5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最近本読み出した高校生はなによめばいい?

1 :無名草子さん:02/03/19 02:32
春休みなんでほんよみたいんですが
なんかいいのありますか
村上ドラゴンはひととおりよんだけど
漏れはけっこうおもしろかったと感じたんだけど
いろんな系統で教えてください


2 :無名草子さん:02/03/19 02:40


3 :無名草子さん:02/03/19 04:07
>>1
赤いロウソクと人魚、オツベルと象辺りはいかがでしょう?

4 :無名草子さん:02/03/19 04:26
椎名誠の「白い手」「岳物語」

5 :無名草子さん:02/03/19 06:20
カラマーゾフの兄弟

6 :無名草子さん:02/03/19 12:41
>>1
投稿熱写ボーイ

7 :無名草子さん :02/03/19 12:49
とりあえず「このミステリーがすごい」等のガイド本を読んで、
自分の好みにひっかかりそうな作家を発見することをお勧めします。

あとは作家や評論家が出している書評集ね。
男性なら小林信彦、女性なら中野翠の書評が私の好みですが。

8 :無名草子さん:02/03/19 13:04
北杜夫

9 ::02/03/19 13:12
ズバリ小説はつまらないし時間の無駄ですので
受験参考書をよむ事をお薦めします
それ以外でしたらノンフィクションやら思想などをよむように

10 :無名草子さん:02/03/19 13:20
まず出版社の解説目録を集めまくって、読みまくってくれ。
出版社や書店の担当者を煩わせる痛みがあるけど、全部タダ。
読書論もいろいろ出ているだろうから、それらも読んでみれば?
本っちゅうてもいろいろ種類があるし、読む目的もいろいろだし。
私としては、流行の軽薄な本よりも、若いときに頭を使って考えつつ
読む本に当たる方がいいと思う。

ただし、特定著者の信者になるのは考え物。
どうせ一般人が背伸びしてもたかが知れてる。
現在流行の作家だの言論人だの、いろいろいるだろう。
でも、どういう風にしてそれらの人達の名前や分布地図を
入手するか?
また、これらの人たちは、売名や内ゲバ、足の引っ張り合い、
こき下ろし、平気で間違う、極論を吐く、等悪いクセがある。
彼らの中に加担しない事か。自分の心がみにくくなる。


物語って分け方したらいろいろある。
小説(岩波の赤版とか)・漫画・演劇・映画・ゲームって。

自分としてのお薦めは、
@『日本残酷物語』。何冊か出ている。宮本 常一らが関与している。
A『カラマーゾフの兄弟』『白痴』『悪霊』『罪と罰』のどれか。
B『アローン収容所』(中公文庫)
C『ぼくんち』『はれた日は学校を休んで』(これは漫画)

あとゲームだと、
プレステ(2だっけ?)で出た
D『果てしなく青い、この空の下で…』が、傑作。

11 :無名草子さん:02/03/19 13:22
俺の好きな本だが

林房雄「大東亜戦争肯定論」
平井和正「狼の紋章」「狼の怨歌」「狼のレクイエム」
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」


12 :無名草子さん:02/03/19 13:31
春休みの間に毎日彼女とSEXしろ!
高校生のうちに十分にやっておくべきなのは、1に恋愛とSEX、2に受験
勉強だ!
受験勉強は、実は将来(大学生、社会人になってから)の読書におおいに
役立つ。
本を読むのは良いことだ。この板や文学板でよくみかける「アンチ読書スレ」
に惑わされてはいけない。
しかし、基礎知識がなければ文学にしろ哲学にしろ、いまいち理解できなか
ったりする。学校教育を十分にマスターすることが、大学受験にも役立ち、
将来の読書にも役立つのだ。

13 :無名草子さん:02/03/19 13:37
精神と物質

14 :無名草子さん:02/03/19 13:49
>13
それつまんなかったぞ

15 :無名草子さん:02/03/19 14:16
SFなら石原藤夫『ハイウェイ惑星』(デュアル文庫)が面白い。

16 :無名草子さん:02/03/19 14:47
本は自分で自由に読めても、女は誰とでもSEXする訳ないだろう。
一方では平気でグチュグチュ汁垂らして「アンッ」とかハメまくるくせに、
他方では強姦された、とか言う。ホント、女って嫌な生き物だよ。

若いうちは、欲望を敢えて我慢する練習もしとく方がいいんでないか?
1に読書、2に受験勉強だろ。本の女は現実の女と違って
汁もアカもクソも出さないけど、イイ(゚∀゚)!!!!

17 :無名草子さん:02/03/19 14:48
つまり女はクソするし、男のえり好みもするし、自分勝手なの!

