を考えず、アイデアをぶちこんでいた。
だからラストは、ああなる。

515 :>514:2000/11/28(火) 09:46
俺、氏のファンだけどその恐れは否定できない・・・

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 13:39
第一回小松左京賞という帯にひかれて「エリ・エリ」を買った。
まだ1/3ぐらいしか読んでないけど、拾い物の予感がある。
けどここまでの時点では星野氏の「悪魔の星」とも
ダブるんだよなあ・・・。
中盤以降に期待。

517 :ガバロン!!:2000/11/28(火) 21:36
NHK教育で放送中の「狐と宇宙人」age

518 :ガバロン:2000/11/28(火) 21:41
「狐と宇宙人」小松左京、作・演出の新作狂言。

オリオン星雲のあたりに住まいする悪い宇宙人が
地球侵略に来るが狐にだまされて泣いて帰る、おはなし。

519 :ガバロン:2000/11/28(火) 21:45
演劇板の狂言スレに書いたほうが、よかったかな。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/29(水) 09:42
野つぼに突っ込まれる宇宙人の話?

そんな短編あったね。タイトル忘れたけど。

521 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/01(金) 03:20
スカパー、BOOK TV 作家ホットタイム 12月3日出演

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 02:05
なにげに新刊が出ててびっくりした。
「教養」という題(って、いかがなものかと思うが)の、
高千穂遥、鹿野司との鼎談。徳間。
脊髄反射で買っちゃったけど、なんか不安だ。表紙の絵、変だし・・・。

523 :名無しさん:2000/12/02(土) 05:52
522&521さん<情報提供お願いいたします。

エヴァのようなラスト・・・小松さん、エヴァより先に「こちら日本」
という実例があるからなぁ・・・。

524 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 07:48
日本沈没、
あれで小松さんは大作家になりました。
あれで終わっていれば、今頃伝説の作家として語り継がれていただろう。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 15:58
なんで小説を書かなくなったの?
才能の枯渇?
だれか真相を教えて

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:03
万博で疲れたから。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:07
>524
525に書いた通り、作家としては、とっくに終わっています


528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:08
やはり、才能が無くなったんでしょう

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:10
トクマと関係したため、という噂も


530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:26
博覧会関係って本当に文化人の生命を吸い取るよな。
花博の小松も、科学博の手塚、あと井上靖とかも最晩年、なんかに
絡んでいたよね?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 20:16
もう書くことがなくなったってどっかで書いてた。
しかし個人的にはあれだけ書けばもう十分だろう。
せめて虚無回廊はおわらせてほしいが・・・・・

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/03(日) 01:45
「教養」
まだ拾い読みしてるとこだけど、おもしろいよ、これ。
内容は目次を見てもらえばだいたい察してもらえるんじゃないかな。
第1章 生命とは何か
第2章 進化とその意味
第3章 知性と文明
第4章 人工生命
第5章 死を考える
小松さん、うつ病治ったのかな。えらい元気そう。
高千穂「平和というのは戦争と戦争のはざまにすぎないんですよ」
小松「きみはSF作家の割に歪んだ史観を持ってる人だね」
ってとこが(読んだ箇所の中では)おもしろかった。もちろん虚無回廊
ほか自作の話もたくさん出てくる。


533 :名無しさん@1周年:2000/12/03(日) 07:23
小松さんは、ショートショートはあまり上手じゃない。
同年代に星新一とか、筒井康隆みたいな大物がいたら、
比較されて大変だろう。
それに変な作品を書いたら、これまで培ったイメージを崩してしまう。
だけど、最近書かないのは年齢のせいだろう。もうすぐ70だもの。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/03(日) 13:28
最近、って。小説はもう20年ぐらい、新作を書いてないぞ

535 :名無しさん:2000/12/04(月) 03:07
524<日本沈没で終わってたら、ただの流行作家として
扱われてたよ。
ゴルディアスの結び目と虚無回廊は小松左京のSF界での存在
証明だよ。

533<いや、その二人に比べても仕方無いけど、劣らないよ。
ショートショートっていう点であの二人は残ってるけど。

534<まだ二〇年いってないよね・・。あと少し。それまでなん
とか虚無回廊を・・・。

536 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 06:32
いい加減に成仏させてやれよ。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/04(月) 13:53
小松左京はすでに逝き仏


538 :名無しさんだよもん:2000/12/04(月) 15:11
もはや「元」小説家。
漁師でも10年以上魚を釣らなければ元漁師。

539 :名無し:2000/12/04(月) 18:12
書くって言ってるからには信じよう。
あのまま死んでしまわれてはそれこそ俺が成仏できん。
あとがきには一生青春してるよう「なあの感じ」があったし。


540 :名無しのオプ:2000/12/04(月) 20:41
「虚無回廊」だけは完結させて欲しいけど、でももうお年だし、
あまり期待しすぎるのも酷だと思う。もう70最なんだもんね。
たしかゼラズニイとほぼ同い年。この世代に未だに期待せねば
ならないのも悲しいものが。
山田、神林、大原あたりががんばってほしい。(がんばってるけど)

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/05(火) 14:28
ゼラズニイ、もう死んでるぞ


542 :↑あれ? 知らなかったの?:2000/12/05(火) 15:27
生き返ったよ。ハインラインなんかといっしょに。
この前、ゴールデン街で飲んでた。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/06(水) 01:52
>>542
その後、ざぼんでラーメン食ってたとかゆーの
なしな。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/06(水) 14:52
楽屋落ちか?

545 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/06(水) 17:42
ゴールデン街ってのが笑えるな。

小松さんはホントにでかい人やなぁと、最近果てしなき〜を読んで
思った。握手して〜・・・。
したことあるしと!

546 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/07(木) 05:01
最近SF板が熱いのであげ。

小松さんよ・・・しっかりやれ・・・。
                    by「SSへの長い道」

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/07(木) 13:32
だれか、本人になぜ小説を書かないのか、直撃インタビューしてほしい


548 :果てしなき名無しの果てに:2000/12/09(土) 07:20
小松さんの映画で「首都消失」って評判悪いんだな。
俺好きだけど。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 10:15
>>548
 原作は小松さんの社会派SFの才能が爆発したすばらしい物
なんだけど…。映画は単なるパニック映画。小松さんの神髄を
理解してない人が監督したのかな?それとも受けるためには、
そうせざるを得ないと誰かが判断したとか…。
 ラストも納得できん!もっと別の描き方があっただろうに。

550 :軌道名無しさん:2000/12/09(土) 13:59
>>548
僕も『首都消失』の映画は、小さい頃に観たせいか、充分にわくわく
して楽しめました。
大きくなったからビデオで観返したときも、その時の記憶があった
から面白かったけれど…。
例えば今の歳になって初めて観せられたりしていたら、きっと評価は
変わっていたんだろうな…。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 14:53
首都消滅の原作自体、4回目か5回目の焼き直しというか
同じアイデアの使いまわし小説だからなぁ
映画が面白くなかったのもとうぜん

このアイデアの初出は物体Oかな?


552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 15:17
完全に「物体O」でしょう。
でも仕掛けは同じでも「首都消失」は「もし首都の機能が消滅したら」っていう
のがメインのアイデアだから、単なる焼き直しじゃないとは思うけどね。
あれに出てくる中年の新聞記者がカッコ良かったなあ。

553 :名無しより愛をこめて:2000/12/09(土) 16:39
>映画「首都消失」
ストーリーが進むほど
画面がチンケになってくんだもの。

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 18:48
「首都消失」の原作で1箇所わからないところあるので質問。
全国県知事会議の記者会見のとき。さいごに質問した記者が、
「こんご、あの雲が消えて首都の機能が回復したあとにも、この新政府は
法的に有効なのか」という意味のことを言います。そのとき主人公の記者が、
「気づく奴は気づくだろうが、これは重大な問題だ」と言う。
でも、その後この問題については作中で触れられてません。
この質問、なにがどう大問題なのか、誰かわかる人います?
10年来の疑問です。どなたかお教えを。

555 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/09(土) 19:04
そういうの多いからね〜小松さん。伏線の残しとか余韻とか。
やっぱ娯楽の人だよな。
俺もガキの時見せられたせいかおもしろかった。日本沈没よりも。
首都機能が停止したら・・・ってアイデアだけでおもしろいよね。

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 22:01
野暮かもしれないけど僕の考えたことマジレスしていい?
悩んでるみたいだから。
>>554
首都の政府から正式に権限委譲されたわけじゃないからねぇ。
臨時に結成されたわけでしょ。
首都消失中に全国的な政策を立てざるを得ない場面がくるかも
しれないし、そしたら仮に首都が復活した時にどうなるかって
問題があるわけですよ。悪くすれば、首都政府が否定してつぶしに
かかって、新政府+首都以外の国民との対立ってことになるかも
しれない。
そういう可能性も含めてゾクゾクしました。

557 :556:2000/12/09(土) 22:09
例えばアメリカの場合は、大統領のいる所が敵国やテロ攻撃などを受けて
執務不可能になっても国家運営を代行できるよう、副大統領が常に別の
場所にいて待機するようになってるそうです。危機管理ってやつやね。
日本はそういうことができてなかったために…「首都消失」の状況なわけで。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 23:49
 そうそう。そういった社会派SFが小松さんの真骨頂なんで
すよね。首都消失も、アイディア自体は「物体O」の焼き直し
なんだけど、それで社会がどーなるって考えるのが面白い。
 日本沈没だって、どーやって日本人をスムーズに移民させる
のかってのもテーマだったしね。でも…当時の中国とかソ連と
か、北朝鮮には行きたくないなー。

 首都消失に戻るけど…。確か謎の物体からは放射線が放出さ
れていたという設定だったのでは?だから、物体内部の人々は
絶望だと私は当時思っていました。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 23:51
 そうそう。そういった社会派SFが小松さんの真骨頂なんで
すよね。首都消失も、アイディア自体は「物体O」の焼き直し
なんだけど、それで社会がどーなるって考えるのが面白い。
 日本沈没だって、どーやって日本人をスムーズに移民させる
のかってのもテーマだったしね。でも…当時の中国とかソ連と
か、北朝鮮には行きたくないなー。

