5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★微生物学・免疫学の質問コーナー★★★

1 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 01:49
Microbiology & Immunologyの質問および解答&議論は
何でもここでやりましょう。

2 :Question:01/11/06 04:05
What is the difference of neurotoxin chromosomally-encoded and
that plasmid-encoded?

e.g.
1. Clostridium botulinum produces a neurotoxin (which is
chromosomally-encoded in some cases ) that blocks the release
of acetylcholine in the peripheral nervous system, leading
to flaccid paralysis. Unlike tetanus toxin, there are many
types of botulinum toxin.

2. Clostridium tetani can produce a plasmid-encoded neurotoxin.
Tetanoplasmin, commonly called tetanotoxin, binds to the terminals
of inhibitory cells in the central nervous system, preventing the
release of inhibitory neurotransmitters.
This results in spastic paralysis.




3 :Tell me please.:01/11/06 04:26
>>2
What should I answer the question?

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 05:35
2 is unko.

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/10 03:19
What is the most effective drug for Bacillus Anthrax?

6 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/10 03:43
題名に余計な記号をつけるのはDQN

題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN

題名に余計な記号をつけるのはDQN題名に余計な記号をつけるのはDQN

題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN


題名に余計な記号をつけるのはDQN

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/10 12:56
て優香、なんで微生物学と免疫学をくくるかな。

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/10 22:17
ペプロテックの IL-2 に換えたら、NKが死んだ。
質悪いのだろうか。

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 02:03
>>5
Bacillus Anthracisじゃなかったっけ?

>>7
昔の人なんじゃないの?

10 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 03:14
炭疽菌の致死要因であるマクロファージのサイトカイン放出
に関係していると思われているMAPK経路の機構について詳しく教えてください。

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 03:18
教えてクンうざい。なぜ自分で調べない?

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 05:58
キラーT細胞はウィルス感染細胞だけでなくガン細胞殺せるんですか。
ガン細胞殺せるのはNKだけですか。

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 10:55
題名に余計な記号をつけるのはDQN
題名に余計な記号をつけるのはDQN


題名に余計な記号をつけるのはDQN


7 名前:名無しゲノムのクローンさん :01/11/10 12:56
て優香、なんで微生物学と免疫学をくくるかな。


8 名前:名無しゲノムのクローンさん :01/11/10 22:17
ペプロテックの IL-2 に換えたら、NKが死んだ。
質悪いのだろうか。

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 16:41
ELISAでよくやるミスって、どんなのがありますか?

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 22:59
>>14
96穴プレートを割る

16 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 23:08
>>14
測定直前にプレートをひっくりかえす

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/11 23:33
>>14
ろくに考えないでとりあえずキットを買って無駄にする

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/12 01:43
免疫学はすでに終わった学問です。

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/12 05:18
>>15
そんなに割れるもんですか?

>>16
めちゃめちゃ自分もやりそうです。

20 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 07:22
免疫学はすでに終わった学問??

21 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 22:16
747 :名無しゲノムのクローンさん :01/11/19 18:08
細菌って、固形にしたときどれくらい隙間があるんですか?
おしつぶして隙間をなくすことは可能ですか?

すみません。おしえてください。
1立方cm中の菌数を計算する問題でこまってます。

22 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 08:05
1 L の E.coli culture(約 4 x 10^8個 /ml)を集菌してペースト状にすると、
約 1 ml の容積になる。従って、

1 立方 cm 中に大腸菌が約 400000000000 個

バクテリアの種類によって、違うはず。しかし、こんなくだらない問題出したの、
だれ?

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 22:31
メンブレンの上にろ過で乗せたバクテリアを溶菌処理した
後、DNAを固定してハイブリする時、バクテリアの残骸が
バックグラウンドの原因になると聞いたのですが、対策し
てる人います?

