5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうしてクローン人間つくっちゃいけないの?

1 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 12:46
クローンしたとて遺伝子が同じというだけで
全く同じ人になるわけではあるまいし。

2 : :01/11/06 15:38
宗教とかの要素を除いて言えば、

1 データの不足
2 それに付随する安全性

クローンたってただの人間なんだから、最初から「寿命が短い」って言う
「障害児」が生まれてくる可能性のある技術を見切り発車で使うのはどうよ?
っていうこと。

素人の便乗質問だけど、牛とかのクローンがよく突然死するのって

遺伝子転写の時期、頻度の異常
RNAスプライシング、プロセシングの異常
翻訳の選択での異常
たんぱく質の活性調整の異常

だと、どの辺に原因があると言われてるんですか?

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 16:51
社会制度が対応できていない。
法的にも人心的にも。

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 22:43
んとね。
すごいなっとくしたせつめいがあるんだけど、
詳しくは忘れてしまいました。
ゴメソ。
骨子は、クローンされた人間がいたとして、
“自分が存在する責任を他の人間に委ねられるか否か”
の解答について考えたら明らか

だったはず。
クローンは誰かが作ったもの。
そのクローンにとって作った人というのは特別な立場になる。

でも、ふつうの人間も両親が作るかどうか考えてたはずだよね。

何が納得したんだろ。
もし詳しく知ってる人がいたらお願い。

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/06 23:03
>>4
あなたは、とても微笑ましいなり。

6 :青鷺:01/11/07 00:31
>>4
ささやかな質問
@
貴方は、偉大な天才のクローンです、ゲノムを更に改良してあるので
普通人より長生きで、体力もあります。

A
貴方は、アル中の人格破綻者から、正常に生まれた子です。

どっちが良いですか?

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 00:44
4の話題は生物学より倫理学の領分だろうから、
板違いかも知れないけど、
たぶん、(月)のほうなんでしょ。

どんな人間でも自分の存在意義について考えることがあるんじゃない?
そのとき、天才であること(あるいは何かの前例と同等の能力)
を期待されたがためにこの世界にうまれたのか、
ただ幸せを願われて産まれたのか。

このへんちがうのかなあとおもったんだけどね。
だけど、4にも書いたけど、よく違いはわからないね。

8 :1:01/11/07 02:25
>>2
なるほど。倫理面よりも先に、そういう
テクニカルな問題がまだ残っているわけですね。
そういう問題がいずれ解決されればクローン人間の
誕生の可能性はぐっと高くなるのかなぁ。

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 02:56
クローンって内臓切り取られるために生まれるんじゃないの。
たとえ、
>貴方は、偉大な天才のクローンです、ゲノムを更に改良してあるので
>普通人より長生きで、体力もあります。
というクローンだとしても、人間コンピュータになってこき使われるのがオチ。。

10 :マジレス:01/11/07 08:14
>>9
んなアホな。
今先走ってやろうとしてる人たちは、あくまで「不妊治療の一環として」
だよ。思いっきりクローンを誤解してないか?法的にも今クローンが生まれたら
それは「代理母(でいいのか?)」の子供だよ(日本の場合)。

いずれにせよ、テクニカルな面から言っても今やるには問題あると思う。

しかしながら、人間が後世に残せるもんなんてほんと遺伝子くらいだから、
「養子じゃなくて何が何でも自分の遺伝子を持った子を」って言う人の気持
ちもわからんでもない。うーむ・・・。

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 11:15
クローンが生まれた場合、その遺伝子の所有権は誰になるの?
オリジナルがある人に対して遺伝子の使用を不許可にしても、
コピーくんがOKすれば、オリジナルにしてみれば自分の遺伝子情報を
読まれちゃうのと同じになっちゃうよね

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 17:19
生まれてくるクローンの子供達ってどうしても
作ることを決めた人間の意思が
普通に生まれてくる子供よりも強く入っちゃう気がする。
 天才になるようにとか強靭な体力の持ち主であるように
亡くなった子供の代りに、それとか
自分の遺伝子を持った子供が欲しいとか
その分、将来とかすごく束縛されそう

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 18:09
「普通に生まれてくる子供」にもできちゃった婚のドキュソJrから親の期待を一身に背負ったサラブレッドまで
いろいろいると思うが。

「子供は少数精鋭」的な考え方が浸透すると、狙って作るクローンの需要も高まると思われ。

#出生前診断の普及したヨーロッパでは、障害児の出生率が激減したとかなんとか
(みんなダウソは堕ろしてるらしい)

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/07 19:25
カリフォルニア州かその辺もダウン症の出生前診断奨励してるらしいね
クローンと出生前診断はまた違う。選別してるのはでも同じか

15 :1:01/11/08 00:19
遺伝子を操作する、とか、国や団体が恣意的にクローン人間を作る
というのはさすがにまずかろうと思いますが、本人の自由意志で
作るぶんには、今の凍結受精卵とか精子バンクに較べても、クローン
特有の倫理的な問題はないように思うのですが。

16 :華α:01/11/08 01:42
>>10
ちょっち質問。
不妊治療・・・の一環としてどうやってクローンを使うの?
何で「非配偶者精子提供」とか単なる代理母じゃ駄目なわけ?

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 12:11
>>9
自分も、内蔵切り取るためにクローン作ればいいのに・・・って思ってました。
でも、全ての臓器に成長する可能性を持つ細胞の研究が、早ければ来年に始まるそうで。
そんなすごいことができるなら、問題ないですね・・・良かった。

ちょっと怖いのは、よく漫画なんかであるけど、
「クローン人間は遺伝子操作された優秀な人間で、普通の人間はむしろ下等生物である」
と、普通の人間が虐げられる・・・とかいうお話。
白人が黒人を差別するのと違って、本当に生物的に優劣がついてくると、危険かも・・・

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 15:18
>>17
>本当に生物的に優劣がついてくると、危険かも・・・

なんで?本当の意味で人類のためになるじゃん。
ま、クローン人間が現生人類より生物的に優秀とはおもえないけどな。

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 19:26
よくわからないけれど、遺伝子操作なら別に
クローンじゃなくても出来るのでは。卵細胞と
精子の遺伝子をいじればいいわけだから。
どうしてクローンのときにだけ、そういう議論
が出て来るのかが分からないのです。
これ全然間違ってますか?

20 : :01/11/09 01:09
>>16
男女どちらかの生殖機能に問題が合って、なおかつ他人の遺伝子を入れたくない、
と言う人たちが希望してるみたいだね。

しかし、当人たちはテクニカルな問題が完全にクリアされていない事について
どう思ってるんだろうか?子供(母か父のクローン)に怨まれるんじゃないかねえ・・・。

21 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 01:37
>>20
テクニカルな問題は重要ですよね。
もしそれが解決しないままクローン人間が
大量に生まれることになると思うとぞっとする。

22 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/17 15:44
クローンを臓器移植に利用するという考えがあるけど遺伝子が同じだとクローンの臓器も同じ病気にかかってしまうことはないのですか?

