5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

父の作った忘れられないもの

1 :もぐもぐ名無しさん:01/10/17 03:46
自分は父子家庭だったんだけど、父ちゃんに育てられた人で、忘れられない食べ物ある人いますか?

今はもう親父はいないけど、運動会の時作ってくれた、大きなグローブみたいな
おにぎりが忘れれない。
新聞紙で包んで、おかずは前の晩から作ってくれた昆布の煮物とかだった。
俺はジャングルジムの上で一人、その大きなおにぎりをほおばってた。
すげぇ美味かった。

915 :もぐもぐ ◆No.4wgmg :02/04/24 18:43
保守メンテage

916 :もぐもぐ名無しさん:02/04/25 15:58
新スレお願いします。


917 :336 KB :02/04/26 16:11
なんでそう考えるかな?

918 :もぐもぐ名無しさん:02/04/26 21:50
友だちが教えてくれてここに来たんだけど
泣いた。笑った。そして怯えた。
でも、でもなんか、ありがとう。うまくいえねー

919 :もぐもぐ名無しさん:02/04/26 22:44
>918 いんや、それで十分だろ。

920 :もぐもぐ名無しさん:02/04/27 14:49
昨日たまたまここを覗いて、いっぱい泣きながら今日やっと全部
読んだ。2ちゃんねるに泣かされることがあるとは思わなかった。
1さんありがとう。お話カキコしてくれた皆様ありがとう。

921 :もぐもぐ名無しさん:02/04/30 11:50
俺は親父が嫌いだった。
酒を飲むと、殴るからだ。俺も姉貴もよく殴られた。
オフクロは水商売に出てたから、いつも夜は俺と親父だけ。姉貴は塾でほとんどいなかった。
ある日、親父が俺を車に乗せて「市場にいく」と言い出した。
市場というのは、近くにある漁業市場のことだ。
俺は行きたくない、と言ったけど、親父は無理やり俺の手を引いて俺を連れまわした。
生臭い市場は、嫌いだった。床はヌルヌル、生魚の切れ端みたいなのが転がってる。
顔をしかめてる俺に、親父は小さなスプーンを渡した。
「なに、これ?」と尋ねると、親父は「これでな、あのおっちゃんとこのマグロのあらを掬うんや」
と言った。マグロの骨にこびりついた赤身をこそぎ落とせ、と言うのだ。

922 :もぐもぐ名無しさん:02/04/30 11:56
渋々と、マグロの赤身をスプーンでこそぎ落とした。
紙皿にすき身を盛って、親父の所へ持って行くと、親父はそれにざっと醤油をかけて、
俺に食わせてくれた。ビックリするほど甘くて美味かった。子供心に驚いたのを覚えてる。
美味い、という俺を撫でて、親父は魚屋のおっさんと競艇の話を始めた。
ロクな思い出の無い親父だったが、昨年、肝臓をやられて死んだ。

今でも、マグロの刺身を食うたびに、酒に焼けて赤ら顔になった、あのクソ親父を思い出す。

あのな、クソ親父。俺な、あんたと同じ銘柄の煙草吸い始めたぞ。
マズいな、この煙草……

923 :もぐもぐ名無しさん:02/05/01 02:52
どの話もイイ!!
久々にマターリとした気分になりますた。age。

924 :もぐもぐ名無しさん:02/05/01 13:06
もう30年も前に、おやじの実家(大阪市内)でエースコックのインスタントラーメン
(ワンタンメン)にキャベツを入れて食った記憶が鮮明に残っています。
悲しいことにごっつうまかった。
そのとき同時にマルタイの棒ラーメンもあったような?
しかし、ばあちゃんちでなんでインスタントラーメンを食わされたのか?
そのおやじも定年退職後急速にぼけがはじまってしまいました。

925 :もぐもぐ名無しさん:02/05/02 21:04
http://www.lt.sakura.ne.jp/~soma/guilty/main.htm

926 :もぐもぐ名無しさん:02/05/02 21:05
http://www.angelfire.com/jazz/nanika/15/index1.html

927 :もぐもぐ名無しさん:02/05/03 04:03
シチューに見慣れないものが入っていて
よけながら食べてた。
なにこれ?って聞いたら
母が「大根よ。今日お父さんが作ったの」って。
あれから父が台所に立ってるのを
見てない。

