5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「文藝春秋」で利根川進インタビューは?

1 :GO:01/11/26 20:05
ここの板では不適当かもしれませんが、ご存知の方がいましたら教えてください。
1987年度ノーベル生理・医学賞の利根川教授の受賞インタビューは、月刊誌「文藝春秋」で
掲載されているでしょうか?

2 :GO:01/11/26 20:07
追加です。ご存知の方いましたら、何年度の何月号掲載か教えてください。
お願いします。

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/26 21:08
文藝春秋で掲載されていたことは間違いありません。
学生時代に、利根川氏のインタビューを読んだ記憶があります。
同じ号に、確か、氏の奥さんも寄稿されていました。
あいまいな記憶で申し訳無いのですが、受賞直後の11月号では
なかったかと思います。その号の前後も含めて探せば、間違い
ありません。

4 :3です:01/11/26 22:07
文藝春秋の発売日をしっかり覚えていないのですが、
11月号と、12月号を両方チェックすれば間違いないでしょう。
発売日に間に合えば11月号、間に合わなければ12月号掲載と
いうパターンです。
10月号ではないと思います。まだ発表されていない時期ですから。

ところで、ご質問のGOさんとは、名古屋のGOさんなのでしょうか?
利根川先生と言えば抗体の多様性、多様性と言えば...
そう思わなければ、私は多分、書き込まなかったのです。
間違いでしたら、お詫び致します。

5 :GO:01/11/26 22:47
>>3
ありがとうございます。そのあたりの号を調べてみます。
あと、私は「名古屋のGOさん」ではありません。
ちょっと頭の回転が遅いので「多様性といえば・・・」の続きが出てこないのですが・・・。
(何でしょうか?)

6 :3です:01/11/27 10:40
「多様性といえば・・・」云々は忘れてしまって下さい。
ついでですが、同号の「三人の卓子」というコーナーには、
利根川氏のバーゼル時代の共同研究者であった穂積氏の夫人も
寄稿されています。併せてお読みになると、より楽しめるかと
思います。

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 11:32
多様性といえば・・・

ドメインだよね。

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 11:35
>>6
寄稿のアブストきぼーん

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 13:27
ぼよ〜ん((( \(^O^)/ )))ぼよ〜ん


10 :名無しゲノムのクローンさん:01/11/27 14:12
もじゅるー

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/23 17:25
「精神と物質」でしょうか?
文藝春秋88年8月から90年1月までに断続的に掲載されていた
立花隆氏の利根川博士への受賞後のインタビューをまとめた本です。
(文春社刊)

立花さんはさすがに勉強家で、かなり専門的なことも利根川氏に
問うておりますが、当時の最先端でもあり、いま現在でもバイオ関係に
疎い方にとっては難しい内容かと思います。

90年に「精神と物質」という名で文春社から単行本として発刊されましたが
当時結構売れ筋の本だったので、お望みのものとは違うかもしれません。

悪意やからかいはありませんので、
お望みと異なる場合はご容赦ください。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 17:55
「精神と物質」なら文庫本でもでてるので安く小さく買えるよ。

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 20:00
>>6
利根川氏のバーゼル時代の共同研究者であった穂積氏の夫人も
寄稿されています。

昔、ノーベル賞スレpart 1で、labで穂積夫人と利根川の最初の婦人が
つかみ合いの喧嘩になり、旦那は空港から逃亡するところを利根川と
とっくみあいになり、尾張ー会津(白虎隊の生き残り)の代理戦争が
起きたリアルな模様を読んだことがあるのですが、そんなことが書いて
あったのですか?

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 22:12
>>13
あの喧嘩はネタ。穂積夫人と京子さんは仲が良かった。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 08:48
age

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)