5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙人は真剣に存在するんですか?

1 :  1:01/12/04 23:41
宇宙にはそれこそ星の数ほどの天体があって、その中で地球のような
生物が適応できる環境の星はいくつもあるそうです。
では宇宙人はいるのでしょうか?

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 00:30
今はいません。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 00:46
>>1
NHKスペシャル「宇宙」って観てる?

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 01:41
>1
その手の疑問だと「ドレイクの式」で検索をかければ答えが見つかると思います。
GOOD LUCK!

5 :ネタだろうけど:01/12/05 03:17
奴隷区の式も結構怪しいんだっけか。

それと便乗質問で恐縮なんですが、知的生物の種としての寿命って短いんですかね。
知性があるとやっぱり滅びやすくなるの?マジレスきぼん

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:20
>知性があるとやっぱり滅びやすくなるの

人間並の知性があって滅んだ種族をまだ知らないからなぁ。
滅びやすくはならないんでない?

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:28
量子論とか、不確定性原理によれば、観測者がいなければ、そこに粒子は
存在しない。もし宇宙に粒子が存在しなければ、宇宙に天体はありえない。
観測者となることができるのは、知的生命体のみである。
人類が知的生命体となったのはごく最近、オーストラロピテクスの時代か
らとしてもたかだか数百万年のことにすぎない。
人類発生以前から宇宙に天体は存在している。でなければ、人類は発生で
きない。
ということは、人類発生以前に、宇宙には観測者としての知的生命体がい
なければならない。
よって、宇宙には人類以外の知的生命体はいた。(人類発生以降に滅んだ
という可能性はあるので、今も必ずいるとは言えないが)

ただ、この論法には大きな問題があって、その宇宙人はどうやって観測者
のいなかった宇宙で発生したのかが説明できないのだ。その宇宙人の前に
も別の宇宙人がいて、と言ってみても、ではその宇宙人は……と問題をく
り返すだけになってしまう(藁

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:28
このスレのタイトルのような話も議論されてたよ
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1004851923/

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:30
>人間並の知性があって滅んだ種族をまだ知らないからなぁ
いや、それはそうなんだけど・・・。

知性のデメリットってどれくらいのもんなのかなぁとおもってさぁ。
知性が高ければ種族自体にとって不必要な概念を創造してしまう可能性もあるでしょ。
例えば、宗教とか倫理とか、こういうのが種族にとって害になるということはありえるんではないですかね。
つうか、ゴキブリって長生きしてますよねとかそういう程度の疑問なのですが・・・

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:33
>>7
これっていわゆる人間原理ってやつだっけ?
間違ってたらm(_ _)mスマソ

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 03:35
ゴキブリは地球が崩壊すれば100%絶滅する
知的生命体は生き延びる可能性が無くは無い

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 16:29
知的生命体は遅かれ早かれ「文明とかテクノロジーとかって結局無駄じゃん。どうせ無に還るんだから」
とか悟りを開いてしまい、技術文明を放棄してひっそりと農業でもやって暮らすようになる、に1000クレジット。

13 :猫電波:01/12/05 17:47
フェルミのパラドックス
銀河が誕生してから数十億年たった。知的生命体が生まれるとして同時に生まれる可能性は低い
したがってETが存在するとしたら、誕生したのは遥か昔である。
銀河系の直径は僅か十万光年である。したがって存在するのならとっくに来ているはずだ
現に来ていない→ETはいない
銀河系には人類しかいない

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 19:04
地球人だって宇宙人

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 19:12
>13
実は地球が一番最初の知的生命体だったり?
小説の中ではなぜ来なかったかの理由が色々考え(こじつけ)られてたりもする。
いないとは言い切れない・・・が妥当?

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 19:15
>14
>地球人だって宇宙人

見方を変えれば、我々のような宇宙人も存在するということだ。
地球外知的生命に関心を持つのは結構だが、もし16世紀のスペイ
ン人みたいな奴等が来てしまったら誰が責任とるんだ?
無邪気な地球外知的生命探査などは自粛してほしいものだ。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 19:24
>13
「恒星間航行は難しいので宇宙人が地球を訪問しない」という解もあり。

今の物理法則が正しいのなら、「寿命が百万年くらいある」「反物質が一山幾らで買える」
「種族全員が私利私欲などもたずに全体目的に奉仕」のいずれかを満たす文明でない限り、
継続的に有人恒星間航行を行うことなどできないです。
ラムジェットは太陽系周辺は星間ガスが薄くて使えません。

18 :14歳:01/12/05 19:50
>技術文明を放棄してひっそりと農業でもやって暮らすようになる、
>に1000クレジット。

そう考えた人々の息子(または娘)達が同じように考え納得するかどうか
保証が無いに1000クレジット
SFでいうと「黙示録3600(スマソ年号不正確)年」とか「パヴァーヌ」とか。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 20:34
諸行無常こそこの世の真理。
偉大な文明など存在しない。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 00:14
ageてみる

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 00:29
>>16
だから、「終わりなき索敵」するわけだよ。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 01:00
>18
ウォルター・M・ミラー・ジュニア
黙示録三千百七十四年 (今集計やってるから一時的に詳しい)だす。

ところで知性のメリット/デメリットの件だが、生命というのは拡散する傾向をもつ。
無酸素環境→酸素環境→海水中の移動手段の獲得→陸上への進出→陸上/空中の移動手段の獲得

また、隕石による周期的大量絶滅等の発見により、生命にとって惑星環境というのが思ったほど安全
では無いと考えられるようになった。確実に子孫を後世に残すのならば、宇宙空間または他の惑星に
適応する必要がある。

ここで、知性は生命の拡散を後押しする強力なツールである。知性無しに宇宙空間に適応することは
難しいと考える(2001夜物語の植物みたいな考え方もあるけど、まず無理)。

よって、知性を持った生命が汎宇宙的に最も繁栄する可能性がある。
ただし、本能をコントロールできた場合においてのみ。
方法-1 知性により本能を書き換える(遺伝子操作)
方法-2 知性を別の基体に載せる(シリコン?)

人類の未来はこのどちらかでは?

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 01:05
方法-3 ニュータイプになる

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 01:16
22サンクス、結構疑問氷解。
>ただし、本能をコントロールできた場合においてのみ。
>方法-1 知性により本能を書き換える(遺伝子操作)
>方法-2 知性を別の基体に載せる(シリコン?)

ちと反則っぽいけどそういう方法もアリだよな。
要は、知性を持った生物は本能(もちろん知性も)の危険性つーのに気づいて
何らかの対策をとれる可能性もあるということでOKですか?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 02:42
>16
ひと昔前のオズマ計画やアレシボメッセージはともかくとして、現在、宇宙の知的
生命体を発見しようという試みは、宇宙からの電波をとらえることによって知的生
命を発見しようというものである。これによってこっちが相手を発見することはあ
っても、宇宙人の方が地球人を発見することはありえない。

26 :22:01/12/06 02:50
>23
ネタにマジレスしますけど、わたしゃ人類がニュータイプに自然進化するまで持たないと思うのよ。
>24
危険なのは 知性+本能 の組み合わせでoverkill等の異常行動が際限なく拡大してしまうこと。
現代社会の法/宗教/慣習等の枠組みも、それら暴走行動を制限する役目を持っているが、成功している
とはとても言えない。

結論として知性を持った生命が遺伝子および模倣子を存続する方法として、上記に述べた2種のいずれか
を選択するしかないのではないか? というのが私の考え。 正直さっさとこの意識をマシン上に移行させ
たいぞ、わたしゃ。 よけいな本能無くしてもいいからさ。

我々は人類を改造するしかない。 問題は確実に(本能的に)対抗しようとする旧人類。
うーん良くあるSFネタ。 方法-1が青の6号 方法-2がターミネーターかな?(あさりの 日本シリーズかも)
でもそれぞれが旧人類にとって必要な存在になってしまえば、共生も可能だと思うんだよね。<楽観論

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 03:02
>25
でもメッセージはともかく、これだけ有意性のある信号を宇宙に放出している生物を
見つけるのは簡単だと思うけどなぁ。宇宙人が地球に対してSETIやってたら、一発では
ないでしょーか? もし隠れるとしたら一切の電波使用を規制するか、すべての電波を
スペクトラム拡散させて使うしかないと思うなってそういうSFがたしかあったな…。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 17:32
宇宙人evたんが降臨中。
地球の全ての生命はうちゅーぢんが数万年前に作ったそうだヨ。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1003975622

29 :18:01/12/06 18:35
>>22
>黙示録三千百七十四年 (今集計やってるから一時的に詳しい)だす。

サンクス!

