5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「ヨコハマ買出し紀行」の世界設定を考えるスレッド

1 :阿佐ヶ谷北:02/03/16 03:29
地球の温暖化によって海面が上昇し、
またーりと滅びていく人類。
それを暖かく見守るロボットのウェイトレス・アルファさん
のお話です。
この世界では基礎的インフラは壊滅状態のようですが、完全な
ヒューマノイド型ロボットが自我の葛藤なく、人間と共生しています。
それがアルファであり、妹分のココネだったりします。
設定としては季節がエヴァと同様、ほとんどなくなった・・・
と思っていたのですが、この前の号で珍しく雪が降りました。

ゆるやかに、静かに滅亡に向かう人類、
だけど、全然悲しくなくて楽しい、そんな作品です。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:31
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1006828579

漫画板参考!

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:44

贅沢をいえばマターリ感重視よりも文明の崩壊や時間の流れをもっとクローズアップしてホスィ

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:48
一挙的な文明・国家の崩壊よりは、海面上昇及び異常気象と
ともに、徐々に社会のシステムが解体し、国家の崩壊に行き着いた
と思うのです。しかしながら、部分的にロボットのような精緻な
ハイテクが部分的に残ってしまったというところでしょうか。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:49
海外が、北斗の拳やらNY.1997状態だったら笑う。

そのへんの説明あったっけ?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:52
しかしながら、登場人物ココネさん(ロボット)は会社勤めをそています。
(情報の伝達会社)基礎的インフラが破綻し、国家が事実上解体している
状態で、会社組織のもとになる金融のシステムはいったいどうなっているのか
そこらへんが矛盾をきたしています。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:54
これ読んだことないんだけど「渚にて」みたいな感じ?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:56
>>5さん
外国についての具体的な記述はないのですよ。
しかしながら、観測用に成層圏を飛び続ける大型ジェット機
というパラレルワールドが、この作品世界には用意されていて、
「いくつか街がまた消えた・・・」等の発言をアルファさんと
同型のロボットの「室長さん」が発言しています。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 03:57
>6
現在でいう県が一応国家化しているようだが・・・

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:01
>>7さん
大枠では「渚にて」と同様、人類滅亡ものにカテゴリーされます。
ただ、読んでいると、こんな滅び方ならOK!って感じの
癒し系のSFです。
舞台は三浦半島です。主人公のアルファがヨコハマ(ランドマーク
タワーの電源が落ちて、階段でしか上れない)に自分の喫茶店の
コーヒー豆を買いに行くところからネーミングされたいます。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:01
>>7
すまん、「渚にて」を読んだことないんだ。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:04
>>10
おお、丁寧な解説ありがとう。
「渚にて」は頽廃的な雰囲気だったけど、これはもっとホノボノと
してるのかな。ともあれ、近いうちに買ってきます。おもしろそ。

>>11
( ´Д⊂ヽ

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:05
>9さん
そうですね。武蔵野国とか最低規模の自治体の区分はあるようですね。
ただ、あまり公権力が機能しているとは思えません。
アナーキズムが理想とするような相互扶助の共同体なのでしょうかね。
ちなみに登場人物のココネが世田谷の砧の児童館に行ったら
管理人さんみたいなヒトがいましたが、あれは公務員というのか?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:05
一応、みんな武装(ハンドガンクラス)してるよね。





15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:06
ランドマークの電源は落ちているみたいだけど、
海の上に取り残された街灯はまだ光ってるんだよね。
あのエピソードは好きだな。

ところで「渚にて」って面白い?

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:08
>14
そういやアルファもココネも拳銃持ってたね。
丸子なんか持ってなさそうだったけど(w

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:09
>>14
そそ、ココネを後ろから脅かそうとしたら電気銃、いきなり発砲
しそうになりましたね。
明るく、またーりと描かれてるけど、たぶん警察権力がないので
自主防衛のリスクが大きな社会だと思います。ダーティーな面は
作品の作風上、隠蔽されているのでしょう。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:11
>>12さん
講談社アフターヌーンコミックスから7巻まで出てるので
是非読んでください。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:14
>>15
うーん、かなり人を選ぶ作品だとは思う。エピソードの連続など
で一気に読ませるようなものではなく、淡々と日々が続く中で人
類がゆるやかに滅びていく。救いは一切無いのが後でジワジワと
来る。ダウナー系だな。病気がゆっくり進行するような、ある意
味で癒し系(笑)。俺は誰もいない街の、テーブルに座ってる骨
の描写とかでやられたな。ちなみに滅びの原因は放射能汚染。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:16
もうひとつ、この世界に言えることは完全な
少子高齢化社会となっていること!
アルファはロボットだからいつまでもかわいい女の子だけど
、それ以外出てくるのは、老人が圧倒的に多いです。
ヒロユキとかマッキとかの例外はありますが、あくまで例外で
完全な高齢化社会が到来していると推測できます。
これも、社会が崩壊した原因かもしれません。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:16
>>15
あ、だからって怖い作品じゃないよ。またーりしてる。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:18
>>19
ありがとう。
そりゃヨコハマダーク版だな。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:18
俺は誰もいない街の、テーブルに座ってる骨
の描写とかでやられたな。ちなみに滅びの原因は放射能汚染。
<そんなシーンあったんだ!何巻?

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:19
渚にてのパクリ?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:20
「渚にて」<映画版ではラストの美しいワルチング・マチルダの曲が
すごく悲しかった。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:23
>>24
全然!だって放射能汚染の進行が滅亡要因じゃなくて、
非常に緩慢に進む水面上昇と異常気象、小子高齢化が
滅亡を暗示しているだけで、あとはまたーりしたエピソードの
集積だから。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:25
連載初期の滅びをイメージしたエピソードの方が好き
とか言ってみるテスト

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:28
>>27
そういえば最近、滅びを前ほど感じさせなくなりましたね。
この前、雪もちゃんと降ったし。
永遠の小春日和のような・・・

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:29
>>23
手元にある創元推理文庫の版では257P。滅びたはずのアメリカか
ら送られてくる信号の正体を確かめに行く場面。一人だけ上陸し
てみるが、街は死に絶えていて、艦に戻る道すがらに一年以上続
く死のパーティーを見つける、というところ。
「渚にて」は悲哀の色が濃いと思う。「ヨコハマ〜」は、説明を
聞く限り、アクティブなんじゃないかなと思う。楽しみ。

30 ::02/03/16 04:33
>29
「世界滅亡」が前提なのは、私も読んだ「渚より」と
同じですが、アクティブというか、いい感じにまたーりと
ゆっくりゆっくり滅亡って感じですね。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:43
1巻にある「お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着いてきたころ」
という作者の言い方が好きだな折れは。

>>18
ところで8巻も出てるよ。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 04:54
おお、8巻を買いに走らねば・・・
千葉市の田舎なので都心まで買出しに・・・

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:00
>>32
22日には9巻が出るよ。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:02
1巻のころと比べると線が丸くなってきたんですよね。
漫画板にも書き込みありましたが。
そんで初期の方が話もシリアスタッチ。
最近、またーりしすぎかも(笑)

35 :32:02/03/16 05:04
>33
次々に情報サンクス!!!
感謝しますわ。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:13
>>34
最近の絵はマンガ絵としては完成されてきたなと思う反面
初期のラフスケッチのようなタッチが話とマッチしていたと
思えてチョト懐かしい。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:15
>>36
禿同!
あの黒い線が結構すきでした。
連載開始は何年前だったかな?


38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:23
>>37
94年の6月号に初掲載だったらしい。
これは1巻の冒頭に収録されている話数の振られていない
コーヒー豆の買い出しのエピソードのことだろう。
詳しく知らないけど、これって四季賞の入選作か何かなのかな?

それにしても、この頃は遠景の俯瞰図とかあってこれがまた綺麗だね。
最近は目線の高さで人物を中心に描いていることが多い気がする。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 05:57
で。世界観はさておき、ロボット同士のデータ送受信方法について(w
アルファやココネの唇か舌か前歯か咽頭部分に電極みたいなもんがあるのじゃろーか?


40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 08:33
>>39
・アルファとココネのデータ交換のときにはアルファが舌を出している
・カメラの時はコードの端の玉をくわえている
・ナイの飛行機に乗ったとき、「ベロで速度がわかる」という会話

これらから、接続端子(電極)は舌と歯にあるというのが有力だと思います。
つまりロボット同士のデータ交換は、舌と舌を接触させるか舌を歯で噛むのでしょう。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 09:41
実はヨコハマやムサシノといった都市部の描写ではエキストラ(wのほとんどが若者や親子連れです。
人間の主要キャラやご近所さんにお年寄りが多いせいで錯覚しますが、意外と若者も多いんですよね。
カフェ・アルファのある場所は(現実世界でも)田舎ですから、ただ単にお年寄りが多いだけなのかも。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 10:41
>38
> 詳しく知らないけど、これって四季賞の入選作か何かなのかな?

確かそう


43 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 13:18
横出し

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 14:05
>>40
無人の小型飛行機みたいなのを黒潮まで送る話でも
ベロに感覚が云々と言っていたような気が。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 15:01
俺はこの世界のエネルギー基盤がどうなってるのがか非常に気になるのだが…
おそらく、オイルタンカーは運行していないと思う。そうすると原子力?
でもウランだって海外依存には変わりないから、太陽風力水力地熱発電だけ
でまかなっているのかな…あの産業規模と人口の希薄さなら、それだけでも
間に合うのかもしれんが…。

ちなみに、およそ50年〜100年後の世界だよね。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 15:58
AIKAのパクリ?

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 16:48
AIKAって何ですか?面白いの?

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 20:06
>>47
パンチラアニメ。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 20:46
>>45
アスファルトの道路の荒れ具合(ひび割れの多さ)から、もう少し先だと思います。
ただしランドマークタワーが残っていて、しかも入場できるだけの耐久度があるので、
そんなに遠い時代でもない。当てずっぽうですが、200年〜300年後ぐらいが適当かも。
子海石先生が若かりし頃(40〜50年前くらい)でもかなり水面は上昇していましたし。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 20:56
A・Iはこれを少しパクってます。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 21:26
エネルギー基盤は難しいですね。
火力にしろ原子力にしろ海岸沿いに造らないといけない(水=海水を大量に使う)のですが、
急激に海面が上昇している状況では建設は難しいでしょう。
ただし、山の上まで海水を引っ張ってこれるなら原子力はいけると思います。
火力は原料の輸送の問題がある(港が造れない、飛行機だとロスが大きい)ので無理です。
ウランは飛行機で運んでもコストはかさまないのでは?

人口の希薄、産業規模の小ささから発電量は少なくていいというのには賛成です。
ただ、一方で沈みかけた街灯がいまだにトモるという無駄もありますが。

ロボットは食物を消化して動いているようなので、バイオ発電という新技術が存在するようです。(推測
大量発電ができる何か別の新しい技術があるのかもしれませんね。(禁句

52 :名無し:02/03/16 22:34
制御核融合は無さそうな世界だしなあ。
それとも成層圏飛行機の動力がそれかな?
そういや、あの世界の月や火星はどうなってるんだ?

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/16 23:11
エネルギー源<風力でかろうじてというところでは?

54 :阿佐ヶ谷北:02/03/16 23:37
電力供給という最低限の社会的インフラの存在は
ぼんやりとながら、「国家」の存在を感じさせるよ。
「完全」には国ないし社会はメルトダウンしているわけでは
ないんだね。

「ロボットの人」が結構、存在することから考えて
高度なメンテナンス施設はまだ、残存してると思われ・・・。

55 :ヨネダリティ@リポート:02/03/17 00:02
>>48
 修正。パンモロアニメ。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 00:31
つまり、ご都合主義で誤魔化してるんですな>インフラ

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 01:10
好きなんだけど、素直に没頭できない。
たしかに癒し系ではあるのだが、既出のツッコミどころが
やっぱり納得いかんので。
(缶ジュースの販売機の電源どうなっとるんじゃゴルァとか)
別に煽ってるわけではない。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 01:26
>>54
8巻の最初の話に「神奈川国国会」が出てくるよ。
ただし、町役場というか昔の公民館みたいなの。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 01:36
>>57

http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/997715730/l50

の「ヨコハマ」に設定というか癒し系の雰囲気が似ている
「アクア」に私が素直に没頭できないのと同じかしらん。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 01:44
ムサシノクニ・・・
いい響きだ。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 01:51
子海石先生が若かりし頃<登場する女性キャラの中で一番萌える・・・

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:01

船橋のこの前倒産して今、廃墟となったザウスが
作品の中に登場するから暴走半島に着たまえ。
そういえば、この作品にアクアラインと海蛍が出てこないのは
何故?

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:02
 「『大破壊』以後、人類によるすべての努力は終了してしまった。
  政治も、科学も、宗教も、人類を正しい方向には導けなかったからだ。
  そうして、ついに自分達を管理する存在を自ら作り出すことになる。
            彼女達はその任務に耐えるだろう。
  人類は、
  わずかに残った大地に、
  わずかに残った技術と、改変された生態系のなかでもたくましく生きていくのである。」


 ・・・パラレルワールドってオチぢゃだめかい。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:07
>>63
ディックの「塔の上の男」同様、そいうのもありかと・・・

>>62
マンガ板のヨコハマスレッドに書いた方がいいのでは?

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:09
>>64
んじゃ、改変位置は大戦後ってなわけかな。核兵器の研究を止めた世界なんてどう?

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:13
核兵器の研究を止めた世界なんてどう?
<永遠に飛び続ける「室長さん」の乗った飛行機のエネルギー源は
熱核エネルギーでは?兵器としての核が無くなった世界ってこと?

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:17
>>66
いやいや、核兵器なくったって人間は結局戦争するしね。
だから、「核兵器技術」の研究を止めさせれば、
いま、研究対象になってるナノテクやバイオ技術のほうが研究課題に先行されるかな、って思ってね。

そうすりゃ、今ごろはサイボーグらしきもんぐらいつくれんかな?
太陽光発電や風力発電とかのローテク技術に生産性が集中せんかな、てか。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:21
このスレ伸びるねぇ

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:31
「核兵器技術」の研究を止めさせれば
<たしかに人類の物的、人的資源をナノテクやバイオ技術の方
に集中特化してれば、今頃、アルファさんくらいのアンドロイド
はできてたかも。冷戦の40余年間は壮大な研究資源の無駄だったね。
関係ないけど、来年、2003年に「鉄腕アトム」は「科学省」の総力
をあげてできる設定だったはず。


70 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:36
核兵器が無かったら、米ソはとっくに第三次世界大戦やらかしてたと思われ。

71 :67:02/03/17 02:36
>>66
室長さんプレーンは超高高度航空機として、エネルギーの省力化とバイオ・スフィア技術ってことにしたほうが
「熱核エネルギー」設定より、この世界観にぴったしな気がする。
>>69
>冷戦の40余年間は壮大な研究資源の無駄だったね。
そりは別の話かと。核関連技術のおかげで携帯電話もテレビも出来たんだしね。
ただ、これを放棄するとなると確実に人類全体の成長速度が鈍化するという諸刃の剣。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:39
>>69
冷戦によってまさにインターネットは生まれた(ボソ

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:42
>>ALL
だからさ、この物語では人類は滅亡しないよ。
1巻の冒頭で「〜のちに、夕凪の時代と呼ばれる」って言ってんじゃん。
この時点で人類の再生は約束されている。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:45
ニクソンはベトナム戦争での核兵器の使用を主張し、
側近のキッシンジャーに必死に止められたとのこと。
最近、公開されたホワイトハウスの録音テープがソース。
おー怖・・・。
関係ない話でスマソ。

75 :67:02/03/17 02:45
>>70
結局、「ご都合主義」になるんだし、人間の行為を「ご都合」に併せたほうが、
科学の結論自体を「ご都合」に併せるより、遥かにラクチン、ラクチン。
>>73
ミジンコの研究ってしっとるけ?
人工密度が減ると雄的な形態がいなくなるんだそうな。
その辺の知識使うともっとマターリした世界観になって、「ヨコハマ」的な気が。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 02:51
1巻の冒頭で「〜のちに、夕凪の時代と呼ばれる」
<よく考えたら滅亡ではなくて種としての単純再生産の時代
となったということかな。6000年前、人類が文明を築いてから
高度経済成長のように爆発的な拡大再生産してきたわけだし。
(14世紀ごろのペストによるヨーロッパ人口の激減なんかも
あったし、縄文中期まで栄えた縄文文化が後期、衰えだすなんて
こともあったが。)

77 :67:02/03/17 03:03
>>76
確立していない宗教的な疑似科学は取扱要注意だけど、そんな感じかもね。
だけど、
>14世紀ごろのペストによるヨーロッパ人口の激減
統計自体が怪しすぎる。
>縄文中期まで栄えた縄文文化が後期、衰えだす
かなーりの眉唾。縄文弥生の区切り自体を疑問視する考察も生まれてるしね。

「1AGE(時代)は、天然に産出するなんらかの資源が枯渇して、またその次の資源が枯渇するまでの間を指す。」
ってな感じで、物理的に観察できる対象から考えるほうがいいんでは。
ヨコハマ的には

 「科学技術の限界、人間全体の沈滞と低下は、
  これまですべての技術を支えてきたエネルギー(???)の枯渇によりもたらされました。
  後世からはこの沈滞を「夕凪の時代」と呼び懐かしむのです」

なんてね


78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 03:11
>76
縄文時代は中期以降、人口的に単純再生産に入ったまま晩期まで
いった、かなり理想的な時代だよ。概ね、5,6000年の間、
日本列島で20万人で推移していたとの説あり。
ペストの人口激減は14世紀でいいんだっけ?もう一度、
本で調べなおしてみよう。

しかし、「大破壊」が起こった後なら、何十年たとうとヒトや社会
には心的トラウマが残るはずなのに、この作品にはそれが感じられない。
やはり、緩慢に社会や人口動態が衰退してきたとみるべきだろうね。

79 :67:02/03/17 03:15
>>78
緩慢は大破壊、水位上昇と気象異常化はもしかしたら、現時代異常のような表現がみられるから、

「火力発電などの化石燃料への過度(この場合、我々以上であること)の使用により、
大気の組成や気温上昇が人類衰退の近縁となった。」

なんてのはどう?



