5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山尾悠子スレッド(1)

1 :高い城の名無し:02/02/18 21:43
以前、自アンで「山尾悠子作品コン」という箱を作った。
一票も入らずに消えた。
さて、このスレッドはいつまで持つだろう?

私は「夢の棲む街」(ハヤカワ)収録の「ムーンゲイト」がすき。

2 :こんどこそがんばってくれ:02/02/18 21:52
山尾悠子
http://mentai.2ch.net/sf/kako/957/957872823.html
山尾悠子さま
http://mentai.2ch.net/sf/kako/961/961739245.html
伝説復活:山尾悠子
http://mentai.2ch.net/sf/kako/974/974471663.html

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 22:11
国書の、まだ買ってない…。

4 :高い城の名無し:02/02/18 22:15
>>2
1だ
…その3つのうち一つは実は俺が立てた


5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 23:12
仮面物語がいいな。

それから「オットーと魔術師」に収録されてる
「オリーブ・トーマス」が好き。
山尾悠子らしさ(緻密で絢爛たる文体による工芸的世界構築)は
そんなに顕著な作品じゃないが何故か印象に残る。

しかし実在する(んだよね?)オリーブ・トーマスの
ポートレイトをいまだ確認したことがない。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 00:07
ではポートレイトを。
ttp://ng.netgate.net/~jlatham/silence.html
ttp://ng.netgate.net/~jlatham/thomas-2.jpg

オリーブ・トーマスは20歳で自殺したスター。
ハリウッド最初の変死者としてケネス・アンガー「ハリウッド・バビロン」の冒頭に登場する。



7 :高い城の名無し:02/02/19 18:55
うん、仮面物語はいい。
ふとあの鳥の死骸を手にした聖夜を詩人が見かける場面は「犬狼都市」へのオマージュだろうか?と思う。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/19 22:17
近況?がここに出てるよ。
ttp://www.d2.dion.ne.jp/~octa/sun/sunaga3.html
ttp://www.d2.dion.ne.jp/~octa/sun/sunaga5.html

新作は来年くらいには出るのかな。それとも…。

彼女が書きつづけていたら、日本のSF・ファンタジー史は違っていたか?


9 : :02/02/19 22:33
「夢の棲む街」は凄かったな
頭くらくらした。仮面のなんとかは、その時読むのにパワーが
足りなくて挫折。この人の読むのは力技

全部絶版なんだよね?


10 :高い城の名無し:02/02/19 23:44
「山尾悠子作品集成」(国書刊行会)にけっこう収録されているので読んでみられてはいかがでしょうか?

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 07:57
国書のは、代表作は全部入っているのですか?
入っていないのがあったらどなたか教えてください。


12 :薔薇色の脚立:02/02/20 08:10
>入っていないのがあったらどなたか教えてください。
「仮面舞踏会」SFM75/11月号掲載分
やったやろうか?これは「山尾悠子作品集成」(国書刊行会)
には収録されとりません。
 






13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 12:32
コピぺですが・・・
(山尾悠子作品集成 収録作品)
 「夢の棲む街」(SFマガジン, 昭和51年7月号掲載)
 「月蝕」(SFマガジン, 昭和51年10月号掲載)
 「ムーンゲイト」(SFマガジン, 昭和51年12月号掲載)
 「堕天使」(カッパまがじん, 昭和52年早春号掲載)
 「遠近法」(別冊新評, 昭和52年7月号掲載)
 「シメールの領地」(SFマガジン, 昭和53年2月号掲載)
 「ファンタジア領」(SFマガジン, 昭和52年7月号掲載)
 「耶路庭国異聞」(SFマガジン, 昭和53年7月号掲載)
 「街の人名簿」(SFマガジン, 昭和53年10月臨時増刊号掲載)
 「巨人」(SFマガジン, 昭和54年1月号掲載)
 「蝕」(小説怪物, 昭和54年1月号掲載)
 「スターストーン」(スターログ, 昭和55年6月号掲載)
 「黒金」(SFアドベンチャー, 昭和55年12月号掲載)
 「童話・支那風小夜曲集」(奇想天外, 昭和55年4月号掲載)
 「透明族に関するエスキス」(奇想天外, 昭和55年10月号掲載)
 「私はその男にハンザ街で出会った」(奇想天外, 昭和56年10月号掲載)
 「遠近法・補遺」 <b>
 「パラス・アテナ」(奇想天外, 昭和55年1月号掲載)
 「火焔圖」(奇想天外, 昭和55年3月号掲載)
 「夜半楽」(奇想天外, 昭和55年5月号掲載)
 「繭」 <b>
 「支那の禽」(ソフトマシーン, 2号掲載, 昭和55年)
 「秋宵」(ショートショートランド, 昭和56年夏号掲載)
 「菊」(ソムニウム, 3号掲載, 昭和55年)
 「眠れる美女」(綺譚, 5号掲載, 昭和58年)
 「傳説」(小説現代, 昭和57年2月号掲載) <b>
 「月齢」(NW-SF, 昭和57年12月号掲載)
 「蝉丸」(小説現代, 昭和59年1月号掲載)
 「赤い糸」(ショートショートランド, 昭和59年9月号掲載)
 「塔」(小説現代, 昭和59年春季別冊掲載)
 「天使論」(ショートショートランド, 昭和60年3&4月号掲載)
 「ゴーレム」

