5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

植物科学系の雑誌ってどうよ

1 :IFじゃない評価が欲しい:01/09/23 15:03
いろんな掲示板で IFに関しての議論が熱くなっていますが、
植物科学系の雑誌の評価について皆様の意見をお伺いしたい。
ちなみに、'99 IFでは
Plant Cell (10.46)
Plant J (5.09)
Plant Physiol (4.43)
Plant Mol Biol (3.1)
Planta (2.97)
Physiol Plant (2.46)
Plant Cell Physiol (2.26)
Sex Plant Reprod (1.81)
Aust J Plant Phys (1.57)
Plant Phys Biochem (1.37)
J Plant Phys (1.14)
Plant Cell Rep (1.07)
Plant Sci (1.01)
J Plant Res (0.91)

ざっとこんな感じだけど、最高峰の Plant Cellって政治色強すぎかつ分野が偏り気味、
Plant Jは意外と中身がなく、
Plant Physは唯一の植物関係の総合誌っぽくていい。
最近編集方針ががらっと変わって、いつPlant Jをブチ抜くかって感じ。
Plant J以外 ヨーロッパ系の雑誌は相変わらず地道な仕事をやっている論文を多く載せてていいと思うがどう?。
最近IF上昇中のPCPはどう?。
これがないと学位がゲットできないヒトも多いと思うが?。
とりあえず、PlantaとかPMBクラスを目指すそうだが、
本当にそこまで行くか?。

皆様の議論をお待ちしてます。

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/23 15:41
Plant Cellはそれなりの内容でないと絶対載せてくれないのは事実。
政治力(エディターのコネ)もあるが、
そこら辺は IF10以上の有力雑誌と同じ。

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/23 15:43
PCPって数値よりはいいと思うよ。
明らかにPlant Physよりは中身ないけど、
PMBとPlantaとは良い勝負。
日本人同士で引用しあえば、3は楽勝じゃないか?

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/23 16:34
半年前にPlant Cellに投稿したけど、
2週間でリジェクトレターが来た。
やっぱり形質転換体か変異体を使った論文を好むようです。
その次の日に JBCにon line でsubmitし、
一ヶ月後にはアクセプト。
決してPlant Jには出そうと思わなかった。
ダメならPlant Physiolだと思ってた。
そういう僕もPlant J 嫌悪派。

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/23 16:35
PCPがんばれ!

6 :PCP:01/09/23 16:42
PCPしか投稿したことがありませんが、
通すのは結構難しいです。
エディターもレビューアーもそれなりの雑誌に載せてる先生方ばかり。
日本人特有の細かい指摘が日本語で来る。
答えるのも日本語なので楽だけど、
無いと困る雑誌には違いなし。

7 :sage:01/09/23 16:56
PCPは確かにレベルが上がってる気はするが、オンラインで見れないよね?
メジャーになるならオンライン化は避けられないのでは。
Plant Cell は、内容に厚みがないとまず載らないので縁がない。セミナー用。
レベルは高くないけど、ストレスなら
J Exp Bot(Journal of Experimental Botany)もいいよ。

8 :IFじゃない評価が欲しい:01/09/23 17:06
>7  JEBは2.48だ。アメリカの植物学会誌だよね。
PCPはオンラインでも見れますしPDFもあります(学会員ならタダ)

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/23 17:22
2000年のIFだと
Plant Cell (11.1)
Plant J (5.6)
Plant Physiol (4.8)
PCP (2.3)

PCP頑張ってるぞーーーい

10 :らぶりー:01/09/23 18:32
PCPっていい雑誌じゃない。
毎月届くのけっこう楽しみよ

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 18:00
Plant Cellは別格としても、
Plant Jと Plant Physiolはそうそう載せてくれないぞ。
昔はPlantaもPlant Physiolと為を張ってたらしいが。
PMBは消滅すべし。

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 19:44
Plant Cell・・・一応、他分野からもそれなりの評価あり。
Plant J・・・technical advanceはgood
Plant Phys・・・アメリカでのスタンダード雑誌
PMB・・・衰退の一途
Planta・・・ヨーロッパらしくPhysiologyを大切にする良い雑誌
PCP・・・審査きびしくないか?(>>6 賛同)

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 19:49
PMBってReviewでIFを稼いでいるのではないでしょうか?
良く特集を組むし、いいReviewが多いよね。
どう考えても、IF 3.1ほどの内容があるとは思えません。

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 20:41
PMBは結構マニア受けするかも。
結構奇抜なの載ってたりするからね。
参考には重宝するな。

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 20:58
私の様にPMBでどくたー取った人もいるので
批判的な話は嫌なのですが、
審査から印刷までとにかく遅い。
学位で焦っている人、Plant Phys.だめなら
PCPにしておきましょう!

16 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/24 21:41
PC, PJ, PPは審査も印刷も比較的に短期間済みまっせ。

17 :>7:01/09/24 23:23
8さんも書いていたが、あるぞ。
ttp://www.pcp.oupjournals.org/
年会費は高いが雑誌の数を考えると割安に思える。

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/25 00:21
Plant Phys.ってどう思う?

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/25 00:26
Plant Cellがダメだった論文は、Plant Physに廻りやすい。
その手の論文すぐにわかるよ。
フォームがそっくりだし、記述がだらだらと長い。

20 :名無しゲノムのクローンさん :01/09/26 11:13
そうだったのか。

21 :山田です:01/09/26 17:52
plant Biotechnology
(旧植物組織培養学雑誌)
をよろしく。

22 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/26 18:17
>21 ほぼ出せば通る雑誌。IF未知数(たぶん0.5すら逝かない)
namingはgoodだけど中身が無え

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/26 18:20
Plant Biologyってのもあるよ

24 :Fじゃない評価が欲しい :01/09/26 18:37
>>21, >>23投稿経験者情報求む

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/27 00:47
Plant Biotech.....存在するに値しない雑誌。日本の恥
Plant Biol........ヨーロッパの雑誌で、数年前に名前を変えたやつ

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/29 12:37
age

27 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/29 12:50
能楽部ならBBBでも学位は取れる。

28 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/29 17:25
>>25 Plant Biotechnologyって日本の雑誌だったんだ。しかも組織培養系の。

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/29 21:58
>>28
確か複数学会が統合してできた学会雑誌
今は植物細胞分子生物学会だったかな
でもうちの図書館において欲しい

>>22
まじで?送りたいよー。

30 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/29 23:26
Plant Biotechnologyは、なんつーかあれだな、
すごい実験をしたかったんだけど、
ここまでしかうまくいきませんでした
みたいな感じの論文が多い。
或いは、すごい研究をするために必要な
実験系を作るための条件検討とか。
IFの高いジャーナルではmethodsに書かれているようなこと。
まあ論文の墓場ですな。

とか、

31 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 02:06
まともな結果が出てたら、普通、J. Plant Phys., Plant Sci., Plant Cell Rep.ぐらいに出すだろ。PCPでもいいし。PCPがめんどくさかったら、Physiol.Plantもあるし。
>>30 すごい実験ってなんやろ?
普通、PCPクラスを最低ラインにしているラボだったら、恥ずかしくて出さないよ。
よっぽどペーパー数を増やしたい奴なら別だが・・・
評価的には、たぶんまともな公募とかならカウントされないよ。

32 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 02:09
みんなPCPの存在意義ってどう思う?
欧米からは無視されてる雑誌だと思うけど?

33 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 02:12
うちのラボではPCP落とされたら、Plant SciかJ Plant Physiolに出します。
それでもだめなら、実験を追加して再投稿します。

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 12:47
Plant BiotechnologyってPlant cell, tissue and organ culture
のちょいばったもんなんですか?この本もIF高くないっぽいですが

>>31 うちはPlant Biotechnologyにじゅりされたらたぶんパーチー

35 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 18:10
>>34 逝っちゃって下さい。
院時代にPlant Physiology誌を1st 2報ゲットしたけど、
うちでは、ぱーちーすら開かれませんでした。
Plant Cellでもたぶん・・・

36 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 19:32
TO 35
PLANTCELLでも。。。
みんなライバル?

37 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 19:39
>>36
やっぱCNSじゃないとだめでしょう。
新聞報道もされるよ。

38 :名無しゲノムのクローンさん:01/09/30 21:35
>>31

>すごい実験ってなんやろ?
例えば、ある植物種で非常に興味深い現象が見つかったので、
いろいろ遺伝子入れたりして調べたいけど、効率的な遺伝子導入系がない。
そこでその植物で遺伝子導入系を確立しました、
みたいな論文をPlant Biotechnologyに載せる。
その遺伝子導入系を使って行った実験はPCPとかに載せる。
うちではそういうパターンが多いかな。

>評価的には、たぶんまともな公募とかならカウントされないよ。
そうでもないよ。教授に聞いた話では、学会誌に論文を載せると
その雑誌のIFが低くても学会貢献をしたとみなされて、
その学会枠の科研費があたりやすくなるとか・・・・・

39 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/01 15:28
>>38
>そうでもないよ。教授に聞いた話では、学会誌に論文を載せると
>その雑誌のIFが低くても学会貢献をしたとみなされて、
>その学会枠の科研費があたりやすくなるとか・・・・・

それはPCPでも同じでしょうね。
かなり意識してPCPばかりに投稿するラボも多いし。

40 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/01 19:27
>>38
遺伝子導入系の確立ならPLANT CELL REPORTSでもPLANT SCIENCEでもいいじゃないの?
うちの教授もPLANT BIOTECHNOLOGYにしとけって言うの。
そんなところに出してもポスドクのときに困るって言ったら、
僕がどうにでもしてやる、ですって。
セクハラきょうじゅは刺ね、って感じ。

41 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/01 19:31
J. PLANT RESEARCHはどう?
植物学会の雑誌だけど、PCPより低く見られているの?