80 :78:02/03/17 03:32
火力発電などの化石燃料への過度(この場合、我々以上であること)の使用により、
大気の組成や気温上昇が人類衰退の近縁となった
<として「アルファ」AGEへの気象変動を説明するのが一番わかりやすいね。
水面上昇によって8巻冒頭では、鎌倉の鶴岡八幡宮の鳥居がほとんど水没してる
から、10メートル以上の海面上昇か。当然、南極の氷河が解凍されたものだね。


81 :67:02/03/17 03:38
よくよく、考えてみると気象を本気で科学したSF作品てのはあったのかしら?
う〜〜ん、ヨコハマはもしかしたら、SF作品なのかも。

82 :80:02/03/17 03:46
気象を本気で科学したSF作品<アシモフに何千年かに一度、日蝕が
あって、そのたびに文明崩壊するという作品がなかったっけ?
あと、「強風世界」って誰か書いてなかったかな?

ヨコハマはもしかしたら、SF作品なのかも
<だからぁーー、ヨコハマは充分SFだよーー(泣笑)

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 03:55
「強風世界」<
バラードじゃない?

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:06
>>73
「〜のちに、夕凪の時代と呼ばれる」と呼んでいるのが人類だとなぜ判るね?
一つの可能性だが、ロボットたちが呼んでいるのかもしれないよ。
まあ、あそこまで自立しているロボットなら、人類の文明を引き継いでもらっても
良いような気はするが…

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:07
>>81
バーンズの「大暴風」。

86 :67:02/03/17 04:24
調べたよ、風の本つながりで・・・

ジョン・バーンズ「大暴風」(上・下)ハヤカワ文庫(1997-06)
J.G. バラード「狂風世界」創元SF文庫(1997-07-11)
ウィーダ「フランダースの犬」(村岡花子訳)新潮文庫(1998-01-05)
ドーデー「風車小屋だより」(桜田佐訳)岩波文庫(2000-08-01)
スティーヴ・セイヤー「気象予報士」(浅羽莢子訳)角川文庫(2000-09-30)
池澤夏樹「すばらしい新世界」中央公論社(2000-10-11)
セルバンテス「ドン・キホーテ」(牛島信明訳)岩波文庫(2001-04-10)

んじゃ、明日はこれらを漁って読むべし。んじゃオヤスミー

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:25
>>84
あそこまでいくと我々が考える常識的「ロボット」概念を
大きく離れ、ほとんど「人」では?
今月号でも「ロボットの人」って表現あったし。
まぁ、日本人のロボット概念が「鉄腕アトム」以来、常に
世界の最先端ではあるのだが。

88 :82:02/03/17 04:27
○「狂風世界」  ×「強風世界」

どうも失礼しやしたぁ・・ちょちょんちょん

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:30
むむ…なぜ SF板でこんな時間に、こんなに人がいるのだ…(w

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:40
>>82
アシモフの「夜来たる」は短編と、シルバーヴァーグとの共著の長編版があるよ。
個人的には長編版のほうが好き。
あれは気象ではなくて、天文現象だなぁ…気象で太陽ネタだと
ブラッドベリか誰れかが、金星でめったに見られない太陽が出る瞬間の
子供達の様子を書いてなかったか?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:43
>>89
SF板はいまや神社仏閣板にも抜かれる有様ですからねぇ、
いや、ホント!!

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:47
>>89
漏れ、漫画板からの流れ者(一応、SFはジョン・ヴァーリーとか
スコット・ガードの「エンダー」シリーズとか好きだけど)
ですが、SF板ってこんな時間に店じまいするほど、
地方の中心商店街みたいに衰退してるんですか??

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 04:50
ブラッドベリか誰れかが、金星でめったに見られない太陽が出る瞬間の
子供達の様子を書いてなかったか?
<萩尾望都による作品化きぼーぬ。
モトさま、5月からSF長編に復帰の予定。
「マージナル」みたいなすごいの、描いてほしいです。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 05:42
このスレ「世界設定を考える」シリーズなのに、まともだよなぁ…。
それだけ、この作品の世界設定が謎に満ちていて、SOWを刺激されるわけか…。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 05:50
>69
ホンダのアシモが企業の受付やってますが何か?
自立型ロボットは無理だったけど、世の中見回すと以外と未来に近づいて
いたりして時々ビックリさせられる。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 05:58
>>94他の「世界設定を考える」スレ、そんなに駄目駄目なの?

>>95ホンダのアシモが企業の受付<そりゃすげーー!!
手塚先生、間に合いそうです(うるうる)。

関係ないけど長男の嫁(岡野怜子)が「陰陽師」であんなに
バカ売れして社会現象引き起こすとは、手塚先生も草葉の陰から
喜んでいることでしょう。


97 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 06:04
おお、たった1日で100スレ近くいってる・・・・

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 06:30
>>92
衰退ネタは荒れるから止めよう(w

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 09:04
>>78
富士山が抉れているのはそれなりの大災害があったからだと思われ。

100 :67:02/03/17 12:04
>>99
地形変動の設定もあるかもね。
地熱エネルギー利用も大規模になると、
手塚治「火の鳥」みたいになりかねん。
んで、大規模な地震とか、プレート移動があったとか。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 12:36
少なくともターポンの連中が地上を見捨てる程度のことはあったはずだよな。

102 :67:02/03/17 12:49
エネルギー依存のタイムテーブルを変更したらどうかな。

 化石燃料 → 地熱・自然エネルギー → 原子力
  (戦後)  → (00年以前、       → (大気圏外へ建設)
         ロケット技術なども併用)

室長さんクラフトは衛星軌道上の原子力実験モジュールの監視と地上の気象監視のDCです、
とか妄想してみるテスト。

103 :名無し:02/03/17 20:00
>>84
進化したゴキブリだったらイヤーン。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 22:40
>>84
>一つの可能性だが、ロボットたちが呼んでいるのかもしれないよ。

あ、正解かも知れない。
とにかく人類は滅び行く運命(環境変化とか種的衰退とかなんでも良いけど)にあって、
次の時代の担い手としてα型が作られたと。
アルファの月琴即興演奏、合わせられるココネのハミング。
α型の開発者たちが『人間にとって大切な何か』をロボットに引き継がせようとした成果なのかも。


105 :カ‥4ャピソ:02/03/17 22:43
「幼年期の終わり」にってか、いいね。
このように、一つの世界観設定の中で生き生きした人みたいなモノたちの日常を描くんであれば、
もしかしたら、「ヨコハマ」はSFかもしれない。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 22:50
いや、明らかにSFだよ(笑

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 23:43
 思うのだけど 、あれだけ高度な人口知性体を作る
技術力があるのならもしかして普通の人間は電脳化(
サブリメーション)しているのじゃなかろうか?
 地上にいる人間は電脳化反対派、観測機から見た
町の減少はそれでせつめいつくかな? やっぱり種自体
が滅びるとおもうのは自分として少し抵抗あるので。

108 :カ‥4ャピソ:02/03/17 23:54
>>107
あの世界の住人がなんかのイデオロギーで吊目にしてるってのは、
あんまりイメージにあわないからなぁ。
自分的には「銃夢」ネタは、×だね。
エネルギー不足と生息環境自体の減少で停滞状態、ってほうがメンタリティーも維持されるしいいんでないかいな。
新世代のエネルギー開発の途中で、
「夜明けと順風」を待ってる。だから、「夕凪の時代」、そう読んでるのは、ロボットでも人間でもコンピーターでもいいし、それらの集合体でもいいんでは?

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 00:46
正直、あの富士山が気になる。
山体があれほどえぐられる噴火なら、静岡、山梨は言うにおよばず
関東、中部一円は壊滅的な被害を受けているはずだ。
宝永噴火の時でさえ、宝永噴火口程度の変形しか起こらなかったのだから
頂上から1/3が吹っ飛ぶような噴火だと、数百万人単位の死者が出ても
おかしくない。 もしかしたら、人口減少の要因のひとつはアレか?

110 :百万年の船の密航者:02/03/18 00:58
>>62
連載開始時に出来ていたっけ?工事中じゃなかったっけ?



111 :カ‥4ャピソ:02/03/18 01:02
ピナツボの噴火でも、それほどの影響はなかったし、自然現象だけではあれだけの結果には成らないと思われ。
「茄子」で地熱エネルギープラントのネタがあったから、これに似たような施設が事故ったとか、考えてみるテスト。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 01:12
>109
あれ、吹き飛んだのじゃなく、陥没したのだと思っていたよ。
阿蘇や箱根のように。
富士山の溶岩の質では、山の形が変わるほどの爆発は起こりにくいのでは?


113 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 01:35
しかしまあこの作品、本当に「詩情」があるよね。
また、それらのひとつひとつがワンダーに満ちてるんだ。
絵として、風景としての叙情性・・・
実際、日本のマンガ家でここまで「風景」を大事にしてる人って
そうそういないんじゃない?

水面下の街灯が灯る話、渋谷の街灯の樹の話、野火の話とかが好きだな。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 01:51
>>111-112
あーた、それほどの影響ってこれだよ。
---
死者・行方不明者は870人、10万8千戸の家屋が全半壊し、118万人、
25万世帯が被災、被害総額は106億2千300万ペソ(530億円)。
---
しかも、人口密集地じゃないし。
あとマニラも火山灰による泥水で床上浸水が発生し、伝染病等の
二次災害が起きてる。 

あとコニーデ火山で山体崩壊の例だと有珠山の例があるので、富士山でも崩壊
は起こりうるよ。事実3000年前に富士山は一度崩壊している。
---
富士山では約3000年前、東斜面の標高3000M付近から山体崩壊が起き、
大量の土砂や泥流が現在の静岡県御殿場市や小山町を埋め、一部は海に達している。
---
というわけで、太平洋沿岸一体に津波が起こった可能性もある。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 01:59
>>114
ついでに富士山について気がついたことを…。
アルファは富士山の向こう側に行ってないよね。関東側から見て右側がえぐれ
てる富士山の姿が見えるってことは、えぐれてるのは静岡側なんだよね。
あの量の土砂がどこに行ったのか…想像するだに恐ろしい…。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 01:59
>73
夕凪の後は夜になるものだとばかり思ってましたが…

「人類再生」しなくても、歴史学的素養のある人間が何人か残ってりゃ
あの程度のラベリングは出来るだろうなぁと、悲観的に考えとります。


117 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 02:48
>>115
すまん、誤り。
×右側がえぐれてる
○左側がえぐれてる

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 19:29
最近出た新書の「環境と文明の世界史」が気象変動と人類の文明,
人口動態の変化を知る上で参考になるかも.
富士山爆発の影響はむしろ,太陽光線を遮ることにより,より大きな
激変を人類にもたらしたのでは?
恐竜絶滅の原因のように.

とかいいつつ,晴れてるよな,作品世界は・・・

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 20:01
結論:ムードだけの出鱈目。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 20:20
ムードだけで良いんじゃないかと。
設定厨はいらない。

121 :名無し:02/03/18 20:31
>>115
大津波が太平洋沿岸全域を襲ったんだろうな。怖

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 22:02
>>120
激しく同意
よってsage


123 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 07:15
>>120
概ね同意。
しかしプロ作品というのは発表されると同時に楽しみ方は
(権利を侵害しない範囲で)買い手に委ねられる訳で
あれこれ妄想するのはソレゾレの勝手。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 08:10
>>120
もう、なんか萎えたよ・・・・・


125 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 19:39
この時代、なぜ米が取れなくなってしまったのか問うてみる。

米・・・・・・「味を忘れてしまう」ほどの希少品。しかし「甘酒」を
        無料配布している???・・・・・代用食品か?
小麦・・・・・「カリント」「醤油」が出てくるのでたぶん健在。
       しかし、パン及び麺類が作中に登場してこないので、
       やはり代用食品疑惑あり。
大麦・・・・・「麦茶」「ビール」が登場するのでたぶん健在。
       ただしビールは割と貴重らしい。
大豆・・・・・「国産大豆」の袋をかぶった経験のある女性(?)が
       2名程いるので、健在と思われる。
       この世界の「国産」とは、神奈川産の意か?
ジャガイモ・・日雇い労働者アヤセが、晩飯に食うほどポピュラーな食材。 

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 20:22
>>125
土地面積が関係しているかも。
海面上昇で国土が減少している。
ご存じ日本は山林国家なので使用できる土地は極端に少なくなっている。
斜面などでも栽培できる食物は豊富だが
面積を必要とする米はあまり無い。とか。
代用食品は、、、どうなんだろうね。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 20:29
>>120
真・スレッドストッパーの称号を与える。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 20:32
>>118
太陽光をさえぎることによる、気温変化はマイナスの方向にはたらくので
作中の気温上昇に関する記述とは矛盾するね。 富士山が噴火したとしても
あまりエアロゾルを撒き散らさなかったか、短時間で成層圏がクリアに
なったのだと思われ。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 20:40
>>125
米ね…。米作に必要なものはなんだか考えてみる…。
現在の収量を維持するためには、ハウスでの苗生育、耕作機械による
田起こし、農薬散布、除草剤散布、コンバインによる収穫、大規模脱穀装置、
定温貯蔵庫、流通機構…つまり大規模な機械化のバックアップが無ければ
やっていけないわけだ。それを昔は人力の集中投入でやっていたわけだが
作品世界では人口そのものが希薄なようだ。

というわけで、機械力集約型農業である米作は、思いっきり規模を縮小しなく
てはやっていけなくなったのではないだろうか。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 21:57
>>113
>実際、日本のマンガ家でここまで「風景」を大事にしてる人って
>そうそういないんじゃない?

うんうん、禿同。
惣領冬実あたりは芦奈野ひとしの陰毛でも煎じて飲みやがれってんだ。


131 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 15:49
じゃあ仕事をしない人
鶴田謙二では如何か。
スピリットオブワンダーは終了か。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 19:24
バイオハザード説。
東南アジア各国の、爆発的な経済成長に脅威を感じた某国の科学者が、
つい創ってしまったと・・・・稲に壊滅的な打撃を与えるウイルスを・・・・
どこの国かって?ジャガイモとソーセージとビールがあれば生きてゆける
あの国が怪しいね。マッドサイエンティストの本場だし。

>130
ところで惣領冬実って誰?

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 20:21
>132
モーニングで超能力物をかいてるひと。
 やはり米のない国には生きていけない、だって
「お箸の国のひとだもの」

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 21:07
>>113
弐瓶勉も・・・って、あれは「風景」じゃなくて「背景」か。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 22:10
弐瓶勉がマターリした風景なんて描きだしたらファンは暴動おこすぞ(w

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 22:47
>>130
君の好みを押しつけられて
惣領冬実も迷惑だろうな。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 00:12
>>132
作品中、お米のご飯食べてる場面あったっけ?
つーか、交通を軸にした社会的インフラ壊滅状態なのに、
食料問題が出てこない(と記憶している)。
人口が希薄でも、交通(鉄道等の大量輸送機関)
がストップしたら食料問題に必ず支障がでるはずだ。
またーりした衰退というか停滞はやはり夢か。
アルファさんは「ロボットの人」だから問題ないだろうがね。

138 :名無し:02/03/21 00:15
>>129
農業機械を作る機械が無くなった、機械職人の後継者不足、燃料の
枯渇、米の品種改良の副作用としての脆弱化とか。
でも麦は健在らしいし、とうもろこしはどうなのかな?