30 :某スレの87:01/12/06 19:25
人間原理の解説だとしたらチョット違うな。
この宇宙は観測されるために人間を生み出したってのが
人間原理の考え方。  >>7

さて、本題。真剣に宇宙人は存在すると思います。
しかし、知的生命体のいる星は銀河全体で数十万個以下とおもわれ、
いても、何のかかわりもないから存在しないと等価。 >>1

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 19:33
25>27
25は、16が「無邪気な地球外知的生命探査などは自粛してほしい」というのに対して
地球人が地球外知的生命探査を行うことが、宇宙人による地球人発見につながること
はない、よって知的生命探査は続けるべきであるという意味で書いたもの。宇宙人が
同じ方法を使った場合のことを言ったのではない。
少々誤解を招く文章だった。その点は申し訳ない。

おっしゃる通り、地球はラジオ放送の始まった瞬間から宇宙に電波をまき散らしてい
る。したがって、16氏のような批判は、アレシボメッセージのように積極的に宇宙人
に呼びかける計画に対してさえ的はずれである。(無意味だという批判なら別だが。)

32 :深紅:01/12/06 20:28
宇宙が広ければ広いほど宇宙人の存在する確率は上がるが、
広ければ広いほど地球人と接触する確立は下がる。
と、思うんだが。

地球人の発する電磁波等は所詮光速までしか出ないわけだから、地球人の存在を知るためにはかなり地球の近くまでこなければならない。
ので宇宙人が地球人の存在を知る確立は文字通り天文学的に低い。

時間もしくは空間を無視できるようなテクノロジー(能力)を持つなら別だが(宇宙人でも地球人でも)。
これは想像だが、そのような超絶的な能力を持ち、宇宙を俯瞰するような種族が個性を維持するのは難しいのではないか。
やがて宇宙そのものと一体化してしまうのではないかと(究極の拡散?)。ほとんどというか、これは神様だね。SFでありそうな設定だ。
そして究極の拡散をとげた種族は宇宙にあまたある生命体などに興味を持ちはしない。

後半は胡散臭い想像になったけど、前半の理屈はまともっぽくない?

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:19
もし過去に宇宙人がいたなら、今ごろデムパが四方八方から
届いていたりするんでないかい?ど〜なんだろ・・・

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:24
 想像するに1銀河系に1知的生命体ってのが相場なんじゃない
のー。だから、セチやってもなかなかなかなひっかからない…

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:25
異なった知的生命体同士が同じ時代に存在する確率はどの程度なのだろうね

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:32
>27
人類が電波を出して何年経つ?
仮に100年だとして
半径100光年以内に居ないと受信できないよ。
毎年半径約1光年ずつ宇宙人は地球の電波を見つけられる範囲が増える訳だ。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:36
世知やって見つかったはいいけど、発信先が100万光年先だったら、
100万年前の電波だよね。
まだ、宇宙人生きてるかな?

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:38
37に追加

仮に文明が有ったとして出した宇宙人が100万年前に出したことを覚えれるか?
世代交代して忘れられたりして・・

39 :ハァ〜♪XP:01/12/06 21:55
オレモオマエモ宇宙人からみたらみんな宇宙人

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 21:56
地球人が出してる電波なんてのハトの鳴き声のようなも
のなのかも知れない。誰も気にも止めない。
病気のハトが鳴いてたとしても必ずしも善良な人が手当てをし
てくれるわけではない。

そもそも人に出会うことすら難しい。
犬に食われるかも知れないし、ゴミ箱に放り込まれるかも知れない。
しかし大抵の場合、何者にも気付かれることなく死んでいくだろう。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 22:19
>毎年半径約1光年ずつ宇宙人は地球の電波を見つけられる範囲が増える訳だ

そう。そして逆二乗の法則に則って急速に電波は微弱になっていく。

42 :猫電波:01/12/06 22:33
>>17
いや、この議論は母星にとどまって、そこを中心にってのじゃなくて
植民しながら広がって行くことを想定しています。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 22:40
>35
それがドレイクの式。
N =[R*]×[fp]×[ne]×[fl]×[fi]×[fc]×[L]

R*:1年当たりに銀河系で生まれる恒星の数
fp: 恒星系が惑星を持つ確率
ne: 太陽型の惑星系のうち、生命の存在を許す惑星の数
fl: 惑星で実際に生命が発生する割合
fi: 生命が知的生命体にまで進化する割合
fc: 知的生命体が技術文明社会を発展させる確率
L : 技術文明社会の寿命(年)
N : この銀河系内に現在存在する文明社会の数

ただしこの式は直ちに現存する文明社会の数を算出するための式ではなく、
この式を使う人の考え方を示すもの。有る変数はかなり正確に算出されてるけど
特にLなんかは推定しかできない。 このLによってかなりNの値は変動する。

下記のコンタクトジャパン用の資料によれば Nは算出する人によって
0.01〜2.5×10の10乗まで幅がある。
ttp://mb113.moleng.kyoto-u.ac.jp/~cj/info/info01.html

私がこの式を使ったときは、10個という結果になったよ。多いのか少ないのか…。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 22:49
>30
>この宇宙は観測されるために人間を生み出したってのが人間原理の考え方。

頭のいい学者さんの考えることはわからん。
物理学の素人の私には、本末転倒の考え方としか思えなひ……。

45 :深紅:01/12/06 23:17
1銀河に1生命に1票。
何の根拠も無いが。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 23:20
いたとしても出会う確率は低い。
俺と「1」が「明日、10時に東京で」と約束して出かけて会える確率より低い。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/06 23:48
大槻教授は、異性人来訪説に対しては
「日本のウサギとアフリカのウサギが出会うことはない」
と答えて斬捨てている。
しかし、「アフリカにウサギが存在する」可能性は認めていた。

まあ、これが現在のほとんどの科学者の共通認識だろう。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 01:06
実は皆、引きこもりで居留守な文明。
でも電気メーターでバレるの。

49 :コピペだけどな:01/12/07 01:40
地球人がこの先何千年も文明を進歩させながら生き延びるとして、地球環境は悪化するので、
地球に住み続けられなくなる。数千年後の人類は、もう住めなくなりつつある地球から脱出を
試みるかもしれない。巨大な自己完結型の宇宙船で、宇宙空間をさまよい続けるようになるだろう。
移動が目的なのではなくて、居住繁殖しながら宇宙をさまよい続ける。こういう宇宙船が宇宙が
いま現在、宇宙中を飛びまくっている可能性はなくはないだろう。そして・・・宇宙人が居住に適当
な星を見つけたとき、侵略しないとは言い切れまい。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 01:42
>宇宙人は真剣に存在するんですか?

宇宙人は不真面目に存在するかもしれない。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 01:49
>49
クラークの作品にそんなような話があったな。
侵略するわけじゃないけど。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 01:52
>>49
ヤマトでは侵略されかけたな。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 04:38
恒星間移民に比べれば、母星の環境改善の方が遥かに簡単かつ快適なので、
理性有る宇宙人ならそんな阿呆なことはしないでしょう。
自己完結型の宇宙船が作れたら、地上に置いて暮しますな(宇宙船じゃないか

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 13:12
で、遅くとも50億年後には滅亡する。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 13:30
「日本のウサギとアフリカのウサギが出会うことはない」

日本人とアフリカ人は出会っている訳で。
動物と一緒にしちゃいかん。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 13:53
存在しない科学技術で検証はできないから、超高速機関は置いとくとして…
日本からアフリカまで飛行機だと十数時間、船だと数十日、徒歩だと数年。文明の伝播だと数十〜数百年かな。

一番近い地球外文明とこんな時間スケールで、出会うことは無いと思うんだが。どう少なめに見積もっても
数百万年とか数億年というオーダになってしまわないか? その意味でウサギのたとえは的を得ていると思うな。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 13:55
>>55
恒星間航宙能力で比べたら、人間もウサギも一緒。
どっちも「出来ない」んだから。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 13:58
ここはなかなか良いスレですね。
実際知的生命が半永久的な存続を目指すならば24の方向で
行くしかないのでは。
それにより飛躍的に生命体としての個の寿命も延びるわけ
だし、それにより長期的観点からの技術的ブレイクスルー
もありうるわけで。
イーガンの順列都市(塵理論の方ではなくコピーの方)のよ
うにシリコーンに人格移転は可能だろうし、やるべきだと
個人的には思う。
生命科学的手法による人体改変の方が種全体の将来性とし
ては多くの可能性を含んでいるとは思うけどね。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 14:23
しかし、恒星間飛行をするとなると、どうしてもワープが欲しいよなあ。
超光速飛行に関する研究は色々なされているから、実は結構近いウチに(300年以内)に
発見出来るんじゃないかと思うんだけど……楽観的すぎるか?
火星有人探査の前に発見されたら笑える。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 14:39
具体的に1万光年先に技術文明が見つかったとしよう。
(銀河系の直径が10万光年だから、個人的にはこれは異様に近いと思うんだが)

