5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最近偉そうな曾野綾子さんですが

1 : :01/11/27 23:13 ID:9JVxgud6
日本の数学教育を破壊し、技術立国日本の未来を真っ暗にするつもりのようです。
これがどれだけ恐ろしいことか。資源もない日本がこれからも一流国で
あり続けるためには、人的資源の育成が不可欠だというのに、そのような
ことがまったくわかっていない。曾野綾子を糾弾しませう。

http://www02.so-net.ne.jp/~komuro/Mutsumi/QuadEq.html
教育課程審議会長の三浦朱門氏は雑誌「週間教育Pro」1997年4月1日号
のインタビュー記事『「教育」今後の方向』の中で、教科内容の厳選に関して、
教科のエゴをなくすために、たとえば数学では『曾野綾子のように「私は2次
方程式もろくにできないけれども、65歳になる今日まで全然不自由しなかった」
という』数学嫌いの委員を半数以上含めて数学の教科内容の厳選を行う必要が
あると発言している。この発言から1年2ヶ月ほどたった今年の6月に教課審の
審議のまとめが出され、2次方程式の解の公式は中学数学から姿を消すことになった。

http://homepage2.nifty.com/teiyu/idea/in_0104.html
先の教育課程審議会会長三浦朱門は、夫人曾野綾子の発言「2次方程式の解の公式など
何の役にも立たない。あんな下らないことを教える必要はない。」を吹聴している。
その一方で、英国首相ブレアは、高校生や一般向けに無料配布した化学入門書に
「科学教育の充実は英国が世界競争に勝つための最優先施策である。医薬品、食品、
環境等に深く関わる化学は、若い人たちのよき指針となるであろう。」とメッセージを寄せている。     

2 :文責:名無しさん:01/11/27 23:19 ID:DJ3fHYBz
この問題では非常に多くの自称「知識人」が同じことを言っていました。
彼らは現状をどのように分析しているのでしょうか?

3 : :01/11/27 23:26 ID:9JVxgud6
今回の「教育改革」は、総じて「教育改悪」となってしまいました。

「日本の未来を担う人材を育成する」という観点が
完全に抜け落ちてしまっているとしか言いようがありません。

ただただ過剰な受験戦争のイメージ操作に踊らされた
知識人が、個人的に数学嫌いな文系の知識人が、
大衆ウケを狙った政治家が、このような改悪を招いてしまいました。

人的資源が少なくなることは即、国力の低下につながります。
なぜそれがわからないのか。恐ろしいことです。
国力が低下してからでないと気づかないのか、この国の知識人は。

とりあえず、曾野綾子および三浦朱門を糾弾したいです。

4 :文責:名無しさん:01/11/28 10:55 ID:SwftzFl4
曾野綾子ってSAPIOにたまに出てくるひと?

5 :文責:名無しさん:01/11/28 11:01 ID:ddkhGMHC

 ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧      ∧_∧
 ( ゚ ∀゚ )  <丶`∀´>  <丶`∀´> <丶`∀´>    <丶`∀´>
 (  曽野 つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂ 原理 つ
 | | |  ┃キリスト世界へ イルボンは出兵せよ  ┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__フ_フ

6 :原島欣一@最終兵器は逝印♪:01/11/28 11:02 ID:Tjyni18n
>>4
産経で「正論」欄にも時々書いてるし、「曽野綾子の自分の顔他人の顔」って連載(木・金)コラムも持ってるよ。
あと「日本財団」会長も。

7 :文責:名無しさん:01/11/28 11:12 ID:ofvL+Sce
日本財団は、平日昼間に競艇場にいる人達に支えられているのです。
彼等の様な方々を増やすことにより、日本財団がより多くの
世界各地で苦しむ人々を支援できるのです。

8 : :01/11/28 11:12 ID:YVx8Q3ft
まだフジモリ氏をかくまってるのかな?

9 :文責:名無しさん:01/11/28 11:13 ID:r25/4VGb
板違いとは言わないけど、このスレ、教育・先生板に立てた方がレスが付くかもよ>>1
http://school.2ch.net/edu/

10 :文責:名無しさん:01/11/28 12:00 ID:8EmvIcuo
ホントは右寄りの内容のことを言っている彼女が憎いんじゃないの?サヨくんが。

11 :文責:名無しさん:01/11/28 12:30 ID:+MKzXY03
でもやっぱり変だと思う。だってこのひと作家でしょ?
「彼の著作はほとんどよんだことがないが・・・」
と前置きして、マーク・トーウェンを批判してた。
読んでからするのが作家としての仁義じゃねえのかよ。

12 :文責:名無しさん:01/11/28 12:32 ID:0KZO609s
>>11
バカサヨ作家が読みもしないで小林よしのり批判をするのと同じだね(w

13 :文責:名無しさん:01/11/28 12:51 ID:BiVW6J7v
漏れは曽野綾子氏のエッセイのファンだけど、あそこまで辛辣に述べる女性作家
は居ないと思う。

>>10
激しく同意!

14 :文責:名無しさん:01/11/28 13:04 ID:Tjyni18n
相互リンクしとくよ。
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1006919856/

15 :文責:名無しさん:01/11/28 14:12 ID:khCH6B0s
>11
ん?
そのコラムはマーク・トゥエインのエッセイの一節についての批判だったのでは?
問題の著作は一応読んでの上での批判だった気がする・・

16 :文責:名無しさん:01/11/28 14:28 ID:VzFp/p5z
彼女は今までずっと挫折もなく“勝ち組”で生きてきたから
思考が男性の右翼のようになってる。
同じ女性としてああはなりたくない人間のひとりになっちゃった。

昔彼女のエッセイを読んでて大嫌いになった。
そのエッセイには
「フーテンの寅さんは人気があるけどとんでもない!
ああいう性格破綻者を家族にもったなら、家族は悲惨!
とうてい映画のように笑ってられない。」
というようなことを書いていた。
寅さんのように変っているけど、ちゃんと自分の稼ぎで
生活している人を「性格破綻者」と断じているのは
彼女のモノの見方を象徴していると思う。

17 :ゆきこ:01/11/28 14:55 ID:l8IzoNse
ほんとだね

18 : :01/11/28 14:55 ID:jLvjkULX
どこが右翼なんだよ。この件に関してはサヨクだろ。
何がゆとり教育だよ。理系の学力がかなり落ちてるだろ。
曽野綾子がどういう人か知らんがかなり横暴だ。
思想的にまずいね。

19 :文責:名無しさん:01/11/28 15:15 ID:6u1JoHxV

>>18

そうだよね。自分の主観や狭い経験から『国の教育方針』
を決められるのはかなわない。

20 :教員:01/11/28 15:16 ID:MCJ7tHXD
立場を逆にすれば、「私は漢文や古文をろくに読めないけれども、65歳になる
今日まで全然不自由しなかった。」と言えるし、実際そういう人も多いでしょう。

とどのつまり、学校から習わなければならない物事のうち、生きていく上で必要な
知識などなにもないんだよね。必要な知識は学校でなくても生活の中で身につくし。

それじゃ、学校教育って何かって言うと、「それを役立てることでいかに文化的・
社会的に生きるか」「それを役立てることでいかに社会に貢献するか」を目指す
「きっかけ」なわけ。その、「きっかけ」のメニューは多ければ多いほど良い。

曽野女史が文学的知識を学校教育から学んだのと同じように、子ども達は理数系
知識を学校教育から学ぶはず。その、未来の可能性を摘み取る権利は誰にもない。

21 :文責:名無しさん:01/11/28 15:20 ID:tfYZgxsd
産経新聞で曽野さんの文を読むが、時たま「あっ」と思う新鮮さがある。
この方は財団の資金で世界の未開地区に援助をされているが、ご自身で
未開地区へ行き援助の実態を見て、援助の評価をされている。
「未開地区へ行くのが苦痛でなくなったら援助を止めよう」東京の事務所で座って
援助するとか、大名視察になってしまえばこの仕事から手を引くと言うこと。
緒方貞子さんと共に日本の女性の世界への顔と思っているが。
教育に関しても多くの執筆をされているが、1の文は本人の言葉でなく
引用であることから全面的に信頼することが出来ない。
曽野氏、三浦氏ともにゆとりの教育には反対のはず。

22 :文責:名無しさん:01/11/28 15:48 ID:ddkhGMHC
はず・・・よりソース不明だねw
で、なんでsageなのよ?

23 :文責:名無しさん:01/11/28 16:04 ID:tfYZgxsd
>>22
>>曽野氏、三浦氏ともにゆとりの教育には反対のはず。
これについてソースを提示しろとの事ですが、私がこう思ったいきさつは
産経に出てくる対談記事や時事評論を読んでの印象ですので、Web上の
記事があるかどうか知りません。

24 :文責:名無しさん:01/11/28 16:09 ID:ddkhGMHC



 ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧      ∧_∧
 ( ゚ ∀゚ )  <丶`∀´>  <丶`∀´> <丶`∀´>    <丶`∀´>
 (  曽野 つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━┳⊂ 原理 つ
 | | |  ┃キリスト世界への捨石イルボンは出兵を!┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__フ_フ

25 :文責:名無しさん:01/11/28 16:42 ID:IzcsExuv
わたしは、27さいで、ひらがなしかよめませんが、ふじゆうしてまそん。

26 :Q:01/11/28 16:47 ID:WUvFyC7A
昔、息子さんの太郎氏に教わっていたが

酒好きで、ばくち好き、女性にももてていた。

確かに”教授”になったのだから、教育はうまくいったのでは…

27 :文責:名無しさん:01/11/28 16:52 ID:bzNpgUYH
曽野ってウヨバアアじゃん。氏んでよし。

28 :数学で金:01/11/28 17:04 ID:sA/Mgr1h
思うに
ゆとり教育だめだと吹き上がってる人も良く考えたら
専門書とか読んでないでしょ
で数学とかまるでだめで、語学も全然使えず
法律の概念も理解してないし、経済もわからんという
感じじゃないですか

29 :原島欣一@最終兵器は逝印♪ ◆E7IGXGq2 :01/11/28 17:04 ID:Tjyni18n
>>27
てめえが逝ってよし!初歩的な字の間違いは厨房くさくてカコワルーイ。

30 :文責:名無しさん:01/11/28 17:09 ID:bzNpgUYH
>>28
俺逝ってよしか?でもウヨババアなのは事実じゃん。
ウヨババアウヨババアウヨババア

31 : :01/11/28 17:09 ID:tskGO5rQ
保守派文化人は歴史教科書問題では一致していても、
他教科に関してはバラバラだね。
大まかに言って「徳育重視」派と「ゆとり教育反対」派に分かれている感じだ。
前者は国民のモラルの低下を、後者は日本の国際競争力の低下を嘆く。
曽野綾子は前者に入るのだろう。
だけど「知らなくても不自由しなかったから教えなくていい」レベルで
教育を語る人間が教育課程審議会にいるのは問題だね。
曽野綾子には失望した。

32 ::01/11/28 17:15 ID:sA/Mgr1h
丸暗記とか条件反射の計算問題ばっかとかの詰め込みオンリーがだめであって
東大の2時試験みたいな基本を抑えて考える問題とかなら非人間的でもないし
面白い
もっとレポートとか科学的客観的論文の書き方とかきっちりやったほうがいい
歴史にしても細かいレイ外的事項の丸暗記じゃなくて
歴史の理解、検証とか
マアそうするとうよくサヨクとなるかな

33 :文部省:01/11/28 17:29 ID:K1+H4sVx
三浦先生は既に退任され、数学者の秋山仁先生に入ってもらいました。

教育課程審議会委員名簿 1997/11
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kyouiku/meibo/971101.htm
教育課程審議会委員名簿 1998/6
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kyouiku/meibo/980601.htm

34 :文部省:01/11/28 17:33 ID:K1+H4sVx
>>33
三浦先生は既に退任され、数学者の秋山仁先生に入ってもらいました。

訂正:

教育課程審議会委員名簿 1997/11
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kyouiku/meibo/971101.htm
教育課程審議会委員名簿 1999/12
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kyouiku/meibo/991201.htm