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 00:16
>>135
関東地方はある種の特別自然保護区になってて、案外それ以外の
地域は「BLAME!」的な都市に埋め尽くされてたりして。

水神様の正体は、製造途中で停止したまま放置されたロボット
(アルファタイプ)だと思う。
たぶんアルファ達ロボットは特別な条件が整ったタンク内で、ナノマシン
を使って製造されたのだろう。
で、廃棄されたロボット製造タンクから、外に漏れ出たナノマシンが、
周囲の素材を利用して部分的にロボットを作り上げた段階で、
必要な元素が尽きるか周囲の環境が不適だったかの理由で
止まってしまったのが水神様と。


140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 00:28
よく考えたら、典型的プランテーション作物であり、
南方からの船舶等による輸入が設定として避けられない
コーヒー豆はどうしてヨコハマのバザールで「買出し」
できるんだ??!!
題名そのものが、世界設定と多いに矛盾をはらむことになるかと。

141 :名無し:02/03/21 00:51
南方は比較的変化が少ないと考えるしかないか。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 01:56
それ自体がお米とかの使用価値と切り離された
「価値」として存在する貨幣(銀行券)は、国家ないしはなんらかの
信認に値する強力な規範がないと、当然、使用できないよね。
「神奈川国」等のレベルの、ほとんど権力を持たない、存在しない
ほとんどアナーキズム社会とも言えるような「ヨコハマ」ワールドで
「お金」が使用されているのか???
日本中世に一番使用されていたのが宋銭であったように、
作品で受け渡しされてるのは、もしかしたら、もう「円」では
ないかもしれない。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 02:14
作中で具体的な「お金」は実体として登場していない。
つまりそれを描くことに意味がないからである。
インフラの話も同様、大体考えてみれば日本なんか100年ちょっと前まで遡れば農村部なんかあんな感じジャンか。
「今」にとらわれすぎ(W)

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 02:18
惣領冬実ネタは漫画板でやりましょう。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 02:39
海面上昇による作付面積の激減、という線は?
河口のデルタ地帯などは、どれほど広大であっても海抜数メートル以下。
海面が10メートル上昇したら、まとめてあぼーんでしょう。
まぁ、とりあえず稲作衰退の要因の一つ、ということで。

>138
アルファさんがとうもろこし屋のバイトをしてた。
産地直送(非冷凍)らしい。
>140
あー、船舶は普通に航行しているものだと、根拠もなく思っていたよ。
しかし、東京湾を貨物船が行き来しているとすると、アレは暴挙だよな。
あんな危険なものを飛ばしちゃっていいのか、先生。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 02:41
>>143
? インフラ無しでどうやってあのレベルの社会生活を維持しているのか?
というとこが疑問なんだけど…

100年前にはロボットもいなけりゃ、電気も通ってなかったからなー
その批判はちょっと的外れ(もしくは意図を省略しすぎ)。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 03:02
>>130
そういう下品な言い方をアルファさんが聞いたらどーよ?

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 03:05
>>147
顔赤くして下をむいちゃうか、同様にいや〜んもうとかいって、相手の背中を叩く。
萌え〜っ!!

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 03:18
>>147
ヒトを軽蔑するような悪意はないので、
困ったような表情をするでしょう。
SFネタではないが一応レス。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 04:03
>>146
せやから作者が描きたいのは
「夕凪の時代のはんなりとした風景」であって
「夕凪の時代のシミュレーション」ではないっちゅうこっちゃ

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 04:12
>>150
それをわかってて、みんな野暮をやってると思うんだけどな…。
まあ、お遊びお遊び。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 04:30
関東地方以外の描写あったっけ?
西日本とか相当怖いことに・・・。
そういえば「〜だべ」とか関東方言は若干出てくるものの、
それ以外の方言が皆無なので、やはり地域ごとに分断されてるんでしょーな。
今まで一番遠いところの描写は越後と関東を結ぶトンネル?

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 18:55
>152
 漏れも大阪人だがこの作品には大阪系
はちょっとイメージかぶらんと思う。
アルファが大阪弁しゃべっていたら
「大阪お好み焼き上げ紀行」になるような、、、

ある意味、毎日が祝日なヨコハマ世界
人の雑踏の中でもまれて暮らすにうんざりした
人間からすればたそがれていく夕焼けのようなここは
とてもいい、、がそれでも待ち構えているのが闇しか
見えないようにおもえるが。
 


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 19:16
カマスと街灯樹を見ると、バイオテクノロジーは相当進んでる
みたいだな。
街灯樹はともかく、カマスはなぜ造られたのかな?ペットか?
少なくとも自然に進化して誕生したとは思えん。

あと、1巻で、新しいアルファさんの髪がしばらくピンピンに
なってたのはなぜなのだろう?
ふつうのかつらじゃだめなのか?だれか考察たのむ。

155 :可能かどうかは知らないが:02/03/21 20:03
>>140
合成コーヒーって可能性は無い?
アンドロイドみたいな精巧な人間の模造品が有るならコーヒー豆の模造品とか。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 21:24
誰か生き神様(生命反応のある子供の石)を解説してくださお

157 :通常の名無しさんの3倍:02/03/21 22:50
>>155
多分、米の無い世界の甘酒も似たような出自だと思う。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 23:16
太平洋戦争中、タンポポの根から作られた「タンポポコーヒー」
なる代物があったそうで。
>157
甘酒が代用食品だとすると、あの世界では、「酒粕派」と「米麹派」の
骨肉の争いは無いのか・・・・・マターリ

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/22 21:27
9巻発売記念age
表紙でハンナリ

160 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/03/23 03:57
ヨコハマ買出しの単行本、連載時カラー頁 全部(?)カラー収録なのがイイ

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/23 23:44
武蔵野がその名の通り「野」に戻り、野焼きの対象となっているね。
しかし、8巻は、これほどバイオハザードが進んでいたかと思わせる
内容だった。あのデカイ果物・・・

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 00:12
そういうのはバイオハザードとは言わないのでは?

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 00:42
しっかり役立ってるから「ハザード」じゃないよ。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:05
何巻か忘れたけど、アルファさんとおじさんとで、
ガソリンが腐るとかいうやりとりがあったけど、
それって、石油を分解してしまうバクテリアがいるってことか?
「終末のプロメテウス」みたいに。
それだとバイオハザードだな。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:12
街灯樹なんかはむしろバイオテクノロジーの勝利だよな。
あんなのあったら街ももっとよさげになるげな・・・

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:20
>>164 つか、普通にガソリンて劣化するよ。ポリタンで1年も置いとくと
使いもんにならない。単車もキャブがガビガビになってオーバーホー
ルがしゃれになんなかったりする。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:37
相模平野水没、湘南湖出現!!
しかも厚木基地は単なる飛行場になって
単発機が1機のみ。
日米安保がなくなったのだね。
アメリカ機が1機もない。

168 :通常の名無しさんの3倍:02/03/24 01:46
>>167
北米はどんな風になってるのだろう?
ターンAガンダムみたいな世界ならまだいいが。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:47
>>167
日米安保条約以前に安全保障を超えた事態が
起こったと思われ・・・
アメリカもお国に帰ったか、水没したか、滅亡したかしたんでしょう。
具体的な外国の記述まったくないし。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:51
>>168
ターンAガンダムみたいな世界
<ってどんなの?俺、最近アニメ戦線撤収中。
ガンダム世界の公用語は英語で、アムロたちも
ホントは英語しゃべってる設定だったよね?
「ヨコハマ」世界は純粋に日本語だけの世界だと思うが。

171 :通常の名無しさんの3倍:02/03/24 02:10
>>170
アムロの時代から約1万年後。
アメリカという地名すらアメリアに変わっている時代。
人々は19世紀末期を思わせる産業水準で暮らしていた。
そして数百年近く小規模な水争い以上の戦争が無い牧歌的な
社会で目に見えないナノマシン文明の残骸に支えられ平和な
暮らしが続いていたのだが、ある日月面に住む人々の女王が
地球帰還を決め文明の衝突が始まる。

まあ、ちょっとナウシカに似た発掘ガンダム物語です。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 02:13
>169
外国っつーより関東地方以外と途絶状態でしょ。
23区だって都心部はたぶん水没。
皇居(江戸城)あたりが平安時代みたいにちょこんと
岬状に残っているだけかと思われ・・・。
でも、ココネや丸子は世田谷に住んでるな。
あそこらは海抜10メートル以上なのか・・・

173 :170:02/03/24 02:16
>>171=168
thanks!!

しかし、ガンダム世界がそんな遠未来のお話になっていようとは。
おじさんは知りませんでした。

174 :通常の名無しさんの3倍:02/03/24 02:22
>>172
世田谷は多摩川周辺は低いけど高いところは海抜40m以上有るよ。

175 :172:02/03/24 02:35
>>174
情報どうも。
じゃあ、23区のうち下町は完全に水没だな。
いまでも0メートルのところあるし。
武蔵野は台地だから水没せず、野焼きできるのですね。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 02:56
あれ、野焼きやってるということは畑作農業やってるという
ことだよな(原始的だけど)。
つーことは、武蔵野は一大農業地帯となってるわけだ。
食料供給問題が少し解決した。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 13:40
なんか都合のいい所だけ水没してるね。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 17:18
ただの火事だったような記憶>武蔵野

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 19:15
「世界」を描いてるわりには
作者の側に一貫性のある世界設定があるとも思えません。
このまんがデタラメですね。
その場の思いつきでエピソードを重ねてるだけ
ということが見えてきた時点で読む気がなくなりました。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 19:16
>>179
まあそういうことが気になる人は読まなくていいんじゃない?

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:24
>>180
同意、9巻の作者コメントでも書いているが
描いているのは「視覚的な」世界ではなく
「はんなりとした世界のにおい」だから視覚的に多少一貫性が無くても問題なし

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:51
>179
例えは悪いけど、リアル厨房に「この厨房が!」って言ってるよーなものだあね、あんた


183 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 21:26
>>181
俺はあの空気を愛でつつ、ここで設定をほじくって、でたらめ具合を楽しみつつ
酒の肴にしてるけどね。 まあヒトいろいろ。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 21:30
>>177
都合の悪い所ってどことどこだい?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 21:31
>>179
厨房の自己啓発はよそでやってくれよ。
別に君に読めなんて誰も命令してないし。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 22:17
厨房、工房のトシだとあの「はんなりした空気」の既視感はないだろうから設定ばかり気になるんだろうね。
そう言うヤツ向けではないから読まなくていいよ。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 22:48
ちょっとスレの趣旨と外れるけど、スマソ

第85話かえる で、アルファさんが蚊取り線香をつけたあと、(9巻P.127)
「煙がたった瞬間 五、六個の場面が パパッと走って」
……っていう語りが、何を指しているのかが判らないんだけど誰か判る人居る?

個人的には、昔、マスターがいる頃に蚊取り線香を使った情景を幾つか思い
出したのかな?って解釈しているんだけど。 も一つしっくりしない。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 22:54
>>187
おそらく、匂いと記憶についての話じゃないかな?
あるでしょ、西瓜の匂いをかいだ瞬間に昔の夏休みのことを思い出したり
桜餅を食べたときに、小学校の校庭の桜の木がリアルにうかんだりすること…

189 :187:02/03/24 22:59
>>188 早速サンクス。

そか、匂いか〜
おいら生まれつき臭覚欠落しているから、そっちに想像がリンクしなかったよ(^_^;ゞマジニニオワナイ

匂わなくても、そう不自由なく生きてきて来たつもりだけど、気づかないだけで結構取りこぼし
てるんだよな〜(゚゚ )トオイメ

190 :179:02/03/24 23:02
絵とか雰囲気が好きだったんで5巻か6巻くらいまでは
買って読んでいたんですが、だんだんデタラメさが気になってきて
つまらなくなってやめました。
異常な世界の日常の空気感を切り取って風景画みたいに提示してみせる手法は
素直にすごいと思っているので、
これが背景としての世界設定がきちんと考え抜かれている作品なら
リアリティの強度はぜんぜん違うレベルに行っていたと思います。
あえて世界をハードにとらえずに空気感を描いているからこそ
見えない「設定」にはもっとこだわって欲しかったです。

というのが正直な感想なんですが、
このスレでこういうこと書くと煽りになってしまうみたいなので、もうやめます。


191 :179は漫画板の各所に出没していないか?:02/03/24 23:18
179の歩んで来た道を推理してみる。
シャア専用板で吼えてみた。「でたらめですね」「こんなものはSFではない」
  「・・・で、滝の裏からコアファ・・」黙殺された。
さくら板で吼えてみた。「最低ですね。ましてやSFではない」
  「氏ね」どうやって調べたのか、ウィルスを大量に送りつけられた。
エヴァ板で吼えてみた。「所詮オタクの自己嫌悪」
  200ほど罵倒のレスが返ってきた。ちょっと嬉しかった。
調子に乗って「トップをねらえ!」のスレにも出張。「SFとして矛盾だらけ」
  「・・・・・・」冷笑された。
心機一転、銀英伝のスレで吼えてみた。「こんなものはSFではない」
  「はいはい、その通りでちゅね〜ぼくちゃん」軽くあしらわれた。
宇宙戦艦大和のスレで吼えてみた。「こんなものはSFではない」
  「ハァ?なにを今更?リアル消防でちゅか?」精神はもうズタボロだ。
そしてヨコハマ買出し紀行のスレを発見する。ここだ。ここならやれる。
  「デタラメですね。思いつきですね。こんなものはSFではない」

          さて・・・・

192 :191:02/03/24 23:26
あら〜、よりによって179とかぶってしまった(爆
ちょっと書きすぎた。スマン>179

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 23:43
>190
あ、そう
君のような設定厨房はギスギスした世界だけで生きて逝きたまへ
漏れは「ヨコハマ」のほやっとした世界で浮き世のストレスを癒してるから

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 23:54
というところで、ワイン片手に解析にもどるわけだが…(w

>>176
おそらく、これは>>178氏が言っているように、野火だと思う。
野火止用水のような地名が残っているように、昔は武蔵野は野火がよく発生
する場所だった。一面のススキの原が広がる武蔵野は一度火がついたら
消すことが難しかったので、野火止用水のような防火線があちこちにあった。

#逆にいうとススキの原が広がるということは低湿地であり、それだけ水田を
#開墾しやすい場所でもあった。

ヨコハマの世界で、野火が起こっているということは、ススキ野原が復活してい
るということであり、植生が自然状態に回帰しているということをうかがわせる。
現在の密集した家屋と道路が無くならないと、野原の復活は難しいだろうから
大面積に被害を及ぼしたなんらかの災害があったと考えるのが妥当だろう。
やはり、作品中でその予感を見せるのは富士山かな?

(人が莫大な予算をかけて、土地を自然状態にもどしたというのはナンセンスだろうなぁ)

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 01:53
気候変動、海面上昇、資源枯渇などなどの物理的要因だけでなく、
競争と経済発展を追及する資本主義社会(現在のシステム)に変わる
新しい社会システムに移行したのだと妄想してみる

「エンデの遺言」つーかそんな感じで、

196 :187:02/03/25 03:37
>>193

読み手と作品との位置関係や影響度は様々だからね。(無論作者と作品との位置関係も)

作者と作品の関係は時間的に変えることの出来ない物なんだけど。
そのことが、「もし○○年後(前)にこの作品を表すとすれば」との仮定を生みうるし。

読み手としても作品との関わりは、年齢差(性格には精神年齢差?)があるわけで、
年代的に語れる個性分類があったり、経験差的に語れる個性分類があったりする一方で、
実体は個々様々だという事をSF板に棲む住人は意識しておかなくてはならないと思う。

>>190だって、今はこうだという事を表しているレスにすぎない。
マターリ行こうじゃないか。 「人に歴史有り」なんだし。

 #3巻p.46 
  「──今は ロボットって事は 個性のひとつなんだなって 思います」 ココネ


197 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 03:50
>>191カコワルイ。晒しあげ。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 03:55
>>197
ageてないし〜 さらしsage。

199 :187:02/03/25 04:23
1巻p.24の話からすれば、旧大都市・ヨコハマが消えて(水没して?)アルファさんが
(コーヒー豆買い出しに行った)新・ヨコハマに移るまで数年しか経ってないんだよね〜

と言うことは、これまで10m近く水没しているとはいえ、「先生」の若い頃の描写で海岸
近くの「渋滞道路」が水没した描写からすると加速度的に水没してるのかも〜と。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 08:34
そういや途中で急激に時間が進んだよね。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 09:22
それってご都合主義…。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 19:43
>>199
若かりし頃美しかった「先生」もエヴァのファーストインパクト
のような、思い出したくない大惨事を体験しているのか・・・

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 20:52
#3巻p.46 
  「──今は ロボットって事は 個性のひとつなんだなって 思います」 ココネ

<<いいなぁ、そういうの。鉄腕アトム以来、世界で一番ロボットと仲のいい
日本ならではのセリフだね。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 20:56
 納得しやすく考えるなら
子海石せんせが高校〜大学時代、地球温暖化による急速な海面上昇が起きた。
その後富士山大崩落により大気中に大量の微粒子が舞い上がり、気温上昇が緩和された
 っつーとこでどうだ?

