5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■ホラーHoRRoR恐怖怪奇小説総合雑談質問案内スレ■

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 05:19
ホラー小説のなんでもスレです。関連スレは>>2

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 05:19
菊地秀行批評スレッド
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1010669972/
牧野修について
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1004787672/
「ドラキュラ紀元」シリーズ
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/999294675/
H・P・ラヴクラフト
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/951915662/
D.R.クーンツについて語ろう
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1003723589/
ダン・シモンズ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/983916956/
スティーブンキング超つまらない
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/975161987/
ドグラ・マグラ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/960513488/
小林泰三氏について
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/966706760/
クライブパーカーを語るスレ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011102955/
悪趣味大ケッ作!「グール」について語って下さい
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/988008355/
角川ホラー文庫について語る?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/986830762/
ヴァンパイアシリーズのアン・ライスはどうよ。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1012225379/
◎◎今まで読んだ中で一番怖い本◎◎
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1010904898/

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 05:26
雑談スレでホラーを推した手前もあって立ててみました。
正式に板TOPやメニューやテーブルにホラーが追加されたときには

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この度、SF板が「SF・ファンタシー・ホラー板」として
装いも新たに再出発することになりました。
このスレッドの皆様も是非一度お立ち寄り下さい。

SF・ファンタシー・ホラー板
http://natto.2ch.net/sf/
■ホラーHoRRoR恐怖怪奇小説総合雑談質問案内スレ■
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1013113143/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とまあこんな感じで貼って宣伝して回るというのはどうでしょう。
あとはミステリ板とラ板と一般書籍板と文学板などの雑談スレにも。
文面は改良の余地あると思うので意見ください。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 05:37
>>3
ファンタジーにしてください。
恥ずかしいです。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 05:52
正直どちらでもいい。
どちらが恥ずかしい人も自意識過剰。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 06:03
でもファンタジーと呼ぶのが普通だから…
総合案内で主張するのは止めたほうが。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 08:25
ミステリー板にこんなのもあったよ。

ホラー批評家・東雅夫について語れ!
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011794056/

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 14:55
ファンタジーが定着しているのは認めるけど
なぜ「sy」が「ジー」になったんだろう?

ってここはホラースレだな。
サンドマンってどうなの?
洋書屋に色々あったんだけど?

9 :(ノ ~m~)ノ アゲ仙人:02/02/08 16:02
■海野十三を語れ
http://natto.2ch.net/sf/kako/995/995010235.html
海野十三
http://mentai.2ch.net/sf/kako/950/950876434.html

10 :(ノ ~m~)ノ アゲ仙人:02/02/08 16:03
ありゃ、誤爆してしもうた。失礼しました。

11 :猫電波:02/02/08 22:32
>>8
サンドマンってファンタジーアメコミのあれ?
面白いよ。邦訳も有るけど、訳が簡潔だし、途中で中断。

SF板のアメコミスレ
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/997873439/l50

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/08 23:18
>8
やっぱfantasyは「ファンタジー」で定着してるの?
自分は「ファンタジイ」って表記してしまうけどなあ。
妖精文庫とかの頃って「ファンタジイ」だったような気がするんだが
ライトノベル系の表記はすべて「ファンタジー」だし、そのせいか?
とか思いつつ「季刊幻想文学」など開いてみたら
ここでも「ファンタジー」だった…そうか。

そういえば永井豪作品に「ファンタ爺」ってのがあった。
自分の「ファンタジイ」表記はこのあたりに由来する説を立てるか。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 02:34
「ファンタジー」約317,000件
「ファンタシー」約1,890件
「ファンタジイ」約1,920件
‐‐‐‐‐‐‐
「ファンタ爺」約62件
(Google調べ)

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 06:57
おっと、これがぬけてたよ

「異形コレクション」の話題ってここの板だよね?
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1012111487/

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 08:16
>>7
>>14
ありがとうございます。
これからもよろしく。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/09 11:57
>11
コミックに加えて天野イラストのサンドマン(英文)とかゲイマン編集のアンソロジーとかあったから
「一体これは何だ?」って思ったんだけど、面白いのか。今度買ってみるよ。

>12
いや、ファンタジィでもいいんだけどfanta「s」yがなぜ「ジ」と濁ったのかな、という単純な疑問。
ファンタ「シ」ィかファンタ「シ」ーかファンタ「ス」ィ(ー)で良かったんじゃないかと。
定着した物を「おかしい」とか「変えよう」とか主張している訳じゃないので念のため。

17 :猫電波:02/02/09 21:32
ファンタスィは62件。
>>62
天野氏の奴は夢枕獏訳。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 07:27
ピーター・ストラウブの「モモ」「スローター」って面白い?

