5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

タイトル忘れちゃったあの本。みんな教えて!

1 :Dangan!:2000/12/15(金) 16:50
と言うわけで,むかし読んで内容は憶えているんだけれど、
タイトルを忘れてしまった本ってありませんか?あらすじだけで
みなさん発見してくれませんか?最近書籍の検索って随分できる
ようになったけど、内容,あらすじでの検索って出来ないでしょ?


というわけで、私の知りたい本は,10年ぐらい前に読んだ記憶があって
出版社不明。著者不明。文庫です。
内容は戦記もの(戦争海洋冒険もの)でアメリカの潜水艦の話でした。
シリーズというか、正・続みたいにあって、兄弟で潜水艦の船長を
していて、兄(正)→弟(続)みたいになっていた気がします。
誰かこんな内容の小説知りませんか?
分かれば,即購入したいんです。

503 :ですな:02/04/08 00:37
李香蘭か川島芳子の関係ですか

504 :無名草子さん:02/04/12 00:16
詩なのか歌詞なのかも分かりません。某板で拾ったんですが、
原典をご存知の方はいらっしゃいますか?

ロクに眠らず飲み続けあれこれ動きまわり、無謀な生活をして、
それでも辛くて、眠いのに、眠れず、飲んでも酔えず…
そんな時、ふと、それでも動いてくれている私の心臓、泣けて来た…
あまり食べずに居て痩せこけた体…
自分を責め自分を傷め付けて居た…自分の身体に申し訳ないと思った。
反省し心から感謝した。
自分を大切に愛しみ、磨きをかけて、前に進もうと思った。
命には限りがあるのだから、笑顔で過ごす時間の割合を多くするんだと
強く思った。


505 :無名草子さん:02/04/13 02:21
>>504
それはどっちかっちゅうとこっち
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/988504016/l50
出展が判らないフレーズ

だけど、メンヘル系の手記とかにはよくありそうな文だよね…。

506 :504:02/04/13 09:16
>505
ありがとうございます。出展わかりました。というよりオリヂナルでした。
逝きます。

507 :無名草子さん:02/04/13 11:49
変な本ですいませんが
一月か二月くらい前に何かの書評に載っていた
明治か大正か戦前かの当時のなんとか新聞人生相談コーナー
をまとめたレトロちっくな装丁の本、を購入したくて探しています。

ググルで思いつく語彙で検索を掛けるのですがヒットしません。
どなたか判る方いらっしゃいましたらお願いいたします。
ちなみに今も昔も悩みは同じで、下の話、嫁姑?、あたりが主流だそうです。
ただ、回答が現代からすれば、なんとも高尚にして変だったりして
面白そうでした。

508 :ですな:02/04/13 12:12
カタログハウス編「大正時代の身の上相談」ですな
ちくま文庫から出ているようです

509 :無名草子さん:02/04/13 12:37
>>ですな様
うわぁ〜〜、早速にありがとうございました。
午後にでも書店にてゲットに走りたく思います。ワクワク。

510 :25才:02/04/14 08:56
小学3年か4年の時の道徳の本で、
たしか有名スポーツ選手(野球か何か)と病気の少女の話。
少女はそのスポーツ選手の大ファン、でも重い病気にかかっている。
ある時そのことを聞いたスポーツ選手が少女のお見まいに行く。
少女は大喜び、スポーツ選手は少女にほしいものを聞くと
「花模様のカバンがほしいの」と言う。
そしてスポーツ選手は「きっとホームランを打つから君もがんばれ!」みたいなことを言い帰って行った。
数日後、スポーツ選手が約束のカバンを持って少女の家に行くが、お母さんはなぜか家の中に入れてくれない。
スポーツ選手が「お嬢さんと約束した花模様のカバンを持ってきたんですよ」
と言うとお母さんは急に泣き出し、スポーツ選手を家の裏に連れて行って
「娘は今ここに眠っています」そこは墓地だった。
唖然としたスポーツ選手は泣きながら「どうしたのですか?」と聞くと
「娘は昨日あなたのホームラン(?)を見届けた後、息を引き取りました」

この話のタイトル知ってる人いますか?学校にあった道徳の本です、読んだ時号泣でした!

