5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IP低い論文でもうれしい?

1 :わーい:01/11/08 19:07
皆さんCNSと騒いでますが、私はこの度とてもIPの低い生物系雑誌(2以下)に出しました。
ちなみに今までファーストで出した雑誌で一番高い雑誌のIPは12くらいですが、出版されるとどちらも同じくらいうれしいです。
皆さんはどうなんでしょうか?世の中にはあまりよい雑誌に載らない論文は出さないという主義の人もいるようですが、どうお考えですか?

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 19:14
IF?インパクトファクターのこと?

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 19:18
Inositol phosphateのことだろ。

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 19:51
いんふぁくとぱくたー?

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 20:49
おめでとう〜。

ボクは論文出すのもマージャンで勝つのも同じことだとおもってます。
満貫の配牌だったら満貫であがる。
どらがのりそうだったら、どらをのせる。
役満がきたら、役満をあがる。
1000点の配牌のときはさくっと1000点であがる。
狙って、その通りあがれれば、それでいいんじゃないでしょうか?
大体麻雀覚えたてのいわゆる「たこ」に限って、
「俺は○○以上じゃなければあがらねえぜ、○○のナントカって
読んでくれ」なんてくだらない呼び名を語りたがるものです。

ということで、おめでとう。

6 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 20:50
Infact Pactorってなに?

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 21:58
同じぐらい嬉しいわけじゃないが、論文でればそれなりに嬉しいよ。
たとえいんふぁくとぱくたーが低くても何も論文出さないよりははるかにまし。

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/08 22:17
生物系でも、IFが極端に低い分野もある。
IF=2なんて夢のようだ。

9 :インファクトぱくター:01/11/08 23:32
IPだぁ??
とりあえず1のIQは0.000001

10 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 00:11
DQNな1はほっといて
pub medで検索できない雑誌もある
検索できる雑誌ならIF低くてもよしとしましょう

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:19
IP: immunoprecipitation

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:31
>>5の方。良い例え方ですね! 気に入りました。使わせて頂きます。

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:35
IQ低い論文はうれしくない。

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:38
クズはクズ。

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:45
クズでも論文にする気概はリサーチャーなら必須だぞ。
クズを論文として印刷できて初めてリサーチャーの仲間入り。
いいデーターの論文は簡単に書けるし、印刷もされやすいのさ。

16 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 02:59
>5
すばらしく納得した。
>15
データの切れっ端を集めて論文にしてしまう。
いうなれば九種九牌寸前の配牌をさくっとピンフであがるってか?

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 03:55
研究は博打の一種なのか。。

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 04:13
クズ論文を出した時点でその人の研究者人生はほぼ決まり。
一生クズを出し続けることだろう。
合掌。

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 04:20
18=クズ

20 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 04:57
>18
まだアオイ。
15をちゃんとよめって。
くずデータが手元にあってそれを論文にできるならそれに越したことは
ないんじゃないのか?

21 :15:01/11/09 06:44
>>16 That's right!
>>18 Go to hell!
>>20 Thanks!

論文を書いたことのない陰性に限って「論文を出版することの難しさ」がわからないんだよねー

22 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 07:04
結果的にインパクトファクターが低い雑誌に載ったけれど、
良い雑誌に載った論文より愛着がある論文とかあるね。

実験によっては、最初から良い雑誌はねらえないけれど、
自分はそれが大事だ、と思うからやっている実験ってあるよ。

良い雑誌にのせるのばかりが研究と言うわけでもないからね。
それでも時々良い雑誌にも論文を載せていないと、
18みたいなやつにいらん事言われかねないけれど。

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 07:36
>>1
おめでとう。やはり 1st は嬉しいものですね。私は今年
初めて corresponding author でのせましたが、やはり嬉し
かったです。

>>5
オーラスでトップと 3000 点差の2位の時に、ピンフだけで上がらないように
しましょうね。

24 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 08:40
おお、1におめでとうを言うのを忘れてた。
おめでとう。

>22
たしかにね。そういう論文が露払い役になったりするときもあるし、
あまったデータで思いもしない仮説ができたりする。
だから身分とか不安定でもこの世界から足が洗えない。

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 11:43
雑誌に載せるために研究しているんじゃあないぜ。
研究して、その成果を報告するために結果をまとめて論文書いて雑誌に載せる。
良い成果は良い雑誌に載るからがんばって良い成果を出そうと努力する。出ればもちろん良い仕事
クズデータでもまとめてきちんと論文に出来て、それなりに雑誌に載れば立派な仕事。
世間での評価(or インパクト)は低くても、科学的なデータを世間に報告できたのだからすばらしい。
でも、どんな良い成果を出していても論文書かんヤツはダメ。仕事していないのと同じ。
良い雑誌に載せるためだけに研究しているヤツは、スクープだけを狙って人のプライバシーを暴こうとするトップ屋と同じ。

でも、同じ書くなら良い雑誌に載る論文を書きたいなあ。どうせ仕事するなら高く評価される結果出したいもんな。
(ちなみにココでの良い雑誌とは、異論はあると思いますが一応、IFの高い雑誌としておきます)

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/09 12:21
>>25
良い雑誌っていうか、目立つ雑誌、派手な雑誌、だよね。
どうせなら、なるべくたくさんの人に読んで貰いたい、っていうのは
当然の人情だと思う。

27 :1:01/11/09 19:55
お恥ずかしい うれしさのあまりIPと書いても気づきませんでした。
地道に自分の研究をやって結果が報告できることが一番うれしいです。
CNS出したいのは山々ですけど出なくても腐りません。
世知辛い世の中になってきましたが、いつまで好きな研究ができるのかなあ・・・

28 :生化学屋さん:01/11/17 16:31
今まで出した論文の最高のIFは8,最低は1.7

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/17 16:52
論文にするのは、IFに関係なく大変ですよね。
CNSに書くためには、最初からCNS用のテーマを考え、
とにかく初めて、それなりのデーたーにたどり着いた場合は中堅どころをねらい。
とにかくこのポイントだけは一番目に言っておきたいときはIFがひくくてもいい。
とよく言いますが、どう思いますか?
CNSに書くためのテーマあなたは考えてますか?

30 :5(麻雀放浪研究者):01/11/17 17:57
考えて狙えるCNSもあれば、狙ってなくても
いつのまにかそういうホットな話になってしまうと
いうこともあるし、裏ドラがのる、ということも
あると思うのです。強いて言えばNature/Scienceは
ドラが乗らない限り出ないと思いますよ。

私が言いたいのは、CNSを常に狙うということは、
実際にやってみると「ハネマン以外は上がらない」
と宣言して「役作りにバイアスをかける」ことに他ならない
と思います。それは研究を行うという点では非常に
損な行為ではないでしょうか?
それは「ピンフしか狙わない」とか「千点以上の役は作らない」
というのと同じくらい愚かな行為だと思うのです。

だから実際に大事なのは「見切り」だと思うのです。
テンパイ即リーなのか、一巡か二巡うちまわして高めを狙うのか。
ダマでテンパったまま、ベタ降りするのか・・・

オイラの理想はよそがCNS狙っているという情報を得た上で
1000点キックするという高等技を使えるようになりたいですね
(ようするにどこかがCNSのネタをテンパッている段階で、それより
先に同じようなネタをfebsくらいに流してしまう。流されたほうが
力入れてる場合はダメージは強力でしょう。)
自然体に打ち流せる麻雀が強い麻雀だと思うので、そういう研究者を
目指したいですね。(しかし研究を博打にたとえていいのだろうかw)

31 :狸学部参号館:01/11/20 14:10
指導教官がしつこく出せ言うので、EMBO間違いなしの珠玉のデータを満載の論文をG2Cに出します。

学位審査がかかっているので、即、acceptです。でもなぜか嬉しくない。

32 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 14:53
G2CもZool SciやJBと同じか。
情けなや。

33 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 14:58
研究はマージャンと同じなのか?

