5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆朝の娯楽☆天声珍語ここがおかしいPart6

1 :文責・名無しさん:02/08/10 07:15 ID:5o7HjURd
★☆★天声人語ココがおかしいpart6のスレッドです。
脊髄反射のカキコはなるべくさけ、
かつ、突っ込むべきところは突っ込み、
そして、天声人語の評価できるところは素直に誉めてあげてください。

Part1/http://natto.2ch.net/mass/kako/1006/10068/1006806676.html
Part2/http://natto.2ch.net/mass/kako/1012/10124/1012449895.html
Part3/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1017219124/
Part4/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1022314344/l50
Part5/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025700125

確認ソース(全文コピペは、各自の自己責任でおながいします)
http://www.asahi.com/paper/column.html

2 :文責・名無しさん:02/08/10 07:16 ID:5o7HjURd
                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (-@∀@) < 嫌なスレだ!
             _φ___⊂)__ | 
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



3 :文責・名無しさん:02/08/10 07:17 ID:5o7HjURd
諸君 私は天人が好きだ
 諸君 私は天人が好きだ
 諸君 私は天声人語が大好きだ

 散歩話が好きだ 思い出話が好きだ 物故者ネタが好きだ 間の悪い時事ネタが好きだ
 印象操作が好きだ 自慢話が好きだ 下手糞な説明が好きだ 論旨不明が好きだ 最近の言葉が好きだ
 日記で 自慢で 煽りで 引用で こじ付けで 薀蓄で 皮肉で 妄想で 政府批判で 親父ギャグで
 天声人語で執筆される ありとあらゆる中学生レベルの駄文が大好きだ

 お茶濁しどころか穴埋めにすらなっていない 月末恒例「最近の言葉」が好きだ
 武富士の似顔絵は似ていないと評しながら 逮捕後にやっぱり似ていると言い訳をした時など 心がおどる
 誰でも知ってる薀蓄ネタや 会社案内丸写しなウォルマートの提灯記事を書いているのが好きだ
 東京タワーに登頂し 次は通天閣に登ってみようというだけでコラムを締めた時など 胸がすくような気持ちだった
 紹介してみた巣鴨の耳かき職人が 実は既に亡くなっていたことを翌日に訂正するのが好きだ
 雪印食品への非難ネタの締めに「モー我慢できない」と寒い洒落を飛ばす様など 感動すら覚える
 一つの単語から主題を絞らずに連想ゲームを繰り返す様などはもうたまらない
 フーコー・大江健三郎・瀋陽亡命事件と 一つのコラムに三つも話題を盛り込んで文章が崩壊するのも最高だ
 いつも引用だけで全てを済ませる執筆者が たまに述べてみた自分の意見があまりにも陳腐な一般論だった時など 絶頂すら覚える
 英字新聞から引用して書いた文を 誤読だ誤訳だミスリードだと叩かれまくるのが好きだ
 文芸ネタだけに引き篭もり たまに不得意な他分野のネタを書くとより一層罵倒される様は とてもとても悲しいものだ
 文章の質のみならず その主観や思想までも異常扱いされるのが好きだ
 ごく稀に出てきたマトモな文章に 「別人では?」との声が出てくるのは 屈辱の極みだ


4 :文責・名無しさん:02/08/10 07:17 ID:5o7HjURd

 諸君 私は天人を 地獄の様な天声人語を望んでいる
 諸君 このスレに集う2ちゃんねらー諸君 君達は一体 何を望んでいる?
 更なる天人を望むか? 情け容赦のない 糞の様な天声人語を望むか?
 駄文悪文の限りを尽くし 八百万人の日本語感覚を殺す 嵐の様な天声人語を望むか?

 「天人!! 天人!! 天人!!」

 よろしい ならば天声人語だ
 我々は満身の力をこめて 今まさに悪文を叩かんとする読者だ
 だが このマスコミ板で 何ヶ月もの間 悪文を叩き続けて来た我々に ただの天人ではもはや足りない!!

 大天人を!! 一心不乱の大天声人語を!!

 我らは2ちゃんねらー マス板住民 再開以来スレッド総レス未だ3000という少数派に過ぎない
 だが諸君は 一騎当千の批評家だと 私は信仰している
 ならば我らは諸君と私で 三百万と一人の批評家集団となる
 正しい日本語を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけている連中を叩き起こそう
 髪の毛をつかんで 引きずり下ろし 眼を開けさせ 思い出させよう
 連中に大朝日のコラムの味を 思い出させてやる
 連中にコラムニストとは 引き篭もりでも務まる商売だということを思い出させてやる
 朝日一面の記事と広告とのはざまには 奴らの哲学では思いもよらぬ世界がある事を思い出させてやる
 「文芸ネタと政府批判だけで 貰える給料は貰い尽くしてやる」(談)

 全論説委員職務開始 天声人語担当者「K」始動
 執筆!! 全朝刊 全コラム 解除
 「2ちゃんねる マスコミ板より 天人スレへ」
 目標 朝日朝刊「天声人語」 夕刊「素粒子」!!
 全コラム読者 状況を開始せよ

 征くぞ 諸君


5 :文責・名無しさん:02/08/10 07:22 ID:5o7HjURd
■《天声人語》 08月10日

 シンデレラの物語はどなたもご存じだろう。あの物語で最も重要な役割を果たす
のが、ガラスの靴である。物語にふさわしい小道具というより、物語全体の輝きを
象徴するような存在だ。しかし元々の物語では、ガラスの靴ではなくリス皮の靴
だったそうだ。

 『猫の目に時間を読む』(鶴ケ谷真一・白水社)で教えられた。フランス語の
「リス皮」と「ガラス」のつづりが似ていて、誤記されたものが広まってしまったらしい。
幸運な誤りだった。あの物語からガラスの靴を抜き去ると、輝きが半減してしまう
のではないか。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の相次ぐ「不祥事」に、その話を
思い出した。テーマパークに行くのは、いわば夢の世界、物語空間にひたりたい
からだろう。せっかくの夢をしぼませる「不祥事」である。

 日本ハムグループの牛肉偽装問題でもそう思う。消費者の信用を失うことに
加えて、ファンの夢も奪いかねない。プロ野球の日本ハムが本拠を札幌に移すことを
決めたばかりだ。球団を応援してきたファンも、これから応援しようと思っていた
札幌の人たちも冷水を浴びせられた思いだろう。

 そして田中真紀子前外相の議員辞職である。前外相をシンデレラにたとえるのは
無理にしても「退場」だけはシンデレラふうに唐突だった。十分な説明がないままの
辞職だった。彼女を支持してきた人たちはがっかりしたことだろう。もっと踏み込んだ
説明がほしいところだ。

 夢や信頼や期待が裏切られる。物語の世界からは遠い現実の世界である。


6 :文責・名無しさん:02/08/10 07:26 ID:5o7HjURd
久々のマジカルバナナ。そして、炸裂する小池節の数々である。

「・・・教えられた、考えさせられた」など
>『猫の目に時間を読む』(鶴ケ谷真一・白水社)で教えられた。
無意味なカギカッコ
>ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の相次ぐ「不祥事」に、
「冷や水を浴びせられる」。「・・・思いだろう」=勝手な推測
>冷水を浴びせられた思いだろう。
「そして・・・である」
>そして田中真紀子前外相の議員辞職である。

7 :文責・名無しさん:02/08/10 07:36 ID:Zx9eYzAS
各段落のつながりがサパーリな気がするのは私だけ?
というか、シンデレラから何故にUSJと日ハムが出て
真紀子の辞職に行くの?

シンデレラ→真紀子ならまだ読めた文章になったんでは・・・・・?
魔法が解けたとか、いろいろ言えると思うんだけど・・・・・・

8 :文責・名無しさん:02/08/10 07:39 ID:Z/f8Qq1z
>夢や信頼や期待が裏切られる。物語の世界からは遠い現実の世界である。
名文としての誉れ高かった天声人語への夢や信頼や期待が裏切られた・・・
天の声からはほど遠い、中学生の感想文の世界である。

9 :文責・名無しさん:02/08/10 07:56 ID:5o7HjURd
【参考】読売・編集手帳

 この暑さで、ひと雨恋しくなっていたせいだろう。永田町発のニュースに驚きつつ、
思い浮かべた雨の言葉がある。「私は一夜、沛然(はいぜん)として大地を打つ豪雨
に心耳(しんじ)を澄ます思いであります」

◆所懐をしるした一文を残して時の田中角栄首相が辞任したのは、
一九七四年(昭和四十九年)十二月のことである。「大地を打つ豪雨」とは、
“金脈”問題を追及する国民の声を指してもいただろう

◆「父は反面教師ですが、築いた人的財産はありがたいと思います」。
長女の田中真紀子衆院議員は、外相をしていた昨年九月の記者会見で、
政治とカネのかかわりについて見解を聞かれ、そう答えている

◆よもや自らが秘書給与の流用疑惑で、父親と同じく世論の矢面に立つとは
思わなかったに違いない。不可解なのはあれだけ国民に語るのが好きで
上手な人が、この件に限ってひどく寡黙なことである

◆どんなメディアの寵児(ちょうじ)も、カネにつまずけば時に大けがをする。
真紀子人気の陰りは、その証明だろう。反面教師にもひところは
「今太閤(たいこう)」として絶大な国民的人気を誇った過去があった。学び方が
足りなかったと言わざるを得ない

◆何とも唐突に、真紀子氏が議員を辞職した。バッジを外しても、疑惑解明を迫る
世論の雨は沛然として降り続くだろう。心耳を澄まし、すべてを語って欲しい。
http://www.yomiuri.co.jp/08/20020809ig15.htm


10 :文責・名無しさん:02/08/10 07:57 ID:Zx9eYzAS
多分今回も各社そろって真紀子ネタなので比較できるのかな。
とりあえず読売・編集手帳

この暑さで、ひと雨恋しくなっていたせいだろう。
永田町発のニュースに驚きつつ、思い浮かべた雨の言葉がある。
「私は一夜、沛然(はいぜん)として大地を打つ豪雨に心耳(しんじ)を澄ます思いであります」

◆所懐をしるした一文を残して時の田中角栄首相が辞任したのは、
一九七四年(昭和四十九年)十二月のことである。「大地を打つ豪雨」
とは、“金脈”問題を追及する国民の声を指してもいただろう

◆「父は反面教師ですが、築いた人的財産はありがたいと思います」。
長女の田中真紀子衆院議員は、外相をしていた昨年九月の記者会見で、
政治とカネのかかわりについて見解を聞かれ、そう答えている

◆よもや自らが秘書給与の流用疑惑で、父親と同じく世論の矢面に立つとは
思わなかったに違いない。不可解なのはあれだけ国民に語るのが好きで
上手な人が、この件に限ってひどく寡黙なことである

◆どんなメディアの寵児(ちょうじ)も、カネにつまずけば時に大けがをする。
真紀子人気の陰りは、その証明だろう。反面教師にもひところは「今太閤(たいこう)」
として絶大な国民的人気を誇った過去があった。学び方が足りなかったと言わざるを得ない

◆何とも唐突に、真紀子氏が議員を辞職した。バッジを外しても、疑惑解明を
迫る世論の雨は沛然として降り続くだろう。心耳を澄まし、すべてを語って欲しい。

11 :文責・名無しさん:02/08/10 07:57 ID:5o7HjURd
【参考】産経抄

田中真紀子さんにいったい何が起きたのだろう。つい先日の衆院政治倫理審査会で
秘書給与のピンハネ疑惑をきっぱり否定した。逮捕されても議員は辞めなかった
父親のこともあり、最後までがんばるものと思っていたが、突然の辞職である。

 ▼このところ、一部の週刊誌などで詐欺容疑による「逮捕」説が流れていた。
これを恐れて、恭順の意を示したという説もある。辞職していさぎよさを見せることに
より、次の選挙で長男にあとを託すとの見方もある。それは、今のところすべて
憶測でしかない。

 ▼言えるのは、政治倫理審査会での説明が何とも評判が悪かったということである。
「細かいことはわからない」と、のらりくらりと言い逃れした点もそうだった。
だが、地元の新潟の人までが首をかしげたのは、ファミリー企業の社員を公設秘書
として出向させていた理由だった。

 ▼真紀子氏は、ファミリー企業には長男が多く、雪下ろしや農作業で東京に
常駐させられなかったからとしていた。ところが、これは新潟の今の実情とは
ほど遠いらしい。「所詮“目白御殿のお嬢様”で、新潟の人間じゃない」という声も
聞かれているという(週刊文春)。

 ▼これも推測だが、真紀子氏の実像に触れた支持者の心が離れたことが辞職を
早めた可能性もある。父親の角栄元首相は「政治家が東京のマンションから雪を
ながめているようではだめだ」というのが口ぐせだった。残念ながら愛娘にも当たって
いたのだろうか。

 ▼いずれにせよ、昨年の外相就任以来お騒がせ続きの真紀子氏はこれで政界を
去る。疑惑は解明されていないが、ワイドショーなどで作られた政治家のイメージと、
実像とを見分けるという課題をつきつけられた一年余りでもあった。
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm


12 :文責・名無しさん:02/08/10 07:57 ID:Zx9eYzAS
>>9
かぶったスマソ

13 :文責・名無しさん:02/08/10 08:00 ID:5o7HjURd
【参考】毎日・余録 

福沢諭吉は生前、必ずしも評判がよくなかった。学問や識見への高い評価の一方で
「拝金宗の本尊」と批判された。蓄財の大切さをつねに強調したからである。

 2004年度から新しい紙幣が出る。樋口一葉(5000円札)と野口英世(1000円札)
が新登場して、1万円札の福沢諭吉は「留任」する。なぜ福沢だけ残るのか。
小泉純一郎首相と塩川正十郎財務相が慶応出身だからという説はおもしろいけれど、
事実ではないらしい。

 1万円札は流通量が一番多い。紙幣の肖像作りには時間がかかる。そこで、
福沢を残す。こういう選択のようだ。でも、それだけかしら。一葉は窮乏の中で早世した。
野口は金遣いがめちゃくちゃ。借金も多かった。2人とも暗い。ここはお金と前向きに
縁の深い福沢を残したい。そんな深層心理が働いたかもしれない。

 福沢は文明社会で自立して生きるにはお金は必要不可欠だと説いた。金銭を
さげすむ「武士は食わねど高楊枝(たかようじ)」的な儒教倫理への批判でもあった。
「拝金宗の本尊」でも何でもない。拝金宗の信者はむしろ近ごろになって目立つの
ではないか。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで次々に不祥事が明るみに出た。日本ハムの
子会社が輸入牛肉を国産に偽装していた。大量の牛肉を早々と焼却している。
「子会社の問題」だけで済むかどうか。前に見たばかりの劇をまた見せられている
気がする。

 拝金宗の教義はたった一つである。つまり、利益最優先。福沢「留任」が誤って
拝金宗をまん延させないかと心配だ。彼の著作の一節を引いておく。
「経済に大切なるものは、智恵と倹約と正直と、此(この)三箇条なり」(「民間経済録」)。
正直。簡明にして、いい言葉だ。1万円札を見て、この言葉を思い出そう。
http://www.mainichi.co.jp/eye/yoroku/200208/09.html


14 :文責・名無しさん:02/08/10 08:02 ID:Z/f8Qq1z
1が無断リンクだと、
このスレ自体が立場弱くなるから、
適当にリンク張った旨だけをasahi.comに
伝えておいて。

15 :文責・名無しさん:02/08/10 08:03 ID:Zx9eYzAS
>>13
これは昨日のコラムではないの?

16 :文責・名無しさん:02/08/10 08:06 ID:5o7HjURd
>>15
昨日のヤツだけど、「福沢諭吉存続は慶応大学閥の陰謀」論を批判しているので
コピペしました。


17 :文責・名無しさん:02/08/10 08:52 ID:aL1w4zfi
>7 禿げ同。段落がつながらない。展開がめちゃくちゃ。
シンデレラからUSJ,日ハム、マキコと、話がトンデレラ(古いギャグですまん)。天神さん、いつもの調子が戻ってきました。


18 :文責・名無しさん:02/08/10 09:10 ID:Amszpx9o
天声って本当にクダラナイ
そんなことよりも「ガラスの仮面」どうなっちゃったの?

19 :文責・名無しさん:02/08/10 09:10 ID:iWKHnu5w
毎日の余録ダヨ。

さっそうたるデビューであった。1993年12月6日。衆院予算委員会。この年7月の
総選挙で初当選したばかりの田中真紀子議員が質問に立った。

 花の予算委である。ふつう1年生議員に出番はない。当時は細川護煕連立内閣。
真紀子さんは野党議員として登場した。「当選後まだ130日しかたっておりません
主婦でございます」。出だしは柔らかだった。が、たちまち舌鋒(ぜっぽう)は鋭くなった。

 米作と環境とのかかわりをめぐって広中和歌子環境庁長官を追及した。
「答えたくないとおっしゃるのか、言葉の意味がおわかりにならないのでございますか」
と詰め寄る。広中長官はたじたじだ。「さすが角さんの娘」。そんな声がささやかれた。

 真紀子人気はたちまちふっとうした。テレビを中心にしたメディアの力が大きかった。
真紀子さんが外相に就任した直後、テレビ取材を受けた経験をジャーナリストの
上杉隆さんが「草思」8月号に書いている(人気者・田中真紀子のつくり方)。

 取材を通じて彼女の政治家としての資質に疑問を抱いた上杉さんは
「あえて、彼女の問題点を多く指摘した」。ところが、どの局も「よい面」を求めた。
仕方なく「女性であること」「歯切れのよさ」などを語った。コメントは批判部分を
カットして放映されたり、ボツになった。公設秘書給与の流用疑惑は晴れていない。
突如議員を辞職した真紀子さんは自宅前で一方的に「理由」を語っただけだった。

 死んだセミにアリが群がっていた。きのう午前中、通勤途中の歩道で目にした光景。
長い地中生活を経て地上に出たセミたちの短い夏は終わろうとしている。
私たちは「田中真紀子」に何か幻を見ていたのだろう。幻はしょせんセミの命
にも似て、はかない。
http://www.mainichi.co.jp/eye/yoroku/200208/10.html

余録の筆者が天声人語を、2日続けて(お札の福沢諭吉、セミの命ははかない)
おちょくってます。
朝日よ、毎日にまでなめられはじめたぞ。

20 :文責・名無しさん:02/08/10 09:14 ID:roN/SiEy
>14
リンクはasahi.comから許可もらってるはず。

21 :文責・名無しさん:02/08/10 09:25 ID:Jzn9zJTV
朝日工作員が活躍しているようだ
900超えるとスレ立てして天声を宣伝?
リンク許可?リンクに許可がいるわけないだろ。
自作自演がすぎるぞ

22 :文責・名無しさん:02/08/10 09:41 ID:roN/SiEy
Kさんは、一部だけコピペされるのはイヤみたいだから、
コピペするなら全文コピペしてあげましょう。


7月9日 天声人語

(長くなるので、前略)
★「この欄について読者からいただくお便りで、ごく一部だが最近ちょっと気になる
傾向がある。ある一文や一節だけに注目して全体の趣旨とは関係なくその部分だけ
の感想や意見を記す。そんな傾向が少し強まっているような気がする。 」

★「推測するに、電子メールを含めたインターネット文化のせいではないだろうか。
必要な部分と不要な部分とを素早く仕分ける。好きなところや嫌いなところに敏感に
反応する。文章全体ではなく、断片に反応しやすくなっている。活字世代の
思い過ごしだろうか。 」(後略)

23 :文責・名無しさん:02/08/10 10:20 ID:G8aG/VTj
>>5
USJの不祥事でシンデレラの靴の真相を思い出したとなっているが、
つい最近聞きかじった靴の話を知ったかぶりしたくて、無理やり
最近の目立つニュースに便乗して紹介したのが見え見え。

大体本を1冊読んだくらいで「真相はこうだった!」と紹介するのは
かなり危険な行為だと思うのだが…

24 :文責・名無しさん:02/08/10 10:28 ID:XsZPXkTK
シンデレラ、つったら、USJじゃなくて、やっぱりディズニーランドだべ。
今日のは、連想自体に無理があると思われ。

東京ディズニーランド シンデレラ城
http://www2c.airnet.ne.jp/m-ito/sight-seeing/genr/gct_cinderella.html

25 :文責・名無しさん:02/08/10 11:57 ID:HKDh1Xkh
まぁ、USJなら「恐竜絶滅の原因といえば、ジュラシック・パークのUSJだが」
という方向のマジカル・バナナをやってもらいたいです。

ペットボトルのお茶からでも可。


26 :文責・名無しさん:02/08/10 13:09 ID:+A/RJ0J6
元々の物語、つまりリス皮の靴の前はサンダル(?)だったらしい。

http://members9.tsukaeru.net/jugem/memo2000703.htm
中国にも似たような話があるらしいし、中国の方にマジカルバナナを
やって欲しかった(さすがに無理か(w)

27 :文責・名無しさん:02/08/10 16:10 ID:JLHnOl1C
朝曰も盆休みかい?(w>工作員出沒

28 :文責・名無しさん:02/08/10 17:02 ID:JUl3Jjga
皆様、ご詮議のほどを m(__)m −8月1日から8月9日まで−

日【分類】内容<決まり手>★は殿堂入り 
1日【教育】校区外からの生徒を受け入れる六甲山にある小学校
<「山の子」「下の子」=唐突な書き出し>
2日【経済】米国企業の粉飾とウェーバーの宗教社会学<ウェーバーの理論が消化不良>
3日【蘊蓄】新札の肖像に決まった野口英世と樋口一葉はカネに汚い
<慶応閥の陰謀論を展開>★大手紙の同テーマのコラム中で最低
4日【宣伝】同僚記者二人のガン闘病記が出版
<昨年3月に取り上げてられているにも関わらず再び>
5日【人生】国際数学五輪メダリストたちのその後の人生<理系を小馬鹿に>
6日【原爆】広島の原爆死没者追悼平和祈念館の言葉<読売・編集手帳に軽くいなされ>
7日【原爆】広島で被爆した故・江戸家猫八さんの体験<「クククク」=脈絡の無い蛙の声>
8日【蘊蓄】セミの一生は短いようで長い<小学生でも知っている豆知識を引けらかす>
9日【原爆】長崎で被爆した竹山広さんの歌集より<引用しすぎ>


29 :文責・名無しさん:02/08/10 17:02 ID:JUl3Jjga
試験に出た天声人語〜2002〜(☆マーク)+その他の駄作
2001.05.01「驚きの待つ路地裏の散歩」☆
2001.08.22「日本は親切すぎる社会」☆
2001.08.03「合祀について」
2001.06.14「司法改革、「客体から主体」へ」」☆
2001.08.20「子育てで悩む母親たちへ アランの『幸福論』」☆
2001.08.21「2日続けてアランの幸福論」
2001.08.02「山田風太郎の訃報」
2001.09.07「一番不思議な存在は」☆
2001.07.03「弁当をめぐる思い出」☆
2001.06.21「弁当を盗んだクラスメートの思い出」


レス番号付きは前スレの最後に
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025700125/n933-934

30 :文責・名無しさん:02/08/10 17:04 ID:JUl3Jjga
★特別殿堂入り作品★ これを手本として一層の精進を望む>天人


■02年8月1日 あぶくま抄■ (福島民報)

◇冷ややっこ・枝豆・冷酒・ビール。この四つの食品を酷暑急速冷却化食料物に指定するという
法案がきのう閉会した通常国会で一度も話題にならず審議未了で廃案になった

◇冷酒は一合以上、ビールはビンで一本以上飲めば消夏に効果あり-という条文が「健康を
害する」と一部議員から強い反対にあったためらしい。こんな実現不可能な事柄を願望する
法案がもし衆参両院で真剣に話し合われたら、消費者は冷酒、ビール、枝豆、冷ややっこの
どれかに関心を寄せ売り上げ増になっただろうな。これを仮定法過去完了と呼ぶそうだ

◇ついでに言わせてもらえば「冷ややっこ」は黙って堪えているけれど悲しいのだ。なぜなら
冷奴という正式命名を持ちながら、今もって「奴」という漢字が認知してもらえない。学校での
奉仕活動を義務化する答申をだした中央教育審議会のセンセイ方にも息抜きに居酒屋に
入ってもらいたかった。品書きには「冷奴」とあったに違いない

◇冷ややっこでは、凛(りん)とした冷奴の白い端正な形が崩れてしまう。冷奴は八月の王様だ。
同時に八月に入ると「夕有風立秋」という名句が必ずや思い浮かぶ。国語学者・金田一晴彦
氏によると、暑さの中にも涼しさが立つ、との意ではない。「ユーアルフーリッシュ」と読んで
「おバカさんね」。八月の王様の前でバカになるのも八月の特権だ。


31 :一段落目でテーマじゃなく豆知識を披露するのが天人のマイブームなのか?:02/08/10 18:06 ID:LdOADzPw
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 硝子の靴が誤訳ってのも有名な話だが、それと2段落目以降の話の繋がりが・・・・・

32 :文責・名無しさん:02/08/10 23:29 ID:IPSNaMtx
>>28
6日は殿堂入りでもいいと思う。

>>30
何回読んでも、この破壊力はすごいな。

33 :文責・名無しさん:02/08/10 23:51 ID:h5mFwa/X
原爆→アメリカ仕込みの爆薬→USJ
じゃストレートすぎるか。

34 :文責・名無しさん:02/08/11 05:22 ID:++qtrILC
そろそろ期待あげ

35 :文責・名無しさん:02/08/11 05:46 ID:OivPkHzo
>>3
その「天人宣言」のようなものに、ぜひ「ペットボトル原爆」も入れてください。

例:水のペットボトルを見て、武士の試し切りを連想し、さらには核戦争におびえるようすなどかわいくてたまらない。

とか。

伝説のペットボトル原爆 7月19日

★「昔はこんなに水を飲んだだろうか、と思うときがある。ペットボトルの水のおかげ
である。あれを持ち歩く習慣がついてしまった。水事情が良くない海外を旅行したとき
からの習慣かもしれない。水が手元にないとつい不安になる。 」
★「手元にあると無意識のように口をつけてしまう。本格的な渇きを感じる前に飲んで
しまう。水の存在が疑似的な渇きを招いているのではないか、と反省するときもある。
欲求があって何かを欲しがるのではなく、何かが目の前にあるから欲求が生まれる。 」

★「水ではなくお茶の人もいるだろうし、あるいはスナック菓子の人もいるだろう。そう
した飲食物だったらまだいい。しかし、もっと別の物で同じ心理が生じるとすると……
と考えて不安を覚えることがある。たとえば武器である。 」

★「昔の武士は試し切りというのをしたらしい。いい刀を手に入れると使ってみたくなる。
わら人形相手ではつまらない。そういって実際に人間を相手に試し切りをしたという。
そこまでさかのぼらなくても、最近の戦争でも似たようなことがあったという話はよく聞く。殺傷の欲望を、手にした武器が促す。 」

★「究極の武器といえば核兵器に行き着く。インドとパキスタンとの緊張がまた高まっ
ている。核保有国の両者が自制できるかどうか。ペットボトルの水をにらみながら核
戦争の恐怖におびえる。あまりに極端な連想かもしれないが、人間の欲望と自制と
の関係という点では、同じだ。 」

★「ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。気をつけないと、みるみる深みにはまる。」

36 :俺節:02/08/11 06:22 ID:NGxgt6nn
俺節です。なんか、天声マニア増えたなぁ。日頃の地道な活動のたまものですか。

ところで、明日12日(月)は、朝日新聞および天声人語が無いので、

   ★タミー小池限定★天声人語・駄文祭り〜2002夏〜

を開催します。場所は当スレ。時間は、12日午前8時から10時くらいまで。

「歌会」方式で、
<1>読み手が、過去ログなどから、これぞという駄文、難文、珍文をコピペする。
<2>それについて、評者が、「駄文だ」、「見事なマジカルバナナ」などの評を加える。

過去の作品は、過去ログおよび、
下記ページを参照のこと。年↓と、月↓を変更するとさかのぼれます。
http://www.putaro.net/gv_02/tj_txt_08.htm
コピーは、ツールバーの「編集(E)」→「コピー(C)」で出来ます。

一応、オイラが読み手をやります(5〜10分ごとに一作品をコピペします)が、
読み手、評者ともに、参加自由ですのでどんどん参加して下さい。
脊髄反射の一行レスも大歓迎です。


37 :ミ,,゚Д゚彡y━~~ :02/08/11 07:22 ID:fQ40T+fO
■《天声人語》 08月11日

☆スピードの時代にこれは何とものんびりした話だ、と感心した。75年前に始まりいまも続いている実験である。
以前、物理学者の米沢富美子さんが日経新聞のコラムに「世界一長い物理実験」といって紹介したときから気
になっていた。

☆オーストラリアのクインズランド大学で進められている。ガラスのじょうごに石油ピッチを入れ、滴になって落ちる
のを観察する実験である。水だったらぽたぽた落ちるが、粘度が水の1千億倍以上といわれるピッチではそうは
いかない。

☆始まったのが27年というから、日本でいえば、前年暮れに大正天皇が亡くなり、実質的に昭和が始まった年だ。
その年、熱して溶かしたピッチをじょうごに入れ、固まるのを待って3年後に出口を開いた。最初の1滴が落ちたのは
8年後の38年だった。

☆2滴目は47年だから大戦中は滴をつくり続けたわけだ。実験を始めた教授は48年に亡くなった。
米沢さんのコラムは99年で「今にも落ちそうで落ちない」8滴目のことを書いていた。その8滴目が落ちたのは00年
の11月である。大学に冷房が備えられたため、落下の間隔が長くなったらしい。

☆「この実験の間に、科学者は原爆をつくり、人間を月に運び、人間の遺伝子地図を作製した」。そういって実験の
悠長さを皮肉る英紙もあるが、現在の担当教授は「少なくともあと100年は続けたい」と語って動じない。

☆9滴目は12年ごろになりそうだが、だれか目撃することができるかどうか。というのも、これまでの8滴では、落下
の瞬間を実際に見た人はいないから。

38 :ほとんど他人のコラムの引用じゃねえか!:02/08/11 07:24 ID:fQ40T+fO
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 天人・・・・。お前にコラムニストとしての誇りはあるのか?

39 :文責・名無しさん:02/08/11 07:27 ID:OivPkHzo
>>36
あ、俺節さんだ。
なかなかストイックな企画ですね。評者で参加するかも。
できれば午前7時30分くらいから始めてほすい。

40 :文責・名無しさん:02/08/11 07:35 ID:GdlOuz7v
>>37

だから何、というようなコラムですね。
ネタとしては面白いし、余計な疑似サヨク思想も入ってないのはいいんですが。


41 :英紙に皮肉を言われても続けていくだけの:02/08/11 07:46 ID:fQ40T+fO
ミ,,゚Д゚彡y━~~ もとのコラムには、この実験の意義とかがちゃんと書かれてるんだろうなぁ。

42 :文責・名無しさん:02/08/11 07:51 ID:VTrC+9s8
今日のは「大戦」「原爆」という語を混ぜるのが目的だから、
こんな実験の重要さが全く伝わって来ないようなコラムでも、
朝日的には及第点なのだろうな。

43 :俺節:02/08/11 08:28 ID:F2P65yEk
>>37
>大学に冷房が備えられたため、落下の間隔が長くなったらしい。

条件変わってちゃ、実験の意味ないんじゃないの?

>>39
>できれば午前7時30分くらいから始めてほすい。

了解しました。早いほうがよいなら、
12日の午前7時30分から初めて、午前9時30分くらいまで、とします。

あと、読み手も募集中ですので、よろぴく。

44 :文責・名無しさん:02/08/11 08:50 ID:iWmFbZDB
リンク許可は前々スレッドでおいらがとりました。

>>1さん相手が朝日だけに何するかわからないので
一応メール出しとくことをお勧めします。

45 :文責・名無しさん:02/08/11 09:12 ID:5abOme+8
>>37
な、何度読んでもこの実験の目的がさっぱりわからん…
ガウディの聖堂みたいにマジにそのくらい時間がかかって
それだけの価値がある実験なのか、
他の時間がかからない方法がとうの昔に見つかっているのに
大学のジョークで続けているのかさえも。

単純な質問なんだけど、朝日に限らず新聞1面のコラムって書き手を尊重して
誰も校正とかしないもんなの?
もし一応校正とかするなら、誰もこの明らかなミスに気が付かなかったのか??
後者なら、朝日新聞はお馬鹿の花畑だな。

問い:この実験の目的を200字以内にまとめて想像せよ
とかいう問題が大学入試に出たら、受験生泣くぞ。

46 :文責・名無しさん:02/08/11 09:24 ID:41gpFafC
>37 今日のもアウト。何のための実験か全く触れていない。
米沢さんは慶大教授で日本物理学会会長を務めたこともある。
原文には当然、実験の意義が書いてあったと思うよ。



47 :文責・名無しさん:02/08/11 09:30 ID:PSHObH5n
粘度の実験では?

しかし、いたずらな学生が真空ポンプで引いてみたくなる
衝動に駆られなかったかどうか?心理学的考察も必要かも(W

48 :文責・名無しさん:02/08/11 09:34 ID:41gpFafC
>45 フリーパスじゃないの。「玉稿」だから。
配達されるまでに社内で何人もの人が目を通しているはずだけど、
おかしなところに気がついても
誰も何もいえない……。

49 :45:02/08/11 10:12 ID:5abOme+8
だめだ、さんざんぐぐってみたけどそれらしき実験の話題は
どこにもなかったよ。目的がすげー気になる。

>>47 
粘度測定ならマルコ○社の粘度測定器使えば30分もかからないから
大学のジョークということになりますね。(○は「メ」じゃないっす)

>>48
そういうもんなんですか…あの手のコラムは字数制限とか厳しいから
誰かそこだけでもチェックするかと思ったんですけどね。
もし誰も何も言えなかったのなら、それはそれでお馬鹿の花畑決定。

50 :文責・名無しさん:02/08/11 10:22 ID:7TCJRIWn
取り敢へず理系を揶揄したいのと,42能いうやうに「大戦」「原爆」つふコトバを
挿入しただけだツた,つふコトかな?>けふの天人
終戰記念日に向けて加速して來ました奈(w

ところでネタなンですが,古巣の言語ゐたから,↓こんなスレが上がツてました。

【整備】政・官・財の国語塾@2ch【整備】
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1023262685/

私も,幾つかの委員會の資料をバイトで作ツてましたンで,
その潛在能力を誠に遺憾なく發揮できると思はれる(w

51 :文責・名無しさん:02/08/11 10:42 ID:41gpFafC
>47
粘度の実験には違いないでしょう。
ピッチのように固体と思われるような物質でも
長い時間のあいだには流れるということかな?
しかし、やっぱ、ひとこと実験の趣旨を書くべきだよ。
まさか、4月1日付けの紙面じゃなかろうね。

52 :文責・名無しさん:02/08/11 10:59 ID:Bcr083T/
粘度の実験なら、プロレス・スーパースター列伝に出ていた
あの測定法が使えそう。
なんでも、タイガー・ジェット・シンが尊崇するダラ・シン達は
コ−ルタールのプールでプロレスの修行をしたと言う。

53 :文責・名無しさん:02/08/11 11:06 ID:wt1k9geX
>>37

 粘度の実験でしょう。自分が理解できない理系の実験をバカにしたいのか?
 コンクリの実験だって明治期から100年続いているのがあるんだよ。

 そもそもまるまる日経のコラムからネタを引用って、書いてて恥ずかしくないのか?

54 :文責・名無しさん:02/08/11 12:08 ID:wd+mUxZl
そもそも、書き出しの「スピードの時代」って何だ?

55 :文責・名無しさん:02/08/11 14:07 ID:lTuT/Toz
昔から、
字数制限の影響もあるのだろうが、接続詞等の省略多用や、名詞の安易な略称使用等により
日本語を酷いまでに乱れさせてきた新聞メディアであるが、
最近は、さらに記者の日本語能力の低下で、いっそう乱れに拍車がかかっている。
それにも係わらず、露出過剰な女子高生に日本語の乱れの代表格としての立場を奪われてしまっている。

そのことに危機感を感じた朝日新聞社は、
天声人語の執筆者にK氏を登用することにより、
日本語の乱れの代表格としての地位を奪い返そうとしているのである。

56 :文責・名無しさん:02/08/11 15:45 ID:cWD4yFSV
あいかわらず

>始まったのが27年というから
>2滴目は47年だから

だな。なぜ1927年、1947年と4桁で書かないのだろうか。

たとえば天珍の言う「01年」は、1801年、1901年、2001年のどれかって
文中のニュアンスから読者が判断しろってことかなあ。和暦とも区別しづらいし。
なにか西暦下二桁表現にはポリシーでもあるのかね。


57 :文責・名無しさん:02/08/11 15:50 ID:cYuOWC44
米沢富美子さんについてググってみたです。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%89%A9%E7%90%86%E3%80%80%E7%B1%B3%E6%B2%A2%E5%AF%8C%E7%BE%8E%E5%AD%90%E3%80%80&lr=
同性同名を避けるために物理も追加してますが、
液体・固体についての実験を行っているようです。
複雑液体とかなので、材料物性ですかねぇ。

ちょっと調べればすぐ参考文献がわかるからネットは便利だなぁ(´∀`)

58 :文責・名無しさん:02/08/11 18:04 ID:9NWqwoeh
表記上の問題も多いが、やはり
「なぜこのネタを今日掲載したのか?」が謎。

推論1)米沢さんの日経コラム切抜きをスクラップブックで発見した
推論2)海外紙か何かに、実験の近況、教授のコメントが掲載されたのをパクった
推論3)広島長崎原爆記念日から、この実験を連想し結びつけた(超マジカルだけどある意味すごい)
推論4)「原爆」「実験」「人間」あたりでググったらたまたまひっかかった

2あたりがいかにもありそうな話ですが。

59 :文責・名無しさん:02/08/11 18:13 ID:9NWqwoeh
> そもそもまるまる日経のコラムからネタを引用って、書いてて恥ずかしくないのか?

「○○によりますと〜」
「○○といえば、××である。」
筆者はウィークエンダーとマジカルバナナで育った世代なのでしょう。
こういった文章作法を受験のために身につけた子供達が、あと数年も
すると社会に巣立っていくのです。
げに恐ろしきは淺日の愚民化計画。

60 :俺節:02/08/11 19:04 ID:0RqzE4YB
★再度告知★明日12日(月)は、朝日新聞および天声人語が無いので、

   ★タミー小池限定★天声人語・駄文祭り〜2002夏〜

を開催します。場所は当スレ。
時間は、12日の★午前7時30分から午前9時30分くらいまで★に変更しました。

「歌会」方式で、
<1>読み手が、過去ログなどから、これぞという駄文、難文、珍文をコピペする。
<2>それについて、評者が、「駄文だ」、「見事なマジカルバナナ」などの評を加える。

過去の作品は、過去ログおよび、
下記ページを参照のこと。年↓と、月↓を変更するとさかのぼれます。
http://www.putaro.net/gv_02/tj_txt_08.htm
コピーは、ツールバーの「編集(E)」→「コピー(C)」で出来ます。

一応、オイラが読み手をやります(5〜10分ごとに一作品をコピペします)が、
読み手、評者ともに、参加自由ですのでどんどん参加して下さい。
脊髄反射の一行レスも大歓迎です。

ふるってご参加下さい。


61 :文責・名無しさん:02/08/11 19:09 ID:xUIsdBNC
餘所のスレのハナシだけど...

★朝日新聞の圧力で反朝日サイトが閉鎖に!★
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1028733821/l50

ココは大丈夫なのかな?
一應過去に返事は貰つてゐるけど,態度を豹變する可能性もあるしネヱ...
しばらくの間,朝見た後にこのスレを保存しておきます。

62 :文責・名無しさん:02/08/11 20:48 ID:hae88hXX
>>54
>「スピードの時代」って何だ?
上原、新垣、今井、島袋の4人のグループが、CDの売上が1位だった時代w。

63 :文責・名無しさん:02/08/11 22:51 ID:tgDlja48
>「スピードの時代」って何だ?

あれでは?大麻とシャブで捕まった朝日記者がいたのは記憶に
新しいが、二日酔いに効くが地獄を見るとかいう例のクスリでは?

64 :文責・名無しさん:02/08/11 22:59 ID:euAhhwle
>>56
ポリシーかどうかは分からないけど、
万が一、読者の判断ミスを招いたとしても、
日本の元号は絶対使いたくない。
っていう意思表示は感じる。


65 :文責・名無しさん:02/08/11 23:06 ID:PSHObH5n
別にどうでもいいような気もするが、'01とかを使用しないのも不思議。
数百年ごしの実験なら1928とか記した方がいいと思う。

66 :文責・名無しさん:02/08/11 23:15 ID:euAhhwle
東京タワーネタのときの珍語も
たしか西暦2桁表示だったと思う。
そうだよねえ。
「'01」な使い方もあるというのにね。

67 :文責・名無しさん:02/08/11 23:25 ID:txq/uxaV
天人がキリシタンなら、納得が行くが、神を信じてもいないのに
なぜ、神の年を使うのか不明。要するに多数派に流されるのが流儀
なだけの俗物なのだろうな。

68 :文責・名無しさん:02/08/12 07:14 ID:duIRc8S3
駄文祭直前age

69 :駄文祭り:02/08/12 07:24 ID:ROuSwUM6
俺節です。では、そろそろいきたいと思います。
みなさん、よろしくおながいします。

70 :文責・名無しさん:02/08/12 07:25 ID:1O9ZAfq6
(;´Д`)アアン 参加したいのに今日出勤ダーヨ
皆さん頑張ってください 名作期待してますんで

71 :駄文祭り:02/08/12 07:25 ID:ROuSwUM6

  ★タミー小池限定★天声人語・駄文祭り〜2002夏〜

72 :駄文祭り:02/08/12 07:27 ID:ROuSwUM6
2001年6月4日 ■天声人語■

 確かに歯痛というのは、人間とは何であるかを考えるのにいい材料かもしれない。
と、唐突に思いついた。

 あの痛みは孤独な痛みだ。なぜかあまり同情されない。まわりは何と自己中心的
な奴(やつ)ばかりなのだ、と歯ぎしりしても痛みが増すばかりだ。それはそうだろう。
他人が歯痛のときには、自分だって「たいへんだね」と空々しく言うばかりだ。
自分の身に明日降りかかるとは思わない。他人の痛みがわからないいい例だ。

 痛みが増す。早く医者に行っておけば良かった。そうやって悔やむ。
くよくよするからよけい落ち込む。明日行こう。そして明日になると、
また明日にしよう。1日1日と治療を延ばすから、もちろん事態は悪化する。
この繰り返しだ。過去に学ばないこと甚だしい。

 ドストエフスキーの「地下室の手記」を手に取る。何といっても、初めて?歯痛の
「哲学的考察」をした作品だ。一時はやった実存主義という哲学の先駆けとも
言われた作品だ。痛みの不条理さを解説してくれるだろう。

 「歯痛にだって快楽はあるさ」(江川卓訳・新潮文庫)。そう言って、うめき声を
取り上げる。うめいても無駄で、自他ともに疲れるだけなのをわかっていて、
なおうめく。屈折した快楽だ。家族には「おまえたちも、いっそ眠らないで、
おれが歯が痛いんだということを、四六時中感じつづけるがいいさ」。この嫌らしさは相当だ。

 で、きりきり痛むころになると、ドストエフスキーどころではなくなる。
結局、人間とは何と弱いものか。きょうから、歯の衛生週間です。


73 :文責・名無しさん:02/08/12 07:29 ID:duIRc8S3
>72
しぬほど笑った、、、
もうおなかいっぱいだよ・・・

74 :文責・名無しさん:02/08/12 07:34 ID:vK5dLFLY
あれ見たいな〜。
ほらっ、前文引用だけで埋めたやつ。

75 :駄文祭り:02/08/12 07:34 ID:ROuSwUM6
2001年6月1日 ■天声人語■

 都会育ちの子が、地方の親類の家に遊びに行った。田園地帯だが、
夜、外が騒がしい。「どうしてこんなに遅くまで工事をしているの」ときくと、
親類は「?」。しばらくして「あっ、あれはカエルの鳴き声よ」

 田植えのあとの水田のカエルの合唱はにぎやかだ。聞き慣れた耳には気に
ならないが、都会っ子には騒音に聞こえてしまうのだろう。

 カエルは何といって鳴いているのか。たとえば「なみかんた。りんり。」あるいは
「くええく う ぐらびら とれも でる ぐりせりや ろとうる けえる ありたぶりあ」と。
カエル語を聞きとる詩人草野心平(1903〜88)である。オノマトペア(擬音語)の
楽しさを駆使した詩だ。題して「ごびらっふの独白」。
これには「幸福といふものはたわいなくつていいものだ」に始まる日本語訳もつく。

 専門家はどう聞き分けるか。『日本カエル図鑑』(文一総合出版)から。
トノサマガエルは「グルルル」で、ヒキガエルは「クックックッ」が多く「キャララ」は
ヤマアカガエル。面白いのはダルマガエルで、関西では「ギギギギ」と鳴くのに、
関東ではトウキョウダルマガエルと称して「ンゲゲゲゲ」と鳴く。

 繁殖期のいま水田で鳴いているのはトノサマガエルなど5種類程度らしい。
先日報じられた気象台の生物季節観測では、トノサマガエルが34府県で
観測できなくなった。激減の恐れがある。

 先の詩に登場した“ごびらっふ”ならば「るぐらりをうりりる」と語るだろうか。
日本語試訳は「たわいないがたいへんだ」。


76 :駄文祭り:02/08/12 07:41 ID:ROuSwUM6
>>74

2002年1月15日 ■天声人語■

 最近の出来事でよく理解できないのは「荒れる成人式」だ。あちこちで騒ぎが
起き、その対策をいろいろ講じているらしい。ここは、偉大なる警句家ラ・ロシュフコー
の言葉を手がかりに、事態を考察した。引用は彼の『箴言集』(岩波文庫)から。

 「大多数の若者は、単にぶしつけで粗野であるに過ぎないのに、自分を自然だと
思いこんでいる」。若者とはそもそもそんなものだ、という。ただ、当の若者がそれを
当然として開き直っているとするとしゃくにさわる。

 酒が騒ぎを引き起こすという見方もある。若者はまだ酒の魔力をよく知らない。
酒に溺(おぼ)れやすい。「われわれが一つの悪徳に溺れずにすむのは、悪徳を
幾つも持っているおかげであることが多い」。ちょっとあぶない悪徳の勧めだ。

 「自分は人に好感を与える、という自信は、えてして人を不愉快にする決め手になる」。
確かに自分だけ舞い上がって、他人の心中を想像できない輩(やから)に
かき回されることがある。警句家に言わせると「ひとしきりしか歌われない
はやり唄(うた)にそっくりの輩がいる」、そんな輩だろう。

 式を仕切る大人の側に問題はないか。「年寄りは、悪い手本を示すことが
できなくなった腹いせに、良い教訓を垂れたがる」。そういう人もいる。
「うんざりすることが許されない人を相手にしていると、ほとんどきまってうんざりする」。
そういうこともある。

 17世紀に生きた「箴言(しんげん)」の人は、結局は自分の愚かさを、
人間の愚かさを知れ、と言っているのだろう。簡単なようで一番難しいことかもしれない。


77 :文責・名無しさん:02/08/12 07:43 ID:bTQodMMe
>>72
なんだ、拷問なんてとてもとても…
ッテことか。労働もせず、クーラー効いた部屋
に居て、美味いものたらふく食って、
そのあげくがこんな駄文かよ。


78 :駄文祭り:02/08/12 07:46 ID:ROuSwUM6
2001年4月6日 ■天声人語■

 入り口でつまずいてしまった。教科書の表紙にある「公民」という言葉である。
考えていて、意味がわからなくなってきた。そういえば昔「公地公民」というのを
習ったことがある。

 国史大辞典には、公民は「古代の人民の身分を示す用語」とあり、訓読みは
「オホミタカラ」とあるから、由緒正しい言葉らしい。普通の辞書には
「国政に参与する資格をもつ国民」などとある。この言葉は戦前の一時期に
復活したものの、その後は、あまり一般的にはならなかったようだ。
それが教育現場に導入されるのは72年からだ。

 もう30年近くになる。そのわりには「公民」という言葉、一般に定着していないと
思うがどうだろうか。導入時には、国家の一員としての意識をはぐくむことがねらいに
あったらしい。こちらはどうだったろうか。

 そもそも民のつく言葉は実に多い。私たちは国民であり、県民や市民、住民でも
ある。そのうえ公民である。人民、平民と言われた時代もあれば、臣民とも呼ばれ、
庶民を自称したり、愚民扱いされたり、棄民の憂き目にあったり……と
その説明だけで「公民」の授業になりそうだ。

 その点、英語は単純だ。たいていはピープルで済ませられる。ときにシチズンを
つかえばいい程度だ。このシチズンは、長く市民と訳されてきたのだが、はて公民は、
そのシチズン(市民)と違うとすると何と英訳するのだろうか。

 そう考えてくると、この言葉の独特さが少しわかってくる。文部科学省に
問い合わせると「正式の英訳はありません」との答えだった。


79 :駄文祭り:02/08/12 07:52 ID:ROuSwUM6
2001年7月10日 ■天声人語■

 本当のところを言うと、中学のころの教科書の記憶はない。思い出そうとして
みたが、何も浮かんでこない。それほど影が薄かった。だからといって困ったことは
ない。

 いま話題の中学の「新しい歴史教科書」を読んでみて、まず、あまりの難しさに
驚いた。大学生に副読本として読ませて議論をさせたらどうだろうかと思った。
たとえばである。古事記などのいわゆる記紀神話が出てくる。単なるお話としてなら
ともかく、歴史のなかで神話を教える。これはたいへん難しいことだと思う。

 難しいところは多々あるが、もう一点だけあげれば、江戸城無血開城のときの
勝海舟と西郷隆盛との会談を叙述するくだりで「日本という『公』の立場に立つ
歴史的な決断がなされた」とある。あの当時の「公」とは何だったろうか、
と考え込んだ。少なくとも徳川幕府のことは「公儀」といわれていたが、はて、と。

 いまの基準から見て過去を裁断するな、とは教科書をつくった人たちの主張らしい。
ということは、過去の人々への歴史的想像力が必要だ。それは、自分たちが
いまいる場所を相対化してみることだろう。重要なことだと思う。だとしたら、戦争に
巻き込んだ隣国の人々への想像力も必要ではないだろうか。自分たちがいまいる
場所を相対化するためにも。

 韓国や中国から、抗議を受けている。教科書というものにたいする考え方が
少し違うな、とは思うものの、検定制度があって、政府が関与している以上、
国家間の問題になっても仕方ない。

 謙虚に自分のいまいる場所を省みたい。


80 :文責・名無しさん:02/08/12 07:54 ID:duIRc8S3
>79
検定制度を廃止しろ、ということでよろしいか?

