5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

語るべきはゲド戦記

1 :テレリン:01/12/11 01:28
ゲド戦記のようなものを期待してハリーポッターをみたのだが、
闇がなかった、とりあえず歪んだ成長をしそうだがハリーは

外伝もでたし、5部も出たっぽいし、指輪も公開直前だからかたりませんか?
あと、4部についても

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 02:52
指輪やゲドはあまりにも古典すぎて、語る気しないな。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 03:45
岩波よ、「こわれた腕輪」「さいはての島へ」を同時代文庫で出せ。
「影との戦い」から何年放置するつもりなんだ。
4部については…俺としてはパス。
正直、出した意味がわからん。5部とあわせて読めば判るのかな?

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/11 03:55
4部、いいじゃん。
なんか、ようやく鞘に収まったって感じで(下世話な意味でなく)。
個人的には、ドラゴンに乗ることの辛さの描写がよかった。
裸馬ならぬ、裸竜にはのれんな。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 02:27
同時代文庫は絶対出ないらしいです。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 19:37
>>4
おばはんになったテナーたんなんかみたくにゃい

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 19:39
62 :無責任な名無しさん :01/11/18 00:49 ID:doqdaWjA
掲示板の運営者のすることは管理することなんだから、全部に
目を通せないなら運営すべきじゃない。また削除依頼を公開する
必要もないしなかなか削除しない理由もない。
つまり確信犯で不法行為に荷担しようとしてるとしか思えない。
金儲けはする気はないといっていたが、だったらやっぱり
彼は子供というか、人が困るのが好きなのかもしれない。

63 :無責任な名無しさん :01/11/18 07:00 ID:VZdC2q47
>人が困るのが好きなのかもしれない

俺にもそういう人間にしか見えないよ
違法性の程度は違うが
放火犯のような愉快犯と同じような
気味悪さを感じる

64 :無責任な名無しさん :01/11/18 12:59 ID:OxVkCF27
>>62,63
同意。
知人の警官もひろゆきを気味悪い程の女性気質と評していた。
ガキの頃のひろゆきを想うと、面と向かって喧嘩は出来ないが、上履きを隠したり
して喜んでたタイプだと思う。
どうでもいいけど、ひろゆきの笑った黒目がちな焦点のない目が守大介と似てるの
が妙に気になる。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 20:18
????????

9 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/12/12 20:57
正直なとこ、ある意味リアルタイムで3部までよんでて
ある程度年をくってから4部を読むと、死にたくなるんだが....
ジェンダーの闘争と、世代交代かも知れんが.....ひどすぎ

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 21:29
>>9
4部はほとんど理解不能でした。
ル・グウィンに何が起きたんだろうか。
ゲド1・2・3が最高だったのはジェンダーが絡んでなくて
かなり正統派なジュブナイルだったからだと思う。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 22:11
>>9
あれは読むとショックがあるね。
ていうかフェミニズムのパンフレット読まされた感じ・・・
何故ゲドであれをしなければならなかったのか?
別に独立した小説として発表すればよかったのに、
ある意味詐欺!

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 23:13
アチュアンの巫女テヌーがおばさんというか、割腹のいいかーちゃんになった時点で
私の少年時代は終わりをつげました(笑

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 23:18
晩年が悲惨だったヒーローNo.1に推したい>ゲド

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 23:18
少年時代に1〜3部を読んだ者が、大人になってから4部を読むことに
意義があると思うんだけどね。
 というか、外伝の短編集とか5部とかは、岩波は出してくれるんだろうか。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/12 23:28
っていうか、4部は子供向けの本ではないのに、文庫本がでてないのだが....
まあ、王子とかテハヌの存在は世代交代でいいと思うのだが
テヌーとかゲドとかの扱いが、全体的にひどいんだが....
とくにラストはひどすぎ

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 00:18
「〜の為の小説」として見えちゃうのが4部の弱さだね。
小説の持つ深度にバイアスがかかってしまうというか。

ところでゲド戦記というネーミングなんか引っかかりませんか?
雄大な歴私小説のようなものを連想しちゃうのだけど。

17 :16:01/12/13 00:21
歴私>歴史

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 00:21
外道戦記?

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 01:34
ル・グィン自身が第四部について語る。

>雑誌「へるめす」第45号 岩波書店 1993.9.8
>隔月刊の評論誌で、ル・グィンの講演録「「ゲド戦記」を "生きなおす"」、
>アオりはこんな。
>"ついに「ゲド戦記」完結! その壮大なファンタジーの世界で起こった、
> 大きな変動。空白の一八年間を埋める、作者自身による発言。"

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 16:30
>>16
原題は「EarthSea」だったかな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 20:49
う〜ん、私は年行ってからまとめて1〜4を読んだから、とても面白かったです、4巻。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 21:09
私は一応いい大人だけど4巻はやっぱりだめだ。
せめてテナーぐらいの年になるまで保留。
すでに3巻の時点で年取ったゲドが嫌だったんだけど。
魔力が枯渇するし。
>15
メス犬ワンワンなテナーが悲。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 21:14
ライトノベル版のスレッド貼っておきますね。

至宝『ゲド戦記』
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/960912957/l50

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 21:42
とりあえず、2巻のかわいいテナーの印象が残っていたので
4巻はショックだった。よりによってテナーをおばはんにしなくても。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 21:46
>>22
おれは結構トラウマっぽいぞ

26 :イラストに騙された名無しさん:01/12/13 21:48
いろんな意味で枯れたら4巻読もうと...

27 :21:01/12/13 21:55
じゃあ私は枯れてるのかしら(苦笑)
うん、枯れたら4巻が心に沁みるよ、きっと>26

28 :テレリン:01/12/13 22:05
5部はすごすぎます、キーワードは若き王、ヒーロー、賢人、魔法使い、龍

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 22:18
もれの場合、3巻が一番印象薄かった。4巻は全く問題なし。
つまんなかった人は中年の登場人物に、感情移入できなかっただけでは?
もれは彼らとともに年をとれたのは、幸運だった。

そりからフェミニズムってそう簡単に否定できない思想だと思うぞ。
板違いだが、フェミニズム文学いいのがあれば教えてくれい。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 22:21
>>28
5部読んだの?
Amazonのブックレヴューじゃ評判よかったけど
面白い?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 23:23
>29
とりあえず、小谷真理の「女性状無意識」を一冊読んでみる。
するとあら不思議、今まで読んだあの作品やこの作品が
フェムSFにみえてくる!かも

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 11:42
アーキペラゴってどこがモデルなんだろ。
東南アジア?

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 20:23
4巻、読まなきゃ良かったって思った…。
ゲドがヨダレ垂らして地面に這いつくばってるとこなんて見たくない。
皆のために魔力使い果たして、年取って、挙句があれか。
加齢による威厳とか、何もなくて、ただただみじめ。

如何に素晴らしい思想のためでも、プロパガンタ風の小説って
つまらない。自分にとっては。

34 :33修正:01/12/15 20:46
↑プロパガンダ、ね。失礼しました。

35 :猫電波:01/12/15 23:32
四巻はそれほど楽しめなかった口だけど、一巻からプロパガンタ的じゃなかったっけ?ゲド戦記って。

>>31
29氏が聞きたいのは「フェミニズム文学」に分類されるメインストリームじゃないの?
一般書籍板に駄スレがあるから、使ってみたら
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1007461337/l50

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/16 01:01
歳とって、威厳バリバリで、大賢者の椅子に納まっている方が、
よっぽどプロパガンダ的じゃない?
4巻を嫌いな人は、3巻に出てきた若王様の初期の視点を持つもの。
4巻を好きな人は、若王様の後期の視点を持つ者ということかな?
ゲドにヒーロー性を求めるのは愚行だ。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/16 03:07
>35
見てきたけどホントに駄スレだね。彼らにきいても無駄って感じ。
そもそも文学の話してないじゃん。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/16 04:14
>>36
別に愚行だとは思わない。そういう共有しえない断定は
読みを狭めるだけじゃないかな・・・

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/16 05:49
>38
禿同。
でも、レバンネンはたしかにヒーロー・ゲドが好きだったよね。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 00:54
子供の頃に3部作を読んで、ゲドにヒーロー性を求めてしまう人の気持ちも分かる。
けど、英雄ではなくただの「人間」としてのアイデンティティを回復していく
ゲドの姿が、私は嬉しかったのよ。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 01:20
>>40
でも4部ってアイデンティティを失っていると思われ。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 02:53
(まず最初に4巻までのネタバレを含んでいる事をお断りしておきます)

私は1巻だけ高校生くらいの時に読んで、つい最近1-4巻を通しで読み終わりました。
私的には、「ゲド戦記」という放題は物語の主旨からずれている印象を受けますね。
確かに分類的にはファンタジーという枠に入るのでしょうが、この作者は物語を通し
て語っているのは華々しい魔法と剣の物語では「ちっともない」と思います。1巻か
ら均衡とか真の名とか影とか、大冒険劇というような呼称は完全に当てはまらない
でしょう。物語全体を通して、船に乗ってたりじっと押し黙ったりしてる場面の何と
多い事か。2巻なんて中盤でやっとゲドが出てきますし。4巻もゲドの出番はあまり
無い。「戦記」というには作者の主旨は別の方向を向いていると思います。

私は4巻を楽しめた方です。
世界に平和と秩序(王)をもたらした代わりに魔法の力を全て失った主人公のその後
の物語。普通のファンタジー物語では冒険を終えた主人公達が帰郷した後の話はあえ
て書こうとしない。全ての力を失った衝撃を受けとめつつ普通の人間として生きてい
こうとする姿は、良かったです。確かにいわゆるファンタジーものっぽくは無いですが。
ゲドとテナーも、ゲドが魔法の力を完全に失わない限りは結ばれる事が無かったし。

しかし5部が出ている事は今日ここを見つけて初めて知りました…。
(ハードカバーの4冊セットになっているのを買ったので4部で終わりかと思ってた)

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 23:10
そういえば、ゲドが魔法を失って初めて女を知ったっていうのは、
巫女が往々にして、処女を失うとその力も失うって話のパターンへの
アンチテーゼみたいなもん?