35 :文責:名無しさん:01/11/28 19:25 ID:SwftzFl4
>>34
あ、本当だー。

む、駿台予備校で秋山先生の教えを受けた者としては
ちとうれしい。


憎むべきは曾野綾子かな。
すこしは弁明しろって思う。

36 :教科書が教えない曾野綾子:01/11/29 02:29 ID:R8U2zgy7
 フジモリ氏は日本で曾野綾子さんの別邸、ついで田園調布にある彼女の自宅に匿われています。曾野
さんは周知のように、日本の非常に保守的なカトリック教徒として、これまで政治的な発言を繰り返し
てきました。彼女は73年のチリ軍部クーデタの直後にチリを訪れて、クーデタ支持派のキリスト教民
主党を取材し、クーデタの正当性を声高に語ったという経歴を持っています(確か『諸君!』に彼女の
ルポが掲載されたはずです)。もっとも、軍部による虐殺や拷問が国際的な非難の的になり、また、キ
リスト教民主党が軍部からうとまれるようになってからは、チリについて発言はしていないようです。
 曾野さんがフジモリ氏に「亡命」先を提供したうらには、オプス・デイの影があるのではないでしょ
うか。彼女はチリで軍部クーデタを公然と支持することで、おそらくラテンアメリカのオプス・デイに
はよく知られた名前になっています。そのオプス・デイと深いかかわりを持っているアルベルト・フジ
モリ氏の日本「亡命」に力を貸したのですから、なんらかの関係をそこに見て取ることが可能です。
 なお、オプス・デイは各国で「神の御業」を推進するさいに、資金的にはさまざまな財団や公的資金
に頼ることが多いようです。曾野さんは日本財団(笹川一族の競艇商売の隠れ蓑)の会長でもありま
す。日本財団はフジモリ氏が大統領になってから、驚くほどペルーに対する援助金を増やしています。
このあたりも、もっと調べるとなにか出てきそうです。

ttp://clinamen.ff.tku.ac.jp/Peru/Opus_Dei.html

37 :文責:名無しさん:01/11/29 12:22 ID:5Y9ZHzRh
曾野綾子「科学技術がいくら発達しても、人間の精神生活がまるで
豊かにならないのは、物質面で充実した現代に暮らす若者たちの諸相を
見れば、誰でも了解出来ることです。今日の若者たちの退廃は、数学や
理科などの単なる『手段』の獲得を目指した教科の教育の偏重により、
児童・生徒の心の裡に『動機』の炎を灯すという、教育本来の役割が
十分に実現されていないことが原因だと思われます。
誰もが少し考えれば分かるように、無味乾燥な物理や化学の公式に、
若者の心を賦活する力があるわけがないのです。
健全な認識を持つ人々は既に理解していることですが、
荒んだ若者たちを人間本来の生き方に立ち帰らせるには、ボランティア
をはじめとする勤労奉仕生産活動を奨励する以外に道はありません。
英国は、物質的な繁栄の過剰な追求が、精神の退廃を齎すことは、
産業革命以後の歴史を見れば明らかなのに、何故科学教育の充実という
懐古主義に向かうのか、私には分かりません。
英国も、新しい世代の育成を憂慮するならば、是非日本の教育改革の
精神をよく理解し実践されるべきだと思います」

ブレア首相「Oh!My god!」

38 :          :01/11/29 13:03 ID:2R7FmrK3
専門外の分野に口をだして馬脚を現したな。
俺はウヨだがこれは信じ難い暴論。

>「無味乾燥な物理や化学の公式に」

その公式ができるに至った過程を理解するのが科学教育
だと思うが。科学は分析と問題解決のための方法論であって、
「物質的な繁栄の過剰な追求」とは何の関係もない。

この人は自分の限界を知るべきだね

39 :文責:名無しさん:01/11/29 21:29 ID:yeRFbG6j
怒りを覚えるよ、このアマ・・・・・

保守陣営の雑誌は、ええ加減にこの女を起用するのヤメロ!!!
むしろこの発言をとことんなまでに追求しろ!!!

日本財団やフジモリ大統領に関しては、文春か新潮、追求してくれ!!



あああああああもうイライラっするぅううう!!!!
技術立国ニッポンが消滅してしまう!!!!!

だいたい女って、子供の頃に科学にあこがれたりするような
ことがないから平気でこんなことが言えるんだよ!!!!
もう文学が社会に影響を及ぼす時代じゃないんだから、てめーみたいな
3流モノカキがデカイ面してんじゃない!!!!!!

40 :文責:名無しさん:01/11/30 02:20 ID:X83hE88Y
つーか、この人は、国の将来よりも、自己保身に熱心なのさ。
保守陣営に取り入っているのもそのため。寄らば大樹の影ってね。

本当にふざけた話。売国奴だよ。
誰か追求してくれないものですかね、彼女を。

41 :文責:名無しさん:01/11/30 02:31 ID:2KxOeaOy
この女は以前朝日にも取り入っていたからなあ・・・

42 :age:01/11/30 03:17 ID:WAFbwrA+
数学、今数学と呼んでいるが、実はこれ哲学だったんだな、これをきちんと
学べば、国語は否が応でも学んでしまうのに。数学と算数を
勘違いしてるんじゃないか、女史。日本人に決定的に欠けてる論理的
思考に絶対欠かせないのに、何言ってるんだろうね。

43 :   :01/11/30 03:31 ID:0PwlIyfg
>26
太郎氏てことは園田の某大学ですか?

44 :文責:名無しさん:01/11/30 03:47 ID:5fnxf0yD
戦後日本の教育に欠けていたものがある、というのは同意できるが、
数学や理科に偏重していた、というような話は間違ってる。
そのような、日教組的な(彼らが考える「欠けた部分」、という
のは、また違うんですが)考え方が、学力低下を招いてきたこと
を知るべし。

45 :文責:名無しさん:01/11/30 03:57 ID:OLCH6jES
えらく批判が多いな。
曾野綾子の言ってることも分かる。
実際どれほどの人が大学卒業してから二次方程式なんて使うだろう。
使いもしないことを覚えるくらいなら、得意な分野に時間を割きたいというのも理解できる。
問題は落ちこぼれを作らないとか、ゆとり教育とか、教育審議会などで全国一律になくそうとすること。
もう義務教育なんてやめたらいいじゃない。
渡辺昇一が言ってるように自由に私学を設立させ、特色のあるカリキュラムを認めればいい。

46 :文責:名無しさん:01/11/30 04:32 ID:QTq3L8UP
数学をモデルとして直に使うことじゃなくて、
(もちろんそれをするのが仕事の人も多いに決まってるけど)
それを理解する過程において
仮定から結論を導く論理的思考を身につけることが大事なのにね。

47 :文責:名無しさん:01/11/30 04:33 ID:KQOfpZXg
「アラブでは、たとえ敵であっても〜」と言って客人フジモリを
ピース暴徒と田中康夫知事とセンデロとツパク・アマルから匿って
いる自称クリスチャンを虐めるな!

48 :文責:名無しさん:01/11/30 04:38 ID:2KxOeaOy
アマルの連中ってほぼ絶滅したらしいね。
アメリカの指定テロ組織から外れてた。

49 :文責:名無しさん:01/11/30 04:39 ID:QTq3L8UP
しかしまあ、どうして数学が苦手なことを自慢したがる奴が
曾野氏に限らず多いんだろうね。

50 :読み書き算盤:01/11/30 04:42 ID:S0s/8bu8
>>45
それ言い出したら、真っ先にスポイルすべきは英語だろ。
日本にくらしていて、あれ程、無駄な教科はないぞ。
(外人との直接取引でもないかぎり、翻訳家と翻訳ソフトがあれば十分)

それに歴史もいらないな。
教養以外の役に立たないから。

勿論、中学以降の国語教育も無駄だな。
あんなもん、日本で生活してりゃ自然に身につくし、
逆の観点から観れば、馬鹿な高校生みりゃ、如何に国語
教育の効果がないかがわかるからな。

51 :ユダヤ人:01/11/30 04:47 ID:KQOfpZXg
>>48
ジャップをペルーから追い出したことを認められ、
「テロリスト」から「自由の戦士」に昇格しました。

52 :文責:名無しさん:01/11/30 04:51 ID:2KxOeaOy
>51
なんだ、そうか(藁 看板変えたのか。

53 :文責:名無しさん:01/11/30 05:13 ID:x09me4fB
>>50
英語は、これからの政治家にとって絶対欠かせないと思う。
外交などの場面で、国際社会に訴える力が違ってくるからね。
歴史観も、政治家にとっては必要。
過去に学ぶのは必要だ。
もう一つ、国際的な情報戦、ということを考えれば、論理学、
ディベートなども必須だと思う。

54 :文責:名無しさん:01/11/30 05:56 ID:OLCH6jES
>>50
それでいいと思う。
義務的な国民教育は最低限のことを教えれるだけでいい。
大学生だって中学の数学が解けないくらいなんだろ。
学力が低下してるのは、生徒たちが教育受ける機会を奪われたからじゃない。
それな国がカリキュラムを増やしてやれば解決するんだが
実態は子供の頃から甘やかされて弛緩しきってるから。
授業中に携帯やったり、いびき掻いたりして学級崩壊してるわけだし。
つまり本人にやる気がないからだろ。
それならカリキュラムをイジッたからといって真面目に授業を受けるようになるとは思えない。
それでも無理矢理教えるというのは税金の無駄。
早く社会に出て働いた方が本人のためだし、税金納めて社会のためにもなる。

55 :レボリューション21:01/11/30 07:32 ID:g73jtPd3
前にも書いたが、緻密な歴史や数学の前に、銀行や株の仕組みとか、
政党研究とか、経済学のさわりとか、実用的なことを教えるのが先だと思うんですけど。

56 : :01/11/30 08:03 ID:YcHSGSXW
経済や経営、歴史等を研究するのには数字に強くなくっちゃダメなのに、
「数学が苦手」なやつが文系と称して専門家になるのが間違ってる。

数字に弱くてかまわないのは、文学、語学、芸術ぐらいじゃないの?

57 :文責:名無しさん:01/11/30 08:25 ID:CC/1lJ9d
>>45
だから「使いもしなかった」のは曾野綾子の人生であって、それが将来ある
子供たちにあてはまるとは限らない。作家の戯言で、科学への興味を
持つきっかけを失う子がいたとしたら、その罪は重すぎる。
「自分が使わなかったからいらない」って・・・オイオイ
日本のことをほんとに考えているなら、こんな発言でてくるか?

58 :文責:名無しさん:01/11/30 18:07 ID:wzQZld6T
>>57
彼女は自己の理想(数学で苦しむことのない学校)を作り上げたいのです。
恐らくは学生の頃、数学が嫌いで嫌いで仕方がなかったのでしょうね。
もちろん物理や化学なぞ問題外でしょう。

そしてその怨念を抱いてひたすら文系の道を進んだのでしょう。
んで、ある程度の地位を得て、「あたしのやってきたことは間違ってなかったわ!」
と確信するに至り・・・

数学は自然界を理解するための言語であり体系であるということを全く理解していない。
そして、すべての学問において必要である論理的な思考能力を育成する学問でもある。

人的資源の枯渇をねらう愚民化政策を実現するための使徒だな。やつは。
てか実現されてしまったのか。鬱だ・・・・・・

59 :文責:名無しさん:01/11/30 21:20 ID:M+XwSmVH
>55
二次方程式が解けないのに経済学教えても意味がないと思われ‥‥

>38
数学や物理の公式に「美しさ」と感じる人もいるというのに

60 :文責:名無しさん:01/11/30 23:45 ID:ppc4RcC+
>>53
数学を教えることは論理学を教えることでもあるんだけけど・・・

「将来必要ない」という理由で義務教育からある項目をカットするのは
「義務教育においてどのような教養を国民に身につけさせるか」という
ポリシーのなさにしか見えないよな。
幅広い将来の選択の機会の、その基礎を提供するのが義務教育の役割だろうに。

61 :文責:名無しさん:01/12/01 09:18 ID:+Ry75Xvx
笹良の妾腹ってのはホントなのか?
誰か教えてくれ。

62 :( ● ´ ー ` ● ) なっち:01/12/01 21:08 ID:i3eeuzl7
>>60
激しく同意。
「これは役立つ」「役立たない」とか言うのって
実際学んでるガキレベルの意見。

大人になってみれば、いやいや学んだ知識がずいぶん役に立っている
ことがわかるしね。仕事にも趣味にも。


そういうガキレベルの意見を平気でゴネる綾子さんは
真性のドキュソか?

国力衰退をたくらむスパイか???

63 :文責:名無しさん:01/12/01 21:20 ID:yoLhr2GI
>>16
猿岩石の見過ぎ。寅さんが自分の稼ぎで生活できると思ってんの?
野中から補助金貰っているからフーテンできるんだよ。

64 : :01/12/01 22:01 ID:cCrr/8PF
国語なんていらないという人がいるけど、国語も本来は論理的思考を養うものだよ。
いまの文学作品・感想文偏重の国語教育が問題なのであって、
国語という科目自体がわるいわけじゃない。
論文の読解・論述、ディベート中心の国語教育に切り替えるべし。
近現代文学作品は趣味か、大学の国文科学生がやるものだ。
但し、古文・漢文は重要。日本語の基層をなすこれら古典を学ぶことは、
日本人の教養及び論理的思考力を培うのに必須。このことに気づいてない人が多すぎる。
「数学を学ぶことによって論理的な思考力を培うことができる」
という主張はその通りだと思うし、曽野綾子の言っていることは論ずるにも
値しないレベルだとは思うけれど、必ずしも「数学ができる人=論理的な人」
ではないよ。そこは注意しておいた方がいい。ちなみに論理学を教えることには賛成。

65 : :01/12/01 22:06 ID:BCBQZff9
ちょっと賢い厨房の理解できるような数学位
ドキュソでも努力すれば理解できるだろうに。
数学を学ばせる意義は、努力すると言う習性を
身に付けることにもあると思うぞ。

66 : :01/12/01 22:33 ID:Ynnsc0IP
マジレス
メーカーでは現場のおっちゃんでも簡単な統計やexcelのマクロ位使いこなします。
そういった人達がいっぱいいて世界は成り立っている。
物作りの現場から見ると曾野綾子の住んでる世界の方が異様な感じがする
自分一人で世界が成り立つとでも思っているのかね
子供には寧ろ物作りは出来るか出来ないかでガチンコになりやすい事を
理解させてやれ
中学生程度の数学で音を上げる奴は正直いらない。
開き直られても困る。結局そいつのフォローは誰かがやるんだぜ?

