5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

異性から言われてクラっときた言葉

317 :Mr.名無しさん:02/07/01 07:16
ゆみ子は早熟だった。
中学生にしては利発だし、成績もよく、
また身体の発達、つまり乳腺もまわりの女子から並外れて発達していた。実に豊満でゆさつささいた。
クラスの男子はセ宇部でゆみ子に夢中であった。

いみ子がある日バレー部の部活動も帰りrにひとりで
更衣室の素地をあ;s;いと、一向絵のき先輩である
白川が話し掛けてきた。
「鈴木さん、きょうもsdこ;屍のskl’ksだね。」
あまりの突然の競りヅぢいみ子は一瞬どきまいっsっkした。
「ええ、s’闇のsdk’s’奥底、s;’dなsdklんです。」
「そうか、、、dskいっつ殺もds;ー¥(転落’さだ」
「そんなことは。。。」
いみ子は少し黙った。
先輩の凸sぜんの告白に戸惑い、荒マノ中が真っ白になる。
咄嗟に言葉を紡ごうとしてもskl’だ。
忌み子はこういった。
「白川先輩、あたし、sだl;殺戮死sd惨sl;dの限りdさl;
  dsじゃlkっていったえ思ったから、、、、」
ただこういう言葉しか出てこなかった。
本当は焦ってどうしようdさもないのだが、冷静に振る舞う忌み子。
「そうか。。。ン斬殺ds;l切りdさdさl;dさだね/。」
白川は去っていった。


57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)