42 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/01 23:11
>そうでもないよ。教授に聞いた話では、学会誌に論文を載せると
>その雑誌のIFが低くても学会貢献をしたとみなされて、
>その学会枠の科研費があたりやすくなるとか・・・・・

CNSにまず載ると思われる論文を国内学会誌に
だしたら印象大アップでしょうか?しかも邦文で

43 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/01 23:33
>42
たとえ新聞に取り上げられても、2ちゃんの厨房には「なんでこんな
国内雑誌に掲載された仕事を載せているんだ?マスコミはアホだ」と
罵られるだけでしょう。

44 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 00:09
>>41
J. Plant Res は今年 IF 1 を越えたらしい。
植物学会の懇親会で言ってた。
PCP と比べてどうかってーと、私は知らない。

45 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 00:59
植物学会と植物生理学会はかなり重複してるし。
モレキュラーの内容が多い分だけ、PCPの勝ち。
でも、PCPダメでJ Plant Resに投稿するヒトっているの?

46 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 02:16
>43
なるほど。
植物病原菌から毒素を取って、それを植物に接種させることで
病気のメカニズムの一因を世界ではじめて論文にした人って
京大の学内報に載せたんでしたっけ。

47 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 11:35
>>46 さすが狂大。やることがすごい。

48 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 16:27
Phytochemistry 命

49 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 18:27
>48 PhytochemistryはIF1.1

50 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 18:31
PLANT PHYSIOLOGYは編集方針も変わったし、
reviewや特集論文を組み始めたから
PLANT Jを抜くでしょうね。
みんな、IF1前後の雑誌なんかどうでもいいんじゃないの?
もっと上を目指しましょうよ、ね。

51 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 19:40
上が悪いので上を目指せない。

52 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/02 23:36
>47
かなり昔の話で著名な方なはずです。
ただしその発表をしたのは学生の時と聞きました
ぼやけた話で申し訳ないです

53 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 10:52
>50
目指すのはあんたの勝手。
IF1以下でも大切な雑誌、存在価値がある雑誌は多くあります。
わかったような口きいて煽動しないように。

54 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 15:27
>>53
目指さないのもあなたの勝手。
ぎろんの流れを理解されてますか?

55 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 15:32
どうしてこうレベルの低い話ばかりなのでしょうか。
他のスレだともっと景気のいい話ばかりなのに。

56 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 15:37
じゃあどんな重要な雑誌があるんだい?

57 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 16:21
んー、やはり一度は Plant Cell に載せたいな。
1で政治色が強いとか言われてるけど、
どなたか体験談があれば教えて欲しいんだけど。

58 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 16:25
日本でPCに出せるラボは限られてる。
情報求む!

59 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 23:25
PLANT CELL (IF=2000) 11.093

60 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/03 23:29
2chメンバーにPCをゲットした人いないの?

61 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/04 00:03
2号館にいたな

62 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/04 14:09
来月のTrends in Plant Science を
お楽しみに。

63 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/04 15:58
>>49, 50

だからIFじゃないぎろんをしようと提起しているのですが。。
ぎろんの流れを理解されてますか?

64 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/04 18:08
伏見子陽さん(近畿)の研究を載せられる雑誌はありますか??
というか、あのポスター誰か解読してくれ

65 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 14:45
>>64 意味不明

66 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 15:08
>>64 彼のポスター良く見たら、参考文献に「イミダス」と書いてあった。
>>65 ……。

67 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 16:41
>>66見ました。でも解読不能でした。
次の日友達に見せようとしたらお昼には剥がされていた。
本人はどんな人なんでしょうね?

68 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 18:06
>>67
あの写真にはどんな意味があったんだろう・・・

69 :44:01/10/05 20:04
>>67
伏見子陽さん、懇親会で見たぞ。
おうむのときによく出てた、横山弁護士(なつかしー)みたいな
かんじだった。
さすがに声はかけられなかったけど(w

70 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 22:43
伏見さんネタってよくわかりません。

71 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/05 23:42
>>69 私も植物学会(静岡)で本人を見ました。聞くところによると、
伏見子陽(田村節治)さんは、ほぼ毎年ポスター発表してるそうですね。

72 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/06 00:37
JPR今年から気取ってsupplementなんて作るのやめて欲しい

73 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/06 00:40
伏見さんとdiscussionしたひとっていますか?
確かに横山弁護士みたいな感じだなあ。
だれか、伏見さんの発表の要旨を載せてください。

74 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/06 00:41
伏見さんの去年の参考文献はimidas(2000)で
今年の参考文献はimidas(2001)でした。

75 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/06 21:28
>>73
今年の要旨しか持ってないけど、
文字の上下に括弧があったり、
変な記号があったりするので
ここには載せにくいなあ。
あの独特の文法と雰囲気がいいんだけど。
誰かスキャンしてあげてー。

76 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/08 01:56
結果があってその後考察が出てくるより
結果と考察となってる方が好きです

77 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/12 10:09
THE PLANT CELL
[Instructions for Authors]
・Submission of New Manuscripts
Consult a current issue of THE PLANT CELL for guidance on format,
organization, and preparation of figures, legends, tables, and references.
Submit one original and four copies of each paper, one set of original figures,
and four sets of high-quality reproductions, and a disk containing an
electronic version of the manuscript. The disk should also contain a
separate file that includes the cover letter, title page, abstract,
and references. This file will be transmitted electronically to the
assigned coeditor upon receipt, which will expedite the selection of referees.
Label the disk with the corresponding author name, manuscript title,
file name of the short file (cover letter, title, abstract, and references),
operating system and version, and software program and version number.
The cover letter should state that the electronic version of the manuscript
matches the hard copy. Discrepencies will result in a delay of decision.
Microsoft Word files are preferred and will expedite production,
but other common word processing programs can be accommodated.
Authors preparing disks on Macintosh computers must not use the Fast Save
option because formatting is deleted when converted. Please do not submit
ASCII files or files created on desktop publishing or proprietary
typesetting systems.

78 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/12 20:23
plant physiology名前変えるって??

79 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/12 22:55
American Society of Plant Physiology (ASPP)が
American Society fof Plant Biology(ASPB)に変わっただけ。
じゃないの?

80 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/15 03:13
>79 そうでしょうね。名前変えるわけないか

81 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/15 12:10
学生時代はケモタキソノミーだったのでPhytochemistryとかPlantaMedicaだったな。
もしくはBioorganic&Medicinal.ChemとそのLett.
得られた化合物の活性が高いとJ.Med.Chem.

82 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/15 17:24
Phytochemistry 命

83 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/16 14:14
PCP のIFが5を超える日は来るのでしょうか?

84 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/16 18:32
5は無理じゃない。当分。
でも、IF 3に達したら外国からの評価も上がるだろうね。

85 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 09:43
論文リジェクト!
(;゚д゚)< ウボァーーーー

86 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 22:53
>85
どこかに載せてくれる雑誌あるって!
回線気って首釣るなYO!

87 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 23:16
PCPが自分の所に掲載されている論文の引用を要求してくるって
いう噂は本当?

88 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 23:16
東大はGGSで卒業できます。

89 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 23:37
GGS=0.5

90 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/18 23:39
すみません、うちはGGSしかだせません。YEASTおちで

91 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/19 18:35
>>87 裏ではそう言われてるけど、表だっては・・・ねえ。
ま、みなで結託すれば IFで3突破も軽いんじゃない?

92 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/20 21:40
GGS?

93 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/21 18:24
GGSって日本の遺伝学会の雑誌のこと?

94 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/22 08:15
朝っぱらからで悪いけど、レべ留の低い雑誌の話は病めようよ

95 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/22 18:41
Plant Cell に載せたことのある人いないの?

96 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/23 17:55
2ちゃんねらーに胃ねえことを祈る。

97 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/23 19:17
Plant Cell出したら3ヶ月後rejectされた。
Plant Jに回したら2週間でrejectされた。
PMBに回したら8ヶ月後に受理された。その間に
次の仕事がpublishされた。

98 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/23 19:43
感動した。

99 :97:01/10/23 20:37
そういえばPMBに出してから4ヶ月後に「遅い!」って文句言ったら
「今1人のreviewerに見てもらったとこで、これからもう1人探す
ところだからそう心配するな。」と言われた。

100 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/23 20:50
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

101 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/23 23:10
PMBは審査から印刷まで時間かかりすぎ(Plantaもそうだけど)
PC, PJ, PPは比較的スムースだよ。

102 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/25 15:31
PCPは審査も印刷も早いよ。写真はむっちゃきれいやし。
PCPに出して損はないと思うが。

103 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/25 15:44
PCP死ね

104 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/26 10:42
おまえ非酷民か?
PCPにも出せへん陰性やったりして、ははは

105 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/26 18:04
Plantなんとかの雑誌を死ぬほどだして、えらそうな顏してるバカ
PNASくらいの一般誌にだしたまえ

106 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/26 19:27
PNASってそんなにいいか?
しかも、このスレにゃあ関係ねえな

107 : :01/10/26 19:52


108 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/26 22:30
EMBO に出たから PNAS なんてメじゃないです。>105
そもそも Plant Cell > PNAS じゃないですか。

109 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/29 00:30
IFでならそうだけど、他分野から見たらPNASの方がまだ受けはよいのでは?

110 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/30 22:59
molecular breeding や molecular cellは?

111 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/30 23:14
Plant cellなんかみません

112 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/30 23:20
>109
おれ植物と関係ない。
111と同じくPCPなんて見たことないし、PNASに出ている
植物に関する論文も見たことない。
はっきり言ってやる。他分野から見たら何に掲載されようと
どっちもどっちだ。

113 :名無しゲノムのクローンさん:01/10/31 00:19
>112
関係ない方に
はっきりいわれても
別に
関係ないんだけど。

114 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/02 22:29
どうでもいいならレスしないで。

115 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/04 13:41
age

116 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/04 17:43
>>114
これをかますのはおよそ一年ぶりだ。
じゃあ逝くぞ。

オマエモナー

117 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/04 19:08
すこしスレ題とははずれますが
他機関から頂いた材料を用いた場合
特にそれが実験の主たる材料であれば
提供していただいた機関の方を著者に加えるべきなのでしょうか
私の研究室ではおそらく著者に加えずに
謝辞に書くだけと思うのですが、ヒトゲノムでサンプル挙げたのに
なんで著者に入ってないねんゴルァということで
訴えられた、というのをきいたもので

118 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/05 11:26
事前の話し合いが足りなかったのでは?