511 :無名草子さん:02/04/14 21:58
かれこれ3年くらい探しているけれど、今だに発見できない本があるんです。

旅館に泊まった女の子が、夕食に食べた魚の骨が喉にささり、
痛くて寝つけないので、ご飯をまるのみしようと布団を抜け出したら、
おばあさん(女の人?)が骨をとってくれた。
おばあさんはその骨で魚のウロコの服みたいなものを縫っていて、
その服を着ると人間が魚になってしまう・・・

というような内容で、確かいろんな人の作品が集められた子ども向けの
短編集の中の話でした。
不思議な話ばかりで、ちょっと恐くなったのを憶えています。
この本の題名と作者を御存知の方、御報告をお願いします。

512 :無名草子さん:02/04/18 04:03
絵本なんですが、ウサギが物々交換して最終的に人参の歯磨き粉を手に入れるという話なんです。
誰か知っておられる方がいたらぜひ書名など詳しいことを教えてください。

513 :無名草子さん:02/04/18 06:07
15年以上前に読んだ児童書なんですが、タイトルが「たまご王子」だと
思って書店で注文しようとしたらそんな本ないといわれまして途方にくれています。
卵が大好きな王子が主人公で毎日、卵ばっかりバクバク食ってます。
ダチョウ?の卵も探しに出かけました。王様もそんな王子に手をやいている風でした。
死ぬまでにどうしても、もう一度読みたい

514 :513:02/04/18 06:23
すいません今、ログ全部読んでみてGoogle検索してみたんですけど
どうも寺村輝夫さんの本のような気がします。休みの日に図書館
行って確認してきます。

515 :ですな:02/04/18 06:48
中川李枝子「たんたのたんてい」ですな>512

516 :無名草子さん:02/04/18 07:04
>514
寺村輝夫の「ぞうのたまごのたまごやき」かなぁ?
でもあれは王子じゃなくて王様がたまご好きだった気が。

517 :無名草子さん:02/04/18 07:42
10年以上前だと思うのですけれど、タイトルから内容まで殆ど
覚えていないので覚えている単語だけで検索してみたのですが
ありませんでした。

「紙に何か文字を書いて紙飛行機にして窓から飛ばすと、
サンドイッチが届くでしょう。それから・・」というのと、
クレヨンが出てきた事くらいしか覚えていません。
ショートストーリーで3つか4つほど話しが載っていたと思います。
子ども用でおとぎばなしみたいな感じでした。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
お願いします。

518 :487:02/04/18 11:24
遅レス済みません。
>489、491ありがとうございました。
自宅蔵書をひっくり返した結果、漸くたどり着きました。
ベンスン「芋虫」でした!!あー、すっきりした。

>517
「クレヨン王国」シリーズのことですか?

519 :無名草子さん:02/04/18 15:42
>>511の話に見覚えがあるような気がするんだけど、どうも思い出せない…

520 :無名草子さん:02/04/18 21:30
>>517
?
ttp://www.easyseek.net/bbs/index.php3?act=msg&c_no=24&t_pno=1&t_no=305


521 :無名草子さん:02/04/19 00:44
10年位前に読んだ海外モノです。

双子の兄弟が乗ったヘリコプターが墜落。手術により弟の体に兄の脳が半分移植される。
弟はピアニストとしてリハビリを開始するが、情報部員だった兄と間違われ敵の組織に狙われる。
言語機能を受け持つ弟が、たまに兄の脳から渡されるヒントを元に、インドへ兄が隠した
マイクロチップ(?)を取りに行く。
敵はサディストの女性と、タップダンスをする男と、ピアノの好きな男。
治療してくれた病院の看護婦と弟がセクース。
インドには兄の隠し妻(?)がいる。

…というような内容の小説です。ご存知の方、教えていただけないでしょうか。

522 :無名草子さん:02/04/19 00:55
10年以上前に1度読んだ本なんですが、
小中学校の図書室においてあるような児童向けのもので、作者の自伝的内容だったと思います。
ほんとうに細かいディティールしか覚えていなくて、

●たぶん戦時中のロシア(ソ連)かどこか、深刻な物不足に悩まされている。
●主人公は15歳前後の少年で、閉鎖された動物園の動物たちの飼育を手伝っていた。
●エサが無いのでヌイグルミの中に干草を詰めたものをライオンに与えたりした。
●貧しい食事の描写ばかり。ニカワノリのスープとか揚げカスのスープとか。
●死んだ象の鼻を煮たらヒドイ臭いがしたが、みんなで喜んで食べた。
●好きな女の子がサーカスだか学芸会だかで綱渡りを披露した。
●軍の施設で、その女の子と一緒にシャワーを使わせてもらった。
●慈善事業のクリスマスパーティーで中古のセーターをもらった(?)
●けっこう凍死とか餓死する人がいた。