67 :文責:名無しさん:01/12/01 22:39 ID:TtX5xbyn
あの女南米大統領を家の中にかくまいイチャついていれば
中曽根の子分


68 :文責:名無しさん:01/12/01 22:42 ID:ONmTxjCL
私は小説読まなくても生活困らないので、国語に文学や古典はいらない。
と誰かが発言すれば、曾根は反論するに100ペセカ。

69 :文責:名無しさん:01/12/01 22:44 ID:py2j/GQn
教育・先生板との相互リンクです。

http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1006919856/

70 :文責:名無しさん:01/12/01 23:42 ID:BBvTzkhH
具体的に、曾野綾子に反論している論文はない?
諸君!とかに載ってたりしなかった?
左翼側の雑誌にもなかった?

なんでこんなドキュソ女がのうのうと論断でハバきかせてるんだ?

日本財団とかフジモリの件とか、調べれば調べるほどブラックだぞ。

71 :文責:名無しさん:01/12/01 23:43 ID:BBvTzkhH
>>70の「論断」は「論壇」でした。失敬。とりあえず女の宮様まんせー

72 :文責:名無しさん:01/12/02 00:53 ID:FG09n+V+
あれでも昔は結構きれいで
保守オヤジ連中の慰安婦だったんだから

73 :文責:名無しさん:01/12/02 01:38 ID:+/eCEMYG
65、66に賛成。中学応用ぐらいまでの数学は経済学、経営学、簿記、財政学、金融
科学系統などに限らずちょっと何か専門的に学ぼうと思ったら常識的に出てくるも
のじゃんか。それを軽視したらドキュソが増えるに決まってる。

74 :文責:名無し:01/12/02 01:45 ID:Y9OODfLz
てか、こういうのって教育の受け取り手になるであろう国民一般を
どう考えているかってのを如実にあらわしてるよね。

曽野は自分とその周りを正当化したいだけなんだろうな。

75 :文責:名無しさん:01/12/02 01:47 ID:FG09n+V+
日本財団の理事長務めながら、
競艇やるやつはクズとか思ってんだろうな
ま、クズが多いけど

76 :文責:名無しさん:01/12/02 01:53 ID:S0b+K8cc
財政学とか、マクロ経済もほとんど知らずに日本財団の理事長や
ってんだろうなこの人

77 :文責:名無しさん:01/12/02 02:45 ID:Y8yFWHor
こういう馬鹿がのうのうと影響力を維持しているのが許せない。
どこかの気鋭のジャーナリストよ、彼女を斬ってくれ!
どこかの気鋭の雑誌よ!特集を組んでくれ!!

78 :文責:名無しさん:01/12/02 02:54 ID:sunMdnfq
>72
えっ。あれでも昔は美人だったのか?想像もできん。

79 :文責:名無しさん:01/12/02 03:37 ID:ZhnPfcpl
>>36+
綾子はササカワの隠し子

80 :文責:名無しさん:01/12/02 18:54 ID:alZP6Zk3
 ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧          ∧_∧
 ( ゚ ∀゚ )  <丶`∀´>  <丶`∀´> <丶`∀´>        <丶`∀´>
 (  曽野つ┳∪━━∪━∪━━∪━∪━━∪━━━━┳⊂ 原理 つ
 | | |  ┃ヤソ後進国イルボンは数学教育を廃止せよ!┃ | | |
 (__)_) ┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻ (__フ_フ

81 :いかくん:01/12/02 20:09 ID:KFHw7Ftd
曽野を過剰評価する勢力に対し戦闘を開始しよう。

82 :文責:名無しさん:01/12/02 22:44 ID:XGTvMRAx
JR関係者からこんな話を聴いた。
 「国鉄民営化論議が大団円を迎えていた頃(1985、6年ごろ?)、有閑ふじが当時の民営化派からカネ(実際は広告費名目だろう)をもらって民営化賛成の
 企画の連載をやった。ゲンダイの広告担当者もこれに対抗して、国労サイドのスタンスの企画連載をやり、大いに盛り上がった」。
 この事実が本当なら、行革のサンケイもちょい興ざめです。論調もカネしだいか。実際、そんな連載企画があったのか、昔のスクラップ記事を確認したいものだ。
 ただ、「●●特集」みたいな記事広告はしょっちゅうみるし、日ごろ船舶振興会からの広告に頼っているサンケイは、
 一面に笹川氏のインタビュー記事の連載が載っていてもみょうに不自然ではない?

83 :文責:名無しさん:01/12/02 22:53 ID:7ZRmTy6G
この人も昔は朝日新聞に小説を連載していたものだがな。

84 :文責:名無しさん:01/12/02 22:57 ID:7ZRmTy6G
>>82
産経新聞の論調の一貫性が夕刊フジまでちゃんと浸透してるのなら
夕刊フジのあのエロ広告の山はあり得ない。やはり経済活動の枠を
超えた主義主張は無理だよ。朝日にしても然り。

85 :文責:名無しさん:01/12/03 00:12 ID:IM9M1hVS
>>82
国鉄時代のJRを知る世代の人間からすると、JR関係者がソースと言う段階で
信憑性0。多分、「こうだったら面白いな」程度の職場の噂話にすぎないと思われ。

86 :文責:名無しさん:01/12/03 00:55 ID:TiKux5kT
週刊新潮よ、採り上げてくれ、曾野綾子を。

87 :文責:名無しさん:01/12/03 01:27 ID:aUe1Hn9Z
博打の胴元の名前が日本財団だなんて、すごすぎだよね。

88 :文責:名無しさん:01/12/03 02:10 ID:5rXLwAv0
曾野綾子と言えばこれでしょ
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/1report.html
> 誰があなた達に、炊き立てのご飯を食べられるようにしてくれたか。
>誰があなた達に冷えたビールを飲める体制を作ってくれたか。そして
>何よりも、誰が安らかな眠りや、週末の旅行を可能なものにしてくれたか。
>私たちは誰もが、そのことに感謝を忘れないことだ。

89 :文責:名無しさん:01/12/03 02:35 ID:9XeY1qfd
彼女に言わせれば、インドの子供達は校舎もろくにない
学校で学んでいるから、殺人現場の池田小学校校舎は建て替えしちゃ
いけないんだってさ(文藝春秋)。

90 :文責:名無しさん:01/12/03 02:37 ID:Cb6+8luu
>>64
欧米を例に出すのもなんだけど、実際向こうの「国語」ってそうなんだよね。
論理的な作文を書く技術を身につけさせることも読解と同じように教育されてる。

91 :文責:名無しさん:01/12/03 02:38 ID:9XeY1qfd
落ちぶれてほしい文化人NO.1

92 :ななしさん:01/12/03 02:43 ID:NmufCh2I
>>88
??
リンク先も見たが、どこが気にいらんのかわからんのだが

93 :文責:名無しさん:01/12/03 02:46 ID:xySbM1rH
>>91
文化人か?財界人というならともかく。

94 :文責:名無しさん:01/12/03 03:09 ID:0oBACqQ2
>>92
「冷えたビールを飲めることへの感謝を忘れないためにために、青少年の奉仕活動を義務化すべき。」
とかは?
つーか、国の議論かよ。これ。
第2・第3分科会と比べて「偏っている」。

95 :文責:名無しさん:01/12/03 03:55 ID:dAh3mi4V
ハア?94は極左朝日信者か?
曽野さんの議論は今まで狂信的狂惨主義集団の日教組が進めてきた伝統廃棄、
日本滅亡への流れを止めるために少しは過去の人びとに感謝しようってことだろ?
その一貫としてあるのが奉仕活動だ。普通なら軍隊に入れるところをかなり
気を遣って奉仕活動にしてるのに94みたいな極左テロリストは分からないんだろうな。
つまりお前は今の他人のことを全く考えず親父狩りや殺戮を行う少年たちが
日本を滅ぼせばいいと思ってるんだろ?ふざけるなよ、お前らの好きにはさせねえよ。
早めに日本から立ち去るんだな。

96 :曽野さん:01/12/03 04:13 ID:HJpAPXLd
...ホントに「日本滅亡」しそうだ。

97 :文責:名無しさん:01/12/03 04:34 ID:Jik9LkpE
任意の奉仕活動=ボランティアに対し
(義務の奉仕活動)=「リクルート」
と呼べば
日教組洗脳世代も
義務アレルギーを起こさず
喜んで奉仕活動するのでは。

98 :文責:名無しさん:01/12/03 04:37 ID:YfTpzC8n
>>88
剥げ堂

99 :  :01/12/03 05:47 ID:x4vWFktW
>>64
古文や漢文が必要と言う点には同意できないけど、
論理的思考能力と言語能力は切り離せない点、
文学趣味的な国語教育に問題がある点は同意。

100 :ななしさん:01/12/03 05:50 ID:QYbyPDHp
>>94
衣食住満足な生活ができることの身近な一例として冷えたビール
が飲めることをあげるのがそんなにおかしいか?

101 :ちたん ◆Ug2000AA :01/12/03 05:51 ID:x+kdhmvl
100でござるか・・・・・。

102 :ちたん ◆Ug2000AA :01/12/03 05:52 ID:x+kdhmvl
sayounara

103 :文責:名無しさん:01/12/03 08:34 ID:TiKux5kT
別に細かいところはどうでもいいじゃん。
曾野綾子の物言いすべてがオカシイわけじゃなし。

ただいくつか、看過するわけにはいかない事項があり
それに関して批判すべきではないかと。

104 :森田必勝烈士は生きている!:01/12/03 08:50 ID:Qr+lOVr7
産経は科学、理数系は共産主義に結び付けて考えます。

105 :文責:名無しさん:01/12/03 09:11 ID:tC7MoWTW
多分この人が主張したいのは単に道徳関係なんだろうな。
それが数学だの教育だのに口出すからへんなことになるんだよ。
でも大量のドキュソにボランティアなんかさせたら現場が大迷惑と思われ。

106 :文責:名無しさん:01/12/03 09:36 ID:0uw3T28k
その綾子も問題だけれど、その綾子の取り巻き連中
も問題だよねー。某Aネットで、その綾子の悪口を
言おうもんなら、袋叩きにあったりする。

107 :  :01/12/03 12:53 ID:Hjxz7SFZ
>>105
ボランティア活動をやる側の道徳的見地だけから論ずると
そういう問題が出てくるんだよね。実際に労働力として
役に立たないと意味がない。

108 :文責:名無しさん:01/12/03 21:43 ID:CgBfKkQG
>>106
そんなにファンが多いの?
中年のアイドル?

109 :文責:名無しさん:01/12/04 01:24 ID:c745EYbv
おもしろいので
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

110 :文責:名無しさん:01/12/04 03:17 ID:9rCcdhb8
>>109
>学校に畳の部屋を作る

よくわからんことをするなぁ

>教壇を復活させることなどにより、教師の人格的権威の確立させること

これはいいね。


>教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる

この比率の根拠はなんだろうなぁ。
親の比率がなんだか少ないような気がする。
教師の比率は、40人学級とかじゃあほとんどないようなもんだしなぁ。

111 :正論:01/12/04 04:00 ID:7zVbbrPS
綾子女史曰く「私は2次方程式もろくにできないけれども、65歳になる
今日まで全然不自由しなかった」

この言い分はよく分かる.なぜなら私はここ65年1つの小説も読まなか
ったけれども全然不自由しなかった.

112 :文責:名無しさん:01/12/04 12:06 ID:y5zLqM5x
無駄な小説を読ませる国語こそ削減するべきだろう
文学者崩れのアホはこれだから・・・

113 :文責:名無しさん:01/12/05 02:42 ID:C7FtHJqr
古文や漢文はいいとして、現代文ってなんだありゃ?
きちんと文章読解を教えない教師が多いし、論文の書き方を
教えるわけでもない。

はっきりいっていらないよ。

曾野綾子さん、あんたの分野が一番役に立たない。

114 :文責:名無しさん:01/12/05 03:19 ID:QkqpwsmY
この人は自分の職業の特殊性を考えないのかな。
将来小説家になる子供に2次方程式はいらないかも知れないが、
そんな子がどれくらいいるだろう。
将来技術者になる子供の方がはるかに多く、その子達には
2次方程式は必要だ。

115 :文責:名無しさん:01/12/05 04:02 ID:sadsP4Jo
抜本的、大幅に見直し、多様化させた、基本的土壌を活性化させる
案を検討する。口だけ動かす、金をばら撒く、天下り外郭団体に
やらせる。

行政のやることは要はこういうことだろ、あったまワリー。

116 :だ・か・ら、:01/12/05 21:19 ID:viPD3sSn
産経は科学、理数系は共産主義に結び付けて考えます。

117 :文責:名無しさん:01/12/05 21:38 ID:omfUki8N
そもそも>>1のソース自体が引用だからその発言の前後が分からないね。
曾野のイメージからいくとモラル的な事に比重をって感じがするけどな。
まあ、中学の話でしょ?
今の社会のシステムからすると中卒で仕事に2次方程式を使うような機会はまあ無いだろうからな・・・
高校・大学で学んでも特に問題は無いと思うけど?

118 :_:01/12/06 01:30 ID:IYNgLatI
>>117
高校で2次方程式を教える為には、中学生のうちに九九をマスター
させておかないといけませんな!