119 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 20:17
plant J.を一報とPCP2報なら(もしくはplant physiol.一報とPCP2報)ちらの方が良いでしょう。
IFならどちらもPCP二報ぶんを合計した方が高くなりますが…。

120 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 20:40
age

121 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 00:02
最近Plant Physiologyはレベル高くなってきたね。
紙面刷新成功か?
ところでJPRってなんであんなにIF高いんだ??

しかもPCPは国内発刊雑誌でIF3位って何なんだ??
(ちなみに国内1位はGenes to cellらしいが・・・)

122 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 00:22
PCPに送ったらPCPの論文の引用を求められた。
誰かが上の方で書いていたことは本当だったのか。

123 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 00:44
>>117
論文に出ているマテリアルなら基本的に紐をつけないで出すべき。
authorshipにはintellectual contributionが必須。
相手が悪かったんでしょ。

124 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 15:33
植物age

125 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 15:44
>>117
某有名教授は、よそから貰ったサンプルを日本国内で独占的に配布しただけで
共著論文数を飛躍的に増やしたと聞きましたが?

126 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:42
Genes to Cellsは国内誌扱いではありません。
PCPよりもIFの高い日本の生命科学系の雑誌はないはずだが・・・

127 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:47
サンプルを配りまくれるだけでも大したもんだと思うけど、
それがその論文に非常に!重要な役割をはたして、
かつちゃんとした共同研究じゃなかったら名前を入れるなっつーの。

128 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 06:26
権威的なやつほど論文に名前を入れろと要求してくる。
だけど、入れた場合、その方が共著論文としてアクセプトされやすくなることも多いが.....

129 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 11:50
>>125,127
いいねえ。俺もできるならその方法を取りたい。
「サンプルくれ!」って連絡あったら、
「いいよお。なんぼでもあげる。でも、3番目でも4番目でも10番目でも良いからボクの名前もいれてね」って。
別にええやん、3人名前入れる所が4人になっても7人入る論文が8人になっても。
ファーストとラストの著者に別に迷惑はかかんないでしょう。
みんな仲良く助け合って論文数増やしましょう。
(そんなことしている人が多いから1st以外は研究成果としてカウントされなくなるのか?)

130 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 02:01
>129 激しく同意。
学生でも2ndまでに名前ないと誰もその論文にちゃんと貢献したとは思わないでしょう。
学生、ポスドク、若い教官は1stが命。
昨今は著者名の多い論文も多いが、たいていの場合は2ndまでとラストオーサーしかほとんどcontributionしてないでしょう。
おじさんやおじいちゃん連中は名前が入っていれば研究費のゲットだけでなく、
なんとか賞をもらいやすくなるんじゃないか?

131 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 02:03
日本は論文数が昇進などで効いてくるからねえ。
他には研究費の継続申請時にもたくさんあった方がアクティビティーが高いと考えられるんだろうし。

132 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 02:11
PCPにもそれなりに論文出しといた方が植物生理学系の科研費申請に通りやすいらしいよ。
PCPのレベルが上がると出しにくくなるが、それは日本の植物科学のレベルをアップさせるためには必須かな。

133 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 09:57
PCPでなくplant , cell environment はどうなんですか?

>128 乳が論パクとるさい最後のペーパーだったのですが
あまりにもボスが不参加だったので著者にかかなかったら
却下。名前足したらアクサプと。

134 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 09:59
>123
>論文に出ているマテリアルなら基本的に紐をつけないで出すべき。

ここの意味がよく分からなかったのですが、全体の意味としては
その実験内容に精通してなければサンプルあげただけでは
著者の資格無しという事でしょうか

135 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/13 17:54
植物研究はクソ。

136 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/14 02:28
オラオラオラオラオラオラオラオラオラ_ー ̄_ ̄)’,  ・ ∴.'オラ, .. ∧_∧ ∴.' オラ
オラオラオラオラオラオラ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, .∴)' オラオラオ( >>135 ) オラオラオラ
オラオラオラオラオラオ, -'' ̄  = __――=', ・,‘ r⌒>オラ_/ / ・,‘ オラオラオラ
オラオラオラオラオ/  _-―  ̄=_  )":" .  ’ | y'⌒  ⌒i .'  ∴.' オラオラオラ
オラオラオラオラ/   ノ  ̄_=_  ` )),∴. ) |  /  ノ |∴.'∴.' オラオラオラ
オラオラオラオ/  , イ )    _ ) ̄=_)   _), ー'  /´ヾ_ノ オラオラオラオラ
オラオラオラ/   _, \  )_ _ )=  _)オラオ/ ,  ノオラオ∴.'オラ∴.' オラオラ
オラオラオラ|  / \  `、     = _)オラオラ/ / /∴.' ∴.' オラオラオラオラオ
オラオラオラj  /オラオヽ  |オラオラオラオラオラオラオ/ / ,'オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラ / ノオラオラ{  |オラオラオラオラオラオ/  /|  | オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラ / /オラオラオラ| (_オラオラオラオラオ!、_/ /   〉オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラ `、_〉オラオラオラオー‐‐`オラオラオラオラオラオラオ|_/ オラオラオラオラオラオラオラオラオナラ

137 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/14 09:49
やめてくれ、136みたいなやつ。

138 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/14 14:18
オラオラオラオラオラオラオラオラオラ_ー ̄_ ̄)’,  ・ ∴.'オラ, .. ∧_∧ ∴.' オラ
オラオラオラオラオラオラ∧ --_- ― = ̄  ̄`:, .∴)' オラオラオ( >>136 ) オラオラオラ
オラオラオラオラオラオ, -'' ̄  = __――=', ・,‘ r⌒>オラ_/ / ・,‘ オラオラオラ
オラオラオラオラオ/  _-―  ̄=_  )":" .  ’ | y'⌒  ⌒i .'  ∴.' オラオラオラ
オラオラオラオラ/   ノ  ̄_=_  ` )),∴. ) |  /  ノ |∴.'∴.' オラオラオラ
オラオラオラオ/  , イ )    _ ) ̄=_)   _), ー'  /´ヾ_ノ オラオラオラオラ
オラオラオラ/   _, \  )_ _ )=  _)オラオ/ ,  ノオラオ∴.'オラ∴.' オラオラ
オラオラオラ|  / \  `、     = _)オラオラ/ / /∴.' ∴.' オラオラオラオラオ
オラオラオラj  /オラオヽ  |オラオラオラオラオラオラオ/ / ,'オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラ / ノオラオラ{  |オラオラオラオラオラオ/  /|  | オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラ / /オラオラオラ| (_オラオラオラオラオ!、_/ /   〉オラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラ `、_〉オラオラオラオー‐‐`オラオラオラオラオラオラオ|_/ オラオラオラオラオラオラオラオラオナラ

139 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/15 06:57
>138 気持ちはわかるけど、やめようよー
>135 omaegakuso-wakatteneenaa

140 :狸学部弐号館:01/11/17 16:29
先月の博士論文予備審査会、すごかったよ。
D3で論文20報のひとがいたよ。
Plant CellとかPlantaばっかし!

141 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/17 16:51
日本と世界のImpact Factor>http://www.nacos.com/nakanishi/impactfactor.htm
では実際のImpact Factorはどれくらいになるのでしょうか。日本のImpact Factor上位10誌は以下のようになります。トップのPlant and Cell Physiologyは中西印刷の組み版・印刷です。

Impact Factorのあげ方テクニック

Impact Factor値は、その雑誌の実力をはかるものですので、本来あげ方などというものは存在しません。いい論文がたくさん載れば、自然に引用も増え、Impact Factor値もあがるということだけです。ただ、上記のべたように
単純な指標ですので、編集方針次第であげることができます。以下列挙します。

1.雑誌内で引用を奨励する。
引用が基本ですので、雑誌内で、相互引用が増えれば、そのままImpact Factorもあがります。ただ、この技法をあまり使うと、主要引用雑誌の比率がその雑誌そのものに極端に偏ることになります。これがあまりすぎますと、不
自然なことになりかねません。事実、批判も多いようです。

2.Reject率をあげる。
Impact Factorは分数ですので、分母を小さく、分子を大きくすれば、あがります。具体的には、発表論文数の数を絞り、引用が多いと思われるいい論文しか載せないようにします。発表論文数を減らすことで、分母を絞り、いい
論文しか載せないことで分子をあげる。このためにReject率をあげることが、効果的です。ただ、Reject率をあげることは学会の存亡にかかわる冒険であることは言うまでもありません。

3.レビューを増やし、1月号にもってくる。
レビュー記事は、一般に引用率が高く、JCRでも、極端にImpact Factorの高い雑誌は、レビュー誌の場合が多いのです。ですから、レビューを増やすことはImpact Factorを押し上げる効果があります。もちろん、レビュー誌でな
い場合はすべてをレビューとするわけにもいかないでしょう。この場合、年のなるべく早い時期にレビューを集中させます。というのも、Impact Factorは前2年間の引用を見るわけですから、早い時期に発表される論文ほど引用
が多くなります。12月号より1月号の方が次の年に引用される率が高いというわけです。この引用があがる時期に、引用の多いレビューを投入することで、効率的にImpact Factorを稼ぐ訳です。


4.大会や年会の抄録集を本誌扱いにしない。
日本では、雑誌の一年間の総発行ページ数を高めるために、大会や年会の発表抄録を本誌扱いにすることがよくあります。これら大会で発表される抄録はどうしても数が多いため、Impact Factorの分母を増やし、元々、抄録では
引用されることはあまりありませんので、分子を下げるという最悪の結果を招きます。ということで、ことImpact Factorに限った場合、大会や年会の抄録集は決して本誌扱いにしてはいけません。別冊、もしくはまったく別の雑
誌扱いにすべきです。国際学会後などに作られるProceedingsも本誌扱いにするのには慎重にした方がよいでしょう。

142 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 01:17
>140
もしかして、背のちっこい、葉緑体の分裂装置をやってる人かな。
ウルトラ優秀なんだろうねえ。

143 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 11:06
>>140
20報ってむちゃくちゃやな。
セカンド等があるとしても、Dコースだけの換算だと2-3ヵ月に一報でないと無理じゃン。

144 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 15:21
理学部2号館の地下には大学院に入って10年にもなるのに
学位も論文も1報も無いのがいる。

140に出てくるヒトの爪の垢でも煎じて飲んだらよかろう。

145 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 17:44
>Impact Factorは前2年間の引用を見るわけですから、早い時期に発表される論文ほど引用
が多くなります。

オリコンチャートを意識してアルバム発売日を決めるようなもんだね。

146 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 12:14
横浜パシフィコの分子生物学会年会の植物関係のシンポジウム、ワークショップって、どうよ?