 首都消失に戻るけど…。確か謎の物体からは放射線が放出さ
れていたという設定だったのでは?だから、物体内部の人々は
絶望だと私は当時思っていました。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 12:22
>554
天皇がからんでるんじゃない?
憲法によると、新内閣は天皇に任命されてはじめて発動する。
でも首都が消滅したということは、天皇も当然消滅しちゃったわけで、
県知事連合による政府は天皇の承認を経ずして国家を運営せざるをえない。
つまり天皇の権威を(結果的に)否定した政府になってるわけで、それが大問題だ、
ということじゃないのかしらん。
微妙な問題だから、あえてほのめかすにとどめたのかも。「日本沈没」でもそういう
描きかただったよね。


561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 12:52
天皇は、儀式をやるだけ、いなくても、なんら
問題なし。首都が復活して、総理が生きていたら
そのまま総理が復活するよ。(引継ぎ作業は、必要かも
しれないけど)。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 12:57
>560
戦後50年たって、まだ天皇が力があるなんて
考える人がいるなんて。
六法全書ちゃんと読んでよ。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 13:23
天皇に力があるんじゃなくて
天皇を含む手続きを踏んだ政府が連絡が途絶した雲の中で生きていた場合に
県知事連合による臨時政府がなんぞ決定したりして、あとで対立があったとき
法律的にどっちが優先するかってことじゃなかったっけ。
国内限定ならともかく外交はどうなんじゃろ?

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 14:16
>>562
 私は天皇は象徴で良いと思っているケド、実際に天皇家の力
は凄いですよ。なにせあのゴジラすら皇居をよけて破壊活動を
行っているのですから!

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/10(日) 14:36
雲の中の首都がまだ健在であると仮定するのは国内の新政府の政策が
もし雲が晴れて首都が生きていたとき、摩擦を起こすことへの懸念が
あったからじゃないかねえ。
あと外交的な意味合いも強い。
もし雲の中の首都が既に消滅しているとするならば、事実上日本は
首都機能を失った政府無き国家ということを諸外国に表明することになる。
ということは大国からの干渉(軍事的な意味合いも含めた臨時統治)をも
許してしまうスキを作ってしまうことになる。
ソビエトやアメリカからの強力な干渉を与える隙を作らない為には、
もし仮に東京が全滅していたとしても雲の中で首都はまだ生きているかも
しれないという認識で判断を保留しておくことは対外的なカードになる。
例えそのカードがハッタリであったとしても。そういうことじゃないかね〜。

俺も首都消失はスキだな。こういう「もしこのような事態が発生したとき、
世界はどうなるか」というシュミレーションSFは現実の世界とリンクしていて
ファンタジーやスペースオペラよりもスリリングだ。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 00:22
一つ条件を変えるとどんなIFがあるのか?
SFの萌え所ですなぁ。


567 :554:2000/12/11(月) 14:42
おそるおそる書きこんでみたんですが、こんなに沢山お返事が・・・嬉しいです。
お答えくださったみなさん、どうもありがとうございました!
うーーーん、なるほど、内戦や、外国から介入される可能性。あと、ひょっと
したら天皇問題。そうか、そういうことだったのか!って感じです。
おかげさまで10年間のモヤモヤが晴れました。
小松さんの小説って、こんなふうに知識や見識がひろがっていくところも魅力
ですね。大感謝!


568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 15:28
そういえば上巻の終わりで、ヨーロッパのどこかで外務省の役人が急死する
エピソードがあったけど、あれってどういう趣旨のプロットなんだろう?

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 21:07
SFもいいけど「やぶれかぶれ青春期」とかも良いよ。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 21:27
↑「やぶれかぶれ青春期」。話が大学時代とか、面白そうなところにはいると、
「もう思い出したくない」とかいって筆おいちゃうやつですね(w
ほんとにナイーブな人だなーと思いました。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 21:31
でも考えてみたら「やぶれかぶれ〜」の続編が、
「汚れた月」とか「少女を憎む」みたいな短編なのかも・・・・
思い出したくないのもわかるわー。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 21:48
「物体O」を例に挙げて二重政府を弄んでみると、
O内地区正統政府は部分的に私有財産制限、外交条約なし。
O地区外臨時政府では私有財産制限なし外交条約バンバン結ぶ。
じゃあOリングがなくなったとき条約は?経済政策は?有効なのどっち?
う〜んどうなるんだろ。


573 :パーマーエルドリッジの今年3つになる娘:2000/12/11(月) 23:23
>560氏

・・・鋭いです。貴殿。
そのとおり、左京氏は、「首都消失」のあの部分は、天皇制への指摘です。
なんてったって、あーた、元日本共産党山村工作隊員だもの。

わかるひとにはわかる、小説による現実への<鋭い一撃>というやつです。

574 :自己戴冠!!:2000/12/11(月) 23:26
・・・鋭いです。貴殿。
そのとおり、左京氏は、「首都消失」のあの部分は、天皇制への指摘です。
なんてったって、あーた、元日本共産党山村工作隊員だもの。

わかるひとにはわかる、小説による現実への<鋭い一撃>というやつです。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 00:10
「首都消失」のドはずれて明るいテーマ曲が好き。
(作曲:モーリス・ジャール)

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 00:36
「神への長い道」もジ〜ンときちゃうね

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 00:45
小松入門としてはどれから読むと良いですか?
当方ディックやスミスが好きなんですが。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 01:41
>577

地には平和「を」

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 01:43
日本沈没の音楽もビルとかが倒壊していく時に、凄く明るい?
音楽が流れるよね。首都消失よりも。
あれがええんですな。

580 :首都笑止2:2000/12/12(火) 09:04
続編は「光る目」みたいなもんで、
2000万人首都圏住民が異星人に憑依されてた。さて彼らを新国民として受け入れるか
排斥して殺戮するかな話だとか聞いた。そりゃ小説化できんわ。
「お堀の中」の方々も当然そうでしょうし。
たとえば御一家そろって那須でお過ごしってな伏線いれておかないと。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 15:47
小松左京、共産党なの?

582 :名無しさん@1周年:2000/12/12(火) 23:52
SF作家は、右翼からも、左翼からも攻撃されるとか。
国民の敵、ナンバー1だね。

583 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/13(水) 02:04
やぶれかぶれ青春記って、あの中で小松さんが結構快活に描かれて
るけど、実際どうだったんかな。
やっぱあのころから社交的?
小松さんが家の屋根から落ちて死にかけたっていうエピソード
はひやひやした。

584 :又聞きの悪い:2000/12/13(水) 16:58
「六全協」前に粛清されたとか。
東大細胞の俵孝太郎とは、現役時代敵対するセクトだったって。
みんな「アカぬけ」して大人になるのね。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 18:26
もと共産党の、京大細胞の工作員だったそうです。別に本人は隠してない。
ただ、政治活動のあまりの過酷さに心身ともボロボロになって、
実生活では廃人寸前。実際、コジキをやった事もあるとか。

で、そのころ救いだったのが、親友・高橋和己との交友と、
SFとの出会いだったとか。

「汚れた月」「少女を憎む」「哲学者の小径」「旅する女」、それから
書名わすれたけど高橋和己の追悼本の、当時の仲間との対談を読むと、
当時の雰囲気が伝わってくる。

後年はどちらかと言うと反共、というか半ソだったのでは。右翼とまでは
言わないまでも。
「首都消失」でもソ連を警戒的に書いてたし。



586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 18:26
>582
士農工商犬SF

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 18:28
ほほう、そうだったの

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 20:30
基本じゃよー

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 22:56
確か第二日本政府は交通違反罰金安いでぇ、って作品なかった?
亜米利加もブッシュとゴアで二重政府になったらワラウね。

590 :アカ抜け一番:2000/12/14(木) 09:07
左翼崩れは過去を引きずってるけど、
左翼あがりはわりと明るく年取ってるな。
長谷川ケータローとか堤セイジとか田原ソーイチローなんて。

591 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/15(金) 00:17
いきなり社会派スレになってきたな(笑)

592 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/17(日) 02:36
小松さん、それにしても老けたなぁ〜・・・。
まるで名前を忘れたあの老人みたいですな・・・

593 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/18(月) 02:27
もう老人って呼ばれるぐらい老けてしまわれたか・・SF界の
長老。

594 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 07:15
もう老人じゃないの。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 14:00
○ケ老人というのが正解

596 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/19(火) 05:20
595<お前がボケ。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 12:11
>>596

あきこんの時点でボケてたという噂有り。

598 :いえいえ:2000/12/20(水) 09:20
「つっこみ老人」となり、すぐに人の話にちゃちゃいれる。

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 10:10
ほんとうにボケだしたのですね。合掌


600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 10:20
「教養」は面白かったが、あのスタイルなら1テーマ1冊でたくさん出してほしいよ。


601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/21(木) 01:49
最強のSF作家スレが出てからアンチができたな(笑)
SF板にもいたとは。

602 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/23(土) 04:13
小松さん、書いてるって情報入ってこないな・・・。


603 :名無しさん@1周年:2000/12/23(土) 07:39
年だもの。そうっとしてあげましょう。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/23(土) 16:05
晩年の武者小路のような、ぼけ丸出しの文も読んでみたい気がする

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/23(土) 16:58
年年ってみんな言うけどあの人は違うと思うのは俺だけ?

606 :>605:2000/12/23(土) 20:32
小松左京の何を知ってるってんだ。

607 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/24(日) 00:58
俺もそう思う.小松さんなら・・っつー感じがする。
だからこそ虚無回廊の再販の時このスレが上がりまくったと
思うがどうよ。

608 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/24(日) 00:58
俺もそう思う.小松さんなら・・っつー感じがする。
だからこそ虚無回廊の再販の時このスレが上がりまくったと
思うがどうよ。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/26(火) 01:10
SSの巨大さってハードSF野郎からしたらとんでもない
のかな?(笑)

610 :はしたなき流れの果てに:2000/12/26(火) 17:10
春樹氏収監決定で映画化は無期限延期かも。
ガイナがTVで「トップを狙え2」やるらしいから、
そのプロローグとしてやってもらいたい!