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/17 17:46
>17
移植向けの内蔵取り用なら、わざわざ人間でやらなくてもブタでOK。
人間と互換性のある内蔵をもつブタを遺伝子操作で作る研究が進められてるとかなんとか。

>18
「優秀な人間」が長期的(1万年後とか)に見て人類という種の存続に
有益であるかどうかは予測不可能。

24 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/17 22:54
>>22
えええ!クローン人間を作ってその臓器を
移植用に利用しようとするような意見が
あるんですか?
誰がどこでそんな恐ろしいこと言ってるのだろう。
馬鹿なこと言い出すやつもいるものですね。

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 00:14
>>22
遺伝病とかだったらまたダメんなるだろうけど
普通の病気とか怪我ってのは後天的なもんだから関係ないよ。

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 00:48
遺伝病もヒトゲノム解析終了によって
克服されるみたいですよ。ほとんど病気にならないヒト。
まあ、遺伝子操作しなくてはいけませんが

27 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 01:29
>>25
それに、いずれまたダメになるとしても数十年保てば十分役立つ。

28 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 10:43
>>24
それは大きな勘違いしているDQNの寝言だよ。
法律を「現在存在する個人と同一のゲノムを持つものには基本的人権を認めない」
なんていう風に変える狂った国があると思う?

今やろうとしている人たちは、あくまで「自分もしくはパートナーの遺伝子を
何が何でも残したい」って言うエゴで動いてるだけだよ。まあ、サイエントロジー
のDQNみたいにとりあえず作りたい!って叫んでるアホもいるけど。

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 12:55
>>26
解析は全然終わってません。解読が終わっただけです。

30 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/18 13:20
豚に人間臓器作らせる以前に、豚臓器そのものを
人間に移植しようと言う話もあるね。免疫抑制剤の威力に任せて(笑

31 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 01:55
>>30
前にマントヒヒの肝臓を移植した例もありますね。
このスレッドとは関係ないけど。

32 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 15:46
じゃんじゃん作れば良いと思うよ。
倫理、倫理って言うけど何のことだかさっぱりだよ?

33 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 15:53
はぁ?

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 12:22
>>32
激しく同意。

作っていかなきゃ、問題点もでてこないと思うが?

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 18:42
クローンを作っちゃいけないのは道徳的な問題。
私もよくないと思う。人間が人間を作るなんて絶対おかしい。
それに臓器移植のためのクローンが作られたらどうすんの

36 :東京kitty:02/01/21 18:52
クローンって要するに寿命は元のマトリクスと同じなんだろ。
16歳の奴のクローン作れば、
そのクローンの体細胞年齢はやっぱ16歳。

つまり、寿命が短くなるわけだ。
これは生物学的にいって望ましいことではない。

更に言えば、人間は両性生殖によって新しいゲノムを作り、
環境変化に対応する個体を生成している。
個人の人権を享有する資格を有するクローンは、
やはり生物学的戦略に反している。

自己の健康な器官を取得するための
クローン以外は止めた方がいいんじゃねーの(藁



37 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 18:57
>16歳の奴のクローン作れば、
>そのクローンの体細胞年齢はやっぱ16歳。

どこでそんなネタを仕入れたのかしらんが、違いますよ。

38 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 19:59
実はあなたは、さる大金持ちの方のクローンなのです。
その方が心臓を悪くされ、心臓移植しか助かる道はないのです。
こういう時の為、その方は十何年もまえから、準備しておかれました。
お前の心臓も、肝臓も皆、その方の所有物だ。
今から一緒にきてもらおう。

ってある日突然云われたら どうする?
イヤだよネエ。
だから、創っちゃいけない。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 00:20
激しくイメージ先行のような。

臓器を取られるクローン人間というのはナンセンスではないでしょうか。
まともな人間がうまれるぐらい技術が成熟しているなら、
臓器移植のためにはその臓器だけを作ることぐらい、
容易になっているのではないかと。

また、現状では通常の発生過程を経た動物と比べて、
異常があることは明白で、この段階で人に応用することは、
当然倫理に反しているでしょう。

最終的に、技術的側面の問題が解決し、
クローンが完全に正常な発生を行えるようになった時、
初めて倫理面での問題が前面に出てくるように思います。
そのときに備えて今のうちに議論することが必要ですが。

繰り返しになりましたが、レスが混乱しているようなので。

40 :ゲノム:02/01/24 00:37
賛成派と反対派の論争
http://board.lycos.co.jp/medical_health/handicapped/


41 :青鷺:02/01/24 00:44
>>39
倫理的な問題だけど。
何処が問題なの?

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 00:55
>>41
非常に申し訳ないんですが、その点に付いて私はお答えできません。
というのも私自身よく理解できていないからです。
しかし、39にあることをふまえたうえで、しかし問題がある、
とおっしゃる方はいるようです。
できればそのような方から、明確な説明がほしいと思います。

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 00:59
神が許さん。

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 01:05
香美?香美は許してくれるさ。

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 02:46
クローンの成功率は哺乳類の場合生物種を問わずほとんど1〜2パーセント止まりです。
現在のクローンは卵子を使用するため、つまり、クローンを成功させるために使用される未受精卵は100個使って
最大2人出来るかどうか。しかも、人の場合は一度に排卵する量はせいぜい10から20個くいまで(だとおもった)
そこで一度に100個の卵を手に入れるために単純計算でも5人以上、実験的に一度の実験でできる確立が2%止まりなわけだから、まずその未受精卵を手に入れるだけでも一苦労。
宗教じゃないとまず出来ない技。かつ、この成功率は、クローンを作れる(他の動物種で)研究者の中でもかなりの腕の持ち主でないと2%まで行かない。
もちろんここでのクローンは例えば人の皮膚細胞などを取ってきて作るクローンのこと。ES細胞から作るクローンは含まれません。
ここまで読んでお分かりのようにまず技術的に無理がありすぎ。
他にもいろいろ技術面でむりがあるともいます。
まずはヒトクローンES細胞から始めないとだめ。それすら確立してないんだから。
ちなみにこれはクローン人間とは違いますのであしからず。


それすらまだ確実に成功していない。

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 04:03
ヒトの排卵って、一個じゃなかった?

47 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 05:06
それは自然排卵。
この場合排卵誘発剤を使う。

48 :超・スレッドストッパー:02/01/24 11:19
クローン人間はクローンだけに苦労する。ナンチテ

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 11:40
ヒトの一生の排卵量ってどれぐらいだっけ?