147 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 17:08
PCP、いつのまにかMaterials and methodsが後ろに配置されるようになったの?Plant J.やPlant Cellの猿まね?

148 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 08:06
Plant Cell、Plant Physiol. に蹴られた論文の受け皿となるべく、
フォーマットを変える手間を省くための工夫ってことでは?

149 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 08:41
>148 ちがうね。
マテメソは普通の人はみないし、それよりもイントロからリザルトへすぐにつながってた方が読みやすいでしょ。それが世界標準になりつつあるわけ。

150 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 17:23
Plant Cell and Physiologyはrapid communicationなら、到着後、2週間で審査を終えて直ちにacceptかrejectか知らせてくれるそうだ。
これって、今、一番早い査読雑誌になってない?

151 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 17:26
2週間どころじゃない、10日だ

>第1はPCPのオンラインジャーナル化です。PCPは2000年7月からオンラインジャーナルとして新たに出発します。このことにより、PCPに発表された内容をいち早く世界に発信していく体制が確立することを意味しています。PCPの国
際化にとってオンラインジャーナル化は大きな要因であり、編集陣もその実現に全力で対応していきます。第2は編集体制の国際化です。現在、編集実行委員14名のうち2名が外国人の実行委員ですが、外国人の実行委員の割合を段階
的に増やしていくことを考えています。これによって国際的なPCPの評価を更に高くしていくことを目指しています。本年度もこれまでと同様、Regular paperに加えてMini review, Short communicationとRapid reportの掲載を継承いた
します。特にRapid reportは投稿後約10日間で審査を終了し、受理されれば約1ヶ月程度で印刷されることから、迅速な出版には非常に有効です。Rapid reportはオンラインジャーナル化と併せて重要な研究成果の迅速な審査、出版を支
えるものとして、今後更に重視していきます。事実、今年4月初旬に投稿されたRapid reportは5月号の巻頭に掲載されております。
http://www.nacos.com/jspp/henshuchoaisatsu.htm

152 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 17:59
>140
でも一個も遺伝子でてこない。
観察日記だなあれは

153 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 14:37
>152
そうだなああいう研究者が多いから
日本はだめだな、数だけ稼ぐバカ
20報あってもNCSに通るのは0だろ

154 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 14:40
Cytologia を出している、「日本メンデル協会」で検索したら、なんか綾しい団体とちがくないか?

>5.福来心理学研究を支える人々

 故白川勇記博士は「前史」時代に引き続き、研究所の初代所長としてその発展に貢献した。第二代の中沢信午所長は山形大学名誉教授で理学博士、植物学専攻で財団法人日本メンデル協会理事である。第三代所長は筆者である。星猛夫理事
は、晩翠翁を囲む心霊研究のグループに志賀博士の参加を仲介し東北心霊科学研究会の結成に貢献した。浅間一男理事は理学博士、古生物学専攻であるが、仙台の福来心理学研究所の開設後、初代の管理人も勤めた。国立科学博物館地学部長の
職にあったが、日本心霊科学協会の理事長もつとめた。杉山清人顧問は、自己自身は多くの神秘的体験をもちながら、医学の立場から科学的超心理学を推進する。故黒田正大前監事も医学系の研究者で「前史」時代から陰の力として奉仕した。
故岡田幸雄理事は理学博士で東北大学、山形大学、ブルックリン大学(ニューヨーク〉、電気通信大学、東海大学を歴任した。戦時中であるが海軍航空機の墜落多いのはアンテナの欠陥のためと看破、世界で最高感度のアンテナを創造した。東
北大学時代に電気通信に関する数学的基礎理論を作ったが、これは文化の領域にも適用できる情報科学の最初の研究で、ベル研究所による開発に先立つこと八年であった。岡田博士は自己の理論で「千里眼」の解明も期待したのであった。また
電気通信大学で「超心理学」の最初の講義を行った。そのほか若手研究者として中鉢武理事は画像処理の専門家、佐佐木康二理事は「プラナ」「タキオン」等を扱う新領域、「磁流物理学」の研究者である。最近では生体の多元情報計測をされ
ている東北大学の田中治雄工学博士(評議員)、世界各地の不思議現象を調査、自ら体験し、新次元の研究をされている森田健不思議研究所所長(評議員)などがいる。

155 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 15:21
Plantaのある、論文の投稿から出版までの日付を見たら。
投稿、2000年12月1日
採択、2000年12月27日
On-line公開、2001年5月16日(笑)
雑誌公表、2001年11月号(笑)

1ヶ月で審査終了なのに、採択してから印刷まで1年もかかるんじゃねーよ!

156 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 15:45
Plant Cell and Physiologyをみんなで盛り上げよう!

157 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 03:57
>>152
あんた遺伝子バカ?
>>153
数だけかせいでいるわけじゃないだろ。内容的にも一流だろ,彼の研究は。

158 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 04:34
レスとはちょっと関係ないけど
聞きたいことがあるんですが
海綿状組織と柵状組織って発生段階でどういうふうに
分化するのか知っている方いませんか。
詳しいことが書いてある本、論文を検索中です。

159 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 12:42
>157
あんなの20報でなく2報にまとめられる
結局架空のものをおっていた可能性あり

160 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 16:35
見た見た、って、電顕試料を固定したさいのアーティファクトでなくて?
やっぱし分子を同定したり、タンパク質ータンパク質相互作用を証明しないと、
いまの時代、だれも納得しないと、思われ、、、、>157

161 :159:01/11/23 17:12
よって彼は論文をかくための最後のデータがなく論文になっていない。

162 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 17:51
>153
NCSに通らなきゃいけないのなら、君も含めて世の中のほとんどの
研究者はダメだということになるぞ。

163 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/23 18:08
>162
ようはもちょっとよいところに通らないのに
適当なとこに出して数だけふやすのは
紙面の無駄だし意味がないということ
が言いたいのだ

164 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 02:42
>>157-162
でも、>>140によると彼の論文はPlant Cell とかPlantaばっかしなんでしょ?
すごいじゃん。
それとも>>140のPlant Cell とかPlantaばっかしってのはネタ?

165 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 12:07
PCPはShort communicationを止めればもっとIFがあがる。
みんな、日本の雑誌だからって舐めてると簡単にリジェクトくらうぞ!

166 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 14:11
つうかさぁ、イオンコンテントとか、アスコルビン酸濃度とか、生重量のテーブルとか、
SDの無い棒グラフとか折れ線グラフばかり、どーとでも取れるようなデータしか並べない
生理「しか」ない論文、逝ってよし!>PCPのストレス応答やら、栄養生理犬窮者。

変異体とか遺伝子とか、タンパク質レベルで議論しやがれ!

167 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 14:40
>165
ばっかしというのはうそだろ

168 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 13:12
カキモト博士の論文を読めるだけでも、PCPは価値がある

169 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 14:27
>ねつ造らしいぞあれは

170 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 16:51
見つかったサイトカイニンレセプターって、実際にサイトカイニンと結合すんの?

171 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 00:09
>>170
名大の水野研の人たちがbinding assayちゃんとやってるよ。
これまたPCPらしい。

172 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 00:11
↓誰かモー娘。&ハロープロジェクトのメンバーに似ている人知らない?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~musume/m_magazine.htm

173 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 00:28
>>169
俺の理解では,Scienceにでたやつは
確かにサイトカイニンの受容体である根拠がないが,
当時の発表段階でそういう可能性を示唆した点は仕方ないと思う。
捏造というとニュアンスが全然違うだろ。
それに,最近とったやつに関しては
171氏が書いてるみたいに他のラボの追試もあるようだし,
いいんじゃないの?
それとも両方とも「ねつぞう」なのか?

174 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 02:16
Natureの論文には不満たっぷりだが、ネタ的には植物ホルモンの一種のサイトカイニンレセプターを同定したってことでNatureでもScienceでも載せてくれるでしょう。データーも多いし、Cellでも大丈夫だったんじゃないかなあ

175 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 15:30
むしろABP1が真のヲーキシン受容体であることを分かりやすく説明してくれ。

176 :微生物生態学研究者:01/11/28 16:06
166さん
「変異体とか遺伝子とか、タンパク質レベルで議論しやがれ」といわれますが、
個体レベルでは遺伝子のはたらきだけで説明できないことの方が、圧倒的に
多いですよ。還元主義的な考えはいかがなものかなあ。おまけに、
PCPだし。分子生物の雑誌ではありません。

177 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 17:24
>176

J. Plant Res.と差別化するには分子生物は必要。

178 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 17:29
でもさ、分子系統分類の論文は、J. Plant Res.に載るよ

179 :微生物生態学研究者 :01/11/28 18:12
177さん

オレはこの分野の専門家でないから良くわからない。J. Plant Res.は
植物生態の雑誌なの?