928 :187、214:02/05/03 19:38
報告が遅れました。今更とは思いますが、ちょっと事後報告を。
ここに書いた当時は高校生でした。
祖父が死んでからしばらくして、私は、「モノカキ」「農業」「ヒモ」の四択を迫られていました。
ハイそこ、「最後が情けねぇな」とか云わない。候補には入ってますが選ぶ気は流石に…
…ちょっとだけしかなかったですよ。<情けない男の見本
ま、まぁ、それはおいといて。私の長年の夢は「モノカキ」なんです。
母や祖母には猛反対されましたが、祖父だけは「したいことをしろ」と
突き放すように…今にして思えば俺の事を気遣ってくれていたのでしょうが、
兎に角、そう云ってくれていました。
でも、本音は俺に農家を継いで欲しかったのだろうと思います。
色々と悩んだ末、俺は農家を継ぐ事に決めました。
せっかく土地を残してくれているのだし、体を動かす仕事も好きですから。
そして、それの報告に仏壇で祖父と一緒に飲むことにしたんです。
祖父が死んでから早9ヶ月。今までのことを振り返りながら、祖父の好きだった
日本酒を飲む。
もちろん祖父にもコップについで出してやりましたよ。
ちなみに祖父はお酒は大好きでしたし、かなり強かったです。
俺は好きですが、あんまり飲めません。二杯程度でダウンし、その場で寝てしまったんだろうと
思います。
…夢で、じいちゃんと会いました。

929 :187、214:02/05/03 19:38
日常の話や最近あった話なんかを一通り話した後だったと思います。
これからの話で、「俺、農家をつごうと思う」と切り出したところ、
「無理するな」という声。
あったかくて、懐かしくて、俺が求めていたもの。
振りかえると、そこには確かに、じいちゃんがいました。
どうしてここに…?そう云いたかったのですが、声が出ません。
気がつくと俺は、泣いていました。
そして、口から勝手に零れた言の葉が一欠けら。


『高校生で家の主』
それは、俺にはとてつもなく重い足枷でした。
「頑張ります。」
違う。
『お前にかかっている』
親戚の方々は、そう云っていました。
「これからもよろしくお願いします。」
違うんだ。違うんだよっ!
『高校生なのに、随分しっかりしてるねぇ。これなら安心だ』
大人達は俺を見て、そう云いました。
「ありがとうございます。」
俺に…俺に、期待なんかしないでくれ…。

祖父が死んでから、一度も涙を流していませんでした。
「強く有りたい」それが俺の、望みでした。
祖父に負けぬよう。
期待に応えられるよう。
自分を抑えてでも。
『俺がやらなければ』『俺が頑張らなければ』『俺が…俺が、支えなければ…』

930 :187、214:02/05/03 19:39
「…ムリ…なんか、してっ、ないっ…」
明らかに強がり。でも、何故か出てきたのはこの言葉でした。
そんな俺を、祖父は優しい目で見つめながらこういってくれました。
「…馬鹿孫。俺の前で無理しても、しょうがないぞ?
いいか。俺の土地をちょっと売れば、充分食っていける。
お前には、他にやりたい事があるんだろう?なら、それを目指せ。
なぁに、もし失敗したら、農家をやればいいさ。
…でもな。誰かの為に夢を諦めよう、なんて思うな。
やりたいことを、好きなだけやれ。俺が出来なかった分まで。
周りの期待に答えよう、なんて思わなくていい。
それが俺の望みだ。…俺は、ずっと見てるから。
俺の分まで楽しく生きろ。お前は俺の、誇りだ。」

…俺が欲しかった言葉を、じいちゃんは全て言ってくれました。
情けなくて、でも、嬉しくて、嬉しくて。
こんなにも愛されていた事を改めて知って。
こんなにも愛していた事を改めて知って。
俺の顔はぐしゃぐしゃの、泣き腫らした幼児みたいだったと思います。
「…さて、そろそろ行くな。次に会うのはお前が死んだときだ。
カンタンにこっちにくるんじゃねぇぞ。来たらたたき出してやるからな。
…と、そうだ。悪いが、セブンスターをお備えしておいてくれ。
お前のハッカみたいな味する煙草は不味くて吸えない。」
そういうと、祖父は背を向けて歩いていこうとしました。
まって。おれのいいたいことが、まだいえてない。
じいちゃんがしぬまえにいってくれた、おひさまみたいにあったかいことばが。
「ぁ…りがとう…ありがとう、ありがとうありがとうありがとうっ…!」
最後は殆ど叫びに近かったと思います。
じいちゃんは一度だけ振り向いて、にっこりと笑ってくれました。
その目に光る雫があったのは、俺の気のせいだったでしょうか。
遠ざかるじいちゃんを見ながら、俺の意識は途絶えていきました。

931 :187、214:02/05/03 19:40
朝起きると、空のコップが二つ。
…空?
こぼした様子も無し。俺が飲んだのかとも思いましたが、コップは仏壇の上です。
簡単に手が届くとは思えません。
何気なく足元に転がっていた一升瓶を見ると、…あ、れ?これも…空っぽ?