そうした場合のコンタクトの方法として、通信プロトコルの確立に数回のやり取り
があったとして、数万年かかる。「それからどこで会おうか?」とか言う話になって
「じゃあ中間点ね」とか言っても5000光年だ。最高速が光速の10%まで加速する宇宙船
を使っても5万年。おそらく途中で前進基地となる文明圏を造っていかないととても
たどり着けないから、中間点で両文明が接触するまでには数十〜数百万年の時間が必要
だと思う。

行くべき目的地がわかっていても会合するまでに数十万年。これが無作為に「宇宙人」が
地球を訪れる確率から考えた到達時間は宇宙の寿命よりも長いと思う。

#宇宙人の技術レベルを我々のモノと同等に考えるのは不適当だと言うのは無しね。
#存在しない技術をベースにしても、それはファンタジーに過ぎないからね。
#理論があると言っても、理論と技術は違うんだよ(技術者のカガク者に対する口癖)

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 14:46
>55
>日本人とアフリカ人は出会っている訳で。
>動物と一緒にしちゃいかん。

いや我々はウサギなのだ。世界中を自由に行き来できる人間とは違うのだ。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 16:35
>59
ワープの実現よりも不老不死の実現のほうが簡単と思われ。
不老不死なら恒星間航行に100年や1000年かかっても「ちょっと長期出張」程度なわけで。

63 :>60:01/12/07 16:49
5000〜数十万年先の技術レベルを現在と同等と考えるのもファンタジーでは?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 17:40
この世に不老不死なんてありえない。

65 :コピペだけどな:01/12/07 18:18
>>54
それより先に海水が全て地球の中に吸い込まれるから、もうちょっと早い

66 :深紅:01/12/07 18:38
えー、皆さんの意見を要約してみると。

@@@1.宇宙人はいる(であろう)。
@@@2.でも、地球人と出会う方法が問題。

ってとこですか。
2.は膨大な時間と空間の壁が邪魔のようですね。
それをいかにテクノロジーで突破できるかが焦点ですか。

ところで
1.を否定する人はいませんか?

67 :耽美主義:01/12/07 18:59
異星人がいるとして、向こうが必ずしも
ウサギ並の移動能力しか無い訳ではないと思うけど。

68 :ドレイク方程式に関して:01/12/07 20:16
生命の発生から恒星間航行までの長い道のりをまとめてみたり。


 1)生命の発生(自己複製可能なRNA)
 2)生命の安定化(原核生物)
 3)生命の効率化(真核生物)
 4)体の大型化(多細胞動物)
 5)中枢神経系の大型化(魚類)
 6)陸上への進出(両生類)
 7)社会性、学習伝達の獲得(ほ乳類)
 8)中枢神経の巨大化(霊長類)
 9)直立歩行と言語の獲得(ホモハビリス)
10)思弁能力の向上と農業の確立(ホモサピエンス)
11)文字の獲得
12)科学的思考体系の確立
13)産業文明の発展と主要物理法則の解明←ココ
14)効率的なエネルギー源の確保(核融合以上)
15)相対論的拘束の超克

お、あと2ステップくらいやん(ヲ

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 20:16
>67
その議論の前提は、「超光速での移動手段は存在しないだろう」というところから。
少なくとも今までの観測の結果、宇宙において「超光速」現象というものは発見されていない。
また、明確に超光速が可能であるとした理論も発表されていない。
(あやしいのはあるけど前提に問題があったりして、確立した理論にはなってない)
というわけで超光速移動できなければ、多少速くても「ウサギ並」だと。
#宇宙のどこでも物理法則は同じだからね。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 20:17
>68
だから、15番目は無理だっつーの。

71 :書き直し:01/12/07 20:20
生命発生から恒星間航行までのステップをまとめてみたヨ。
それぞれのステップから次のステップに移行する確率と所用期間を求めれば、ドレイクの式のfl以降の確率がもとまるヨ。

   要求事項 (地球上の事例)
 1)生命の発生(自己複製可能なRNA)
 2)生命の安定化(原核生物)
 3)生命の効率化(真核生物)
 4)体の大型化(多細胞動物)
 5)中枢神経系の大型化(魚類)
 6)陸上への進出(両生類)
 7)社会性、学習伝達の獲得(ほ乳類)
 8)中枢神経の巨大化(霊長類)
 9)直立歩行と言語の獲得(ホモハビリス)
10)思弁能力の向上と農業の確立(ホモサピエンス)
11)文字の獲得
12)科学的思考体系の確立
13)産業文明の発展と主要物理法則の解明←ココ
14)効率的なエネルギー源の確保(核融合以上)
15)相対論的拘束の超克(?)

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 20:35
>66
少なくとも1を何の前提も無く否定するような人はSF読まないの
では。
>70
そこをSF的思弁でなんとか(w
でも実際15番目の相対論の超克は無理っぽいね。
この場合の相対論とは光速の限界が問題なわけ
だから、空間を越える手段としてはワームホー
ルに一票。

73 :70:01/12/07 20:53
>72
しつこくて申し訳ないが、無理でしょう。
ワームホールは通り抜けられるのがプランク長のオーダだと言うんだから
素粒子も抜けられないよね。

一応予防線を張っておくと「不可能性の証明」というのは基本的にはナンセンスです。
だから「超光速移動」が不可能という証明はできません。しかし明確に可能だと証明
出来ないものを前提にするのは非科学的です。

それに何も超光速でなくても恒星間航行は可能だし、ここ1000年程度で数光年以内の
殖民もできると思う。その方がリアルでかつSF的だと思うんだが。

ちなみにわたしゃーE.E.`Doc' スミスの大ファンだし、そりゃー超光速が発見される
ことを祈るよ。でもそれ以前に論理と科学の使徒でいたいんですわ。

74 :72:01/12/07 21:06
そのワームホールを任意の場に生成させ、その穴を広げ…。
…確かに客観的に考えて無理っぽいですね。
私もしつこいのですが、遠未来に期待です。

恒星間飛行の方法は色々あると思うのですが、やはりネック
は生物種としての人間の寿命と脆さですね。
ここで、前レスで出たように人体の変容、或いは人格のなん
らかのハードへの移植というテーマを意味を持つと思います。
種の存続の可能性の保持のためにはやはり他星系に、地球の
生命を播種しなくては。
予断ですが現状を鑑みると、急がないとやばいと思ってしま
います。

75 :猫電波:01/12/07 21:11
>>60
>おそらく途中で前進基地となる文明圏を造っていかないととても
作れるなら既に作ってると思う。
>>72
負のエネルギーが扱えれば(現実味は非常に薄い)、超光速は可能らしい。
今月号か先月号の日経サイエンス参照。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 21:37
ワームホールがどこに繋がってるのかを知る方法はあるのか?
どこにいくかは量子論次第な航法になるんじゃないか?>ワームホール。

77 :60:01/12/07 22:24
>74
今のところ一番現実味のある星間航法は、ロシュワールドにも紹介されたレーザ帆船かな?
帆を二重にして、先行した帆にレーザを反射させて、目的の星系内で停止するというやつ。
これなら光速の数十%はいけるかもしれない。ペイロードには 自己増殖マシンと必要な生物種の
DNAをコード化した情報を載せる。目的地に着いたらマシンが小惑星等を原料にしてベースを作り
ある程度の環境が整ったら、マシンからDNAコードをダウンロードして人間もしくは他の生物を
再生する。 この繰り返しで文明圏を広げることは可能だし、やるべきだと思う。

>75
そう、造れるなら造ってると思うよ。でもその文明圏が地球由来の文明圏と接触する
ことは無いだろうというのが、私の考え。

>76
ブラックホールの中というのが一番ありそう(藁

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 22:33
>>75
>う、造れるなら造ってると思うよ。でもその文明圏が地球由来の文明圏と接触する
>ことは無いだろうというのが、私の考え。
nannde?

