5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脳のメカニズムを説明し、人間の心を探るスレ

1 :カナヘビ:02/03/18 22:23
自分は、全然、生物のことも医学のことも、心理学の事も知りません。
でも、人間の「感情」はひとそれぞれではなくて、一定の法則どうりに
動いている気がしてなりません。
環境に人間の脳内ホルモンが左右され、外的理由によって「感情」が
作り出させる気がします。
誰か、詳しい事知ってる人、教えてちょ。

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 22:25
所詮愛も脳内ホルモンの分泌の変化から生じた幻想・・・お、夢が無いな

3 :カナヘビ:02/03/18 22:30
やっぱそうですか?

化学物質なんですか、愛情や恋も?

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/18 22:36
>>3

そうです、脳の分泌は詳しくないんであまり答えられませんが、感情の変化なんかも化学物質です。

5 :ブレーン博士:02/03/18 23:33
そうですな・・・
「感情」は膨大な種類の脳内ホルモンの様々な組み合わせで湧き起こされる
脳内活動であることは間違いないでしょうな・・・
しかし、個々の記憶により脳内ホルモンの分泌条件が微妙に変わってくると
思われるので、「外的理由」によって「感情」を作り出すのは難しいでしょうな・・・

6 :カナヘビ:02/03/19 12:45
引き続き、皆様のご意見をお待ちしております。

7 :ブレーン博士:02/03/19 18:00
普段遭遇する機会が少ない「外的理由」なら半催眠状態に陥りやすく「感情」を
ある程度操作出来そうですな・・・
たとえば、怪しい宗教や集団訪問販売等の手口で薄暗い部屋にたくさんの人間を
詰め込み休む間もなくまくし立てる。 
(もちろん無料サービス品を配布したり、サクラを使って大声で場を盛り上げたりする。)
すると正確な判断能力が麻痺してきて、売買契約書にサインをしてしまったり
入会申込書に記名してしまったりという事になるようですな・・・
ま、初歩的なところで・・・




8 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 20:52
上げ

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/25 02:59
あーあ、スレを立てた奴が厨房とくらぁ。

10 :せいな ◆9JpVKLUc :02/03/25 08:06
脳と心すごく興味有ります
似たスレッドたてましたが
レスつきませんでした

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1016598417/

11 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 17:33
>>10
レスついてるじゃん。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 12:27
つーか、そっちのほうがレスついてるじゃん


13 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 12:28
幸福感=エンドルヒィン

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 12:28
やる気、性欲=ドーパミン

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 12:29
怒り、憎しみ、攻撃性=ナルアドレナリン

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 20:54
手遅れですか?
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1018566850/37
名前:32 投稿日:02/04/16 03:03
>>34
これだから、大学の教授というのはだめなんだよな。すぐに学問の
枠に「理論的」に考えて肉体の疲労時に発生する現象だとそれだけで
片付けてしまう馬鹿が多いが、実際に霊の作用が金縛りを起こしているのは
いろんな状況を、経験者にインタビューしても明らかに、何らかの
目に見えない存在がいるのは明白。霊の存在を信じない大学教授はあの世で救われない
一番かわいそうな職種だよ。

116 名前:32 投稿日:02/04/16 04:05
>>111
だから、学者馬鹿はわかっちゃいないんだよ。この文章はあくまでも
脳の物理的現象を説明しているだけであって「心」そのものの
証明にはならない。何故に心が存在するか、その心はどういうものなのか
ということは全く説明されてないと何度も言っているのに馬鹿か。


17 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 23:24
やっぱり、ヒトの幸せはセロトニンしだい?

18 :みね:02/04/18 02:52
age

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 03:49
保守


20 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/18 10:00
脳ったっていろいろある。
一つには種の多様性。
人間の脳とプラナリアの脳と同じ法則で作られているのだろうか?

もう一つは部位の多様性。
視覚野と言語野は、同じ法則で作られているのだろうか?


21 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 18:40
脳の情報処理を語るスレ
http://jbbs.shitaraba.com/study/bbs/read.cgi?BBS=18&KEY=1009043757
は良すれ

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/20 20:38
判断、情報処理は本人がやってるけど、
気分とかムードは、やっぱり外的な刺激が各感覚器を伝わって
脳がそれをあるパターンで処理し、決まった脳内ホルモンを分泌し
「気分」が決定すると思える。あと、過去の記憶もその処理には
関わっているだろうね。

23 :きゅりお:02/04/22 13:44
脳の情報処理能力と社会の機能分化、について考えてみませんか。

ネタ振りとして、「社会システム論」の提唱者二クラス=ルーマンという社会学者が
人間社会は専門化、分業化を推し進める「社会的機能分化」の過程にあると見ています。
つまり、政治、経済、軍事・・・各システムではそのシステム独自の「文法」が貫徹して、
その他の影響を排しながら自立化していく過程です。

