5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「SF作家は女性心理が書けない」

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 09:39
1月17日『ズームインスーパー』で、直木賞受賞作家について
特集を組んでいました。
で、銀座にその筋の方々の集う『文壇バー』なる高級クラブが
たくさんあるそうで。
そこにいたとある作家が(名前わからん、スマソ)言った言葉。
「SF作家は女性心理が書けない。我々はこうやって勉強してるから書ける」
これってどうよ?

2 ::02/01/17 09:46
女性心理が書けていないのはSF作家に限りません。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 10:09
書けてるSF作家  書けてないSF作家
書けてる一般作家 書けてない一般作家

やっぱり「90%は屑」法則はここでも生きてるんでしょうか。

でも、その作家は、飲み話のネタだからまじめに取り上げてもね。。。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 11:53
>>1
小松左京が誰かから言われた言葉だったような・・・・・・。

5 :見てたよ:02/01/17 13:04
>そこにいたとある作家が(名前わからん、スマソ)

小松左京本人じゃん!
ネタスレ?

6 :1:02/01/17 13:35
>5
>小松左京本人じゃん!

あ、そうなの?
テロップで名前でてたみたいだけど、ちゃんと見てくてさ。
小松左京本人だとすると、変な話だね。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 13:39
まあ、女性心理に限らず、人間が書けてないっていうのは
登場人物がリアルに書けてるとかそういうことじゃなく、
大衆にわかりやすい(受け入れやすい)ステレオタイプの
キャラクターが書けてないってことなんだ。
わかりやすいってのは、その人物に感情移入しやすい
ってのとも違う。
たとえば、今、NHKの連ドラでしょーもない女性キャラが
出てるけど、あれって、別にそのキャラに感情移入させる
ことが目的じゃなくて
なんだこのやろー、まったくどーしよーもねーな。
と視聴者に思わせる−>主人公に感情移入させる。って役割。
(まー、あれはベタすぎって気もするけど、そこまで読んで
あーゆー設定なのか?)

女性心理が理解できたからって、作中の女性をリアルに書いても
しょーが無い。その理解を、どういうキャラを書いたら、女性読者の
感情的反応を引き出せるかって所に使わないと。


8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 15:23
文壇バー?『眉』?「エル」かな。
分断バー「板門店」とか
ブンタンバー「南国」とか。

しかし「SF作家は女でカケない」とは失礼な。まさか男で(以下略)

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 15:32
>>7
そういう場合もあるかもしれんが、
むしろ、登場する女性何名もが、結局かき分けられてない、
同じような女性しか描けない、で、「女ってそういう考え方するか?」
さらに、作家本人のイメージする女性像が貧困なのでは?という事じゃないの?

漏れはそうは思ってないが、スレの趣旨はそういうことかな?

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 16:18
銀座か、高価いよ。漏れもそうやって勉強したい。(藁

11 :猫電波:02/01/17 16:30
グレッグ・ベアもそれで悩んだけど、
「普通に人間を書きゃいいんじゃん、と判った」とSFMに載ってた。




12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 19:11
「普通の小説家は、宇宙人が書けない」

とでも言い返せばいいじゃん。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 19:19
>8
見てたけど『エル』だったよん。
小松氏は酒が入ってたようだったし
「SF作家は女が…」の言葉は、半分冗談だととったが。




14 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 19:21
スレタイトル見て、「新井素子の山田正紀への発言蒸し返しスレ」かと思ったよ( ;´Д`)
「普通の小説→男と女という人間の二つの形の差を書く」
「SF→人間とそれ以外の差を書く」
ってことなんだろうなあ。

>11
至言だね。確かに、変に意識すると悲惨な結果になる。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 19:38
あれは文壇バー「エル」ではなく
セクシーバー「エロ」です。
正しい発言は
「SF作家は女が欠けない」
つまり女なくては夜も日もあけぬと言う。

「エル」って移転したっけ?
新橋に近い銀座のはずれ、ビルの地下にあったやつだったか?

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 20:26
SFを文学だと思うからスレタイトルの文字列が批判だと感じてしまう
おれはSFは文学だとは思ってません。SFはエンターティンメント、芸術
なんでもいいけど、とにかく文学とは違うひとつのジャンルです。
人間を描くことが目的ではないと思っている。現実にはない
仮定的な世界や設定におかれた人間がどう振る舞うか?を
描くことが目的のひとつであるかもしれない。その場合も細やかな女性心理を
描き分けるなどという中途半端なことをしていると、目的を見失う可能性が高い。
SFにおいては要するに女性の行動や心理も小道具にしかすぎない。もちろん
小道具がリアルであるにこしたことはないが、小道具を描くことが本質じゃー
ないだろう。要するにSFに対してスレタイトルのようなことを言うのは
「蛍の墓はB29の恐るべき性能を描ききっていない」
と批判するのと同じようにばかばかしい。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 20:32
>>16
どのジャンルにも文学的なのと大衆的なものがあると思うが?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 20:38
>>16
定常状態の人間も書けないのに非定常な状態の人間が書けるわけないじゃん、で終わりのような。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 20:50
銀英伝なんかの場合、出てくる女性はみんな同じ人に見える。
これはがっかりする。(ごめん、ラ板逝ってきます。)