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 22:35
>>67
一年分の食料と燃料を積んだランドクルーザーがあったって、アフリカ大陸にたった一匹しかいないウサギを一年以内に捕まえるのは無理だよ。

80 :永遠の名無したん:01/12/07 22:37
>>77
スターライトセイルってやつだな。確か理論値で光速の60%だった
けか。光速の60%出るなら少なくともαケンタウリには行けそうだ
な。

81 :78:01/12/07 23:10
78
一つは拡大速度。 もう一つは文明の寿命。
拡大速度に関しては60で書いたとおり、一方向に直進したとしても
1000光年につき十万年はかかると思う。このペースで文明圏を拡大
している限り(これが最速だと思うし、銀河規模の災厄がないなら
ペースを早める必要もないんだけど)他の文明圏と接触する前に宇宙
なり(こちらもしくは相手の)文明なりが滅んでいるだろう…と考えます。

文明の寿命に関しては悲観的なんだけど、歴史的に見て滅んでない文明
というのは存在しないから、人類の汎宇宙文明にも必ず寿命が来ると思う。
つまりドレイクの式のL項には必ず有限な値が入る。

ただ地球の生命が数十億年絶えてない、しぶといものだと言うことを考え
ると、数十億年後に地球由来の他の文明が、地球外の文明圏と接触する可
能性はあるかもしれない。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 23:12
↑ミスったー 当然上は77です。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 00:24
あーもしかしたら、銀河外播種を急がなければならないかもしれない…
「銀河系の最後の姿」
ttp://www.astroarts.co.jp/news/2000/01/27NAO322/index-j.shtml

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 00:34
>>81
銀河系に知性があるならいつか出会うのは必然だと思いますが。
81さんと同様に生活圏の拡大速度を1000光年につき10万年とした場合、
銀河系の端から端までわずか1000万年です。中心部近くに発生したなら
その半分の500万年で到達してしまう。恒星間航行なんてことをたくらむ
種族にとっては1000万年なんてわずかな時間じゃないかな。
それが地球に来てないってことはやはり地球は孤独であり、
今まで銀河系に発生した知性はないんじゃないのかな。地球が最初で
最後の知性であるかもしれないと考えるとこりゃ責任重大ですな。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 00:58
>それが地球に来てないってことはやはり地球は孤独であり、

地球は腐ったミカン。放置プレイ食らってるだけだよ。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 01:00
鏡を見なさい>1

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 01:46
結論:宇宙人には出会えないまま地球上で滅びるだろう。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 01:54
>83
銀河系とアンドロメダ星雲が30億年後に衝突するなら、太陽の寿命より早く
銀河規模の大破局が訪れますね。これを回避するのは難しそうだな…
球状星団ごと移動してしばらく銀河系外に避難するのかな。

>81
私の1000光年/10万年説は直進した場合で、しかも銀河系の体積を考えて
いませんから、実際の平均速度はその3乗根になりそうですが、いずれにせよ
1千万年だろうと10億年だろうと同じでしょうかね? 文明の寿命はそんなに
持たないような気がしますが…まあこれは個々人の主観で決めるしかないですね。

私は他にも文明圏はあるけど、交差しない説です。人類以外(人類派生かもしれ
ないし、次の種の文明かもしれない)が数億年存続して拡大を続けたら、運がよ
ければコンタクトできるかなー?という程度ですね。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 01:59
↑またやっちまった 下の一文は 84さんへのものです…いいかげん鬱

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 03:11
どうでもいいが、「宇宙人は…」というタイトルはSF板ではちょっと…
やっぱり「異星人」でしょ。
1よ、俺はあんたが真剣にSF者として存在してるのかと問いたい。問い詰めたい。小(以下略)

91 :無名草子さん:01/12/08 12:50
実は、私が◎●人です。
後半へ続く……

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 13:27
いや、「宇宙人」ということばのレトロな味わいも捨てがたいぞ。
「異星人」はちょっと手あか付き過ぎ。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 15:17
宇宙人はやっぱり スペースメンじゃないか?
地球外知的生命体ってのも最早×だな。
 非地球起源文明つーのはどうかな。

 それともやっぱしここはひとつ えろひむか?(藁

94 :66:01/12/08 16:04
ワープをさらに洗練させ、空間を距離に関係なく自由に移動できるとしたとする。
となると問題は探査可能距離距離だとおもう。
ワープだと所詮は点から点でしかない。
自分の周囲の情報をどれだけえられるか、そしてその距離は?
光学的観測だと周囲数百光年、しかも遠いほどその情報は古くなる。
のでリアルタイムで遠隔地の情報を得る手段が必要となる。
ワープ先の情報がないと危険だしね。

その距離が宇宙全体をカバーし、その精度がミジンコが身動きしたのを正確に捉えれるのなら
そもそも移動する必要も無いが。

95 :66:01/12/08 16:13
時間と空間をこえるテクノロジーが最終段階まで発展すれば>>94のようになるだろう。
ので普通想像できる宇宙人とのコンタクトといえば、
・不完全(発展途上)のワープ技術と探査技術を持つ宇宙人と地球人がであう。
・相対理論どうりどんなに科学が発展しようとも、光速と時間を超えることが出来ず、
 ワープも超光速もできない宇宙人と地球人がであう。

・・・どちらも確率は低い。0%ではないが。
時間と空間をこえるテクノロジーが発生したとしてそれが発展しきるまで数百〜数万年だとする。
その間に出会う確率は低い。と、おもう。
 

96 :66:01/12/08 16:29
時間と空間以外にもう一つ壁があったな。
コミニュケーションの壁が。
小説で一番面白いところではあるんだけどね。
時間である程度解決できるとは言え、解決できない場合もあるだろう。

海だったり、血液だったり、ナノ単位だったり、惑星そのものだったり、
相手をそもそも宇宙人だと認識できるのか?
宇宙人のほうも人間を石ころと区別して認識するかは疑問。

人間と犬とはコミニュケーションがとれてるといえるだろうが(喜怒哀楽がわかる程度でも)
人間とアリはコミニュケーションがとれるのだろうか。
そもそもアリが人間を生物だと認識しているかは疑問。

というわけで地球人と宇宙人がお互いに理解(認識)できる程度に近い性質を持っている必要ありかと。

97 :66:01/12/08 16:35
連続でカキコすまん。
もう一つ。

地球(ガイア)を生命体だとして、人間とお互いにコミニュケーションはとれているのか?
コミュニケーションの定義にもよると思うが、俺はお互いに影響を与え合っている、
そしてそれを少なくとも一方が認識している、という意味でコミニュケーションが成立していると思う。

だがこれはこのスレで言う、コンタクトとは違うよね。
というわけでやはりコンタクトするにはお互いに近い性質を持っている必要ありということで。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 16:51
>92、93
私の認識では、UFOを見た、などと言ってる人たちが、UFOに乗って
地球に来てる信じてるのが「宇宙人」で、これはビッグフッドやネッシー
や妖精さんと同レベルの幻覚や自己暗示や想像力や故意のイタズラの産物。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 17:08
>>98
そんなことだから!そんなことだから!!

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 17:34
>>90
宇宙人たるもの、星の上ばかりにいるとは限らないし。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 20:27
>>100
今はどうであれ、もとは星の上にいただろうから問題ない。
それとも、どっかのアニメのように宇宙怪獣みたいなのがいるとかか?(藁

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 21:12
ドレイク方程式が(地球並みかそれ以上の文明をもつ)宇宙人存在の確立を求める方程式って言われてるけど
「他の惑星の生命体と何らかの手段で交信するだけの技術を持つ確率」と
「その高度な文明をもった状態で、その生物が存在しうる年数」
を考慮する必要あるの?
他の惑星と交流がなくても存在はするんじゃないの?

103 :60:01/12/08 21:40
>66
SF的想像力を働かせてるとこすまないが、このスレが「宇宙人は真剣に存在するんですか?」
という真摯な質問スレだという前提で反論させてもらうだ(笑

超光速航法というものが存在し、地球外知性体が文明圏を広げているとする。
全銀河系でのある時点での文明数を10とおき、各知性体の播種速度を10年に1星系とする。
また銀河系内の星系数は2000億程度だと算出されている。

これらの条件から、全星系が殖民され尽くすまでどの程度かかるかを求めてみよう。
1種族につき播種される星系の数は10年毎に2のn乗で増えていく、これを38回繰り返せば
銀河系内の全星系以上の個所を探査/殖民可能となる。すなわち、38×10=380年だ。
文明数が10なので38年ですべての星が殖民され尽くす。

たとえ、文明数2、100年に一度の殖民としたところで1900年だ。10億年前に最初の文明が
播種を始めたとすれば、このペースでも、全星系がそれぞれ52万回以上殖民されていること
になる。

よって、地球もしくは太陽系に(妄想ではなく)他星系文明の痕跡がない以上、
「超光速航行技術を持っている文明圏」は存在しないということになり、
「超光速技術が存在しない」という傍証になる。

したがって、我々は自身の文明の寿命を可能な限り延ばし、かつ光速に限りなく近い、
星間航行技術を開発して殖民を続けない限り、他文明とコンタクトすることは無いんじゃない?