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 21:09
>>204
火山活動だとすると、高層大気にエアロゾルが浮遊するのは数年程度のはずだぞ。
それに、火山活動は長期的に見れば温室効果ガスを放出することにより
気温を上昇させると思う。

海面上昇という現象は一度起こると、加速度的に上昇速度があがるんじゃない
かな? 極地で太陽光を反射している氷の面積が少なくなるという正のフィード
バック現象だからね。

でも個人的には結構楽観してる、過去には現在の二酸化炭素濃度よりもはるか
に高い時期もあったけど、フィードバックの暴走は起こってない。
縄文時代の気温が高かった時期には、海水面が埼玉の奥地まで来てたけど、
特に災害といえるほどのものは無かったようだし。まあみんな適応するでしょう。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 21:16
>>203
ロボットとの共生はもしかして、あの時代の「日本」特有の現象では?
欧米では、ヒューマノイドロボットは気持ち悪いと感じるらしいです。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 21:30
>>206
あの時代ってことは、今は違うということ?AIBOやASIMOなんかを見れば
共生まっしぐらという気がしてるけどね。

ヲタカルチャーではマルチなんてものあるし、拒否している人々の存在
を日本では感じないけど…

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 21:32
>>205
追記
ああ…パニックになるのは首都圏(および海岸沿いの都市)に不動産を持ってる
連中だけだな(笑

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 22:30
>>206
キリスト教の影響らしいね。
ホムンクルスの類と見られてるのかな。>疑似生命は禁断の扉
しかし向こうの証券取引開始ベル鳴らしてたし。どうなんだろ。
アルファ級になると多分凄い拒否反応示すのかもしらん。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 22:36
すべてのモノに魂が宿る国ではロボットに魂が宿るくらいなんでもない。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 22:43
>209
確かに。
まだヒト>ロボな関係だからそういう拒否反応は出ないんだろう。
ヒト≧ロボくらいになるとめちゃくちゃ嫌がりそうな気はする。

212 :_:02/03/26 00:04
>>171
そういえば、訪れる人の無いまま高層大気を飛び続け地上からは謎の飛
行物体扱いされてるザックトレーガーという宇宙船?もヨコハマ的です
ね。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 00:21
アシモフは例の3原則でロボットをあくまでも人間の奴隷にしていたよな

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 00:38
アシモフのロボットよりジャスペロダスのがいいかも

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 00:39
「魂」ッスね。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 08:57
日本はロボット共生Okなお国柄でしょ。
実際民生品で本気で商品化しようなんてクレイジーな国は日本だけだと思うが。
それも人型を。(クレイジーっつうのはある意味誉め言葉ね)
他のアジア圏はどうなのかな。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 09:02
そういや原子炉で働くアシモとかは無いのかね。
スレ違いになりつつあるスマソ

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 13:55
>>216
先行者があるじゃないか(w

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 18:27
水神さん
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2002/03/25/634662-000.html

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 19:10
age

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 19:20
>>218
先行者を民生化(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 19:41
漫画板のヨコハマスレッドでも話題になっているが
中性洗剤でうがいってのはアルファさんがやはりロボットだという
事実を我々につきつける・・・

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 08:56
>>222
いや、別につきつけるって程でもないと思うけど(w
まあ、マンガだからな。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 21:19
あのシーンで「あ、アルファさんってロボットだったんだ」と思いだした漏れは逝ってヨシですか

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 22:51
>>224
いや、みんなそんな感じだと思います。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/29 23:33
マンガ板のヨコハマスレッドでSF論争してるよ。

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/30 23:55
週末あげ

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/01 05:02
>>226
あ〜〜、本スレ(=漫画板スレ)でSF論争したら、このスレの意味がない(w
まー、ココも漫画版スレ化してたからなぁ。住み分けができれば。。。

といいつつ、本スレの論争に参加してますけどね。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/01 21:01
>>228
hagedou!!

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 21:27
まんが板のほうでの論争ではバイオロボット説が有力です。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 23:27
まあ、雷が直撃しても機能停止しないんだから、
バイオにしろメカにしろとんでもない耐久力だな。
現在の技術の延長線上で、そんな事は可能なのか?

232 :名無し兵だよ:02/04/05 00:50
>>231
電気回路をあまり使わず、光ファイバーや光素子を多用しているのでは?
そういやドラえもんは雷も弱点だったな。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 15:13
体表面を流れる血液は赤い血だよね?
でも、思考をつかさどる脳は電脳なんだろうなぁ、当然。
あそこまで、高度な感情が発達した電脳を開発したのに、人類は・・・。
子海石先生って病院やってるけど、昔、アルファ型の開発に関わってたって
ことは、やはりアルファタイプがバイオ型ってことだろうな。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 15:22
子海石先生って病院やってるけど<応急処置しかできないって
自分で言ってたから、本物の医者ではないのだろうね?
そう言えば、この世界、学制はどうなってるんだ?
子供らは小学校でたら、もう社会人のようだが・・

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 15:51
>234
どんな名医だって独りで十分な設備や薬品なしでは
応急処置ぐらいしかできないでしょう。
先生も「今は」って言ってますから、かつてはスタッフ
もいてバリバリやっていたのでは。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 16:56
>234
子供じたいが少ないようだから、学制は崩壊してるのでは。

タカヒロとマッキは、近所のオッチャンたちに勉強を教わってたですね。
なんとなく、けっこう高度なコトを習っていたようにも見えましたが。

237 :名無し:02/04/06 18:47
>>232
落雷の際には物凄い高温が発生する場合が有るからあー見えて耐熱性も
高いんだろうな。
緊急機体冷却系が高機能だとか。(ガンダムみたいだな?)

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 21:49
>>233
血は血でも、蚊も吸わないけどね。


239 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 21:50
>>233
血は血でも、蚊も吸わないけどね。


240 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 21:51
>>237
鼻から耳から、シューってか?


241 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 23:31
>>236
最低限の教育インフラがないと次の世代の社会は
メルトダウンしちゃうYO!!

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 00:30
>237
アルファさんはああ見えても超伝導ボディで、
落雷食らっても、体内ではほとんど熱が発生していない説。
周囲の空気がプラズマ化するので、髪や皮膚は焼けるが。

>238
蚊が寄ってくるってことは、とりあえず体温と二酸化炭素は
放出しているんだよね?しかし血液は蚊の吸える代物ではない・・・
いや、皮膚が硬いのか?どっちだ?

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 02:50
体表面は血液等による新陳代謝。呼吸もする。
風呂に入るということは垢もでる。
でももっとコアな内臓はどういう構造なんだろう?
まじめな話、排泄はどうしているんだ??
消化器官あるみたいだし。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 10:41
>241
まさにそういう意味で「終わり」を迎えてるのがヨコハマじゃないの?
作者がどう考えてるのか知らんが、技術文明の終わりを
ほのぼの系でまとめてるのは、やはり才能かと。

245 :名無しは有慈悲な夜の女王:02/04/07 11:49
>>237
おなかのポケットから冷却ガスを出して大気圏突入できます。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 16:31
>>243
髪の毛は伸びないそうな。

>> 排泄
トイレはあるよ。
旧カフェ・アルファと自宅に一つづつ。


247 :241:02/04/07 19:31
>>244
なるほど、そういう割り切り方もできるね。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 19:34
つか、その場のムード重視のいい加減な漫画だろ?

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 19:50
春蟲の新学期っていつ始まるのかなぁ?

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 20:16
>>248
その場のムードでいい加減に生きてるくせに(w

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 20:57
>>245
おなかのポケットから耐熱フィルムを〜の方が
絵的には美しいと思うぞ。羽衣みたいで。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 22:54
>>199
1巻の最初の話、あれだけは分けて考えたほうがいいかも。
一応その後と話は繋がってるけど、連載始まる前の作品みたいだし。
あれはあれで1話完結物語かと。というか、個人的にはあの話が
いちばん好きです。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 22:56
>250
まあまあ。
漫画への意見に対して、発言した人への意見で返すのは控えよう。
話の対象がすり変わってしまうから。
論議スレって、レスしてる人がこのすり変わりに気づかないのが原因で
よく荒れるし。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 16:27
あの世界は、物理的に高度産業文明が維持できないのではなくて、
人類の価値観に大転換があったと考えざるを得ないですね。
つまり、あの文明の有り様を決定している主要因は海面の上昇
とかの天変地異ではない。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 16:58
>>254
その考えざるを得ない理由ってのはなに?
人口減少によって、高度産業文明を維持する上で基本となる
競争原理そのものが、実勢に合致しなくなったからだとするほうが
自然じゃなかろうか?

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 17:19
>>255
いや、現代の価値観のままでは、いくら10mほど上昇したからと言って、
ああいう世界にはならないだろうと。地球上には内陸に住む人間もたくさん
いるわけだから。日本だけで見ても、ああいう自然環境になったら、
逆に山間部で産業が発達するはずでは。
結構、山間部の様子も描かれているが、そんな様子が無いのは、
人間の価値観に変化があったとしか考えられないんですが。
あの作品、かなりヒッピー思想に満ち溢れている感じがします。

257 :>>256:02/04/08 19:16
かなりヒッピー思想に満ち溢れている感じがします
<ヒッピーというとかなり過激な自己変革の思想だから、
それこそ「またーり」した思想状況に落ちついたものと思われ。

258 :256:02/04/08 19:39
>>257
うーん、どうも、ある思想状況に「落ち着いた」というだけでは、
あんな世界にはならないんじゃないかと思えるんだけどなあ。
まさにそのとおりに過激な思想の変革があったんじゃないかなあ。
もし天変地異がなくても(あるいは天変地異はほんのきっかけ)、
その思想に至ったような。海面上昇が文明の変化に与えた影響は
実は小さいみたいな。

いやあ、作品にガソリンとか電気とかの科学技術による利便性が
描かれていなければこんなに悩まないのに (w
電気なら自家発電があるけど、自家発電っぽくないし。
さらにガソリンの存在がなあ…
備蓄分だけだったら、あっという間に無くなるはずだよなあ。
おれもこんなに悩むなよだよなあ。

259 : :02/04/08 20:01
数10年後に地球へ衝突しりコースにある巨大天体が発見され、
みんな諦めてしまったとか…。

260 : :02/04/08 20:59
内燃機関の燃料を一般に「ガソリン」と呼んでるんじゃないのかな?
ディーゼル車で「ガソリン満タン」と言う人もいることだし
電気にしても現行の送電線を使って送ってるとは限らない
高効率の燃料電池システムとかね

261 :256:02/04/08 22:18
>>260
しかし、ガソリン(あるいは軽油)に植物油使ってるふうでもないしなあ (w
電気にしても、今よりも進んだシステムを使うなら、それなりの
コストがかかるだろうし。科学技術製品の中でも、ロボットだけは
自律的な機械だから放っておいてもいいかもしれないけど。

なんか、現代の高度科学技術文明を維持しようと思えばできるのに、
あえてそれをしない世界のように感じるけどなあ。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 22:23
(三浦半島では)水道とガスはタダだってアルファさんが言っていたぞ。
過去の公共インフラが、まだ機能しているのでは。
壊れた時、復旧する人間が存在するのかはかなり疑問だが。

あと、カフェ・アルファやおじさんのガソリンスタンドには
キッパリ電線が通ってますがな(w
あれがダミーだとしたら・・・・それはそれで萌えるが。

263 :256:02/04/08 22:34
>>262
そう、その公共インフラを動かすのにコストがかかるはずですよねえ…
故障しても太陽エネルギー使った機械で自動修復するとか。

でもそうだとするとやっぱり、天変地異のせいでああいう生活になって
いるとは考えにくいなあ。人間が好きでそうしてるような。

264 :名無し腹減り:02/04/08 23:07
ターンAガンダムみたいに過去の超文明の遺産のナノマシン技術と遺物を
うまく使って生計を立ててるのかな?
あっちの世界だとナノマシンによる太陽電池芝とか海水からの水素抽出と
かが可能らしい。(とっくに化石燃料は無くなってるので)

265 : :02/04/09 00:57
遺跡にはなってないだろうけどナノマシンの技術がないとアルファさんのようなロボットの人は作れないと思われ

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 17:23
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/masterpiece/FeelSo/Yokohama/A7int3.htm

タ−ポンでかい・・・
成層圏から見えるなんて古屋兎丸の「Marieの奏でる音楽」のMarieみたい。


267 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 20:09
>>266
でも、プロペラ機だから成層圏じゃないんだよね。



268 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 20:20
>>266
うーん この人の未来史の地軸転倒というのはちょっと唐突だな。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 20:20
>>267
プロペラって設定あったっけ?

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 20:59
>>267
漫画版参照。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 21:21
>>270
同人設定か。

でもプロペラだと高度は最大1万メートル。速度はマッハ0.6程度しか出ないぞ。
後退プロペラを使ったとしても、マッハ0.8ぐらいが限界だろうな。
その上、音が聞こえないってことは絶対にない。

これはあれだな、プロペラは飾り。本当は重力制御をやっていて、動力源は
猪木エンジンだな。


272 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 21:33
>>271
10km離れてても音が聞こえるくらいプロペラ機ってうるさいの?

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 22:11
>>271
スピードとか早くする必要もないし、なんか普段はグライダーみたいに
滑空しているような感じじゃない?

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 22:42
>>272
東京大空襲のB-29をイメージするといいと思う。
ジェットにしろプロペラにしろ、10Kmとはいえ直線距離だから
絶対音は聞こえるよ。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 22:44
>>273
そうすると、上昇気流を利用するしかないから、飛行ルートと、おおよその飛行
スケジュールが決まっているっていう設定と矛盾するよね。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 23:44
>274
エンジンではなく電気モーター推進では?
スキュードプロペラなら風切り音も少ないはず
翼の上面は太陽電池、夜はバッテリーで飛ぶ
たしかNASAが研究してたはず無人機だけど。

277 :276:02/04/09 23:59
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Space/200108/15-1.html
NASAの実験機ヘリオス高度26000mまで上昇できるそうだ。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 00:55
そこまで静かにする理由も…やっぱいい加減な考証しかしてないのでわ。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 01:38
>なんか、現代の高度科学技術文明を維持しようと思えばできるのに、
>あえてそれをしない世界のように感じるけどなあ。

「エンデの遺言」で検索して出てきたよーなのが実現した
世界なんだってばよ

280 :ガソリン屋:02/04/10 17:01
植物は食べられるのに、お肉はだめなのは何でだ?

281 :nnnnn:02/04/10 21:35
>>280
肉内部の雑菌がマズイとかかなあ?

282 :微妙にスレ違い?:02/04/10 21:36
実は光学異性体で肉体が構成されている

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 22:18
でも、量産機(?)のA7M3型(ココネとか)は動物性タンパクもOKらしいぞ。
A7M2型(アルファさん)のみの仕様で、改良されたってことかな?

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 22:50
まぁ、人間でもタンパク質アレルギーとか実際にいるし…

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/10 22:55
アルファさん、落雷直撃でも平気、超耐久性有る!ってレス有るけど…
あれ、背負った熊手に落ち取るんじゃ…(1巻P88参照)
そんな事故なら現実でも起きてるし、あの程度の怪我って十分有り得るでしょ?

>280
代謝系の設計仕様の問題なんじゃ?
酵素系の不備が有るのかなって考えてるんすが。少量ならOKってのが裏付け?
「味は好き」ってのも重要な描写なんでは・・・
焦げ髪の移植の線から考えるに、有機系と無機系(これまた科学的な言い方じゃなくてスマンが)の
ハイブリッドロボットなんではと妄想。
>280
ネタにマジレス(w
それなら植物性蛋白も例外ではないような…

286 :285:02/04/10 22:58
すま〜ん!マジレスしたんは
>282に対して。
おおぼけスマソ。

287 :285:02/04/10 23:08
付けたし。
ハイブリッドって考えたんは
丸子がココネの肌が綺麗って事に関して
「食べ物のせい?」ってセリフから、代謝系が存在し
同化作用が見られるって妄想。
勿論、我々と同一の反応系であるとは言わんよ。

288 :282:02/04/11 00:06
>285
光学異性体は「戦闘妖精雪風」ネタなんやけど
#故にスレ違い

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 07:43
>288
チキンブロスを美味しそうに頂くアルファさんは(・∀・)イヤダ!!
スレ違いれすー

>287
んじゃ、彼女達のお肌って生体高分子なんかねぇ?

290 :285:02/04/11 07:43
>288
OK!知ってるって!
チキン風呂ススキ?

291 :285:02/04/11 07:50
>289
「生体高分子」って何を指すか甚だ疑問の言葉だが・・・
要は蛋白ってことで良いんじゃない?
仕事行くんで詳しくは後で…

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 17:53
生体高分子<わかりましぇーーん
消化器官については、おなかこわした記述が今までないので
それほどデリケートってわけではなく、やはりロボットとして
頑丈なのではないかと。ビタミン等の摂取は彼女たちに必要なのかな?

あと、かんぱち辻の茶屋のシーンで、かんぱちの並木が
府中のけやき並木や阿佐ヶ谷の中杉通りの並木よりも
ひとまわり、ふたまわり大きいのは、やはりバイオの関係でっしゃろか?
あの並木道、ほとんどトンネルに見えるもんね。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 18:16
>>292
つーかそれだけ、時間が経過したってことじゃないかな?
およそ100年程度?