・・・これ以外で代表作と呼べそうなものがあったら
教えてください。>>12 さんありがとうございます。

14 :河原町御池:02/02/20 14:42
悠子さまは岡山操山高校から同志社大学へ進学されました。
拙者の友達(♂)は岡山朝日高校からいしいひさいちさんと
おんなじ大学へ行き、ただひたすら高校だけを自慢しておりました。
 むなしい限りですね。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 19:22
>>11
『オットーと魔術師』
『仮面物語』
『角砂糖の日々』

16 :岡山出身者:02/02/20 19:28
いしいひさいち・山尾悠子・岩下志麻子

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 19:49
あと柴田連三郎、内田百間、坪田譲二、阿部知二など。

だからどうということもない。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/21 21:25
山尾流のノースウェスト・スミスシリーズ(C・L・ムーアのやつね)を読んでみたかったな。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/21 21:38
そういえば、どっしり腰を据えて書いた長編ってないね。

20 : :02/02/21 23:11
指輪物語になるかグインサーガになるか
実は微妙だったりして?


21 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/21 23:28
山尾悠子に自キャラ萌えはない。

しかしキャラクタ造形より世界構築に重きを置いてるから
指輪物語でもない。

世界と寓意の物語。

22 :高い城の名無し:02/02/21 23:31
「山尾悠子は山尾悠子」としか言いようがない
それに山尾作品の特徴は
「完璧すぎるほど完璧、全てが豊富な語彙(だけ)で華麗に構成された物語世界」
なので、いわゆる長編、大河小説には不向きだと思う

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/22 09:29
ここをご覧になっている方はとっくにご存知かとも思いますが、復刊ドットコムにて
復刊リクエストが出されています。

『仮面物語』
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=132
『オットーと魔術師』
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=4412

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/22 12:32
キャラクタ造形に力を注ぐ作家のほうがスレが伸びるね。

私はその男に黄昏のハンザ街で出会った。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/22 20:38
>>23
幾つかの作品が集成に収録されなかったのは、山尾さんの意向も
あってのことのようなので、『オットーと魔術師』の復刊には、あまり
積極的になれそうにないです。

とか言いつつ、15で書名晒してるし(鬱

26 :11:02/02/22 22:08
>>15
ありがとうございます。教えていただいたタイトルを古書店で
探してみたところ、

・・・超高いですね・・。

復刊リクエストするしかないですね。あれって作者ご本人の意向で
リクエストが集まっても刊行されないということもあるんですかね。
とにかく情報ありがとうございました。

27 :阿佐ヶ谷北:02/02/23 00:28
季刊「幻想文学」で最近対談してますね。
まだ、岡山の放送局に勤めているのでしょう?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 01:09
デビューして間もなく退社した筈ですよ。
これだけブランクが空いたのは確か結婚・育児のためとのこと。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 01:15
>>26
>復刊リクエストするしかないですね。あれって作者ご本人の意向で
>リクエストが集まっても刊行されないということもあるんですかね。
復刊コムに限らず、昔からあるケースです。
「全集」と銘打っているのに若い頃の作品が入っていなかったり、
不出来 (と作者が思っている、往々にして読者の評価は高かったり
する) のために割愛されたり。極端な例になると、全集はおろか、
著作目録からも外されて「なかったこと」にされているケースすら
あります。