20 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 21:13
ありゃ「エル」のおケイママの取材だったみたい。

あの、文学ってエンターテインメントじやダメなの?

映画でも、面白かったらいけない「芸術映画」なんてのがあるみたいに。

面白かったり、大衆ウケしたら文学ではないのですね。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 21:37
>20
俺は「戦争と平和」とかを普通にエンターテインメントとして読んでる人を
知ってるがね。

「文学的」「大衆的」という分け方はちと乱暴じゃないかと思う(まぁ
二つ三つにカテゴライズするとなると乱暴にならざると得ないが)。

しかし、女流SF作家は無視かい。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 21:43
わしゃ「罪と罰」はミステリーと思うだよ。
「刑事コロンボ」の元ネダと思うだよ。
ありをエンタメとしてよんじゃいかんだか?

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 21:53
>>21
禿同(女流無視)

ま、16は銀座で勉強してきなさいってこった。

1はママ相手の洒落だね。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:01
小説・大説っていう分けかたで行くとSFって「大説」に近いんだよなあ。
その点、心理を描くというのはきわめて小説的なんだと思う。これが男性心理なら
「で、それからどうなるの?」というツッコミも成り立つんでストーリーの一部と
して成立しやすいけど、女性心理をそれっぽく描写するとストーリーが止まる。

女性の心理(たまたま女性である登場人物の心理)じゃなくて、女性心理ね。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:08
女流作家が男の心情を一切描けないというのは言えると思う。

26 :猫電波:02/01/18 00:09
しかし、これを言ったのが小松左京じゃなくて、渡辺淳一あたりだったら楽しかったんだけどな。

てか、男性心理なら書けてるんだろうか(笑)。「我が望むは星の海」的なメンタリティがそれとか?


27 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:12
>>25
高村薫でも描けてない?

板チガイダガ。。。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:30
ってゆうかさ、
おれは火遊びするだけの金があるから、女について知ることが出来る。
んで、その経験で更にいいのを書ける、SF作家なんてヲタな小説は売れねえから、
お前ら銀座のこんな高級店で火遊びどころか、ウメサワーも飲めねえだろ。
って1の作家は言いたいんじゃないの(w

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:39
作者の名前を性別逆で書いて読ませると、どうなるんだろうか?

ティプトリイは男な作品しか書けないから男だって言ったやついたな

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 00:53
確かに、女性SF作家のことは無視した意見だな。
っていうか、文学を気取る作品のうだうだとした心理描写
(登場人物・作者の男女問わず)に耐えられないのは俺だけか。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 03:26
つか、男性心理もかなーり不自然だが>>1

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 10:00
冗談にしても仮にも作家が、そこら辺の普通のオヤジの発想と変わらない
オヤジギャグを発するなんてなぁ。


33 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 10:37
>>27
書けてる。(イタチガイにつきsage

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 18:00
昔、某漫画家が「俺のネームには金がかかってる」って言った事があった。
その漫画家が描くのはエキセントリックなキャラクターとかが多かった。
飲み屋でおっさんが世界を動かすほらを吹きまくったりそれを上手に
あしらう女性、ってな雰囲気の場所がその作家の人間観察の場所だった
んだなぁ。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 19:24
そういえば「いさましいちびのトースター」を読んで「人間が描けていない」と言った奴もいたっけな。


36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/18 19:46
>>35
人間を描くことが重要だったのか、あの話?
ちょい役をまともに描かなかったからといって罵倒されてはかなわんよね。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 02:24
>>29
それを言うと、高橋留美子の方がティプトリーより「男」な作家だよなあ。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 19:00
エルにいた女の子、スゴく背の高い子は、ヨシモトのタレントだって。
あと、おけいママね。

39 :正確に言っときまふ:02/02/09 22:36
(純文学など他のジャンルの作家から)
SF作家は女が書けないないなんて言われているけど、
俺たちはこうやって勉強している(文壇バーで女の子たちといろいろかかわってる)
から、女性でもかけるんだ。
と言うシャレ。右にいたのは多分おケイまま。

唐突だが「眉」のマユちゃん、息子がなんと高校生で、エヴァのファンっ!!!!


