5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙人はほんとにいるんですか?

1 ::01/12/04 23:39
宇宙にはそれこそ星の数ほどの天体があって、その中で地球のような
生物が適応できる環境の星はいくつもあるそうです。
では宇宙人はいるのでしょうか?

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/05 01:04
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/05 01:05
(-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩)

4 :ev:01/12/05 01:12
>>1
宇宙人はいます。100%います。
>>2>>3は電波ですから、気にしないでください。

5 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/05 01:20
>>1過去スレを検索してからたてましょう。
真面目なスレがないからここでやろうというなら、
その心意気はかうけど。
それにしてはどっから手をつけてよいやら。

ここの住人はこの手のネタは嫌いではないと思うけど、
まともな議論になったためしが無いような...。

6 :帰ってきた1:01/12/05 01:24
おれが立てたスレッドに文句があるのか、チンカスどもめ!!

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/05 01:27
1の沈下すです。以下略。

8 ::01/12/10 18:09
 

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/10 22:28
異星人はどうか知らんが宇宙人はいるじゃん。

10 ::01/12/10 22:44
 

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/10 23:30
人間=宇宙人。

----------------------終了----------------------

12 :かずひろ:01/12/11 00:11
宇宙人がいるという決定的な証拠を作るにはその宇宙人をつれてくる事だよね。
宇宙人がいないという証拠はいないからつれてくる事ができないのか、ただ単につれてくる事ができないのか区別する事ができないよね。
しかももしつれてきてもそれがほんとに宇宙人かどうかなんて検証不可能なんじゃない?結論:考えるな

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/11 16:41
山で宇宙人に拉致された人が居ます。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/out/1005280580/

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 21:23
┏━━━┓    ┏┓      ┏━━━━━━━━┓
┃┏┓┏┛┏━┛┗━┓  ┃┏━━━━━━┓┃    ┏┓
┃┗┛┗┓┗━┓┏━┛  ┃┃            ┃┃┏━┛┗━━┓┏━┓
┃┏┓┏┛  ┏┛┗┓    ┃┗━━━━━━┛┃┗━┓┏━━┛┗┓┗┓
┃┗┛┗┓  ┃┏┓┃    ┃┏━━━━━━┓┃  ┏┛┃    ┏┓┗━┛
┃┏┓┏┛  ┃┃┃┗┓  ┃┃            ┃┃  ┃┏┛    ┃┃
┃┗┛┗━┓┃┃┗┓┃  ┃┗━━━━━━┛┃  ┃┃      ┃┃
┗━━━┓┃┃┗┓┃┃  ┃┏━━━━━━┓┃  ┃┃┏━━┛┗━┓
┏┓┏┓┃┃┃┏┛┃┃  ┃┃            ┃┃┏┛┃┃┏━┓┏┓┃
┃┃┃┃┃┃┃┃  ┃┗┓┃┗━━━━━━┛┃┃┏┛┃┗━┛┃┗┛
┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┛┗━━━━━━━━┛┗┛  ┗━━━┛

  ┏┓    ┏━━━━━┓ ┏┓        ┏┓
┏┛┗━┓┗━━━━┓┃ ┃┃  ┏━━┛┗━┓
┗┓┏┓┃┏━┓┏━┛┃ ┃┃  ┗━━┓┏━┛
  ┃┃┃┃┗┓┃┃┏━┛ ┃┃        ┃┃
  ┃┃┃┃  ┃┗┛┗┓   ┃┃        ┃┃
  ┃┗┛┗┓┗┓┏┓┃   ┃┃  ┏━━┛┗━┓
  ┗━┓┏┛  ┃┃┃┃   ┃┃  ┃┏━┓┏┓┃
  ┏━┛┃┏━┛┃┃┗┓ ┃┗┓┃┗━┛┃┃┗┓
  ┗━━┛┗━━┛┗━┛ ┗━┛┗━━━┛┗━┛

    ┏┓┏━━━━━━┓      ┏┓
  ┏┛┃┗━━━━┓┏┛┏━━┛┗━━━━━┓
  ┃┏┛          ┃┃  ┗━━┓┏━━━━━┛
┏┛┃┏━━━━┓┃┃    ┏━┛┗━━┓
┗┓┃┃┏━━┓┃┃┃    ┗━━━━┓┃┏┓
  ┃┃┃┃    ┃┃┃┃    ┏━━━━┛┗┛┃
  ┃┃┃┗━━┛┃┃┃    ┃┏━━━┓┏━┛
  ┃┃┗━━━━┛┃┃    ┃┃      ┗┛
  ┃┃          ┏┛┃    ┃┗━━━━━━━┓
  ┗┛          ┗━┛    ┗━━━━━━━━┛
          ┏┓
    ┏┓  ┃┗━┓                                      ┏┓
    ┃┃  ┗━━┛            ┏━━━━━━━━━┓    ┃┃
┏━┛┗━━━━━━┓        ┗━━━━┓  ┏━━┛┏━┛┗━━┓
┗━┓┏━━━━━┓┃                ┏┛┏┛      ┗━┓┏━━┛
    ┃┗┓        ┃┃              ┏┛┏┛        ┏━┛┗━━┓
    ┗┓┃    ┏━┛┃              ┃┏┛          ┗━┓┏━━┛  ┏┓
      ┃┗┓  ┗━━┛┏━━━━┓  ┃┃                ┃┃        ┃┃
      ┗┓┃          ┗━━━┓┃  ┃┗┓              ┃┃        ┃┃
        ┃┗┓                ┃┃  ┗┓┗┓            ┃┗┓    ┏┛┃
        ┗┓┗┓          ┏━┛┃    ┗┓┗━━━┓    ┗┓┗━━┛┏┛
          ┗━┛          ┗━━┛      ┗━━━━┛      ┗━━━━┛

┏━━━┓    ┏┓      ┏━━━━━━━━┓    ┏┓    ┏┓
┃┏┓┏┛┏━┛┗━┓  ┃┏━━━━━━┓┃    ┃┃    ┃┃
┃┗┛┗┓┗━┓┏━┛  ┃┃            ┃┃    ┃┃    ┃┃
┃┏┓┏┛  ┏┛┗┓    ┃┗━━━━━━┛┃    ┃┃    ┃┃
┃┗┛┗┓  ┃┏┓┃    ┃┏━━━━━━┓┃    ┃┃    ┃┃
┃┏┓┏┛  ┃┃┃┗┓  ┃┃            ┃┃    ┃┃    ┃┃
┃┗┛┗━┓┃┃┗┓┃  ┃┗━━━━━━┛┃    ┃┃    ┃┃
┗━━━┓┃┃┗┓┃┃  ┃┏━━━━━━┓┃    ┗┛    ┗┛
┏┓┏┓┃┃┃┏┛┃┃  ┃┃            ┃┃   ┏━┓  ┏━┓
┃┃┃┃┃┃┃┃  ┃┗┓┃┗━━━━━━┛┃   ┃  ┃  ┃  ┃
┗┛┗┛┗┛┗┛  ┗━┛┗━━━━━━━━┛   ┗━┛  ┗━┛

15 : :02/01/16 21:33
>>1
何だ?この質問の仕方は?(WW
いますか?って。ここで、いるって誰かが答えて欲しいのかよ?
万人が納得する証拠でも見つけなければ、
居るとも居ないとも誰も言えねーよ。
板違いだ。オカルト板なら
お前を暖かく迎えてくれる。

俺の意見としては「居るかもな」だ。

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 02:17
いないほうがおかしいに、かける。
進化論から考えてもさ、条件さえあえば
どっかの★で、生命の発生はあると考えたいのさ

17 :ev:02/01/17 11:26
このスレッドの私evの発言を読めば、
地球の生命は、宇宙人が創ったことがわかるよ。

http://cheese.2ch.net/life/kako/1008/10081/1008130471.html

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 11:51
宇宙人は居ると思いますが、ev の考え方は正しくないです。

以上。

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 12:00
私は宇宙人です アメリカ政府は宇宙人と交渉しています

20 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 12:14
 私はアメリカ政府高官です。宇宙人がいる事を隠すために全米の
各研究所で、あたかも生物が進化したかのようなデータが出るよう
に、CIA のメンバーに工作させています。これに要する予算は、NASA
の予算の10倍です。

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 13:55
私は日本の生物学者です。宇宙人がいる事を隠すために、
大学では、あたかも生物が進化したかのような説を、教えています。
そうしないと、給料もらえないんです。

22 :ev:02/01/17 14:38
神々の指紋 

GRAHAM HANCOCK 著(単行本・翔泳社 文庫本・小学館)
イギリス人の宇宙考古学者

今から1万2千年以上前、地球に高度な文明が存在した。
古代文明の謎を解き明かす驚愕の新事実の数々。
12カ国で出版され、空前の反響を巻き起こした全世界が注目するノンフィクション。
エジプトのスフィンクス、南米アンデスの奇妙な神殿ティアワナコ、
メキシコの太陽と月のピラミッドなど、世界各地の古代遺跡を調査したハンコックは、
地球の最後の氷河期に繁栄した高度な文明の痕跡を発見する。
人々はすでに高度な知識、洗練されたテクノロジー、宇宙に対する科学的認識を持っていた…。
本書の中で語られる驚くべき発見の数々は、知的革命とも呼べるものだ。
これらの発見と大胆な地球規模の推論は、我々の過去、
つまり人類の古代史に対する認識を、劇的に変えるものである。
「本書は90年代の最も傑出した知的業績といえよう」―コリン・ウィルソン
(Original Title:Fingerprints Of The Gods [ A. M. HEATH & CO. , LTD. ])

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 15:22
私はカエルです 私は宇宙人エロヒモにあいました 全ての生物はエロヒモが創ったのです ピローン人間にイエス=キリスト

カエリアンムーブメントではピローン人間の誕生に必要な代理母を募集中です

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 15:36
私は、ダーウィン家の子孫です。
ひいおじいちゃんの電波で、人間の祖先が猿という事になってしまい、申し訳ないです。
おじいちゃん、かなりボケてたんです。人間の祖先が猿だなんて、ホホホ。


25 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 15:40
ほんとに興味があるならSETIを継続すべき。5年ではどうしようもない。
1億年継続してやっと意味のあることが言える。
地球でも中生代に電波を送られてきたのではどうしようもないだろう。

26 :ev:02/01/17 16:05
>>25
アメリカ政府は、宇宙人の存在を、十分知っているのだから、
SETIは、おとり(DECOY)だ。


27 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 16:08
>>26
はいはい、デムパは逝った逝った

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 16:15
>>27 = デムパ

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 18:33
私は、ラマルク家の子孫です。
高いところにあるものを、取ろうと努力すると、背が伸びるの知ってましたか?
Hなこと考えると、ますますHになるの知ってましたか?


30 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 19:00
私はコンピュータエージェントです。
現在、知覚できるあらゆる情報はコンピュータで生成されています。
ですから、宇宙人もコンピュータによって演算されているだけのプログラムなのです。
知ってましたか?



31 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 19:04
俺の彼女が宇宙人ですけどなにか?

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 21:55
私は、宇宙人です。アポロが飛んできたとき、
写真に撮られてしまい、上司に怒られました。
火星に飛んできたマーズ・オブザーバーとフォボスは、
すべて打ち落としてやりました。


33 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 21:59
私はどちらかというと宇宙人ですが
なんか文句ある?

34 :ev:02/01/17 22:16
私も宇宙人だが、なんか文句ある?
地球の生命は、すべて宇宙人によって創られたこと、知ってましたか?

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 00:16
宇宙人(地球から見た)はどれくらい地球に来ているのでしょうか?
知っている人教えてください。私はまだ、2人しか会ったことないです。

36 :ev:02/01/18 00:58
>>35
宇宙人が、直接地球に着陸する事は、少ないです。
宇宙人は、上空の宇宙船から、地球を監視しています。

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 01:00
着陸する事は、少ないんですか。
監視してるんですか。

38 :ev:02/01/18 01:07
はい。直接、地球の歴史に干渉できない、規則があるらしいです。

ただ、地球は、宇宙人の生命実験場なので、監視しているのです。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 01:09
ははあ。規則があるんですね。

40 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 11:10
タイムパトロールと同じだね (w


41 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 12:31
>>ev オモシロイナコイツ

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 12:56
ev の言う宇宙人の定義って何?


43 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 13:00
 私はミラーです。稲妻で有機物を合成する実験をした後、宇宙人がいる事
を隠すために稲妻実験器から生物が現れるというデータを捏造させられそうに
なりました。稲妻実験器にクモを仕掛けておいたのですが、なんとそのクモは
高電圧のため死んでしまったのです。このままでは無生物から生物が現れた事
を否定する人たちに宇宙人の存在を感づかれそうで困っています。でも本当は
無生物から生物が発生したんです。私の能力ではそれが証明できなかっただけ
なんです。今でも毎日、銃を持った CIA の人たちがきます。だれか助けてく
ださい。

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 13:12
私はレーウェンフックの子孫です。彼が作成した顕微鏡で観察したところ、腐肉からハエが自然発生して
いることが観察されました。宇宙人がこの情報を隠蔽しようと、パスツールを登場させ、鶴首フラ
スコの実験を企て、自然発生しないと民衆をかどわかしたのです。

生物は自然発生するのです。ただ、現在の科学技術ではそれが説明できないだけなのです。
宇宙人にすべてを消されるまえに、だれか、自然発生の現場を抑えてください。


45 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 14:56
私は宇宙人です。私たちが、地球の生命をすべて創造したとき、
4つの塩基、64のコドン、20のアミノ酸で、統一させたこと、知ってましたか?

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 15:03
>>45
そのさい、コドンの翻訳対応表を正確に作ってなかったので、異なる翻訳を
してしまうものができてしまったんですよね。

今度の試験に赤点を取らないようにね。


47 :宇宙人:02/01/18 22:07
みんな!今まで仲良くしてくれてありがとう。
でも僕は、みんなに大事なことを告げなければいけないんだ。
今まで隠していたけど、実は僕、宇宙人なんだ。
地球のみんなと今まで一緒に勉強できて、一緒に遊べて、とても楽しかった。
でも僕は、明日地球を出なければならないんだ。
みんな!僕と友達になってくれてありがとう!そして、さようなら!(涙)

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 22:15
私は宇宙人です。
スフィンクスが、真東を向いている意味、知ってましたか?
春分の日に真東から、太陽と獅子座が同時に登るのが、
紀元前1万500年と、知ってましたか?
そのときに、私たちが、ピラミッド建てたの知ってましたか?

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 22:48
私は宇宙人です。
ニューヨーク貿易センタービルの事件、本当は我々がやったんです。

50 :宇宙人:02/01/18 22:53
>>49 = テロリスト  
宇宙人のせいにするな!CIAのスパイめ!

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/18 23:26
>>1
宇宙人がいるとかどうとか聞くんじゃなくて、
地球以外の宇宙に生命は存在しますかとか、聞いた方が良かったかもね。

52 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 00:00
私は宇宙人です。
スフィンクスが、真東を向いている意味、知ってましたか?
春分の日に真東から、太陽と獅子座が同時に登るのが、
紀元前1万500年と、知ってましたか?
そのときに、私たちが、ピラミッド建てたの知ってましたか?

紀元前1万500年のエジプトには、
文明も国家もなかったの、知ってましたか?

53 :22:02/01/19 00:19
新庄がそうです。

54 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 04:53
>>52
 これについて幾つか質問がある。

1)古代エジプトでも、その星の並びを獅子座と呼んだのかどうか。

2)紀元前1万500年と言っているが、それは、正確に(一の位まで)
その年号なのか?

3)春分の日に大陽と獅子座が同時に登るのは、何年に一回の出来事なのか。

4)紀元前1万500年のエジプトには、文明も国家もなかったというのは、
何を根拠に言っているのか。

これらの質問に答えられなければ、君の発言はこのスレッドにおいて何の意味も
成さない。

55 :ev:02/01/19 10:35
>>54
宇宙人に代わって、私evが答えよう。

1)古代エジプトでも、その星の並びを獅子座と呼んだのかどうか。

はい、星占いとして知られている、黄道12宮は、
古代エジプト・メソポタミヤに由来します。
古代エジプトの建物にも、黄道12宮の絵が刻まれています。

2)紀元前1万500年と言っているが、それは、正確に(一の位まで)
その年号なのか?

-10550 から -10450 の間と考えてください。

3)春分の日に大陽と獅子座が同時に登るのは、何年に一回の出来事なのか。

天文学者なら誰でも知っている、地球の歳差周期と同じ、2万6千年です。

4)紀元前1万500年のエジプトには、文明も国家もなかったというのは、
何を根拠に言っているのか。

エジプト学者の多くは、そう主張していますし、
学校の歴史教科書にも、「最初の国家」は、紀元前3千年頃できたと書いてあります。
紀元前1万年に、文明があったと、主張するのは、宇宙考古学者だけだ。


詳しくは、この本を読みたまえ。

創世の守護神

GRAHAM HANCOCK 著(単行本・翔泳社 文庫本・小学館)
イギリス人の宇宙考古学者

56 :54:02/01/19 10:50
>>55
 では、
1)宇宙人が建てたという、
2)1万500年前にそれを建てたという、
証拠を示したまえ。でないと、何の意味も無い。君の発言は、目下の所
1万500年前の春分の日に真東から、太陽と獅子座が同時に登るのを
指摘しているだけにすぎない。

57 :ev:02/01/19 10:59
>>56
元前1万500年のエジプトには、国家がなかったのだから、

人間が建てたはずがない。

よって、宇宙人が建てたと考えるしかない。

58 :54:02/01/19 11:01
>>57
君の回答は、2)の質問に答えていないぞ。その建築物が、1万500年前のもの
であるという根拠を述べたまえ。

59 :ev:02/01/19 11:10
>>58
ピラミッドが、1万500年前に建てられた天文学的証拠は、これ以外にもある。
多くの天文学的証拠が、1万500年前を示している。
ただ、やや複雑だから、これ以上知りたければ、前記の本を読んでくれ。

60 :54:02/01/19 11:14
>>59
 このスレッドのどこに、ピラミッドが1万500年前に建てられたという
証拠があるんだ?書かれているのは、1万500年前の春分の日に真東から、
太陽と獅子座が同時に登るということだけだが。それと、ピラミッドが作ら
れた時期とどう関係がある?スフィンクスが東を向いているからというのは、
何の証拠にもならない。

61 :ev:02/01/19 11:19
>>60
興味があれば、自分で、考えたまえ。

62 :54:02/01/19 11:21
>>61
 根拠は挙げられないという解釈で良いな。なら、>>52 の書き込みは
先に述べたとおり、このスレッドにおいては何の意味も成さない。

63 :ev:02/01/19 11:29
>>62
意見の表明は、自由だ。

64 :54:02/01/19 11:35
>>63
 その通りだが、52 は ev 君、君が書いたのかね。君は宇宙人なのか?

65 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 12:53
つまり国家がなければ建造できないんです。
証拠は自分で調べようってことですね。

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 12:59
私は宇宙人です。
まわりからよくDQNと言われます。
そう宇宙人は確かに存在するのです。

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 13:00
そう、宇宙人はいるよ!!
みんなの心のなかにいつまでも!!

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 13:35
私は、宇宙人になって自由に飛びまわる夢をみた。
夢から覚めた時、人間である自分が宇宙人になった
夢をみていたのか、宇宙人が人間になった夢を今みているのか
判断できなかった。
私はいったい、どっちなのだろうか。

69 :ウチュウジン:02/01/19 15:55
ワレワレハウチュウジンダ。
オマエラハチキュウジンカ?

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 15:57
>>68
荘子を読みなされ(笑

71 :読みますです。はい:02/01/20 00:07
>>70
道家は、宇宙人だったのだ。

72 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/20 13:07
宇宙人。それは、常識が通じない人のことをいう。


73 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/20 13:27
みんな、宇宙人である。



74 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 21:53
私はロシアの生物学者、オパーリンです。
私がダーウィンに出した手紙の内容 =

「進化論の証拠は絶対に見つからない」
知ってましたか?

75 :age:02/02/04 01:53
腹抱えてワラタ

76 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/04 08:51
私は宇宙人です。
皆さんの国日本にも「竹内文書」という、
私たちの天地創造神話があるの、知ってましたか?



77 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 02:16
私は宇宙人です。
スフィンクスが、真東を向いている意味、知ってましたか?
春分の日に真東から、太陽と獅子座が同時に登るのが、
紀元前1万500年と、知ってましたか?
そのときに、私たちが、ピラミッド建てたの知ってましたか?

紀元前1万500年のエジプトには、
文明も国家もなかったの、知ってましたか?

78 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 02:22
私は宇宙人です。
100万年前に私たちの先祖が失敗作の実験動物ををある星に放ちました。
それがあなた方人間です。知っていましたか?

79 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 07:20
>>77
 その後、>>54 に行く。>>54-64 の議論で、ev の負け。

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 00:03
==============================================
このスレは宇宙人が統制情報を暴露するスレに変わります。ではどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

81 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 11:58
宇宙人ですが、地球人なんて作ってません。知りません。
認知しませんからね!!

82 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 16:12

世界は、深い水の中から形成された・・・シュメール神話

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/07 13:21

古代エジプトの伝承では、「人間」の王朝の前に、「神々」の王朝があったらしい・・・

84 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 02:08
11:創世記 / 1章 11節
神(宇宙人)は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」
そのようになった。
12:創世記 / 1章 12節
地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。
神はこれを見て、良しとされた。
13:創世記 / 1章 13節
夕べがあり、朝があった。第三の日である。(1日=2000年、黄道12宮に対応)
20:創世記 / 1章 20節
神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」
21:創世記 / 1章 21節
神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。
神はこれを見て、良しとされた。
22:創世記 / 1章 22節
神はそれらのものを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」
23:創世記 / 1章 23節
夕べがあり、朝があった。第五の日である。
24:創世記 / 1章 24節
神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」
そのようになった。
25:創世記 / 1章 25節
神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。
26:創世記 / 1章 26節
神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。
そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」
27:創世記 / 1章 27節
神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
28:創世記 / 1章 28節
神は彼らを祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」
29:創世記 / 1章 29節
神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたたちに与えよう。
それがあなたたちの食べ物となる。
30:創世記 / 1章 30節
地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」そのようになった。
1:創世記 / 2章 1節
天地万物は完成された。

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 13:00
宇宙人が人間を作ったのなら、そしてそのことの根拠に神話や伝承を持ち出すなら、
なぜ「神が人間を作った」神話ばかりがあって「宇宙人が人間を作った」伝承が残っていないのかね?

