5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

数学板の皆さん、司法試験を受けてみませんか

1 :132人目の素数さん:01/12/02 01:36
論理的思考能力が必要とされる点で、数学専攻の方にとっつきやすい試験ではないでしょうか。
数学のできる弁護士、誕生してほしいな。

2 :132人目の素数さん:01/12/02 02:29
判例覚えるのがめんどい。
公理から過去の判例を導く方法があるのなら受けてもいーよー。

3 :132人目の素数さん:01/12/02 02:43
数学のできる弁護士っていないのか?・・・

4 :132人目の素数さん:01/12/02 03:22
電車の痴漢についてなんですけど、
あれって、女のスカートに指紋がついてるとか検証してるの?
女の証言だけで有罪にされちゃうの?
もしかしたら、証言者のいきおいとか、警察や検察の機嫌ひとつで
決まっちゃうんじゃないの?
だとしたら数学的思考とか不必要なのでは?

5 :132人目の素数さん:01/12/02 03:26
所詮裁判官の主観。

6 :132人目の素数さん:01/12/02 03:27
>>4
まあお前らド素人は、ゲーム理論でも勉強してなさいってこった。

7 :132人目の素数さん:01/12/02 03:29
そもそも、六法全書をすべて論理式で表したとして、
矛盾とかないのか?

8 :132人目の素数さん:01/12/02 03:33
>>3
古いけどフェルマーは違ったっけ?

9 :132人目の素数さん:01/12/02 03:47
>>8
本業は弁護士だったYO

10 :132人目の素数さん:01/12/02 04:36
あいにくだけど、数学やってたほうが、司法にたずさわることなどよりも、
遥かに「おもしろい」のだよ。

11 :132人目の素数さん:01/12/02 04:41
>>10が(・∀・)イイ!! こと逝った!!

12 :132人目の素数さん:01/12/02 04:55
>>10
うむ、こないだ本人に聞いてみたらやっぱりフェルマーは「仕方なく」弁護士やってたとか言ってたしな。

13 :12:01/12/02 04:57
おかしな文章になってもうた・・・。欝だ。

14 :132人目の素数さん:01/12/02 09:26

ハミルトンも弁護士やりながら
行列や四元数など著名な業績を挙げた。

15 :132人目の素数さん:01/12/04 23:54
受けてみるか

16 :132人目の素数さん:01/12/05 02:57
>>15
>受けてみるか
止せ、止せ。 数学やってたほうが、ずーと、オモシロイから。

17 :名無しの研修屋:01/12/06 00:14
東大法学部には高校時代「数学の天才」と呼ばれていた人間がゴロゴロいるらしい。

18 :クル病 ◆U27Blfwo :01/12/06 00:44
数学と法学どっちもできたら法学やるね。

19 :tell me:01/12/06 00:45
単位である、パーミルって何?

20 :132人目の素数さん:01/12/06 00:50
>>19
たしか「ミル」は「千」っていみじゃなかったかな?
よって「パーミル」は「千あたり」って意味だったとおもう。
13パーミルは「千のなかに13」。
なんでここで聞くの?

21 :132人目の素数さん:01/12/06 00:57
>>20
なんかくそスレたててるよ。マジレスした漏れのたちばは?!

22 :132人目の素数さん:01/12/06 00:59
>>17
そんな奴どこ行ってもゴロゴロいる。

23 :名無しの研修屋:01/12/06 01:04
>>22
私学の法学部にはまずいない。

24 :22:01/12/06 01:08
>>23
ラジャー。

25 :132人目の素数さん:01/12/06 01:49
数学板のばかどもに司法試験受けろなんて・・・
受かるわけないじゃん。イジメ?
数学挫折者(もしくは潜在的数学挫折者)の
オナニー板だからなここは。

26 :132人目の素数さん:01/12/06 02:22
>>25はモナー好き。

27 :132人目の素数さん:01/12/06 02:25
>>17
>東大法学部には高校時代「数学の天才」と呼ばれていた人間がゴロゴロいるらしい
間違って、そう呼ばれていただけのことだろ(爆笑

28 :132人目の素数さん:01/12/06 03:23
東大のトップクラスだと文理どちらも出来てもおかしくないでしょ。
ただ、ゴロゴロいるかと聞かれれば疑いたくもなるけど。

29 :132人目の素数さん:01/12/06 03:27
ゲーデルが合衆国憲法の論理的欠陥を見つけたとかどうとか。

あんまり理屈に拘るタイプは、そっちにばかり目が逝ってしまって
司法試験を受かる為の法律の勉強である、ということを
忘れてしまうのではないかな。
司法試験受からなきゃ、この世界ではバカなわけだろ。
それが基準なだから。