611 :果てしなき名無しの果てに:2000/12/27(水) 04:56
トップ2はちょい期待。でも名作を汚さないでほしいなとも思う。


612 :果てしなき名無しの果てに :2000/12/27(水) 11:45
偉大な作家だとは思うけれど、
今見るともうセンスが古くなっちゃってるような気が。
ううむ。作品自体は面白いんだけどなあ……

613 :安置所の名無し:2000/12/27(水) 12:08
この人は常に古く(古典的であるという意味)、それが魅力なのだと思ってました。


614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 16:35
40代で、女シリーズなんて妙に老成したような作品を書いちゃったのが
失敗
もう書くものがない

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 23:34
センスに古いもなにも無いっしょ。時事ネタとかのこと?
時事ネタとかがあるからそれ以外のを勧めたいんだけど。
女シリーズは正直嫌いかな。

616 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/30(土) 00:54
21世紀が始まる前に「まぼろしの二十一世紀」を読んでおこう。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/31(日) 05:31
616<あれはおもしろかったな〜。


「21世紀は、無かったのである!」

618 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/04(木) 01:54
21世紀、あっさり来てしまいましたな。あれはパラレルワールドと
いうことで・・(便利)

小松さんが1つ忘れてたことに、2000千年があったってこと。
世界は2000年の方を断然祝った。

619 :キム回廊:2001/01/04(木) 09:10
SSって独自に「進化」した存在なんですか。
エスエス製薬みたいだ。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/05(金) 04:56
SSってなんだ?
マジ答えほしい。

621 :ハインリヒ・ヒムラー:2001/01/05(金) 09:07
「宇宙の果て」へ通じるなにかじゃないかな。
いろんな伏線総合すると、独自の意志をもった「生命」みたいだし。

622 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/06(土) 02:29
宇宙の果てじゃなく、別の宇宙では?

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/07(日) 04:54
新刊情報ありますか?
ハルキ文庫で十一月、十二月に短編集が出ていたような気が
するんですがネット書店消えてたような気が・・・。

624 :いやいや:2001/01/09(火) 09:58
「別の作品」へ通じるトンネルでしょう。
いきなりプロレタリア文学とか。

625 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/10(水) 06:29
プロレタリア・・・国語の勉強でやりました・・・。
あんな小説のどこに存在意義があるのか。

626 :やいやい:2001/01/10(水) 09:09
プロレタリアとは確かギリシア語で「子供以外に財産のない人」のことだったはず。
つもり「子供が一番の宝」と言う人々をさす。
「プロレタリア文学」とは「涙と笑いの子育て奮戦小説」だと思うのだが、違うかな。

627 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/13(土) 10:28
ぜんぜんそんなほがらかなもんじゃなかったです(笑)
共産主義的な感じ・・・。
暗い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/13(土) 11:00
カニ光線とかですよね。
ギリシア語は知らないのだけど
「子供以外に財産のない人」→「貧乏人」
という事かと…。

629 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/13(土) 21:34
小松左京の隠れた名作は!?(無理矢理ネタ出し)

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 01:20
こないだ徳間から出た対談本、買って読んだけどなかなか面白い。
茶々入れが高千穂遥、フォロー・補足が鹿野司ってのもナイス人選だ。
(今のSFMで唯一、個人的に楽しめるのが鹿野の連載だし)
ただ短いね。あっという間に読み終えてしまった。字がなんだか
でかいし、脚注が巻末にまとめて置いてあるってのも不便。
続編をぜひやってほしいが、その場合は全体の体裁を『SFへの遺言』
みたいにしてもらいたい。テーマ毎に章分けして、それぞれのテーマの
専門家プラスあの3人、って感じにやって、分量を増やして読みごたえの
あるものにするとか。

対談といえば、メフィストでの文芸評論家のもなかなか良かった。
とにかく新作が出せないなら、語りだけでも文字に起こして読ませてほしい。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 01:27
こないだ徳間から出た対談本、買って読んだけどなかなか面白い。
茶々入れが高千穂遥、フォロー・補足が鹿野司ってのもナイス人選だ。
(今のSFMで唯一、個人的に楽しめるのが鹿野の連載だし)
ただ短いね。あっという間に読み終えてしまった。字がなんだか
でかいし、脚注が巻末にまとめて置いてあるってのも不便。
続編をぜひやってほしいが、その場合は全体の体裁を『SFへの遺言』
みたいにしてもらいたい。テーマ毎に章分けして、それぞれのテーマの
専門家プラスあの3人、って感じにやって、分量を増やして読みごたえの
あるものにするとか。

対談といえば、メフィストでの文芸評論家のもなかなか良かった。
とにかく新作が出せないなら、語りだけでも文字に起こして読ませてほしい。

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 01:29
こないだ徳間から出た対談本、買って読んだけどなかなか面白い。
茶々入れが高千穂遥、フォロー・補足が鹿野司ってのもナイス人選だ。
(今のSFMで唯一、個人的に楽しめるのが鹿野の連載だし)
ただ短いね。あっという間に読み終えてしまった。字がなんだか
でかいし、脚注が巻末にまとめて置いてあるってのも不便。
続編をぜひやってほしいが、その場合は全体の体裁を『SFへの遺言』
みたいにしてもらいたい。テーマ毎に章分けして、それぞれのテーマの
専門家プラスあの3人、って感じにやって、分量を増やして読みごたえの
あるものにするとか。

対談といえば、メフィストでの文芸評論家のもなかなか良かった。
とにかく新作が出せないなら、語りだけでも文字に起こして読ませてほしい。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 01:34
こないだ徳間から出た対談本、買って読んだけどなかなか面白い。
茶々入れが高千穂遥、フォロー・補足が鹿野司ってのもナイス人選だ。
(今のSFMで唯一、個人的に楽しめるのが鹿野の連載だし)
ただ短いね。あっという間に読み終えてしまった。字がなんだか
でかいし、脚注が巻末にまとめて置いてあるってのも不便。
続編をぜひやってほしいが、その場合は全体の体裁を『SFへの遺言』
みたいにしてもらいたい。テーマ毎に章分けして、それぞれのテーマの
専門家プラスあの3人、って感じにやって、分量を増やして読みごたえの
あるものにするとか。

対談といえば、メフィストでの文芸評論家のもなかなか良かった。
とにかく新作が出せないなら、語りだけでも文字に起こして読ませてほしい。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 02:36
小松さん、いくら小松さんだからと言ってあんまり
出さないと怒るぞ。

635 :630-633:2001/01/14(日) 03:19
>630-633
4度書き、申し訳ない…


636 :名無しさん@1周年:2001/01/14(日) 11:23
小松さんはもうお年だから、無理はできないの。
そっとしてあげましょう。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/14(日) 14:15
藤子F先生のように自分の仕事で死んでほしいぜよ。
明日のジョーみてぇに。

638 :厨房:2001/01/15(月) 01:04
「眠りと旅と夢」・・・

639 :珍竹林:2001/01/16(火) 09:18
「まんだらけ」によると、社長が「ついに『大地底海』手にいれたぞ」と
はしゃいでいるそうですが。
どんな本なんすか?

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/16(火) 17:55
638<あれは隠れた名作じゃね。

昨日、小松左京研究会にメールを出した。虚無回廊4巻は出るの
かと・・。
その返答「小松左京研究会では小松先生が書くように、あらゆる
手をつくしているところです」
とのこと。つまり・・・まだ書いてないらしい(T-T)

641 :厨房:2001/01/17(水) 03:31
640<
・・・・絶句。
やはり完結はかなわぬ夢か・・。

642 :あれれのれ:2001/01/17(水) 09:25
第4巻書く準備中で、三巻までのプロットと伏線をまとめた「冊子」を、誰かが作ったって聞いたゾ。

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/17(水) 10:18
642<それってつまりやつぱり『3巻まで』?(涙)
ううぅ・・・

644 :643:2001/01/17(水) 10:19
あ、四巻の構想を作ってるのか。

しかし小松左京研究会の言葉が木になる木。。。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/17(水) 13:57
>小松左京の隠れた名作は!?(無理矢理ネタ出し)

やはり自分も「果てしなき流れの果てに」「神への長い道」「虚無回廊」
なんかが好きなんたけど、一般的な名作とは言えないながら
個人的な好みで挙げてみると

●「BS6005に何が起こったか」
30年も昔にこんなもの書いてたんですよね。
悟り開いて解脱しちゃったマザーコンピューター
とのやりとりと、仮想世界と現実世界を“メビウスの環”
のようにしちゃったラストで物凄くトリップ感を味わえた。
かなり昔から人類を継ぐのは第2次生命系と考えてたのかも>小松氏

●「知恵の木の実」
小松左京版、猿の惑星ってとこなのか?
お話はシンプルだけど、切なくてかなり好き。

646 :厨房:2001/01/17(水) 18:34
>645
●だから「眠りと旅と夢」・・・


647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/17(水) 19:22
隠れてないけど「結晶星団」がよかったな。
短編は展開が締まってていいよ。
虚無回廊は蘊蓄部分が多くてなぁ。冗長。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/17(水) 19:51
ちょっとディックっぽい「ト・ディオティ」。

あと「怨霊の国」とか。

649 :厨房:2001/01/17(水) 22:17
タイトル思い出せないけど、
宇宙船乗員の「意識」だけがシュールな宇宙の虚数空間
=イメージ・ホールに迷い込む・・って話。(このことは
読み進んで分かってくる)角川文庫で確か「BS6005」と
一緒に収録されてたんじゃなかったかなあ?