24 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 22:59
SDS入り2xSSCにつけて、キムワイプで優しくこすって洗ってます。

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/21 23:45
「教えて君ウザイ」って、そんなこと書くくらいだったら初めからシカトすればいいのに

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 03:33
>>24
それは、80度ベイクもしくはUV固定した後ですか?
それともその前ですか?
両方をぷろとこーるで見たことあるんですけど。
SDS入れないで.ProteinaseKを入れるやつや、SSC
のみで洗うのも見たことあるんですよ。
色々ありすぎで何がベストか分からないんですけ
れども。

27 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 15:04
キュべーター中にYT培地こぼしたらどうなるんでしょう?

28 :21:01/11/22 17:47
>>22
水分をとばす前の状態から計算するんですね。

よくわかんないんですけど、直径1μmの球菌が、1立方cm中に最大何個
はいるかという単発の問題で、化学の時間に原子の構造で出てきたような立方格子
を考えたのですが、その方法だと解答よりかなり少なくてだめみたいなので
球を変形させたりして無理やり詰めて何個入るのか知りたくなったんです。

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 18:24
国内微生物学者ランキングお願いします。

30 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 19:36
前から微生物学やってる人に聞きたかったんだけど、「バイキン」って何の略なの?

31 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/22 20:52
>>30 黴菌の音読みだと思いますが?
それともbiologists' kindergartenerの略でしょうか。

32 :22:01/11/23 07:51
>>28
 バクテリアって言っても球菌だのカン菌だの、いろいろな形があるからね。
オレが知ってるのは大腸菌だけだから、カン菌だ。球菌なら、もう少し沢山
入るだろうね。どっちにしろ、細胞壁がずいぶん固いから、変形はしないと
思うよ。あんまり力を加えると、細胞が破裂しちゃう。

33 :21:01/11/27 22:05
>>32
そうですか
ありがとうございます。

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 01:46
agegege

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 20:09
******************************

文部省科学研究費補助金・特定領域研究「統合ゲノム」主催
第4回ワークショップ「微生物ゲノム研究のフロンティア」

我国における微生物ゲノム研究の現状と展望を議論するために、
平成9年12月、平成11年2月、平成13年2月にワークショップ
「微生物ゲノム研究のフロンティア」を未来開拓学術研究
「ゲノム微生物学」主催で開催しました。本ワークショップは
それを受け継ぎ、我国における微生物ゲノム研究の新たな展開
について、関連する諸プロジェクトの枠を越 えて議論するために
開催するものです。

<ワークショップの主なトピックス>
新たな微生物の全ゲノム配列決定とその解析、ゲノム配列情報に
基づく遺伝子機能ネットワークの解明、DNAアレーを用いた
トランスクリプトーム解析、プロテオーム解析と質量分析技術、
蛋白質の構造ゲノム科学、ゲノムの構造・機能の比較研究、
ゲノムと遺伝子の進化・多様化の解析

<ポスター発表について>
今回は関連する諸プロジェクトからの代表者による世話人会で
企画運営を行い、 ポスター発表を公募することにしました。
微生物のゲノム解析に関心のある多くの方の発表・参加を期待
いたします。


■日   時■平成14年2月16日(土)AM 9:10 〜 PM 4:30(PM 4:30-5:30ミキサー)
平成14年2月17日(日)AM 9:10 〜 PM 4:30
■場   所■かずさアカデミアホール(千葉県木更津市)
■参 加 費■無料(ただし、要旨集、お茶、ミキサー代として1000円)
■締 切 り■事前参加申込み    2月14日(木)
ポスター発表申込み  1月25日(金)
■共   催■特定領域研究C「ゲノム生物学」
未来開拓研究「ゲノム機能の情報学的解明」
ストラクチュローム連携研究
かずさDNA研究所
未来開拓研究「微生物のゲノム構造解析」
特定領域研究C「ゲノム情報科学」
戦略的基礎研究「大腸菌ゲノム機能解析」

参加、ポスター発表申込み、情報ホームページのアドレスは、
http://www.kazusa.or.jp/workshop/microbe2002/

36 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 22:39
菌(バチルス属)のゲノムDNAの調整で手軽な方法ってありませんか?
今はsaito,miura法という方法を使っているのですが
かなり時間をくってしまうんです。

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 12:44
>>36
とりあえず増えりゃいいんなら凍結融解でいいんでない?