81 :文責・名無しさん:02/08/12 07:54 ID:h/DkAOHZ
>>78
私たちは国民であり、県民や市民、住民でもある。そのうえ公民である。

大いに疑問。本当に国民か?大体、朝日のいう「市民」の定義もあやふや。

82 :駄文祭り:02/08/12 07:57 ID:ROuSwUM6
2001年5月10日 ■天声人語■

 ひどい事件だ。まだ事件の背景はわからないが、そう思う。青森県の弘前市の
「武富士」であった放火殺人事件だ。警察の発表では、犯人は津軽弁だったらしい。
ということは、県外から流れてきたのではない、ということだろう。

 いわゆるお国なまりが、犯罪のかぎを握る。小説ではしばしばつかわれる手法だ。
水上勉「飢餓海峡」では、関西なまりの男を警察が追いかけた。しかし、男をかばう女が
「青森の言葉でした」と言って、捜査の目をそらした。松本清張「砂の器」でも、
なまりが重要な伏線になった。東北なまりと思われていたのが、
実は、山陰のある地方のなまりだった。事件の舞台が一転する。

 現実の事件では、63年の吉展ちゃん誘拐事件が有名だ。金田一春彦氏が犯人の
電話の声を分析して、そのなまりから出身地をほぼ正確に推定した。
以来、声の分析は、犯罪捜査には欠かせない。

 こんどの事件の犯人が津軽弁だったと聞いて別の感慨もわく。津軽弁といえば、
懐かしく思い出すのが寺山修司だ。なまりが彼の語りに独特の味わいを与えていた。
そういえば彼は弘前市出身でもあった。有名な歌がある。
〈ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし〉。

 また、津軽出身の太宰治は「生粋の津軽人というものは、……なまなかの
都会人よりも、はるかに優雅な、こまかい思いやりを持っている」(津軽)。

 そんな津軽のことに思いを巡らせると、こんどの事件の無残さがよけい胸を打つ。
被害者の冥福(めいふく)を祈りつつ、また穏やかな津軽が戻ることを。


83 :文責・名無しさん:02/08/12 08:00 ID:duIRc8S3
>ひどい事件だ。まだ事件の背景はわからないが、そう思う。

なんだ、この書き出しは。

84 :駄文祭り:02/08/12 08:05 ID:ROuSwUM6
2001年5月 5日 ■天声人語■

 「?」だらけの事件だ。「だとしたら」の仮定法で書かなければならないのが
歯がゆいが、そうせざるをえない。

 国外退去になった金正男氏かもしれない人物についてのことだ。彼が本当に
本人だとしたら、何のための来訪だったのか。深い理由があるのか、それとも軽い
気持ちからだったのか。どちらにせよ、偽造旅券で入国を図るその軽率さは何だろう。

 広がる疑問とは別に、新聞に載った写真が気になった。父親の金正日総書記と
並んで座る正男少年の写真だ。これを見ながら、彼はどんな子ども時代を送ったの
だろうかと考えた。戦後まもなくの日本の小学生たちを写した写真集を見ていた
ときだったから、その思いが強かった。

 写真集というのは『なつかしの小学一年生』(熊谷元一・河出書房新社)で、
粗末な服を着た子どもたちのはじけるような笑顔が印象的だ。みそ汁の給食に
コッペパンの昼食、竹で作った水鉄砲遊び、緒の切れたげたを手に下校する
男の子、妹や弟を背負っての子守、とあのころの農村の風景が懐かしく再現
されている。

 こうした世界から正男氏の幼少時代ははるか遠いだろう。いまの日本の若い世代
が遠いように遠いだろう。でもあの国の農村の子どもたちはどうなのだろう。
などとりとめなく考えたのだった。

 CNNでは、金正日総書記がEU代表と乾杯をする映像を流した直後、男が
成田空港に到着した映像を流した。CNNをよく見るという総書記はこの映像を
見ただろうか。見たとしたら、どんな気持ちだったろうか。「?」ばかりだ。


85 :駄文祭り:02/08/12 08:12 ID:ROuSwUM6
2002年1月 6日 ■天声人語■

 年末から年始にかけて、風邪をひいてしまった。年賀状にも手がつけられない、
さえない毎日である。いや風邪と断定していいかどうか。これには「不審船と断定」
と同じような問題がある。

 そもそもが風邪のようなものの集まりでしかない。鼻水が出たりくしゃみが出たり、
寒気がしたり熱が出たりいろいろで、しかし、ほかの病気でないとされると風邪だろう、
となる。「某国船と断定」ならわかるが「不審船と断定」がちょっと変なように、風邪も
断定は難しい。

 とはいえ、風邪(のようなもの)については経験豊富だから、つきあい方は
知っているつもりだ。たいていは次の三つのうちのどれかで早めにお引き取りを
願ってきた。

 (1)丁重にお迎えする。できるだけ相手(風邪)を刺激しないように、静かに
横になって退去を待つ。(2)闘う。医者か薬局で薬を手に入れ、症状を抑え込む。
(3)気がつかないふりをする。「例によって一杯いきますか」などと独りごちながら、
酒場に駆け込む。杯を重ねるうちに病気だか何だかわからなくなる。

 症状と都合で使い分けるが、今回は、まず悪寒に襲われたから(1)にしてみた。
ただし一晩だけ。それがだめで(2)に移行した。(3)は、時機を失した。いまさら
風邪を無視するのも白々しいし、たぶん、体力も許さない。

 この病名は「竹取物語」や「源氏物語」にも出てくる。昔から「風邪は百病の長」
「風邪は万病の元」との言い伝えもある。長いつきあいで、いまでも最も身近な
病気だろう。しかし、いまもってなぞが多い。侮れない病である。


86 :文責・名無しさん:02/08/12 08:13 ID:MIcIffOi
>84


としか書けん

87 :文責・名無しさん:02/08/12 08:18 ID:QKhVUTw4

バカニュース板で日本武道館爆破予告
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/bakanews/1029097753/l50



88 :駄文祭り:02/08/12 08:20 ID:ROuSwUM6
2001年12月28日 ■天声人語■

 『世界戦争事典』(河出書房新社)という600ページを超す分厚い本を、ぱらぱらと
めくる。紀元前2000年から最近に至るまで、古今東西にわたる戦争や争乱、内戦の
「総目録」といった趣である。

 中には、聖戦も正義の戦いも、あったのかもしれない。だが、殺戮(さつりく)に
違いはあるまい。よくもまあ、人類は性懲りなく蛮行を重ねてきたものか。いずれ、
あの同時多発テロに対抗する「新しい戦争」が、そこに書き加えられるのだろう。

 戦争の最大の被害者は、いつの世も社会の底辺を支える庶民だ。藤木久志・
帝京大教授の『雑兵たちの戦場』(朝日新聞社)には放火、苅田(かりた)
(田畑の作物を荒らす)、乱取り(人や物を奪う)という「雑兵たちの作戦の三点セット」
におびえる戦国時代の農民の過酷な姿が生々しい。

 そして、乱暴狼藉(ろうぜき)や略奪に走る雑兵たちの多くもまた、強引に徴用
され、あるいは飢えに耐えかねて村を捨て、戦場に一時の稼ぎの場を求める農民
たちだった。弱者が弱者を襲う。かくれもない戦争の一面の真実だろう。

 戦乱にくまどられてきた歴史の故なのかどうか。日本語には、合戦や戦争に
まつわる言葉が随分と多いように思う。「陣中見舞い」「一騎打ち」「白兵戦」
「矢面に立つ」「槍玉(やりだま)にあげる」「軍配をあげる」「鎬(しのぎ)を削る」
などなど。

 争いごととは縁が深い選挙や政治の世界で、よく耳にする。メディアの業界用語
にも、例えば「夜討ち朝駆け」「抜け駆け」「遊軍」。目くじらをたてることはないの
かもしれないが、戦争用語はあまり多用したくないものだ。


89 :文責・名無しさん:02/08/12 08:23 ID:MIcIffOi

ここまでの感想。

これ、新聞の一面に掲載してもいいものなのか?

90 :駄文祭り:02/08/12 08:26 ID:ROuSwUM6
2001年11月28日 ■天声人語■

 ずっと気になっている。沖縄のことだ。アメリカでの同時多発テロの影響を
直接被っているところだ。観光客が減った。とりわけ修学旅行が激減したという。
少々寂しい事態だ。

 国土交通省によると、11月中旬までに沖縄への修学旅行のキャンセルは
17万人を超えた。昨年に比べると半減することになる。同省などでは28日から
学校関係者を沖縄に招いて視察してもらうが、回復につながるかどうか。

 旅行会社の調べでは、行き先を変更した学校が大半で、変更先は東京、大阪周辺
がけっこう多い。かなりの部分がディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン
に流れたのではないかと見られる。米軍基地を敬遠して米国産テーマパークへ
向かう。考えてみれば皮肉な光景である。

 沖縄タイムスのコラム筆者が書いている。「形を変えた沖縄切り捨てに似ている」
「『基地の中にあるオキナワ』は戦後日本の一つの歩みだ。それを学習するのが
修学旅行のはず」。回避する気持ちもわからないではないが、と言いつつ、
それを沖縄理解の中でどう位置づけたかを問う。そして「今ほど沖縄の実情を学ぶ
いい機会はない」と。

 悩みながら中止を決めたところが多いとは思うが、予定通り沖縄へ行った高校の
教師からのこんな声に共感を覚える。「この状況下で行ったからこそ、ガマ
(洞窟(どうくつ))の暗やみや『平和の礎(いしじ)』も過去の遺物としてではなく、
現在も続く戦争の悲惨さを実感させるものとして心に残ったと思う」

 自戒をこめつつだが、「沖縄」を回避してはいけないと思う。


91 :  :02/08/12 08:28 ID:mEItB6ks
反共和国的な番組がテレビで流れた場合、総連では、徹底的な抗議攻勢を
している。関係者、友好連帯組織のすべての関係者にテレビ局へ
抗議電話を一斉にかけるように仕向けている。
電話をパンク寸前に追い込み、「傷つけられた」
「不愉快だ」「日本は昔こんなに悪いことをした」「関東大震災のデマで殺された」
「罪の意識はないのか」「謝罪せよ」「訂正せよ」と続けて抗議する。
新聞社の場合は、集団で抗議におしかけ、総連傘下職員を総動員して、同時多発的
ゲリラ戦法 で圧力をかけて、真実に基づいた共和国記事を無理矢理、
「まちがいでした」と言わせて謝罪させる。「我々は被害者だ」「謝罪せよ」。
この言葉に、日本人たちは、知識人であればあるほど、謙虚な態度になってくれる。
他の利権を漁る時にも効果的で、全国の総連本支部単位の常套手段になっ
ている。
自作自演の被害者をつくり、あたかも日本人が再びわが民族に危害を加え
たように捏造し、マスコミに報道さす。
鳥越俊太郎など、テレビでしきりに「チマチョゴリ事件の再発
防止」を訴えて反共和国番組の解説をしているが、正真正銘のバカと笑われている。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/sonota.htm
チマチョゴリ事件は我々の自作自演だ
http://www.hehehe.net/library/D-00035.TXT



92 :駄文祭り:02/08/12 08:34 ID:ROuSwUM6
2001年11月 6日 ■天声人語■

 あたりそこねの球が遊撃手の後方に上がり、左翼手の前にぽとりと落ちた。
あっけない最後だった。米大リーグのワールドシリーズ最終戦、ダイヤモンドバックス
の逆転優勝である。

 アメリカ国内の優勝決定戦なのに、世界戦つまりワールドシリーズとは僣越
(せんえつ)だ。いくら野球の母国とはいえ、図々(ずうずう)しすぎる。以前は
そんなことも思ったが、去年アメリカにしばらく滞在していて、なるほどと思った
ことがある。

 シドニー五輪をテレビで見ていてのことだ。実況中継ではなく、たいていは
編集された放送だった。そこに流れる国歌はほとんどが米国歌だ。優勝した選手を
紹介するときには、必ず「アリゾナ州出身」など出身地を言う。

 そうか、アメリカが世界で、そのなかにアリゾナという国があったり、テネシー
という国があったりするのだ。見ているうちにだんだんそう思えてくる。そして実際、
この国の人の実感はそうなのではないかと皮肉もこめて思うようになった。

 話がそれてしまった。そのワールドシリーズだが、今年は見どころが多かった。
とくに4、5戦でのヤンキースの逆転勝ちには驚かされた。9回2死からの同点劇
そして延長でのサヨナラ。

 「野球は2死から」とか「最後までわからない」などとよくいわれるが、普通は
言葉だけだ。めったにあることではない。ファンは願ってはいても、どこかで
あきらめている。それが2度の「奇跡」である。

 きのうの幕切れも、最強の抑えリベラ投手が崩れていくさまが何とも劇的だった。
強者が負けるときはこうなのか、と。


93 :文責・名無しさん:02/08/12 08:34 ID:q/C/F8zh
しかし、ほんとに駄文ばかりだな。
狙ってかけないよ。こんなの。

94 :駄文祭り:02/08/12 08:41 ID:ROuSwUM6
2001年10月30日 ■天声人語■

 イチロー選手に国民栄誉賞を、という話を聞いたとき、たいへん違和感を覚えた。
彼は日の丸を背負ってプレーしたわけではない。大リーグの一選手としてプレーし、
素晴らしい成績を残した。あたかも日本代表であるかのように、私たちが勝手に
拍手をしただけだ。

 彼が辞退した、と聞いてほっとした。大リーグ生活はこれからだ。来年はもっと
たいへんだろう。静かに応援したい。それにしても政府の「軽挙」ぶりが際立った。
「勝手読みと読み誤り」にはがっかりさせられる。

 こんどのテロ対策特措法でもそうだ。「勝手読みと読み誤り」の積み重ねでは
なかったか。この事態と時点で日本にとって何が重要か。その優先順位感覚が
狂ってはいないか。

 先日も、ある非政府組織(NGO)の代表が「困った」を連発するのを聞いた。
この法律ができて自衛隊が派遣されると、アフガニスタン周辺での難民支援が
やりにくくなるという。外から見れば、米国への軍事的加担以外の何物でもないからだ。

 その米国は誤爆を重ね、イスラム圏だけでなく、米議会にも攻撃続行に疑問の声
が出ている。ラマダン(断食月)も近づき、戦略・戦術見直しの時点に来ている。
日本の役割はひたすら米国への軍事支援を進めることではないだろう。

 法律はできてしまった。しかし法律はあくまで枠組みである。これからは政府の
状況判断と決断が日々問われる。状況しだいでは何かを「しない」決断も可能だ。
目的は、自衛隊派遣ではなく、国際的なテロの封じ込めであることを忘れてはならない。


95 :文責・名無しさん:02/08/12 08:44 ID:ijd5soDZ
>>94
これまたすごいマジカルバナナ・・・

96 :駄文祭り:02/08/12 08:48 ID:ROuSwUM6
2001年12月 6日 ■天声人語■

 史上最大の倒産といわれる。米国企業のエンロンである。その規模の大きさ
もさることながら、複雑多岐にわたる取引は、まさに現代の怪物だ。それが
突然倒れた。これまた現代の怪談といってもいいだろう。

 85年に、天然ガスのパイプラインを運営する会社として誕生した。
「世界有数の企業が100年かかったことを15年で達成した」と自賛する。
実際、ここ数年最も「革新的な企業」として注目されてきた。去年は全米7位の
企業に躍進した。

 商売の中身を聞かれると素人は少々困る。中心は電力、天然ガスの卸売りだが、
インターネット取引では1200の商品を扱っているという。たとえば天候も商品に
する。冷夏とか暖冬によって生じる需要の変動、そのリスクをデリバティブ
(金融派生商品)として売買するというのだが、すみません、説明しきれない。

 規制緩和で新しい市場ができる。そこに素早く参入する。というより、規制緩和を
獲得し、新しい市場を創設していく。そうして急成長したらしい。本社がテキサス州に
あり、同郷のブッシュ大統領一族とは親交深く、彼らへの政治献金も莫大(ばくだい)
だった。

 帳簿のごまかしがばれたりして傾き始めたら、あっという間に倒れた。
「鉄の胴に、粘土の足」と形容する英紙もあった。

 「危機管理」もエンロンの商品のひとつだった。テキサスの本社の様子を報じる
米紙は「ほとんど社員は消えたが、どの階にも(捜査に入った)警官がいる。
現実とは思えない」と語る同社の危機管理責任者の話を掲載していた。皮肉な光景だ。


97 :駄文祭り:02/08/12 08:58 ID:Moe6Amar
2001年12月31日 ■天声人語■

 このところ、ある言葉が繰り返し頭のなかに浮かんでくる。「取り返しがつかない!」
という言葉だ。作家の大江健三郎さんが子ども向けに書いた『「自分の木」の下で』
(朝日新聞社)に出てくる。

 「私が子供の時、なにより恐ろしかった言葉はなんだろうか?」と自問する大江さん
が思い出す。父が突然亡くなった日の深夜、遺体の横で母親が怒っているような
強い声で何度もいっている。「取り返しがつかない!」。廊下で聞いていた大江さん
は恐(こわ)くなって蒲団(ふとん)に戻った。

 大江さんは「子供の自殺」について語ろうとした。「子供にとって、もう取り返しが
つかない、ということはない。いつも、なんとか取り返すことができる」。これは人間の
世界の「原則」なのだ、と。だから、自分を殺してはいけない、他人を殺してはいけない。

 大江さんの願いにもかかわらず、世界のあちこちから母親たちの
「取り返しがつかない!」の悲痛な声が聞こえてくる一年だった。えひめ丸の事故が
あった。明石市の歩道橋の事故に付属池田小の殺傷事件、中東では自爆テロと
その報復が続き、9月11日の同時多発テロである。

 大人たちの任務は、どうしてあんなことが起きたのか、あるいは起き続けるのか、
原因を突き止めること、そして二度と起きない手だてを考えることだろう。それは
わかる。しかし同時に、大人たちも皆、大江さんの言う素朴な「原則」に立ち返るほか
ない、との気持ちが強まる。

 「取り返しがつかない!」。この恐ろしい発語を、世界から少しでも少なくするために。


98 :駄文祭り:02/08/12 09:04 ID:Moe6Amar
2002年1月24日 ■天声人語■

 想像するだけでも異様な光景だ。13・8トンもの牛肉の詰め替え作業をする。
663箱分にあたるという。上司の命令だったのだろうが、休日に動員された
社員はどんな気持ちで作業をしたのだろうか。雪印食品の牛肉すりかえ事件である。

 この事件で、何ともいえない暗い気持ちにさせられるのは、いくつか嫌なことが
重なっているからだ。まず親会社の雪印乳業の食中毒事件があった。雪印という
ブランドに大きな傷がついたあの事件から1年ちょっとしかたっていない時期である。
雪印グループとしては名誉回復に向けての重要な過程にあったはずだが、
そのことは頭になかったのだろうか。

 また、狂牛病発生という危機を悪用しようとした。業界にとっても、あの危機を
どう乗り切るか、極めて深刻な時期だったはずだ。それに便乗どころか悪用とは。
しかも結局は税金でもって賄われる「買い取り制」の悪用である。

 そうしたことに加えて、もうひとつ暗然たる気持ちにさせられることがある。
生産者や消費者への思いがまったく感じられないことだ。両者をつなぐ食品会社
として、どちらとのつながりも大事なはずだが、それが感じられない。

 オーストラリアからはるばる送られてきた牛肉を国産牛と偽り、結局は廃棄の
対象にする。牛を育てた酪農家だったら、身を切られるような思いで焼却処分に
向けるのではないか。

 消費者からすれば、そんなごまかしをする食品会社を信用する気にはなれない。
「モー我慢できない」。牛にしてもそんな気持ちになるのではないか。


99 :文責・名無しさん:02/08/12 09:06 ID:XBECd5fk
>>98
出たw
天人屈指の駄文w

100 :駄文祭り:02/08/12 09:09 ID:Moe6Amar
2002年2月 2日 ■天声人語■

 E・プレスリーの歌が流れる。会場は一瞬静まり、小さな舞台に上がった車いすの
大野一雄さんを注視する。大野さんはよろけるように車いすから立ち上がり、
壁を伝い、いすに移動する。その間も手は動き、踊る。

 31日の朝日舞台芸術賞の贈呈式後のパーティー会場でのことだ。特別賞を
受賞した95歳の大野さんの舞踊をあの場で見られるとは思わなかった。それだけ
ではない。途中から、寺山修司賞の異能の振り付け・舞踊家の伊藤キムさんが
低い姿勢で舞台に上がった。

 もがくように踊る大野さんに手を差し伸べ、抱きかかえるようなしぐさで踊る。曲は
「好きにならずにいられない」だ。プレスリーが「私の手を取って、私の命もろとも」と
歌う。まさにその瞬間、大野さんから伊藤さんに何かが手渡された、そんな感動が走った。

 あとで、歌舞伎俳優中村勘九郎さんが「私も一緒に踊りたかった」と語っていた。
勘九郎さんはグランプリと舞台芸術賞の二重受賞で、彼のために歌舞伎を
作・演出した野田秀樹さんとともに、当夜の主役だった。

 昔、作家の埴谷雄高さんが「精神のリレー」ということを語ったことがある。
この夜は「肉体のリレー」ということを考えさせられた。伝統演劇から前衛舞踊まで
いろいろな分野の人たちの集まりだ。皆肉体を通じて語りあい、影響しあっている
のだと実感した。

 演出家の栗山民也さんは、J・L・ゴダール監督の「映画史」に出てくる言葉
「命がけの美」について語った。その「命がけの美」に体を張っている人たち
との一夜だった。


101 :駄文祭り:02/08/12 09:14 ID:Moe6Amar
2001年6月24日 ■天声人語■

 チャンネルを回しても回しても食べ物の番組ばかりということがある。
何と食べることの好きな人たち、あるいは食べるのを見ることが好きな人たち
なのか。日本のテレビ番組の一大特徴だろう。

 さすがに趣向を凝らした番組もあって、海外へ輸出もされている。ただし、まったく
趣向を凝らしていない部分もある。試食のときのせりふ、味の表現である。
「意外に歯ごたえがある」「意外にさっぱりしている」などと「意外」を連発するか、
せいぜい「潮の香りがします」程度だ。

 日本語にはもう少しましな言い方があるだろうに、と手元の本を繰ってみる。
たとえば自他ともに認める食通の北大路魯山人(1883〜1959)はどうか。
やや意外だった。ひたすら「美味」で押しまくっている。
多く「美味(びみ)、美味(おい)しい、美味(うま)い」を使い分けるばかりだ。
大先生というのは、うまいかまずいか、を言うだけでいいということなのか。

 濃厚な描写というのもある。最近ではこんな描写に出合った。
「きわだって照りのある、暗色の肉入りシチューをかけたサフラン・ライス」に
ついてで、その味を「一種暗い戦慄(せんりつ)に満ちていて、偉大なる低音の
基調があり、……」と描写していく。

 映画で話題になった『ハンニバル』(新潮文庫)の一節、といえばおわかりだろうか。
ここは、異常なるカニバリズム(人肉食)をめぐる小説、と言うにとどめておこう。

 失礼、口直しです。やはり和食の淡泊さがいい。描写も、簡潔がいい。
魯山人の言う「新鮮に勝る美味なし」。この一言に尽きる和食だ。


102 :駄文祭り:02/08/12 09:18 ID:Moe6Amar
2002年2月20日 ■天声人語■
 ブッシュ大統領が国会演説で福沢諭吉にふれたので、『福翁自伝』を開いてみた。
幕末に英語を学ぶたいへんさがよくわかる。

 江戸中でだれか英語のできる人はいないか尋ね、ある人物にたどり着いた。
忙しいといってなかなか相手にしてもらえなかったが、2、3カ月通った。その彼も
少し発音を知っている程度で、徒労だった。辞書も手に入らないところからの
学習だった。

 ブッシュ大統領が言及した福沢の訳語「競争」では「笑い話」が残っている。
幕末、経済書の邦訳を頼まれた。そのとき「コンペチションと云う原語に出遭い、
色々考えた末、競争と云う訳字を造り出し」幕府の担当者に見せた。争いとは
穏やかでない。どんなことか、と聞かれて、「商売世界」の競争について説明した。

 「西洋の流儀はキツイものだね」と要人。その上で「何分ドウモ争いと云う文字が
穏やかならぬ。是れではドウモ御老中方へ御覧に入れることが出来ない」と言うの
であきれてしまったが、競争の文字だけ黒塗りにつぶして渡したという。
「お上」の驚くべき頑迷さである。

 夏目漱石あたりになると普通の言葉になったようで『吾輩は猫である』でも「猫」が
何か運動をしようか、という段で「鰹節競(かつぶしきやう)争(さう)、
鮭探(しやけさが)し」などとつぶやいている。

 ブッシュ大統領は演説で新渡戸稲造にも言及したのだから、漱石にも触れれば
よかった。福沢、新渡戸、漱石とくればそろい踏みになる。もちろん日本のお札の
顔である。日本経済への、円への関心の強さをそっと忍ばせるしゃれた判じ物になった


103 :駄文祭り:02/08/12 09:24 ID:Moe6Amar
2002年3月12日 ■天声人語■

 それほど劇的だったという意味ではまったくなく、むしろ逆だったが、シェークスピア
の戯曲「ジュリアス・シーザー」を思い浮かべてしまった。鈴木宗男代議士の
証人喚問である。

 シーザーを暗殺したブルータスを、アントニーはまず「高潔な人物」「公明正大の士」
とたたえた。しかし「だが、だが」を連発してその逆であること、謀反人であることを
「証明」していく。あの有名な演説を借用したくなった。「愛国の士、鈴木氏」そして
「諸君も知るとおり、鈴木氏は善意の人だ」と。

 以下の展開はこうか。「鈴木氏が利権あさりなどということはとても考えられない。
北方領土への関心も、ひたすら愛国の志から発したわけで、私心のかけらもない
はずだ。『ムネオハウス』などと言われるのも心外だろう。謙虚な鈴木氏のことだ。
自分の名前を表に出すことさえ拒んだに違いない」。

 「入札への要請も、高邁(こうまい)な政策的判断からだったのだろう。結果的に
一社しか残らない入札は、情熱的な地元愛の結実ではないか。業者からの
政治献金も、氏の高い志への善意の献金であり、見返りなどというのはとんでもない」。

 「善意の人、鈴木氏である。海外送金の仕方もよく知らないとおっしゃる。
一国の大統領と会ったかどうかの記憶も定かでない人だ。私設秘書の身分や
言動まではとても目が届くまい」。

 アントニーはブルータス追い落としに成功した。私たちの目的は「追い落とし」では
ない。まずは真相を明らかにすることだ。証人喚問は、そのための一段階にすぎない。


104 :文責・名無しさん:02/08/12 09:26 ID:2TCrd2k0
>>101

>日本語にはもう少しましな言い方があるだろうに

・・・・。

105 :駄文祭り:02/08/12 09:29 ID:Moe6Amar
2002年3月 5日 ■天声人語■


 5日前にこの欄で取り上げたばかりの武富士弘前支店の強盗放火殺人事件が
急展開した。近くに住む43歳の容疑者が逮捕された。

 先日の本欄の趣旨を再述すれば、青森県警がコンピューター・グラフィックスで
つくった精巧な似顔絵が、あまりに精巧なために「排除」の方向に働いて、通報を
ためらわせることもありうるのではないかということだった。

 逮捕後に新聞に出た顔写真を見ると、たしかに似顔絵とよく似ている。顔の輪郭や
髪形、口元はそっくりといってもいいだろう。ただ鼻や目元はうーんという感じだ。
全体でどうかと言われると即答できない。

 この似顔絵に対して約2千件の情報が提供された。しかし県警によると、逮捕
された容疑者はそのリストの中には入っていなかったという。似てはいるがまさか
といったことがあったのかもしれない。有力な手がかりとなったのは、事件直後に
現場を走り去った車の車種だった。

 複数の目撃証言が軽ワゴン車「スバル・サンバーディアス・クラシック」と名指し
したという。車好きの知人によると、外見に特徴のある車だそうだ。しかし、自動車に
興味のない門外漢からすれば、一見しただけでよくわかるものだと感心する。
顔ではなく車が端緒になったというのも不思議な気がする。

 県警は車種から網を絞り込み、10カ月がかりで逮捕にこぎ着けた。雪深い津軽で
ひと冬を越す捜査は大変な苦労だったろう。亡くなった5人の命が帰ってくることは
ないが、容疑者の逮捕が遺族の方々にとって一つの慰めとなることを祈りたい。


106 :駄文祭り:02/08/12 09:36 ID:Moe6Amar
2002年3月18日 ■天声人語■ 

 容疑者を逮捕してから、なぞがどんどんふくらむ事件というのも珍しい。北九州市の
事件だが、推理小説でいうと、最初から犯人がわかっている「倒叙もの」ふうに
展開する。

 17歳の少女を監禁し傷害を与えた容疑で男女2人が逮捕されたのが7日の
ことだった。少女がペンチを渡され「自分の足のつめをはげ」と強制されたなどの話に
「何だか嫌な事件だ」と思ったのが最初だ。

 男女が黙秘を続けて名前もわからない状態が続いた。少女や周辺の証言から、
いろいろな名前を使い分けていたことは確かだ。そのうち双子を含む4人の男の子を
「育てていた」こともわかった。双子の母親も判明した。

 やがて容疑者の身元もわかり、徐々に事実がわかってくると同時に「なぜ?」も
ふえていく。そんななかで弁護人が、男女の「職業」を「夜逃げ屋」と紹介したことで、
少しなぞが解けたような気がした。

 借金を返せなくなって夜逃げを図る人の手助けをする仕事だ。10年ほど前
「夜逃げ屋本舗」という喜劇仕立ての映画ができ、テレビドラマにもなった。
「夜逃げ」自体は「平治物語」にも出てくる古い言葉だが、その手助けが職業に
なるとは思わなかった。容疑者の男女をめぐっては「かくまい屋」や「整理屋」という
「職業」名も登場する。

 少女の父親はどうなったか、などまだなぞは多い。犯罪は社会を映す鏡とは
よくいわれるが、映し方はいろいろだ。この事件は、奇妙な人間関係と裏社会の
金銭関係とがからむ事件の様相を呈してきたが、果たしてどうか。
妙に気になっている。


107 :駄文祭り:02/08/12 09:41 ID:Moe6Amar
2002年3月24日 ■天声人語■

 先日、自分で起きあがるロボットのことが話題になった。確かにテレビで見て
いると、ゆっくりと起きあがる。動きはぎこちない。それで思ったのだが、倒れて
起きあがるという行為はたいへん難しいということだ。

 いかに倒れないようにするか。ロボットも普通はそう考えてつくられるのだろう。
倒れて起きあがることができるロボットは、より「進化」したロボットということだろう。
考えてみると、人類が直立歩行するようになったのは、そして倒れても起きあがる
ことを習得したのは、たいへんなできごとだったのだ。

 思い浮かべるのは、カフカの小説『変身』だ。起きあがる難しさを克明に描いて
いる。不安な夢から目覚めると、虫に変身していたグレーゴル・ザムザが苦しむ。
背中にはどうやら甲羅のようなものがあるらしい。仰向けになっているから起き
あがるのは容易でない。

 セールスマンの彼は、自分の姿が変わってしまっていることを理解しながら、遅刻
はできないとあせる。もがいてもがいて、結局ベッドから転げ落ちて足を床に置くこと
ができた。

 さまざまな読み方がされてきた小説だが、肉体の不思議ということについても
考えさせられる。2本足で立って歩く。このふだん気にもとめないことが、ほとんど
奇跡のように思えてくる。体の不自由な人のたいへんさにも思いがいく。

 「春眠暁を覚えず」のこのごろ、グレーゴル・ザムザのことを思って、はっと目が
覚めるときがある。ぐずぐずとだが起きあがって、でも起きあがることができたと、
ほっとする。


108 :駄文祭り:02/08/12 09:46 ID:Moe6Amar
2002年5月17日■天声人語■

 反乱に決起した軍の真っただ中で落語をやる。亡くなった柳家小さん師匠の
有名な体験だ。二・二六事件でのことで、たまたま命令で反乱軍に組み入れられた。
そのとき兵を元気づけようとした上官の命令で「子ほめ」をやった。
「クスリともこやァしない。それはそうでしょう」。

 そのころを振り返って「笑っていけない、怒っていけない、おもしろい顔をしてちゃァ
いけない――実に、軍隊というところは、くだらないところです」
と語っている(『五代目小さんの昔ばなし』冬青社)。

 その師匠がテレビ時代の客には「このごろの客はよく笑う。……笑いすぎるよ」
と言い「近ごろの若い噺家(はなしか)は、客があまり笑わないと心配で心配で
しょうがない。焦ってくるっていうんだ」としばしば苦言を呈した。芸で笑わせる。
クスリでいいんだ、と。

 昔の寄席には、気むずかしい顔をした常連がいた。笑ってやるものかと思って
いるような客である。そういう客がクスリとすると、これがうれしい。よくそう語って
いた。何しろ五代目志ん生、八代目文楽、六代目円生ら昭和の名人たちと競って
きた人である。

 評論家の戸板康二さんが「噺家の顔として、小さんは理想的なところまで到達した
ようである」と書いたことがある。芸はもちろん、表情やしぐさには他の人にまねの
できない味があった。
 
 「芸の道化けろばけろで五十年」。芸歴50年のときそう色紙に書いた。
「化ける」はもちろん「上達」の意味だが、タヌキ好きで知られる師匠らしい。
師匠、もう化けちゃあいけませんよ。


109 :駄文祭り:02/08/12 09:51 ID:Moe6Amar
2002年4月1日■天声人語■

 「気のきいたエンディングは用意してあるかね」。先日死去した映画監督ビリー・
ワイルダー氏の言葉だが、状況はともかくあの人にこう言われると普通は青くなる
だろう。何しろ終わり方の達人だったから。

 「お熱いのがお好き」(59年)では、最後のせりふでぎりぎりまで悩んだ。女装した
J・レモンと、「彼」に結婚を申し込んだ富豪との船上での会話だ。

 操縦しながら富豪はうれしそうに語りかける。「彼」の方は逃げを図る。
「私には子どもができない」には「養子をとればいい」などのやりとりだ。最後は
仕方なくカツラを取って「ぼくは男だ」。しかし富豪のせりふは
「完全な人間なんていない」。語り継がれるエンディングだ。

 ワイルダー氏自身「最後」に縁のある人だ。かつてのオーストリア・ハンガリー
帝国に生まれ、帝国の最期をみとった。ベルリンに渡って、ワイマール共和国の
没落に立ち会う。そしてパリからアメリカへと亡命した。母親はアウシュビッツ収容所
で亡くなった。

 「ヨーロッパの歴史感覚と新しい出発を信じるアメリカ的信念とが結びついていた」と
形容する追悼もあった。新しいことが種々始まるきょう、改めて氏のことを考えるのも
悪くない、と思った。

 もうひとつの訃報(ふほう)をお届けしなければならない。きのうこの欄で紹介した
東京・巣鴨の耳かき職人、馬木健一さんである。取材でお会いしたときには
お元気だったのに、先月末の急死をきのう知らされた。死去後の掲載だったことを
おわびするとともに、馬木さんのご冥福をお祈りする。


110 :駄文祭り:02/08/12 09:55 ID:Moe6Amar
2001年12月17日 ■天声人語■

 大学で日本語の作文を教えている友人がいる。課題を与えて文章をつづらせ、
添削をするというごく普通のやり方だが、なかなかたいへんらしい。どういう課題を
与えるかが重要で、工夫をこらす。

 「恋人にあててラブレターを書きなさい」。だれでも思いつきそうなこの手は、まるで
だめらしい。たいてい紋切り型のつまらない文章しか出てこない。そこで考えたのが
「得意料理のつくり方」だった。

 これはいい。過不足なくわかりやすい文章を書けるかどうか、よく試される。欠点も
はっきり見える。そのなかにこんなのがあったそうだ。「マグロのネギステーキ」という
魅力的な一品だったが「まずマグロを四等分に切る」とあった。

 あのマグロをねえ。せめてサバだったら四等分できるかもしれないが、マグロと
なるとノコギリを用意しなければならないだろう。学生は巨大なマグロを見たことが
ないのか、あるいはマグロのサクのことしか頭になかったのか。

 振り返ってみると、確かに普通の学校教育で実用的な文章を書く訓練をほとんど
受けてこなかった。いまはどうか知らないが、昔の作文の授業といえば「感じたことを
そのまま書きなさい」だった。しかし感じたことを言葉にするのはいかにたいへんか。

 友人は、ほかに「始末書の書き方」も教えたそうだ。これは、あまり習熟するのも
どうかと思うが。それよりマニュアルといわれる操作の手引の書き方を教えたら
どうだろうか。あの日本語を解読するのはいつも一苦労だ。こちらの習熟は会社で
重宝されるだろう。


111 :駄文祭り:02/08/12 09:59 ID:Moe6Amar
2002年4月12日 ■天声人語■


 思い立って東京タワーに上ってみた。東京に暮らしていて、毎日のように
あのタワーを見ていても上ったことがない。そんな人が意外に多いと思うが、
筆者もその一人だった。東京はけっこう緑が多い。大阪に比べるとずいぶん多い。
友人とそんな話をしていて、ではあそこから眺めてみよう、とその気になった。

 自慢にはならないが、塔というものにはあまり上ったことがない。米国のラスベガス
で偽のエッフェル塔に上ったが、これはあの町そのものより、砂漠のなかの人工都市
の景観、とりわけ遠景の砂漠を見たいと思ったからだった。

 ほかには、上海で、建設中のテレビ塔に途中まで上ったくらいのものだ。急激に
変わっていくあの町のかたちを記憶にとどめておこうと思った。東京タワーの方には、
それほど関心がなかった。

 展望台に着いてまず目に入るのは皇居の緑だ。そして浜離宮の庭園と足元の
芝公園で、西には神宮の森と新宿御苑が連なる。その向こうには真っ白な富士山が
見えた。しかし、意外に緑が少ない。東京湾は別にして、意外に水も少ない。そう思った。

 東京タワーの開業は、即席ラーメンが発売され、巨人の長嶋茂雄が新人王を
獲得し、1万円札が発行された58年のことだった。当初は、修学旅行生にも
東京名所の人気1位だった。これまでに約1億3800万人が上った。

 大阪の通天閣のことが気になってきた。高さは東京タワーの約3分の1で、
56年に再建されてからの来場者は、2700万人余だという。こんどは、
あそこに上ってみようか。


112 :駄文祭り:02/08/12 10:05 ID:Moe6Amar
2002年7月9日■天声人語■

 声なき会話の時代であるようだ。電車に乗って目にとまるのは、鏡を手に化粧を
している若い人たちと携帯電話を手にメールを打ち込んでいる人たちだ。前者は
いわば自己との対話といえようか。後者はもちろん他者との会話だろう。

 こんなことを想像してしまう。友だちと喫茶店に入る。まず携帯電話を取り出す。
「何ニシヨウカ」「紅茶。冷タイノ」。向きあっての無言の会話だ。ひょっとしたら
お見合いの席でもそんなことになるかもしれない。

 この欄について読者からいただくお便りで、ごく一部だが最近ちょっと気になる
傾向がある。ある一文や一節だけに注目して全体の趣旨とは関係なく
その部分だけの感想や意見を記す。そんな傾向が少し強まっているような気がする。

 推測するに、電子メールを含めたインターネット文化のせいではないだろうか。
必要な部分と不要な部分とを素早く仕分ける。好きなところや嫌いなところに敏感に
反応する。文章全体ではなく、断片に反応しやすくなっている。活字世代の
思い過ごしだろうか。

 高速バスの運転手が飲酒運転をした事件で、乗り合わせた乗客の女子学生が
母親と携帯電話でメールのやりとりをしていたという。連絡手段としてとっさにメールを
思い浮かべる。そして簡潔、的確に状況を伝える。そんな時代なのだと改めて思った。

 メール世代を眺めながら、会話の絶対量は活字世代よりも増大しているかも
しれないと思う。しかし、黙々と会話をし、つながりを求める姿に、かつての孤独とは
違うあいまいな孤独を感じる。


113 :駄文祭り:02/08/12 10:06 ID:Moe6Amar
2002年7月19日 ■天声人語■

 昔はこんなに水を飲んだだろうか、と思うときがある。ペットボトルの水のおかげで
ある。あれを持ち歩く習慣がついてしまった。水事情が良くない海外を旅行したとき
からの習慣かもしれない。水が手元にないとつい不安になる。

 手元にあると無意識のように口をつけてしまう。本格的な渇きを感じる前に飲んで
しまう。水の存在が疑似的な渇きを招いているのではないか、と反省するときも
ある。欲求があって何かを欲しがるのではなく、何かが目の前にあるから欲求が
生まれる。

 水ではなくお茶の人もいるだろうし、あるいはスナック菓子の人もいるだろう。
そうした飲食物だったらまだいい。しかし、もっと別の物で同じ心理が生じると
すると……と考えて不安を覚えることがある。たとえば武器である。

 昔の武士は試し切りというのをしたらしい。いい刀を手に入れると使ってみたく
なる。わら人形相手ではつまらない。そういって実際に人間を相手に試し切りをした
という。そこまでさかのぼらなくても、最近の戦争でも似たようなことがあったという
話はよく聞く。殺傷の欲望を、手にした武器が促す。

 究極の武器といえば核兵器に行き着く。インドとパキスタンとの緊張がまた
高まっている。核保有国の両者が自制できるかどうか。ペットボトルの水をにらみ
ながら核戦争の恐怖におびえる。あまりに極端な連想かもしれないが、人間の
欲望と自制との関係という点では、同じだ。

 ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。気をつけないと、みるみる深みにはまる。


114 :駄文祭り:02/08/12 10:07 ID:Moe6Amar


   ★タミー小池限定★天声人語・駄文祭り〜2002夏〜

             ★終了★




115 :文責・名無しさん:02/08/12 10:08 ID:Moe6Amar
ちょっと、テンコ盛りになってしまいますた。
あー、もう天声人語、見るのも嫌っす。
しばらく、天声断ちします。では。     俺節


116 :文責・名無しさん:02/08/12 10:09 ID:by6cEUNI
>>115
お疲れ様です。
ごゆっくりお休みを。

117 :文責・名無しさん:02/08/12 11:26 ID:VZC3RnJ3
駄文祭り乗り遅れ。・゚・(ノД`)・゚・。

あのですね、自分の誕生日の天人が強烈な電波だと
妙に感慨深いというか、へこむというか、なんだかよく分からない
奇妙な感覚に襲われたりしないっすか?

私の場合おおつごもりに生まれたので、大体どの新聞社も
今年のまとめについてのコラムなのですが、天人は
>>97のような文章を書くのかぁ……となんだか(゚Д゚)ポカーソな気分になったです。

みなさんはどーなんでしょうか?

118 :役にたたねえ世代だな:02/08/12 11:49 ID:qnBfVNIY
>>22
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 活字世代は、文章の重要なところと、そうでないところを区別できないのか?

119 :文責・名無しさん:02/08/12 12:09 ID:VZC3RnJ3
>>118
というか書いた天人もどこがどう重要なのかを説明できるのかなぁ・・・・・?
シンデレラUSJ日ハム真紀子ではワケワカランではないの?

120 :朝日太郎:02/08/12 14:04 ID:UQ7htB7m
超亀レス参上です。

真紀子ネタで比較できたのは天人にとってイタかったというか
天人素人にも、天人が“アレ”なのがよくわかってしまうでしょう。

なぜ、この人は、こういうことを書いたのだろう。
と、普通にわれわれは感じるわけです。
それは比較して読むことで容易にできます。

私が天人なら、あえて真紀子ねたは触れません。
もっとも、私の場合、ほかよりも程度の低い文書を書いてお金をもらう事に恥ずかしさを感じるからです。
天人はどうなんでしょうね。

P.S.
天人だけ、真紀子がマスコミによって作った虚像である点を言及してない。
天人には、客観性というか、普通に考えて気づくことに気づかないというか。

121 :朝日太郎:02/08/12 14:06 ID:UQ7htB7m
>>26 +A/RJ0J6
>元々の物語、つまりリス皮の靴の前はサンダル(?)だったらしい。

これは「vair リス毛皮」を「verre ガラス」と誤訳した説で、一応定説です
ただわたしが聞いたところでは、うさぎの皮だったような。澁澤龍彦訳のシンデレラはどうだったっけ?
ただ、グリムでは金の靴、金色の靴か黄金の靴かは不明(重たそう、、、)
ほかにも絹と銀の刺繍がされた靴説を聞いたことがあります。

さて靴は横においておいて、シンデレラをマジ刈るバナナをしても、私の脳では天人の様にはつなげられません。
オリジナルはフランスのお話で、しかも足フェチの話
だって、そうでしょう?
王子様は一緒に踊って気に入ったんだから、人相で探せばいいのに置いていった靴に合う足の人を探したわけです。
つまり小さい足がすきな足フェチのお話です。これは中国の纏足(てんそく)もおなじ。

フランスからイタリアへこの話が伝わると、王子がシンデレラに恋焦がれて
「足元がこんなに美しいのならその上はどんなにか素晴らしいことだろう。」
「私がこの靴を抱き、この腕に包み込もう」
「靴よ、おまえは白く美しい足を閉じ込める箱だった」
とはっきり足フェチが前面に出されています。
天人は真紀子みたいな頭の悪い、でも吼えながら自分に酔う、裸の女王様に足で踏み踏みイジメをしてほしい、マゾッホなんでしょうかね。

122 :朝日太郎:02/08/12 14:08 ID:UQ7htB7m
やはりシンデレラの引用は唐突です。
シンデレラは有名だけあって、
『王家に取り入ったら幸せ』という階級闘争の象徴にひっぱりだされたり、
『王子に気に入られる女性の姿は性の商品化』と、フェミニズム闘争の象徴にひっぱりだされたり
ほかにも、いわゆる“シンデレラストーリー”とか、いろいろな引き合いに使われ、
好き勝手な解釈が存在しています。
天人は、シンデレラを出したのだから「これからこういうことを感じるのだが」
を入れるべき。
輝きを例にだすのにシンデレラではいかがなものか。
ほら、誰かも言いこといってるじゃないですか。
『文章全体ではなく、断片に反応しやすくなっている。』
って、天人も見習わないと。
引用したら、その引用元に興味を持ち、引用した人はどう考えて引用したんだろうかって
普通の義務教育を終えた学力があれば考えるんだから。

それに断片だけ反応して引っ張ってきて貼り付ける天人の書き方は、はっきり言って面白くない。コラムになっていない。

でも、だれでしたっけ。『文章全体ではなく、断片に反応しやすくなっている。』
っていいこといったのは?

123 :朝日太郎:02/08/12 14:13 ID:UQ7htB7m
↑自己つっこみ。
『文章全体ではなく、断片に反応しやすくなっている。』
って言ったのは天人でした。
ttp://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025700125/120n
俺節 殿紹介でした。

とにかく、なぜ、シンデレラなのだろう。
>前外相をシンデレラにたとえるのは無理にしても
>もっと踏み込んだ説明がほしいところだ。

124 :文責・名無しさん:02/08/12 19:10 ID:tmbcivsd
>>71-114
おつかれー
でも、正直ここまで意味のない文章を読まされるのはかなり苦痛であります!