ストラウブは「カッティング・エッジ」っていうアンソロジーに収められた短編
「ブルー・ローズ」しか読んだことが無いんだけど(でもお気に入り)、
ああいう、霊とか悪魔とかあんまり出てこない、恐いというより気分が悪いって
感じの奴が読みたいんだけど。
誰か紹介してくれ〜

19 :18:02/02/10 07:28
「スローター」じゃない、「スロート」でした。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 07:33
ココはおもろかった。
ベトナムがえりのヤツ。
どちらかというとミステリふうだけど。
えいがのジェイコブスラダーにえいきょうをあたえているとおもわれ。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 15:24
じつはニール・ゲイマンの「サンドマン」が、「スーパーマン」や「バットマン」と
世界を共有しているキャラクターとは思うまい。
過去にサンドマンとスーパーマンは共演したこともある。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 23:15
ストラウブは結構好きだな〜。
長編だったら「ゴーストストーリー」と「ココ」を読んだ。

どっちも「恐れられるもの」の正体を明確にしないまま
「人々が恐れている様子」を巧みに語っていく話だったと思う。
カタルシスが無いといえばそうなんだが
不思議と退屈したり食い足りなかったりはしないんだよなぁ。


23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 23:38
>>21
第四話でバットマンが出てきてるじゃん

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/11 05:34
>>20 >>22
レスサンクス。読んでみるYO!

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/11 10:51
ダークファンタジーとホラーの違いって怖いかどうか、でいいのかな?
怖くないのにホラーと言われてる物があると思うんだけど。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/11 14:56
ドン・ドラキュラとか?

27 :密室博士:02/02/11 23:20
>>25
ホラーが「現実への恐怖の侵食」を基盤とするのに対し、ファンタジーの舞台(異世界とか)で怖いことが起こるのが
ダークファンタジーなのでは。オレもあんまり詳しくないので違ってたら許して。
個人的にはジョナサン・キャロルが登場したときのキャッチフレーズがそのまま一般名詞化
したような印象がある。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/12 16:22
>26
例えばクライブ・バーカーの「血の本」とかでも怖くない
(下手というわけでなく怖さを狙っていない)のが幾つかあったよね。
スプラッタだったり悪魔が出てくる奴でも。
ああいうのもホラーなのかな、と思ったんだけど。

>27
「怖いかどうか」じゃなく舞台や設定の差って事だったの?
でもキャロルはあまり異世界じゃない気が…。当方も詳しくないけど。

29 :教えてくん:02/02/12 17:58
「超人バロム1」「デビルマン」「サンダーマスク」「幻魔大戦」、、、etc
みんな、
「〇〇〇伝説」の脚色ですよね。

「〇〇〇伝説」の正式名称は?

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/12 18:15
ゾンビ伝説

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/12 22:58
愛天使伝説ウェディングピーチ

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/12 23:49
>>26
死とセックスと星明りだったっけ?
SFでSFのガジェットを使用していてもSFでないのが多数あるように
ホラーのガジェットを使用していてもホラーでないのは一杯あるのではないかな。
勿論書き手がホラー作家であっても。

俺はガジェットに関係なく怖い小説はホラーでいいと思うけど(乱暴)。

まあ作品の出来とは関係ない話題なんだけどね。

ダーク・ファンタジーはようわからんです。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 00:44
>28はたまたま例に挙げただけかも知れないが
クライヴ・バーカーってそもそもあまり怖くなくない?

ホラーのガジェットを愛して多用してる作家ではあるが
物語のキモっていうか、テーマめいたものはいつも別にあった。
長編になるとさらにそのテーマ性が際だつからか
ヴィーヴワールドあたりから
「ホラー」じゃなく「ダークファンタジイ」として紹介されてたし。
個人的には「イマジカ」がすごく好きだが
もう全然ホラーじゃなかったなぁ。

でも、純粋に読者を怖がらせることに力点を置く作家って誰だろう?

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 00:56
ミス板にこんなのもあった

倉坂鬼一郎
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973540222/

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 01:09
>でも、純粋に読者を怖がらせることに力点を置く作家って誰だろう?

やっぱキングでは。全部がそうとは言わないけど。
まあ、「ラスボスは巨大蜘蛛、これ最怖」と自信満々で送り出したはいいが
全然怖くなかったりする例もあるけど。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 02:19
>「ラスボスは巨大蜘蛛、これ最怖」

なるほど、それですか。それは確かにあまり怖くなかった…
むしろキングで怖かったのはお父さんだったり、犬だったり。

あと自分が怖かったホラーというと結構古典ものが多い気がする。
ポーとかM.R.ジェイムズとか。



37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 02:35
キングで一番怖かったのは熱烈なファンだったなー

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 13:45
「ホラー」というと「羊たちの沈黙」「黒い家」みたいな
サイコものも含まれることが多い。
だからチャールズ・グラントなど超自然的な怪奇にこだわる作家が、
自作をダーク・ファンタジーと呼んでいるようです。
でも、小説のジャンルってあいまいだからなあ。
結局、超自然的な要素のある暗い話が「ダーク・ファンタジー」らしい。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 18:29
38の意味で使う作家・評論家もいるけど、むしろ少数派。一般には、比較的現実に
密着した世界を舞台にした怖いファンタジーの意味で使うみたい。
もともとはそういうのも単にファンタジーだったんだけど(ブラッドベリとかね)、
80年代ぐらいにアメリカでダンジョンズ&ドラゴンズ風の異世界ファンタジー
の大ブームがあってからファンタジー=異世界ファンタジーみたいになっちゃっ
たのと、モダンホラー作家でファンタジーっぽいのを書くのがでてきたんで、
「じゃ、新しい名前付けて売りますか」みたいにしてできたのが、ダーク・ファ
ンタジーというブランド。
だから「ダーク・ファンタジーとは何ぞや?」って真剣に考えても空しいばっか
りだよ。