38 :バック:02/01/19 12:56
コレで問題解決だろう。
http://www.puchiwara.com/hacking/
まじで、すごいし。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 02:02
HIVの研究者で有名な日本人て誰?

40 :名無しゲノムのクローンさん :02/01/23 02:13
TEMで鞭毛の観察してるんですけど,
菌が付着するために出す物質まで
染色されてどこから生えてるか確認どころか
菌の外形すら見えません。
何かいい方法ありますか?

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 12:13
くそ質問で悪いんだけど
アジュバンドと抗原混ぜ混ぜするときの連結管(接続管)てどこで売ってるか分かる?
とりあえず手元のカタログ類(井内など)には無いんですが
親切な人教えて!!

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 19:59
すいません,EMとかの有効微生物とかってなんですか?おしえてください。

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 15:30
今まで、疑問に感じていることがあります。ウイルスには動物ウイルス、植物ウイルス、
細菌ウイルス(バクテリオファージ)にわけられます。しかし、カビや酵母やキノコ等の
真菌類のウイルスについてはどの文献を調べても載っていませんでした。真菌類にウイルスは
存在するのか、この種の研究者の方、教えてください。

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 18:08
>>43
つーかないと考えるほうが不自然では?

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 12:03
免疫あげ

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 12:57
>39

速水正憲

47 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 23:46
先輩たちに質問です。

粘膜免疫、特に小腸に浸入する細菌のメカニズム(Mcell・・)を教えて下さい。
詳しいHPも教えてもらえるを尚嬉しいです。

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 21:22
小腸上皮細胞への侵入だったら、たしかエンドサイト―シスという作用が
主なメカニズムのはず。細胞食作用、だったっけ?

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 22:30
>>41
連結管を売っている所は知らないが、
代替案ならだせる。

ボルテックス 30-60'
もしくは、ソニケーション (時間は出力による)。

一応エマルジョンになるよ。

50 : :02/04/09 23:08
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1018360731/l50

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 02:00
salmonellaは電気泳動でバンドが出たのにshigella fleaneri 2aは検出されませんでした。
理由がわかりません。。
salmonella sifAとrpoB遺伝子がターゲットなのですが。

52 :51:02/04/19 23:48
( ゚д゚)ジブン ノ ジッケン ガ シッパイシタ ダケデシタ ポカーン

53 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 00:56
PCRのサイクルの中のアニ―リングの温度はなぜプライマーのTm値−5℃が適しているのですか?本によっては±5℃とか書いていますが実際はどうなのか教えてください。とにかくTm値とアニ―リングの温度の関連を教えてください。




54 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 01:04
>>53
とてもうろ覚えだが、
Tm 値を越えるとプライマーとテンプレートが結合しにくくなる。

だから、Tm 値付近をアニーリング温度に設定すると、
完全に相補的なプライマーとテンプレートはわりかし安定にくっついて、
なおかつちょっと似ている配列とプライマー、もしくはテンプレートが、
くっつきにくい条件になる。

そのため、目的以外の PCR 産物ができにくいというすんぽうだ。
(と思う)

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 18:57
>51
何やってるかが分かる書き方は避けた方が良いのでは?