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 15:19
>>30 の前半には同意。
フェブスに流すのは面白いかもしれないけど、
人の心を食らうのは一度でたくさん。

35 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 15:40
>>33
所詮バクチでしょ。どちらも。

36 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 15:49
Cell Structure and Functionも加えて>32

37 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/20 16:41
>31
そういう論文で雑誌を良くしていくのは重要です(雑誌の標準以上の論文が載らないといつまでも評価はあがらない)。論文の内容は同じだし胸を張っていいと思います。

でも中にはG2Cなら簡単に載せられるからとクソ論文放り込むボスもいます。こういう人が雑誌を悪くします。

でもメジャー雑誌でも同じような現象あるよ。くさらずにどんどんいい仕事してね。

38 :これまで和文報告ばっかし(笑:01/11/24 15:20
よーし、BBBに投稿しちゃうぞ!

39 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 15:31
しかしこのスレにくる連中はレベル低いな。

40 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 16:45
>>39
OMAEMONA-

41 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/24 17:16
なぜこの板には、生態学者が少ないのだろう。
Cellなんちゃらとか、JBCがどうたらとか言われても
全然ついて逝けない。

42 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/25 00:10
IP=Internet Protocol

43 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/25 00:17
123

44 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/25 01:16
しかし、このスレのタイトルを見るたびに笑うよ。

IPだもんな。

45 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 00:33
>41
IF低い分野だからだろう。CELLやJBCをめざす生態学をやればどう。

46 :American Naturalist:01/11/26 09:26
>>41
つーか。NatureやPNASには毎週のように生態学の
論文のってんじゃん。

47 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 11:34
IP=インファクトパクター

2ちゃん用語に認定してはどうか?

48 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 13:36
>31 わたしも期限内に学位を出すため絶対安心の低い雑誌を選びました。
学位を1年遅らすのに比べたらいいっしょ。

49 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 14:08
おおきな声では言えないが、今度の学位審査に必要な論文をCNSに出していて、審査待ちの人を知っている。

一発、通しっ〜!(笑

50 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 09:59
ジャーナルのランク関わらず一発通しはうれしいよね どう考えても不要な追加実験やれとか言われると鬱

51 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/28 14:49
こんなことを問題にするのは、生物系とくに細胞や遺伝子レベルの連中がほとんどだろうよ。
物理とか数学なんかは、できる人が限られてるので、人数も少ない。したがって、IF
も低い。オレのやってる分野で80年代初頭に載ったサイエンスの論文が1920年代のJBCの焼き増し
(盗作ではない)だったりもする。まあ、ボーダーが高いけど、流行とかいろんな
ことに左右されるので、それよりも、自分の研究の哲学を磨くことだな。それがわからん
ような奴は山師といっしょだよ。

52 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/30 21:42
PIが低いやつだったら嬉しい?

53 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/30 23:06
>>52
ダジャレが好きな奴って、EQ低いよね。

54 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/01 01:19
「理系の話は一人よがりでわかりにくい。」
とはよく言われるもんですが、そんなことはないんですね、
こういう説明のできる理系が女受けがよさそうだな、とか思います

55 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/06 11:00
D3の12月の時点で査読論文が無くて、学位論文本審査会の目処の立たない奴が多すぎる。
普通、中間発表会ありで1報あるだろ。

いまからでも遅くない、Rapid reportを投稿すれば一ヶ月でアクセプトだ。
頑張れ!

56 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/11 20:42
思い出したので上げておきますね、このスレ。

57 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 12:29
採択通知が届きました。来年3月号掲載予定。age

58 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 12:34
俺の所にはまだ referee comments が帰ってこない。sage

59 :>55:01/12/13 13:35
1st論文もないのに博士論文予備審査会で発表する奴の気が知れない。

どこの痴呆国立だ?まさか旧帝大?(藁

60 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 13:54
精神安定のためにFEBSletetrを毎年1報。

61 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:02
59
オレ旧帝大でポスドクしてるけど、ここにIFつき雑誌1報33才講師
がいるよ。アホなくせに優秀と思える性格がうらやましい。
体育の運動解析の奴で、医学研究科の兼任もしてるから、
笑い事じゃないんだけどね。とにかく、体育の連中は中学
程度のこともわかってないよ。10年以上論文を書かんやつなんて
いっぱいいるよ。

62 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:12
>>61
東大か?聞いたような話だ。

63 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:14
62
オレの正体ばれるからなあ。まあいいけど、名大さ。
オレはここのほとんどの体育教官と仲悪いけど、オレの方が
異常なのかな。

64 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:16
まあ体育やバイメカはどこもそんなもんかも。
生物系と一括りにするにはあまりにも異質だしね。

65 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:20
ついでにいうと、研究しないから時間が余るもんで、非常勤の
バイトにみんな行ってるよ。それで、大学院担当やってんだから、
ホンマに話しにならんぜよ。「生首を切られることはない」が
合い言葉のようだ。体育会=上意下達、年功序列そのままだよ。
コネ、派閥、ゴマスリの世界。
税金で養ってもらってンだから、公平にマナイタの上に
のせられるべきだね。

66 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 14:22
卒業研究ネタをBBBに出す。これ最強!

67 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/13 16:52
だれかスレのタイトル書きかえろや。
なんやIPって。

68 :>67:01/12/13 17:28
リモートアドレス?

69 :1:01/12/13 20:23
>67
すみません 許してやって下さい

70 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 13:50
Impact Factorの低い雑誌に投稿した。
マイナーレビジョンを求るコメントと共に、研究誌を出している学会への入会を勧める手紙が入っていた。
論文の手直しはほとんどしないで送り返し、入会手続きを直ちにした。
1週間で論文採択の知らせがとどいた

ウマー

71 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 13:56
Impact Factorのそこそこ(IF=3)の雑誌に投稿した。
レビジョンした論文を再審査するというコメントと共に、
discussionに「コレコレの論文を引用するように」
というレビュァーのコメントが入っていた。
論文には「コレコレの論文」に加えて同じ著者の関連する論文を
3つほど引用したほか手直しはほとんどしないで送り返した。
2週間で論文採択の知らせがとどいた

ウマー

72 :厨房:01/12/14 15:46
論文を雑誌にacceptしてもらうための、小手先の技術を教えて下さい

73 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 15:49
$10,000くらいのチェック付けて送ればいいんじゃ〜ん

74 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 19:17
振込先は誰にするのか?