それでも主人公はけっこうたくましく生きています。という感じの内容でした。
どなたかこの本のタイトルを御存知でしたら教えてください。


523 :517:02/04/19 07:59
>518.520さま
わざわざありがとうございました、これです!
・・結構記憶と違ったようです。すみません。
早速今日買って来ようと思います。
見つからないと諦めていただけにすごい嬉しいです!
本当にありがとうございました。

524 :無名草子さん:02/04/20 18:04
ageとくね

525 :無名草子さん:02/04/20 23:56
age

526 :無名草子さん:02/04/21 18:27
 中学校か高校の試験で見たのですが、どうしてもまた読んでみたいので……

 大文豪(漱石あたり?)のが亡くなった時の葬儀で、師匠の死を悲しむ参列者を
見て、
「こいつらは師匠が亡くなったことを悲しんでいるんじゃなくて、師匠が亡くなった
自分を悲しんでいるんだ」
 といった感想を抱く、小説だかエッセイがあったと思うのですが、ご存じの方、
いらっしゃいましたらタイトルを教えてくださいませんでしょうか?

 芥川龍之介の『葬儀記』ではありませんでした。



527 :512:02/04/22 04:13
>515
情報ありがとうございます。さっそく探してみます♪

528 :無名草子さん:02/04/22 12:14
芥川龍之介「枯野抄」では?>526

529 :無名草子さん :02/04/22 12:22
今から34〜5年前くらいに読んだ児童文学なのですが、出版社・作家名・
タイトルは覚えていません。

内容は、田舎の腕白少年が仲間たちと行ってはいけないと言われていた山
に遊びに行き、景色のきれいな谷を発見し、帰ってから大人たちに報告し
て誉められると言ったような内容だったと思います。

お話の中に「ルピナス ルピナス ルルルルル」と言った一節を含む詩が
書かれていました。

ご存じの方いらっしゃいましたらお教え下さい。


530 :526:02/04/23 01:01
>>528さん

 青空文庫で読んでみましたが、多分、これの現代語訳版が、
探していた小説だと思います(*^^*)。
 情報、大変、ありがとうございました(*^^*)。

 現代語版も、本屋で探してみますね。

 でも……亡くなった師匠って、漱石じゃなくて、芭蕉だったか(^^;)

531 :無名草子さん:02/04/23 23:38
>>510
ベーブルース??
誰か知ってる人いない?確かベーブルースの話じゃないかな。

532 :無名草子さん:02/04/24 01:09
ベーブルースは病気のジョニー少年と約束したとおりホームランを打って
ジョニー少年はめきめき回復するんだが

533 :無名草子さん:02/04/25 15:01
age


534 :511:02/04/25 21:29
>519
この話に見覚えがある方がいらっしゃるというだけで何か少し嬉しいです。
小学校低学年のころに祖父が図書館から借りてきてくれた本で、
児童書コーナーを探しているのですが、なかなか見つからないのです。(もう
古い本なので図書館側が処分してしまったのかもしれません。)

魚の話の他にも、店の前に立っている人形(ぺコちゃんの様な)が、転んで怪我
をした女の子の膝に薬草をぬってあげる、という話があったのを思い出しました。
あやふやですが、次の日夢だと思った女の子が人形のところに行くと、人形の手に
薬草の緑色がついていた、という結末だったと思います。

他にもいろいろな不思議な話がはいっているはずですが、この2つの話しか思い出せません。
この本を御存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ題名を教えて下さい。




535 :無名草子さん:02/04/26 16:40
グリム、アンデルセン、イソップなどの話をいろいろ載せてた
子供向けの童話集みたいなのにあった作品なのですが
ガラスで出来た少女がいて嘘をつくとヒビが入るんですよ。
その子は嘘もつかないとてもいい子だったのだけど
なぜかある日嘘をついてどんどんヒビが入って粉々になってしまった、という話を
知っておられる方いませんか?