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 20:27
A7型が、かつて戦闘目的で開発されていた頃、
マスターのDNA情報を摂取することによって、マスター登録/認証をするシステムが
考えられていました。後に平和な時代が訪れ、A7型から「マスター」の概念は
削除されましたが、何らかの理由で、認証システムだけが残ってしまったのです。

アルファさんが動物性蛋白を摂取すると、この認証システムが起動してしまうのです。
OS側からみれば、不明なプログラムが勝手に起動している状態になり、
結果としてアルファさんは動作不良を起こしてしまうのです。
ココネ達M3型には、最初からマスター認証システムが搭載されていないので
このトラブルは起こり得ません。

・・・・などと妄想の翼を広げてみる。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 21:31
>>293
いくら時間が経過したってセコイアじゃないんだからあんなデカクはなんないでしょう。


296 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 21:51
>>295
けやきはこのぐらいにはなるみたいだよ。
ttp://www.isanishiki.com/hurusato/hurusato.html

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 16:18
>>296

樹高31メートル、周囲8メートル!!
でも、こんなになるまでには何百年もかかるはずだよ。
環八は今、並木ないからアルファの時代はすごい
遠未来ってことになっちゃうなぁ。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 23:26
しかし、まぁ、バイテク解禁って言うより無法地帯だなぁ。
初期段階で倫理委員会は崩壊か?
街灯樹とか自然繁殖、思いっきりしてるし…遺伝子の設計したヤツに小一時間問い詰めたい。
「管理を離れた後に突然変異をした」なんてヘタレな言い訳したら、さらに小一時間…

三年桃を柿、栗同様に巨大にして欲しかった
…巨大桃にかぶりつく晴天の海辺…くいて〜!

>294
ちょっと、ネタにマジレス。
DNA情報、つまり塩基配列を対象とするシステムなら、情報の結果である蛋白より、
直接DNAを検出した方が正確なシステムになるはずです。
酵素を検出に使用するのが便利で良いと思うのですが、
その場合DNAと蛋白でそんなに差は無いのでOKなはず。
手間が同じなら情報に正確性の高いDNAを選択すべき。
その上294氏のシステムはミルクのような蛋白のみでDNAを含まない物にも反応してしまい
システム全体の信頼性に欠けますが…
戦闘用でしたら月の裏側辺りでご使用になったらいかがでしょうか?俺はイヤです。
暴走アンドロイドに9mmぶち込まれるのはごめんです。デッカードさんを呼びます。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 23:28
>298
まほろさんを呼びます(w

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 00:00
>299
ごめん…誰?それ?

                って300げっと〜 ずさ〜

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 00:34
>>300
銃弾を指で挟んで止められる人。
関係無いのでサゲ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 02:27
>>298
「ブレードランナー」のレプリカントたちはDNAにあらかじめ
その暴走がインプリンティングされて短命だったね。
アルファの世界でアルファ・男性型が短命なのもそのせいかな?

303 :298:02/04/13 09:38
>302
暴走自体は情報化されていなかったような…?
寿命を設定しておくのは現在でも基本路線として使われますね。
典型的なものは種苗会社から品種改良され供給されている製品群。
あれは大抵1代限りでおしまい。つまり目的とする能力をコピーさせない。
具体的な時間設定はしていないけど、1年草なら事実上同じ。

さて、男性(M)型が虚弱ッキーなのは…
あっ!ここで「短命」とは言わないで「虚弱」って表現したのは
ナイの「弱い」って発言から。
つまりアルファ型は男女を問わず、レプリカントと違って寿命設定はされていないと言う
前提条件を妄想。(ちなみにアルファ型はハイブリッド機と仮定します)
その上で何故虚弱(結果的に短命)なのかを妄想してみますと…
ヤパーリ設計上の欠陥でしょうなぁ(ーー;)
アルファ型機の性別の問題を何処まで掘り下げるかにもよりますが、性決定因子と
他の代謝系の遺伝因子が絡んでんじゃないのか?
コレ以上はもっと小難しい話になるんで……どうする?書く?

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 10:29
>303
んー、漏れは続けてくれてかまわんよ。
というか、続ききぼーん。

305 :名無しは有事費な夜の女王:02/04/13 20:41
>>298
やっぱりバイオハザード後の世界かなあ。
ゾンビ集団に追われて逃げ惑うアルファさんは想像したくないが。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 21:47
異常気象の後の世界でしょ
生態系にもそれなりの影響があったんじゃないかな?

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 22:06
α型に「アルファ」と名づける主人は阿呆ですな。

308 :298:02/04/14 00:42
小難しい妄想の続き。
少しばかり専門からずれるので今まで以上に突込み所満載でお送りします。
一番簡単な考え方は、性決定因子の有る同一染色体上に欠陥の有る代謝系の遺伝因子が存在するって言うパターン。
コレならば、男性型はみ〜んな、欠陥遺伝子の形質が表面化すれば、あぼーん。
表面化するまでの時間が数年かかるならば、開発側もそれまで気がつかない可能性が有る。
ナイはたまたま「欠陥品の中の不良品」で欠陥遺伝子が良い方に壊れていたと言う御都合主義。
でも、このパターンだと開発者は欠陥(原因)の特定が容易で問題解決も楽なので、男性型が少ない理由としては
問題解決行為自身に障害でもないと・・・
つづく

309 : :02/04/14 00:45
人間も女性に比べて男性は死にやすいよな

310 :298:02/04/14 01:28
もう1つ妄想してみると…
性決定因子の有る染色体上に存在する遺伝子(コレ自身は正常)と
他の染色体上の遺伝子(こいつ自身も正常で構わない)が干渉してしまうってパターン。
丁度コンピュータにおいてドライバーが衝突したり相性が悪いのにそっくし。
このパターンだと関わってくる遺伝子の数はなにも2つとは限らないので、
数は増えるほど問題は複雑化。その上、個々の遺伝子自身は欠陥がないので
原因究明は難儀し易いはず。そして問題が表面化するのに時間がかかった日にゃー
問題解決は泥沼化必至。
例によってナイは関わっている遺伝子の1つで良いから欠陥品ならばOK。
致死的な「正常遺伝形質の連鎖」がそこで止まるから。
ポイントとなるのは、その欠陥の有るナイの遺伝子が致命的な代謝系遺伝子ではない事。
このパターンだとナイ以外の男性型ロボットも生き残る可能性が前出のパターンより
増えるのですが、前出のパターンの場合、生き残ったロボットを検査すれば直に原因が
判明するのに対して、このパターンだと生き残りを検査しても原因の特定は困難になるはずです。

妄想ですんで突込み所は多いですねぇ…他にも色々考えられますね。
少々なら質問受けますが…同業者は虐めないでくださいね。

311 :298:02/04/14 01:41
>305
緩やかなバイオハザードは確実に有りそうですね。
ただ、あれだけバイオサイエンス解禁状態だと
「ここからバイオハザード」って言う線が曖昧でしょうなぁ。
まぁ街灯樹が窓の直そばに生えてきて夜まぶしくて眠れん!
って程度の、のんびりした生物学的災害です(^^ゞ

312 :名無しsun:02/04/14 20:17
>>311
それ以前にあれだけバイオサイエンスが溢れている世界だと
あの世界の「常人」がホモサピエンスかどうか怪しくなるか
も。
まさか、既にホモサピエンス自体は滅んでいたりして!

313 :294:02/04/14 21:01
>>298
遅レスで大変恐縮ですが、レスのはじめに「DNA情報を摂取」と
一応書いてありますが・・・・
294は、マスターの血液をサンプルにすると想定しての発言です。(見た目重視で)
成分的に血液と似ている「牛乳」や「お刺身」を口にすると認証システムが起動、
本来ならすぐにキャンセルがかかるはずが、アルファさんはシステムの存在を
認識していないのでプログラムの強制終了ができない、という流れで。
ホントは「血液」も血球細胞(だっけ?)のDNAが破壊されているので
不適だと思いますが。妥当な線では、口内の粘膜からサンプリングですかね?
・・・・・そりゃディープキスだ。まあそれはそれで絵になりますがね(w

ナイの話は、興味深いのでもっとやってください。
ちょっと外れた質問ですが、ミケネコのオスが生まれてこないのは、310の説明の
どちらかにあてはまるのでしょうか?

314 :298:02/04/14 22:45
>313
脳が不自由なもので・・・
ただシステム自身の起動も直にDNA刺激にした方がシンプルいずベスト。2段階システムは
故障発生率も2倍、デッカードさん出動も2倍です。
白血球系には遺伝情報1セットあるんで御利用ください。でも、剥離粘膜でOKでは?

うひゃー「オス三毛猫」!なんか昔習いましたなぁ…
結論から言うと違います。あえて言うなら最初のパターンが参考になりますかね…?
雄ヘテロ型伴性遺伝による形質発現ってやつで、性を決める遺伝子にはXとYとが有ります。
XXが雌 XYが雄ってパターンでXの中に「X黄色」と「X黒」があるんです。
(ちなみに白はぜんぜん違う遺伝子上にある)
つまり原則的に三毛になるには「X黄色」と「X黒」それと別に「しろ」の遺伝子が必須。
でも雄になるにはXYの組み合わせじゃないといけません。Xは「X黄色」もしくは「X黒」
のどちらか1つしか持てないのです。
だから2色分(白と、黒もしくは黄色)の遺伝情報しか持てないので雄は三毛猫には成れないのです。
……実は生殖能力は無いけど「染色体不分離(クラインフェルターなんても言う)が起こると雄三毛が出来ますが…
長レス、スマソ。下げますね。

俺の家は湘南湖に沈みます。どうしましょう?

315 : :02/04/15 21:17
>314
今のウチに高床式にしておく(w

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 21:26
>>312
おじさんもタカヒロもみんなロボットだったりして。
人間と同じように成長し、自分をロボットと認識してない
っていうタイプの。
アルファが寂しがるといけないので、オーナーが設置していったとか。
(オーナーだけは人間)

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 21:55
ハードSFとしての世界設定でなく、
P・K・ディック的世界の中での物語とか。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 22:43
>314
引っ越せ

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 22:47
>314
いや!それもいい経験だッ!

320 :294:02/04/15 23:13
>314
おお!詳しい説明ありがとうございます。
ちなみに我が家は三浦半島ですが、海水面10mアップならセーフ、
15mならアウトです。かなり微妙なライン。

>316
とりあえず、ょぅι゛ょでありながら大量のフナムシを捕獲する
マッキの運動能力は尋常ではないと・・・・。
何かコツがあるのか?それ用の仕掛けとか。


321 :314:02/04/15 23:24
「これが、あの渋滞道路」の近くなんで
まず砂まみれになってから、水攻めです(w

丸子の家みたいな構造って、湿気とかどうなんでしょうかね?

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 23:37
>320
ポストカードブックに半島のなれの果ての地図(w が有るよん。
単に海面上昇しただけじゃ無いのが良く判る図です。
北の大崩からカフェまで20kmってのも、葉山大道、衣笠経由って言うなら納得。
それにしてもタカヒロって元気だ。カフェまで自転車って結構有るし坂ばっか。
まぁ、それ言ったら、おじさん凄すぎ。

323 :294:02/04/16 00:06
>322
地図、持ってます。もう見る影もなくガリガリにやせ細った半島が哀れ。
たしかに、かなりの地殻変動&波による侵食があるようです。
が、一番の謎はおじさんのガソリンスタンド周辺なんですよね(w
>321
俺のいとこが、その辺に住んでいます。
やっぱり防砂林は大事にしないといけないですよね、と地元ネタ。
・・・・地元ネタでこんなに引っ張ってよいものかとちょっと心配。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 05:28
>>322,>>323

地元ネタができてうらやましい。おいらは悲しい暴走半島民。
今度、三浦半島行く時、参考にさせてもらいまっさ。

325 :294:02/04/16 22:36
>324
暖かいお言葉、ありがとうございます。
なんとか地元ネタからSFネタに繋げないものか考えてみる。


        ・・・・・・・何も思いつかない(w

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 22:44
64話に出てくるキャリーカートってカコイイから欲しいと思ってる。
構造上、後輪近くの足を載せる位置がバランス悪くて「?」って感じだが…
それより疑問は、あのグリップレバー!多分、ブレーキレバーだと思うのだが…
前輪をブレーキかける構造だとしたら危険過ぎるんでは?
その上、1レバーで前2輪共に均一にロックしないとイカンし、もし前2輪が
1本の軸で繋がっていたら、ブレーキには良いけどカートとして引っ張るには使いずらくねぇか?
簡単なクラッチみたいなもんでも有るんか?
そもそも前提条件であるブレーキって言うのが間違いなんだろうか?じゃあ、何?
作ってみようと考えてるんで。ブレーキはキックボードみたいな方式が良いかなと考える次第。
詳しい方、マジレス希望です。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 23:14
>326
あれは実はセグウェイです

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 16:26
>327
…おお!Σ(゚ο゚)゚゚←目から落ちたウロコ

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 23:49
ターポンに乗るとしたら何もって乗る?
もちろん片道切符状態。
出来れば降りれない事がわからない状態を想定してみたら?

つまり、呑気に帰ってくるつもり(実は帰れない)で乗るとしたら?
まぁ、予定滞在日数に付いては各自、想定の上で…帰れないけど。

ちなみに俺は双眼鏡。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 00:01
>329
アルファさんと丸子さん
物扱いかよ!!

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 00:12
>326
以降出てないので、あの後ブレーキをかけてズッコケタんではないかな?アルファさんだし
そもそもキャリーカートは引っ張るモンであって乗るモンでないから

>329
ヨコハマの全巻とCDとLD(w

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 00:18
>330
|
|,,∧
|゚Д゚ミ <意味不明
|/
|


333 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 01:04
>>330
なら、漏れはココネたんにしる!!

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 16:29
>>330
なら、おれ丸子!!


335 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 17:38
>333は9mm電気弾にて昇天。合唱。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 20:23
>
ヨコハマスレってここか、よかった人がいるよ。
ミサゴさん皆にご挨拶しなさい。


337 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 21:27
ちと世界設定話に戻しますか。

>335
あのエピソードって、物語世界の社会を考察する上で有用だよね。
一般人が銃器で武装できることや、その管理についてグダグダうるさい制約が
無いらしいことは四季章受賞作品の段階で推測できるからここではさておく。

注目すべきはココネがきっちり訓練されているらしい、ということ。

訓練の質が現代の本職から見てどの程度のものかは知らないが、少なくとも
ココネが訓練内容を身に付けていることは確実だと思う。

まず動作シーケンス。
(1) 両手で荷物を持っている。右手は体前面にまわしている。
(2) 右手全体を後ろにまわす。荷物は左手で完璧に保持している。
(3) ホルスターの脱落防止ホックを外す。
(4) ホルスターから銃を抜く。人指し指はトリガにかけていない。
(5) 右手を再度体前面にまわしつつ体をひねる。
(6) 攻撃対象に銃を押しつけつつ視認する。
# (2), (5)の右手の動き、かなり無駄があるよな…

よどみなく、且つ安全にこれだけのことを一瞬でこなしているわけだ。
ストーキングする丸子を警戒していたらしい節があるとはいえ、これは凄い。

次、銃の扱い。
背後のホルスターから「安全に」銃を取り出し、終始トリガに指をかけていない。
どうやら基礎的な銃の扱いは体で覚えている模様。

# それはそうと、あの銃コッキングされてたのかな?
# H&K P5のハンマの動作に詳しい人、レス希望。

とまあ、動作が身に付くまで訓練しているらしいわけだ。訓練内容には疑問な
点も無いではないが…。何にせよ、丸子が言うように会社がその訓練を社員に
受けさせているとすれば、必然的に何らかの形でそういう訓練を行うためのイ
ンフラがある、ということになる。

企業内にそんなセクションがあるのか、組織的訓練を行うための組織があるの
か、はたまた「専門家」が個人ベースで訓練業務をやっているのか…
そもそも、どれだけの需要あるのか…
なかなか面白いネタだ。


338 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 21:37
マジレス行きます。
>>326
手元にないんでアレなのだけど、最初はなかったが、乗る時に使うよう
改造した、と解釈してみるテスト。
しかし>>331の指摘どおり、カートは乗るものではないので不具合発生。
すっ転ぶ。そんなこんなで役に立たないと判断し、途中で預けていった、
と考えてみる。

>>329
やっぱり、世界地図ね。ターポンに限らず、飛行機に乗る時には
「おお!世界はやっぱりこういう形してんだ!」
と感動したい性質だから。

そして、沈みゆく地上を見ながら、
「ああ、あそこの町も無くなったんだなぁ…」
とアルファー女史の傍らで溜息をつく黄昏時。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 21:57
>>337
話が軍板っぽいけど、そちらの方かしら?