119 :文責:名無しさん:01/12/06 03:45 ID:NjNTTh2S
現実に算数の教科書はひどく簡単になってしまった。
そういう事実がある以上、彼女のこの発言が問題に
なるのは当然。


なんだよあの電卓マークは・・・・ヽ(´Д`)ノ

120 :文責:名無しさん:01/12/06 03:45 ID:NjNTTh2S
NTT。。。(´Д`)y-~~~~~~~~~

121 :文責:名無しさん :01/12/06 08:21 ID:KVCngjGq
>実際どれほどの人が大学卒業してから二次方程式なんて使うだろう。
使いもしないことを覚えるくらいなら、得意な分野に時間を割きたい
というのも理解できる。

この論理が明らかにおかしいのは、こういうことだろう。
一見この論理は至極当然に聞こえる。
ある成功者が「40年以上前に習った二次方程式を社会人になっても
一度も使わなかったし、それが役立ったと思ったこともなかった」と
いう発言は、これは結果論で言っているに過ぎない。

教育のもっとも本質的な意義とは、個人の資質がどこにあるのかを発掘するこ
とにある。数学の才能があるのに、子供の頃数学の基礎教育を受けていなけれ
ば、才能を伸ばすことも発掘することもできない。これは実際に勉強してみな
ければ誰にも分からないからだ。
上述の、「二次方程式を社会人になっても一度も使わなかったし、それが
役立ったと思ったこともなかった」という発言は、その人の内部では
正しくても、一般的には間違っている。
つまり、この人は、自分に数学の才能がなかったから、数学を勉強するこ
との意味を見出せなかったといっているわけで、しかし、自分に数学の才
能がなかったということを認識すためには、数学を学ぶ必要もあったはず
だ。数学の代わりに語学が得意であったならば、あの時、二次方程式の代
わりに語学をもっと勉強しておけばよかったと思うかもしれない。しかし、
それは、自分の資質が語学にあるということを知った現在の尺度から、過
去を判断しているだけで、子供のときに自分の資質が語学にあったという
ことを認識していた訳ではない。
だからこそ、若いときに、幅広く物事を学ぶ必要がある。それが教育だろう。

122 :一姫二太郎名無し三:01/12/06 09:09 ID:hpsk8qvd
あと二十年も経てば、
「昔はこんなに難しいことを子供に教えてたのか」
「今の大人が偏屈なのはこういう窮屈な教育を受けていたせいだ」
「一部にこういう暗黒時代への再帰を求める運動があるが、今更元に戻すわけにもいかない」
という意見の方が主流になっていくだろう。
恐るべし愚民化教育。

123 :名無しさん@おだいじに:01/12/06 09:14 ID:hlkdVO+X
国語教育で言うと、コンピューターのマニアルを読めば気が付く
ことだが、相手に通じる解りやすい文章を書ける訓練をしてほしい。
芸術の話はそのあとだ。

124 :名無しさん@おだいじに:01/12/06 09:20 ID:hlkdVO+X
算数は生活の上での計算ができるようになるため。
数学教育の目的は論理的思考の訓練のため。つまり、
日常生活で全く使わなくてよいのだ。だだしどの段階
まで全員がやるかは、よく研究したほうがよい。

125 :文責:名無しさん:01/12/06 09:33 ID:qP5nMpg1
でもさ、特別数学なんて得意でなくても、二次方程式くらい勉強すれば
難しいことじゃないよね・・・少なくとも自慢することじゃないよな

126 :文責:名無しさん:01/12/07 06:18 ID:iu/ZqLO3
>>121
わかりやすいです。

俺としては、曾野綾子の小説よりも2次方程式の方が
実社会では必要性が高いと思う。

127 :文責:名無しさん:01/12/08 00:22 ID:YcuI7jHG
皇女さまが綾子にならなくてよかったage

128 :だ・か・ら、:01/12/08 01:06 ID:/gB/Tmd2
曽野さん、戦前の1931年生まれだからね。戦時中、金沢に疎開していたみたいだね。
小説で金沢を舞台としたものもある。北國新聞にも良くコラムが出てるよ。

129 :文責:名無しさん:01/12/08 01:20 ID:8I9OgLdw
この人の発言も痛いけど、この人を審議会に入れた人がそもそも糾弾されるべきじゃないの?
日本がどんどんダメになっていきそうで悲しいねえ。

130 :文責:名無しさん:01/12/09 00:46 ID:lNdYHlpu
>>129
というか、作家風情が政治に関わるっていうのがよくわからない。
いったい何の実績があって関わっているんだ?
そしてこんなドキュソ女を選んで、教育を改悪させて。
ふざけるなと言いたい。

131 :作家としては三流:01/12/09 01:01 ID:Tb5oATks
自分の息子をモデルにした太郎物語シリーズを餓鬼の頃ちょっと読んだことがある。

なんちゅうか、この人の小説って、生活感がないというか、人間の深みが全く
書き切れていないというか、人間に対する視点があまりに浅すぎるというか、
人間の総体を抽象化した聖書を引用するのはいいが、現実の人間の
根幹にあるものを作家の鋭い勘で、見抜く鍛錬がほとんどされずに、
作家のような活動をしてきた人間ではなかったのだろうか?と思ったよ。
自分は作家活動で賞をもらったことがないので、しょうもない人間と言われてきたと
駄洒落を話していたが、本当にそのことが分かっていたとすれば、ただただ救われる。

132 : :01/12/09 01:02 ID:C/HqP2X2
そういえば、落合信彦がSAPIOで自慢げに
「微分積分知らなくても全然困らなかった」
と書いてたなぁ。(ゴーストが書いた可能性も大だが)

こういう言質を公の場で垂れる輩は
二次方程式や微分積分によって生み出された科学技術を一切使わないで貰いたい。

落合も
月200万円掛かってる電話も
海外取材に使う飛行機も
カメラ視線を気にして撮らせているカメラも
使わないでくれ。

133 :文責:名無しさん:01/12/09 01:07 ID:Tb5oATks
>>121
>>それは、自分の資質が語学にあるということを知った現在の尺度から、過
去を判断しているだけで、子供のときに自分の資質が語学にあったという
ことを認識していた訳ではない。
だからこそ、若いときに、幅広く物事を学ぶ必要がある。それが教育だろう。

全くもって正論!。どうしてあのドキュソ女は、こんな教育の本質的な問題
すら見誤ってしまうのだろうか? 誰かこのスレを審議会に送ってやれよ。
奴らが、議論している内容よりも、ここでやっているほうが遙かに実りある!
とおもうたぞ。

134 :文責:名無しさん:01/12/09 01:12 ID:GyyphL8l
実生活で直接役に立つか立たないかが基準なら歴史教育なんてのは
実生活では役立たない代表格だと思うがその辺この人的にはどうな
ってるんだろう?

135 :文責:名無しさん:01/12/09 02:12 ID:FO8Rtcuq
この人の言うことを止められなかった他のメンバーにも責任ないか?

136 :文責:名無しさん:01/12/09 02:16 ID:rLICGmMp
曽野はおもしろいだろ。もし総理になるなら反対するけど。

137 :文責:名無しさん:01/12/09 02:30 ID:pAI3QhDq
>>130
政府の政策審議会に作家が目立つのは、
年齢が高くなるにつれて文学(文芸)オタクが多くなるから。
漫画世代の30代が社会の中核になれば、
政府の審議会に多くの漫画家が委員として任命されるだろう。

138 :文責:名無しさん:01/12/09 02:31 ID:pAI3QhDq
>>130
政府の政策審議会に作家(劇作家)が目立つのは、
年齢が高くなるにつれて文学(文芸)オタクが多くなるから。
漫画世代の30代が社会の中核になれば、
政府の審議会に多くの漫画家が委員として任命されるだろう。

139 :文責:名無しさん:01/12/09 03:50 ID:lNdYHlpu
だいたいフジモリをかくまっているけど、いいのか?

140 :文責:名無しさん:01/12/09 04:12 ID:xekWt68U
古本屋で曾野綾子が教育論について語ってる本を見つけました(買わなかった
けど)。
結構昔から教育の方には口だしてたよう?

141 :文責:名無しさん:01/12/09 06:47 ID:7aDSenaa
高等教育をそのままにして初等教育をいじろうとしているのがそもそも間違い
またちょっと小説を書いているといってこういう審議員になるのは日本の間違い
もっとも役人がなれないのは自明だが
国語は自由に作文をかかせて自分の意見を発表させる能力をつけさせろ
今の教師は馬鹿ばかりだからやめさせられるようにリコール制度を作れ

142 :文責:名無しさん:01/12/09 19:14 ID:m73KQ/E/
ほんと文系は目の敵のように理系を攻撃する
これは昔から
小中で算数数学が苦手で理系を避けた負い目か
マスコミは言論機関を握っているのでことにひどい
専門家がこれほどないがしろにされている国は世界にないだろう
チョッと文に長けているからといって何を書いてもいいと思うな!バカヤロウ!

143 :文責:名無しさん:01/12/09 20:06 ID:Gg8M3grI
>>142
文系科目に長けていて文系に(進んで)行った人よりも、理系科目が不得手もしくは
嫌いで(やむを得ず)文系に行った人の方が多いと思われ
それで理系攻撃とは…

144 :文責:名無しさん:01/12/09 20:34 ID:ki4ZqZ0s
このおばちゃん、産経新聞の連載コラムを使って
「私は都にいっぱい税金を払っているのに、都は私が会長を務める日本財団の
ラッピングバス広告のデザインをあれやこれやとケチつけて変更させる。
都はけしからん。」などという特権階級意識剥き出しの下劣な批判をやったよな。

このおばちゃんを使う方が間違ってる。西尾がケチョンケチョンに言ってたが(ワラ

145 :まいこ:01/12/09 20:35 ID:wrFyBIDc
http://mypage.naver.co.jp/sharp2601/
このおばはんって、ぜったい、なまえでてくるよね

146 :文責:名無しさん:01/12/09 20:53 ID:3GoRSQ33
技術屋ですが・・・
就職してから、二次関数は当然としても微積分・三角関数・対数が
できなければ仕事にならんぞ。
ホント数学は役に立つ。

そもそも教育改革国民会議のメンバー選定の客観的根拠は何だ?
メンバー入りの資格はノーベル賞(とそれに準じる賞)受賞者に
限るべきだろ。大江健三郎に疑問は感じるが・・・

      曽野綾子のエッセイはけっこう面白いんだけどねえ

147 :文責:名無しさん:01/12/09 20:54 ID:zrNWOJBN
>>138
>政府の審議会に多くの漫画家が委員として任命されるだろう。

やくみつる氏の任命を所望いたします。

148 :gg:01/12/09 20:55 ID:ulTrdkFH
★ 緊急速報 ★

ビンラディン死亡!!

http://www.s-engineer.com/kcgi/ranklink4/ranklink.cgi?id=kgy999

fsf

149 :文責:名無しさん:01/12/09 21:07 ID:bVhaPB4m
>142
そういう不毛な文系叩きはやめてくれ。漏れは数学嫌いで文系に
進んだクチだが、数学の重要性はわかるし、二次関数くらいで悩んだ
覚えはさすがにない(w
たしかに漏れの人生で高校卒業してから三角関数は使ってないが
だから教える必要ないとは思わんよ。文系か理系かではなく想像力の問題。
作家という人種は変人が多い(というか変人でなければいい作品が書けない?)
だろうに、そういう人に今後の教育のありかたを論議させようとするほうが
無謀じゃないか?

150 :文責:名無しさん:01/12/09 21:26 ID:GRCIT/xO
数学的思考の楽しさを教えられない教育が問題なのであって、生活に必要ないから
不要だって論理はなあ。
作家なんて元々視野が狭いんだから、それを自覚していればいいものを余計な口出
しするから嫌いだよ。

151 :文責:名無しさん:01/12/10 16:10 ID:ZgYoPC8q
曾野綾子はこの件に関する数多の批判に対して反論した?
俺の知る限り、見たことがないんだが。

まぁしたとしても相当苦しいいいわけになるのは目に見えているから
やらんだろうな。うやむやにする気なんだろうな。


ふざけるなよ、馬鹿アマ。
保守系雑誌は、二度とこの馬鹿アマを起用するな。
実際、改悪されてしまった教科書の責任をどう取るつもりだ。

152 :文責:名無しさん:01/12/11 05:48 ID:TqaJW5fr
日本財団、強制捜査希望

153 :文責:名無しさん:01/12/12 12:15 ID:4j0B6tjV
age

154 :文責:名無しさん:01/12/12 13:44 ID:/GwW53wh
モーターボートの設計にだって、2次方程式どころじゃないレベルの
数学が使われてるだろうに。
曽野綾子は、モーターボートがこの世に存在しなくていいと思ってるんだな。

155 :文責:名無しさん:01/12/13 05:28 ID:VmN2TiF2
こいつ、サヨクなんじゃないの?