125 :文責・名無しさん:02/08/12 19:22 ID:qIfHtyDm
小池氏擁護スレ

なぜ小池さんを陥れようとするんですか?
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1027689768/l50

126 :文責・名無しさん:02/08/12 19:31 ID:VlSgY6WQ
駄文祭りの感想としては”天声人語=You suck!”としかいいようがない・・・

127 :文責・名無しさん:02/08/13 00:26 ID:dPhvGcVD
率直なところ、入社試験の作文でこのレベルだと、果たして
通るかな、って思われるのがいくつもあるね。




128 :文責・名無しさん:02/08/13 00:48 ID:9crgrTR9
スンマセン、駄文祭りを知らなくて、ネタが乱立しているのだと
思い込んで読んでました。

「おいおいみんな天神ネタうめーなー」って(w

129 :文責・名無しさん:02/08/13 06:33 ID:wAY/fJPW
懐かしいふるさとの山や川や海に再会して、ゆったりと時間を過ごしている方も多いことだろう。
そのふるさとを漢字1字で表現するとどうなるか。住友生命がアンケートをした。
「山」が1位で「海」が2位、3位が「母」だった。

地域による特色もある。京都では「寺」、新潟は「米」、滋賀は「湖」が1位だった。
東京の1位は「街」である。ふるさとの変わらぬ自然ではなく、変容激しい「街」を
あげざるをえない東京の人たちである。

日本を旅行中の米国人から便りをいただいたことがある。
しばらく京都に暮らして日本の美しさを満喫したという人だった。
橋に関心があるらしく、日本各地の橋を見て歩いたそうだ。
東京では日本橋に期待していた。しかし、「正直にいえば醜かった」。
あの最も有名で伝統ある橋がなぜ?と。

日本橋の景観ががらりと変わったのは、東京五輪前の高速道路建設からだろう。
63年に首都高速が橋の上を通り、文字通り日陰の橋になった。
浮世絵にもにぎわいを描かれた日本橋にいまや昔日の面影はない。

そもそも日本橋付近は街の変わりようが激しかった。昭和初期に作家の田山花袋が
「江戸時代はおろか明治時代の面影をもそこにはっきりと思い浮かべることは困難だ」と記す。
江戸の中心として栄え、明治以後も魚河岸を抱えてにぎわったのに「どこにあの昔の活発さがあるだろう」と。

「日本橋復活」を目指す動きはある。架橋400年の来年にかけて動きはさらに活発になるだろう。
ふるさとの風景を取り戻そうという運動である。

----------
えーと、なんか尻切れな終わり方のように感じました。

130 :しかし故郷のイメージは自然を選ばねばならないと言う固定観念はどうか:02/08/13 06:47 ID:o+rVv4sY
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 確かに、せっかくの日本橋を観光資産にしないのはもったいないな。

131 :文責・名無しさん:02/08/13 06:48 ID:QBmEoVIq
>>129
この駄文は天声なの?
田山花袋とかいうくだらない駄文家が出て来るところが痛い。
「蒲団」とかいう朝日的私小説の始祖だったような。
川が出てこないのは革を連想するからか?

132 :文責・名無しさん:02/08/13 06:53 ID:wAY/fJPW
>>131
(天人にとっては)そのようです。
#いつものように日付を入れるのを忘れた・・・・・・

でも、コンクリートジャングルで育った人としては
建物や街がある意味”自然”なものであって
森や海をみても郷愁を感じるはずはないんだけどなぁ・・・・・・

133 :文責・名無しさん:02/08/13 06:53 ID:s9wsjC4I
田山花袋→ユウ・ミリの系譜
うーん、自虐的だ(笑

134 :文責・名無しさん:02/08/13 06:57 ID:XwxOTV/R
きましたねーいつもの田舎礼賛系。
「変容激しい『街』をあげざるをえない東京の人たち」って、
この人東京に何か恨みでもあるんかいな。

>「日本橋復活」を目指す動きはある。架橋400年の来年にかけて
 動きはさらに活発になるだろう。
 ふるさとの風景を取り戻そうという運動である。

この結論は、話の流れから行けば日本橋周辺の高速道路を
一掃しようという運動なのかと思ってしまったのは俺だけ??

135 :文責・名無しさん:02/08/13 07:03 ID:A96TnozT
日本橋って有名だったのか?地名としてはともかく。
浮世絵で有名だが、まだあったのか?ってな感じ。



136 :文責・名無しさん:02/08/13 07:05 ID:TsGn232g
>ふるさとの風景を取り戻そうという運動である。
昭和初期で明治の面影は困難なのに、
江戸から明治にかけての日本橋の姿を「ふるさと」の姿として実感している奴は、
この世にほとんどいないだろ。
実感の無いものに「ふるさと」の姿を感じとらせようとするのは、
メディアを利用した大衆心理操作なのだろうね。

どっちにしろ、こんな不必要な公共工事は要らないと思うけど。
天人って、税金を食いものにするゼネコンの回し者だったんだね。

137 :文責・名無しさん:02/08/13 07:21 ID:p4HiWvt1
田山花袋の代表作「蒲団」あらすじ(うろ覚え)

中年作家に小説家志望?の少女?が弟子入りする。
子弟関係から男女関係へ発展?
女弟子、妾宅?から出ていく。
女弟子の残していった蒲団でスーハーしながら師匠泣く。

138 :文責・名無しさん:02/08/13 07:43 ID:XlK+Gqhi
>「日本橋復活」を目指す動きはある。

280円牛丼の吉野屋か?

139 :文責・名無しさん:02/08/13 09:55 ID:RbP/j+tc
>>136
江戸明治期に限らず、現代まで範囲を広げても、
日本橋がふるさとの人間なんて、そうはいませんよね。

日本橋の景観を取り戻そうとする運動と、住友生命の
ふるさとアンケートを2つまとめて、お手軽にコラム
に仕立て上げようとしたのがそもそもの間違い。



140 :コギャルとHな出会い:02/08/13 09:55 ID:lUs1mAhO
http://kado7.ug.to/net/


朝までから騒ぎ!!
   小中高生
 コギャル〜熟女まで
   メル友
  i/j/PC/対応

女性の子もたくさん来てね
  小中高生大歓迎です                 
全国デ−トスポット情報も有ります。
全国エステ&ネイル情報あります。

  激安携帯情報あります。

141 :文責・名無しさん:02/08/13 11:06 ID:M8wmuSl6
「築地」の景観も江戸時代か、
少なくとも大正時代に戻してくれ、
という運動をおこしましょうか。

だいたい「朝日」って、大阪が出自で、
関東大震災の時に東京地区の新聞社が壊滅状態になったのに
乗じて東京に進出してきたよそもんなんだから、
東京の景観に文句つけること自体おかしいんじゃないの?


142 :文責・名無しさん:02/08/13 11:47 ID:KHz6ExvX
「日本橋復活」で、こんなページが見つかった。
http://www.fukagawa-village.com/

マスコミへの出演や著書などもそこそこある人みたいだが、
微妙にデンパッてるような。

143 :文責・名無しさん:02/08/13 12:15 ID:laMjiBCa
>>141
>少なくとも大正時代に戻してくれ
サクラ対戦w・・・

あと、東京の日本橋と大阪の日本橋ではどちらが先に存在してたんですか?

144 :文責・名無しさん:02/08/13 14:38 ID:G1JzdMVs
相變はらずの天人子だな。
保存・復元さへすればなンでも良いのだらうか?
そンなモンはァ,眞空パックにでもして閉ぢ込めておけ。


個人的には,觀光目的にしかならないやうな,無意味な復元よりも,
キチンとした都市計画を實行して貰ひたいネヱ。

取り敢へず,天人子には『東京都市計画物語』(越澤明著)の一讀をオススメしておく。

145 :文責・名無しさん:02/08/13 21:01 ID:j0RPK4tP
勝谷誠彦の××な日々。
http://www.diary.ne.jp/user/31174/?

■2002/08/13 (火) よし日本土建屋総力結集竹島の隣に松島構築だあっ。


記者諸君紙面を作る以上は真剣にやろうよ。例えば天声人語。
ふるさとを漢字一字で表現するとどうなるかというアンケ−トの結果「山」「海」「母」の
順だったと語りはじめる。いいじゃないの。ところがここから話が迷走。オチは
東京の日本橋はコンクリ−トで味気ないと。私は花田紀凱さんに騙されて(笑)
『編集会議』のライタ−上級者コ−スで講師をやらされているがこれダメな例として
次回の教材だな。私ならベスト3に「川」が入っていないことに着目する。
だって帰省して遊ぶというと川だったでしょう。戦後の土建屋行政がいかに川を
破壊し故郷を喪失させたかを書き「そのダムの是非も問われている長野県知事選は
明後日告示である」とオトす。すみませんすみません。大朝日大コラムニストの
小池先生に意見してしまいました。


146 :文責・名無しさん:02/08/13 21:35 ID:TsGn232g
川を自然のままに留めたいのならば、その周辺に人は住むなってこと。
自然をそのままに多く残しておきたいのなら、人は都市周辺のみに住め。

自然溢れる所に人が住むということは、
ほとんど人が通らない所にアスファルトの道路を引き、
移動手段も車しかなく、排気ガスを撒き散らし、
都市並のライフスタイルで電気を消費し、その周辺の温度を上げ、生態系を破壊している。
自然の中にいれば、都市住民の比ではないほど自然を破壊する。自然を守りたければ、都市に住め。

結局、川には近辺住民の生活排水が流れこむから、伝染病対策のためにも、
ある程度、生活空間から隔離させておかなければならない。
都市から散々に交付金をふんだくって、僅か数人の居住地帯にまで下水道を引く無駄も出来ないだろうに。
川が破壊されるのが嫌なら、川近辺に住むなって。

147 :文責・名無しさん:02/08/13 22:04 ID:wV5POugU
>>129
>懐かしいふるさとの山や川や海に再会して、ゆったりと時間を過ごしている
方も多いことだろう。

団塊までのお話では?都市に人口が密集してから何十年経ったと考えているのだ?
老人の読み物?

148 :文責・名無しさん:02/08/13 22:12 ID:wV5POugU
>>145
>私ならベスト3に「川」が入っていないことに着目する。

普通はそうだが、天人は無意識のうちに、川で皮を剥ぐと連想してしまうので
川には言及しません。

149 :文責・名無しさん:02/08/14 00:42 ID:EBFOgGuV
>>133
>>137
すっすはっは繋がりかよ

150 :文責・名無しさん:02/08/14 03:33 ID:MS+rDcHl
むっちゃ遅レスだけど、8月10日のマジカルバナナ、シンデレラ編。
皆が同じような意見をもっていて、読んでいて、ほんとそーだよなと思った。
で、マジカルバナナになる理由を考えたわけだけど、シンデレラのケースは、
「意図的ではない」なおかつ、
「幸運な誤りであった」わけで、
それが、誤りとわかっても「誰も裏切られたという感はない」というたぐいのもの。
それに対して、後半は
「意図的なやりすぎ」による、
「不幸な、または迷惑な誤り」で、
「多くの人にとって裏切られたという感」がある、
という全く逆の意味をもつ事件。
確かに「夢」という言葉で、シンデレラとその他を「無理矢理つなぐ」ことはできても、
起きている現象のfeatureが全く異なるから、「段落がつながらない」と思われて当然。
読者をみくびるなよ。小池。

あー、そいえば、俺、8月5日の素粒子で、「USJの一件で、テレビマンの話を
思い出し、USJような娯楽産業は、『しとやかに騙すのがよい』」とかなんとか
書いてあるのを見て、広報部に電話して、「騙す」という言葉の使い方が違うと
意見を言ったのさ。
だって、誰もUSJやTDLに「騙され」になんか行かないだろ。
なんか、今回も同じUSJの一件から「夢」を連想したとこまでは、普通だが、
上記した通り、その「夢の壊されかた」のアナロジーが全くなりたってないわけよ。
こんな簡単なことに気がつかないようじゃ、小池が毛嫌いしてるアメリカという国の
高等教育機関で、マジ馬鹿にされるよ。(w
ていうか、これだと、出願エッセーで落とされるね。


151 :文責・名無しさん:02/08/14 03:35 ID:4eqNwnF/
むっちゃ遅レスだけど、8月10日のマジカルバナナ、シンデレラ編。
皆が同じような意見をもっていて、読んでいて、ほんとそーだよなと思った。
で、マジカルバナナになる理由を考えたわけだけど、シンデレラのケースは、
「意図的ではない」なおかつ、
「幸運な誤りであった」わけで、
それが、誤りとわかっても「誰も裏切られたという感はない」というたぐいのもの。
それに対して、後半は
「意図的なやりすぎ」による、
「不幸な、または迷惑な誤り」で、
「多くの人にとって裏切られたという感」がある、
という全く逆の意味をもつ事件。
確かに「夢」という言葉で、シンデレラとその他を「無理矢理つなぐ」ことはできても、
起きている現象のfeatureが全く異なるから、「段落がつながらない」と思われて当然。
読者をみくびるなよ。小池。

あー、そいえば、俺、8月5日の素粒子で、「USJの一件で、テレビマンの話を
思い出し、USJような娯楽産業は、『しとやかに騙すのがよい』」とかなんとか
書いてあるのを見て、広報部に電話して、「騙す」という言葉の使い方が違うと
意見を言ったのさ。
だって、誰もUSJやTDLに「騙され」になんか行かないだろ。
なんか、今回も同じUSJの一件から「夢」を連想したとこまでは、普通だが、
上記した通り、その「夢の壊されかた」のアナロジーが全くなりたってないわけよ。
こんな簡単なことに気がつかないようじゃ、小池が毛嫌いしてるアメリカという国の
高等教育機関で、マジ馬鹿にされるよ。(w
ていうか、これだと、出願エッセーで落とされるね。


152 :150:02/08/14 04:12 ID:lyEhWswo
おっと、二重書き込みスマソ。
ついでに、8月10日の素粒子なんだけど、読んでて、その自己中さにムカツイタ。
長崎の雲仙岳の災害記念館を訪れた感想が「雲仙岳に限らず、前線に記者を
送り出す時のことどもが思い出された」だとよ。
なんちゅー自己中的な書き込みだ???
自分が心の中でそう思うのは勝手だ。しかし、こいつが書いているのは
われわれが金を払っている紙面だ。書くべき内容は、記者の安否ではなく、
そこで実際に被害にあった人たち全員ではないか?
そして、記者よりももっと前線で仕事をしているのは、朝日が嫌いな
自衛隊とか、警察なわけで、その人たちの安否はどーでもいいのか?
「それが仕事だ」というのなら、前線に出るのも記者の仕事。
したがって、紙面で安否を気遣いたければ、一番最後に書くか、
または、実際に死傷者が出た場合のみにすべき。
ついでに、これまた朝日の嫌いなアメリカの記者は
命をはって(タリバンにつかまって、ユダヤ人というだけで命を落とした人もいたよな)
だけど真実の情報を得ようとしている。
なんやかんや言っても、ピューリッツァー賞のある国だからなー。

毎日、危なくもないデスクにむかって、人語や素粒子を始めとする
モノホンの駄文を書き続けて、記者として、恥ずかしくないのか?
人から聞いただけの話を、鵜呑みにして並べてコピーするだけだったり、
現象をバイアスかけて描写したり、一部分だけをとりあげて、
大袈裟に書いたり、まったくわけわからんコラム書いて、よく給料もらえるな。
これが、一般企業なら(日産とか)マジで、リストラ対象だぜ。
こんな、駄文続き。 広報部の奴ですら、説明と弁護に困ってたからな。
素粒子や、人語の書きかたのまずさに。(藁
きっと、東大出の裁判官も、この駄文を読んだらそう思うだろうよ。

153 :150:02/08/14 04:26 ID:lyEhWswo
で、今日の人語。
俺も、ふるさとは東京で、その東京を「街」という漢字であらわすのは
別に、いいと思うけど、この「街」という漢字から、今日の人語が
言うように、「変容激しい『街』」というイメージは全然わかないね。
これって、50代以降の人だけの感覚じゃないか?
それにさ、「ふるさと」のテーマで始まって、なんで最後が「日本橋の復活」なわけ?
はっきし言って、日本橋を「ふるさと」だと思っている日本人って、
ものすごく限られているわけじゃん。
復活させるのは別にいいけど、それをテーマにしたいんであれば、
冒頭の「ふるさと」うんぬんは、主旨に合わない。

それから、米国人からもらった手紙に何か意味があるか?
(数少ない米国人の手紙を自慢したいだけなら、大笑い (藁)
だって、米国人だってアホじゃないから、日本橋が「醜い」のは
その周りの景観のせいだって、ぜったい気づくだろ。
俺なんて、大学入ってすぐ気づいたぜ。
それとも、朝日の記者に、わざわざ(日本語か、簡単な英語の文だろうが)
手紙を出す米国人は、あの橋を見て、「なぜ醜く見えるのか]がわからんくらい
アホなのか? 普通は、そうは考えないね。
この「なぜ」が本当に手紙の中にあったのだとしたら、それは
「なぜ醜く見えるのか」(答えは周りが変わったから)ではなく、
「なぜ、当時の景観のままで残しておけなかったのか?」という批判だろ。
だとすれば、その後の「街が変わった」というだけの描写では、
この「なぜ」の答えにはならない。
なんか、今日の記事の「なぜ」には、うさんくささを感じるね。(w
あ、ちなみに俺、滞米経験7年。


小池が、作り話をしてるように思えるね。


154 :文責・名無しさん:02/08/14 05:08 ID:p13S9FZ9
■《天声人語》 08月14日

◇この時期には読者から戦争をめぐるお便りをたくさんいただく。岡山県の真備(まび)町から
「戦没者名簿」が送られてきた。戦没者の名前が列記してあるだけの小冊子だが、眺めていると
様々な思いに襲われる。

◇1877年の西南戦争の戦没者3人から始まる。日清戦争で10人、日露戦争では18人と
増えていく。日中戦争で45人、そして太平洋戦争が446人である。

◇確実に犠牲者を増やしていった近代日本の戦争の軌跡、そして先の大戦の桁(けた)違いの
規模の大きさが、小さな町の名簿にも映る。人口2万人余の町で、遺族会は400人ほどに
減ってしまった。「再び戦争という悲劇を繰返さないという堅い誓い」を込めてつくったという。

◇東京女学館の資料室からは「学徒戦闘隊」の表のコピーが送られてきた。敗戦直前の45年
8月8日付で軍に直接送付された。3、4年生53人を六つの班に分けた表で、本土決戦に備えて
女学生を動員するねらいがうかがえる。沖縄の「ひめゆり部隊」のことを考え「沖縄の方々の
苦難は遠い話ではないと痛感しないわけにはいかない」との手紙が添えてあった。

◇ワールドカップのサッカー観戦に行った韓国でたまたま出会った行商のおばさんのことを
つづった便りもある。「女子挺身(ていしん)隊にいた」と日本語で語るおばさんは、日本兵に
切り取られたという腕の傷跡を見せて「戦争怖いね」「欲は野蛮ね」と。中国の大連にいたと言うと、
おばさんは「それは大変だったね。よく生きてきたね」。

◇薄れていく戦争の記憶もある。新たに加わる戦争の記憶もある。

155 :文責・名無しさん:02/08/14 05:11 ID:9jkv1M9I
そもそもたかがコラムのくせして、
何で「天声人語」なんつー大仰な名称なんだ?


156 :文責・名無しさん:02/08/14 05:21 ID:p13S9FZ9
自虐キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
日本兵の蛮行キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

まず、他ならぬ朝日に戦没者名簿を送りつけるこの町長は絶対にあやしい。
きっと町の入り口に「世界平和都市宣言の街」とか大それた看板があるに違いない。

にしても、「戦没者」「学徒戦闘隊」「ひめゆり部隊」「女子挺身隊」
見事なまでに臭いたつキーワードがちりばめられているが、よくみると個々の話が
全然繋がっていないところがいかにも天人らしい。
これに「慰安婦」があれば最強だったんだが…さすがに最近は使いづらいみたい。

毎度のこととはいえ、朝日の人間は自分達も日本人であるという自覚はあるのか。

157 :名無し:02/08/14 05:55 ID:wb7Kwr8Z
W杯の観戦に来た観光客にまで日本軍の蛮行を植え付けるとはね。

まあ、これで「韓国に行くといまだに日本人というだけで責められるから行かないほうが良いよ」
と周りに言い触らせられるためのソースが増えるわけだけどねw

158 :文責:名無しさん:02/08/14 05:58 ID:Pzl8runL
>>155
垢卑は、自分の声を天の声と勘違いしているから。

159 :文責・名無しさん:02/08/14 06:51 ID:/uRrZKDS
また他人の言葉でマス目を埋める手抜きですか。
本人盆休みでストック吐き出してんのかな。

160 :文責・名無しさん:02/08/14 06:57 ID:93lc8B8F
>日本兵に切り取られたという腕の傷跡を見せて

何が切り「取られ」たんだ?腕か?指か?
さっぱりわからないが、切られた、じゃないのか?

それも日本兵がすべて悪いかのようだが、
その婆が何かしでかしたのかもしれないし。
どうしてその傷ができたのか、書かないのはフェアじゃない。

・・・あ、これも便りであって、出典不明のものだから
嘘か捏造かもね。

161 :もちろん中国人に:02/08/14 07:05 ID:HcH3bg37
>中国の大連にいたと言うと、おばさんは「それは大変だったね。よく生きてきたね」。

ミ,,゚Д゚彡y━~~ まあ、中国で日本人も酷い目あわされてますから。

162 :文責・名無しさん:02/08/14 07:13 ID:EGL58rci


    新たに加わる戦争の記憶=ねつ造

163 :文責・名無しさん:02/08/14 07:18 ID:H+e/jscd
>>162
ワラタ

164 :文責・名無しさん:02/08/14 08:11 ID:xLWkY8ej
>161 中国の大連にいた 
この文の主語はだれ? 天神さんじゃなかろ。
手紙の書き手なのか? いつものように言葉が飛んでいるね。





165 :文責・名無しさん:02/08/14 08:25 ID:xLWkY8ej
スレとは違って恐縮だけど、今日の読売の編集手帳を見てごらん。
いつもいいできだが、今日のはまたとくにいいとオレは思うよ。
天神さんの小学生レベルの文章を目にして気がめいったら
口直しかわりに編集手帳を読んでみよう。
かつては天声人語もこのレベルだったと思うが、近ごろはどうも・・・
言うまでもないけど、オレは鍋常の手下じゃないよ。

166 :文責・名無しさん:02/08/14 08:32 ID:sZK22RBz
>>長崎の雲仙岳の災害記念館を訪れた感想が「雲仙岳に限らず、前線に記者を
>>送り出す時のことどもが思い出された」だとよ。
立入規制されていて住民が残っていない場所に、マスコミだと言ってタクシーを
雇って入り込む。勝手に無人の住宅に入って、電話を使う電気を使う。それを
監視するために一旦撤退していた地元消防団が規制区域に入る。
火砕流の危険を知らせに警察官が規制区域に入る。

あのとき亡くなった人の半分は、マスコミがそこにいたから亡くなった方々です。

167 :文責・名無しさん:02/08/14 08:36 ID:2aX7tp5U
今日の天声はイタくて絵に書いたような朝日してるのでイイ!

クマから便りが来たからって一部引用で載せるとは、、、、

168 :文責・名無しさん:02/08/14 09:06 ID:PdnYTson
>>156
女子挺身隊はかの国では慰安婦と同義

天人万歳

169 :文責・名無しさん:02/08/14 09:34 ID:EDnXuwED
>>165
本当、今日の編集手帳はすごくできがいい。
っていうか、編集手帳を書いてる人は、歴史に残ってもいいほどの名文家だな
一度会って話してみたいとか思うもん

170 :文責・名無しさん:02/08/14 10:16 ID:8yiUqsBu
朝日の天人書いてる人とも一度あって話してみたい、
というか 小一時間問い詰めたい
最後はなぐってるかもしれんが

171 :文責・名無しさん:02/08/14 10:53 ID:esQt3bYQ
隻腕でよく行商ができるものだと感心する。今日の天声人語の話だ。

読み進むうちに、年に1度大晦日にやっとそばが1杯だけ食べられるという
一家が出てくる悲話をふと思い出した。

そばといえばざる、ざるといえば夏。今年の夏も暑い。終戦記念日にざるそばを
すすりながら世界の赤化に思いを馳せてみるのも悪くない。

172 :文責・名無しさん:02/08/14 10:54 ID:ApnHF5rJ
>>171
思いっきりネタじゃねーかw

173 :文責・名無しさん:02/08/14 11:19 ID:/asfPpmQ
>>172
ネタじゃないでしょ。
朝日新聞で紹介された「一杯のかけそば」は子どもに読ますべき
国民的文学でしょう。なぜ、文部省推薦にならないのか不思議。

174 :文責・名無しさん:02/08/14 11:24 ID:t5C0Plt0
一杯のかけそばって朝日読者なら感動もののいい話だったのに
なんで消えてしまったのだろう?

175 : :02/08/14 11:26 ID:hsbeoIY3
>>174
作者が詐欺とかしたんじゃなかったっけ。。。?




176 :文責・名無しさん:02/08/14 11:31 ID:t5C0Plt0
>>175
作家が詐欺師とか泥棒とかはよくある話では?
そんなことで、物語が消えるのか?
従軍慰安婦物語りの詐話師の説が朝日新聞では真実とされてるし。


177 :文責・名無しさん:02/08/14 11:34 ID:ApnHF5rJ
>そんなことで、物語が消えるのか?
ぶっちゃけた話、”かけそば”以降、作品を発表しなかった(発表したかもしれないが
注目されなかった)から、作家もろとも消え去ってしまったのでは・・・

178 :文責・名無しさん:02/08/14 11:38 ID:qRT7VNVp
今日の天声ってすごいね。痛々しくていかにも朝日的。

女子挺身隊で日本兵に片腕切断されたって話があるなら
記事にしろよ(藁>朝日

いいかげんなコラムのさらにあやふやな便りの紹介で取り上げる
ネタじゃないだろ。関東大震災で鮮人が放火しつつあるのを見た
って「デマ」?とばしたのと変らないぞ。

179 :文責・名無しさん:02/08/14 11:41 ID:esQt3bYQ
>>173
まじめな話、あの話はうちの子供が大きくなったら語って聞かせようと思う。
信じるな、疑え、自分で考えろ、と教えたいので。

>>175
あれは確か作者がビガーパンツ穿いてたのがばれたんじゃなかったっけ?

>>176
珊瑚に傷つけても環境保護の呼びかけのためなら許されるし、タレントの
卵宅に侵入してレイプしても女性の地位向上のための示威行動として
捉えれば岡部氏は英雄だ。

180 :文責・名無しさん:02/08/14 11:43 ID:ko4owgmW
地球市民age

181 :文責・名無しさん:02/08/14 13:33 ID:oqP3HsEs
「新たに加わる戦争の記憶」って、
新たに記憶が増えるっていう奇妙な行動の主体は誰なんだ???
朝日のお気楽読者か?それとも天人のコラムニストか?

普通それは、人間の記憶がいい加減なことの例えとして、
犯罪の目撃証言などの場合に
刷り込みや思い込みで、記憶なんて操作できる例えによくでてくるが・・・
それで良いのか天人!?

それにしても
自分から無かったことを新たに書き加えていると白状しちゃった^^;;;
メディアとしての体をなさなくなってきているなぁ


182 :文責・名無しさん:02/08/14 13:45 ID:n+0/gn7Z
「プロ市民」さんたち、このクソ暑い中小池クンに手紙書いて乙カレー。

183 :文責・名無しさん:02/08/14 17:51 ID:KTUYO8WW
今日の天人の出だしは、いたって正常な感覚じゃないの?
うちも、2ちゃんでよく見かける朝日記者のここ数年の性犯罪履歴を見たとき様々な思いに襲われたよ。
性犯罪の場合、発覚し立件された被害の数倍から数十倍の隠れた被害者がいるはずだから、
確実に悪質化し、表沙汰になる被害者数が増加しているということは、陰でその何十倍も被害者がいるはず。
そして、終には、岡部連続強姦強盗事件という桁違いの非道な事件が生じてしまったわけだ。

社として、個人情報管理体制をおろそかにして、
なおかつ、社員が性犯罪に向かう土壌があるにもかかわらず、それを放置して、
犯罪の責を全て個人の責に押し付け、社としての何も反省しないので、こうした悲劇は続く。

「再び性犯罪という非道を繰返さないという堅い誓い」を立て、
社として被害者(名乗り出れない被害者も含む)にその姿勢と誠意を見せて欲しいものだ。

レイプされた痛み、妊娠し堕胎中絶した痛み、HIV感染の恐れ、
撮影された写真やビデオがばら撒かれる事の恐怖は消え去る事無く、
新たに、そうした名乗り出れない被害者の知る権利を無視した
一切の加害者や事件に関する報道を流させない行為により、
裏で何か報道できないような事情があったのではないか?(加害者がHIVポジティブ等)の
新たに、言いしえぬ不安が喚起させられ、加えられる事もある。

184 :文責・名無しさん:02/08/14 18:27 ID:d7XJB8zE
>>165
>スレとは違って恐縮だけど、今日の読売の編集手帳を見てごらん。
いや、比較のために、他紙のコラムもときどき掲載してますよん。
8月14日付・編集手帳

長野市の善光寺に詣でた折、本堂の裏手で一対の風変わりな石碑を見かけた。
ひとつは封書の、ひとつははがきの形をしている。「迷子郵便」の供養塔だという

◆あて先、差出人が不明で配達も返送もできない手紙は、郵便局で焼却される。
その灰の一部を納めて供養する塔である。地元郵便局の職員やOBが語らって
寄付を出しあい、建立したものと聞いた

◆恋文や恨み言の手紙であればなおさらのこと、たとえ消息を告げるだけの便り
でも、そこには書いた人の何がしかの情念がこめられていよう。虚空をさまよう
差出人の心はなるほど、供養の対象に違いない

◆あなたを選びます…。投票用紙というのも言ってみれば、候補者にあてた有権者
からの手紙だろう。投票所で投函(とうかん)し、さて思いは届くだろうかと迷子郵便
の供養塔が頭をよぎる瞬間がないではない

◆あす告示される長野県知事選は、争点のぼやけた選挙になりそうだという。田中
前知事の「脱ダム」理念に他の立候補予定者も異論がないというが、これだけ
県政が混乱して“争点なし”は不思議でもある

◆理念が一緒ならば政策の着地点、その道筋、手法で争点をつくるのが前知事を
含めた各候補者の責任だろう。民意が「あて先」不明で迷子にならない明確な公約を。
信濃路の名刹(めいさつ)にも迷子の一票を供養する塔はない。
http://www.yomiuri.co.jp/08/20020813ig15.htm

185 :文責・名無しさん:02/08/14 19:01 ID:r8fJnDU9
さて、明日はとうとう8月15日なわけだが。
おまいら笑う(or怒るor呆れる)準備しといてください。

186 :文責・名無しさん:02/08/14 19:10 ID:l9dJrkSm
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
おれたちはとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見てみろ。
まず「朝日新聞」略して「朝日」をローマ字で表記する。
「asahi」
これを逆にし、
「ihasa」
これを一文字おきに読むと
「iaa(いああ)」
朝日が北朝鮮の手先である事を考え、末尾に「北朝鮮の手先」を加える。
「いああ北朝鮮の手先」
そして最後に意味不明な文字「いああ」
これはノイズと考えられるので削除し残りの文字を取り出す。
するとできあがる言葉は・・・・・・『北朝鮮の手先』。
そう、朝日新聞は、北朝鮮の手先だったのだ!!!!!!!!!!!!!

187 :去年の今頃は・・・:02/08/14 19:11 ID:d7XJB8zE
2001年8月14日 天声人語

 参拝するか、しないか、それが問題だった小泉ハムレットは「熟慮」の末、
参拝を選んだ。

 参拝を終えた首相が、靖国参拝は「平和の礎になった戦没者に敬意と感謝の念を
ささげることだ」と言い、A級戦犯について聞かれると「特定の個人にお参りしたの
ではない」とかわした。

 この間ずっと気になっていることがある。戦没者が「平和の礎」になったとしても、
あまりに犠牲が大きすぎたのではないか。少なくともその犠牲者を大幅に減らすこと
ができたのではないか。そのことへの痛恨の思いはないのか、である。

 日米開戦を避けようという動きがぎりぎりまであったのは、周知の通りだ。終戦工作
もいろいろ考えられた。いずれにしても、犠牲者を増やさないための機会はたびたび
あった。「心ならずも逝った人々」のことを語るとしたら、それをしなかった指導者の
責任をどう考えるのか。指導者としての小泉首相に尋ねたいところだ。

 古い「天声人語」(56年4月23日)を読んでいたら、軍首脳だったA級戦犯の
こんな言葉に遭遇した。「敵軍が本土に上陸したら、互いに血は流したろうが、
敵軍は惨憺(さんたん)たる光景になったろう。敗(ま)けたと思う時初めて敗ける。
敗けたと思わなければ敗けない」。戦後になってもこんなことを言う人がいたのに
驚かされる。

 小泉首相は、これとは違う。「二度と戦争の道を歩むことがあってはならない」と
繰り返している。そのためには追悼とともに、あの大戦の指導者たちについて、
その責任の重さについて、学ぶべきことが多いと思う。

188 :去年の今頃は・・・:02/08/14 19:12 ID:d7XJB8zE
2001年8月15日 天声人語

 小泉ハムレットに続いて、やはりシェークスピアの代表的悲劇「マクベス」から
始めよう。夫人にそそのかされて王を殺し、深い罪悪感に悩まされるマクベスである。

 「そのような場合、二つの道があります。罪を認めて告白し、罰を受けて過去と
折り合いをつけるか、あるいは良心を殺してしまうかです」と語るのは、オランダの
国際法学者の故B・V・A・レーリンク氏だ(『レーリンク判事の東京裁判』新曜社)。

 マクベスは後者を選んでしまった。無慈悲な犯罪を重ねることで、殺人に慣れて
いく。この「マクベス的犯罪」は、ナチスの行動を理解するのに有効だとレーリンク氏
はいう。とりわけSS(親衛隊)の信じられないような残虐さを理解するには有効だ、と。

 日本の戦争指導者は「ある目標があれば、それに到達するためにあらゆることを」
したが、ナチスと違って真の悪党ではなく、サディストでもなかった、というのが
レーリンク氏の考えだ。それどころかナチスの幹部と違って、多くが最高学府を出た
エリート集団である。

 しかも指導者の多くが必ずしも積極的な戦争推進論者ではなかった。その彼らが
ずるずると状況に引きずられて深みにはまっていく。この悲劇を解明することが、
再び戦争への道を歩まないことにつながるだろう。

 A級戦犯を裁いた東京裁判で、レーリンク判事は、広田弘毅元首相の死刑に
反対する少数派だった。あの裁判を批判しつつも重要な意義があったとする彼は、
「史観」論争の的ではない東京裁判の読み方があることを教えてくれる。


189 :去年の今頃は・・・:02/08/14 19:13 ID:d7XJB8zE
2001年8月16日 天声人語

 きのう、靖国神社から千鳥ケ淵戦没者墓苑へと巡りながら考えた。この日が
8月15日でなかったらどうだったろうか。

 靖国神社で買った冊子『英霊の言乃葉』を読みながらのことだ。「死の覚悟」と
題した古川正崇さんの手紙が収められている。終戦をもう少し早めていたら、多くの
命が救われたし、古川さんも生還できたかもしれない。

 特攻隊の古川さんはこう記す。「決死の覚悟で航空隊を志願したのですが、
日と共にその悲壮な謂はば自分で自分の興奮に溺れてゐるやうな、そんな感情が
なくなつて来てやはり生きてゐるのは何にも増して換へ難いものと思ふやうに
なつて来たのです」

 死に直面したときの動揺を率直に記す。「然し私は、私の生の短さをやはり寂しむ。
生きると云ふ事は、何の気なしに生きてゐる事が多いが、やはり尊い」。
そう母につづった古川さんだったが、天候が悪く出撃が遅れた。

 『アジア太平洋戦争 私の遺書』(NHK出版)が彼のその後を伝える。次の便りには
「この手紙の最後の日附の、日没の頃、午後七時か七時半頃が、私の沖縄の
敵艦に突つ込んだ時です」。2日後の5月29日が最後の便りだった。
「今日は空も快晴となりました。いよいよ出撃です。ではお母さんの御多幸をお祈りしつゝ」。
24歳だった。

 「同期の桜」の合唱が流れる靖国神社を後にして、千鳥ケ淵を歩いた。セミ時雨を
耳にしながら、彼が生きえたかもしれない平凡な戦後の生活のことを想像した。
老いた彼は「生きるという事はやはり尊い」と記したのではないか。


190 :文責・名無しさん:02/08/14 19:52 ID:vaMS9kl9
>>183
>レイプされた痛み、妊娠し堕胎中絶した痛み、HIV感染の恐れ、
>撮影された写真やビデオがばら撒かれる事の恐怖は消え去る事無く、

すげーーっ! 朝日の記者ってこんな極悪非道なことしてたんだ。
これは、善良な市民が数多く集まって、つるし上げにして
袋叩きにしなければならない。
で、情報源はどこ?
証拠がないのに、信じちゃうとその辺のヴァカタレになっちまうからな。

あと、レイプが表に出ないのは、相手が極悪非道で、
そんな人間にかかわりを無理矢理もたされてしまったという汚点を
自分の人生の表舞台に残したくないからじゃないか?
それが、たとえ、デートレイプであったとしても。

191 :文責・名無しさん:02/08/14 20:53 ID:F4gLUei3
8月14日記事
>ワールドカップのサッカー観戦に行った韓国でたまたま出会った行商のおばさんのことを
>つづった便りもある。「女子挺身(ていしん)隊にいた」と日本語で語るおばさんは、日本兵に
>切り取られたという腕の傷跡を見せて「戦争怖いね」「欲は野蛮ね」と。中国の大連にいたと言うと、
>おばさんは「それは大変だったね。よく生きてきたね」。

>◇薄れていく戦争の記憶もある。新たに加わる戦争の記憶もある。

まず女子挺身隊というのは戦時売春婦の事ではない
あのころは女子でも皆挺身隊に行っていたではないか
日本兵に切り取られただと
どこがじゃ指でも一本切り落とされたか
ぜんぜん書いてない
こんなものデンパに決まっている
なぜ鮮人の体を切り落とす必要があるのだ
あの頃は朝鮮も一体で傷つける事は陛下にそむく事であったのだ
「欲は野蛮ね」何が欲じゃ
もっとちゃんとした裏付けのある文を書けよ

いいか朝日はもう逝ってよしだ
偏差値人間が日本を潰した



192 :文責・名無しさん:02/08/14 22:00 ID:9uOysJ43
>>186
>これはノイズと考えられるので削除し残りの文字を取り出す。
”朝日”の暗号を解いた意味が無いよw!

193 :文責・名無しさん:02/08/14 23:14 ID:/uRrZKDS
>>186
ビールキーボードに吹きかけちゃったよ。
謝罪と(略

194 :産経抄:02/08/15 01:32 ID:Dy1Y4GqR
8月14日 産経抄

韓国が日本の領土・竹島(韓国名・独島)とその周辺海域を、国立公園に
指定する方針で検討しているという。日本の外務省は「遺憾の意」を表して
いるようだが、これはわが国土が勝手にもてあそばれていることである。
遺憾の表明ぐらいで済む問題だろうか。

 ▼例の金完燮(キム・ワンソプ)氏の勇気ある著書『親日派のための弁明』
では、「独島(竹島)は日本の領土」と明言していた。そして日本がらみで
韓国が我(が)を張っている代表的な例として「日本海」を「東海」と呼び、
竹島を韓国の領土と主張していることを挙げていた。

 ▼「海外の見解をみても圧倒的に日本の立場が認められているのが
実情で、韓国の領土だと考える国は世界に一つもない」と指摘する。
韓国はごり押しする国というイメージが国際社会に定着すれば結果的に
損になるだけだ、といってくれているのである。

 ▼しかし同書は“有害図書”だから聞く耳なんぞ持たぬ。どんどん
既成事実を積み上げていく。それが韓国の方針だろう。サッカーW杯では
大いに友好親善ムードが盛り上がったのにという人がいるかもしれない
が、逆である。W杯で盛り上がったからこそ韓国は強い対日要求にでる。

 ▼なぜならサッカーという“代理戦争”において日本に勝った。日本を
抜いた。その民族的快感が強烈な自信と優越感に転化し、日韓関係
に作用する。教科書であれ、靖国であれ、はたまた歴史認識であれ、
甘い期待や幻想は捨てた方がよろしい。

 ▼W杯では「同じアジアの一員として韓国を応援しましょう」などという
歯の浮くようなテレビの偽善があった。それが韓国嫌いを増やしたという
皮肉な見方もある。宴(うたげ)の後の二日酔いはきつい、と相場は
決まっているではないか。

195 :文責・名無しさん:02/08/15 05:34 ID:KxXnFCeA
■《天声人語》 08月15日

 ▼自分が生まれる前のことだから責任はない。戦争責任について
問われたら、テレビはそう答えるだろうか。厳密にいえば、テレビは
戦前に生まれ、ドイツでは35年に本放送が始まった。しかし、当時は
ほとんど影響力がなかったろう。

 ▼新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。厳しい
情報統制下とはいえ、戦争推進の政府方針に追随し、戦意高揚を図った。
その責任は大きいが、貴重な教訓も得た。毎日の紙面で誓うわけではないが
「あの失敗を繰り返してはならない」と多くの新聞人が思っているはずだ。

 ▼戦時下のラジオは直接政治の道具として利用されることが多かった。
大本営発表やヒトラーの演説のように国民の「洗脳」手段にもなれば、
フランスのドゴール元大統領の「自由フランス」放送のように、亡命先から
「抵抗」を訴える手段にもなった。

 ▼あのころテレビが普及していたらどうだったろうか。その後テレビが
果たした役割から考えても、極めて鋭利な「両刃の剣」であったろう。
強力な国家宣伝機関でもありえたし、世界の動きを映す窓として啓蒙
(けいもう)を担ったかもしれない。

 ▼テレポリティックス(テレビ政治)といわれる昨今、テレビと政治との
関係は深まっている。互いに利用しあっている。しかし、影響力については
制御できていない。そんな気がする。

 ▼戦争はいわば極限の政治だ。テレビにはそれを経験しないですんだ
幸運とともに、一種の弱さもありはしないか。僣越(せんえつ)かもしれないが
「戦争を知らない」世代である後輩メディアへの危惧(きぐ)である。

196 :文責・名無しさん:02/08/15 05:35 ID:KxXnFCeA
えーと、オマエモナーといってあげるのが愛でしょうか?
自分達の姿が見えていないよ、天人・・・・・・・・

197 :文責・名無しさん:02/08/15 05:42 ID:13tBCZ+I
お前が言うなや


    以上。

198 :文責・名無しさん:02/08/15 05:43 ID:KxXnFCeA
あ、さっきフジで採り上げられてたね、天人。
一段落目赤線でチェックされてた(w

199 :文責・名無しさん:02/08/15 05:44 ID:UCjH2odX
まずは、軽いとこからつっこんどくかな・・・

>新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、

なんだよ、これ。

200 :文責・名無しさん:02/08/15 06:01 ID:UCjH2odX
>>195
3回ほど読んだが、いまいち趣旨がはっきりしないんだよな・・・
テレビに戦争責任はない→新聞にはある→ラジオにもある→だからテレビは気をつけろ

ってことか?
駄文どころじゃないぞこれは。

>戦争はいわば極限の政治だ。テレビにはそれを経験しないですんだ
>幸運とともに、一種の弱さもありはしないか。

テレビが普及してからも、湾岸戦争他いくつもあっただろうが。
それをどうして「国内の場合だったら、」とシミュレーションできんのだ。その程度の知恵もないのか?

「一種の弱さ」←意味不明

201 :文責・名無しさん:02/08/15 06:05 ID:Gidv43IJ
>▼戦時下のラジオは直接政治の道具として利用されることが多かった。
>大本営発表やヒトラーの演説のように国民の「洗脳」手段にもなれば、

映画を忘れている時点で、メディア論として失格。
出直してこいや、ゴラァ!>天人


202 :文責・名無しさん:02/08/15 06:07 ID:KxXnFCeA
>>198
自己レス、フジじゃなくて日テレだったみたいれす・・・・
すみません。謝罪はしますが賠償はしません。

203 :文責・名無しさん:02/08/15 06:15 ID:UCjH2odX
>201
そうだよな・・・
どう考えても、片手落ちのメディア論でしかないよな。
そんなもん、わざわざ今日やらんでも他の日にやればよかろう。

本当に8月15日にふさわしいコラムは、来年までの宿題とする>天人
まあ、来年までキミの席が残っていたらの話だが。

204 :文責・名無しさん:02/08/15 06:25 ID:gnbUFze1
▼新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。厳しい
情報統制下とはいえ、戦争推進の政府方針に追随し、戦意高揚を図った。

↑嘘をついて責任逃れをはかるな。
政府方針は戦争回避であった。戦争推進の論陣を張ったのは朝日新聞
である。後世の我々は朝日新聞に軽薄かつ無責任な煽動を読み取るのみ。

205 :文責・名無しさん:02/08/15 06:26 ID:7UxwVrif
>新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。厳しい
>情報統制下とはいえ、戦争推進の政府方針に追随し、戦意高揚を図った。

日米開戦に躊躇する近衛や東条を臆病者呼ばわりして散々に政府批判し、
世論を開戦ムードへ仕向け、政府を開戦へと追い込んでいったのも
戦争推進の政府方針の情報統制下のなせる業だったのでしょうか?

物資が不足し、子供達が飢えていると騒いで、
事態打開のために開戦を政府に迫り続けたあの所業は、政府の自作自演だったのですね。

206 :文責・名無しさん:02/08/15 06:27 ID:Gidv43IJ
産経抄

柳田国男がライフワークともいうべき『先祖の話』(全集文庫版の第十三巻)
を執筆したのは、空襲警報のサイレンの下だった。昭和二十年の五月から
敗戦後の秋にかけてである。柳田の慧眼(けいがん)は、いまの「靖国」を
めぐる混乱を鋭く見ぬいていたというほかない。

 ▼『先祖の話』は、日本人の古来の霊魂観や死生観を取り上げこう
書いていた。「少なくとも国のために戦って死んだ若人だけは、何としても
これを仏徒のいう無縁ぼとけの列に、疎外しておくわけには行くまいと思う」。

 ▼敗色濃厚となった日々、国難に殉じた人びとのタママツリに強い危機感
をおぼえたのだろう。柳田は、国ごとに常識の歴史というものがあるといい、
民族の年久しい慣習を無視しては英霊は安んじて眠ることはできないと
心底憂えていた。

 ▼その心配は、「靖国」をないがしろにする議論で悲しい現実となって
いる。福田官房長官の下の「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の
在り方を考える懇談会」という私的機関もそれだろう。どうやら霊も魂もない
靖国神社の代替施設を同じ東京のどこかにつくるらしいのだ。

 ▼その代替施設には、なんと南京事件の犠牲者や不審船の死者までを
入れるなどというのだから、なにをかいわんや。「人は死ねば子や孫の
供養や祀(まつ)りを受けて祖霊に昇華し、故郷の村里をのぞむ山の高みに
宿って、人や家や国の幸福や繁栄を見守る」というのが柳田の霊魂観だった。

 ▼靖国神社はその慰霊鎮魂の場として多くの国民に定着している。
中国や韓国の顔色をうかがい、屋上屋を架す愚をおかす必要がどこに
あろう。『先祖の話』は“政治家の無関心”を憂えていたが、これは無関心
というより無知、あるいは錯誤と呼ぶべきではないか。
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm

207 :文責・名無しさん:02/08/15 06:27 ID:54R3a/Lz
>>204
飛び込みで書くが、開戦派の急先鋒は東京日日ではなかったか?
「夢を説く報告書」社説とか、かなり有名だが。

208 :文責・名無しさん:02/08/15 06:37 ID:pXNONzFz
笑える駄文だな

>毎日の紙面で誓うわけではないが「あの失敗を繰り返しては
ならない」と多くの新聞人が思っているはずだ。

↑年中無休365日、朝日新聞では誓っているかに見えるのだが(わら
同じ失敗を何度も繰り返す朝日新聞は「あの失敗を繰り返しては
ならない」と本気で思っているのか?
「地上の楽園」を読者に信じさせたり、文化大革命を礼讃して未だ、訂正記事を
書かないのは何故?