古代人が正確な天文知識を持っていたなら、宇宙人という概念も正確に理解できるだろうに。


86 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 14:32
ヘブライ語の旧約聖書での本来の意味では、「空から来た人々」という意味だ。
後の時代別の言語に翻訳した時に、「神」と誤訳された。

原始人は「空から来た人々」と理解していたのだから、現代人は原始人より愚かだ。
古代人の一部が正確な天文知識を持っていたのは、宇宙人から教えてもらったためだ。

87 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 19:41
>>86
ev ハケーン


88 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 20:01
evってじつは一人芝居?討論してるふり?

2ちゃんねるって怖い。

89 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 21:23
そんな重要なところを誤訳するような資料にどんな信憑性があるというのかね?

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/08 21:46
数千年の間、原始人が精一杯の知力で、
伝えようとした伝承を、大切にしようではないか。
たとえ部分的に劣化してしまったとしても。

91 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 02:36
かぐや姫もそう・・・?

92 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 02:54
>88
君、今後外出するときは、気をつけたほうがいいよ。
>89
誤訳自体が既に定められているのです。正しい人だけが真意を理解できます。
>90
レス難しい、文学好きな痛い厨房なんで1行じゃ科研。
>91
ウルトラマンAを知っているなら許そう。

93 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 13:07
>>92
チミは、かぐや姫の物語知らないんでしょ?ゆるさなーい。

94 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 14:34
>>90
自説の都合のいいようにねじ曲げたり部分だけを抜き出して解釈したりするのは、
伝承を大切にする態度とはかけ離れてるな、ev。

95 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/09 23:51
evは分身の術を使うのでデンパ系レスはすべてevの手によるものであり、
実際の団体・人物等とは一切関係ありません。

96 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 22:23
>93
知ってるよ。おじいさんが光ってる竹を切ったら中から”血まみれの女の
赤ちゃんが・・・

furui-netada-itte-yosi

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 21:56

天文学は、人類最初の文明シュメール文明で、どういうわけか、突然絶頂期を迎えた。

シュメールから数千年後のギリシア・ローマでは、知識が低下し、
天文学者たちは、天動説を信じていた。

98 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/13 02:13
>96
人間or宇宙人どっち?

99 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/14 01:02
みんなうつうじんはえるってこってなっとくしとうがあ。
これいじょうどうしとかってん。
えるんやからええがん。

100 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/16 12:13
>98
宇宙人か人間かは知らないが、おばあさんが川で拾った
桃を切ると中から(以下略)

101 :名無しゲノムのクローンさん :02/02/16 19:21
>100
桃と伝えられているものは、実際なんだったのか・・・。

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/16 21:16
子供のカゴに入れて川に流した、、、だったり

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/16 21:17
の→を

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 15:13

私はドイツ化石偽造組合のメンバーです。
始祖鳥の化石は、進化論の証拠として、私たちが捏造しました。
ウソの理論進化論の証拠など、見つかるわけがないのです。
まともな生物学者は、みなそう思っているのです。

知ってましたか?

105 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 15:53
種の起源の初版が1859年で最初の始祖鳥の化石発見が1861年、
僅か2年しか間がないからそういう主張はかなり苦しいことを知っていましたか?

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 21:58

私はドイツ化石偽造組合のメンバーです。
始祖鳥の化石は、私たちが捏造しました。
フリーメーソン・ダーウィン同志の進化論の出版記念です。

マルクス同志とダーウィン同志の理論を、これから世界に広めたいのです。
知ってましたか?

107 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 22:10
>マルクス同志とダーウィン同志の理論を、これから世界に広めたいのです。

そんな人がネタバレなことは言うはずはないでしょうに

ヴァカ丸出しって知ってましたか?

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 22:46
始祖鳥の化石には歯があります。
化石の歯、とくに脊椎動物の歯は、それ1コでも専門家が見れば一発で何の動物のどの歯か
分かってしまうという情報の塊であることを知っていましたか?

始祖鳥の発見された当時は反進化論サイドにもそうした博識な専門家が多数いました。
もし偽造品なら、あれほど注目されている化石が専門家の目をかいくぐって今日に至る
どころか20世紀を迎えることすら不可能でしょう。

109 :書き忘れ:02/02/17 22:49
化石の偽造は、これまでのバレた事例を見ると、複数の異なる生物の化石を組み合わせて
行われます。知っていましたか?


110 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 23:25
>>107-109
応援ありがとう。これからも、始祖鳥の化石を「本物」と言いふらしてくれ。
頼んだぞ。

111 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/18 00:38
evの一人芝居でありませんように。。。。。。

112 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/18 04:10
桃太郎の話は、もともと孫悟空が食べたような桃をおばあさんが食べたら
若返った(孫悟空の時とは効果が違うが)。で、帰ってきたおじいさんが
若返った元おばあさんを見て・・・。以下自粛。

113 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/18 13:27
evは論破されたときの逃げ方を学習したようだね。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 11:49
始祖鳥の化石は、当時、化石偽造組合のあったドイツで発見されました。
飛ぶための筋肉をまったく持たず、羽には偽造痕が認められます。

知ってましたか?


115 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 21:24
このスレはどこへ行こうとしているのだろう....

116 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 21:48
>>114
ソース出せや。
あと、あの当時の化石偽造って土産物屋のバイトだろ。

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 22:12
>>116
始祖鳥の化石は進化論の重要証拠のはず。
だとすれば、始祖鳥の化石を本物と主張する者が、
まずソースを出すべきと思われ。

118 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 00:02
ソース合戦  

119 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 00:03
>>117
検索できない厨房は帰れ

120 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 00:37
>>117
始祖鳥の化石は進化論の「唯一の」証拠だ(w


121 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 10:49
某スレが専門的な話になっていったので、ついていけなくなって
逃げ出したev君じゃないか。相変わらず元気なようで安心したよ。

名前を隠しても物言いのパターンでバレバレ。

ちっとは進歩したかと思ったけど、どうやら買いかぶりだったようだ。
相変わらず無知を根拠に進化論批判かよ。

122 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 11:40
ちょっとイイカキコを発見したので転載してみる。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/1012229709/239

39 :184 :02/02/19 22:59
ビリーバーのやっていることは「宗教」ではありません。
しいて適当な表現をするなら「現実逃避」です。

目に浮かぶようですな。
現実の世界ではうだつのあがらない落ちこぼれ、もちろん異性からも相手にされず、
そのくせプライドだけは人一倍高い。

そういうビリーバーにとって唯一の心の拠り所が、この世界は本来の世界じゃ無いという
幻想と、ありもしない「真実」を自分たちが知っているという根拠のない自信なんだよね。
だから、まともな批判に耳をかすこともできないんだよね。

そういう幻想にしがみつきたくなる気持ちもわかるが、そういうビリーバー度が進むほど、
ビリーバー暦が長いほど、あとで醒めちゃったときの恥ずかしさといったらないぞ。

# 自分的には「若さ故の過ち」だと思っているのだが。
# ああ、思い出しても恥ずかしい。



123 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 12:07

122は、始祖鳥ビリーバですか?

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 13:02
>>123
 「進化論者」・・・

捏造化石「始祖鳥」を唯一信仰のより所とするカルト・ビリーバのこと。

125 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 17:49

世界の常識、始祖鳥捏造を知らないのは、進化論ビリーバのみと思われ。

鳥類と爬虫類動物の間にある移行種と思われた
六つの“始祖鳥化石”の次々の発見は世界を震動させたが、
5つの化石は鑑定後人工的なものであることが分かった。
残り一件の持ち主が如何なる鑑定をも堅く拒んだ。
最初の“発見者”が捏造の理由を告白した「進化論をあまりに信じ込んでいるので、
進化論を証明するために最も説得力のある証拠を作った。」
しかし、教科書の中に“始祖鳥”の誤りは未だに訂正されず、公衆は真実を隠されたままである。


126 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 17:50
ほんと進化関係になるとみんなあつくなるよなぁ。

127 :evよ:02/02/20 19:16
反論できなくなると別のスレにいって、とっくに論破された
妄説を延々繰り返す。みっともないからやめたら?

進化はどのように起こるの?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1011073041/

生命現象と宇宙との関係
http://cheese.2ch.net/life/kako/1008/10081/1008130471.html

進化論VS創造論
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/979740642/

NASAは何故月に人を送らなくなった?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/968912045/

天文学はオカルトと混同されている!?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/1011374123/


128 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 20:35
evウザイ市ね!一人妄想野郎必要無し!

129 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 21:27
これか。
http://homepage1.nifty.com/archaeo/dinobird/shisochou.html

 天文学者のフレッド・ホイルが、大英博物館の始祖鳥化石が贋作ではないかと言い出す。
  ↓
 大英博物館反論
  ↓
 フレッド・ホイル沈黙。

なんだよ、偽造説って論破されてるじゃん。

130 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 21:45
始祖鳥の化石は進化論の「唯一の」証拠ってことはないよね。
その例に限らずミッシングリンクは存在するし。
それが特殊な環境でないと化石として残らないせいなのか、
元々ないのか決定的な根拠がないところが、evのつけいる隙に
なるんだろうね。
でもねつ造したというのならその証拠を示してほしいものだ。
挙証責任があるはずなのだが。

131 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 22:00
>>129
この文章のどこが「論破」なのか?
むしろ、始祖鳥の歴史とは、捏造論争の歴史と言っているではないか?
すりかえもいい加減にしろ。


「始祖鳥化石は発見当初から進化論者と創造論者の論争の矢面に立っていた標本であったためでしょうか、
古くから『贋物ではないか』という主張がありました。

 記憶に新しいところでこの説を提唱したのは、
天文学者にしてSF作家のフレッド・ホイルのグループです。
(古生物学における今世紀最大のスキャンダル『ピルトダウン人』の例もありますから、
贋作化石というのはまったくありえない話ではありません。)
これに対して大英博物館側が科学的な調査に基づいた反論を論文として発表しましたが、
これについてのホイル側の回答はついになかったと聞きます。
結局、この論争はうやむやのままに終結したようです。」

132 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 22:16
>>130

別に進化の傍証となる化石を始祖鳥だけしかしらないのは罪じゃないが、
様々な他の例が関連スレッドで指摘されているのに、一般の人が知らないのを
いい事に、適当な事を言って信者を増やそうとするのは似非宗教と同じ。

evに限らず、トンデモ馬鹿は馬鹿なだけではなく、有害な卑怯者だ。


133 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 22:24
>>132
適当な事を言って信者を増やそうとする似非宗教 → 進化論 (w

134 :化け楽他:02/02/20 22:35
>>131

>すりかえもいい加減にしろ。

すり替えているのはあんたの方だろ。

相変わらず、意図的な情報の隠蔽、論点のすり替え、都合の悪い指摘は
なかったことにする・・・見下げ果てた野郎だ・


>これに対して大英博物館側が科学的な調査に基づいた反論を論文として発表しましたが、
>これについてのホイル側の回答はついになかったと聞きます。
>結局、この論争はうやむやのままに終結したようです。」

結局、まともに反論できなかったわけだろう。反論できなかったと言う事は
論破されたと言う事だ。

うやむやになっのが悪いというのなら、その責任は態度を保留してうやむやにした
フレッド・ホイルの方にある。ちゃんと反論するなり、誤りを認めるなりすればよかっ
たのだ。それをしなかった時点で普通は論破されたと見なされる。

幾多のスレでまともに反論できずに叩きのめされたevと同じ。(藁

おっと、ホイルはちゃんとした業績のある、立派な学者だから、一緒にするのは失礼だけど。
だいたい、フレッド・ホイルは物理/天文学者であって、生物学者ではないからね。


135 :あー出た出た。(藁:02/02/20 22:37
>>133

相手の書き込みをちょっと改変して煽る。相変わらず進歩無いねえ。
本気で頭悪いんと違う?(藁

名前隠してもバレバレだよ。

136 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 22:54
>>134
始祖鳥の化石は、今まで6体しか「発見」されていないから、
「捏造」は簡単だな。あんたでも、できるだろうな(w

137 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 23:10

始祖鳥のように捏造論争のある捏造化石を、
教科書に証拠として載せてる時点で、進化論は終わっていると思われ。


138 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 23:18

地球上で6千万年生きても、
たった6体しか「発見」されない、神秘の鳥 (大藁

139 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/20 23:35
>>137
進化論には、始祖鳥程度しか証拠がないんだよ(w
あんまりいじめちゃ、可哀相だよ(w

140 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 00:03
>>139
やれやれ、ほんとにそう思っているのならとんだ無知だな。
いいかげん反論するのも面倒になってきた。

http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/

ここを隅々まで読んで理解してから出直してこい。


141 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 01:43

鳥類と爬虫類動物の間にある移行種と思われた
六つの“始祖鳥化石”の次々の発見は世界を震動させたが、
5つの化石は鑑定後人工的なものであることが分かった。
残り一件の持ち主が如何なる鑑定をも堅く拒んだ。
最初の“発見者”が捏造の理由を告白した「進化論をあまりに信じ込んでいるので、
進化論を証明するために最も説得力のある証拠を作った。」
しかし、教科書の中に“始祖鳥”の誤りは未だに訂正されず、公衆は真実を隠されたままである

142 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 02:11
でたらめだった馬の進化図と始祖鳥事件
 
  「1905年進化論を証明しようと馬の化石を全部展示する展示会が計画された。
アメリカ自然史博物館において、馬は鮮やかに並んだ。誰も彼も、これを『進化論的系統樹』だと思った。
しかし、実は違ったのだ。別々の時に、別々の所で集めた馬の化石を、たんに大きさの順に並べただけなのだ。」
( 生物学者のノーマン・マクベスの告白)

またご存じのように、以前、中間種がーつ見つかったと古生物学者たちが興奮した事件があった。
恐竜の化石の地層から、始祖鳥が発見されたのである。
爬虫類のような体と歯、骨の通った尾を持ち、翼の端には小さなツメのようなものがついた、ぶかっこうな姿の鳥.
これが、爬虫類と鳥類をむすびつける証拠の化石と珍重されたのである。
しかし、1977年に、この問題にはケリがつけられた。
サイエンス・ニュース誌が、始祖鳥が発見された同じ地質時代の岩の中に、鳥の化石が発見されたことを報じたのである。
それまでは、始祖鳥が最も古い鳥とされていたが、この発見で鳥と始祖鳥がいっしょに飛び回っていた以上、
鳥類もやはり化石の歴史の中に突然、現れたことが明らかになった。
そして現在では、始祖鳥も変わり種の鳥のー種にすぎないというのが定説になっている。
なのに教科書では、いまだに珍重されている。


143 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 03:47
なるほど始祖鳥はでっち上げなんですね。

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 10:51
始祖鳥の化石がねつ造なら、なんで6体しかないんですか?
こんなに長い間ばれないほど高度なねつ造技術があるのに、
もっとたくさん作って証拠としての価値を高めようとしないのはなぜなんですか?


145 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 11:41
おまえあほだな。
捏造品だから、たくさん作れば、ばれるじゃないか。

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 12:55
で、宇宙人の話と始祖鳥の話とどういう関係があるわけ?

147 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 13:33
始祖鳥はニセもんなんだから、
宇宙人がいることは明白なんですよ。

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 14:30

18世紀から19世紀にかけて大規模な化石偽造組織があり、
中間生物を求める科学者達が、彼らから高額で捏造品を買い取っていた歴史がある。

始祖鳥の化石は、高く売れただろうね。

149 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 14:51
>>141
どこでこんな駄文を見つけてきたんだ?
どうせソースは創造論サイトかなんかだろ。

150 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 18:58
だいたい始祖鳥の形態自体、不自然だよ。
見るからに捏造しましたって感じ。
連続して見つかったつーのも、いかにも怪しい。

151 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 21:12
evの書き込みは日中に多い。
よって一人芝居ケテーイ

152 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 21:57
始祖鳥を特殊な存在として崇めるのは、
世界広しといえども日本くらいなもので、
欧米では全く見向きもされないのが現状だ。

日本の生物学と生物学者の水準の低さがうかがい知れる。
捏造疑惑濃厚の始祖鳥は教科書から消すべきである。



153 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 22:07
evの脳内世界では始祖鳥が信仰対象になってるのだね。

154 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 23:09
>>141
>5つの化石は鑑定後人工的なものであることが分かった

また適当なでっち上げ?
evの言う事って、信頼に足る情報のソースが示される事ってほとんど
無いんだよなあ。どうせその辺の創造論者の書いた本か何かがソース
なんだろうけど。

どうせこの後、「進化論はうそっぱちだ。地球の生物は宇宙人が作った。」
って話に持っていきたいんだろう?

ev説は結局、科学的(プ 創造論の「神」を「宇宙人」に置き換えただけの
安直な説だからなあ。想像論の論理的破綻が全て当てはまるし、進化論を
攻撃できる手口は「化石は捏造」、しかも大抵始祖鳥なんかの使い古された
手管を持ち出して、針小棒大に「ミッシングリンク」を取り上げるやり方だし。

教科書の記述が古いという点だけは同意するけど。

ちなみにこの後に出てくる馬の例に見られるいわゆる「進化のはしごモデル」
に基づく誤った進化観と、その誤解が長い間訂正されずに教科書やポップ
カルチャーで引用され続けている事(ZZガンダムのオープニングとか(w))への
苦言がグールドのエッセイにあったんだけど・・・

「人間の測り間違い」だったかな?初期のエッセイと後2冊ほどは手元にないので、
誰か確認して要約してくれない?手持ちの本をざっと見た限りでは見あたらないので。




155 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 23:16
>>150

何処がどうおかしいと言うのか指摘してくれない?

ついでに、連続して見つかったと言うけど、1861年〜1992年の
130年ほどの間に結構バラバラの時期に7体なんだけど。
連続して見つかったと言うには無理があるぞ。


156 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 23:52
>>155
ハールレム標本、アイヒシュテット標本、ゾルホーヘン標本は、
そもそも羽がないから信憑性が低く、関係のない恐竜化石だ。

マックスブルク標本は行方不明。
大英博物館標本は、偽造痕がある。

どれを取っても、始祖鳥はまともな化石とはいえない (大藁


157 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 23:55
evの全力のボケに対し敬意を表して、
みなさんの全力でツッコミましょう。
evのあしたはどっちだ

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:07
>そもそも羽がないから信憑性が低く、関係のない恐竜化石だ。

あー、全部そろってないとだめなんだー....

>大英博物館標本は、偽造痕がある。

ネタもちょっと混ぜたりして.....イタタタ

159 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:18
>>156
進化論には、始祖鳥程度しか証拠がないんだよ(w
あんまりいじめちゃ、可哀相だよ(w
そっとしといてあげなよ


160 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:20
>それまでは、始祖鳥が最も古い鳥とされていたが、この発見で鳥と始祖鳥がいっしょに飛び回っていた以上、
>鳥類もやはり化石の歴史の中に突然、現れたことが明らかになった。
>そして現在では、始祖鳥も変わり種の鳥のー種にすぎないというのが定説になっている。

その恐竜の時代と同じ地層で発見された鳥というと、プロトアヴィス(Protoavis)のこと?

これについて確かに、始祖鳥化石寄よりも7500万年ほど古い − これは現在発見されている
最古の恐竜群(2億3000万年〜2億2800万年前)とほとんど変わらない古さ − でありながら、
始祖鳥よりも「新しい」特徴(巨大な叉骨と細長い肩甲骨)を持った鳥だけど。

しかし、地質年代から見て他の標本から孤立していることと、化石自体があまりにも断片的で
あることから、この標本についての評価はいまだ定まっていないのが現状。

頭骨なんかはつぶれていて、細かい特徴を判別するのが難しいみたいな事が書いてあるし。

http://www.talkorigins.org/faqs/archaeopteryx/forgery.html

それから、例の7つの標本以外にも、最近になって中国などから新しい化石がいくつか
発見されていてるんだけどね。(以下引用)

  * プロトアルカエオプテリクス Protarchaeopteryx robusta (原始祖鳥)
     この化石は羽毛の印象をのこすものの、今までに知られている恐竜(小型獣脚類)に
     近い生き物です。カウディプテリクス、始祖鳥(Archaeopteryx)よりも原始的な特徴を
     残している標本です

  * カウディプテリクス Caudipteryx zoui (尾羽鳥)
     プロトアルカエオプテリクスよりも鳥に近く、系統的には始祖鳥とプロトアルカエオ
     プテリクスとの間に位置するもののようです。

# ttp://homepage1.nifty.com/archaeo/dinobird/n199806.html#n19980625 より。


始祖鳥は鳥ではあるが、現生の鳥の直系の子孫ではないというのは進化生物学者の
多数が支持する見解だね。

ただし、それでも始祖鳥が重要な化石であるのは、現生の鳥には見られないが、
恐竜には見られる多くの特徴を持もっているから。飛行する恐竜(鳥)への進化は
複数の系統で独自に起こっていたと考えられる。(こういう事は生物の進化では
よくある。)

それに、古い特徴を持った生物が、あたらしい時代の地層から発掘されるのは、
古生物の世界では珍しくない。現生の動物にもそういう生き物はいくらでもいる。


161 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:24
>>156
>>159

地崎自演に走るとはevも落ちぶれたもんだ。やれやれ。

162 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:25
>>161

>地崎自演

訂正:自作自演、ね。

163 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:33
>>158
>>そもそも羽がないから信憑性が低く、関係のない恐竜化石だ。
>あー、全部そろってないとだめなんだー....