40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/12 20:27
純文学とかがそんなこと言うな、よく。
じゃあ
純文学は「算数」がわからん、とか。
純文学は売れない、育ちが悪い、まともな家庭をもてない。
なんて言われたらどんな気がするだろう。

41 :エル言ってきました:02/02/26 20:26
資生堂の前。
十ン年ぶりだったのに、ママがこっちのこと覚えていてたまげた。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/26 22:28
>純文学は「算数」がわからん、とか。
>純文学は売れない、育ちが悪い、まともな家庭をもてない。
>なんて言われたらどんな気がするだろう。

 「馬鹿?」で終わり。人間の営みや個人の感情なんてのは、
「取るに足らない事」。ソレを描くから「小説」。

>小説・大説っていう分けかたで行くとSFって「大説」に近いんだよなあ。
>その点、心理を描くというのはきわめて小説的なんだと思う。

 同感。しかし、「小説でご大層な能書きたれやがって馬鹿じゃね
ーか?」って意見も成り立つ。

 何を読ませても「人間が描けてない」と言う批評家ってのは、ミ
ステリー方面で50年前に流行った冗談だと思うぞ。何を読ませて
も「トリックが弱いね」とかね。「○○は女が描けない」も常套句


 その辺りを踏まえての小松左京の冗談だろ。 

43 :人間が書けてない:02/02/27 05:40
いいなあ、そのフレーズ。使ってやろ。
「その企画はいいが、人間がえがけていない」
「『昆虫記』も、シートン『動物記』もだめだ。人間が描けていない」
「ホメロス作品は神様ばかりで、人間がえがけていない」
あと「人民が描かれていない」とか言ういいかたも、六十年代にはやったような。


44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 17:52
>>29
まだティプトリーがカミングアウトする前に、どこぞの評論家が
”最近売れてるSF作家はティプトリー以外は女流作家しかおらん”
と言ったって話ではなくて?


45 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 18:08
>>44
その他にもあったエピソードだと思う。
俺が知ってるのは、匿名時代のティプトリーが女性SF作家のサークルだか
なんだかに入ってたか入会を申し込んだで、「男性作家でしょ」という
拒絶反応が出てきて断られて、招待が判明したときにル=グインだかが
謝ったって話。
学んだのは「みんな性別を意識したがる」「それに基づいた判断はアテに
ならない」ってことだな。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/01 00:34
グレッグ・ベアは良い作家だ。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 06:50
なんかのテレビで
「外科の世界的権威ドクタースミス」の簡単なエピソード話して、
そのドクタースミスがどんな人かあてるのあった。答えは「女医」で、
いかに「世界的権威なら男」と言う先入観があるかを証明するんだけど、
普通「ドクター・スミス」つうたら
「ザックレイ・スミス」と熊倉和夫を思い出しません?


48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 15:42
そういえば昔、出典は忘れましたが、
「男性作家の書く女性像はオカマか精神分裂だ」
という話があった気がするんですけど、今でも通用するようですか?

…ラ板出典なら、
「…あるいは萌えキャラだ」
とでも続くんでしょうけど。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 16:04
アシモフの回顧録にもありましたな
「若い頃は女性としゃべるのも恐かったが、今では女好きとして知られ」云々

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 20:35
籠もるタイプが多そうだからなぁ

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 21:32
 極端な話、「探偵、警官、被害者、容疑者A、B、C」
でも困んないのがミステリー。SFも「宇宙飛行士と密
航者」でもネタが良けりゃ問題なし。

 両方とも「人間を描く」のが目的じゃない。それは
文学じゃないっていうのならソレで良い。

 ハードボイルドを読ませて「トリックが甘い」とか
言う馬鹿とか、ライトノベルやスペオペを読ませて「
単なるキャラクター小説」とか言い出す馬鹿と同じレ
ベル。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 05:21
>>47
SF板的には
ドク・スミスと言えばE.E.スミス
に決まっておろうが!


53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 13:58
>>47 >>52
当然だ。ドク・スミスといえば、我らがエドワード・エルマー・スミス以外にいない!

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 19:09
>>51
そういや「エデン」にはは人名が出てこなかったような。
みんな職業名じゃなかったっけ?

55 :47:02/03/03 19:29
>52,53
し、失礼いたしましたぁぁぁぁ!