209 :文責・名無しさん:02/08/15 06:45 ID:DXqUb7Wc
>>207
朝日社内ではそういうことになってるのか?
では、その説を朝日記事で宣伝しなさい。

210 :文責・名無しさん:02/08/15 07:07 ID:54R3a/Lz
>>209
実は機会があって当時の社説なんかを調べたんだけど、日本の国際連盟
脱退が物議を醸したとき、国際社会との対決を煽りまくったのは、他ならぬ
東京日日。

朝日は遅い時期まで脱退反対の論調。あるときを境にして、堰を切ったように
強硬派に転じた。
最後まで反対を通したのは、大手では時事新報だけ。

211 :文責・名無しさん:02/08/15 07:13 ID:54R3a/Lz
それから、>>207の東京日日の社説「夢を説く報告書」は、リットン調査団の
日本・満州・中国調査報告書をデタラメに叩いたもの。
もちろん論理のかけらも見当たらない。あれって、けっこう有名だけど。

212 :文責・名無しさん:02/08/15 08:00 ID:gnbUFze1
>>210
>実は機会があって当時の社説なんかを調べたんだけど

↑朝日以外の何者が当時の社説を調べるのだろうか?(笑

やっぱ、あれでしょ

聯盟よさらば、の朝日記事が超有名では?

213 :文責・名無しさん:02/08/15 08:16 ID:RX3R3ido
>>210
どうしてそんなへ理屈を主張するのか?

朝日新聞の報道では、昭和5年に浜口首相が「兇漢」に狙撃されたとして
いるが、昭和7年には犬養首相らを襲ったのは「壮漢」に昇格している
では無いか?(わら

214 :文責・名無しさん:02/08/15 08:21 ID:wJA4K8ZH

>>207=>>210=>>211=ID:54R3a/Lz=朝日社員か?

別に叩くつもりはないが、
天人子に、もうちっとマシな日本語を書けと伝えといて。
それと、>>113をぜひ本人の前で音読して聞かせてやって。

215 :文責・名無しさん:02/08/15 09:00 ID:vvZmAEgh
>そんな気がする。

これも得意なフレーズだな。「○○だっただろう」「○○と思っているはずだ」などと
他人の考えていることが読めるテレパシストの割には弱気なフレーズ。


216 :文責・名無しさん:02/08/15 09:05 ID:W/JF0hKR
新聞はいわば極限の広告媒体だ。天人にはそれを考えないですんだ
幸運とともに、一種の頭の弱さもありはしないか。僣越かもしれないが
「新聞を信じない」世代である2ちゃんねらーが抱く危惧である。

217 :文責・名無しさん:02/08/15 09:10 ID:W/JF0hKR
近年の朝日は直接政治の道具として利用されることが多かった。
韓国嫌日派や中国のODA要求派のように国民財産の「搾取」手段にもなれば、
北朝鮮の金正日の「朝鮮日報」新聞のように、半島の北から
「謝罪と賠償と屈服」を訴える手段にもなった。

218 :文責・名無しさん:02/08/15 09:12 ID:W/JF0hKR
朝鮮日報新聞(略して朝日新聞)といわれる昨今、北朝鮮と朝日との
関係は深まっている。互いに利用しあっている。しかし、影響力については
制御できていない。そんな気がする。

219 :文責・名無しさん:02/08/15 09:16 ID:W/JF0hKR
自分が珊瑚ではないから責任はない。やらせ報道の責任について
問われたら、天人はそう答えるだろうか。

220 :文責・名無しさん:02/08/15 09:16 ID:1KVVOFAk
>>218
夢は平壌支局ですからね

221 :文責・名無しさん:02/08/15 09:20 ID:W/JF0hKR
天声人語は、本稿も含めて本紙のコラムの多くは、てにをはの過ちを犯した。
厳しい字数制限下とはいえ、売国赤化の社是に追随し、国語破壊を図った。
その責任は大きいが、貴重な教訓も得た。このスレで誓うわけではないが
「狂った日本語を垂れ流してはならない」と多くの2ちゃんねらーが思っているはずだ。

222 :文責・名無しさん:02/08/15 09:24 ID:W/JF0hKR
今でもソ連が存続していたらどうだったろうか。その後朝日が
果たした役割から考えても、極めて鋭利な「鎌とハンマー」であったろう。
強力な赤化宣伝機関でもありえたし、世界の動きを捻じ曲げて映す窓として
洗脳(せんのう)を担ったかもしれない。

223 :文責・名無しさん:02/08/15 11:28 ID:kmdu10qv
>>195
>新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した
農水省の”みんなが悪い”と一緒の論理。

224 :文責・名無しさん:02/08/15 11:41 ID:VNVdh+Go
主題はこれじゃないの?
>しかし、影響力については 制御できていない。そんな気がする。
テレ朝が誘導できないのを嘆いているんでしょ

225 :文責・名無しさん:02/08/15 12:13 ID:s8H2Cp5c
テレビは戦争を経験していないというけど、それは国内での話ですよね。
当然海外ではすでに「戦争を知っているメディア」であるわけで。
最近の戦時下でのテレビにおける情報操作については議論を呼んでいた(いる)
ことを筆者が知らないとも思えないのですが。

226 :文責・名無しさん:02/08/15 12:13 ID:/rFoCkH5
>>205
小林よしのりの「戦争論」によると、日本はドイツの戦後処理を見習えと日頃から
主張している某新聞は、戦時中は政府のユダヤ人政策は寛容すぎると批判していたそうだ。
この某新聞とは、もちろん朝日新聞だろ。
問題の批判記事を発見できれば、軍部に戦争賛美を強制されたという朝日の主張は根底から
崩せる。

227 :文責・名無しさん:02/08/15 12:16 ID:/rFoCkH5
西村防衛政務次官辞任の背景
http://www.n-shingo.com/kikou/gekkan11.12.html
西村代議士は防衛政務次官就任後、朝日新聞の若手記者から「西村防衛次官は
日本のためにならないから潰せ、と上司から指示を受けている。あなたの今までの
発言、著作を洗っている」と直接言われている。 細川政権を作るために自民党攻撃
を行えと指示したテレビ朝日の椿発言を思わせる戦宣布告である。

(西村) 考えてみれば、戦前、大東亜共栄圏を進軍、進軍と一番過激に言っていたのが
あの新聞ですよ。あの新聞の旗は戦前のままですな。軍艦旗と同じようなマークですね。
あの新聞は戦前戦後を通じて変わらないんです。
今は反対の空気の下に、西村が悪いと、西村は謝らないと。一政務次官のために
第一面を使って全国に展開しましたけれども、戦前も同じように斉藤隆夫を非難した。
斉藤隆夫が反軍演説を、いわゆる戦争目的を具体的に示せというふうなことを言った
ことを非難して、斉藤隆夫を議員除名まで報道したのはあの新聞です。あの新聞が
国民を煽ることによって、多くの兵士たちが死んだことも事実です。 私は山本七平さん
の「空気」の研究をいつも念頭において対処していましたから、朝日新聞の行動が
戦前戦後一貫していることをよく理解できました。
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/1999/9912/taidan.html

228 :文責・名無しさん:02/08/15 12:16 ID:/rFoCkH5
歴史に残る「反軍演説」を失言とした『朝日新聞』の罪

太平洋戦争の直前の1940年、日華事変にずるずると深入りして収拾の具体的
方策を明示しない政府に対して、衆議院本会議場で「聖戦の美名に隠れて国民的
犠牲を閑却し」と「反軍演説」をした斎藤隆夫が議員を除名された。
斎藤隆夫の演説は、昭和思想史に残る名演説であり、政府に具体的な日中戦争終
結への方策を質したものだった。この演説を今読むと、驚くことに戦時中の当時
も戦後の現在と同じように、軍事を具体的に語ることがなかったことがわかる。
こうした状況下で多くの兵士が死んでいった。斎藤隆夫はこの怠慢を断罪し、や
れ聖戦とか東亜の平和とか、雲をつかむようなきれいごとではなく、戦争を終結
する具体策を言えと演説したのだ。
1時間にわたるこの演説を、翌日の『朝日新聞』は「斎藤氏、質問中に失言」「除
名問題に発展か」「陸軍・各会派とも激昂」との大見出しで報道した。『朝日新
聞』はなんとこの名演説を失言ととらえたのである。
……『朝日新聞』は議員一人ひとりに斎藤隆夫の演説をどう思うかと聞きまくり、
翌日の紙面で斎藤隆夫はけしからん人間だというレッテル貼りをやった。結局、
斎藤隆夫は議員を除名された。
斎藤氏の除名に反対した議員はわずか7人。軍部の暴走の裏に政党の堕落があっ
たものの、『朝日新聞』は意図的にリードした。

       西村眞悟「誰が国を滅ぼすのか」(徳間書店)

229 :文責・名無しさん:02/08/15 12:17 ID:/rFoCkH5
帝国憲法上、国民の代表である帝国議会は、予算承認権を行使して、国政全般を支配し、
国防計画を決定し和戦の決を図り得た。大日本帝国は立派な立憲議会制デモクラシー
君主国であった。そして帝国議会が戦争に反対することなく軍事予算を承認した以上、
国民自身が国策として戦争を選択し、戦争の惨禍を引き起こしたのである。暴支膺懲、
鬼畜米英を叫び、好戦的な国民世論を煽動し、帝国議会をマヒさせた朝日新聞社の罪は、
政府のそれよりはるかに重く、万死に値しよう。
http://touarenmeilv.hoops.livedoor.com/makkasar.htm

満州事変からポツダム宣言受諾までの我が国に於いて、終始一貫、主戦論、対外強硬論
を唱えた組織は、政府でもなければ軍部でもない、朝日新聞社である。特に支那事変前半、
陸軍参謀本部が懸命に不拡大早期講和を目指していた最中に、暴支膺懲を叫んだ
朝日新聞の罪深さは万死に値する。なぜなら朝日によって煽動された暴支膺懲世論に拘束
されてしまい、帝国議会は和を図ろうとはしなかったからである。よって日本政府は、
ポツダム宣言第6、10条に基づき、ヒトラーの民族社会主義ドイツ労働者党を糾弾する戦後
ドイツを見習い、朝日を解散させ、関係者を逮捕して中国に連行するので、中国共産党には
是非、刻むなり焼くなり煮るなり食べるなりして、存分に彼等を処刑していただきたい。
http://touarenmeilv.hoops.livedoor.com/anti.china.htm

230 :ID:54R3a/Lz:02/08/15 15:17 ID:C3+4esLs
>>212
いや、レポート書けって言われたから。
マイクロフィルムでちまちま調べてみた。…あの機械、けっこう便利だね。
「連盟よさらば」は社説だった?
社説以外だったら、東京日日の見開きぶち抜きのすごいのがあったが。
「帝国艦隊、神州を守る」みたいな、ね。
あ、当方、朝日が連盟脱退や開戦を煽ったことは認めているよ。

>>213
国粋的な主張が直ちに開戦・非戦にはつながらないところが、当時の報道の
特徴でもあるんだけど。

231 :ID:54R3a/Lz:02/08/15 15:18 ID:C3+4esLs
>>214
俺が朝日社員だったら、いまごろ少しはいい生活が出来ているのだろう。
あそこって、給料そこそこいいんでしょ?
それから、言葉の間違いについては、ここの住民のカキコにもよくあるから、
俺が訂正を求めたことが何度かあったが、認めて直した御仁はいないね。
(「取って代わる」は間違いだ、「取って替わる」が正しいと言っていた
イタイ人もいた。その人は逃げましたが)
それとも、新聞記事(コラム)と2ちゃんねるの書き込みとでは重みが違う、
新聞記事の誤字脱字等は許されない、ということ?
それなら別にいいのだが。

232 :文責・名無しさん:02/08/15 15:40 ID:f8hGdYFO
>>231
>それとも、新聞記事(コラム)と2ちゃんねるの書き込みとでは重みが違う、
>新聞記事の誤字脱字等は許されない、ということ?

当たり前だろ。
2chと新聞のコラムが同等でどうする。
また、新聞記者は文章書きのプロ。
誤字脱字は極めて恥ずかしいだろ。

233 :ID:54R3a/Lz:02/08/15 15:51 ID:C3+4esLs
>>232
いや、そう思わない人も多いようだから。

しかし、昔の社説調べただけで、「朝日」社員認定を頂くとは…。
ちょっと閉口。

234 :文責・名無しさん:02/08/15 15:56 ID:YXF6/dJ4
>233
気にしなさんな、調べもせずに的外れな突っ込みをいれると朝日信者と
同じになってしまうのに、そんなことも分らん奴はほっときなさい。


235 :ID:54R3a/Lz:02/08/15 16:01 ID:C3+4esLs
>>234
それ、俺のこと?
いや、俺は俺なりに調べたつもりだが…。
その結果、>>229的な言説に異を唱えたわけでして。

236 :文責・名無しさん:02/08/15 16:05 ID:DI2GyiMJ
>>233
>いや、そう思わない人も多いようだから。
( ゚д゚)ハァ?

しかし新聞記事と2チャンネルの書き込みが同レベルなんて本気で思ってるのか?
まあ確かに2ちゃん以下の記事も多いが。


237 :ID:54R3a/Lz:02/08/15 16:11 ID:C3+4esLs
>>236
そう思っている人が多いようだ。(馬鹿発言スレ参照)
俺はそう思わない。

これでいい?

238 :文責・名無しさん:02/08/15 17:45 ID:YXF6/dJ4
>ID:54R3a/Lz
いや、おまえさんのことじゃないよ。
東京日日の件を出しただけで朝日記者呼ばわりするやつのこと。

どう見ても朝日擁護の文章じゃないのに的はずれなことを書く奴は
ほっときなさいってこと。

239 :文責・名無しさん:02/08/15 20:30 ID:SVSaSpXV
東京日日の件なら,チト前からにちゃんにゐる連中なら知ツてるでせう?
やはり,季節柄?
キッチソの季節ですなア。

しかし,歴史的假名遣ひでカキコしたらウヨ扱ひされてた頃に較べると,大分變はツた奈...

240 :469:02/08/15 21:46 ID:uVcPNzl0
>■《天声人語》 08月15日
> 新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。厳しい情報統制下とはいえ、戦争
>推進の政府方針に追随し、戦意高揚を図った。その責任は大きいが、貴重な教訓も得た。毎日の
>紙面で誓うわけではないが「あの失敗を繰り返してはならない」と多くの新聞人が思っているは
>ずだ。

確か戦線不拡大の方針が変わったのは、
朝日をはじめとするマスコミが“政府の方針に背いて”戦意高揚を煽ったからではなかった?





241 :文責・名無しさん:02/08/16 01:20 ID:0f4ynEW5
読売・8月16日付・編集手帳
http://www.yomiuri.co.jp/08/20020815ig15.htm

詩酒の間を放浪した歌人、吉井勇は酒席で芸者衆から歌を求められる
たび、かねて用意の一首を披露したという。「粉黛(ふんたい)の仮りの姿と
思へども今宵(こよい)…の美しきかな」。空欄には相手の女性の名前が入る

◆なるほどこれも工夫だろう。落語の世界には、「根岸の里のわび住まい」
の一点張りで、頭に「初雪や」「名月や」と季語をはめ込む横着な俳人が
いる。その名人版と言えなくもない

◆お隣の韓国からも時に接続自在の“便利ことば”が聞こえてくる。
いわく「日本人は歴史をねじ曲げる習性がある」…。その下に
「竹島はわが領土だ」と続くこともある。日本海に浮かぶ日本の領土・竹島
を、韓国は国立公園に指定する方針という

◆「日本海はわが国式に東海と呼ぶべきだ」と続くこともある。日本の
鎖国時代から国際社会で定着している「日本海」の名称を「東海」に
改めるよう韓国は国際機関に働きかけている

◆認識の溝に対話の橋を架けるでもなし、既成事実をただ塗り重ねても、
無用の摩擦を招くだけで益するところはあるまい。便利ことばは声高に
振り回しても、しょせん便利ことばでしかない

◆サッカーw杯の成功で、以前に増して温度を高めた「国威」という名の油。
ひと時、その熱に浮かされているのだとは思えども、今宵、妙に頭の熱く
なった隣人の悩ましきかな。


242 :文責・名無しさん:02/08/16 01:35 ID:ege23+dv
ほう、テレビと新聞で8月15日に仲間割れかよ。(w
小池自身が、戦争中にメディアで働いていたわけでもあるまいし、
たまたま仕事場が、しかもいずれは退職する会社が
新聞社だったというだけで、なかなかぞんざいな書きかたを
するんだな。(w
ま、テレビもラジオも新聞も、五十歩百歩さ。
目くそ鼻くそ。(w
他のメディアの心配してる暇があったら、
てめえの腐った脳天を治しやがれってんだ。
ただし、腐った今のマスメディアの痴話げんかはおもしろい。(w
しかし、本当に今の新聞業界に必要なのは、他のメディア批判ではなく、
NYTimesのような、新聞業界の「自己批判」さ。
自己批判すらできない業界が、何を批判しても、
ちゃんちゃらおかしいだけさ。
日本のテレビも新聞もラジオも腐っている。
バラエティーなんて、本当にパクリだよなと
海外番組を見て、思う今日このごろ。



243 :文責・名無しさん:02/08/16 07:16 ID:vuCwJnIs
>>241
とうとう編集手帳がぶちキレたか…
最後の一文、正直こわい(W

244 :文責・名無しさん:02/08/16 07:21 ID:/Xu1np0b
■《天声人語》 08月16日

 新しい版が出たので『暗黒日記』(清沢洌(きよし)・ちくま学芸文庫)を読み返してみた。
外交評論家の清沢が戦時下につづった日記で、当時の政治や社会を鋭く批判した文章はいまも色あせていない。

 対米戦争に踏み切った東条英機内閣2周年の43年10月には「これくらい知識と見識に欠けた内閣は世界において類例がなかろう」と記した。
軍部や政府へのそうした批判だけでなく、現代にも通用するような議論がちりばめられている。

 たとえば「不思議なのは『空気』であり、『勢い』である」といい、この「勢い」が危険である、と。
世の中の「空気」に左右される。社会の「勢い」に流される。
そんな気質はいまもそう変わっていないのではないか。
その気質を彼は「日本人は感情を食っている人間だ」と表現した。

 大風呂敷を広げ、大言壮語を吐く。
一方で服装の細かいところまで規制し、うるさく言う。
この空虚な精神主義と些末(さまつ)主義との同居が軍人や役人に著しいともいう。
具体的な中身がないから、よけい極端になる。
これまた現代日本でも見られる風景ではないか。

 「英米では反対の意見者が戦時中重視される。
……しかし日本は異なる思想は絶対に受入れることができない」。
人材登用でも、従順な人間ばかり集めるから異論を聞く耳をもたなくなる。
戦争を長引かせ、犠牲を大きくしていった翼賛体制がそうであった。

 当時のような社会がそのまま復活することはないと思う。
しかし当時のような社会になりうる芽を私たちは温存している。
隔絶した時代の話ではない。

245 :文責・名無しさん:02/08/16 07:22 ID:e4de4fr1
■《天声人語》 08月16日

 新しい版が出たので『暗黒日記』(清沢洌(きよし)・ちくま学芸文庫)を
読み返してみた。外交評論家の清沢が戦時下につづった日記で、
当時の政治や社会を鋭く批判した文章はいまも色あせていない。

 対米戦争に踏み切った東条英機内閣2周年の43年10月には
「これくらい知識と見識に欠けた内閣は世界において類例がなかろう」
と記した。軍部や政府へのそうした批判だけでなく、現代にも通用する
ような議論がちりばめられている。

 たとえば「不思議なのは『空気』であり、『勢い』である」といい、
この「勢い」が危険である、と。世の中の「空気」に左右される。
社会の「勢い」に流される。そんな気質はいまもそう変わっていないのでは
ないか。その気質を彼は「日本人は感情を食っている人間だ」と表現した。

 大風呂敷を広げ、大言壮語を吐く。一方で服装の細かいところまで
規制し、うるさく言う。この空虚な精神主義と些末(さまつ)主義との
同居が軍人や役人に著しいともいう。具体的な中身がないから、
よけい極端になる。これまた現代日本でも見られる風景ではないか。

 「英米では反対の意見者が戦時中重視される。……しかし日本は異なる
思想は絶対に受入れることができない」。人材登用でも、従順な
人間ばかり集めるから異論を聞く耳をもたなくなる。戦争を長引かせ、
犠牲を大きくしていった翼賛体制がそうであった。

 当時のような社会がそのまま復活することはないと思う。
しかし当時のような社会になりうる芽を私たちは温存している。
隔絶した時代の話ではない。


246 :文責・名無しさん:02/08/16 07:22 ID:/Xu1np0b
>大風呂敷を広げ、大言壮語を吐く。
>具体的な中身がないから、よけい極端になる。
これまたasahiでよく見られる風景ではないか。


247 :文責・名無しさん:02/08/16 07:23 ID:/Xu1np0b
>戦争を長引かせ、 犠牲を大きくしていった翼賛体制

をになったマスコミは誰なのかと小(略

248 :文責・名無しさん:02/08/16 07:33 ID:v99cJvqK
3

249 :文責・名無しさん:02/08/16 07:44 ID:49xLdEpi
>しかし日本は異なる 思想は絶対に受入れることができない
誤審問題を「嫉妬だ」と受け入れようとしなかったのは誰ですか?

250 :文責・名無しさん:02/08/16 09:00 ID:czlscUx9
>人材登用でも、従順な人間ばかり集めるから異論を聞く耳をもたなくなる。
>戦争を長引かせ、犠牲を大きくしていった翼賛体制がそうであった。

英米との対比で国辱を行っているようだが、先の9.11同時多発テロ以降の
米国での風潮はもう忘れたんだろうか? それとも天人は日本叩き以外の
「異論を聞く耳をもたなく」なってしまったんだろうか?

251 :文責・名無しさん:02/08/16 09:08 ID:8QzLwiQF
今日の天珍
”日本”を”朝日(または痴級市民)”に”社会”を”会社”に置き換えてみると・・・
アラ不思議。

なんだ、そうだったの(w

252 :朝日新聞社内に:02/08/16 10:15 ID:Hbo5uMn2
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 誰か、天人に意見にしてやる奴は居ないのか?

253 :文責・名無しさん:02/08/16 10:24 ID:XRnvg9bb
>たとえば「不思議なのは『空気』であり、『勢い』である」といい、この
>「勢い」が危険である、と。
>世の中の「空気」に左右される。社会の「勢い」に流される。
>そんな気質はいまもそう変わっていないのではないか。

きっと昨日のN捨てで当時「11歳」証言を放送せざるを得なかったスタッフ達
も朝日内部の「空気」に左右され「勢い」に流されたんだろうね。

254 :文責・名無しさん:02/08/16 10:36 ID:crEnkDp5
何から何まで、アカヒに向けて言っている
言葉に聞こえてしまう。>今日の天声

255 :文責・名無しさん:02/08/16 10:45 ID:dTt3JKtV
今日は笑ったよー。
「しかし日本は異なる思想は絶対に受け入れることができない」
「人材登用でも、従順な人間ばかりを集めるから・・・」
ってほんと朝日の事だし・・・。自覚がないのかな。

社説の教科書採択のところでも
「次代を担うこどもたちには、事実を多角的に認識し、自分の頭で判断する
 力をつけてほしい。その点で、この教科書はバランスを欠いており(略)」
朝日さんも相当バランスを欠いておられますです。

256 :文責・名無しさん:02/08/16 10:54 ID:PPmUGVKR
やっぱり、オマエモナーとしか言えないよ・・・・・・・

257 :鸚鵡返ししか出来ないのかといわれそうだが:02/08/16 10:59 ID:Hbo5uMn2
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 本当に、朝日の現状を的確に言い表してんだもんなぁ。

258 :文責・名無しさん:02/08/16 11:08 ID:D/VScc8u
今日の天珍はネタにしか見えん・・・
256みたいなレスを待ってるんだよ

259 :nimda:02/08/16 11:25 ID:IDUoB05l
>>255
以前マス板のどこかで見たが、朝日の試験問題には笑った。

でも、
昔、朝日の人事関連にいた人を知っているが、その人はいたって
普通なんだよなぁ。
組織を運営する方だから、きちんと現実を直視しなきゃならないので、
多少保守的と言ってもいい。編集関係が現実を見れてないのかなぁ?

ところで、今朝の天人なんだけど、国旗を引きずり下ろし、議長席を
選挙した横浜市議と言ってることの根っこは一緒だね。

「少数派の意見が反映されない!許せない!むき〜っ!」

って感じ。民主主義は多数決だっちゅうの。

朝日は、自分は大企業のクセに、弱者の見方です!みたいなフリを
するから、余計に滑稽なんだよな。

260 :文責・名無しさん:02/08/16 11:27 ID:/4+5w7yj
というか「しかし日本は異なる思想は絶対に受け入れることができない」
と述べたコラムの裏側(社説)で従来と異なる教科書を異端審問しているもんなぁ。
非常に一貫性のある本日の紙面でした。

261 :文責・名無しさん:02/08/16 11:33 ID:Po/PfQ8f
>>259
今日、うちに届いた共産党横浜支部のチラシの見出し。
『あまりにもひどい』(ギザギザの赤ふきだし)
『議員「除名」など「多数」の横暴』
『●議定に日の丸掲揚、少数会派の発言時間削減も』
『少数意見を尊重する横浜市会へ』
『民主主義を取り戻します』

共産党の見解だと、多数決は民主主義ではないらしい。


262 :nimda:02/08/16 11:43 ID:IDUoB05l

>>260

そうはっきり書かれると‥‥‥確かに(w。

>>261

朝日とは関係ない(思想的には一緒だが)けども、

除名された二市議、井上さくらと与那原寛子は、除名を取り消すように

訴えるといきまいていましたが、どうなりました?

これでもし除名が取り消しになったら、民主主義の議会は、議長席の
占拠という暴力的行為によって自由に出来ることを示すわけですよね。

263 :文責・名無しさん:02/08/16 11:57 ID:crEnkDp5
>>259
少数意見を尊重しなきゃいけないのはホントでしょ。
多数決だからこそね。単に「自分たちの正しい意見が
通らないのは許せないー、キーッ!」ってだけだと思われ。
逆に自分たちの意見が多数になったら、「多数決で
決まったことにゴチャゴチャ言うな」と言い出すに
決まってるよ。それこそが朝日!

264 :文責・名無しさん:02/08/16 12:45 ID:mNcucFcU
天人子は,本勝の謂ふやうな植民地型智識人なンだなア,と思ふ次第。

それと,役人が大言壮語を吐く,つふコトを謂ツてゐるが,ロクにパブコメとか
通達讀まないで書いてゐるのは新聞社のはうぢやないかな?

265 :コピペ:02/08/16 17:37 ID:nJDUZ7iY
■《天声人語》 08月15日
▼毎年この日を迎えると、必ずある人を思い出す。八月十五日、終
戦記念日。朝目覚めると、いの一番に思い出す。珍粕臭さんである。
▼彼女に初めて会ったのは、炎天の横浜市内だった。一九二二年、
中国の当時の首都、南京市に生を受ける。九歳のとき、満州鉄道を
日本広東軍が爆破し南下を開始。中国統一解放軍と日本軍が本格衝
突し日中戦争が勃発したのは十五歳のときだ。
▼南京虐殺のとき、珍さんは後ろ手を縛られ背後から頭部を銃で五
発撃たれるが、命をとりとめる。十八を迎えた頃、南京で失った母
親の兄を頼り朝鮮半島へ。すぐに従軍慰安婦として強制連行され、
広島の日本軍施設へ。「一晩に三千人の相手をしたこともあった」。
▼終戦近い四十五年八月六日午前八時過ぎ。世界が忘れないおぞま
しい朝だ。爆心地から五十メートル足らずの路上で被爆。頭髪はす
べて失われて失明、手の指先がだらだらと足元まで垂れ下がる。が、
一命をとりとめる。
▼「二度も失いかけた命」。そう言い残して、戦争の惨禍を世界に
訴えるため、珍さんは日本を発った。九二年、ちょうど七十歳。今、
珍さんが生きていればちょうど八十歳。
▼「備えあれば憂いなし」の号令のもと、先送りになったとはいえ、
有事立法が強行採決されようとしている。しかし、前のめりの「備
え」が、かえって「有事」を招く結果になりはしまいか。
▼珍さんがもし彼の国の再軍備を知ったら、何というだろうか。

■08月17日 夕刊二面 再下段
 八月十五日付「天声人語」に登場した珍粕臭について、日本退役
軍人協会より「実在しない、事実と異なる」との講義を受けました
が、朝日新聞としてはその指摘に反論しない旨を決定、ここに報告
します。


266 :文責・名無しさん:02/08/17 06:06 ID:rmCPnNec
>>265
>南京虐殺のとき、珍さんは後ろ手を縛られ背後から頭部を銃で五発撃たれるが、命をとりとめる。

ワラタ

267 :文責・名無しさん:02/08/17 06:10 ID:L0e9H9dt
天声人語ってホント凄いタイトルだよな、いつも思うんだけど。。。
人の言葉による天の声?
あれは朝日新聞車員が書いてるの?解説委員みたいな嘱託か?
いずれにせよ、凄いタイトルだよなぁ。。。
書いてる人はぜんぜん恥ずかしいとか思わないのかな??
天の声、て。。。。

268 :文責・名無しさん:02/08/17 06:36 ID:XgBEkqxE
■《天声人語》 08月17日

 先日、オーストラリアで進められている「世界一長い物理実験」を紹介した
ところ「もっと長い実験があります」と便りをいただいた。

 一つは英国の研究所で159年前から続いている実験で、肥料の種類に
よって作物がどんな影響を受けるかを調べてきた。ビクトリア朝が始まった
ばかりの1843年から20世紀の二つの大戦をくぐり抜け、3世紀に
またがって続けられている。

 実験はだんだん広がり、いまでは有害物質の影響から地球温暖化による
影響まで多分野で最先端の科学と連携している。その資料室が宝庫である。
実験開始以来の20万もの試料が保存されている。世界中の科学者が
恩恵を受けているそうだ。

 現地を訪れたことのある農業工学研究所の袴田共之さんは畑の土を
なめさせてもらったそうだ。「日本の土にはないような甘さと酸っぱさと
舌触りを感じた」。そして「これだけ息の長い実験は残念ながら日本には
ないでしょう」と。

 英国の実験に比べると、開始はずっと後になるが、相当息の長い実験が
日本にもある。約60年に1回といわれる竹(モウソウチク)の開花とそれに
伴う枯死の仕組みを解明しようという実験で、30年に東大農学部の
千葉演習林で始まった。それから67年後の97年に開花を見ることが
できた。次は2060年ごろになるだろうか。300年がかりの実験だそうだ。

 「研究者も業績づくりに追われがちの昨今、学生や子孫に結果を見届け
てもらうような雄大な実験ができると楽しいのですが」とこの実験を紹介して
くれた東京農大の夏秋啓子さん。


269 :災難でしたね袴田共之さん:02/08/17 06:40 ID:F/nRuPGH
>>268
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 第5段落で、第4段落の最後の発言を否定してるのはご愛嬌。

270 :文責・名無しさん:02/08/17 06:44 ID:ogBkXuIs
純粋に「天声」だけでいいと思う。
天から聞こえた声を、そのままに綴ったと言われれば、
あの文章や内容、マジカルバナナについて納得しやすいと思う。

271 :文責・名無しさん:02/08/17 06:53 ID:AQo4Fbc1
>>270
それは”電波”と俗に言われるものでは・・・・・・・・

272 :文責・名無しさん:02/08/17 07:01 ID:XgBEkqxE
>一つは英国の研究所で159年前から続いている実験で、肥料の種類に
>よって作物がどんな影響を受けるかを調べてきた。ビクトリア朝が始まった
>ばかりの1843年から20世紀の二つの大戦をくぐり抜け、3世紀に
>またがって続けられている。

これは、継続している行われている一つの「実験」ではないんじゃないの?
単に、継続して行われている「研究」ではないかと。


273 :文責・名無しさん:02/08/17 14:54 ID:tBxBOl14
>>272
天人子は實驗と研究の區別が附いてないのでせう。
朝曰の科學オンチには非道いモノがアリマスからねヱ。

274 :文責・名無しさん:02/08/17 15:30 ID:mLrCP1vh
第5段落で、西暦末尾二桁表記の限界が・・・。
もうひっこめりゃいいのに。

275 :小房:02/08/17 19:00 ID:jJ6z4m1K
 別に100年続いた実験くらい日本でもあるが。

ttp://www.y-takeuchi.co.jp/page021.html

 間違っても土木事業の感動話なんかしちゃいかんのだろうが。


276 :文責・名無しさん:02/08/17 23:18 ID:AVk8FGJ1
読者からのレスへのレス+αで一日分の文章が埋まった!

・・・と喜びながらそそくさと家路を急ぐ天人であった。

277 :ミ,,゚Д゚彡y━~~ :02/08/18 07:33 ID:Dt8xUd24
■《天声人語》 08月18日

☆青くて美しいはずのドナウ川が濁流となってヨーロッパの街を襲っている。エルベ川も増水してドイツの
古都ドレスデンなどを水浸しにした。チェコではブルタバ(モルダウ)川がプラハの街を水浸しにし、冠水した
動物園ではゾウやライオンなどの射殺に追い込まれた。

☆さらに東では、ロシアの黒海沿岸で大きな洪水被害が出ている。いずれも記録的な豪雨のせいらしい。
ドイツやオーストリアでは観測史上最高の降水量を記録したところも多いようだ。

☆ヨーロッパやロシアだけではない。中国では6月以来、洪水被害が増え続け、被災者は5400万人に
のぼるという。南アジアでも大雨の被害が続出している。その一方、中国や南アジアでは地域によって
干ばつが深刻化しているそうだ。

☆こうして見てみると、地球温暖化に伴う異常気象の警告と一致することが多い。各国の温暖化についての
専門家でつくられている「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が出した最新の報告書は、こんな指摘
をしている。

☆「地球全体で降水量が増加する。豪雨の頻度が高くなる。ヨーロッパのほぼ全域にわたって河川洪水の
危険が増大する。温帯及び熱帯アジアでは洪水、干ばつなどの異常現象が現に増加している」。

☆今度のヨーロッパの洪水について、ドイツの環境相は「これ以上事態を悪くしないために、温室効果ガスの
削減に努めなければならない」と温暖化と結びつけて発言した。だれも温暖化が原因だと断定はできない。
しかし、このごろ地球規模で気候が変だとの思いは強い。

278 :文責・名無しさん:02/08/18 07:37 ID:WtwSgmXS
>>277
今日のは別人かな?
内容はともかく、文章にはハリがあるような気がする。

今日の産経も、同じ話題だけど、
めずらしく負けていないかも。

279 :にしては、2・3段落連続で「ようだ」「そうだ」ってのが気になるが:02/08/18 07:39 ID:Dt8xUd24
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 今日は別におかしいとこ無いんじゃねえの?事実書いてるだけだし。

280 :文責・名無しさん:02/08/18 07:43 ID:WtwSgmXS
>>279
確かに、「ようだ」「そうだ」は気になるが、
K君なら、最後を「思いを馳せた」で締めるはず(w

なんか、ひさびさに「コラム」を読めたよ。
ありがとう、天人。

281 :文責・名無しさん:02/08/18 08:19 ID:1abh6nnA
>温帯及び熱帯アジアでは洪水、干ばつなどの異常現象が現に増加している
今日の天人の要旨は、
洪水に備えて、今のうちにダムを造っておけっていうことなの?
外観重視の日本橋の造り替え然り、最近は積極的に公共事業推進に勤しんでいるね。

282 :文責・名無しさん:02/08/18 09:06 ID:T3h6Wii3
>>278 こっちのが天声人語みたいだ。
産経抄

忘れたころにやってきたのは日本の天災だけではなかった。中東欧を
襲っている大洪水だ。チェコを流れるモルダウ(ブルタバ)川の水位は
ようやく下がりつつあるが、一時は古都プラハの街並みが濁流にすっぽり
とのまれてしまった。

 ▼プラハは小説家カフカが生まれ、生涯の大部分を過ごした町である。
無二の親友マックス・ブロートの『フランツ・カフカ』によれば、若いころの
カフカは夏、モルダウ川で泳ぎ、ボートに乗るのを好んだ。病弱な印象の
強いカフカだが、川は心身を快活にしたようだ。

 ▼特にブロートとはボートの上で、時にケンカ別れするほどの激しい議論
を繰り返した、という。それが『城』などのカフカの思想を形成していったと
言ってもいいだろう。いわば、モルダウ川がカフカの小説を育(はぐく)んだの
だが、今その流れがプラハ市民を襲ったのだ。

 ▼欧州を旅行した日本人は、その川の情景に驚く。川幅の広さやゆったり
とした流れ、行き交う船の多さである。日本人が暴れ馬のように川を飼い
ならし、治めてきたのに対し、こちらはおだやかな流れを利用し、川に育て
られてきた。気候や地形の違いである。

 ▼しかし、そんな母親のような流れも「百年に一度」の大雨にあえば
これほどの牙をむく。流れがゆるやかなだけに一度氾濫した水はなかなか
引かないのだともいう。これはもう、自然の脅威に畏怖せざるをえないが、
カフカは日記に次のような言葉も残している。

 ▼「激しい雨。この雨に身をさらして立ち、鉄(くろがね)の雨足の貫くに
任せよ。…でもちょっと立ち止まれ、身体をまっすぐに起こして待つがよい、
突如として無限の光を注ぐ太陽を」。精神の絶望に対して述べた警句で
あるが、ここは文字通り太陽を待ちたい。

283 :文責・名無しさん:02/08/18 10:11 ID:HO+5KkvA
ちなみに、今はどうだか知らないが、「美しく碧きドナウ」が作曲された
頃のドナウ川は茶色くて汚かったそうで(w

現在は美しく青くなったのでしょうか?


284 :文責・名無しさん:02/08/18 11:55 ID:fxRKtays
なんか普通のコラムというか、あまりに普通すぎて逆に不安に陥った
私は重度の天人中毒なのかなぁ・・・・・・・・


285 :文責・名無しさん:02/08/18 18:49 ID:ZzRnRyZU
痛々しいな(わら
日々を引き合いに出して、朝日の煽動の罪を相対化しようとしてる奴。
そもそも、天人が他社を巻込んで弁明を書くのがおかしいのだ。

他の板でよく見られる香具師業者書き込みの見本みたい(わら

「聯盟よさらば」は教科書に出て来る典型的な戦争翼賛朝日記事なのだが(わら

286 :文責・名無しさん:02/08/18 19:48 ID:V9ixRWpp
青くて美しいはずのドナウ川

↑朝日的バカさに爆笑

澄んでいるはずの中国人の瞳とか、

287 :文責・名無しさん:02/08/19 00:19 ID:72z09SBd
温暖化が二酸化炭素のせいだというのはただの仮説の一つにすぎないなのに
マスコミが騒ぐせいで常識になってるのがちょっとな・・・

288 :nimda:02/08/19 01:50 ID:aL5O9Gq9
>>287
「地球温暖化で世界の島が消える」
http://japanese.joins.com/html/2002/0818/20020818200333400.html

赤道と日付変更線が交差する付近の島国トゥバル。この国の国民およ
そ1万1000人が「環境難民」の危機にひんしている。
(中略)
先進各国は温室効果ガスの排出量を義務的に平均5.2%ずつ減ら
すことで97年合意した。だが自国の産業保護論理と先進国−開発途
上国間の利害がぶつかり、実践は見送られている。
全体温室効果ガスの22%を排出している米国は京都議定書の脱退
を宣言しており、この10年間「世界の工場」で大量の温室効果ガスを
排出した中国は開発途上国に分類されて規制対象から外れた。

国際社会が10年間実践策も打ち出せずいる間、温室効果ガスの排
出量は着実に増え、地球はますます温暖化している。
--------------------------------------
要約:アメリカと中国のせいニダ!ウリナラは悪くないニダ!

289 : :02/08/19 01:57 ID:QeWEWcDW
近くの図書館で、語学のコーナーに天声人語が置いてありました
それは違うだろ

290 :nimda:02/08/19 02:02 ID:aL5O9Gq9
>>289

「悪文の構造」 千早耿一郎著 木耳社  \1,300  
ISBN0377-11279-8402

の隣に置いてあるらしい(w

291 :くすかもんめ:02/08/19 02:25 ID:sbAqzZs/
あっそうですか。分かりました。

292 :文責・名無しさん:02/08/19 07:10 ID:XoI1a8tn
今日の天声人語も「普通」だ…
つまらん

293 :文責・名無しさん:02/08/19 07:45 ID:/gH7pt5h
■《天声人語》 08月19日

 「イエスとはいえないし、ノーでもない。思い出せないんです」。
歯切れのよさで売ったウォール街の名士らしからぬ光景が、テレビに映し出された。

 次々と暴かれる米国の企業不正は、さまざまな人生を暗転させる。
通信業界を担当した証券アナリスト、ジャック・グラブマン氏はその代表格だろう。最先端の技術に支えられた情報通信産業が、米国を引っ張ってきた。業界に人脈を張り巡らせたグラブマン氏はもてはやされ、人々は彼のご託宣に耳を傾けた。

 とりわけ、全米第2の長距離通信会社ワールドコム社とのつきあいは深く、取締役会に呼び込まれるほど。帳簿上のやりくりで利益を大きく見せる同社の不正は、数年前から続いていた。
それなのに経営陣が業績の落ち込みを認めるまで、当人は同社株を薦めていた。

 7月上旬、議会の公聴会に呼び出されたグラブマン氏に突きつけられたのは、「悪魔の選択だった」とアナリスト仲間は振り返る。不正を知りながら、薦めていたなら共犯者。
内情を知らなかったと言い張れば、相手に踊らされていた愚かさを認めたことになる。

 ワールドコム幹部らに値上がり確実な銘柄を融通した疑惑への関与も問われる。針のむしろに座らされた本人はしどろもどろになり、冒頭の発言を繰り返した。
年俸2千万ドルを誇ったグラブマン氏は「不当な中傷で仕事が続けられない」との手紙を残し、先週、職場を去った。

 仕事先に食い込むのは大事でも、なれ合いや甘えに走れば、手痛いしっぺ返しが待つ。
証券の世界ばかりの教訓ではない。


294 :文責・名無しさん:02/08/19 07:46 ID:/gH7pt5h
馴れ合いに走らず、子会社の社員が起こした強姦事件にちゃんと触れてほしいもんですな。

295 :文責・名無しさん:02/08/19 07:48 ID:sf2u6tFV
昨日に続いて普通のコラムですね。
アメリカのITバブルがはじけたよー、ということでしょ。

> 仕事先に食い込むのは大事でも、なれ合いや甘えに走れば、手痛いしっぺ返しが待つ。
>証券の世界ばかりの教訓ではない。

天人もなー

296 :文責・名無しさん:02/08/19 08:37 ID:K0jkrXvR
>293
天声レベルでは合格点でしょうね。
もうちょっと突っ込んで欲しいけど。自社とか。

297 :文責・名無しさん:02/08/19 10:03 ID:VBYk+/Tm
どーでもいいが、倒置法が好きだな、と思う。天声人語のことだ。駄文を
化粧で美しく見せようという努力をしているようだが、その効果のほどには
疑問が残る。天声人語の文章を思うと、ワールドコムやエンロンで行われた
「粉飾」決済のことを思い出す。

台風が接近中です。コロッケのご準備を。

298 :nimda:02/08/19 10:20 ID:WijWfnY1
                 ┌─┐
                 │日│
                 │本│
                 │は│ 天人、突っ込みようがないよ〜
                 │反│ 普通過ぎる‥
                 │省│
                 │し .|  8/15が終わって真っ白に
                 │る .|  燃え尽きてしまったのか?
      シル!!     シル!!   │ !!.│
                 └─┤    プンプン
    ヽ<`Д´>ノ ヽ<`Д´>ノ <`Д´>ノ    < `Д>
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎

299 :文責・名無しさん:02/08/19 10:21 ID:ZIlQcmai
◆自治スレ発業務連絡

朝日スレッドはなるべく以下に集約する方向で話がまとまりつつあります。
賛成であれば誘導よろしこ

1.やっちゃった!今日の朝日のドキュン記事 その11
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1027427523/l50
2.☆★☆朝の娯楽☆天声珍語ここがおかしいPart6
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1028931343/l50
3.○●○朝日の社説 Ver.2
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1023392798/l50
4.新規に
朝日の捏造誤報総合スレッド
5.▲▲▲ なぜ朝日には性犯罪者が多いのか?▲▲▲
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1027911207/l50
6.朝日の基地外投稿 第32面【ネタ投稿禁止】
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1028547149/l50
7.朝日新聞不買運動が広がってます!その2
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1027245822/l50
7.■朝日新聞の広告主にご挨拶しようPart4■
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1006351574/l50
番外▼大東亜戦争時の朝日新聞の記事内容▼ 
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1023712653/l50


300 :文責・名無しさん:02/08/19 10:59 ID:ZIlQcmai
なお、>>299の判断にあたっては
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1028974216/355-359
のリストにある朝日関連スレッドを検討しています。

で、ついでに300ゲット。

301 :文責・名無しさん:02/08/19 21:19 ID:6d9hZkrd
「青くて美しいはずのドナウ」で思い出したが、天人が宣伝してた
ウォルマートが水没する危険があるそうだ(W
なんでもflood plain 氾濫原 (洪水時に水没する)上に店の施設があるらしい(W

朝日法則がまた一つ

302 :文責・名無しさん:02/08/19 21:27 ID:OVZzpJIo
アサヒの歴史がまた1ページ・・・

303 :ソース:02/08/19 21:37 ID:yLfsCw2t
>>301
Court says Wal-Mart illegally built on flood plain


August 2002

U.S. Water News Online

http://www.uswaternews.com/archives/arcrights/2cousay8.html.

304 :文責・名無しさん:02/08/19 22:11 ID:JADjCR7W
「窓」も痛い。
シバ神は単なる「破壊の神」ではなく、「創造と破壊の神」だろ。
朝日信者が信じてしまうじゃないか>朝日


305 :文責・名無しさん:02/08/19 22:27 ID:XgCbWTpd
今日も駄文だ。

>不正を知りながら、薦めていたなら共犯者。
内情を知らなかったと言い張れば、相手に踊らされていた愚かさを認めたことになる。

↑北朝鮮の共犯者か、踊らされていた愚か者なのか>朝日

>「不当な中傷で仕事が続けられない」

朝日の2ちゃんねる評を彷佛とさせますな(W

>仕事先に食い込むのは大事でも、なれ合いや甘えに走れば、手痛いしっぺ返しが待つ。
証券の世界ばかりの教訓ではない。

↑「地上の楽園」記事とか文革礼讃記事とかを反省せよ>朝日

306 :スレ違いかもしれないが。:02/08/19 22:32 ID:6PWDO+R+
ところで「窓」の シヴァ神→長野知事選 っていう連想の仕方は凄いなと。
こういうほとんど関連のない事柄を無理やり引っ付けるやり方はやくみつるっぽい。

307 :文責・名無しさん:02/08/20 07:11 ID:JeTtkBXm
■《天声人語》 08月20日

 市民共同発電所というのが増えてきた。
環境にやさしい太陽光発電などを手がけてみたい。
でも何百万円も出せないし、パネルを並べる屋根もない。
そんな人たちがお金を出し合ってつくった設備である。

 94年に宮崎県串間市に誕生した「ひむか1号くん」が最初。
地球温暖化問題への関心の高まりとともに多くなり、全国で30カ所ほどになった。
風力もあるが、大半は5キロワット前後の太陽光発電所だ。

 体験や悩みをぶつけ合い、より大きな流れにしようと、初の全国フォーラムが先頃、琵琶湖畔で開かれた。
1泊2日、手弁当の交流会にどれだけ参加するか主催者をやきもきさせたが、北海道から九州まで200人近くが集まった。

 「発電所は節電所。生産者になると、省エネルギーの大切さを実感できる」
「環境を大事にする教育の中核施設にしている」
「電気がいとおしくなった」。
滋賀県の若い町長は「繊維産業は空洞化し、里山は荒れる。地方が貧しくなる今の方向を、自然エネルギーの利用で逆にしたい」と語った。

 印象的だったのは「犠牲的精神だけでは運動は広がらない」という声が少なからず出たことである。
発電コストと電力会社への売電価格との差が大きいため、出資者への還元に何十年もかかる。
後の世代まで屋根を貸してくれるか。
夢を追ってばかりではだめだ。
そんな現実論は運動が定着し始めた証しでもあろう。

 自然エネルギーの普及は、地域社会の再生から地球の将来にまで有益だ。
発電原価で買い上げるなど「損をさせない」仕組みが必要だと思う。


308 : :02/08/20 07:12 ID:54+TTyBq

820、おい、なぜ天声人語をここにはりつける。
おかしいんじゃない?