650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/18(木) 19:29
645<知恵の木の実は俺も好き。
途中に出てくる錆びた茶色のビルが広野に建ってるってイメージ
があって、それとか・・。

「隠れてた」だと思うけど、『影が重なる時』。
角川で最近出されるまでけっこう知られてなかったんじゃない?
あとこれは隠れてたか知らないけど、同じく収録されてる
『秘密<タプ>』。ストーリーテラーの力量爆発。
あとは『お糸』。情緒てんめん(出ない)でわかりにくい
単語の羅列が凄いんだけどイメージの明確さには驚かされる。
天狗船が海から飛び立つところなんてCGかなんかでやってもらいたい。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/18(木) 20:15
うおお、「お糸」俺も挙げようと思ってたのに先を越されてしまった。
「お糸」はほんとに隠れた傑作だと思う。
「地には平和を」のテーマの発展形のような気もする。でもやはり、
世界観の魅力が圧倒的。あんな江戸時代に住んでみたい。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/18(木) 20:56
雑学おもしろ百科

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/19(金) 17:10
「お糸」に出てくるいなりを食いたい(笑)

648<「ト・ディオティ」ってどんな作品です?

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/19(金) 22:24
>653
多分649さんの挙げている作品。
主人公が終わりの無い不条理空間のなかで現実をつかもうとけなげに頑張る話。

なんか泣けてくるんだー、うちらの日常なんてこんなもんかなーって気がして。

「牙の時代」(むかしの角川文庫)に収録されてたような。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/20(土) 00:39
「くだんのはは」より「まめつま」の方がこわい・・・

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/20(土) 14:49
『まめつま』は俺が小説を読んで初めてぞくっときた作品・・・。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/20(土) 22:39
『日本沈没−TV版−』のDVDが出るらしいのでage。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/20(土) 23:25
時魔神は(今現在)隠れた名作!!!!!!

659 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/01/21(日) 01:49
すまん、多分、既出だと思うが、658もあると、読む気が...
で、質問ですが、
日本沈没の第2部というのは、いつ始まるのでしょうか?
(これって、タブーかな?)


660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 08:24
何も沈まない、日本が無い日本沈没なんてそりゃないっしょ。
それより虚無回廊。
考えてみると虚無回廊も隠れた名作だったな。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 15:34
しかし、日本沈没のラスト、第一部完、というような表記だったよね?
まるで人気が出なくて中断したマンガのような終わり方だ。
作者は第二部の構想を持っていたのではなかろうか?という質問です。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 15:49
だから、小松は小説を書かなくなってから20年になるんだってーの

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 15:59
661はひょっとしてマジに知らないのか?
日沈第2部は映画と連動して進める企画で、小説の方は産経新聞だか
サンケイスポーツだかに連載することも決まっていたが、東宝がなにかの
事情で映画化を取りやめ、小説もぽしゃった

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 16:10
ほんとは海外に散らばった日本民族の姿を描きたかったけど、
なぜそうなったかが必要となるので、プロットを成立させる
ために「日本沈没 第一部」を書いたという話を聞いたこと
がある。つまり、第一部は予告編だったんだね。
で、第二部は日の目を見ない、と。

665 :663:2001/01/21(日) 16:21
664の内容は、初版の後書きに小松自身が書いています

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/21(日) 19:16
で、第3部は「果てし無き流れの果てに」ね。
流浪の日本民族が伝説の地を求めて宇宙へ旅立つ。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/01/21(日) 22:39
661です。
>>663
マジで知らなかった。
(もしかしてこのスレでは常識?恐れ入りました。)
映画なんてどうでもいいから、小説書いてくれればいいのに〜。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/22(月) 01:47
>>663
同じく知らなかった。意外な真相だな
しかし東宝側の事情って何だったんだろね?
前作から間もない時期だったなら
大ヒット間違いなしの企画なのに。

669 :そりは違う:2001/01/22(月) 09:27
「日本沈没」の第ヒットで、故田中トモユキ氏は早々と続編映画化をブチあげた。
けど第2部よりも別の作品のことに興味が集中した。
続編は「ユダヤ人」化した日本人が各地で迫害され、あるいは成功し、
ついにはどっかに「新日本」を作ると言う話。
一説によると筒井さんが「日本以外全部沈没」と言うのを書いたため、
先こされたと思ってやめたとも

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/22(月) 09:46
小松さんは日本沈没より虚無回廊をライフワーク
に選んでる感じだから(3巻のあとがきなどから)
日本沈没2部は本当に幻なんじゃない?

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/22(月) 11:01
どっちも幻になる、に一票

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 02:23
ショートショート「ある生物の記録」に月面に日本市を建てて、沈んだ日本
を偲ぶという作品があります。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 02:25
ショートショート「ある生物の記録」に月面に日本市を建てて、沈んだ日本
を偲ぶという作品があります。

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 03:37
復活の日でこんな論争(?)が・・・
http://nikiniki.haun.org/d/
http://www.diary.ne.jp/user/41041/

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 11:36
>674
復活の日への批判は的を射てる気がする。
あの作品そんなに出来がいいとは思えないし・・。

しかし偏執的な日記だ。こういうやつが2chを煽るのか・・納得。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 13:25
少なくとも、問題の日記書いている人は、

>ウイルスは宿主がいないと生きていけないはずなのに、
>宿主である脊椎動物が死んだあともまだ生き残っているはどうやって?

なんて言ってる時点で、自分こそウイルスと細菌をごっちゃにしてるみたいですね(笑)
でも、それほど悪気がなくて単なる無知なだけみたいだからイヂめるのもカワイそうかな。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/23(火) 13:31
確かにウイルスって死んだりしないもんなぁ破壊はされるけど。
生物っていうより単なるたんぱく質にくるまれた核酸だし。
なにしろウイルスの結晶だって作れるくらいだもんな。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/24(水) 19:27
a

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/24(水) 22:03
復活の日の凄いところは、やはり今読んでもそれほど色あせて
いないところだろうな。本当に凄いことだろう。
ラストの焦りすぎがもったいないが・・・。
噂ではクライトンの「アンドロメダ病原菌」?がパクったらし
いな(笑)
つか「復活の日」も「渚にて」?


680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/24(水) 23:55
純国産SF映画の未来に引導を渡した男。

681 :無名草子さん:2001/01/24(水) 23:58
>>674
双方ともウェブスペースと時間と電気代と電話代と接続料取られてでも、
「復活の日」に、何か突き動かされたものがあったんだね(笑)

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/25(木) 00:53
680<ほかにだれがいたんだよ・・・。
まぁ、全部自分でってのはやりすぎだが(手塚治虫も同じ
失敗したな)

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/25(木) 02:15
復活の日関係でひとつ。
24日の朝日新聞夕刊一面に、『致死性ウイルス偶然できた』ってのが載ってる。
政府と軍以外にしらせてなかったのを、「危険性を広く知らせる義務がある」と
公表したらしい。



684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/25(木) 17:42
「二〇世紀の終わりの再開の運びにできるのは、いささか感慨が
ないでもない。」

虚無回廊三巻あとがきより

書くはずだ!!
つーか朝のエクスプレスで小松さんのなんかを放送してたような
気が・・・。

685 :友人情報:2001/01/26(金) 10:45
第4巻書くと言う噂が。
もうすぐ70じゃなかったっけ。
大丈夫か。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/26(金) 17:59
もうすぐ70なん!?
とにかくSF史に最後の歴史を刻んでくれ・・・小松さんよ・・・

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/27(土) 10:15
虚無回廊はもう歴史に残ってるがな。。。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 17:09
そういえば小松さんってどのくらい世界でしられてるんだろう?
SF作家の間じゃ知られてると思うけど(SF作家を集めたり)

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 17:11
知られてないでしょ。
全然翻訳されてないもん。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/28(日) 17:45
なにか寂しい感じがする。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 18:37
大江健三郎がノーベル文学賞。
なんでや。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 20:12
>>688の世界のSF作家を集めた会議がその後SF研究協会か何だかの
母体になった気がしますが、日本人にひきつげる人材がいなかったので
日本はおいてけぼりでなかったかと。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 20:20
そんなことよりも日本ですら読者がいなくなりつつある
今の状況をなんとかする方法を考えるべきではないでしょうか。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 20:23
「国際SFシンポジウム」っていつだっけ。小松さんが音頭とって開いたの。
アシモフ、クラーク、ハインラインあたりとは、あのとき知り合ってる
はずだけど、むこうのファンは知らないか。

いちおう「日本沈没」は英訳されてるが、かなりの抄訳の上に
アメリカが日本を救う話に書きかえられてるそうだ。
世界で一番名前が通ってる日本のSF作家(?)は安部公房だろうなあ。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/28(日) 22:17
夏目漱石じゃないの?

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/28(日) 23:34
 夏目漱石って何かSF書いていましたっけ?安部公房は純文学
系統だけど、「第四間氷期」とかのSF物も書いているからなぁ。


697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/29(月) 00:20
果てしなき〜なんか翻訳してほしいんだけど、日本趣味が
アメ公にわかるかなぁ・・・。
小松さんの文明論とか受ける国があると思うんだけど。

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/29(月) 21:19
アメ公は戦争に負けたことが無いので小松左京のSFはわからないと思う。
ヨーロッパではどうだろう?

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/29(月) 23:47
アメリカは朝鮮戦争やベトナム戦争など
第二次世界大戦から湾岸までの間、負け越してるじゃん。
湾岸だってフセイン殺してないんだから…あ、亡国の危機はないか。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/30(火) 01:48
果てしなき〜は日本趣味を入れて受け入れてもらえると
思うぞ。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/30(火) 13:03
アメ公は負けたと思ってないんじゃない?

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/30(火) 16:02
国際SFシンポは1970年
大阪万博といっしょだよ

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/30(火) 22:57
そんな昔なんか・・・。
国際SFシンポを見た人いる?(何も知らない)

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/01(木) 13:03
ま、本土を灰にされない限り、負けたとは思えないんだろう。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/01(木) 13:47
青い宇宙の冒険って傑作だと聞いたんですけど、おもしろい?

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/01(木) 13:54
青い宇宙の冒険…10代なら、読み通せるかな…
20歳越して読むのはつらい

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/01(木) 14:49
jkkl

708 :18歳:2001/02/01(木) 16:31
そんなにジュブナイルしてるんですかー?