180 :微生物生態学研究者:01/11/28 18:55
それと付け足すが、生理学とはもともと、個体レベル機能を明らかに
していく学問で、分子生物学的手法を用いるのは有効であるが、
そこからえられた知見を個体レベルまでフィードバックさせる必要が
あると思うのだが。話はそれるが、むかしの彼女は植物生理やってたな。
今頃どうしてんだろう。

181 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/29 12:18
Mirobes and Environments誌って、どうよ?>180

182 :微生物生態学研究者:01/11/29 12:47
181さん
その雑誌はよくしらない。この分野で一番はApplied and Environmental
Microbiology かなあ。どこにでもあるので、一度ご覧下さい。

183 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/29 15:17
Plant Cell and Environmentsなら知っている

184 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/29 18:00
Σ(゚д゚lll)ガーン
Plant Cell、reject された…

185 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/29 22:20
>>184
ざんねんでしたね。
落ち込まずに前向きに頑張って,Plant Cellの査読者を見返してください。

186 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/30 17:58
東大理学部植物学教室って、いまでも生態学やってんの?

187 :>186:01/12/01 17:37
まだ決まってないみたい。

188 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/02 14:57
Plant Biologyって、どうゆう雑誌よ?

189 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/02 16:42
EM細菌@琉球大のデムパ教授について、教えて下さい>182

190 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/04 00:23
ヨーロッパの雑誌で3年ほど前にPlant Biology っていう名前を変えた
IFは1.215

191 :ヘタレ大学研究者:01/12/06 10:57
毎年、2−3報出してるのになんで科研費が当たらないのだろうか?

192 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/06 12:18
cytologiaやprotoplasmaでは、無理とおもわれ>論文

193 :191:01/12/06 12:46
PCPばかりだよ〜ん♪

194 :M城嶋博士:01/12/06 13:46
よし、今度は助教授公募に出しちゃうぞ〜!

195 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/06 13:50
>194
とりあえず、それはプラスミドつくれるようになってからにしろ。

196 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/06 14:06
>194
あとコンピもな

197 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/06 16:56
>194
PDのNさんのほうが数は少ないけど
いい論文かくのにな〜(PNAS)
数で圧倒する研究者最悪

198 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/07 14:29
植物生態学関係の良い雑誌ってない?

199 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/07 16:31
うちのラボの先輩Plant Cellに2報だしてるよ〜。
コネっぽいけど。
わしもいまSに登校してみたよー。
どうなるか知らんが。

200 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/07 16:51
sumoやってる部屋って活気ある?

201 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/07 18:12
see Genes Dev. 2001 Dec 1;15(23):3053-8.
Cell. 2001 Oct 5;107(1):5-8.

202 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/08 13:20
分子生物学会での植物関係の発表者はどうよ??

203 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/09 11:33
植物生理学会(3月28-30,岡山)には申し込みましたか???

204 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/11 21:52
Bluelight

205 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 00:24
>>204
おいおい,なんだよ?

206 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 21:54
>>203
いつまでだっけ?
発表予定者の締め切り

207 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/15 22:28
>>206
もう終わったんじゃ・・・

208 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/17 18:00
終わったはず。

209 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 14:24
マメ科のモデル植物ミヤコグサ(Lotus japonicus)のゲノム解析
 佐藤 修正 (かずさDNA研究所)

 2002年1月28日(月)4:00−5:00
 京都大学理学部2号館1階 大講義室 (120号室)

マメ科植物は、貴重な食糧資源であるとともに物質生産などさまざまな有用性をもっ
ている。また、根粒菌との共生窒素固定は、農業上の重要性のみならず、植物と土壌
微生物の相互作用を研究する上で興味深い系となっている。ミヤコグサ(Lotus
japonicus)は、ゲノムサイズが小さい(約470Mb)、世代時間が短い(40-60日)、
形質転換が可能など、マメ科植物のモデルとして優れた特徴をもつ。我々は、マメ科
植物の遺伝制御系の解明をめざして、ミヤコグサゲノムの大規模構造解析を開始し
た。
本プロジェクトではcDNA解析、ゲノム配列解析を平行して進めている。cDNA解析は、
播種後2週の植物体、豆果、根、根粒形成過程の根から作製したcDNAライブラリーを
用いて進めており、2001年12月現在75,000のEST dataを蓄積している。ゲノム配列解
析は、形質転換可能なTACベクターを用いて作製したゲノムライブラリーを用いて行
っており、ミヤコグサESTや他のマメ科植物のcDNAマーカーの配列(シードポイン
ト)に基づいてゲノムライブラリーの3-DプールをPCRスクリーニングすることにより
配列決定用クローンを選抜している。塩基配列はショットガン法(重複度約5倍)で
決定し、相同性検索や予測プログラムによって遺伝子領域の同定を行っている。同時
に、得られた配列をもとにDNAマーカーを作製し、配列決定したクローンの連鎖地図
上へのマッピングも行っている。
最新のミヤコグサゲノムの解析状況とそこから認められるミヤコグサゲノムの特徴お
よびプロジェクトの一環として進めているミヤコグサの分子遺伝学研究を進めるうえ
で必要なリソースの整備状況について紹介する。

210 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 14:00
今後、ゲノムプロジェクトはどういう植物の解析に向かうんですか?

211 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 13:04
フィスコミトレラ

212 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 17:57
アサガヲ

213 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 20:42
>>212
基生研または九大理学部生物発見!

214 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 03:41
Nam-Hi Chuaの論文がPCPのRapid Paperで印刷されてたね。
何か魂胆でもあるのだろうか?
Chua研ではPMBが最低ラインだと聞いていたのだが・・・

215 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 11:48
だからよー、93年94年のCellに掲載されたフィトクロームシグナルとGTP結合タンパク質とCaイヲンとcGMPのマイクロインジェクションはどうなったのよ?
>Nam-Hi Chuaラボ、嘘論文疑惑

216 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 13:50
ああ、その論文学生時代に読んだなあ。
一時期、マイクロインジェクションが流行ったけど、
最近全然見ないね。
確か、Chua研には専用の機械一式があるはずだぞ!

217 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 13:57
Chuaのラボってとっても厳しいらしいね。
彼の興味のあるテーマや、
いい仕事をしているポスドクには寝てても電話で呼び出しをかけるらしい

218 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 14:00
9/11にはどうしてたのかな?>タワービルデイングにいた研究者達、

窓の下に見えるヨークアベニューを大勢の市民が北へ歩いていく様子を眺めていたとか?

219 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 14:01
坂野@生化みたいね>電話で呼びつける

220 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 14:19
ああ、名大マッチー研出身のMAP Kinaseホモログ大量解析研究者でしたっけ?

221 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 14:27
ヒトシ先生では?> ttp://www.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/lab/sakano.html

222 :>1:01/12/24 14:38
最近、アクセプトされた論文ではPlant Cell and Physiologyから論文を5報ほど引用しておきました。
今後もPCPの論文を積極的に引用します。

だから学会奨励賞下さい(藁

223 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 00:01
みなさん、話題が変わりますがJBCってどうでしょうか?
JBCにも植物関係のファースト論文が掲載されています。
特に、植物酵素や複合体の生化学的解析とかオルガネラへの輸送&局在性を解析した研究はグッドのようです。
ただし、変異体を使った遺伝学的研究はダメみたいですね。

224 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 00:52
JBCもいい雑誌だけど、目を通さないしなあ。関係者しか検索してくれないのが問題。

225 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 01:19
植物系のジャーナルってパブメッドで検索出来るの?

226 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 01:46
バブメッドなら検索できるYO!

227 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 01:59
>>1-1000 =植物人間(except 227)

228 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 03:50
植物人間でもPubmed検索はできるわYo
引っかかりにくい雑誌
Physiol Plant, Plant Cell Rep, Plant Sci, J Plant Phys, J Plant Resなど
Physiologyがメインの低IF雑誌はだめみたいねー

229 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 03:57
>>>222
ちゃんと2000年と2001年の論文だろうな?
じゃないと意味亡いよ

230 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 06:08
こんどJBCへ投降しますが、ダメだったらPlant Jに出死魔酢

231 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 06:19
あああ、PCPにリジェクトされた!
発表会延期決定だな、こりゃ。

232 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 11:46
>>231
ご愁傷様

233 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 14:24
しかし、PCP1報だけで博士号というのも哀しいな。
東大か?

234 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 14:41
岡山大かも知れない(根拠無し)>PCP1報で博士号

235 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 15:57

>>231
は、論文3報必要だが、のこりの1っぽうが間に合わなかった。
と言う意味かもしれませんよ。
>>233
わかりますか?
小学生ですか?

236 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/29 17:04
こんど、すごく良い論文がPlant and Cell Physiologyに掲載されます。
期待して下さい!

237 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/29 20:24
>>236
期待しとくよ

238 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 11:55
どうすごいんだよ?

239 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:07
PCPのRapid paperって評価されるのだろうか?
FEBS LETT やBBRCよりはいいかな(速報だとは見た目わからんし)

どう思う、Guy!

240 :>238:01/12/30 15:45
内容は自信を持ってCell or Genes and Development級なのですが、博士論文審査会に間に合わせるためPlant and Cell Physiologyに出すことに、、、、(泣

241 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 16:28
ヲレはJBC落ちの論文を泣く泣くPCPに出した。
指導教官は「PCPの質を上げたのは間違いない」とか言ってくれたが
少しも嬉しくない。

242 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 16:37
教官公募の書類を準備するとき、速攻で業績リストを増やすのには便利>PCPのRapid report

なんたって審査は10日で終わる>239

243 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 17:17
数年前:黄緑と緑の表紙(最悪)
2−3年前:深緑にクラシカルな飾り線が入った奴(なかなか趣味がいい)
最近:最高の紙質と綺麗な写真、誇らしいPlant and Cell Physiologyの字

やはりPCPは国内最高の雑誌だよ(藁

244 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 17:27
J. Plant Researchも漢字の表紙から、写真表紙になって、すごくイイ感じ。

245 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 17:59
うちはGGSで卒業します。

246 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 00:35
>239
PCPのRapid paperで出ている論文を見ると、割と競争率の高い仕事が多い。
審査を早くしたことでIFが飛躍的に上がるのでは?(あとは学位ゲット用の論文を
ビシバシRejectしよう!!

