5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経営者のための経理教室

1 :名無しさん@あたっかー:01/12/13 20:46
税金経理会計板の経理総合スレ系は受験生なども混ざってしまい
無駄な部分も多くあるので、経営板で実務に役立つ経理総合スレを
立てたいと思いました。

・経理事務員を雇う余裕が無く自分で経理もやっている社長さん。
・経理関係はいつも税理士に任せっ切りだったけど、俺も少しは
 勉強しないとな考えている社長さん。
・経理部長の出す数字を踏まえて戦略を練りたいと考えている社長さん。

などなど、分からない事があれば日常的な取り引きの仕分けの仕方から、
効果的な節税法など超初歩的な質問からハイレベルな質問まで
皆さん自由に質問し答えられる限り答えて行きましょう。
もちろん経営者じゃなく実務に携わる経理部員さんも大歓迎!

2 :1:01/12/13 20:54
という訳で、さっそく超初歩的質問なんですが、、、あれ?
スレ立てるのに一生懸命になってるうちに何を質問しようと
していたか忘れてしまったな。
しかも、1の文章に脱字がある、、、もうアホかと。
また思い出したら書きますのでその時は皆さんどうぞ宜しく!

3 :名無しさん@あたっかー:01/12/13 22:10
個人事業主なら、納税協会がやっている「簿記教室」に
逝ってみたらどうかな?

青色申告の登録しておけば、税務署から案内がきます。
しかも受講料は2000円だったし(納税協会員はタダ)。

4 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 02:09
まず納税協会員ってなんでしょうか?

5 :俺もよく知らんが:01/12/14 06:32
>>4
http://www.nouzeikyokai.or.jp/index2.html
ここじゃないかい?

6 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 18:49
納税協会は天下り法人です
お奨め出来ません
民商では共産党の喰物にされます
本を読んで独学を勧めます

7 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 18:57
赤字だから、どんぶり勘定。
どんなにつついても、とんとんにもなりそうもない。
貯えがあるからしばらくは食っていける。
経理の勉強はいまのところ必要無しじゃ。

8 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 19:07
>>7
でも打ち手を考えるには管理会計が必要では?
財務・税務会計スレっぽいが、経営には管理会計が必須
と思われ。
# 管理会計スレでは1がバカすぎて話がとまったけど。

9 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 23:08
>>8
管理会計を勉強するためにTACに通って11月に簿記2級を取って
今は簿記1級の原価計算(標準原価計算・直接原価計算・意思決定支援会計)
を勉強しています。この次あたりは何処に進むのが良さそうでしょうか?

10 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 23:26
>>9
会計系なら税理士の簿記と財表

11 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 23:43
>>10
管理会計をさらに極めたいんだけど、公認会計士の原価計算やるなら
簿記1級の原価計算のほうが良さそうと思いやってるんです。
だけどこの先が見つからない。

12 :名無しさん@あたっかー:01/12/14 23:55
次に行くのはファイナンス理論じゃないの?
そうするとMBAか?

13 :名無しさん@あたっかー:01/12/15 00:06
>>12
MBA行ってみたいけど、行く暇が当分作れそうにありません・・・

14 :名無しさん@あたっかー:01/12/15 00:07
>>13
アポロンがMBAやってるじゃん(w

15 :名無しさん@あたっかー:01/12/15 00:12
ファイナンス理論の試験なら証券アナリストが適当。
しかし9さんの希望に沿うかは疑問。
本屋で立ち読みしてみてください。

16 :9:01/12/15 00:51
>>15
http://www.saa.or.jp/education/gaiyou.html#03
↑証券アナリストへの道のり

調べてみましたがかなり長期間にわたって
勉強しなければならなさそうですね。内容は明日でも調べてみます。

17 :9:01/12/15 00:59
>>15
http://www.saa.or.jp/education/gaiyou.html#03
↑証券アナリストへの道のり

調べてみましたがかなり長期間にわたって
勉強しなければならなさそうですね。内容は明日でも調べてみます。

18 :1:01/12/15 19:27
忙しくてなかなか来れなかったんですが、二日ぶりに来てみたら随分と
高度な話題になってますね。(お前がバカなだけ、というツッコミは無しで、、)
で、思い出したのでかなーり初歩的な質問行かせてもらいます。
雇用保険に関する仕訳についてなのですが、概算で4とか5月に支払った時と、
その後従業員から天引きした時の仕訳のやり方がいまいち良く分かりません。
本を見ると立替金を使う方法や預り金を使う方法など、やり方はいろいろあるよう
ですが、みなさんの会社ではどうやってますか?