始祖鳥を特徴づける形質は羽毛以外にもいくつもあるのにねえ。

無知から来る誤解を、針小棒大に取り上げて否定する。
evの・・・いや、トンデモ馬鹿全般に見られる典型的なパターンだよね。

いやいや、無知から・・・というのは適切ではないな。以前のスレでも
似たような点は何度も指摘されていたはず。確信犯だな。

とうとう卑怯者にまで落ちぶれたか。>ev


>>大英博物館標本は、偽造痕がある。
>ネタもちょっと混ぜたりして.....イタタタ

jこれもいいかげん使い古されたネタだなあ。ほんとにオリジナリティー
無いんだから。

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:41
    /⌒⌒γ⌒ 、
  /      γ   ヽ
  l       γ   ヽ
 l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V
         |     .|
  ヽl   /( 、, )\  )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ ヽ二フ ) / < ev...見つかりましたよ
   丶        .ノ    \____________
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ


165 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 01:05
>18世紀から19世紀にかけて大規模な化石偽造組織があり、
>中間生物を求める科学者達が、彼らから高額で捏造品を買い取っていた歴史がある。

こいつら、化石捏造について、何も知らないらしいよ (w

166 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 02:17

進化ビリーバは、歴史について何も知らないんだよ(w

167 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 02:50
>>165
捏造化石は似非学者にとって、アイドル写真のようなものさ。
信じきってるから、実像も捏造背景も見えないのさ。

168 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 03:22
>>167
科学者は騙されやすい。

169 :146:02/02/22 05:12
で、宇宙人の話と、始祖鳥の話とか >>168 とかどういう関係があるわけ?

170 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 05:57
>>169
まともな反論が出来ないから自作自演して煽っているだけでしょう。
語るに落ちたな。

171 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 17:16
>170
いや、もとから落ちてるよ。

しかし、少しは学習する気配があったのに、「かまってくん」からの脱却は
なかったわけだ。

まあ、ev と遊ぶ気はないので、ファンの方々、よろしゅう。


172 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 22:28

「進化論」・・・

生命が自然発生したり、爬虫類に突然翼が生えたり、

猿が人間になったりする、オカルト小説のこと。

小説のライターになると、教育機関に就職できる。

証拠がないので、捏造化石を買い上げて、証拠だと宣伝したりする。

知能の低い人ほど、小説であることを知らない。

173 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 23:33
>>172
ハゲシクワラタ

174 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/23 00:52
ワタシハウチュウジンダ
ウチュウジンカラミタチキュウノシンカロンシャハ
ギジシンカロンノツジツマアワセニイッショウケンメイ
ニナッテイル停脳痔ノアツマリ。トクニブンシセイブツガクシャハ
ミクロレベルノゲンショウヲラレツシテゲンイントカンチガイシテル
トンデモノヤツバッカ。

175 :146:02/02/23 04:36
で、宇宙人の話と、始祖鳥の話とか >>172 とかどういう関係があるわけ?


176 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/23 13:38
evの現実逃避だよ。

177 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/23 19:26
>>174
シンカロンシャ = 停脳痔ノアツマリ
ブンシセイブツガクシャ = トンデモノヤツバッカ

宇宙人さん、↑は国家機密です。漏らさないでください。お願いします。

178 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/23 20:36
>>174
は一部正論ではある。
>ミクロレベルノゲンショウヲラレツシテゲンイントカンチガイシテル
遺伝子の振る舞いをいくら精密に解明したとしても、それは進化の原因にはならない。
進化の要求によって遺伝子が生まれたのだから。主客転倒であるといっているのだろう。

どうかな?

179 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 01:07
こんばんは。
このスレのタイトルのとおりの疑問を持っていて、この板に初めてやってきた素人です。
話の流れがテーマからやや外れて生命の起源のへいってますが、この点も非常に興味深いです。

進化論は正しいかどうかについてですが私は、環境に適応した固体同士が交配して子孫を残し、
適応能力が低い固体は淘汰されていく、という考え方は
現代の生物で実際に確かめられた事実だと認識しています。
例えばハトです。
都会のハトはそのほとんどが灰色をしています。アスファルトと同じ色の固体が、保護色の機能によって生き残ったからです。
進化論は正しいと思います。
てゆうか、ネタ職人が進化論を否定し、それを攻撃することで楽しむスレなのでしょうか。

180 :ん〜:02/02/24 02:52
>>179
>>127のリンク先を見ると解るけど、ここで熱心に「進化論はでたらめだ、
地球の生物は全て宇宙人が作った」と主張しているのは、evとか言う
真性の電波だよ。発言傾向や、あおり方のパターンが画一的なんで
すぐにばれる。

このスレに至って、ようやく名前を隠して発言する事を覚えたようだが、
何の役にも立っていないようだ。(藁

各スレッドでさんざんたたかれて反論できなくなったら別スレに逃げて、
また同じ主張を返しているだけ。

181 :追加:02/02/24 03:14
>>179
とりあえず、実際に観察、研究されている進化の例として、この本を読んでみる事を
お勧めする。

「フィンチの嘴―ガラパゴスで起きている種の変貌」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150502609/249-1003619-9136352

ガラパゴス諸島の一つ、ダフネ島に生息するフインチの全ての個体を、20年にわたって
追跡・調査したとんでもない記録。

あと、ちょっと値ははるけど、次の本は必読。こういう進化論に的はずれな言いがかりをつける
困った連中の間違いを容赦なく論破している。何だったら図書館で借りてもいい。進化に興味が
ある、進化論に疑問があるなら是非。

「ブラインド・ウォッチメイカー―自然淘汰は偶然か?」〈上〉(下)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152078111/ref=sr_aps_d_1_2/249-1003619-9136352
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415207812X/ref=ed_oe_o/249-1003619-9136352

ここの書評が参考になるかも

http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/review.html

182 :Alan Alford:02/02/24 06:47
 ダーウィンの進化論は、人間がチンパンジーから分岐したらしいとする。
500万年から 700万年も前のことだ。しかし、これを証明する化石はない。
約 400万年前のものとみられるアウストラロピテクスの化石が見つかってお
り、直立歩行していたことは裏づけられているが、その姿は人間と呼ぶには
ほど遠い。その後、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥスを経て現代人であ
るホモ・サピエンスが出現されたとされる。何百万年もさほどの進化もせず
時間が経過した。約20万年前突如としてホモ・サピエンスは生まれ、しかも
脳の容量が 50%も増えており、話す能力も備えた。ホモ・サピエンスは16万
年もの間、石器を用いて原始的な生活を続けた。そして4万年前、北へ向か
い、1万 3000年前までには地球全体に広がった。そしてまた 1000年がた
ち、農業を始めた。それから 6000年後、高度な天文学的知識をもつ偉大な
文明をおこした種族が現れた。今から、 6000年ほど前のことである。

 このような人間の急激な進化は、大規模な種の変化が何千万年もかかると
する進化論からは説明できない。言語が異常な進化をもたらしたと学者は説
明するが説得力を欠く。未だに、まったく謎なのである。


183 :Alan Alford:02/02/24 06:48
人類古代の遺跡は、レバノンのバールベク、南米ボリビアのティワナコ、
アンデスのマチュピチュ、エジプトのギザにあるピラミッド、イングランド
のストーンヘンジなど数多く残されている。驚くべきは、その建造技術であ
る。当時古代人が用いたと思われる道具から考えても、 1000トンもの巨大
な石塊を運び、持ち上げ、組み立て、現代の最新技術でしか不可能と思われ
る精密な細工がどうしてできたのか、学者は説明できない。
 どのようにしてこれらの遺跡をつくることができたかも不可解だが、著者
が求めるのはその建造目的である。具体的根拠もなく想像だけから、これら
が宗教的儀式を目的だとする一般論を否定する。注目するのは、巨大遺跡に
共通して見られる高度の天文学的知識とのかかわりである。天文観測所であ
ったに違いないと考える。しかし、農業にはこれほど高度の天文学を必要と
はしていなかったはずだ。ここに著者の疑問の原点がある。

文字として最古の文明を残したのはシュメール人であったろう。シュメー
ルが地上で最初の高度に発達した文明であることは広く認められている。そ
の始まりは、紀元前 3800年にさかのぼる。19世紀、遺跡発掘が進み、何万
枚もの粘土板が発見された。聖書に登場する支配者や都市が確認された。聖
書に描かれている創世記の話は、さらに詳細にシュメールの粘土板に物語と
して記されていたのである。
 歳差運動というのがある。地球の地軸は北極を指して動かないものではな
く、こまの心棒のようにぐらついている。その周期は2万 5920年程度とさ
れる。このため、春分、夏至、秋分、冬至などの四季の訪れが毎年少しずつ
早くなるが、その変化は、1カ月ずれるのに 2160年もかかる計算になる。
この歳差運動の周期を、シュメール人は正確に知っていたのである。
 知っていただけではない。2万 5920という数字は、彼らが使っていた60
進法ではちょうど 500という倍数になる。60進法は、現在も角度や時間を表
すのに使われているほか、12を基数にする長さや数の単位が英語などに残る
が、天文学には10進法よりもずっとすぐれている。シュメール文明は 2000
年しか続かなかったとされる。彼らはどのようにして2万 5920年という天
球の周期を観察できたのか。
 天文学の知識だけではない。青銅をつくる合金技術も知っていた。青銅の
原料となる錫は自然には単体で存在せず、錫石から複雑な過程で抽出せねば
ならない。そうした技術をシュメール文明が始まってからわずか数百年のう
ちに用い始めたことになる。


184 :Alan Alford:02/02/24 06:49
シュメールの文明は、バビロニアに受け継がれ、古代ギリシャ文明へと続
く。古代ギリシャ人は地球は板のように平坦だと考えた。中世は、地球の周
りを天体が回ると考えたことはよく知られている。近代が発見した天体の謎
を、シュメール人はすべて知っていた。一体シュメール人はどこから天文学
と数学の知識を得たのか。それに先行する文明は知られてはいない。
 著者は、それを教えたのは神々であったと考える。宗教的な意味の神では
ない。きわめて高度の知識を持つ種族がいた。彼らはどこから来たのか。地
球上にそのような文明があったという証拠がないから宇宙から神々は到来し
たとしか考えられないと結論する。シュメールはその神々の存在や由来、行
動を粘土板に明確に記していた。ギザのピラミッドなどいくつかの遺跡は、
宇宙との往来に必要だったのではないかと想像するのである。
著者のシュメールについての知識は、おびただしい数のシュメールの粘土
板を解読し、完璧なまでのシナリオを組み立てたゼカリア・シッチンの諸説
に負っている(シッチンの書いた本の訳書は「人類を創成した宇宙人」徳間
書店、「謎の惑星ニビルと火星超文明」学習研究社などがある 。

 著者は、突然に人間が高度の知能を持ちえたのは、神々による遺伝子操作
の成果だと考える。アダムの骨からイブをつくったとする聖書の物語も、ク
ローニング技術だったとする。

「神々の遺伝子」 - 封印された人類誕生の謎
     アラン・F・アルフォード著 仁熊裕子訳
     講談社 1998/11 402pp 2300円(本体)


185 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 09:49
>>182
>ダーウィンの進化論は、人間がチンパンジーから分岐したらしいとする。

ダウト。現生人類は、人類とチンパンジーの共通祖先から進化したのであり、
現生のチンパンジーから分岐したわけではない。

なお、ここでわざわざ「ダーウィンの」進化論、とevが言うのは、現代の
進化生物学者が、未だにダーウィンの論をそっくりそのまま信じていると
誘導するための悪質なレトリックである。(あるいは単なる無知。)

現在の進化学説には、遺伝学や分子生物学、新たに発見された多数の化石や
正確な年代測定技術などにより、大幅な増強と修正が加えられており、それらは
進化の「総合説」と呼ばれている。


>500万年から 700万年も前のことだ。しかし、これを証明する化石はない

最近になって550万年前の猿人の化石がエチオピアのミドルアワッシュで
見つかった。この猿人は、約440万年前のラミダス猿人の亜種で、
【アルディピテクス・ラミダス・カダバ】と名づけられている。

さらに、2000年12月には、アフリカのケニアで約600万年前のものとされる
猿人化石も発掘された。

ttp://www.jinrui.net/special/number/10_J/column.htm


>約 400万年前のものとみられるアウストラロピテクスの化石が見つかっており、
>直立歩行していたことは裏づけられているが、その姿は人間と呼ぶには
>ほど遠い。

初期の段階で人間に近い姿だったらそれこそおかしい。猿人の姿が現生人類と
かけ離れている事を強調して、進化が不自然と思わせるだけの稚拙なレトリック。


186 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 10:07
>>182
>何百万年もさほどの進化もせず
>時間が経過した。約20万年前突如としてホモ・サピエンスは生まれ、しかも
>脳の容量が 50%も増えており、話す能力も備えた。

以下の年表を見ると、現代に近づくに従って脳容量の増加率も
増大しているが、これは進化に限らず、正のフィードバック
がある場合に一般的に見られるパターンで、特に不自然なもの
ではない。

実際、生物進化の化石記録にもよく見られるパターンであり、環境条件が
変わったり、新たに有利な形質が出現したりして一旦平衡状態が崩れた場合、
進化が急激に進行するのは総合説の予測と一致する。

また、近年発達している複雑系や人工生命シミュレーションでも同様の
現象が確認されている。

アファール猿人    約370万〜295万年前      脳容量
アフリカヌス猿人   約290万〜230万年前    400〜500 立方cm
ボイセイ猿人      約230万〜130万年前
ロブストス猿人  約180万〜150万年前

ホモ・エルガステル  約180万〜150万年前    500〜800 立方cm
(前期原人)
ホモ・エレクトス 約150万〜25万年前     900〜1250 立方cm
(後期原人)


>このような人間の急激な進化は、大規模な種の変化が何千万年もかかると
>する進化論からは説明できない。言語が異常な進化をもたらしたと学者は説
>明するが説得力を欠く。未だに、まったく謎なのである。

ここでも「何千万年もかかるとする進化論」「まったく謎」等、無知と意図的な
歪曲によるレトリックが使われている。

相手が言ってもいない事を誤解/歪曲して勝手に否定するのは似非科学の
常套手段であり、その手口はダーウィンの時代から全く「進化」していない。

ホモ・ネアンデルターレンシス  約20万〜3万年前 1300〜1600 立方cm

ホモ・サピエンス          約15万年前〜現代 1400〜1500 立方cm


人類の歴史年表(化石の写真、脳容積などのデータ付き)
ttp://www.jinrui.net/special/number/12_J/factor01_01.htm


187 :ずれたのでもう一度(スマソ:02/02/24 10:08
>何百万年もさほどの進化もせず
>時間が経過した。約20万年前突如としてホモ・サピエンスは生まれ、しかも
>脳の容量が 50%も増えており、話す能力も備えた。

以下の年表を見ると、現代に近づくに従って脳容量の増加率も
増大しているが、これは進化に限らず、正のフィードバック
がある場合に一般的に見られるパターンで、特に不自然なもの
ではない。

実際、生物進化の化石記録にもよく見られるパターンであり、環境条件が
変わったり、新たに有利な形質が出現したりして一旦平衡状態が崩れた場合、
進化が急激に進行するのは総合説の予測と一致する。

また、近年発達している複雑系や人工生命シミュレーションでも同様の
現象が確認されている。


アファール猿人    約370万〜295万年前      脳容量
アフリカヌス猿人   約290万〜230万年前    400〜500 立方cm
ボイセイ猿人      約230万〜130万年前
ロブストス猿人  約180万〜150万年前

ホモ・エルガステル  約180万〜150万年前    500〜800 立方cm
(前期原人)
ホモ・エレクトス 約150万〜25万年前     900〜1250 立方cm
(後期原人)

ホモ・ネアンデルターレンシス  約20万〜3万年前 1300〜1600 立方cm

ホモ・サピエンス          約15万年前〜現代 1400〜1500 立方cm


人類の歴史年表(化石の写真、脳容積などのデータ付き)
ttp://www.jinrui.net/special/number/12_J/factor01_01.htm


>このような人間の急激な進化は、大規模な種の変化が何千万年もかかると
>する進化論からは説明できない。言語が異常な進化をもたらしたと学者は説
>明するが説得力を欠く。未だに、まったく謎なのである。

ここでも「何千万年もかかるとする進化論」「まったく謎」等、無知と意図的な
歪曲によるレトリックが使われている。

相手が言ってもいない事を誤解/歪曲して勝手に否定するのは似非科学の
常套手段であり、その手口はダーウィンの時代から全く「進化」していない。


188 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 11:26
>>183
>驚くべきは、その建造技術である。
>当時古代人が用いたと思われる道具から考えても、 1000トンもの巨大
>な石塊を運び、持ち上げ、組み立て、現代の最新技術でしか不可能と思われ
>る精密な細工がどうしてできたのか、学者は説明できない。

全然不可能ではない。ピラミッドの建造についてはいくつかの説があるが、
いずれも当時の技術と人員で十分に建造可能なものである。

たとえば、エジプトの遺跡では「クレイドル」と呼ばれる半月型の木枠の
模型が36個も発見されいるのだが、これと同様の物を、エジプトのピラミッドに
使用されているのと同じサイズの石のブロック(2.5トン)の4辺に、計八個
取り付けて円形にする。

これを、ピラミッド建造用の斜道に見立てた、傾斜役約40度、長さ15bの斜面に
おいて15人の人間で引っ張ったところ、わずか50秒ほどで引き上げる事に
成功したそうだ。

# ちなみにこの実験は日本の大手建設会社、大林組によって行われた。


しかし、「エジプトのピラミッドは宇宙人の技術」説が前スレで徹底的に批判され、
完膚無きまでに論理的にたたきつぶされたので、今度はそっちには詳しく触れずに
シュメールの文明を持ち出すわけね。

189 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 13:12
つーか、反進化論側にまともな科学者がいたのってダーウィン時代くらいでしょ?

190 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 13:29
ホモ・サピエンスは数千年もの間、そろばんを用いて原始的な計算を続けてきた。
だが1941年、真空管を用いた計算機が発明された。そしてわずか60年後には
卓上に納まるような小型の機械で誰でも1秒間に数億回もの計算ができるまでに
至ったのである。

このような人間の急激な進化は、大規模な種の変化が何千万年もかかると
する進化論からは説明できない。言語が異常な進化をもたらしたと学者は
説明するが説得力を欠く。未だに、まったく謎なのである。
 著者は、それを教えたのは神々であったと考える。宗教的な意味の神では
ない。きわめて高度の知識を持つ種族がいた。彼らはどこから来たのか。地
球上にそのような文明があったという証拠がないから宇宙から神々は到来し
たとしか考えられないと結論する。

191 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 17:06
>>183>>184 スレ違いだ。世界史板へ行けよ。
どうせ吊し上げられて排除されるだろうけどナー

192 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 17:10
>>189
言えているかも。科学者のみならず、当時の宗教家だって、
当時の基準で言うなら至極当たり前の主張だったわけで。>反進化論

ここで暴れてるデムパは19世紀へ(・∀・)カエレ!!

193 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 18:54
>>182の脳へ接続しています....
・・・

>>182の脳が検出されませんでした。
脳が正しく稼動中か、
または脳が正しく接続されているか確かめてください..

>>182の部屋にアクセス中...
>>182の部屋に接続済みです...
>>182のひきこもりが確認されました...

認証中...

>>182の部屋には接続できましたが、
リモート ホスト:>>182の脳には接続できませんでした。
脳が正しく稼動中か、
または脳が正しく接続されているか確かめてください..

[再試行(Z)] [放置(H)] [設定の確認(C)]


194 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 18:59

182がこのスレを立てたことについて科学界の反応

A・アインシュタイン 「宇宙のことは理解できても>>182の考えは理解できない
>>182は相対的でなく絶対的におかしい」

S・ホーキング 「>>182をブラックホールに棄ててくれないか?」

ニコラ・テスラ 「コメントする価値を見いだせない。それと私の名を汚すな。」

E・シュレディンガー  「101匹にゃんちゃんと勝負してもらいたい。」

R・ダーウィン 「猿に後退する人間もいるのだな。」

アラン・チューリング  「>>182は人工知能のテストプログラムのようだ。
まさか人間じゃないんだろ?」

R・ファインマン 「俺の物理学書読んでくれ。日本語に訳されているからさあ」

ランダウ 「>>182を強力な電磁場のなかにいれて磁性を調べる。これ最強」

オッペンハイマー 「182は核兵器の拡散のように危険だ。」

リチャード・ドーキンス「>>182のDNA、RNAは普通の人間と違うようだ。
とりあえず隔離しろ。利己的な遺伝子うざい。」

大槻義彦 「>>182はプラズマで頭がヤラレタようだ。アルミ箔を剥がすなっていったろ!」

VAKA 「俺に物理を・・・教えてもらわなくてイイぜ、ゴルァ!!」

Ledの教え子 「>>182 の頭の中は光速を超えている。これ真実です♪」

をっさん 「ちゅどーーーーーーん」


195 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 19:34
>>188
おまえ、あほか。何度論破されたら気がつくんだ?
2.5トンではないぞ。運んだのは1000トン石だ。
場所はレバノンのバールベク神殿(世界遺産)だ。

>>189
進化論に科学者がいた事はない。いたのは空想「似非科学」小説家だけだ。
ノーベル「文学賞」でもくれてやれ(w

>>190
何度論破されたら気がつくんだ?

>>191-194
スレ違いはお前だ。進化の基地外は、基地外病院がお似合いだ(w
進化狂の基地外は、お花畑で小説「進化物語」でも書いて、停脳中の電波でも発散してろ。
小説「進化物語」が完成したら、読んでやるよ(w




196 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 21:17
>>195
進化の基地外は、動物病院がお似合いと思われ。猿と一緒にな (w

197 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 21:48
晒しage

198 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 22:11
2.5トンを15人なら1000トンは6000人でできる計算だ。
頭数さえそろえれば、宇宙人などいなくても建設可能ということだ。
時間かけていいならもっと少なくてできるだろ。

199 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 22:13
ワレワレウチュウジンハ シンカロンシャダ。
シカシ ワレワレカラミタラ チミタチノシンカロンハ
クルッテイルネ。
ナオev=195ハ ウチュウノセイブツガッカイノ ツマハジキモノナノデ
ヨロシクオネガイヲスル。

200 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 22:41
>>198
おまえ、あほか。何度論破されたら気がつくんだ?