75 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/14 23:59
>>74
もちろん持参人払い

76 :M城嶋@D3:01/12/15 13:39
論文を書き上げて隣の部屋の教授に手渡せば、投稿したことになります。

77 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 00:32
低レベルな質問

Exp Cell ResとGenes 2 cells ならどっちに載せた方がいいですか?

78 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 02:25
コネがあるほう、もしくはスキなほう。

79 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 03:27
某Cellに蹴られて、分野の一流誌にも蹴られて、やる気を無くして、
IF-4位のいきなり低い雑誌に投稿した。

「表紙にしたいので解像度の高い図を送って欲しい」と言ってきた。
一瞬嬉しかったが、
むなしい....。

80 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 10:58
>79

IF=4の雑誌の表紙ならいいじゃん(評価5割り増しくらいか?)

81 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 11:21
セルの審査までいったの?
いいじゃんか。満足せい

82 :79:01/12/18 11:53
日本にいた頃なら、それなりに満足だとおもうけど、
いま米国留学中なのです。

かなりさむいです。

83 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 13:04
へえ、留学先で4かあ。
かえって表紙なんかに載せない方が
日本の知り合いに目立たなくていいかもよ。

84 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 13:07
雑誌のIFで自分の研究の価値を判断するようじゃ、研究者はやめな。

85 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 13:17
続報でCell2本目は無理があるよね。

86 :無名ラボ:01/12/18 13:46
BBRC、某editor(某国内生化学大家)に送ったところ一発通し。
reviewなし。
後で複数の誤り発見・・・。そのまま博士論文になる予定。
現在新たに2報投稿中だけど・・。

87 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 17:48
BBRCのeditorというと、香川靖雄が昔やってたね。
日本の近所の教授に送ればOKというのはヨシ!

88 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 19:06
>>86
BBRCは、通してくれるときはもともとレビューコメント無しじゃないの?

落とされるときもコメント無しなんじゃないかと思ってたんだけど、
この間先輩がリジェクトくらった時に長文のコメントをもらってて驚いた。
ていうか、BBRCで落とされることがあるというのに驚いた。うちのラボで
初めて。俺もいざというときにはあそこがある、と思ってたので結構鬱。

ところで、BBRCの採択率はどのぐらいなのか、誰か知りませんか?

89 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 19:11
>>84
正論に聞こえるが、
発言者が低レベル研究者だと説得力ゼロ。

90 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 19:41

そーだね、よほど業績が無いと説得力無い。
ただの言い訳にも聞こえて、かっこわるい。

91 :ううう:01/12/18 21:13
結局IF気にするなという人々が一番とらわれているということ?

92 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 21:26
で、結局、IPって何?

93 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 23:17
IFで研究の価値ははかれませんが、
来年のグラントの採択率ははかれます。
そういう現実とクールにつきあいましょう。

94 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 23:31
IFは無意味だ、と主張しているのは間違い。
IFの高い雑誌に出した方がいいには違いない。
だからといって、
IFの低い雑誌の論文はクズだ、と言っているのは間違い。
IFの低い雑誌でも有用な論文は多い。特に専門分野。
ってこと。
なんでこの程度のことが理解できずに喧嘩しているんだろう。

95 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 23:36
ほんとにそうですね。すごい先生はぜんぜんIFなんか気にしていないですもんね

96 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/18 23:48
>なんでこの程度のことが理解できずに喧嘩しているんだろう。
厨房だから。

97 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 00:28
IF0の雑誌に投稿したいのですが意味あるでしょうか(M2)

98 :>>97:01/12/19 00:32
日本語誌か?

99 :華α:01/12/19 06:16
IF=0.00129という雑誌がある。
ウチの分野の日本語のメイン雑誌だったりもする。
因みにその学会の英文誌は0.5ぐらいだった。

100 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 13:15
国内から出ていた和文英文共載研究雑誌が、今年からリニューアルして和文誌と英文誌に別れた。
chief-editorの教授に会うたび、論文投稿を進められるのでIFなど気にせず投稿しました。

今から雑誌をISIに登録してもIFが出るのは3年目からかいな?

101 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 13:43
>>100
今、日本から英文雑誌刊行してもなかなか論文集まらないだろうね。
Int Immunology でさえジリ貧、JB, Neurosci Res は転落の一途。

102 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 15:08
湯川秀樹や朝永振一郎は戦後間もない海外との連絡が不便な時期、
日本で出ていた物理系英文雑誌に出した論文の別刷りを世界中の物理学
量子力学、核物理学の専門家に送りまくった。

現在でも十分に通用する手段だ。

103 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 20:44
別刷りって何部くらい請求してます???
>102みたいなことをするには何部あれば良いのでしょう?

104 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 22:15
>>103
100万部ぐらいあれば十分。

105 :  :01/12/19 22:20
集英社あたりに頼もう!

106 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 22:35
5部
1部は自分に
1部は就職活動に
1部は元ボスに
1部は彼女に
1部は次の就職活動に

107 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/19 22:52
>>106
就職活動に1部は心細い

108 :華α:01/12/20 02:59
>>103
50-100部ってところじゃないかな?
自分用 2部(保存用1部・自慢用1部)
共著者用 人数×5部
共著者じゃないけど研究を進めるうえでお世話になった先生用 1部×先生の数
その分野の知り合いに「謹呈」する分 10部前後…

ってなかんじで。

109 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 08:41
一人に複数部やると、就職斡旋を依頼してるみたいなので
一部しかやらない。

110 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 11:17
客観的に見て現在国内誌最高峰のG2Cてどうなの?

創刊理由は海外誌でいじめられた論文の救済らしいけど

現状は有名ラボのダメ院生の学位取得専用?
無いよりましレベル?? 良い論文載ってるの?

111 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 12:05
仏壇の親父の位牌の前に添えるのに一部>106

112 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/20 12:34
学会でdiscussionしてくださった先生には、帰ってから最近の論文の別刷りをまとめて手紙つきで送ります。

113 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 04:03
だから、「IP」2ちゃん用語公認にしようぜ(藁
2ちゃん用語になるなんてJBに載るより名誉な事だ

114 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 07:07
25部あれば足りる。
今どきPDFがいくらでもダウンロード出来るから、
そんなに人に配る必要もないので、基本的に就職活動用。
就職活動でも大抵コピーで用が済む。

115 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 10:44
就職活動なんて浅ましいことに使いません。
>論文別刷り

お世話になった方々へ、感謝の意を込めて贈っています。
私の研究に興味を持った人には、請求があれば配布していますが。

116 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 17:56
Plant Cell and Physiologyは別料金無しで別刷り200部送ってきます

117 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 22:33
いやいやGenes to Cells はいい論文載ってるよ。競争になってて急いでるのとかあるし。みんなもっと出そう!