18 :無名草子さん:02/03/19 14:49
だからヤなの。以上。

19 :無名草子さん:02/03/19 14:51
わ け わ か ら ん よ う に ス レ を も っ て く な

20 :無名草子さん:02/03/19 14:54
ミニミニドラゴン山川健一でも読んでろ!

21 :無名草子さん:02/03/19 15:27
小林よしのり「戦争論」を読みましょう。
難しそうに思われてるけど漫画だから読みやすいし、頭もよくなります。

22 :無名草子さん:02/03/19 16:14
マジレスだが、世界(日本)文学名作全集みたいのを一通り読むことを薦めます。
名作という定評のあるものを、
作家、時代、地域を限定せずに幅広く読んだ方がよい。
そういうことが可能な時間と意欲のある時期は、
高校生くらいを逃したら一生ないよ。
そして、そういう体験がなければ後々きっと後悔するはず。
そのあと何を読むべきか、あるいは読みたいかという応用問題は、
自ずと解答が見えてくるはず。

23 :無名草子さん:02/03/19 16:41
福田和也の作家の値打ちは、いろいろ問題あるかもしれないけど、ガイドとしては価値があるんじゃないかな

24 :マジレスするよ?:02/03/19 16:45
>>21
その通り。
日本人なら誰でも読むべき本だと思う。

25 :24:02/03/19 16:46
をおおおぉぉぉぉぉ名前欄に書いてしまった!

26 :無名草子さん:02/03/19 16:59
いまさらと言われても、ヘルマン・ヘッセは読んでおいたほうが良いと思う。
この人の本には、静かに人を刺す刃物がある。

27 :無名草子さん:02/03/19 17:09
>>23
ああいうエエカゲンな通知票本で先入観をもってしまっては悲劇だ。
高校生にはお勧めできない。

それよっか、たしか最近、日本SF学会(だったかな)が
『SF入門』っていう本を出しはず。これは小説だけでなく
映画なんかのガイドにもなっているらしいから、読むと
面白いと思うよ。

28 :無名草子さん:02/03/19 18:04
司馬遼太郎「竜馬がゆく」

29 :無名草子さん:02/03/19 18:09
バガヴァッド・ギーター

若いうちに読んで損はない。
俺は大学時代にこれに出会い結果を恐れて弱気になった時世話になったものだ。

これを経典とした妙な宗教団体もあるがそれは無視してよし。

30 :無名草子さん:02/03/19 20:39
女の悦ばせかた

31 :無名草子さん:02/03/19 20:48
マジにおすすめ。
「GO」

32 :無名草子さん:02/03/19 20:58
マジにおすすめ。
「私も朝鮮人になりたい!」

33 :1:02/03/19 21:28
>>4
岳物語読破
読みやすかったけど内容的には10点中3点ぐらいです
子供がいたらまた違うと思うけど・・・
続岳物語はお勧めですか?
あと「白い手」は

尚勝手な感想なので点数は参考にならないとおもわれ。

34 :無名草子さん:02/03/19 21:46
>>33
椎名スレの下半身はおいといて。
椎名スレに出てたけど岳のその後を知るとかなり萎える作品では有る。
出たときは私もいい作品とおもったんだが。


35 :無名草子さん:02/03/19 22:13
マジにおすすめ
アルジャーノンに花束を
有名すぎると逆に読まず嫌いしてそうな人多いし。
これはオススメだぞ。
個人的に、長編よりも短編(「心の鏡」収録)のがすっきりしてて読みやすい。
でももっと泣きたいなら長編をどうぞ。

36 :無名草子さん:02/03/19 22:41
北杜夫はお勧め。
特にユーモラスで切ない「どくとるマンボウ青春記」が一押しだな。
小説なら「楡家のひとびと」も良いよ〜。

37 :無名草子さん:02/03/19 22:59
学校教育ではほとんど無視されている「世界文学史」をきっちり勉強しておきま
しょう。
新書館「世界文学101物語」がおすすめ。

だけど学校では日本文学史は教えるし受験にも出るのに、世界文学史は「国語便
覧」に2〜3ページ載ってるだけだね。

38 :無名草子さん:02/03/20 00:13
オレは以前、哲学や思想の入門的な知識をコンパクトにまとめた本がないかと探し
たことがあったが、イマイチちょうど良いのがなかった。
最近、斎藤美奈子(だいぶ前の文藝賞受賞者)の「読者は踊る」を読んで、「へた
な『哲学入門』の本よりレッスンプロの本だ。チャート式『倫理』をすすめる」み
たいなことが書いてあったので買って読んでいる。
チャート式、というのはあの「チャート式数学T」とかいうのと同じシリーズの受験
参考書のチャート式だ。