1.実験の結果、100トンから200トンで、あらゆる丸太はつぶれた。
2.丸太は平たんな道でしか使えず、バールベクでは使えない。
3.1000トン石が置かれた時代、バールベクに強力な国家があった証拠はない。

お花畑の小説「進化物語」と違って、証拠があるから、
小説のストーリーをひねり出すのが難しいな(w
進化の基地外は、基地外病院がお似合いだ(w

201 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/24 23:15
>>200
1000トン石が置かれる=進化論が間違い ?
論理のすり替え


202 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 01:48
>>201

>論理のすり替え

進化論とピラミッドの建築技術がいくらやっても崩せないもんで
見え見えのすり替えに出たみたいやね。

そもそもここは生物板であって世界史板ではないんだが、それを
スレ違いだと指摘しても、逆ギレして脊髄反射で鸚鵡返しするしか
できないもんね。哀れなもんだ。

evももう終わりだね。とっくに解っている事だけど、終わってないと
思っているのは本人だけ。


203 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 05:10
すり替えは悪質だ。王様グループでも振り替えしかしていない。

204 :出ーた出ーた(藁「答えられないと逃げる」:02/02/25 08:01

進化の基地外は、動物病院がお似合いと思われ。猿と一緒にな (w



205 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 10:31

分子のトンデモも、動物病院の水洗から一緒に流してくれ。大腸菌と一緒にな (w

206 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 11:08
>>200
ハァ?
誰も丸太使ったなんて言ってませんが?
クレイドルなら斜面で使えるって188も言ってるだろ?
重さでつぶれるなら数を増やして1コあたりの荷重を減らせば済む話だ。

207 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 11:44
>>204
>>205

・・・で?

ワンパターンの煽りはいいから具体的に反論してみろ。

# 猿だの動物病院だの言い始めるのは撤退の兆候だね。
# さて、まともな反論も無しにいつまで馬鹿をさらせるか見物だね。


208 :188:02/02/25 11:51
>>206

あー、流石に1000トンの一枚板ならクレイドルは使えないだろう。

極端に細長い柱のような形状ならクレイドルの数を増やす事で重量の面は
クリアできるが、とりまわしに問題が出る。





209 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 12:12
そういやピラミッドの石ってセメント式(水で混ぜて固めてつくったブロック)じゃなかったっけ?
その1000トンのやつも現場でセメント式に固めてつくったんじゃないの?

210 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 12:36
>>202
ev を効果的に追い出す方法は、話を専門的な方向に持っていくことだけど、
ev の挙動をヲッチしている人たちは ev の旅立った方向をついていくとい
う繰り返しなんだろうな。そして、残されたスレは専門的なので、あまり書
き込まれなくなってしまうことになる。

ev が習得したことといえば、コテハンをやめたことぐらいかな。


211 :188:02/02/25 18:21
ev君、バールベク神殿というのはこれ?

ttp://www.netlaputa.ne.jp/~nebata/lebanon2.html

土台石に使われた石灰岩は長さ20m 幅4.5m 高さ3.6mあり
約800tの重量がある・・・と。


で、君の問題にしている1000トンの石塊というのはここから一キロほど
離れたところにある石柱の事かな。

ttp://www.st.rim.or.jp/~kiseo/bar-16b.jpg

> バールベック の南西1kmのところに、神殿群の建設に使われた石材の石切り場がある。
>ここには長さ21.2m、重さ1000tの世界最大といわれる巨大な切り石が、作業途中で放棄
>されたまま残っている。学者の試算によると、この切り石を運ぶには延べ4万人の労力が
>必要だったとされる。







212 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 20:19
>>210
>ev の挙動をヲッチしている人たちは ev の旅立った方向をついていくとい
>う繰り返しなんだろうな。

実際トンデモに反論するのはザルで水をすくうようなもんなので
いい加減疲れるんだけどね。頭痛くなってくるし。

後から後から別のネタを引っ張ってくる上、一度論破したネタも
何事もなかったように出してくるのでウゼエ事この上ない。

しかも、少しでも解明されていない事や、専門家の間で意見が分かれている
事があると、鬼の首でも取ったように自分の意見が正しいと喚き始めるので
五月蠅くてかなわん。

さらに悪い事に、内容の正しさとは全く無関係に、声が大きいやつほど
よく目立つので、信じるやつが出てくる。糞TV番組が増えているせいで
アポロ捏造説厨房や占い厨房が増殖してほんとにウンザリするよ。


213 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 21:11
>>1が宇宙人

214 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/25 21:29
巨石運搬(斜面引き上げ)において、丸太もクレイドルも摩擦を減らすのが目的なのだから、
斜面に硬度の高い砂をまいても同じ効果が得られるのではないかなどと考えてみる板違い。
(斜面の硬さも問題になりそうだが)

215 : :02/02/26 01:21
いるだろ

216 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 03:47
銀河系内に知的生命体が存在する可能性を予測するための計算式は以下の式です。

  N=S×P×E×τ×I×C×L÷T

 N :銀河系内に存在する知的生命の数
 S :銀河系内の全恒星数
 P :恒星が惑星系を持つ確率
 E :上の中で生命発生に適した環境を持つ惑星の数
τ:生命が発生する確率
 I :知的生命が発生する確率
 C :技術文明が生まれる確率
 L :その文明の平均寿命
 T :銀河系の年齢

217 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 11:05
サクサイワマンの古代城塞(ペルー)

クスコの郊外、北方1.5キロの丘の上に「サクサイワマン」と呼ばれる城塞跡がある。
毎年6月24日には、この壮大な舞台で、往時を偲んで、きらびやかで荘厳な儀式「太陽の祭典」が、
インディオによって何千人の観光客の前でとりおこなわれる。
このサクサイワマン城塞もスペイン人がクスコを占領したとき、
城塞の上部や塔などを破壊し、教会や政庁を作る材料にしてしまった為に、現在は城壁も砦も下部構造しか見ることが出来ない。
それでも正面の幅300mの砦は、さまざまな形の巨石が、
ジグソーパズルのように一分の隙間もなく巧みに組み合わされている。
中でも最も驚かされるのは、高さが私の背丈の4倍近くもある数百トンの超巨石が、周囲の、
これも何十トンもありそうな巨石群と多面体で、つなぎ合わされていることである。
因みに、最大の巨石は360トンを越すと言われており、この重さは、なんと地下鉄の車両15台分に相当する。
まさに、三次元のジグソウパズルをこともなげに組み合わせたような、巨石同士の接合部分には、
今でもカミソリの刃一枚が入る隙間がない。
実は、日本を出るときまで、私は、参考文献に書いてある「カミソリの刃が一枚も入らない」というのは、
比喩に近い言葉ではないかと思っていた。そこで今回の旅に出るときリュックの中にフェザーの片刃を一枚忍ばしておいた。
ところが、いざ現場に立って、精緻をきわめた石組みに対峙したとき、とても、それをリュックから取り出す気にならなかった。
片刃どころか、空気さえ通さぬ完璧なまでの接合部分を前にして、唖然とした私は、語る言葉を失っていた。
驚きの後に、新たな疑問が浮かぶ。これらの石組みの技術とは別に、
眼前に立ちはだかる馬鹿でかい巨石群は、いったいどうやってここまで運ばれてきたというのだろうか?
現在知られている石切場は、遺跡から15ないし35キロメートルも離れた山道の彼方にあるというのに。

考古学者は、「てこの原理」だとか「巻き上げ機」だとかを持ち出し、膨大な「人力」と併せて説明しようと試みているが、
現物を目にすると、そのような理論は机上の空論に過ぎないことが実感される。
植民地時代の始め、この石壁を見たガルシラーソの書、『インカに関する公式報告書』の中に、大変興味深いことが書かれている。

「・・・歴史上のインカの王がサクサイウマンの古代城塞を建設した先駆者の業績に挑戦
したことがある。この挑戦は巨大な石を一つだけ数キロメートル離れたところから運び、
城塞に追加しようとしたものだった。二万人以上のインディオたちが、山を越え急激な丘
を上り下りしてこの石を引っぱった。・・・・ところが断崖にさしかかったところで、石が人々
の手から離れて落下し、3000人もの人を押し潰した」   (『神々の指紋』より)

これらの事柄を総合すると、サクサイワマンの城塞はインカ時代に建造されたものではなさそうなことがわかる。
おのれの実力を過信するあまり、先駆者の業績に挑戦しようとして、
先述の巨石運搬の大惨事を引き起こしたのではなかろうか。

このように見てくると、今日遺跡として残っているクスコや周辺の建造物の多くは、
恐らく先祖から受け継いだと思われる優れた石細工の技を持った、インカ人の手によるものと思われるが、
サクサイワマンやマチュピチュの遺跡に代表されるような、数十トン、数百トンの巨石を用いた建造物は、
インカ帝国時代のインカ族ではなく、彼等の遠い祖先か、まったく別の民族かは別にして、
それより遙か昔の人々によって造られた物ではなかろうかと思われる。
そうなると、彼等は単に、それら建造物の利用者、修復者に過ぎなかったことになる。
ここでもまた、工学と建築学に多彩な技術を持った伝説の人、ビラコチャの姿が浮かんでくる。


218 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 12:00
ev君、ソース示さずにコピペするのはマナー違反だぜ。
http://www.y-asakawa.com/andesugoe/sakusaiwaman.htm

ところで、重力コントロール技術を持った文明が作ったとか言ってるが、
どうして重力コントロール技術を持つほどの文明が巨石なんぞを建築に使うのかね?
コンクリートのほうがよほど扱いやすいだろうに。

219 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 12:25

君も、三次元のジグソーパズルを楽しんでみれば、その知的楽しさがわかる (藁

もっとも、進化の停脳痔の知能では、三次元のジグソーパズルはできないだろうが・・・

重力コントロールは、宇宙人の文明に普遍的なものだ。

おれは、evではない。

220 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 13:18
ただのパズルなら環境破壊しかねないような巨石を使う必要もあるまい。

221 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 16:47
>>217
>考古学者は、「てこの原理」だとか「巻き上げ機」だとかを持ち出し、膨大な「人力」と
>併せて説明しようと試みているが、現物を目にすると、そのような理論は机上の空論に
>過ぎないことが実感される。

このページの作者もお目出度てーな。
自分だって見た目の印象だけで「空論にすぎない」なんて言ってるじゃん。

実際に人力でピラミッドやモアイの建造実験をやった上で見積もりを出している
考古学者に失礼。馬鹿じゃないの?


222 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 18:16
>>209

>その1000トンのやつも現場でセメント式に固めてつくったんじゃないの?

いや、いくつかページを見ると、近くの石切場から切り出したものらしい。
ちなみに遺跡にに実際に使用されている方の石は800トンとあった。

1000トンと言っているのは一キロほど離れたところに放置されている
角柱状の物。

http://www.potalaka.com/potalaka/potalaka131.html


>>200

>1.実験の結果、100トンから200トンで、あらゆる丸太はつぶれた。

大阪城の最大の石垣は130トンですが何か?
ついでにこっちもカミソリの隙間が入らないほどぴっちり組んでありますが何か?



223 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 18:16
だいたい、構造物にかかる荷重は底面の単位面積あたりで考えないと意味無いだろ。
ちょっと試算してみたが・・・・


検索に引っかかったトンデモページの記述から
長さ28・8メートル、幅4・8メートル、高さ4・2メートル 2000t

底面積にかかる重量  約14.5トン/平方b 
岩の密度       約3.4トン/立方b


http://www.netlaputa.ne.jp/~nebata/lebanon2.html

土台石に使われた石灰岩は長さ20m 幅4.5m 高さ3.6m 約800t


底面積にかかる重量  約8.9トン/平方b 
岩の密度       約2.5トン/立方b


より正確な記録として、Forschung の論文(調査記録?)から。ドイツ語なので
よくわからんが、機械翻訳で英訳した。

http://www.saar.at/baalbek.html

20-m length, 5-m width, 4,6-m height and masses of 1.242 metric tons.

底面積にかかる重量  約12.4トン/平方b 
岩の密度       約2.7トン/立方b


う〜ん。最初のトンデモページはいくらか誇張が入っているのが解るね。(藁

平均で1平方メートルあたり11トンほどか?一平方メートルなら1.1kg、
10トントラックの接地面積を考えると、支えられない重量じゃないね。

ちゅーか、その実験のソースキボンヌ。トンデモ本やら電波の馬鹿HPじゃなくて
ちゃんとした論文のやつ。


>2.丸太は平たんな道でしか使えず、バールベクでは使えない。

丸太で斜面を引き上げる方法は考案されていますが何か?そもそも丸太と
決まった訳ではなし。


>3.1000トン石が置かれた時代、バールベクに強力な国家があった証拠はない。

この辺の事は詳しくないのでシュメールの轢死に詳しい人詳細キボンヌ。
あ、>3.に関してはevの情報はいらんのでその点よろしく。(藁

224 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 19:01
>>222
>大阪城の最大の石垣は130トンですが何か?

130トンは200トン以下だから、実験結果と矛盾しないじゃないか。
大阪城は、淀川に面していて、水運で運んだのだ。
しかも、秀吉は日本という大国の支配者だったから、人海戦術ができた。

>ついでにこっちもカミソリの隙間が入らないほどぴっちり組んでありますが何か?

お前、目倉か?分厚いノートでも入りそうな隙間に、砂がつめてあるじゃないか(藁


225 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 19:15
>>210
>ev が習得したことといえば、コテハンをやめたことぐらいかな。

でも全然隠せてないので意味無し。

>>219
>おれは、evではない。

激しくワロタ ジサクジエンカッコワルイ!!


226 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 20:01
1000t石が置かれた時期にバールベクに宇宙人がいた証拠もないがな。

227 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 20:44

ヘリオポリス, Heliopolis. 地名, 太陽の都の意味。
古代シリアの都市バールベクのギリシャ名。

ヘリオポリスとは“太陽の都”という意味で、
エジプト北部(現レバノン)の「宇宙都市」バールベクを指す名称である。


228 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 20:48
地名に「太陽」の意味が入ったら宇宙都市か。
それじゃあ「東京都日野市」も宇宙都市だな。

229 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 20:58
>>228
お前、あほか?
地名に「太陽」の意味が入ったら宇宙都市ではなく、
当時「宇宙都市」と言われていたのだ。

230 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 21:13
>>229
進化の停脳痔トンデモの無知には、あきれるばかりだが、
巨石文化の都市の大半には、宇宙人伝説がある。

231 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 21:43
ナチュラルにスレのタイトルに近づいていってやが留

232 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 22:55
宇宙都市という名前のものなら発音はかわれどそのまま宇宙都市として伝わるはずだろう。
なぜ太陽などというこじつけレベルのものにかわってしまったのかね?

233 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 23:02
>>232
進化の停脳痔トンデモの無知には、あきれるばかりだが、
大阪だって「天下の台所」と呼ばれただろ。


234 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 00:51
ハァ?
大阪も宇宙都市だとでも言いたいのか?

235 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 04:32
結局
進化論否定派=地球人は宇宙人が作った
進化論肯定派=地球人は宇宙人が作ったわけない
でいいの?


236 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 05:12
またえらいらんぼうな。

237 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/27 06:22
>>235
それはあなたの無知をさらけ出しているだけかと思われ。


238 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 03:01

1995年4月に掲載された記事で、NASAの元報道局長、モーリス・シャトランは、
アポロ月計画で「自然に発生したとは思えない不可解な幾何学的構造物」が月の表面で発見されていたという爆弾発言をしている。 
 アポロ月計画の間、ヒューストンのNASAジョンソン宇宙センターにおいて写真撮影を担当したドナ・ティーツェは、
1995年5月6日のラジオ放送、WOL-AMのワシントンDCにおけるインタビューで、
彼の仕事仲間が機密裏に従事していた内容を明らかにしている。
その仕事内容とは、NASAが一般大衆に写真を売り出す前に、月の写真からUFOをエアブラシで消し去ることであった。 

 1994年9月18日に、もう一人の元宇宙飛行士、ブライアン・オレーリー博士は、
コロラド州フォートコリンズでのニューサイエンス国際フォーラムにおいて次のような発言をした。
それは「約50年もの間、合衆国政府の秘密機関は、大衆からUFOやエイリアンとのコンタクト情報を遠ざけてきた」というものである。
彼はきっぱりした口調で「我々は宇宙文明と接触がある」と述べる。

このような事実が公開されないことに関して、オレーリー博士は次のように説明する。
「UFOと他の宇宙知的生命体に関する情報は少なくとも47年にわたって、恐らく、
CIA、NSA、DIA、または同じような組織の中のエリートグループによって操作されてきた。
この少数精鋭のグループは、我々が信じられないような秘密の情報をたやすく手に入れることができる・・・。
この悪魔のようなグループを調査している人間たちによれば、
UFO、エイリアン、マインドコントロール、遺伝子工学、フリーエネルギー、反重力推進エネルギーなどの、
宇宙版ウォーターゲート事件ともいえる内容に比べれば、
ウォーターゲートあるいはイラン・ゲート事件などは、子供の遊びのようなものだという。」


NASA のUFO映像が見られる (Windows Media Player)
      ↓
http://gifu.cool.ne.jp/iwao333/index.htm


239 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 03:33
スレタイトルに戻ります。
ここで言う、“うちうじん”とはなんでしょうか。
地球以外の天体のみに存在する生命体(生命体自体はっきりしないない言い方ですが、なんらかの定義が在ると仮定して話をすすめます。)、
でいいでしょうか。
では、なんであれ存在しないことを証明することは論理的に不可能ですので、
存在することを証明するにはどうしたらいいでしょうか。
ひまなひとは、例を考えてみて下さい。

たとえば
i) 地球上には生命体が存在せず、かつこの宇宙には生命体が存在することを示す。
ii) 他の天体に生命体が存在し、それは地球上には存在しないことを示す。
などです。
もちろんこれらは証明不可能ですし、トートロジーです。
こうして考えてみると、“うちうじん”が存在することを証明することも、
かなりの難問であると思われますが、いかがでしょう。


(というのはある種のトリックなんですが。)

240 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 05:41
地球の人のような知的生命が進化・存在できる条件が宇宙では特殊なものでなければ、当然地球外の知的生命は存在するだろう
それをどうやって証明するかが問題だ
惑星の比較にしたって太陽系外についてはまだほとんど何も判っていないんだし、答えるには資料不足というしかないんじゃないか?
でも個人的には当然存在するだろうと思う
地球がそれほど類い稀な条件の環境だとは到底思えない
恒星の数は余りに多く、可能性は限りなく大きい
でも宇宙は余りに大きく、太陽系外の空間を惑星レベルで観測するのはまだしばらく無理だろう

241 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 10:23
どうでもいいが、モーリス・シャトランって、サイト毎に役職の記述が違うな(w
通信システムの設計に関わっただけ、みたいなページもあったぞ(w

242 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 10:49
あと、もう一人の元宇宙飛行士ブライアン・オレーリー博士ってアポロ何号の乗員よ?
http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/faq/faq4/apollo_astronaut.html


243 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 11:28
ブライアン・オレアリー 元プリンストン大学教授。
専門は惑星科学(わくせいかがく)と航宙学(こうちゅうがく)。
アポロ計画ではNASAの科学者であり、マリナー10号では金星ー水星テレビジョン科学チームの副団長。
現在は旅行、講演、著作の生活を送る。

アポロの予備クルー。


244 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 11:33
>243
そ れ じ ゃ 宇 宙 に 行 っ て な い じ ゃ ん。

245 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 11:58
>>238
進化の停脳痔トンデモ必死だな (w

映像流れたら、もうしまいだね (w

246 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 14:54

     ・・・結 論・・・

進 化 論・・・停脳痔トンデモ+高度情報に接する立場にない人の、地球生命オカルト小説

宇宙考古学・・・知能が高い人+高度情報に接する立場にある人の、地球生命起源説

247 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 15:18

    「神々の指紋」

GRAHAM HANCOCK 著(単行本・翔泳社 文庫本・小学館)
イギリス人の宇宙考古学者

今から1万2千年以上前、地球に高度な文明が存在した。
古代文明の謎を解き明かす驚愕の新事実の数々。
12カ国で出版され、空前の反響を巻き起こした全世界が注目するノンフィクション。
エジプトのスフィンクス、南米アンデスの奇妙な神殿ティアワナコ、
メキシコの太陽と月のピラミッドなど、世界各地の古代遺跡を調査したハンコックは、
地球の最後の氷河期に繁栄した高度な文明の痕跡を発見する。
人々はすでに高度な知識、洗練されたテクノロジー、宇宙に対する科学的認識を持っていた…。
本書の中で語られる驚くべき発見の数々は、知的革命とも呼べるものだ。
これらの発見と大胆な地球規模の推論は、我々の過去、
つまり人類の古代史に対する認識を、劇的に変えるものである。
「本書は90年代の最も傑出した知的業績といえよう」―コリン・ウィルソン
(Original Title:Fingerprints Of The Gods [ A. M. HEATH & CO. , LTD. ])

248 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 15:35

http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/booklinks/ISBN4-537-25009-7.html

『超古代遺跡と異星文明の謎』
  宇宙から来た神々がもたらした太古超文明の秘密

(NASAの出版妨害で、アメリカで発禁)

モーリス・シャトラン 著/南山 宏 訳
 元NASAの宇宙考古学者

249 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 16:03

宇宙考古学(Ancient Astronauts Theory, Space God Theory)

古代に他の天体から地球を訪れた異星人が、地上に様々な形の痕跡を残しているという考えに対する日本での呼び名。
日本のUFO研究団体である宇宙友好協会が最初に用いたとされる。

異星人は太古の昔から地球を訪れており、その痕跡は各地の遺跡や伝説、文献などに残されているという主張は
50年代の末よりアメリカのモーリス・ジェサップ、ソ連のアレキサンドル・カザンツェフ、
イギリスのレイモンド・ドレイクなどが唱えていたが、
70年代にスイスのエーリッヒ・フォン・デニケンの一連の著作がベストセラーとなって一般化した。


250 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 16:59
もはやただのコピペ荒らしだね、ev。
自暴自棄モードですか。


251 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 17:57
>>250
いいかげんみんな呆れてレスするのが面倒になっているだけなのに、
勝手に自分の主張が認められたとでも思っているんだろう。

放置決定。

.....しっかし、これで自作自演がばれてないとでも思っているんだから、
本物のの阿呆だな。

252 :出ーた出ーた(藁「答えられないと逃げる」:02/02/28 18:07
>>250-251
荒らしは、お前だ。
お前らの発言は、まったく中身がないぞ (藁

進化の基地外は、動物病院がお似合いと思われ。猿と一緒にな (藁



253 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 19:45
>252
ハァ?
君、質問してないじゃん。
独り言をコピペしてるだけじゃん。

254 :もういいかげん:02/02/28 21:35
飽きた

ev氏はとりあえず,下の掲示板に行って創造論者と戦ってきてよ

http://158.teacup.com/kenko/bbs

255 :出ーた出ーた(藁「答えられないと逃げる」:02/02/28 21:59
>>254
往生際の悪いトンデモだなあ。

「飽きた」じゃなく、「負けた」と、はっきり言えよ。
もう反論できなくなったんだろ?