40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 19:37
>39
ジャンル名称なんて、スチームパンクも半分そうだったように(残り半分は冗談)
最初の経緯は大抵そんなもんだよ。

ただ、上で出てるバーカーもキング(ダークタワー)もそうだけど、
ホラーでもないしファンタジーでもない作品ってのが結構出てきている。
昔は「怪奇小説」と言う言い方があったけど、現代ではそれがダークファンタジーという呼称になる気がする。
でもってこれからは結局このジャンルが伸びていくのでは?と思っているんだけどね。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/13 19:55
>>29
>「超人バロム1」「デビルマン」「サンダーマスク」「幻魔大戦」、、、etc
>みんな、
>「〇〇〇伝説」の脚色ですよね。

「グイ-ンサーガ」もにたようなプロットかな。
地球人類を滅ぼす者と、それと闘う者の話だよな。
どっちが善でどっちが悪か?
と聞かれても答は決められない。

たしか、「クフォルト伝説」とか、「ソホート伝説」とか、
そんな感じの、
日本語的には発音不可能な言葉だったとおもう。

識者の「まじレス」を請う。



42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 03:56

H・P・ラヴクラフト
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/951915662/

こことか。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 04:35
ラヴクラフトの小説は、そんな人類を滅ぼす者と戦うような話ではありません。
物好きがうっかりしゃれにならないものに触れて気が狂う話です。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 15:40
>>43
的確な要約だ!

45 :44:02/02/14 15:42
補足。善悪の対決は、不肖の弟子オーガスト・ダーレスが付け加えた蛇足だよね。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 21:20
>>41
[クトゥルー伝説]だと思われ、、、


47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 23:04
クトゥルーは「神話」だろ?

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/15 08:38

ヴァンパイアの定義とは?
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1013684991/l50

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/17 08:07
クトゥルーって今読んで怖いのかな?
昔読んだときは結構ぞくぞくしたけど、今は既に「モダンホラー」が死語の時代、
クトゥルーはただの「伝奇ネタ」になっていくような気がする。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/17 14:52
怖いというかキモイ

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/17 23:45
ラブクラフト純正品はもとから怖いというより
「気分が悪い」という読後感だったな。自分は。
「壁のなかの鼠」とか「インスマスの影」あたりは
最高に気分が悪かった。(賞賛)

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 00:54
いわゆるモダン・ホラーの、特に長編は、全然怖いとは思わない。娯楽小説として面白いけど。
ラヴクラフトは真剣に怖いです。
「インスマウスの影」を初めて読んだときは、自分の本当の姿を知った気がした。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 12:52
やっぱハーバートウェスト君かなあ。愉快な狂人。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 23:51
>>1はおつかれ。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 00:07
>>53
なんで主人公も一緒に襲われなかったんだろうね?
私はダヴィッチの怪の後半が怪獣物のノリで好きでした

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 00:16
「ダニッチの怪」は(ラブクラフトにしちゃ)判りやすいホラーだよね。
怪異の正体がいちおうすっきり説明されるしさ。

多くのラブクラフト作品では怪異を追求すればするほど
状況は悪化し絶望感は高まり謎は深まり
読者は気がふさぐ。

でも「狂気の山にて」まで読んだら
妙に吹っ切れた明るい気持ちになった。なぜかな…

57 :トリフィド:02/02/19 01:13
>>56
"Old One" と分かりあえるかもって感じがしたから?

58 :猫電波:02/02/19 02:06
ホラーでもファンタジーでもないっつか、ホラーでもファンタジーでもあるって感じだよね>ダーク・ファンタジー。
ホラーよりの現代を舞台にしたファンタジーか、ファンタジーよりのホラーって感じ。
バーカーは一般的には<血の本>『ダムネーション・ゲーム』≪ヘルレイザー≫はホラー、
『ウィーヴワールド』『イマジカ』≪アート≫はファンタジーで、≪カバル≫がどっちつかずッて感じだろうか?

このスレ↓によると和田はつこ『狼神』(ハルキ・ホラー文庫)が「本当にやばい」らしい
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1013682368/l50
読んだ人いますか?


59 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 02:47
 クトゥルー神話に入りたいんですが
どこからはじめればいいんですか?
なんかホラーを読むには必須なようなことが
あちこちで書かれているので。

60 :トリフィド:02/02/19 03:07
まずは東京創元社の創元推理文庫版ラヴクラフト全集の6巻
からこのおぞましき世界に足を踏み入れられんことを願う。

次に、青心社の暗黒神話大系のシリーズをチェック。
文庫本で11巻。一気読みすると寝そうになるし、どの話が
どれに入っているのか分からなくなって困惑するので、それ
はオススメできない。

61 :トリフィド:02/02/19 03:10
わたし、『妖蛆の谷』って大好き。

62 :59:02/02/19 03:13
 ラブクラフトの文庫って
外見がすごくゴシックな感じがするんですが
物語的にも面白いんでしょうか。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 03:22
ラヴクラフト作品に「物語」「面白い」などという
低次元なものを求めてはいかん。
ただ「怖い」か「気持ちよい」かである。
それからオーガスト・ダーレスの作品は、
読むと神罰が下るので、ゆめゆめ手を触れないように。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 03:27
 なるほど。ありがとうございます。
なんだか今までの世界観がゆさぶられそうですね。
トライしてみます。楽しみです。