536 :無名草子さん:02/04/26 19:03
「タラコのおむすび」、これだけで本のタイトルが分かるでしょうか?
15年位前に読んだ本なのですが、小さい子供(多分主人公)がお母さんに
ご飯にタラコをまぶしたおむすびを作ってもらって出かけるシーンがありました。
ストーリはもちろん、その他の登場人物などは全く記憶に無いんです・・
無理なお願いとは承知していますが、ぜひ皆さんの力をお貸し下さい。
これだけの情報で分かる人がいたら神ですね・・

537 :無名草子さん:02/04/26 19:33
俺も聞いていい?
猫どうしが戦争するという内容
その猫はもと人間の子供
日本の作家だったと思うんだけど
知ってたらおしえれ!



538 :ですな:02/04/26 19:47
わたなべしげお「もりのへなそうる」ですかな>536
上野瞭「ひげよ、さらば」ですかな>537

539 :536:02/04/26 21:14
「もりのへなそうる」で検索した所、間違いないようです。
>ですな氏、あんた神
こうもアッサリ見つかるとは・・・流石は2ch
(私の検索がヘタレなだけかな)
そうそう、思い出しました。
この本を読んだ後イチゴのサンドイッチも母親に作ってもらいました。
しかし食べ物しか印象に残っていないとは、チョット鬱
ですな氏、ありがとうございました。

540 :ですな:02/04/26 22:38
じゃあ調子に乗ってもう一つ

ユーリイ・イワノフ「九○○日の包囲の中で」ですかな>522



541 :522:02/04/27 00:05
>>540
ありがとうございます! そーです、九〇〇日の包囲の中でです!
ですな氏は本当によくご存知ですね、まさに神。
ところであとがきに続編を出すとか出さないとか書いてあった気がするのですが、
同氏の『さようならはいわない』という著書が続編なんでしょうか?
もしご存知でしたら教えてください。

542 :ですな:02/04/27 00:36
神もインフレ傾向ですな

読んだことないのでわかりません>540

543 :無名草子さん:02/04/28 01:34
ですな氏は神!
マンセーage

544 :妄想機関車:02/04/29 05:24
今から約20年ぐらい前に読んだ小学生向けの作文の書き方の本なんですが、
その中に載っていた作文のひとつに子猫をダイナマイトで爆破する描写が・・・。
子供心にかなりインパクトあったのですが、だれかご存じないでしょうか?

545 :無名草子さん:02/04/29 11:00
15年位前にでた、いわゆる『ゲームブック』ってやつなんですけど、
sdガンダムがいろいろ強くなっていくやつ(最強は武者ガンダム)と、
『ポケットの中の戦争』のゲームブック
の2冊のタイトルを教えていただきたいのですが、
みなさんよろしくお願いいたします。

あと上記の2冊って今でも入手可能でしょうか?




546 :無名草子さん:02/04/30 05:53
ゲームブックなら、卓上ゲーム板の方が詳しい人が多いかと。
http://game.2ch.net/cgame/
のどこかの質問スレで聞いてみては?

547 :ですな:02/04/30 07:30
「アンデルセン ガラス ひび」で検索すると
レアンダー「ふしぎなオルガン」と出ましたがどうですか>535

548 :ですな:02/04/30 07:38
あとフランスの昔話に「ガラスちゃん」というものがあるようで

549 :535:02/04/30 09:26
ですなさん、ありがとうございます!
多分、フランス童話の「ガラスちゃん」の方だと思います。
ずーっと探していたので見つかって嬉しいです。
本当にありがとうございました。

550 :545:02/04/30 10:20
>546
ゲームブックって卓上ゲーム版の方だったんですね。
ありがとうございます。行ってきます。

551 :無名草子さん:02/04/30 23:48
7,8年位前に読んだ本なのですが、
切り株が子供を食べちゃう話、
蛸が温かい海に行ってしまって茹蛸になり、誰かに食べられてしまう話、
が入っている本を探しています。
二つは別の本に収録されていたと思うのですが、同シリーズだったと思います。
外国のお話っぽくて、割と低年齢(小学校低学年くらい)向けだったと思います。
どなたかご存じないでしょうか?
よろしくお願いします。

552 :無名草子さん:02/05/01 13:38
>>537
猫どうしの戦争ならば確かに「ひげよ、さらば」かもしれませんが、
“子供が猫になる”というのであれば、井上ひさしの「百年戦争」かな?
但し、これは猫どうしではなく、猫と鼠の戦争だけど。



159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)