309 :文責・名無しさん:02/08/20 07:12 ID:GcapVObS
■《天声人語》 08月20日

 市民共同発電所というのが増えてきた。環境にやさしい太陽光発電などを
手がけてみたい。でも何百万円も出せないし、パネルを並べる屋根もない。
そんな人たちがお金を出し合ってつくった設備である。

 94年に宮崎県串間市に誕生した「ひむか1号くん」が最初。地球温暖化問題への
関心の高まりとともに多くなり、全国で30カ所ほどになった。風力もあるが、大半は
5キロワット前後の太陽光発電所だ。

 体験や悩みをぶつけ合い、より大きな流れにしようと、初の全国フォーラムが先頃、
琵琶湖畔で開かれた。1泊2日、手弁当の交流会にどれだけ参加するか主催者を
やきもきさせたが、北海道から九州まで200人近くが集まった。

 「発電所は節電所。生産者になると、省エネルギーの大切さを実感できる」
「環境を大事にする教育の中核施設にしている」「電気がいとおしくなった」。
滋賀県の若い町長は「繊維産業は空洞化し、里山は荒れる。地方が貧しくなる
今の方向を、自然エネルギーの利用で逆にしたい」と語った。

 印象的だったのは「犠牲的精神だけでは運動は広がらない」という声が少なからず
出たことである。発電コストと電力会社への売電価格との差が大きいため、出資者
への還元に何十年もかかる。後の世代まで屋根を貸してくれるか。夢を追ってばかり
ではだめだ。そんな現実論は運動が定着し始めた証しでもあろう。

 自然エネルギーの普及は、地域社会の再生から地球の将来にまで有益だ。
発電原価で買い上げるなど「損をさせない」仕組みが必要だと思う。


310 :文責・名無しさん:02/08/20 07:15 ID:JeTtkBXm
>>308
自爆ですか?

311 :文責・名無しさん:02/08/20 07:54 ID:kLV3dGC4
 市民、環境
 地球温暖化問題
 体験や悩み
手弁当
環境を大事にする教育
 「犠牲的精神だけでは運動は広がらない」
現実論
運動
朝日的キーワードが多いな(わら

312 :文責・名無しさん:02/08/20 07:58 ID:QNq9LMFk
>>309
なんだこれは?
リアル厨房の夏休みの宿題か?

313 :文責・名無しさん:02/08/20 08:40 ID:xfuoo0j3
《天声人語》 08月18日

☆青くて美しいはずのドナウ川が濁流となってヨーロッパの街を襲っている。エルベ川も増水してドイツの
古都ドレスデンなどを水浸しにした。チェコではブルタバ(モルダウ)川がプラハの街を水浸しにし、冠水した
動物園ではゾウやライオンなどの射殺に追い込まれた。

☆さらに東では、ロシアの黒海沿岸で大きな洪水被害が出ている。いずれも記録的な豪雨のせいらしい。
ドイツやオーストリアでは観測史上最高の降水量を記録したところも多いようだ。

☆ヨーロッパやロシアだけではない。中国では6月以来、洪水被害が増え続け、被災者は5400万人に
のぼるという。南アジアでも大雨の被害が続出している。その一方、中国や南アジアでは地域によって
干ばつが深刻化しているそうだ。

☆こうして見てみると、地球温暖化に伴う異常気象の警告と一致することが多い。各国の温暖化についての
専門家でつくられている「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が出した最新の報告書は、こんな指摘
をしている。

☆「地球全体で降水量が増加する。豪雨の頻度が高くなる。ヨーロッパのほぼ全域にわたって河川洪水の
危険が増大する。温帯及び熱帯アジアでは洪水、干ばつなどの異常現象が現に増加している」。

☆こんな中、お隣韓国では沈みそうな東海(日本海)の小島、独島(竹島)を救おうという運動が行なわれて
いる。このまま平均海面が上昇すれば、西暦2300年頃には沈んでしまう小島であるため、国立公園に
指定してその保護をしようというものだ。このささやかな勇気に拍手を送るとともに、大小数千の島からなる
わが国がいったい、何をしているのか再考したい。


314 :文責・名無しさん:02/08/20 08:56 ID:JeTtkBXm
>>313

part4の729さんのレスです。
>天人の文をフェイクするなら、【天声人語】として出してはだめです。
>他の名称で出さなければ、法に触れます。著作権、意匠権。無いとは思うが、名誉毀損。
>先の全文コピペは如何なものかと思うが、朝日から「止めろ」と言われたので有れば、
>湾曲、捏造した文なら尚の事指摘が入り、このスレが削除対象に成ります。
>例えば、【地声貧語】みたいに、題字を変更してカキコされたし! 

よろしく

315 :電気代が上がるだけじゃボケ:02/08/20 10:09 ID:qDPww44h
>>309
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 「損をさせない仕組み」だと?そんな都合のいい話があるか!

316 :nimda:02/08/20 10:34 ID:V7qffzJt
>そんな現実論は運動が定着し始めた証しでもあろう。

たしかに、いわゆる朝日的市民は現実を見てないよな(w

まぁ、現実を見るようになったら、少しは妄想や寝言は減るかも
しれないから、どんどんやってくれ。

317 :コストがかかる上に安定供給できんから火力や原子力に頼ってんだろ:02/08/20 10:38 ID:qDPww44h
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 太陽発電で儲かるなら、電力会社が既にやってるつーの。

318 :文責・名無しさん:02/08/20 10:58 ID:JeTtkBXm
>>315
出資法違反ですか?


319 :文責・名無しさん:02/08/20 11:33 ID:YNQZaNHg
>>309
こんなのが有りました。

>小売り電力に自然エネルギー枠・通産省検討
>通産省は電力会社に年間小売電力量の一定割合を風力、太陽光など自然エネルギ
>ーの発電電力で賄うことを義務づける制度を導入する方向で検討に入った。総発
>電量の0.6%にとどまっている自然エネルギー発電の比率を2010年度に2%程度
>まで引き上げ、発電所立地が停滞する原子力発電の穴を少しでも埋めるのが狙い。政府が自然エネルギー発電実績の証明書を発行する制度を導入する案が有力で、義務枠を超えて発電した電力会社は他社に証書を転売して費用を回収できる。
>自然エネルギーは発電コストの高さが普及の障害になっているが、地理的条件を
>備えた電力会社に発電を集中してコストの引き下げを促す。それでも吸収できな
>い場合は電気料金への転嫁を認める。通産省は総合エネルギー調査会(通産相の
>諮問機関)の新エネルギー部会で今月から義務枠の具体案の検討に着手してもら
>い、2―3年後の導入を目指している。新制度は、ごみ焼却時の熱や火山地域の
>地熱を使う発電も対象にする。ダム開発に自然破壊が伴いがちな水力発電は除く
>方向だ。


320 :文責・名無しさん:02/08/20 11:43 ID:YNQZaNHg
319のソースは見つからなかったが
オーストラリアの取り組みに関するソースが見つかったので添付する。

ttp://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/822/822-1.html

321 :文責・名無しさん:02/08/20 11:46 ID:YNQZaNHg
ttp://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/822/822-1.html

 オーストラリア連邦政府は、電力供給業者に再生可能エネルギー証明書の取得を義務づける
再生可能エネルギー法を2001年に発足させるが、これに先だって各州レベルでも温暖化対策の
ための行政機関を新たに設置し、新政策やプロジェクトを打ち出すなど、対応強化を図っている。

連邦政府、再生可能エネルギー法を2001年にスタート
 最大出力100MW以上の送電線網上の電力卸売業者には、2001年から再生可能エネルギー証明書の
取得が義務づけられる。これは電力供給量のうち再生可能エネルギーが占める割合を2010年までに
2%増やすというオーストラリアの目標達成を促進することを目的としたもの。

 証明書は、他の事業体から再生可能エネルギー及び関連証明書を購入するか、すでに証明書を取得し
た事業体または再生可能エネルギーを生産することによって証明書を取得した事業体から証明書だけを
購入することで、取得可能となる。この計画は2010年までに再生可能エネルギーを9,500GWh増産
することを目標としており、それまでの中間目標を数多く包含したものとなっている。


322 :文責・名無しさん:02/08/20 12:48 ID:mYjkwrbi
同じ我々の電気料金を使うんなら
プロ市民の発電所ごっこに対してではなく、太陽光発電の低コスト化等、
実用化に向けての研究を援助する方がまだ有効な使い方ではないでしょうか。

省エネルギー意識を高めるためのモデル的な太陽光発電は確かに意義があると
思うけど、今のコスト構造の下ではあくまでも教育的なデモどまりでしょ。


数日ぶりのイタい天声人語を読んで、天人の盆休みが明けたことを知る
2ちゃんねらーであった。

323 :文責・名無しさん :02/08/20 13:15 ID:fbIIlUwd
塵も積もれば山になるというが、
自然エネルギーって本当にしょぼい塵なんだよね。

324 :文責・名無しさん:02/08/20 13:17 ID:vyH0sqpk
支那の文革の時にはやった家庭用の鉄鋼炉を思い出したよ。

325 :文責・名無しさん :02/08/20 13:20 ID:fbIIlUwd
まあ地球温暖化のこと考えたら、
そんな塵にすら頼らないと解決は無理なんだが。

326 :文責・名無しさん:02/08/20 14:59 ID:E5yYUEja
(08月20日)
> 発電コストと電力会社への売電価格との差が大きいため、
> 出資者への還元に何十年もかかる。

発電コスト << 売電価格
差が大きければ、すぐ還元できるはず。
発電コスト >> 売電価格
この場合は何十年かかっても還元できない。


327 :文責・名無しさん:02/08/20 17:17 ID:7AmJmXDy
太陽光発電って初期投資はともかく発電コストがでかいのか?

328 :文責・名無しさん:02/08/20 17:35 ID:b6n1ND5B
>>327
というか、まず天候に左右されるし、夜には無用の長物になるんだが・・・・・>太陽光発電
24時間体制の火力や原子力に比べたらコストの割合がすぐにでると思うんだけど。

329 : 卑怯者 産経信者 反省しろ:02/08/20 17:58 ID:54+TTyBq
卑怯者 産経信者 反省しろ
産経は提訴されれば負ける、脇の甘い取材で有名な会社です。
取材だろうが、記者の質だろうが、労務体質だろうが、

銀行も、生保も、証券も、鉄鋼も、各種メーカーも
リストラ大再編の時代ですが、
次は、新聞業界では?
新聞業界で7位(東日本でわずか82万部)の産経(中日新聞より下!!!!)は、
赤字体質で、記者の質も悪く、
読者の質も2ちゃんねるでよくおわかりのように大変たちが悪く、
生き残れないでしょう。
読者獲得のために、朝日の悪口を言って、本当に自分たちが浮上すると
思っているのかな?
よくいるでしょ?人の悪口ばっかり言って
自分の悪事を棚に上げて騒いでいる醜い人って。
それが産経読者と産経記者だね、ここでは。
   

330 :文責・名無しさん:02/08/20 18:00 ID:kdvkduEg
>329

朝 日 必 死 だ な

としか読めないです。

331 :小房:02/08/20 19:11 ID:GjxaL2Gj
>>328
 日本で一番電力消費がでかいのは夏の盛り、某新聞社等がやって
いる例の国民的スポーツをみなさんが観戦している時間で、この需
要を満たす為に平均を遥かに越える発電力を確保することが電気
のコスト高につながっていたりする。
 太陽光発電はこのピークを削る役目は果たすわけで、朝日が
太陽光発電を推進するのはすっかり辻褄あってたりするが、
おそろしく品性下劣な話だな、それ。


332 :文責・名無しさん:02/08/20 21:14 ID:hEgnE4HA
朝日夕刊によれば、発電設備会社が倒産していた。

朝日の歴史が、また1ページ、、、


333 :文責・名無しさん:02/08/20 21:16 ID:o6IjYxSK
要するに、
夏の高校野球を廃止する、
少なくとも秋の高校野球に変えれば、
電力消費量は抑制されるって言うことですね。

334 :文責・名無しさん:02/08/20 21:23 ID:kMkZGz02
高校野球の延期は、地球温暖化防止にも効果あり。


335 :文責・名無しさん:02/08/20 21:25 ID:8X/gCrvO
高校野球を利用している朝日の視点で見てどうする。
利用されている可哀想な高校生の視点で見てやれよ。

336 :文責・名無しさん:02/08/20 21:32 ID:mTM1iTPW
軍靴の足音、マル刈り←臨戦体制を彷佛とさせる

一番熱い炎天下で軍国少年もどきをしごくのもいいけど、
小中学生が日射病で死ぬいたましい事件の原因の一つが夏の高校
野球の放送だと思う。

337 :文責・名無しさん:02/08/20 21:42 ID:wDuiwkOH
今日の天人の感想
うーむ、核融合発電の実用化のほうがまだ夢も現実味も
ありそうやね

338 :文責・名無しさん:02/08/20 22:06 ID:Fr6rgFqQ
>>326
原文では差が大きいとしか書いてないが、
発電コスト<売電価格 の場合は、差が大きいほど早く還元できる。
発電コスト>売電価格 の場合は、差に関係なく還元できない。
要するに論理がでたらめってことね。


339 :               :02/08/20 22:06 ID:CYRyTekC
メルマガアンケートの定番!《クリックアンケート》
メルマガ名:歴史HP紹介マガジン で、
「新しい歴史教科書」についてのアンケートが行われています。
「新しい歴史教科書」不利!
応援しよう!!
ttp://clickanketo.com/cgi-bin/q.cgi?q0001172911

ttp://clickanketo.com/cgi-bin/q.cgi?q0001173081

ttp://clickanketo.com/cgi-bin/q.cgi?q0001173198

応援モトム
いろんなところにコピーしてくれ
負けそうなんでよろしく。


340 :文責・名無しさん:02/08/20 22:09 ID:hUEIHFKk
 今日のは特に笑えた。
新興宗教的雰囲気が漂う朝日的発言が多い。

「発電所は節電所。生産者になると、省エネルギーの大切さを実感できる」

↑発電した電気は使用するのだから発電が節電というのはおかしい。
「生産者」というよりは太陽電池の消費者の様な(わら

「環境を大事にする教育の中核施設にしている」

↑ヒ素などの有害金属のかたまりの施設なのかどうか。

「電気がいとおしくなった」


滋賀県の若い町長は「繊維産業は空洞化し、里山は荒れる。地方が貧しくなる
今の方向を、自然エネルギーの利用で逆にしたい」と語った。

↑意味不明。繊維産業とか里山がなんで発電に関係するのか?里山を
発電機で荒らすつもりなのでは?

「犠牲的精神だけでは運動は広がらない」

↑そうか、犠牲精神が必要な慈善事業なんだな。

341 :文責・名無しさん:02/08/20 23:00 ID:b8ADoEOy
>>324で既に指摘されているが毛沢東の土法高炉を想起してしまう。
毛沢東も天人も大衆運動が好きなのねん(わら


342 :文責・名無しさん:02/08/20 23:42 ID:HKgT0MWF
あのねぇ、太陽光発電ってのは、シリコンの発電素子を使うだろが。
こいつを作るときのエネルギーまで計算にいれて発電コストを
考えないとね。
328の言う通り、天候に左右されるし夜はダメ。
要するに火力や原発、水力など既存の発電システムに乗っかった
寄生的なものだと思うぞ。このシステム、今いくらするんだろ。
昔は300万円くらいしたと記憶しているが、ほんとにペイするのかね?

343 :文責・名無しさん:02/08/20 23:46 ID:hUEIHFKk
そうか、信越化学に天人はなんか頼まれたのかな

344 :文責・名無しさん:02/08/21 06:13 ID:E9PfdOJT
■《天声人語》 08月21日

 高校野球の決勝戦を迎えるといつも夏の終わりを感じる。
閉会式の行進曲とともに夏が去っていく。そんな感慨を毎夏味わう。夏休みも残り少ない。そちらの思いが強いという高校生も多いだろう。
で、夏休みといえばじっくり読書をするいい機会だが、皆さんどうだったろうか。

 森鴎外や夏目漱石ら「文豪」の作品が高校の国語教科書から消えていく。そんな報に接して、時代の変化を感じる。
教科書は、それをきっかけに読書をする目録のようなものだろう。
読みこなせるかどうかは別にして、「文豪」の見本程度は残しておいてもいいのではないか、と思った。

 一方、街には日本語関係の本があふれている。日本語力を高めようという機運があるようだ。
この「ブーム」については、本紙文化欄で作家の丸谷才一さんがこう指摘している。
「考えるための道具である日本語の性能が低いのではないかという不安が生じたのだ。みんなの心の底で、漠然と」。

 それでいくと、先の「文豪」は近代日本の始まりにあたって「考える」ことをした人だった。
そのために日本語という「道具」を駆使した人だった。

 漱石でいえば、お札からは消えていくし、教科書からも消えていく。寂しい思いがする。
ただし本人は「他人は決して己以上遥かに卓絶したものではない。また決して己以下に遥かに劣ったものではない。特別の理由がない人には僕はこの心で対している」(『漱石書簡集』)と考える人だから意に介さないだろう。

 日本語力と考える力の劣化、について考えさせられる。



345 :文責・名無しさん:02/08/21 06:14 ID:E9PfdOJT
>>で、夏休みといえばじっくり読書をするいい機会だが、皆さんどうだったろうか。

『で』ってなんだよ、『で』って!

346 :文責・名無しさん:02/08/21 06:17 ID:C39pyuRL
>>344
日本語本ブームがすごく気に入らないみたいですね。以前も批判していたし。

そういえば、天声人語も最近は意味不明だと聞く。

日本語力と考える力の劣化、について考えさせられる。

347 :文責・名無しさん:02/08/21 06:43 ID:ITnPWq7W
天声人語の途方も無い連想力には驚嘆するが、
日本語力と考える力の劣化、楽しようとして裏付け取材をしないことについて考えさせられる。

348 :文責・名無しさん:02/08/21 07:18 ID:g/ifyYYJ
自分のことを棚にあげてあれこれ高説をたれるってのがマスコミの
通弊なんだけど、天神さんから「日本語力と考える力の劣化について、
考えさせられる」と言われるとは思わなかったぞ。

349 :文責・名無しさん:02/08/21 07:18 ID:y3u+FpOh
これだけ字数が制限されているのに、しばしば余計な枝葉を紛れ込ませて
読む人を混乱させるコラムがある。朝日新聞の天声人語のことである。

日本人が筋道立てて論を構築するのが下手なのは、このコラムの影響も
大きいのではなかろうか。そんなことを考えさせられる。

「考える力」があると自負しているらしい天人においても、家庭発電所
のコストについて、メーカーの詭弁に簡単にごまかされているようだ。
筋の通らない宣伝文を全国紙に掲載して恥じない人、と思った。

350 :文責・名無しさん:02/08/21 07:19 ID:3xoUgc1J
今日のような駄文コラムを読むと、朝日記者の日本語力の衰え
を感じてしまう。日本語の性能の責任にしようと画策しているのが
痛々しい。教科書は読書目録などでは無い。何を考えているのやら。
考える力が枯渇している人が書いた文章の見本を提示しているのか?
「文豪」に恨みでもあるのか、何故、括弧付き?>天人

351 :文責・名無しさん:02/08/21 07:23 ID:/Ht6VvFn
K君おかえりw
事故にでも遭ったんじゃないかと心配したよ。
このスレにはやっぱり君が必要だ。

352 :文責・名無しさん:02/08/21 07:23 ID:y3u+FpOh
>>345
「で、○○といえば・・・」

これからマジカルバナナを始めますよ!
と読者に明示する筆者の親切心の表れです。ああ有り難い。

ここまで露骨に自社主催の(以下略)

353 :文責・名無しさん:02/08/21 07:26 ID:y3u+FpOh
>>350
>日本語の性能の責任にしようと画策しているのが痛々しい。

世界に目を転じると、より論理的な言語が多いことに驚かされる。
たとえば朝鮮語であり中国語である。

354 :文責・名無しさん:02/08/21 07:28 ID:E9PfdOJT
スレが活気づきましたな。
やっぱりこうでないと。

355 :文責・名無しさん:02/08/21 07:31 ID:Wc0Nt4IB
NHKで世界の若者に平和について討論させる番組がしばしば
あるが、「日本代表」みたいなのは朝日新聞的な非論理的
発言を繰り返して、他国の若者から無視されている。

356 :文責・名無しさん:02/08/21 07:33 ID:qk8LwfcC
高校野球の決勝戦といえば、夏の終わりが近い
 →夏の終わりが近いといえば、夏休みも残り少ない
  →夏休みといえば、みんな読書したか?
   →読書といえば、文豪の作品が国語教科書から消えていく
     →文豪の作品が消えると、日本語力が低下し考える力が劣化する

要約 高校野球の決勝戦といえば、日本語力と考える力の劣化について
    考えさせられる

さすがは天人


357 :文責・名無しさん:02/08/21 07:38 ID:w5pKCW/P
犬も歩けば、棒にあたる。天声人語を読むたびに思い出す
ことわざだ。このことわざの意味を初めて考えたときと同じ
気分を味わう。

358 :文責・名無しさん:02/08/21 08:35 ID:l+EzRia9
今日の天人はまた極め付きの悪文ですね。
  夏休み→読書という陳腐な連想を引き出すためだけの冒頭のパラグラフ。
  そのわずか六つのセンテンス中に「夏」の文字が5つも登場。

こんなものを朝っぱらから読まされる、800万読者の日本語力が心配です。

359 :文責・名無しさん:02/08/21 09:05 ID:+FUB1jf/
全体に漂う駄文感は、まさに天珍ならではのものだろう。とも言える。ではないだろうか。
そんな気がする。


360 :文責・名無しさん:02/08/21 09:13 ID:OaJi88bJ
>350
>日本語の性能の責任にしようと画策しているのが痛々しい

朝日大先輩の、あの本多勝一氏は「日本語は論理的ではない」などと言う
人を「植民地型知識人」と称していましたね。

361 :nimda:02/08/21 10:23 ID:RYbj65l5
>森鴎外や夏目漱石ら「文豪」の作品が高校の国語教科書から消えていく。
>そんな報に接して、時代の変化を感じる。
>教科書は、それをきっかけに読書をする目録のようなものだろう。
>読みこなせるかどうかは別にして、「文豪」の見本程度は残しておいても
>いいのではないか、と思った。
>漱石でいえば、お札からは消えていくし、教科書からも消えていく。
>寂しい思いがする。

なら、↓こういう奴の願い通りにしないよう、働きかけて欲しいものだ。
------------------------------------------------
在日本大韓民国民団三重県地方本部事務局長の韓久氏が講演をした。
韓氏はそのなかで、日本が隣国(朝鮮半島)を侵略して支配する時期として、
明治維新をはさむ前後二十五年から日清戦争までを第一段階と位置づけ、
侵略思想は国学思想のなかにあり、吉田松陰や福沢諭吉、夏目漱石、
新渡戸稲造らが朝鮮蔑視をしたこと。韓国人は日本の紙幣をみたくないこと。
日本の紙幣から彼らを排除してほしいことなどを訴えた。
http://www.internet-times.co.jp/news/news140522/fuumon-2-140522.html
------------------------------------------------


362 :わはははははははは:02/08/21 10:46 ID:BekpLMfj
ミ,,゚Д゚彡y━~~ そうか、日本語力と考える力は比例するんだな。

363 :文責・名無しさん:02/08/21 11:00 ID:QeQhw3pJ
日本語力なんて言い方自体がおかしいんじゃない?
日本語表現力とかならわかるけど。
紙面で読んでないから解らんけど字数制限?

364 :文責・名無しさん:02/08/21 11:35 ID:VDs5k29o
>>361
日の丸の意味って
日出ずる国の象徴でしょ。
それを残酷に感じるって
韓氏は太陽に顔向けできないんだねぇW

365 :文責・名無しさん:02/08/21 11:44 ID:bcwzuGcf
福沢諭吉はチョンやチャンが、留学させてあげた恩を家の物を盗むと
いう仇で返したから(しかも一人二人ではないらしい)マジ切れした
事実があるんだけどね。
そういうおのれの民族の恥に目を向けないで他人様を悪く言う姿がい
かにも誇り高き朝鮮民族で香ばしい。
(でもモンゴル民族も同じ騎馬民族だけどこんなにひどくないよねえ
って日本人と変わらないくらいじゃないかな。
どうしてこの二つの国の人間だけ極端にDQNなの?

366 :文責・名無しさん:02/08/21 11:55 ID:2QqI1P1l
具体的な例はとっさに思い出せないが「子ども」とか「苦りょ」とか「伴りょ」とか、
難読漢字のひらがな表記化を積極的に推進している新聞社が日本語力なんぞ言うな。
ちなみに産経はこの前、これにかみ付いていた。
ハングル日本語交じり文なんて気色悪い紙面を作っておいて日本語の行く末を
案じるというのも相当馬鹿かと思うぞ。
第一、日本語力じゃなく国語力であろう!アホですか、天陳。

367 :文責・名無しさん:02/08/21 12:04 ID:+FUB1jf/
>>365
日本人に甘やかされた。
植民地の人間の扱い方は英国を参考にすればよかったんだろうに。


368 :文責・名無しさん:02/08/21 12:25 ID:OmwSUf7V
>365
>福沢諭吉はチョンやチャンが、留学させてあげた恩を家の物を盗むと
いう仇で返したから(しかも一人二人ではないらしい)マジ切れした
事実があるんだけどね。

 そうですか。その現代版が先日の九州での「中韓留学生の父」を殺めた韓国留学生と
いうわけですね。

369 :文責・名無しさん :02/08/21 13:24 ID:9lMLykQp
>>366
>第一、日本語力じゃなく国語力であろう!アホですか、天陳。
天珍氏の母国語は韓国語だから、これでいいと思われ。
きっと外国から見た現代の日本語に思いを巡らせているんでしょうねえ・・・
高校野球を見ながら(w

370 :文責・名無しさん:02/08/21 15:00 ID:nPJR4SaN
週明けから全壊,イヤ全開だな(w>天人子
>>366氏には參考スレ↓

新聞の、「し烈」表記。
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gengo/961441380/l50

371 :文責・名無しさん:02/08/21 15:21 ID:v2newiX/
(1) お札からは消えていくし、教科書からも消えていく。
→ 漱石のことがだんだん忘れられていく。
(2) ただし本人は「他人は決して己以上遥かに卓絶したものではない。また決して己以下に遥かに劣ったものではない。特別の理由がない人には僕はこの心で対している」(『漱石書簡集』)と考える人だから
→ 漱石は、尊大ぶらず卑下することもなく他人に接しているから、
(3) 意に介さないだろう。
→ 漱石本人は、忘れられても気にしないだろう。

どうして(2)が(3)の理由になるのだろうか?
日本語力と考える力の劣化、について考えさせられる

372 :文責・名無しさん:02/08/21 16:56 ID:1xnh6oQU
>>361
>韓国人は日本の紙幣をみたくないこと。
>日本の紙幣から彼らを排除してほしいことなどを訴えた。
我々は、韓久氏に

日本人は韓国人の顔をみたくないこと。
日本の国内から彼らを排除してほしいことなどを訴えたい。


373 :文責・名無しさん :02/08/21 17:12 ID:7TzhaaED
>>365
両方とも別に騎馬民族じゃないが。

374 :文責・名無しさん:02/08/22 00:05 ID:F4apF3Zo
>371 これだけ論旨の展開がはちゃめちゃな物書きもめずらしいね。
ところで読売の編集手帳が本になってでている。編集手帳の執筆者は
竹内政明さんといって1955年生まれ北大文学部哲学科卒の論説委員。
財政・金融を担当していたと本に書いてある。
中公新書クラレに入っている。書店で見かけたら立ち読みしてごらん。
コラムのお手本が読めるよ。



375 :文責・名無しさん:02/08/22 03:29 ID:MFmikGIj
>>374

竹内政明の「編集手帳」 第1集
中公新書ラクレ 45
新書 280頁 本体価格(税別) \720
発行年月 2002年04月
ISBN 4-12-150045-8



376 :文責・名無しさん:02/08/22 03:45 ID:MkmWCiM0
>>344
「他人は決して己以上遥かに卓絶したものではない。また決して己以下に
遥かに劣ったものではない」と私信に一度書けば、「と考える人」として
認定されるわけだ(わら
ネカマは女なんだな>天人
文脈を無視した一部引用でないとも言い切れないし、そもそも
論理構成がむちゃくちゃ。
我−我ー言ってる天人は「則天去私」せよ。

377 : :02/08/22 04:01 ID:ILptvbY+
朝日のずるさがにじみ出てる、史上最低の天声人語。

■《天声人語》 08月15日

自分が生まれる前のことだから責任はない。戦争責任について問われたら、
テレビはそう答えるだろうか。厳密にいえば、テレビは戦前に生まれ、
ドイツでは35年に本放送が始まった。しかし、当時はほとんど影響力がなかったろう。

 新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。
厳しい情報統制下とはいえ、戦争推進の政府方針に追随し、戦意高揚を図った。
その責任は大きいが、貴重な教訓も得た。毎日の紙面で誓うわけではないが
「あの失敗を繰り返してはならない」と多くの新聞人が思っているはずだ。

 戦時下のラジオは直接政治の道具として利用されることが多かった。
大本営発表やヒトラーの演説のように国民の「洗脳」手段にもなれば、
フランスのドゴール元大統領の「自由フランス」放送のように、亡命先から
「抵抗」を訴える手段にもなった。

 あのころテレビが普及していたらどうだったろうか。その後テレビが果たした
役割から考えても、極めて鋭利な「両刃の剣」であったろう。
強力な国家宣伝機関でもありえたし、世界の動きを映す窓として啓蒙
(けいもう)を担ったかもしれない。

 テレポリティックス(テレビ政治)といわれる昨今、テレビと政治との関係は
深まっている。互いに利用しあっている。しかし、影響力については制御
できていない。そんな気がする。

 戦争はいわば極限の政治だ。テレビにはそれを経験しないですんだ幸運と
ともに、一種の弱さもありはしないか。僣越(せんえつ)かもしれないが
「戦争を知らない」世代である後輩メディアへの危惧(きぐ)である。

378 :文責・名無しさん:02/08/22 04:14 ID:PUjosgKW
■《天声愛護》 08月21日

 高校野球の決勝戦を迎えるといつも消え去った「敗者」の無念を感じる。
閉会式の行進曲とともに軍靴の足音が去っていく。戦争の思いでを風化させない
朝日行事で今年も夏休みの終わりを感じた。夏休みといえばじっくり天声人語を
読むいい機会だ。

 森鴎外や夏目漱石ら「文豪」の作品が高校の国語教科書から消えていく。一方、
街には天声人語関係の本があふれている。日本語力を高めようという機運があるようだ。
皆さんは「考える」ために天声人語を読みましょう。日本語という「道具」を駆使するには
最高のテキストです。漱石も朝日新聞の人だったのです。

379 :文責・名無しさん:02/08/22 06:58 ID:F4apF3Zo
>375 第2集も出たよ。


380 :文責・名無しさん:02/08/22 07:01 ID:UT3ASXJr
> こうして営々と築き上げてきたブランド名を失墜させるのは何と簡単なことか。
>雪印グループのときと同様に、この日本ハムの偽装問題でも痛感させられる。

買収したマードックに対しての明らかな外国人差別まがいの外資脅威論を煽ったり、
社員による猥褻犯罪事件や連続強盗強姦事件、
それと捏造報道を繰り返しても、
批判報道をされなければ、確かに失墜させられないね。

【今日の要旨】
こうして営々と築き上げてきたブランド名を(恣意的)報道により失墜させるのは何と簡単なことか。

381 :文責・名無しさん:02/08/22 07:23 ID:KwtZWNWG
■《天声人語》 08月22日

◇名前で苦労した。日本ハム創業者の大社義規(おおこそよしのり)氏の自伝や社史を読むと、
その話がしばしば出てくる。ブランド名を高めようとする苦労話である。

◇たとえば若いころ、叔父の会社がつくっていた香川ハムを京都で売り込む。戦前の35年ごろの
ことだ。そのころ京都は鎌倉ハム一色だったという。「四国の田舎でこしらえたハムなんか置くと店の
肉まで悪く思われる」と精肉店からよく断られた。

◇徳島ハムを起こし、事業を広げていくときにも「田舎でつぶした肉は質が悪い」という偏見に苦労
させられたそうだ。63年に鳥清ハムと合併したときに会社名を日本ハムにしたのは、そんな名前を
めぐる苦労があったからだろう。

◇プロ野球の球団を買収したのも知名度を高めようというねらいがあった。日本ハムという名前も、
当初は「なかなか浸透しなかったんですね。とくに東京で浸透しなかった」。東京の消費者にも
親しみをもってもらおうと球団買収に踏み切った。後に大社氏はそう語っている。

◇こうして営々と築き上げてきたブランド名を失墜させるのは何と簡単なことか。雪印グループの
ときと同様に、この日本ハムの偽装問題でも痛感させられる。

◇「他社の違法行為の発覚」などで「食品に携わっている業界の信頼は著しく損なわれました」。
問題発覚前の日本ハムのホームページの文言だ。「日本ハムグループでは表示の偽装などは
起こりえない」。業界全体でイメージ回復に取り組まねばならない、とある。

◇白々しいといえば白々しいが、それを通り越して痛ましい気にさせられる。

382 :文責・名無しさん:02/08/22 07:32 ID:KwtZWNWG
相変わらず他社の失態には凄まじい粘着ぶりを発揮してます
> 白々しいといえば白々しいが、それを通り越して痛ましい気にさせられる。
痛ましい気になるのはきっと我が身を振り返ってみたときに
微かに残っている良心が痛むからでしょう

383 :これはネタなのか?:02/08/22 07:35 ID:69njGBZs
◇こうして営々と築き上げてきたブランド名を失墜させるのは何と簡単なことか。

天声人語もね。




384 ::02/08/22 07:45 ID:Uo52Yncd
>>379
>街には天声人語関係の本があふれている。
>日本語力を高めようという機運があるようだ。

正気かね?

385 :文責・名無しさん:02/08/22 08:38 ID:T5NSsWef
>>384
天声「愛護」だからな・・・

386 :文責・名無しさん:02/08/22 08:47 ID:6LrKgNuK
昨日、今日の天珍、最終段落への突っ込みは共に、

21日>日本語力と考える力の劣化、について考えさせられる。
22日>白々しいといえば白々しいが、それを通り越して痛ましい気にさせられる。

オマエモナー

387 :文責・名無しさん:02/08/22 08:47 ID:32H0ui2k
> 新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。

「本紙は、過ちを犯した」となぜ書けないですか。
「日本の新聞の多く」とか、他の新聞のことなどどうでもいい。


388 :文責・名無しさん:02/08/22 08:58 ID:DQsrFVMW
> 新聞は、本紙も含めて日本の新聞の多くは、過ちを犯した。

中国共産党得意の「論点のすり替え」です。
自分の頭の上のハエを追え!!!

389 :文責・名無しさん:02/08/22 10:08 ID:0XslE2Zo
>>363
最近マスゴミでよく使われる表現 ○○力
確か数年前、「老人力」という書籍が出て、けっこう話題になったよね?
「力」の使い方が新鮮だったのと、応用がきく点でマスゴミのお気に入りとなったのか
以後頻繁に使われるようになった気がする。
朝日も特集記事に「中国力」なんてタイトルつけるくらい気に入っている様子。
女性誌も”基本は「目力」にあった”など。まぁアイメイクに関する記事なんだけどね。
私も使ってみようっと。 最近の朝日のデムパ力の劣化には考えさえられる。




390 :文責・名無しさん:02/08/22 10:16 ID:0XslE2Zo
>>389
・゚・(ノД')・゚・。ウワァァン
最近の朝日のデムパ力の劣化には考えさえられる。×
最近の朝日のデムパ力の劣化には考えさせられる。○

391 :文責・名無しさん:02/08/22 10:17 ID:0+Ssaap0
>>389
朝日の「発電力」

392 :文責・名無しさん:02/08/22 10:21 ID:QXurfpPI
元新日の「長州力」


393 :nimda:02/08/22 10:35 ID:sw6mIfWv
>>385
>天声「愛護」だからな・・・

天声アイゴー

394 :今日の天人に贈る言葉:02/08/22 12:23 ID:4nH7Fcxx
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 珊瑚

395 :文責・名無しさん:02/08/22 12:25 ID:Bym6bThu
>>387
「日本の」と限定するのも変

396 :文責・名無しさん:02/08/22 15:23 ID:OkMZHZlv
『老人力』はア,赤瀬川源平氏の著作ですな。
今はちくま文庫から一冊の單行本になツてゐます。

シカシ,赤瀬川氏の本ンはドレを讀ンでも大抵はオモロイのに,
天人はドレもつまらない...

397 :文責・名無しさん:02/08/22 20:53 ID:QqVovZKx
赤瀬川源平氏の他の著作は知らないが、4年ほど前に読んだ
『老人力』は最高にくだらなかった。話題の本をハードカバー
で買う癖を止めようと本気で考えた。
マスコミの宣伝で駄本が売れる傾向はもう少し続きそうだ。

398 :文責・名無しさん:02/08/22 21:04 ID:7Hs4CUzH
過去、日本も含めて多くの国が他国に侵略しました。
(中略)
「あの失敗を繰り返してはならない」と多くの日本人が思っているはずだ。

これで朝日も納得の謝罪テンプレ完了。
遺憾の念もお詫びも不要、完全に他人事でOK。

399 :夏風邪警報発令中:02/08/22 21:08 ID:bF8NzE13
♪あーれーも珊瑚、これーも珊瑚、多分珊瑚〜
全部珊瑚♪

400 :文責・名無しさん:02/08/22 21:29 ID:5aOUzcFd
>>381
>「四国の田舎でこしらえたハムなんか置くと店の
肉まで悪く思われる」と精肉店からよく断られた。

>「田舎でつぶした肉は質が悪い」という偏見に苦労
させられたそうだ。

精肉店の人って偏見が強いのか、それとも田舎の屠畜場で
「つぶす」と本当に質が悪かったのか?>天人

401 :文責・名無しさん:02/08/22 22:42 ID:ebLp/TtL
8月8日の日テレ夜11時からのニュース番組で、報道被害の特集をやっていた。
その中で取り上げられた報道加害側の新聞は、朝日(地方版)と東京新聞と
判明。 ま、どこのメディアでも似たり寄ったりの過ちは山ほどあるだろうが、
8月15日の人語で、急にテレビというメディアへの先輩風を吹かしたのは、
これが原因だったのかよ? と思った。
(ソースは、http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025879635/176


402 :文責・名無しさん:02/08/23 01:11 ID:lH/b45wO
前日が超駄文だったという事もあるかもしれないが、
食肉業界に関して書けば、批判を浴びないという「教訓」
を天人が学習したとすれば笑える。

403 :文責・名無しさん:02/08/23 06:06 ID:F8MS8pSa
被差別問題との絡みもある中で

◇徳島ハムを起こし、事業を広げていくときにも「田舎でつぶした肉は質が悪い」という偏見に苦労
させられたそうだ。

こんなことかいて平気なのか?

404 :文責・名無しさん:02/08/23 06:26 ID:yrfcIudZ
今日は今日で、朝日がいまだにタリバンに未練たらたらなのがうかがえる。

405 :文責・名無しさん:02/08/23 06:49 ID:+WdAv8v2
>異質なものと苦労しながらつきあうことがどんなに大切か。
だが、時には異質な扶桑社の教科書等は、徹底的に糾弾しなければならない。

> つい半年ほど前まで書店に山積みにされていたアフガン関連の本は、少しずつ山が低くなっている。
>人々の関心の移ろいとはかかわりなく支援を続ける人たちがいる。彼らに心を寄せて考え続けようという人たちがいる。
 つい半年ほど前までメディアに頻繁に話題にされていたアフガン関連の事は、少しずつ取り扱い量がが減ってきている。
話題性のモノばかり追い続けるメディアの関心の移ろいとはかかわりなく支援を続ける人たちがいる。
彼らに心を寄せて考え続けようという人たちがいる。

>彼らに心を寄せて考え続けようという人たちがいる。
ちなみに、これは人々がアフガンについて忘れてしまおうとしている中で、
敢えて、コラムに取り上げた天人がその代表格である。

406 :文責・名無しさん:02/08/23 11:31 ID:PqbDD0Bl
今日のは僅かとはいえテロもちゃんと触れているし、
比較的まともな内容だね。

407 :ミ,,゚Д゚彡y━~~ :02/08/23 11:55 ID:p0wyP9k5
■《天声人語》 08月23日

☆B6判、200ページ。小さな講演記録が手から手へと読み継がれてひろがっている。18年にわたって
アフガニスタンで支援活動をつづけている「ペシャワール会」の医師、中村哲さん(55)が去年12月に
京都で行った講演の記録である。

☆講演会は「ピースウォーク京都」が主催した。米国へのテロ、つづくアフガニスタンへの空爆にいても
たってもいられなくて集まった人たちだ。冷たい雨のなか開かれた講演会には定員よりはるかに多い
2千人が詰めかけた。

☆異質なものと苦労しながらつきあうことがどんなに大切か。中村さんは訴えた。会場に来られなかった
人にもこの話を伝えたい。運営にかかわっただれもがそう思い、講演録を編むことにした。編集もデザイン
も資料の点検も全部自分たちでした。難しい漢字にはルビをつけた。

☆印刷費を特別に安くしてもらい、1冊700円で黄色い表紙のしゃれた講演録が仕上がった。1500部
刷ったところ、すぐに売り切れ、さらに1500部刷った。

☆もらった人が今度は自分で買って周りの人へ。そんなふうに読まれている。「高齢の人たちからの注文
が目立つ」と「ピースウォーク京都」の金子麻実さん(40)は不思議がる。「中村さんの話は生身の肉体と
感情をもった人間の姿を伝えてくれた」。こんな感想が戻ってくる。

☆つい半年ほど前まで書店に山積みにされていたアフガン関連の本は、少しずつ山が低くなっている。
人々の関心の移ろいとはかかわりなく支援を続ける人たちがいる。彼らに心を寄せて考え続けようという
人たちがいる。



408 :テーマはともかく、内容は:02/08/23 11:56 ID:p0wyP9k5
>>406
ミ,,゚Д゚彡y━~~ いや、今日の天人はやばいぞ。

409 :最初の15冊は売り切れたんじゃなく、配っただけじゃと思わせてくれる:02/08/23 11:58 ID:p0wyP9k5
ミ,,゚Д゚彡y━~~ まず気になるのは、5段落目の最初の文だな。

410 :_:02/08/23 12:00 ID:Y0KadfGs
(´∀`)┌|´∀`|┘\ (´∀` )/キターーーー!!!
全員プレゼントって当たるねんなー
http://www.atarun.com/


411 :わざわざ、こんな事書くあたり、若者になにか偏見があるのか?:02/08/23 12:02 ID:p0wyP9k5
ミ,,゚Д゚彡y━~~ それと、やはり5段落目の「高齢の人たち・・・・」って一文。

412 :なんなんだろうこの違和感:02/08/23 12:04 ID:p0wyP9k5
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 他にも、3段落目の編集作業とか、最終段落とかちょっと変だぞ。

413 :文責・名無しさん:02/08/23 12:11 ID:pM/NH+0h
>412
なんか気色悪いよな、今日の天人。
どこかの外国語をむりやり翻訳したみたいな感じ。

414 :文責・名無しさん:02/08/23 12:12 ID:PqbDD0Bl
文が幼稚なのは直りようが無いだろ
内容的には軽く左がかってる程度の文章だ

まぁ、そんな本読むのは暇な老人が多いっていうのと、
最終段落はいつもの自画自賛。
こんなんじゃ、爆笑がおきないナァ。
盆前の怒涛のいっちゃった文章が懐かしい

415 :なんか違和感有って気色悪いっつーか、不気味:02/08/23 12:15 ID:p0wyP9k5
ミ,,゚Д゚彡y━~~ でかいネタは無いけど、微妙なところで普通の感覚と位相がずれてるというか何と言うか。

416 :文責・名無しさん:02/08/23 12:22 ID:aWL1Vc6+
<=(-@∀@)「今日の天声人語はウ、ゴホン私が書いたニ、ゴホゴホのです。」

417 :文責・名無しさん:02/08/23 12:26 ID:pM/NH+0h
わかったかも・・・
たぶん、カメラアングルがめちゃくちゃなんだ。

本の紹介(Kの視点)→講演会のこと(主催者の視点)→講演の内容(中村さんの視点)
→講演集を作る(再び主催者の視点)→感想が来る(この本の読者視点)
→意味不明なまとめ

これだけ振りまくったら、さすがに気色悪くなる。

418 :文責・名無しさん:02/08/23 12:31 ID:aurdJJMH
>>407
>異質なものと苦労しながらつきあうことがどんなに大切か。
”異質なもの”が文中のどこにも示されていない気がする・・・。
俺の読解力がヘボなのか、天人の文章力がヘボなのか・・・

419 :他にも含み持たせてるんだろうけど:02/08/23 12:51 ID:p0wyP9k5
>>418
ミ,,゚Д゚彡y━~~ まあ、それは第一段落で中村医師の活動書いてあるから、具体的にはアフガニスタンの人のことでしょうね。

420 :文責・名無しさん:02/08/23 13:08 ID:gVBAmXHV
読んで思ったけど、中村医師が何を伝えようとしていたのか、
もっと具体的に書くべきだったと思う。
特に「異質のものと。。」のくだりの辺りとか。
私も何が言いたいのかわからない。
>>419のような解釈もできるだろうし、でもそれだと「ピーストーク」というよりは
「異文化交流トーク」でよくいわれていることだし、そう考えれば
「爆撃への不安と緊張」が、「異質なもの」と解釈することもできると思う。

皆も書いているけど、人語ってすんごく表面的すぎて何の深みもありゃしない。
って、私、昨日、広報室に電話して意見いったばっかりなのに、
今日もまたこれ。。。(藁)
本当に筆者の「日本語で考える力」は劣っていると思う。



421 :文責:名無しさん:02/08/23 13:34 ID:lpFHlCV8
西部本社版には頻繁にペシャワール会の記事が載ってる。
講演会のお知らせなどニュース性の無いものが社会面で取り上げられたり。
これって本当に単なるボランティア団体なの?
あるいは何らかの意図があってのこと?

422 :文責・名無しさん:02/08/23 15:14 ID:kaYnb9op
>>421 福岡出身だからかも・・・

ペシャワール会
http://www1m.mesh.ne.jp/~peshawar/

中村 哲医師とペシャワール会
http://www1m.mesh.ne.jp/~peshawar/ryakureki.html

毎日のインタビュー
http://www.mainichi.co.jp/eye/interview/200110/02-1.html


423 :文責・名無しさん:02/08/23 18:23 ID:73goqNZS
福岡在住ですが、昨年後半福岡のあちこちで講演してましたよ。
私の知人が所属している団体も、中村医師の後援会を開いてた。
その知人によると、中村医師側から是非講演したいと売込んできたんだって。

バックグラウンドはよく知らないのですが、何とも営業熱心だこと。

424 :文責・名無しさん:02/08/23 21:07 ID:IAkszCRv
>>407
今日の駄文は意味不明だな。
18年前の支援ってのは反ソ的支援なのか、逆なのか?
親アルカイダなのか、反アルカイダなのか?
朝日信者には通じても、こんなあやふやな駄文には理性のかけらも
無いぞ。「考える力」とか「他人の心をおもいやる想像力」とか書きなぐり
ながら、意味不明な駄文を書くな>天人

ハッキリ言って、カルトの宣伝文と何ら変わりは無い。

425 :文責・名無しさん:02/08/23 21:18 ID:J7PAtZov
今回のはつまり「アフガンにもっと目をむけようYO!」ってことでしょ?
わかりやすかったと思うけど・・・

426 :文責・名無しさん:02/08/23 21:26 ID:IAkszCRv
>>425
信者発見!!!

今日のは、要約すると、

すごくイイ本がある。
すごくイイ話をする人がいて、皆が望んで本になった。
イイ本なので読んだ人は他人に読ませたくなる。
だから、さらに広まっている。
本の内容はアフガンの平和についてだ。

427 :文責・名無しさん:02/08/23 21:27 ID:J7PAtZov
>>426
信者って、何の信者?

428 :文責・名無しさん:02/08/23 21:40 ID:PilcGXqt

>>427
第一段落
「『ペシャワール会』の医師、中村哲さん(55)」
を「『自民党』の代議士、西村さん」とか
 「『共産党』の代議士、シイさん」とか
 「『創価学会インターナショナル』の会長、池田さん」
とかに入れ替えて読んでみろ。

>今回のはつまり「アフガンにもっと目をむけようYO!」ってことでしょ?