65 :トリフィド:02/02/19 04:31
『チャールズ・ウォードの奇怪な事件』とか『狂気の山にて』
とか、ハラハラドキドキで面白いと思うにゃ。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 06:36
『チャールズ・ウォードの奇怪な事件』はHPLマイベスト。
しかしHPLの会話文の無い文体って特徴的だよな。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 19:07
あの〜、海外の古い小説って
なんか読みにくいんですけど、
何とかならないもんですかね。

68 :トリフィド:02/02/19 22:26
>>67
自分の知能と適応力を上げるのがいちばん手っ取り早いと
思います。
うまくやれたら、どうやってやったのか教えてください。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 00:10
>67
それがそのうち快感になって、
「キングなんてダメ。怪奇小説(あくまでホラーとは口にしない)はヴィクトリア時代の英国にかぎるね」
などと言って、人から煙たがられるようになります。
とりあえず、創元推理文庫の「恐怖の愉しみ」を読みなさい。

70 :トリフィド:02/02/20 00:17
>>69
『M.R.ジェイムズ全集』も、とても清々しくてよかったやうです。


71 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 00:32
『M・R・ジェイムズ怪談全集』は2001年出版界最大の快挙と申せましょう。
この勢いで、昔の創土社で出した古典怪奇小説の短編集を文庫化していただきたい。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/21 02:12
>67
一番良いのは英語で読んでみること。

読めれば訳文が気になることはないし、
挫折したら、翻訳のありがたさが身にしみて判ります。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/22 19:02
英語よむの大変だなぁ。辞書ひきひき、って感じになるな。
で、ここは、古典ホラーのスレですか?

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 01:09
>>73
偏ってると思うなら、自分でネタふりなちゃい

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 03:44
>>74
パラサイト・イヴどうおもう? 良くも悪くも、
あれが出でからホラーが庶民権を少し得たような気がするが。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 08:34
ブームってだけで、結局、読者層は広がらなかった気がするけど。
特に翻訳のホラーの読者数は。増えたのかな?

で、庶民権って、2ちゃん用語?

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/25 08:37
>>76
googleで検索すると、6個hitするな…<庶民権

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/26 00:47
どっかでホラー大賞とった「リカ」ってやつ
望月峰太郎(漫画家ね)の「座敷女」を
ほうふつとさせるんだけど、両方読んだ人いますか?
ディテールはもちろん違ってるけど、大筋は
ほとんど似てるような・・・。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 03:07

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
│   よんだ?          |
 \______ _______/
           |/
    | ̄ ̄ ̄ ̄|
   _|____|_
   /ノ/ ノ ノ \ヽ
   |( | ∩  ∩|)|
   从ゝ  ▽  从
    /  ̄<V> ̄  ̄|⊃
   / ハ   o  ノ ̄
  (__)/   o   |
   /__ __ヽ
     |_|_|
     |  |_ |_
     |___)_)


80 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 21:13
結末が違うドラキュラ(↓)からコピぺしておく(リンク訂正済み)
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1014896994/

1 名前:    投稿日:02/02/28 20:49
怪奇小説「ドラキュラ」の未定稿、NYで競売へ

 【ダブリン27日=渡辺覚】アイルランド出身の作家ブラム・ストーカーが著した怪奇小説の
傑作「吸血鬼ドラキュラ」(1897年)の未定稿が、4月に米ニューヨークで競売にかけられ
ることになった。原稿は、実際に出版された定本とは別の結末を用意している“幻の物語”で、
150万ドル(約2億円)近い高値がつくと見込まれている。

 問題の未定稿は、出版直前の段階と見られる529ページのタイプ打ち原稿。定本よりも約1
00ページ長く、定本にないエピソードも盛り込まれている。圧巻はクライマックスで、ドラキ
ュラ城が火山の噴火で倒壊し、伯爵が最期を迎えるシーンが鮮烈に描かれている。

 原稿は米国で1980年に発見され、現所有者の米収集家の手に渡ったが、発見までの83年間
の所在は、今も謎のままだ。

ttp://www.yomiuri.co.jp/04/20020228ic02.htm

これって、ホラー界の大事件じゃない?
読みてー!!

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 23:22
ヒトラーの日記みたく偽物と判定されたりして。
本物だったらいいね。

ヒトラー日記のノンフィクションは「ファーザーランド」のロバート・ハリスだったか。
読みたいけど日本語訳は出てただろうか。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 00:04
サンドマン・・・
いしかわじゅんの相撲のマンガで出てたやつしか思いつかん。

ホラーっつーと、友成氏あたりですか?