1000トン石も、3次元パズルも、UFOも何も反論できないんだろ? 藁


256 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 22:22
>>254
進化の停脳痔トンデモは、氏ね!

257 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/28 22:50

進化論 = 停脳痔トンデモ向けオカルト小説、ということでいいんだね?

258 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 00:38
1000t石も3次元パズルも散々反論されてるだろ。
まあ、都合の悪いものは見えない目をしているようだが。


259 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 00:44
おっと丸太の話を書いてなかったね。
丸太が100tでつぶれてしまうなら、1000tの石を運ぶには石の下に10本丸太が入るようにすればいい。
斜面で持ち上げるには、斜面側に丸太を固定してやればいい。(摩擦を減らすのが目的)
あるいは石の下側に10本固定して、先を加工して「そり」にするのも手だろうな。斜面持ち上げ時。

260 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 00:55
>>258
それはお前だ。

>>259
お前も相当馬鹿だな。
100tでつぶれた丸太は、1本ではないぞ。
使った丸太全てがつぶれたのだ。やれやれ・・・

261 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 03:26
>>260

>100tでつぶれた丸太は、1本ではないぞ。
>使った丸太全てがつぶれたのだ。やれやれ・・・

だからその根拠となるソースは何処よ。

ここで「神々の指紋」とかの低脳本を出してくるのはやめてね。
あれが意図的な歪曲とレトリックの固まりで、なんの内容もない事は
とっくに検証済みだから。

大阪城の石垣から見るとおり、人力で100トンを超える石材を運ぶ事は
可能だ。

それとも、大阪城の石垣も異星人が作ったとでも?(藁

# いやぁ、ほんとにそんな事を言い出すくらい馬鹿そうで怖いな。



262 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 03:28
ちゅーか、いいかげん板違いだ。世界史板の適当なスレッドで
続けるべきだろ。

263 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 10:27
>1.実験の結果、100トンから200トンで、あらゆる丸太はつぶれた。
この意味は日本語では

「加重をじょじょにかけていく実験をしたら、全ての種類の丸太は100〜200tで潰れた」

としか解釈できないぞ。
丸太1本あたり100tに耐えられるなら、10本に加重を分散すれば1000tに耐えることは可能だぞ。

それともお前の宇宙語だと

「1000tの石を10本の丸太で運ぶ実験をしたら丸太は全て潰れてしまった」

という意味なのか?

>1000トンと言っているのは一キロほど離れたところに放置されている角柱状の物。


あと、仮に重力制御なんぞというテクノロジーがあったのなら、
どうして1000t石は運搬途中で放棄されてるのかね?
そんなテクノロジーがあったら、途中でやめるのも最後まで運ぶのも大して変わらんだろ。

264 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 10:54
>>261
おまえ、あほか。何度論破されたら気がつくんだ?
大阪城の石垣では130トンまでしか可能といえないぞ。

1.実験の結果、100トンから200トンで、あらゆる丸太はつぶれた。
  130トンは200トン以下だから、実験結果と矛盾しない。

2.丸太は平たんな道でしか使えず、バールベクでは使えない。
  しかし、大阪城は、淀川に面していて、水運で運んだ。

3.1000トン石が置かれた時代、バールベクに強力な国家があった証拠はない。
  しかし、秀吉は日本という大国の支配者だったから、人海戦術ができた。

激しく同意。お前のような停脳痔や知恵遅れには、宇宙考古学は全く意味がない (w
オカルト小説「進化物語」がお似合いだ (w

>>263
お前も相当馬鹿だな。
1本あたり100tに耐えられる丸太など、あるわけないだろうが。
使った丸太全てがつぶれたのだ。

>学者の試算によると、この切り石を運ぶには延べ4万人の労力が必要だったとされる。

こっちからも質問だ。
どうして、わざわざ石床のために、800tから1000tを4万人で運ぶ必要があるんだ?
100tを10個、10tを100個にすれば、はるかに簡単だろうが!



265 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 11:06
>>217
植民地時代の始め、この石壁を見たガルシラーソの書、『インカに関する公式報告書』の中に、大変興味深いことが書かれている。

「・・・歴史上のインカの王がサクサイウマンの古代城塞を建設した先駆者の業績に挑戦
したことがある。この挑戦は巨大な石を一つだけ数キロメートル離れたところから運び、
城塞に追加しようとしたものだった。二万人以上のインディオたちが、山を越え急激な丘
を上り下りしてこの石を引っぱった。・・・・ところが断崖にさしかかったところで、石が人々
の手から離れて落下し、3000人もの人を押し潰した」   (『神々の指紋』より)

これも忘れるなよ (w


266 :146:02/03/01 11:12
 私は ev ではないが、

>>1.実験の結果、100トンから200トンで、あらゆる丸太はつぶれた。
>この意味は日本語では
>「加重をじょじょにかけていく実験をしたら、全ての種類の丸太は100〜200tで潰れた」
>としか解釈できないぞ。
>丸太1本あたり100tに耐えられるなら、10本に加重を分散すれば1000tに耐えることは可能だぞ。

 なんて議論しているから、電波をのさばらせることになってんじゃないの?
常識的に考えて、100t の石の下に一本の丸太を敷くことを想像するのって、
変だよ。石の下にびっしり丸太を敷いたって考えるべきで、それらの丸太が
つぶれたって言ってるんでしょ?ソースが何かはともかくとして。

 それより、>>200 で変なのは、「丸太が使えないから宇宙人が石を
移動させた」ってロジックだな。「丸太が使えないから別のものを使った」
だけのことでしょ。
 もうひとつ変な記述は「1000トン石が置かれた時代、バールベクに
強力な国家があった証拠はない。」のくだり。強力な国家がなかった証拠
もないね。あったか無かったかは五分五分だ。なんの理由付けにもならない。
 最後に言うと、古代に重い石を人々が運んだのは不思議だということと
宇宙人の話とどういう関係があるわけ?古代の人々が高度な技術を持って
たのは別に宇宙人に当てはめる必要ないよ。
 たとえば、丸太じゃなく、石でできたころを使ったとかね。石でできた
ころならつぶれないでしょ?これは一つの例だけどね。俺が思いつかない
だけで、いくらでも解決策はありそうだな。
 いいかげん、本題に戻ったら?古代の遺跡の話はどうでもいいよ。進化
の話も本題と関係ないね。

267 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 12:21
潰れた、ってわざわざ巨石を用意してその下に丸太を置く実験だと思ってるのか?
普通この手の実験は万力のバケモノみたいなの使ってやるぞ。これならアナログ値で測定できるしな。

>>264
>どうして、わざわざ石床のために、800tから1000tを4万人で運ぶ必要があるんだ?

俺の解釈としては「祭り」だ。毎年に何日か、巨大な石を皆で力を合わせて少しずつ動かすという祭りだ。
馬鹿馬鹿しいようだが、祭りなんて大概わけのわからんものだ。
日本にも那覇の巨大綱引きなんてのもあるしな。


268 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 12:39
>>267
ハァ???
「毎年に何日か1000tを4万人で、力を合わせて少しずつ動かすという祭り」 ???

ハゲシクワロタ・・・進化の停脳痔は、やはり発想がトンデモだな (w

269 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 14:22
>>268
evよ、常識を前提に「トンデモ」という理由だけで相手の論を切り捨てていい立場に
自分がいるのかどうか、良く考えてから発言したほうがいいよ。

きみは世界の「常識」を崩すことに挑戦してるんじゃないのかい?

270 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 14:51
>>269
やれやれ、ならレスしてやる。
「毎年に何日か1000t石を4万人で、力を合わせて少しずつ動かすという祭り」 (w

そんな盛大なアホ祭りが本当にあったなら、伝承があったはずだから、
君の説は立証しやすいぞ。どうぞ好きなだけ検索してくれ (w

271 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 15:52
>>270
重力制御すら可能なテクノロジーを用いて、石造りの都市を造るのも相当に
無意味だと思うがね。

現在解明されて無い事実に対して、宇宙人なんかを持ち出して説明するのは
2重に無理がある。

「神々の指紋」みたいな馬鹿本を得意げにコピペしているような馬鹿の考えそうな
事だとは思うがね。

考古学で解明されていない謎は数多くあるが、とっくに決着が付いている事も多い。
それらを全て無視して宇宙人宇宙人騒いでいる馬鹿はウゼエ。

272 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 16:21
>>271
どうして、わざわざ石床のために、800tから1000tを4万人で運ぶ必要があるんだ?
100tを10個、10tを100個にすれば、はるかに簡単だろうが!

早くもアホ祭りは破綻かい? w

石造りの都市には、目的があるんだよ。お前のような停脳痔が知らないだけでな。 w
「神々の指紋」は、お前のような停脳痔には、全く意味がないと、何度言わせるんだい ? w
トンデモが逃げる時には皆「うぜえ」というよ。 w

273 :267:02/03/01 16:39
271は俺じゃないぞ?
祭りがあったかどうかは付近で都市遺構が発見されれば明らかになるだろ。
まあ、石を運ぶ目的はなんでもいいや。

それはそうと、重力制御などというすごいテクノロジーを持った連中が石を運んだんだとすると、
「石の切り出し」も当然凄いテクノロジーでやってるんだよな?
ウォーターカッターとか、レーザーとか、分子分解ビームとか。
その石の切り出し面にはどんなテクノロジーの痕跡が見られるのかね?
まさか楔をうちこんで割った後とか残ってないよな?

274 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 20:33
あ〜あ、馬鹿って楽でいいよな。

解明されていない事があったらそれに難癖つけるだけで宇宙人の
証拠に出来るんだから。なあ、馬鹿。 >ev

進化で叩かれて逃げ場が無くなって、板違いで詳しい人間がいないのをいい事に
生物板と無関係な古代遺跡ネタばかりやって得意げになって、恥を恥とも思わない。
さすが馬鹿。>ev

世界史板だと袋だたきになるのが解っているから生物板で虚勢を張る馬鹿。 >ev
悔しかったら世界史板でスレ建てて同じ論をはってみな。

過去にさんざん論破された上、批判本で完膚無きまでに粉砕された「神々の指紋」
なんかをいまだにありがたがっている幸せな馬鹿。 >ev

自分の間違いを指摘されても、綺麗さっぱり忘れて、他のスレで同じ事を繰り返す、
痴呆症並みに記憶力のない馬鹿。 >ev

資料の信頼性の検討も、批判対象を理解する事も出来ないのに、都合のいい事だけ
信じられる馬鹿。 >ev

しかも、その間で学習したのが自分の名前を隠す事だけ。おまけに見え見えの自作自演
繰り返して、ばれてないと思っているらしい、頭の中がお花畑の馬鹿。 >ev

いやあ、馬鹿って幸せだなあ。なあ、evよ。

275 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 21:01
>>274
トンデモが逃げる時には皆「馬鹿」というよ。 w  >トンデモ

276 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 21:07
>>275
evが逃げる時には大抵「猿」「白痴」そして鸚鵡返しだな。(藁

277 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 21:10
>>183
>青銅をつくる合金技術も知っていた。青銅の
>原料となる錫は自然には単体で存在せず、錫石から複雑な過程で抽出せねば
>ならない。そうした技術をシュメール文明が始まってからわずか数百年のう
>ちに用い始めたことになる。

ダウト。初期農村の範囲で、紀元前5000年ごろ、 彩文土器の製の他に、
銅・青銅器の使用も行われていた。

278 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 21:12
>>277
追加情報。

天然の銅鉱脈には不純物が混ざってることの方が普通で、銅鉱と錫鋼が
一緒に採掘されてしまうことも混ざって採掘されることも少なくない

279 :さらに追加(w:02/03/01 21:20
>名前:Krt 投稿日:01/12/28 08:32
>少々出遅れの感もあるが一言。

>銅は自然銅として金属状態で産出するので、これに興味を抱く者が現れれば、石で打つことで
>自由に加工できるのに粘り強いという優れた性質は容易に気づかれ、利用も進んだはずである。
>また火打ち石に熱を加えたり焼き鈍しをして性質を変える技術は新石器時代から存在したため、
>この技術は抵抗無く銅鍛造にも利用されただろう。こうしてまだ銅を溶融する技術の無かった
>紀元前8500年頃から西アジアでは700-800度に熱した自然銅を鍛造して銅加工品が作られ始めた。
>やがて木炭を利用して銅を溶融することが可能になるにつれ、銅の利用技術は一層高度になり、
>BC6000頃からは銅の精錬も始まる。これがどうやって始まったかは謎だが、一つの仮説として、
>木炭を利用して岩石の中の自然銅を炉で溶かしたとき、周りにある酸化銅を還元しまったために
>期待した量よりも遙かに多くの銅が得られ、この因果関係(銅鉱石を木炭で焼けば銅が取れる)
>に思い当たった賢い人間がいた、というものがあり、かなり有力視されている。

>次に合金銅の誕生だが、これは偶然と経験の積み重ねによると思われる。最初の契機は炉中に
>何かある種の物質を入れるとそれが融剤となって比較的低温でも溶融が起こることが気づかれ、
>そのうちある特別な鉱物を適量入れると単に融点が下がるばかりではなく、できあがった銅が
>著しく強くなるという現象が発見されたのだと思われる。銅にとって最初のパートナーは砒素
>であり、このわずか2%ほどの砒素の混入が銅の刃物の強度をそれとわかるほど増したため、
>古代人は長い間に様々な種類の鉱物を混ぜてみたに違いない。そしてこの「特別な鉱物」の内
>最も大きな力を発揮したものこそが我々が「錫石」と呼ぶものだったとすれば青銅の誕生は
>説明できるし、この技術は容易に失われず次代へと伝承され得たと思われる。というのは、
>この古代において事実上利用可能な唯一の錫資源だった「錫石」は赤葡萄色〜黄褐色をした
>葡萄状の石ないし粗い砂状の極めて印象的な鉱物で同定が容易だったし、還元力のある木炭
>のある炉内なら、精錬した錫でなく錫石(SnO2)の状態でも一応青銅を造り得たからである。
>そして紀元前4000年頃から始まり、紀元前3000年から1200年にかけて大いに発達した、
>この錫をパートナーとした合金銅の精錬、加工、及び鋳造の技術は、人類史に「青銅時代」
>と呼ばれる輝かしい一時期を築いたのである。ちなみにこの時期の青銅の錫含有量は、
>試行錯誤の後、ほぼ10wt%程度に落ち着いていったそうである。


280 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 21:44
大阪城の石垣の運搬に水路を利用したのは確かだろうけど、
どのみち石垣に積み上げるために地面の上を運搬する必要が
あるんじゃないのか?

>>265

単にインカの王が同じ事をしようとして事故を起こしたと言うだけだと思うが。
一般化できるような問題じゃないでしょう。

この論拠で行くなら、来島大橋架設桁落下災害があったからと言って、
人類の手では作れないと言う事にはならないのと同じでは。


281 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 22:43
>>273
>まあ、石を運ぶ目的はなんでもいいや。

結局、お手上げかね?

>それはそうと、重力制御などというすごいテクノロジーを持った連中が石を運んだんだとすると、
>「石の切り出し」も当然凄いテクノロジーでやってるんだよな?

「石の切り出し」も進化にとっては、難題だな? w
3次元パズルも、花崗岩もあるしな w

>>277-279
何度論破されたら気がつくんだ?

人類は399万年間簡単な石器以外、何も造れなかったアホ生物だから、
いきなり金属製品の鋳造や600万トンのピラミッドを、造れるわけないだろ?

もっとも進化の基地外物語では、爬虫類にも、いきなり翼が生えるようだが・・・

>>280
何度論破されたら気がつくんだ?
大阪城・・・130トンを数十メートル
サクサイワマン・・・360トンを15から35キロメートル
バールベク・・・800tから1000tを1キロ

どうして、わざわざ石床のために、800tから1000tを4万人で運ぶ必要があるんだ?
100tを10個、10tを100個にすれば、はるかに簡単だろうが!ボケ!


282 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 23:10

NASA のUFO映像が見られる (Windows Media Player)
      ↓
http://gifu.cool.ne.jp/iwao333/index.htm


283 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 23:49
evは何度論破されたら気がつくんだろう?

同じことの繰り返し

痴呆が入っていると思われ


284 :ぷう:02/03/02 01:29
宇宙人いますよ。

私、宇宙人です。別名 地球人です。

285 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 02:33
>>283
馬鹿だから、こっちの言っている事も、自分が間違っている事も理解できないんだろう。
一時期はもうちょっとましだったような気もするんだけどねえ。

自分のちゃちなプライドを守るために強弁する事しかできなくなっているとは。
哀れなり。

ちゅーか、巨石運搬法がはっきり解明されてないので有頂天だな。
とっくに叩き潰された始祖鳥と人類の技術発展を未だに持ち出してくるとはね。

それにさんざん指摘されているけど、進化と古代遺跡と何の関係があるのやら。
「古代遺跡は宇宙人が作った。だから進化論は間違い」・・・関連性がさっぱり不明だよ。

舞い上がって脳になんかが来て(藁)整合性をとる事も出来なくなっているのか・・・
真剣に頭おかしくなってるんじゃない?

ま、前から整合性なんてかけらもなかったけど、今度のは特にヒドイ。病状が
進行しているんだろうね。

まあ、完全におかしくなって社会復帰不可能になるのを見物するのもまた一興。
こんなやつ放置しとくと迷惑だし。

286 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 03:36

285=馬鹿だから、こっちの言っている事も、自分が間違っている事も理解できない。
285=真剣に頭おかい。
285=特にヒドイ。病状が進行しているんだろう。
285=完全におかしく社会復帰不可能。

285=進化の基地外は、放置。

287 :146:02/03/02 06:08
>>267
>巨大な石を皆で力を合わせて少しずつ動かすという祭りだ。
 それはありえる。

>>270
>そんな盛大なアホ祭りが本当にあったなら、伝承があったはず
 「伝承が無い」=>「祭りは無かった」は間違い。使えるのは、
「伝承がある」=>「そういうことがあったかもしれない」という
ロジックだけ。

>>272
>石造りの都市には、目的があるんだよ。
 本題と関係ない。

>>277-279
 本題と関係の無い、追加情報。

>>281
>「石の切り出し」も進化にとっては、難題だな? 
 「石の切り出し」、「進化」、本題、この3つはどれも議論する
上でどれもまったく無関係の題材だ。

>いきなり金属製品の鋳造や600万トンのピラミッドを、造れるわけないだろ?
>もっとも進化の基地外物語では、爬虫類にも、いきなり翼が生えるようだが・・・
 人類の歴史と、進化、本題、この3つはどれも無関係の題材だ。



 いいかげん、本題に戻らないか?

288 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 09:08
そうだね。evはほっといて本題に戻ろう。


1:とりあえず、現時点での観測では、太陽系内では地球以外で生命体は発見されていない。
  可能性があるのは火星の地下や極冠、エウロパの氷の下の海。いずれにしても
  バクテリアレベルと考えられる。火星についてはこれから探査が進むだろうが、
  エウロパについては、まず実際に海が存在するかどうか、直接探査機を送り込んで
  調査する必要あり。(NASAで計画中) また、地下に海があるとして、氷の厚さは
  数キロと見られているので、実際に海の内部を調査できるのはかなり先になりそう。

http://spaceboy.nasda.go.jp/note/Tansa/J/tan9903_europaorbiter_j.html
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/3669.html


2:太陽系外では、惑星をもつと見られる恒星は70ほど見つかっているが、多くは極端な
  楕円軌道で、生命が存在する可能性は低い。ただ、最近になって太陽系に似た惑星系も
  見つかっており、ひょっとすると地球型の惑星もあるかもしれない。  

http://www.cnn.co.jp/2001/TECH/08/16/another.solar.system/

  でも45光年か・・・・探査機を送り込むにしても、100年以上は先にならないと
  目処が立たないな。
  

・・・・とまあ、近い将来で可能性がありそうなのはこんなところか?他にも有望なトピックが
あれば追加希望。

そういえば最近、アミノ酸に続いて、隕石に付着していた糖が発見されたらしい。
宇宙空間でもこれらの有機分子が生成されるのなら、条件さえ合えば後は他の
星系でも生命が発生するかもしれない。

289 :146:02/03/02 10:00
>>288
>そういえば最近、アミノ酸に続いて、隕石に付着していた糖が発見されたらしい。

 これって、具体的にどのアミノ酸・どんな糖ですか?これらが宇宙空間で生成される
可能性を考える上で参考にしたいんだけど。

290 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 13:30
>>288
恒星間探査は、テクノロジーもさることながら、エネルギー単価がどこまで下がるかが最大の問題。
昔未来技術板で「質量1tの探査機をレーザー推進で0.1Cにまで加速するための費用」を試算したんだが、
電気代だけで何兆円だかになった記憶がある。(エネルギー単価は10円/kwhとした)

数00年後に結果の出るようなプロジェクト(つまり納税者は生きてるうちには結果を見られない)に
アポロ並みの金(血税)をつぎ込めるような国家は存在しえないよ。

291 :古代人:02/03/02 15:31
>>264
>3.1000トン石が置かれた時代、バールベクに強力な国家があった証拠はない。

その1000トン石とか遺跡とかが「強力な国家があった」証拠じゃないの?

トンデモ本の読み過ぎで素直な論理が立てられなくなってるんでしょう

部屋を荒されて金目のモノがなくなってるのに
「この部屋に泥棒が入った証拠はない」って言って,
「宇宙人がきたんだ」って主張してるようなもの

292 :親切な人:02/03/02 15:34

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「 TBC-7 」がパワーアップした
「 TBC-7S 」↓
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b21029050

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

293 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 20:42
>>289
ほい。

http://www.astroarts.co.jp/news/2001/12/20panspermia/index-j.shtml

HOTWIREDか何かのニュースで見たような気がしたんだが、検索しても出なかった。
ぐくるで一発・・・最初の情報どこで見たんだっけ。

294 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 20:54
漏れの尿から糖が発見されるのも地球外生命の証拠ですか?