オレはもう30過ぎだが、いまさらながら受験参考書を買ってよんだりしているわけ
だ。小説を読んでいても、古文をちゃんと勉強していたら明治以前の作品も現代語訳
ではなく読めただろうとか、歴史も勉強しておくべきだったとか、小・中・高で全然
勉強していなかったことを後悔している。

オレは9が言うような小説は役立たないといった考えには反対だし、小説はすばらし
いものだとは思うが、高校生とかだったら「受験のため、大学入学のため」の勉強に
徹することが結局は小説・文学を読むためにも役立つと思う。

オレは、「学校の勉強以外の本は読むな」「学校の教科書だけ読め」ということを子
供のころに言われ、それに猛反発して、コソコソ隠れて太宰を読んだりした。今でも
「子供は本をよむな!」というあの言葉はムカつくし、思い出しただけで頭にくる。
ただ、それとは別に、やはり小・中・高の勉強はしっかりやっておくべきだったとも
思う。文系ではなく、数学・理科といった理系の科目も。オレは大学は文学部だった
が、理系の大学に行きながら文学青年をやる、というのも良かったかもと思っている。

39 :無名草子さん:02/03/20 00:31
ヴァレリーの「テスト氏」

40 :´_* <書評してくれ!:02/03/20 00:54

自分の知ってる本のタイトルばかり紹介されても、分からんヨ。
ちゃんと紹介もしてくれ!他の人の紹介でも、何か言ってやってよ!

41 :無名草子さん:02/03/20 01:49
>>27 :無名草子さん :02/03/19 17:09
早川書房から発売された『SF入門』ですね。日本SF作家クラブ編。
SF板でもスレが立ったけど、マニアックな記事にページを割きすぎて、
初心者さんにはあまりお勧めできません。どこが入門や、ゴラァ!って感じで。

ただ国内、海外のベスト10作品は古典がメインのリストになっているので、
このページだけ図書館ででもコピーして使ってください(藁

>>38
斎藤美奈子さんの新作、「文章読本さん江」も文学評論としては秀逸。
だけど読み手も一連の有名小説を既読であることを前提として書かれているから、
初心者さんのブックガイドになるかはちと疑問なり。

高校生なら「文豪」と呼ばれる人たちの名作を読んでおこうよ。
とっつきにくい印象があるけれど、100年経っても読み続けられる力があるだけ、
やはり面白い。先ずは夏目漱石の「我輩は猫である」から。
実はユーモア小説なんだよ。飼い主の先生のボヤキや猫のへへんとした視線が笑えるよ。
これ。

42 :ジャッコ:02/03/20 01:54
「シャーロットのおくりもの」

児童書ですが・・・べいぶ よりは泣けるかもよ

43 :無名草子さん:02/03/20 02:11
開高健の「白いページ」を腹を空かせた状態で読め

44 :無名草子さん:02/03/20 02:24
平松伸二のブラックエンジェルスおすすめです。

45 :マジレス:02/03/20 02:35
正法眼蔵


46 :無名草子さん:02/03/20 02:47
>23 遅レスだが激しく同意。俺は福田さんと会ったことあって
どっちかというとファンでもあるが、「作家の値打ち」は、日本の
代表的な作家を一通り読んだ人が「うはは、確かにインザミソスープはXX点!」
とかやって笑う本だと思われ。

高校生が読んだら変な先入観ついちゃうよねぇ。

47 :46:02/03/20 02:54
>高校生が読んだら

訂正。「あまり色んな作家の本を読んだことのない1のような人が読んだら」に訂正して。
別に高校生がどうこうではないです。

48 :無名草子さん:02/03/21 23:28
あげ    

49 :無名草子さん:02/03/22 00:32
「失われた世界」(コナン・ドイル)
「23分間の奇跡」(ジェームズ・クラベル)
「戒厳令の夜」(五木寛之)
「5分後の世界」(村上ドラゴン)

高校生に限らずこれらは幅広い世代の方に読んで欲しい。
そう考えます。

50 :無名草子さん:02/03/22 00:39
児童書でいいならダールのでも読んでみ。
スッキリするよ〜〜〜〜。

51 :無名草子さん:02/04/03 12:14
age

52 :無名草子さん:02/04/03 12:57
バカはサイレンで鳴く

53 :最近本読み出した現役高校生:02/04/08 21:14
私が今まで読んだ中で面白いと思った物

後藤竜二「のんびり転校生事件」
森絵都「カラフル」 「つきのふね」
ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」
北杜夫「船乗りクプクプの冒険」(だっけ?)
中島らも「ぷるぷる・ぴぃぷる」