つまり、ある分野の情報が他の分野からはっきりと差異化、区別化され、もの分野とは相互に
意味の交通が不通になる現象です。

このような状況に脳の情報処理はどのように関わっているか・・・。

仮設としては脳の情報処理能力を超えて情報が高度化、複雑化していく場合、脳はこのような
複雑化した情報処理をこなすことができず、情報はあふれ出してしまう。あふれ出した情報は
各社会システムが「分業」で受け持ち、その分野に携わる人間の脳が処理できる範囲で他の分野とは
差異化、区別化していく・・・。

つまり、情報が複雑性を増せば増すほど、脳の処理能力を超える情報が増えることになり、従って、
あふれだした高度に複雑な情報は各社会システムの分野が細分化して専門的、分業的に受け持たざるを得ない。

24 :みね:02/04/22 23:40
>>23
分からないでもないけれども、ここは生物板。つまり、みんな個体レベルで
ものを考えており、社会までいくのは自分の範疇外と思っていると思う。
社会ではなく、あくまで個体の脳の機能を考えていくスレだと思うよ、ここは。

25 :きゅりお:02/04/22 23:42
>>24 社会を語らずに人間の脳は語れるのですか?

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/22 23:46
>>25
それはあれですね
ここはミクロの人たちばっかりですから

27 :みね:02/04/22 23:47
>>25
語ってもいいけど、誰も参加しないだけだよ。

28 :きゅりお:02/04/22 23:48
>>26 ダメ言われると語りたくなるんですが・・・(笑)、まあ、いいや。

29 :みね:02/04/22 23:49
>>26
マクロにいくにしても、社会となるとどうだかね。

30 :きゅりお:02/04/22 23:49
脳の情報処理の機能限界が社会の在り様を規定している・・・面白いと思ったんですが・・・

31 :みね:02/04/23 03:23
きゅりお氏の代わりに私が話題を提供しよう(笑

上にも書いてあるように、ドーパミンがやる気や性欲をもたらし、ノルアドレナリンが
怒りや憎しみ、攻撃性を引き起こす、と啓蒙書などには書かれている。しかし、
これは本当だろうか? そうではなく、生体側がドーパミンに接触するとやる気や
性欲を引き起こすように進化したのではないだろうか? つまり、性欲を引き起こす
のはドーパミンでなくともよかったわけで、たまたま進化の過程で恣意的にドーパミンと
いう記号にそういう意味が与えられただけではないか?

以上の説明は私は受け入れられやすいものと考える。その上で興味深いのは
ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンはすべて芳香族アミノ酸から合成される
芳香族アミンであるという点である。
なぜ進化の過程で芳香環をもつ物質が情動に関与する化合物として選ばれたのだろうか?
この背後には動物は芳香環を合成できないという事実がある、と私は思うのだが。

32 :KAT:02/04/23 07:08
>>23 >>24
 野生生物版なら、生態学の専門家と議論できるかも。私も含め、
この板ではマクロ生物学の知識が乏しい人が多い。

>>31
>この背後には動物は芳香環を合成できないという事実がある、と私は思うのだが。
 仮説の一つとして、面白いですネ。取り上げた3つは、よく知らないんですけど、
インドールからの生成ですか?

33 :みね:02/04/23 07:19
>>32
あらら、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンはカテコール骨格を
もつチロシンから、セロトニンはインドール骨格をもつトリプトファンから
合成されますよね。
とくにチロシンは変態ホルモンやメラニンの元にもなる重要なアミノ酸です
よね。

34 :みね:02/04/23 07:23
カテコール骨格というのは間違いだったかな(笑)
いずれにしても、チロシンは芳香環をもつアミノ酸ですね。

35 :きゅりお:02/04/23 13:32
>>31
しかし、その論点は「志向性」がソフトウエア、「生理系」がハードウエアという位置付けになってしまい、
機械論とは逆の意味での志向性の「逆立ちした決定論」になってしまいませんか?

俺は「生理系」と志向性が生み出す「意味系」は相互作用ではないかと思います。
ご自身でも指摘されていますが、記号にも固有の意味があり、それが意味形成に深く関与している可能性です。

36 :きゅりお:02/04/23 13:48
つまり、生理系によって意味系の機能範囲が限定され、意味系によって生理系の機能が統御されている。

一方が他方を決定論的にコントールしているのではないと思います。

37 :みね:02/04/24 02:33
進化スレは放置してこちらに書き込もう(笑)

>一方が他方を決定論的にコントールしているのではないと思います。
相互作用が確立した今となってはその通り。しかし、>>31は、そういう相互
作用が生まれたきっかけを問うているんだよ。

38 :きゅりお:02/04/24 02:54
>>37
すまそ・・・。
その「ファーストインパクト」ですね。だとすると、カオス理論の「初期値の鋭敏性」がはまりのような・・・。
つまり、分子レベルの自己組織化が意志に相転移した・・・。ちょっと、唯物論に偏りすぎか・・・w

39 :きゅりお:02/04/24 18:31
>>37
「はじめに言葉ありき」。みねさんの論点はそういうもの?

40 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/24 21:24
こっちは別アプローチ。学際推奨。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1017834152/

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 20:42
脳味噌イイ!

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)