>>7さん
>>8さんが言うように赤字から脱出するためにも、数字を見ながら経営を進める
のも良いんじゃないですか?この機会に一緒に勉強しましょう!

19 ::01/12/15 20:09
>>9
なんのための管理会計なのか(なんのために原価を計算して
いるのか)というあたりをどこまで考えていらっしゃるかで
なにを薦めるかがかわってきます。

20 :名無しさん@あたっかー:01/12/15 20:24
>管理会計をさらに極めたいんだけど、公認会計士の原価計算やるなら
>簿記1級の原価計算のほうが良さそうと思いやってるんです。

会計士の原計の方が難しいのかと思ってたよ

21 :9:01/12/15 23:31
>>19
顧客別の採算性を把握するために活動基準原価計算かより正確な配賦計算を
学びたいと思っています。ホワイトカラーの生産性向上のための原価計算です。

>>20
会計士の原価計算のほうが難しいですけどテキストを見比べて
複雑さがましているだけのように感じたので簿記1級のほうを選んだんです。
難しさだけで言うなら会計士のほうが難しいと思います。

22 :19:01/12/16 00:26
>>21
ならば次はホワイトカラーの行動原理・動かし方を
学ぶことをお勧めします。
配賦計算のノウハウはそこまでやられているならあ
とは現場で応用できると思います。そこで顧客別採
算がどこが悪いと分析しているだけでは単なる評論
家。

組織行動学や人的資源管理を学び、どーやったらそ
のホワイトカラーが動くようになるのかの糸口を
学んでおくのが吉でしょう。

23 :名無しさん@あたっかー:01/12/16 09:27
簿記1級の次にABC。いいんじゃないでしょうか。
22の言うとおり正確な配賦計算なんてのはあとは実地応用なので、
それよりはABC・ABMの概念を学ぶのがいいでしょう。

24 :1:01/12/18 16:53
いやー、またまた忙しくって久々に来てみると、スレを立てた自分自身が
「俺は何か場違いなことを言ってるんじゃないか?」と思ってしまうほど
レベルの高い話題になってます。
といっても、ここは初心者の質問を受け付けない所では無いので、ROMってる
方たちも何か疑問があればどしどし書いちゃってください。(でないと俺の
馬鹿さ加減だけ際立って恥ずかしいことになってしまいます。)
さらに言わせてもらえば、どなたか>>18で書いた質問にやさしく答えて!
あー、そしてまたしばらく来れなそうだ、、、。

25 :名無しさん@あたっかー:01/12/18 17:12
初歩的な質問ですみません。
経理の知識ゼロです。会社設立準備のため勉強中です。

資本金100万をすべて使って仕入れをして商売した結果、
売上200万・経費100万で利益100万出たとします。
この利益100万を資本金に返却しないと
次年度の業務ができないわけですが
「資本金の使用」「利益から資本金への返却」は、
簿記の上ではどう書くのでしょうか?
たとえば
http://user1.allnet.ne.jp/~kaga-kei/page5-0-a.htm
このサイトの科目でいうとどれになりますか?

26 :ll:01/12/18 17:28
もうすぐ冬休み!!