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 00:17
確かに、3部.4部を王子(王)とテハヌの話と考えれば
けっこうすんなり読めるかもしれない、まあ3部はゲドの話でもあるけど
4部に関しては世代交代ということを受け止められる人には読めるかもしれないけど
まだ、受けとめられない人にはむりっぽいなー
あと4部はテハヌの容貌、とかがいたいたしいのでつらい
確かにゲドの顔の傷と比べれば云々もあるし...
フェミニズムとジェンダーの闘争がメインなんだよねー
とりあえず、5部はゲドが賢者として出てくるので、すんなりよめそうだ

45 :猫電波:01/12/18 12:46
四巻楽しめなかったのは、子供の頃に四冊纏め読みしたからだったのかなァ。
>>37
いや、スレのレベルと書きこんでいる人間のそれとはイコールではないでしょ。
一が阿呆だっただけでは?
新スレ立てるのもここで語るのも憚られるし

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 12:57
大人になってから読んだからかもしれないが、自分は4巻がわりと好き。
ル・グィンらしさという意味では4巻が一番しっくりくる。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 15:32
>>44
セックスの快楽は、神と(霊的に)交わる快楽の上を行くのです。
ゆえに、愛(や性交)を知ってしまった者は、神に仕える資格をなくすのです。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 21:33
しかし、何故見え見えの自作自演を繰り広げてまで
4巻を素晴らしい作品だと皆に「思いこませ」たいのだろうか?
人それぞれでいいと思うのだが・・・

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/18 23:29
>48
その発言も何だかなあ、と思うのだけど。

まあ俺はまだ四巻を読んだ事がないのでどうとも言えないが。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/19 00:54
>>49
とりあえず、3部のような話は期待しない
冒頭は愚痴とかいろいろ

51 :43:01/12/19 10:35
あーなるほど。
>47
強調はしてないってだけで、男の聖職者もそうなのかな?

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/19 20:29
4部つまらんよ。
どうやれば弁護できるのかわからない。
ゲド戦記でやらなくてもいい(やるべきでない)話だった。
作者の意図がよく読めない。作者の後書きがあったら
よんでみたいな。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/19 23:45
>>51
旧教(カソリック)だとそうです。
衆道もだめでしょうね。女淫はしなくても、快楽に溺れているのは確かだから。
詭弁は悪魔の教えとか。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 00:17
>52
同意。
ル・グインのフェミニズム論が出すぎ。
ゲド戦記という世界観の中で括る必要はなかったのでは。
だからこそル・グインらしいとも言えるのかも知れないが。

個人的にはゲド戦記は本好きにしてくれた
本の一つなので許す。(^o^)
小学校の図書館で何回も借りたなー。。。
でも図書カード見たら借りてるの俺だけ。(w

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 11:49
>>51
多くの聖職者が資格を失っているのは本当だがな。修道女が
神父にレイプされて妊娠したって話なんてニュースにならんほど
良くある話だし

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/22 00:07
>55
神無き時代とはよく言ったものだ……。
でも、性交に快楽を感じなかった(だろう)レイプなら、資格は維持できるね。
むしろ、より神を求める方向に動けば、理想的な使徒となるだろうて。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/22 04:12
4部に関しては作品自体は置いておくとしてみる。
ただ、ル・グウィンが後に書いたエッセイが余計だった。
あれを読んじゃうと作品に対する姿勢が偏ったものになりかねない。
『闇の言葉』に収録されていたと思うけど、
まだ4部を未読という人はエッセイを先に読まないように気をつけてくらはい。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/22 13:03
>56
レイプそのものを禁じている宗教があるし、レイプされたら巫女はその地位を失う
ものだと思う。(一般的な概念として) まぁ性交が宗教(儀式)の根本に来てい
るようなのは別だろうけど特殊な例だと思う。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/22 14:22
>>58
うん、しってますともさ。
わたしが例にあげたのは、キリスト教なんかで、レイプされた女性が
修道院に入る場合ですよ。
そうして入った女性が、神に受け入れてもらえない、というのはキリスト教の精神に反しているなと思ったので。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/22 22:58
とりあえず、5部がでたことをしらなかったのでこのスレに感謝
4部は好き。魔力をなくしても竜王であるっていう点が長嶋茂雄ぽい

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/23 02:46
4部はゲドが「魔力をなくしても竜王であるっていう点」が生きてないと思う.
あれじゃ「みにくいアヒルの子」だよ,生まれが全て,という話にしか見えん.

62 :19:01/12/23 12:43
>>52
図書館に行くついでがあったら見てくださいな。

63 :52:01/12/23 13:00
>>53
お、ありがとー。気づかなかったよ。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 00:44
キリスト教に関しては、性欲を持つことが禁止ではなく
禁欲つまり、神に対してすべての欲望を向けるべきであり
人間同士の行為で快楽を求めるなら、神様に発情してろということです
禁欲というのは、欲を禁ずるでなく、欲望の対象をすべて
何かに対して向けるということで、けっこう勘違いしてたりするんですよね

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 16:47
ユダヤ教から始まるこれらの宗教の原点には、創造の日に神が口にした、
『産めよ、増えよ、地に満てよ』
という言葉がありますからね。

66 : :01/12/24 17:49
とにかく5巻を読め。英語わからなければ勉強しろ。

ルグインも結構な年だから、次はないかもしれないぞ。
厨房には解らないかもしれないけど、傑作を同時代的に
鑑賞できるというのは貴重なことだぞ。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 00:54
とりあえず、闇の左手も語れ。
厨には無理か。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 01:48
なんだか指輪は映画化で非常に盛り上がってきているようだが、
これを機に、ゲドも再び注目されんもんだろうか……。
いや、指輪もゲドも同じぐらい好きなんだけどな。
(ハリポタは、逆になぜあんなにも盛り上がるのかよくわからん)

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 03:16
>>67
正直言って闇の左手にはなんの感慨もない。
どうして名作扱いされてるのだろうか。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 14:27
とりあえず、ハリーポッターには、1がいうとおり
闇がない、無自覚に力をつかう、
嫌われやくのがきはヒスイにまったくおよんでないし
つうか宮崎がアニメにしようとして断られてるしなー
まあ、それでもキツネリス(オタク)だしたのは評価できるが(笑

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 16:55
ハリーポッターが子供に受けるのは良く分るんだが、
大人にもああまで熱狂的に受け入れられる要因が想像付かん。
アレに感動できるとは、読書経験が足りなさすぎるんじゃないかと
ちょっと思ってみたり。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 21:46
>71
激しく同意!

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 21:49
耳元でオタクが囁いていると書くと、
非常に複雑な気分になる(w

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 22:30
4巻はレディースコミックのおばはんの悩み相談室みたいで嫌だった。
なんでゲドをただのおばはんのテナーのレベルまで引きずり落としたんだろう。
またテナーが嫌なおばはんなんだよ。エコロとか子供を取り巻く環境がとか言って
市民運動やりだしそうなタイプ。旦那とうまくいってない女ってああなるんだよな。
同じ書くならテナーをゲドのレベルまで上げてやれば良かったのに。

それに力を失った「男」はああいう感じにはならないんじゃないの?
ル・グィンがフェミなのは別にどうでもいいんだけど、フェミの考え方であらまほしき
「男」ってああいうもんなのか?それとも男ってああいうもんだと思っているのか?
かつて力があり、実績を残し、尊厳を持つ「男」はたとえ力を無くしてもああならない
と思うんだけど。
ちょっと疑問なんだけど、四巻のゲドの姿を納得している、もしくはいいと思っている
男の読者っているのかな?ちなみに私は女。

75 ::01/12/29 23:17
>>74
1巻の力を持て余しぎみなゲドは別として、2・3巻のゲドを見る限り、別に力を渇望するわけでもなく、
必要なことを必要なだけ(他に適任がいないからやむなく)、こなしているように感じたのだが。
そういう見方をしていると、全ての責任から解放された人間(男)はああいうもんだと感じたが。

あと、単純に力を無くしたというが、ゲドの場合は力の中心を喪失したのだから、
我々魔法を持たない人間にとっては、あの喪失は視力や脚、去勢に近い衝撃だろうに。
ゲドが絶望のあまり自殺しないだけ、尋常ならざる精神力だと思うが。
ある意味、ゲドにとっては魔法はその程度、という考え方もできるけどね。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 00:38
ゲド戦記はおそらく「勲」なんだけど、英雄伝というよりもより小説的な
レベルに近いと思っているのは私だけ?
なんというか、他のファンタジー作品と比べても、個人の内面がより濃く
描かれているような気がする。
それがだんだんと巻が下がるごとに顕著になっていったというか。。。
だから4巻なんて、ファンタジーとして捕らえるよりも、内面の変化を
描き出した小説として捕らえた方がいいんんじゃないのかな?

ところで5巻は、4巻に納得できない方達にとっては朗報の模様です。
かなり、昔のゲド風に戻っているとの噂。
でも、度の辺りを描いたのかな?
それとも主人公が代替わりしていかもね。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 00:58
4巻と5巻の間をつなぐ短編も出てるよね。がいしゅつの話題かもだけど。
「ドラゴンフライ」(たしかハヤカワ文庫のファンタジーのアンソロジー所収)
女性として初めてローク島の魔法学院に入学した少女の話。

78 :76:01/12/30 01:24
あまりの間違いの多さにかなり憂鬱……

>捕らえた方がいいんんじゃ → 捕らえた方がいいんじゃ
>度の辺り → どの辺り
>代替わりしていかもね。 → 代替わりしているかもね。

逝って来ます。。。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 01:42
不幸な。>69

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 01:49
闇の左手、普通に面白いと思うけど。
でもSF界の最高傑作とはさすがに思わないYO!