あくまで私個人の意見なので、まぁ参考程度にどうぞ。

54 :無名草子さん:02/04/08 23:31
春休み終わったよ。

55 :無名草子さん:02/04/08 23:35
是岡秀樹
「惨敗道書店」
隠れた名作

56 :無名草子さん:02/04/08 23:37
「竜馬がゆく」司馬遼太郎は高校時代に読みたかった

57 :無名草子さん:02/04/08 23:37
室積 光「都立 水商!」

58 :わかぎえふ? :02/04/08 23:38
中島らもの著書すべて読みなさい

59 :文責:名無しさん:02/04/09 00:04
江戸川乱歩全集
全部読んだ場合トリックの使い回しが多くて、これ以上推理物を読みたく無くなる。

60 :・・・:02/04/09 18:27
ダレン・シャン!!!
泣けるし感動するし・・・・もう、たっくさんの感情があふれ出す・・・
ぜひよんで!映画化もするし。6月に著者が来日するからきっとどこかで宣伝されるはず。

61 :無名草子さん:02/04/09 18:36
>>60
おまえ氏ねよ。

62 :・・・:02/04/09 22:07
>>61
はァ?なにいってんの??
なにが「氏ね」だよ。字まちがえてんじゃねーょ。
おめーは幼稚園児か?(笑い)        △  △
               キャハハハハ(^▼^)クソヤロウ


63 :無名草子さん:02/04/09 22:10
あれ。
とりあえず>>62さんは、初心者板行った方がいいかも・・・・。

64 :無名草子さん:02/04/09 22:16
>>41
遅レスですが、あなたの文章を拝見すると、わたしの知り合いか?と思えてきた。
違うかもしれないけどね。

65 :無名草子さん:02/04/09 22:20
>>63
2ちゃんねるも来月で3年だからねえ。
間口が広がりすぎというか。
仕方ないけど(藁

66 :無名草子さん :02/04/09 22:41
>>65
ていうか、ネタだろ?

67 :無名草子さん:02/04/12 20:57
あげ

68 :無名草子さん:02/04/12 21:33
自分が高校生の時は、
鴻上尚史の戯曲やエッセイばっか読んでた。
すごい影響された割に、コレ!って内容をあまり覚えてないが
「朝日のような夕日をつれて」の冒頭とラストの台詞は、好きだ。

ともあれ偏読せずに、エロ本、新聞、漫画、週刊誌、小説、エッセイ等、
ちょっとでも興味のあるものは、なんでも読んでみるだわね。
得るものは何かしらあることでしょう。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 21:53
>>1

高校生として読んだほうが良い本を挙げる。

1.『めちゃ2 イケてる』 ナインティナイン:岡村隆史著

2.『日本民族主義』 爆笑問題:太田光著

3.『人生論』 トルストイ著

4.『新資本論』 大前研一著

70 :無名草子さん:02/04/12 22:19
SFを読みなさい。SFはいいぞう。

71 :無名草子さん:02/04/12 23:03
有斐閣の民法・刑法の入門書あたりからスタート。
(経済系でもいいけど)
将来、法曹か会計士になれるよ。

72 :タッカー:02/04/12 23:34
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1016597400/l50
サヨナライツカを読みましょう。


73 :文責:名無しさん:02/04/13 00:02
>>69
3.以外はやめたほうが・・・

74 :無名草子さん:02/04/13 00:47
塩狩峠と氷点はこの多感な年頃に読むと考えさせられていいよ。

75 :蔵原:02/04/13 01:54
罪と罰

76 :無名草子さん:02/04/13 02:05
『深夜特急』沢木耕太郎著(新潮文庫)全6巻。
以前、あるテレビ番組で、お笑い芸人二人が、ヒッチハイクでユーラシア大陸を横断するというのが放送された。
その企画の土台となっている。
沢木氏は、インドからイギリスまでの旅程を、路線バスや鉄道、船舶などの公共機関を使って、旅行した。
その旅行記が、この『深夜特急』である。
必読の一冊であると思う。


77 :無名草子さん:02/04/13 02:19
http://www.eurus.dti.ne.jp/~hiroya

http://www.maromaro.com
ここらへんが書評のってるよ

78 :無名草子さん:02/04/13 04:48
>>1
マジレスすると夢野久作の「ドグラマグラ」読むと良いよ。
この時期に読むと考えさせられる。

79 :無名草子さん:02/04/13 05:10
こういうスレって定期的に立っては消えていくよな…。
春休みは終わったけど、とりあえず
このスレでも読め。↓

屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説は?Part2
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1003495679/-100

80 :無名草子さん:02/04/13 05:22
高校生なら、国語や社会科の教科書および便覧とかどうよ。
中学のときからのやつ、授業や勉強とかの縛りなしにマターリ読むと結構面白いぞ。
それで、面白そうだなとか、続きが気になる話があったら、
本屋行ってその本や関連の本を買う。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 18:16
高校生なら、