日本最大の援助交際サイト




おこずかいの欲しい女の子募集!!




http://kgy999.ath.cx/e.html
(援助交際クラブ)

:\:

:::

27 :名無しさん@あたっかー:01/12/18 17:58
>>25
ネタ?
一応ざっとかけば

現金100 資本金100

だったのが仕入によって
商品100 資本金100

になる。商品が200で売れたら
現金200 剰余金100+資本金100

になる。

28 :ととt◇kae:01/12/18 18:03


29 :名無しさん@あたっかー:01/12/19 12:29
>>25
資本金100万は別に常に現金の形で存在する必要はないのよん。

つまり
>この利益100万を資本金に返却しないと
>次年度の業務ができないわけですが
この部分に誤解があるかと。

30 :25:01/12/19 12:59
ネタじゃありません。
(それくらいバカ丸出しな質問だったのか・・・ヒィ)
27さん29さんありがとうございました。
「現金100 資本金100」
この部分から理解できていませんでした。
有限会社なら300万用意して資本金にしますけど
その時点で
「現金300 資本金300」
なのですね?
初心者には直感的に理解できないです、ハイ。
一応「小さな会社のための簿記・会計」という本を
買ってきて読んでるのですが、サッパリ意味不明で。
資格試験の入門書を読んだ方がよさそう?

>>29 さん
そのとおりです。誤解していました。

31 :>>30:01/12/19 13:53
専門学校にでも行って簿記3級の講座を受けてみたら?

32 :名無しさん@あたっかー:01/12/19 17:12
>>30
>>25のリンク先に貸借対照表が載ってるよね。
これを見ると左側が「資産の部」、右側が「負債の部」と「資本の部」に分けられてるのが
わかると思う。
簿記の仕訳に使われる勘定科目はすべて
「資産」(現金・預金・売掛金・受取手形・土地・建物・機械・有価証券etc)
「負債」(支払手形・買掛金・借入金etc)
「資本」(資本金・未処分利益(利益のうち配当や役員賞与などの処分を行っていない分)etc)
「収益」(売上・受取利息etc)
「費用」(仕入・支払利息etc)
の5つに分類されるんだけど、1年の間に行われたすべての仕訳を集計した中の
「資産」「負債」「資本」をまとめたものが貸借対照表なわけ。

33 :32のつづき:01/12/19 17:30
だから仕訳がわかれば貸借対照表の意味がわかるはず。

たとえばこの仕訳。
(借方)現金 100  (貸方)資本金 100
これは
「現金100円を資本金として会社に入れた」
より簿記的に言えば
「現金100円という「資産」を増加させたが、これは資本金である」
ってこと。
(資産科目が借方側に書かれると増加を意味する。
 同様に資本科目が貸方側に書かれたら増加。)
もひとつ。
「(借方)現金 200 (貸方)借入金 200」
これは
「現金200円を借りた」
つまり
「「資産」である現金200円を増加させたが、これは借入金(「負債」)である」
てこと。
(負債科目は貸方に書かれたら増加を意味する。
 もし上の仕訳が左右逆に書かれたら「現金200を支払って借金を返した」という意味)

つまり「負債」や「資本」は資産の裏付け(取引の発生理由)なんだよ。
だから資本金という科目はそれ自体が資産ではないわけ。

34 :32のつづき:01/12/19 17:43
最初の1年で上の2つのしかしなかったとする。
と、B/Sは
左側「資産の部 300」 (科目名は現金)
右側「負債の部 200」 ( 〃 借入金)
  「資本の部 100」 ( 〃 資本金)
という表になる。
仕訳は借方貸方とも同じ金額で行うから、それをまとめたB/Sも
左右の合計額は同じになる。

さて、資本金や借金で手に入れた現金はいつまでもそのままの形で保管しても
意味ないよね。物を買ったり売ったりして商売しなきゃいけない。
たとえば現金300を払って商品を買ったとしよう。
「(借方)商品 300  (貸方)現金 300」

ここで1年終了。
するとB/Sは
左側「資産の部 100」 (科目名は商品)
右側「負債の部 200」 ( 〃 借入金)
  「資本の部 100」 ( 〃 資本金)

資本金として、また借入金として手に入れた現金という「資産」は、
商品という「資産」に形を変えて企業内に相変わらずある。
資本と負債に見合う分だけの額の資産が会社にあれば、簿記上は
形はなんでもいいんです。現金でも工場でも機械でも土地でも。
(ただし使わない機械ばっかもってる会社なんて実際は商売にならないけどね)