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 02:04
SF界の最高傑作じゃー無いな。
傑作だけど。

82 :42:01/12/30 02:58
>74
 42で書いてる通り、私は4巻あの描き方で良かったと思ってます。男ですが。
 テナーもイヤな女性とは思わないし、オジオンから魔法の手ほどきを受けようと
思えば受けられたけど、普通の女性として生きる事を選んだというのも納得できます。

>71
 感動とまではいかないけど、ハリポタはハリポタで面白いと思いますよ。人並み
くらいには本読んでる方だと思いますが。ゲドもある意味そうですが、魔法の力を
どんどん強くしていって主人公がバリバリ敵を倒していくような話では全然無く、
その逆をいっているファンタジーで人間描写とかが良いから大人にも受けているの
では無いかと思っています。ハリポタについての論議はまぁ別板で…。

83 :71:01/12/30 03:20
一応ハリポタ1巻は読んだ。
それで「?」と思いながらも、まだ面白さは感じた。
しかし2巻は半ばで挫折。
あの、登場人物達の俗っぽさが耐えられなくなった。
それで自分は結局ハリポタには向かないんだろうと思った。

なんといか、ハリポタがファンタジーである必要性をまったく感じられなかった。
そこが自分にとってはまずかったのだろう。
例えば、これがイギリスの、子供を集めた伝統ある、とある寄宿舎学校を舞台に
した、普通の物語ではいけなかったのだろうか?
で、そこの子供たちが主人公の出生に係わる事件に巻き込まれ、自分たちで解いて
行くような、少年探偵団まがいのミステリーではいけなかったのか?
というか、魔法を設定に用いた存在意義がまったく分らなかった。
魔法使いの世界でありながら、魔法はたんなるお飾りに過ぎないのでは?
他にも上げるといろいろ矛盾を感じる点があったが、とにかく、大人になってし
まったいまでは、こういう自分にとっての矛盾だらけの設定にはついて行けない
というのが本音。
ちなみに「長靴下のピッピ」や「ムーミン」等もそう言った意味では矛盾を感じるが、
あからさまな魔法の世界ではないで、これはこれで好きだったりする。

板違いとは知りつつの書き込み勘弁。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 05:28
>なんといか、ハリポタがファンタジーである必要性をまったく感じられなかった。

またこれかよ(藁
「宇宙を舞台にした必要性が」
「SFである必要性が」
…定番ですな。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 10:18
>>80=81
誰も闇の左手が最高傑作なんて言ってないつうの。
フェミニズム論から闇の左手を語れる奴はいないのか?
ちなみに、ゲドもファンタジーの最高傑作じゅないだろ。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 10:36
>>85
いまどきフェミなんて。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 11:07
>>84
でもそういう定義が無かったら
なにをもってジャンル分けするの?
・・単純に知りたいだけです

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 14:02
>85
できる奴いるよ。自分、SF批評とか読むの結構好き。
小谷の本も巽の本も笠井の本も永瀬の本も、全てではないけど
読んだ。
でもね、フェミニズムと聞いた途端、冷静でいられなくなる人達
(これは男女共、性別は関係ないみたいだね)のトンチンカンな
突っ込みとか、それに対する直球な男性批判なんかを見るのが辛
いから、話題が振れない。
本当は語りたい。闇の左手の801的側面とか、スレ違いだけど、
ティプトリーはどんな気分で男性名を使ってたんだろうとか、
両者のSFへの関わり方の違いとか、本当は、語りたいんだよー!

89 :86:01/12/30 15:34
>フェミニズムと聞いた途端、冷静でいられなくなる人達
>(これは男女共、性別は関係ないみたいだね)のトンチンカンな
>突っ込みとか、それに対する直球な男性批判なんかを見るのが辛
私のことだな。ごめんな

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 16:14
いまふと浮かんだ。

もしかして萩尾望都の「マージナル」って
「闇の左手」を意識して描いたものだったり?

いや、でも違うだろうなぁ。
萩尾望都の場合は、ジェンダーの問題よりも
801的側面(嗜好?)が強すぎる気がしてきた。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 16:29
>>84
ジャンル小説では、人物描写/人間関係の描写の比率が高くなると、
必ず>>83みたいな物言いをされます。SFでもミステリでも。
ジャンル小説ファンの悪癖なので気にしないように。

92 :87:01/12/30 17:03
あの〜
なぜジャンル分けを悪癖と言われるのかわからないんですが?
むしろジャンル分けされて教えてもらったほうが
読むほうとしては目安になるのでベンリと思ってますけど?
できればファンタジーもいろいろ分けてもらったほうが
ハズレ(というか間違い)を掴まなくって嬉しい・・・・

と、単純に思っただけなんです

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 21:10
ジャンル分け

ハリーポッター→少年ジャンプ

ゲド戦記→アフタヌーン

闇の左手→June             う〜、こんな感じ?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 22:32
ゲドと闇は分るが、ポッタはどちらかというとコロコロコミックかと。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/31 23:36
ジャンル分けしたいという意図は理解できますが、ハリポタをジャンプとかコロコ
ロとか、ゲドをアフタヌーンとかいう例え方は適切でないし誤解を招く恐れの方が
あるかと…。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 01:11
 ジャンル分けが悪癖なのは、読んだ事を前提とする
人々の間ではそれが内輪の言葉遊びにすぎないからです。
作品を読み捕らえることができたならば、
作品そのものを総体として受け取るべき。
単純化は無用ですよ。
どうせ一語に集約するなんてできないんですから。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 10:02
でもなぁ〜
「これも素晴らしいファンタジーだから、ぜひ読んでみて!」て
紹介されたのが、不死身だったりすると相当鬱だし……
確かにファンタジーかもしれないけど、ファンタジーにもいろいろあるんじゃいっ!!
って叫びたくなるし。
指輪とハリーポッターも、読者の年齢対象は明らかに違うと思うけどそこらへんはどうなの?
年齢対象で分けるのもジャンル分け?
てゆーか、ここでジャンル分けの弊害って叫んでる人は一体なんでそんなこと喚くの?

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 13:50
自分にとってのジャンル分け。
好きなのと嫌いなのと、どうでもいいのと。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 14:01
>98
わはは
そりゃもっともだね(w

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 16:49
>>98,99
禿同!
とりあえず各々のジャンル分けがあるって事で

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 01:31
ハリーポッターはブームに乗って映画になった!
「指輪物語」も満を持して映画になった!(激しく嬉しい!!)

ゲド戦記の映画化の話は無いのか?
(こうなったらファンタジーブーム便乗でもいいよ・・・)

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/03 02:21
>>101 指輪に比べて、ゲドは特に映像化したものを見てみたいとは特に思わない。
いや、無論、映画化なんかしたら見に行くだろうけど・・・。
 むしろ「アルクトゥルスへの旅」が映像化なんていうほうが興味がある。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/03 23:25
>>101
ルグウィン女史が、首をたてにふらんのです
死後をまちましょう

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/03 23:28
私はゲドの映画を見たいに一票!
(指輪はもちろん見に行きます)

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 01:16
この名作のスレが埋もれてしまうなんて耐えられない!

というわけでゲド挙げ〜!

106 :阿佐ヶ谷北:02/01/06 02:44
宮崎駿ちぇんちぇいが、「ゲド戦記」愛読したと
前に対談でいってたぞ!

107 :90<:02/01/06 02:53
望都様はすごい読書家なので、たぶん絶対読んでいるのではないかと。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 02:59
つうかファンタジーやらなんやら書き物してる
人間でゲド読んでなかったら恥でしょ。

109 :107:02/01/06 03:02
108<それは言える!

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 03:24
>>106
女史にオファーしたらしいよ、ナウシカを作る前に
ナウシカを作るか、ゲドをつくるかと考えてたらしい
もちろん、返事は不可だったけど

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 05:26
竹宮恵子センセのファンタジーにも「ゲド」の名前は出てきますよん。
(ホ○とは関係のない部分でね)

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 11:55
激しく関係ないが、64のゼルダの水の神殿で、
明らかにゲド1作の水辺のシーンを元にしたと思われる
場面がある。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 17:17
けっこう日本のゲームの中にはゲドの影響を受けたものも多そうだね。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 17:48
>>112
同じくはげしく関係ないが、ディスクシステムの
リンクの冒険の落ちは、まんまゲド1作目の落ちと同じ。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 00:42
ユリイカの宮崎駿特集で「千と千尋にはゲド戦記などのファンタジー小説の
影響が見られる」(うろ覚え)という記述があったはず・・・。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 00:50
え?そうなの?
こじつければ「もののけ」にはそれっぽい雰囲気もあったような
気もするが、「千と千尋」はどの辺がゲドなのか、さっぱり分らん

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 00:55
名前による支配?

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/08 16:43
真の名 True name (日本では忌名 イミナ)は、世界中の神話の多くに見られます。
これを指しているのなら、ユリイカにはがっかりです。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/08 22:24
真の名だったら、ケルトにもあった風習だよね。
ケルトは英米ファンタジーの基礎のようなものだから、その辺りに驚きは感じない。

個人的には「もののけ」の自分の不注意から、死に至る呪いを受けてしまい、その
為に村を追われ、自分で解決の道を見つけなければならなかった主人公アシタカが
ゲドの、影を求める旅に共通点を感じた程度です。

120 :名無しは無慈悲な夜の女玉:02/01/08 22:33
宮崎駿の「カリオストロの城」や「未来少年コナン」で主人公が地下の迷路をさまよう
のは「こわれた腕環」の影響じゃないかと思う。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/08 22:46
すごく違う気がするぞ120よ

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/08 22:50
2chの名無しさんがコテハンたたきをしてるのを見ると、
『真の名を無闇に告げてはならない〜云々』というのが
良く分かります。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 15:43
岩波書店以外からは出版されてないのでしょうか?

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 16:30
>>123
恐らくされません。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 17:21
ハードカバーでもないのになんで2000円もするの?
装丁、装画もひどいものだし。
手元においときたいけど、今でてるやつは棚に並べたくない。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 21:02
すいません。どうしてもこわれた腕環だけ楽しめないのですが
これは俺にいかなる種類の感性が欠けてるからでしょうか?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 21:50
126には萌えが欠けてる。
>>125
岩波の装丁は今も昔も最低。あきらめよ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 22:29
>>126
君に足りないのは、テナーたん、(;´Д`)ハァハァ

129 : :02/01/12 23:06
正直一巻と比べるとそれ以降の出来はかなり落ちると思う。
自分の評価では
 影との戦い >>> こわれた腕環 >>>さいはての島へ >>>>>>>>>>>>>>>>帰還
ってな感じかな。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 23:09
>>129
帰還は二次創作というかエピローグみたいなものなんだから勘弁してくれよ。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/12 23:13
一巻が好評だから続編書いたの?