『ぬれぬれ妻の午後』
『28歳OLの悲劇』

『家出少女の悲劇』

『朝鮮民族性奴隷』

とか読めよ。

82 :文責:名無しさん:02/04/13 23:33
>>81
そんな本あるんか?
「発情期 ブルマ検査」松平龍樹
エヴァンゲリオンについて作者の思いをヒロインがあえぎながら語ってくれます。

「アイドル声優 僕の童貞喪失」睦月影郎
オタクがアイドル声優の車にひかれそうな美少女を助けて
美少女の母親も含めて3人食っちゃって、イケメンになって就職する
というある意味極めた内容です。

83 :無名草子さん:02/04/16 23:46
>>82
>イケメンになって就職

何処に就職するんだ〜(藁
睦月影郎、名前は知ってるけど未読だし、読んでみたい。

84 :無名草子さん:02/04/17 10:29
☆★☆中高生にオススメの本☆★☆
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1002010507/-100

85 :無名草子さん:02/04/17 13:06
村山由佳の作品を読んで下さい。

86 :無名草子さん:02/04/17 13:10
とりあえず☆新一読めや!

87 :無名草子さん:02/04/17 13:12
神曲がいい。

88 :無名草子さん:02/04/17 13:29
橋本治『青空人生相談所』

89 :無名草子さん:02/04/17 13:54
もうすぐ受験だろ? すぐじゃなくても2年後には受験だろ?
対策として『受験慰安母』(フランス書院)を読みなさい。
読みやすくてなおかつ重厚な物が好きならば、
遠藤周作とか北杜夫あたりの代表作を幾つか読んでみなさい。
でもフランス書院読まずに純文学ってのは良くないよな。

90 :無名草子さん:02/04/18 00:38
>>36
同意
北杜夫「どくとるマンボウ青春記」いいよ。

>>80
これも同意
便覧の類はとりあえず必読かも。
読み物としてかなり面白いかと。

91 :無名草子さん:02/04/18 01:30
「虎よ、虎よ!」(アルフレッド・ベスター、ハヤカワ文庫SF)は絶対おすすめ。
結構昔に書かれたSFだが全然古くささを感じさせない、エンターテイメントの傑作。
あとは「スキズマトリックス」(ブルース・スターリング、ハヤカワ文庫SF)かな。この二つは
自分の中で双璧。

92 :無名草子さん:02/04/18 01:45
ベタに太宰とかドストエフスキーとか読んでください。
短い話が好きなら、これまたベタに芥川でも……。

93 :無名草子さん:02/04/18 03:21
バロウズを読もう。高校生らしく

94 :無名草子さん:02/04/18 03:45
>1
バトルロワイヤル(小説)
マジで。

95 :無名草子さん:02/04/18 19:59
ここで挙げられている以外の本。マジで。

96 :無名草子さん:02/04/18 20:01
>>95が挙げた以外の本。マジで。

97 :無名草子さん:02/04/18 20:09
エリアス・カネッティ

98 :ニセ親父:02/04/18 20:52
これからの若人は、すべからく国際人にならなければならない。
国際人に必要なのは、「世界情勢」「経済」「英語」の3つだ。

まずは、落合信彦の主著作で国際情勢に関する知識を得、さらに長谷川慶太郎
の本で経済を極め、そして渡部昇一センセの英語本とNOVAで英語ペラペラにな
る!さらに渡部昇一センセのめいちょ「知的生活の方法」を読めばあなたもはれて
国際人の仲間入りです!

99 :似非ムスコ:02/04/18 20:54
>>98
そんなの読んだら、きなくさい人になりそうだな。

100 :無名草子さん:02/04/18 21:02
国際人になる必要のある人とない人がいて
すみわけをする必要が、あるということをこの際高校生諸君は頭に叩き込みましょう。
やっぱり・・・ヘッセとか?小説関係は青年向けのが結構あるからね。
世間から張られてるレッテルどおりの選択してもよいかと。
高校生だったら面白い科目の延長線上の本を読むとか、ありだと思います。
特に社会理科。歴史好きの人が読んでおいたほうがいい本とか
生物好きな人は進化論とか遺伝とか、そういうの読んでみるのもよいかもね。

101 :無名草子さん:02/04/18 21:08
窓際のトットちゃん

以外とおもしろい。

102 :ニセ親父:02/04/18 21:20
国際人になるには、ある程度の日本史の知識も必要だ。

まずは、日本史のおおまかな流れを汁には西尾幹二「国民の歴史」と
井沢元彦「逆説の日本史シリーズ」、古代史は「はじめ人間ギャートルズ」で
バッチリさ!