118 :名無しさん:01/12/21 23:24
>>116
Plant and Cell Physiologyでわ

119 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 23:24
2000 IF
J CELL SCI 5.996
CELL GROWTH DIFFERENTIATION 5.235
GENES CELLS 4.885
EXP CELL RES 3.860
といったところか。

120 :名無しさん:01/12/21 23:37
http://ymlib.yonsei.ac.kr/

121 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/21 23:45
誰か、次のスレをつくってくれませんか。

日本のバイオ系英文雑誌を分析する。

以下は、2000年度IFです。

GENES CELLS 4.885
J BIOCHEM TOKYO 2.116
NEUROSCI RES 1.807
DEV GROWTH DIFF 1.730
CELL STRUC FUNCTION 0.960

日本の英文雑誌を通じて日本の生命科学について語ってくれ。
(日本の他の英文雑誌のIFも御要望に応じて調べます)

122 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 00:07
>>121
International Immunology

123 :名無しさん:01/12/22 00:22
>>121
Microbiology and Immunology

124 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 00:55
International Immunology 3.130
Microbiology and Immunolgoy 1.070

125 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 00:56
J. Health Sci.
Biol. Pharm. Bull.
Chem. Pharm. Bull.

126 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 01:10
J. Health Sci 0.659
Biol Pharm Bull 0.885
Chem Pharm Bull 1.177

127 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 01:12
>>126
おお、糞雑誌でんな

128 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 12:01
J Derm Sci
Artificial Organs

129 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/22 14:51
>>128
J. Derm. Sci. 1.24
Artificial Organs 0.982

130 :IFを教えて:01/12/24 12:06
J MARINE SYST
J PHYCOL
PHOTOSYNTH RES
CURR GENET
BIOSCIENCE
EUR J CELL BIOL

131 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 12:55
>>130
http://ymlib.yonsei.ac.kr/
で調べて報告しろ

132 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/24 14:12
生態学関係はたいてい低い>131

133 :130ではないが。:01/12/26 01:46
>131
> http://ymlib.yonsei.ac.kr/
> で調べて報告しろ

いきなり英語のページに逝ってしまったのでみつからんかったぞ。
要するにここでしょ?
http://ymlib.yonsei.ac.kr/new/home/jcr/jcr.htm
違うの?

134 :133:01/12/26 01:50
直リン貼ったのはまずかったか?
あとアルファベット順ならここね。
ttp://ymlib.yonsei.ac.kr/new/home/jcr/jcr2000_a.htm

135 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 13:16
>134

ここJJCR無いんだけど・・・ひょっとして反日??

136 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 18:28
JJCRって?

137 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/26 23:23
Fe=CREST=only 4 Papers
unbelievable!!

138 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 03:55
BBB

139 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 03:58
BBBの正式名を教えて。

140 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/27 04:20
バカ、ブス、ベンジョムシのノンMD

141 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/28 15:21
IPって?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1005242718/3

142 :ヘルウイング:01/12/28 15:51
アマチュアだから名前さえでればどっかの雑誌でも
うれしい(底辺の人間より)

143 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 12:54
>139
Biosci. Biotech. Biochem.(日本農芸化学会の英文死:IF=1ちょっと)

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/01 11:35
自誌の引用と著者グループの引用(自家発電オナニーですな)を除外したら日本の雑誌は全てIP=0になるな
みんな今年はCNS出すように!!

145 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/02 15:52
今度出すヲレの論文は自分の論文をreferencesに10報ほど牽強付会に引用しておいた。
エディターもレフリーも何も文句を言わなかった。
次もこの手で引用度数を増やそう(藁

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 01:11
>>145
それって普通のことじゃないか(藁

147 :>:02/01/03 01:41
そうそう

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 20:06
とにかく業績を増やしたいので、国内の英文雑誌のレビューとか書きたいです。
どういうふうに売り込めばいいですか?

149 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 16:40
>>148 メールで頼む

150 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 16:48
最新の自分の1st論文に「謹呈、 ○×先生」と書いて渡して、ついでに

レビューを書きたいというお願いするメモ書きに、これまでに出した自分の論文リストを書いておけば?

151 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 23:29
たかだかFEBS1報出しただけで、Trends in Cell Biologyのレビューを引き受ける院生もいるし、大きく出ればいいんぢゃない?

152 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 23:46
2002年こそ、自分の記念すべきハイレベルの論文を出す所存です!

153 :1:02/01/18 00:10
調子に乗って投稿 to N
ハイレベル論文のつもりだったのに敢えなく撃墜・・・(Reviewすらしてもらえないウゥ)
BBRCかFEBSかG2Cか 何とか急いで載っけないとまずいなあ

相変わらず低レベルな話ですみません 今年はハイレベル無理っぽいなあ

154 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 00:23
>1
自信作ならせめてSに再投稿しろよ。

155 ::02/01/18 00:38
自分の経験上Nで門前払いな論文をSに送り直しても無駄です(一般的な興味という点で2誌の評価に差はない)。
今回の論文は競争が激しい分野で、専門誌に送ると査読が長いし、
外人に訳わからん文句つけられて終わる可能性大です。 
どこに出しても内容は変わらないのでとにかく速報できる雑誌が良いのです。
(こだわりすぎてどこにも出せなくなった苦い経験がぁ〜・・外人査読者からの「我々の報告と一緒に載せよう」とかいう甘言満載の手紙に乗った旧指導教官が恨めしい(見事に出し抜かれた)。お情けでJB載っけてもらいましたが)

156 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 01:34
>1
本当に自信作か?なら、2,3点の雑誌に出すのはもっと後で。
へたをすると、引用もされずに埋もれるぞ。ほんのちょっと追加
データがあるような論文がトップジャーナルに後出しされるぞ。
先に出されてからでもFEBSあたりに投稿するのは可能。
「論文準備している最中に・・・et al.から我々と同様の結果が
Natureに報告された。」と書けばよし。
自信作で、かつ競合相手のレフェリー・エディターのせいで
落とされたと思うのなら、PNASの日本人メンバーに頼んでみたら?



157 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 10:51
>156 激しく同意
日本人論文にありがちなパターンですな。
せっかくいい研究してても英語の自信がないから比較的楽な雑誌とか
日本の雑誌に出す。それを見た欧米人は自国のもっと高IFの雑誌に出す。
合掌!

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 11:21
>>155
門前払いはしょうがないとして、レフリーに回ったら、レフリーのコメントに誠実に対応すればだいたい通るような気がします。
2,3点でも出せればイイとおもうけど、日本の雑誌にはあまり出したくない、とは個人的な意見。

159 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 11:26
レフリーがライバルだったら反論不可能。
反論の余地すらない。

160 :158:02/01/18 11:30
んんん・・・
そんなに汚い世界なんすかねえ・・・
研究の世界って・・・

161 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 12:57
キタナイもんだよ。
中にはみんな仲のいい分野もあるけれど。
MD率が多いほど陰湿さも上(w

162 :1:02/01/18 15:29
皆さんコメントありがとう 自分は出世ラインから外れてしまった閑職の人なのであまりIP(IF)にこだわる必要はないんです。
とにかく論文出して学会で報告できればいいんです。研究人生の記念にいい雑誌に出してみたいなあと夢見ているのですが、なかなか難しいですね 

ということでお騒がせしました

163 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 17:05
どんな論文でもそれぞれに愛着がありますわな。
ベストセラーにならんでも、作家だったら自分の
著作に愛情を注ぎ込むように、研究者も自分の研究
に思い入れがあります。この気持ちこそ大事では
ないでしょうか?したがって、IP云々よりも、
常に世に向けて自分のアイデアを発信し続ける
ことが研究者のdutyだと思います。

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 13:48
とにかく、自分のアイディアでプロジェクトを立ち上げて論文にしないとダメってことだな

165 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 20:03
最近、論文がでないがエライ先生にたのでん日本語総説とかプロトコル集に書かせてもらうか、、、、

166 :わーい:02/01/21 20:32

今日、受理通知がメールできた。IF1.0だけど、うれしいよ。
同じテーマで7本目です(ファースト6、セカンド1)。



167 :>166:02/01/21 20:36
JPR、BBB、DGDかCSFあたりだろうか?