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 04:48
ううっ・・
そろそろこのスレも寿命か?

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 10:19
 ジュブナイルといえば,何という題名だったかな?大人が全部養
魚場の魚を分けたみたいに消えてしまい,残された子供達が,独自
の社会を作っていく姿を子供の文体で書いた作品は…。
 で,確か学研の子供向けのSFにも同様の題材をあつかったもの
があって,こちらは子供達がきちんと大人社会を受け継ぎ,後で大
人が帰ってくるというハッピーエンドな話になっている作品もあっ
たんです。こちらも小松さんが書いたのかな?それとも小松さんの
作品をベースに誰かが子供向けに書いたのかな?

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 13:20
1974〜75年放映のTV番組「猿の軍団」の原作を小松氏はやっていた
みたいなんですが,これってどんな話だったんでしょうか?

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 14:32
猿の惑星の貧弱なパクリですう

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 19:54
>710
「お召し」です。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 20:16
>711
あれって小松さんの原作だったの!?

♪サルの軍団、サルの軍団、チャッチャッ 何する者ぞ 何する者ぞオ〜

っていうテーマ局が25年間アタマから離れません。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/03(土) 20:29
その時間帯に大抵のSFヲタ予備軍は宇宙戦艦ヤマトを見てたぜ

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/04(日) 00:12
青い宇宙の冒険について・・・お、おしえてくだされ・・・

717 :無名草子さん:2001/02/04(日) 01:48
学校の裏山が怪しいの。
ねじれ松が生えていて、奇妙なわらべ歌もあるくらい。
数十年ごとに発光現象が起きる、今年もそろそろだ、ということで
先生と生徒が探検にいくの。
そしたら青い宇宙の冒険にまきこまれちゃったとさ。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/04(日) 18:16
おもしろそう!!
そこから伝説になる、平行宇宙の壮大なヴィジョンが展開し
ていくんですね!?

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/04(日) 20:44
 そういえば、手塚治虫氏のBJ第1巻に小松氏そっくりの人が出
ていますね…。でも、W3では星氏は主人公だからなぁ…。

720 :無名草子さん:2001/02/05(月) 00:04
>「青い宇宙」
平行宇宙の壮大なヴィジョン?
ガム食ったりニキビ潰したり、いかにも厨房らしい描写があったよ。


721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/05(月) 02:15
手塚治虫「日本発狂」は「日本沈没」に対抗してだぞ。

722 :やっとこハメ太郎(オヤジ臭い):2001/02/05(月) 09:18
猿の軍団
原作者はあと二人。豊田有恒さんと田中光二さんです。確か。
裏番組は「ヤマト」と「ハイジ」でした。コワ。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/06(火) 00:48
そういえばファンの間でも人気投票とかってどうなんかな?
あるのだろうか、そうゆーの。
俺は
長編「果てしなき〜」短編「影が重なる時」
なんだけど、短編は人によっておもいっきり違うだろうね。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 05:13
&#1585;&#1581;&#1600;&#1600;&#1576;&#1575; &#1576;&#1603;&#1605; &#1601;&#1610; &#1589;&#1601;&#1581;&#1575;&#1578; &#1575;&#1604;&#1583;&#1610;&#1608;&#1575;&#1606;&#1610;&#1600;&#1600;&#1577;
&#1578;&#1605; &#1573;&#1606;&#1588;&#1600;&#1600;&#1575;&#1569; &#1607;&#1584;&#1607; &#1575;&#1604;&#1589;&#1601;&#1581;??
&#1578; &#1604;&#1575;&#1604;&#1602;&#1590;&#1600;&#1600;&#1575;&#1610;&#1575; &#1608;&#1575;&#1604;&#1606;&#1588;&#1600;&#1600;&#1575;
&#1591;&#1575;&#1578; &#1601;&#1610; &#1575;&#1604;&#1603;&#1600;&#1600;&#1608;&#1610;&#1578;&#1548; &#1587;&#1600;&#1600;&#1608;&#1575;&#1569; &#1603;&#1575;&#1606;&#1578; &#1587;&#1610;&#1575;&#1587;&#1600;&#1600;&#1610;&#1577; &#1571;&#1575;&#1604;&#1582;
&#1603;&#1604; &#1605;&#1575; &#1593;&#1604;&#1610;&#1603; &#1607;&#1608; &#1575;&#1604;&#1581;&#1589;&#1600;&#1600;&#1608;&#1604; &#1593;&#1604; &#1575;&#1604;&#1605;&#1580;&#1575;&#1606;&#1610; &#1604;&#1604;&#1605;&#1588;&#1600;&#1600;&#1575;&#1585;&#1603;&#1577;
&#1601;&#1610; &#1603;&#1578;&#1575;&#1576;&#1577; &#1575;&#1604;&#1585;&#1587;&#1600;&#1600;&#1575;&#1574;&#1604; &#1571;&#1608; &#1591;&#1604;&#1576; &#1605;&#1608;&#1575;&#1590;&#1610;&#1600;&#1600;&#1593; &#1605;&#1593;&#1610;&#1606;&#1577;



725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/06(火) 15:01
猿の軍団って、ライオン丸の潮哲也がでていたんだね。
快傑ライオン丸の本に潮の自伝が載っていて、書いてあった


726 :鋼鉄の名無しさん:2001/02/07(水) 03:00
俺は長編で「首都消失」が好き。
短編は「ゴルディアス〜」かなぁ?

727 :G_Tomo:2001/02/07(水) 05:14
やっぱ若々しくエネルギッシュな「日本アパッチ族」が良い。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/07(水) 06:30
かなり怪しい記憶なんだけど、15年以上前に
初代MSX用かなんかで、「青い宇宙の冒険」
のゲームってなかったっけか
誰か知ってる人いる?

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/08(木) 04:29
この中にコマケン出身者いる?

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/08(木) 13:32
るのくりのりる

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/08(木) 17:33
「猿の軍団」
小学校の教師一人と生徒二人が大地震にあって、たまたま近くにあった
コールドスリープ装置に入って難を逃れようとしたのじゃ。したら作動してしまって
眠りについたとさ。目がさめてみてビックリしたことにゃ、お猿さんが
社会を支配する時代になっとたそうな。くわばらくわばら。

というストーリーだったような。スマソ、小学生の頃の記憶なんで
いい加減ですわ。

静岡県では午後7時半からの放送じゃった。そんでもって午後8時からは
「日本沈没」じゃったぞ。五木ひろしが歌う主題歌とともに街並を津波
が襲うオープニングは20年経った今でも忘れられんて。

♪さよ〜なら〜と 泣かないで
いま〜は 微笑を〜


732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/09(金) 00:53
「少女を憎む」って小説読んで吐き気がしてきた・・・。
なんかすごく共感できる部分があって。


733 :無名草子さん:2001/02/09(金) 02:03
>>732
収録された書名を教えていただけませんか?
タイトルが怖くて気になるのです…

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/09(金) 11:19
733氏<俺は新潮文庫の「闇の中の子供」で読みました。
小松さんの本当の体験なのかどうなのかわからないけど、
「やぶれかぶれ青春記」をリアルにひどくしたような感じです。
俺18だけど、すごく今でも
共感できるというか似た部分があって、最近の犯罪にも共通する
箇所なんかもあって恐いです。
小松さん自身も凄い筆力で書いてて、たぶん何かあるんだと思いま
す。小松さんが自分で嫌いな短編って言いそうですね。
小松さんにしては珍しくアイデア小説じゃなくて、ほとんどノン
フィクションではないかと・・・。
吐き気がします。。。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/09(金) 12:24
>>728
あったよ
PC88とかであった。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/09(金) 12:29
多分「やぶれかぶれ〜」のその後が
「少女を憎む」や「汚れた月」なんでしょうね。
ラストがつらすぎる、あれは重いわ。でも好きだ。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/10(土) 01:01
やぶれかぶれ青春記って小松さん、あんまり書く気なかった
らしいね。
自分で書いててつらくなるからコミカルにしてあるんだろうけど。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/11(日) 04:10
最近また太ってきたね。

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/12(月) 18:22
小松左京マガジンの裏表紙に、1958年当時の写真が載ってた。
面影はあるけど、別人のようにスリムだ。抱いてる猫も可愛い。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/13(火) 12:55
のくのま

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/13(火) 15:25
739<それハルキ事務所とかのHPとかで見れるかな?
買わないと駄目?

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/14(水) 00:13
「青い宇宙の冒険」
中学生の主人公の自宅が毎夜,奇妙な音に悩まされる。
地元の歴史に詳しい先生とともに裏山を調査すると
ねじれた松が発見され,地元のわらべ唄にもねじれ松のくだりが,,
当時小学生だった時に,夢中で読みました。
ジュブナイルとしては,小林信彦の「オヨヨ島の冒険」と双璧をなす傑作だと思う。
>>728
ありましたね。確か二次元のアドベンチャーゲームだったような。
評判は,,,言わないでおこう。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/14(水) 05:40
果てしなき流れの果てにのアニメ化はどうなった?