ともあれ、ムサシノあたりは大分都会(?)のようなので、個人企業問わず
戦闘インストラクターが居ても商売になると思う。治安も、ところにより…ね。
あるいは、配達部付き護身術課長とでもいうべきベテランがいたりして。

明治頃の郵便配達夫は拳銃を所持していた、という話を聞きかじった憶えがある
ので、あの辺は違和感なく流していたんだが、考えると、深いなぁ。

ココネたんの事だから護身術の講習も真面目に受けていたんだろうな、
と妄想しつつ、9mm電気弾にて絶命。

340 :337=330(w:02/04/18 22:22
>339
たまには設定話も良いかなぁと思っただけ。
ココネが「個人的に練習した」んじゃなくて」組織的に訓練された」
らしいと、私が感じた部分をつらつらと書いたらあんなんなっちゃったけどね。

それはそうと、あれだけ接近を許してしまうと、相手が強盗だったりしたら
威嚇する間もなくいきなり射殺(?)せざるを得ないんじゃないかな〜
とか言ってみるテスト。

>郵便配達夫
なんとなく映画「デリカテッセン」を思い出したよ、私は。


341 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 22:29
>337
手持ちの資料で調べたけどあれはワルサーのP5コンパクトっぽいよね
弾は9パラ装弾数は8+1発でダブルアクションだからチェンバーに入ってたら即撃てる
アルファさんの銃はH&kP7、グリップの幅からするとM8
エンドのところからファイアリングピンが出ていないのでコックされていない
 と、ガンヲタなウンチクを述べつつ9mm電気弾で悶絶死

342 :339=333(既死:02/04/18 22:35
案外、このスレって人少ないのかも…。

>>340
電気弾なので、絶命まではさせないと思う(漏れは即死だがね)。
3発入っている、とあったので、まず1、2発目(連射)で昏倒させ、
残り1発を威嚇orマジ射殺に使用かと。

343 :341:02/04/18 22:43
作中の記述からすると電気弾って一種のスタン弾っぽいが1立方センチ足らずの容積に現在あるスタンガンの機能を納める技術ってすごい!(・∀・)
もしかするとホタルの発光器官の原理に近いのかな?とか思ってみるテスト

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 22:44
 P7はグリップを握り混むとセイフティ解除・コッキングなので、チャンバーに装填していれば即撃てる。
 なんてさらにマジレスしてみたりしちゃったりなんかして。


345 :名無しKET:02/04/18 22:54
あの、初歩的な質問なのですが電気弾って火薬で撃ち出すんですか?
それとも電気力で撃ち出すのでしょうか?

346 :340:02/04/18 23:18
にわかにSF板っぽさが戻ってきたな(w

>341
以前調べた情報によると、あれは初期型P7。
見分け方のポイントはトリガガード。
ttp://homepage2.nifty.com/shippo-/p7/2.html

それはそうとアルファさんの手、すげーでかいよ。
ヨコハマでP7に興味を持って、MARUIから出てるM13のエアガンを買ったんだけど、
…たぶん主人公の手は私のそれより5cmくらいでかいぞ(w

>342
いや、弾種がたまたま?電気弾だったってのは割とどうでもよいと思う。
問題なのは、訓練に従った行動を採った結果としてあそこまで接近
させてしまったってことね。
それともココネがヘタレだったのかな? 危険人物かどうかの判断を
しかねて行動タイミングを微妙に逸していたってのならある意味納得。

>343
圧電素子でも入ってるのかな?

>345
銃自体を改造するって話じゃないと思う。多分火薬。


347 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 23:19
>>345
不明。ただ、電気式(電磁誘導?)だとバッテリーとかの問題で
あのサイズにはならないでしょうしねぇ。
やはり、実在の銃があるのだから、「それ」と考えるのが自然ですかね?



電気弾は、やっぱり薬量が少ないんだろうな。致命傷を与えないように。
帯電の原理としては、古典的ながら海底二万マイルの電気銃みたいなのを
想像していますが。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 23:37
ワタシの読みが浅いのか、単に知識が足りないだけなのか…。

ココネがとっさに銃を構えたことについて、丸子がそんな訓練もするんだ、
と言った「あなたのとこ」。

…これを私、ココネが製造された時、ファクトリー(とかまあそのテの施設)で
インストールっつーか植え付けられた条件反射っつーか、そんな「とこ」の
話だと思っていました。

漫画板とかこちら読んで、初めて「ムサシノ運輸」で職業上必要だったので訓練を
受けた、とゆー可能性に気づかせられました…つか、その方がはるかに自然ですよね。

うーん、「ロボット」という言葉にとらわれすぎてるのかなあ。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 23:53
>>346
何か、あの時ココネはポーっとしてたみたいなので、
油断していたのだと思われ。
人の気配に気付き、「最接近を許してしまった時の対処法」の
マニュアルに従って、まず銃を突きつけた、と解釈。
それから丸子さんと認識し、ごめんなさいを連発…と。

>>348
そういえば、「何のために」ロボットが作られたのか、という言及って
殆んど行われてないですよね。と、話を振ってみる。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 00:22
俺はあの銃(P5?)知らないんだけどさ、あれって何処から排莢するの?
エキストラクターの位置を見ればチャンバーに弾入ってるかどうか判るなーとか思ったのに
ポート自体が無いじゃん。(7巻P80)

まさかケースレスなのか!?(w あの時代ならありうるが……。

>>346
>>ココネがヘタレ
尾行に気付いていたのなら、もっと距離があるうちに振り向いて確かめてみるでしょ。
”逆に誘い込んで殺すつもり(w)”で無ければ。
こちらが警戒してるのを教える事で、相手もターゲットを変えるかも知れないしさ。

よって、単純にココネが気付いて無かっただけだと思われ。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 00:23
みんな!俺、アフタ掲載時の作者の記述で(確か、最後の方の読者のページ)
ココネの銃はPPK(もしくはPPK/s)って述べていた記憶がある。
当時「ココネには良いサイズ」って思って感心した記憶がある。

誰か当時のアフタって持って無いかなぁ?
9mmでもパラベラムよりクルツ(ショート)の方がココネには、よか無いか?
>343
マジレスいきます。(w
蛍の発光は酵素による非常に効率の良い「冷たい」発光で
発電とはまったく違う原理に基づいています。
具体的にはルシフェラーゼ(酵素)とATP(アデノシン3燐酸=エネルギー源)で反応します。
バイオサイエンス爆裂の世界です。せっかくですから9mm電気弾についても
バイテク的考察してみますかな(w
要は電気うなぎの発電を参考に…効率面を中心に。
また小難しいので、ディープに行きます?簡単ライトに行きます?それとも要らん?

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 00:41
古漫画屋で結構なお値段が付いていたと記憶>アフタ

では、SF板らしくディープで。ただ、出来れば短めにお願いします。

353 : :02/04/19 01:08
>350
P5はワルサーP38のリニューアルモデルで、左斜め上(!)に排莢します。
そのため右側面にはポートがないっす

>351
化学反応による発電のつもりだったっす。スマソ

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 01:13
>352
努力します(w
効率面で酵素(生体触媒)を利用するのは有利な点があります。
化学反応自身が始まる為の活性化エネルギーが少ないなどの理由で
エネルギーの転換効率が飛躍的に高まります。
例えば、ガソリン内燃機関が5〜20%に対して40%以上の転換効率です(確か(^_^;)
ここであの世界が60〜80%に達するような酵素の設計に成功すれば
小型化には飛躍的に貢献されるはず。
電気うなぎは電圧は有るけど電流は少ないのでスタンガンにはうってつけだし。
って言うか、ヤツらはそれが目的だし…
弾の構造に付いては…考えときます。

355 :350:02/04/19 02:05
>>353
へぇー。左排莢なんだ……珍しいね。利き腕に合わせて切り替えられるヤツは見た事あるけど。
それって右利きの人だと危険なのでは? 
かといってエキストラクタで排莢の角度を変え過ぎると、ジャムが増えそうだしなぁ。
何の為にそんなデザインにしてるんだろ??

しっかし、ヨコハマに出てくる銃ってどれも適度に古臭くていいねー(w 好きだ。
樹脂フレームとかアクセサリーレールの付いたような銃は出てこないし。作者の趣味だね。

>>354
電気弾って、相手が厚手の皮ジャンとか着てたら効かないような。
ちゃんと服を貫通して肉に届くように、先端の電極は針になってるのかな?
もし顔に当ったら悲惨な目に……。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 05:50
>>354
弾丸に劣化が激しい生体部品使うこともないんじゃないの?
単純に圧電素子(チタン酸バリウム等)で高電圧を発生させられると
思うよ。 特に運動エネルギーが高い弾丸に組み込むのならば
スタンに使えるような高電圧が発生できると思う。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 05:52
>>355
スタンガン程度の数万Vの電圧があれば衣服の上からでも感電するよ。
要は数cm間の距離の絶縁破壊を起こす電圧があればいいだけ。

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 07:38
>>351
ちょっと見てみたけど、PPK/Sを使っているって記述がないねぇ。
(見落としてたらすまん)
どこで言っているのかなあ?


359 :354:02/04/19 09:50
>356
まぁ、あくまで思考ゲームを楽しむわけで。バイオサイエンス爆裂世界だから、そのまま突っ走るのも一興かと。
タダ、少々誤解が。経年劣化の点は活動中の細胞で無い限り一般の工業製品に比べても実用上は問題無いのでは。
数百年前のハスの種が発芽したりなんて言うのも参考になるかな?
もっと身近な所では「酵素入り洗剤」。あれって結構持つでしょ?
弾頭自身は非殺傷火器って事で低初速を利用した2重弾頭を妄想中。

圧電素子について教えてくださいな。


360 :340:02/04/19 13:27
SFってよか漫画解釈ネタ気味なのでsage
>349
丸子さんがくすくす笑ってるコマのココネは、むしろ五感を集中させているように見える。
わたしは精密射撃ファンでして、ときどきエアガンで狙撃なんかしたりするけど、
ココネのあの表情(目をやや大きく開き、眉が上がり、口元が緊張)は
そういう状況での表情の特徴とよく一致するのよね。あれで顎引いてたら完璧。
はなはだ個人的な考えなんで、これを以って絶対の根拠とはしませんけどね。

>350, 早く振り向くべき
私もそう思う。ただ、夜道を歩く女性が背後に気配を感じたときに採る行動パターンと、
急激な入力に対して思考が停止しがちで切換えがやや遅めのココネの性格を考慮すると
(a) 気付いていなかった→密着されて気付いた→迅速に行動
というシナリオより、
(b) なんか後ろにいるよ、近づくな近づくな…→うわーキター→迅速に行動
ってシナリオの方が説得力あるかなぁと。表情にも連続性があるように見えるし…。
で、そこらへんの訓練方針が変なのかココネがへたれなのか…と思った。

>348
おお、そっちの可能性は考えてもみなかった。面白いね。
ロボット達がどういう目的で量産されていたのかという設定問題とも絡むし。


361 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:10
>359
休眠状態の細胞をもちいると、
覚醒に時間がかかりすぎるです。
(少なくとも数分はかかるです。)

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 02:15
有線だけど、発射式スタンガンといえばこんなヤツもあるよ。

航空機乗務員の護身用・テロ対策にと検討中らしい。(航空タイムス)
ttp://www.melma.com/mag/86/m00057986/a00000011.html

上のニュースで出てくる「M26 ADVANCED」のオフィシャルサイト
ttp://www.taser.com/MM4.htm

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 15:23
漫画と銃器とSFが混在しつつある今日この頃(W

それもおもしろいかも。漫画板の方のヨコハマスレッドは
もう1000スレいったかな?

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 15:24
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1006828579/l50

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 18:54
>>363
PSOスレじゃあるまいし(藁

366 :ななし:02/04/20 19:41
>>362
へぇ、テイザーって順当に進化してたのか。
そのHPの前の型の有線テイザー、回収かかる前に行き付けのモデルガンショップが
試射したのに立ち会ったことがあるんだけど、はっきり言って使えなかった。
電極2発が同時発射されて、これを両方相手に当てる必要があるんだけど、かなり
難しい。パワーもいまいちだしね。
関係ないのでさげ。

367 :ななし:02/04/20 19:48
>>346
P7のM8とM13はグリップの太さがかなり違うんで、あまり参考にしない
方がよろしいかと。装弾数が5発も違うからね。
それでもでかいことに変わりないし、前後はそんなに変わらんけど(笑)

参考までに。
P7M8
http://www.hkpro.com/p7m8.htm
P7M13
http://www.hkpro.com/p7m13.htm

368 :346:02/04/20 22:00
>367
グリップ分解すると厚さ約25mm(アルファさんの初期型は28.8mm)になるんだけど、
その状態でも人差指の第一間接がトリガにかかるくらい。
まあ、私の手が小さめだってのもあるんだけど、それにしてもねぇ。
ところでアルファさんのはM8よりさらにスリムな初期型だよ。

>359, 圧電素子
わかりやすいところでは、ガスライタの着火用電気火花発生装置。


369 :341:02/04/20 22:08
>355
元々のP38が左廃莢なのコミネっていう人のレポートだと
空ケースは左側へ銃の高さより三十センチ辺りを斜め後ろ方向に飛ぶんだと
コミネは「トゥルーライズ」のラストでシュワちゃんが挨拶してる日本人だ

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 04:12
>>369
ウィーバ・スタンスだったりすると、もろに頭をかすめて薬莢が飛ぶのでは。
トゥルーライズは見てないけど、コミネって拳銃王書いてたヤシですかね?

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 09:47
おいおい、SFじゃなくて銃器ネタになってるぞ(W

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 10:02
>370
だからドイツは敗北した(w

>371
スマソ
ところでどっから銃器ネタになったんだ?

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 22:44
じゃあ、SFネタ。
丸子が「ココネの銃に弾が入っていた」というのを聞いてぞっとして、その後に装填されてたのが
電気弾(非致死性の弾)だと聞いてほっとするシーン(7巻p.86)が有るんだけど……。
これって興味深くない? ロボット(A.I.)も「死」を恐れるのか?ってとこで。

それは「自我」なのか、単なる「自己防衛のプログラム」なのか?
また自我だとすれば、A.I..にとっての自我とはどういうモノなのか……とか。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 23:03
人間だって「自己保存本能」で反応してるでしょ
「記憶」するための機械であるヨコハマ的ロボットにとって「自己保存」は同様の価値があるという事かな?


375 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 23:52
アルファシリーズのロボットは思考パターンというか何というかに
「スペック」という名の限界が設定あるいは予測されてた見たいだけど、
具体的な人格形成は基本的に学習によって成されているらしいわけで。

何が言いたいかというと、彼女/彼らは強く人間に影響されているってこと。
彼女/彼らの価値観の体系は、基本的に人間相手の社会生活で培われたものであり、
結果として人間の価値観と大差ないものになってるんじゃないかな。
だから人間が恐れるところの死を、理解してるかどうかは別として恐れると。

個人的には、どういうところが人間的かを論じるよりもむしろ
どういうところが「ロボットぽさ」を醸し出していて、
それが何(=SF的な設定)に起因するのかに興味があるかも。


376 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 00:06
P.K.ディックの作品みたいに「自分は本当に自分なのか?」
なんて自意識の不安にアルファが陥るなんてことは・・・
あるわけねーだろっ。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 00:12
P.K.ディックの作品みたいに「自分は本当に自分なのか?」
<あれこそは完全なメタ・フィクションだね。

>>375
アルファやココネたち、ロボットの「心的構造」がどういうものなのか
興味あるな。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 01:48
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1018944496/l50

漫画板のヨコハマスレッドが上記に移行。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 22:48
>「自分は本当に自分なのか?」なんて自意識の不安にアルファが陥るなんてことは・・・
それはココネの担当です(w
んであのレコードってどういう繋がりなん?

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 23:40
>>379
波の音だの風の音だのを物凄い量突っ込んで、ぐつぐつ煮詰めると
AIに自意識が生まれるのです。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 23:52
>361
そこをテクノロジーの妄想でカバーするのが楽しい。
と言うか、なにも細胞レベルでバイテク応用しないでOKでしょ?
基本的に酵素本体と反応基質だけの構成ですむので、シンプルな構造。
よって、信頼性、耐久性、生産性、経済性の向上が望める。
特に信頼性は可動部分が無いって事で格段に良くなる可能性が。
オマケに発電に持続性(調節可)があるなら、結構大物も仕留める事も可能では?