↑こういう感想を持つのは信者だけ(笑

429 :文責・名無しさん:02/08/23 21:52 ID:J7PAtZov
>>428
そういうのをいれたらそういう人たちに目をむけろ、という内容に変わるだけでは?
っていうかもしかして俺のこと朝日信者だと思ってる?
ヤーさんのような勧誘員が来てるのに朝日を断り続けてるこの俺を。

430 :文責:名無しさん:02/08/23 22:09 ID:lpFHlCV8
421ですが>>422-423さん
私も後ろ盾はよく分からないのですが、ピースウォークやら子ども劇場やらが
絡んでいるのが気持ち悪い。

福岡に住んでいる方なら、ここに書くまでもなく子ども劇場の実態をご存知でしょう。
ペシャワール会のHPにリンク集が無いのも、何らかの意図があってのことと思う。

431 :文責・名無しさん:02/08/24 01:09 ID:hZM9t+d7
天珍と>>423をあわせると講演会は雨女ならぬ雨講演会つーことだな
福岡の水がめをさぞ満たしたことでしょう…

432 :文責・名無しさん:02/08/24 07:46 ID:HA7Nzn5M
■《天声人語》 08月24日

 エンゲルスの『空想より科学へ』という書物の題名を、その内容とは関係なく思い
浮かべた。千葉市の幕張メッセで開催中の「世界最大の恐竜博」(9月23日まで)
会場を巡ったときのことだ。幼いころ、空想の中で遊んできたものが目の前にある。
それがいま科学の対象として解明されつつある。そのことを実感した。

 子どものころの雑誌には、よく恐竜の想像図が出ていた。1億年以上も前に生息
していたこの地上最大の生物には、幼い空想を刺激してやまないものがあった。彼ら
が生息した時代、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀という名前にさえ神秘的な魅力を感じた。

 やがて映画「ゴジラ」(54年)の登場で強い衝撃を受ける。太古の眠りから目覚めた
恐竜が日本を襲撃する物語だ。当時を振り返ると、恐怖心にとらえられながらも、
空想を映像として再生してくれた感激があったと思う。

 恐竜はなぜ絶滅したのか。この問題に大いに関心をもった時期もあった。空想から
科学への移行期といおうか。とりわけ大隕石(いんせき)衝突による気候変動説には、
宇宙や環境への関心も入り交じって興味は尽きない。

 映画「ジュラシック・パーク」(93年)になると、遺伝子工学によって恐竜を再生させ
テーマパークをつくってしまう。空想と科学とを合体させてしまった。そんなことを
あれこれ思いながら、大きな骨格の間を縫って恐竜博会場を回る。最新科学の知見
を基にした展示だが、未知の領域が多々残っている。

 空想と科学との間を往来し、絶滅と再生の物語を語り続ける恐竜たちである。


433 :文責・名無しさん:02/08/24 07:59 ID:P1MZG4qe
「エンゲルスの『空想より科学へ』という書物の題名を、その内容とは関係なく
思い浮かべた。」・・・
この書き出しには笑ってしまった。本日の内容は読んでの如しの平々凡々。
これでは天声人語の名が廃る。そこに、ふと思いついたのがこの「空想より科学」なる本。
著者もエンゲルスであれば、いかにも朝日的。
おとくいの倒置法で文頭へ。これで結びも決められる。よかったですね。小池さん。
しかし毎回毎回苦慮悶々。大変ですね。 W


434 :文責・名無しさん:02/08/24 08:03 ID:nV4C9wnw
> エンゲルスの『空想より科学へ』という書物の題名を、その内容とは関係なく思い
浮かべた。千葉市の幕張メッセで開催中の「世界最大の恐竜博」(9月23日まで)
会場を巡ったときのことだ。

「千葉市の幕張メッセで開催中の「世界最大の恐竜博」に行って来ました」で
はじまると小学生の作文だもんな。

意味もない妄想と倒置法があってこその天人。

しかしこういうアサヒ主催のパブ文章も時々あるのも天人。
恐竜博が伸び悩んでるんで宣伝してくれ、と上層部から言われたか。


435 :文責・名無しさん:02/08/24 08:04 ID:nV4C9wnw
>そんなことをあれこれ思いながら

出た! これも得意のフレーズ。


436 :文責・名無しさん:02/08/24 08:11 ID:2EGfm9tT
>>434
>アサヒ主催のパブ文章
http://www.asahi.com/dino/


437 :文責・名無しさん:02/08/24 08:16 ID:qKMs1kJ+
笑うな!一生懸命書いてるのが伝わってくるでねえか。
(書くことないなら無理に書かなくてもいいのに・・・)


438 :文責・名無しさん:02/08/24 08:20 ID:nV4C9wnw
>>436

どうもありがとう。

恐竜博は、「2か月で100万人以上」の入場者を予想していたらしい。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:LbWZr6yjI-IC:www.dino-paradise.com/j/museum/gallery/expo_2002/+%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E6%81%90%E7%AB%9C%E5%8D%9A%E3%80%80%E5%85%A5%E5%A0%B4%E8%80%85&hl=ja&ie=UTF-8

だけど実際は、8月10日、開催21日目で25万人。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:8gzc77V4CLAJ:www.asahi.com/dino/expo-news/020811a.html+%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E6%81%90%E7%AB%9C%E5%8D%9A%E3%80%80%E5%85%A5%E5%A0%B4%E8%80%85&hl=ja&ie=UTF-8

もう夏休みも終わり近いし、無理矢理宣伝してみたくなるだろうな、朝日も。
本当は会期を倍ぐらいにしたいんじゃなかろうか。


439 :文責・名無しさん:02/08/24 08:22 ID:D+i77E4A
何故いきなりエンゲルスをもって来るのか小一時間問い詰めたい気分


440 :文責・名無しさん:02/08/24 08:44 ID:3rDsWlYl
>>432
小学生の作文並の駄文だ。酷すぎる。
恐竜博は妄想の産物だとでも言いたいのか?
なぜ、「空想から科学へ」とか「ゴジラ」や「ジュラシックパーク」
が出て来る?>天人


441 :文責・名無しさん:02/08/24 08:51 ID:3rDsWlYl
夏休み中の中学生が間違えて読書するといけないから書いて
おこう。

エンゲルスの「空想から科学へ」というのは、「空想から妄想へ」
と揶揄されるインチキ本。コレを読んでいかれた若者が変質者に
なってしまい、1億人の犠牲者を出したとも言われる「共産主義」
というファシズム運動へ駆り立てられた。


442 :文責・名無しさん:02/08/24 09:00 ID:V1snph7Z
エンゲルスより
アシモフの科学エッセイを思い返しながらという出だしの方が
いいと思うがなあ。

443 :バーチャバカ一代@岡部順一:02/08/24 09:02 ID:MzzCiBzu
天珍の作者はまだ恐竜絶滅を隕石衝突説だと思ってんのか、
白亜紀の大絶滅の主因はD層浮上による大噴火説のほうが有力だろうが
隕石隕石言ってるのはガキ向けの本かTVくらいだ
その程度で科学を云々するなや。
いつも道り体制批判をしてればよろしい
いきなりのエンゲルスには笑ったがな

444 :文責・名無しさん:02/08/24 09:03 ID:QwHaHTX9
今日のはまたずいぶん話があちこちぶっ飛びまくってるな。
内容はともかく、3段目と5段目は映画の話でその他の段は
現実の話なのだから、普通なら3と5は間を空けず繋げる
べきではないのか?

それにしても、恐竜博を見に行って本当に恐竜に対して
造詣が深まったとは到底思えないような作文だな。書いてある
ことといえば、ほとんどの人が知ってるようなことばかりじゃんよ。

>>436
実際、会期延長らしいよん。朝日必死だな (´,_ゝ`)プッ
http://www.dino-expo.jp/info/index8.html

445 :文責・名無しさん:02/08/24 09:07 ID:BZwyx5al
とっぴな連想にはいつもあきれているが、今日のはまた一段と。
やっぱ、この人、オツムが恐竜なみだわ。
ところで恐竜といえば、彼らのHはどうしたんだろう。
あの長いしっぽがじゃまして、かなり制限があったのだろうが。
似たような体形の、ワニやカンガルーから連想してみたが、
オレのあたまでは、よー分からん。
あの巨体からすれば、そりゃ壮観だったろうな。
幕張の恐竜博では、こうした説明はでていないの?


446 :文責・名無しさん:02/08/24 09:34 ID:nV4C9wnw
>>444

いわゆる「ドッカン説」と「ドッスン説」ですね。
まだ学者の説としては、どちらが正しいというのは定まっていないと聞きましたが…。

会期に関しては、メッセという場所の制約上(他の使用予約が入ってたりするんで)
1日延長が精一杯だったようです。

「好評につき会期延長」ってのは、たいていウソなんだろうな。


447 :446:02/08/24 09:35 ID:nV4C9wnw
失礼、

>>443
>>444

でした。


448 :文責・名無しさん:02/08/24 09:51 ID:ZFquLSMM
■駄文考察 08月24日

「世界最大の恐竜博」の紹介としては最悪。筆者はどのような話でも自分
の興味中心に物語る自己中心的な性格であることが予想される。

 エンゲルスの『空想より科学へ』は「その内容とは関係ない」のだから
書名を持ち出す意味が無い。第一段落で筆者の幼いときを云々しているが
単なるノイズである。

 第2段落でも、筆者が「子どものころ」「神秘的な魅力を感じた」とか、
くどくどと書いている。また、第3段落での映画「ゴジラ」云々も自己中
心性の発露であるとしか見られない。

 第4段落。「恐竜はなぜ絶滅したのか。この問題に大いに関心をもった時期もあった。」
とあるが、以前の天声で、時間に関して「この問題に大いに関心をもった時期もあった」
とか超駄文を書いて読者の顰蹙を買った筆者と同一人物であることが予想される。
筆者が気候変動説に興味があるなら、そのことを全面に打ち出した構成にすべし。

 第5段落。「そんなことをあれこれ思いながら」とあるが、上の空で恐竜博会場を
回っていたとしか考えられない。「最新科学の知見を基にした展示」を前に、妄想に
耽るばかりとは情けない。

 第6段落。いつものことだが、最後の一言の駄文は何とかならぬものか?

449 :文責・名無しさん:02/08/24 10:01 ID:ATFo4QWJ

「・・・恐竜展」朝日主催だったんだ。いつもは引きこもり気味の、小池チャンが
築地から幕張までお出かけとは、変だとは思っていたんですが。

しかし恐竜の家計にもエンゲル係数があてはまるのでしょうかね?小池チャン。


450 :バーチャバカ一代@岡部順一:02/08/24 10:04 ID:cUOm5jIO
≫446
完全に定まってはいないけど 隕石説では説明できないことがおおいからね
特に大絶滅が周期的におきてること
隕石ドッカンは見た目にも派手でとかく扱われるだけでしょ
気候変動について語りたいならなおさら火山噴火のほうが現実に即してるのに

451 :文責・名無しさん:02/08/24 10:13 ID:nV4C9wnw
>>449
あんだけ宣伝してて、他の新聞が一切触れてなきゃ、
普通気づくでしょ。



452 :文責・名無しさん:02/08/24 10:59 ID:TwkeKrXt
>>432

[恐竜研究] 韓国は ‘自然史博物館’もない貧土
OECD国中唯一にない...予算不足で遅遅として進まない
http://honyaku.naver.co.jp/ktj.cgi?trn=1&frmbar=0&css_url=http://www.chosun.com/w21data/html/news/200208/200208210453.html
アメリカワシントンDC スミソニアン自然史博物館, シカゴフィールド博物館,
イギリスロンドン自然史博物館…. 世界的に指折り数えられる自然史博物館たちだ.
このような自然史博物館が全世界に皆 5000余個がある.
我が国は OECD国家中唯一に自然史博物館がない国だ.
韓半島は恐竜の天国だったのか分からないが, 恐竜化石
研究の天国ではないと言える.

協会理事であるゾンフィヤング(全希永・韓国地質資源研救援
地質博物官長) 博士は “自然史博物館がないということは科学に対す
る国家的ビジョンがないという話とようだ”と言った.
---------------------------------------------------
天人さんよ、お宅の好きな隣の国が、
「ウリナラには恐竜の博物館がないニダ」って嘆いてますよ。

慰安婦の時のように、一緒に韓国に行って、
「本当は半万億年前に、全ての恐竜の起源となる恐竜の化石が
韓国で発見されたけど、日帝軍に燃やされた」
という証言をもらって来いよ(w

453 :文責・名無しさん:02/08/24 11:46 ID:BNan09MN
>>432
>その内容とは関係なく思い浮かべた。
自分で”マジカルバナナ病”を認めちゃってるよ・・・

454 :文責・名無しさん:02/08/24 11:55 ID:QvT9EibZ
■天声駄文、K型

駄文をなんとなく読むのもつまらない。そこで駄文の分類を試みたい。
24日タイプの駄文をKタイプの駄文とする。
このタイプの駄文は夏休みの宿題レポートに散見される。 

Aという書物の題名を、思い浮かべた。B(企画名)をC(体験の動詞)したときのことだ。
私が幼いころ、Dだった。それがいまEという状況にある。
子どものころは、、、、(本筋に関係の無い思い出話がつづく)。

話題への関心が高い事を示す(おそらく、低いからだと思うが)。
「この問題に大いに関心をもった時期もあった」
 陳腐な知ったかぶりを述べる。
 「そんなことをあれこれ思いながら、」体験Cをする。
 話題に関しての筆者の知識(ありふれているが)を述べる。

 これまた陳腐な結論で締める。




455 :文責・名無しさん:02/08/24 12:22 ID:ZCuRD5SY
>>432
筆者の言いたかったこと

筆者は子どもの時から恐竜に興味があり、「この問題に大いに関心をもった時期もあった」人間である。

 しかし、その割には陳腐な誰でも知っていることしか書いていないな(W
典型的な自分を大きく見せたがるタイプの俗物ですな。

456 :文責・名無しさん:02/08/24 12:42 ID:9auqtQhR
昨日の天人の指摘でスマソなんだけど、この部分。
>もらった人が今度は自分で買って周りの人へ。
なんとなーくねずみ講ちっく・・・・・・

今日のは今日のでポカーソな感じだけど・・・・・・・
天人は子供のときの知識でストップしている模様。
だから文章もこんな感じになるのかなぁ・・・・・


457 :文責・名無しさん:02/08/24 12:50 ID:rv2XvbVp
>>456
やはり、朝日法則が発動する予感
朝日が持ち上げるものは、、、、

458 :小池:02/08/24 13:00 ID:0MG2eXUD
つか、もう書くのも嫌なんですけど。天声人語なんて
まともに読んでんじゃねーよ。コボちゃんよんどけ。
お前らも原稿料980円で他人のために毎日作文書いてみろよ。まじで代わって。


459 :文責・名無しさん:02/08/24 13:02 ID:YO0P93sS
>原稿料980円
高いよ!!

460 :文責・名無しさん:02/08/24 13:11 ID:vRuQXEGM
>>458
本物っぽいところが笑える。
天人手当てが980円ということは無かろう。

461 :小池:02/08/24 13:28 ID:0MG2eXUD
>459
ボケ!カス!高くねえよ。家庭教師の時給以下かよ。
なにが天声人語じゃ。俺が会社休んでる間に他の奴等が勝手に決めたんだよ。
天人てあだ名になってからちょっと友達増えたのは嬉しいけど。。。(^^;

462 :文責・名無しさん:02/08/24 13:30 ID:Coa2A07W
にしても「ペットボトルといえば核兵器」級のインパクトは無いな。

463 :絶対こいつ)なんか勘違いしてる:02/08/24 13:59 ID:6wmIUaMe
>>432
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 恐竜の想像図は、空想の産物ではなく、それこそ科学だぞ。

464 :文責・名無しさん:02/08/24 14:21 ID:ou8A9Zwx
恐竜からゴジラなんて「空想より科学」じゃなくて逆じゃないか。

465 :「月世界旅行」とかさ:02/08/24 14:26 ID:6wmIUaMe
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 普通、「空想から科学へ」だったら、ジュールヴェルヌとか持ち出すと思うんだが。

466 :文責・名無しさん:02/08/24 16:23 ID:ZE51/82W
科学知識は小学生レベルの科学オンチなんだから、科学がらみの話なんか
しなければいいのに…


467 :文責・名無しさん:02/08/24 16:27 ID:ou8A9Zwx
しかし天下の天声人語を自社イベントの広告に使っていいのかよ?
記事と広告スペースははっきり分けとかないといかんのじゃないか?

468 :文責・名無しさん:02/08/24 18:59 ID:QwHaHTX9
>>467
今回のケースでは別に問題にならないんじゃないの?
これ読んで「面白そうだから俺も恐竜博に逝っちゃうぞー」とかいう
奴は間違いなくおらんと思われ

一般論としては確かにあまり感心できることではないかも知れんが
それを言い出すと読売なんか最悪ですぜ旦那 ナンノコトカハワカルヨナ

469 :文責・名無しさん:02/08/24 21:14 ID:nV4C9wnw
>>468
読売の場合は、誰もが知っていることなので問題なし。
(朝日の甲子園と同じ)

恐竜博の場合は、知らない人間もいるからな。


470 :文責・名無しさん:02/08/24 21:19 ID:Z6IABZ4A
>エンゲルスの『空想より科学へ』という書物の題名を、
>その内容とは関係なく思い浮かべた。

本当は内容を思い浮かべまくりだったんだろうけど(w、
さすがに恥ずかしいもんな。
本音を書いちゃえよ。
「ソ連が崩壊したのはソ連共産党が悪いんであって、本来の社会主義の
値打ちは少しも変わっていない!」って、代々木並みのデムパをさ。

471 :文責・名無しさん:02/08/24 23:05 ID:UyLR/Sfi
>>470
たしかにそうだろうと思う。
しかし、朝日は代々木の同類ではあっても反代々木か反反代々木
であろう。朝日は常に反何々でしかありえない。換言すれば、
「自分だけが正しい病」の患者です。

472 :文責・名無しさん:02/08/25 00:46 ID:VdKQvdA3
>>映画「ジュラシック・パーク」(93年)になると、遺伝子工学によって恐竜を再生させ
テーマパークをつくってしまう。空想と科学とを合体させてしまった。

ってさ、何を今更…空想科学という言葉を知らないらしいぞ(w
あと、恐竜は空想と科学の間を往来なんかしてない。徹頭徹尾科学だ。

473 :文責・名無しさん:02/08/25 06:36 ID:kbptxEy6
バカの書いた駄文なので、あまりいじめるのも大人気ないような、、、、

474 :文責・名無しさん:02/08/25 07:11 ID:Lw9RSBIg
バカの書いた駄文なので、あまりいじめるのも大人気ないような、、、、

475 :文責・名無しさん:02/08/25 07:13 ID:JX9EzmJP
■《天声人語》 08月25日

 立体交差する高速道路が現代都市の象徴だった時代がある。
たとえばロサンゼルスの紹介には、その写真が添えられることが多かった。
あこがれのハイウエー社会を一目で表す風景だった。

 東京の高速道路が旧ソ連の映画に登場したことがある。故A・タルコフスキー監督
のSF映画「惑星ソラリス」(72年)だ。監督が来日したとき「これだ」と思ってフィルム
に収め、映画に挿入した。首都高速の三宅坂付近だったか。

 未来都市の一風景として出てくるのだが、決して美しいとはいえない。
むしろ陰鬱(いんうつ)な雰囲気を漂わせていた。作家の三田誠広さんが
その場面を「まさに廃虚だ」と形容したことがある。

 あの映画が世に出た前後から高速道路は現代都市の輝かしい象徴では
なくなったのではないか。そして95年、大震災で崩れ落ちた阪神高速道路の映像は
多くの人の脳裏に焼きついているだろう。写真・映像でたどる高速道路の「盛衰」である。

 道路建設が近代化や経済成長の推進力になる時代は終わった。狭い日本の国土
に道路網はびっしりと張り巡らされている。道路密度の統計で見ると、
オランダなどとともに日本は世界有数の高密度国である。平野が少ない国土だから
実際の密度は数字以上だろう。

 道路関係4公団の民営化への道筋が固まってきたが、この機会に発想の転換も
進めてほしい。写真では機能美を誇る現代都市ロサンゼルスだが、実のところ
必ずしも住民に便利な街とはいえない。暮らしの中で道路はどうあるべきか、
を問う時代だろう。量から質への転換である。


476 :文責・名無しさん:02/08/25 07:24 ID:J12XqF5L
>>475
まさにバカな駄文だ。
引用は必要ないし、神戸も関係ない。検索で引用元をさがすのを
やめたらどうか?「僕って何?」とか言って過激派ねーちゃんに
甘える願望小説書いてた作家をなぜ引用する?
「美しさ」とかあやふやな基準で物を言うな!

477 :文責・名無しさん:02/08/25 07:25 ID:8+taLJTh
戸塚ヨットスクールを支援する会 発起人・理事一覧

会長:石原慎太郎(東京都知事)
伊東四朗(俳優)、伊藤玲子(鎌倉市議会議員)、植芝守央(合気道道主)、鍵谷武雄、
加瀬英明(外交評論家)、上之郷利昭(ジャーナリスト)、河西善三郎、木下吉信
(大阪市議会議員)、国重光煕・晶(潟gリム)、栗原俊記、古賀俊昭(東京都議会議員)、
小嶋一碩(千草ホテル)、小林則子、小室直樹(作家)、近藤建(潟sコイ)、
榊原康三(西尾市議会議員)、澤龍(サワズ)、信楽充男(願エ州路)、篠宮良幸、
嶋崎和明(嶋崎犬猫病院)、白岩正通(白岩工業)、鈴木和孝(鈴木コーヒー)、
鈴木絢詞、高花豊(テイケイ)、田代ひろし(東京都議会議員)、立川談志(落語家)



478 :文責・名無しさん:02/08/25 07:45 ID:eUXz7kWh
>>477
天声人語の愛読者にして朝日信者の引きこもりは戸塚ヨットスクールに
入れられるのを怖れているのか?(藁

でも、スレタイトルと関係ないコピぺは痛いよ

479 :文責・名無しさん:02/08/25 07:55 ID:QwXikHDT
>>475
まーた映画のネタを引っ張ってきてるのか…作者は最近引き篭もってビデオ
ばかり見てるんじゃないのか??

で、今回のテーマは道路4公団の民営化で、結論は高速道路建設は量から
質へ転換せよというものだが、どうも本文がテーマに沿っているものとは思えない。
五段目で道路密度が比較的高いことに触れているが、それであればどのレベルで
あれば適正なのかを書かないと建設反対の理由にならない。他の国が低すぎる
可能性もあるわけだし。

通常の高速道路建設反対派の主張は経済的・社会科学的な理由に基づくものだが、
どうもこの作者は感情的に高速道路を建設するなと叫んでいる節があるな。
以前も日本橋付近の高速道路風景を槍玉にあげたことがあったし、
「美しいとはいえない」「陰鬱」「廃墟」「盛衰」という言葉がでてくるあたり、
高速そのものに対する嫌悪を感じる。まるで過激派環境団体のようじゃ。

まあコラムはある程度主観で書くものだし、天人が自分の責任で
馬鹿ちんぶりを晒すのも自由ではあるが。

480 :文責・名無しさん:02/08/25 08:06 ID:lotWQztc
>そして95年、大震災で崩れ落ちた阪神高速道路の映像は多く
の人の脳裏に焼きついているだろう。写真・映像でたどる高速道
路の「盛衰」である。・・・

小池さんは「盛衰」という言葉の意味がわかっているのかね?

なんで地震で崩れ落ちた阪神高速道路の映像が、高速道路の「衰」
を表すのか。事故で墜落した飛行機の残骸をみて、空運の衰退を思うのか。

いうのもばかばかしいが、利用者が激減して廃線となった鉄道
軌条跡の写真などであれば「衰」を表すといえるだろう。

481 :文責・名無しさん:02/08/25 08:13 ID:N6SuO0Jp
大震災で道路網が寸断されて国民が多大な不便を強いられたことは
道路の必要性を一層感じさせた出来事だったと思うが・・・。

ありがたい朝日新聞を全国津々浦々に配達しているのは日本の道路網
のおかげ、ということもわかってないのかな?

482 :最新ニュースランキング:02/08/25 08:13 ID:BR8KINwJ
http://ninkirank.misty.ne.jp/08/out.cgi?id=askb

483 :文責・名無しさん:02/08/25 09:03 ID:lzvpuovm
終わっているとしか言い様が無い。
天人替えたら>朝日

484 :そんなに道路が嫌いか?天人。:02/08/25 11:08 ID:jJSFD3oE
>>475
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 1・2段落目の「盛」も否定しまくってるしなぁ。

485 :文責・名無しさん:02/08/25 11:34 ID:qKytTVKQ
>>1
> 天声人語の評価できるところは素直に誉めてあげてください。

この言葉を肝に銘じてこのスレに書き込みしてるけど、今日のは特に酷いね。
その方がこのスレが盛り上がるのかもしれないけど。

486 :文責・名無しさん:02/08/25 11:54 ID:qKytTVKQ
第四段落 >写真・映像でたどる高速道路の「盛衰」である。
 盛 : 「ロスの高速道路写真」「ソ連SF映画」
 衰 : 「作家が陰鬱と形容した」「大震災で崩壊した映像」
これを読んで、納得する人間がいるのか?
つかみとしてはともかく、全体の6段落の内の4段落を費やしている
割には、論旨を支えるには弱すぎる。というか、そもそもずれている。

むしろ、

■道路建設が近代化や経済成長の推進力になる時代は終わった。
■実際の密度は数字以上だろう。
■写真では機能美を誇る現代都市ロサンゼルスだが、実のところ
 必ずしも住民に便利な街とはいえない。
■暮らしの中で道路はどうあるべきか、を問う時代だろう。

こうした本題に直結する部分が(もっともなことを言ってはいるが)
具体性に欠けて観念的なのだから、もっと材料を盛り込むべき。

487 :文責・名無しさん:02/08/25 12:00 ID:5WJ/CV+N
教え子、中一の夏休み宿題に「天性塵語」を切り抜いて感想を書けっちゅーのがあった
やめれ。百害あって一利ナシ!!!

488 :文責・名無しさん:02/08/25 12:05 ID:QwXikHDT
>>487
ここでの皆の感想をそのまま書き写すよう指導してあげなさい
でないとやってられねーべ 読書感想文よか数倍難しいよ

489 :文責・名無しさん:02/08/25 14:50 ID:aQPMaQG3

気の利いた高校生なら書けそうな駄文でも、毎日毎日書き続けるのは大変だとは
正直思う。書くたびの論難のかずかずにもめげずに。普通だった気後れしそうだが。

490 :文責・名無しさん:02/08/25 15:11 ID:Uclrx/xH
ロスが住民に便利な街とはいえないとは?
ロス、サンディエゴとか日本の都市より住みやすいけど・・・

天声人語の住みやすい街って、きっと、平壌か北京なんだろうね。

491 :文責・名無しさん:02/08/25 15:19 ID:/AmUzX+p
天人の住みやすい街は、
文化大革命期の北京や、
ポルポト時代のプノンペンだろ

492 :文責・名無しさん:02/08/25 19:39 ID:SC7yuQty
今日の結論

天人は免許を持っていない
道路に対する異常な憎悪を説明するには、そう考える他あるまい

493 :文責・名無しさん:02/08/25 21:00 ID:vkpA3oCt
ロスだツたらカルフォルニア州の交通を管理してるCaltransの影響下にある街だな。
特にメリケンを例に出すのなら,高速道路網をキチンと管理してるFHWAを何故
參考にしないのだらう?
ンまア,天人子は知らないだらうけど(w

連邦高速道路局
http://www.fhwa.dot.gov/

個人的には,猪瀬直樹個人のパフォーマンス優先な道路公團民營化よりも,
高速道路の耐用年数が近附いたコトを念頭に置いた,公團組織の改組が妥當だと思ふが如何?

494 :文責・名無しさん:02/08/25 21:04 ID:38i1RxNK
>>492
そうでは無くて、車を持てない朝日読者に媚びているのだろう

495 :文責・名無しさん:02/08/25 21:30 ID:oOydMY8F

そういえば、新幹線も槍玉にあがっていたなあ。
たしか爆破されたら大惨事だとかいって。

転塵というより朝日全体が文明嫌いをいわないと棲んでいけないのだろうが。

496 :文責・名無しさん:02/08/26 00:02 ID:gopogK/b
>>495
>そういえば、新幹線も槍玉にあがっていたなあ。
>たしか爆破されたら大惨事だとかいって。

へぇ〜。じゃぁ、末記の記事について、ちゃんと中国様に
「止めておいた方がいいです」と言ってくれるんだろうな(w>天人様

まさか、過去の反省が何たらかんたら言って、反省とお詫びに
新幹線技術の無償提供なんてことを言い出さないでしょうね(w

まさかまさか、ついでに、日本新幹線を虚仮にした韓国にまで新幹線
技術の無償提供なんてことは、天地がひっくり返っても言い出さない
でしょうね(w

--------------------------------------
中国 日本の新幹線導入を検討
http://www.nhk.or.jp/news/2002/08/25/k20020825000076.html
中国が計画している北京と上海を結ぶ高速鉄道について、中国有数の経済新聞は
「日本の新幹線が世論の中心だ」とする鉄道省の専門家の発言を伝えました。
これまでは、ドイツのリニアモーターカーの導入が有力視されていました。


497 :文責・名無しさん:02/08/26 02:26 ID:rTlbatYw
新幹線ッて,實は優秀な公共事業なンだよネヱ。
開通前に散々叩かれた長野新幹線の場合,フタを開けてみたら上々の滑り出し。
アレ程ネガティブキャンペーンを繰り広げてゐた朝日新聞,檢證記事をおながい(w

さういや,鐵道ゐたでも話題になツてゐたナア...
ただ,鐵ヲタの中にも結構な數のサヨがゐたンで驚いたが。

498 :文責・名無しさん:02/08/26 02:52 ID:bDnAEqgu
>>495 というか転塵
新幹線に限らず人の集まるところなら大抵、大惨事になりますが・・・
そのオリジナルの天声人語だれかウプお願いします。

499 :産経信者はやっぱり基地外。:02/08/26 03:00 ID:K78gC+kA
今朝もさわやか、天声人語。

500 :文責・名無しさん:02/08/26 03:03 ID:WxQgdfN+
マスコミの活動は

国民を左翼に洗脳することから脱し

政治的陰謀を直接行うことにシフトしている。

具体的には   メモを偽造することによって

g伝聞証拠として情報を偽造して
国会議員をだまし  自民党をのっとって
社会主義政党にすることです


501 :文責・名無しさん:02/08/26 04:36 ID:lXI87tBS
>>498
2001年6月10日

 時間の流れを乗り物にたとえる。新幹線、特急など高速電車にたとえる人が
半数近くで、一番多かった。時の記念日にちなんだセイコーのアンケート結果だ。

 ここで「英国の鉄道」と答えるとどうなるか。考え込む。時間通りに動くことは
まずない。時刻表はあてにならない。故障はしょっちゅう、事故もしばしば。
時間というより人生のたとえにいいだろう。思うようにならない挫折多き人生である。

 英国メディアにとって鉄道は格好の材料だ。新聞、雑誌、テレビいずれも、
よく取り上げる。たとえば「3倍かかった電車の旅」である。へとへとになって
目的地にたどり着くまでのルポである。ネタ切れのときの鉄道頼みだ。

 英国総選挙で労働党が圧勝した報を聞き、鉄道はどうなるかな、と思った。
選挙直前のガーディアン紙も医療、教育とともにこの問題を取り上げ
「まともな鉄道とまともな地下鉄に乗りたいという人ばかりである」と惨状を訴えている。

 鉄道先進国の末路である。たとえば保線作業員がいないという。そうした
ことから始まって技術者を育てなかったつけがまわってきた。また民営化後、
うわべのサービス競争ばかりで、基盤整備への投資を怠った。諸説あるが、病は重い。

 セイコーの調査に戻れば、理想の時間をたとえると「鈍行電車でのんびりと」という
人が多い。それには英国鉄道旅行も一興だろう。時刻表にこだわらないで
のんびり旅ができる。何が起きるかわからないスリルも味わえる。ひょっとしたら、
予定通りの旅行という奇跡も経験できる。


502 :文責・名無しさん:02/08/26 07:05 ID:7bf/iDF9
>>489
論難では無くて、法難では?
朝日教を信仰しているから、論理性が無い。

503 :489です。:02/08/26 07:15 ID:9pdg6LmA

>論難では無くて、法難では?
朝日教を信仰しているから、論理性が無い。

いわれてみればそのとおり。それで難に遭えば遭うほど功徳ありと
頑張れる。
あな恐ろしや。朝日教。


504 :文責・名無しさん:02/08/26 07:40 ID:DB94KrBP
・最近、ここを訪ねた同僚の報告だ。
・デンマークの援助で建った病院で、
・先住民を助けている。
・途上国の実際を見ようと
・病院は怖いというイメージなどから
・病院で産もうという住民が少ない。
・たまたま医師がいないときの出産で
・まだ時間があると思っていたら
・悲観的な予想ばかりの

中学生の作文並の文章表現だな。
見ていて疲れてくるよ。

505 :文責・名無しさん:02/08/26 07:49 ID:IHVWnDMY
天声人語 ← ここからおかしい

506 :文責・名無しさん:02/08/26 08:24 ID:fmKDy6wu
■《天声人語》 08月26日

 ボリビアのアンデス高地の小さな町で、「ドクトリータ」(かわいいお医者さん)
と呼ばれる日本の若い女性がいる。最近、ここを訪ねた同僚の報告だ。

 デンマークの援助で建った病院で、助産師兼看護師として働く安藤みかさん
(28)で、青年海外協力隊の一員として昨年8月から、先住民を助けている。
東京の産院で働いて自然分娩(ぶんべん)に関心を持ち、途上国の実際を見ようと
協力隊に応募した。

 ところが、病院は怖いというイメージなどから、病院で産もうという住民が少ない。
そこで安藤さんが進めようとしているのが病院内での自然分娩だ。「病院なら衛生的だし、
異常が起きても、分娩室に移して処置できる」という。

 この病院のただ一人のボリビア人の医師は初め消極的だったが、たまたま医師が
いないときの出産で、研修医の立ち会いのもと、この試みを実践した。そのときの
ビデオを医師に見せて、自然分娩を取り入れることを納得させた。

 標高約3800メートル、富士山よりも高い場所での人々の暮らしは厳しい。
「東京でいろいろな外国人のお産を助けた経験から、日本人が一番我慢強いと
思ってましたが、ここの人はもっと耐えるんです」と安藤さん。痛みの訴えの
程度から、まだ時間があると思っていたら、出産が始まり、準備室から分娩室まで
移せなかったこともある。「結果的に自然分娩になってしまった」。

 海外で働く隊員は7月末現在で2479人。途上国で得たさまざまな経験は、
悲観的な予想ばかりの日本の未来を変えるのにも、「協力」できるに違いない。


507 :文責・名無しさん:02/08/26 08:32 ID:fmKDy6wu
内容的には「途上国での出産医療に携わる若者の活躍」ということなんですが、
最後の段落へのつながりがよくわからないです。

若者に期待するだけではなく、天人もがんがれ、と思うのはだめなんでしょうか?
若者以上に改革できる地位にあるにもかかわらず、げんなりしている団塊世代に
はっぱをかけないのはなんで?

508 :文責・名無しさん:02/08/26 08:42 ID:KfXUDxGQ
>>475
惑星ソラリスヽ(´∀`)ノみたーなかなかヨカタ
ソ連人には首都高が未来世界に見えたみたいです。
首都高をきちっと整備しようというお話ですね・・・・Σ(゚ロ゚ノ)ノ ちがうの??

>>506
>悲観的な予想ばかりの日本
( ´,_ゝ`)ナントモイエナイ

509 :文責・名無しさん:02/08/26 08:51 ID:HryE2z+0
今日の話題は、海外青年協力隊の活躍ぶりである。
同じ日本人として隊員には感謝したい。

だが、「デンマークの援助で建った」しかも「病院」が舞台とは
いかにも朝日的で日本に対するいやみが溢れている。

中南米には日本のODAでつくられた施設の総数は、デンマークのそれの
何倍にもなるだろうし、箱ものや土木ものばかりではないだろう。

日本のODAは、ダムや橋や道路などを建設して、環境破壊を撒き散らして
いるとでも、読者に刷り込みをねらっているのだろうな。

510 :文責・名無しさん:02/08/26 09:30 ID:2ggvB5H2
同僚キタ━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━

511 :文責・名無しさん:02/08/26 11:11 ID:g+4JSy/I
ODA參加の經驗(遺跡修復)のあるモノから謂はせて貰ふと,けふの天人は冒涜に近いな(怒


それと,ハナシが前後するが,>>501
天人子はア,JRの整備マニュアルを見たコトないのだらうか?
オイラが見たのは主に保線關係だツたが,ソレでもかなり体系化・網羅されたかなりのモノ
だツた覺えがある。

ンまア,一般人には見るコトが出來ないが,ネタにするくらゐならウラを取れよ>天人子

512 :511:02/08/26 11:19 ID:g+4JSy/I
×ソレでもかなり体系化・網羅されたかなりのモノ
○ソレでも方法が体系化・網羅されたかなりのモノ

513 :文責・名無しさん:02/08/26 13:56 ID:7RZ1mDS0
どうして天人の文章は、起承転結の後ろに
蛇足的感想を書き加えるのであろう。
しかも、それが「悲観的な予想ばかりの日本の未来」という、
自分が作り上げようとする未来像の広告にすぎず、
純粋な感想とも異なっている。

514 :特に最期の段落が・・・・:02/08/26 13:57 ID:7ktKyckH
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 天人が何処に向かおうとしてるのか、本気で分からない・・・・・・・

515 :文責・名無しさん:02/08/26 14:35 ID:KkIq4Jyg
>天人が何処に向かおうとしてるのか
日本から見て北西にある半島(嘘)

516 :文責・名無しさん:02/08/26 18:41 ID:4u/EFa6z
悲観的な予想ばかりの日本の未来=赤くならない日本の政治

517 :文責・名無しさん:02/08/26 21:36 ID:ZOoplIxk
株価が下がったらとりあえず政府のせいにして叩きまくる一方、
一万円台回復しても「明るい兆しが見えてきた」とは決して言わない
誰かさんが、「悲観的な予想ばかりの日本の未来を変える」とは
片腹どころか両腹痛いわ

518 :文責・名無しさん:02/08/26 22:32 ID:lU+EhHsU
>ボリビアのアンデス高地の小さな町で、「ドクトリータ」(かわいいお医者さん)
と呼ばれる日本の若い女性がいる。

「で」の使い方がおかしい。バカみたい。

>若い女性がいる。最近、ここを訪ねた同僚の報告だ。

原始人のような言語感覚ですな。真の駄文とはこういうものを言うんだろうな。

>デンマークの援助で建った病院で、助産師兼看護師として働く安藤みかさん
(28)で、

中学生よりも酷い駄文だ。で、で、ってなんだ?

今日のは「で」を武器にした駄文攻撃か?

519 :文責・名無しさん:02/08/26 22:33 ID:XZ5CeWod
>で、で、ってなんだ?
デデデ大王の親戚w

520 :文責・名無しさん:02/08/27 04:29 ID:xmPNgBnG

>>518
「ボリビアのアンデス高地の小さな町で、「ドクトリータ」(かわいいお医者さん)と呼ばれる日本の若い女性がいる。・・・」
なるほど。そのとおり。つい読み飛ばしてしまう。

天人 ”・・・小さな町で、・・・女性がいる”            ーーー確かに変だ。

代案1 ”・・・小さな町で、・・・助産婦をしている、・・・女性がいる”
代案2 ”・・・小さな町で、・・・助産婦をしている・・・女性がいる、と・・・聞いた”

天人は、同僚からの伝聞と自分の体験とを、きちんと区別して作文できないのかなあ。






521 :文責・名無しさん:02/08/27 06:56 ID:yJonb/HK
またまた、バカげた駄文だ。
そもそも男性助産師なら話題にもなるが、産婆くらいボリビアにも
いるだろう。
「病院なら衛生的だし」ってバカげた主張だな(笑
さまざまな病人がいて、病原菌がうずまいているのでは?



522 :文責・名無しさん:02/08/27 07:46 ID:BAhXujRl
■《天声人語》 08月27日

 十年一昔という言葉がある。10年もたてば、ものごとはいろいろ変わるものだ。
そのようにつかわれることが多いだろう。リオデジャネイロでの「地球サミット」から
10年、ヨハネスブルクで「環境開発サミット」が始まった。あのときと何が変わっただろうか。

 10年前には、秋に大統領選をひかえた当時のブッシュ米大統領が逡巡(しゅんじゅん)の末、
出席した。湾岸戦争の翌年である。今回、息子のブッシュ大統領は逡巡したかどうか
はともかく、出席しない。

 10年前にも多国籍企業を「地球環境の主たる破壊者」として非難する動きがあった。
それが反グローバル化運動として広がるのはだいぶ後のことだ。99年、米シアトルでの
世界貿易機関(WTO)閣僚会議以来、この運動は激しさを増している。今回はどうか。

 10年前の会議では、企業人が前面に出ることはほとんどなかった。各国政府と
非政府組織(NGO)が中心の集まりだった。今回は企業が前面に出てくる。
不信の目を向けるNGOもあろうが、政府と企業とNGOとの連携がテーマのひとつになる。

 地球規模の環境や資源、衛生はどうか。毎年スイスの国土の4倍程度の広さの
熱帯林が消滅している。飲み水は不足し、漁業資源は激減、エイズによる死者は
激増している。平均気温は上がり、洪水、干ばつの被害が近年目立つ。暗い材料が多い。

 開催地の南アフリカでは、この10年激変があった。白人支配に終止符を打った。
その地で催されるこの会議が10年後にどう評価されるか。
「暗い材料をはねかえした」だといいのだが。


523 :文責・名無しさん:02/08/27 07:53 ID:uCQUm0mx
すごい駄文だが、「10年」に何か意味があるのか?
Kの10年前には、何かあったの?

524 :文責・名無しさん:02/08/27 08:00 ID:8jhPCUyo
親は逡巡して出た。子は逡巡したかどうかわからないが出ない。

・・・結局二段目は何がいいたいの?

525 :文責・名無しさん:02/08/27 08:00 ID:HUktkFMp
今日の天人は「環境開発サミット」開催にかけて「10年前のあのときと何が変わっただろうか。」
と自問した。
■米国大統領の動向は如何に?
あのときは「出席しない」 今回は「出席しない」

■多国籍企業に対しては?
あのときは「非難された」 今回は「どうか?」

■企業人の動向は?
あのときは「ほとんど前面にでなかった」 今回は「前面に出てくる」

■環境・資源・衛生各面では?
あのときは「記述なし」 今回は「暗い材料が多い」

■南アフリカでは?
あのときは「記述なし」 今回は「白人支配に終止符をうっている」

ふむふむ。そして結びはとみれば“10年後にどう評価されるか。
「暗い材料をはねかえした」だといいのだが。”

相変わらずの、虚言空言の類だが、たまには自分の考えを「語って」みたらどうか。
もしかしたら文頭の「何が変わったのだろうか」は反語だったのかな。
だったらご免。「なにも変わっていない」と読まなければ。

526 :やっぱ、セオリーって大切だなと思わせてくれる文章だ:02/08/27 08:07 ID:2HadezQb
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 普通、その書き出しなら「変わらなかった事」を書くもんだけどな。

527 :908:02/08/27 08:09 ID:Jx8GZs95
>>522

作家が片手間に書いたエッセイならともかく、
これが全国紙の載せられるようなものなのか?


528 :文責・名無しさん:02/08/27 11:43 ID:wW4Yz/wS
>>524
>>親は逡巡して出た。子は逡巡したかどうかわからないが出ない。
>・・・結局二段目は何がいいたいの?

なにがなんでも米国を悪く言いたいだけでは

529 :文責・名無しさん:02/08/27 18:10 ID:odCanRWM
欠点多い奴や嫌われている奴ほど、他を批判したがるってものよ。

530 :文責・名無しさん:02/08/27 20:59 ID:EPb1uEHl
>地球規模の環境や資源、衛生はどうか。毎年スイスの国土の4倍程度の広さの
熱帯林が消滅している。飲み水は不足し、漁業資源は激減、エイズによる死者は
激増している。平均気温は上がり、洪水、干ばつの被害が近年目立つ。暗い材料が多い。

よくもまあ、毎日駄文が書けるものだ。
暗い予測で読者を引き付ける手法は宗教じみている。
「飲み水が不足、漁業資源激減」は自作自演であるような。
「ペットボトルが手放せない」とか「鯨を食べてはいけない」とか
主張して、それを裏付けるかのように根拠不明の脅しをかけて
いる。平均気温がたとえ下がっていても脅しの材料に
するだろうし、そもそも、平均気温不変の法則でもあるという
のだろうか?洪水、旱魃をおそれるなら「脱ダム宣言」を擁護
できるはずも無い。
 はっきり言ってカルトだ。

531 :文責・名無しさん:02/08/27 21:16 ID:OuA3+O9T
>>530
>はっきり言ってカルトだ。
カルト?な団体の論説やってるんだから仕方ないんじゃ・・・・・

でも、本当に天人は何を訴えたいんだろう?
伝わってこない・・・・・・・・

532 :文責・名無しさん:02/08/27 21:43 ID:odCanRWM
>地球規模の環境や資源、衛生はどうか。毎年スイスの国土の4倍程度の広さの
熱帯林が消滅している。飲み水は不足し、漁業資源は激減、エイズによる死者は
激増している。平均気温は上がり、洪水、干ばつの被害が近年目立つ。暗い材料が多い。

>エイズによる死者は激増している。
これだけ、ちょっとテーマとずれてるような・・・

533 :文責・名無しさん:02/08/28 01:13 ID:cPGGOFwg
「スイスの国土の4倍程度の広さ」って比喩がピンと来ないのは私だけ?
九州の4倍程度の方が実感が出ると思うぞ。

534 :文責・名無しさん:02/08/28 01:37 ID:MiSAmV18
>>533
どうせ欧米の資料をまんまパクったんだろうよ。
小池の知的レベルじゃ日本人向けに置き換えるなんぞ考えもつかんだろうしな。

535 :文責・名無しさん:02/08/28 01:44 ID:FPvzOT4J
小池より1馬の清水成駿の文章のほうがずっと味わい深かった。

536 :文責・名無しさん:02/08/28 04:58 ID:X/DjYUZH

俺だって論理的に書いているんだあー。

●毎年スイスの国土の4倍程度の広さの熱帯林が消滅している。
(そのこころは)紙を日本が大量消費するからだ。
●漁業資源は激減
(そのこころは)日本人が魚を乱獲するからだ。クジラの次はマグロでいくぞ。
●エイズによる死者は激増している。
(そのこころは)セックス大好きの日本人が主犯だ。岡部順一のことは棚に上げるけど。
●平均気温は上がり、洪水、干ばつの被害が近年目立つ。
(そのこころは)日本資本による世界的乱開発が原因だ。

どうだ。論旨一貫しているだろう。
俺だって2500万の年収守るために必死なんだぞ!

537 :文責・名無しさん:02/08/28 07:12 ID:WmGb7YYs
>残念なのは、第1競技場で空席が目立つことだ。速さと技と力のぶつかり合いを多くの人に見てほしいと思った。

パンパシの宣伝なら、厭きるまでに見せさせられるのに、
こうした大会が開催されていることは、今始めて知ったぞ。
ならば、パンパシの中継の1日分を削除して、
代わりに系列のテレビ局でゴールデン枠で放送してもらえるように働きかけたら。

金になるものに対してと、そうでないものに対してでとは、
明らかに扱いが違うメディアに勤務している社員が言う言葉ではないよな。
それとも会社の姿勢に対しての反旗?