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/15 12:27
ごめん、私は2巻萌えです。

ゲド戦記って、ゲドにヒーロー性を求めるとつまらなく感じると思うんですが。
ゲドが主人公というよりも、ゲドの登場するアースシー物語と考えたほうがいいんじゃないですか。
つまり2巻の主人公はテナーということで。
(でも、あの女の子の心情の揺れは女性の方が共感しやすいのかもね)

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/15 17:58
>>132
いや、邦題が「ゲド戦記」であって
現題はまんまそれだよ

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/15 21:42
「ゲド戦記」はミスタイトルだと思う。
ゲドが主人公の話だと思うから、最初の方が良かった…と一層思ってしまうのでは。

私は
こわれた腕環≧影との戦い>>さいはての島へ

>132
でもテナーは女のファンにより嫌われてるような気がする…

135 :132:02/01/15 23:29
>>134
私も女なんですが・・・

>でもテナーは女のファンにより嫌われてるような気がする…
え?そうなんですか??
私の周囲の女性でテナーがダメ!という人を見たことがなかったので
それは知りませんでした。
ただ、ノコギリソウの方が好き、という人はいましたけど。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 00:44
私も女だけど、「こわれた腕輪」のテナーは好き。
「帰還」では、海千山千のオバサンになってしまっていて、かなりガッカリした。
2巻はちょっと少女小説入ってるように思うから、男性陣にはなじみにくいのかな?

扱っているテーマも1巻より身近に感じられるし、
私は「こわれた腕輪」がいちばん好きだ。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 09:52
手菜な年食ってから嫌われていると
思われ。萌えんからか。

138 : :02/01/16 22:06
>135
某ゲドサイトの嫌いなキャラにはテナーが2番目に入ってるのです。
人気投票というのは女の方が好きそうな気がするので。
「帰還」込みの印象なのは間違いないでしょう。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 23:41
そうかー。私は消防のときに読んだけど、珍しくオンナにも嫌われないキャラクターだと
思いました。<テナー
そのころはル・グィンに入れあげていたので、なんでも受け入れられたのでしょうか。
私的には『影との戦い』が一番好きです。
なんだろう……。人間の根元的な問題だからかな。
モチーフ的には過去の神話・物語に何度も出てくるものですが、私には新鮮に感じました。
『こわれた腕輪』は、テナーが気になりつつも、「次代への継承者」となったゲドを
ついつい追ってしまいました。
先日帰省したんですけど、ゲド3冊を持って帰ってきましたよ。
このスレ読んでもう一度読みたくなったので。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/20 00:27
語れ

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/20 14:39
>>101
映画化かあ。もし映像化するならやっぱり1巻だろうなあ。
なんか久々に読みたくなってきたので本屋にでも行くか。


142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/20 19:47
図書館で、ついに噂の4巻を借りてきました!
今からさっそく読んでみたいと思います。
(ちなみに前3巻はいまから10年以上も前に読みました)

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/20 21:09
このスレで知って、四巻読みました。
「こわれた腕輪」のテナー好きですが、「帰還」のテナーも別物としてよかったです。
内容は、重いの一言。
3巻までの観念的な重さじゃなくて、リアルに重くて参りました。
<死んだ夫や息子の男性性の書きかたとか、暴力の恐怖の書きかた
なんか結婚とかしたくなくなる。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 02:50
俺は自分が男だから、
あえてファミ二ズム論者っぽく振る舞ってるけど、
やっぱり、女がファミニズム振り回すのは、
どう贔屓目に見ても痛いよね。

男が男尊女卑論振りかざすのに比べれば、まだましだけど。

4巻はプロットそのままで、男が書いてたら、
結構良い作品になってたんじゃないかな。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 03:10
ゲームだけど
スーファミのザ・ラストバトルっていうドマイナーなRPGは

真の名と名付けの儀式
それを行う老魔導師
攻め込まれ壊滅する村

…等、冒頭部分が正に影との戦いそのまんま。

それ以外あんま覚えてないけど、
確かラスボスは氷の魔女だった気が。
こっちはナルニア?

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 10:30
指輪がRPGに与えた影響は有名だけれど
なにげにゲドも影響を与えているのかな?

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 12:46
原文より、日本語の方がよかった…


148 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 18:38
>>144
イタいのは君。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/21 22:45
>>144
ファミニズムってなんか教えてくれ。
フェミニズムなら知ってるんだが。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 00:48
>>149
ごめん打ち間違い。
でも、2カ所ともなってるね。
面白いな。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 21:08
四巻読んだの大分前だから、どのあたりがそんなにフェミニズムだっただろ〜、と
思ってたんですが、あちこちのゲドスレ読んでやっと思い出した。

あの内容で「フェミニズムを振りかざされると引いてしまう」と言われてしまうのですか…
私は30代前半の女ですが、別に唐突な流れだとは全く思いませんでした。
とても普遍的なエピソードだったと思います。
(それをアースシーの物語として語るべきか否かが問題なのでしょうけれど)

けれどもファンタジーは現実「逃避」の道具ではなく、いかにより良く現実に
「対処」していくかを寓話として提示する一面も持っているはずです。
だからこそ、ル=グウィンは「帰還」を書いたのだと思いました。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/22 23:39
>>151
いや、むしろみんなは、
あの現実の問題を高次元なレベルで寓話化する事で知られる彼女が
あんな、ヒネリのない文章で書いてきた事に驚いたのでは?

153 :152:02/01/22 23:42
ただ、アレで本当に最後なら
みんなもなんとなく許してくれたと思うけど
結局、つづき書いてるってのが微妙なところだよな。

蛇に尻尾だけでは飽きたらず、羽まで生やそうというのか?

154 :153:02/01/22 23:43
×尻尾
○足

カコワルイ

155 :151:02/01/23 00:47
>>152
なるほど。間抜けな発言でしたね、失礼致しました〜

>ただ、アレで本当に最後なら
>みんなもなんとなく許してくれたと思うけど
>結局、つづき書いてるってのが微妙なところだよな。

そうでしょうか?
続きがある、という話が出る前から四巻に対しては非難轟々だったような
気がしますが…

お言葉を借りるなら、私としては、どうせ足つけちゃったんだから
羽でもなんでもつけてみてよ、ってところです。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 23:29
最後には角とか髭もはやしましょうか(笑

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 23:52
>>151
とても共感です。
私も30代前半の女でゲドファンですが、「帰還」は一個の小説としてとても
よくできた作品だと思います。
ただ、ファンタジーという枠中で書いてしまったことが、大きな反感を呼ん
でしまったんでしょうね。

ところで今度の5巻は、4巻の続き、という位置づけなんですか?
まだ未読なので分りませんが、噂で「以前のゲドに戻った」とも聞いている
ので、3巻以前のまだ語られていないゲドの勲の1つではないかと想像して
います。今からとても楽しみ!

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/24 00:26
ル・グィンにとって、4作目は蛇足でもなんでもなく、盲目のインド人と象の関係かもしれませんよ。
誰か直接聞くなり意見してみればいいのに。
特に強力な意見を持ってる人は。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/24 00:33
------------------------ここまで読んだ-----------------

今、風邪引き気味で打ち込んでいますので間違いがあったらスマソ。

小学生の時、「影との戦い」を読み、そのまま大人になって「帰還」を読んだものです。
子供の頃のインパクトといったらそりゃもう、すごいもので、どうしても続きが読みたくて
探して無くてナルニアやヘンデ、そんでベルヌに出会うことでSFの面白さを教わった気
がしていました。
その後、大人になり、ル=グウィンという作家そのものに興味があって、「闇の左手」など
も読みました。
ル=グウィンという作家が大変な目的意識と一つのスケッチを中心に書かれる作家である
のはゲド戦記でもなんか感じていましたから、2〜3巻を飛ばして、ひとつの作品としての
「帰還」はすごく面白かったと感じています。
確かに、ゼラズニーやムアコックのような英雄譚と比較すれば、「影との戦い」はその向きだし
「帰還」はダメダメだと感じます。でも、物語は英雄譚だけではないはずで、その意味では
自分的にはとても好感すら持ちました。
なぜなら、手法がとてもSFだから。言葉の秘密や闇と光の力学、魔法と代償の延長線上に
ハイタカはいたし、テナーも別格ではなかった事にほっとして、
結果、それなりにしあわせで終りそうだからまた、ほっとしました。
そんなふうに物語を色んな意味で考える、これがたった一つの冴えたやり方では?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 00:19
感情移入の度合いで評価が分かれるように感じた。
アース・シーの物語を楽しみ、ハイタカやテナーを物語の登場人物として捉えるものには4作目は辛く、
現実の友人のように捉えるものには良作となるようだ。
友人の幸福を自身の幸福と捉えることができるか否かが鍵か?
私は2人の背中をたたいて祝福してやりたい気持ちでいっぱいだった。


161 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 01:51
「帰還」について
何となくですが、ゲドに「ヒロイックファンタジー」のような、主人公とし
ての英雄性やテナーに「大巫女」としての神秘性…つまり常人とかけ離れた
ようなイメージを求める人にとってはこの作品は辛い内容だったにでは?

私は逆に「大賢人」と崇められることで孤立していた1人の男の内面を初めっ
て知ったことに感動しましたが。
同様に、小さなころから「大巫女」であり「白き腕の女」としてやはり人に交
じれなかったテナーの孤独も充分理解できました。
こんな2人が自然に結ばれるのは当然と思いましたし、読み終えて幸福な気持
ちで一杯になりました。

ところで5巻のタイトルは『THE OTHER WIND』ということから、
さらに時代が下がって、テハヌーが主役になるのでしょうか?
そうなるとゲドとテナーの子供も出てきていそうですね。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 14:09
なんか帰還って指輪の続編にサムの一生を書かれた気分になる。
蛇足に感じるんだよ。



163 :159:02/01/25 21:28
>>162
あ、それはある。
でも、「ホビット」ではキチンと書かれてたよ。
トールキンの場合、小説書き出したのが晩年だったから、
後日談とか書けなかったんでは。
ル=グウィンはバリバリの現役だし、なによりファンも出版社も
せっついてきたからしゃーないんじゃなかろか。
こんなわがままにも、キチンと答えを出したル=グウィンは

 ――     ―――         /
  |     ――――       /|
――――      /         |

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 21:45
>>162
言いたいことは分るがその対比はどうかとおもう。
指輪の続編として当てはめるなら「フロドのその後」だろう、どう考えても。
生きては変えれないと覚悟を決めていたほどの難事業を乗り越え、
なすべきことを成してしまったそれぞれの主人公。
フロドは、ついにこの現世での癒しを得ることはできず、ついに中つ国を後に
して、一種伝説と化してしまうが、ゲドは現世での癒しを得ることができた。
ただその過程が、既存のファンタジーらしくなく、あまりにも小説的過ぎて、
現実とは切り離したタイプのファンタジー好きには受け入れ憎いんだろうと思った。

165 :159:02/01/25 22:05
>>163
『工〒』になっちった。鬱だ・・・。関係ないからsage

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 22:23
『ユテイ』って読んじゃったよ!