103 :無名草子さん:02/04/18 21:21
「陰獣」

104 :無名草子さん:02/04/18 21:29
歴史はあまり偏ったものから読みはじめないほうがいいですね、一般的にいって。
というよりむしろ、歴史というものは常に権力の支配手段として、
大衆のナショナリズム形成手段として、また外交カードとして利用されるものであり
情におぼれたりする対象ではないという認識を身につけるのもよいかもしれませんね。

105 :無名草子さん:02/04/18 21:33
102と104二人ともコワー

106 :無名草子さん:02/04/18 21:39
筒井康隆の「大いなる助走」
小説にのめりこむ前にこれを読んで
文壇がいかにドロドロしているか・・・に想像を膨らませるのも
一興ですね。
筒井は毒が強いので好みが分かれるところです。
しかし作品も多様なので、一概には言えません。
高校生なら文庫本手にとって一読してみるというのもいいと思います。

107 :ともチャン:02/04/18 21:50
テリー・イーグルトン

108 :無名草子さん:02/04/19 12:45
>>106いいかも。
筒井なら短編『御手淫船』。
オナニーに目覚めた高校生のキミに!

あと、とっても鬼畜な『村井長庵』もオススメです。

109 :無名草子さん:02/04/23 23:05
アメリ・・・映画化されたあれです。実に読みやすい。主人公のアメリかわいいよ。

原田宗典のエッセイ・・・くだらなく面白い。読んでて愉快。この人は小説よりエッセイの方がいいと思う。

宮本武蔵・・・バガボンド原作の吉川英治の奴。バガボンド読んでりゃ面白く感じるはず。

桜井亜美の本・・・女子高生なら共感できる部分あんじゃないかなぁ。個人的に「ガール」「エヴリシング」「ヴァ−ミリオン」がお勧め。

110 :無名草子さん:02/04/23 23:12
山田詠美の「ぼくは勉強ができない」
は教科書にのっているのかな?
全部よんで、いい男になってね。
意外と「罪と罰」もお薦めよ。

111 :無名草子さん:02/04/23 23:14
呉智英「封建主義者かく語りき」
西部邁の諸著作
オルテガ「大衆の反逆」
これ最凶。

112 :無名草子さん:02/04/23 23:16
山本文緒のプラナリア

113 :文責:名無しさん:02/04/24 00:43
>>111
呉作品はいいけど、西部やオルテガは最近本読み出した高校生には読めないよ。
罪と罰も原作はよっぽど読書になれた人で無いと無理。

だいぶ路線は変わるけど、竹内靖雄「経済思想の巨人たち」新潮選書。
古今東西の経済学者の略歴、思想についてかいつまんで紹介。
著者がハイエキアンなんで自由経済派びいきでマルクスボロクサに書いてるところも
いいと思ったりする。

114 :無名草子さん:02/04/24 00:46
意図的な奴がいるな

115 :無名草子さん:02/04/24 01:31
大槻ケンジのリンダ・リンダ・ラバーソウルは結構面白かった。
バンドマンの苦労が結構面白かったね。
最後はチョット切なくなった。

1日で読めるような本だから読んでみても良いんじゃない?

116 :無名草子さん:02/04/24 02:05
マドンナ文庫

117 :無名草子さん:02/04/24 02:11
教科書でも読んでればいいんじゃないのか?

118 :無名草子さん:02/04/24 02:27
田口ランディと辻仁成は最低でも読んでおけ
あとグインサーガを最初から全部


119 :無名草子さん:02/04/24 02:33
>118
ボケとしては微妙

120 :無名草子さん:02/04/24 03:05
>>118
漏れはチョットワラタ

121 :無名草子さん:02/04/24 03:10
霊界日記。

122 :無名草子さん:02/04/24 04:15
北欧神話

123 :無名草子さん:02/04/24 10:11
(∵)ホェホェホェェェェェ.........

124 :無名草子さん:02/04/25 21:15
村上ドラゴンの69は読んどけ

125 :無名草子さん:02/04/25 21:49
ウェストールの『かかし』読んで

126 :無名草子さん:02/04/26 01:01
ダン鬼E

127 :無名草子さん:02/04/26 08:36
吉田松陰『留魂録』

128 :無名草子さん:02/04/26 09:06
トニーパーカー
「アメリカの小さな町」(晶文社)正直、文学部にでも入って文学スノッブと
つるんで人生をこじらせようととしないかぎり「世界文学全集」みたいなものは
読まなくていいんじゃないかな。
翻訳の場合、何十年も前のものが改訂もされずにそのままになって
いる場合もあるし。
はっきりいって「カラマーゾフの兄弟」が人にすすめるほどおもしろいか
どうか漏れにとっては大疑問。もちろん読んで悪いことはないのだが。


129 :とりあえず嫁。:02/04/26 09:55

歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本
中川 八洋
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198615055/qid%3D1019782122/249-4294824-1250739
黄文雄
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-4294824-1250739
稲垣武
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%26field-author%3D%E6%AD%A6%2C%20%E7%A8%B2%E5%9E%A3/249-4294824-1250739
ポール・ボネ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%26field-author%3D%E3%83%9C%E3%83%8D%2C%20%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB/249-4294824-1250739