とりあえずここまで。
もってる商品を売れば「収益」が計上され、売った商品は「費用」として集計されて、
「収益−費用=利益」が算定される。でそれをまとめてP/Lが作成されるんだけど、
この辺はまた長くなっちゃうから他の機会に。

35 :32のつづき:01/12/19 17:48
ミス訂正。

(34の1行目)
 最初の1年で上の2つの取引しかしなかったとする。

(34の15行目)
 左側「資産の部 300」 (科目名は商品)

36 :名無しさん@あたっかー:01/12/19 19:19
で、
誰か「繰延税金資産」の意味について教えてくれんか?
会計士が来て時価評価して有税処理しろって、訳ワカラン

37 :名無しさん@あたっかー:01/12/19 19:20
税効果会計入門の本を買おう。

38 :25:01/12/20 14:32
たいへんよくわかりました。
(300のミスにも気付くくらい)
2ちゃんねるとは思えない懇切丁寧な解説
ありがとうございました。
コピペして保存しました。
簿記3級のテキスト買ってこようと思います。

39 :簿記のテキストならこれ!:01/12/20 17:41
よくわかる簿記シリーズ 日商3級 合格トレーニングVer.2.0
TAC簿記検定講座 著
本体価格(税別):1,500円
http://bookstore.tac-school.co.jp/
↑ここから買えるよ

40 :上のは間違い:01/12/20 17:43
よくわかる簿記シリーズ 日商3級 合格テキストVer.2.0
TAC簿記検定講座 著
上のは問題集でした。テキストはこれ

41 :名無しさん@あたっかー:01/12/20 21:57
http://bookstore.tac-school.co.jp/book/contents.cgi?id=320&show=

42 :土曜日さん:01/12/21 01:13
>>25
うむ。簿記3級は真剣にやれば20〜30時間の勉強で一通りできるはず。
私的には
・仕訳
・貸借対照表
・損益計算書
が分かれば大体いいのでは?と思います。

余裕があればキャッシュフロー関係も勉強すると経営的に○。

43 :名無しさん@あたっかー:01/12/21 02:01
>>36
例えば、棚卸しの関係で余分に税金を払うことありますよね?
そのとき払う、余分な税金のことだと思うんですが。
要は税金の先払いです。違ったらすいません。

44 :名無しさん@あたっかー:01/12/22 19:44
キャッシュフロー関係を勉強するのに何か良いテキストとかありますか?

45 :名無しさん@あたっかー:01/12/22 23:13
キャッシュフロー「関係」って、どんな?
入門?それとも本格的な勉強?

46 :名無しさん@あたっかー:01/12/23 02:24
キャッシュフローって、いまいち感覚的によくわからない。
っていうか、勉強してないんだけどね(笑
勉強した甲斐あって、仕訳は大体わかるようになったんだが、
資金繰り表の使い方を勉強したい。
資金、よくショートするんだよな。
#経営者として怠慢ですね。

47 :名無しさん@あたっかー:01/12/23 13:16
キャッシュフローの仕訳ってなんだ?
そういう話なら「キャッシュフロー入門書」とかじゃなく
「資金繰り」についての本を読んだ方がいいね。

48 :名無しさん@あたっかー:01/12/23 13:46
>43
大雑把に言うと43の通りなんだけど、
固定資産・在庫品(完成品、仕入品、仕掛品)の処分をしたときに
税務申告までに、処分が間に合わなくて、
固定資産徐却損をP/Lに計上しても損金計上できないときがあります。
そのときは、とりあえず、法人税を払っておいて、
該当分を「繰延税金資産」(要は税務署に対する債権)として
資産に計上します。
該当資産を実際に処分した年度には、法人税分を繰延税金資産から
落とすわけです。

49 :44:01/12/23 18:10
>>45
ほとんど知識が無いのでやはり入門のほうで何かいいのがあれば。。。

50 :名無しさん@あたっかー:01/12/23 21:59
「キャッシュフロー計算書」について理解したいのであれば、
ある程度簿記の知識がないと難しいよ。
これも財務諸表の一つだからね。

51 :名無しさん@あたっかー:01/12/23 22:04
ふむふむ。

52 :土曜日さん:01/12/24 02:19
キャッシュフローのお勉強は...

