5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サラリーマンのための体重を落とす方法

1 :ヘルペス:01/10/24 23:03
■32歳、妻、子×2
■身長 173cm
■体重 85kg⇒63kg
■期間 6ヶ月

2 :ヘルペス:01/10/24 23:04
【健康診断の結果】
会社に入ってすぐ営業。不規則な生活とストレスで2〜3年目から太り始める。
毎年の健康診断の結果はお決まりの「病院で詳しい検査を受けてください」
日常生活にはとりあえず支障がないんで当然のように無視。
ところが30歳を過ぎてなんとなく体調が不良、
かつもともと弱かった皮膚が慢性的に悪くなり、
初めて詳細な検査を受けた。
血液検査の結果―案の定というか中性脂肪、総コレステロール、尿酸値など
ほとんどの項目で「要注意」が出ていた。
成人病の聴牌、さらに待ったなしの多面待ち状態にはさすがにやばいと感じ
紹介を受けた病院に行くことになった。
「皮膚の荒れが止まらないんですが」と言って、主治医と出会う。
これが全ての始まりだった。

3 :ヘルペス:01/10/24 23:06
【変なプライド】
「皮膚が悪いんですが」と言ったように、その頃の俺は病院に行くことに
対して、真っ当な理由をつけたがっていた。
もっと言えば「規則正しい生活をしなさい」「食生活を改善しなさい」
といった言葉に拒否反応があった。
殺伐とした営業の現場では、どいつもこいつも不健康自慢みたいなところ
があって、胃に穴があいて一人前みたいなアホな空気が流れており
ダイエットしてますなんて格好悪くて口に出せないような雰囲気だった。
ともかくこの「食生活改善カッコ悪い」という妙な思いこみは、この後
ずっと続くことになる。

4 : :01/10/25 00:24
■体重 85kg⇒63kg
■期間 6ヶ月

これからの目標?
それとももう達成したの?

5 :ヘルペス:01/10/26 00:33
【診断】
病院は和洋折衷というか、短期的な即効治療には抗生物質などを用い、
長期的な体質改善には漢方薬を使うというユニークな方針を持っていた。
結果、皮膚(アトピー)には軟膏と飲み薬が処方され、血液検査の結果については
漢方薬による体質改善を行なうということになった。
加えて問診では、体重別の平均余命みたいなデータの解説を受けて
「食生活を改善して体重を落とした方が良いですね」と指摘がされた。
それでやり方ですが…と主治医。
この時点で次に出てくるものを俺は予期した。
食べ物のイラストが無数にあり、一日に食べる量とかが描いてある
栄養成分表のようなポスターだ。
年に一度職場に栄養士を招いて行なわれるセミナーで、
嫌になるほど目にするものだ。

6 :ヘルペス:01/10/26 00:34
【栄養成分表】
古くは小学校の家庭科の授業から目にしていた
栄養成分表というものが俺は大嫌いだった。
成分表そのものというより、それに付帯する講義・アドバイスの類が苦手だった。
栄養素一つ一つにそれを含む食品がイラストで描かれているのだが、
これを全部覚えなければならないのかという面倒くささに対する拒否反応。
一日にとるべき栄養というがこんなに何種類も食えるかという疑問。
そして痛いところを突かれたという反発。
そんなわけで栄養士との面談は常に不毛なものとなった。
「卵は一日1個食べることができます」などと必ず言うが、
食べることができますとはなんだと思っていた。

7 :ヘルペス:01/10/26 00:35
【栄養成分表 しょの2】
卵を食わないことなどは全然可能だと思ってたから、
「できます」ということは、食わないほうが良いのか
食ったほうが良いのかどっちかと聞いたら
やはり「う〜ん、一日1個までなら食べても良いです」と言われ、
何なんだはっきりしろこの野郎と不愉快な気持ちになり、
その後は何言われても右から左という状態だった。
我ながらこれだけ真剣味のない奴が不健康になるのは当然、
太るのは必然だった。

ともかく、この栄養成分表に基づくアドバイスが出てきた時点で
俺は貝になるだろうと思っていたのだが、
主治医の言葉は全く違ったものだった。

8 :スリムななし(仮)さん :01/10/26 14:49
とりあえず、最後まで連載きぼん。

9 :ヘルペス:01/10/26 23:05
【拍子抜け】
主治医の示したアドバイスは
朝食はとらない方が良い
肉は控えめにした方が良い
という2点のみだった。
まずは「えっ、それだけ?」という印象。
そして「〜した方が良いでしょう」という言い方も、押しつけられると
すぐ反発したくなる俺の性格にジャストフィットした。
後々、この二つのアドバイスは、勝手な推論も含めて様々な解釈を生み、
自分で考えて解決するという方法につながるという意味で
奥の深い啓示となった。
ともかく、処方された漢方薬を一日3回飲み、朝飯と肉は食わない
という生活がこの日から始まった。

10 :ヘルペス:01/10/26 23:06
【防風通聖散】
処方された漢方薬の名前。
結局半年の間に使用した補助ツールはこれだけだった。
効能は汚血を排出する。腹部膨満感が持続し、発汗作用があり、
利尿作用があり、軟便になる…らしい。
というのも確かにそういう作用もあったのだが、
これで体重が落ちる特効薬になるとは思えなかったからだ。
そもそも飲むだけでみるみる痩せるという薬などが
本当に存在していたら爆発的な売れ行きを示していたはずであり、
それまで俺の耳に入らなかったという点だけで懐疑的になっていた。
この補助ツールとして割り切るということについては、
ある意味、斜に構えた不真剣さが良いように働いたと思う。
味の方は漢方薬ということで覚悟はしていたが、ご多分に漏れず臭いもので、
顆粒を熱湯に溶かして一日3回飲むのは非常に苦痛だった。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)