104 :60:01/12/08 22:02
自己レス
>このペースでも、全星系がそれぞれ52万回以上殖民されていること

この部分計算がこれでも甘かったですわ。一度2000億すべての星系に
殖民されてしまえば、あとは100年毎に2000億の星系に再殖民すること
になるので、始めが10億年前なら1千万回だ。

いくらなんでも太陽系に1千万回きてる痕跡を見逃すとは思えないな。
これなら、地中から宇宙船が毎年掘り出されてもおかしくないと思うな(笑

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:12
>今はどうであれ、もとは星の上にいただろうから問題ない。

どうだろう。ガス雲の中とか。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:13
>>60みたいな、一人で興奮しちゃってる奴がいると盛り下がるね…。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:13
>>66もだけどさ。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:15
>各知性体の播種速度を10年に1星系とする

凄い繁殖力だな(藁。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:31
>102
>「他の惑星の生命体と何らかの手段で交信するだけの技術を持つ確率」
>「その高度な文明をもった状態で、その生物が存在しうる年数」

ドレイクの式のその部分のオリジナルは
>fc: 知的生命体が技術文明社会を発展させる確率
>L : 技術文明社会の寿命(年)

だよ。コンタクト可能/不可能に関しては何も言ってないんじゃないかな?
「技術文明の数がどのくらいか」という思考実験にすぎないよ。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:39
>>109
検索したらわかったがドレイクの式っていろいろヴァージョンがあるみたいだった

>L : 技術文明社会の寿命(年)
の場合だと現在存在する確立になるんじゃないの?

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:51
↑そうその通りNは
>N : この銀河系内に現在存在する文明社会の数
だよ。わかってるみたいなのに、何にひっかかってるのかな?

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:56
>>111
なるほど,やっとわかったよサソキュ
訳がいいかげんだから混乱してたんだな

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:57
人類が超光速航行を見つけてしまったら、西暦6000年ぐらいには銀河すべてが人類だらけになるね。
それも又息苦しいな。 アンドロメダがあるってか?

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 22:58
>>108
10年で殖民が必要になるような短命な生き物に、文明を発達させられるのだろうか?
数年で寿命になりそう。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:03
>>113
それはない。
1万年かけても、銀河のシミみたいな文明圏がせいぜいだろ。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:08
>114
まったく制限がなかったら、ヒトってどのくらい子供を生むのかな。
戦時中10人以上の子供は珍しくなかったから、1世代で5倍?
元が一万人だったら、5世代で6千万人。 100〜150年ぐらいが妥当かな。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:14
>>115
なんで?
この数千年見てると人類って思いっきり増えそうじゃない?
それとも、そんなにパワーないかな。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:17
>>116
制限より条件が問題。
ちゃんと食える社会でないと、いくら作っても子供は育たない。
あまり、文明が進んでナニより楽しいことが多くても、少子化。
日本で言えば、戦後約十年後の団塊世代を排出したあたりの文化レベルが維持できなければダメ。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:51
>>117
パワーがどうこういうより、銀河系の広さを小さく見積もりすぎ。
銀河が人類だらけって、どういう状況を想定してる?

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/08 23:59
>>117
2000億の星に100年に一回ぐらい殖民すること。かな。
(ワープ有りの場合ね)

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 00:12
↑ あとこれが幾何級数的に増えていくことね。

122 :120:01/12/09 00:18
>>119
ごめん書き方が変だった。
2000億の星に対して100年に一箇所植民して、それが次々と連続
する状態。(全部の植民星が100年に一度また植民を繰り返す)

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 00:48
>120
何の制限もない場合、人口は幾何級数的に増えるだろう。
しかし人口を支える生産物は、よくてもせいぜい等比級数的にしか増加でき
ない。
要するに、人口は2倍、4倍、8倍、16倍……と倍々に増えていきそうだが、
現実には、たとえば食料生産量その他が、2倍、3倍、4倍、と地道な増や
し方しかできない。
人口増加はそれに制限されてしまう。
幾何級数的な増殖は、ネズミ講みたいなもので、すぐに限界が来るよ。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 01:03
>>120
1つの星に1人として、その2000億人はどっから来んだよ、と。
(W

125 :123:01/12/09 01:23
訂正。
× よくてもせいぜい等比級数的にしか
○ よくてもせいぜい等差級数的にしか

ところで私が批判した120氏の弁護を私がするのもなんだが、124さんへ。
あなた、幾何級数ってわかってます?
要するに、ねずみ算式に増えていく数列。
一番簡単な例は、2倍、4倍、8倍、16倍……と倍々に増えていくもの。
逆に考えれば、2000億の前の段階には1000億の人類がいるのだから、食
料等の問題さえなければ、1000億が倍の2000億に増えるのはおかしくは
ない。10人が20人に増えるのと増加率は一緒である。

それに120さんが言ってるのは、2000億の星に一度に1人ずつ送り込むので
はなく、段階的に、たとえば、1つの惑星が限界に達したらそれを超過した
分の人口を次の惑星に植民させ……という方式を想定していると思うのだが。

126 :常識人:01/12/09 07:01
あんたたちはアダムスキーやデニケンの本を読んだことが無いのか?
矢追純一の番組や、コンノケンイチの本は?
そんなこと議論する段階は世間じゃとっくの昔に終わってるんだよ。
今頃「宇宙人が存在するか」なんて、本当に頭悪い人たちだな。
少しは常識を身につけてくださいね(藁

127 :ほえ:01/12/09 08:18
>>126
で結論は?

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 08:28
結論…宇宙人は冗談としては存在する

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 12:24
126はギャグで言ってるんだよな?
それとも、どっかよその板で虐められて逃げてきたのかい?

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 15:22
>何の制限もない場合、人口は幾何級数的に増えるだろう。

…本当にそうなの?

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 15:54
>126
ネタだとは思うんだけど、よくそれだけ通俗トンデモの名前を
上げる気になるな(藁
>128
ガイシュツだぞそれ。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 15:56
>106-107
リア厨? そんなこと書く間にネタだせネタ。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 15:58
ニャントロ星人降臨(w

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:14
>125さん
120ですが、口足らずだった主張をわかっていただいたようで…
さらに弁護までしていただいてありがとうございます(笑)

食料供給は等差級数的にしか増加できないというご指摘ですが、宇宙空間という資源が
桁違いに多い環境にあっては、自己増殖マシンを使用することにより、食料および居住
環境を人口にあわせて幾何級数的に増加させることは可能だと思います。

当然、宇宙空間といっても資源は有限ですが、人口増加という観点から見れば無限に等しい
のではないでしょうか? 水素は木星型惑星から得ることができるし、炭素は炭素質コンドライト
から得ることが出来ます。まあ大規模核種変換テクノロジーがあればそんなことも必要ないのですが
つきつめれば、人口増加の制限となるのはエネルギーだけでしょうから、自己増殖マシンを
使用すれば、恒星が放射するエネルギーを使い尽くすのが実質的な制限だと思います。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:33
つーかそこまでして人口増やしてどうするんだ?ネズミ講でもやるのか?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:37
>>134
そんなテクノロジーがあるのなら、銀河中に植民する前にリングワールドやダイソン
スフィアを作っちゃうんじゃないか?
また、超光速航行のみならずそれだけの技術を持ち、それほど大規模な開発プロジェ
クトを実行できる種族を想定するのなら、その頃には、むしろ自分たちの人口を調整
する社会システムを構築していて、そんな金のかかることをする必用はなくなってい
るのではないか?

137 : :01/12/09 16:44
います.私は断言します.
いなかったら,首吊ってオナニーします.

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:46
そもそも、人間は生活が豊かになると子供を産む数が少なくなるので
幾何級数的には増えない。
日本や他の先進国が良い例。
超光速航法などのある発達した世界なら、それほど貧しい暮らしをしている人は少ないと思う。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:57
>138
それはここ数十年程度の極一部地域の変化だと思われ。
先進国は人口が飽和しているため、現在一時的に増加傾向が停止している
だけではないか? 数千年に渡っての異様な勢いの人口増加の運動量はそう簡単
には停止できないと思われ。現に亜米利加人を見ればわかるように豊かでも子沢山
だし、様はスペースの有無では? その意味でスペースの有り余ってる開拓地では
すごーく増えるのではないか?

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 17:08
>>135
中田氏はイイ & 厨舌はキモイ & 金持ちダカラ否認イラナイ → ヒト イパーイ 

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 17:18
>>136
これは>>116あたりから始まった、一つの植民地が飽和するのにどのくらいかかるだろうか?
っていう議論だから…。あと人口増加とか他の要因で植民地が次の植民を行うのにどのくらいの
インターバルがあるかって話。 人口を完全に調整できちゃうなら、人口問題では地球から植民
する意味がないってことになりますね。 その場合だとインターバルは果てしなく長くなってしまい
植民は数万年に一度ってことになるかな。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 18:07
>>139
ちがうよ。
まわりに、セックスより楽しいことがあるかないかの違いだけだよ。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 18:44
そういえば、自己複製・修復できる分子ってやっぱり有機分子しかこの宇宙ではありえない?
全く違ったスタートを持つ生命から進化した知的生命って言うのはありえないかなあ?