538 :文責・名無しさん:02/08/28 07:24 ID:uZfxbNA5
■《天声人語》 08月28日

◇浜本勝行さん(62)は、64年の東京パラリンピックに車椅子(いす)バスケットの
選手として出場した。急ごしらえのチームで、練習といっても庭でパスをする程度。
体育館での練習は一度もないまま試合に臨んだ。

◇そこで見た海外選手のプレーは、自分自身の障害者観を根底から覆すものだった。
緩急自在に車椅子を操る。ボールは片手で投げ、片手で受け取る。猛スピードで
走りながらのパス、そしてドリブル。「雷に打たれたようなショックを受けた」という。

◇15歳で土砂崩れに遭って脊髄(せきずい)を痛めた。下半身が動かなくなり、
生きる気力をなくして周囲に当たり散らした時期もあった。3年後に国立別府障害者
センターに入り、車椅子バスケの縁で25歳のとき東京で就職した。

◇以来、この競技の普及に奔走してきた。70年に第1回国内大会を開き、75年には
日本車椅子バスケット連盟を設立。世界連盟のアジアオセアニア地域委員長にも
任ぜられ、海外各地で開かれる会合に毎年出かける。

◇いま、北九州市で4年に1度の世界選手権大会が開かれている。浜本さんや、
九州で旗振り役を果たしてきた吉永栄治さんたちが力を尽くして実現した。サッカー
でいえばワールドカップのような大会で、「ゴールドカップ」の愛称で呼ばれる。
アジアでの開催は初めてだ。

◇日本男子は決勝トーナメント進出を決め上位入賞が期待される女子は初戦、
第2戦に快勝した。熱戦は来月1日まで続く。残念なのは、第1競技場で空席が
目立つことだ。速さと技と力のぶつかり合いを多くの人に見てほしいと思った。

539 :文責・名無しさん:02/08/28 07:40 ID:uZfxbNA5
> 残念なのは、第1競技場で空席が
> 目立つことだ。速さと技と力のぶつかり合いを多くの人に見てほしいと思った。

はっきりいって空席うんぬんは余計なお世話。ところでこれってTVか何かで
中継されてるのか?こんな偉そうなことを言うくらいだから、自分で北九州まで
見に行ったか、試合を中継で全部チェックするかくらいしてるんだろうな。

540 :文責・名無しさん:02/08/28 07:42 ID:X1C2hW0B
自分のことは棚に上げといてこれかよ!!
http://www.inas-japan.org/index.html
特別協賛してたはずですが。

541 :文責・名無しさん:02/08/28 07:45 ID:AuAxjLqS
×毎年スイスの国土の4倍程度の広さの熱帯林が消滅している。
○毎年朝鮮民主主義人民共和国の1.3倍程度の広さの熱帯林が消滅している。
○毎年中国の国土の1.7%程度の広さの熱帯林が消滅している。


542 :文責・名無しさん:02/08/28 08:05 ID:fGwsSBaZ
>残念なのは(以下略

の最後の締めの文章を工夫すれば良い文章に化けたのに・・・


543 :文責・名無しさん:02/08/28 08:09 ID:as3u9MkA
>>540
それは、 サッカーの話。
こちらは、バスケットの話。

544 :文責・名無しさん:02/08/28 08:29 ID:X1C2hW0B
>>543
いやぁ
>サッカーでいえばワールドカップのような大会で、
>「ゴールドカップ」の愛称で呼ばれる。
>アジアでの開催は初めてだ。
という記述かあったから・・・・・・・

自社が協賛する障害者スポーツ大会についてはまったく触れないで
他の大会に茶々いれてるなぁ、と思ったもので。

545 :543:02/08/28 08:54 ID:as3u9MkA
>>544 540のはなしの意味了解。

ところでそのサッカーの話きいて。
「本大会は、INAS-FIDの主催で厚生労働省、文部科学省、総務省、外務省、FIFA、
財団法人日本サッカー協会、財団法人2002FIFAワールドカップ日本組織委員会、
パラリンピック推進議員連盟、東京都、横浜市などの皆様のご協力により運営されて
います。」ということだそうで。

なんで、あの韓国が共催しないのだろとすごく不思議なんだよなー。

546 :せっかくのちょっといい話が台無し:02/08/28 08:55 ID:zoFsGpb2
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 残念なのは、最後の最後でつまづいちゃった事だな。

547 :文責・名無しさん:02/08/28 09:11 ID:X1C2hW0B
>>545
韓国では障害者は激しい差別の対象だからですかね。
日本では想像できんような世界みたいっすから。
障害があるだけでこういう扱いになっちゃうようだし・・・・・・・
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/08/11/20020811000026.html

548 :文責・名無しさん:02/08/28 09:20 ID:f9QRNNyj
>547
怖い。障害者が産まれたら捨てる国なんだ・・・。

549 :文責・名無しさん:02/08/28 09:40 ID:g/n0eQgJ
著しい劣等感と激しい恨の思想からは、結局
ごり押しといいがかりと差別しか生まれてこないのよ。

550 :543:02/08/28 09:49 ID:iwCzPP3i
>>547 
情報サンクスです。(怖い話だけれど)
548、549 禿同します。

それで韓国は障害者サッカー大会などには関心がないという分け理解。
それと、小池天人がサッカー大会をとぼけた分けも良く分かりますた。


551 :文責・名無しさん:02/08/28 10:48 ID:PeWMARBf
天声人語も地に落ちたな

552 :文責:名無しさん:02/08/28 17:29 ID:4bAlYd1i
> 第1競技場で空席が目立つことだ。
> 速さと技と力のぶつかり合いを多くの人に見てほしいと思った。

世界大会にも関わらず第2競技場の座席数はわずか78席だったりするわけだが、
これも日本戦以外は空席が目立つんだな。

福岡版は連日大会特集を組んでるんだけど、朝日にとって大会そのものはどうでもよくて、
韓国チームや総連・民団の合同応援団の記事を書くお膳立てだと思ってる。
「日本男子決勝T進出」の記事で使われている写真は、犬旗が多数はためく合同応援団。
他にも犬旗フェイスペインティングの子供の写真を載せてたり、意味が分からん。

553 :文責・名無しさん:02/08/28 22:16 ID:iEvSL2at
知的障害者が「コラム」を毎日書いているので
「雷に打たれたようなショックを受けた」。
知的障害者コラムってのもオツなものだな。

554 : :02/08/29 02:58 ID:cZgoDpEq
一時期下等愛がCMで旭は受験問題に一番取り上げられるって言っていたけど
それは本当だったのかな?小学生みたいな文章だけど。

555 :文責・名無しさん:02/08/29 04:01 ID:cYLR8AJb
>>554前スレより

もう一度、朝日の資料を数え直してみました。
「2002年朝日新聞出題大学一覧」
http://www.asahiguma.com/daigaku2002/daigaku-frame.html

天声人語が入試に使用された数は97。
うち、小池氏が就任した2001年4月1日より前のものは23なので、
小池氏の天声はのべ74回取り上げられたことになります。
また、2回以上取り上げられたのは、15作品、のべ37回。


556 :↑その例:02/08/29 04:03 ID:cYLR8AJb
試験に出た天声人語〜2002〜2001.08.22「日本は親切すぎる社会」
鹿児島純心女子大国際人間学部(推薦)の小論文、公頁 栄短大保育科(推薦)の
小論文の試験で出題。天声は、推薦入試で採用されることが多いですね。
また、この天声は、京都市立看護短大看護学科(推薦)の小論文の試験では英語版が
出題されています。
Occasional unkindness in a too-kind society
http://www.asahi.com/english/tenjin/K2001082300647.html
(英語の分析はまた別の機会にやります)

▼大学生10人のうち10人が「碩学(せきがく)」という言葉を知らなかった。
また「戊辰戦争」については10人中2人だけが「聞いたことがある」と答えた。
いずれも最近この欄で使った言葉だ。
▼インターネットを使って国公立大学の大学生から聞いた結果だとして、ある人から
教えていただいた。書き方を工夫された方がいいのではないか、というご忠告でもあった。
▼わざわざ難しくは書きたくない。できるだけわかりやすく書きたい。しかし、この語が
ぴったりという場合には、多少難しい言葉でもつかいたい。その悩みとともに、
もしわからなかったら辞書を引いてくれるだろうという期待もある。それくらいの
不親切さは許されるのではないか。
▼日本社会は親切すぎる社会ではないかと思うときがある。おせっかい社会と言っても
いいかもしれない。たとえば電車で。乗ってドアが閉まってから「危ないですから
駆け込み乗車はおやめ下さい」と構内放送がある。(もう乗っています)。
▼たとえば競馬場で。勝負の判定が遅れたとき「お持ちの馬券はお捨てに
ならないように願います」。(お願いされても捨てません)。テレビのワイドショーなどで
せりふをわざわざ文字で画面に流すのもその親切か。
▼日本のサービス業の接客の良さには定評がある。海外で不愉快にさせられたとき
などはしみじみそう思う。しかしだんだんうっとうしくもなる。ぜいたくな悩みだろうか。
エスカレーターのない地下鉄階段を息を切らして上りながら「しょせん口先親切社会か」
とつぶやくときもある。

557 :文責・名無しさん:02/08/29 06:16 ID:6NDU2d2D
>>556 情報サンクスです。

しかし、このような駄文をもとに、どんな問題が出題されるのか、興味があります。
できましたら情報をお願いします。

558 :文責・名無しさん:02/08/29 06:34 ID:DY7IrK09
今日も今日とて「100人の村」ごっこか。

559 :文責・名無しさん:02/08/29 06:40 ID:M6F6RrfW
「碩学」と「戊辰戦争」について知らないのは天人自身のことでは、、、、
ネットで自称国公立大生に騙されてる「ある人」(天人?)って痛々しい(笑
悪文、駄文しか書けない文法もおろそかな天人が語彙豊富とはとても思えない。

560 :文責・名無しさん:02/08/29 06:44 ID:6OjEvB8d
> 国防支出を同じような地図にしてみると、米国は35平方メートルで全体の3分の1を超える。
>日本と中国が5平方メートルでほぼ同じ、国土面積ではボタン程度のイスラエルが、国防支出地図では大きな風呂敷ほどになる。

これを書きたかったのだろうなぁ。
でも、そのせいで文章のながれがあまりにも不自然になっている。

> 様々な格差を抱え込むこの地球の運命がいま、南アフリカで論議されている。

環境破壊の諸悪の根源である【新聞】をこの際無くそうぜ。
毎日、膨大な数の【新聞】を発行し続ける事での環境に対する負荷について徹底的に検証し、
ネットワークが発達した現在でも【新聞】が必要かどうか検討する時代になったね。

561 :文責・名無しさん:02/08/29 06:58 ID:EAuKduHz
■《天声人語》 08月29日

 地球の陸地の広さを100平方メートルに圧縮していろいろな地図をつくってみる。
100平方メートルといえば日本の都市ではぜいたくかもしれないが、ほぼ1軒の家
の広さと見ていいだろう。それで国内総生産(GDP)の地図をつくるとどうなるか。

 100平方メートルの地球のうちほぼ3分の1の33平方メートルほどを米国が占める。
大きな1部屋分である。国土面積で最大のロシアはGDP地図では1平方メートルで、
大人が寝る場所もとれない。中国はロシアの3倍以上の広さを確保、畳2枚程度の広さだ。
ドイツはその2倍で4畳間ほどになる。最小級は太平洋の島国キリバスで、1平方ミリの
10分の1程度だから、肉眼で見るのは難しいかもしれない。

 国土面積でいくとマッチ箱ほどの日本だが、GDP地図では8畳間程度の広さを占める。
国債の格づけで日本より上位にあるアフリカのボツワナは、シャツのボタン程度の大きさ
である。環境開発サミットを開催している南アフリカは米国の100分の1ほどだ。

 自動車保有台数を100平方メートル地図にしても、GDP地図とそう大差はない。
1次エネルギー消費量でも米国が世界の4分の1を占め、他を引き離す。
人口最大の中国が6畳間程度で日本の2倍の広さを占める。

 国防支出を同じような地図にしてみると、米国は35平方メートルで全体の3分の1を超える。
日本と中国が5平方メートルでほぼ同じ、国土面積ではボタン程度のイスラエルが、
国防支出地図では大きな風呂敷ほどになる。

 様々な格差を抱え込むこの地球の運命がいま、南アフリカで論議されている。

562 :文責・名無しさん:02/08/29 07:05 ID:e8g8TN1G
まず100平米が何畳にあたるのか、書いとけよ。
単位がめちゃくちゃで読みにくいって。

563 :文責・名無しさん:02/08/29 07:08 ID:vPXKMsmv
>>561
中学生の夏休みの宿題の並だな。
平方メートルと畳を併用するのはバカだからか誤魔化したいからか?
同じ畳といっても京の畳は狭く、田舎の畳(東京とか)は大きかったような。

564 :文責・名無しさん:02/08/29 07:16 ID:2YMx9/1S
「四畳間」って何だ?
四畳で仕切るのは難しいぞ(わら

565 :文責・名無しさん:02/08/29 07:19 ID:tS1daVfH
>>547
何回かソースとして朝鮮日報の記事を読んでいてふと思ったんですが、思想や感情とかがあまり鼻につかず、
他国に発信している記事としてはアカ日よりよっぽどましじゃないかと思う僕はチョンですか?既出かもしれませんが…

566 :文責・名無しさん:02/08/29 07:22 ID:mFmPQXSH
>>564
簡単では?


567 :文責・名無しさん:02/08/29 07:27 ID:33rOFZF0
>>561
アフリカ諸国より国債の格付けが下の国がGDP8畳間を拠出する狂気。

568 : :02/08/29 07:32 ID:Vq1ChbIO
解説すれば

3.3平米≒1坪≒たたみ2畳分

どっちにしても読みにくいし、話題は使い古されてるし、

>国債の格づけで日本より上位にあるアフリカのボツワナ
>国土面積ではボタン程度のイスラエルが、国防支出地図では大きな風呂敷

と文脈とは関係ない嫌味がちりばめられている。で結論が

>様々な格差を抱え込むこの地球の運命がいま、南アフリカで論議されている。

疑問を呈するわけでも、主張するわけでもなく、字数を合わせただけの終わり方(ToT)

2点/100点満点

569 :文責・名無しさん:02/08/29 07:50 ID:SFBHmODH
<<565
同感

570 :文責・名無しさん:02/08/29 07:51 ID:SFBHmODH
間違えた
>>565

571 :名無しだよ:02/08/29 08:14 ID:786Z0k4P
今日のは、地球が100人の村であったら とかいう本から
アイデアをパクッたと思われ。机の上にこの本があったのかな。

572 :文責・名無しさん:02/08/29 08:19 ID:UhMQPju9
今日の小池さん。「地球全体を100人の村と・・・」をもじって「地球全体を100平方メートルの家と・・・」を捻り出した。
これはうけるだろうと思ったら意に反してさっそくのお小言が飛ぶ。「比較するときには単位をそろえろよ!」と。

>>556引用の小池過去駄文「日本は親切すぎる社会」では、以前に用いた「碩学」と「戊辰戦争」は大学生がしらないから、
もっと分かりやすくかけと忠告されて開き直り、「もしわからなかったら辞書を引いてくれるだろうという期待もある」と
居直った。さらには日本は親切すぎる社会だと逆切れの妄論をふりまいた。

そのでんで行くと小池さん。今回は「もしわからなかったら電卓で計算してくれるだろうという期待もある」とでもいうのかしら。


573 :文責・名無しさん:02/08/29 08:19 ID:qYPlizIP
ンまア,デベとかの廣告だと一疊は1.8M×0.9Mで1.62ヘーベーで計算してるかな.

ところで四疊間ツてナニヨ(w
ツて564が同じコト書いてら.

574 :文責・名無しさん:02/08/29 09:16 ID:M46oiWMo
明らかに百人の村のパクリだな。
しかし転生鎮護も質が落ちたモンだ。

575 :文責・名無しさん:02/08/29 10:45 ID:1xkvy5gR
ワラタ、
みんなの今日のツッコミイイ

576 :文責・名無しさん:02/08/29 10:48 ID:Kzbf1Gv8
>>556「日本は親切すぎる社会」は、三部作なんで、この前と後もupします。
いずれも入試には採用されていません。(念のため)


577 :556の前:02/08/29 10:49 ID:Kzbf1Gv8
2001年8月3日 ■天声人語■

 いつも合祀(ごうし)という言葉の前で立ち止まってしまう。靖国神社に合祀される
とはどういうことなのか。不明な点も多いが、整理すると、こんなことだろうか。

 記名することが重要らしい。合祀が決まった人の名前が霊璽簿(れいじぼ)という
帳面に筆書きされる。その上で秋の例大祭の初日に「魂をお招きし」、霊璽簿を
奉安殿に納める。これが合祀の手続きらしい。霊璽簿という和紙の帳面は2000冊
以上にのぼるという。

 だれを合祀し、だれをしないか。戊辰(ぼしん)戦争の官軍の死者を慰霊するのが
始まりだから、考え方は明快だ。内戦であれば国家側に立った者であり、賊軍は
除外された。従って西南戦争で国家に刃向かった西郷隆盛は合祀されない。
対外戦争の場合は、日本国籍のあることが条件だったろう。

 だれが合祀を決めるか。戦前は陸海軍省だった。戦後は旧厚生省などが事務を
引き継ぎ、戦前の考えに沿う形で神社が決めたという。合祀の基準は必ずしも
明快ではないが、個人の意思には関係なかった。

 こうした合祀の性格について、日本のよき伝統からはずれているという指摘がある。
「勝者は敗者の屍骸に合掌して立ち去るのが常であった」という武士の流儀を
引きながら批判したのは宗教学の中村元氏だ(ジュリスト85年11月10日号)。

 「われわれの祖先は、国と国との対立を超え、異なった宗教の間の相克を超えて、
敵味方の冥福(めいふく)を祈ったのである」。「この崇高な、和(やわらぎ)をいとしむ
日本の伝統的精神」が、明治のころから失われたのではないか、と。
亡き碩学(せきがく)の言は傾聴に値すると思った。


578 :556の後:02/08/29 10:50 ID:Kzbf1Gv8
2001年9月4日 ■天声人語■

 先日、この欄で「親切すぎる社会」「おせっかい社会」について書いた(8月22日)
ところ、200件近くのご意見をいただいた。考えさせられることが多かった。その一部
を紹介しながら、再説する。

 「碩学(せきがく)」などの難しい言葉をつかうことについては「自分で調べることを
すればいろいろなことが見えてくる」といった意見が大半で「ここでの不親切は大歓迎」
「これ以上やさしくしないでください」とのやさしいご忠告もいただいた。

 意見が集中したのは、テレビのワイドショーなどで流す字幕についてだった。
聴覚障害者にとってはあれがありがたい、という趣旨だ。書くときに頭にあったのは、
普通の字幕ではなく、誇張のための字幕のことだったが「それもありがたい」との
ご指摘だ。

 「番組の制作者としては、身障者のためではなく、番組を面白おかしくするための
スーパーでしょう。でも、耳の聞こえない者には、藁(わら)をも掴(つか)む大事な
ものなのです」と鹿児島のFさん。家族と一緒に笑えるようになったという人も多かった。
少しでも字幕の出てくる番組を増やしてほしいとの願いも強い。

 一通一通読みながら感動したのは、皆さんの謙虚さとユーモアだった。
「こういうのを『おせっかい』と言うのでしょうが」という書き出しや「健常者にとっては、
うっとうしいことでしょうが」といった言葉がごく自然に出てくる文章が多い。

 女声の方が聞き取りにくい。背景の音楽が大きすぎてせりふが聞き取れない。
そうしたこともいろいろ教えられた。ありがとうございました。

579 :文責・名無しさん:02/08/29 10:56 ID:So5YlRPI
>>578
転塵とくいの言い訳バージョン掲載感謝! ところで、
>200件近くのご意見をいただいた。
とあるが、転塵への意見はどこ宛てにだせば良いのでしょうか?メールでも可なのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。

580 :文責・名無しさん:02/08/29 11:00 ID:Kzbf1Gv8
*朝日新聞社や記事へのご意見、ご要望は kouhou@mx.asahi-np.co.jp(広報室)まで


581 :文責・名無しさん:02/08/29 11:45 ID:+YagbKQf
昭和や平成という元号は、天皇制に基づくものであり、

戦時中に天皇軍によって蹂躙されたアジア諸国の

要望により、朝日新聞は使用を止めました。

同様に、1坪だの、1畳だのという日本が昔使っていた単位は、

日帝軍がアジア諸国に押し付けた経緯があり、

アジア諸国の市民は昔受けた心的圧迫感を感じるので、

使わないようにしよう!




582 :文責・名無しさん:02/08/29 12:17 ID:2o2WIO04
>>580 >*朝日新聞社や記事へのご意見、ご要望は kouhou@mx.asahi-np.co.jp(広報室)まで
情報アップ感謝します。

583 :文責・名無しさん:02/08/29 12:55 ID:IhGF5Ka5
>>578 (2001年9月4日版)
(読者からの意見として)>「健常者にとっては、うっとうしいことでしょうが」

このコメントは、正義の味方を演じ弱者の見方を標榜する朝日の人間に共通する批判である。

小池をはじめ朝日の人間の本心は、もともと弱者にたいする思いやりなどは有りはしない。すべては営業用演出である。

あの本多勝一が、以前どこかの雑誌のコラムに概略こう書いた。
「駅のエスカレーターの片側は急ぎの客のために常に明けておくべきだ。たまに両側をふさいでいるグループや
急ぎ客用側に立っている者がいるが、分秒をあらそう仕事を持つものに対する妨害行為だ。」

これに対してある人から反論があった。
「それは強者の理屈である。私は体が不自由でエスカレーターを利用するときには、
片側に寄りかかり反対側のベルトをつかまなければならない。」

本多勝一の本心が良く見えるやり取りである。

この話は本多勝一のコラムを収録している「貧困な精神」シリーズには載っていないようだ。
都合が悪いものは載せないのかな。

どなたか見たことの有る方がいたら、掲載本をおしえてください。

584 : :02/08/29 15:29 ID:KouIdQlu
>>577
朝日に反論しときます

http://www6.ocn.ne.jp/~tante/yasukuni.htmより

>合祀の対象者 (※は本町ジャーナル)
> 戦時または事変において戦死、戦傷死、戦病死もしくは公務殉職した軍人、軍属、およびこれ
>に準ずる者」が原則
>戊辰の役 ・ 西南の役(※いわゆる朝敵も慰霊)の戦没者/殉難者 ・ 日清/日露戦役の戦没者 ・
>大東亜戦争の戦没者など、246万人を越える殉難者が合祀されている
>乃木希典/東郷平八郎は戦死ではないため、靖国神社ではなく、別に乃木神社/東郷神社として
>祀まつられてある

それと、西郷隆盛の最期は「切腹」なので靖国には入れません。西郷隆盛は南州神社ですね

共産党のここのページでもでも
http://www.jcp.or.jp/activ/activ14_kyoukasyo/2001-0714-yasukuni.html
>私は会津の出身だが、鳥羽伏見戦争以降の戊辰戦争で戦死した会津藩士たちは、かの有名な
>白虎隊を含めて「朝敵」であるから、当然、(引用注:靖国に)祀られていない。

と引用してますが、もちろん白虎隊の最期も「切腹」、靖国の合祀対象ではありません
なんか、稀有な例をだして「朝敵だと祀られない」と言いたいのでしょうが、現実を直視しましょうw

西南戦争後は
>外国との戦争で日本の国を守るために、斃れた人達を祀ることになった神社である。
http://www.yasukuni.jp/annai/gaiyou.html

なので、合祀の基準は明快です
西南戦争前は内戦の戦没者全員、それ以後は外国との戦争での戦没者

もう少し勉強しましょうね>アサピ


585 :文責・名無しさん:02/08/29 16:11 ID:PLACUGR2
>585
「祀られてない」とか文句言いながら合祀したら今度は合祀に反対
するんだよね。いいがかりもいいこと。

586 :やっぱあんた日本人って感じ:02/08/29 20:11 ID:hQrzVfYn
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 想像の中だけで実際に作る訳じゃないのに、「日本では贅沢かも知れないが」ってのもどうかと。

587 :文責・名無しさん:02/08/29 20:36 ID:kk51cdW6
ほんとに朝日は日本が嫌いなんだなあ。

588 :文責・名無しさん:02/08/29 21:31 ID:4zgccDNL
今日のはわざと換算しにくいように平米と畳が混用されていると見た。
アメリカは経済、軍事ともに1/3でバランスが取れている。
日本は経済の割に軍事費が少ない。
支那は貧乏な癖に軍事費が多すぎ。野心を感じない訳にはいかない。

589 :文責・名無しさん:02/08/29 21:45 ID:aCZgr1WQ
捏造浅比師ね

590 :文責・名無しさん:02/08/29 21:58 ID:GGxEhAu9
>588
するどい!

591 :文責・名無しさん:02/08/29 21:59 ID:keemJcLo
全世界のGDPのうち、
アメリカは33%で、以下ロシアは1%、中国はその3倍の3%、
ドイツはさらにその倍で6%、最小がキリバスで0.000001%、
日本は中国の4倍で12%、
ボツワナは…例えがよくわからんが1cm平方程度として0.01%、
南アフリカがアメリカの100分の1で0.33%。

さて質問。天人の書き方でロシアと南アフリカとどちらが
GDPが高いかすぐに分かった人ってどのくらいいる?

[結論]
例えを用いるなら、せめて数字を書くよりイメージしやすいようにしないと
意味がないぞアホ。俺が天人の上司なら小一時間説教する。

592 :文責・名無しさん:02/08/29 22:12 ID:ZysLQSpJ
1.62で計算すると
軍事費/経済

亜米利加 35/33=1.061
日本   5/1.62/8=0.386
支那   5/1.62/2=1.543

で支那はアメリカよりも侵略性が50%高いと言う結論
  

593 :文責・名無しさん:02/08/30 00:21 ID:3g7jBoAq
今日の素粒子へのつっこみ。
主旨は、イラクの核兵器生産を非難するアメリカを、
アメリカこそが最大の核兵器国なので、「米国は、核開発をやめろと
胸をはって他国に言える立場ではない」と述べ、「協調に自ら背を向けていては
説得は生まれない」と、例によって、アメリカだけを批判している。(藁
でも、相手はイラクなわけじゃん。
クェートに簡単に進入しちゃって、あの湾岸戦争をひきおこした国なわけよ。
国連だって、手をやいてるし。 世界の認識も、イラクは問題国なわけよ。
確かに核兵器はなくなったほうがいいのかもしれないが、
同じ核兵器を持つ場合、アメリカとイラクとどっちの国が持ってるほうが、
世界にとって、より危険かという観点で考えるべきではないか?

また、アメリカを責めてる暇があったら、イラクの疑惑に対して、
世界唯一の被爆国として、なぜ声をあげないのだろうか?
これから、核兵器をつくろうとしてるかもしれない国に対して、
アメリカみたいに、紙面で批判をしろよ、と思う。
一つでも、核兵器が増えるのを押さえるためによ。
それが、朝日の好きな「反核」の精神の現れだろうが。


594 :文責・名無しさん:02/08/30 00:22 ID:3g7jBoAq
また、アメリカを責めてる暇があったら、イラクの疑惑に対して、
世界唯一の被爆国として、なぜ声をあげないのだろうか?
これから、核兵器をつくろうとしてるかもしれない国に対して、
アメリカみたいに、紙面で批判をしろよ、と思う。
一つでも、核兵器が増えるのを押さえるためによ。
それが、朝日の好きな「反核」の精神の現れだろうが。

まあ、いつものことだが、アメリカだけ批判していれば、
他国で何が起っていようが気にもにもとめないのだよな。

まあ、作者の「アメリカに対する劣等感」は、一連の文章から見てとれるが、
もっと、世界に目をひろげろ、ぼけ! と、小一時間説教してやりたいね。

595 :文責・名無しさん:02/08/30 07:28 ID:uVvP40pJ
最近の言葉キター

596 :文責・名無しさん:02/08/30 07:35 ID:uVvP40pJ
見事にマジカルバナナしてるなぁ
霊→中略→憲法

597 :文責・名無しさん:02/08/30 07:35 ID:RBkbBaD3
最近の言葉はやべーな。アレ、どうすんの?
有事法制すか。ふう。中学生の作文ね。そうすか。亡命したいすか。
夏は幽霊の季節すか。不肖宮島のありがたいお言葉すか。寅さんが空爆ね。
へえええ。馬鹿っぽいな。あいかわらず無責任な感じ〜。

598 :文責・名無しさん:02/08/30 07:40 ID:ER1b0ARe
◇最近の言葉から。「夏はなによりも、死者の霊が戻ってくる季節なのである」「死者たちは、
世界の偉大な真実である『無意味』の底を渡って、生きている者のもとに戻ってこようと
している」(宗教学者の中沢新一さん)。

◇「幽霊は、もともとはむしろ子孫にとってなつかしい存在だった」と比較民俗学の諏訪春雄さん。
沖縄で自分の半生を撮り続ける写真家石川真生さんは「相手の人生をもらい、自分の人生も
差し出す。撮影というより人生の交換さぁ」。

◇映画監督の山田洋次さんが語る。「寅さんはね、わかりやすくないといけないのですよ」。
寅さんがアラブ世界を旅し、市場でたたき売りをする。そこへ米軍が爆撃をし、犠牲者が
出る。「それを見て何を学び、どんな言葉を発するのか。ふとそんな想像をしてみる」。

◇広島で被爆した元日本サッカー協会長の長沼健さんは「生きているのは、偶然だ」といい
「戦時中は中学選手権もW杯も中止された。スポーツマンにとって最も憎いのは、戦争だ。
それを身をもって知った」。

◇「私はあえて平和ボケとはいわない。本当に平和ボケならば、世界有数の軍事力を持ったり、
有事法制に熱心になったりはしない。中途半端な平和主義の中で、中途半端に軍事ゴッコを
している」と写真家の宮嶋茂樹さん。

◇『私たちが書く憲法前文』(角川書店)に出てくる女子高生作の前文はこう始まる。「全くもって
タイシタコトのない/世界的にみてソコソコの国がいい」。評する作家の高橋源一郎さんは
「いますぐにでもその国に亡命したい」。

599 :文責・名無しさん:02/08/30 07:40 ID:ER1b0ARe
いつもはバラバラに人の言葉を並べているだけの「最近の言葉から」だが、今回は
3段目からは主張が一環していますな。しょぼい反戦思想に満ち溢れています。

3段目…寅さんがNYに行って、目の前で飛行機がビルに突っ込んでいったときに
 何を学びどんな言葉を発するのかも想像してみたくなる。
4段目…スポーツができなくなるから戦争が憎い、ってどうよ。
5段目…良識ある国民は、熱心に軍事力を有効に使えないようにしたり有事法制反対を唱える
 奴こそが平和ボケだといってるんですが…。
6段目…世界的にみて余りにも恵まれすぎている日本に生まれながら「ソコソコの国がいい」
 などと甘ったれたことをぬかす女子高生に、「その国に亡命したい」と合いの手を入れる
 DQN。二人とも無理しなくてもいいから、さっさと日本から出て行きなさい。

600 :文責・名無しさん:02/08/30 07:49 ID:/SL07liE
反戦って主張するのは簡単だし、
だれもがそう思っている。
けど、日本の最大の驚異である中国の軍備拡大について全く触れずに、
「戦争、はんた〜い」なんてばかり言っているのは、幼稚園児レベル。

601 :文責・名無しさん:02/08/30 07:51 ID:lYFTc3zc
>>598
>「戦時中は中学選手権もW杯も中止された。スポーツマンにとって
最も憎いのは、戦争だ。それを身をもって知った」。

って?戦後、スポーツを禁止したのは米軍では無いのか?

602 :文責・名無しさん:02/08/30 08:29 ID:f9AxB+zi
高橋源一郎氏は,結構的外れな發言を繰り返す人物だと思ツてゐたが?

読者“不在”のインターネット書評の不毛
http://www.kinokuniya.co.jp/05f/d_01/back/no15/tokushu/tokushu02.html#map6

を見るに,“インターネット”について,

>あれは書くメディアであって、読むメディアじゃない。
>プリントされたものは、どこかに届けられて誰かが読む。

等とかなり御粗末なコトを述べてゐる.

どうやら彼ハ,スクリーンの文字を讀むのが苦手なやうだ.
最近知ツたのだが,モニタ上で長文讀むのが苦手で,印刷するヒトが意外に多いらしい.
もしかして天人子も,プリントアウトされたこのスレを讀ンでゐるのだらうか?


スレ違ひ氣味だが,取り敢へず彼等にハ,「良いVCを買ひなさい」とだけ謂ツておかう.

603 :JUNK:02/08/30 09:06 ID:1Zo1nxqV
天声人語じゃないんだけど、今日の朝日朝刊で
中国産松茸に触れてる記事は、やくみつるの
1コマ漫画だけだった。

604 : :02/08/30 09:38 ID:uNLaNY+T
http://book.asahi.com/review/?info=d&no=2063

ほら、高橋源一郎の発言

>最後に、ぼくのいちばん気にいった「憲法前文」の最初の二行を紹介する。ぼくは、いますぐ
>にでもその国に亡命したい。「全くもってタイシタコトのない/世界的にみてソコソコの国が
>いい。」。ちなみに、作者は女子高生。(作家)
>(角川書店・301ページ・1300円)
> 評者・高橋源一郎(作家)

結びに持ってくるほどの文章でもないだろ・・・

605 :文責・名無しさん:02/08/30 09:39 ID:wveZ09D6
スレ違いかもしれんが、
>>602を読んで、腹が立った。
関川って、関川夏央?
書評家としては好きだったのに、ゲンメツした・・・

高橋源一郎という名のゴミは、今すぐどっかの三流国にくれてやれ。

606 :文責・名無しさん:02/08/30 10:22 ID:Daz8ePik
>>605
読んでみたが、どうして関川を嫌いになったのかは分からなかった。

>書く方があらかじめ読者をもとめていない

このあたり? 掲示板文化とホームページ文化があって、その一方に対する
批判としては、まぁ普通だとは思うが。


607 :文責・名無しさん:02/08/30 10:32 ID:oUUxe0Er

>「死者たちは、世界の偉大な真実である『無意味』の底を渡って、生きている者のもとに戻ってこようとしている」

だいたい小池点塵は、これの意味が分かって書いているのか。オレにはさっぱり分からない。
「世界の偉大な真実である『無意味』な駄文である小池塵語」というなら納得する。

608 :文責・名無しさん:02/08/30 10:44 ID:MAY5diZq
>その国に亡命したい。「全くもってタイシタコトのない/世界的にみてソコソコの国が
高橋源一郎氏のいう国はカリブの島国だ。
作家だから、自分の言葉にはあたりまえに責任もっている。
とっくに亡命してるよ。18日に極秘出国した。
「セントクリストファー・ネイビス」「セントビンセントおよびグレナディーン諸島」とかにいくらしい。
亡命ですので、当然財産も家も家族も捨てて
もちろん一生帰って来れない。最後の墓参りもやった。かなり覚悟してたようです。
まさか母なる日本の社会にぬくぬくつつまれつつ、反抗期の子供のような感傷的反日文章を切り売りすることに耐えられなかったらしい。
さすが作家…。
今、高橋氏の家はユンボでぶっ壊してる最中。7月23日競売が行われました。
家族は実家に肩身のせまい思いで縮こまって、出版社はパニックらしい。
今日の夕刊トップに出る。各紙記者が走り回ってるよ。

609 :文責・名無しさん:02/08/30 12:23 ID:f9AxB+zi
高橋源一郎氏に關して,もう少し.

すばる文学カフェ 作家による自作朗読会 vol.11
http://subaru.shueisha.co.jp/html/cafe/cafe11_f.html

に上げられてるReal Audio邊りを見ると,やはり作家として素晴らしい感性の持主なンぢやないか,と思ふ.

しかし,こちらの一連の流れを見ると...

高橋源一郎〈「大逆」と明治〉へ/糸圭秀実
http://www.criticalspace.org/special/suga/020117.html
Re: スガ秀実氏の批判に/高橋源一郎
http://www.criticalspace.org/special/takahashi_g/020124.html
Re: 高橋源一郎のレスは、あまりにも.../糸圭秀実
http://www.criticalspace.org/special/suga/020128.html

餘りに御粗末,つふか開いた口が塞がらない...

#スレ違ひなのでsage

610 :文責・名無しさん:02/08/30 16:13 ID:ZUB3U30M
天人が取り上げた作家=みんなから嫌われる・・・

611 :勝谷も文章下手クソだけどね・・・。:02/08/30 18:09 ID:aFMs3Fxc
勝谷誠彦の日記より

http://www.diary.ne.jp/user/31174/?

2002/08/30 (金)

・・・と言っていたら朝から爆笑爆弾炸裂。天声人語読んで椅子から落ちる。
http://www.asahi.com/paper/column.html
ああ天も哭け地も叫べ。不肖宮嶋オギャアと豊葦原瑞穂国に生を享けて40余年。
ついに載ったのである。掲載されたのである。天下の朝日新聞天声人語に
わが文章が引用されたのである…。と不肖先生はお慶びであろう。朝日の
執拗な書き直し要請に対して私は不肖先生に耐え難きを耐え忍び難きを忍べと
進言した。再三に渡る誘導添削に従い筆を曲げてでも夕刊に掲載された甲斐が
あったと盟友として祝福申し上げる。しかしそうまでして「書かせた」文章を
「今月の言葉から」にする天下のマッチポンプ。もはや見事と言うほかはない。
日垣隆さんに『エ−スを出せ!』(文藝春秋)でサンドバッグのごとく罵倒されている
小池民男さんだがついにある頂点を極められたか。




612 :ながし:02/08/30 18:11 ID:fPI2HNmf
宮嶋茂樹氏は自衛隊従軍体験をしたり(たしか「正論」に載っていた)思想的には右よりのはず。勿論有事法制には賛成だと思われる。
天神の取り上げた「私はあえて平和ボケとはいわない、、、」の部分は宮嶋氏が朝日新聞に寄稿した文の一部だと記憶しているが、この部分だけが他の部分から浮いていたので印象に残っていた。
この部分だけを読むと彼はいかにも有事法制反対のようだが、意図は逆だったと思われる。「中途半端に軍事ごっこをしている」のは国会で枝葉末節の議論にこだわる野党に対する皮肉ではなかったのではないか。
あるいは朝日が文章に手を加え、意図的に読者を誤読させるようにミスリードしたのかも知れない。朝日お得意の手法であるが。

613 :ながし:02/08/30 18:29 ID:LKi44I39
>>611
やはりそうでしたか。

614 :文責・名無しさん:02/08/30 18:35 ID:h/Eil0AX
>>611
>サンドバッグのごとく罵倒されている

勝谷も文章下手クソ

615 :文責・名無しさん:02/08/30 19:02 ID:zAvFEzJY
>>598-599
今日は3段目が飛び抜けて奇異だなぁ。

>映画監督の山田洋次さんが語る。「寅さんはね、わかりやすくないといけないのですよ」。
これはいいとして、次の天人の妄想を挟み込んだ後の

>「それを見て何を学び、どんな言葉を発するのか。ふとそんな想像をしてみる」。
は一体誰の言葉なのか? 間に挟んだ妄想のせいでとてもわかりにくい。
カギカッコ付きということは、人の言葉の引用だと思うが、ならばこれも山田洋次監督の
言葉なんだろうね。まさか天人の言葉に「 」をつけたりしないよね (w
ただ、”思いを巡らす”のがお好きな天人さんゆえ、あやしさが募る。
そこでちょっと手直ししてみた。

◇映画監督の山田洋次さんが語る。「寅さんはね、わかりやすくないといけないのですよ」。
寅さんがアラブ世界を旅し、市場でたたき売りをする。そこへ米軍が爆撃をし、犠牲者が出る。
それを見て寅さんは何を学び、どんな言葉を発するのか。ふとそんな想像をしてみた。

これを最終段にもってくれば、ほ〜ら正当派天人の出来上がり〜







616 :599:02/08/30 21:01 ID:ER1b0ARe
>>608
そうだったのか…それであればこりゃ高橋氏にちょっと失礼だったな。

よく考えてみれば、女子高生の言葉もこれだけだと何を意図して言ったものか
わかんないっすね。べったり反戦の締めで「憲法前文」というキーワードが
出てきてたからてっきり…
天人のマジカル誘導にものの見事にはまってしまった俺は逝ってよしですな。

617 :文責・名無しさん:02/08/31 07:12 ID:2X2SgijB
なんかでかいコマーシャルがついて一層読みにくさが増しました。
http://www.asahi.com/paper/column.html

■《天声人語》 08月31日
 あのときほど心中が悲壮感にあふれたことはなかったろう。56年、モスクワで
日ソ国交回復交渉に臨む当時の鳩山一郎首相の心境を推しはかった一節だ
(『鳩山一郎』時事通信社)。鳩山首相は交渉を成立させて帰国した翌日、
引退表明をした。

 鳩山ほどではないかもしれないが、72年、北京で日中国交正常化に臨んだ
当時の田中角栄首相もたいへんな緊張下にあったろう。日ソ、日中いずれも時の
首相が政治生命をかけた交渉だった。小泉首相訪朝の報に、こうした歴代の交渉の
厳しさを思わざるをえない。

 日ソ交渉は北方領土問題で揺れに揺れた。日中交渉では台湾問題が難題だった。
どちらも外交交渉の争点であり、国内問題でもあった。与党内でも意見が割れた。
北方領土問題は棚上げによって妥協を図り、台湾問題は国内の親台湾派を
押し切る形で正常化にこぎつけた。

 今回も拉致問題をはじめ難題が少なくない。その点は過去の交渉と変わりないが、
突然の首脳会談発表には驚かされた。交渉を繰り返して機が熟す。そして首脳会談
で決着する。そうした過去のやり方から見ると唐突感はいなめない。

 「非公式には綿密に話し合ってきた」と福田官房長官、「水面下で交渉してきた」と
小泉首相が言うのだから機が熟した面もあるのだろう。そうでなければ困る。そうは
思いつつ決して容易な交渉とは思えない。

 30年前の話である。『大平正芳回想録』によると、中国から帰国する機中、
当時の田中首相と大平外相が「オイ、生きて帰れたなあ」としみじみ語り合ったそうだ。

618 :文責・名無しさん:02/08/31 07:14 ID:2X2SgijB

しかし、現天人ほど激動の時代にふさわしくない人物が
天声人語を担当するなんて、本当に「ご愁傷様」という感じですね。


619 : :02/08/31 08:31 ID:2QzaeJBR
今日の文章は論理的飛躍も無く、趣旨が一貫してます
名文までは行きませんが、及第点ですね

620 :文責:名無しさん:02/08/31 08:32 ID:VfUSdo2c
今日の天人は社説の補足っぽい感じ。

621 :文責・名無しさん:02/08/31 08:42 ID:72ERQyO1
>>616

高橋氏の亡命の件、昨日の夕刊にトップでなくてもいいから、でていましたか?
少なくとも日経はでてないと思ったけれど、見落としかしら?
それとも>>608がネタなのかしら?

622 :文責・名無しさん:02/08/31 08:49 ID:4WuhALMp
>>617
まるで日ソ・日中正常化のように国内の反対派を抑えて、
拉致を棚上げしてでもとりあえず日朝正常化しろ、みたいに思えるんだけど。

そんなんで国民納得すると思ってんのか?それじゃ小泉政権お終いだよ。

623 :文責・名無しさん:02/08/31 08:58 ID:sz6JlpWn
>>616 >>621
もまえら日本の「ナントナク反日クリエイター」にそんな度胸あると思ってんのかよ(w

624 :文責・名無しさん:02/08/31 09:01 ID:gtAghDMx
言ってることは及第点だが、相変らずの駄文では?
第一段落「鳩山一郎首相の心境を推しはかった一節だ」
の「一節」って?
小泉は生きて帰れるのだろうか(生きて帰らなくて良い)?

625 :文責・名無しさん:02/08/31 09:31 ID:lx109Pmm
天人や朝日にとっては、
北朝鮮との国交正常化は念願だから、
厳しい交渉になるだろうが
どうしても成功させてくれと願っているんだろうな。

一般人からしてみれば、
どうせ国交正常化しても攻めてくるときは攻めてくるし、
これ幸いと、先の大戦時の事について、多額の賠償を請求され、軍事費に化けそうだし、
望んでいる奴の方が少ないだろうに。

天人や朝日の北朝鮮に対する思いはわかるが、
なんで北朝鮮如きの最貧弱小国との国交正常化交渉を
ソ連や中国のような大国相手の交渉と比するかな・・・
それにより生じる影響力の差が全く違うじゃん。

626 :文責・名無しさん:02/08/31 09:43 ID:6VO+kj9D
言ってること自体は及第点?あほくさ。
なんで今の時期に小泉が急に焦って北朝鮮に行くのかよく考えてみろ。
不審船引き上げ後に北朝鮮からきた決定的な証拠が見つかってからでは、
当然国民の反北朝鮮感情は一気に盛り上がるけど、
日本政府にそれを切り札にする度胸がないからでしょうが。そうでしょ?
でなければ、北朝鮮と交渉するのは本来不審船引き上げ後にしばらく
調査して結論が出てからが本筋のはず。

日本が北朝鮮と完全に反目しあうことは、小泉にとっても何らかの
不都合がある、と疑わざるをえんよ。

天人の感想?5段目の「そうでなければ困る」に全てが集約されてるな。
やっぱり朝日としては成功させてくれないと「困る」んだってさ。
拉致問題解決は別として、一体どれほどの日本人が今の北朝鮮と国交回復を
望んでいるというのか、一回(朝日お得意の)世論調査でもしてほしいよ。
あとそれが日本にとってどんなメリットがあるのかの説明もね。

627 :文責・名無しさん:02/08/31 09:49 ID:goMwWJv7
>>624

 「あのときほど心中が悲壮感にあふれたこと
はなかったろう。」(『鳩山一郎』時事通信社)。
56年、モスクワで日ソ国交回復交渉に臨む
当時の鳩山一郎首相の心境を推しはかった
一節だ。

・・・と書きたかったのでしょう。
鳩山一郎本人の弁ならともかく、単なる推測を
引用されても正直ハァ?なのですが。

628 :文責・名無しさん:02/08/31 10:36 ID:9XCOGTFZ
昭和49年8月24日 朝日新聞 天声人語

「私は受験をひかえている花の中学三年生です」という少女からお手紙をもらった。トマトの絵入りの
可愛い便せんに「天声人語と社説を、どうか夏休みの間お休みにして下さいませんか」と誤字の無い筆で
書いてあった。
 この「花の中学三年生」は夏休みの宿題に、毎日、「天声人語」と「社説」の要約、感想、字句解釈
をやらねばならない。ところが、いくら読んでも何が書いてあるか分からない日がある。一日に二時間
かかるときがある。「どうかお休みにして下さい」という切々たる訴えが、コラム子を悩ませる。
 夏休みの最後を思う存分、海や山で遊びたいのだろう。それを毎日、辞書と首っ引きでこのコラムと
向かい合ってある姿を想像すると、何だか申し訳ない気持ちにもなる。と同時に、彼女が「分からない」
のはなぜだろうと考える。分からない言葉に出会ったら、辞書でも引けばよいはずなのに。
 おそらく彼女が二時間も取り組んで分からないときがあるのは、漢字や熟語の難しさのためばかりでは
あるまい。文中で論理が飛躍したところ、発想が転換したところ、問題が急に抽象化したところでつまづ
くのではあるまいか。こちらの表現や問題の整理の仕方に上手、下手があるのかも知れぬが、読む方の
知識や読解力の問題もあるにちがいない。たとえばパレスチナ・ゲリラにしても、インフレにしても、
言葉をやさしく、やさしくして、「眉」を「目の上に生えた毛」というたぐいに言いかえても、分からな
いことに変わりはない。
 それに日本語は複雑で、微妙で、難解なところがある。劇作家宇野信夫氏が「親になる」と「親となる」
という言葉の違いを書いた文を、読んだことがある。子を産めば「親になる」から犬ネコでも出来ること
だが、親といわれるような「親となる」のは難しい。「に」と「と」で意味ががらりと違ってくる。
 こうしたことは、多分、辞書を引いても見つかるまい。文意を正確に読みとることも難しいが、文を
味わうこともまた難しい。

629 :文責・名無しさん:02/08/31 10:57 ID:l/YHd4c+
>>628
日教組はくだらない宿題を出したものだ。
「造反有理」「革命」「壁新聞」「四人組」とかを学ばせてどうする?

630 :名無し:02/08/31 11:54 ID:hXbXtnyQ
>>629

同感。基地外の寝言を要約させられる身にもなってみろ。
この精神的苦痛は人権問題だ。

631 :なんか政治生命かけろと暗に言ってるようだが:02/08/31 13:33 ID:11/JreRS
>>617
ミ,,゚Д゚彡y━~~ しかし、北はソ連や中国ほどの大国じゃなかったりする罠。

632 :文責・名無しさん:02/08/31 13:44 ID:3OpkK++n
>>628
>おそらく彼女が二時間も取り組んで分からないときがあるのは、漢字や熟語の難しさのためばかりでは
あるまい。文中で論理が飛躍したところ、発想が転換したところ、問題が急に抽象化したところでつまづ
くのではあるまいか。

なんだ。30年前に天人はわかっていたじゃないか。「文中で論理が飛躍したところ」や「問題が急に抽象化したところ」
なんか大人でも理解できないよな。「ペットボトル」に見入るから「核戦争」に発想転換したところなど、精神医学の世界
だもんな。

ところで、もしかしたらこの「人語」はネタですか?