30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 09:39
仮面物語は無理だろうが(復刊の申し入れを断った)、オットーと魔術師の
復刊は可能じゃないかと思う。

集成ですらbk1で
>編集過程での苦心談などあれば。
礒崎 山尾さんが、ちょっと放っとくと、これも入れたくない、あれも入れたくないとか言って、どんどん除こうとするから、それを取捨選択したり説得するのが大変で(笑)。

だもんな。

31 :高い城の名無し:02/02/24 21:19
しかし「破壊王」中断の理由に言葉の問題があったらしい。
山尾悠子はたまたま「非人」という言葉を知らずに使おうとして、
それがすでに世間で差別用語として知られていたため使えなかった
という事件があったそうな。
完璧に「言葉」だけで作られた物語世界が「言葉」によって崩壊した…
という見方もできるわけだ。


32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/24 22:51
>>31
問題はもう少し微妙。
「火焔圖」は中世日本がモデル。で、現実の中世日本で能楽などの芸能
の担い手がまさに「非人」…。
実際の非人は天皇絡みの宗教的権威と裏表で忌避されたからさらにまずい。
「紫の血」も紫=禁色で天皇を連想させる。

作者の意図以上に嵌ってしまった作品だ。
天皇ネタ小説として読むと…読めてしまう。


33 :高い城の名無し:02/02/25 09:27
山尾悠子作品は俗世のくだらないことには関わらない完璧な言葉の世界が全てだと思うのよね
だから、そういう「ネタ」として読まれるのを好まなかったと思う

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/04 12:30
>>3
同じく…

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 00:38
作品集成、ネット古書店で見っけちった!
6000円ならいいでしょ。わーい。

さげ

36 :名無しさん:02/03/05 10:25
>34
読み終わるのがもったいないので、ちょっとずつちょっとずつ
読んでます…ああ、もうすぐ終わってしまう。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 14:12
「夢の棲む街」当時安部公房が絶賛していたね。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 18:18
菅浩江の「メルサスの少年」は「夢の棲む街」の影響大。
いや、あれはオマージュか。


39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 19:49
月蝕が好きだ。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 01:21
>>38
メルサスの新潮版のあとがき読んだか?
あれは、「挑戦」

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 01:31
もんぜんばらい だ。

メルサスは読んだし、いい作品だとは思う。
しかし菅は良くも悪くも「叙情」SF。
山尾悠子の「硬質かつ完璧な言葉が構築する世界」に挑むのが間違い。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 01:35
山尾悠子はSFじゃないしな。

それにしても、いつになく育ったな。

43 :高い城の名無し:02/03/06 01:49
そういえば、川上弘美が「山尾悠子作品集成」の書評を書いていた。
それで川上弘美が山尾悠子を読んでいたことを知った。
読んでなおかつああいう作品が書けるのはすばらしい勇気だと思う。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 01:57
読んでる人はたくさんいたんではないかしらん。
上で安部が絶賛の話が出てるけど、当時の取材&インタビュー記事読むと、
文壇的な場所でも静かながらに好評価で伝わっていた様子が窺えますし。

45 :影盗みは無慈悲な夜の女王:02/03/06 01:58
>35
自転車操業の零細出版社が出してる本なんだから、きちんと儲けさせてやれよ


46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 10:50
石原藤夫の短編で、山尾悠子の世界を科学的に解説する小説があったように思う。
宇宙が開いているか、閉じているか、どんな形になっているのかというのを
説明するような小説。
内容はわからなかったが、山尾悠子の幻想的な世界を科学で解説しようとする
視点はすごいと思った。

47 :高い城の名無し:02/03/06 21:11
http://www.e-novels.net/tokusyu/s001-1/02.html
を見る限り、菅浩江も相当意識していたように見える。


48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 22:29
他にここか。
ttp://www.page.sannet.ne.jp/toshi_o/NOVAQ/suga.htm


49 :高い城の名無し:02/03/06 22:46
俺、文庫も三一のも持ってるよ。ああ。
…こうしてみるとどちらかというと玄人受けする作家だったのだな。

50 : :02/03/07 00:13
俺は山尾悠子初体験した当時はジャンプと少女萌え系ライトノベルと
ナポレオン文庫しか読まない糞でしたが何か?