247 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 07:58
PCPの審査は厳しい。
これ有名な話。
みんな舐めてると・・・

248 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 13:31
PCPのIFが3になれば世界の目もかわる。
そうなるとPMBやPlantaに流れてた日本人論文は激減する
PCPは第一審査を一ヶ月以内に終了させて、
アクセプトされたら即PDF paperで公開、
印刷まで2ヶ月。これをやれば絶対IFが3になると思うなあ。

249 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 13:34
Plant Cellみたいに春先にReview特集号を出して、ホットな分野の若手研究者の原稿を集めたら?

250 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 15:05
多くの研究室ではPCPが送られてきても
書棚の場所が無くて捨てられていると思う。
過去、5年分のPCPをどんどんアジア、東欧、
中南米、アフリカ、米国の主要な研究機関に
無料で送ってさらに1年分無料で送ったら
どうだろうか?

読者を増やすことこそIFをあげる道ではなかろうか?

251 :ヘタレ助手:01/12/31 15:28
十数報あるヲレの業績の半分はPCPなので、とにかくPCPのIFが3を越えることを切に願っています。

252 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 20:13
Review特集号については実際に審議されています。一番大きいのはコストの問題で
これをクリアするには会員に配布しているPCPをPDFのみにして印刷コストを下げる
等が挙げられますが、PDF化には京都の印刷屋さんの助力が大きいので実際には会費の
増額で対処することになるでしょう。著者については国内の大物ラボの協力で
2−3年はいけるとおもいますが・・。

253 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 20:20
http://jbbs.shitaraba.com/shop/16/creditcard.html
クレジットカード専門掲示板を立ち上げました。

254 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 00:01
分類の関係の雑誌で、HIKOBIAってのがあるんだけど、知ってる?

255 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 01:08
俺はPCPが来たら、パラパラとめくって、
自分の仕事に参考になりそうなものだけ切り取る
(PCPは写真がすごいきれい!)。
知り合いや知ってるラボのペーパーは斜め読みする。
あとは普通の雑誌と一緒に再利用ゴミへ。

Reviewは有効な策だとは思うが、
今まで掲載されたやつは・・・ねえ。
もっと一般性のあるやつじゃないとアカン。
PMBなんかを参考にするとよくわかる。
(review特集号でIFをかなり稼いでいるのは有名)

256 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 23:38
>>254
分類って、純粋な分類なの?

257 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/02 15:44
「プランタ」っていうB5版ぐらいの日本語植物学啓蒙雑誌ってなかった?
まだあるのかな?

ツカノミヤさま@キ生研が常連で書いていたが、、、、。

258 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 11:58
「Planta」ではなくて「プランタ」つーのがあるんですか?

259 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 15:37
【植物学】

● プランタ  (研成社 03-3669-1828)
  隔月刊  定価 580円
  最新号  11月号 特集:コケの植物学

260 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 16:09
Phycological Reportって、どうよ?

261 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/05 21:37
>259
どこの雑誌だ?
誌欄

262 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 04:05
>260
?Phycological research (藻類学会の英文誌)では。

>254
「HIKOBIA」ひろ島大学の分類学・生態学者たちによって維持されてる雑誌。
したがって内容は植生学、こけの分類にかたよっている。

>259
飛べひろしとかがやってる雑誌?

263 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 10:20
1月号のPLANT CELLに私達の論文が印刷されます(しかも2つも)。おたのしみに

264 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 10:31
これか?

Takehide Kato, Miyo Terao Morita, Hidehiro Fukaki,
Yoshiro Yamauchi, Michiko Uehara, Mitsuru Niihama,
Masao Tasaka
SGR2, a Phospholipase-Like Protein, and ZIG/SGR4, a SNARE,
Are Involved in the Shoot Gravitropism of Arabidopsis

Miyo Terao Morita, Takehide Kato, Kiyoshi Nagafusa,
Chieko Saito, Takashi Ueda, Akihiko Nakano, Masao Tasaka
Involvement of the Vacuoles of the Endodermis
in the Early Process of Shoot Gravitropism in Arabidopsis

で,売りはなに?

265 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 10:38
>263 奈良戦端のまわし者だな。
     いちいち自慢話を載せるなっーの。
     鏡台や灯台でもなかなかPLANT CELLには出せないからって。

266 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 11:36
PLANT CELL一報ほちい

267 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 21:18
「雨男、お花畑をゆく」気球の本、を買ったよ!

面白かった!

268 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 00:22
>>267
T谷先生ってどうですか??
ついでに、その師匠(?)のK田先生ってどう?

269 :>268:02/01/07 00:26
昨年の植物生理学会の学会奨励賞を採っていたよ。
受賞講演も綺麗な写真としロートにもわかりやすくて
研究の流れにもしっかりしたポリシーがある感じで面白かった。

270 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 03:34
>269 今後、植物科学分野では世界的な有名人になるでしょう。
若手のホープじゃない?
CNSにバンバン出れば

271 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 13:21
Tさんって今何やってるの?
Aさんのほうが優秀だろ

272 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 17:07
Scienceってあくせぷとからどれくらいで返事来るの?
今送ってるんだけど。
京都の人、誰か知ってる人いるでしょ?
おせーて

273 :272:02/01/07 21:44
あら,ごめん,
アクセプトからじゃなくて,
レシーブからどれくらい?

274 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 22:38
>273
だめなら2−3週間で「当方、掲載のスペースなし。」とつれなく
返事が来るよ。1ヶ月たっても返事がなければレビューに回ったか
ほかされている可能性あり。後者の場合も当然「当方、掲載スペース
なし。」と来るから、単純に1ヶ月以上(受け取り以外の)返事が
なくても喜んではいかん。速報的な意味も大きい雑誌だから、1ヶ月
程度で何も言ってこなきゃ、問い合わせた方がいいね。

275 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/08 03:42
Scienceほちい。

276 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/09 06:51
Natureもほちい。
去年は日本発の植物系論文がいっぱい出たねー
誰か載せて。

277 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/09 13:41
うちのIはGGSで卒業です。

278 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/11 23:38
GGSってなに?

279 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 00:18
genes and genetic system
だっけ?
たぶん。
遺伝学会の本だっけ?
違うかも

280 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 11:47
日本でPlant Cell, Plant J, Plant Phys.にちゃんとコンスタントに出せるラボってどこですか?

281 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 12:38
>>280
o科ださんとか
t坂さんとか。
でも、俺が今から行くなら、
a帰山のところ

282 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 14:29
>278
それで卒業するバカがいます。

283 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 15:08
>>279
遺伝学会の会誌だな。
あっ、GGSのWWWにアクセスできねーでやんの、ちくしょ。
GGSのIFってどれくらいかね。

誰か、GGSでrejectされたやつっている?
てか、rejectすることあんのかな?

284 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 15:25
>283
こねでおちることはない

285 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 15:30
case1
おれはnature級の人間だと豪語するやつ
NCB(みてもらえず)→BBRC(速攻reject)→ MCBRC (reject)
→ こねでGGS
case2
自称業績持ち
JCS(みてもらえず)→YEAST(reject)→ こねでGGS

286 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 17:47
組織培養と形質転換やってるんやけど、どの雑誌に投稿するのがええかなぁ?

287 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 17:59
Plant Biotechnology

288 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 18:11
そこってイマイチな噂も聞くけどどうなん? >287

289 :捨て爺:02/01/13 18:11
>>286
マイナーな植物で形質転換系の確立をやってるの?
それともメジャーですでに形質転換系が確立された植物で、
さらに効率をあげる実験?

290 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 18:26
マイナーつーか、果樹木系。

291 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 18:56
森林総研のこのキチ外って、誰?>290


-----------つい最近になっても、森林総合研究所の成果選集1999にプロジェクト
研究の成果として「今のところ、観測点の森林に衰退の兆候は見られないし、林
野庁『酸性雨等森林被害モニタリング事業』の全国844地点のデータ解析結果
からも樹木衰退の多くは風雪害、病虫害、過密・被圧によるものであり、土壌の
酸性化も全国的にみれば進んでいない。」という明らかな出鱈目が記載され、抗
議をしても正当な理由のないまま修正もされません。こういった不当研究・広報
が行われているのみならず、酸性降下物影響を明らかにしている研究者(私)に
は、科学的議論も無しに「お前のは天動説だ」等の圧力が管理職から掛けられた
り、酸性雨問題における批判記事をインターネットに書いたこと等を理由に精神
科受診命令や分限免職にする等の脅しが執拗にかけられ批判封じを行おうとした
りされ続けています。

 森林NGO緑友会でも、独立行政法人の運営や国立大学独立行政法人化問題に
つき、さらなる要望書提出等も検討したいと思いますので、ご意見等ございまし
たらお聞かせ頂ければ幸いです。

-----------------------------------------------------
Hisao Fujii (fujiihi@ffpri.affrc.go.jp)
Forestry and Forest Products Research Institute
Ibaraki, Japan TEL 0298-73-3211(ext475)
森林総合研究所・企画調整部 藤井久雄(内線475)
 森林・林業・自然と研究環境を守るNGO緑友会
 (http://www2s.biglobe.ne.jp/~ryokuyu/)事務局
-----------------------------------------------------

292 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:08
皆様
、森林NGO緑友会事務局
藤井 久雄