30 :132人目の素数さん:01/12/06 03:30
「数学の天才」だぞ(w

先天的に理数の才のある子は理系にいくよ。

所謂ジェネラリストの受験秀才とは違うと思うんだな。

31 :132人目の素数さん:01/12/06 05:55
法律の世界は論理的思考能力が要求されるとか、
論理的思考能力が培われるとかいわれるけど、
実際は、普通の人が素朴に思うように(通説通りに)、論理的であるとか、論理的でないとか、
思えることが重要なんじゃないか?
制度的に保証された権威がなくなったら、法律の世界なんてメチャメチャ怪しい世界
じゃないかな。
数学とは全く違うだろ。

32 :132人目の素数さん:01/12/06 06:53
法律と数学では厳密さの度合が違う。
数学的素養が裁判で争う時、役にたつことはない。
むしろ邪魔になるんじゃないかな?

33 :132人目の素数さん:01/12/07 08:54
ゲーデルがアメリカの国籍を取得するとき、憲法を勉強した。そして曰く、
「アメリカ憲法は無矛盾ではない」。

34 :33:01/12/07 08:55
26とかぶってた。欝だ。

35 :132人目の素数さん:01/12/07 09:19
>ゲーデルが合衆国憲法の論理的欠陥を見つけたとかどうとか。

当時のアメリカの雰囲気では、
「アメリカがファシズムに陥る」
という危険は現実としてあった
でしょう。

ただ、それを国籍取得の審査の際に口にすべきではない、
という常識的判断は持ち合わせなかったようだけど。

36 :132人目の素数さん:01/12/07 10:37
しかし何度聞いても面白い話だよな。

○♂さんは常識外れで、合衆国帰化の為の口頭試問で
合衆国憲法が論理的に矛盾してるということを言いそうになったが、
結局友人のA君が面接に立ち会うことで最悪の事態は回避され
めでたくアメリカ国籍を取得することに成功した。

ほとんど三面記事の世界だよ。
この○♂がゲーデルで、
しかも友人A君はアインシュタインだなんて・・

37 :132人目の素数さん:01/12/07 12:39
1っていわゆる素朴理論だね。
つまり、その一「数学を勉強すると論理的思考が鍛えられる」
そのニ「その鍛えられた論理的思考力が他の分野でも役に立つ」
というもの。

まあ単純に「頭(心)のどこかに論理的思考をつかさどる部分があり、
数学でそれが鍛えられ、その結果他の分野でも論理的思考ができる。」
って考えたんだろうけど。

それか「数学で形式論理を操る能力があがり、(同じく)形式論理を
必要とする分野でも考える力が上がる。」とか。

ハッキリ言って、現在の認知心理学の研究からいうと「稚拙」という
ほかありません。

理由その一。「人間の頭(心)は単純な筋肉ではない。」
理由その二。「人間は単純に形式論理に従って推論をしているわけではない。」
理由その参。「人間は領域固有の知識を用いて推論をしている。したがって、
論理形式が同じでも分野が異なればまるで違う推論をする場合が有る。」

つまり、数学という分野で論理的思考ができたとしても、司法試験
という異なるでも論理的思考ができるとは「限らない」のです。

この意見に対して「お約束」の反論があるんだけど(笑)、来るかどうか
楽しみだね。

38 :132人目の素数さん:01/12/07 12:44
>>34

>>29じゃない?

39 :132人目の素数さん:01/12/07 23:17
>>37
でも、めちゃ数学の出来る人ならではの
法律学への有意義なアプローチてのはあると思うけど。

40 :39:01/12/07 23:18
それが論理的思考力(と言われるもの)に
よるものかは別として。

41 :132人目の素数さん:01/12/08 02:16
「判例」という考え方は
数学研究者には馴染まないと思われ

42 :132人目の素数さん:01/12/09 14:58
>>37
お約束の反論ってどんなの?

43 :132人目の素数さん:01/12/13 00:31
法学は「論理的」ではないというのは、この世界ではもはや常識である。

44 :132人目の素数さん:01/12/13 01:57
一つの条文に2つ以上の解釈があること自体そもそもおかしいんだからね。
法律やってるとだんだん自分が二枚舌になってくるように感じる。
そうかんがえると、政治家や官僚が悪い事をするのもやっぱりねって感じ。
この国はもうおしまいですな。(-。-)y-゚゚゚