簿記3級を検定が受かるくらい勉強(別に受けなくてもいいが)
   ↓
資金管理(資金繰り表、資金運用表、資金移動表)について書いて
あり、キャッシュフロー計算書の説明もある入門書がいいでしょうね。

私の場合は簿記3級持ってるだけなんで2級や1級がどんな勉強する
のか知らないので分かりませんが、上記の資金管理、CFが載ってる
参考書がいいと思います。特に例題が豊富なもの、細かくないもの。

私は診断士受験用の財務・会計で学びました。簿記1級とか取るより、
実務的だと思います。参考までに。

53 : :01/12/24 13:12
>資金管理(資金繰り表、資金運用表、資金移動表)について書いて
>あり、キャッシュフロー計算書の説明もある入門書がいいでしょうね。
>(中略)
>私は診断士受験用の財務・会計で学びました。簿記1級とか取るより、
>実務的だと思います。参考までに。


1級のお勉強でも資金管理はほとんどやらないよ。

54 :46:01/12/24 19:11
>>46
キャッシュフローの仕訳じゃなくって、
普通の経理(複式簿記)の仕訳程度は理解できるようになったけど、
キャッシュフローについてはぜんぜん勉強していないので
わかりません、っていうことを書きたかった。
説明わるくってすまん。

>>52
やっぱり、私には資金管理の勉強が先。
キャッシュフローはそのあとだな。

55 :名無しさん@あたっかー:01/12/24 21:18
キャッシュフローって、基本は現金の流れだよね?
私は、ちょっとめんどいけど、現金・預金関係なんかの元帳から拾って
科目分類して、キャッシュフロー管理表作ってる。
なんせ、ウチの社長が、簿記理解できてないから、
難しいやり方しても、説明めんどくて・・・(汗)

56 :名無しさん@あたっかー:01/12/24 22:04
>キャッシュフローって、基本は現金の流れだよね?

「キャッシュフロー」とだけ言えばそうなんだけど、
「キャッシュフロー計算書」場合、現金収支に加えていろんな要件を
加味しなきゃならんのよね。
だから証券取引のための財務分析でなく自分の会社の管理のためなら
キャッシュ計算書の本を読まずとも資金収支表でとりあえずいいと思う。

57 :土曜日さん:01/12/25 15:31
キャッシュフロー計算書は結構便利かと思いますよ。
営業活動
投資活動
財務活動
でキャッシュフローが、カチッと見えますから。
どの活動で黒なのか赤なのかが見えると次期の計画が立てやすいですし。

58 :名無しさん@あたっかー:01/12/25 17:36
資格が欲しいんじゃなくて純粋に経理が学びたいんだったら、
大原の税理士実務コースがおすすめ。
受講生は院免除の税理士ばっかだけど、経理実務がよくわかる。
俺は別に大原のまわし者じゃないけどね。

59 :名無しさん@あたっかー:01/12/30 19:47
経理初心者なのですが質問させていただきます。
小売業を営む会社を立ち上げたのですが、消費税は税込み処理と税抜き処理の
どちらでやるのが良いとかあるのでしょうか?
それともどちらでも大差ないのでしょうか?

60 :名無しさん@あたっかー:01/12/30 22:18
経営者と求職者を結ぶ相互リンク
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/job/1009032450/l50

61 :名無しさん@あたっかー:01/12/31 23:05
>>59
的確には答えられないが、個人的には税込みのほうが簡単だと思う。
税抜きだと、税抜き・税込み両方の金額を少なからず意識しなければならない。
税込みなら、税込みの総額だけ考えていれば、それでよい。
でも、「会社を立ち上げた」ばかりであれば、非課税業者?
であれば、税込みも抜きもなく、すべて税込みで処理してしまえばいいのでは?

62 :名無しさん@あたっかー:02/01/02 13:05
>>61
レスありがとうございます。そういえば、会社設立からは3年間(でしたっけ?)
消費税は非課税とかなんとかありましたね。その間は税抜き処理でやって行く
わけだから、、、、結局その後も税抜き処理でやろうかな。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)