5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IFか、引用件数か?

1 ::02/04/12 10:02
IFが低い雑誌に出ても引用件数が多い論文と
IFが高い雑誌に出たけど引用件数が少ない論文と、
どっちが欲しい? 或いは、どっちが価値がある
と思う?

もちろんfirstかcorrespoの論文の話。

IFが高くて引用件数が多いのは当然bestなので
選択肢としては無しね。

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 10:07
くだらん

3 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 10:19
私のファーストオーサーの原著論文7本の平均IF(2000年版による)は4.12で、今日現在のISIによる総引用件数は186です。同、総説2本の平均IFが3.5で引用件数が30です。

わたしって、どうなんでしょう?

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 10:29
IFが高い雑誌に出れば普通は必然的に引用件数は高くなるだろう。
でも、時々、とんでもなく引用件数の低いのがあるよね。
そういうのって余程独創的か、その逆にとんでもなくしょーもない奴。

おれはIFが高い方がいいな。

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 11:24
IFが低い雑誌に出ても引用件数が多い論文と
IFが高い雑誌に出たけど引用件数が少ない論文。

それぞれの具体例を実例をあげてくれるとわかりやすい。
特に、日本の研究者のものが生々しくてよい。

6 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 11:32
IFが低い雑誌に出ても引用件数が多い論文。
 A教授のRoux論文。
IFが高い雑誌に出たけど引用件数が少ない論文。
 S教授のScience論文。

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 11:41
否定的に引用されているというのも多いよ。

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 23:37
被引用件数を伸ばしたかったら、実験法の論文書けば良いんだよ。
少々査読の甘い雑誌でも、被引用件数は稼げる。
コツは、実験法オンリーの雑誌には出さないこと。


9 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 00:07
IFは二年分の引用件数だよ。
総引用件数を比較してはいけない。>>3

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 03:44
確かにIFと総引用件数は単純には比較できませんね。
publish後2年間の引用件数とIFの比較の方が妥当かも知れません。
ただ、最近の論文は2、3年過ぎるとガクっと引用されなくなる論文が多いので、長期に渡って引用され続けることも「名著」として価値があるでしょう。
という訳で、総引用件数も重要だと思います。

11 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 03:49
総引用件数X2/年数、でどう?

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 12:48
sited half life という概念もあるぞ。

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 20:27
>1
そんなこと聞いて何になるんだよ。
ごちゃごちゃ逝ってないで論文書け。

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:05
研究費の申請で主要論文、その引用回数、そえを引用した主な論文を書かせるのがある
特に大型の研究費に多い


15 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:13
自分の論文のifを調べることって出来ますか?
たとえば東大の図書館の端末からWWWでできます?

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:27
see this
http://wos.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/wos/CIW.cgi

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:34
インパクトファクターサイト
ttp://jcrweb.com/

引用件数調査サイト
ttp://wos.isiglobalnet.com/

引用件数調査サイトWeb of Scienceの方は、PubMedなどと
同じように使える。
関連論文を見つけたり、良く引用されている総説を見つけるといった本当の研究にも役立つので日本の大学や研究所は導入せよ。

もっともこれが簡単に誰にも使えるようになると、
立場なくなる教授が続出する可能性あり。

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:35
自分の論文のif
ー>
自分の論文の引用回数

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:15
確かにWeb of Scienceって必要な研究ツールだと思う。
日本に帰ると使えなくなるのが困る。

20 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 01:53
>>19
ちゃんとした大学なら使えるはずですが。

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 02:11
>19
笑った

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 02:46
個々の事例で全然違うだろうが、最近の教官人事で
IFや総引用数などの情報が選考にどの程度の比重を占めて
いるのか、人事選考に関わったひとの具体的情報キボンヌ

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 21:07
CDBへ移ったAgさんとKuさんの後釜公募(岡大)要綱に代表的論文5編と掲載雑誌のIFを提出ってのがあったような気がする。

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/16 08:59
>>23

で?