45 :132人目の素数さん:01/12/13 02:33
ていうか法律家は技術者だろ?
数学者こそが学者だ

46 :132人目の素数さん:01/12/13 18:39
法律だけでなく法学自体も論理的でないのか…
だったら数学やってる奴はノイローゼになってしまいそうだな

47 :132人目の素数さん:01/12/26 13:28
誰も「お約束」の反論をしないから>>37が可哀相ではないか。

俺は反論は思い浮かばないが誰か反論してやってくれ。

48 :アカデメイア:02/01/03 01:42
「『原論』を読まない者はこの門をくぐってはならない。」

49 :数学屋の判例:02/01/03 01:52
児童保護法ならびに強制猥褻罪でタイーホされたら、
『ルイス・キャロル』をネタに弁明します。

50 :132人目の素数さん:02/01/03 01:58
も、もうかるんですかそれもうかるんですかっ

51 :132人目の素数さん:02/01/03 02:00
>つまり、数学という分野で論理的思考ができたとしても、司法試験
>という異なるでも論理的思考ができるとは「限らない」のです。

これの反論でしょ?
東大(受験数学やらないと入れない)が司法試験合格率トップってこと?

52 :132人目の素数さん:02/01/03 02:09
70過ぎてもその仕事ができるってのが最大の魅力だ。

53 :132人目の素数さん:02/01/03 04:54
論理思考力もなにもまず膨大な暗記を要求されるんだろ?
砂を噛むような作業です。

その時点で嫌気が刺すんじゃ無いの?

それに法律における論理は数学における論理と同じではないだろ。
法律の世界では、どっちに転んでも駄目だけど、より
ベターな策を取ることに迫られることもありうるだろ。

54 :132人目の素数さん:02/01/03 07:01
司法試験厨ですが

>論理思考力もなにもまず膨大な暗記を要求されるんだろ?
暗記はほとんどいりません。やってみればわかります。

>それに法律における論理は数学における論理と同じではないだろ。
これはその通り。

>法律の世界では、どっちに転んでも駄目だけど、より
>ベターな策を取ることに迫られることもありうるだろ。
これは言っていることがよくわかりません。

55 :132人目の素数さん:02/01/03 22:59
日本の法律だって無矛盾とは思えんが。
少なくとも合理的でない部分は多い。

56 :132人目の素数さん:02/01/03 23:04
>法律の世界では、どっちに転んでも駄目だけど、より
>ベターな策を取ることに迫られることもありうるだろ。

例えば、ある2つの選択の内どちらかを選ばなくてはならない。
しかし、どちらの選択肢も自己矛盾を抱えている。
といったことが起こるということかな?

57 :132人目の素数さん:02/01/03 23:07
俺は灘卒だが、同級生では数学嫌いなヤツか勉強を自体できるだけしたくないヤツが文系を選択して文Tに行ってた。

58 :132人目の素数さん:02/01/03 23:34
理科大みたいな理系単科大からも司法試験受かってるのいるよね。
理系の勉強してて、法律を途中から学びだしたりして発狂しそうに
なったりしないのかな?

上は、経営から司試受かるヤツはいないと思うので、
理科大から司試受かってるのは理系と推測しての意見です。

59 :名無しの研修屋:02/01/03 23:43
理系の皆さんが法曹を目指すのならば2004年4月に開校予定の法科大学院に行った方が良いと思う。
現在、法務省の方で法科大学院の受験科目の内容を検討中だが国の意向としては法学部出身者以外の優先枠を設けたいらしい(社会人枠、理系枠等)。
法科大学院を修了しても勿論自動的に法曹の資格がもらえるわけではないが、法科大学院修了者を対象にした新司法試験は合格率70%程度で現在の医師国家試験程度にするみたいだ。普通に大学院で勉強してれば合格するだろう。
新司法試験合格後も1年間の司法修習は課されるみたいだが、この修習は試験合格後であればいつ修習してもよい(国のキャリア組で在学中に司法試験に受かった連中は退官後に修習を受けたりしている)。
詳しくは司法試験板へどうぞ。

60 :132人目の素数さん:02/01/03 23:50
とりあえず、論戦ばかりで気が疲れそうだ…>弁護士

61 :132人目の素数さん:02/01/04 00:20
>>60
論戦自体は苦じゃないだろう。
だが、理系にとって論理的でない議論はとても苦しい
ものではないか。

62 :132人目の素数さん:02/01/04 01:14
>>56
それは法律じゃなくって政治なのでは?

>>54
>暗記はほとんどいりません。

これは嘘。
もしくは誇張。

63 :132人目の素数さん:02/01/04 01:34
誇張だね。暗記以外のを焦点にあてて欲しかったのかな

64 :132人目の素数さん:02/01/04 17:43
宅間守とか宮崎勤とか酒鬼薔薇とかネオ麦みたいな
ヤツまで弁護しなきゃならない職なんて俺は嫌だ。

65 :132人目の素数さん:02/01/05 14:43
age

66 :132人目の素数さん:02/01/05 16:24
>>64あれは人権屋さんの仕事だから選べば別の仕事があるよ

67 :132人目の素数さん:02/01/05 19:36
うーん、でも選んでると生活もままならないっていう事態には落ちない?
検事になればいいんだろうか?