633 :文責・名無しさん:02/08/31 13:47 ID:52t8s50+
>>632
小池さん(だっけ?)はいつも本気です。

634 :文責・名無しさん:02/08/31 14:56 ID:KM/VJEdX
>>632
「深代惇郎の天声人語」 朝日新聞社 昭和51年 293ページ
からupしました。

635 :文責・名無しさん:02/08/31 15:12 ID:goMwWJv7
この深代氏の天声人語の本を入手したいのですが、
Amazonでも「お取り扱いできません」になっているし、
朝日出版でも他著者の分しか検索でひっかからない。

何らかの事情で廃版なのかしらん。
せっかくめずらしく、朝日に金子を貢ごうと思ったのに。

636 :文責・名無しさん:02/08/31 16:16 ID:dG21qBwp
>2、3ヶ月前に書店で買ったが。刊行されてからだいぶ時間が経つから
在庫が切れてるかもね。増刷はむずかしいだろ。大きな本屋を回って探すかな。
読売の編集手帳が新刊で出ているよ。竹内政明著、中公新書クラレ。
カネ払って読む価値があるとオレは思うが、まずは書店で立ち読みしてごらんよ。
ほんとは天神さんに読んでもらいたいけどね。

637 :文責・名無しさん:02/08/31 16:27 ID:1BpmBL/z
>>635
図書館に行くことを推奨(置いているかどうかは知らんが)

638 :文責・名無しさん:02/08/31 16:30 ID:KM/VJEdX
昭和50年4月29日 朝日新聞 天声人語

箱根・芦ノ湖畔で「パール・下中記念館」の開館式があった、という記事を先日読んだ。極東軍事裁判
で日本の無罪を主張したインドのパール判事と、世界連邦の提唱者で、平凡社社長だった下中弥三郎氏の
遺徳をしのび、記念の品を展示してあるそうだ。
 記念館に電話してみたら、金、土、日、祝日に開館するが「まぁ、一日に一人か二人のお客です。」と
いう返事である。大勢の人がいくといった場所ではあるまいが、やはり歳月を感じた。日本の戦争指導者
二十八人の起訴が公表されたのは、終戦翌年の今日だった。もう二十九年になる。天長節の当日なのが偶
然とは思えなかった、という記憶が残っている。
 米国の検事が「文明が日本の蛮行を裁くのだ」と大見えを切った。二年半ののち全員有罪、七人が絞首
刑になった。このときパール判事は、敢然と少数意見を書いた。それは多数意見を超える長文のもので、
政治裁判の偽善を徹底的に粉砕するものだった。
 彼は、いかなる種類の戦争についても国際的に刑事事件を追わせたことはなく、その慣習もないといっ
た。他国制服の準備をしたことのない清潔な強国があっただろうか、とも反論した。原子爆弾はなぜ裁か
れないのか、とも批判している。占領中の日本では、パール判決の出版は事実上禁じられていた。
 パール判決は、日本帝国の所業はそれほど悪くなかったのだという口実によく使われてきた。戦争の準
備や指導をした人々に、妙にもてはやされた。それは、彼の本意ではなかっただろう。この裁判は「負け
戦を罪悪にした」ものであり、勝者による一方的制裁で真の平和は訪れないことを彼は力説した。
 歴史を裁いたつもりの極東裁判は、結局、歴史に裁かれてしまった。歴史に耐えているのは、パール判
事が一人で書いた判決の方である。それはいまなお国際法の中で、輝かしい位置を占めているという。

「深代惇郎の天声人語」 朝日新聞社 昭和51年 159ページ


639 :文責・名無しさん:02/08/31 17:09 ID:loGMTr2M
>>635
タイトルは違うけど、文庫の「天声人語8」というのがそうらしい。

深代 惇郎 著
フカシロ ジュンロウ
文庫 312頁 本体価格(税別) \495
朝日文庫 天声人語 8
テンセイジンゴ8

C-CODE 0195 発行年月 1981年
ISBN 出版社 朝日新聞社



深代は急死したことになっているけど、
俺は、彼がいろんなことを
ズケズケ批判しすぎたから暗殺されたんだと思っているよ。

・・・・・・朝日の同僚に。


640 :文責・名無しさん:02/08/31 18:13 ID:6VO+kj9D
>>638 (゚д゚)ポカーン 
おいおい、天人は30年位前はこんなごっつい奴が書いていたんか
文章も変にまわりくどくなくて整然としてるし、内容も今とは比べものにならん
しかも当時は今よりこんなこと言いにくかったはず。突っ込みようがない…
これなら確かに夏休みの宿題にする価値あるかもな

小池とやらは、こんな先人が築いた天声人語の名を思いっきり貶めて、
恥ずかしくないんかなあ

641 :天珍スレで何度か出てる深代人語:02/08/31 18:29 ID:n5Zr57C6
昭和50年9月24日付けの天声人語

 かわいらしいオードリー・ヘプバーンの映画『ローマの休日』のラストシーンで、王女
さまが記者会見をする。「あなたの一番お好きな町はどこですか」。王女は「どこの町に
も、それぞれの良さがあります」と端正に答える。
 ところが、そう言いながら彼女は急に調子を変え「でも、やはりローマです、ローマで
す」と言いだして、お付きをびっくりさせる場面があった。淀長さんの解説でいえば「は
じめは王女としての答えをしたんですね。でも、自由に、人間らしく過ごしたローマが忘
れられないんですね。思わずローマ、ローマといってしまったんですね。このときは王女
ではなく、人間の答えだったんですね」
 つぎつぎに米国の新聞、雑誌、テレビによる天皇インタビューが行われている。そこで
お答えになる天皇に、『ローマの休日』を思い出した。天皇は、完璧な中立性を心がけて
おられる。個人的な考えはほとんどお述べにならない。エコひいきと思われまい、という
そのご配慮は人間として痛ましいほどである。
 米誌『ニューズウィーク』のクリッシャー東京支局長との単独ご会見で、「陛下にもっ
とも影響をあたえた人」を聞かれ、現存の人はもちろんのこと、明治天皇をのぞいて歴史
上の人物をあげることも差し控えられた。「歴史上の人物」さえ避けるのは、その子孫に
影響をおよぼすことを心配されたからだ、という。
 また同記者は「戦前、戦後の社会で、どちらが良いとお思いですか」という質問をした
。お答えは「戦前にも良いものがありました。戦後にも多くの良いものがあります。どち
らがより良い、ということは控えます」というものだった。天皇は相撲見物をされても、
熱戦に拍手されるが、力士に個別的に手をたたかれることはない。ひいき力士はきっとお
ありだろうが、それを悟られてはならないと抑制されるのだろう。
 「ローマです、ローマです」と口にすることを慎む、残酷なまでの天皇学である。〈了〉

642 :文責・名無しさん:02/08/31 18:55 ID:DrkQOWz0
>>641
朝日に載ってたとは信じがたいですな…

643 :文責・名無しさん:02/08/31 19:33 ID:qjRg4EH1
三十年前の天声人語を読み返してみると、現在の朝日新聞を皮肉っているとしか思えないものがかなりあり、結構笑えますよ。中国の核を非難していたり、ファシズムの定義をしていてそれがそっくりそのまま現在の朝日にあてはまっていたり。

644 :文責・名無しさん:02/08/31 20:42 ID:lLu5cvkf
>>635
深代の天声人語はハードカバーのをブックオフでいつも見かける

645 :文責・名無しさん:02/08/31 21:04 ID:cfqZWKQi
東京都知事選の投票を前に、みのべ、石原両陣営の「ファッショ論争」がエスカレートしてきた。
双方、相手がファッショだと言い合っている。
ファッショはよくない、とだれでも思ってる。
だからファッショ、ファッショとやり合うわけだろうが、その中身はわからない。
言葉だけが宇宙遊泳のように、跳んだりはねたりしている。

646 ::02/08/31 21:05 ID:qjRg4EH1
たとえば石原さんは「権力を持ったことない私が、ファッショであるはずがない」という。
これは史実に反する。
日本のファシズム運動は、権力を持たなかっただけでなく、権力に弾圧された。

軍や官僚は急進ファシズムを押さえながら、これを利用したり、これと結託して、ファシズム国家を作り上げるのである。

647 ::02/08/31 21:06 ID:82sI7yvR
一方のみのべさんは「東京をファッショの手に渡すな」と叫んでいる。
その荒っぽさは、かつて「都庁に赤旗を立てさせるな」といった自民党と変わりがない。

古典的にいえば、ファシズムとは人権や議会制の否定、対外侵略、戦争賛美などを要素にしている。

つまり石原さんがそういう人だ、と主張しているのだろうか。
それとも、現代のファッショな、他のどういう意味を持たせようとしているのだろうか。

648 ::02/08/31 21:08 ID:WLVjwU66
こうしたレッテル張りの競争より、石原さんには、核についての意見を正直にのべてほしい。
みのべさんからは、赤字都政についての率直な見解を伺いたい。
その方が有権者の参考になる。
「ファシズム」の難しい定義は知らないが、ふん囲気がファッショ的だと思う時には、特徴がある。

649 ::02/08/31 21:13 ID:WLVjwU66
第一に、世の中、大変だ、大変だ、と絶えず緊張感をあおること。
第二に、内容のとぼしく、あいまいな言葉を何度も、何度も、人の耳に吹き込むこと。
人間の理性より、情緒に訴えた方が都合がよく、手っ取り早いというファシズムの手口がある。
そういう選挙戦だとすれば、これはファッショ的だ。


朝日もファッショか?
ちなみにこれも深代の天人です。

650 :文責・名無しさん:02/08/31 22:16 ID:Qh/YfwxB
皆さんにいじめられて、
あまりに小池天人がかわいそうなので、
応援歌を作ってみました。
ttp://unknown7.tripod.co.jp/temjin.html


651 :文責・名無しさん:02/09/01 00:28 ID:xcfbouj+
7月18日の天声人語(過去ログは今見えないが)に
NYのワールドセンター跡地の今後に関する6つの計画がすべて、
似たり寄ったりで商業地域が含まれており「少々がっかりした」
とあったが、NYに5年以上住んで学んだ人間として、
NYはそんなに単純な所ではないと知っていたので、
どうせ、また小池のお得意な、NYTimesの部分的コピー
だろうと思い、小池の記事より、もっと多角的に事実を知りたいと、
かねてから思っていた。
で、今日ちょうど、CNNの特集でこの跡地の計画をどうするかに関する
ドキュメント特集があったので、見てみた。(一時間番組)
で、やはり小池の文章が、状況を浅くしか伝えていないことがわかった。

今日の放送内容でわかった点で、小池が書かなかった点は、
まず、この6つの計画はあくまでも "preliminary plan”(たたき台のための計画)
であること。(最終計画は来年の9月11日までに決められるそうだ)
そして、計画を立てた建築事務所は、グランドセントラル駅の修復・再建で超有名なところで
計画を依頼したのは、つまり、建築事務所に金を払ったのは
LDMCという担当局と、ツインタワーがかつてあった土地の「所有者」である
Port Authority という交通会社である。

652 :文責・名無しさん:02/09/01 00:29 ID:xcfbouj+
この、土地の所有者がNY,NJのデカイ交通会社であるということと、
その依頼を受けた建築事務所の得意分野と立場から考えれば
こうなることは、ある程度予測がついたはず。
また、これはあくまでも「preliminary」な計画であるから、
今後、revise されることが前提で作られたものである。
小池よ、preliminary の意味、ちゃんとわかって書いたのか?

あの人語だけを読むと、あのままの計画で進みそうな感を受けたが、
そうではなかったわけだし、実際、あの後、ちゃんとLDMCは
4000人以上の人間の意見を聞き、意見を反映させるための具体的な
動きをみせている。 それを考慮して人語を書くべきだったな。小池よ。

653 :文責・名無しさん:02/09/01 00:30 ID:xcfbouj+
やはり、天声人語は、ことにアメリカ関係の情報になると
感情的になりすぎてしまい、読者にとって役に立たんということが
これでまた、さらにわかった。
それにしても、いくら吠えても、アメリカ政府や市民には小池の声は届かないし、
たとえ、声が届いたとしても、現地の人間の気持ちを無視した一方的な感想であれば、
思いっきり反感と、論理的な反論を山ほど食らうであろう。
ちなみに、NY在住のアメリカ朝日の社長が、この日の人語を批判している。
http://www.asahi.com/column/aic/Tue/d_tamura/20020730.html

もっと、ものごとを深く観察して、多角的に記事を書け。ぼけ。
これじゃ、いくらアメリカ批判しても、
ただの、安保で負けた青臭いおやじの遠吠えだぜ。

654 :文責・名無しさん:02/09/01 01:13 ID:aU7pReR1
LMDCはキチンとコンペの要綱出してゐるしネヱ.
世界中の建築家なり設計事務所なりが參加するだらうから,コレは樂しみ.

http://www.renewnyc.com/press/08-14-02designstudy.htm


つふか,朝曰にとツて「建設」と云ふ行爲は罪惡以外のナニモノでもないからナア...
普段のトンデモな科學記事も含めて,モノ作りを輕ンじてゐる氣がする.

655 :文責・名無しさん:02/09/01 01:20 ID:aU7pReR1
連続カキコで申し訳ないが,朝曰の科學部のトンデモさを感じさせる
一端を見た.
Subjectが[CCN:02013] Re:Vibrio vulnificusの下肢切断の判断,と
なツてゐる投稿を見て欲しい.

話題0239 Vibrio vulnificusの下肢切断の判断
ttp://www.kpu-m.ac.jp/CCN/topics/topics/w0239.html


よりによツて專門家の集まるMLで,何の役にも立たない下らない
フォローを投稿する,その無神經さが伺へる.

656 : :02/09/01 01:26 ID:HQR8Iulm
>>653
これ読むと、安藤が考えた古墳のような建造物(朝日が喜びそうな)案じゃ採用されそうもないな

657 :文責・名無しさん:02/09/01 02:03 ID:euuIowR0
>>653のリンク先の「寝言言ってんじゃねーよ」はごもっともだ(w
とは言え所詮新聞のコラムなんだし多少はご愛嬌って気もするけど…

天声珍語の場合往々にして日本とアメリカだけにこの手の寝言を強要するからなあ…

658 :文責・名無しさん:02/09/01 02:32 ID:RcDl+WNA
既に指摘のあった8月30日の人語語録だが、
なんで、幽霊の話が2つも出てくるのか、
その必然性がさっぱりわからんし、引用の内容もよくわからん。
小池は、霊の虜にでもなっているのだろう。(藁)
そもそもだ、語録というのは、皆が知っている
その月に起きたできごとの中から、歴史の中でその時にしか
起らないことを選んで書くのが、「新聞記者」の役目というものではないか?
「幽霊」なんて、毎年、夏になれば話されることで
英語で言うところの「current」性が全くない。
日々刻々と変わりゆく事象を書くのが新聞であるから、
いつでもできる「幽霊」の話しをしたければ、
自分で、自費出版でエッセー集でも出せ。 ぼけ!

659 :文責・名無しさん:02/09/01 02:32 ID:RcDl+WNA
ちなみに、家にたまたまあった89年の人語の日英両方が載ってる本を
見てみた。この作者は、当時の論説主幹 松本幸雄から絶賛されているだけあり
この作者の語録は、上記したとおり誰が読んでも非常にわかりやすく、
タイムリーな内容を載せている。これと今のを比較して読むと、
いかに小池の語録がおかしいかが、よーくわかる。
ついでに、悪名高き(社内でも評判が悪く、「声」の欄でも
批判が載せられたほどの下手さの)栗田という前任者が書いた
97年の日英の本もあるが、なぜか推薦文がなかった。(藁
しかーしだ、その栗田が書いた99年の人語の本(日本語のみで朝日新聞社出版)
の、本の帯に書いてある言葉が「知の日録・事実の深淵へ」だった。(呆
今日、これを発見して、朝日新聞は踏み外してしまった道を、今後もう二度と
元に戻ることはできないだろうと確信した。
ちなみに、栗田の文を読んだら「恥の日録」だろと思った。
思わず、添削してやりたくなった。
そして朝日の恥の上塗りは、今日も朝夕と続いている。(藁

660 :文責・名無しさん:02/09/01 02:33 ID:RcDl+WNA
「ピッピが死んだ」で公私混同した素粒子へのつっこみ(作者は高橋)
同じく8月30日。原発のトラプル隠蔽のテーマは別にいいが、
「シュラウド」と書いても、読者はわからんぞ。
まあ、最後の落ちの「シュラウド=死者の経帷子」という言葉を
どーしても使いたかったから、わざわざ書いたのだろうが、
読者は、そこまで細かく読まないし、しかも読んだとしても
「シュラウド」という名前なんて、いちいち覚えていない。
それにだ、素粒子は「シュラウドのひびの状態も言わずに」とあるが、
言わなかったのは、シュラウドだけでなく、ジェットポンプそのほか
7種類に及んでいる。したがって、「シュラウドの」ではなく、
「シュラウド『など』のひび。。。」と書くべきだったろが。
ピッピが死んだ高橋よ、おまえ、新聞記者のはしくれだろが。
だったら、どんな小さいコラムでも、事実を正確に反映させる形で
書く努力をしろ。それが、新聞記者の基本中の基本だ。
この程度のことができずに、素人からつっこまれるおまえは、
言語に対する感覚が相当低いな。 日本語ブームの本で日本語を勉強しなおせ。(w



661 :文責・名無しさん:02/09/01 06:51 ID:ctIseN13
>>660
女人の浅はかさが漂っている。
「ピッピが死んだ」の次は「死者の経帷子」か?
どうも違和感があったが、「ピッピ」なら理解できる(W
きょうかたびらとか卒塔婆とかで安易なイメージ操作に
走る姿勢が女人らしい(W

662 :文責・名無しさん:02/09/01 07:10 ID:uwdxnWN7
東京電力の原子力発電所での虚偽記載疑惑という解答を前提に
前後につじつまが合うようにマジカルバナナを拵えたっていうのが
今日の天人ですかね。

素直っていうか、
ここでの司馬遼の言う「炉心」をストレートに原子力とリンクさせれるピュアさは、
ある意味、とても羨ましい。
理性有る汚れた大人には、恥ずかしすぎて、到底出来ない所業だもんね。

663 :文責・名無しさん:02/09/01 07:17 ID:ULN0ASBQ
■《天声人語》 09月01日

 「炉心になる精神がしっかりしていないと、溶けてしまう。いま日本はだらしない。
これは溶けます」。11年前、作家の故司馬遼太郎さんがそんな内容の講演をした。
実際、日本は溶けてしまうのではないか、と不安を募らせる事件が続く。

 東京電力の虚偽記載疑惑が明るみに出た。原子力発電所の損傷を隠し、うその
記載や報告をしていた疑いである。1度や2度のことではない。長期にわたって何度
も繰り返していたらしい。安全を最優先に考えるべき原発での疑惑だけにことは重大だ。

 内部告発が疑惑発覚の発端になった。しかし、それは2年も前のことである。
あえて調査を遅延させたのか。あるいは調査能力が弱いのか。それとも原発
というのは、そのように調査が難しい仕組みになっているのか。

 今回わかった損傷について、専門家の間でも微妙に見解が分かれる。重大な事故
につながる可能性があるという指摘もあれば、ただちに重大な影響を与えるもの
ではないとの見方もある。素人には、信用できるかできないかがほとんどすべて
といっていい世界だ。

 消費者と直接つながる食品業界の相次ぐ不祥事に続いて、国政と直結する原子力
発電をめぐる疑惑、しかも財界の中核を占める企業での疑惑だ。企業社会の倫理へ
の不信が募る。

 先の講演で司馬さんは江戸時代の商品経済について語っている。あのころ
「信用が大事だった。武士に二言はない、ではなく商人に二言はない」だった、と。
現代日本の「炉心」の脆弱(ぜいじゃく)さを憂えての発言だが、切実感が増すばかりだ。


664 :文責・名無しさん:02/09/01 07:30 ID:D7rRKfih
>>650
サンクス。激ワラタヨ。

665 :文責・名無しさん:02/09/01 07:58 ID:/ZlDhbiJ
>>663
珊瑚事件ですでに溶けてしまいました。

666 :育児板より:02/09/01 08:08 ID:IlHvtMCO
>朝日の天声人語はやはりいい。
>子供は夏休みの間、毎日あれを書き写して要約するという事を
>やったら、国語力がぐーんとついた。
>2chて日本語の使い方のおかしい奴いっぱいいるよね。
>活字読まないとそうなるんだよね

>自分の子供はまだ小学生なので難しいけど
>天声人語の要約をやらせようと思ってる。

その結果、売国奴になり日本語を知らない人間になるでしょう。



667 :文責・名無しさん:02/09/01 08:28 ID:0ijgxl7G
別に天声人語が優れてるわけでなく、
文章の要約させるって行為がいいだけ。
他の新聞のでも一緒。

668 :文責・名無しさん:02/09/01 08:42 ID:8rHyHHYj
最近の天声で水不足がどうたら言ってたが、書店で
ナショナルジオグラフィック(日本語版だが、何故だかナショナル)
を発見して最新号が水不足特集だったので笑えた。
おまえ、アホちゃう>天人

669 :文責・名無しさん:02/09/01 09:00 ID:ZAflAg0a
>>666
今の天人迷走文の要約ができれば大秀才中学生かと思われ。

670 :文責・名無しさん:02/09/01 09:08 ID:E52hqAmi
>>663
はあ、企業倫理が崩壊してるっすか…
これが他社のコラムだったらまだ素直に読めるんだろうけどな…

もしかして朝日の人間は、自分達のところの企業倫理だけはしっかりしている
とでも思っているのか、もしそうならとんだピエロだな
他人にばかり文句を言って自分のことは全く省みない奴は、確かに現実に
俺の周りにもいるけどね ああはなりたくないもんだと切に思うよ

671 :文責・名無しさん:02/09/01 09:49 ID:uwdxnWN7
>>670
政治団体の機関紙相手に一般論を説くなって。

宗教団体や政治団体には
自己正当化を基調とした
それぞれの価値観や倫理観があるのは当然なわけなんだし。
弱気な姿勢を見せて、冷静に考えさせる隙を与えたら、
支持者が逃げていくから、まぁ、こういうのも仕方無いじゃん。

672 :文責・名無しさん:02/09/01 13:07 ID:KT/Q6hUy
>>666
朝日工作員?
天声は「てにおは」がおかしいので、褒めるにせよ貶すにせよ論外。

673 : :02/09/01 13:33 ID:IflaY5Bi
今日のテンジンは違和感あるなぁ(今日もかw)

起 司馬の「日本の炉心が溶ける」
承 東電不祥事
転 食品業界不祥事
結 再び司馬の講演「江戸時代は・・・商人に二言は無い」

なんか、起と結があわないんだよね。
そもそも、「炉心が溶ける」から「江戸商人に二言は無い」が結びつかないから、
かなり無理のある引用だと思うが

司馬遼太郎の講演の原文を知らないが、司馬が言った「炉心」とはなんぞや?
それは江戸商人の商魂なのか?

で、ぐぐって見たらこんなページが

http://www.google.co.jp/search?q=cache:UOTxe3pj6xMC:www.bb.wakwak.com/~takaakinet/Books/hon3.htm+%E7%82%89%E5%BF%83+%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E&hl=ja&ie=UTF-8

あとは、多様性のなかで、根幹になる日本の炉心の様なものがとけてしまうか、つまり骨無し
の多様性になって泥沼のようになるか(そういう国は滅びるでしょう)、それとも日本に炉心
(アメリカで言えば、初期のプロテスタンティズムのようなものです。日本の場合は、武士道
と受け取ってもよく、江戸っ子の心意気と受け取ってもいいでしょう。江戸っ子の心意気は、
流入してくる他地方からの人々の中で、普遍性として醸し出されたものです)をたかだかと残して、
残す事によって多様性にたえられる精神的体力を作っておいて、日本を普遍化させてゆくしかない
のではないでしょうか。
要するに“日本人はいいやつらだ”というものを再生産してゆく事しかないのではないでしょうか。
やや抽象的に言えば、古来の日本精神史における“いい感じの日本”というものを再発見して
再充電しつつ、多様性に耐えてゆくしかありません。
-----------------
なるほど、「日本の炉心」とは精神的支柱であり、それを補完するのは「古来の日本精神」
なのね。
小池タン、引用を「江戸商人」まで矮小化しちゃイヤン♪

674 :文責・名無しさん:02/09/01 13:44 ID:nkxMfL8N
>>650

本といえば、日本ハムである。

に禿藁

675 :653&660@連続一気書き:02/09/01 13:49 ID:5JidH/YW
>>655
まず、ツインタワー跡地の担当局はLDMCではなくLMDCだった。おいらの間違いです。
それから、リンク先を読んでみた。 http://www.kpu-m.ac.jp/CCN/topics/topics/w0239.html
読んで、あぜーん! なんじゃ、こいつは?って感じ。(科学部の中村通子のこと)
専門家が、患者の下肢切断に悩んで専門的な情報を得ようとしているのに、
この中村通子は、全くもって何も役に立たない書き込みをしただけでなく、
その書き込みの目的が、自分の記事を専門家のMLで宣伝したいという
自己中極まりない動機で、その「あさましさ」と「あさはかさ」に、怒りすら覚える。
ま、専門家達からまったくシカトされているので、お笑いものだが、
これを読んで思ったのは、メディアは何かというと(特に規制がかかりそうになると)
「国民の知る権利」を持ちだしてくるが、人語の小池といい、「ピッピが死んだ」の高橋といい、
この人の体の重大事に「自分の記事の宣伝しかできない」中村通子といい、
こんな考えの浅はかな記者どもにわれわれ「国民の知る権利」を代行なんてできねーよ、と言うこと。
だって、こいつら、どう考えても自己中じゃん。自己中な奴は「国民のため」の仕事はできないね。
おれは、こんな記者に、記者の仕事をしてほしくないし、
おいらの「知る権利」を満たしてもらいたいとも思わない。
もっと、ましな文かけなければ、署名運動でも起こすかと思う、今日このごろ。


676 :653&660@連続一気書き:02/09/01 13:55 ID:5JidH/YW
>>661
女人って、どういう意味で使ってんだ?
高橋って男だろ。
それとも、中村通子みたいな記者のことか?
ま、いずれにしても「ピッピが死んだ」高橋の素粒子は
男がヒスを起こしているようすが、文を通じて伝わってくるよな。



677 :文責・名無しさん:02/09/01 14:45 ID:NZcCT+fk
まさか日本の精神の「炉心」と原発の「炉心」をかけて洒落のつもりで書いたとかいうんじゃないよね?(汗

678 :文責・名無しさん:02/09/01 14:59 ID:T+5AmQbb
釈迦に説法かよ>中村通子
小池といいキムチ臭い名前の従業員ばかりだなアカヒ

679 :文責・名無しさん:02/09/01 17:48 ID:xBy/BlHJ
>>650
>23 ガラスの靴は 毛皮だと
>24 初めて知った 五十六歳

笑っちゃいました。

これCD化して、ヒットさせたいなぁ。
そんで、「ネット発の歌が、いまサラリーマンの間で人気。
不況を跳ね返せとばかりに、カラオケで親しまれる人生の応援歌」
ってな感じの記事を新聞に書いてもらおう。


680 :小池民男です。:02/09/01 19:55 ID:YZAFoudj
>>677
>まさか日本の精神の「炉心」と原発の「炉心」をかけて洒落のつもりで書いたとかいうじゃないよね?

はあー。その通りなんですが。なにか?

681 :文責・名無しさん:02/09/01 20:44 ID:ZNKQu9P3
>650
凄すぎる。ハゲシクワラタ。腹筋がいてぇYO!

682 :文責・名無しさん:02/09/01 20:48 ID:E52hqAmi
田中再選か…
長野から流れる川の下流に住む地域の皆さんご愁傷様
これから梅雨時期とかには毎年怯えて暮らさなきゃ
ならなくなるわけだけど、
恨むなら田中と田中に投票した長野県民を恨んでね♪

さーて明日は天人の大はしゃぎの文面が目に浮かぶよん
皆さん今から突っ込みの用意しといてね

683 :文責・名無しさん:02/09/01 23:16 ID:IMPSgyNH
>>650
オモシロスギ!
解説からヒットしまくりっす。

684 :650:02/09/01 23:19 ID:CZCV+QyJ
う、受けた...。うれしい。

685 :文責・名無しさん:02/09/01 23:22 ID:IMPSgyNH
>>684
でも、このスレの住人にしか分からないネタばっかりのような・・・・(w
それでもいいやぁ(´∀`)

686 : :02/09/02 06:03 ID:vJ8Xwb5x
■《天声人語》 09月02日

 考えさせられることが多い選挙だった。県議会から不信任を突きつけられて失職した田中
康夫氏が復職できるか。その長野県知事選である。

 元々田中氏は毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい人だった。作家時代にも「本当にバカタレ
の女たらしである」と評論家から罵倒(ばとう)されるかと思えば、阪神大震災後の支援活動
では「ミニバイクに乗った月光仮面」ともてはやされた。政治の世界に転身しても、好き嫌い
がつきまとう。別の言い方をすれば私憤と公憤とが入り交じる。

 県議会の田中氏への不信任も「脱ダム宣言」批判など公憤の面があるにせよ、田中氏へ
の個人的な嫌悪感がうかがえる。そのへん田中氏は達者だ。エッセーで、個人や組織を
名指しして辛辣(しんらつ)に批判した時があった。自分が腹を立てたこと、つまり私憤を
書いた。拍手を送る読者がいる。そうなると私憤は公憤に転化する。そのへんをよく心得て
いた。

 田中氏は接客業への関心が極めて高い。サービスとは何か、を繰り返し論じた。とりわけ
一部の人を特別扱いするサービスを攻撃した。レストラン、ホテル、航空会社などを標的に
した。これはそのまま氏の政治スタイルにつながる。

 特権を排し、公共の名の下に安住してきた行政や組織を揺さぶる。公というものを考え直す。
私から公を組み立てていく。その感覚も県民から改めて支持されたのではないか。

 「批判に耳を傾けない個人や組織は、必ずや衰退していく、と僕は思います」。かつての
田中氏の言葉だ。もちろん本人にも返ってくる言葉であることはよくご承知だろう。


687 : :02/09/02 06:08 ID:vJ8Xwb5x
今日のは何回読んでも、趣旨が分からん

688 :文責・名無しさん:02/09/02 06:24 ID:UNX6jIBL
>「批判に耳を傾けない個人や組織は、必ずや衰退していく、と僕は思います」。
Kくんにも、少しはジャーナリスト魂があるみたいで、
たまに朝日新聞やテレビ朝日等に対して、さりげなく嫌味を書いている。

>もちろん本人にも返ってくる言葉であることはよくご承知だろう。
さりげなく、こんなのも付け足して、
自分は、周りの批判も聞き入れているように演出するパフォーマンスも忘れない。

深読みしすぎか?

689 :文責・名無しさん:02/09/02 07:05 ID:XkJY4ior
やはり長野知事選もの。しかし小池サンもやりにくいね。インターネットの時代に塵語担当だものね。

ところで、「私憤」、「公憤」とあるけど、田中康夫氏の「憤」なのか、周囲の「憤」なのか一読では分からなかった。
もういちど読み直します。

690 :文責・名無しさん:02/09/02 07:07 ID:EFM+C8PV
>>687
文学青年は田中康夫が嫌い。

691 :文責・名無しさん:02/09/02 08:03 ID:01QOWhgE
>>686
>私から公を組み立てていく

小林よしのりはどうよ>月光仮面きどりの天人

692 :文責・名無しさん:02/09/02 08:23 ID:77iEteIH
今朝の笑いどころは
カタカナの「バカタレ」と「ミニバイクに乗った月光仮面」だけか…
意味不明はいつものことだし、あんまり突っ込む気力出ないなあ。
敢えて言うなら、お前、「毀誉褒貶」て難しい言葉書きたいだけちゃうんかと。

>>689
田中康夫が「私憤」を書き綴ったら、読者が付いてきて「公憤」に
変換することができる才能があるって書きたいが、
書いてるうちに混乱したんでは。つまり

>自分が腹を立てたこと、つまり私憤を
>書いた。拍手を送る読者がいる。そうなると私憤は公憤に転化する。そのへんをよく心得て
>いた。

は田中康夫発の他者への批判の評価

二段目から下
> 県議会の田中氏への不信任も「脱ダム宣言」批判など公憤の面があるにせよ、田中氏へ
>の個人的な嫌悪感がうかがえる。

までのくだりは他者からの対田中批判。

やっぱりわかんねえよ。褒めてるのか貶してるのか
>よくご承知だろう。
ってストレートにそう思ってんのか、アイロニーか。
押井守のアニメ映画より難解だな。

693 :689:02/09/02 08:55 ID:uYS63bX6

>>692
アドバイス サンクス  
しかし小池サン、途中に議会のことなど挟まなければ良いのにと想われ。

694 :692:02/09/02 09:15 ID:77iEteIH
あ、県議会と田中康夫の「公憤・私憤」の
表し方の差を言いたいのか?

二段目じゃ田中康夫のことを
>私憤と公憤とが入り交じる。
って書いてるが、
三段目だけ読むと県議会は「私憤と公憤とが入り交じ」っているから
田中康夫のほうがこなれているって言ってるようだ…

多分小池さんには、俺なんぞに及びもつかない深遠な意図があるんだろう
俺にはわからん、朝飯とデザートと10時のおやつにラーメン食って寝る。

695 :文責・名無しさん:02/09/02 09:55 ID:qQTjfg4E
upしてもらった深代版を読んだあとだからなー。余計に小池天人の凄まじさに撃たれてしまう罠。

696 :文責・名無しさん:02/09/02 10:32 ID:KjERLWIJ
 東京都知事選の投票を前に、みのべ、石原両陣営の「ファッショ論争」がエスカ
レートしてきた。双方、相手がファッショだと言い合っている。ファッショはよく
ない、とだれでも思ってる。だからファッショ、ファッショとやり合うわけだろう
が、その中身はわからない。言葉だけが宇宙遊泳のように、跳んだりはねたりして
いる。
 たとえば石原さんは「権力を持ったことない私が、ファッショであるはずがない」
という。これは史実に反する。日本のファシズム運動は、権力を持たなかっただけで
なく、権力に弾圧された。軍や官僚は急進ファシズムを押さえながら、これを利用し
たり、これと結託して、ファシズム国家を作り上げるのである。
 一方のみのべさんは「東京をファッショの手に渡すな」と叫んでいる。その荒っぽ
さは、かつて「都庁に赤旗を立てさせるな」といった自民党と変わりがない。古典的
にいえば、ファシズムとは人権や議会制の否定、対外侵略、戦争賛美などを要素にし
ている。つまり石原さんがそういう人だ、と主張しているのだろうか。それとも、現
代のファッショな、他のどういう意味を持たせようとしているのだろうか。
 こうしたレッテル張りの競争より、石原さんには、核についての意見を正直にのべ
てほしい。みのべさんからは、赤字都政についての率直な見解を伺いたい。その方が
有権者の参考になる。「ファシズム」の難しい定義は知らないが、ふん囲気がファッ
ショ的だと思う時には、特徴がある。
 第一に、世の中、大変だ、大変だ、と絶えず緊張感をあおること。第二に、内容の
とぼしく、あいまいな言葉を何度も、何度も、人の耳に吹き込むこと。人間の理性よ
り、情緒に訴えた方が都合がよく、手っ取り早いというファシズムの手口がある。そ
ういう選挙戦だとすれば、これはファッショ的だ。


朝日もファッショか?
ちなみにこれも深代の天人です。

645ー649はいつの作品?

697 :696:02/09/02 10:35 ID:KjERLWIJ
 | ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄|
 |.     |     |
 |.     |     |
 |.__∧ ギリギリギリ |
 |∀@) __|     .|
 |  つ-' 。|___|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ↓


     \ 反省汁 反省汁/|\
         反省汁     .| |\
    ウ・・・ウン・ ∧_∧   | |  \
   ___∧_∧∀@∩)   | |   |
   | __ ( ;´д`) ̄|ヽ)   | |   |
   |\ ⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  \|   |
   \ \          \  \  |
     \ \          \  \|
      \ \|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|
        \ |_______|

このAAを思い出しました。

698 :  :02/09/02 13:43 ID:07RpH4uv
もう、何度も読み返すのめんどくさいから

「一部の人を特別扱いする」記者クラブを廃止しやがった「私憤」を「名指しして辛辣(しんらつ)に批判した」かったけど、
直接的にはまずそうだから、田中氏自身の言葉と行動に重ねあわせて遠回しに皮肉ってみたけど、遠くに行き過ぎてしまった。

って妄想解釈で今日はいいや、オレ(w

699 :文責・名無しさん:02/09/02 13:57 ID:RGpvjY5s
>自分が腹を立てたこと、つまり私憤を
>書いた。拍手を送る読者がいる。そうなると私憤は公憤に転化する。

と書いている後に

>サービスとは何か、を繰り返し論じた。とりわけ
>一部の人を特別扱いするサービスを攻撃した。レストラン、ホテル、航空会社などを標的に
した。

と書いてるから、↑これは公憤だと言いたいのかなと思ったけど、よく分からん。
誉めてるのか貶してるのか、何が言いたいのか、読めば読むほどサパーリ
このスレ来てみたら、みんなも分からんって言ってたので安心した。

700 :文責・名無しさん :02/09/02 14:37 ID:2ToLtikz
今日の結論

田中氏に腹を立てても応援しても、
またその批判を受け入れても対決しても、
栄枯盛衰は世の習い。世はなべて諸行無常である。

つまり、長野県知事選挙って話題になってるから取り上げるだけで、天
人にはカンケーないもんねっ。
てことだな。

701 :文責・名無しさん:02/09/02 15:58 ID:vvF7IJ6N
やっぱり、康夫ちゃんが勝った時用負けた時用の
2バージョン書いておいたのかな?
間違えて出稿しそうになったりしなかったのかな?

702 :692:02/09/02 18:34 ID:77iEteIH
>>699
>みんなも分からんって言ってたので安心した。

禿堂。
あまり読解力がない俺でもこのスレに参加できるのはなんか嬉しいな。
前菜と晩飯とデザートと夜食にラーメン食って寝る。

703 :文責・名無しさん:02/09/02 18:48 ID:+dJkX4VW
>>686
とりわけ
一部の人を特別扱いするサービスを攻撃した。レストラン、ホテル、
航空会社などを標的にした。これはそのまま氏の政治スタイルにつながる。

確かにあいつの政治スタイルにつながるな。
田中のあの態度で接客業をやれば客が逃げていくと思うが。
ブラウン管を通した接客業では客が接客態度を見極めきれなかったって事だ

704 :文責・名無しさん:02/09/02 19:54 ID:zV94UXbd
ふーむ。

カラオケでも最初にプロ級が歌ったらみんな引いてしまう罠。
天人への小池民男起用は、朝日の深謀遠慮だったりして。

読解力にも表現力にも劣る漏れだが、何か自信が涌いてきたようなきがする。
感謝します。小池さん。

705 :あいうえお:02/09/02 20:31 ID:pioSBJ1f
>>696
私が書き込んだんじゃないが、これは昭和50年4月12日付。
私以外にも深代天人を引用する人が出てきて感動してます。
しかし原文も「みのべ」がひらがななのはなぜだろう?
「長谷川けいこ」のように選挙用だからその基準に従ったのかな?


706 :文責・名無しさん:02/09/02 20:57 ID:kkeskZ8x
>>696
>その荒っぽさは、かつて「都庁に赤旗を立てさせるな」といった自民党と変わりがない。

赤旗ってハーケンクロイツみたいな物では?

707 :sage:02/09/02 20:59 ID:N5AUxcAD
今日のような珍文は、何回読んでも判らん。

>考えさせられることが多い・・・
またかよ。せめて「非常に興味深かった」とか書けなかったのかなぁ。


708 :文責・名無しさん:02/09/02 21:45 ID:eMDnIcQf
今日の駄文がわかりにくいのは、天人が田中氏の身内で、
仲間同士に伝わればそれで良いと考えているからでは。

709 :文責・名無しさん:02/09/02 22:02 ID:q1DaQ6+1
うーん、どう解釈したもんかなこれは
「民意はやはり田中康夫にあった、議会は責任とって解散汁!」くらい
くると踏んでいたが、ちょっと肩透かしくったような感じですな
結局なんなんだよ、といいたくなるのは朝日らしいといえばらしいが…

> 私から公を組み立てていく。その感覚も県民から改めて支持されたのではないか。
俺は集団の利益を考えればそれはよくないからダメ、という公憤なら理解できるが、
自分が気に食わないから、という私憤が重なって形作られる公憤なるものは
気色悪いことこの上ないと思うのだが…
私憤を公空間に炸裂させ続けたら、行き着く先は集団による差別とか偏見ではないか
と思うのは俺だけか?
私憤が重なって公憤になるなら、2chなんてまさしく公憤の塊になれるよ

ま、いずれにせよマスコミが過剰に持ち上げた奴がどういった末路をたどるか
もう答えはでてるからね
真紀子然り、辻本然り、康夫も今回の選挙を機に賞味期限が切れると思うよ

710 :文責・名無しさん:02/09/02 22:11 ID:Ad7qnzcC
>>705
朝日は自爆してますな。

711 :文責・名無しさん:02/09/02 22:30 ID:FYPloBxn
おそらく、例の朝日法則が発動して、田中は悲惨な末路を辿りそうな予感。

半年後の朝日記事では、長野県の土建業者の一家心中とかの記事で騒ぎ立て、
日が消えた飲食街とかの特集記事が載りそうな気が、、、

712 :文責・名無しさん:02/09/02 22:33 ID:FYPloBxn
そういえば、朝日は長野オリンピックを批判していたのかどうか?
礼讃していたような気が、、、

713 :文責・名無しさん:02/09/02 22:52 ID:zfcD4c5S
広辞苑によると私憤は私事に関する憤りなので
いくら大量に集めても、共感する人がいても私憤は私憤です。

公憤は正義感から発する公についての憤り。
「記者クラブって差別だよな」という公憤を大勢の人が持ってたんだけど
それはバラバラの呟きにすぎずサイレントマジョリティとして無視されてきた。
田中はコレを纏め上げ形にした。

新聞は自分に都合のよいサイレントマジョリティには光をあてるが
都合の悪いものは無いものとして世論をいわば捏造してきた。
今回の天人はいつもの言語障害かと見せつつ
イメージ操作を試みている仮説を提出

714 :文責・名無しさん:02/09/02 23:47 ID:iwD+gd7w
ただたんに
議会->私憤
田中->公憤
っていいたいだけだろ?

715 :文責・名無しさん:02/09/03 01:23 ID:2ePMBQvZ
9がつ2日の素粒子の意味がよくわからない。
島崎藤村の「いろはがるた」を丸々引用して「たなかやすお知事」と並べてるだけ。
特に、「か」と「す」が「妙味」なんだと。
ここには「島崎藤村」の「いろはがるた」の部分を引用します。
「竹のことは竹に習へ
なんにも知らない馬鹿、何でも知ってる馬鹿
賢いカラスは黒く化粧する
薮から某
西瓜丸裸(スイカまるはだか)
おもちゃは野にも畠にも
ちひさい時からあるものは、大きくなってもある
仕合せの明後日」
これって、いったい何が言いたいんだ?


716 :文責・名無しさん:02/09/03 02:02 ID:QJa3PbAT
>715
妙→女少→少女
で、化粧と裸に何か思うところがあった。

717 :文責・名無しさん:02/09/03 02:07 ID:LGSTu16a
飼いネコのピッピが死んだという私的な事情を
全国紙の記事にしてしまう、感情コントロールの聞かない男、高橋が作者です。
記事内容がわからない時には、「ピッピが死んだ」の素粒子を思い出してください。
そうすれば、なぜ意味、目的のわからない記事を書くのかが、わかるでしょう。
つまり、あほなのです。

718 :文責・名無しさん:02/09/03 02:13 ID:UMV2xzI9
>>715
なるほどね、小池に続き、高橋もロリコンか。(藁)
少年をレイプしたという証言が数々出された
蛇ニーズ社長の、喜多川ひろむ を連想してしまった。
化粧の似合いそうな、少女のような少年が好きそうだもんな。

719 :文責・名無しさん:02/09/03 02:29 ID:6ux0oqta
>>718 バカ

720 :文責・名無しさん:02/09/03 02:39 ID:R5pcNlob
>>719
ジャニーズ社長の少年ホモレイプ事件は
名誉毀損という観点以外から見れば、
社会的には、大問題だよ。
国会でも質疑されたし、NYTimesにも載ってた。
あれで、ジャニーズに入れる親の気がしれない。

721 :文責・名無しさん:02/09/03 03:09 ID:IW1/C1u+
酢マップの連中がやたら女装するのはそのせいだったか

722 :文責・名無しさん:02/09/03 04:57 ID:8uRLKCmh
なに〜
「ピッピ」が死んだって作文書いてたのは中年男だったのか?
怖すぎ。ロリホモだとか、連想するのも無理ない。

723 :文責・名無しさん:02/09/03 05:30 ID:t38CPHpj
■《天声人語》 09月03日

 地下鉄のエスカレーター脇にアブラゼミが仰向けになって死んでいた。
こんなところにまで迷い込んだのか。そう思いながら地上に出る。まだ
セミは鳴いていた。しかしその数がわかるほどの鳴き声だ。盛夏のうな
るようなセミ時雨はもうない。

 この夏、セミをめぐる便りをいろいろいただいた。「広島被爆の日に
もセミは鳴いていたのだろうか」。そう書いたところ、あの日「軍の工
場へと家を出るとき、いつものように庭でセミが鳴いていました」。当
時15歳の女学生だったUさんからの便りだ。

 自宅を出たUさんは原爆投下の30分前に市電で爆心地を通過した。
そして「原爆の閃光(せんこう)と炸裂(さくれつ)音と建物の壊れる
音、ガラスの飛ぶ音、人々の逃げ惑う声……。セミは一瞬で死んだはず
です」。Uさんは、あの日のこととずっと対峙(たいじ)してきた、と
つづる。

 被爆翌年のお盆に広島で墓参りをしたというHさんは、当時小学3年
生だった。焼け野原を歩き、原爆ドームから西へ20分ほどの低い山の
ふもとの墓へ行った。セミが大合唱をしていた。真っ青な空とともに記
憶に鮮明だ、と。

 埼玉県のMさんはこの夏の体験をつづる。路上にアリの大群に囲まれ
たセミの幼虫がいた。幼虫はまだ生きている。アリもセミも一生を生き
抜くことでは同じ、と一瞬迷った。人間の勝手な感傷とは思いつつ、で
も「7年の地中生活」のことを思って、子供たちと一緒にアリを追い払
って庭のツゲの木に乗せた。見事羽化したそうだ。

 夕暮れになるとこのごろ、虫の声がセミを圧する。夏が去るのを実感
する。

724 :文責・名無しさん:02/09/03 05:36 ID:t38CPHpj
夏の風景という括りで蝉の声と原爆を関連づけるのは慣習ですね

725 :文責・名無しさん:02/09/03 05:54 ID:5VtJsLnc
>>723
UとHは実在するのかどうか。

>虫の声
蝉は虫では無かったのか?

726 :文責・名無しさん:02/09/03 06:00 ID:46eUiUmm
>>723
最後の段落は嘘っぽい。
子どもの頃、アリの大群でなく小群に囲まれた幼虫を何度も助けた
けど、何故だか死んだ。多分、毒が回ったと考えられる。

727 :文責・名無しさん:02/09/03 06:55 ID:slIT2W9f
>>726
同意。同じ経験あり。

>>723
>アブラゼミが仰向けになって死んでいた。
アブラゼミと何故分かった。羽は見えないだろう。仰向けだから。


728 : :02/09/03 06:56 ID:24u/cR8Q
せみ→原爆→せみのはかない命→季節のうつろい

見事に起承転結が合ってない・・・
お前、頭にある知識をフル動員しただけちゃうんか
文字数合わせただけちゃうんか?

「夏が去るのを実感する。」でしめるなら、それなりの風情を文中に書かなくちゃ駄目だろ
小池タンにとっては原爆が風情なのか?

昨日に続き、結局何が言いたいか分からん

729 :文責・名無しさん:02/09/03 07:25 ID:HL71wceJ
最初と最後の段落以外はみな手紙の引用だね。


730 :文責・名無しさん:02/09/03 07:36 ID:R4j479ce
>>727
同意。
仰向けでアブラゼミとわかるとは天人って昆虫マニア
なのか?最近、クマゼミが多いし。

731 :文責・名無しさん:02/09/03 07:55 ID:t38CPHpj
「今日の投稿テーマは“セミ”です」的なことをやりたかったんであるか
DJ小池は。
朝飯とデザートと10時のおやつにラーメン食って寝る。

732 :文責・名無しさん:02/09/03 08:44 ID:+akmCVQT
テムジン小池よ。せっかく“蝉は7年間も地中で過ごす“などという高級な知識を得たんだから、

>被爆翌年のお盆に広島で墓参りをしたというHさんは、当時小学3年生だった。焼け野原を歩き、
原爆ドームから西へ20分ほどの低い山のふもとの墓へ行った。セミが大合唱をしていた。
真っ青な空とともに記憶に鮮明だ、と。

 などと感心している場合ではないのでは。被爆翌年に鳴いていた蝉は、被爆当事は土の中にいたのでは。
被爆蝉の子供が孵るのは7年後昭和27年の夏だろうに。
この年の蝉の発生状態でも調べて塵語に書いてはどうかね。


733 :文責・名無しさん:02/09/03 08:59 ID:t38CPHpj
いや、先日比喩としての「炉心」を現実の「炉心」に
置き換える飛び道具を出したんだから
セミの寿命七年という具体的事実を、感傷的な

>セミが大合唱をしていた。
>真っ青な空とともに記憶に鮮明だ、と。

にすり替えるのもありだと思うな、天声人語の独自ルール上では。

734 :文責・名無しさん:02/09/03 09:05 ID:GxvwiZDB
>この夏、セミをめぐる便りをいろいろいただいた。「広島被爆の日に
>もセミは鳴いていたのだろうか」。そう書いたところ、

「実に類型的で下らない結びだと、お叱りの手紙を多数いただいた」
と続くのかと思ってドキドキした。


735 :文責・名無しさん:02/09/03 10:57 ID:+akmCVQT
>自宅を出たUさんは原爆投下の30分前に市電で爆心地を通過した。

この文、何かおかしいと思う。「原爆投下」は敵の立場。我々の立場なら「原爆爆発」、「原爆炸裂」
とか言うのではないかと思うが。

736 :文責・名無しさん:02/09/03 11:07 ID:DZRt4YmH
>>735
だって日本の資料のほとんどが原爆投下時間の8時15分のほうを
重要視して原爆が爆発した8時16分をほとんど無視してるしね。

351 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)