156 :         :01/12/13 08:29 ID:w1AkkSR+
日本における財団の社会的地位に注目した外国の機関が、
操り人形としての彼女を用いて、日本のレベルダウンを
計っているとしか思えないですな。笹川氏が在命なら、
切って捨てていたかもしれない。某国の対日政策の
変化が背景にあるにせよ、あまりにも無様。

157 :文責:名無しさん:01/12/13 23:37 ID:EDeBWLNf
中国が、社会党を支援する方針から
自民党内部を掌握するする方針に代えたように
サヨク勢力は、保守勢力の内部に侵入しているのですな。

158 :         :01/12/14 22:55 ID:ZQeg+p5o
数学や科学をそれほどろくに理解しない人間でも使えるような
便利な機械は、魔法で動いていると思っているのでしょうかな。
それが、たとえ一握りの人間であっても、ユーザーに意識させない
で使えるための黒子として努力や研究しているからそういった
機械や仕組みが動くのですよ。

六法全書を読んだことのない国民、裁判の世話になったことの
ない国民は結構多くいると思うが、だからといって法学部や弁護士、
裁判官がいらないわけではない。

159 :文責:名無しさん:01/12/14 23:10 ID:hm5NvwPq
「ゆとり教育」とやらで労働市場の2極化を図ってるのでしょ。
みんなが皆、高等教育を受ける必要はないんだし。

160 :文責:名無しさん:01/12/15 00:42 ID:xyx3Z0sZ
>>159

もうちょっとくわしく解説を

161 :文責:名無しさん:01/12/15 01:21 ID:DexTFKp3
 言いたいことがあるからこの場できっちりと言っておく。
おれは中学のころ、絶対に将来二次方程式なんて使わないと思っ
たけど大学行くと二次方程式どころか微分積分を毎日のように使
っているぞ。
 あやちゃんはそら使わんかもしれんが理工系に進んだ俺にとって
微積分は必須の道具だ。そのときに思考の基礎になっているのは
やっぱり方程式の理論だから二次方程式も決してバカにはできん
で。
 そりゃ作家になれば方程式なんて使わんわな。だけど、理工系に
進もうとする人たちの芽をあんたの偏狭な観点だけで摘まないでく
れ。お願いだから。ゆとり教育なんて響きはいいけどいろんな可能
性を摘んでいるということに気づいてくれよぉ。

162 :文責:名無しさん:01/12/15 01:56 ID:yy2xG8M0
作家だとしてもたとえば、微積分を理解出来ない人にSFを書いて欲しくないよな。

少なくとも、教育に影響を与える立場の人には「無知の知」くらいは備えておいて
ほしいものだ。自分が不勉強なものに対して必要ないなんて断じる資格はないよ。

163 :文責:名無しさん:01/12/15 02:00 ID:oY7IXwSe
おーい。だいたい誰がこんな女に委員にしたんだ。

164 :文責:名無しさん:01/12/15 16:01 ID:i88VCb1r
てーかとりあえず権力者の座から引きずりおろそうぜ。
つっても日本財団会長ってどの程度の権力があるんだか。

165 :名無しさん:01/12/15 16:14 ID:ua0g5WOY
キリスト教徒はアメリカの代弁者
偉いに決まっている

166 :文責:名無しさん:01/12/15 17:11 ID:MWNAb7jt
別に全員がソノみたいに二次方程式使わずに生きていくわけでもないのにな。
数学なんかは若いうちに慣れ親しんでおかないと、後で使うことになったとき
絶対に拒否反応起こす学問だよな…。

167 :文責:名無しさん:01/12/15 17:53 ID:9hTdMcSm
>>166
その通り!
リストラされた年配の方がパソコンを勉強しようとした
ときに味わう苦しみを想起すれば、理数系の教育を疎か
にしていい理由は見つからないよね。

168 :文責:名無しさん:01/12/16 12:23 ID:Vs0Y5C85
数学教育を減らした上で行う「こころの教育」が
子どものためになるという根拠がわからんな。
そのへんは「文学者のカン」ってことでごまかしてるんだろうな。

学校にそんな役割与える必要あるんかい。
ふつうのお勉強すらまともにできていない生徒が多いのに。

169 :文責:名無しさん:01/12/16 23:02 ID:M4leKhos
誰か叩く記事書いてくんねぇかな
マジでイライラする

170 :文責:名無しさん:01/12/17 23:48 ID:V8773pVX
保守の側にいる売国が一番厄介だね、ホント。

171 :文責:名無しさん:01/12/18 22:36 ID:BJX7YPKB
曾野ってうちの大学の講演を断ったヤツだ。
3流大学はお断りってか。

172 :ミステリ板住民:01/12/18 23:41 ID:zg1kDekx
この人の「長い暗い冬」は良い短編なのに・・・ここまで痛い人とは・・・

173 :文責:名無しさん:01/12/19 00:06 ID:TrtyPjtI
>>1
あなたは、西村和雄さんですか?
それともゼミの人。
ご苦労様です。

174 :文責:名無しさん:01/12/19 01:25 ID:19NmsKCc
曾野綾子さんの「トンデモ」な発言を「二次方程式」ができないと、
こんなDQN発言をするようになるとか、「反面教師」に使ったらどうでしょうか。

彼女の発言で、同意する意見も多いのですが、
トンデモと思える発言も多いです。
「勉強はしないよりもしておいた方がいいわ。後になって気付いたって遅いわ」。
って、森高千里の歌がありますが、
「私がおばさんになっても、曾野綾子にはならないわ」。
「渇しても盗泉の水を飲まず」ということわざがありますが、
競艇の上がりで食っている時点で、
曾野って、「盗泉の水」を飲んでいるでしょう。
まあ、三浦朱門も悪いのでしょうが。

175 :文責:名無しさん:01/12/19 15:55 ID:oksVYo27
>>173
西村って誰ですか?

176 :文責:名無しさん:01/12/19 16:38 ID:itwRTAgP
逝ってよしの日本財団の会長も逝ってよし。

177 : :01/12/21 23:59 ID:6I4+5UFI
日本が世界に恥じるべきは、大学生はエリートであると諸外国は
思っているのに、そのエリートが数学すらできなくても、数学が
入試にすらないようなインチキ大学が日本で多くて、論理思考を
嫌って感情論や精神論に走り合理性のない判断を平気でするような
指導者や文化人を多数輩出していることでありましょうか。
 所詮、神がかりあるいは宗教的陶酔感による非合理をよしとする
社会なのでしょう。そういう意味で神の国という観点は正しいと
いえましょう。言葉が呪術的な性格が強く残っているのも合理性
の欠如でしょうか。

178 :文責:名無しさん:01/12/24 07:00 ID:y6FOMqym
保守の人たちにもちゃんと知っておいて欲しいのでage

179 :  :01/12/24 12:58 ID:rheKFksk
技術立国日本をどうするつもりなんだ?
ポルポト礼賛者だったのか!?

180 :文責:名無しさん:01/12/24 13:01 ID:Z+ABTBpQ
今朝の「正論」。なんだよ、あれ。最悪。
何も知らない、分かっていない、知る努力もしないでおいて、あのふざけた言い草は何だ。
惨刑新聞に非難のメール送ってやったよ。

181 :文責:名無しさん:01/12/24 16:07 ID:FcyxK3F2
月曜日の正論は無料webで読めますので参考までに
http://www.sankei.co.jp/paper/today/seiron/seiron.htm

作家とは思えぬ乱れた文章ですな(w

182 :文責:名無しさん:01/12/28 21:00 ID:4YE5UFR4
文学者は国を滅ぼす気なのか

183 :文責:名無しさん:01/12/29 01:19 ID:S1WgMPOg
国語審議会も、ズルズルと漢字文化を崩壊させているぞ。
ユニコードになんで一言申さなかった。

184 :文責:名無しさん:01/12/29 22:53 ID:3WrKcS/e
俺は現役文系中学生だが、
数学は解けないながらもがんばってるぞ。

「2次方程式分かっても意味ないじゃん」
「昔のこと知ってても意味ないじゃん」
っていう奴は、軽蔑することにしてる。何か?

185 :文責:名無しさん:01/12/29 22:59 ID:XscOxK8q
これ以上基礎学力を落とすつもりなのか?
学歴社会に批判はあるだろうが、戦後日本を支えた一面があるのは確かだぞ。
ゆとりだのなんだのぬかしている暇はない。曾野綾子は日本を滅ぼす気か?

186 :文責:名無しさん:01/12/29 23:52 ID:bryoHiR5
有馬元文部大臣でさえ「授業時間けずりすぎた」って言ってるのに…

187 :文責:名無しさん:01/12/29 23:56 ID:k6GSILJV
曾野センセは、『科学論入門』(佐々木 力著、岩波新書)を
ご一読することをオススメする次第である。

188 :文責:名無しさん:01/12/30 10:02 ID:tvMHL6y3
ついでに、学研に連載されてたあさりよしとおのマンガを読めれ

189 :文責:名無しさん:01/12/30 10:11 ID:R8GvimgV
曾野綾子は、ロッキード事件の時「みんなで田中首相を
叩いているけど、あの人だっていいところはあるはずで
たとえば毎日歯を磨いてるかもしれない」って言って
日本全国の失笑を浴びたDQNババア。
そんなのと結婚してる三浦朱門も同程度。

190 :文責:名無しさん:01/12/30 11:13 ID:/AzfNS+U
数学者だけど、2次方程式の公式暗記してもしかたないよ。
あそこには、冪根による体の拡大の概念が入ってるけど、大学の数学科の連中だって、どこまで理解してることか……。
そうなると置換群との関連もつかめて、どうして5次以上の方程式は解けないかも明快になるんだけどさ。
中途半端にこんな公式だけ覚えても何の役にもたたない。

191 :文責:名無しさん:01/12/30 11:22 ID:HcLhsaBn
>>189
ここでうだってるよりマシじゃねーの

192 :文責:名無しさん:01/12/30 11:39 ID:R8GvimgV
>>191
二次方程式が解けない曾野綾子ファン?

193 :文責:名無しさん:01/12/30 12:13 ID:0TocUDyL
191じゃないが

実は曽野綾子のファンなんだよ。
キリスト教の信仰と、リアリズムとを同居させたエッセイが好きでね。
海外援助やる時だって「神父でも(物資を)盗む」って前提の下
監視付きで物配れと言ったりするのに関心してた。

だから、何でこんな発言したのかよくわからんのだよ。
これまでのエッセイと反してないか、って思うから。

194 :文責:名無しさん:01/12/30 17:40 ID:6ujLADtF
>>190
ここで問題になってるのは解の公式の是非じゃないでしょう。それは一つの象徴。
現実に教科書はどんどん薄くなっている、それが専門家ではない人の判断によって
なされていることの問題が指摘されているのでは。

195 :文責:名無しさん:01/12/30 18:34 ID:jV25j29n
>>175
西村和雄さんは、「分数ができない大学生」や「ゆとり教育が国を滅ぼす」
とかの著書で、主に数学力の低下を問題にしている経済学者です。

>>189
マジっすか。
そんな小学生みたいな発言。
田中角栄、
馬鹿で増長したとんでもないわがまま娘を、作り出しただけでも、十分に罪なんですが。
福田の子供の方がずっとまとも。
マキコって真性キティ。

196 :文責:名無しさん:01/12/30 19:06 ID:shZgBzPn
結論==曽野綾子、逝ってよし。っていうより、氏ね!!!

197 :文責:名無しさん:01/12/31 03:54 ID:IbdR8IIm
>>190
そんなのは問題じゃないっつーねん。


あとスレタイトルだけど、偉そうにしてドキュソ発言しているのは
最近に限ったことじゃぁないみたいだ。

とりあえず、彼女の反論を聞いてみたいもんだね。

198 :xxx:01/12/31 04:39 ID:dU3R6OhE
日本財団は結局競艇のテラ銭商売。
日本財団(そして笹川)そんなに有難いか?

199 :文責:名無しさん:01/12/31 07:12 ID:EkGLEvjg
曽野綾子って,典型的な2ch型思考回路保持者じゃないのか?

今までいくつかエッセイを読んでみたが,朝日新聞,中国,日教組を
メッタ切りにしてるものが多かったぞ。

まあ,その切り刻み方がスカッとしているところが好きなんだが。

ともかく,>1の引用の元になった文章を読んでみたいものだ。

200 :文責:名無しさん:01/12/31 07:25 ID:76Thxibp
いかんなぁ。藤原正彦(数学者)が怒るぞ。
この人も愛国者だが。

だいたい曽野綾子や三浦は普通の人じゃないだろ。
文才が人より(極端に言うと)桁外れにあったから、数学
なんてなくても(個人として)は生きていける。
公教育というのは、そーいう特殊な人を念頭に置くものじゃ
ないんだよ。それにそーいう特種な人はたくさんいても
困るのだよ。国家にとって数学力は必至だろうが。
そんなに数学が嫌いなら、テレビも見るな。パソコンもやるな。
電気も使うな。アフォ。

201 :文責:名無しさん:01/12/31 07:39 ID:d8RjVw4J
資源もなく、この国の特産品と言えば、綿とか真珠とか、そんなものしか
なかった国が、GNPで世界第2位のところまでこれたのは、ただただ教育の
賜なんだぜ!

中国・韓国・シンガポールなどの国が必至で食い下がって追っかけてくるのに
日本はゆとり教育なんていって、分数もできない大学生を大勢排出していると
もうすぐエゲレス大英帝国のように悲惨なことになるぞ。
エゲレス大英帝国はあれでもって国際的な政治力で尊敬されているが、
日本はどこからも尊敬されない。

202 :文責:名無しさん:01/12/31 08:13 ID:j0qNHL+3
おばーちゃん、こんな事言い出しましたか。
まぁ、年寄りなんで時々変な事も言うようになりますわな。
保守系の文化人だからといって典型的2ch思考といわれてもね。
2chにはあまり政治に興味のない技術職のヒトも多いし。

ちなみに保守系ブンカ人の渡辺昇一センセのご著書に
「文科の時代」っていうトンデモ本すれすれの本が有るけど、
反科学技術の妄想でイッパイだよ。
しまいには理系の人間は女にモテナイからダメみたいな
書き方をされていらっしゃいます。うぅぅ。
今はベクトルが逆になり過ぎて、「ロボット兵士を作れ」とか
いってます。わははは。例の中国ロボットゲームのやり過ぎ?