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 18:51
>>143
まあ、SFの世界ではケイ素生物とかむかしから普通に出てくるけどね。
代表格は「サンダーマスク」のデカンダーかな。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 19:05
SF板住人なら、珪素生命の代表格はアシモフのシリコニーとか
せめてスタートレックのホルタと言ってくれ。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 19:14
超光速航法開発に比べれば、人口調節など楽勝。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 20:26
>超光速航法開発に比べれば、人口調節など楽勝。

中国の「一人っ子政策」って成功した?

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 20:28
ちなみに、人類の人口学的な理想環境下での繁殖力は25−30年で2倍だと記憶。
古典「タイムマシン」(だったかな)の続編(名前忘れた)が亜光速での文明の
宇宙拡散のシュミレーションになっていた気が。
>103
地球は天然記念星に指定されていて一般立ち入り禁止、でもって毎週日曜20時から
銀河TVで地球せいぶつ奇想天外!が放送されてるんですよ(笑)(でも結構マジ)。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 20:38
月には豊富な資源がある。
月旅行も可能なことは証明済み。
それでも、人類はもう月へ行かない。
同じように、超光速航法が出来ても、外宇宙へ行くことはないと思われ。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 21:22
>>149
今の技術じゃ採算があわないだけだ

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 21:29
>>149
月に豊富な資源って、「月は地獄だ!」が書かれた時代じゃないんだからさ。
現実の月には金属もたいしてないのよ。
まあ、土砂を資源と言うならそれだけは豊富かもしれないけどさ。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 21:36
>>147
成功していないとはいえ中国が現実に試みたという、まさにそのこと
こそが、人口調整の方が超光速よりはるかに現実的であるという証明
じゃないか(w

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 21:42
地熱と(液体の)水が無いと、鉱脈とか形成されないからねぇ…。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 22:56
>>150
つまり、超光速技術があってとて、恒星間宇宙船も採算があわないかもだ。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 23:39
>>148
なるほど、では30年で2倍だとすると、最初の移民が1万人ならば14世代目、約4世紀で
1億6千万人になるな。個人的には1億人程度になれば次の植民を考えるんじゃないかと
思うんだがどうだろう?

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 23:44
>148
それマップスだっけか?

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 23:44
>>146
人間の尊厳(藁を尊重する場合は、超光速飛行の方が簡単な気がする。
>>149
豊富な資源が欲しいなら小惑星帯がが良いと思う。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 23:47
>>155
繁殖に理想的な環境にありながら、なんでその程度で次の植民という発想へ行くのか謎。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 23:50
>>149-153
月に今度人類が行くのならば、地球周辺域開発の恒久基地建設のためになるんじゃないか。
核融合発電が今世紀中は無理そうな今、エネルギーは太陽光発電衛星にたよるしか
ないと思うんだが。 太陽電池を作るための基地としては月は理想的だと思う。
まあ、宇宙人存在ネタではないのでサゲ

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 00:00
>>158
一億も周りにヒトがいれば、込み合ってるという感じを受けるのが一つ。
アメリカ開拓時も入植地に人が集まりだしたとたん、次の土地を目指した
一団がいたし。

開拓民的感性かもしれんなぁ。隣の家が見えるのはイヤだという。
目に入る土地は全部自分の自由に使いたい。昔オーストラリア人に聞いたら
同じ様なことを言ってたが…。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 00:26
>>158
もうひとつは1万人にひとりぐらいの確率で、集団に適応出来ない/したくないヤツ
が生まれそうということ。 そういうヤツは他に行けるところがあれば、集団を簡単に
離脱して、自分らの社会を作ろうとすると思う。
例:(ちょっとアレだけど)日本の1億の人口中、オー○は最盛期約1万人。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 00:31
>158,160
まあ、14世代だろうが20世代(100億)だろうが、百年単位とゆう短期間で
理想的な繁殖環境が食いつぶされる訳で、移住コストが人口過密を我慢するより
安ければ人類は拡散していくでしょう。

でも、人類って銀河ではガラパゴスのイグアナと同じなんじゃないかと思うけど。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 00:46
>162
これはもし超光速機関があったら、人類(とゆーか文明は)どんだけ
どのくらいで、銀河中に広がっちまうだろーかという話だとおもふ。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 09:58
こんなふうに無制限に繁殖して宇宙を覆い尽くそうとする種族は、
大抵、人類の不倶戴天の敵というのが宇宙SFのお約束なんだが(藁

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 14:28
>164
やっぱり自分の中に敵の姿をみてるんだろうな、それは。
神の名のもとにアメリカに乗り込んだピサロとか、インデアンを人間扱いせず、
排除して開拓を続けた清教徒達とか。結局のとこ人類って銀河にとっても…ガン?

166 :  1:01/12/10 22:47
すいません。宇宙人は自分でした。

167 :猫電波:01/12/10 23:38
楽観的な人(科学者でね)は200万年くらいで銀河を制覇できるだろうと言ってる模様。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/10 23:48
>>167
それは超光速有りで?

169 :猫電波:01/12/10 23:55
無しで

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:01
宇宙人が存在し、ソル太陽系の人類に接触してくるか、という事と、
現世人類が広く太陽系外に進出できるか、とゆうことは直接リンクしない。
人類が広く宇宙に進出できそうに無いということは、宇宙人が存在して
もしかしたら地球に来てるかも、ということを否定するものではない。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:09
>170
否定を証明するものではないが、可能性が低いという事。
何せ我々には、研究対処の文明が一つしかないから(笑)。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:12
>171
宇宙は地球を中心にまわってるって言われてるみたいだなあ・・

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:17
>>172
宇宙は、俺が回してるバケツの水を中心に回転してますが、なにか。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:17

>47 (亀レスだが・・)
>大槻教授は、異性人来訪説に対しては
>「日本のウサギとアフリカのウサギが出会うことはない」
>と答えて斬捨てている。
>しかし、「アフリカにウサギが存在する」可能性は認めていた。
>
>まあ、これが現在のほとんどの科学者の共通認識だろう。
まあ、これが現在のほとんどの”日本の権威ある”科学者の共通認識だろう。

異性人は宇宙から来訪していないと思うけど(藁。

偉そうなくせに、ちょこちょこNHKに出てきては、
いつも、「科学で分からない事はない」かもしれないが、「自分はなんにも分かりません」
とゆうことを証明しつづけているO教授にしては、いいたとえだよね。
ウサギには今日餌をくれた人が昨日はどこの国にいたかなんて事は分からないし、
自分が食ってる餌が、実はいったいどこの海の外からはるばる輸入されたかも
しれないなんて想像も出来ない。まして、人間が自らを知的生命体と称し、
ウサギは知的生命体に分類されない低位の生命体であるなんて理解不能。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:21
>173
いえ、全然オッケーっすよ。
常識だの科学的だの振りかざされるより。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:22
宇宙は神の睾丸

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:23
ウサギは他のウサギに会いに行かない、行こうともしない。
他のウサギに意味も無く会いに行こうとするのが知性というもの。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:29
>175
173はマッハの時空間に関する理論の「科学的」な例えだよ。
バケツの中の水が回転しているのか、バケツを中心に全宇宙が回転している
のか区別することは出来ない…という。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:33
「チキュウジンとガイコウをムスンデモ、エルモノナどアリマせん。
ハッキリ言ってブンメイれべるもギジュツれべるも低すぎデス。
メンドクサイのでホッテオキマス。アシカラズ」

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:34
>178
うわー、無知をさらけ出してしまった。
でも、書きたかったのは、地球は固定して天がまわってるって
言われてるみたいなっと。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:38
ttp://eccp.to/
    こんなにいっぱい…。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 23:42
>177
我々ウサギには、人間がどーやってアフリカまで行くかなんて
全く理解できませーん。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 05:46
>>181
ありがとう、久々に大笑いした。
特に、「ニヤニヤ笑いながら寄ってきてストッキングと花をかっぱらう」 宇宙人萌え。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 13:53
>>173
>常識だの科学的だの振りかざされるより。

こういう人って、SFを読んで面白いのだろうか?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 23:23
>>96,>>97
レンズが欲すぃ・・・

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 23:57
>184
人類は銀河に進出できないとか、宇宙人はいないとかいう人たちが
SF読んで面白いのだろうか?

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 00:14
>186
魔法は存在しないとか、妖精はいないとかいう人たちが
ファンタジー読んで面白いのだろうか?