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 00:05
>>381
温度管理をよっぽどきちんとしないと、不発弾が山ほど発生
しそうな気がするのですが…。あと火薬発射式の場合は、非常に高温
になるので、たんぱく質系の場合は熱変性してしまう可能性が…。

383 :381:02/04/23 01:16
今現在の技術ですら、そんな事はユーザーは考えずに使用してるよ〜
酵素入り洗剤の温度管理なんてしてる?382の家では?
大体、弾丸のパウダーの方が安定性が悪いくらい。その上
基質と酵素はカプセル状の2重構造を妄想。
反応開始を射撃時の衝撃か、バレルによる回転にするのか、
着弾時の衝撃にするのか、その他にするべきなのか?ってのを考えてる。
熱変性に関してはノンリーサル系の弾丸って事で低初速=低発熱のパウダー構成を想定。
参考までに現在、核酸の塩基配列の同定に利用されるPCR法で使用するDNAポリメラーゼは
94度でも安定で、72度で反応するパターンを採用していますが、何か?(w
まぁ、お遊びです。気楽に。楽しまないと。


384 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 07:20
>>302
とっくに終わってる話なんですが、気になったので。
僕は「男のロボットは弱い」というのは、精神的なものが原因
なんじゃないかと思っていました。
男のロボットは、「自分がロボットである」ということを
自然に受け入れることができなかったんじゃないかな、と。
男って、そういうことをいちいち悩んだりしますからね。

ナイは
「みんな早いうちに死んじゃったって なにが違うのかわかんないけど」
って言ってたから、構造的な欠陥ではないのかなー、と。

ただ、もし構造的な欠陥があったとしても、それをロボットたちに教える
必要はないわけで(--;
今ではそういう気もしています。


385 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 07:31
あと、アルファたちロボットが作られた経緯なのですが。

普通に考えたら、ロボットが開発される理由というのは、人間には
できない仕事をしたり、働かせたりするためですよね。
ただ、ヨコハマの世界ではロボット達はそんなに強制的に働かさせ
られたりはしてないようです。

どこかで、「ヨコハマの世界のロボットは、滅びゆく人間の文明を
残すために作られた」という話がありましたが、僕はこれに賛成です。


386 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 11:04
たしかに「ブレードランナー」のレプリカントと違って
この世界のロボットは人間となんの代わりもない生活をしているな。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 11:27
>>380
別漫画で恐縮だが、アップルシードで
ガイアがバイオロイド育成施設を壊していく場面で、
「さざなみの音の支配率を上げて、爆音や悲鳴を聞かせるな」
とか言うセリフがあったのを思い出してみたり。
SFなど門外漢な者のスレ汚し。スマソ。


388 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 11:49
>>380
三浦半島の先端(毘沙門あたり)に建ってる風車にも、そろそろ自意識が生まれていい頃だな。w

389 :298:02/04/23 11:50
>384−385
詩的情緒たっぷりですねぇ。
色々意見が出るのがスレッドの楽しい所。

ただSF板って事で、合理的な小難しい事をカキコしてみた。
決して登場キャラクター達を「欠陥品である!」っと
誹謗中傷しようなんて思っていない事が伝われば良いのですが。
ナイ自身の欠陥にしても本人が意識のしようが無い部分で
例えば腸が「数ミリ長い」とか生存にまったく影響の無い部分の可能性を想定してました。
私が開発者側ならば性差個体数が著しく違うのは、やはりイカンと思うので。
リカバリーの方法でも考えますかな?

384見て、思ったんだがロボットの為の専門カウンセラーが必要ですなぁ。
この問題も面白そうですね。
「ココネが悩んでいる!」って考えたら萌えスイッチONになる人、多いでしょ?
カウンセラーに立候補する人、手ぇアゲレ!(w




390 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 15:11
もちろん、立候補するにょ!!

391 :384:02/04/23 15:12
>>389
いいえいいえ。ここはSF板なのですから、僕の方が場違いな意見でした。

確かに性差個体数が著しく違うのは、問題ですね。
385の通り、「文明を残す」のがアルファたちロボットが開発された理由だと
すれば、男性が生き残れなかったというのはプロジェクトの失敗を意味して
いると言っていいかもしれません。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 15:41
では、もうちょっとSFっぽいネタを(^^;

作中で謎のレコードが出てきますが、この「音」は、アルファたち
にとって一種の言語のようなものではないかと思います。
単なるコミュニケーションの手段ではなくて、もっとローレベルにも
アクセスできる、プログラム言語のような感じ。

つまりA−2などと書かれたレコードに入っているものは、A−2の
ロボットたちの基礎的なプログラムか、あるいは何らかの教育ソフト
のようなものではないか、と。
もちろん今あるようなプログラム言語ではなくて、人間の脳の構造を
ふまえたものでなくてはいけませんけど。

アルファとココネが初めて会った時に、一緒にハミングするシーンが
あったのですが、二人はもしかしたらこの言語でコミュニケーション
していたのかもしれません。だとしたら、二人は僕たちにしてみれば
テレパシーのような思考の共有をしたのでしょうね。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 15:53
>>392
あうち。よく見たら初めてじゃなくて2回目でした(^^;
鬱氏。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 16:07
>388
あれは公園になってから来る人、増えたし。
実際、なで繰り回して「スゴ〜イ!」って言う人多いもんね。
自意識どころか手足が生えて歩き出すんじゃ……

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 16:50
昔「地球が静止する日」という映画で地球に
やってきた宇宙人が殺され
殺された宇宙人を宇宙人のロボットが
宇宙人のスピーチの録音テープの声から
再生する話しがあった。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 18:36
ずいぶん前のレスで「コーヒーは何処から?」というのが有りましたが
温暖化であのあたりでも栽培可能になっているというのはどうでしょう

水中に沈んだ電灯のエピソードがありますが、あえて給電を止めないのは
気にする必要が無いほどエネルギーが余っている?
それとも電灯が自己完結でエネルギーを貯める事が出来るようになっているとか…?

まぁ、作者的には「こんなシーンが綺麗だろう」ってノリで描いてるだけのような
気もしますが…

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 21:43
>394
あの風車、ヨコハマ世界に存在しているのかな?
ヨコハマの連載開始以後の変化は、基本的にキャンセルされてるからね・・・。
個人的には、風車だけならあってほしいと思うが。
ああ憎い。9巻103ページのアルファさんのフキダシが憎い(w

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 22:25
>397
有って欲しいねぇ。
真下にいるとビュルンビュルン風切音がして、結構な迫力だし。
作者はあの手の物は大好きなんでは?
個人的には、現実世界では給水塔(P71の2コマめ)が解体されてしまったのが残念。
あそこからの夕焼け綺麗だよね。

399 :397:02/04/23 22:52
2巻のP71ね。さがしちゃったよ(w
相模湾、富士山、その向こうに落ちる夕日はいつ見ても格別。
ああ・・・・全然SFじゃない・・・・


400 :398:02/04/23 22:57
>399
スマソ。そうです、2巻です。

           って、もしかして400get?

401 :397:02/04/23 23:34
>400おめでとー。伸びるの早いな。
えー、じゃあ給水塔→水道ネタで。
http://www.water.yokosuka.kanagawa.jp/flow/keito.html
4巻で、カフェ・アルファに来ている水道は、「北の町経由」となっている。
という事は、半原水源地→逸見浄水場からの水でしょう。
宮ヶ瀬ダムは、おそらくヨコハマ世界では存在していないし、
他の水源は、海中or湘南湖の湖底なので使用不能。
つまり、逸見浄水場の一万立方m/日が、横須賀市と三浦市に供給される
水道水の全て、という事になる。
この数字から、三浦半島に居住可能なおおよその人口が推測可能・・・・

いやー、でも、この水量でも有り余っちゃう位、
人口少ないんだろうな(w

402 :400:02/04/23 23:58
>401
どうもー。
面白いね、コレ。
国会の位置(茅ケ崎の小出辺りでしょ?アレ)からすると小雀系統の存在も
完全に否定は出来ないかな?
まぁ、どちらにしても供給は足りていそう。
井戸の存在が有るんで、人口の類推はその点も加味するって感じ?
しっかし何処からこんなん探すん?すごいねぇ。


403 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 00:34
http://members.aol.com/_ht_a/midara003/nao/nao06.rm
http://members.aol.com/_ht_a/midara003/nao/nao07.rm
http://members.aol.com/_ht_a/midara003/nao/nao08.rm
http://members.aol.com/_ht_a/midara003/nao/nao09.rm
http://members.aol.com/_ht_a/midara003/nao/nao10.rm



404 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 00:55
何だ、誤爆か?
ファイル名からすると多分、半角板のアレ[nao01-10]だと思うが……。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 01:15
>>404
エロ業者のマルチ。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 09:01
今日は休暇なので京急に乗ってヨコハマ巡礼行ってくるぜ、みんな。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 09:33
>406
いいなぁ・・・
俺は仕事の所要でヨコハマ巡航。
まぁ、愛車(今日はバイク)でせいぜい道中楽しむか。

408 :オルテガ ◆RS05gDgk :02/04/24 20:12
何気に好きだ。
未だに続いてくれてうれしい。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 20:37
>408
ガン○ムが?

410 :401:02/04/24 22:59
>402
あ、確かに小雀系統はありうるね。
ただ、現在、半原のおいしい水は米軍横須賀基地とその周辺で消費されてしまい、
一般庶民には寒川その他のまずい水しか回ってこない、という悲しい現実が(泣
ヨコハマ世界では、はるか南のカフェ・アルファまでも逸見浄水場の水が
供給されているようなので、半原→逸見浄水場ラインが唯一の上水道インフラ
であると断定してみた。根拠弱いけどね。

ちなみに、逸見浄水場周辺は、梅雨時のあじさいが最高に美しいです。
「シェンムー 第一章 横須賀」の舞台でもあります(w


411 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 23:27
今月は久しぶりにアルファ室長

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 23:34
PSソフトで「アルファさんとヨコハマ買い出し」
なんてのを出してくれないかな
海面が上昇して人口が減った日本を
散策するだけのなごみ系のやつを
ターポンにも乗れて成層圏をゆったりと
漂うの

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 23:41
>412
お外で遊びましょう(w

414 :オルテガ ◆RS05gDgk :02/04/24 23:50
>>409

@ 黒い三連星のゴツイオヤヂ

A ドラクエの行方不明オヤヂ

B ホセ・オルテガ・イ・ガセー

さてどれでしょう?
正解者にはアフタヌーン一年分を差し上げたつもりになります!
ふるってご応募下さい。(草野 仁調で)

415 :398:02/04/25 13:22
言ったそばから来てんじゃん。作者。
気分良い所だもんねぇ。あそこ。
今日は三崎でマグロのイベントあるって。くいてー!
けど、仕事・・・

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 23:54
やっぱり「何のために」創られたのかが一番気になる。
ロボットを「ロボットのひと」と呼び、人間ではないにせよ
社会的に人間と区別しない土壌が出来上がっているのがポイントかもしれない。

そうね、αシリーズの発端は単なる学術的興味だったんだと思う。
技術的発展と同時に生命とは何かという議論が進行したんだろうな。
で、現状のようなオモチャに過ぎない人工知能とは一線を画した
何かが出来上り、それが(いつぞやココネがお参りしていた)石碑の下に
葬られるようになった段階で「ここで止める訳にはいかない」という
認識と同時に、ロボットがオモチャじゃないという認識が研究者間で
広まったのではないだろうか。そしてその認識は一般人にも伝播し
「ロボットのひと」なんて表現も一般化したんじゃないだろうか。

もちろん研究のどの段階かでは極地作業用とかそういう意図もあったんだろうと思う。
385が言うような目的もあったのかもしれない。
でも私は、途中でそういうもっともらしい目的意識は失われたんじゃないかと思ってる。
ただ、生まれて来たものを愛し、それを実験対象や道具ではなく、
自分達と対等の存在にしたくなってしまったんじゃないかと思う。
それだけの為に墓前(石碑)に花を供えつつA7M1にたどりついたんじゃないだろうか。

…仮にそういうことだったとしよう。M3の存在意義は何?
# M2はM3をラインに乗せるための試作、という存在意義がある。


それはそうと、今月号。
p250の1コマ目の表情の微妙さがすんばらすぃ (はあと)
というのはさておき、ターポンにロボットはアルファー室長しか乗ってないっぽいね。

417 :401:02/04/26 01:29
>風の強い日に実家の近くにある発電風車の所に行きました。
>ぶん回ってうなる、でかい羽根を見てきました。
これは,「ヨコハマ世界には風車が存在する」とみなしてオッケーですか?嬉しー。

それはさておき「降下用のボート」とは当然(以下略

それはさておき、しずしずと入水するアルファー室長、たまんないっすハァハァ

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/26 02:04
>417
室長を自殺させちゃイヤです<入水

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/26 02:13
〜のひとというのは某アンドロイド漫画を思い出します

それはそれとして,的確な表現でいいですね

420 :416:02/04/26 21:35
>419
アルファさんはお腹が空いても怒りっぽくなったりしないんだぁッ(w

そういや、あの水路は一体何なんだ?
特に汚れてないことから、少なくとも下水or排水溝ではなさそう。
水浴びしようと考えるくらいだから上水なわけでもなし。
流れる間に塩加減やら温度やらが変化する…ううむ。
設置目的も謎だが、設置箇所というか設置方法というかも不思議だ。
あの広大なトンネルを無駄使いしているように見える。
せめて蓋くらいしても良さそうなものだが。

それと、あの水路の流れはどのようにして発生させているのだろうか。
高度差を利用しているとしたら面白い。ターポンの姿勢が変化しないことを
半ば仮定していることになるからだ。蓋無いから下手したら溢れちゃうし。
降下用ボートの存在や、ボートを捨てることに何らかの特別な意義が
あことを示唆する会話と併せて考えると、ターポンは地上情勢の
変化により降りられなくなったのではなく、はじめから地上に降ろすつもりが
なかったのではないかという気がしてきた。

# 実は衛星軌道上で組み立てられた代物だったりして

もう一つの疑問。いかにも広大なターポンに、掃除人は一人だけ?
全域を掃除し終る頃には最初に掃除したところが埃だらけになってそうだ。


421 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/26 21:45
あの水路はターポン内部での閉鎖生態系を作っている一部、詰まるところ地上の川に相当するモノと思われる。
機首側が上流で尾部が海っつうことで

422 :420:02/04/26 22:02
>421
その意見に賛成したいんだけど…
コンクリート?で囲んだ水路と川じゃ生態系に対する影響が全然違うような気が。
単純に湿度を保たせるだけならあんなもの必要ないし。
それに水流がある以上、塩分は上流で溶け込んだと見るのが正しそう。
尾部は海ってよか再処理施設になってそうだし。
ううむ、「土地の塩分を洪水で流し去る」ようなことでもしてるのか?

もうちょっと細部まで設定を考えてみたいね。
あんまり良いのが思い付かないけど。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/26 22:05
>421
完全な閉鎖系じゃ無いのではないかな?
せっかく、希薄とは言え大気があって、水の補充が可能な環境なんだから。
「塩加減」って言うのも「硬度」みたいなものでしょ?
某スレに出ていた「ターポンの血管説」は「ターポンの欠陥説」になっちゃうでしょ?
ターポンが一瞬にして感染症になってまう(W

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/26 22:19
掃除のおばさんは機長さんで
することがないので掃除をしているのです。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 00:46
>420
でも、アルコールを摂取して暴走したり、ソーセージを食って壊れたりするあたり
おどろくほどアルファさんに似ているぞ。>R28型アンドロイド

あの水路は、ノアの箱舟よろしく小さな生態系を創るつもりだったものが、
結局使われなかった、という説でどうか。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 05:00
>>423
いや考えてみれば…塩加減。
あれはやっぱり(小用)の下水なんじゃないかと…。
そして大半の有機物が漉し取られた後で、尿素もアンモニアも細菌もない
塩水だけが最終処理場に向かって流れてるのでは…(w

427 :420:02/04/27 11:44
>425
自給自足してるハズだから、なんらかの食糧生産はしてるハズなんだよね。
でも、酸素や食糧品を余計に消費するような存在は歓迎されなさそう。
小生態系として、どういうものを想定してますか?

それはそうと、アルファさんは生首かかえた日本兵の真似なんかしないんだぁッ(w

>426
川なり下水なり「血流」なり、水資源再利用工程のどこかの段階ってのは
間違いなさそうだね。使い捨てじゃなかろうからさ。
でもさ、さすがに小水用下水ってのは違うと思うぞ。
(1) それなりの量の安定した水流がある
ターポン内の人口って…
(2) 小水専用下水というのは空間効率上ちと考えにくい
(3) ろ過・滅菌後にしては管理がずさん過ぎる
仮に下水だったとしても(3)を考慮すると、あそこはまだ汚れていて当然の
区間だという可能性が高い。すると…
(4) 室長、エンガチョ
ま、まさか、p250の、あの微妙な表情は…
い、嫌だ(^^; 考えるだに恐ろしい(w

ところで塩分除去プラントの方式はどんなだろう。
蒸留式? 浸透圧式? その他? 汚水流して大丈夫?


428 :425:02/04/27 22:29
>427
源流から河口まで、一本の川の流域を再現した小さな閉じた生態系。
もちろん、酸素や有機物の補給は必要なし。
アルファー室長が悶々としている場所は、本来河口部の干潟になる予定で
産卵をひかえたアカテガニがわさわさと・・・・・
完全に、小網代の森を想定して書いてるね(w
小網代を流れる川は、最長1.2km。ターポンの内部なら、かなりの完成度で
再現できそう。

アヤセ「先生!ミサゴの写真撮影なんて無理ですよ!
    せめてインターバルタイマーがあれば・・・・」
初瀬野「インターバルタイマーなら、ある!」
アルファ「・・・・・・」

429 :420:02/04/27 23:31
いきなりインターバルタイマのひととしての自我に目覚めるアルファさん(w

さあて検証フェーズですな >425=428
とりあえず…

(Q1) カニの棲家は?
(A1-1) 実はあそこは土床だった
(A1-2) あの床は軽石状の何か
(A1-3) その他

(Q2) カニの餌は?
(A2-1) 魚
(A2-2) 室長が毎日「餌やり」という名目で泳ぎに以下略
(A2-3) その他

…う〜ん、いきなりカニを入植(w するより水棲動植物から始めるべきか?