130 :ai:02/04/27 12:45
星新一か原田宗典から入って、
カフカ,カミュ,夏目漱石,太宰治,ゲーテ......
受験を控えてるんなら立花隆,加藤周一なんて合間に入れても損はない筈。

まぁ有名どころから読んでってみれば。
そのうち自分の好みもわかってくるだろうし。

131 :無名草子さん:02/04/27 23:23
age

132 :文責:名無しさん:02/04/27 23:35
立花隆はウソが多いんでやめたほがいいです。

133 :無名草子さん:02/04/28 08:19
広瀬隆

134 :無名草子さん:02/04/28 08:22
大槻ケンヂの「グミチョコ」と言いたいが、
安穏としつつそれでいて焦燥感を感じている盆暗学生には刺激が強すぎて素人にはお勧めできない。


135 :1:02/04/28 08:35
僕は村上春樹氏の作品が好きで、小説、エッセイ、翻訳、対談など、
ほとんど読んできました。また、村上氏が影響を受けたであろう作家の
作品もある程度読みました。
 村上氏の作品の魅力を端的に言うと、文章から得られるリアル感である
と思います。特に、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」まで
の作品については、どの文章も、読んですぐ頭に状景が浮かびます。
映画を観ているような感覚があります。登場人物の会話など、その場で
聞いているように感じます。読んでいて言葉がとても活き活きしている
のです。
 また、村上氏の作品は明と暗の部分がはっきりしていて、それが絶妙の
タイミングで配置されています。そのため、スラスラと読めるのです。
 さらに、言葉の発想がユニークであるのも魅力です。
変な例ですが、「ノルウェイの森」における『僕』と『緑』の会話に出てくる
『春の熊』の例え話が最高です。こんなことをサラッと言われると
女の子はステキと思うだろうなーと、感心させられます。なかなかこんな
発想は出てきません。
 しかし、「国境の南、太陽の西」以降の作品は、主人公の家族の話があるなど
他者とのかかわりが広くなっています。そのため、それ以前の活き活き感や
言葉のユニーク性があまり感じられなくなっています。おそらく村上氏は
内向的傾向の強い作家なのだと思います。多数人間のコミュニケーションや
血縁関係内での人のつながり等の表現に弱いところがあります。
『ねじまき鳥クロニクル』は最近の作品のなかでは良く書けていると
思いますが、やはり流れのスムーズさやユニークさにやや欠けている点が
あります。良いところと悪いところがあるのです。ノモンハンの話はとても
リアルですが・・・。でも、やはり個々的でも魅力はあります。
 村上氏の作品をずっと読んできた所為か、人を好きになるのといっしょで、
良いところも悪いところも好きになっているようです。作品の雰囲気が僕自身に
合っているとでも言いましょうか、そんな感じなのです。


136 :無名草子さん:02/04/30 01:50
>こんなことをサラッと言われると 女の子はステキと思うだろうなーと、感心させられます。

・・・・・・勘違い甚だしいと思われますが。

137 :無名草子さん:02/04/30 02:00
>>129
ウヨ拡大運動ご苦労様です.

138 :無名草子さん:02/04/30 02:07
本読むのは好きなのに、模試の現代文のテストで点が取れない、何故だ!
とお思いならば

石原千秋の著作
「秘伝 中学入試国語読解法」新潮選書
「小説入門としての高校入試国語」NHKブックス
「教養としての大学受験国語」ちくま新書
を薦めます。

点数悪いともっと勉強しろとか言われて面倒だからね。そうならないようにね。

139 :無名草子さん:02/04/30 02:30
小説作法の類を読むと、また違った視点で楽しめる。

シリーズ番号: 39
プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます ベスト新書
若桜木 虔 (著)
2002/03/01

物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室
G.ガルシア=マルケス (著), 木村 栄一 (翻訳)
2002/02/01

小説の技巧
デイヴィッド ロッジ (著), DaVid Lodge (原著),
柴田 元幸 (翻訳), 斎藤 兆史 (翻訳)
1997/06/01

140 :無名草子さん:02/04/30 02:57
カミュはわけわからんかったなぁ
ワイルドやバルザック面白かった。
カフカだったらやっぱり変身がおすすめ。

141 :無名草子さん:02/04/30 19:02
>>139
若桜木 虔 (著)

ヌゥ…

142 :無名草子さん:02/04/30 21:16
オーウェル

143 :無名草子さん:02/04/30 23:43
なんか上のほうで小説は読む価値がないといった内容のレスが
あったけど、そういう風に思ってる人って映画とかドラマとかまったく
見ないんでしょうかね

144 :無名草子さん:02/05/01 02:13
指輪物語

145 :無名草子さん:02/05/01 02:15
>>143
読む奴が照れとかその他諸々から言ってると思いますけど、俺は。
正直俺も「読まないでいい」って言うし…

ただ、本気で読まない人には勧めまくりますが(w

146 :無名草子さん:02/05/01 03:27
真面目に質問ですが、
カラマーゾフの兄弟はどこがおもしろいんでしょうか?
これから読もうと思ってるのですが。
罪と罰よりおもしろいですか?