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 02:02
エテイ・・・「エテコウみたい」って意味か?
友達に「あんた、エテイね。」とか言われたらどうしよう。下げ。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 13:40
>164
ほぼ同意。比較や重ね合わせそのものに無理があるけど、あえて言うなら、その後
の風呂度の物語だけではなく、例えばガンダルフがあれだけ長い間生きてきて突然
魔法の力を全て失ってしまったとしたらというような設定(仮定)も重ねてあると
思う。
私は4部は好きで、主人公達に「オチ」がついた所なので、下手に5部で復活して欲
しくはないな。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 15:34
5部にアレンはでてくるかねー
でると良いなー。イヤなガキだけど。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 16:30
イヤなガキとはどういう意味で?
確かにあまりにも出来すぎた坊ちゃんだが。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 16:58
出来すぎてるのが読んでた当時、鼻についた。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 17:05
4巻のアレンは出来過ぎだと思うけど、3巻のアレンはヒヨッコでまだまだって感じで嫌じゃなかったよ。
多分、5巻ではあまり出てこないんじゃないかな。テルーを支える裏方に回りそう。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 22:02
ゲドにでてくる中でアレンが一番嫌いです。2番めはテナー。
好きなのは……いないや。大好きな作品だが。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 22:18
>>173
その好みだと、1巻以外はあまり好きじゃなそうだね(笑
つーか、1巻だけ好きって人もけっこういるみたいだしね。

で、肝心のゲドも好きじゃないの?


175 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 22:37
ゲドも好きじゃないなー。へたれ男嫌い。
テナーがきらいなのは「女は屈辱など慣れっこだ」ってあって
慣れっこじゃねーよって思ったんよ。
アレンは最高にうざい、行動力ないじゃん。接する人間ゲドふくめて
一度はぜったい見下してるしな。
一番好きなのは「こわれた腕輪」若いテナーは田島陽子臭がなくて平気でした。


176 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 22:55
>>175
若いんだね!(実年齢は知らんけど)
うん。その少女のような感性を一生失わずにいて下さい!!

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 23:27
>>176
ありがとうがんばります!!
うん。あなたが素敵な人間になること遠くから願ってます(w

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 23:29
ゲドは大物かと思ったらただ何にも考えてなかっただけみたいな感じの
落ちになった。自分の中では。

ゲドってなんか頼りないっていうか、あんまり頼り甲斐ない感じしない?
三巻読んでて、自分がアレンだったら不安だろうなって思ってた。
うまい言い方思いつかないんだけど、「父」とか、「指導者」とか、そう
いった強い大きな存在みたいな感じしないんだよな。放置してるっていうの?
責任感があまりない。なんか若いんだよ。これ本当にいい年した男なのか、
という。
目の前で死に掛けたら助けてはくれるんだろうけど、ぐらいの。

ちなみに俺はゲドは癒されたんじゃなくて人格崩壊しただけだと思うけど。


179 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 23:32
皮肉をやり過ごしてあげず、皮肉で返すあたりもう十分大人かな……
177は。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 00:45
>>178(=173=175?)
すみません。
お話し読んでいて、なぜ、178さんがゲドをお好きなのかが分りません。
それほどイラつくような主人公の物語を読んでいて面白いところってあります?

ところで最後の一文は3巻のゲドのことですか?
それとも4巻の印象?


181 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 00:48
>>175>>178は別人やろ

182 :159:02/01/27 01:18
どでもいいかも知れんけど、チビッと聞いておくれよ、みんな。
「ゲド戦記」って翻訳、失敗だったかも、と。もともと「アースしー」だったし。
や!、訳者をけなすわけぢゃない!これ本当!逆に感謝してるくらいだし。

 ただ、感じた事がある。
 あれは「アースしー」世界の短編「名前の掟」を読んだ時のこと。

ゲドでてこない。っていうか、魔法使いも出てこない、竜と島と住民だけ。
でも、自分思ったよ。「あ、ゲド戦記だ!」ってね。
なんでかなーって思っとったけど、ここで読んでて気が付いた。
「アースしー」なんよね。結局。世界観への傾倒とかその背景、感覚、匂い、味。
でも、邦訳では「ゲド戦記」になってるからそう思ってしまう。
これ最強とおもわねぇ?
言葉の意味よりも、自分の伝えたい事や、その本来の意味のほうがハッキリ伝わるって?
まあ、俺が言いたいのは自分も2巻3巻読むからこのスレ読んで興味でたシト読んでね&herats;

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 03:34
みんなオジオン師匠の枯れきった魅力についても語れYO!


184 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 04:29
マジ
俺の人生の師匠は誰かと聞かれたらオジオン先生と答えるね。

「沈黙のオジオン」
俺もアレくらい自分をコントロールできる人間になりたい。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 04:46
>>184
チョト目が覚めたよ。
こんな時間まで2chやってないで寝よう。
自分をまったくコントロールしてないよ折れ。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 15:12
>>182
ほぼ同意。
ゲド戦記はもともとは日本人がつけたシリーズタイトル。
ルグィンはこのシリーズを「Earthsea」と称している。
つまり、この世界に生きる人々が統べて主人公になりうるということ。
2、4巻ではテナーが、3巻ではアレンが主人公だったように。

もう1つ、1〜3巻は「ゲドの武勲」がテーマ。(1巻は厳密には違うが)
「ゲドの武勲」は3巻で完璧に終わっている。
そういう意味では4巻は「ゲドの武勲」ではなく、ただの「Earthsea」のお話し。
それがゲド戦記と名付けてしまった日本では矛盾が生じたように感じられるのだ。
しかしルグィンの「Earthsea」シリーズとしてみればなんら問題ない。
その違いについてはゲドファンは認識すべきではないか?

ところでゲド戦記と名付けたのはたしか訳者ではなかったはず。


187 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 15:20
ということで興味にある方は「風の十二方位」を。
脱走の話もなかなか。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 16:38
>161
そうなるとゲドとテナーの子供も出てきていそうですね。

そろそろ年齢的に無理なんじゃあ?


189 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 17:12
>188

161じゃないけど、
帰還で竜がテルハーをゲドに預けようと言ったときに、
「お前がいずれお前の子を私に預けるように」みたいなこと
言ってなかったっけ?
あれは、ゲドにも子供がいずれできるということなのかなーと
読んだんだけど・・・別のことの比喩なのかな。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 17:13
>>189
たぶん

191 :189:02/01/27 17:28
てはぬーのまちがいでした・・・<てるはー

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 19:15
>>188
子供出来るんじゃないの?
だって、テナーって16才ぐらいでロークに渡ったと思うから、25年たったら
41〜42ぐらいじゃない?ゲドも60にはなっていないと思うし。
想像していたよりも2人とも若かったのでビックリした憶えが(笑)
テナー本人も「生理が早く来た」って言ってるし、大丈夫でしょ?

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 22:09
ゲドやテナーの年齢よりも、ル=グィン御大の方が気になるよ。
確か今年で73才…
いつまで持つのやら…

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 23:50
>>193
持つってソンナ・・・。

195 :159:02/01/28 02:22
ル=グィンの次の世代ってだれやろ?
ゲド戦記(ごめん、やっぱわかりやすいから使わして)ぐらいのオペラ書ける作家って、
今んとこ、だれやろ?知ってる?みんな?

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/28 17:16
なぜsage進行中?

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 00:00
正直、大学時代にゲドの洗礼受けて以来、
色々ファンタジー系読んでるけど、コレと言った作品はない…。

微妙に可能性を感じたのは「童話物語」かな。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 00:09
自分も子供時代にゲドを読んだが大人になっても感動は褪せず……
すでに数えきれないほど何度も読み返してきた。
「指輪」も素晴らしいと思うが、哲学的な思想をより内包するゲドの方が
正直、自分にとっては上かと。
しかも「指輪」はゲドよりも先行作品。
今のところ古典ファンタジーを越えるものは見つからず……

ところで「童話物語」って作者はだれ?

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 01:22
>>198
向山貴彦著
一応ココが公式らしい↓
http://www.studioetcetera.com/staff/mobs/memorial/top.html
文章・構成他、色々ダメな部分も多いけど、なんか頑張ってる気がした。
成長の仕方によっては化けそう。

200 :198:02/01/29 02:12
おお39!

う〜む、日本人かぁ……
和製ファンタジーにはちと疑問を感じてしまう感性なんだが。
しかし、化ける要素アリか。
期待しよう!

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/30 12:22
>186

「ゲド戦記」の名づけ親・装丁家の田村義也氏は、元「世界」編集長。
そんで山本七平の親戚。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 01:19
いつも本屋逝くと思うんだけど
なんでハリポタ祭のファンタジー平積みコーナーに
ゲドは置かれてないの?

やっぱ、出版社なんかとのカラミがあるの?

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 01:29
>>202
映画になっていないから、とか?
出版社の関係…岩波の児童書の扱いって今はどんな程度?

ゲドも映画になったら、ハリポタや指輪のように盛り上がれるのだろうか?
好きな人はけっこういそうなんだけどね。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 01:45
やっぱり、最近の本屋の人ってあまり本読まないのかね?

ハリポタ効果で思いもよらず寄って来たイパーン人に
下手な作品買わせて飽きさせるのに比べれば
「ゲド」読ませて更に激しい児童文学読みに洗脳した方が
ビジネス的にも正解だと思うが…。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 01:49
ハリポタで満足できるような連中に与えるのは
ローワンやレイチェルで十分とか言ってみるテスツ。

206 :END:02/01/31 20:58
>>183 失礼な!オジオン様は枯れきってなぞいませんでした。

彼の唯一の過ちはゲドをゴンドから旅立たせてしまった事です。
竜王にならずに桃の木を育てていた方がゲドは「人」の幸せを
享受できたろうに...


207 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 22:54
ハリポタ、指輪から来たにわかファンタジーブームで、図書館で借りられまくってます。


208 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 23:45
ハリポタみたいな現代風の軽めのファンタジーと、
ゲドのような古典的ファンタジーは区別されてるんじゃないの?
ナルニアも並んでないし。
指輪は映画化で並んでるけどね。

ハリポタ人気で出版されたとおぼしき本、いくつか読んでみたが、イマイチ…
業界は、2匹目のドジョウになればいいのであって、
新しい読み手を育てることなんて考えていないように思える。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 23:47
>>206
でもゴントから出て行かなかったら、その後のゲドは生まれなかったわけだし。
生涯の伴侶となるテナーとも出会えなかった。
それ以前に、自分が「人」としての幸せを享受しているなんてことに気付きもしないだろ。
むしろ出してくれなかったオジオンその他を怨むこと間違いなし!