56 :研究者:02/04/20 19:16
マラリアや赤痢アメーバ、クリストスポリジウムなどの原虫症が近年問題になっている。
でも、マラリアなどの原虫に感染するウイルスを探し出せば生物薬剤として使える。
病原体は同じ病原体で叩くべきだ。病原体の病原体つまりウイルスだ。
私は大学でその研究をやっているのだが、一向にすすまない。だれか教えてくれ。
この研究はノーベル賞級のものだ。億万長者になれる。

57 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 19:36
>>56無意味な研究するな。

58 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 22:07
>>56
誰かに教わって取れるよーならノーベル賞はたいしたことなくなってしまう。

誰も、思い浮かばないようなことするから意味があるんだろ、ヴォケ

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 23:43
>>56マラリアに感染するウイルスは聞いた事はない。仮に見つけたとしても治療には使えないな。
マラリアは細胞の中に入り込んじまうんだろう。そのウイルスはマラリアの細胞の中には入り込めても,
人間の細胞には入り込めないな。人間の細胞とマラリアの細胞では細胞膜のレセプターが違うから。
それに多くの原虫は免疫系の攻撃を避けるため細胞の中に入り込んで増殖すると聞いている。
意味ないね。

60 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/21 13:38
マラリアが細胞に侵入する前、つまり蚊をどうにかした方が良いんではないか。
でも、これ以上生物種を減らしてはいけない。
結局蚊よけスプレーが一番。

でもマラリアは前述の通り原虫だから、宿主の細胞にウイルスが侵入できなくても
いい気がする。違うかな。

61 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 16:52
アメリカのどこかの大学の研究チームが(ミシガン大学だったけな?)世界で
初めて、アメーバ類に感染するウイルスを発見したそうだ。
もしかしたら、近い将来、殺原虫ウイルスの存在がだんだん明らかになってくるかもしれない。

62 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 21:21
>>5,9
Bacillus anthracis
属名は大文字からはじまるが種名はすべて小文字だ
Anthrax(炭疽)は菌名というよりは病名だ

63 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 22:12
ちょっと質問です。予測でもいいので教えて欲しいんですが、
アジュバントって免疫系を増強するのに使われていますよね。
その増強の機構(T細胞が関わってるはず)がどういう風になってるのか
教えていただきたい。結核菌やアルミニウム塩が使われていますがどうしてなんでしょうか?

64 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 22:24
>>63
FCA は結核菌いりで、炎症を起こして細胞性免疫をあげる。
FIA は鉱物油とかが、いいぐあいに体液性免疫をあげる。

じゃないのか?

65 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 22:56
>>64
うーん炎症はマスト細胞が関連しているからIL4産生のTh2型の細胞が増える。
つまり元をたどってみれば抗原提示能力があがるってことなんだろうけど??
結核菌はTh1型だから確かに細胞性免疫はあがるな。

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 23:03
>>65
んでは、
FCA は結核菌と鉱物油で両方あがる。
FIC は鉱物油での炎症作用により体液性免疫があがる。

とゆうことで。

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 23:13
>>66
まぁそういうことにしておこう。多分違うってか説明になってないけど。

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 23:45
ELISAやってるみなさん、一次抗体の希釈率ってどれくらいですか?
なんか、すっげー濃く使ってるんですけど、1対100とか。
こんなもんですか?

69 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 23:55
そりゃ抗体によって違うだろう?

100 倍希釈でしか使えない抗体は、
かなりすかぽんだとは思うが。

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 23:57
>69
そんな濃かったらあーちふぁくと拾うだろう

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 00:02
スレ名どおり免疫学と微生物学が混在してる…。
おもしろい。

72 :69:02/04/29 00:10
>>70
お、俺か??

確かにあーちふぁくとばりばりになるだろうが、
そのすかぽん抗体でも、あれば強力な武器になる場合があるのさ。

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 00:28
>68
最近の人は抗体の濃度測定しないで
市販のものをすぐに希釈して使う人が
多いね。測った方がいいよ。

74 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 02:31
でも、組織染色にはこんな濃度で使うことが
多いと思うけど。

75 :torisann:02/04/29 21:43
今までFACSの二次抗体でギブコstreptoavidin red670使ってたんだけど、
ギブコがインビトロジェンに吸収されたらしく、マニアックなstreptoavidin red670
は生産されなくなってしまった。他の会社でイイのないかな?

76 :名無しゲノムのクローンさん :02/05/03 00:25
age

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)