50 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 14:25
サイエンスニュース】


日本の国土の1.4倍に

遺伝子組み換え作物の作付面積



 遺伝子組み換え作物の作付面積は昨年、世界全体で日本の国土の約1.4倍に相当する5260万ヘクタールに達した。国際的な専門調査機関ISA
AAによると、前年より840万ヘクタール増え、13カ国で550万人が栽培に携わっているという。

 国別の筆頭は米国で、全体の7割。アルゼンチン、カナダ、中国の上位4カ国で世界の99%を占める。種類は大豆が63%で最も多く、トウモロコ
シ19%、綿花13%、ナタネ5%と続く。

 一方、カナダの有機栽培農家グループは農業バイオ企業に損害賠償を求める訴訟を起こすと10日、表明した。「自分たちのナタネ畑に、周辺から遺
伝子組み換えナタネの種が混入し、有機の認証が受けられなくなった」と主張している。(ワシントン=大牟田透)

(2002/01/19)

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 20:37
>>38
そんなのクローン技術があってもなくても起こりうることじゃん。
臓器売買という形で。
>>39がいうようにクローンを作るとしても臓器のみをつくることは可能なわけだし。
むしろ臓器売買を止めることに役立つくらいじゃない?



52 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 21:49
クローン人間つくりまくって、ノックアウトします。

53 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 21:49
KOhumanで人生棒に振りました。

54 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 23:08
どーでもいいが、できることなら
クローン技術が歴史をひっくり返してゆく様を見たい。

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 23:11
まあ、仮定の話だが、、、
ある女がある男性アイドルのファンになった。女はそのアイドルとどうしても
一緒に居たかったため、我が子をそのアイドルのクローン人間にしようと決定。
闇の「遺伝子ハンター」に依頼し、その男性アイドルの体細胞を採取。
そして闇の「クローン製造所」に持ち込み、自分の卵細胞を用いて
アイドルのクローンを作製。
そして我が子はアイドルのクローンとして産まれた。。。
なーんてことが可能になり、遺伝子ハンターみたいな輩がでてきても
おかしくないから。

56 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 00:03
遺伝子ハンターつうのはなんか悪いことするんすかね。
ターッゲットが外食したときに、
使ったコップとかハシとかを集めるぐらいなら、
現状では犯罪にはならないっしょ。

57 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 03:20
自分の腹痛めてまで好きなアイドルのクローンを産みたいなんていう
肝のすわった女がいるかどうかだな。

58 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 05:45
クローン人間作っちゃいけないわけは、とりあえず一人作るのに
少なくとも20人ぐらいは失敗しちゃうわけで、生まれてきても
浦島太郎みたいに早くじいさんになる可能性も大だからです。
ちなみにこれは早老症といいますが、その親の心労と言ったら
無比です。厨房にはわからんかもしれんが・・・

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 06:57
>>56
遺伝子っちゅーか、ゲノムハンターだよね。

60 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 07:21
>>58
そういえば、「クローン人間を作ることは基本的人権だ!」とか
支離滅裂なこと言ってたイタリア人の医師、まだやってるの?

いずれにせよ、ある程度の精度で人間のクローン作れるようになるには
戦争なんかのドサクサが必要でしょうな。家畜みたいなわけにはいかないから。

61 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 18:43
>>58
それは、つまりクローン技術がまだまだ未完成だということでしょうか?
羊や豚の場合でもそれくらいの確率で失敗してるの?

62 :39:02/01/26 19:45
>>58
クローンが正常なヒトと同様になれば問題はないとお考えですか。

63 :58:02/01/26 21:20
クローン技術と言うより、原理的に問題があるらしいです。
体細胞からスタートすると、異常がゲノムレベルで多く
検出されます。あのイタリアのグループを中心とした
グループは「ヒトの場合やってみんとわからんやんか」
と宣っていたが、発想がおかしいですよね。

>クローンが正常なヒトと同様になれば問題はないとお考えですか。
もし万が一生物学的な面が全て解決されても、個体は作るべきでは
ないでしょうね。こういうことは神様におまかせするのが一番。


64 ::02/01/28 20:02
>>63
子供を作るのは神様関係なく人間の作業(笑)
自分の身体を利用して製造するか、科学技術を使い製造するかの差だけ。

65 ::02/01/28 20:07
>クローン技術と言うより、原理的に問題があるらしいです。
<体細胞からスタートすると、異常がゲノムレベルで多く
>検出されます。
それは今だけ。
そのうち、普通に生むよりよっぽど異常が少ないという時代になる。

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 01:34
>>65
おっしゃるとおりそのうち問題がなくなるかも知れません。
しかし以下に述べるように先は長そうです。

体細胞のゲノムはいろいろエラーが入っているので、
それを正常に戻すということは大変でしょう。
おそらくこの問題を解決するには、
一個体から複数の体細胞を採取してそれぞれのゲノムを読み、
それらのデータからもとの塩基配列を補完する、という作業が必要でしょう。
しかも塩基配列だけではない(メチル化?)情報もあるということですし。
このことに関して体細胞と生殖細胞のエラーレイトが、
それぞれどのような数値を出すか、
御存じの方いらっしゃいませんでしょうか。

もしクローン技術が、
DNAにこのような加工を行うことを必須とするなら、
それは神の領域に片足を踏み込んでいると言えるかも知れません。

ま、神なんかどうでもいいけど、わしゃ。

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 04:38
ちょっと専門的になるけど。
クローン動物を作る際、失敗の原因は多くの場合胎盤の低形成に
あると言います。この一つの解釈は、66さんが指摘のような
いろいろなエラーに対して、胎児部分は以外と寛容であると
するものです。したがって、この辺を詳しく見ていけば技術的
な進歩には繋がるかと考えています。(結局100%は無理だ
という結論になる可能性も大いにありますが。)

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 15:00
技術的な面はいずれクリアされるだろうが、社会制度的な面、
倫理的な面はこれからどうなっていくだろう?
 
僕自身はクローン技術に関して賛成でも反対でもなく、
もしこの技術が我々の生活をよりよい方向に導く可能性があるならば、
完全に否定してその可能性を摘み取るのでなく、
その可能性を引き出す努力をすべきだと思うんですが。

69 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 18:03

倫理的な問題って、
奇形が多かったり、細胞の寿命が短かったり、
少々異常な子供が生まれてくる確率が高い技術を
人間に適用するのはまずい、
ってことじゃないの?

臓器だけのクローンが作れるなら
臓器摘出のためだけにクローンを作るってのも無いだろうし
クローンに人権を認めるなら(普通の人間と区別無く扱うなら)
問題ないんじゃないのかな

(あとは生物多様性云々の問題とか、
 オリジナルに無断で作ったときの問題とか?)

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 20:31
理系の人はとかく合理性、有利性を追及したがる。
これは問題なのでは?