168 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 21:16
>166
おめでとうございます 一つ論文がでるとほっとして次のテーマに力はいるよね 
継続は重要です 知り合いはIF=1-2の雑誌に同じテーマで毎年報告し続けて18報目で休廷助手になりました

わたしゃ痴呆で腐ってます でも研究は続けます

169 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 23:21
ここはマータリしてて、いいな。

170 :わーい:02/01/22 06:47
ありがとう。BiochemistryでBBBのひとつ上にあるClinica Chimica Actaという
雑誌です。これでここは3回目だよ。1月ちょっとで、返事を
くれるからいいのです。日本人投稿者が3割くらいいるけど、あまりしられて
ないようだね。医学、薬学の人はけっこう出してるよ。

171 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 14:24
ふーん。

172 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 18:45
EJB...壁は厚い。。。悔しい。くぅ

173 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 19:05
EJB落ち、それでABBになりました

174 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 08:00
いいじゃん、JBじゃなくてさ。印刷代もただでしょ。

175 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 09:17
>156 へたをすると、引用もされずに埋もれるぞ

昔はマイナージャーナルに載せると存在すら気付いてもらえなかった
IFを就職活動に使いたい人や全然関係ない分野の人に「ほうNですか 凄いですね」
といってもらいたい人には不満かもしれないけど、今はmedlineで瞬時に論文検索で
きる時代だから関連分野の研究者で興味を持った人はコピー取りよせてでも読むはず。
後の評価は内容次第(無視・盗作する奴はクズだから気にしない)と言うことで、
雑誌のIFは気にしないことにした。
IF=1-2の雑誌にもいい論文は載ってるしCNSにもクズはある。100年たっても内容で胸
を張れる論文を書こうよ!!

176 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 10:01
生物系はIF気にしすぎ。
ノーベル賞取った野依教授の論文や福井教授の該当論文なんて
くそジャーナルもいいとこだよ。
結局内容勝負です。

177 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 10:06
FEBSでノーベル賞狙ってます。絶対とります。
ここなら、競争相手にpaperを止められる心配はないし、
どこよりも早く出せて、読者も多い。

178 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 10:14
インターネットによるE-journalのおかげで
雑誌の権威は今になくなるだろうという記事を読んだことがある。
一日一回自動的にキーワードを検索してくれて
マッチした物を自動的に届けてくれるらしい。
だから出版社も今後ニュースやトピックなど
一般的な記事に力を入れていくらしい。
実際印刷しない雑誌も既に出てきてるしね。
IFも今後アクセスしやすいところがあがるんじゃない?

179 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 10:53
>175,176
いいこといいますね!
元気が出ました。
よし!BBAかBBRCで再出発だ!

180 :わーい:02/01/23 18:05
175,176,178,179
おおせのとおり。コンスタントに自分の研究を深めていくことが大切。
でも、オレの最高IFは3.2だけど、いちど5以上に載ってみたいなあ。
それを励みにするのはいいと思うよ。 

181 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 18:20
>148 :名無しゲノムのクローンさん :02/01/12 20:06
とにかく業績を増やしたいので、国内の英文雑誌のレビューとか書きたいです。
どういうふうに売り込めばいいですか?

さっき享受にうかがってみたところ
「うちの学会誌には原著論文とレビューの投稿規定が書いてあるから、参照してみなさい。
べつに紹介者を通じてエディターに原稿依頼をしてもらう必要はない。
研究論文と同じで、投稿規定に従ってレビューを書いたものをエディターに送って審査してもらうのです。」
だそうです。

182 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 21:41
日本藻類学会誌のPhycological Researchって、Med-Pubはおろか、ISIの提供するWorld of Scineceの検索でもヒットしなんですよ。
1996年から、藻類学雑誌から別れた英文専門誌なんですが、どうやったら電子検索で引くことができるようになるのでしょうか?
私や私の友人がいくつか論文を出しているのですがIFも無いし、別刷り請求も来たためしがありません。
もちろん海外の大学図書館で見たこともないです。

いまどき、電子検索で見つからない論文なんて無いも同然ですよね?

183 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 22:01
>>182

そういうところは概して査読が甘いので、
とりあえずのデータを出しておき、
後発のいい論文でそれを引くようにするのだよ。

184 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/23 23:33
>>183
なるほど、そうするのか。
そうできるようにデータをそろえよう。

185 :>182:02/01/24 00:32
ISIの集計をしてもらいうには、すでにISIの統計サンプルになっている雑誌で顕著に引用されていることが
判明すればISIがそのうちサンプルとして集計に入れる。そうでなくても
出版社や学会が積極的にISIに自薦して、ISIが手数料?をとって集計する場合がある。

学会会長かeditorial chiefに頼め。

186 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 01:07
IF高いのはもちろんいいが、低くても、内容的にも構成的にもしっかりしていて
誰に読まれても恥ずかしくないものだったら、うれしいよ。
IF低いJournalでも、そういうものはあります。
まぁ、そう言う論文をいくつも書いて基盤を作り、その上でオリジナリティーの高い
おもしろい仕事をもっとIFの高いJournalに出すと言うのが理想かな?

187 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 10:59
大学Top30の応募申請規定には業績として所属する教官の
被引用数を記載して申請するらしい。
実際にはこれが調査できるのはISIしかないわけだが、
仮に架空の情報系ベンチャーをでっちあげて、そこが
被引用数を水増しして報告したとする。
もちろん「ISIのデータに当社独自の情報を加味して、
国内雑誌や新聞記事なども反映した独自のインパクト
係数である」と主張して、実際には顧客の有利になる
一種の捏造データを出したとする。

はたして文部科学省はそうしたデータに付いてそれが
虚偽であることを独自に調査するであろうか?
だが事実上海外の調査機関一社のみに丸なげするしかない
ような情報を、日本の行政機関が利用するよう強制するの
は、なんかまずくないだろうか?


188 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/25 14:57
ttp://www.natureasia.com/japan/webspecial/citation/index.php

189 :188:02/01/28 19:09
ナイスタイミングでナイスレスを返したのに、
何故報われなかったのだろう、俺。。。。。

190 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/28 19:36
板違い

191 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/28 23:46
Impact Factorに価値などない。

個々の論文の内容にのみ価値があるのだ。

192 :>191:02/01/29 16:19
1stヲーサー or correspondingヲーサーであることモナー>自分にとっての論文の価値

193 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 20:27
>>187
そうか、その手があったか!