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 10:45
>82
友成氏ってホラーはホラーだが「スプラッタ」系統だと思う。
ついでに言うと面白くないとも思う。


サンドマンはアメコミ。以下、ファンサイトからの抜粋
ttp://www.interbooks.co.jp/syupan/sandman/sandman.htm

“サンドマン”は夢の王である。彼は人の瞼に砂をかけ、眠りにいざなう。
眠りの世界を統べる夢の王はあらゆる人の夢想を知っている。

彼ら七人の兄妹――破壊、欲望、絶望、運命、譫妄(または喜び)、夢そして死――とあまたの神や悪魔、
人の業とがからみあい、生のタペストリーを編み上げてゆく。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 12:32
鬼が出てきて暴れ回る話は面白かったと思う>友成純一

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 12:33
まあ筒井がやってると言えばそうなのだが

86 :82:02/03/03 18:17
>>83
詳しい解説サンクスです。
いしかわじゅんのネタはそこから持ってきてたのか・・・

>>84
漏れは短編でビデオの中からゾンビとか出てくる話が好きだ。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 15:05
最近のお勧めホラーありますか?
心理サスペンスじゃなくて(超自然的でってこと)怖いもの、出来れば翻訳の文庫本で。



88 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 15:08
補足。
気持ち悪さじゃなくて怖い物を。

(質問なので上げときます)

89 :トリフィド:02/03/10 23:15
>>87
『不死の怪物』


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/11 20:06
「暗い森の少女」
…オカルトともサイコとも読めるけどね

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 12:06
レスありがとうございます。

「不死〜」は古典と聞いて敬遠してたのですが、マニアじゃない人間が今読んでも面白いんでしょうか?
「暗い〜」はちょっと古いんでは?という気がするんですが…。探してみます。

他にも、最近の作品でお勧めがあったらよろしくお願いします

92 :トリフィド:02/03/12 13:44
迷っているヒマがあったら、読んでみればいいのに……

93 :90:02/03/12 13:51
そそ。
このジャンルの邦訳は大概すぐ品切→絶版になるからねぇ。
読める時に読んでおかないと、入手し難くなると思われ。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 16:03
怪奇小説の邦訳なんか滅多にないんだから、見かけたらすぐに買え。
出版日から三日以内に買え。絶対に古本屋などでは買うな。
われわれ怪奇党が買い支えないと、翻訳が途切れてしまう。
「自分が買わないで誰が買う」という意気込みで買え。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 20:21
小野不由美「屍鬼」文庫になったので読み始めた。
この本ってスティーヴン・キング「呪われた町」への
オマージュなの?
読み比べた人いる?感想キボン

96 :名無しは無慈悲な夜の女玉:02/03/12 20:46
>95
一般書籍版[小野不由美]スレでも話題になってます。ネタバレあり。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1013692546/

私としては「呪われた町」の方が面白かった。「屍鬼」は冗長すぎる。


97 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 21:34
>>94
と言われても、そもそも何が出版されてるのかワカラン。
>>94さんが最近買った本を教えてちょ。

98 :トリフィド:02/03/12 22:24
『アクアリウムの夜』を注文したら、出荷不可でリジェクト
されたなり(泣)。


99 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 23:36
>97
とりあえず本屋の棚を見て、新しい翻訳小説が入荷していたら
すべて内容を確かめて、ホラーと書いてあればレジに持ってくように。
店に貼りだされている文庫出版案内もちゃんと読んで、
知っている作家名があるか確認しておく。
とりこぼしがあるといけないので、SFマガジンとミステリマガジンの
レビューを立ち読みする。

今月は文春文庫でジョー・R・ランズデールの
『テキサス・ライトランナーズ』が出た。
裏表紙のあらすじにはパルプ・ノワールと書いてあるが
解説には「正体不明の邪悪な存在と闘うホラー」とあったので買いました。

100 :93:02/03/13 02:08
>>99
でも、確かに最近は数が少なくなる一方だね、海外ホラーは。
漏れが探すのに使ったのは、
別冊幻想文学の「モダンホラー・セレクション」(古っ!)なんだが、今では半分以上が絶版でしょ。
あとは、アンソロジーなどは文庫巻末の解説に、他の書籍の名前が挙がっていることがあるので
それを見て探したっけ。

確かに新刊購入も必要だが、
傑作、怪作と言われる本の多くが古本でないと入手できない現状は悲しい。

>>97
とりあえず書評サイトなどをあたってみれば?
SF・ミステリー系の中に混ざっていることもよくあるし。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 02:42
去年、ときどき行く古本屋の未整理の文庫の束に、
買いそこねたハヤカワ文庫NVのモダンホラーセレクションが
ずらりと並んでいた。
おやじさんに「これは、いつごろ棚に並ぶんですか?」
とたずねたら「どうせ出しても売れないから、そのまま捨てるよ」
と言われました。
もちろん「すみません。売ってください!」
と頼みました。危ない、危ない。

102 :トリフィド:02/03/13 03:03
>>101
わたしは、「ここから取ってもいいですか?」と
訊くがな。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 09:24
怪奇小説は古本で買うのも味があるかも。怪しげなシミがついてたりして

104 :トリフィド:02/03/13 13:55
>>103
怪しげな血のりが……

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 15:56
>>101
救出お疲れさん。
ちなみにどんな作品があったの?