それはそうと、採光どうするんでしょ?
川だけなら地球からの反射光を下面からってので充分かもしれないけど
陸棲動植物はそういう訳にもいくまいて。
有害光線を特殊ガラスでフィルタリングするのはまあ良いとして、
例の悶々(w としてた場所は地球からの反射光を下面からとりいれてるだけじゃん。


430 :425:02/04/28 22:44
A1 アカテガニは基本的に陸生なので、あの状況下でもけっこう生きられる。
A2 「使われなかった」って書いてあるでしょ(w
   本来は、あそこに干潟が広がり葦が繁るはずだったと妄想。

でも、「使われなかった」より、「再現したミニ生態系が、何らかの理由で
崩壊。やむなく全て排除」の方が設定として萌えるかな。
つまりあそこは、巨大ビオトープ「こあじろ」の廃墟。

なんで「小網代」やら「カニ」やらにこだわっているのかというと、
今月号のタイトル「echo」のタイトルが気になってるの。
何が何にこだましているのか?シンプルに考えればアルファー←→アルファだけど、
本編を読んでもそんな印象は受けないんだよね。
そうすると、やっぱりアルファー室長は、雲の下のすっぱだかのひとと
魂が共鳴しているのかなー、と思ってみたりする。

431 : :02/04/29 22:36
みさごはアルファ室長と同じA7M1シリーズと言うことか?
そうするとなぜ小網代に住んでいる(?)か、なぜ子供の前にしか姿を現さないのかを検証してみる必要があるのでは?

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 23:17
個人的には、ミサゴと水神さまは、人の創りしものではないと思ってるよ。
ただ、A7シリーズはミサゴから何かを受け継いでいると思うよ。
だって、彼女に「ミサゴ」と名づけたのはこーみいし先生でしょ。きっと。

433 ::02/04/30 00:51
漫画板から来ました。

あの水路は、ターポンの細い首の部分の内側を頭部側から胴部側に流れている
のかしら。すると水路の先はやはり『海』ということなのかな。

水路は緩やかに曲がっていて、底が透明な材質でできているらしく、
下から光が来てるのだけど、デザイン的なものだけでないとしたら、
この水路は、水中の珪藻類とかの植物プランクトンに光を与えて増殖
させるためのプラントと考える事はできないかしら。

上から光を採らないのは、有害な紫外線が強すぎるから、地球で一度反射
した光を採光しているからでは…。

プランクトンを増殖させる目的は、二酸化炭素を処理して酸素を精製するため
とか、水路の先にある『海』に食物連鎖の最初の糧となるものを注いでいるとか
ではないかしら。
海に注がれた水は冷却水としての使用などによる蒸発によって蒸留し、
ターポンの頭部に還元されるのでは…。

いずれにしても、閉鎖系内での環境循環の一部と言うことなのかな。



434 :420:02/04/30 01:48
ミサゴ=ロボット説には反対。突然変異説の方がしっくりくる。

3巻収録の第23話等々を鑑みると…
(事実 1) 身体能力が異常に発達している
(事実 2) 知能は結構高い
(事実 3) 社会性が無いようでいて、実はある種の常識を持っている
#「プレゼントにはリボン結び」
などが読み取れる。これだけのことからもミサゴがA6以前のロボットだとは考え難い。

加えて、
(事実 4) アヤセ曰く「ロボットのひと」より「何十年か古い」
ここで言う「ロボットのひと」が何かは不明だが、まあ A7M3 のことと仮定して
しまってもよいはず。しかし…
(推測 1) A7M1開発完了からA7M3まで「何十年」もかかっていないハズ
こうしてみると、A7M1説もかなり怪しい。

生得的だと考えられる共通項もせいぜい不老長寿と服嫌い(w しかないし、
室長の「一度だけの海水浴」は小網代と考えるより、先生宅直下の砂浜と考え
た方が自然。

まあ、ちゃんと考えるためにはA7の開発期間やアルファシリーズ全体の開発期
間と経緯なんかも考慮しなければならないわけだ。
それらを考察するのに有用な情報は…
(a) 先生初出時の年齢 (50代後半〜80代ってところ?)
# アルファシリーズ開発開始当時、最低限24歳にはなっているハズ
(b) アルファさんを引き取った当時の…
(b-1) オーナーの年齢
# 一般人に先生と呼ばれることを考えれば博士号は持っていそうなので27歳以上?
# オーナーも子供時代にミサゴと遭遇していることに注意
(b-2) アルファさんの年齢
(c) アルファさんを引き取ってからオーナーが失踪するまでの期間
こんなところかな。

他にも
(d) アヤセ初出当時の…
(d-1) アヤセの年齢(10代後半?)
(d-2) オーナー失踪してからの期間(「数年」+1年程度)
なんかが役に立つかもしれない。

個人的には(i)アルファさんは初出時で20歳程度だと信じている(ii)先生は60
歳前後だと信じている。この線で行くと…なんと、アルファシリーズの開発期
間はたったの15〜20年!! A7M3より「何十年も前」ってことは、ミサゴはアル
ファシリーズ開発着手以前から居る可能性すらある。

あと、個人的に"echo"は室長初出時の「できればしあわせでいてほしいと思う」に
呼応してるんじゃないかなと思ってる。

>433
採光問題は、結構重要だと思う。
有害光線は特殊ガラスでフィルタリングできるはずだし、
あんな小川だけからしか反射光を採り入れていないとすれば、
川の中が常にきれいでなければ安定採光不能ということに…
それともわざわざ電灯で自然光もどきを作っている?
それともあの電灯らしきものは光ファイバの端点で、外光を採り入れている?


435 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 12:23
874 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい メェル:sage 投稿日:02/04/10 00:30 ID:FlgK8I3M
最初は人造人間(脳まで有機系)を目指していたけど方針が変わって
アンドロイド(有機、無機の複合体)として生まれたのがA7シリーズ。
途中で体の成長が止まったのが水神さま。体は成長したが心の成長がうまく
いかなかったのがミサゴ。ミサゴのデータを活かしてようやく成功したA7M1。

漫画板のこの意見にけっこう納得してしまったのですが、
SF板住人の方々としてはどう捉えられますか?

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 13:24
>435
87話によって、その説は木っ端ミジンコ。
ちなみに・・・
ターポンの「小川」って翼の中なんでは?
P246と247の対比から考えて・・・あの大きな緩やかなカーブは翼の曲面・・・
俺は半閉鎖系のシステムって考えているんすが・・・ターポン。
あの、大きな翼を利用して希薄な大気から水を採取して利用するのが合理的では?
翼の隅々から葉脈の様に、河の様に大切に集められた水が硬度(おばちゃんの言う塩気)
を調整されて、胴体に流れこみ残された命を維持する・・・って訳。

変に完全浄化のシステムを完備するより、シンプルな構成になって実用面でのメリットが多いでしょ?

437 :420:02/04/30 14:00
忘れてた。水神さん=ロボット説も不支持。

「初瀬野先生」が「人間の子供らしい」と分析したらしいってのは無視できない。
というのは、初瀬野先生は、かなりの可能性でオーナーと同一人物なわけであり、
今も昔も何らかの形でロボットについての知識を持つと考えられるから。

地元の守人だって気付くでしょ。
発見当時はどうだったか知らんけど。


そういえばA7の「脳味噌」って、どうなってんでしょね?
ニウロコンピウタ? ぢつは人間の脳?

438 :361:02/04/30 15:30
超絶的亀レスですまんです。
>>381
既存の生体発電は全て膜電位を利用しているのです。
膜の外と内のイオン濃度に差をつけて
電位を生み出しているのです。
細胞膜なしでの発電系を造り出すのは難しそうです。

>>383
耐熱性DNAポリメラーゼも保存は−20℃です。
PCRは反応中にどんどん失活しているのですよ。
洗剤の酵素は水溶液中でなく、乾燥した粉末状
で保存しているところがポイントです。そして
利用するには粉末を水に溶かす手間がかかるのです。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 15:57
人間の脳を使うと寿命の問題が出てくるです。
よってニウロコンピウタ説を支持したいです。

440 :439:02/04/30 15:59
439は>>437あてです。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 18:57
>438
おせぇよ!(W
まずはレス番381の1行目を踏まえて(ここ大切!)いきますか。
2重カプセルを想定してみましたが、それこそ単なる「半透膜」じゃない細胞膜様の
材質の開発についてはどうでしょう?ここで問題となるのは電位差を維持する為のエネルギー源。
通常の生きている細胞では異化によって、絶えず供給されていますが、同じようなシステムを想定すると
361の嫌いな「保存性」について問題点が残りそう。
ならば発射時の運動エネルギーの一部を拝借するなんてどうかな?個人的にはバレルによる回転がカコイイかなって思うが。
「運動エナジーを簡単に化学エナジーに転換すんな!ボケェ!」の罵倒は、それこそ381の1行目。
自分で書いていてなんだが、酵素を使った反応系で電子を放出する物はいくらでもあるから
膜電位にこだわらんでも良くねぇか?さすれば、もっとシンプルな構造が設計可能なはず。

ポリメラーゼ出しっぱなしで怒られてた昔を思い出しちゃうレスだなぁ。
妄想中の電気弾用酵素が、参考用にあげたポリメラーゼと同じ性能って誤解したの?
あそこまで進んだテクノロジーの世界なんで保存性なんてクリアしてるんじゃないの?
まぁ、それじゃあ「納得イカ〜ン!」って怒られそうだから・・・
鍵と成りそうなのは蛋白の3次構造、糖タンパクとして安定化を支える「糖」の結合方法etc・・・
ここは専門外も甚だしいので専門の方の意見を拝聴したいなぁ。解りそう?438?
コレ以上書くとみんな引くよなぁ・・・
高速溶解に関しては花王(だっけ?)の開発した球状中空顆粒なんて面白いよね。
何処まで「妙に合理的な科学妄想遊び」に徹する事が出来るか?
みんなでしましょう!

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 19:09
>439
な〜んで、 ニウロコンピウタには
寿命の問題がないの?


443 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 20:07
28話で子海石せんせが
「全く別の視点からアルファタイプが生まれることになる」
と言っているから
あのあと何らかの理由でミサゴが「発見」され、それを人工的に作ろうとして「水神さま」(おぉ人体実験!)
そのデータを元にアルファタイプって線かな??

444 :420=437:02/04/30 22:26
人間の脳味噌ってのは単なる冗談だったんだがなぁというのはさておく(w
# サイボーグはロボットじゃないわな

>442
ニューロコンピュータってのは生体部品の使用を意味していない。
あくまで現存するAIのカテゴリの一つ。
# 「ニウロ」って表記も冗談だよー(笑)

「部品」の経年劣化は考えなければならないだろうけど、
少なくとも人間の脳がだんだんボケていくような形での寿命は
(わざとエミュレートorシミュレートしていない限り)無いはず。

ところで、先生が満足な代用品すらなかったとおっしゃってるけど、
現存する程度のAI(含むニューロ)は全てその「代用品にすらならない」
代物。A7が持つ脳味噌は現存技術を発展させたかあるいは「全く新しい
視点から」作られた何かということになる。

個人的には攻殻機動隊に出て来るようなバイオチップを考えている。
でも、ナマモノ系疎いせいか全然合理的な化学的説明を思い付かないんだよな。

>443
その線でいくと、作中の人間は不老長寿化の技術を開発してしまった
ことになるような…水神さんはその生き証拠?

あの物語世界には人工的にいじられたか、あるいは突然変異したと
思われる生物が沢山存在するけど、ああいうものが現れ出したのは
いつごろという設定なんだろうか? 「1度目の大高潮」の前なのか
後なのか…せめてそれくらいわからないとなぁ。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 20:50
>444
生き証拠と言うより警告なんじゃないかな?
大高潮で耕作面積が一気に低下したためバイテクで乗り切ろうとしたのが「お祭りのようだった世の中」
その後、人々がちょっと落ち着きを取り戻しマターリしだしたのが「夕凪の時代」なんでないかな?
「お祭りのようだった世の中」に対する警鐘として水神様やA7の碑があるんでは?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 22:14
361は放置プレイが、お好き。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 01:05
>>1
どうした?


448 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 01:12
変な質問だけど、火薬って数百年持つのかな?
あの時代では火薬が生産されてないとすると銃器の大半は
近いうちに使用不能?

449 :1:02/05/03 03:34
>>447さん
いつも常駐してます。
ご心配なく。
さて、どれが私のカキコでしょう(W

個々のハード面は語れるのだけれど、小松左京のような
社会派SFの視点を持ち込んだ場合、流通、金融、自治等の
問題を語ると非常にこころもとなくなってしまうのが、この作品の
弱点ですね。逆に言えば、そこらへんの矛盾が魅力でもありますが。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 03:37
火薬、知識があれば中学化学室レベルの機材で
かなりの種類が普通に作れるよ

451 : :02/05/03 10:50
黒色火薬なら原料はそこら辺にいくらでもある

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 12:46
>451
「薬局」って事?

地面に直接穴を掘る汲み取り便所でもない限り
硝石を得るのは結構、国内では大変なはず・・・
例え有っても、採取可能に成るまで時間かかるし。
そこら辺って言うのは言い過ぎなんでは?

>1
良いスレッドありがとう!(今更遅いって?
専門知識の有る方が増えると
SF板として差別化が図れて良いですね。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 13:51
ずいぶん前から出てるコーヒー豆問題だけど、(現代の)東南アジア辺りでは
生産してないのかな?
南米は無理でもこの辺りなら細々と交易が続いていてもおかしくないかな…と
思ったのですが。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 14:13
>>450
そうですね。爆薬を作るとなったら、それなりに手間は掛かるけど、プロペラント程度なら。

>>451
黒色火薬じゃアルファ達の持ってる「セミオートハンドガン」は撃てないと思う……。
旧式のリボルバーならともかく。発射圧不足と、燃えカスの問題が。

あの時代だって混酸ぐらい用意できそうだし、ニトロセルロースを作れるんじゃないかな?
安定剤や防湿剤が作れなければ「賞味期限」は早そうだけど。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 14:21
>>451
そうか……アルファさんのあれは、外観を改造したDreyseだったんだね!(w

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 14:39
おじさん辺りは実は物置の奥に
とんでもない(10番ぐらいの)ショットガンなんかあったりして・・・
でも使わないから埃まみれかなぁ。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 14:49
>453
柿、栗、桃の事を考えるとバイテクによって
九州辺りで栽培可能な品類が作成されていても、おかしくないでしょ?
案外、もと茶所=コーヒー名産地になってたりしてね(W

458 :457:02/05/03 14:52
品類 ×
品種 ○
スマソm(__)m

459 :444:02/05/03 15:16
>445
「祭のような」ってのはどういう状態だったんだろう? 改めて考えると謎だ。
でも「警鐘」ってのはどうだろう。
誰もそんなことを気にしている様子が無いからなぁ。
もしや警鐘としての意味すら既に失われている?

う〜ん、ここら辺の話題って全体的に材料不足でSF的な考察がしにくいなぁ。

>448
弾丸と言わず、銃器そのものもヤバいモノはヤバいかもしれない。
使っていれば確実に寿命が来るし、使っていなくてもちゃんと手入れ
していなければへたってしまう部品もある。

>450
品質保証出来なければ、いくら作れても意味ないな。
GUN誌を立ち読みした程度でも銃弾と銃の関係が如何にデリケートか分かるよ。

高品質な銃弾を安定供給するにはそれなりの需要が無ければ厳しいはず。
すると顧客を世界規模で抱えたそれなりに体力のある企業じゃなければ
商売にならんのではないかと思う。
それに、初話で拳銃弾(.45ACP)を扱っていたのは専門店ならぬ輸入雑貨屋だった。

基本的に海外に大手銃器/兵器メーカーが「未だに」存在していて、
そこからの輸入に頼っているんじゃないかと思う。
銃器が一般化しているにせよ、その使用頻度が低ければ弾丸の単価が
多少高くても年間を通して見た場合のコストはそう高くないだろうし。

>452
初代トランスフォーマーで、火山資源を利用して黒色火薬を作る描写が
あったようななかったような…

珈琲豆>
モカ、キリマンジャロ、コロンビアは「現存」することが確認されてる。
もっともそれは初話の話で、それ以降は極力品種名を出さないようにしている
きらいはあるけどね。


460 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 15:20
>456
おじさんって、狩猟やっててもおかしくないような気がする。
釣人ってイメージ無い割に朝一で魚釣上げてくるような人だし。
# ん? おじさんが自分で釣ったとは書いてないか…


461 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 01:46
>>448
どっかに空中窒素固定装置搭載の美少女アンドロイドが・・・・・・
いえ何でも有りません。

某ヒゲガンダムみたいに火薬式の武装をナノマシンが保護してって世
界でも無さそうだし。
中国の跡地で民族紛争が継続中で大陸から火器一式を輸入可能ってい
う状況なら有りそうだなと今思った。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 01:49
>>457
なぜ「輸入品」である事に拘るかというと、1話でコーヒー豆を買った
輸入雑貨店に「45APC」の文字があったからなのです。

「現代」からあの時代までの間に日本がなんらかの形で戦争に
関わっていたとしても、恐らく国内で生産される弾は9ミリなのでは
ないか?と思いますので、近隣諸国の中でアメリカの影響が強かった
地域…例えばフィリピン…辺りからの輸入なら辻褄は合うかな?と
考えまして。

145 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)