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 20:41
理系の人と言うよりも研究者は皆地位と名声と金のために
血眼になるんよ

72 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 20:47
移植用臓器については、豚でやるのが一番早く実現すると思われ。

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 23:12
クローン人間にも普通の人と同じような権利を与えれば
問題ないよね。
ちょっと早死にするとか、ちょっと老けてるとか…
全部そいつの「個性」としてかたずければ問題ナッシング。


74 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 23:16
>>73
>クローン人間にも普通の人と同じような権利を与えれば
んなこと当たり前だと思ってないところが痛い。

75 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 04:01
つかさ
細胞で実験する事が倫理的に問題であるって言うなら。

手術で切り取った細切れの肉片も助けてやれよな。
神経系を形成してないものに人権や倫理を持ち込むのは 『文系』の悪い癖。

76 ::02/01/31 13:06
>>73
そのうちいくらでも若くて長生きなクローンが作れそう。
テロメアにテロメラーゼかけて伸ばすのも細胞一つの状態なら楽だろ。

77 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 15:51
>>73 >>74
いや、否定派がクローンに対してわるーいイメージを植え付けてる
もんだから権利をあたえても、必ず差別は起こるだろう。


78 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 16:56
昨日の夜、クローンとして生まれた夢を見たんだけど・・
「この体は100%オリジナルじゃない」思ってとても鬱になりました

79 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 19:18
人のクローンはよくない。
鈴木ムネォのクローン1000体を想像して見ろ・

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 19:55
しかし、クローン技術といっても幅広いもので
単にヒト1個体つくることだけにかぎったことじゃないよね。
クローン技術自体を否定するの?
だいたいヒト1個体を作ろうなんて考えて研究やってる研究者なんて
いるのかな?
いるとしてもアンティノリやラエリアンのような売名目的とか妄想家
とかじゃないの?


81 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 22:55
ひとつの個体があまりにもはばをきかせると、その種全体がおかしくなってしまうと言っているのを
テレビで見たことがあります。
小さな村で近親交配をくりかえすとちょっとおかしい村になるようなものだそうです。

82 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/01 00:17
同じ遺伝子を持ってる人間どうしが仮に居たとしても別人でしょ?

クローン人間(完全体)も 一人の人間ですよ。
クローンの元となる人間が居ても 全く関係ない。

別の個体であるだけ。
例えば、自分がクローンであったとしても別に普通の人間と変わらないよ。

遺伝子=個体 では無い。

遺伝子が破壊されても個体は細胞分裂が行われないだけで生きています。
さきの 東海村臨界事故の被害者の方も遺伝子が破壊されていましたが、
細胞が死ぬまでは生き続けていました。

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/02 21:15
このスレを読む限りクローン人間を作ってはいけない
理由は、技術的問題だけのようですが、研究すら禁じている国も
多いですよね。研究をせずに技術的問題は解決出来ないことは誰でも
分ることです。研究を禁じているということは、つまり技術問題以前に
何らかの問題があるわけでしょう。それは何なのでしょう?

84 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/02 21:50
関係ないかもしれませんが・・・
二卵性双生児は、異なる遺伝情報
一卵性双生児は、全く同じ遺伝情報
を持っていると考えていいのでしょうか?

だとすると、一卵性双生児は完全なクローン(エクソン・イントロン一致)なんでしょか?
あと、発生のステージで起こるインプリンティングの意味が、しっくりしないです。


質問スレでやるべきですが・・・すんません

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 00:04
>>83
クローン嫌いな神様を信じてる人が多いってこと。

>>84
そう。クローンだよ。当然移植もオッケー。

エクソン・イントロン一致?意味不明。そりゃ一致してるけどさ。
言葉の意味わからないで使うのはやめれ。

86 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 00:57
>>83
できたものをどうするかはっきりきまってないし、
一般のひとがちゃんと理解してないから。
おれも当然ふつうの人間と同じだと思っていたけど、
クローンは臓器取り用だ、
なんていうひとがいる状態で
(このスレでもいくつかあったけど、ネタじゃないんじゃないの?)
クローン人間がでてきたらそりゃさべつもありうるかと。

などとかんがえましたが、これは実際に個体を作る研究を押さえる理由ですな。
ん?どこの国がどういう研究を禁止してるんだっけ?

87 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 01:18
クローン人間でも基本的には人間なので人間として扱われる。
人間の完全体を複製する限りこの原則が適用されると思うのだが。

88 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 03:45
禁止って表向きはなってるけどさぁ?
絶対どこかで作ってる研究者いるってばさ・・・。
作ってないわけが無いよ。


89 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 04:45
>84
 男女の一卵性双生児は(個体レベルで)クローンと呼べるか
どうか、自分で考えてみてください。
いきなり、ゲノムインプリンティングとか言い出すくらいだから、
基本から勉強してもらわないと話ができない。

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 01:33
ゲノムの情報が個人情報に含まれる時代がきたら、やっぱクローンはまずいんじゃないの。
クローンが犯罪起こしたのに間違ってオリジナルが捕まっちゃったり、その逆とかさ。
・・・ちょっと、妄想過ぎるか・・・すまん

91 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 08:32
苦労人間は作っちゃだめ。

92 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 10:25
男女の一卵性双生児ってホントにあるの?

93 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 00:21
>>92
非常に希だけどあるらしい。
どういう経緯で発生するのか前に聞いたような覚えがあるけど・・・・

94 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 00:27
ちょっと検索したらこんなのがひっかってきた。

http://wing.pekori.to/twins/setumei/extwins4.htm

いまいち大本の情報ソースが不明。

95 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 17:09
>>92
男と女の双子
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1010155084/l50


96 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 03:34
age

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 14:04
つくってもいいんだYO

98 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 14:18
どんなに規制されようが作ってみたいという欲望・好奇心は
絶対になくならないよね。

99 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 02:16
美とエロスは絶対的価値だからクローン賛成!

100 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 02:28
>>17
>白人が黒人を差別するのと違って、本当に生物的に優劣がついてくると、危険かも・・・

みんな優性にすれ



101 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 02:32
いくらくらいで作れますか?

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 03:14
>>28

エゴじゃなくて、人権です。

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 03:16
>>101

日本だと壱万円ぐらいになると思います。

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 10:59
クローンて、例えば60年寿命がある人のクローンを、
その人が30歳の時点での体細胞を使って作ると、
あと30年しか生きられないって聞いた事があるんだけど、
その辺はどうなのですか?