194 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 17:24
IFたかいけど、うれしくない、なんか、、、

195 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 18:21
2ndヲーサーだし、数年前までいたラボで出た仕事だけどIF=10論文が出たのは、嬉しい。

っていうか、よくヲレのことを覚えててくれたな(藁

196 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 21:15
しらんうちに前のらぼでの論文になまえがはいっているのをみつけた。きいたこともないジャーナルだったのであまりうれしくない。

197 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 21:26
どんなにマイナーな雑誌でも、論文が増えるとうれしい。
ただし、ラストオーサーは止めて欲しい。

198 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 21:28
俺の論文の半分はPub-Medにひっかからない、悔しい。

199 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 22:14
198
どんなマイナー雑誌?

200 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 23:54
Cytologiaしか思いつかない、、、このクゾ雑誌はISIにも見放されているしな(藁

201 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 15:21
紀要がすべて

202 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 16:52
「遺伝」に書いた総説1つで学振DC1を獲りました。

203 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 11:35
>>202 ふざけんなよ!

204 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 02:40
IFがそれほど高くなくても、知名度の高いジャーナル
(サーキュレーションがよい)に出したいって思ってる。
オレの分野はマイナーだから、オモロイ結果が出ればPNASかJBC、
普通の結果ならBiochemical J、EJB、フルに出来なきゃFEBS、
それでダメならBBRC、専門誌(IF=2.0〜2.5)かBBAっていう程度だけど、
今のところは、この範囲におさまってる。
でも、死ぬ前に一度は、それなりの勝算を持ってCNSに挑戦したい(笑)。

ところで、日本の英語ジャーナルに出してないと、
ポジション取りに響いたりすることってあるの?

205 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 13:50
>ところで、日本の英語ジャーナルに出してないと、
ポジション取りに響いたりすることってあるの?

日本の学会奨励賞とか貰う機会を逃します。

206 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 06:04
>>205
レスありがとう。
それってreviewとかじゃダメですかね?
original paperを出すには、やはり抵抗が・・・
もっとも、奨励賞の候補になってから考えた方がいいか(笑)

207 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 07:02
コンスタントに出さんといけないでしょうね。少なくとも4-5報。
小さな賞を目的に研究するのは嫌だから、オレはできるだけ出さないけどね。

208 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 11:27
そーなのか。俺が院生の時に4つめの論文が突然教授(当時42歳)の独断
で国内の英文誌に投稿されてしまった。IFは1くらいで、実はそれまで存在さえ
知らなかったのだが、当然通し。

その後の3ヶ月間に他の院生、助手の論文も立続けにそこに投稿された。
その雑誌に投稿されたのは、何故かその年だけ。賞を狙ってたのか....

209 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 11:38
>>208
>>208
よく聞く話ですな。
で、そのセンセイはめでたく受賞されたのですか?
ちなみに、オレの元ボスは国内の英文誌を
一度も書かずに奨励賞、学会賞ともに受賞してる
(かといって、CNSがあるわけでもない)。
学会の性質にもよるんでしょうね。


210 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 13:50
>155 :1 :02/01/18 00:38
>自分の経験上Nで門前払いな論文をSに送り直しても無駄です
>(一般的な興味という点で2誌>の評価に差はない)。

自分がfirstではないけど共著の論文でNatureに門前払いで
Scienceにacceptされたことがあります。
Natureは有名labからの投稿じゃないとあっさり門前払いされるけど
Scienceはまだchanceがあるような気がします。現にその論文が
Scienceに出た日の前日に出たNatureには自分達のと同じ内容の
big labからの論文が出ていてびっくりしました。

でも知り合いでScienceに蹴られてNatureに出た人もいますから
結局reviewerとeditor次第ということでしょうか・・・

211 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 12:38
age?

212 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 13:18
Scienceに蹴られてNatureにだしなおすというのはよほどの自身やね

213 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 13:50
IPの高いサーバを踏み台にして、そこから電子投稿するべし

214 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 14:35
>212
有名どころではわかのクローンマウス
がそうだよん。

215 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 15:53
>>210
Science こそ有名ラボ優先という感じがしてたけどね。


216 :IFの調べ方がわからん:02/02/10 17:14
>>121
Genes and Genetic Systems
The Journal of Heredity
The Journal of Zoology
Biochemical Genetics
Heredity
参考までにGenetics

217 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 17:37
1999でよろしければ
上から1.206, 1.577, 0.958, 0.797, 1.875, 3.386でございます。

218 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 04:34
で、結局「低いIF」っていくつなのよ


219 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 05:49
ひとけた。

220 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 10:03
んで、いっぺんはCNSに出してみたいね。
みんなはどんな論文CNSに出すのかネエ・・・
ま、愛着はある研究だろうが、実際レベルはひどいもんかも知れんし。

221 :常識的には:02/02/12 12:14
0-2.0 低いIF
2.1-5 中レベルのIF
5.1-10 高いレベルのIF
10.1以上 異常に高いIF

222 :へたれ30代独身研究者:02/02/12 16:08
ヲレの業績は、低(3)、中(7)、高(3)、まんべんなくIFがある。そのうちCNSでも狙ってみよう。

223 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 16:33
221>
おれは異常に高いIFの論文をこの3年続けてだしているのか、、、

224 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 16:36
俺なんか5年で異常に高いののみ7報だぜ まいったなこりゃ
そろそろ2ちゃんとはおさらばだな

225 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 16:38
この板の趣旨にあわない書き込みが多い気がする

226 :名無しゲノムのクローンさん :02/02/25 09:24
では何をもって良しとするのか

227 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 20:42
>216
GGSのIF(2000)は1.07だった。それより、植物学雑誌(JPR)が1.3だったので
驚いた。ここしばらく、レビューをよく載せていたからその結果なんだろうけど。
出版社も変わったみたいだし、本当に偶数月刊行をするのか。


228 :?S??:02/02/28 04:07
First AuthorのPaper、JornalのIFたして全部で100超えたんですけど、どっかの有給のポストってもらえますかね?ちなみに20代なんですけど。

229 :GOGO:02/02/28 08:35
論文出るのはいいことですよね。

230 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 11:40
なんか電波専用スレになったな・・。

231 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 14:45
>228
ホントだったら、心配せんでも引く手あまたぜよ。

232 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 15:09
>228
はいはい

233 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 23:44
IP

234 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 09:02
結局このスレの示したところは、IFはドキュンを追い込んで
デムパ化させるということか?
ある意味、そういう厨房研究者を淘汰するには
役に立っているとも言えるかもしれない。

235 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/16 01:10
>>95
うち大きな科研費あたってんだけど、教授「お上からIF高いところ出せってプレッシャー
かけられたよ」って言ってました。大きなプロジェクトではなんか知らんが圧力あるみたいね。

236 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 07:44
Journal の綴りも知らないような奴が
ほんとに IF 100 超えてたら鬱だ…

237 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 08:25
>228

そんなやつはたとえここに来てもカキコしない。
個人特定簡単すぎるから。

238 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 08:44
20代で1stのIF100超えた日本人のキボーン。
Natureなら4報。Cellなら3報出しているということになる。

239 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 19:02
J. Bacteriol.なら30報か…鬱だなあ

240 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 20:33
Zool. Sci.なら‥‥考えたくない

241 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/20 00:27
IQ低い子供でもうれしい?と似た質問だな。

― 自ら産んだからこそ、また産む苦しみがあればあるほど、うれしいに決まっている。

242 :はっはっは:02/03/20 11:17
JBCに秒殺され(泣)、EJBにも蹴られた(号泣)
デビュー作が、何とかJBに通った。
博士課程修了まであと1年。
次のは絶対にEJBクラスには通すぞ!