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 00:24
>>187
おもしろい.フィクションとしてちゃんと楽しめる

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 00:38
>187
「大砲の弾丸にのって月に行っちゃう」話を
「人間が月に行くなど科学的に見て不可能だ、常識だ」って否定した人たちと
同じように、このスレの結論が出そうだったから。
SF板でそりゃ無いんじゃないのと。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 00:57
>>189
いいじゃねぇか、所詮フィクション。つまりは嘘。
太陽系から出られないまま滅びたって、宇宙人なんか居なくたって、
嘘を楽しむのに不都合はねぇよ。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 01:09
>>190
フィクションというものを舐めてるな。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 02:15
>189
人類は銀河系に進出できるが、相当の時間がかかる。
人類以外の知的生命体はいるかもしれないが、コンタクトは難しい
だろう。コンタクトできたとしても数億年という時間が必要なのでは?
ということだと思うのだが。
厨房の煽り以外にはだれも >184のような事は言ってないよ。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/14 02:19
すまん、 >184ではなく >186,>189

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 04:19
>>186
>人類は銀河に進出できないとか、宇宙人はいないとかいう人たちが
>SF読んで面白いのだろうか?

むしろ、それぐらいのことを自分で考え、自分なりの意見を持ってるぐらいの人で
なければ、SF読んで面白くないのではないか?

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 05:20
>>186
おもしろい.フィクションとしてちゃんと楽しめる

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 06:27
>195
タイミングはずしちゃってるよ…188の直後に書かないと、単なる煽り。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 13:14

人類しかいなかったら、スペースがもったいないでしょ?
だからきっといるよ…

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 17:00
探してみよう

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 17:27
カムナビを読め。人類は既に知的生命体に囲まれているのだ

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 18:30
たま出版を読め。人類は既に知的生命体に囲まれているのだ

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 22:25
美しいほしだー

202 :マーティマクフライ:01/12/19 23:58
宇宙にいるから宇宙人なのか?だったら地球のカエルも宇宙人じゃねーか。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 03:42
>202
地球のカエルは宇宙「人」じゃないだろ。
宇宙ガエルとか、宇宙両生類とか、宇宙生命体と言え。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 07:28
宇宙両生類…いいなその響き

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 11:23
宇宙怪獣は何類だろう?

206 :猫電波:01/12/20 22:47
獣だから哺乳類

207 :マーティマクフライ:01/12/21 14:35
意味教えて!(藁

208 :マーティマクフライ:01/12/25 14:24

        ∧_∧
       ( ´∀`)
        /    \
       /  /~\ \
       /  /   >  )
     / ノ    / /
    / /   .  / ./
    / ./     ( ヽ、
   (  _)      \__つ

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/25 14:50
エルバッキーとかどうよ?

210 :カール・セーガン:01/12/29 01:20
>>197
どっかで見たな・・・

211 :はなわせんせい:02/01/11 01:17
宇宙に地球がある以上
ぼくらはみぃ〜んな
宇宙人だよねえ。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/11 17:45
「プリンプリン物語」にそういう内容の歌詞の歌があったな。
わたしもホントは宇宙〜人♪
きみもあなたも宇宙〜人♪

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/13 23:22
例えそれっぽい生物が存在し、知的っぽい能力を保有していても
地球の哺乳人類と同じ組成をしている可能性はきわめて低い。
すなわちそれは宇宙「人」とは認められないことだろう。
神の祝福を知らぬものは全て堕落した悪魔の使徒であり、もちろん人権もない。
そんなものと更新しようなどという悪魔崇拝主義者は直ちに断罪すべきである。

214 ::02/01/18 12:58
もういいです。MMRに入ります

215 :ひきこもり:02/01/25 13:59

           ( ⌒ ⌒ )
          (     )
          (、 ,   ,)
            || |‘
     
        / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l
        |   \()/   |
        (|ー=・=- ー=・=-|)     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |    ⊂⊃   |    / おれはきぶんをこわした!
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <
     / |. l + + + + ノ |\  \  
    /   \_____/  \  \___________
  /   _              \
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |










216 :  :02/01/25 17:13
ちょっと前に「火星に生命存在(の痕跡)の可能性発見」ってのが記事で報道されて
でも全然話題にならなくて、漫画家の唐沢なをきが「何故誰も騒がないんだ!!!」
って興奮していたが、その気持ちとってもよくわかる。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 04:43
>>216
だってー、人間て火星より遠くで生まれたんでしょ?(w by 星を継ぐもの

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 09:13
>>211
否!断じて否!
だって触手がないし超能力がないしUFOに乗ってないし。

こんな事言ってたら、もしホンモノの宇宙人が目の前に現れても否定しそうだ。

219 :無名草子さん:02/01/26 10:23
一部のヤオイ系の人の間ではバイブルになったとか。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/22 22:39
本物が目の前に現れた時、その事実を冷静に受け止め、
かつ穏健な対応を指示するだけの度量のある人間って、まだ少ないんだろうな・・・実際には。





・・・正直、自分だって自信ないしー

221 :sage:02/03/02 17:19
異性人の科学、技術力に期待しましょう(笑

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 17:49
うむ。男にとっての女、女にとっての男は、宇宙人のように理解しがたい
存在だからな。

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 08:37
クラークだったかアシモフだったか、直接会わなくってもいいんじゃないかと
いう内容のエッセイがありましたね。
わざわざ相手の星に行くのではなく、節々に、それぞれの知識を蓄える
データベースをおいといて、それにアクセスするって話。
単純に考えても時間が半分、複数の文明が存在した場合には、配置にも
よるけどさらに短い時間でやりとり可能と。

でも、太陽系に宇宙人が来ないのは、ものすごく気の長い連中が、
億年のオーダーでやってるバラエティ番組の一環なのかもしれないと
思ったりして。「どっきり」とか「電波少年」とか。


224 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 17:51
>>223
>わざわざ相手の星に行くのではなく、節々に、それぞれの知識を蓄える
>データベースをおいといて、それにアクセスするって話。

2ちゃんねるですな。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 21:22
>182
>我々ウサギには、人間がどーやってアフリカまで行くかなんて
>全く理解できませーん。

遅レスでスマソ。
理解できなくても、想像は出来る。
それが人間とウサギとの違い。言い方を変えれば知性と非知性の違い。



226 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 21:29
>>223
スターシャにエンジンの設計図だけじゃなく
放射能除去装置の設計図送れとゆってください

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 21:32
2ちゃんねらーはモナーの夢を見るか?

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 23:51
なんたってSF好きな人はジョージ・アダムスキーとか真剣に信じてるからね。
皆宇宙人はいると思ってるよ。間違いない。


229 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 00:31
いまどきアダムスキーを信じてるSF好きなんているわけねーだろ。
田舎から東京へ下宿するときに、両親から「ヒロポン中毒者に
気をつけろ」と真剣に言われたことを思い出したよ。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 00:35
マイヤーは信じる(嘘)

231 :ジャム:02/03/10 00:45
俺みたいな金属片が言うのも変やねんやけども、
やっぱええよねー、異文化・コミュニュケーション
っちゅーの?

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 00:45
>>223

笑った。よく、考えればそのとおり。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 00:49
カセッタ岡を信じてますが、何か?

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 03:02
http://members.tripod.co.jp/yomiur_ii/

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 03:23
あれ?4大コンタクティってアダムス、マイヤー、ラエル
とあとだれだっけ?

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 04:47
四国でミニUFOをつかまえた高校生と
山梨で宇宙人に肩を叩かれた小学生。

あ、5大コンタクティーになっちゃった。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 14:05
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレと そこそこ関係あるからさ。
昨日、ネバダ州のエリア51行ったんです。エリア51。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで入れないんです。
で、よく見たらなんかプラカードとか持ってて、政府は宇宙人に関する情報を公開しる!、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、宇宙人如きで普段来てないエリア51に来てんじゃねーよ、ボケが。
宇宙人だよ、宇宙人。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でエリア51か。おめでてーな。
よーしパパ インプラント頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、キャトルミューティレーションされた家畜の死体やるからその道空けろと。
エリア51ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
不法侵入がバレていつ哨兵に撃たれてもおかしくない、
潜るか撃たれるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと入れたかと思ったら、隣の奴が、
ここってロズウェル事件の宇宙人の死体を隠しているんですよね、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ロズウェル事件なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、ロズウェル事件、だ。
お前は本当にUFOが墜落して宇宙人の死体が回収されたと信じているのかと問いたい。問い詰めたい。
2039年になるまで毎日小1時間問い詰めたい。
お前、インデペンデンス・デイを観て感化されてるだけちゃうんかと。
UFO通の俺から言わせてもらえば今、UFO通の間での最新流行はやっぱり、
韮沢さん、これだね。
ロマン派のエース韮沢さん。これが通の番組の選び方。
韮沢さんってのはロマンが多めに入ってる。そん代わり信憑性少なめ。これ。
で、それに火星人の住民票。これ最強。
しかしこれをスタジオに持って行くと松尾貴史に中身を見られて
「火星町って書いてあるよ」と失笑されたあげく、次から肯定派からもマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、MIBのトミー・リー・ジョーンズって加藤 剛にソクーリとでも言ってなさいってこった。


238 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 15:44
去年のテロ騒ぎ以降は、めっきり宇宙人の訪問も少なくなりましたな。