51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 00:49
野阿梓は読んでやっぱりコケたタイプだね。

>>49
素人だけど、『オットーと魔術師』ならうちに4冊あるよ。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 09:27
>51
ホッ…ホスィ

53 :名無しさん:02/03/07 10:48
>51
なぜ4冊…(涙)

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 11:06
>>51
そういう奴がいるから・・・!!

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 11:08
読んだことないんだけど読みたくなってきた。
国書刊行会のやつ、買おうかな。
でも高いなあ。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 11:50
野阿梓は萩尾望都風味が強すぎて山尾悠子は薄いと思われ。

実は神林長平や野阿梓、栗本薫と同世代。

57 :51:02/03/07 19:00
すすすすみません。
連れ合いと蔵書持ち寄ったら2冊2冊で気がついたら4冊に・・・。

>>56
なるほど萩尾風味。
結構歳喰ってんですね。

58 :高い城の名無し:02/03/07 20:22
それこそヤフオクか何かに出すべき

59 :57:02/03/08 17:58
やはり一人のファンとしてあろうとするなら、そういうことも考えなきゃ
いけないですよね。まあ、ヤフオクのシステムのことはさっぱりなので、
ほとぼりが冷めたら、行きつけの古本屋さんにでも相談してみますか。
でも子供の頃の思い出の品なので、ちょっと勇気がいりますが(笑)。
思えば、当時のコバルト作家たちは、一体どこへ消えてしまったので
しょうね。こうして振り返ってみると、あの頃のことがまるで夢のようです。

願わくは、どこか心ある出版社さんが復刊してくれたらいいのに、と思います。
出たら必ず買いますよ。うちだけで2冊は堅いです(笑)。

60 :名無しさん:02/03/08 22:30
>57
あ、なるほど、持ち寄って増えたのなら分かる。
でも二冊と二冊って…いいカップルだなぁぁぁ。

61 :名無しさん:02/03/08 22:31
>59
復刊ドットコムで復刊希望署名(いや、署名じゃないが)続行中…。
オットーは、よくまとまったいい短編集だと思うのでぜひ復刊してほしいんじゃがのう。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 01:42
単行本全部もってる。集めるのに10年以上かかった。
掲載誌を集めるとしたらあと何年かかるだろう。
とほ〜。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 15:36
↑作品数が多いわけじゃなくて、異常に入手困難なのがなんとも・・・

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 22:38
「作品集成」収録の夢の棲む街読了。
この人ジャズみたいに即興で書いてるんじゃないかとおもった。
月報(とは言わないかこの場合)に手書き原稿の写真が載ってるのを
みると、ちゃんと推敲していたようだけど・・

妙にメルヘンチックにもセンチメンタルにもならないところが良い。
言葉の力だけで世界って出来あがるのねー。
ホンモノですな。8800円の価値あり。さあ続きだ。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 22:51
>>64
初出(SFマガジン)からにかけても単行本でも推敲の跡があるから
けっこう直す人なのかもね。

66 :65:02/03/10 22:54
>初出(SFマガジン)からにかけても単行本でも

「初出(SFマガジン)から単行本にかけても」でした。
なんか変な上書き変換した。誤動作かな?スマソ。


67 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 22:54
よし、買うことに決めた。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 13:44
「作品集成」ひととおり読了。
レスくれたひとどうもです。
物語性の比較的強いやつも良いし、「掌篇集・綴れ織」あたりのショートショートと
散文詩の中間くらいのものも良い。
解説にも山尾悠子さんはメチャメチャ推敲するひとだとありましたね。
細心の注意を払って言葉を紡ぎ合わせて作品を構築する・・・即興的という印象は
まるっきり錯覚でした。
いわゆる「文学」としてももっと評価が盛り上がってほしいなー。
でも作品自体がガッシリと自分の世界をもってる点では、純然たるSFなんだなー
(異論もあろうかと思いますが)。
デビューが「SFマガジン」でなければ扱いが違ったかな。
でもその手の雑誌以外は関心を示さなかっただろうと、解説の示唆が。