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/16(金) 09:24
NASAがさっさと火星に行けば小松さんも元気出るんだがなぁ・

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/17(土) 11:54
「小松左京アニメ劇場」というのがあったそうな・・・
みてみたい。
http://www.geocities.com/Tokyo/Bridge/2508/tva/Ksag.htm

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/17(土) 14:34
>>745
いしかわじゅんが絵やってたんじゃなかったかな。
ビデオで何本か観たことがあるけど、なんかかわいらしかった。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/17(土) 18:22
いしかわじゅんってSF作家と交流があるらしいけど、
それか〜。なぜあの人がSF大会とかに来るのか疑問
だったから。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 05:57
小松さん、身体痛めたらしいけどもう治ってる頃かな。
(小松左京事務所のサイトにケガしたって出てた)
2月には上京するとも書いてあったけど、くれぐれもお大事に…

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 05:58
小松さん、身体痛めたらしいけどその後どうなのかな。
(小松左京事務所のサイトにケガしたって出てた)
2月には上京するとも書いてあったけど、くれぐれもお大事に…

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 05:59
2度書きごめん。文章を変えてるところで
書き込んでしまった。ううむ。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 19:07
>>747
だって、いしかわじゅん、SF作家クラブの会員だよ。

「小松左京アニメ劇場」はガイナックス制作で毎日放送で放映。
声の出演は名古屋章と富田靖子の短編アニメシリーズ。
同じ局だった「まんが日本昔話」に似た作りだ。


752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 21:01
く:いlhのいbn

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 21:02
>>747
今のテイタラクしか知らないからそう思うのかもしれないけど、
あの人昔は異色のSFも描いてたんだよ。
日本に農民病が発生して三波春夫が救世主になる「約束の地」や
「スノウ外伝」やなんてったっけ日常のアンニュイと人類家畜
テーマがうまくとけあわさった天使の話とか。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/22(木) 13:46
くきんまく

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/22(木) 16:26
>>753
「約束の地」は打ち切り臭い唐突な終わり方で残念だったことを覚えています。
しかし“進行性農夫病”ってインパクトあったなあ。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/22(木) 17:50
小松さんはそっとしてあげようよ。
もういいとしなんだから。


757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/23(金) 23:43
日本沈没といえば、
リリー・フランキー氏が描いた小野寺(藤岡弘)の絵が忘れられません。
変なウェーブのかかった髪形、幅広くて結び目のでかいネクタイ、
冷や汗を流して受話器を握って・・
「・・・何だって!?」

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/24(土) 16:02
小松さんは虚無回廊を書きながらペンを持って死んでくれる
はずだ。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/24(土) 16:45
そろそろ死亡情報が流されそうな展開になってきたな

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/24(土) 17:59
縁起でもないこと言うんじゃない。
当たったらどうするんだ。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/24(土) 22:50
>>760
同意。小松左京マガジン2年分もう振り込んじゃったもん。
まぁ亡くなっても事務所の人が適当なネタで編集すると思うけど。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/25(日) 03:23
いま御大はおいくつになられた?

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/26(月) 14:40
1月28日で70.
先週古希祝いがニューオータニかどこかであったけど、本人出席できなかったって。

764 :ああ、やっぱり:2001/02/26(月) 14:47
おれの親戚のおばさんと同じパターンだな
あと1年持つのか?

765 :不吉な予感:2001/02/28(水) 11:59
ここのレスが1000を超えたとき御大は・・・

766 :ネコ麦茶:2001/02/28(水) 18:23
1000!!

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/01(木) 01:12
今、TV朝日のD’sガレージとかいう番組で、御大のメールが紹介されてたぞ。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/01(木) 01:13
今10chでやってるD’sガレージっていう番組で、なんかのCG作品に
小松左京がコメント送ったらしいのだけど見てた人いる?

チクショウ、ボーっとTV見てたから聞き逃しちゃったよ
見てた人、詳細プリーズ

769 :768:2001/03/01(木) 01:16
>>767
なんてタイムリー、CG板行こうか迷っちゃってたよ
簡単にでも教えて下さい。お願いします

770 :無名草子さん:2001/03/01(木) 23:25
今月スカパーチャンネルnecoで「エスパイ」
日本映画専門チャンネルで「日本沈没」やるよ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/03(土) 04:05
小松さんは自分で復活したって言ってるじゃんか。

772 :767:2001/03/03(土) 04:37
俺もうろ覚えだけど
「夜中にTVを点けたら、生きのいいCGアニメが放送されていた。
素人の才能発掘番組に送られてきた作品だという話で驚いた。20年程昔、CGの団体を作ったが、
最近そっち方面ご無沙汰してたので、個人レベルでこんな作品が創れることに本当に驚いた。
がんばれ若者達。」って感じだったな。特定の作品に送られたメッセージじゃなかったと思うよ。
文章ヘタでスマソ


773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/03(土) 09:15
>20年程昔、CGの団体を作ったが、
>最近そっち方面ご無沙汰してたので
 
ほったらかしにすんなよと思った。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/03(土) 20:54
>763
出席できなかったって、理由は体調?

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/03(土) 22:21
それにしても小松左京という名前のついた本は
ぶ厚く重く感じるな。

776 :768:2001/03/04(日) 05:49
>>772=767
サンキューソーマッチ!\(^▽^)/
なるほど、特定の個人に送ったわけでもなければ、催促されたわけでもなく
昔の自分振り返って、思わずエールを贈ったってことなんですねぇ。嬉しいかも

いやずっとモヤモヤしてたんです。分かりやすいレポ、ありがとうございました

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 09:01
虚無回廊って宇宙のランデブーに似すぎてて
大丈夫なんだろうか?
あきらかに挑戦ととられてもおかしくないよね。
勝ってるけど。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 10:59
 ちょっとパクっても、より面白ければ許されるのだ。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 18:39
そう、メチャクチャ勝ってるっしょ。
十年以上あとに出されたから勝ち誇れないところもあるけど。
なかなかあそこまで完勝できるもんじゃぁないね。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 20:15
しかし未完というのがつらい。ああ、未完でおわる可能性が
もにすごく高いようなきがしてきた(泣)

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/05(月) 02:00
作家は気力だからね・・・

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/06(火) 14:36
最近「気鬱」も治ってきたと聞いた。あとは健康だけだ。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/06(火) 15:09
おや、死にかけてたんじゃなくて躁鬱病だったの?

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/07(水) 03:02
人工実存が現実のものになっていればよかったのにね。SK2とか。
でもファンの期待どおり続き書いてくれないかも。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/07(水) 08:38
デカイ、偉大な作家なのになぜ日本の文壇は甘くみてるんだ

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/07(水) 13:14
マーケティングを甘く見てたな。色んな意味で。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/07(水) 13:24
大会名誉委員長だって。
もつか?

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/07(水) 19:04
で、そろそろ危篤だっけ?

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/08(木) 20:11
エスパイage
チャンネルNECOで放送ちゅ

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 12:33
>>785
嫉妬。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 12:36
今月の「噂の真相」に小松左京のこと書いてある。
でもエールだよ。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 15:02
小松左京!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
虚無回廊書け!!!!!!!!!!!
お願いします先生!!!!!!!!!!!!!!!!
ペンを握って死んでくれ!!!!!!!!!!!!!!

793 :小松は:2001/03/09(金) 15:29
すでに死んでいる

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 15:38
いやあ判らんよ、
日本でも二千年前のハスのタネが咲いたこともあったろう。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 16:37
その程度の可能性なのか。(涙

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/09(金) 19:17
「青い宇宙の冒険」の漫画(の表紙)を見た気がするのですが、
ご存じの方いらっしゃいますか?
角川文庫のカバーと同じタッチだったような印象があります。


797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/10(土) 07:56
793<おめーが死ねよ、

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/10(土) 12:55
>797
おめーもな

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/10(土) 13:02
小松左京応援スレでも立てたい。。。。。

>>796
知りませんが、クロネコのブックサービスやその他のウェブ書店で検索可能と思われます。
さあ、検索がまた一苦労。ぐっどらっく(はあと)

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/10(土) 13:11
もう応援スレになってるよ。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/10(土) 15:54
798<


死ね、

802 :名無しは慈悲な夜の女王:2001/03/11(日) 06:34
生きろ >>793
おまえらもだ >>797 >>798 >>801
おまえもな >>小松
おまえはいい >>802

803 :スボンサーから一言:2001/03/12(月) 09:06
戦え!

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/12(月) 10:04
虚無回廊・・・・それは凄い凄い・・・
夢のような・・・・いや、夢物語です・・・・

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/12(月) 11:58
新スレが立つのが先か、小松の訃報が届くのが早いか…

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/12(月) 23:23
だからAEを早く創っとけゴラァ

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/16(金) 07:33
>>782

鬱病って治りかけが一番危ないんじゃなかったけ…ひょっとして思わぬ知らせが…

808 :出版関係者:2001/03/16(金) 14:10
最近お元気そう。
このあいだ上京されたって。
またコメント頼みに行こうかな。

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/16(金) 22:59
>>807
そうねぇ。自殺するには実は莫大なエネルギーが必要なのよね。
鬱の真っ只中ではそれだけの気力が枯渇してるから安全なんだが、
回復過程で自殺する程度の気力を取り戻した頃が一番やばい。
うつ病で自殺する者の殆どはこの時期なのだそうで。
更にそこを過ぎると今度は躁状態になってムチャやり始める。
小松左京もそうなればまた虚無回廊書き始めるかもね。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/18(日) 00:55
つーか、日本沈没の第2部はどうなったんだ


811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/19(月) 17:28
日本沈没の第二部は、
随分前に筒井康隆さんが書いてます。ふふふ。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/19(月) 20:46
そして日本沈没の第三部は同人誌で出てます。
友枝小以外全部沈没・・・ハァハァ

813 :果てしなき流れの名無し:2001/03/19(月) 21:50
日本沈没って、、また映画にするとか言ってなかったっけ?
CG使いまくりでやるのかな?

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/19(月) 22:49
>>811
日本以外全部沈没ね?

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/20(火) 00:11
>>813
それは「松竹沈没」のことかな?

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/21(水) 15:32
ここ数年、やたら「日本沈没」の文字がメディアで踊る。
ヤダヤダ。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/21(水) 23:00
日本沈没の再映画化はぽしゃったようですね。
監督には、大森一樹があがってたらしいから、実現しても
駄作だった可能性大。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/24(土) 06:08
個人的に「首都消失」を再映画化してほしい・・・・。
映画の質よりも、あの雲が首都を覆うってアイデアは
今でもおもしろいし・・・。
日本沈没はMMRやらトンデモやらで使われてて古いっしょ(w

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/24(土) 06:20
地味過ぎ。ここは一つ、エスパイを再映画化…。

820 :俺こんなのばっか:2001/03/24(土) 09:39
>>819
由美かおるは流石にもう歳だから
藤原紀香にバァーンと脱いでもらいたいのぉ〜

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/25(日) 01:43
819<それもっと地味だね(笑)

俺は短編の「お糸」の世界を軸に作家達がなんか作って
ほしい。
前のこのスレに書いたけどどうしても天狗船の浮上シーンとか
見たいんだよなぁ。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/25(日) 02:08
派手に木星でもぶっ飛ばして、ブラックホールを弾き返すってのはどうだろう?