右にしろ左にしろ、ブンカ人ってのは自分の手を汚さないで
文明の恩恵を受けてる人達だからね。
あんまり信用しない方が良いね。

203 :文責:名無しさん:01/12/31 11:28 ID:iLLo7e8q
>>200
>>201

禿同
いまの日本の経済力を支えている産業が何なのか理解してれば、
数学など自然科学系の教育をおざなりにすることがどれだけ
恐ろしいことかわからないはずないだろうに。

204 :文責:名無しさん:01/12/31 13:01 ID:uAdRwgrX
>>199
2ちゃんねらーと同じで時々失言があります。
三浦朱門さんが「妻は二次方程式をできないけど立派に今まで生きてこれた」との
趣旨のことを教育審議会で発言したのだと記憶してます。
201さんのおっしゃることに、同意します。

205 :文責:名無しさん:01/12/31 19:13 ID:PNVaeJH0
曽野は亡国の使者

206 :竜王は生きていた:01/12/31 19:26 ID:MLarolXb
教育だけでGNP2位て・・・

島国、冷戦構造、適度な国土規模、気候等いろんな要素があるんじゃ・・・

207 :文責:名無しさん:02/01/01 02:09 ID:nQfEECHj
>>206
教育だけ、というのは極端な言い方だとは思うけど
国の発展を支え、苦難を切り抜けるには、優秀な
人間が多数いなくてはならないし、その彼らを支える人間
たちのレベルも高いほうがいい。

国の基本は教育。
資源があっても気候がよくても、人材がいなければ何にもならない。


個人的に、日本の発展は、「並の人間」のレベルが高かったからだと思う。

208 :文責:名無しさん:02/01/01 03:37 ID:tPWhR+jc
キリスト教にも数学にも強い文学者と言えば、第一に稲垣足穂だ。
曾野綾子は足穂文学を読んで勉強し直すべきだ。慢心している。

209 :文責:名無しさん:02/01/01 04:22 ID:o1SkSbSM
シンスゴも微分積分なんて日常生活には必要ないから
教えなくて良いとか言ってるぞ。
なんか数学に対して怨念を持ってるんじゃ無いのかな〜。
コンプレックスから復讐してるんでしょう。
俺も別に得意じゃなかったけど、尊敬してるぞ。

曽野は二次方程式の解の公式を憶えてるだけでも
一般人よりは数学知ってると思うなぁ(w
あれは因数分解の応用と考えれば、公式を忘れてても
いいと思うけど。

210 :文責:名無しさん:02/01/02 07:28 ID:1fzL1+Vz
>>159-160
斎藤貴男

211 :文責:名無しさん:02/01/02 11:04 ID:1FokG6OD
科学技術力世界一を目指そうと思えば目指せるのに
なんで二の足を踏んでいるのだろう。
科学力がさらにクローズアップされているこの時代に。
サイエンスを語れないで現代社会は語れないというのに。

底辺が広ければ広いほど、頂点は高くなる。
数学ができる人口の減少は、日本の科学技術力の低下に
まさに直結する問題、つまり日本という国のもっとも
誇るべき部分を失うということにほかならないのに
「愛国者」のフリをして曾野綾子という女は平気で
数学教育を減らそうとする。

そして陰謀は実際に実ってしまった。


この責任をどう取るつもりだ!!!曾野綾子!!!!!

納得のいく説明をしてみせろ!!!!!!!!

212 :中立人:02/01/02 15:16 ID:/uqrBb2A
数学はとっても大事です。円周率3にするなんてとんでもありません。今、税理士の勉強を
していますが一番計算力でものを言うのが簿記論です。簿記では四則演算しかないと言われて
いますが応用力では一次方程式も解らないとダメです。作家は財務は出来ません。金融・IT
宇宙開発・バイオ等新しい産業をその中から豊かな生活・国民の幸福を目指すなら
数学が絶対高度なものをしなければなりません。その産は最近、「朝の旅立ち」のような
作品を読むと、俗にあの世の存在を確信されているように思えます。ご自分はあの世で良いかも
知れませんが、この世現世での事が大切です。これから何十年もこの世で生活しなければならない
子供たちにとっては。私は曽野の小説は結構好きでしたが、どんなの優れた人もいい作品を残された
人も老いの弊害ができるものだと思いました。残念です。

213 :いかくん:02/01/02 15:27 ID:VNqhkYHP
曽野は合理性と不合理性をその場その場で使い分けて相手を煙に巻いてるだけだよ。まあネット情報の発達によって化けの皮がはがれてきてるのかな?

214 :文責:名無しさん:02/01/02 15:31 ID:mefEgTsD
曽野さんには、今後も似非人権派の化けの皮をはがし続けてもらいたいです。

215 :文責:名無しさん:02/01/02 15:34 ID:DoLZ5oFs
キリスト教徒なのに全然、博愛がない。
本読むと冷たすぎるよ
ペルーの元フジモリ大統領匿うし胡散臭いよ

216 :文責:名無しさん:02/01/02 16:06 ID:rEIjO6oI
>>215
キリスト教徒に博愛を求める事自体が間違い。
基本的には「異教徒逝って良し」が底辺にある宗教だからね。

フジモリ氏を匿ったのは評価出来るけど。
同胞の血を引く恩人を売り渡す様な国は信用されないから。

ただ、この人の算数・数学に対する意見は論外だよなぁ。

217 :文責:名無しさん:02/01/02 19:32 ID:tVsLMdEe
「数学なんていらない」を吹聴してまわり、そしてその発言は引用sれ
結果として数学教育の崩壊を招いたとすれば、曾野の責任は重大だな。

218 :文責:名無しさん:02/01/02 23:43 ID:IsAiP5ey
数学が分からない作家など信用できん。

219 :文責:名無しさん:02/01/03 01:04 ID:9wf0UfQK
歴史教育なんてどうだっていいから、技術系の教育を何とかすべきじゃないのか?
政治、経済がダメでさらに技術までが駄目になれば日本に未来はないぞ。
こんなこといってちゃ、いくら他に愛国的な発言してても売国奴だな。

220 :文責:名無しさん:02/01/03 02:53 ID:1jBaa7FR
同意>219
過去から学ぶのは大事かも知れんが、未来に投資せんと
学んだことも何の意味もなくなるわ

221 :文責:名無しさん:02/01/03 14:01 ID:yr7geo7E
もっとどうでもいいのは国語だと思う。
文法、漢字、古典は教養として学んでおくべきだと思うが
現代文の講義はナンダアリャって感じ。

論理学とか論文作成についてもっと教えるべきじゃ?

222 :文責:名無しさん:02/01/03 14:01 ID:yr7geo7E
というか現代文はサヨク教育の一環なのかな。
戦争文学とか。

223 :文責:名無しさん:02/01/03 14:02 ID:FSV+264E
>>221

じゃあここで教えてくれ。
どうせ、ここでは教えられないって逃げるんだろ?あはは。

224 :文責:名無しさん:02/01/04 10:04 ID:so5gjlZ4
>>223
意味不明。

225 :文責:名無しさん:02/01/04 11:47 ID:JnR62xRq
中学の国語の先生って、現代文とかの読解の仕方を
きちんと教える先生もいれば、そうでない先生もいるって
ところじゃないのかな?
高校になるとさらにハッキリしてくるけど。

曾野綾子は、門外漢の分野に口出ししてないで、国語教育の
分野でもっと提言なりをしていくべきなんじゃないのか?

数学教育に関しては、後任の方々がきちんと
軌道修正してくれることを願うばかり。
経済界ばかりでなく、教育界の構造改革をきちんと
やってくれないと、日本に未来はない。

226 ::02/01/04 12:25 ID:1xFj0GA+
曽野の言う事を突き詰めていくと、
二次方程式は、大学に入ってから、必要な奴だけやれって事になるよな。
でも、もっとも詰込みのきく時期に加減乗除だけで済ませてきた奴らが、
大学に入って、二次方程式を駆け足で通り過ぎて、
微分積分や××工学なんかの難解な式を理解出来る訳が無い。

227 :がはは:02/01/04 13:28 ID:Qdz5PGV5
曾野
「なぜ(横山ノックに触られた)女の子はキャアと叫ばなかったのか」
だって。
この人の人権感覚って一体???

228 :みっけ:02/01/04 14:06 ID:Aw64bxNW
三浦氏は斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。

「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教審課(引用者注:教育課程審議会)
をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本は
どうにもならんということです。つまり、できんものはできんままで結構。
戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、
できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて
彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才には、せめて実直な
精神だけを養っておいてもらえばいいんです。(中略)
国際比較をすれば、アメリカやヨーロッパの点数は低いけれど、すごいリーダーも
出てくる。日本もそういう先進国型になっていかなければいけません。それが
“ゆとり教育”の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、
回りくどく言っただけの話だ」
(斎藤貴男『機会不平等』文藝春秋、税抜き 1619円、40〜41頁)

229 :http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1006919856/:02/01/04 14:07 ID:Aw64bxNW
斎藤氏の著書から続きです。

――それは三浦先生個人のお考えですか。それとも教課審としてのコンセンサス
だったのですか?
「いくら会長でも、私だけの考えで審議会は回りませんよ。メンバーの意見は
みんな同じでした。経済同友会の小林陽太郎代表幹事も、東北大学の西澤潤一
名誉教授も……。教課審では江崎玲於奈さんのいうような遺伝子診断の話は
出なかったが、当然、そういうことになっていくでしょうね」
(前掲書41頁、ISBN4-16-356790-9)

また、江崎氏の発言はこうです。
「ある種の能力の備わっていない者が、いくらやってもねえ。いずれは就学時に
遺伝子検査を行い、それぞれの子供の遺伝情報に見合った教育をしていく形に
なっていきますよ」(前掲書12頁)

斎藤氏が『東奥日報』
http://www.toonippo.co.jp/rensai/ren2001/syukudai/0502.html
の取材に応えて述べた感想、
「私は衝撃を受けた。エリートにならないやつに勉強などされても社会の無駄だと、
彼は言っている。ゆとりはゴマカシだった。

 根底には経済界の要請がある。どうしたら日本経済を活性化できるか、企業が
活力を得る手っ取り早い方法は何か、というのが発想の原点だ。

 公立学校はゆとり方針に従うだろうが、私立はビジネスチャンスととらえる。
落ちこぼれはごめんだと危機感を持つ親が増えるから、競争はなくなるどころか過熱する。

 経済力のある親を持つ子供だけに自由が許される世の中でいいのか。規制緩和を
教育や福祉にあてはめるのは、安易で無謀だ。働く場では今、弱い立場の人間が
真っ先に切り捨てられている。」

230 :文責:名無しさん:02/01/05 00:17 ID:2ZZhyYiT
平均を向上させつつもエリートを育成できるような
教育政策はいくらでも可能だと思うのだが。
少数のエリートを生み出す教育と、平均を上げる教育は
相反する概念だという安易な決めつけがある。

>国際比較をすれば、アメリカやヨーロッパの点数は低いけれど、すごいリーダーも
>出てくる。日本もそういう先進国型になっていかなければいけません。

教育政策の違いだけそうなっているわけじゃないのに。
まったく無知無学だな、この男は。
アメリカや欧州の社会に関して全く知らないと見える。
むこうはものすごい階級社会だっていう要素や、それに合わせた
教育制度をつくっているということすらも知らないのだろうか。

231 :文責:名無しさん:02/01/05 01:22 ID:Vjun7YFP
しかもこれから少子化社会だっていうのにねえ。
教育のレベルを下げてどうすんだよ。
>限りなくできない非才、無才には、せめて実直な
>精神だけを養っておいてもらえばいいんです。
って(w 教育に口を出す小説家に言われたくないね。

232 :文責:名無しさん:02/01/05 01:40 ID:6wYhadl1
平均レベルを下げれば自動的に「すごいリーダー」が育つわけじゃないだろう。
シーソーじゃないんだから。
三浦朱門は平均レベルを下げるための提言はしても、リーダーや天才の育成法
については何も語らない。(そんな育成法はないかも知れないのに。)

233 :文責:名無しさん:02/01/05 03:03 ID:sSGgGC/1
>227
その件に関しては曾野の言い分も理解できるぞ。
あの裁判の胡散臭さは2chでもかなり書かれていたからな。

234 :文責:名無しさん:02/01/06 20:28 ID:Jz32lHb2
曾野綾子ごときにしたり顔で語らせている保守系雑誌は
少しは彼女に対する反論を載せたらどうだ。

235 :文責:名無しさん:02/01/07 00:30 ID:5/TPoMH7
文系の恥・曾野綾子

236 :ラッセルVS曽野:02/01/07 02:08 ID:GPWA1QLW
残酷さと搾取によって財産を獲得した人は、たとえ規則的に教会に行き、
不正に獲得した収入の一部を公共事業に寄付したとしても、
"不道徳な人間"と見なされなくてはならない。

以上、バートランド・ラッセルの有名な言葉。

237 :文責:名無しさん:02/01/08 00:43 ID:d7G55NTv
>>233
裁判の胡散臭さはともかく、曽野の発言は理解できん。まんまドキュソ。

238 :文責:名無しさん:02/01/08 02:42 ID:LGJ5KVoC
頼む
数学教育をなんとかしてくれ〜
ちくま文庫の「オイラーの定理」はおすすめ書籍