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 19:36
>104
ラヴクラフトの本で白いパリパリしたものが付着していたら、
もっと怖い。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 20:06
薄く桃色がかってて、小さい泡の跡があってもコワイ。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 20:25
イカ臭くてパリパリしてたらどうよ

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 22:15
>>96

ありがとう。
自分で読んで、確かめてみます。

110 :トリフィド:02/03/14 01:11
で、おあずけ食らった『アクアリウムの夜』、読んだ人いたら
コメントプリーズなり。

111 :ソイレイト・グリーン:02/03/16 04:14
ホラーでオンライン小説載せてるサイトで、面白いってとこってあります?
探しても実話系かハズレばっかなのよね・・・

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:29
キングもあと5作品で、おしまいかぁ...。

バーガーが演劇に帰って逝き...
クーンツはアカデミーでロボトミー。
マキャモンが主夫に
シモンズはSFで大物に成った。 

ひとつの時代が終わるのれす。



113 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:30
>クーンツはアカデミーでロボトミー。
激ワラタ。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 11:31
なんかSF板とも仲悪いらしいね、
凄い勢いでアニメ住民と軍ヲタ他が仲良くするスレ
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1016101148/l50
誰か言ったくれない?でも荒らしはいやずら


115 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 23:42
>>111
日本の古典なら青空文庫にいっぱいあるよ。泉鏡花、岡本綺堂、田中貢太郎とか。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 08:16
>>61
それ、R.E.ハワードの?
ホラーをコナンのノリで書いてちゃってるやつだよね。
たしかにあれは、すごく面白いw

117 :トリフィド:02/03/19 02:12
>>116
そ〜そ〜
先触れの笛を吹く猿だかなにかが、毒矢をくらってバタっ
てのが最高に笑える。

そりゃ禁じ手じゃ〜といいつつゲラゲラなり。

118 :ハーバート・ウェスト:02/03/21 23:10
大昔に読んだ、子供向けに要約したホラーアンソロジーに集録されていた
「ノド切り農場」(だったかな?)って話が怖かった。
もう一度読みたいけど、ちゃんとしたタイトルがわからない。
ラヴクラフトの「アウトサイダー」が「おれは誰だ」ってタイトルに
なってたのはワラタ。

119 :ハスター:02/03/21 23:23
>>118
「のど切り農場」でgoogleと、なにやら出てきますが……

120 :ハーバート・ウェスト:02/03/21 23:31
>>118
ああほんとだ!ありがとうございます!
当時読んだそのままの文章で出てきました。
今読むと全然怖く無いです(笑

121 :サイラス伯父:02/03/22 00:54
「のど切り農場」って、アルジャナン・ブラックウッドの短編にも
似たようなタイトルの短編がなかったっけ?

122 :マグナス伯爵:02/03/22 01:05
>>121
ttp://www.ameqland.com/sfb/blackwod.htm
を見るかぎり、それらしいのはなさそうですが。

123 :マルペルチュイ:02/03/24 01:20
稲生平太郎の「アクアリウムの夜」を読んだ。
こんなものが、角川スニーカー文庫に入っていいのか。
正統な少年小説の文体で書かれた、不安で、忌まわしく、甘美な、真の怪奇小説だ。
この本を、主人公と同年齢で読める人がうらやましい。人生が変わる。
必読。

ところでこの本を最初に出した出版社「書院風の薔薇」の本を、
確か二十年ほど前に買ったはずなのだが、
なんだったか、思い出せない。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 09:53
>123
『書肆風の薔薇』ね

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 11:44
>124
すみません。その「いん」の字を探し出せなかったんです。
しかし、ライトノベル板で全然話題になってないなあ。
誰も読んでないのかよ。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 02:33
伸びないねぇ、せめてageておこう

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 02:36
>>125
「しょし」と読みますだ。

128 :暗い森の名無し:02/03/29 06:16
ジョン・ソールの7年ぶりの新訳「妖香」発刊記念age。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 10:44
田中啓文
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1017325889/

ほら、角川ホラーで「水霊」とか書いてるしさあ。
SFだけじゃなく、ホラーのカテゴリーにも入れてあげようかな、と。
ダメ?

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 18:00
OKOK

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 01:22
あーこんなスレあったんだ。
いいね。ageとこうっと。
でも「ホラー」の定義が、ちょっと狭義な気がするなあ。
友成純一こそホラーの、ひとつの真髄かと。
そもそも「ホラー」とは「怖くない」
寧ろ荒唐無稽で「生理的嫌悪感を催させる」ものかとね。


132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 01:25

ごめん。
>友成純一こそホラーの、ひとつの真髄かと。

こう書いてしまう自分こそ狭義だったよ。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 10:29
>>132
調べてみたよ。
horror
━ 【名】
T 【U】 恐怖 (類語 ⇒fear)
draw back in horror ぞっとしてあとずさりする.
be filled with horror at… …にぞっとする.
to one's horror 恐ろしかったことには.
U [a 〜] 〔…に対する〕嫌悪(けんお), 大嫌い 〔of〕
have a horror of… …を嫌う.
He has an absolute horror of spiders [meeting strangers]. 彼はクモ[知らない人に会うこと]が大嫌いだ.
V 【C】 恐ろしいもの, ぞっとするほどいやなもの[人]
Snakes are his horror [a horror to him]. 彼はヘビが大嫌いだ.
the horrors of war 戦争の惨事.
W 【C】 《口語》
1 実にひどいもの
His clothing was a horror. 彼の服装は実にひどいものだった.
2 手に負えない人, 腕白(坊主)
He's a horror. あの子はまったく手に負えない.
X [the 〜s] 《口語》
1 ぞっとする心持ち, 憂うつ.
2 (アルコール中毒の)ふるえ 《発作》.
the Chamber of Horrors
⇒chamber 成句.
━ 【形】【A】
恐怖を感じさせるように仕組んだ, 戦慄(せんりつ)的な
a horror film 怪奇[恐怖]映画.
語源
ラテン語「(恐怖で)毛が逆立つこと」の意; 【形】 horrible, horrid, 【動】 horrify