243 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/20 13:51
デビュー作はとりあえず背伸びしてみるってのは賛成だけど
自分の仕事を客観的に評価できるようになることも大事かと。
2ランク落ちるのはそれができていない証拠と思われ。


244 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/20 15:10
>>243
>自分の仕事を客観的に評価できるようになることも大事かと

その通りだけど、本人よりも指導教官がきちんとするべきだと思う。


>2ランク落ちるのはそれができていない証拠と思われ

現実的には、2ランク以上の差にがあるでしょう。

245 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 12:54
>244
マスターならともかくドクターなら投稿先くらい自分で決めなきゃ。
指導教官にまかせてたら後々後悔することになる。

246 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 03:16
あまりIFというような偏差値に振り回されないほうがいいです。
研究者の客観的評価には、なにか数値化する必要性があって
出てきたものですが、BBRCでも数百回も引用される論文があれば、
Natureでも数回しか引用されないものまでアル。それと、
Cell, Nature, Scienceは白人の雑誌だもんね。
研究者は、自分の仕事をまとめて、どこかの雑誌に投稿する。
自分の興味あることが世界の人に理解してもらえれば、
さらには、それに対して発展的に展開すれば、
それで十分面白くないですか?
雑誌にまとめるという姿勢が一番です。
日本人なら、J.Biochemを一流雑誌にしてやろう
という意気込みがほしいですね。
Ca++のE橋さんは、Natureクラスの話を
すべてJ.Biochemに乗せていたという話は有名です。
若者は、トレンドに流されるのではなく、
トレンドを作ってください。

247 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 08:01
↑こんなことみんな理解した上でIF議論してるんじゃないの?

248 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:09
247の突っ込みに笑った

249 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:16
>>246
教授になっちゃえばそれでいいと思う。かっこいい。
でも若者には目先の就職という壁があるから・・・
そもそも大学側や官庁の評価機関が、画一的にIFが客観的
な指標になると思っていることがどうかしているんだが。

海外でそんなアホな人事評価でやってるところなんてないだろ。

250 :249:02/03/22 09:18
だけれども最低でもMEDLINEに載る雑誌じゃないと、
誰にも知られずに終わりだけどね。それじゃいけない。

251 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:26
IFは「みんながどのぐらい関心をもってる雑誌か」のめやすだけど
その道の玄人ばかりが集まるオタク雑誌は
IF低いが貴重な存在。オタクだとレヴェルも高いし。

252 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:32
>その道の玄人ばかりが集まるオタク雑誌は
>IF低いが貴重な存在。オタクだとレヴェルも高いし。

そうだね。これぞ専門家、つう研究者が集まるジャーナルほど
マイナーで理解困難でIF低い。

IF重視でこういう研究雑誌を迫害してどうするんだろうね。
それじゃ大学の意味がないじゃん。


253 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:41
>そもそも大学側や官庁の評価機関が、画一的にIFが客観的
>な指標になると思っていることがどうかしているんだが。
大学や官庁の方がまだ2ちゃんねらーよりましだと思うが・・・。



254 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 09:44
>>253
ううん、役人はもっとドキュソ。

255 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 10:32
マイナー雑誌に投稿して一流誌に押し上げようなんてのは
引退間際の大御所に任せておいて,若いうちは極力名の
知れたメジャー雑誌に投稿して自分を鍛えたほうがいい,
ってなんかで読んだけど.

256 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 10:51
自分の研究を本当にqualifyしてくれるのは、オタク研究者だったりする。
査読の確実性から言えば、専門的な雑誌に投稿すべき。


257 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 10:58
>255
それはいまどきの若者にとっては耳にやさしく受け入れやすい
アドバイスだろうけど同時に自分の未来を自分で狭める行為
だと思うわけです。
5年後ないし10年後にJ.BiochemのIFが10以上に上がって
いたときに一番得をするのは誰かよく考えてみましょう。
「そんなことは不可能」と皆が思っているうちはそれは達成
しません。

258 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 11:33
>>257

>5年後ないし10年後にJ.BiochemのIFが10以上に上がって
>いたときに一番得をするのは誰かよく考えてみましょう。

JBについてのそのような可能性の根拠は?
どんなジャーナルにも言えることではないかな?
IFにこだわらないという姿勢であれば、
逆にJBにあえて出す必要もないと思う。
たとえば、上でも議論されていたけど、
JBCに蹴られたらEJBかBJ、またはBiochemistryに出すと
いう姿勢に特に問題はないと思うけど。

JBには、ごくマレに面白い論文や意義のある論文があるけど、
総合的にはJBCはおろか、EJBやBJにはまず掲載されないような
2番煎じ、アヤフヤな結果、あるいは実験やって結果が出ました、
という論文で溢れているのも事実なので、
今の評価は仕方ないと思うし、将来評価が高まる可能性も、
評価を高める必要性もないと思う。

要するに、自分の満足の行くジャーナルに投稿するのが一番だな。


259 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 12:19
>>258
いや仰ることは非常によく分かるし、JBC-EJB/BJ/Biochem
の系列もまさしくその通りですけど。
この業界にいると、好むと好まざるにかかわらず
生化学か分子生物の年会費を払い続けるわけだし、そのうち
地区委員とかの雑用もまわってくるので、「まったく無関係」では
いられない(逆にいい年して国内学会の委員やオーガナイザの一つ
も声がかからないようじゃアカポスなんて夢のまた夢)。
(1)だから雑誌編集方針は当然きびしくする
(2)もちろん2番煎じの結果なんかはmajor reviseさせる
(3)あやふやな論文は掲載しない
といった雑誌の質そのものを向上させる努力を、組織的に系統的に
行うべきだと思うわけです。
それが日本のバイオ系科学者全員の(とくに若手の人の)将来の利益に
結び付くんではないでしょうか。

>自分の満足のいくジャーナルに投稿するのが一番だな。

そういう近視眼的な結論で本当にいいのですか?という問題提起なの
ですが。自分自身のためにもならないと思います。今、日本の基礎
科学は急速に改悪の方向に向かっていると思うのです。
学会も学会誌も会員が育てるものではないのですか?
自分が育てるという姿勢をまったく欠落していて、既に既成の権威や
判断基準にのっかるだけというのも、なんかなあ、ってちょっと思っ
たです。結局それではいつまでたっても海外の二番煎じ。



260 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 13:36
>>259
禿しく同意します。頑張りましょう。