295 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 21:04
宇宙になんかでなくても生物の研究材料はここ(地球上)に山ほどあるのに。
生命発生のメカニズムが明らかになってからでないと無駄な金がかかるだけだと思うが。
以前、NASAかなんかが火星からの隕石の中に生物の痕跡を発見したなんてトンデモに近い
発表をしていたが、あれは学者達が政府から予算を獲得するためのパフォーマンス以外に
あり得ないと思われ。



296 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/02 21:06
>>294
ワラ スレの肥やし

297 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/03 07:52
>>290
いや、コストは別として純粋に技術的な目処が立つのに100年くらい必要かな
と言う意味で。(根拠なし)

実際に恒星間に宇宙船を飛ばす計画としてはダイダロス計画が有名だけど、
アレの推進機は核融合だったよね。今の技術じゃ無理。しかも目的地は
5.9光年先のバーナード星で、推進に4年かけて最大速度が光速の14%
止まり(それでもすごいが)、到着は40年後・・・・

45光年だとこんな物じゃすまないよなあ・・・

今のところ宇宙に出るのに大きなコストがかかるのが問題というのは認識している。
やはり宇宙は手強い。


298 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/03 14:56
ダイダロスは核分裂だった筈。
ミニ原爆で推進する。

299 :146:02/03/05 11:46
>>293
 その隕石が、アステロイドベルト由来で、実はアステロイドベルトは
大昔、生命が存在した惑星であったなんて可能性無いですかね。

300 :出ーた出ーた(藁「答えられないと逃げる」:02/03/05 14:10
>>287
>「石の切り出し」、「進化」、本題、この3つはどれも議論する
>上でどれもまったく無関係の題材だ。
>人類の歴史と、進化、本題、この3つはどれも無関係の題材だ。

>>291
>その1000トン石とか遺跡とかが「強力な国家があった」証拠じゃないの?

出ーた出ーた(藁「答えられないと逃げる」

>>288
>とりあえず、現時点での観測では、太陽系内では地球以外で生命体は発見されていない。

何度論破されたら気がつくんだ? お前は救いようのない知恵遅れだな?
NASAは太陽系の至るところで、UFOを撮影しているし、
UFOは地球のあらゆる時代場所で撮影されている。

NASA のUFO映像が見られる (Windows Media Player)

http://gifu.cool.ne.jp/iwao333/index.htm

301 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 00:53
↑こんなやつに300盗られた!!

302 :146:02/03/06 04:51
>>288
>>とりあえず、現時点での観測では、太陽系内では地球以外で生命体は発見されていない。
>NASAは太陽系の至るところで、UFOを撮影しているし、
>UFOは地球のあらゆる時代場所で撮影されている。

 君、議論の方向がずれてるよ。君の言っている UFO が地球外生命体のものと
仮定して考えてみようか?>>288 で言ってるのは、そういった UFO が観察される・
されないの話じゃないだろ?その UFO を操っている生命体の起源は太陽系内じゃ
なさそうだって言ってるんじゃないの?別のスレで、宇宙人が恒星間宇宙船を利
用して遠くの恒星系からきてるって言ってた人がいたけど、君もそう考えてるん
じゃないの?288 の意見と君の意見と大きな違いは無いと思うけどな。
 俺は、君の言う UFO が地球外生命体の乗り物であることも否定しないし、
宇宙人が地球に来てるかもしれない事は否定しないよ。でもそのことと、
現在議論されていることは別のことと考えたほうがいい。ここでの議論は
君の書き込みの内容を否定するものではないよ。ここでは、地球外生命体が
いることを認めて議論を進めていることを知っておきなさい。君の、古代遺
跡と宇宙人との関係の話は、スレ違い、板違いだ。よそでやったほうが君も
有意義な議論ができるんじゃないのかな。

303 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 05:41
>地球外生命体がいることを認めて議論を進めている?

何だ、146 = ev だったんだね・・・

304 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 11:31
evは146ではなく300だと思われ。
少なくともevは自分の主張をコピペするためなら板違いなど気にしないからね。

305 :146:02/03/06 12:13
>>302
 誤植スマソ。

誤「地球外生命体がいることを認めて議論を進めている」
正「地球外生命体がいることを認めて議論を進めている人もいる」

306 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 18:50
誤「地球外生命体がいることを認めて議論を進めている」
正「基地外生命体がいることを認めて議論を進めている」


307 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 21:31
>>303
地球外生命体がいることを否定すると地球の生物がきわめて特殊なもの
になってしまう。特定の条件を満たせばよいとするなら、地球外生命は
存在する。
でも地球にはちょっとこれねーだろうと。来たとしても生物創造はしねー
だろうと。1000トン石切りださねーだろうと。

308 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 21:45
>>306
ハゲドウ。進化はみな基地外だからな w

309 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 22:04
なんかevだんだん句読点が減ってきたよね

310 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 22:10
>>308
進化の基地外は、実験でできねえくせに、生物が自然発生するという妄想を、
捨てきれねえらしいぜ。進化と基地外は死ななきゃ直らねえぜ。

311 :挙手:02/03/06 22:18
>>310
人間はどうやって誕生したの?

312 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 22:29
>>310
進化は知能が低いので、進化論と事実と思いこんでいるだけなのです。
進化は幼稚園児と同じで、判断力がないだけで、基地外ではありません。

313 :挙手:02/03/06 22:30
>>310 >>312
濁点の置き方がevとそっくりだね

314 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 22:30
進化は知能が低いので、進化論を事実と思いこんでいるだけなのです。
進化は幼稚園児と同じで判断力がないだけで、基地外ではありません。


315 :挙手:02/03/06 22:31
>>314
どうして濁点を消したの?

316 :挙手:02/03/06 22:34
間違えた。句読点だった

317 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 23:19
evさんをキチガイ扱いもどうかと思ってスレを全部読んだら驚きました。
本物ですね。比喩や煽りじゃありません。(一応精神医療関係者)
2ちゃんねる以外ではこんなことは言えないのですが、この人は本物の
病人です。最近は診断基準が厳しくなったために「妄想性人格障害」と
診断される可能性もありますが、従前であれば精神分裂病と診断された
ケースだと考えられます。
私の第一印象では、実際に精神科での入退院を繰り返しているか、
少なくとも現在でも通院しているはずです。この状況になると関係者に
よる行動管理(強制的な入院や常時付き添い等)が必要です。
ですから、この人に理屈は通じません。正常な判断力は既に失われている
と見られます。何らかの手段により強制的に排除する以外に、この板で
この人が暴れるのを防ぐ方法はないでしょう。せいぜい無視することです

318 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 23:27
>>317
コピペ

319 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 01:11
ところでevの自作自演なの?
それとも創造論者のゲンリ君(職業:霊感商法)が紛れこんできたの?

320 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 01:31
>>310
>>312
>>314

ジサクジエン

314には文体を変えようとした涙ぐましい努力が

321 :146:02/03/07 05:15
 このスレッドで >>1 の問いに関係の無いレス

・古代遺跡に関するもの
・進化論に関するもの
・罵りレス

の削除依頼をしてこようかなと考えているのですが、
賛成の方いますか?それとも、隔離スレとして、そっと
しておいた方がいいのかな?

322 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 05:51
>>314
>進化は知能が低いので、進化論を事実と思いこんでいるだけなのです。
>進化は幼稚園児と同じで判断力がないだけで、基地外ではありません。

進化は知能が低いので、宇宙考古学を覚えるのは難しいかもしれません。
知能が低い進化のために進化論があるのですから、進化は放置しておくのがよいでしょう。

323 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 07:27
>>322
その通りです。知能が低い判断力がない厨房を進化で騙すのは簡単です。
大きさの違う猿の絵と、猿に似た人間の絵を、小さい順に並べてください。
「ほらこうして並べると、どれも似ているだろ。だから、人間は猿から進化んだ。」

知能の低い成績の悪い厨房ほど、これで騙し「進化」にできます。
皆さんも学校で、ぜひお試しあれ。

324 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 07:44
>>320
まあ、さんざんあちこちのスレッドで、「すぐばれる」と評判だからなあ。
でもevの知能では少々努力したくらいではev臭は消せないみたいで。(藁

だんだん自作自演レスが増加傾向にあるから、そろそろ逃げ出すんじゃ
ないのかな。これまでのパターンだと。

既に古巣の方へ撤退準備しているみたいだし。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/1011435196/

325 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 16:11

宇宙人UFO大事典 深〈地球史〉 / ジム・マース/著 柴田譲治/訳

全世界で話題沸騰!!
超古代から現代まで地球における宇宙人たちの超長期的目的を明らかにする。

徳間書店 最新刊 2002年2月発行 511P 21cm ISBN: 4-19-861482-2 価格: 2,800円(税別)

326 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 17:01
>>325
宣伝マルチポストウザイ

327 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 21:40
>>326
進化の基地外ウゼエYO! 進化の基地外スレで仲良くやってな。


328 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 00:27
その値段でその内容じゃあ売れないな(w
で、来年の今ごろにはevが「アメリカで発禁になった」とかつってその本を紹介するのに100電子ボルト。

329 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 01:43

宇宙人UFOの存在は、民間ではもう常識です。
政府は否定派ではありません。隠蔽派です。

330 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 06:10
>>328

>で、来年の今ごろにはevが「アメリカで発禁になった」とかつってその本を紹介するのに
>100電子ボルト。

ハゲシクワロタ

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sky/1011435196/

とりあえず、口調を丁寧にして正体を隠したつもりらしい。(w

331 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 09:22
>>1 >>325 >>329
現在の問題は「宇宙人はいるか」ではなく「宇宙人の行動計画は何か」です。

332 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 21:51
>>1
政府の隠蔽やメディアの無視にもかかわらず、
UFOは世界中の空に出没している。
政府内部ではUFO現象=地球外生命体の訪問と結論されている。


333 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/11 22:41
>>332
政府内部の情報漏れてるじゃん

いいのか、それで

334 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 11:00
メディアに無視されてるとかいうわりにはUFO番組って定番だよね。

335 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 14:07
>>1
オハイオ大学が1995年に実施した世論調査によると、
「連邦政府がUFOの存在を隠蔽している可能性がある」との答えが50%だった。

336 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 14:34
>>334
矢追某他のUFO本も大流行だしな・・・

こういうのが平気で売られているのを放っておいてくれるとは、政府の隠蔽工作
というのはよっぽど寛容なんだね。(藁

・・・・はっ、きっとこういう馬鹿本を野放しにする事で、民衆の知能レベルを低下させ、
コントロールしやすくする政府の陰謀に違いない!!

グラハムハンコックみたいな低レベルな本がベストセラーになる事からして、
効果覿面のようだ。(藁

337 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 16:14
ヒマな大学生が遊び半分でとったアンケートを世論調査とは言いませんよ。

338 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/12 16:25
>>336 激しく同意

「進化論」・・・こういう馬鹿本を野放しにする事で、民衆の知能レベルを低下させ、
コントロールしやすくする政府の陰謀。

ダーウィンみたいな低レベルな本がベストセラーになる事からして、
効果覿面のようだ。(藁

339 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 06:08

インドの古典ヴェーダによると、他の惑星から飛来した「神々」を
デイヴァと呼んでいた。デイヴァは「空飛ぶ機械」に乗っていた。

340 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 06:28
>>339
 これについて、いくつか質問がある。インドの古典ヴェーダには
デイヴァと呼ばれる神々に関する記述があるのだろう。それはいい。
では、

1)その神々が「ほかの惑星から来た」という記述があるのか?
2)その神々が「空飛ぶ機械に乗っていた」という記述があるのか?

書き込みは厳密にしていただきたい。でなければ、339 の書き込みは
何ら意味をなさない。また、できれば sage 進行でお願いしたい。

341 :340:02/03/13 07:41
>>332
>政府内部ではUFO現象=地球外生命体の訪問と結論されている。
 これについても質問がある。情報源を明確にされたし。

342 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 08:30
>>340
そうだ。ヴェータ文献にその意味の記述がある。

343 :340:02/03/13 08:50
>>342
 よろしい。では、その記述の日本語訳をここに転記してほし
い。339 の書き込みには君の解釈が含まれているように見える。
私はヴェーダ文献の本文を見て判断したい。でないと、339 の
記述は君の解釈を述べただけなのか、あるいは本当にそうい
う記述があるのか判断できないではないか?君も誤解を取り除
きたいだろうと思うが、どうか。

344 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 09:18
>>343
文章が長いので、図書館で読んでくれ。

345 :340:02/03/13 09:27
>>344
 そういうことを言うのなら、君の解釈を書き込んだだけと思われても
仕方が無いな。「ほかの惑星から来た」「空飛ぶ機械に乗っていた」と
言うような簡単な表現が、”文章が長い”というのはおかしな話ではな
いか?原著では別のことを表現しているのに、都合のいい部分だけをつ
なぎ合わせて勝手に解釈しているといわれても、文句は言えないだろ?

346 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 09:54
>>341
UFO問題を討議する政府高官の秘密会議は、毎年ロンドンで開かれている。
情報源は機密だから明かせない。

347 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 10:24
昔の人は想像力が豊かだったんだよ。

348 :340:02/03/13 10:25
>>346
 そうか。こちらにも「UFOは地球外生命体のものではない」と
いう証拠があるのだが、機密だから情報源は明かせない。だが、
君の情報は私の情報と矛盾するね。

349 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 10:36
>>348
進化の粘着野郎、お前が機密握ってるわけないだろ。
進化の情報は厨房工房でも知ってるからな。 w

350 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 10:44
ev は既にばればれなのに、よくもまあ、2ch に書き込めるもんだのう。
ここまで粘着なやつが、「進化の粘着野郎」って言うこと自体が笑えるよ。

粘着単位として「ev」を使おう (w


351 :340:02/03/13 10:50
>>349
 それじゃ、君が機密を握ってるわけも無いな。機密の話は
もういい。>>345 についてのコメントが欲しい。ちなみに
私は進化の話はしていないことを分かっていただきたい。

352 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 11:45
しかし政府高官てことばもえらく曖昧だよね。どういう役職なのかさっぱり判らない。
日本で言うと、鈴木宗男あたりが政府高官なのかな?

353 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 18:08
宇宙人です

なんかここでいろいろ言われてるけど、宇宙人は自分でも
矢追のことを考えてあげる気持ちが足りなかったなって反省してる
宇宙人が誤解されるようなキャトルミューティレーションをしたばっかりに、
宇宙人を応援してくれている矢追純一やオカルトファン、
その他たくさんのムー読者に迷惑をかけてしまったこと、深くお詫びします。

あのときあのキャトルミューティレーションには、クライマックスだから
UFOが光線を放って牛の血を抜きたい、標本採集ももうすぐ終わっちゃうんだよ?
麦畑でミステリーサークル作ってていいの? 麦をなぎ倒してる暇なんてないよ、
アメリカ政府との密約が成立するまであと少しなんだからがんばろうよ、
って思いがほんとうは込められてたの。プラズマ大好きな大槻教授に
それが伝わるはずない、それがわかんなかった宇宙人はホントばかだよね。

宇宙人は矢追を傷つける気は全然なかった。
しかも矢追が『今夜、人類は真実を知る……これが宇宙人実在の証拠だ!』
なんて2時間スペシャルやって、番組の最後に持ち出したのがいつもどおりの
ピンボケ写真だったなんて宇宙人自身もすごくショックで、言葉が出ない。
矢追に本当に心からあやまりたいです、ごめんなさい。

そしてこんな宇宙人だけど、これからもフロリダの農場や
テキサスの裏山あたりで目撃されるからね。みんなほんとにごめん。

354 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 22:05
>>353
「キャトルミューティレーション」は、米政府が流布した偽の宇宙人情報です。
君の持っている宇宙人情報は、かなりレベルの低いものばかりでしょうから、
君があわれでなりません。

本当の宇宙人は、私たちと同じ人間です。
それが政府が隠蔽したい情報なのです。

355 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 22:10
反進化論者サンは時々爬虫類と鳥、両生類と魚、ヒレと足のミッシングリンクがないって言うけど
孔子鳥またはプロトエイビス、肺魚、ノトサウルスはミッシングリンクにならないの?
スレ違う?

356 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/13 22:24
>>355
私たちと議論したいなら、このスレの始祖鳥のレスにあるように、
化石の標本の絶対数を先ずクリアしないとね。
始祖鳥のように7体では、偽造とか信憑性がない言われてもしょうがないからね。

357 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 04:07
>>353
コピペ?
ちょっと意味不明。
リファインしたのをかきこして。

358 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 05:43
>>356
私たち、だって。(藁
evしかいないだろ、そんな寝言言ってるやつは。

359 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 08:25
>>352
>日本で言うと、鈴木宗男あたりが政府高官なのかな?

国会議員のことを政府高官とは呼ばないでしょ

360 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 10:52
>>357
353の元ネタ。
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/gline/1012281929/

361 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/14 16:13
>>359
いや、ムネヲは防衛政務次官やってたでしょ。

362 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 23:18

1:創世記 / 1章 1節
初めに、神(宇宙人)は天地を創造された。(生命創造実験開始、現在から約数万年前)
2:創世記 / 1章 2節
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
3:創世記 / 1章 3節
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
4:創世記 / 1章 4節
神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
5:創世記 / 1章 5節
光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。
(1日=2000年、黄道12宮に対応。宇宙人の地球生命創造実験開始より2000年経過)
(最初の2000年は、地球が生命創造実験に適しているか、宇宙人が調査するのに使われたれた)

6:創世記 / 1章 6節
神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」
7:創世記 / 1章 7節
神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。
8:創世記 / 1章 8節
神は大空を天と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第二の日である。
(2000年-4000年は、水に覆われていた地球に、宇宙人が大陸を形成するのに使われた)

9:創世記 / 1章 9節
神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。
10:創世記 / 1章 10節
神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。
11:創世記 / 1章 11節
神(宇宙人)は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」
そのようになった。
12:創世記 / 1章 12節
地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。
神はこれを見て、良しとされた。
13:創世記 / 1章 13節
夕べがあり、朝があった。第三の日である。
(4000年-6000年は、宇宙人が植物創造実験をするのに使われた)

363 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/17 23:19

14:創世記 / 1章 14節
神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。
15:創世記 / 1章 15節
天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。
16:創世記 / 1章 16節
神は二つの大きな光る物と星を造り、大きな方に昼を治めさせ、小さな方に夜を治めさせられた。
17:創世記 / 1章 17節
神はそれらを天の大空に置いて、地を照らさせ、
18:創世記 / 1章 18節
昼と夜を治めさせ、光と闇を分けさせられた。神はこれを見て、良しとされた。
19:創世記 / 1章 19節
夕べがあり、朝があった。第四の日である。
(6000年-8000年は、環境整備と引き続き植物創造実験をするのに使われた)

20:創世記 / 1章 20節
神(宇宙人)は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」
21:創世記 / 1章 21節
神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。
神はこれを見て、良しとされた。
22:創世記 / 1章 22節
神はそれらのものを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」
23:創世記 / 1章 23節
夕べがあり、朝があった。第五の日である。
(8000年-10000年は、宇宙人が動物創造実験をするのに使われた)

24:創世記 / 1章 24節
神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」
そのようになった。
25:創世記 / 1章 25節
神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。
26:創世記 / 1章 26節
神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。
そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」
27:創世記 / 1章 27節
神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
28:創世記 / 1章 28節
神は彼らを祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」
29:創世記 / 1章 29節
神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたたちに与えよう。
それがあなたたちの食べ物となる。
30:創世記 / 1章 30節
地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」そのようになった。
31:創世記 / 1章 31節
神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。
夕べがあり、朝があった。第六の日である。
(10000年-12000年は、宇宙人が哺乳類と人類創造実験をするのに使われた)
1:創世記 / 2章 1節
天地万物は完成された。
(宇宙人の地球生命創造実験には約12000年かかった。)

364 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 12:12
晒しage

365 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 12:33
原核生物と古細菌はいつ創造したんだろう(w

366 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 16:31
>>362-363に対抗
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3902/b_establishment.html
聖書史
聖書は、いつ、誰によって作られたのでしょう
「バイブル」「テスタメント」という名称の由来
聖書の翻訳
聖書の注解
タルムード
死海写本
             ま え が き
 暴君ネロがローマを焼き、クリスチャンの大迫害が起きたのはAD64年のこと
です。新約聖書各巻のプロトタイプ(原型)が揃い始めた頃です。 ところで、
旧約聖書が現在の36の書物として正式に決定されたのはAD90年のことでした。
 何の脈絡もなくそのように言われると、たいていの人が混乱すると思いま
す。 ここでは、聖書の成立史などを、僕の予断も多少交えながらご紹介します。
         聖書はいつ、誰によって作られたのでしょう
                旧約聖書
 旧約聖書各巻のプロトタイプ(原型)が書かれたのは、古いものは紀元前
1000年頃、ソロモン王の時代だと言われています。 国としての体裁が整い、
財政も豊かになってくると、他国に対して誇れる、国家としての威信をいくつ
か持つことが必要になってきました。 壮麗なエルサレム神殿はその一つでし
たが、もう一つは民族史でしょう。
 伝承や民話、既にあった資料をもとに、民族の歴史書が作られました。創世
記からサムエル記にかけての、 創世神話、族長物語、出エジプト物語、荒野
の彷徨、カナン侵入と征服、部族連合の成立、士師物語などが綴られたもの
と思われます。
 これらは宗教書というよりは、国家の公式な歴史書あるいは文学として作製されたのではない
かと思います。王国滅亡に至る歴史は、王室の書記官による公式記録として残されました。 これ
らの記録のほとんどは、紀元前587年の亡国の際に散逸してしまったものと思われます。列王記
や歴代誌などは王室記録のように思えるかもしれませんが、そうではありません。  たとえば歴代
誌の、南王国の記録は「預言者シェマヤと先見者イドの言葉」、「預言者イドの解説」、「(原)イ
ザヤ書」、「イスラエルとユダの列王の書」、「列王の書の解説」などが 資料として用いられていま
す。歴史の事件から数百年後になってから書かれているのです。現代の史家や歴史小説家
が、古文書をもとに鎌倉期や戦国時代の歴史(ドラマ)を再構築するのに似ています。
(以下略)

367 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 16:56
>>339 リグ・ヴェーダは、全訳ではないが、邦訳ででてますよね。
岩波文庫 赤60-1
『リグ・ヴェーダ参加』辻直四郎訳

>インドの古典ヴェーダによると、他の惑星から飛来した「神々」を
>デイヴァと呼んでいた。デイヴァは「空飛ぶ機械」に乗っていた。

細かいこというと、日本語表記では「デーヴァ」とするのが一般的ですよね。
僕のなけなしの知識では、デーヴァというのは、インド−ヨーロッパ語で、
英語のdevilと同一語源だというくらいの知識しかなかったのですが、
もし、>>339さんの記していることが、事実なら、これは世紀の大発見です。
今すぐにでも、該当箇所を和訳して、日本印度学仏教学学会にでも、
論文発表すべきです。

マスコミでも、春の椿事として、取り上げてもらえるかも

368 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 17:26
お互いに共生していないと生存することのできない造礁サンゴと褐虫藻はいつ創造されたんだろう(w

369 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 17:53
粘菌はいつ創造されたんだろう?(w

370 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 17:58
そういえば植物の中にも、昆虫が花粉を媒介してくれないと受粉できないのがあるけど、
そういうのはいつ創造されたんだろう(w?