New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998

また、「horror は嫌悪感や反感などを伴った恐怖」ともある。
生理的嫌悪感ってのは必須だが、まず怖くなきゃホラーではないだろ、と言ってみる。
長文スマソ。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 12:09
やっぱりレイモンだよなあ。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/02 23:56
んー。
自分もレイモン大好き。
死んじゃったけど。
「野獣館」の三作目が早く訳出されないかなあ。

あれ?
この「レイモン」でいいんだよね?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 00:15
「生理的嫌悪感」は突き詰めると「スプラッター」
というか単なる「グロ」になっちゃって
しかも、そこに妙な「ダイナミズム表現」を加えられると、
もう「笑い」と紙一重になっちゃう気がするなー。
所謂「怖さ」とは別次元のものに。

寧ろ「怖さ」は「サスペンス」や「スリラー」の範疇で――。

あ。此処は「恐怖怪奇小説」だったのね。
なにげに「映画」の感覚で語ってました。スマソ

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 00:21
生理的嫌悪感って、人によって違うけど、例えば蛇とかムカデとかナメクジとかもあるんじゃ?
スプラッタやグロと通じているけど微妙に違う気がする。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 00:27
いわゆるホラーで扱うのは「超自然的な」恐怖でしょう。
サスペンスとかパニックものと区別する意味で。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 00:47
蛇・蜘蛛・ムカデ・ナメクジ
といった「小動物の気色悪さ」が寄与する
じめじめした湿気は
戦前の「猟奇小説」に通ずるなあ。好きだ。
「ミステリー」と呼称される前の「探偵小説」の頃の。
しかも、その辺りの感覚を取り入れて「スラッグス」
ってあるけど、あれは「ホラー」として凄い好きなんだよー。
肉体破壊に繋がってるし。

「超自然」というか「未知の」恐怖を以てして
「ホラー」とする。という論旨もあった気がするし、
同意もします。
確か「異形シリーズ」の井上雅彦氏は
「殺人鬼たるもの、マスクのひとつも被るぐらいの嗜みを持て」
と明確に現実的な「サスペンス」との線引きをしておられたような。

あ。あんまり関係ない話か。
でも「超自然」のものって「恐怖」っていうか
寧ろ「興味」を感じてしまって
自分の中では「怖いもの」ではなかったりして。

長くなって、しかも支離滅裂でスマヌです。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 01:43
ホラー作家も愛読者も
みんな「超自然的な恐怖」は大好きなんだと思うよ。

だいたいにおいて怪奇小説の主人公連中は
「超自然的な・未知なる、存在/事象」に
好きこのんで首を突っ込んだあげく怖い目に遭ってるし。

好事家が禁忌を侵す=>異質・異形の存在に遭遇=>生命の危機
ってのが自分の愛する黄金パターンです。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 17:09
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1016546821/
板名変更についてやってるからホラーの人きてくだちい

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 20:09
「レイモン」はどこ行った?

ていうか、クーンツ。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 21:50
去年亡くなった>礼門

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 22:25
ドチャンドラー

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 04:28
ホラー板はあったほうがいいよな

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 05:41
「異形コレクション」スレ、11レスでdat落ちしました(哀

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 10:38
他スレに聖戦を仕掛けて荒らしまわれば隔離板作ってくれるかもな

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 17:43
ああ、まきゃもんまきゃもん

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 17:44

            ,、_  __,....,_  _,...、
            ,} {`i;:r,;'ニ (;;;;、` , r'
.            {i'  i:.'ー<.・)}:ム ヾi,
キタ━━━━━━━ノ // -r /:::ミ ('ーヽ━━━━━━━━━??!!
             i゙ i:/ /二./ /',=、__ノi/
           ヽ ヽ! {:::} //::::''´`'7!/
            ヽ、__ヽ!l::i:::::ii;;;;;;;|,ノ
               `ヽ、`ー""ヽ
                  `'ー-'''"

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 01:35
アーサー・マッケンはどうよ?
「夢の丘」を古本で買ってきたんだが。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 01:59
おお、いいねえアーサー・マッケン
眠くなるけど

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 03:14
「パンの大神」2度読んだが、今一つ怖さがわからない。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 11:23
>>152
つーか、まったく面白くない!

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 13:02
なにおう。「パンの大神」が良くないだと!
それなら「白い投薬」を読んでくれ。
マッケンは古典三大家のなかでは、一番現代に通じるグロ作家だな。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 16:44
アーサー・マッケン は、さすがに大昔の作家だからなあ、、。
モダンホラーを読むつもりで読むと、肩透かしを食らってしまう。
俺は好きだが。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 16:58
マッケンは、聖邪を問わず「人智の及ばないもの」との接触の衝撃を描くこと
にかけては、最高の作家だと思う。文庫化されていないのにも凄いのがまだあ
るので、創元推理文庫の奮起を期待したいのだが。

157 :152:02/04/09 00:07
>>154
いや、良くないとは言わぬ。まだ味わい切れてないだけっす。
描かれている世界はかなり気色悪いしね、書かれた時代を考えれば、かなりぶっdだ作品なんだろな、と。