147 :無名草子さん:02/05/01 05:29
「深夜特急」がいいよ。んで大学生になったら旅に出よ。

148 :無名草子さん:02/05/01 06:01
>>134
そうかな?高校生にこそ読んで欲しいと思うけどな。
俺も大槻ケンヂの「グミ・チョコレート・パイン」オススメ。

これに限らず大槻ケンヂの本はどれも読みやすくて面白いよ。

149 :無名草子さん:02/05/01 21:23
トマス・M・ディッシュの「人類皆殺し」
ヒトがゴミのようだ。

150 :無名草子さん:02/05/02 01:10
「わが闘争」
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」
「竜馬がゆく」
「プリズンホテル」
だな。うむ。

151 :無名草子さん:02/05/02 01:38
科学好きな高校生は毛利さんの本がおすすめ。
最新刊『果てしない宇宙のなかで思う未来のこと』
この前、はなまるマーケットでも紹介されてた。
坂本龍一とかも出てくるよ。

152 :無名草子さん:02/05/02 01:39
遠藤周作のエッセイがいいと思う。
読みやすいし。
曽野綾子や河合隼雄は好きになれなかった。
受験あるなら立花はやめたほうがよいかと。
疑問に思う点が絶対出てくると思うから。
高校教師が「太宰は読むな」とか言ってたのが懐かしい。

153 :無名草子さん:02/05/02 03:42
当然ガイシュツだろうけど、カート・ヴォネガットかな。

154 :無名草子さん:02/05/02 04:12
タニス・リーですな

155 :無名草子さん:02/05/02 18:55
とりあえず星新一をよみゃ
他のはいろんな作家の本の後ろに書いてある概略を呼んで、よさそうと思ったのを読んでみれば気に入った作家が見つかる
たまに同じ作家でもそれ以外は大して気に入らないとか言うのもあるが

156 :無名草子さん:02/05/02 22:55
恋愛系だけど、村山由佳(かな?)の「天使の涙」は良いよ。

それより最近飽きっぽくて読書が最後まで続かない。
「白い犬とワルツを」も読み終わらない…

157 :文責:名無しさん:02/05/02 23:42
>>149
今ごろめったに手に入らない、マニア向けSFを持ってこないでください。

158 :無名草子さん:02/05/02 23:50
田口ランディ「コンセント」

159 :ai:02/05/03 23:12
本屋をぶらついて運命に賭ける、という手はどうだろう。
タイトルからインスピレーションで選ぶとか。
や、何度も失敗したけどね…。

でも当たった時の感動は倍になるし。

>>156
「白い犬」どうにも良さが理解できずに読み終われなかったです。

160 :無名草子さん:02/05/03 23:13
いつのまにかマジレスしてる人が多くなってる。

161 :無名草子さん:02/05/04 00:11
 読みやすく、面白い本から読んだ方が良いと思う。
 というわけで、
三谷幸喜「オンリー.ミー」幻冬舎文庫
土屋賢二「われ笑う、ゆえにわれあり」文春文庫
 

162 :無名草子さん:02/05/04 00:11
笑傲江湖

163 :活字?:02/05/04 00:18
◇十字路◇
 どちらも深刻、「無読者」と「不読者」
 33年間の警察官人生を刑事畑一筋に歩み、3月に県警の部長を
最後に退職したO氏と読書談義で盛り上がったことがある。
読書家である氏の愛読書は学生時代から何度も読み返している
ドストエフスキーの『罪と罰』。池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』
を「刑事の教科書だよ」といっていたのが印象に残る。

 http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/saitama/

ということらしいよ

164 :sankeiって:02/05/04 00:18
産経かい?

165 :無名草子さん:02/05/04 00:19
「銀河英雄伝説」
「ブギーポップ」シリーズ
「飛龍伝」
「マリカのソファー」
「浅間山荘連合赤軍事件 突入せよ!」(タイトルはこんなかんじ)


166 :無名草子さん:02/05/04 00:24
ハイブロー武蔵 「読書力」


167 :無名草子さん:02/05/04 01:30
谷沢永一「人間通」

168 :無名草子さん:02/05/04 01:31
サリンジャーだ。
サリンジャー読め。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)