105 :>104:02/04/14 14:06
 寿命を決めている器官の細胞からクローニングすればそうなる
ことは考えられます。(時限装置が時を刻んでいるから)

 でも無関係な組織から採った細胞なら大丈夫と思われ。

※寿命を決めている器官ってのは、たとえば60歳で心筋梗塞に
なりやすい人の場合は心臓とか血管とか。この場合、皮膚の細
胞なら大丈夫(かもしれない)。逆に皮膚がんで死ぬ家系だっ
たら皮膚は危ない(ような気がする)。

 

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 17:12
>>104はテロメアのことでしょう。
>>105を参考にするなら分裂回数の少ない組織から細胞を取れば良いのかな。
神経細胞とかは分裂能が無いからテロメアはそんなに短縮していないかも。


107 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 17:37
神経細胞は染色体レベルの脱落が報告されたのでだめでしょう。
神経幹細胞ならまだ可能性ありです。

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 09:06
ブッシュ大統領のヒト・クローン批判演説
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2002/04/20020410-4.html


109 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 15:16
深田恭子
仲間由紀恵
平山綾
野村佑香
鈴木杏
常盤貴子
内田友紀
吹石一恵
憂香

をそれぞれ1万人づつ作ってほしいのですが、反対する人いますか。

110 :ソマリア政府:02/04/17 17:56
シュワルツネッガーを3万人注文します。

111 :  :02/04/17 18:24
自分がもう一人いたら、病気になったとき、便利だね。
人間農場を作って、スペア用の人間をお金持ちの依頼を受けて飼育するという。
SF 的な世界ができるかもね。そうすれば急な事故の時もすぐ取り寄せられるし。

112 :?@?@:02/04/17 18:28
質問、脳の移植は技術的に可能ですか?将来的にも

113 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 19:25
哲学クロニクル 第275号 (2002年4月17日)クローニングに関する科学者たちの声明

昨日ご紹介したように、ブッシュ大統領はいくつかの暗黙の前提に基づいて、ロ
ヒト・クローンの禁止を求めましたが、アメリカ細胞生物学学会では、生物学、
医学、経済学などの分野でノーベル賞を受賞している学者たち40名の共同声明文
を発表しています。今日はこの声明文を読んでみましょう。
http://www.ascb.org/publicpolicy/Nobelletter.html
で原文を読めます。
クローニングに関する40名のノーベル賞受賞者の声明(2002年4月10日)
国家科学アカデミー(NAS)の2つの専門家委員会と、著名な国内組織や国際組織が、
現在の科学・医学情報を評価した結果、核移植の方法を利用した人間のクローニ
ングは、安全に実行することはできないと結論しています。他の哺乳類での実験
では、破滅的な結果がでているのです。さらに、人間にこのような方法を実行し
た場合の安全性の問題については、ほとんどなにも知られていません。
このため、人間をクローニングする試みは、人間の主体にたいする根拠のない実
験となり、女性の子宮に核移植の生産物を着床させようとする人々には、刑法と
民法の刑罰を課す法律によって禁止する必要があるということでは、広範で強い
コンセンサスで形成されています。
残念なことに、ブラウンバック上院議員(共和党、カンサス州選出)が提案して
いるような一部の規制は、研究と治療の目的で核移植の技術を合法的に利用する
ことを禁じるものとなっています。これは人間にもっとも大きな打撃をあたえる
いくつの疾患を克服するための進歩を阻害するものです。たとえば、核移植技術
を利用して、患者だけに固有な胚細胞を作り出し、これで細胞と器官の移植にむ
すびついた拒否反応を克服することができるはずです。
核移植技術はさらに、特定の遺伝子構成をもち胚性幹細胞を作り出すことができ
るはずですが、これは遺伝によって良心から受け継いだ構成が、さまざまなガン
や、パーキンソン病やアルツハイマー病のような神経学的な疾患を生み出すかを
理解するための新しい協力なアプローチとなりうるのです。
ブラウンバック法案の決定的な要素は、核移植を使った外国で開発された医学的
な治療法を米国に輸入することを禁じていることです。先進的な医学的な治療法
の開発のために利用された技術が好ましくない性質のものだからといって、疾患
に苦しむ数百万のアメリカ国民にこうした治療法を実行することを、アメリカ合
衆国の上院が拒否するというのは、信じがたいことです。
ブラウンバック上院議員の法案が議会を通過して法律として施行された場合には、
科学的な貴重な生物医学研究が法律違反とされることになりますが、これは米国
におけるすべての科学研究に冷や水を浴びせるような結果をもたらします。科学
研究にこのような法的な制約が加えられた場合には、次の世代の研究者たちは、
アメリカ合衆国では自由で責任のある科学研究が歓迎されないのだと、強く感じ
るようになるでしょう。
この声明に署名したわたしたちは、ヒト・クローンを作り出そうとする試みには、
刑法と民法のもとでの制裁を加える法律を施行することを強く求めます。わたし
たちはまた、研究と治療の目的で、核移植の技術を科学的な合法的で、責任のあ
る形で利用することを禁止したり、阻害したりする法律には、強く反対します。
同じく、海外で核移植技術を利用して開発された治療法を米国で使用することを
禁止する試みは、人間にもっとも打撃を与える疾患に対する新しい治療法を探し
ている人々に、希望を捨てろというようなものです。

114 : :02/04/17 19:35
クローンが町医者レベルで出来るということはもう誰にも止められないと
言うことか、密造人間農場が必ず出来る。予言する。

115 :理3を落ちた経済学部生:02/04/17 20:21
>>106
テロメアは人間で50個ぐらいでしたっけ?とりあえず、テロメアは分裂
回数が少ない組織から取った細胞を使うってのはアリだと思いますけど、
卵細胞にテロメアを再合成する謎の物質があるらしいのでそこらへんの
研究が待たれるかと思われ。
>>1
1にってゆーか、みんなにだけど、勘違いしてると思われるので、一言言って
おきます。クローンで作った動物は遺伝的に全く同じではありません。
遺伝子はミトコンドリアにも少しあるので、今現在主流となってるクローニング
技術ではミトコンドリアの遺伝子は基本的にクローンにされる細胞のものになります
アメリカではミトコンドリアの遺伝子が術中で混じって3人の遺伝子が混ざった
子供が生まれたそうです。詳しくはしらないけど
>>114
密造人間農場はもうされてるかもね(^^;age

116 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 00:05
 >>111

 そのクローンがオリジナルであると主張し、あなたが
スペア用の人体だと認定されるかもしれませんぞ。

 臓器採り用なら完全な個体に再生する必要はないと思
われ。

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 03:44
自分の好きな人が何人もいたら、
そのうちの一人ぐらいは振り向いてくれるのだろうか???

118 :?@:02/04/18 07:53
完全な個体なら交通事故のスペアにもなる、あと脳は考える訓練を
しない完全にオオカミ少年状態で知能の発達を止めておく。
それから通販で哀願用の人間を購入することができ、脳の発達を人為的に
遅らせ従順な性格にしておく。臓器を取った残りの残飯は肉骨粉にして
再利用する、これがクローン社会の未来といえないこともない100年後位あと。

119 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 10:15
>>118は、DQNケテーイ!

120 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 10:51
>114
そのへんからテキトーにさらってきた赤ん坊を「クローン」と偽って売る
悪者が横行するのに1000クローン

121 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 14:27
>>119

は、現実の見えない精薄ですか。

122 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 14:49
安定的にテロメアーゼを生み出す遺伝子組み替え人間は
まだできないのでしょうか。

123 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 18:01
自分で調べろ。

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 18:21
>>121

は、現実と称して煽ることしか出来ない低脳ですか?