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 00:30
結局ブームが終わったらまた撃沈しそうだね、ファンタジーブームとやらは
結局日本人は踊られやすいの飽きやすいのったらありゃしないと

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 01:13
今日近所の本屋で

「ハリポタはゲーム感覚でライトに楽しめる傑作だけど、
 それ以外のファンタジー作品には
 ちゃんと『哲学的で深い』作品だってありますよ」

という、恐ろしく毒のこもった文と共に、
ゲド他数作品をあげた小さなPOPがコソーリと貼ってあったよ。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 01:35
その本屋はエラーイイ!!
ぜひ今度、そこの本屋で俺の分まで本を買ってやってくれ!

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 01:48
ゲドも最近図書館で借りられまくってたり、ナルニアに果てはエルリックまで
全館貸し出しされてると。
改めてにわかファンタジーブーム到来だなぁと感じる。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 01:50
立派な本屋さんだ〜!

でもね。パンピーは「哲学的で深い」作品を求めてるわけではないんじゃないかな。
だからこその、ハリポタブームなのでは。と思ってみたり。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 02:00
ドリトルは図書館でだだあまりだよ!

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 02:43
ドリトル先生!
あの黒人の絵はいくら何でも非道いよ!

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 02:49
光は闇の中にあるものなれ
アルハたん…ハァハァ

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 06:15
レバンネンたん(;´Д`)ハァハァ…

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 13:32
今日図書館いったらホントにゲド戦記ほとんど借りられてたよ。
3巻だけ残ってた。ハリポタ効果?

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 14:28
私もさっき図書館から戻ってきたところ。
ゲド戦記、うちの地方図書館でもマジで借りられていた。
3巻だけ残っていたし。。。。
もしかして同じ図書館?!

ちなみに「指輪物語」がいつのまにか大人の方に移動されていたのが感慨深かった。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 14:44
>>220
俺は相模原ですが、たぶん全国的に動いてるかと思われます。
ナルニアなんかも貸し出しが多くなってるので。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/02 00:44
>>221
らら、違う地域でした。
でもそれならまさにゲド人気が再び高まっている現れかも!
そういえば、以前アマゾンでは熟れ筋で18位ぐらいにつけていたような。。。
5巻ももうすぐ訳されるでしょうし、見直されて欲しいシリーズですね。

223 :222:02/02/02 01:16
上の売れ筋は「こども」ジャンルの中でのお話し。

つまんない訂正なのでsage

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/02 13:46
五巻はいつ訳されるのよ?

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/03 20:57
ところで、とある短編集にゲド戦記の続編(?)が、掲載されてるって聞いたけど
ホント?

226 :ですな:02/02/03 22:40
アンソロジー『伝説は永遠に3』に
「ドラゴンフライ」という100ページ程度の短編が収められています。

時代的にはゲド戦記4巻と5巻の間ですが、
続編っていうよりアースシー物という感じ。

ル・グィンの短編集『TALES FROM EATHSEA』にも入っているので
こちらの翻訳を待つのが吉かも

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/03 23:35
>>225
早川SF文庫で出版されている方に短編載ってるよ。
大きめの本屋行けばあると思う。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/03 23:48
「ドラゴンフライ」読んだ。
難しくって、よくわからんかったよ…
5巻も同じような感じだったら、こんなおバカな私にも
読めるかどうか、不安だよ…

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 00:27
「風の十二方位」にもなんかアースシーものが載ってたと思うが、
なんだったっけ?

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 00:41
>229
解放の呪文と名前の掟だと思われ。
で、今その確認のため文庫を探したんだが、名前の掟の竜の名前が
「ミスター・アンダーヒル」ダタヨ!!
これは指輪に引っ掛けてるんですか!? ル・グイン女史!!
どなたかご存じないですか?

231 :229:02/02/04 00:58
>>230
そだそだ。読んだのは15年ぐらい前のことだから、すっかり忘れていた。
どんな話だったのかも忘れてるな。久しぶりに納戸の文庫本の山をあさ
ってみることにしよう。
ありがとう。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 02:43
短編は確かにどれも今ひとつな感が漂うね。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 03:06
>>230
奇遇〜!
私も昨日読み返して「アンダーヒルって・・・!」って思った。
あの、土手の横穴の様なところにすんでいることといい、
小柄な男で、ちょっとがに股なところといい・・・
これは確信犯でしょう!!
どっちもゲドも指輪も大好きな私にとっては嬉しい発見☆

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 04:22
ライノベ板から流れつきました。
ビーンズ文庫という少女小説レーベルの新刊で
明らかにゲド戦記に影響受けてるなーという作品があったので
ちょっと書いちゃいます。
後藤文月「そして、世界が終わる物語」(角川ビーンズ文庫)
竜の目をのぞくなとか、内容からいうと描写はいきなりなんですけど
きっとこの作者ゲド好きなのねーという印象を受けましたので…


235 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 09:03
長編1作目の『辺境の惑星』は、「ワタシも“ベレンとルシアン”を書いてみたい」という
動機があったんじゃないかと邪推してみたり。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 12:02
指輪の影響はあるだろう。
つーか、ファンタジーでまったく影響のない作品を見つけるほうが難しいよ。
しかし影響を受けてもそこから全く違う作品が生まれれば問題なしだろう?

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 15:15
影響といえばタニスリーの初期作品はゲドと指輪の影響もろ受けまくってるよね。

238 :某図書委員:02/02/04 18:26

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1012761355/

ディック、ル・グィン ファン及び若者初心者のために
よろしくおねがいします。。



239 :235:02/02/04 18:57
よく考えたら長編1作目は「ロカノンの世界」で「辺境の惑星」は
その次だったような気が……

240 :END:02/02/05 04:54
「折れた魔剣」byポール・アンダーソンのように発表が指輪の
前なのに指輪の影響を受けていると誤解される作品もあります
ね。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/05 10:34
>>239
ロカノンが最初だね。

>>240
指輪の影響を語るに当たって指輪以前の作品をあげても意味ないよ。
それ以前にここは指輪スレじゃないってことを忘れてる?

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/05 11:01
ファンタジー=所詮は優等生の妄想

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/05 11:22
所詮、指輪もアーサー王の影響受けまくり。
って、そういう話題じゃないの??

244 :a:02/02/06 17:09
ge!

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/06 20:33
ロカノン  か・・・・
P.K.ディックの作品みたいだったな。
ディックみたいな絶望感はなかったけど。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/07 00:05
指輪やゲドを好きな人には川端裕人氏の「The S.O.U.P」を読むことをお薦め。
てか、もろに出てきて物語に絡んで来ます。
内容はハッカーとクラッカーの話。
この2作品の絡みももちろん良いし、2作品を知らなくても結構楽しめそう。
ただ、鬼のようにネット用語が出て来て、あんまり詳しくない俺は最初の方は挫折しそうになった。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/07 23:49
>>246
何やら面白そうな・・・
探してみるとするよ。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 22:33
イギリスで、ゲド戦記4部作が“Earthsea Quartet”というタイトルで
一冊のペーパーバックで出版されています。
表紙のイラストがなかなかしゃれていて、物語の雰囲気が良く出ています。
特にゲドが渋くてカッコいい。
ちょっとネイティブのアメリカン・インディアンのような風貌です。
アマゾンで見つけて、英語の勉強もかねて読んでみました。
(ちなみに、ドラゴンやテハヌーのイラストもとても良いです)

原文で読んでみて、とても簡潔で言葉を選び抜いている文章に感動してしまいました。
シンプルだからこそ、逆に迫力があって読者に作者のメッセージがダイレクトに
伝わってくるんです。

私は翻訳はけっこう大人になってから読んで、ずいぶんとメッセージ性が強いんだなと
思ってしまい、ちょっと退くところもあったのですが、
原文で読んだら、そのメッセージ性の強さが気にならなくて、
けっこう、目がうるうるとしました。
特にテハヌーは、原文で読んだ方が絶対に感動すると思う。
(翻訳が悪いと意っているのではありません)

しかしペンギンブックも、カルテットと銘打った後に、
次に5巻が出るとは予想もしていなかったでしょうね。
次は続編も加えて、また一冊の本になるかもしれないけれど。

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 00:10
どうでも良いけど
プレステの幻想水滸伝3にゲドってキャラが居て
なんか、微妙にムカツク。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 12:49
>248
それ、PUFFINっていうシリーズででてるやつ?
僕は近所の古本屋で500円でゲットした。英文はすごくよみやすいよね。
今2巻(アチュアンの墓・こわれた腕輪)を読んでるけど、THARとKOSSIL
のやりとりや、その間でだんだんARHAの自我が目覚めていくところとか
手に取るようにわかるね。
表紙のイラストは、邦訳のほうが断然好きだけどね。


251 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 15:18
>248
表紙ってこれ?
http://images-eu.amazon.com/images/P/0140348034.01.LZZZZZZZ.jpg
日本版のとはかなりイメージですね。きれいですが。

252 :251:02/02/09 15:19

「かなりイメージ違いますね」と書きたかった

253 :159:02/02/09 15:46
最近の早川文庫は漫画系ばっかりでガカーリですが、
一昔のころは、版画在り、水彩在り、天野在りと多彩でした。
自分的には、ゲド戦記の版画のような世界観も素朴でよかったなぁーと感じています。
とくにさいはての海のイメージにぴったりだったように感じます。

あのころに戻って欲しい。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 20:57
>>253
あの頃に戻って欲しいってアーシーズの表紙のこと?
だったら自分も5巻はあの切り絵のようなイラストに戻って欲しいと思うね。

ところで1巻のイラストレータと2&3巻のイラストレータは別人だよ。

255 :END:02/02/09 21:16
「ドラゴンフライ」や「アザーウインド」を読んで感じる事は、ル・グイン
は“均衡”はその概念も含めて変遷し続けるものであると伝えたいのでは?
と言う事ですね。
(harcourt版は装丁が酷いので買いなおしたい!)

256 :猫電波:02/02/09 21:25
図書館で昔のパフィンのゲド戦記を発見。
ゲドが白人だよ…。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 16:47
ageとくよ

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 21:49
映像化されるのか

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/15 01:44
阿修羅が生きてるうちは無理でしょう。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/15 07:42
4巻の存在で映像化の話も消えたと思われ

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/15 10:06
>>260
だから4巻の評価は低くないって!
文句言ってんのはヲタだけだって!