やりやがったな、あんのクソジジィめ。俺の小遣い一月分を飲み干しやがって…。
…美味かったか?
何故か親指を突き出しながら「おう!」とでもいいたげなじいちゃんの顔が思い浮かんで、
俺は勝手に「次は小遣い三ヶ月分の酒を買おう…」と、心に誓いました。
羨ましいだろう?でも、まだまだだ。俺はこれから、もっともっと楽しんで生きてやるよ。
なぁ、そうだろう?クソジジイめ。


P.S.俺の記憶の中では祖父は一度たりとも煙草を吸っていませんでした。
後で祖母に聞くと、
「おや、よく知ってましたね。あの人、あなたが生まれる前までは凄いヘビースモーカーだったのよ。」
…だそうです。「ハッカみたいな煙草」は、恐らく俺のマルボロメンソール・ライト…。
ハッカみたいな煙草で悪かったな。これからはセブンスター吸ってやる。

P.S.2
スレの趣旨とまるっきり違いますね…。本当、申し訳無い。
スレ違いとして煽ってやって下さい。凹みます。俺が。
ネタのようですが、まるっきり本当です。
(祖父の話もまんま同じのはず。脚色無し。覚えてる限り。)
あと、214にレス着けてくれた方々、どうもありがとう。
自分なりに意味は掴めました。答えは、数十年後に聞きにいく事にします。

932 :もぐもぐ名無しさん:02/05/03 20:02
>187 、>214 さんへ

何気にいいお話だと思いました。お酒がメインになるお話なら

【お酒・Bar板】 たまにゃ家族で
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/sake/1015856212/

のスレが(・∀・)イイ!と思います。

煽る訳じゃ内のでsage

933 :もぐもぐ名無しさん:02/05/03 20:07
三択では・・・

934 :にょろ:02/05/03 23:51
ウチは、ある事情で父親不在の家でした。だから、母方の祖父が父親替わり。
で、その祖父は、戦争前に東京に出てきて浅草の洋食屋で丁稚奉公をしながら勉強してた
苦学生だったのね。
だから、うちの祖父の作ってくれたお料理は、祖父の年齢に似合わずとってもハイカラだった。
絶品はオムライス。ドミグラスソースをこしらえてチキンライスもきちんと炊き込んで、行儀
よく鎮座したチキンライスの上に生クリームいりのプレーンオムレツ。
食べる直前にそのプレーンオムレツを『スパっ』っとナイフで十文字に切るんですよ。そうする
と、見事にプレーンオムレツがひっくり返って、半熟の面がでてくるの!あの鮮やかな手つきは
何度教わっても結局作れなかった。
もう亡くなったから、レシピは残ってるけど私には作れない。

935 :>214:02/05/04 03:35
ずっと、詳しい事を書いてくれるのを待ってました。すっごい泣きました。
おじいさんはもしかして、あなたが生まれたから喫煙をやめたのでしょうか?
きっとものすごく愛情そそいでくれたんでしょうね・・・



936 :もぐもぐ名無しさん:02/05/04 07:27
父の料理の思い出はカレー。いっつもデカーイ鍋で作ってて
得意げに「このカレーは水を使ってないんだぞ!」って言ってた。
水のかわりに、トマトジュースとかトマトの缶詰をドバドバいれてたみたい。
当時小学生くらいだった私の口には合わなくて、正直まずかったけど
子供ながらに気つかって、美味しい美味しい!って言っておかわりまでした(w
しかもデカイ鍋で作ってるから、その後ずっとカレーが続くんだよね。地獄(w
今は事情があって一緒に住んでないけど、この前父の家に行ったら
インスタント系の食べ物が山ほどあって、「これ全部100円だぞ、コンビニで買った。
安いだろ〜?」って言う父見てなんだか悲しくなりました。
これからは母とちょくちょくご飯つくりに行こうかな・・・

937 :もぐもぐ名無しさん:02/05/05 02:31
(‥;)

938 :もぐもぐ名無しさん:02/05/05 02:41
>936 是非行ってあげて。

939 :もぐもぐ名無しさん:02/05/05 02:51
休みの日に昼過ぎまで寝ていると、父が起こしに来る時がある。
テーブルの上にはパサパサの焼そばか、残り御飯がある時は
卵とウィンナーのしょっぱい炒めもの。
自分で作った方がおいしくできるけど、作ってるのに気が付いたら、寝たふりして呼びに来るの待ってる。
何だか嬉しくて。

もう年なんだからもうちょっと薄味にしなよ!なんて、言えないけど。

940 :もぐもぐ名無しさん :02/05/05 22:01
2chでこんなスレに出会えるなんて夢のよう・・・・・
涙腺の弱い私は涙なしには読めませんでした

で、このスレ読んで父の手料理ってあったかなあ、と
考えてみましたが無かった・・・・・
母は何かあるかなと思ってきいてみたところ
私を出産したころ、体調を崩したのかなんだったのか
そのとき、丼物を作ってくれたような気がするような、しないような
とのこと。
私も母も父の手料理って知らないんだなあ