239 :文責:名無しさん:02/01/08 02:44 ID:KACbe9lH
>>236
いい言葉ですね。できれば出典を教えてください(マジで)。

240 :文責:名無しさん:02/01/08 03:06 ID:gUSlVJa2
>>8にもあるけど
フジモリ元大統領はどうしたの?
写真週刊誌とかに出たのかな

241 :文責:名無しさん:02/01/08 03:14 ID:XaDk1syo
数学や英語は、内容の精選も大切だが、やはり授業時間を増やさないと
どうしようもないんではないの?
それから国語も、情操教育としてではなく言語教育として、十分時間を
かけて教える必要があると思う。

242 :236:02/01/08 18:07 ID:2Y9J9Lgk
>239
「懐疑論」です。

243 :いかくん:02/01/08 20:58 ID:Yj+vxvc5
三浦朱門が教育利権亡者であり各業界から接待を受けていた事は良く知られている。
曽野のキリスト教信者も単なる広告として、公にしているだけだよ。
はっきり言って三浦、曽野は他の作家から嫌われてるのさ。
偉大な柴田錬三郎先生のように、私は単なる文士ですと宣言したらどうだ?
だが、名誉欲亡者の三浦、曽野にはそれは出来まい。

244 :文責:名無しさん:02/01/08 22:12 ID:d7G55NTv
>>240
何日か前の新聞に書いてあったけど、拓殖大(確か)に講演やりに行くって
本当なのかな。スペ語の通訳つきで。

245 :文責:名無しさん:02/01/09 00:32 ID:6c4QZci9
曾野綾子さんがかくまっているとされるフジモリさんってペルーでは指名手配犯なんでしょうか

246 :文責:名無しさん:02/01/09 01:18 ID:f4+SGOTS
>>110
>>教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる
>この比率の根拠はなんだろうなぁ。
比率に根拠なんかないでしょ。
数学・統計なんてできないやつが言ってるんだから、テキトー。
なんとなく、数字にして%つけたら、カッコいいってだけ。
だいたい、1/2, 1/4, 1/8, 1/8って言ったほうがいいでしょ。

247 :文責:名無しさん:02/01/09 01:25 ID:f4+SGOTS
>>190
あのー、「体」とか「群」とか理解してないとダメなんでしょうか。
そりゃー、数学者としては、ダメかもしれないけど、たとえば、
工場技術者としては、2次方程式の公式、十分役に立つと思うけど。

>中途半端にこんな公式だけ覚えても何の役にもたたない。
あなたにとって役に立つってなんなんでしょうか?
2次方程式を立てられれば、計算できる。
判別式を調べれば、実数解があるかどうか分かる。
技術者としては、十分役に立つんじゃないでしょうか。
中途半端っていうなら、それこそ、
全員大学レベルの数学やらなきゃいけないんでしょうか?

248 :文責:名無しさん:02/01/09 01:30 ID:f4+SGOTS
>>221
現代文って、わざわざ悪文もってきて、読解させるだけ。
そんなことより、簡単でもいいから、実際に書かせる訓練させるべき。

249 :文責:名無しさん:02/01/09 02:44 ID:NQqJe6Sc
>>247
横レスだけど、190の意見はナンセンスだと思う。
体の巾根による拡大という概念自体、2次方程式などの巾根で解ける方程式を
統一的に把握するためにうまれてきた。
だから2次方程式の解の公式すら知らない人間にこの概念を教えても、
何のためにそんなものを考えるのか、理解できないだろう。
さらに言えば、巾根による拡大やガロア群の可解性の話自体、「感動的」
ではあっても、数学においてすら広く役に立っているわけではない。
2次式は、多変数化した2次形式までいけば、幾何学や応用数学で不可欠の
道具になるわけだし。。。
2次式の扱いを早くから習得するのは、十分に意味のあることだと思う。

250 :文責:名無しさん:02/01/09 03:58 ID:XrPR1D8T
>>248
書道、文法、漢字、古文、漢文をもっとやるべきだね。
小論文も中学生ぐらいからやらせるべき。
文の読解に関してまともに教えないで、テストで
いきなり読解力を問う今の国語教育は明かにおかしいよ。

文学者が感性だけでテキトーに作ったカリキュラムって感じ。


感性で勝負している人間が政治の場に入ってくるな、と言いたい。

251 :文責:名無しさん:02/01/09 04:06 ID:JYW0Ydn5
ここで言ってること全部やったら、年金で学費を納める小学生が出るよ。
あな、あほらしや。

252 :文責:名無しさん:02/01/09 14:15 ID:Q1w3ente
「訓練」とか「やらせる」とか、あんな馬鹿女にいいたい放題言わせっぱなしの
世の中があまり偉そうなこと言うのもね。

253 :文責:名無しさん:02/01/10 13:35 ID:ADY4kDv8
>>251-252

意味不明

254 :文責:名無しさん:02/01/10 16:02 ID:wEvHyFBw
っていうか、二次方程式も解けないような、
論理的思考のない人間に国の教育方針を
決めてもらいたくない。

教育問題は国の行く末を決める重要な課題だよ。

255 :文責:名無しさん:02/01/10 16:36 ID:xPtLP4iH
フジモリを拓大の教授に押し込んだのも綾子か?
何を教えるんだろ、しかし。刺客に狙われたりしないのか。

256 : :02/01/10 16:44 ID:1LiYWheq
西尾幹二の書いた「全ての18歳に奉仕の義務を」の元になったのも曽野発言だしな。
母国で犯罪者として名指しされてるのを匿ってるとは、ホントにクリスチャンか?
“汝の罪を、主は全てお見通し”だよ、曽野サン。

257 :文責:名無しさん:02/01/10 16:44 ID:8F7tfkar
ペルーは日本を空爆すべきである

258 :僕は小学生。:02/01/10 17:24 ID:YHLhODQP
学校の授業は全く役に立たないです。
論理的構造的文章の構築の仕方は独学でピラミッド原則、
テクニカルライティングを学んで覚えました。
(学校では段落の明確な分け方すら教えてくれませんでした)
英語も英文法を徹底的に重視したおかげで楽しく身に付けることが
できました。
(文法も出来なくて英会話が出来るのでしょうか? 学校内での公用語を
英語にするなら可能でしょうが、ここは日本です)
算数はあまりにも内容が馬鹿げているので数学を兄に教わり、今のところ、
高校2年レベルの数学の知識を身に付けました。微分積分を教わった後に
物理を学んだので力学で最初から本質的なことを教えて貰えました。
(力学のあの腐った公式を覚えさせられるのは苦痛だと思います。
積分を知っていれば一発で、あの美しさを知ることが出来ますが...)

259 :文責:名無しさん:02/01/10 18:22 ID:OGh0BHxn
これ以上日本の理数系のレベルが落ちたら、
どうやってアメリカに対抗すりゃいいんだ。
曽野って一体・・・?

260 :文責:名無しさん:02/01/10 18:53 ID:4f8Pv0fb
アメリカになる。

261 :文責:名無しさん:02/01/10 20:04 ID:wEvHyFBw
>>259
本人はもうすぐ氏ぬから、どーでもいいんじゃねーの?

262 :文責:名無しさん:02/01/10 20:19 ID:asBK5Tb+
世の中の腐れガキに人生のなんたるかを教えるのには
奉仕の義務化はいいんじゃないのか?

珍走団を見る度にあのエネルギーの浪費は
何とかならんのかと思う。

263 :いかくん:02/01/10 20:22 ID:CT9zFRt6
>>262 珍走団のエネルギーの有効活用はやはり
     軍隊か第一次産業でしょう。

264 :文責:名無しさん:02/01/10 20:23 ID:wEvHyFBw
>>262
それならむしろ、兵役を作る方が良いと思うのだが。
国力の向上、人格の矯正、一石二鳥だと思ふ。

ウヨだと思われるだろうか?

265 :264:02/01/10 20:23 ID:wEvHyFBw
カブタ・・・鬱だ。

266 :いかくん:02/01/10 20:25 ID:CT9zFRt6
>>264 国民徴兵制の始祖ナポレオンは偉いなあ。

267 :264:02/01/10 20:36 ID:wEvHyFBw
>>266
どのように兵士の思想をコントロールするかによって
未来は大きく変わるのだがな。

268 :いかくん:02/01/10 20:39 ID:CT9zFRt6
>>267 軍隊の目的が敵国軍と戦い勝利する事にある以上、
     兵士の教育はおのずと限定された物になるのでは?

269 :264:02/01/10 20:42 ID:wEvHyFBw
>>268
基本的に第9条があるでしょ。

270 :いかくん:02/01/10 20:44 ID:CT9zFRt6
>>269 日本国憲法第九条と自衛隊員に対する教育は別物なのでは?

271 :264:02/01/10 20:48 ID:wEvHyFBw
>>270
今の現状ではどう教育してんの?

272 :いかくん:02/01/10 20:50 ID:CT9zFRt6
私の知る限りにおいては、思想教育はほとんどなく純粋な戦略戦術教育のようです。

273 :264:02/01/10 20:57 ID:wEvHyFBw
>>272
だったらいいんじゃねーの?
変にゆがまないように強制してさ。

274 :文責:名無しさん:02/01/10 21:55 ID:D/sQlN97
それをやると本人にとっては効果絶大。
体力はつくし、礼儀正しくなるし、成人式に参加しても最後まで話を黙って聞ける
集中力まで身に付いちゃう。

しかし、朝日新聞から目をつけられるという危険も伴う、諸刃の剣。

275 :文責:名無しさん:02/01/10 22:09 ID:bYqA4z/y
>>264
そう言えば昔ビートたけしが似たような事言ってたね。

276 :_:02/01/10 22:10 ID:DY/im5Oq
>>274
基地害。

277 :文責:名無しさん:02/01/11 00:01 ID:Q/PMX/Qo
不景気で国力が落ちていてゆとりがない時代に「ゆとり教育」とは滑稽な。
教育に力をいれることにより多くの優秀な人材を育てようとしている
アメリカや欧州各国の流れを、曾野綾子サンはどう捉えてらっしゃるのか。

だいたい戦後の日本の発展に、文学がどれだけ寄与したというのか。
もう文学が政治に影響力を与える時代ではないというのに。
政治を語るときはあくまで為政者の観点から語るべきで
「文学者としてはこう思います〜」という観点から語られては
たまったもんじゃない。

「文学者として、私の個人的経験と感覚から言えば、数学なんていらないわ☆」

のような言動は慎んでいただきたい。というか失せろ。

278 :文責:名無しさん:02/01/11 00:15 ID:dBgdv8iG
狭い井の中の蛙人間の経験だけで
国が崩壊したら嫌だわな。
論理性のない人間には文学もできないと思うのだが。

良い作品は論理や背景がしっかりしているよね。
「舞姫」とかを書いた森鴎外は理系。

279 :文責:名無しさん:02/01/11 04:03 ID:9np7Pm+4
どっちにしても綾子は万死に値するがな。

280 :文責:名無しさん:02/01/11 04:05 ID:9np7Pm+4
>>278
同意。
文系の人間にも理系の考え方は必要だし
理系の人間にもコミュニケーションのツールとして
文系の知識は必要。

綾子は「知識人」なのかもしらんが、
凡人と「知識人」を一緒に考えては困る。
普通は両方必要だな。

281 :文責:名無しさん:02/01/11 05:03 ID:xBFYgzvJ
========== ピース暴徒、文京区で大暴れ!==========

拓殖大学の客員教授として初の講義に臨んだフジモリ元大統領に
在日ペルー人と日本の「人権団体」などが大学周辺で「沖縄人は
ペルーに帰れ!」「琉球民族は日本から出ていけ!」などの罵声
を浴びせ、周辺住民に危害を加えた。
フジモリ氏は、昨年曾野綾子女史の別荘に匿われていたところを
世界的民族派テロリスト"センデロ・ルミノソ"に共鳴するピース
ボートなる団体に押し掛けられ、差別を受けたばかりだった。

282 :文責:名無しさん:02/01/11 05:06 ID:+5ydmwIy
>>281
ピース暴徒=人権テロリスト

283 :文責:名無しさん:02/01/12 00:36 ID:5pRT5/Ve
曾野綾子  (その あやこ)
 <作家>
http://www.nhk.or.jp/ningenkoza/200007/mon.html
写真あり

284 :文責:名無しさん:02/01/12 02:07 ID:NHfDX7uA
>>283
聖心が輩出した曾野綾子、そして緒方貞子さん・・・・

285 :大人の名無しさん:02/01/12 02:13 ID:01wfGl3S
拓大といえば、殺人教授はどうなった?

286 :文責:名無しさん:02/01/13 01:00 ID:MvRrOAbl
元拓大名物教授、やっぱり学生刺していた
傷害容疑で書類送検http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_01/2t2002011208.html

287 :文責:名無しさん:02/01/13 01:42 ID:pCK5L78y
同一カリキュラムはもはや無理がある。公立学校においても
教科は完全能力別で生徒が希望できるレベルまでいけるよう
にすべき。なぜなら、2次方程式を学校で習わなくても、
できる奴は塾や私立にそれを求めるし、2次方程式が必修でも
出来ネー奴はできねーんだからさ。道徳や討論の時間を設け、
その時間のみ度キュンとエリートが交流すればよい。学力は
皆違うので、一斉授業を受けても無意味だが、ドキュンと
エリートも交流しなければいけないと思う。

288 :文責:名無しさん:02/01/13 03:56 ID:mFXTaKWk
>>281
なんで沖縄なの?フジモリって九州からの移民だよね?
ソースは?