125 : :02/04/18 18:26
最低限、タイトルを見てから書き込みしましょう。
「どうしてクローン人間つくっちゃいけないの?」

クローンオタクは新スレたてれば。

126 : :02/04/18 19:20
>>124
は文章の内容からみて知能指数約90弱でしょう。

127 : :02/04/19 01:08
あるノーベル賞学者の話で面白かったのは、人間は遠い将来は
物体ではなく空間を漂うエーテルのような存在に進化しているかもしれないと
言っていた。そうすると、病気と生死とか無縁になるのかな。

128 : :02/04/19 01:31
南米アマゾンでアメリカの某医薬品会社がすでに、クローン
人間農場を作っているらしい。

129 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 10:47
>>118
先進国では人権問題でありえないだろうが
発展途上国でありえないと言い切れないのが恐ろしい。
クローンでなくただの子供がすでに似たような目にあってるかもしれん・・・

>>127
脳の構造が完全に把握され、デジタルに変換できたら
コンピュータの中で永遠に生きられるかも。
もっとも不老不死を得るのはコピーで本体は人間のままだけど。

130 : :02/04/19 11:35
>>127
>>脳の構造が完全に把握され、デジタルに変換できたら
>>コンピュータの中で永遠に生きられるかも。

そんなSFむかしあったかも、人間の意識がデジタル化されたら、
ウイルスのように、ネット上を自由に移動出来ることになり、
インターネットカメラで、外界を認識もできるでもセックスはできない。
自己複製で子供も作れるな。

131 :中学1年生:02/04/19 11:51
どうしてクローン人間つくっちゃいけないの?

にお答えします。それはクローンには改造はあっても進歩はありません。
失敗はあっても突然変異による、飛躍的進歩などもありません。
そのへんだとおもいます。

132 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 14:27
人の脳や意識をデジタル化した瞬間に、その人の個性がかなり
失われるから、その人と同じ人がデジタル界で永遠に生き続ける
ことはありえない。
人の脳や精神活動は、想像以上に他の臓器や感覚器官からのフィ
ードバックに支配されていて、それら全てが個人の個性をつくって
いると思う。

133 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 14:41
道徳による危機感はすぐに消える
すぐにクローンだらけだ

134 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 17:06
将来の戦争はイタリア製クローン人間とホンダ製ロボット軍団の戦い
になるね間違いなく、衛星放送でみたいな。
そのまえに自爆テロ用ホンダ製ロボットがパレスチナ向けに輸出されるかも。

135 :ワトソン:02/04/20 01:38
話しいきなり変わるけどさ、
癌って何らかの細胞分裂抑制装置が壊れて細胞が異常に繁殖することでしょ。
まあそれは生物の中で起こることなんだけどさ、、、

地球もしくは地球全部の生物を一つの生命体と考えるとさ、、
つまり一つ一つの個体をその生命体の細胞と考えるとさ、、、
人類って癌だよね。

ゾウリムシでも人間でも細胞は増えすぎると自殺する機能がついていてさ、、
アポトーシスって言うんだっけ。
それでもって指先とか鼻の穴とかが形成されるらしいんだけどさ、、
細胞だってそうやってお互い連絡とって用のないものは消滅したりしてるんだよ。

でも人類は増えつづけるばっかでさ、、
客観的に見たら癌だよね。
だからって俺がどうすることもできないんだけどね。

136 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 01:41
>>135
その比喩が正しいとして、人類は癌なのかな?

化石燃料の枯渇、食糧生産の限界等で、
そろそろ限界ってのが現状と思っていたが。

137 :ワトソン:02/04/20 01:49
癌だって元の体が駄目になっちゃどうもこうもないでしょ。
そうです。あなたの言う通りもう限界でしょう。
あと何世紀持つかな。
俺が死ぬまでもってくれればいいんだけどね。

138 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 01:54
>>137
生物の教科書で、
10 数年にわたるウサギと狼の個体数変異のグラフとか見たことあるかい?

狼がウサギを食べ過ぎると、狼が増えてその後餌のウサギ現象により狼減少。
狼が減ると、ウサギが増えてきて狼の餌たくさんで狼増えると。

人だけが、その 「癌」 ではないと思うわけさ。

139 :ワトソン:02/04/20 01:57
人類はその曲線を突き破ってでも増えていくぜ、多分。
現に今がその状態。
その個体変異のグラフのレベルの話で済むのか?

140 :ワトソン:02/04/20 01:59
つまりそのグラフがさっきの
「細胞だってそうやってお互い連絡とって用のないものは消滅したりしてるんだよ」
ってことに相当するんじゃないのかな。

141 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 02:07
>>140
うん、多分言いたいことは解っているつもり。

でも、環境要因により人類も個体数を制限されるだろうなと思うわけだ。
だから、人類=癌という比喩には少し抵抗がある。
まあ、そういう意見もあるかな、くらいに思ってくれればいいや。

人類の食料については、
海産物はすでに限界、農産物は現状の 1.5 倍の増産がせいぜいと言われている。
我々の行く末は暗そうだ。

142 :カニバリズムが世界を救う:02/04/20 07:08
かもね

ただ、食用ヒトを作るのにわざわざクローン技術を使う必要はないでしょう。まてよ、食用に適した品種確立に使えるかな。藁

143 : :02/04/21 13:37
食用ヒトは牛、豚に比べても経済的ではない、食糧不足なら肉では
なく穀物を食べればいい。でも中国人が牛肉を食べ出しているから
食料不足に拍車がかかっている。

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 00:22
必ずクローン組と非クローン組の抗争になるよ。
まあ騙ってもばれにくいけど(w

145 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 00:23
個人的な思いとしては、今更増やす必要もはないんだから
排除(選別)のほうが必要なんじゃないか。

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 02:36
早くクローン人間生まれて来ないかなー

147 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 10:05
>海産物はすでに限界、農産物は現状の 1.5 倍の増産がせいぜいと言われている。
>我々の行く末は暗そうだ。

そうなの?ひげクジラを食っちゃって、オキアミ食べればまだ、多くの
たんぱく質を得られると思うけど。
これからの、人口増加に焼け石に水かもしれないが。

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 11:23
>>144
この「クローン=悪の権化」的ステレオタイプなアイデアを最初に
描いた小説とか漫画とか、誰か知らない?
基本的にはロボットからの借用なんだろうとは思うけど。


149 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 12:37
>>147
1990 年から 1995 年にかけて、オキアミの乱獲などから、
漁獲量が減少している。

だから、海産物はすでに限界にきているのではないかと思ったのさ。

海洋牧場みたいなことができれば別かも。

150 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 23:28
どっかの国で人間のクローン作ったっていうニュースやってたけど
あれどうなったの?