56 :猫電波:02/03/04 00:14
>>44
シルヴァーバーグの「男と女では違う。ヘミングウェイは男にしか、
オースティンは女にしか書けないように、これは男にしか書けない作品だ」って奴でしょう。
「近頃の新人でこれはと思うのは、女ばかりで例外はティプトリイくらいだ」はスタージョン。

57 :シルヴァーバーグ:02/03/05 19:43
・・・・わたしも、ほかのみんなも、みごとに彼女にかつがれただけではなく、
小説の中のなにが「男性的」であるか、または「女性的」であるかという
観念ぜんたいに疑問を投げかけられたのだ。わたしはいまもその疑問と
格闘している。このことからわたしが学んだのは、
伝統的に男性中心の話題を、たいていの男よりも博識に書ける女性がいると
いうこと、そして、本当に優れた芸術家は、題材にふさわしいいかなるトーンをも
採用して、ちゃんとそれを成功させるということだ。
・・・・わたしは、またまた、もうひとつのことをまなんだ・・・
「物事が外観どおりでることはめったにない」

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 20:48
いっぺんエルでオフ会すべえか? そんなに高くないってよ。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 14:56
男性作家は女性心理を書けない。
女性作家は男性心理を書けない。
SF作家は男性が多いってだけだと思うが。

グイン・サーガなんて男性心理、全然分かっていないと思うよ。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 15:12
テロリストのパラソルって、あれ、女性心理書けてるのか?
いや、わかんないけどさ。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 15:55
>>59
禿ドゥ。特にグイン

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 16:46
>>48
>そういえば昔、出典は忘れましたが、
>「男性作家の書く女性像はオカマか精神分裂だ」
>という話があった気がするんですけど、今でも通用するようですか?

それはたぶん、小説「ガンダム・センチネル アリスの懺悔」
の作者、高橋昌也の言葉だと思われ。
高橋は上記の理由からそれを誤魔化すため、
作中に出てくるほぼ唯一の「女性」を人工知能「ALICE」として登場させたそうな。
まあでも、本家トミノの描く「女性」と、どっちもどっち、だわな(w

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 19:13
>43
芥川の小品集にあったね
文芸批評の極意をメフィストーフィレスが学生に講義する奴。
彼に言わせると「人間が描けてない〜」は悪い批評の典型だね

64 :みなさん意図的に話をそらしてる。:02/03/17 21:03
 単純にSF系の皆さんはオタクが多くて女性が苦手、
 そういうことなんでない?
 実際その程度だと思うけどな。

 北方謙三と高千穂遥とどっちが女遊び激しそうよ。
 若い頃にきっちり女の尻おいかけりゃいいのに、
 なんとなーくSFコミュニティにひきこもってるから、
 そうなってしまうんじゃないかと。

 これはもう「ソープに行くしかない」と思う。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 21:27
>>64
ソープで女がわかるなら苦労しない。

66 :みなさん意図的に話をそらしてる。:02/03/17 21:38
 あんた程度のレベルだからダメなんだよ。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 22:33
>64
オタクってよりフェミ系の人間が(意外に?)多いからじゃねーの?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 00:14
主人公の女が「男なんてどうせバカ、セックスで利用すればイイのよ。
アタシは自立してるんだから」
なんて態度で、ゲイの親友とか売春やってる女友達が出てくるSF小説
かいたら売れるんじゃないの、はじめて女性を描いたSF!!とかいって。
PNは山田エイミーかな。

69 :liqueur:02/03/18 00:21
>>1
個人的にはSF作品に女性心理の描写を求めてないから、
書けるとしても、そんな事にページをさいて欲しくない。

70 : :02/03/18 00:56
>PNは山田エイミーかな。

その小説版を元に、
やまだないとあたりがコミック版を書くのも良いね(笑

71 :>>70 :02/03/18 01:23
いや、やっぱりコミック板は山田双葉が描くべきでしょう(藁。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 02:03
高野文子がかいたら意外とすごいものになりそう。

73 :あらら。じゃあ言い換えようか。:02/03/18 08:23
>>66
SEXで人間がわかるなら苦労しない。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 12:03
SF作家の中に鈴木いづみも含まれるから、この発言は大きな
間違いだな。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 13:25
>>74
なんで?

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 20:54
>>64
一般作家だって同じだって。
50,60歳の男性作家が、20代の女性心理が分かるか?

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 09:47
69のいうとうり。
心理描写や主観描写の多い小説は分野を問わず、読むのがしんどい。
そもそも女性心理などどーでもよい。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 20:25
「ボヴァリー夫人は私である」byフローベル

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 17:02
>>77
「女性が書けてない」という批判は、別に女性心理をねっとりじっとり
書けという意味じゃないと思うよ。普通の人間として書けばいいのに、
妙な女性観――「女は現実的だから男の夢がわからない」「女は
感情的な生き物だ」――を反映させた作品に対して、そういう批判が
向けられるんだと思う。

>>68
これぞ世間が思う「女性をわかってないオタク」の典型的意見。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)