261 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 13:44
>査読の確実性

これはある。漏れいわゆる一般トップジャーナルに続けて落とされたが、
ここらのレビューなんて本当にひどいモノだった。
内容を理解してないのが見え見えだった。

その後に投稿した専門分野誌(この分野のトップジャーナル)の
レビューは涙が出るほど厳しく素晴らしい物だった。
勉強になるとはこのことかと感動した。で、reviseして通った。

262 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 13:58
ちと話の流れから外れるのでスマソ

某先生が良く言っていたことでなるほどと思ったことがあるんだが、
どのジャーナルに載ったかが問題ではなくて、それはきっかけに過ぎず、
後々その論文がどう評価されて行くかの方が重要だと。
ついでに言えばその先生は、「だから私はレビューはほとんどフリーパスです」
なんてとんでもないことをのたまっておられたが・・・(んなこと誰も信用しませんって)

個々の論文引用回数という尺度もあるが、実際内容を見れば、
配列を決めましたとか、FISHで染色体上の位置を決めましたとか、
引用せざるを得ない(くだらん)論文が引用回数が多いんだよね。
新しい概念を提示したとか、新しい現象を見つけたとか、
そういう種類の仕事は、ごく一部(流行物)を除いてほとんど引用が伸びていない。

やはり論文の評価を掲載後に行う試みの方が重要じゃないだろうか。
そういう業者によるサービスも一部で始まっているようだし。

263 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 14:00
>>262

掲載後の再評価でFEBSがnatureを蹴落としたりすることは結構ありそうだ。

264 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 20:21
意見

引用が多ければ、すばらしい論文ですか?
たとえばNatureやScienceに載る論文で、いかにも一発的で将来あまり引用
されないだろうなあ、という論文もある。そんなことはNatureやScienceの
editorなら百も承知のはずでしょう。彼等が面白いとおもったからacceptす
るんでしょう。
私は論文が、面白いものであれば、たとえ後から間違いだときづかれてもいい
と思うが。
引用、引用という人ほど実はIFを物凄く気にしていて、妬みではないでしょうか。
すごく引用される論文は、今はだいたいtop journalにのる(方法論などは別として)。
そうでないことがあったのは昔のことではないでしょうか?

265 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 20:28
IPってなに?

266 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 20:42
10年間で10回引用されたNature論文と
10年間で200回引用されたJBC論文。
どちらが重要か。

267 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 20:43
おもしろいことにNatureやScienceのeditorは、いわゆる
top scientistではなく、学会誌編集業の専門家なんだよね。
だから彼らが「おもしろい」と感じるのと、科学者が「おもしろい」
と感じるのはずれてとうぜん。当然紙面のバランスや特集も考えて
編集する。
だがそれ以上に、NatureやScienceを読んでいる一般の人や
文系の人が多いと言うことも大切。日本人は科学に対して無関心すぎて
はっきりいって知性としては後進国になりつつある。

268 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 20:49
266>>
うーん。むずかしいなあ。
そりゃ、両方重要でしょ。
たしかに264のいうようにNature Scienceのなかには引用なくてもおもしろい論文ってあるからなあ。
まあ10回引用と200回引用の同じJBCだったら明白なんだろうけど。

269 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 22:11
>>259
日本のジャーナルのレベルを上げることと、
日本の基礎科学のレベルを高めることには、
そんなに相関関係はないんじゃないか?

引用回数についてウンヌンされているけど、
流行の分野は引用回数が高くなり、そうでない場合は
引用回数は低くなるわけだから、単純には
決められまい。

270 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 22:49
逆説的かも知れないけれど、国内の研究者が欧米しか向いていない
という状況は、おせじにも日本の基礎科学のレベルが高いとは
いえないということなのではないだろうか?

学会を育て、学会誌を育て、それにかかわる人を育て、reviewer
と編集者や科学記者を育て、評価システムを育て、予算制度を育てる。
こういう全体的な取り組みが必要なんではないだろうか?
そうしなければ、基礎科学を大切にしようという風潮も生まれず、
科学の芽が根付かない。
ご存知のように、PD時代に海外で華々しい成果をあげた人が
日本でポスト取得後、ことごとくアメリカの二番煎じに甘んじるように
なってしまっている。思うのだが、「技術は移転(輸入)可能だが、科学は
輸入できない」のではなかろうか?少なくとも一流を目指すのであれば?

271 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 22:58
>>270
よくいってくれた!たしかにそのとおりだと思う。
とくにPhDで切羽詰まった方に多いのだが、「いいラボ」を求めて留学先を
きめたりする。「あのラボ」にいけばCNSかけるかもしんない、と留学する。
これ自体、他人に依存しているんだよな。そして多くは失敗する。
幸運にもNatureかこうがcellかこうが、頼っていることは変わらない。
やはり日本発信の研究をtop journalにのせていきたいもんだ。

272 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 13:23
>>270>>271

まあ、>>258の言うように、自分の好きなジャーナルに
出せばいいというのが真理だろう。
逆を言えば、>>270>>271のように考えるのも否定される
ことでもない。
>>270>>271は日本の英文雑誌のみに
投稿しておけばいいんだけのこと。
日本独自の超一流の研究を
日本のジャーナルに載る日を楽しみにしてる。

そうすれば、流れも変わるかもね。
まずは、自分で示すことが重要だと思う。

273 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 14:36
>>272

まあ、>>258の言うように、自分の好きなジャーナルに出せばいいというのが真理だろう。

「妥協した現実」と「真理」をごっちゃにして平然としていられる人間にたいしたサイエンスができるわけもない。
海外にも低いIFの論文はたくさんあるから、結局そういうところに論文を出すだけの研究者に成り下
がらないように、精進したまえ(w

274 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 01:56
だが受身だろうがなんだろうがIFの高いジャーナルに載せたほうが勝ちなのは事実だろう?

275 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 02:03
>10年間で10回引用されたNature論文と
10年間で200回引用されたJBC論文。
どちらが重要か。

教科書をかき替えたnatureなら引用が教科書ばかりで、
ものすごく少なくても、それは明らかにJBC よりも上。

276 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 04:17
>275
そういう「例外」みたいなものを挙げ続けると、きりがないと思う
が。そんなことを言いはじめたら引用回数が少ないJBでも
教科書書き換えた論文の方が上だということになるだろうし・・・。
結局みんなnatureが好きなんだな(藁



277 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 05:10
JBにはのらんだろ。教科書レベルは。間違っても。

278 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 06:34
江橋

279 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 07:29
江橋the cellとかにでてたっけ?
丸山工作の教科書だけでは?

280 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 09:02
>279 ちょっとずれるけど、
蛋白質核酸酵素か実験医学の●十年記念だったと思うけど
回想録で「欧米の連中にpriority をうやむやにされた」って
あったぞ。たぶんJB (Tokyo) の初期の仕事が引用されずに
黙殺されたと思われ。詳しい人解説キボン。
でもサイエンスかネイチャーで江橋論文読んだことあるけどな。
トロポミオシンかなにか(忘れた)。たぶんビッグネタはNSに、
その他はJB (Tokyo) だったんじゃないの?

281 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 00:10
えはしあげ








60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)