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/15 22:44
「ロード・オブ・ザ・リング」の脚本家使って3巻までをドラマ化する計画
らしい・・・

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/16 01:09
>>262
まじで?

…でも、全くときめかないな。
ゲドから得られるものは既に全て得たと思うし。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/16 21:52
本日、清水真砂子先生の講演会に行ってまいりました。
先生は今ほかの作品の翻訳をされておりまして、
ゲドの五部は今年の四月ぐらいから、とりかかるとのことでした。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/16 23:23
翻訳って、だいたいどれくらいで出来るものなの?
今年中には出版されるかなあ。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/16 23:31
まあ、再来年ですよ。
楽しみに待ちましょう。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/17 00:31
>>264
素晴らしい情報をサンクス!

268 :便乗?:02/02/18 21:03
『ゲド戦記』映像化の話。
サイ・ファイ・チャンネルというところで、来年ミニ・シリーズとして放映予定
だそーで。
『ロード・オブ・ザ・リング』の女性脚本家フィリッパ・ポウエンの脚本で、
6時間もの。同シリーズで『闇の左手』は4時間ものとして予定。


269 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 22:11
>>268
ドラマ化、マジ羨ましい・・・!
でも日本では放映しないんだろうなぁ。
N○K、放映権買わないかなぁ?

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 16:54
>>268
マジですか?

…ところでサイ・ファイ・チャンネルってどこの国?

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 22:31
>268
ソースはNT?

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 00:33
>268
たのむから原作に忠実につくってくれぃよ、
海外ドラマは勝手に加工するからかなわん。
ロストワールドみたいなまでいくと逆に笑えるが。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 01:22
>>272 でも、角川が映画化、とかいう次元からしたら期待できるだけ
良いのではw


274 :名無しさん:02/02/23 01:49
この本心理学のテストとして感想文書かされたけど心理学と
関係ないような気がするんですけど

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 11:20
>270

米国ケーブルテレビだそうだ。
漏れのソースは今月号の「プレミア」
指輪物語特集のコラムに載ってる。p73。
ナルニア映像化が動いてるらしい。
これはちょっと期待だ。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 18:22
5巻今秋発売決定!!岩波の折り込み広告より

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 23:57
わーいわーい

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 01:12
めっちゃ楽しみ!どれくらいのボリュームなんだろ?
けど、まだ翻訳終わって無いだろうに。ファンタジーブームのうちに出したいんだろうね。


279 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 12:48
>>275
アメリカですか・・・、イギリスかと思ってたよ(w

>>276
無理して原書買ったとこなのに〜(当方英語力は厨房レベル ニガワラ
秋まで待って翻訳版を読むか、辞書片手に原書を読むか・・・悩む

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 12:53
邦題はどんなだろね

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 16:03
そもそもゲド戦記はアメリカの小説だからアメリカでドラマ化されるのは当然の様な気が。
つーか、なぜイギリスでドラマ化なんだ?

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 16:09
そりゃあーた、魔法使いはあっちが本場に決まってるでそ。


283 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 10:18
指輪は微妙、ハリポタは明らかにアメリカ。
で、ゲドは映像化するならハリウッド系のド派手映像より
ヨーロッパのような陰影、間や空気を大事にする映像の方がハマルと思う・・・

284 :279:02/02/25 13:29
ゲドにはエンタメ性ってあんまりないと思うから
アメリカでは映像化されないんじゃないかと思っただけっす。
でも正直、陰影云々と言うのも一寸違うような気もする・・・
ヨーロッパ映画の妙な陰鬱さも不要だしハリウッド映画の派手さもいらん
てーのが本音・・・

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 14:49
間を取って、オーストラリアorニュージーランドで映画化・・・ハッ、ユビワ?

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 18:03
俺もなんだかオセアニアの方がイメージにあうようなきがするんだよな。
オーストラリアとかいいんでないの?

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 23:05
でもゲド、というかアースシーの人々ってネイティブアメリカンのイメージですよね?
それでいて多島で構成された、海域が世界の舞台……
フィリピンなんてどうでしょ?

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 23:19
オーストラリアというと、
パトリシア・ライトソンの「ウィランサーガ」を思い出すなあ。
あれも、ネイティブのファンタジーだった。
東南アジア諸島からオーストラリアに至る地域は、ゲドに合いそう。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 23:27
ユカタン半島も良いかも。
近場でカリブとか。あの辺りには島も多い。
ネイティブアメリカンの人も連れて来やすそうだし。
2巻のアチュアンの墓所はマヤの遺跡を思わせるという話もあるしね。

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/26 13:04
名前の扱いとかはネイティブアメリカンのイメージだけど、
具体的な容姿は黒人じゃなかったっけ。
そもそも、ル・グインの父親は有名な文化人類学者で、
ネイティブアメリカン研究の第一人者だったよな。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/26 19:38
ゲドやアースシーの人々は
赤黒い肌に、ワシのような高い鼻なのに。
どこをどう読んでも黒人にはならないよ……
ちなみに北方の帝国は金髪碧眼の白人で(テナー等)
東方の海域には黒人ぽい人々も出てくるけどね。(カラスノエンドウ等)



292 : :02/02/27 00:45
遅ればせながら今ごろ「影との戦い」を読んでいます。
さすが面白くて、もうちょっとで読み終わります。
この調子ならすぐに「帰還」までいきそうだ。
ところで、今日古本屋で、岩波の同時代ライブラリー版を
見かけたのですが、まだ出ているのでしょうか?
どうせなら文庫版のほうが持ち運びしやすいのだが・・・


293 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 05:58
>292
「影との戦い」しか出てなかったような気がする。

294 :名無しの司:02/02/27 19:56
つーかどうかね?
善と悪の戦いっつうことで分かり易く映画化できるハリポタや指輪と違って
ゲド戦記ってちと難しくないか?



295 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 20:44
現代モノの映画を考えれば作るのは難しくない。
ただ、ファンタジーというとどうしても見る側は
「剣と魔法のド派手な冒険活劇、善と悪の戦い」
を期待するだろうから評価という面では難しいかもしれない。

「期待してたのと違う」と言われてそれが評価になってしまうか
「こういうファンタジーもアリなのか、悪くないね」と言ってもらえるか。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 23:40
ハイタカがオジオン先生の元に戻る超絶的名シーンを
どこまで詩情豊かに映像化できるんだろうか。

つーか、日本で映像化しようモノなら、
沈黙っていう「影との戦い」の重要なキーワードが無視されて
台詞だらけの代物になりそうだが、海外だとどうだろう?

宮崎アニメなんかを海外に移植するとき
「無音の時間が長いと視聴者が飽きる」という理由で
音楽や台詞をやたらと付け足したという嫌な話があるが…。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 13:41
指輪の映画を見る限り、カコイイセリフが全部平凡になってしまう恐れあり。
戸田字幕だったら、なおさら。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 14:58
原書で読んでないからなんとも言えないけど、
清水真砂子氏の翻訳ってどうよ?
結構そっけなくて、垢抜けない和文だと思うんだけど、
原文のテイストどれくらい出てるのかな?

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 15:27
>298
少なくともけっして「名訳」とは言われてないだろな。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 15:39
300ゲド

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 19:39
私amazonで4冊セット買いましたー。
こわれた指環まで読み終えましたが、2巻のラストには泣きそうになりました。
ああ、これもっと若いときに出会いたかったわ。
もうハタチこえちゃってるし。。。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 22:36
3・4巻はハタチすぎてからのほうがいいよ。
気にするな>301

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 23:33
1-2もある意味、人生におけるあの時代を抜けてきた人間でないと
心の底からは解らないかも。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/01 08:17
http://www.iwanami.co.jp/theme/fantasy.html
岩波書店のHPにゲド戦記の情報載ってました。
これだけでもなんか嬉しい。

305 :304:02/03/01 08:27
>280
邦題は「新しい風――ゲド戦記5」と「アースシーの5つの物語――ゲド戦記外伝」らしいです。
ソースは上のページから。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/01 10:45
>>298
カラスノエンドウの「その話ストップ!」に
やや萎えた覚えが。「ストップ」ってなんだかなあ・・・

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/01 12:13
清水さん、うちの母校の先輩だよ・・・講演会もやってくれた。
ゲドファンとしては複雑な気持ちだ。

308 : :02/03/01 22:11
「こわれた腕環」面白かったーー! 最高!!

清水さんの訳も、結構面白い。
特にゲドがテナーに向かって、「あんた」と呼びかける
ところが、何かウケた。(w

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 01:05
このスレ見て図書館で借りて読み直して楽しんでたら、
5巻が刊行予定とは。嬉しい。
ところで4巻の「ゲド戦記 最後の書」って装丁はどうすんだろ…。
挿絵がどうなるかも気になる。個人的には2、3巻みたいのがいいな。

私は清水さんの訳けっこう好きだ。丁寧に文が重なっていく感じで。
ストップは確かに萎えるけどネー。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 04:10
ゲド戦記、としては確かに最後かも……4巻。
というわけで、5巻からは「アーシーズシリーズ」と呼びましょう。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 06:46
>>274
ヒント
フロイト〜ラカンなどの精神分析をもとにして考えてごらん

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 15:22
>>311
ラカン系じゃなくてユング系なんだが
>>310
ラストブック・オブ・アースシーなんだが
アーシーズ?

313 :スマソ:02/03/02 16:26
そだね
アースシーだね。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 23:30
いよいよ3巻「さいはての島へ」に入りました。
いきなりゲドが大賢人になってるし、何だか随分重厚な
出だしだなー。
今までとは雰囲気違いそうで楽しみ。

315 :阿佐ヶ谷北:02/03/03 02:28
>>312
ユング系、禿げ同!!
1巻も2巻ももろユングっしょ。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 17:51
>>312
この作品、文学板では、あまりにユングを連想
させるということで、不人気でしたね。


317 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 19:37
>>290
たしか、手塚御大がマンガ化した「イシ−北米最後の野生インディアン」
ってのは、ル・グィンパパの原作でなかったっけ?

>>298
昔原文読んだときは、訳文と同じような印象を受けました。今読むと違う
かもしれないけど。

>>307
ひょっとして、私と同じ学校出身でしょうか?