151 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 00:34
>>150
自分で調べろ。

152 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 21:06
144 ハイラインが書いてたけど結構肯定的だった、手塚の火の鳥は否定的だったね、
それとブラジルからきた少年は使われかたの問題で、クローン技術そのものの否定にはなってなかった
最初に書いたのはカーンズバックだったような気がする、自身なしだけど

153 :ビッダーズ向上委員長:02/04/23 21:14

ヤフーは、どこをどうとっても最悪。

ビッダーズが一番!!!↓
http://www.bidders.co.jp/bpu/1072049

皆、左上の会員登録をクリックして、
入会しよう。

154 :名無しゲノムのクローンさん :02/04/23 21:52
マモー?


155 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 22:51
ミモー!

156 :>148:02/04/24 01:01
 このあいだNHK衛星でやってた鉄腕アトムの特集を見たら
「ロボット嫌いの宇宙飛行士は、実はロボットだった」とか
「身体は機械だけど脳はヒトだから人間と思っていたのが
いつの間にか脳も取り換えられていた完全ロボット」なんて
話があった。

 また「ブレードランナー」は原作(「アンドロイドは電気
羊の夢を見るか」)では人間そっくりのロボットだったのが
生物的レプリカントになってたね。

 結局は固有のクローン問題じゃなくて新しいものを受け入
れるまでの人間の葛藤の問題に収斂するような。


 マーク・トウェーンの「王子と乞食」にまで遡れるかも。
なんたって階級制を信じる人にとっては乞食が王位につく
なんて神の摂理に反する大犯罪だったろうしね。いやいや
「十二夜」とか「とりかえばや」か?(こっちは未読)

157 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 04:31
ついに北ちょーせんがウサギでクローンつくった。
おそろしい。きっと引田転向の細胞から生きた
ダッチワイフつくるだろう。
そして、金さんに文句言わない、知力、体力に優れた
ソルジャーつくり、また自分の影武者つくって
暗殺にそなえる。イラクのフセインも同じ考え
だろう。、、、、

というのがブッシュの本当の反対理由だ。
自分はアメリカでそんなことできない世間の
目があるからね。

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 17:11
もし遺体の一部から取り出したDNAからクローンが作れるなら、特に欧米では火葬にしないのでナポレオンとか史上の有名人のクローンを作りたがる連中が出てきそうだな
シーザーやアレキサンダー、クレオパトラ、始皇帝、ジンギスカン、卑弥呼たちの遺体が見つかれば、性格や知的能力、肉体的特徴などの疑問も解明できそうで面白いと思う

159 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/25 10:05
もしクローンで「人間」が生まれたら、「人間」扱いになるの?
それともマウスと同じ「実験動物」扱いなの?
もし「人間」扱いだったら、たとえばその「親」ってだれ?
元の人間は「親」ではないよね。基本的に同じなんだからさ。
そうすると、生まれる前に元の人間が死んだら、養育義務って
誰に生じるんだろか。普通の人間だったら親の親族とかいるけど。
 結局クローン人間って、実験と商売が目的だよな。どこまでできるか
ためしたいんだろね。牛とかサルでできるんだったら、人間でも
やってみたいんだろね。しかも最初に成功したら自慢できるし。
商売にもなるし。だからなんぼ禁止とかいったって、絶対内緒で
やるやつはやるね。実際やってたし。なんかむかしの人体実験に
似てるな。生物・細菌兵器開発に人間使って実験してたんでしょ。
 だけど生まれたクローン人間はかわいそうだな。実験と商売のために
生まれてきたんだから。親の愛情なんてうけられないし。まともにそだつわけ
ないよな。だから反抗とかしたらすぐに殺されて、臓器を売り飛ばされるね。
存在自体内緒なんだからバレっこない。もし病気や障害があったらこれもすぐ
殺されるね。生かしとく意味ないし。しかし、よくよく考えたら、「人間」じゃない
っておもえば、かわいそうじゃないか。クローンではないけどサラブレッドと似てるよな。
サラブレッドは競馬するためにだけ生産されるから。勝てなきゃ馬肉だし。
それって普通かわいそうとはおもわないからな。だから、ヒトも動物だって考えれば、
クローンって作ってもいいことになるかも。少なくとも、作ってはいけないことは、絶対の
真理じゃない。ただ、人間の価値は低下する。殺人がそれほど悪いことじゃなくなるよな。
戦争も。もともと、西洋じゃ死刑執行するとき内臓とかえぐり出してたって言うからね。
 結局、人間とか生きるものの尊厳の問題だな。家畜や肉食は否定できないけど、それでも、
屠殺された家畜の祭壇をもうけることは無意味じゃないと思うよ。命を尊ぶなんていったら
あほみたいだけど、そうゆうものの考え方って人間だけができることだね。

160 :名無しゲノム:02/04/25 12:44
チンパンジーのDNAは人間のものと1%チョットしか違わないらしい。
将来遺伝子工学が発展してチンパンジーのDNAを改造して
知能などはチンパンジーで外見などを人間にした動物ができたらこれは
どんな扱いになるのだろう。
もしこれができたら、チンパンジー改造メスを作ってセックスの相手と
できるのでは。


161 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/25 12:56
>>159

長すぎるので要約してやろう。
「人間のクローンは人間の尊厳を傷つけるので作ってはいけない。」(29文字)

162 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/25 16:07
人間の尊厳なんて文化や価値観の違いで幾らでも傷つくわけだし、敵と目される民族や国家の尊厳を傷つけることを目的としているような集団もある
つまり人間の尊厳云々ではクローン人間の製造にストップをかけることは出来ないんじゃないだろうか?
実際に作ってみてとんでもないことになったという事態にでもならない限り、結局は誰かが作り出すだろうし、その数は次第に増えていくだろうと想像する

163 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/25 16:50
「一卵性双生児は人間の尊厳を傷つけるので作ってはいけない。」

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/26 00:56
 抑制の利かない性欲の結果で生まれても人間の尊厳はあるんだよなー

165 :部外者です:02/04/26 03:50
>>158
初歩的な考え方のミスじゃない?それ。
肉体的特徴はわかるにしても、性格や知的能力は
後天的にどのような環境/時代で育つかによって違ってくるわけでしょ。

166 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/26 04:17
>>165
性格の形成は後天的な影響も大きいが、知的能力は遺伝するわけだし、基本的に変わらないだろう