289 :文責:名無しさん:02/01/13 04:48 ID:ogkLM/2A
両親は熊本出身とされているが、沖縄県人会所属なので生まれは
どちらがは不明。熊本差別なら水俣病差別とも言えるな。

290 :文責:名無しさん:02/01/13 09:18 ID:unZwOlCw
予備校が高校や大学作ったら面白いのになぁ。

291 : :02/01/13 09:25 ID:GEvTp8Qt
いま、290がイイことを言った!

292 :文責:名無しさん:02/01/13 09:25 ID:0Nqv+R2Z
アホ、もう作ってるっての。駿河台大学→駿台予備校とか。

293 :文責:名無しさん:02/01/13 23:04 ID:unZwOlCw
>>292
いやぁ、もっとバシバシと

294 :文責:名無しさん:02/01/14 05:28 ID:SKl6gO7D
議論は尽きたのかな?
とりあえず曾野綾子が政治に関して語ることは
ちょっと警戒して聞いたほうがよいようだね。

とりあえず教育問題は本当にどうにかして欲しい。
教育の質が国力を如実に左右するのは自明・

295 :文責:名無しさん:02/01/14 13:48 ID:8UIOx/rE
この人が船舶振興会の理事になったのも会長になったのも全部
笹川良一の意向なんだよね。

296 :文責:名無しさん:02/01/15 09:02 ID:1WgtXRT5
しかし、何で保守系マスコミによく登場するんだ、この人は?
国益を損ねるような改革に荷担した人間なのに。

297 :文責:名無しさん:02/01/15 11:46 ID:nNK2qqBC
>>296
 保守にも寄生虫タイプは多いよ。
 しかもこの人、権力者大好き、天皇大好き、中年おじさん大好きで
右翼の大物の笹川良一のお気に入りだから。

298 :文責:名無しさん :02/01/15 14:04 ID:vbyEZlMp
ソノって、日本財団の理事長になるとき、「黒い金も良いことに使うと
白い金になる」と言っていた。

299 :文責:名無しさん:02/01/15 14:06 ID:Y8efUIqa
曽野先生、現実を遠慮なく教えてくれてありがとう。

300 :298:02/01/15 14:53 ID:vbyEZlMp
「黒い金も良いことに使うと白い金になる」と言うのは、聖書に書いてあるの?
カトリックの教え?
ソノが聖書を自分の都合が良いように曲解したの?

301 :文責:名無しさん:02/01/15 22:24 ID:lCcFAad7
記憶違いだったらすまんが、曾野綾子が
日本財団の理事長になった理由の一つが

「給料なし」つまり、「ボランティア」だったからだと
本人の書いた文章で読んだような記憶がある。

だから「若者への奉仕活動義務づけ」も
自分の体験から出たことだと考えていたのだが。

302 :文責:名無しさん:02/01/15 23:24 ID:dkLi542s
奉仕活動を義務付けられるのは犯罪者か弱い立場の子供たちだね。

303 :文責:名無しさん:02/01/16 08:19 ID:zTwLoICK
数学をもっと、面白く教えることは不可能なの?

304 :文責:名無しさん:02/01/16 08:22 ID:5/k2VEaK
>>303
不可能だと思います.なぜなら、なんでもそうだけど、
わかる人、見える人とわからない人、見えない人が
世の中にいるからです.これは生まれもったものだと思う.

305 :文責:名無しさん:02/01/16 20:25 ID:LqSHzmu0
>>300
http://www.seibonokishi-sha.or.jp/kishis/kis0102/ki03.htm

306 :文責:名無しさん:02/01/17 09:38 ID:KZ7pcDZO
>>304
数学に関してはどうだろう。
私の中学のときの数学の先生は、小ネタも交えつつ
非常に面白く数学を教えてくれたのだが・・・
予備校の先生もとても面白かった。

教師の裁量次第ではどうにでもなると思うんだけども。

307 :文責:名無しさん:02/01/17 09:50 ID:Xvv7vqug
 おら、バリバリの文系なんだが・・・。数学面白いよ。いや、
テストは全然できなかったけどさ。大学入って、経済学をごーり
ごーりやりはじめると、必須になるでしょ。それが、なんちゅー
かもう、最高に面白かったなー。なんで経済学が文系の学問とさ
れてるのか、未だに理解に苦しむけどさ。

 数学の面白さを伝えるのは・・・うーん。そうさのー・・・。
 Mathematica(スペルあってるか?>Macユーザ)を使って、
ドラえもんとか書かせて、その数式を見せるとか・・・。ダメ?
おれ、ラグランジュ乗数が図式化されたとき、うきょうきょ喜ん
だんだが・・・。やっぱダメ?

308 :文責:名無しさん:02/01/18 00:22 ID:+ObZ9its
>302
今のくそガキたちを「立場の弱い子供たち」とは、そうとう
「お子様真理教」に毒されてますな。

三食引きこもりつきで甘やかされ放題に育ち、
自分が他人に与える迷惑は全く気にせず、
逆に他人のせいで自分が損させられることは
ほんの少しのことでも許せない、

まあ、そんな「お子様」には奉仕活動の強制ぐらいして
根性を叩き直してもらわんといかんのではないですかね。


309 :文責:名無しさん:02/01/18 00:28 ID:cnfngMbd
>>308
何か問題があればその場その場で直せばいいこと。

君こそまさしく立場の弱い人間をスケープゴートにして
くだらない権力欲を満たそうとしている人間だよ。

奉仕活動の強制は内閣法制局から憲法違反で無理って言われたよ。
曽野といい河上といい町村といい君も合わせて
こんなくずが大きな声で政治を語る社会を早く是正したいものだ。

310 :文責:名無しさん:02/01/18 01:17 ID:s5sA67y+
子供に限らず、全国民に奉仕活動を義務づけてください。
政治家もじじばばも、全員です。

311 :文責:名無しさん:02/01/18 09:18 ID:ixF2Pw8O
>>308
んなやつぁいねえ。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 01:10 ID:gb07Lfl1
国際情勢板からdで来ました。


\\  もうおこったぞう 
  \\            もうおこったぞう   //
       もうおこったぞう           //

    (⌒⌒⌒)        どかーん! (⌒⌒⌒)
     || どかーん!          ||
                 どかーん! 
   / ̄ ̄\      (⌒⌒⌒)     / ̄ ̄\ 
(( | ・ U  |       ||      | U ・  | 
 匚| |ι    \             /     J| |コ
   U 匚    ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄\    /    コ U
    \     )    U ・  | ⊂     / 
      \  入ヽ ))     .J| | (     ! ̄| ))
       ||  ´ | ̄ ̄||U  ||"~ ̄
        ̄   ̄      ̄     ̄

313 :文責:名無しさん:02/01/21 06:03 ID:jtL7hz/H
相互リンク

日本を亡国に導く「ゆとり教育」を廃止させよう!
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1011293440/


314 :文責:名無しさん:02/01/23 01:47 ID:tAm3pSwd
あげ

315 :文責:名無しさん:02/01/23 09:45 ID:wQpWp9rl
高校の数学教師は最悪だったッス。
でもYゼミの夏期講習で数学の面白さに気づいた。
ほんと感謝。

316 :文責:名無しさん:02/01/23 10:17 ID:G0SEp6Pl
>>311
三食付きひきこもり発見。
たまには外に出よう。

317 :文責:名無しさん:02/01/23 11:15 ID:SbcGZnQk
>>316
君の人格が歪んでるからそう見えるだけだよ。

318 :文責:名無しさん:02/01/23 11:49 ID:df+TWRfz
>>317
ひきこもりで歪んだ人発見。
たまには外に出よう。

319 :名無し:02/01/23 15:04 ID:ksG6ASuB
「文豪」がこんな暴言吐いていたら、歴史離れ・文学離れまで進むよ。
今、科学の進歩についていけない人間が歴史や文学に走る傾向が強くなっている。
「文学・歴史=時代遅れ・役立たず」の図式が成立しつつある。
これでは理屈の通らない文系バカ老人に文化が破壊される。
文系バカ老人に科学を学習させるのが先決。これ以上、情報弱者を増やすな。

320 :文責:名無しさん:02/01/23 17:42 ID:L9nZQ2O9
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/rights/1005747374/l50
人権板スレよりコピペ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/22 12:18 ID:SojDsRUJ
東京もかなり根が深いのかな・・・?
98年、サンデー毎日に連載していた作家・曽野綾子氏がこんなことで連載を降ろされた。
小学館刊・逆説のニッポン歴史観・井沢元彦著にこんなことが書いてあった。

「私は五月二十七日『サンデー毎日』に連載していた『私日記』の連載を止めさせられる
ことになった。(中略)私は東京に生まれて東京に育ったのだが、『被差別部落の問題は、
東京では(問題になるほど)問題ではない』、『差別の知識は、東京人でない人が教えた』
と書いたことがいけないのだという。私はこのエッセイの中で、差別を勧めたのではない。
差別をする言葉を使ったのでもない。他の地方は知らないが、東京の暮らしの記憶の中で、
私はいろいろなタイプの人の悪口、陰口のようなものを聞いて来たが、被差別部落に対する
差別だけは、実に『一度も』聞いたことがなかったという実体験を『私日記』として署名
原稿で書いた。それがいけない、というのである。」
(「昼寝するお化け」『週刊ポスト』98年6月26日号)

サンデー毎日編集部は彼女に書き直しを要求した。しかし曽野氏は「署名原稿である以上、
すべての責任は私にある」としてこれを拒否。それでどうなったか。

「すると山本敦編集長は『編集長の権限で載せられない』と掲載拒否をした。(中略)
拒否の理由は、『サンデー毎日』の正義と人権の原則に従ってそういう処置を採る」
(同)ということなのだ。
(以上)

・・・「正義と人権の原則」に従えば、彼女が体験した事実はあってはならないものなのか?
聞いたことの無い話を載せれば、まだ正義になるとでもいうのであろうか?
どうもかなりうさんくさいものをかんじてしまうんですがね・・・。


321 :308:02/01/23 19:30 ID:3QdwwwfZ
ツレタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!シカモ サンビキモ!!!!!! >>309,310,311


322 :文責:名無しさん:02/01/23 19:53 ID:SbcGZnQk
中年親父のマスターベーションにちょうどいい物書き。

323 :文責:名無しさん:02/01/23 23:31 ID:MGrOPqOi
まだやってるんですか?

何度も言いますが、この人が日本財団の会長になったのもその前段階の
船舶振興会の理事になったのもすべて笹川良一の一存です。

A級戦犯にして、恫喝同然で公営ギャンブルを私物化し
ノーベル賞が欲しくて欲しくて必死に金をばら撒き宣伝を続けながらも
かなわなった男。右翼の資金源であり、政界にもフィクサーとして
影で動いた笹川良一の縮小再生産でしかない代物が大手を振って
政府委員の真似事をしているのは不気味としか言いようがありません。

324 : ◆yE9JXfCg :02/01/23 23:38 ID:EhWYfP/J
そういえばテレ朝の徳永アナは曽野綾子のファンらしいから
となりのアナウンサーやコメンテーターを内心バカにしてんだろーな。

325 :文責:名無しさん:02/01/24 01:40 ID:+tau42jK
>>323
笹川良一について
ついでに言うと、勢力拡大のためなら霊感商法や合同結婚式で名をはせた統一協会の
文鮮明と手を握って勝共連合を作る。

あとこれはかなりいいかげんな噂だが、笹川と曽野綾子は実の親子らしい。

326 :文責:名無しさん:02/01/24 04:10 ID:shc7YQ9d
>>321
厨房はうぜえ

327 : ◆yE9JXfCg :02/01/25 22:43 ID:+G4i3ZQG
age

328 :文責:名無しさん:02/01/25 23:14 ID:2863uJnL
あのババアは統一教会の飼い犬である。諸君の2月号見よ・・・・。

329 :文責:名無しさん:02/01/26 12:56 ID:R2G9vNN9
「諸君」に書いてるって時点でキティだからね。
しょうがない立ち読みするか。

330 :文責:名無しさん:02/01/26 13:04 ID:bhG1VjDM
田中康夫も浅田彰も金子勝も「諸君!」に書いたことあるけど、
彼らもキティでいいの?

331 :文責:名無しさん:02/01/26 21:21 ID:9caDmED7
もちろんキティでいい。めんどくさいし。

332 :文責:名無しさん:02/01/26 21:46 ID:qM+6TD6r
>>323
>>328
そんな低レベルな話に落とし込まれてもなぁ。

333 :文責:名無しさん:02/01/26 22:28 ID:R2G9vNN9
>>332
低レベルというのは、意見が近いから?
 正直な話、あの人が政府委員を何度もやることは不思議でならない。
物書きとして特にずば抜けているわけでもないし、
理系の学問を実用性しかないような言い方をする。
物地学も生物学も数学も哲学や社会に大きな影響を与えたことを考えれば
無教養きわまる発言だ。
 あの程度の人が政府委員を何度もできるというのは自民党右派の意向以外
考えられないということだ。

334 :文責:名無しさん:02/01/28 22:38 ID:6Loj+2rQ
>>333
激しく同意。

335 :文責:名無しさん:02/01/29 20:13 ID:hMO5BqjB
きのう本屋でこの人の
「「いい人」をやめると楽になる」
って本があった。思わずうなずいてしまった。

336 :パテックス ◆yE9JXfCg :02/01/29 20:19 ID:MdYCTFjf
俺は曽野綾子が好きだという徳永有美アナが好きだ。

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)