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/26(月) 08:59
なんか「ジュピター」まじでアニメ化しそう。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/27(火) 04:11
小松さんは自分の最高傑作をどれだと思ってるんだろうね。
やっぱ果てしなき〜になるんかな。

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/27(火) 23:51
スレを読み返すとこちら日本・・・が結構叩かれている様なので一言。
あれの初出は新聞連載です。(リアルタイムで読んでた。)
平行宇宙がどうのって話にも出来たんだろうけど、あえてあの程度に
留めたのは読者層を考えてでしょう。SF用語なんて全く通じませんから。

冒頭で引き付けて前半にヤマをちりばめて最後はあっさりってのは
新聞連載小説の基本ですね。

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/01(日) 03:38
誰も挙げてないが「雨と、風と、夕映えの彼方へ」が好き。

と思ったら>>649が挙げていた。

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/01(日) 06:23
角川社長、早く戻ってきて、トミノとアニメ作ってよ

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/02(月) 02:26
愛の空間はヌける

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 00:50
『さよならジュピター』今読んでます。
でも・・・めげそう・・・。
上巻のP.320辺り。

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 14:04
>827
そういや、最近のアニメはゴチャゴチャキャラクターがでてきて、
説明調で必殺技がでて、戦い合うのが規則みたいだけど。
ひどい話、クレヨンしんちゃんまでが戦ってた。
今のアニメオタクに合わせたら、なんでもそうなりそう。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 14:08
>>828
わかる!わかるぞ!(拳を握りしめつつ涙を流しながら同意)

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 14:20
> そういや、最近のアニメはゴチャゴチャキャラクターがでてきて、
> 説明調で必殺技がでて、戦い合うのが規則みたいだけど。

20年くらい前の話だな。

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/07(土) 02:09
「渚にて」の帯と最近出たその映像版
「エンドオブザワールド」にコメントつき。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/07(土) 02:18
というと、ホントの最近のアニメってどんなのなの?>832

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/07(土) 02:44
>>829
あれは、上はたるいだけ。下が真骨頂だにょ。

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/07(土) 02:45
>>834
ハーレム。でもパンチラ禁止。

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/08(日) 17:03
「威風堂々うかれ昭和史」出版記念AGE。
今まで語られてなかった小松さんの学生運動時代のこととか載ってて実に興味深い。
借金のカタに売り飛ばされた友達の妹を、マンガの原稿料で身請けした話とか。
・・・この体験って「少女を憎む」とかに関係あるのかな。

838 :坂本ちゃん@電波少年:2001/04/18(水) 05:22
今「果しなき流れの果に」読んでます。
凄いっす。面白いっす。
やっぱりさすがですねえ。

839 :おさかなくわえた名無しさん:2001/04/18(水) 05:30
−読んでいない方には少しネタばれですみません−
838さん、シンクロニシティ−!ではないですが、海外在住ですが
この本、外書古本屋から買って先日再読したばかりです。
あのくらくらするような時間感覚、いいですね。
まだ「日本沈没」前の作品ですが、それもおりこまれていたりして。
ラストのほうの21世紀(もう今に近いですね)の再開には号泣しました。

840 :坂本ちゃん@電波少年:2001/04/18(水) 06:46
今発売中の「ダカーポ」に小松左京氏のインタビューが
載ってますね。
実は読んでないんですが、そこに写真がのってて、
やせたというか、かなりおじいさんになったというかで
ちょっとショックでした。

841 :アラン・スミシー:2001/04/22(日) 12:04
「関西発・ラジオいきいき倶楽部」(JOBK)木曜日のレギュラー、立命館大学の
木津川計教授が、老人性鬱病の患者に「頑張れ」とはげましの言葉をかけるのは大変
危険きわまりないことで、故・桂枝雀師匠もそれがプレッシャーとなって、みずから
命を絶ったというお話をしておられました。

…気をつけましょう、みなさん…。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/22(日) 23:49
>>841
老人性じゃなくても鬱病患者さんに「頑張れ」は禁句。
ぼちぼちいきまひょ。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/23(月) 15:38
「虚無回廊」で、人工実存ってアイデアは面白かったんだけど、
でも本編に入ったら、ぜんぜん「実存的出会い」がなくて、がっかり。
異星人と出会うのはいいんだけど、おたがいスキャンしあって、
おたがい自己紹介しあって、行動を共にするんだったら、
そんなの「実存的出会い」でもなんでもないじゃん。
勘違いも誤解も含めて「実存的出会い」じゃないの?
円満に理解しあって、さらに花博みたいなサミットもできて、
どうやらSSの正体もわかったみたいです、と。
これからどうするの? サミットに参加しない相手を探すの?
それともアンジェラが訪ねてくるのを待つつもり?
代筆してほしいって意見も見たりするけど、
果たして「虚無回廊」にどんな可能性が残ってるの?

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/26(木) 13:28
>840
私も見ました。
なんだか晩年の横山やすし師匠(吉本をクビになって、近所の盆踊り大会にゲストとして
出演したときのVTR)そのものという感じで…。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/26(木) 19:25
>>842
でも読者に気づかわれてる作家って考えたら、
そっちのほうが痛々しくない?

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/30(月) 10:51
4月29日付け読売新聞読書欄でお姿拝見

無残!!

人前に出たくない理由がよく分かる…

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/10(木) 20:03
>>846
おひおひ、まさかこのスレこのままでおわるのかぁ、て、そりは嫌やからage

小松御大、元気に回復してきてるで。その写真は怪我してたときの写真やろ。

近影は「小松左京マガジン第2巻」に乗ってる。大きな本屋ならあるはずやか
ら見るべし。       ↑
      なぜ「2号」でなく「2巻」なのかは秘(藁)

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/10(木) 20:54
小松左京マガジンなんてあるんですか?
しらなかった

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/10(木) 22:24
小松左京マガジン

http://www.iocorp.co.jp/

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/11(金) 16:41
849の写真も、往時を知るものが見ると哀れを誘う

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/11(金) 22:55
まだまだ!
終わりだ、書かないって決め付けすぎ。
治って長生きしてくれるさ!
もうこうなったら書かんでもえーから健康で長生きしてくれんかな。
筒井康隆より先に、ってことになったら負けたみたいで気にいらん。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/11(金) 23:28
演劇版果てしなき流れの果てに、を見た人いる?
感想キボン

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 00:24
虚無回廊の3巻って出てるの?
ぜんぜン見た事ないけど・

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 00:45
>>853
発売日になっても近所の本屋にはどこにもなかった。
古本屋でも1度しか見たことないし。
結局注文して手に入れたけど。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 01:49
最初に読んだのが,「こちらニッポン」.二度と小松作品はよまん,と
決定して十数年.
市役所に「果てしなき..」が放置してあったので,久々に小松作品を読む.
感動,こんな文章を書ける日本人がいたとは!
小松氏,大きく見直しました.しかし,同じ人が「こちら..」を書いてい
るとはこれまた如何に..

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 02:00
虚無回廊の1、2も表紙の絵とか新装して新たに
発売されたはず。
私としては昔の方が好きです。
新しい方はなんかゴテゴテしちゃってるので

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 02:05
虚無回廊は「角川春樹事務所」です。
第三巻はまだハードカバーしかないはず。

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 09:00
「こちらニッポン」は小松作品の中でもワーストの類だから・・・
はるか上のほうで語られてます。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 09:21
そういえば「果てしなき流れの果てに」手に入れたくて古本屋漁りまくったなあ・・
その何ヶ月後ぐらいにハルキに収録されて複雑な気分だった。

860 :ゴエモン:2001/05/12(土) 10:31
「小松左京先生の古希と田中光二先生の還暦を祝う会」
この“と”ってのがなんか哀しい。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/12(土) 20:38
>>858
そうみたいですね.いや,しかしあの作品もオチ以外は楽しめたのですがね.
あれだけ引っ張って,あの閉め方は無いんじゃないか?

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/13(日) 14:28
痴呆症のお年よりに過度の期待をかけるのはどうも…

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/14(月) 13:51
「果てしなき」って外国作品と比べてもすごいのかなぁ?
俺としてはあのイメージだけでかーーーなり行けると思うんだけど。
ちなみにハードSFと比べて科学考証がどうのっていわれるのは我慢
ならないよね。

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 09:01
「果てしなき流れの果てに」は科学考証うんぬんよりも実存主義哲学との
絡みで考えるべき作品だという気がしてきているが、そう考え出すとその
続編たるべき「虚無回廊」3巻のあとがきは少々鬱。

あるいは、年のせいではなくあんな事考え出したので執筆が止まってしまっ
たのではないのか。

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 11:50
「果てしなき」は上り詰めてあの失墜していくイメージ
が、たまらん。
最上のSFマインドがあそこにあるんだよね。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 12:24
日本沈没といえば。
最近サンデーで始まった『ライジング・サン』って漫画、武論尊版日本沈没2なのかな?
数年前にも三浦建太郎と組んだ『ジャパン』っていう北斗の拳風味のやつもあったけど。

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 12:25
「果しなき流れの果に」はクラークの「幼年期の終わり」を意識しつつ
読むとその独自性、美点が見えてきやすい。

宇宙意志、宇宙の秩序、オーバーマインドなどに吸収されることを断固として拒む
アイ、ルキッフ、Nの人物像はまさに「実存」への関心からうまれた人物像だと
思う。

「虚無回廊」にしても、遠藤は延命措置を拒絶し、<HE>は遠藤の死後地球との
コンタクトを断ち、<HE>内部では副人格が独自の性格や性別を持ち始め、って
ところで、共同性や全体性に回収できない<個>の観念や特異性についての関心
が見え隠れしてる。

今はなかよく知性体サミットみたいなことやってるけど、そのうち秩序とか安定性に
宇宙規模で敵対する魔物のようなものが出てきて、HEはそれに地球人的な共鳴と
反発を抱きながら対峙することになるのではないか…とか予想する。

…ってこれじゃ「結晶星団」そのまんまじゃん(汗)。その先までは予想できないけど、
その先こそ読みたいな。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 22:10
福岡で昔、深夜に「日本沈没」を放送してた。
そしたら関西淡路大震災が起こって、
放送は中断された、と思う。


869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/17(木) 22:13
>>867
実存主義? それとも実存?
サルトルの「実存」って、そんなんだったっけ?
ハイデガーの「存在」だったら、言ってる意味はわかるけど。


870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 15:45
虚無回廊が小松さんが死んで(失礼)未完になったら
手塚治虫の火の鳥みたいにカッコイイじゃん!