167 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/26 10:16
>>158
クローン技術を誤解しています。一卵性双生児でも成長するにしたがって、性格や嗜好に相違が生じてきます。
ほぼ同じ条件で養育されながら、どうしてこのような相違が生じるのか、完全には解明されていません。
したがって、数百年も時代が異なれば、周囲の環境がまったく異なる(例えば養育者、生活環境、食生活など)
ので、基本的に変わらないどころか、基本的に別人となります。
また、クローン人間といえども、もし無事に出生すれば独立した人格ですから、単なる研究目的で出生させることが
倫理上許されないのは当然です。
現在日本では、牛のクローン技術が世界のトップレベルといわれています。それでも、
無事出生するのは、100回試みて2,3回にとどまります。また、奇形の牛が出生する
例も多く、さらに、クローンマウスは肥満しやすいとの報告もあります。
要するに、現段階では、クローン技術は未完成の技術であって、動物はともかく、
人間を作るのは無理です。(おぞましい結果は全て隠されています。)
もし将来的に完全な人間クローンを作ろうと思ったら、膨大な数の実験が不可欠です。
その実験の過程で、おびただしい数の奇形児、遺伝的欠損をもった人間ができてしまいます。
したがって、クローン人間に賛成するということは、このようなおぞましい、目を覆いたくなるような
事態をよしとする、ということです。なぜ作っちゃいけないかといったらこのような凄惨な事態は
到底ゆるされないと思うからです。それだけのことです。尊厳以前の問題です。



168 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/26 12:34
>>167
つまりクローン人間を作るなら、人間ではなくて家畜なんだというつもりでないと到底作れないということだね

169 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 10:09
だれか人間クローンに賛成する人いないの?


170 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 18:58
>>169
エジプトのファラオとかを再生して科学的研究の対象にするならいいんじゃないの?肉体の再生を信じていた古代エジプト人もさぞ本望だろう

171 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 03:37
速報ニュース【社会】  4月29日 提供:読売新聞社
========================================================================
■全クローン動物に何らかの異常
 世界初のクローン羊ドリーを誕生させた英のイアン・ウィルムット博士が「世
界でこれまでに作られたクローン動物にはすべて、何らかの異常が認められる」
との調査結果を発表しました。
 体の巨大化や、過度の肥満や胎盤の肥大、心臓の異常などを指摘しています。


172 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 03:39
たぶん、まだ無茶だったのだ。体細胞クローンでは受精卵のように
すべての遺伝子が初期化されていないんだ。

173 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 19:10
 ウィルムット博士の結果も「“いま”ヒトのクローンを作るのは
危険」という結論しか導けまい。

 血液型の存在もわからない時代に輸血は危険きわまりない無謀な
行為だった(初期の輸血はヒツジの血を使った)。しかし、現代の
医療で輸血を否定したら「ものみの塔」だよ。

(むろん輸血の危険性は決して低くはないし、信者が自分への輸血
を拒むのも正当な権利)

 技術的な問題と原理的な問題は別だね。


174 :172:02/04/29 23:19
>>173
もちろん、それは分かっている。だから、「まだ無茶だ」と言った。

175 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 23:26
早く倫理面を議論して結論を出して欲しいものですな
相続とかの、法的な問題が大きそうな気もするけど・・

176 :173:02/04/30 00:41
>>174

 失礼。あなたへの反論という意味ではない。一般論として
技術的な問題と原理的な問題を混同するなと。

 172さんは、すべての遺伝子が初期化される等技術上の
問題が解決され、ヒトのクローンも安全・確実に作れると
なったらどうします。

 クローンをテーマにしてる割と有名な人が新聞で、「否定する
明確な理由が見つからない。あえていえば“私はやらない”」と
書いているのを見て、なーんだ茶髪やピアスと同じレベルと認め
てくれたよ、と思ったもんですが。(藁)


177 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 00:46
>>175

法的な問題は人工受精(父は夫と別人)などの先行例があるのでそんなに難しく
ないと思われ。そもそも養子って制度を人類はかなり長く上手に運用してきた。

ちなみに今では珍しくもない人工受精も、当初はラダイット共が「不道徳だ姦通
だ」と大騒ぎしたそうですな。代理母に至っては「子宮の賃貸しは膣の賃貸し
(=売春)と同じく不道徳」とか「処女懐胎は後にも先にも一度(=イエズス)
で十分」とか、なかなか笑える反応があったとか。

178 :172:02/04/30 06:40
>>176
実は私もあまり興味ない。「やりたい奴はやれ、私はやらない」ということだね。
ウシのクローンなどの経済効果はさておき、ヒトのクローンになぜそんなに騒ぐ
のか分からない。一卵性双生児と同じではないか。

ヒトのクローンを騒ぐ人間の気持ちを想像してみると、自分の分身を作って後世に
残すことにたいする期待、というのが背景にあるような気がする。しかし、一卵性
双生児と同じように、自分のクローンもまったく異なる人格をもつ別の個体なのだ。
どうもこの辺を取り違えているような気がしてならない。
遺伝子が同じことと人格とは別であって、あなたの苦しみをクローンが感じる
ことはできないし、その逆も真なのだ。

将来、真に人類が悩む時がくるとしたら、それは人格を移植する技術が到来した時、
あるいは脳の配線を含めた完全な自分の複製を製造することが可能になった時だろう。

179 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 09:24
完全なクローンなど不可能。幻想に過ぎない。完全な複製はできない。
それより、>>167がいってるように、推進派はクローンおたくのきちがい=狂人。


180 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 09:51
>>178
>>遺伝子が同じことと人格とは別であって、あなたの苦しみをクローンが感じる
ことはできないし、その逆も真なのだ。<<

同意。これがわかってない人が多すぎる。クローンは別人です。(年の離れた双子)



181 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:18
>>178>>180
クローンが別の個体であると言う事がわかっているからこそ、
反対している人たちも沢山いると思いますが・・・。
病気を治すためにクローンを作り、臓器移植した後は用は無し。
これによって、助かる人も大勢いるだろうけど、
クローンの命は奪われますよね。
一つの命が助かるけど、もう一つの命は亡くなってしまう。
命の重さが同じだとすれば、私は許されないと思います。



182 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:35
>>181
臓器だけ培養・成長させられるならともかく、人間として育ってしまったクローンから臓器だけ提供させるなんて少なくとも公には実行できないだろう?

183 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:51
>181
あふぉ

184 :172:02/05/02 04:42
>>181
今度は逆の間違いを犯しているな。クローンは自分と同じ遺伝子をもつと
同時に、自分とは別個の独立した人格をもっているんだぞ。要するに
一人前の人間なのだ。そのクローンの命を奪ったら殺人ではないか。
つまりそんなことはできないということ。

185 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 09:35
>>181

>病気を治すためにクローンを作り、臓器移植した後は用は無し。
>これによって、助かる人も大勢いるだろうけど、
>クローンの命は奪われますよね。

そのためなら、わざわざクローン人間を作る必要はない。
再生医療で、充分対応できる。

クローンを、パーマンのコピー人形の発想で考えないで欲しい。


186 :【危】クーロン人間造りました【険】:02/05/02 22:48



電荷が1クーロンあります。
近づかないで下さい。

187 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 23:24
人種が違うと美形を求める度合が高くなるからでは?

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)