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 19:47
>>317
『イシ…』はル・グィンママの原作だったと
思う。

319 :317:02/03/05 22:10
>>318
スマソ。そうでした。影の世界に逝ってきます。

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 00:16
>>317
イシが手塚師によって漫画化されているとは知りませんでした。
今度探してみます。

321 :END:02/03/06 23:08
>>320
あまり良い出来ではなかった記憶が...

「天のろくろ」もTVドラマになっていますが
雰囲気は出ていたなあ〜。

322 ::02/03/06 23:30
>320
手塚キャラでおなじみのロックがイシをいじめる話です。
ちいさいころよんで強烈な印象を持った。
しかも実話なんでしょ。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/08 15:43
文明から隔絶されていた、純血のネイティブアメリカン「イシ」の
後見人になったのが、文化人類学者の父。
そして、それのルポルタージュを書いたのが、作家の母。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/08 22:54
>322
たしかル・グィンパパ(クローバー博士だったっけ?)の
ビジュアルがまんまロックだったような気が。

325 :さいはての島へ:02/03/09 10:29
はちょっと難しかった。
黄泉の国のところはなかなかよかったっす。

さて、いよいよ「帰還」・・・

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 22:37
>>325
ああ、読んでほしいような、ほしくないような……

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 23:54
>>326
オジオン先生周辺の話があるから
あれはあれで読んでおいた方が良いと思う。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 08:34
4巻はファンタジーというよりも、
ある種の小説の粋の入ってますので。
あのファンタジーにはあるまじき地味な展開や
リアルさが、好きな人には好き、ダメな人にはダメと
その辺りが人によって好みの別れるところでしょうね。
私は充分楽しめましたが。
325さんの感想がとても楽しみです。



329 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 13:23
ゲドシリーズを「毛色の変わったヒロイックファンタジィ」ととるか
「アンチヒロイックファンタジィ」ととるかで、評価が違う>帰還

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 22:45
>>325
なんか同じペースで読んでいますね。
私も「さいはて」を読み終え、今度「帰還」です。
図書館で借りて読んでいるんですが
ファンタジーブームなのかけっこう借り出されていますね。


331 :酔生夢死:02/03/12 04:04
>>330
次は「ドラゴンフライ」ですね


332 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 16:19
ここ数年来、ファンタジーブームとか言い出してるけど、
本屋の児童書コーナーは年々縮小傾向にあると思いませんか。
指輪物語は映画化のおかげで関連書籍といっしょに山積みだけど、
少し前はあまり見かけなかったし。
ゲドが揃ってる書店って、あまりないですね。
岩波の買取制度のせいかな?

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 11:56
指輪映画化の成功で、次はナルニアか、ゲドかと言われてるようだが、
ある意味ゲドは指輪より映像化困難だと思う。
漫画だったらなんとかなるかもだが。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 23:33
ナルニアの方が現実味が高いでしょう。
プロジェクトが動き始めていると噂も耳にしました。

一方ゲドは、ルグィン女史がご存命の間はドラマ化はあっても映画化はないと
思っていますがどうでしょう?

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 23:36
実際、映像化する必要は感じないけどな。
指輪映画見てないけど、あっちはどうなん?

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 08:29
「指輪物語」の映画ねぇ・・・
見に行ったけど、こてこてハリウッド風味のエンターテイメント映画という印象。
ただし、ストーリーは良くここまで3時間内に収めたと感心するほどまとまっていたと思う。
その分小説にあって重要な要素である“余韻”がほぼ壊滅状態になってしまっていたが。
アラゴルンやアルウェン等、人物描写にも多少問題あり。一方ホビットの描写は秀逸かと。

というわけで、一長一短の映画とは思うが、過去原作つきで映画化されたファンタジーの中
ではよくできた方では?

個人的には無音のシーンが欲しかったなぁ。(常にBGMが垂れ流しの映画は個人的に好きじゃ
ないので。だからハリウッド映画は好きじゃないんだよなぁ・・・)

ゲドには関係ないのでsage。


337 :酔生夢死:02/03/21 13:40
ナルニアはBBCのTVドラマで充分じゃないの?
ゲドはアニメでも可。


338 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 21:57
ナルニアのアニメ化の方がありそう。
もちろん、その場合はディズニーチックな方面で。
逆にディズニーチックなゲドは考えられないのでアニメ化反対!
(日本のアニメ?……宮崎アニメだったら考えてもいいけれど……)

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 23:24
ゲドがアニメになったとして、
日本人が見て怖い顔のキャラになりそうなので、欧米のアニメ化には反対。
日本のアニメならよほど絵柄を斬新にしないとダメっぽい。
手垢のついたような絵はパス。
ジブリが作ったとしてもちょっと違和感あるなぁ。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 23:48
ほとんどの人が知ってるとおもうけど、
いちおうパヤオは昔、ゲドアニメ化しようとして
ルグウィンたんに却下されてますな。

その後、もう一度話が上がったらしいけど、
その時は「今はもう、その時期じゃない」と、
逆にパヤオの方が蹴ったらしい。

よってパヤオ監督作で実現はないでしょう。
ただし…パヤオが去った後のジブリでは…。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 02:13
ゲドをジブリアニメってのはちょっと・・・
トミノとか大地とかの方がいいかも

ところで、>>340の話は指輪物語じゃないのか?

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 19:13
むしろ北野武監督で作って欲しい。
あのオッサンがゲドみたいな話を撮りたがるかどうかは別にして。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 21:21
>>341
逆に私は「指輪物語」in宮崎アニメは初めて耳にしました……。

ということでゲドのアニメ化希望!って宮崎氏が訴えたのは97 or 98年ごろでしたっけ?
たしか、もののけ姫前後だったような??

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 23:40
>>343
ナウシカ以前だよ。

ちなみに指輪映像化案は聞いたことないっす。
少なくともインタビューなどを含めた公式発言では
一度も出てきてないですね。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:52
とすると、指輪云々はゲドの話の又聞きで変化したのか?
でも、ナウシカとか見ると、パヤオは指輪の影響受けてると思うけど

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 02:07
≫345
うん、指輪の話は誤解でしょう。
影響っていえば、指輪の影響受けてないファンタジー作家はいないと思われ。
王蟲の行軍は、よく言われる「デューン」の砂虫より、指輪のエントに近いかも。
存在自体はゲドの竜にも通じるし。


347 :カーライル:02/03/29 03:50
ナルニアのディズニーは困るなあ。締め付けが厳しくなって、遊べなくなるから…。BBCのTVドラマでいいっす。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 20:31
でも、BBCの特撮技術はメッチャ低いですよ〜〜ここだけの話。
能天気風味になるけど、アメリカで制作した方が特殊効果は期待できますよ。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/30 12:41
ゲドが映像化されたとして、
たとえばハイタカやカラスノエンドウみたいな名前は、
日本だと元の名前に変わっちゃうのかな。
以前『ウォーターシップダウンのうさぎたち』のアニメを見たとき
人物名(うさぎ名?)が訳書と違うから、違和感あったですよ。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/31 00:36
>349
指輪でもそうなんだけど、あだ名ってのは言葉の意味が分からないと
意味が無いんだがなあ。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/31 11:15
age

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/01 00:56
今年中には待望の外伝と5巻が発行されますように!

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/01 05:50
>352
まったくもって同意!!

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 23:25
ゲドが映画化みてみたい気もするけど
ファンタジーブームに便乗したようなコテコテ物語にされてはたまりません。

4巻は、ベットシーン描写があるあたり児童書とするのは、いかがなものかと思われ。

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 15:04
ある程度お金かけて作ってほしいとか思う。
ロケ地もけちらないで探してほしいとか思う。
TVドラマにありがちな中途半端な距離のカメラじゃなくて、
遠景を多用して海がいいかんじに見えるような撮り方で、
ひなびた感じの画面ならいいな、とか思ったりする。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 19:26
>355
となると……
米国ではなく、やはり欧州の国で撮って欲しい映画ですね。
個人的には東欧系がいいかなぁ、なんて思ってしまう。
あとは、意外なところでメキシカンとか、どうでしょう?

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 22:09
>354

私はそのシーンでかなりぶっ飛びました。
耳まで赤くなりました。
そしてページを閉じてしまいました。勘弁してホスィ

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 23:08
>>357
それってかなりリアルに想像してしまったんでしょうね。
(私はむしろ2人が結ばれたってことを感じられて嬉しかった口です)
他の小説と比べたらなんてこと無い描写なんですけど、小学生なんかも
これを読むのかと思うと、ちょっとビックリしますよね。
(あ、でも今の少女漫画はかなり凄いと聞いてますから、こんなもので
は驚かないかな?)

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 23:20
>>357
一つのベットに2人で寝るってあたりから、もしやの予感。
テナーがゲドに、神秘を教えた。との文章に、子供ながらも衝撃うけました。

4巻は、ほんとに嬉しいやら、悲しいやら。
一言では、語りつくせぬ本です。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 22:21
五巻と外伝に期待age

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 21:38
5巻の主役は、やはりテハヌーでしょうか。
ゲドとテナーの子供がなんたらとカレシンも行ってたし。子供2人の話とか?

>360
 外伝の中に、オジオンの話があるみたいで期待大っす。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 13:03
保守age

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 22:43
5巻の主役って誰なんでしょう?
やはり、テルーか、アレン?

364 :5巻主役予想レース:02/04/23 23:32
テルーというのが大方の予想。
次点:アレン
大穴:ゲド×テナーの子供

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 01:35
5巻の原題ってなーに?

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 01:37
「ドラゴンフライ」のヒロインじゃないかな。次の主役。
例の、史上初の女魔法使い。「帰還」の後日談に出てくる。

367 :月下独酌:02/04/29 13:19
>>365
がさごそ、と取り出してみたところ「the other wind]
ですね。主人公はテ○○・・・


368 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 01:25
>>367
もしや既に原文版読んだ方ですか?
良ければ、メール欄使って正直な感想をプリズ。

個人的には、4巻がアレだったので、
あまり期待せずに待つことにしてます。
少しでもショックを和らげるため。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 05:05
○:「アレン都へ逝く」
◎:「魔女っ娘テルー」
△:「若き日のオジオン エピソード1」
×:「奥様はセレット」

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 05:10
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1019658954/l50

の女子高生は・・・「G県厨」だった! (−▽−)ビクーリシタヨ・・

http://isweb40.infoseek.co.jp/diary/sakura7n/2ch/18-858.html

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)