371 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 20:53
あ〜あ、とうとう糞コピペが始まったよ。
つーか、まだ生きてたのかよ>ev

とっとと回線切って首つって死ね。

372 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 13:47

原核生物と古細菌 = 2000年-6000年
造礁サンゴと褐虫藻 = 6000年-10000年
昆虫が花粉を媒介してくれないと受粉できないの = 6000年-10000年

373 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 17:22
>>372
ネタだよな?
ネタじゃ無くてマジに信じているならあんたはただの馬鹿。

374 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/20 12:38

恐竜 = 8000年-12000年

375 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 12:49
>>374
なんだ、やっぱりevか。何でこんな短いフレーズでもev臭が隠せないのか
正直、不思議だ。(w

376 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 04:06
私は宇宙人のデザインチームのメンバーです。
地球生命創造実験で、生物の外見はすべて私たちがデザインしました。
知ってましたか?


377 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 10:20
自分達のことを宇宙人と言ってしまう宇宙人も珍しいな。
惑星や衛星の上に住んでないのか?

378 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 17:08
>>377
太陽系の主要な惑星や衛星に基地を持っています。
地球は太陽系でもっとも文明の遅れた惑星です。

379 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 17:26
ワレワレハ、ウチュウジンダ

デモ、ワレワレカラミルトオモエラガウチュウジンダ

シカシ>>1ハ、ウチュウキチガイダ



380 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 17:44
ワレワレハ、ウチュウジンダ

テンモンバンデハワレワレガショウリヲオサメツツアル

セイブツバンモジカンノモンダイダ

381 :ヤフー掲示板へ:02/04/17 23:10
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=topics&board=1835557&type=r&sid=1835557

宇宙探査の掲示板です 面白いですよ 盛り上がってます

382 :祝!肯定派 完全勝利:02/04/18 17:23
ここで、宇宙飛行士がビデオで証言してるよ!
これで肯定派の勝利は決定的だな!(笑)
ゴードン・クーパーやエドガー・ミッシェルが顔出してるぜ!
あらかじめ言っておくが、英語だからアホにはわからないと思うぜ
http://www.disclosureproject.org/npcwebcast.htm
否定派のお馬鹿サンたちよ!
これでも否定するわけ?もーあほか?バカか?どっちかだよ(爆笑)

383 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 17:52
やっぱevだったか(w
ニュース議論板での質問にはちゃんと答えようね(w

384 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 19:23
>>382
>ついに宇宙飛行士やNASA科学者・政府・軍人・警察官が証言した
>衝撃のビデオ 公開!↓下記URLをクリック

>over twenty military, intelligence, government, corporate and scientific witnesses
>came forward at the National Press Club in Washington,

ええとぉ、宇宙飛行士が証言したなんて一言も書いてないのですが…



385 :どうでもいいわけ ねえだろ!:02/04/18 20:29
>>384
こいつ 同じことばっかり繰り返してるよ W

そうとう 動揺してるみたいだな 爆笑

386 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 20:46
>>385
>こいつ 同じことばっかり繰り返してるよ W

>そうとう 動揺してるみたいだな 爆笑

そのまま返して上げよう。君が同じ事繰り返すから、君が無視出来ないように、コピペして
上げたのだが何か問題でもあったかな?

で、証言はビデオのどこら辺にあるのかな?英語わからないならわからないと言った方が
身のためだよ。あんまりNASAを馬鹿にすると誘拐されて宇宙人に解剖されちゃうよ(w

387 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 20:58
>英語のdevilと同一語源だというくらいの知識しかなかったのですが、
違います。ラテン語のデウス(神)や英語のディヴァイン(神的な)と同類。
デヴィルはギリシャ語のディアボロスが語源

388 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 22:25
>>382
はいはい。あちこちのスレでご苦労様。ビデオ確認した人がいるんだけど(w

713 名前:朝まで名無しさん 投稿日:02/04/18 22:14 ID:swwvplMo
ttp://www.disclosureproject.org/npcwebcast.htm
↑のビデオを早送りで見たんだけど、ゴードン・クーパーも
エドガー・ミッチェルも出ていないみたいだけど......

ちなみにビデオの内容は、
PART1は出席者の自己紹介とお話
PART2は質疑応答
です。

私の聞き漏らしがあるかもしれないので、PART1でスピーカが
交代する時間を示しておくね。
14分30秒、19分10秒、23分40秒、26分10秒、31分20秒、34分10秒
36分00秒、43分40秒、50分00秒、52分40秒、56分50秒、59分20秒
1時間1分40秒、1時間5分20秒、1時間7分40秒、1時間12分20秒
1時間15分10秒、1時間21分20秒、1時間28分00秒、1時間36分10秒

1時間42分00秒以降は質疑応答

389 :気づけよ そろそろ:02/04/19 02:00
なんか テレ朝に はめられてないか?

これが 情報操作の基本だよ  嘘とホントを混ぜる

なぜなら TV朝日新聞は 闇の勢力側 CIAやMJ12と関係がある

いやー闇の勢力もなかなかやるねー まいった

よく考えたら UFOで地球に来る異星人が人間に殴られるわけない w

390 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/19 02:06
なんか UFO電波君に はめられてないか?

これが 情報操作の基本だよ  嘘とホントを混ぜる

なぜなら UFO電波君は 闇の勢力側 JASやJAROと関係がある

いやー闇の勢力もなかなかやるねー まいった

よく考えたら UFOで地球に来る異星人が人間に殴られるわけない w

でも、これが真実であることを証明している



391 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 14:26

■ 大ピラミッドの1万2000年の秘密 ■

■著者名: 著/南山 宏
■ISBNコード: 4093556016
■判型/頁: 新書 /236頁
■定価: 本体 900円+税
■発売日: 2002/03/25

日本の宇宙考古学の大御所、南山宏氏がついにピラミッドの本を書いた。

ギザコンプレクスが紀元前10500年に造られたのは、ほぼ確実です。
また黄金数や円周率や驚異的な天文学知識が、隠されています。

399万年間ごく簡単な石器しか造れなかったアホ生物=人間が、
どういうわけか突然、大天才に変身して造ったギザコンプレクス。
進化のアフォ猿たちの論理破綻がよくわかるね。藁

宇宙考古学に興味ある人は必読。


392 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 18:17
なるほど。人類(ヒト科)の歴史が400万年あるのは認めるわけだ。

393 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 05:16
 紀元前10499年まで無かった知識で紀元前10500年に
何かよう分からんがギザコンプレクスなるものを作ったって主張
するのネ。

394 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 13:08
>>392-393
はぁ?おまえらは理解力のない猿だな。
人類(ヒト科)の歴史が400万年あると思いこんでいるアホは、進化のアホ猿たちだ。

399万年間ごく簡単な石器しか造れなかったアホ生物=人間が、
ギザコンプレクスを造れるわけがないと、宇宙考古学は結論するのだよ。

だから、進化論は論理破綻していると言っているのだよ。
地球の全生命は、数万年前に、宇宙人が実験で創ったものだ。



395 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 15:23
>>394
>399万年間ごく簡単な石器しか造れなかったアホ生物
 その証拠が無い。遺跡が発見されていないだけだね。遺跡が発見され
れば文明があったと結論付けられるが、遺跡が発見されていないことは
文明が無かった証拠にならない。


396 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 20:41
てゆーか宇宙人の化石もってこいよ>ev。

397 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 21:51
>>395
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
とても支離滅裂な論理をありがとう。藁

牢屋の進化は無実だ。(なぜなら)無実の証拠が発見されていないだけだね。
(だから)無実の証拠が発見されれば、進化は無実だがあったと結論付けられるが、
無実の証拠が発見されていないことは、進化有罪の証拠にならない。・・・???

無実の証拠が発見されていないから、進化は牢屋にいるのだよ。
真っ黒の進化を、牢屋から出してあげたいなら、無実の証拠をさがしてあげれば?藁

398 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 22:49
>>397
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
とても支離滅裂な論理をありがとう。藁

牢屋の宇宙人は無実だ。(なぜなら)無実の証拠が発見されていないだけだね。
(だから)無実の証拠が発見されれば、宇宙人は無実だがあったと結論付けられるが、
無実の証拠が発見されていないことは、宇宙人有罪の証拠にならない。・・・???

無実の証拠が発見されていないから、宇宙人は牢屋にいるのだよ。
真っ黒の宇宙人を、牢屋から出してあげたいなら、無実の証拠をさがしてあげれば?藁




399 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 23:54
ないことを証明する方法は、背理法しかないでしょ

400 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:14
故カール・セーガンの「コンタクト」。読んだか。
SF的にはあまりおもしろくないんだが、さすがは
セーガン、ハードな部分はしっかりしている。
人類が電波を発信しだしてからたかだか60年。返答
がないというのは、30光年以内には高度な文明がない、
というだけのことだ。

401 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:16
で? それより遠いところにいる高度な文明を持つ生命体の寿命は
いったいどのくらいなのかなあ?

402 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:20
>>401
はぁ?寿命の問題じゃないんですけど。人類が始めたように、
文明をもった宇宙人も電波を検索しているだろうということ
です。

403 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:23
言葉を変えてみようか。
その高度な文明を持つ生命体の「文明の」年齢と寿命は?

404 :402:02/04/24 00:25
>>403
それは全く別の問題でしょ。いろいろな計算式があるよね。


405 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:28
別の問題じゃないでしょ。
地球と同様の文明を持つ生命体が、同じような試みをすることを仮定すれば
そういった生命体の予想存在頻度から地球でそれを観測できない確率を計算できる
わけだから。

406 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:28
>>400
ちがうYO!
宇宙人UFOはもう確実に地球に来ているんだが、
政府が隠蔽しているんだYO!

407 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:33
>>405
その確率計算には仮定が多すぎるんだよ。別にいいんだけど。
で、少なくとも30光年以内には微弱な電波を解読して返答する
ような文明はなさそうだ、ということしかいえない。これも
わからんけどね。返答する代わりに宇宙船を向かわせている
かもしれない。

408 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:37
政府が隠蔽?(w

409 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:39
>>407 ありえんね。ちっと頭使えばわかりそうなもんだ。

410 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:45
>>409
何がどうありえないのか書いてみ。
まさか、ヒトと同様の文明が地球外に成立すること
はありえない、というのではないだろうね。
そのような文明がヒトと同じ時空で接触する可能性
が極微だという意味だったら反対しないけど。

411 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:48
>返答する代わりに宇宙船を向かわせているかもしれない。

ありえないのはこいつ。

412 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:51
>>411
冗談で書いたことではあるが、ありえないとはいえないだろ。
説明してもらえるとありがたいね。

413 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:53
wa.ta.shi.ha.u.tyu.u.zi.n.da....

414 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 00:54
1.有人(生命体)は、寿命の問題から不可。
2.コスト(費用・時間)がかかりすぎる割に得るものが少ないので、
  計算の出来る生命体なら、トレードオフを考えるのでやらない。

415 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 01:04
トレードオフを考えるから、電波を受信してから探査するんだよ。
有人とか何とかは彼らにとっては多分、全く意味無いだろう。
正確を期すためにも、何らかのエディティドコピーが宇宙船を
操作することは間違いないと思う。

416 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 01:08
だから、光速宇宙船が仮に作れたとして結果を得るまでに最低60年以上
かかるのだとしたら、その方法をとるとは考えられん。
電波を使うでしょう、電波を。先方がそれだけの技術を持っていることが
確認できているならなおさら。

417 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 01:18
>>416
そういう意味か。なるほど。
でもSETIは、本当に宇宙人のメッセージを拾ったら
返事することになっているのかね。

418 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 01:26
>>417
SETIで宇宙人のメッセージを受信した場合の手順はすでにマニュアル化されている。
連中の気が早いのか、それとも科学者はあらゆる場合を想定するものなのか、意見は
分かれるところだと思うけどね。

419 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 01:29
>>418
知らなかった。教示してくれるとありがたいな。
もう寝るから、ありがと、と言っておくよ。

420 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 02:39
>>419
http://www.planetary.or.jp/setiathome/faq_japanese.html#q3.1

421 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 06:51
>>394
 っていうか、新人(ホモサピエンス・サピエンス)の登場が15万年前でしょ?
それ以前の人類、アウストラロピテクスだとかネアンデルタール人は、新人である
クロマニョン人より単純な石器しか持っていなかった。数百万年前から、4万年前
の間に、石器の進歩が見られる。399万年間変わっていないというのは、事実
誤認。
 で、新人は15万年前から1万年前にかけて全世界に広まっていったと考えられ
ているんだけど、最後の氷河期(1万年前まで)以前はそれほど数が多くなかった
らしい。氷河期が1万年前に開けて、気候が良くなってから一気に人口が増えたと
すると、最古の遺跡が1万年前というのは納得できる値だね。

422 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 23:57
>>421
原始人がどうやって北緯30度ジャストに大ピラミッドを建築できたのか、
教えてくれないか?(誤差2万分の1)

423 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 00:08
>>422
まず、原始人って何だよ?どの種別をさしているのだ?

あと、ピラミッドに関しては正確な測量技術と天文観測技術があったんでしょ。

424 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 00:15
>>423
紀元前1万年頃エジプトにたむろしていた種さ。

425 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 02:35
>>424
「新人」という単語も知らずに>>422の質問してるの?ちなみに答えは>>423の後半
読めばわかるよ。え?わからない?じゃあわかりやすく説明して上げる。

君の言う「原始人」は現代の我々ほど科学知識はなかったけど、ピラミッドを正確な
位置に作るぐらいの能力はあったのさ。簡単に言えば君より賢いって事だ。

426 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 10:20
人間は399万年のあいだ、生態系のなかで自然と賢く共生してきたのだが、
最後の1万年になって堕落してエジブトのピラミッドをはじめさまざまな自然破壊を行ってしまった、
というのが正しい(w

427 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 12:45
>>425 = アホ猿よ

質問に答えてないぞ。
「原始人がどうやって北緯30度ジャストに大ピラミッドを建築できたのか?」(誤差2万分の1)



428 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 12:56
(・∀・) アホハケーン! >>427

429 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 13:09
>>427
偶然だろ。
北緯 30 度ジャストに立ってないピラミッドも沢山あるだろ。

430 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 13:30
そもそも北緯30度周辺にカイロだのメンフィスだのアレキサンドリアだのといった
古代の都市が集中してるので、単に自宅のそばに作っただけと思われ。

431 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 16:05
>430
禿同!
偶然は時折、精密機械並の精度の物を作ってしまうらしい。

432 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 16:15
僕は宇宙人です。
2ちゃんのみなさんこんにちは。

最近日本に来ました。
スシ・ゲイシャ好きです。

フジヤマビューティーね。
アニメ・マンガ素晴らしいです。

イッテヨシ!

433 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 16:38
つーかアレだろ。地球上での北緯は、夏至の正午に井戸の中の影の具合とかで測れるから、
それを使って縁起のいい場所を選んだんだろ。
あのへんの連中は地球が球体なのを観測事実から推定してた筈だし。

434 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 17:03
>>433
そういうこと。古代のエジプト人は>>422よりも賢かっただけの話。

435 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 17:09
>434
だから、偶然の産物と言っとるだろヴォケ!

436 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 17:17
偶然でも必然でも良いよ。肝心なのは

「原始人がどうやって北緯30度ジャストに大ピラミッドを建築できたのか?」(誤差2万分の1)

と宇宙人は関係ないって事だ。


437 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 22:27
>>435
偶然の産物にしては、誤差2万分の1は精度が高すぎるな。
例えば、大ピラミッドで、東西南北の配置の精度も、1万分の15だから、
測量したと考えるのが妥当だろ。

>>433
「地球上での北緯を夏至の正午に井戸の中の影の具合とかで測る」には、
1.地動説の知識
2.地軸の傾きの測量 が必要だぞ。よって、君のは答えになっていない。

438 :名無しゲノムのクローンさん :02/05/01 22:31
緯度なんて北極星の位置から測量出来るだろう。当時の
技術レベルがあればその程度の精度は可能なんじゃないのか?

439 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 22:39
>>437
んじゃ、その、
・地動説の知識
・地軸の傾きの測量 (必ずしも必要とは思わんが)
・測量技術
を持った人間が作ったんだろ。

440 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 22:47
>>437
地動説の知識はあってもかまわないだろう、
そう高度な技術を要求される観測ではない。
ヨーロッパ人が気づくのがエジプト人より遅かっただけ。

441 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 22:51
>>440
では現在の科学史を、君は否定するということだな?

442 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:06
>>441
違うね。
人間の長い歴史の中で失われてしまった文明とその知識の
存在を示唆してるだけ。
「現在の科学史」は記録に残ったものの歴史でしかない。
当たり前だけど。

443 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:11
>>442
「人間の長い歴史の中で失われてしまった文明とその知識の存在を示唆してる」?

では君は、「神々の指紋」と同じ主張だということだな?

444 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:16
古代ギリシャかなんかだったが、夏至の井戸の影で北緯を計ってた事例はあるぞ。

445 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:24
>>443
お前物事の捉え方が短絡的なんだよ。失われた技術なんて幾らでも
あるだろう。陶器で言えばラスター彩がそれにあたる。後ナポレオン
の時代に作られたアルミの食器(だったかな?)とか。
後最近では機械式時計なんかも失われた技術がある。

それが宇宙人だの超文明だのの証明になるのか?腕時計は宇宙人の
テクノロジーの産物なのか?

>>444
世界で最初に「地球は丸い」って言った人でしょ?
子供の科学に載ってた漫画で読んだ事ある。結構正確に地球の直径を
計算したんだよね。

446 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:43
>>445
大ピラミッドは原始人が造ったと考えると矛盾だらけだが、
宇宙人が造ったと考えると自然だということだ。

447 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 00:18
>>446
どこをどうするとそういう結論になるのだ?
ちと説明してみ?

448 :446:02/05/02 00:24
>>447
現代人である私でも当時の道具でピラミッドを造る方法がわからない。
だったら古代人につくれるはずがないでしょ?

449 :447:02/05/02 00:26
>>448
そか?
俺にはなんとなく作り方がわかるが。
だったら古代人に作れないはずがないよな?

450 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 00:30
>>449
ぜひ君の造り方を聞かせてくれ。私もわからんのだ。

451 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 00:30
  秘密の皇帝   らせん階段

     カブト虫  イチジクのタルト
 
   ジョット カブト虫  廃墟の街

    カブト虫 特異点  特異点

  天使       ドロローサへの道

     紫陽花  カブト虫 

452 :447:02/05/02 00:40
>>450
このスレの 188 あたりで石材の運搬方法の実証は出来ているし、
400-450 あたりで測量技術に関しても謎ではなさそうだろ?

当時の人間でも可能そうな事柄なのに、
なぜ宇宙人を説明にもってくるのかわからん。

453 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 00:56
>>447
何だ、全然解答になってないじゃん。0点。
お前より猿の方が頭いいだろうよ。藁。

454 :447:02/05/02 01:03
>>453
別に猿より頭が悪くてもかまわんが、
回答になっていない理由を猿にも解るよう教えてくれないか?

なぜ、当時の技術で可能なことを、宇宙人がやったことにしたいのだ?

455 :448:02/05/02 01:04
>>447
メール欄見てくださいな。

基本的にUFOとか宇宙人論とかに走ってしまう人って、
「自分にはわからない。だから〜」って考えてるんだろうなぁ、と思ったのです。

456 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:06
>>445
あった。ふるいで有名なエラストテネスさんが地球の直径の算出や北緯0度線の特定をやってるね。

http://www.infosakyu.ne.jp/sajinet/yac/earth/special1.htm

457 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:06
>>450,453
そりゃあ建築の知識のない素人には分かるべくもない。
俺もそだけどさ。
土木・建築板にでも行って聞いてきたら?

ちゃんと「古代エジプトの人間はどうやってピラミッドを建てたんですか?」
って聞くんだぞ、間違っても「宇宙人は…」なんて聞くなよ(藁

458 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:11
evは現代人だけど古代人、たとえばエラストネテスよりかなり頭が悪いことは明白。
2000年前の人ができた北緯の求め方がわからなかったんだからね。
よってevがピラミッドの作り方が思いつかないからといって
古代人にピラミッドを作れないということにはならないよ。

459 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:13
>>454
600万トンの巨石を146メートルの高さの正四角錐に組み立てることが、
「当時の技術で可能」と言っているのは君だろ?先に説明しろよ。
説明がないから0点なのだよ。

460 :447:02/05/02 01:16
>>448=455
がちょーん!
もはや局面が異なっているのね。

逝ってきます!!

461 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:17
>>459
その前に「宇宙人が作った」説の根拠示せって(ワラ


462 :447:02/05/02 01:18
>>459
いや、だから >>188 に書いてあるじゃん。
そこ読んでみて、それでも駄目ならまたどうぞ。

463 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:23
>>462
それは1つの石だろ。230万個をどうやって組みたてたのか説明してくれ。

464 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:27
仮に188説に従ったとして、
230万×15人でのべ労働者数3450万人か。
20年かけて建造したとして一日辺り約5000人で建造可能?
史実の建造日数とか労働者数とか全然知らないんで
適当な計算で悪いんだけど。

465 :447:02/05/02 01:30
>>463-464
5 万人で 2 年で完成だな。

権力と宗教の頂点にたっていたような気がするエジプト王朝にとっては、
たいした労力でもなかろ。

466 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:32
>>458
お前が猿よりかなり頭が悪いことは明白。
エラストテネスの誤差=1/10
ピラミッドの誤差=1/20000

そんな測量では造れんぞ。藁

467 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:34
ん?