239 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 06:55
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、ネバダ州のエリア51に潜入したんです。エリア51。
そしたらなんか宇宙人がめちゃくちゃいっぱいでレベル3までしか入れないんです。
で、よく見たらUFOの整備なんかしてて、地球侵略の準備とか始めてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、地球侵略如きで普段来てないMクラス惑星に来てんじゃねーよ、ボケが。
地球侵略だよ、地球侵略。
なんか親子連れとかもしるし。一家4人で地球侵略か。おめでてーな。
よーしパパ反物質反応炉エンジン頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、元素115やるからその道空けろと。
地球侵略ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
スクランブルしたベルギー空軍といつ戦闘が始まってもおかしくない、
墜とすか墜とされるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。ラージノーズグレイは、すっこんでろ。
で、やっとレベル4に潜れたかと思ったら、
リトルグレイが、隊長!リン・ミンメイには要注意でありますビシッ!、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ミンメイアタックなんてきょうび流行んねーんだよ、ボケが。
得意げな顔して何が、リン・ミンメイ、だ。
お前は本当にリン・ミンメイを警戒してるのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、デカルチャー!って言いたいだけちゃうんかと。
ミステリー通の俺から言わせてもらえば今、ミステリー通の間での最新流行はやっぱり、
UMA、これだね。
チュパカブラ、スカイフィッシュ、ジャノ。これがUFOに飽きた通の楽しみ方。
UMAってのは解説が多めに入ってる。そん代わり映像が少なめ。これ。
で、それに野人。これ最強。
しかしアンビリバボーばかり見てると次から川口浩探検隊ファンにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、ニューネッシーでも釣り上げてなさいってこった。


240 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 14:45
要するにSFファンはエリア51は信じないけどアダムスキーやマイヤーは
肯定するという結論でいいですね!

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 14:47
人間って宇宙人じゃないの?別の存在?

242 ::02/04/11 16:40
       / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く  < お、おい!今ここにオレが来なかった!?
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /  \______________
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |




243 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 13:44
宇宙人は不真面目に存在するんです。

244 :佐野実:02/04/19 14:14
宇宙にはそれこそ星の数ほどの天体があって、その中で地球のような
生物が適応できる環境の星はいくつもあるそうです。
では宇宙人はいるのでしょうか?



245 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 14:42
>>243
3回目ぐらいの既出かなぁ…

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 14:45
>>244
 >>43あたり参照のこと

247 :蟻人:02/04/19 21:18
昆虫が知性を持つことはあるのだろうか

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 22:53
昆虫って何?

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 00:26

???

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 01:32
誰か答えてやって

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 02:15
【昆虫】こんちゅう

(1)節足動物門昆虫綱に属する動物の総称。体は頭・胸・腹の三部
に分かれ、頭部には一対の触角、胸部には三対の足があるのが原則。
 シミ・トビムシのようにはねを欠き変態しない無翅亜綱と、
普通はねを有し変態する有翅亜綱とに分類される。
 後者はさらにトンボやセミのように不完全変態を行うものと、
チョウ・ハチ・カブトムシなどのように完全変態を行うものとに
分けられる。
 全世界で八〇万種近くが知られ、全動物の種類の四分の三を占める。
大部分が陸生で、淡水産 種も少なくないが海産はまれ。
六脚虫。六足虫。

(2)虫(むし)。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 02:16
宇宙人?

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 03:46
光速以上は存在するし、無から有も産まれるので
(ビッグバン)
その技術を頑張って習得して宇宙人に会いたいなぁ

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 05:11
>>247
知性の定義によると思われ。

255 :248:02/04/21 15:25
昆虫ぐらい知ってるわ。ばかにしてるのか。


256 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 15:50
宇虫人!

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 20:38
クール星人から見れば地球人は昆虫みたいなもんだそうです。

258 :蟻人:02/04/21 21:18
>>254
虚空王の秘宝(半村良)に出てきた蟻人です。
あの知性のあり方は面白いと思ったので。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 23:34
知性をもったナメクジならあるいは

260 :蟻人:02/04/22 00:57
>>259
それは無いと思う

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 00:51
生命って何だろね。
知性って何だろね。
宇宙人って何だろね。

地球は生きているとかいうけど、じゃあ太陽も生きているように思える。
太陽は宇宙人か?

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 00:59
ああ、俺は間違ってたよ。こんなものは定義の問題だな。
太陽は太陽、ヒトはヒトだね。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 15:07
アげ

264 :月下独酌:02/04/29 13:05
>>261
ハーバートの「鞭打たれる星」読んだら?

265 :NAGOYA:02/04/29 15:42
スレのタイトル見て、

「真剣に存在するんかやて」
「ここに俺たち存在しとるやん」
「おまえ真剣か」
「なんや、不真面目だとでも言うのんか」

という妄想が降臨したけど、243で既出だ
退去

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 17:56
日清・焼きそばUFOの中身は宇宙人でしょ?


267 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 18:05
>266
( ゚д゚) アッ

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 00:00
>>264
レムとか読んでて、知性とは何かって思ったニダ

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 04:46
安部公房「人間そっくり」を読むべきですね

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 06:22
>>268
スレの主旨から外れるかもしれないが、
「知性の定義」や「コミュニケーション」の問題は
SF的に良いネタなので続けて欲しいなあ。
ついでに「意識」も。

>>66=96=97さんには禿同。

数学は宇宙共通の言葉と良く言うがこれも怪しい。
(つーか、その方がネタ的に面白い)

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 08:48
>>1
 確率論的には、まず「いる」と思うけど・・・
 地球人が、自分に認識できるタイプの宇宙人さんと出会う確率は
0に近いと思うなあ。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 11:53
何度も出てきたように、宇宙人同士が出会う方法は
巨大な宇宙船を作って何億年かかっても良いから
他の恒星系を目指す方法、これしか無いように思う。

だから完全循環型環境の宇宙船を作る技術が地球、もしくは宇宙人側にあれば
両者が出会う確立は0ではないが、太陽をエネルギー源に使えないとなれば
無理なんだろうか・・・・
とりあえず、ワープとか超高速とか考えるよりは現実的だと思うけど。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 14:52
ここでの議論もそうだけど、知性の発生が時間的にも空間的にも平均に分布すると
仮定しているよね。
なんかの要素をぶち込んで、知性が発生しやすい銀河レベルでの条件を設定できれ
ば、ドレイク式に依らなくてよいような気がするのだが。

知性の発生に斑があるとすれば、確率的には我々も知性密集地にいる可能性が高い
でしょう?

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 18:52
>>273
時間的には、鉄、銅、マグネシウムなどの金属が出来るまではヒトなどの
複雑な生物が生まれる可能性は低い。それも十分な量が必要なので宇宙が
生まれてから50億年は必要ではないだろうか。それから生命が生まれて進化
するのに数十億年必要…と個人では考えている。

銀河中心部のバルジ領域は星は多いが、銀河衝撃波が強すぎて生命の進化
に向いてないと思う。

恒星系に関しては木星型惑星が2個あるのが望ましいらしい。3個あると
その内1個が星系外へ飛び出す代わりに、他の1個が水星の軌道より内側を
回るようになり、内惑星系を滅茶苦茶にする。
太陽系では木星がある為に、彗星の軌道が逸れて地球をその衝突から守って
いるらしい。
その様な恒星が今、この辺りに沢山あるならば結構いい説かも

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 23:07
重力子で構成された生命体とかは?

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 21:15
なんでも、人の脳は感覚器官なしでは発達しないとか。
脳だけでも知性と呼べるのか。とか

人口知能は生命といえるかどうか。とか

人の発生の起源。とか

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 21:44
地球ができた頃からすると、太陽は約50%明るくなっている。
と言うことは、原始初期生命が発生した頃、太陽はかなり冷た
かったことになる。と言うことは、生命が発生する頃、海洋は
凍りついていた。とすると生命が発生するわけがない←矛盾
実は原始生命が発生する頃は、今よりはるかに二酸化炭素濃度
が高く、その温暖化効果によって、海洋は現在のものと同じ
だった。
しかし、そうなると太陽が暖かくなるにつれ、海洋は干上がり
生命が存続できるはずがない。←矛盾
実は、生命が行う光合成により、太陽が暖かくなるのに歩調を
あわせて、絶妙に二酸化炭素を減らしていったのである。

そのような絶妙なバランスが、実際なんの意思も介入せずに
行われ得るものだろうか?

1)単なる偶然により、バランスが保たれていた。
  ← 地球以外に生命が発生する可能性はほとんど無いだろう。

2)何者かの(神か?)意思が働いていた。
  ← 地球以外に生命が存在するかどうかは、その何者かの
    意思次第だろう。人間ごときが介入できることではない。


278 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 01:37
サイクル=生命ってどうだろう。

76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)