 私ごとで色々ご心配をお掛けし申し訳有りません。また、ご助力やお励ましを
下さいました方々、本当に有り難うございました。

 私の不当分限免職の件ですが、本当に残念ながら、本日付けで分限免職の辞令
が出されてしまいました。

 今日は、林野庁に処分の適否の確認・検討等を求める行政措置要求の人事院へ
の提出、林野庁林政課人事班へ出向いての要望等致しましたが、結局どうにもな
りませんでした。林野庁林政課人事班の方にも、色々説得はしてきたのですが、
結局林野庁は「任命権は森林総合研究所長にあり、林野庁は処分の具体的理由に
ついて判断をしない」という姿勢を、押し通してしまいました。今後、独立行政
法人化に伴って、研究所の裁量権が増しますので、このような腐敗問題はますま
す深刻化する怖れがあり、林野庁人事班の方にも、もっと透明性やチェック機構
の強化を図らなければ、ますます腐敗してしまうという話を大分したのですが
(森林NGO緑友会でも、現在の国立試験研究機関独立行政法人化の準備状況を
踏まえた要望と大学独立行政法人化に関する要望を記載した意見書を作成中です。
要望書案:http://www2s.biglobe.ne.jp/~ryokuyu/tok0127.htm#yobo)。

 結局、森林総合研究所の処分意志が極めて強固で、林野庁から戻ったら所長は
すぐ無理矢理辞令交付を行おうとしてき、数人の暴力に遭いながら、林野庁に確
認をとってからにすることを求めたものの、結局夕方に林野庁も上記のような姿
勢で変わらないという返答をされて、辞令を受け取らざるを得なくなりました。

293 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:08
 処分理由はやはり無茶苦茶で、かいつまんで言うと「上司・同僚・部外者に大
声で非難等を繰り返した」「インターネットに誹謗中傷投稿を繰り返した」「受
診命令に従わなかった」「共用実験室に自己所有物品(私費で買った研究必要器
材・薬品等のことです)を多数持ち込み共同使用を妨げた」というだけのもので
す。(前投稿に書きましたとおり、批判は全て正当な理由があってしているもの
で誹謗中傷は全くしていませんし、受診命令には何ら正当な理由が無く、実験室
にはきめられた業務に必要な器具を置いていただけで、私が特に広いスペースを
占有したわけでもなければ、特に他の人の業務の邪魔にもなっていません。)

 あまりに馬鹿馬鹿しいので、何故に誰もが仕事のしやすい職場をつくろうとせ
ず、特定職員と癒着してこのような処分をされるのか、そうやって私を不当に追
い出そうとしてきた研究者が今後どんな顔をして研究者を続けて行かれるおつも
りなのか、と聞いたのですが、企画調整部長が「大変優秀な研究者である丸山君
のためにこれをやった」という大変問題な一言を吐いただけでした。丸山温は、
前投稿に書いた、約11年前の私の併任解任等の画策(共同研究の概ねの結論が
得られた時点で無理に主に自分だけで短期測定を行い、所内報告をわざと1年遅
らせて当該年度の所内報告にはでっち上げデータをのせて併任解任をしやすくし、
私を研究室から追い出し、私筆頭名の共同名で口頭発表したほぼ同結論を後に私
の名を載せずに初印刷発表する−主に自分だけで短期測定を行ったデータだけを
使ったので著作権侵害でないとの主張−といった画策)や、複数回の他研究者の
著作権侵害、データ捏造、等の不当事を行ってきた研究者で、企画調整部長は過
去に国際農林水:タ憎齡後\≪闌闥財赱站獅痺諛鳫寂ォ竢跫鮑9号羚喉梢業:タa梢
究センターで丸山温の上司だった時期もあり、やはり今回
の処分原因は不当癒着にちがいないようです。

 結局、私の排斥を行い、業務を妨害し続け、学会まで偏らせて画策を続けて来
られている方々の論理は、共存の論理では全くなく、徹底した同業者排斥・異学
説者排斥の論理しか頭に無いのだと思います(確かに私は、不当事に対し抗議や
批判をしてきていますが、それは学会の在り方や私の業務やが不当に歪められた
り妨害されたりしたためせねばならない批判だからしてきただけで、決して彼ら
のように個人的エゴから相手の業務を妨害するようなことはしてこなかったはず
です)。

294 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:09
このような理由で、社会的に重要な研究が停止を余儀なくされてしまうことは、
大変困ったことです。また、このような、悪いことをし他人の職を奪おうとまで
する研究者がのさばって、何の悪いこともしていない善良な研究者の方が職を奪
われるのは、社会倫理的にも学会倫理的にも、放置されてはならない深刻な問題
状態を後々に残してくれたことになると思います。

 こういう風に深刻にこじれた問題をもたらさずに、円満な解決を図って欲しかっ
たとしか言いようが有りません。私の方も、まさかこんな理由で分限免職が出来
るはずがないと思ったためや、分限免職ということになると完全に重大な犯罪事
ですので表沙汰にするのは十分折衝してからと思ったため、対応が遅れた面等有
りました。また全農林中央労働組合が、このような無茶苦茶な処分理由での処分
を、森林総合研究所の違法者か当局と癒着して容認してしまったこと、等も処分
を可能にした原因で有ると思います。

 このような無茶苦茶な理由で処分が出来るのも、一度処分を出してしまえば、
後は訴訟になっても国を挙げて税金を使って弁護をし多くは偏った判決のでる行
政訴訟で正当化できる可能性が高いという思いがあるからで、司法改革で行政訴
訟の偏りをなくすことは重要だと思います(また行政訴訟以外の訴訟でも判決の
公正化は重要だと思います)。また、独立行政法人化に向けて、採用・人事異動
・処分等の腐敗が増加しないよう、透明化・チェック機構強化が是非不可欠だと
思います(「独立行政法人では人事は理事の胸先三寸だ」という発言をした管理
職もいるという話が全農林労組つくば地本から伝わっています)。

 以上、LANをいきなり切られたりで報告がやや遅れましたが、取りあえずご
報告まで。

 このような事情で、以後私の連絡先が変わります。ご連絡は下記へお願い申し
上げます。森林NGO緑友会の活動は、勿論今後も継続されます(但し、もうす
ぐ事務局の住所が変わることになり、また私の給料が無くなり携われる時間も減
るかもしれないので財政的・マンパワー的に制約が出てくるかもしれませんが)。


*********************************************************
藤 井 久 雄(fujiihi@nisiq.net)
森林NGO緑友会(森林・林業・自然と研究のためのNGO)事務局

295 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 23:27
デンパ、うざい

296 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 00:01
ケロタン?

297 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 16:23
>>268
優秀な若手研究者が集っていたKさんのラボだが、そこ出身で、
俺が知ってる4人のうち3人が同じような髪型であるのは何故だろう。
だれかRIを持ち出してたからか、すとれすがひどかったからか、、、、
いや、決して馬鹿にしてる訳ではないんだが

298 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 20:00
誤答工事せんせいっていなかった?>297

299 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 22:33
>>298
いるけどさ,フルネームでかくな.
あのひと,面白いね.ギャグ題魔王

300 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 22:40
>>299
そして,同じ髪型の3人の内の一人だろ.

301 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 22:41
K田研って優秀なヒトしか博士後期課程に上がれないの?

302 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 22:45
正直,Plant Cell以下の雑誌はよまない.
ごくまれにPlant Journal

303 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 22:51
PCPやCytologiaぢゃ、博士は盗れませんか?

304 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 23:07
>303
灯台K岩研ご用たしの?
そればっかだよなあそこは

305 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 23:10
Protoplasma
Current Genetics、、、age

306 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 23:22
「植物分子生物学者」はGUSリポーターさえ繋げば解析できたと思っていやがる、誌ね

と昔に思った。いまではちったぁ良くなっているようだが。

307 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 23:51
最近は、ひたすらタグラインKOのスクリーニング、、、、ふう、(PCR→サザン)x ∞回

308 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 00:59
そりゃアンタ、ただのテクニシャンか卒研の仕事や、、、>タグラインKOスクリーニング

309 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 06:56
じゃ、いまの「植物分子生物学者」は何をしてるの?

310 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 12:19
DNAチップ or DNAマクロアレイ or プロテヲーム>309

311 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 17:00
GGS age

312 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 17:08
J.Plant Researchをもり立てよう!

313 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 22:34
Plantaこそ、最高の植物研究雑誌

314 :309:02/01/17 01:00
>>310
それもテクニシャンや卒研生でもできそうだなあ。
ただ、大金が必要なだけで。

315 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 08:45
チップとかアレイは普通どこでも大金もったラボでテク2シャンがやってるよ。
学生はダメだね。あーゆう単純作業は。ぜんぜんサイエンスじゃないもん。
ただ、卒研生にやらせるラボはないでしょう(危険すぎる)

316 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 11:57
>313 PlantaとPlant Mol Biolって印刷までに時間かかりすぎ。逝って良し!

PCPこそ世界最強の雑誌!

317 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 13:42
早い!ドッ綺麗!国内最高(IF)!,三拍子!>PCP

318 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 13:50
Planta もPCPもどっちもだめだなEMBOとかPNASが最低限

319 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 14:38
EMBO Reportって、どうよ?

320 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 15:48
science,きっちり三週間で、
れびゅあーに回した。って報告が来ました。
親切ですね

321 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 20:13
植物のEvo-Devoって、どのへんの雑誌を読めばいいのよ?