1段目を組んだら、土で斜面を作って2段目の石をずり上げて、
(個々の石ならクレイドルで十分運び上げられる)
2段目を組んだらさらに土を追加して斜面を作って・・・

どうでもいいけど、自分が古代人より頭が悪いことをあんまり喧伝しないほうがいいんじゃない?>ev

468 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:35
アメーバみたいなもんから俺らができる偶然にくらべたら、
ピラミッドなんか適当につくっても、
100万分の1で方角が合ってもおかしくも何とも無い。k

469 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:36
>>465
机上の空論だね。そんな計算はとっくに破綻してる。
君の計算では2秒に1個組むことになるぞ。藁


470 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:37
つまり個人の研究レベルでも1/10の精度で測れるわけだ。
当時のエジプトの国家力を動員すればもっと精度が上がっても不思議ではあるまい。
どうでもいいが、その1/20000て何に対してかね?地球の円周?

471 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:39
>>469
その君の計算だと石は一個何トンなのかね?

472 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:39
古代エジプト文明がエラストテネスよりも
精密な測量やってたって、別に問題ないじゃん。
同じ方法でピラミッドつくんなきゃいけないわけはない。



473 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:42
>>469
それも全然構わない。
複数の工区で同時に組んでいけば良いだけのこと。
”2秒あたり”一個、組んでいく計算になるだけ。


474 :447:02/05/02 01:42
>>466
エラっちの測り方とまったく同じ方法とは限るまい。

よくしらんが、エジプトの人が船つかって貿易していたのなら、
測定方法もより精密で誤差も少なくなるとは思うが?

眠いので、また明日ね。

475 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:47
>>473
おまえもアホだな。
2秒で1個では正確に組めない。
組むどころか、分解することさえできないだろう。

476 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:49
>>469
5年で600万トン積むのに2秒に1個のペースが必要ということだと、
ピラミッドの石が一個19kgということになるね(w

477 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:54
>>476
おまえもアホだな。
年間の作業は3ヶ月しかできんのだ。もちろん夜はできない。
お前らが思いつくような計算は、とっくに学者がやってるよ。
他にも制限はあるよ。

478 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 01:57
>>477
1年間のうち3カ月×8時間/日しか作業できないとしても、
2秒に1個なら石1コの重さは228kgだよ?

479 :447:02/05/02 01:58
ちょっと、残業。

>>475
複数の工区で同時にだったら、
100 箇所同時の場合 200 秒かけてもいいんじゃ?

石一つ 2.5 t とすると、
5 年で完成させるには 1 年で 3000 個。
一日 10 個だね。

10 箇所で別々に組んでいけば、
一箇所あたり一日 1 個組めば 5 年で完成さ。

480 :447:02/05/02 02:00
>>477
3 ヶ月って、あそこ増水の浸水地帯だっけ?

なら、石組みに必要な盛り土を堤防がわりに利用してしまえ。
これで一年中作業可能だ。

481 :448:02/05/02 02:02
>>474
きっと宇宙人説を唱えている人物は、なぜ船を使った貿易をしていたとすれば誤差が少なく
なるのか、悩んでいるに違いない(w

#三角測量の原理も知らないんだろうなぁ

あと、同時に作業を進めるということもイメージできないってのはいかがなものかと…。

482 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:03
>>480
年間の作業は3ヶ月しかできんというのは、エジプト学者の一致した見解だ。

483 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:03
んー、当時の記録によると、ピラミッドの建設には
5年どころか20年30年かけてたとか。

484 :448:02/05/02 02:03
>>480
あまりピラミッドは詳しくないのだが、たしかあれって増水地帯が水浸しになっている間に
増水地帯の人間を動員して作っているというのが定説じゃなかったっけ?

485 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:07
>>483
そうだったよね。
年数の記録があるのか、
それともそれこそ動員できる労働力から出した試算なのかどっちなんだろう。

まあ宇宙パワーならきっと、もっと早いんだろうなあ(藁


486 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:09
まあ仮に3ヶ月しか動けんかったとしても
4倍の年数かければ完成するわけだ。
宇宙人やっぱいらねえじゃん。

487 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:12
230万個の石を20年間で、3ヶ月、1日10時間で、
1時間あたり何個組むか計算してみ。

488 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:13
ちなみに、宇宙パワーで200tの石を2秒に1コ積んだとした場合、
貫徹工事すれば1週間とかからずに完成します。
宇宙人も工期まぢかは大変なんだね。

489 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:18
>487
128コ/時か。
ピラミッドが600万トンとか上のほうでいってたから、1コの石は2.6トン。
クレイドルの実験でも10人位でとりまわしてたんだっけ?
128チームが同時に作業すれば問題ないな。

490 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:19
>>487
2分に1個だな。宇宙人説唱える相手に突っ込みを入れるときも気を付けないといかんな…

491 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:20
30秒に1コだろ。

492 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:20
>>489
128…。古代エジプト人は2進数好きか?

493 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:22
2年で組めると言ったやつは、3秒で1個組むことになり、
2秒に1個は遠からずの答えだぞ。。

494 :490:02/05/02 02:23
   ||        
 Λ||Λ      
( / ⌒ヽ 
 | |>490   
 ∪ 亅|    
  | | |    
  ∪∪   

   ,,,,,,,,,,,,,,
   [,|,,(★),|]   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (  ゜Д゜)<  呆れた…
  (”  :”)  \___________________
   |./___.:._|
   (__)__)


495 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:26
>>487
130個か。
20工区程度で同時に積めばまあ可能でしょう(笑

496 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:30
2.5トンを30秒で1個は無理だね。
厳格な正四角錐の中に、精巧な部屋は組めない。
30秒で1個では持ち上げることすら不可能で、まして組めない。

497 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:32
などと487に見て見ぬ振りをするevであった。

498 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:36
>>496
工区を複数設けるという話を一切無視してるし…

499 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:36
>>496
だからさあ、30秒あたり一個、というのは、
一個の石を一気に30秒で運び上げて据え付けるというのとは違うんだって。
一個一個の石は何時間もかけて持ち上げて据え付けてもいいけど、
作業全体でみれば30秒に一個ずつ、どこかで石の配置が完了すると。



500 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:42
工区を複数設けても無理だ。石を置くだけでは、ピラミッドはできないからだ。
ピラミッドの石と石には隙間がまったくないから、
短時間では「組めない」のだよ。

501 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:43
>>500
君には無理かもしれないが、ちゃんとした土木技術や測量技術があれば可能。

502 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:46
たくさんの工区でたくさんの人が、
同時に「丁寧に」石を置いていけば良いじゃん(笑

503 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:54
このスレに、3次元のジグソーパズルの話があったが、
それに近い工法といえる。つまり置くのではなく「組む」のだ。

504 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 02:56
>>503
別に工区分けて「組む」のだって可能だが何か?

#っていうか君は並行作業ってものを知らないのか?

505 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:01
>>504
並行作業をすればするほど、後で隙間を埋めるのは大変だよ。

506 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:30
>>505
小学生の夏休み自由工作じゃないんだからさぁ…

ちゃんした設計図と工区割に基づいて、まともな測量技術と精度の高い加工技術があれば
充分に可能だってば。

君には無理だろうけどね。

507 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:39
マジで面白いス。
本気って素晴らしい。

508 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:43
て言うかevよ。なんかギザのピラミッドは宇宙人が製造したとして他の
設計ミスで崩壊したピラミッドなんかはどう説明してくれるのよ。
恒星間飛行を可能にする連中がそんな建築学の初歩的なミスをするのか?

後時代的に後になるカフラー王やメンカフラー王のピラミッドは
製造レベルがクフ王のそれと比べて格段に落ちるんだけど、それは何故?
おせーてくんろ。


509 ::02/05/02 03:45
>>2
>おまえのことを必要としてる奴なんて         |
>いないんだからさっさと回線切って首吊れ 

あのー、私常時接続なんですけど・・・。

510 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:51
>>509
ワラタ。

511 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 04:15
>>508
自転車に乗っている人間が自転車を設計できるとは限らないように、恒星間飛行ができる
宇宙人個人がそれほど賢いとは限りません。

DQNでも恒星間飛行を問題なくできるような科学力をもった種族の可能性もあります。

そんなDQNな宇宙人が設計したのが初期のピラミッドなのでしょう。DQNでも少しは学習した
結果、後期のピラミッドはもっとまともになったのです。


#そんな馬鹿なとか言ってはいけません。基本的な科学の知識もないくせにPCを扱いながら
#ピラミッドは宇宙人が造ったとほざく連中が人類にもいるのですから(w

512 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 04:16
揚げてやる

513 :421:02/05/02 06:35
 421 です。私の論点(>>421)は無視されて、別のところに議題が行っているようですが、
面白く拝見しています。

>>422
 非常に面白い疑問だと思います。ヒントはこのこの当たり(↓)かと。
http://www15.cds.ne.jp/~ant/labo/polaris/change.html
私の考えるシナリオは、おおよそ次のようなところです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 昔々、あるエジプトにそれはそれは偉い王様がいました。彼はある日、
ある疑問を持ちました。
王: 「死ぬとどうなるのか?わしは死ぬのはいやじゃ!」
家来:「王様、人はいずれ死ぬものです。町の一番の医者でも不老不死の薬は作れません。」
王: 「何とかならんか?死ぬのはいやじゃ。」
家来:「町で哲学者が何人かいます。彼らに聞いてみましょう。」
王: 「成功したものには国の10%を授けようぞ!」

 次の日、早速国中におふれが出ました。その時ニヤリとしたのは
数学も使えるある哲学者です。
哲学者:「何とか領土をぶん取ってやる方法は無いものかな?フフフ。」

 次の日、その哲学者が城に呼ばれました。
哲学者:「王様、残念ながら今の世では不老不死の方法はありません。しかしながら、
    1000年の後には、その方法が編み出されていると思います。そこで、
    王様亡き後1000年の間、王様の遺体を保存すればよいのです。私、僭越
    ながらその方法なら熟知しています。」
王:  「おお、そうか!して、いかなる方法かな?」
哲学者:「天に動かない神秘の星があるのは、王様もご承知のとおりです。一方、1の長さを持つ棒
    と、2の長さを持つ棒を使って得られたこの角度(30度)は神秘の角度なのです。
    この角度に長い穴を掘って、穴の底でもその星が見えれば、その神秘の星のパワーが
    王様の体に届き、1000年の間ご遺体が何の遜色なく保存されます。王様は、1000
    年たった後には、夢から覚めるように蘇るでしょう。」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 あるいは、議論されているように、やはり地球が丸いことを皆知っていて、神秘の
角度30度に北緯がなるような場所を、探したのかもしれません。
 100m の穴を掘れば、誤差 20000 分の一というのは、5 mm です。今ほど測定が正確でなく
ても可能な値です。もちろん、同時にどうやってきっちり30度の角度に、誤差 5mm で掘る
のかということですが、これについては未だ保留です。今は思いつきません。

514 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 09:33
>>508
>て言うかevよ。なんかギザのピラミッドは宇宙人が製造したとして他の
>設計ミスで崩壊したピラミッドなんかはどう説明してくれるのよ。
>恒星間飛行を可能にする連中がそんな建築学の初歩的なミスをするのか?

>後時代的に後になるカフラー王やメンカフラー王のピラミッドは
>製造レベルがクフ王のそれと比べて格段に落ちるんだけど、それは何故?
>おせーてくんろ。

君は既にいくつか間違ったことを言っているぞ。
ギザの3大ピラミッド(クフ王カフラー王メンカフラー王)の製造レベルは、どれも高い。
製造レベルが低いのは、ギザ以外のピラミッドだ。

ギザの3大ピラミッドを最初に宇宙人が造った後、
後の時代の人間が、猿マネしようとして小型のピラミッドを造ろうとしたのだ。
小型で石も小さく構造も弱く、崩壊したりしている。


515 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 09:51
大ピラミッドをエジプト学者の主張通り20年で完成するには、前述のように、
30秒に1個組むことになるが、困難はそれだけではないぞ。

大ピラミッドの高さは146メートルで、
平均2.5トンの石を30秒に1個、数十メートル持ち上げる作業も難題だ。
巨大ベルトコンベアでも不可能だな。

平均2.5トンの石を30秒に1個切り出すことも難題だな。
精巧に切らないと、隙間だらけの上、30秒に1個組む現場は大混乱だ。

平均2.5トンの石を30秒に1個運搬することも難題だな。

結局机上の空論だよ。


516 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 11:50
>>514
バーカ。石の加工、組み立て精度では明らかにカフラー王やメンカフラー王
のピラミッドはレベルが低下しているんだよ。故にこの頃にはピラミッド事業
は王朝にとって重要ではなくなったとされているんだ。

後エジプト王朝以外にもピラミッドを作った文明はあるし、それらは
ちゃんと現存しているぞ。それら小型の「黒いピラミッド」も宇宙人
が作っているのか?

517 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 11:57
>515
平行作業の話は見て見ぬフリですか(w
石の引き上げは土を盛り上げてスロープを作って、順繰りに引張り上げてやればいい。
スロープ造成工事は残りの9ヶ月でやっておけば段取りもスムーズだしな。

奈良の大仏なんか、スロープどころか全身を盛り上げた土で埋めて鋳造してたしな。

518 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:01
ちなみに石で重量が2.5tならせいぜい1辺1mちょいだから、
幅の広いスロープを造成すれば同時に多数を引張りあげることも容易。

519 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:10
>>516
>石の加工、組み立て精度では明らかにカフラー王やメンカフラー王
>のピラミッドはレベルが低下している?

ヴァカはお前といずれわかると思うが、
具体的に石の加工、組み立て精度がどう低下したのか、言ってみろ。

>>517-518
土を盛り上げてスロープを作る?
それではエジプト学者が不可能と言っているが、
そのスロープの長さはどのくらいになるのか、知っているのか?



520 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:32
>>519
どのエジプト学者が不可能といったのかね?

上の段ならともかく、下のほうの段を作ってる時のスロープなら数百m位だろ。
上のほうの段は、石の数が少ないから手間のかかるアプローチに切り替えてもいいしな。
それに、スロープをまっすぐにつくらずに、それこそピラミッドの外周にそって
ぐるぐるまわす方法もあるだろ。

521 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:42
ちなみにピラミッドの場合、全体の高さの1/4を積み上げた時点で、
石の数の半分(37/64)以上は設置終了していることになるな。
147mのピラミッドなら、37mの段で石の数は半分以上終わりだ。
高さ37mのスロープなど20倍のこう配にしても740mだ。

522 :447:02/05/02 12:43
うーん。
僕的にピラミッドはオバQが作ったんじゃないかと思うんだ。

あの完成度の高さからみて、
宇宙人が作るなんて絶対無理だって!
だからオバQ!!

だから宇宙人がピラミッド作ったって言ってる人たちも、
これからは宇宙人じゃなくオバQって言ってね。

523 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:47
>>520
土のスロープの説は、建築学者から否定されている。
巨大な土のスロープは、自重で崩壊してしまうのだ。
土で巨大建物を造れないのは、建築学から明らかだ。。

>>521
37mから上はどうやって、もちあげたのか?

>>522
幼房は家で泣いていろ。

524 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:56
>>523
別に土じゃなくてもスロープを造る方法はあるだろうが。
ちなみに土のスロープが否定されているのであればそのソースが欲しい。

525 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 12:57
>523
ハァ?土をどうこうするのの専門は建築学者じゃなくて土木学者だろ?
建築学では土の特性のことなんぞわからんぞ。専門外の奴のいうことを鵜のみにしてどうすんだよ。
つーか、山や丘の存在を否定する建築学者ってなんだよ(w

37mから先は、木材でいいだろ。丸太組みの頑丈な斜面(つってもたかだか2.5t荷重)を
外周の段に、辺に平行な向きで置いてやれば斜面を緩くすることができる。
これを1段ごとにおいて、順々に引き上げればいい、

526 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:09
>>524-525
Hodges&Keable,
How the Pyramids were built

土、レンガ、丸太、こうした素材は自重で崩壊してしまうのだ。


527 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:16
>>526
でも、その本は代わりのどのような手段を使ったか明記されているでしょ?

http://www.arisandphillips.com/How%20Pyramids.html

なんて書いてあるの?

528 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:22
>>527
この本は建築方法を検討しているだけで、結論はない。

529 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:29
>>528
いくつか代替案でてたでしょ?それを教えてくれるとうれしいな。

BBCがその本を元ネタにした番組作るぐらいだからその本自体はある程度は信用できると
思われるしね。

530 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:35
>>530
どの説も有効なものはない。


531 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:38
>>530
君がどう思っているかではなくその本に同書いてあるかを教えて欲しい。

532 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:42
つーかさ、ピラミッドを作っているのと同じ石使って斜面作ればいいだけだろ。

533 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:44
>>532
それ言ったら宇宙人派の人たちが困るでしょ!

534 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:45
>>531
文献に直接あたれ。私に聞いてもバイアスがかかるだろ。

「神々の指紋」をブックオフで買えば、この本の説が検討されているから、
連休中に読め。

535 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:50
>>532
>ピラミッドを作っているのと同じ石使って斜面作ればいいだけだろ。

この本によると、その場合、さらに
ピラミッドの体積の3倍の巨石のスロープが必要になる。

536 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:50
>>534
神々の指紋なんてトンデモ本なんで読まないといけないんだよ…

原書は高いんだよ…

http://s1.amazon.com/exec/varzea/ts/exchange-glance/Y01Y1599380Y3861335/qid=1020315024/sr=1-1/ref=aps_sr_bdgw_z_1_1/103-0952977-5600623

537 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 13:54
>>536
お前は謙虚さが足りんぞ。謙虚に学べ。
お前の発想は、すべて猿並みということに気づけ。

538 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:05
>>535
なんだ、たった3倍の石があれば可能なんじゃん。

539 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:07
>>526
あれ、でも君って英語読めないんじゃなかったっけ?
ビデオのときもリンク先のHPの英文にないこと書いてコピペしちゃって大変だったよね(w

540 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:07
誰かアラして!
http://jbbs.shitaraba.com/sports/1923/avkafuzoku.html

541 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:08
>>539
だから例の本に載っていた代替案提示できないのか…

542 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:28
始まったよ。論破されると、個人攻撃で逃げる猿の得意技。藁

543 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 14:52
>>535
それは直線的なスロープを造った場合でしょ。ピラミッド自体を囲む形でスロープを造れば
ずいぶんと石材を節約できるはず。

544 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 15:14
ピラミッド用の石を対角線で斜めに切ったのを外周に1つ置くだけで、1段分のスロープができるわな。

545 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 16:39
結局、例によって例のごとく英語の文献を持ち出してきたUFO派は逃げ出したか。

546 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/03 02:11
からあげッス

547 :421:02/05/03 07:38
 421 です。再び私の提案(>>513)は無視されて別のところで議論されていますが、
面白く拝見しています。
>>446
 宇宙人が作ったかどうかは別として、議論としては面白いと思います。
ヒントはこの辺(↓)かと。
http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/Piramid.html
つまり、岩山を削り取って作ったって事。

 もしこれが正しければ、現代人の我々がいくら考えても、今のエジプトに
ピラミッドを作る方法を思いつかないのはあたりまえ。だって、もう材料と
する岩山が無いんだから。

>後時代的に後になるカフラー王やメンカフラー王のピラミッドは
>製造レベルがクフ王のそれと比べて格段に落ちるんだけど、それは何故?
>おせーてくんろ。(>>508)

 この問題も、一発解決。後の時代には大きな岩が無かっただけ。
当然最初に思いついた人は、大きな岩山を使うでしょ。で、最後には
ちゃちな岩山しか残らない。小さなピラミッドしか作れないって訳。

548 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/03 18:44
>>547
その場合、地質学的にそう言った岩山が存在していたのかと言う
具体的証拠が無ければ議論を進める事が出来ない。

後、ピラミッドの建造レベルに関しては、確かブロックレベルでの精度が
全体的に低下しているとか言う話を外国の文献で読んだ気がするが、結構
これに対する反論が多かった気がするぞ。尤もギザの3大ピラミッドの
前、傾斜ピラミッドや、段階型ピラミッドでは崩壊したものも結構あったが
ギザ以降は極めて少ない(大型ピラミッド自体が減ったが)ので建築技術は
蓄積されこそすれ、低下する事は無いと思われ。

549 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/03 21:30
>548
技術は簡単に失われるヨ。

550 :421:02/05/04 05:06
>>548
>その場合、地質学的にそう言った岩山が存在していたのか

 おっしゃる通り。ただ、岩山を削って作るにしてもどこか
から石を運んできて作るにしても、岩は必要。その当たりは、
ピラミッドを構成する石の成分を一つのピラミッドの色々な
部分で比較すれば、単一の岩石から出来たのか複数の岩石から
出来たのか分かるのでは?
 「その具体的証拠が無ければ議論を進める事が出来ない」と
いう意見には反対。「岩山は無かったという具体的証拠があれば
議論を進めることが出来ない」なら賛成。

>後、ピラミッドの建造レベルに関しては……

 これに関しては、建造技術が低下したのか、建造に使う材料の
質が低下したのかで解釈が異なる。岩山を削って作るにしても、ど
こかから岩を運んできて作るにしても、建造に有利なのはちょっと
やそっとで崩れないような硬い石だ。そういった硬い石は初期の
時代にすべて使い尽くされている可能性も考えるべき。

 どうですか?>>宇宙人が作ったと主張する人

551 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/04 10:46
>>550
ピラミッドの石の鉱物学的研究に関してはかなりの所までなされているよ。
ナイルの上流から持ってきたと言う推論を裏付けるものになっていたんじゃ
なかったっけ?

552 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/04 15:09
岩山モデルだと、
ピラミッド最外層を覆っていた化粧石?の供給源はどこなの?

ナイルの上流?

553 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/04 21:31
このスレはデムパ隔離スレですので、
ピラミッドや古代遺跡などに関する真面目な考察はお控えください。

201 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)