25 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 06:59
いままでで一番多く引用されている論文って何?

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/17 18:15
>>25
引用8000件ていうのは知ってる。

27 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 09:28
これもなかなか。
NISHIZUKA Y
THE MOLECULAR HETEROGENEITY OF PROTEIN KINASE-C AND ITS IMPLICATIONS FOR CELLULAR-REGULATION
NATURE 334 (6184): 661-665 AUG 25 1988

3674回 reviewだけどね。

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 11:42
うちは理学部生物だけど、人事選考ではIFは問題になることはあるけ
ど、引用件数まで調べたことはない。もちろんWeb of Scienceを調
べれば分かるわけだけど、そこまで他人のために費やすヒマはないよ
ね。だから残念だけどIFの勝ち。

実際に、かくいう私もCNSのfirstが2報とPNASが3報あるお陰で、
アメリカから帰ってこられた。ちなみに、もちろん日本でもWeb of
Scienceは見られるよ!

しかし個人的にはIF優位には多くの不満があるよね。だって国内雑誌
(2chではクソ呼ばわりされているけど、学会の発展、もちろん日本
のサイエンスの発展を考えると、情報発信としての国内雑誌はとても
重要だと思っている。ちょっとマジレス!)に出すことは義務だとも
思っている。自分が、例えばJBに出した論文が、1年で仮に20回
引用されたとしよう。それが誰も引用されない論文のお陰で、IFの
低いJBなんかに出して...って言われるのはムカツクよね。

結論:IFの高い雑誌に出す努力は必要だけど、IFの低い雑誌に載って
いるからと言ってアホ論文扱いする必要はさらさらない。この2chの
majorityの考えはneglectして良いと思う(そういうことを言うのは
サイエンスをまともにやっていないラボの人間、またはサイエンスを
やろうとしても結果としてダメなラボのヒト)。まともな大学では、
その辺の事情を理解している教官はちゃんと存在しているから大丈夫。

だいたいがもっと言うと、どの雑誌に出すかは多くの場合、院生や助
手の人たちが決めるわけではなくて、ラボのPIが決めるわけでしょ?
だったら、IFは本質では無いことは、まともな大学の教官なら分かって
るって!

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 11:57
日本にまともな大学は無いよ。


30 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 13:15
>28
それだけの業績があればアメリカで続けた方がいいのに。


31 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/23 16:55
28は言いたい事を端的にまとめられないのか?

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/27 07:46
有名人の論文はどれ位引用されているか? 
とふと思い付いたので、
ノーベル賞の呼び声もかかる
CDB所長のあのひとを見てみた。

CADHERIN CELL-ADHESION RECEPTORS AS A MORPHOGENETIC REGULATOR
TAKEICHI M
SCIENCE 251 (5000): 1451-1455 MAR 22 1991
1682回 (これもreviewだね、たぶん)


33 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 05:20
日本分子生物学会が威信をかけて(?)発刊されたGenes to Cells
IF(2000)は4.885。さて、誰の論文がこれまで一番多く引用されているか?
答えはこれだ! 89回 H研自身でも他の論文に結構引用してるようだけどね (藁
因に最低は0回多数。

Meno C, Ito Y, Saijoh Y, et al.
Two closely-related left-right asymmetrically expressed genes, lefty-1 and lefty-2: their distinct expression domains, chromosomal linkage and
direct neuralizing activity in Xenopus embryos
GENES CELLS 2 (8): 513-524 AUG 1997

34 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 08:35
>>33
表紙になったやつだね。
もう少し上を狙わなかったんだろうか?
競争相手がいたわけでもないと思うのだが。

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 16:10
ジャーナルの表紙になるのって,どのくらいの価値があるんだろう?
まあ,雑誌によっても差があると思うんだが。

36 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/28 19:01
>>33

しかし、EMBO Gene & devクラスに載っていたら確実に引用回数は
200は行っていたなあ。惜しい!