夕方仕事から帰った来た父に、何か食べ物作って
って言ってみたら「てめえでつくれ」だって
ま、へたになにか作ろうとして台所汚して
母に怒られたらかわいそうだもんな
我慢するよ

長文、関係ない話でスマソ
でもage

941 :もぐもぐ名無しさん:02/05/05 22:35
>940
家のおとーちゃんも手料理って記憶に無いよ…
母が体調を崩した時は、無理してでも作るか、布団から私と妹に指示出して
簡単な物を作らせるか、店屋物を取っていたので…

休みの日にホームセンターにくっついていくと、小さい頃家では禁止されてた
コーラやファンタを買ってくれたのでそれが思い出の味かも。

942 :もぐもぐ名無しさん:02/05/06 00:14
もう20年以上前の夏。弟が生まれる時、母がしばらく入院しました。

その間、私は父と2人で過ごしました。そこで父が作る食事は、なぜか
「なすの油炒め」。それも、毎日!
毎日、毎食、父と2人でなすの油炒めを食べました。でも
とっても美味しかった!夏ということもあって、なすが安かったんでしょうね。
貧乏だったので、安いに越したことはないし。

そんな中、なぜか1食だけトーストの日がありました。今となっては懐かしい
「ポ〜ン」と飛び出るトースターでパンを焼き、マーガリンといちごジャムを
ぬって食べました。しかも、それは夕食でした。
すっごく鮮明に覚えています。



943 :もぐもぐ名無しさん:02/05/06 02:19
父が作ってくれた母の脳みそ

944 :もぐもぐ名無しさん:02/05/07 02:27
新スレ作りました。
父の作った忘れられないもの 第2章
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/food/1020705865/

今日、はじめてみたけど、いいスレですね。
思わずパート2、作っちゃいました。

945 :944:02/05/07 02:29
sage忘れました。
スマソ

946 :もぐもぐ名無しさん:02/05/08 10:16
1000まで届け!

947 :944:02/05/08 19:15
リンク
泣ける2ちゃんねる
http://members.tripod.co.jp/hiroshu29/index.html

父の作った忘れられないもの 第2章
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/food/1020705865/

948 :もぐもぐ名無しさん:02/05/09 13:18
1000までいくぜ

949 :もぐもぐ名無しさん:02/05/09 15:52
おお、いってこい

950 :もぐもぐ名無しさん:02/05/09 23:06
オヤジの作ったもので、忘れられないと言えば、
地鶏をしめて、内臓出して塩もみして、腹の中に野菜詰めて
焚き火の中に突っ込む料理だな、
コレを肴に外で飲む焼酎のうまいこと、うまいこと
帰省したら作ってもらおうかな。

951 :もぐもぐ名無しさん:02/05/10 12:18
>>950
新スレ立ってるYO
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/food/1020705865/

すっげえうまそう。是非向こうにもはっといてくれ。

952 :もぐもぐ名無しさん:02/05/13 14:26
1000はまだか

953 :もぐもぐ名無しさん:02/05/13 16:46
まだだ

954 :もぐもぐ名無しさん:02/05/15 13:00
はやく1000よこい!

955 :もぐもぐ名無しさん:02/05/15 16:14
1000は歩いてこない
だから歩いてゆくんだね
1日1レス 3日で3レス
3レス進んで2レスもj

956 :もぐもぐ名無しさん:02/05/16 10:13
だけど1000が( ゚д゚)ホスィ…

957 :214:02/05/16 22:42
>>935
俺なんかの話に泣いてくれて、本当にありがとう。
煙草を止めた理由ははっきりとは云ってなかったそうだけど、多分そうだと思います。
じいちゃんにまつわるエピソードは他にもあるんだけど、ここに書くのは他の方々の迷惑になるので
自粛しておきますね。

958 :もぐもぐ名無しさん:02/05/17 11:16
>>957
自粛しなくても(・∀・)イイ!!です。
それは新スレに書き込んでくださいね。
そして今日も1000まで目指します。

959 :もぐもぐ名無しさん:02/05/17 11:55
>>957
どうしても自粛してしまう場合は、
sageでこのスレに書いていくというのも
一応ありですよ。

960 :もぐもぐ名無しさん:02/05/18 11:31
1000までとどけ!

961 :もぐもぐ名無しさん:02/05/20 11:17
がんばって1000まで逝こう

962 :もぐもぐ名無しさん:02/05/20 14:36
がんばれ。

963 :もぐもぐ名無しさん:02/05/20 14:47
1000まで、優良レス発掘して逝こうYO
>>187
やっぱこれは泣けたね
後日談は
>>214
>>928
この周辺で読むことが出来ます。

新スレは『父の作った忘れられないもの 第2章』
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/food/1020705865/




964 :もぐもぐ名無しさん:02/05/21 14:33
マターリ1000狙う

353 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)