ちょっとした前評判と、装丁の良さでいわゆる「ジャケ買い」だったのですが
いまや私のお気に入り作家リストの上のほうにランクイン。
『仮面物語』読みたいなー。復刊ドットコムに直行します。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 21:35
「この顔で SF書くか ホトトギス」って小松左京に詠われるほど
当時は美人だったよね〜。
SFマガジンの今岡清さん(たぶん?)が撮影した写真にもう萌えたなぁ。
現在は、どうなんでしょう? 著者近影ってどこかに無いのかな。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 21:52
SF?幻想文学じゃないの?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 22:12
書き下ろしの新作長編、もう殆ど書き終えてるらしいよ。
連作風のスタイルで、コードネームは「ラピスラズリ」だって!(嬉)
あああ〜一日もはやく読みたいぞ〜酷書刊行会担当編集の健闘を祈る!

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 22:37
>>70
「げんそうぶんがく」と8文字じゃ五七五にならないからね。

当時は、SFマガジンから出てきた人だから、SF作家扱い
だったんだよ。
77年の別冊新評「SF−新鋭7人特集号」なんかでも、
堀明や山田正紀らと並んで新鋭のSF作家とされていたんだ。
このときの写真もかわいかった。(たしか)

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 23:29
>>71
できればソースキボン

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 00:39
>>71
あすこは酷書ではないぞよ

マジっすか新作。楽しみだ。

そして良スレの予感(作品刊行までもたせましょう)。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 01:22
SF作家協会にも入ってる(た?)

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 10:21
>>75
日本SF作家クラブのことかな?
んーー、どうだろ。現在は入っていないらしいけど、当時に入って
いたかどうか記憶にない。

でもSFマガジンでデビューして、以後、SFアドベンチャーや
スターログ、奇想天外などで作品を発表し続けていた作家だから。
奇想天外でデビューした新井素子や夢枕獏よりもSF作家という
イメージは強かったなぁ、当時。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 15:00
>>76
それだったかな?
そのようなところに籍を置いていたのは確かですよ。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 15:49
>>76
そもそも幽霊会員化していたSF作家クラブから、退会するか継続かを確認するために野阿梓が連絡をとったのが、復活劇のきっかけになったとかいうことが『幻想文学』に載っていたと記憶するが何号だったか不明。


79 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 16:41
たしか小松左京が監修していたムック本の「SFファンタジア」の
どれかに収録されていた「ハドンの肖像」って作品、単行本未収録の
まま?

小松左京の文庫の解説もいくつかやっていたと思うけど、小松左京
大好きだったのかな、山尾悠子のこと。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 17:12
作品集成の表紙に醤油ひっくりかえしてしまった。
今日はもう何もする気にならん。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 17:15
>>79
未収録です。ソースは『作品集成』の著作年表。

山尾悠子が小松左京を好きだったということ?

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/14 17:31
美しい……悠子タン、ハァハァ。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 20:49
なんで女流SFって亭主持つと失速すんのよ。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 21:43
子供いるんだよね。
女性作家のなかでも母親業に専念するのが一番似合わなそうな作風だったのに。
大原まり子は子供いましたっけ?

85 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/03/27 02:49
私は以前、「仮面物語」をダウンロードしたぞ。
でも長編といってもFD1枚でおつりがくる程度だったのには驚いた。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/27 23:17
JIS、S-JISだと原稿用紙300枚が200KB程度でしょう。
FDに入りきらないとなると、そうとうな大河小説になるはず。

ていうか著作権侵害じゃんか。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/31 14:09
新作待望保全age

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 10:58
「作品集成」の著作年表に載ってない作品があるね。
1983年 「少年の街」 流行通信 10(No237)

プロフィールに「代表作に「風の棲む街」(早川書房)がある」というのが、
あれだけど。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 00:22
東京堂でサイン本うってたなー。
そういえば。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)