法律初心者でスマソ

68 :132人目の素数さん:02/01/09 16:17
所詮、教義学だからな、力関係で優劣がきまる面がある。
それに、耐えられるなら、簡単ではないが、
数学者として身を立てるよりずっとやさしいのでは?

数学から、訴訟法へ行った著者の本をよんでみたらどう?
大田勝造 法律 東大出版会

69 :132人目の素数さん:02/01/09 21:53
科学としての法律学ってのは面白かったよ。
読んでみ。

70 :132人目の素数さん:02/01/09 23:38
数学科卒で司法試験2回だけ受けた。
何度も受けると食えなくなるからあきらめて就職した。(藁

変えようと思えば変えられないことはないけど
普及してるからおいそれとは変えられません、てのは
数学だと+とか=みたいな記号、法律だと条文だな。
数学記号の暗記なんてちょろいもんだが
条文の暗記は頭がパンクした。
そこから先の論理展開は法律のほうが少しだけ楽。

71 :132人目の素数さん:02/02/01 01:59
法律の論理的展開は確かにどことなく数学とにている

72 :132人目の素数さん:02/02/05 21:14
学説が煩雑でうっとうしい。

73 :132人目の素数さん:02/02/05 22:25
>>あいにくだけど、数学やってたほうが、司法にたずさわることなどよりも、
遥かに「おもしろい」のだよ。
って何を根拠に言ってるのかな?司法にたずさわった事あるの?
司法試験私も興味ある!確かにみんなが言ってるように論理的でない部分も
あると思うけど、真実は一つだし、それを追求するのは数学の答えをだすのと
似てると思う。まぁでも、真実を追究しない場合は、どれだけ
“こじつけられるか”っていう能力が大切なんだろうな。あとは、数学よりも
膨大な知識が必要になってくるよね。
私立大学の法学部が数学選択できる(たまにあるけど)なら、絶対受けてたけど
やっぱ社会の知識ないのはいたいかな?



74 :数学科:02/02/05 22:29
受けますよ。というか、
ロースクールに行きます。

75 :132人目の素数さん:02/03/03 05:08
数学と法学は、方向性が逆のような気がする。

数学では「定義」が「出発点」だけど、
法学では「定義」が「帰結」という感があるし、

数学では理屈を推し進めて、常識外れな結論がでると「面白がる」けど
法学では、「とんでもない!」という感じのところがあるし・・・。


76 :132人目の素数さん:02/03/03 21:31
弁護士5年ほどやって、大学の数学科に入った人いるよ。結局、また弁護士に
もどった。今は、柄谷や浅田のトランスクリティークの出版にも携わっている
はず。ネットで検索してみれ。


77 :132人目の素数さん:02/03/03 21:31
英米法のcommon lawの世界だと、帰納法。
大陸法のパンデクテンシステムの世界であると、演繹法って感じかな。

78 :132人目の素数さん:02/03/03 21:32
批評空間という雑誌だったわ。スマソ

79 :132人目の素数さん:02/03/03 22:05
真偽のはっきりしている命題が法廷にもちこまれることは少ないで
あろう。むしろ真偽の事実認定が争点になることが多いと思われる。
事実認定は科学の領域。昔はフェルマーのような裁判官もいて、数学、
科学、法学も近かったかと思われるが、今の法学が論理的かといわ
れると全然違うような気がする。
法学に少し関係するところで、様相論理の中の義務論理のようなの
があったと思うが、この辺に詳しい人の解説ギボン。

80 :132人目の素数さん:02/03/03 22:14
法律書の空白に
「この証明は簡単だが、書くには余白がせまい」
などと、落書きするのがおましろそう。

81 :132人目の素数さん:02/03/03 22:50
ところで、>>14がハミルトンは弁護士だったと言ってるけど
天文台の所長(?)じゃなかったっけ?弁護士だったの?

82 :132人目の素数さん:02/03/03 23:59
今も昔も法学の論理は、変わらないと思う。

法学は「説得の論理」で、その論理に「妥当性」が
あるかどうかが重要だったりする。

事実認定なども、人間(の主観)が絡む事実だと、
割り切れないところがある。

そうしたしがらみがない分、数学の法が「話が楽」
という感じがする。


「数学は、判るまでが大変だが、判ると自明。」

「法学は、判ったような気になるのは(比較的)
早いが、いつまでたっても明確には判らない。」

83 :132人目の素数さん:02/03/30 01:40


84 :132人目の素数さん:02/04/30 06:32


18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)