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 06:14
>>35
Genes to Cellsでいいなら儂も表紙とったでぇ〜 (藁

まあ、CNSで表紙とればやはり凄いのでは? その号
のrepresentativeってことだろう。

CNSとまでいかなくても、Development, G & D, EMBO,
JCB, Nature series, Cell seriesあたりの表紙をとれれば
個人的にはhappyだけどな。


38 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 06:54
>>36
いや、これはH田さんが偉い!ってことだよ。ホントに
良い論文をGenes to Cellsに出して雑誌のレベルを上げ
るのに貢献している訳だろ。

そこで、分子生物学会の現評議員がどれだけG to Cに貢献
しているか一寸見てみた。適当にpick upした何人かの評議員が
G to Cに出した論文のうち最も引用数の多いのをみたのが
これだ!

Taniguchi T 76回
GENES CELLS 1 (1): 115-124 JAN 1996

Ogawa T 56回
GENES CELLS 3 (3): 145-156 MAR 1998

Honjo T 54回
GENES CELLS 1 (1): 1-9 JAN 1996 (Review)

Yanagida M 52回
GENES CELLS 2 (7): 467-479 JUL 1997

Aizawa S 28回
GENES CELLS1 (11): 1031-1044 NOV 1996

Nakanishi S 8回
GENES CELLS 4 (7): 381-390 JUL 1999

Fujii-Kuriyama Y 1回
GENES CELLS 5 (9): 739-747 SEP 2000

最後の3人はIFをさげてるよネ、どうみても。

評議員の皆さま、他人に良い論文をG to Cに出すように
お願いする前に、自分達が率先してもっと良い論文を
出して下さい。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 07:18
っていっても所詮JCSも越えられない雑誌でしょう。


40 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 10:39
>>37
IF5, 6あたりの雑誌で表紙とってもさぶいということか?

41 :37:02/04/29 11:59
>>40
少なくともGenes Cellsじゃあまりうれしくないっす。
IF5-6でもDev Biol, JCS, JMBあたりならいいかな。

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/29 15:15
表紙ゲットするにはどうしたらいいんだろ?
成果に対して低めのjournalに投稿した方が良いのか?

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 07:44
>>42
  >成果に対して低めのjournalに投稿した方が良いのか?
それじゃ本末転倒だろう!

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/30 08:38
でもマジでそれはアル。
大量のreviceが面倒(不可能)でボスのコネがある一段低いところに出したら、
「表紙にさせて欲しいから、原図を送れ」と言われてた。
Firstのヤツはそれなりに喜んだ。それなり、にだけど。

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 06:46
T大理植のK岩先生はNatureの表紙を何回か飾ってるけど
論文なしで表紙だけってのがあるよネ。不思議だ。

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/01 23:44
>>45
まぢ? 具体的に何年何号かおしえてくらさい。

47 :45:02/05/02 02:28
>>46
昔のことだから今更覚えてないよ。
論文が出てる訳ではないからPubMedでも捜せないし。
でも、ホントだよ。確か粘菌か何かのミトコンドリア
DNAの蛍光写真だったようなかすかな記憶が・・・

本人に聞いて下さい。当時はその表紙をスライドにした
やつをセミナーでよく使っていたよ。

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 03:10
DNA researchのIFを教えて下さい。
ISIには載っていませんでした。
お願いします。

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 08:35
>>48
DNA Resは長いあいだ認識されてなかったようで、つい最近だよネ、PubMedやWeb of Scienceに登場してきたのも。と言う訳で、まだ、IFは出てないんではないだろうか?

50 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/02 17:11
>>49
やはり出ていませんか。
ありがとうございました。

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/05/05 00:44
個人的にはIFでも引用件数でもなく、すごいアイデアや労力の仕事に感動する。
CNS(特にNS)でも俺が読んでも嘘(異常に高いタイター・絶対にうまくいかない実験・インチキバンド)
満載の論文見つけたときは「レビューした奴はアホか??」と思う。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)