創元の「怪奇小説傑作集」を今頃になって1巻から読んでます。
「屍鬼」と並行して(w

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 01:03
海外で、怪奇・ホラー小説の雑誌って今もあるのかな?
昔は「ウィアードテールズ」とか、結構あったみたいだし、
映画雑誌なら今でもあるみたいだけど。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 16:36
映画で有名なキャンディマンの原作は何処で手に入りますか?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 16:57
>>158
確かアメリカでは、普通に書店で売ってるような商業誌は80年代後半に全滅
したはず。
今では、小出版社の機関誌的なものや同人誌しか無いのでは。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 02:10
>160
スティーヴン・キングの大成功によるアメリカ出版界のホラーバブルも
80年代ではじけてしまいましたからな。
アメリカでは書き下ろしアンソロジーが、雑誌のかわりをはたしているようだけど、
それも往時の勢いはなくなったようです。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 18:14
確かに今の海外ホラーは元気がなくなったけど、元気な時代の作品がまだまだ
邦訳されとらんのをなんとかしてくれ〜。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 03:12
>>159

>キャンディマン原作
クライヴ・バーカーの短編集『血の本』の「5」
『マドンナ』に収録の『禁じられた場所』ってやつが
原作で合ってるかな?

http://www.bk1.co.jp

↑ こういうオンライン書店でも扱ってたから、まだ普通に流通してるものと思われ。
「クライヴ・バーカー」で検索すると出るかと。
しかし初版の頃の定価に比べると倍近くなってるなあ。
売れないのかね。
因みに当時は¥480とある。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 05:18
『血の本』の頃は、とてもいいね。
「ミッドナイトミートトレイン」だもんな。
最近は、なんか違う世界に逝ってしまったが

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 06:09
キャロルのほのぼのと狂気が混じり合った世界観好きだな。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 02:09
「血の本」で傑作選を一冊出すとしたらどれをいれる?

とりあえず短編6本として。

個人的に「ミッドナイトミートトレイン」と「丘に、町が」は外せないかな、と。

167 : :02/04/16 04:56
バーカースレはミス板に
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011102955/l50
があるんだが、最新のレスはこのスレへの誘導だった(w

>>166
「ラスト・ショウ」。それと、「血の本」は
原本と同じようにプロローグとエピローグに分けて置いて欲しい。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 16:00
>158
遅レスだけど、ホラー雑誌のウィアードテールズはまだ生き残っているよ。
今は毎月じゃなくて年四回発行らしいけど、今年で77周年(w
ttp://www.dnapublications.com/wt/

だけど、160の言うとおり、小出版社のマイナー雑誌っぽくなってる。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 00:58
>166
「丘に、町が」は文句なしに同意。
ホラーというか奇想小説としてずば抜けてる。

あと、バーカーの短編で非常に好きなのがあるんだが
タイトルが思い出せないので挙げられない。
キリスト再臨に絡めた反クリスマスの話なんだが。
血の本じゃなくて別のアンソロジイ収録かもしれないし。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 11:54
>>今年で77周年(w

昔のウィアードテールズとは何にも繋がりはないと思うんだけどね(w
年4回って『幻想文学』なみだな。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 07:29
インターナショナルホラーギルド賞って、
バーカーやキングとストラウブの共作抑えて
全然知らないキエマンって作家が取ってるんだが…。何者?
ゲイマンのような元コミック原作者?
日本では女王様系(?)のサイトにリンクされてた…(w

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 23:39
>>171
その賞初耳。ホームページある?

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 05:54
>172
このスレの最後にあります

海外SF 作家&新刊情報
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1016899987/

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/02 08:53
ホラー板独立希望の話、全然話題になってないなあ(w

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/02 10:31
つーか独立しても板が成り足ちませんからね。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 02:33
>>166
『丘に、町が』
これ大好き。
村人達が組んだ姿を想像してしまったのが
或る種のトラウマとなってしまったよ。(w

個人的には
『豚の血のブルース』『髑髏王』
とかもいいなあ。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 00:43
古典大好き。マッケン、M.R.ジェイムズ、ブラックウッド。
マッケンは、平井呈一先生の訳された「アーサー・マッケン作品集成」がありますが、
あの中に収録されていないものもちょこちょこあるようですね。翻訳があれば、
教えてください。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 00:55
ブラックウッドは傑作がいっぱいあるけど、「木に愛された男」がよかった。
幽霊も何も出てこなくて、ある意味、サイコものとも解釈できそうだが、
樹木それ自体の不思議さが迫ってくる感じ、それがよかった。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 00:58
ブラックウッドで最初に読んだのが、ハヤカワの「幻想と怪奇1」に入ってる
「柳」だった。あれはむちゃ怖かった。コリン・ウィルソンが「夢見る力」で
けなしていたけど、それを読んで腹が立つくらい怖かった。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 01:46
>>177

マッケン邦訳リスト。
http://www.lares.dti.ne.jp/~hisadome/machen.html

「アーサー・マッケン作品集成」は、マッケンの生前に出た全集から自伝と
評論を除いて訳したもの。その後に書いたものがもちろんあるし、自伝や評
論も幻想的で面白いらしい。


181 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 01:51
遺伝子ホラーの小説のスレってどこかにありますか?
(ここの板でいいんですよね?)

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)