でも続き読みたいんだよねぇ・・・

871 :速報!:2001/05/21(月) 16:05
870が現実に…

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 16:24
>>871
いい加減なこと言ってんならタダじゃおかねえぞ。ソース出せや。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 20:29
げ!本当だった…。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 21:35
…ご冥福をお祈りします。
鬱出し脳…。

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 22:07
なに?最中ですか?

876 :星新一:2001/05/21(月) 22:25
ソースどこ?
まだ見えないようですが…?

877 :73:2001/05/21(月) 22:38
なんだよオイ。だれかなんか言えよ。
まさかね。じょうだんじゃねえぞ。
てきとーな所で止まるなよ。


878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 22:40
デマですな。
ソースがどこにもあらへん。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/21(月) 23:07
そうなら悪質だ。


880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 00:02
>>871
早く出てきてソース教えてくれ。
>>873
君も。
嘘だったらしばくよ(怒

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 00:45
で、ほんとのところはどうよ?

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 00:53
まあ、もしホントなら明日の朝刊に訃報がのるよ。

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 02:42
冗談でも許せんが

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 02:54
じゃあ、オフィシャルページにチクっとけば?
名誉毀損はたしか親告罪。

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 03:23
ショックで本当にポックリと…。

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 09:37
ガセばらまいてる奴いいかげんにしろよ。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 10:44
つかマジあの作家がいなくなるなんてかんがえられん

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 12:10
書かんでいいから長生きしておくれよう。
いつまでも猫と遊んでてくれ〜。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 17:37
>>843
どうでもいいがこの手の疑問形ばかりで埋め尽くされた文章見ると
むかむかくるな。誰に文句を言っているのか知らんが(小松氏だろうけど)
だったらこんなところで聞いても無駄だし、そうではなく誰かと
意見の交換をしたいんだったら少しは自分の解釈や見解を
示さないとクレクレ君みたいで馬鹿みたいだな。

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 18:28
>>889(870-888)
あー、もう辛抱たまらん。(笑え、皆。どうせ俺はアホや。)

チミねぇ、こんな空しいこと、よーしてるなぁ。
ここまでして相手して欲しいのか。

やったら
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=987895803&ls=50
に行けよぅ。

もう、こう書き込んだ以上、そこでチミの相手したるわ、やけくそで俺。
もし、俺がめげても、あそこなら相手してくれそうな珍しい人が他にも
いそうや。(藁)

え、なんやて、前からあそこにもいてるてぇ・・。

  おお、神様、どうか彼の魂を救いたまえ。

891 :888:2001/05/22(火) 19:46
? >>890
よくわからんので詳しく。

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 20:01
>>890
どうした?落ちつけ。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 20:10
てか、作品の話に戻ろうぜ。
ここ田舎だからなかなか小松左京の本がなくて困ってるのよな。
ハルキ文庫『物体O』探して何軒も回ったがまだ見つからないんでやんすよ。

894 :890のアホ:2001/05/22(火) 20:15
>>891
まあ、恥ずかしくもあんなこと書いた以上しょーないか、相手しよ。
99、99%そうやろなー、と思いつつ返事差するわ。俺アホやから。

870−889(869.891もたぶん)は自作自演でしょ。

万一、888が違うというならよく過去ログを見てから発言するよーに。

もう、俺、宇津だから屁こいて氏ぬわ。

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 20:23
888だけど、思い込みだよ。877,879もオレだもん。
ハルキ文庫は売ってないね。首都圏だけじゃない?


896 :893(なんじゃこりゃ):2001/05/22(火) 20:27
>>895
いや、惜しいとこまで逝ったんだけど『物体O』だけ綺麗になかったのよ。
また探すけど…なんとなくだけどあんまBOOK OFFとかで買いたくないんです。

897 :うりりん:2001/05/22(火) 20:28
>>895
九州の田舎の市ですが
ハルキ文庫ぐらいは売ってます(揃ってはいませんが)

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 20:34
へー。うらやまし。
うちは九州のもっとイナカ・・・と。しくしく。


899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 20:34
北トーホグは少ないです、ハルキ文庫(TдT)

900 :890のアホ:2001/05/22(火) 20:50
>>895
そうやったか。スマソ・・・、て、やっぱりそれ以外はそうやと思うが。
・・・今度こそ改めて氏ぬわ。


ただし22時間ほどで生き返ると思われ(藁)

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 21:46
>>900
どうもあなたは強烈な電波を受信しておられるようですね。
独自に得た情報が多すぎて、神ならぬ身としては
何をおっしゃっているのかさっぱり分かりません。

ところでハルキ文庫といえば、私は「復活の日」だけ
手に入れていないのですが,刊行されているのですよね?
都内で置いている書店をご存知ないですか?

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 21:58
>>898
本も営業力の差がでるからねぇ。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 22:41
>>900
気持ちは解るが我慢しろ、無視だ。本線に戻れ。

>>895
そういうことだ。もう少し気をつけてレスしてくれ。頼む。


904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/22(火) 23:53
「果てしなき流れの果てに」に戻ろう。
身びいきだろうが、個人的には、あるいは20世紀最大の文学作品かとも思う。

20世紀は、この地球上に史上最大の大嵐が吹いた時代であった。
西欧文明による繁栄と同時に、最も悲惨な残虐行為が行われた時代でもあった。
それを支えた哲学、としての「実存主義」という考え方から語ってみてもよい
のではないか。

「果てしなき流れの果てに」はそれを肯定しているように思える。
しかし、その続編たるべき「虚無回廊」ではどうなのか。

実存などというものが本当に「ある」のか。それとも(3巻のあとがきで
語っているように)とんでもない勘違いなのか。

そのへん、小松左京自身の結論を聞いてみたい。

頼みます。続きを書いて読ませてください。お願いします。小松先生。


905 :>904:2001/05/23(水) 20:36
琵琶湖の深刻な水質汚濁を「放っときゃ二億年で治る」とのたまった小松センセイですから、
二億年もすれば読めるようになるんじゃないですか。


906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/24(木) 15:09
なんか日本SFも小松さんも「果てしなき流れも果て」
を見てしまってもうこれ以上、上に昇れないような気が…。
それぐらいの作品ということだね。

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/24(木) 20:03
二億年もたてば現在の問題はなくなってるわなぁ?

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 14:27
>>905
いやでもこの二億年発言、いいとこついてると思います。
いわゆる「地球に優しい」なんて、結局人間が自分に住み良い環境づくりを考えてるだけ。
二億年など、人間にとっては膨大な時間でも、地球の一生からみればほんの短い時間なのだから、
たかだか二億年で消えてしまう程度の環境破壊しか出来ないくせに「地球に優しい」などとのたまう
のは笑止千万。

どうでもいいけどオンデマンド版小松全集高すぎるぞ。二冊製本してもらっただけで壱万円也。

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 18:42
じゃあ、君が琵琶湖の水を飲め。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 19:36
>>908
古い。10年前までの論理。


911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 15:15
原発肯定論者だしなぁ…。

以前、対談か何かで泉谷しげる氏にその考えをたしなめられた、とある講演会のTV中継(録画?)
でおっしゃっていたような気がするのですが…。何しろうろ覚えですみません。
ご覧になられた方、いらっしゃいます?

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 15:23
実際、原発は上手く使えばベストな選択だろ。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 15:26
謹んでご冥福をお祈りします。

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 16:07
亡くなったの?!

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 16:52
>>911
それはしゃーない。日本の原子力マスコミの草分けでもあるからね。
原子力専門の業界紙(発行元は総会屋だったそうだが)の立ち上げに
関わったことを言ってるんだけど、その時に相当専門的な勉強をした
みたいだし、それがバックボーンになっての意見だろう。
言い方が悪いが、市民感覚の原発否定論じゃ動じないと思う。

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 11:28
酒たったら鬱なおったって。
夏の大会行くみたいだ。帰れるかどうかは知らんが。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 14:44
つか泉谷しげるに原発のナニが判るというのか(藁

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 09:21
>>916
そのかわり酒やめたら体重が10キロ増えたという未確認情報(藁)

うう、あの年で体型が元に戻っていいのか。かえってちょっぴり不安。

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 15:36
身長も20センチのびて朝だち、ニキビが出た………わきゃあないか。

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 18:59
一番下になっている。不思議なのでage
もしかしたら新スレ立てろということか?

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 19:02
>>920
「筒井ベスト」も下がっていたような・・・

922 :1:2001/05/28(月) 19:42
ここまでよく続いたね、新スレへお引越しです。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=991046243&ls=50

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 19:45
新(続)スレ立てました。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=991046243

みなさんも、荒らしたんも(火暴)続けてどうぞ。

次回800を踏んだ人第3巻よろしく。
(いつになるか判らないけど(藁))
800越えるとサーバーの負担が大きくなるらしいよ。

ということで終了。終了時間は1年4ヶ月でした。ああ、またーり。

924 :923:2001/05/28(月) 19:50
あ、かぶった。
おまけに住所の最後に &key&ls=50 つけるの忘れた。ゴメン

925 :1:2001/05/28(月) 20:32
もう、1年4ヶ月も経つのか長かったのか短かったのか、
まだまだ語るべきことがある筈です、虚無回廊完結まで続けばいいなあ。

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)