322 :国立科学博物館:02/01/17 21:59
ここに投稿して下さい> http://research.kahaku.go.jp/issues/index.html

国立科学博物館専報 目次
斎藤靖二・宮脇律郎・西海 功・並河 洋・北山太樹・樋口正信・植村和彦・海部陽介:
瀬戸内海を中心とする地域の自然科学的総合研究、実施の目的と平成10年度調査研究の成果

横山一己・後藤 篤(姫路工業大学):
上部白亜系和泉砂岩の岩石学的研究

宮脇律郎・松原 聰・横山一己・加藤 昭・今井裕之(山梨県立宝石美術専門学校):
広島県瀬戸田町のイットリウムアガード石と共生銅鉱物

植村和彦:
山口県平郡島の中期中新世植物

上野輝彌・籔本美孝(北九州市立自然博物館)・北林栄一(八幡中学校)・青木建諭(東光中学校)・冨田幸光:
玖珠盆地(大分県)中期更新世湖成層の古魚類学的調査

萩原博光:
瀬戸内海沿岸地域の細胞性粘菌類

田村美貴(東京大学)・三谷 進・宮崎和弘(森林総合研究所)・劉 培貴(中国科学院昆明植物研究所)・土居祥兌:
Hypocrea pallidaとH.pezizoides(子嚢菌類)のrDNAの介在配列(ITS)および5.8S領域の塩基配列に基づく分類学的検討

長沢栄史(菌蕈研究所)・三谷進:
テングダケ属マツカサモドキ節の1新種

柏谷博之・井上正鉄(秋田大学)・文 光喜(韓国淑明女子大学):
小豆島の地衣類

門田裕一:
日本産アザミ属植物(キク科)の分類学的研究VII. ヒッツキアザミとウスバアザミに関するノート、及びイシヅチウスバアザミの実体について

並河洋:
日本産ヒドロ虫類Stylactaria misakiensis(Iwasa,1934)の幼生と刺胞相

野村周平:
日本産アラメヒゲナガアリヅカムシ属(コウチュウ目、ハネカクシ科、アリヅカムシ亜科)の分類学的再検討、第2部 サイゴクヒゲナガアリヅカムシ(和名新称)

大和田 守:
中国地方西部産オキナワルリチラシ(鱗翅目、マダラガ科)について

山田 格・岡本守生(地域交流センター):
瀬戸内海のスナメリ分布に関する予察的調査

馬場悠男:
唐古・鍵遺跡出土弥生時代人骨の形態と復顔

松村博文;
瀬戸内、東海および関東地方縄文人の歯牙計測値における時期間、遺跡間および個体間変異

323 :ヘタレポス毒@30代最初の年はPlant Cellが欲しい。:02/01/17 22:30
D3から毎年、PCP1stを1報づつ出しているヲレって日本植物生理学会にずいぶん貢献してるよね?

学会奨励賞とアカポスが欲しいんだけど、どうよ?

324 :>323:02/01/17 22:49
そうか、お前がPCPのIFを下げていた、あのクソ論文の著者か!?

325 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 22:53
ちゃんと引用されてるかい、あなたの論文は?
2〜3じゃだめyo

学会奨励賞が欲しいなら大ボスと仲良くなれ、これ必須



326 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 02:54
Plant Cellに投降したら1週間でemailでリジェクトの知らせが来ました
Plant Jに投降したら2週間でemailでリジェクトの知らせが来ました
Plant Physiolに投降したら1ヶ月に手紙でリジェクトの知らせが来ました
Plant Mol Biolに投降したら3ヶ月後に手紙でリジェクトされました
PCPに投降したら2週間でアクセプトされました

327 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 03:34
学位がかかっていたら、最初にPCPに出すよな

328 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 04:38
>327
いいや、Plant Biotechology (これ最強!)
ただ、査読付きの雑誌だったら何でもOKって場合のみ有効
その後のあなたの研究人生は全く保証されません

329 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 04:42
私はPlant Biotechologyで学位を取りましたが、現在某旧帝大農学部助手です。
何か?

330 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 04:49
>329 
もしかして急大のMSさん?



331 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 13:53
Plant Biotechって編集委員ラボからの投稿ばっかだね。
内容はクソばっか。雑誌の体裁も悪すぎ。逝って良し!

332 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 14:11
PCPの審査は早いし、雑誌としての体裁も良いし、WWWで見れるし、外国の図書館でもたいていおいてあるし。
外人に聞いてもPCPの存在はほとんど知ってる。
ということで日本発のかなりまともな雑誌であることは間違いないっす。


333 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 20:00
Australian Journal of Plant Physiologyは良い雑誌なのに、知る人があまりいない、、、、

334 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 07:22
>333 どこが?

335 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 13:04
Australian Journal of Plant Physiologyに投稿する日本人研究者ってほとんどいないでしょ?
逆にいうと、日本の雑誌の投稿する外人が少ないので、知名度が低くなってしまう

336 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 13:18
PCPはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツのメジャーな大学の図書館には必ずあるらしいよ

337 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 00:26
Sex Plant Reprod ってどういう雑誌?


338 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 12:04
植物の生殖、受精とかの専門雑誌
毎号の掲載数が7〜10なのでIFは1〜2を保ってます

339 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/27 14:52
Canadian Journal of Botany 最強!

340 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 16:19
長い間天然物有機化学のセントラルドグマであった「テルペン化合物はメバロン酸よ
り生合成される」に対してバクテリア等では非メバロン酸経路(MEP経路)で生合成
されることを有機化学的に初めて示したフランスのパスツール大のMichel Rohmer教
授が来日にしております。この度、理研の植物科学研究センターセミナーとして、植
物の葉緑体で重要なこのMEP経路に関して最もホットな話題で講演してくださいま
す。関心のある方は多数ご参加ください。また研究室の他の方々にもお知らせくださ
い。

日時 2002年2月18日(月曜日)午後4時〜5時
場所:理化学研究所 生物科学研究棟 鈴木梅太郎ホール
 有楽町線、東武東上線 和光市駅下車徒歩15分

Prof. Michel Rohmer (Pasteur University, Strasburg, France)

Isoprenoid biosynthesis via the methylerythritol phosphate pathway:
on the origin of hydrogen atoms in the isoprene units and the last steps

理研への道順は以下のサイトをごらんください。
http://www.riken.go.jp/r-world/riken/campus/index.html


341 :お知らせ:02/01/31 23:25
公開シンポジウム:植物の体づくりを探る?軸と情報の分子メカニズムへのアプローチ?

日時:2002年3月2日(土)12:30−17:30
会場:東京大学弥生講堂(東京大学農学部正門近く)
(交通、地下鉄南北線東大前駅下車3分)
参加費:無料

342 :名無しゲノムのクローンさん :02/02/28 02:16
植物生理学会行く予定の方います?

343 ::02/02/28 06:34
地底の底から復活!

344 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/03 13:43
俺はPCPのrapid paperに投稿したいんだが、評判はどうよ?

345 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/04 13:17
FEBS letterの方が審査楽ちんだよ
PCPは審査厳しいからね、特にRapid Paperわ

346 : :02/03/10 23:50
ぐはっ。
さいえんす、レフリーストップ。
さあ、G&Dにでも書き直すか。。。

347 :  :02/03/10 23:54
最近、nature,scienceに植物関係あんまり乗らなくなったね。
一〜二年前は結構のってたのに

348 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 22:53
町田研がこんどCellにだすらしいよ。

349 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/15 11:35
植物系の雑誌でしたら、Molecular Plant-Microbe Interaction (3.448, 2000年)
というのもあります。植物病理学系の雑誌だそうです。

350 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 03:56
最近、Plant CellやPlant Jに日本人の論文が目立つぐらいに掲載されてるね


351 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 10:07
日本の植物生理学会員を中心とした植物科学分野はレベル的に高いと思うが、どう?


352 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 20:43
人まねも多い気がするが...

353 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 03:33
植物生理ばかりじゃなくて、農学系、育種系の植物雑誌も含めてどうよ。
例えば、Plant Production Scienseとか・・・

354 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 09:59
Sciense--->>>Science
What is Plant Production Sciense?

355 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 15:11
植物3大誌、特にPLANT CELLに掲載させようと思ったら並大抵の努力では無理。
まず研究の新規性はさることながら、
研究の穴を細かく審査される。
最近では、動物では見つかっている分子や現象を解析しただけでは掲載されなくなってきた。
人まねではあかんのよ、わかるかDQN陰性共よ!

356 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 15:17
>355
Plant cellには載るけど
一般誌にはのるはずない論文も多いのも確か
植物系では雑誌がかぎられているためIFが高いが
一般的にみるとIF6くらいだと思う

357 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 00:36
>356
それは違うな
植物系の研究者が少ないにも関わらず、IFが10を超えているのはすごいことと思われ。
Plant Physは年会の発表数もカウントされるのでIFは低めに出るが、
実質はIF5~6である。PCPも実質は3ぐらいある。
逆に言うと、モレキュラー&生化学系の雑誌でIFが3以下の雑誌は糞だと思われ


358 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 08:31
ああ、一度で良いから"Plant"がつかない雑誌に載ってみたい、、、。

359 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 12:38
そんなの簡単じゃン

360 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 13:11
>>358
ジャンプの読者欄を狙え



361 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 18:01
>>360
それ頂き

IFは?

362 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 13:15
>358
そういう事はPlant Cellに掲載させてから言われ(w

363 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 13:32
日本が誇るPLANT & CELL PHYSIOLOGY誌じゃだめでしょうか?
この雑誌を毎号見ていると悪い雑誌にはとても思えません。

364 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 20:07
すいません、ちょっとお邪魔します。
植物培養関係の試薬の質問をしたいのですが、ここでは駄目ですか?
質問スレよりもこちらの方が詳しい方々がいらっしゃいそうなので・・・。

365 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 20:09
で、質問ってなによ?

366 :質問:02/04/13 21:45
サイトカイニンです。BA,Kin,Zea以外に、
4CPPU,2ip,TDZを培地に加えて比較試験したいのですが、
後者3つのオートクレーブ安定性が分かりません。
どなたかご存じの方、いらっしゃいますか?

367 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 22:39
気になるなら後から加えればいいだけじゃん。
カタログとかラベルとかに書いてるだろ

368 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:56
>>366
シグマのカタログ見れ。TDZは確か大丈夫だったはず。
2ipは0℃保存指定で、粉の他に濾過滅菌液が売られていることからして、
オートクレーブは駄目なんだろう。
4CPPUは2-8℃保存指定。まぁ、大丈夫なんじゃ?

369 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 00:05
激しくスレ違い警報!

370 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 21:29
退散します。ありがとうございました。

371 :りこ:02/04/27 23:18
突然ですがニュートン大好きです!!
http://www.newtonpress.co.jp/
すごくいいですっ!

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)