5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

他のジャンルの作家の変なSF

1 :かんきち:02/04/14 17:09
SFプロパーではない作家が書いた、センス・オブ・ワンダーのかけら
もないトンデモSFを教えてください。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 17:29
清水義範の宇宙史とか竹本健治のパーミリオンの猫とか?

3 :名無しは無慈悲な夜の女王王 :02/04/14 18:41
戦国の長嶋巨人軍

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 18:44
キングのバックマン名義作品

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 18:52
>>3 それってシモダ先生のだっけ?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 19:36
星界の紋章、誰が書いたか忘れたが。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 19:39
その前に、SFプロパーの作家なんているのか?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 19:43
SFプロパーの作家のほうがつまらないSFを書くという真実に
1は気付いているのか・・・・・・

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 19:56
ンなこと言わずに……
とりあえず、三島由紀夫の書いたUFO小説とか。名前は忘れた。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 20:05
>>8
つまらないSFかは知らないが、つまらない小説なのは同意

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 20:52
安部公房はプロパーじゃなかったかも知れない。
しかし作品ははっきりいって筒井の最高傑作をもしのぐ。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:04
スティーブン・キングの書いたSFはすごくつまらないらしい。
(読んだこと無いからわからんが…)

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:28
>>12
>>4でがいしゅつ。
シュワちゃんのバトルランナーの原作(ランニングマン)とかだ。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:30
>>11
安部公房スレッドたてようか?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:34
かんべむさしとか横田順彌とか、半端な詰まらなさじゃないが…。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:37
あー、高千穂な、ライトノベルの始祖、高千穂遥。
SFマインドって言葉を口にするけどさ、SFじゃねえし。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:46
>>14
いいね!
「第四間氷期」は日本SFを代表する傑作のひとつ!

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:49
>14, >17
イイ!
しかし、最近では新潮文庫でさえ数冊しか
店に置かれなくなってきた諸刃の剣。
(「カンガルーノート」と「砂の女」しかなかったりします)
まあ、図書館や古本でもいいけど・・・

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 21:52
>12 >13
キングの「デッドゾーン」はSFとしても傑作だと思うが。

20 :トチロー:02/04/14 22:00
SFマインドって何だろうね。昔ならセンス=オブ=ワンダーってすらっと出てきたんだけど、今ではSF的設定や疑似SF的なものが当たり前になっているから、SFプロパーという言葉もどっかひっかかりがあるんだよね。
ちなみに、三島の小説は「美しい星」。すごくつまらんかった。あと、高木彬光の「ハスキル人」とか、なんか勘違いしている作家も昔はいたけどね。
ところで、山田風太郎の忍法帳ものは、センス=オブ=ワンダーって意味で立派にSFじゃないかい。

21 :14:02/04/14 22:12
じゃあ、立ててみます。
スレタイトルは「SF作家安部公房」でいいですか?
本文に入れたい文章とかあったらどうぞ。

22 :ひがし丈:02/04/14 22:13
「海鳴り忍法帳」むかし豊田有恒が解説
書いてたと記憶。「ハスキル人」は確かに
超駄作ですがプレSF時代のいかがわしさは
好き。SFマガジンでジャンルが囲いこま
れる以前と以後では「他ジャンル作家」
つーのも区別したいが。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 23:00
昔読んだ仁木悦子の短編。タイトルは忘れたのですが、主人公の職業が大量生
産のアミノ酸を合成して肉を作る研究というもの。そうすれば生き物を殺さず
安上がり・・と、トンデモと言うより時代を感じさせる作品でした。はい。

24 :意外なところで:02/04/15 00:24
新田次郎に「この子の父は宇宙線」というSF短編集がある。
別に読んで面白いモンじゃないが、昔はこういう人も「SF」を
書いていた時代があった、ということ。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 00:35
逢坂剛(だっけ)の短編「甦った脳髄」は
トホホなアルジャーノンで笑える。
っつーか、アルジャーノンを後で読んだので
これがちらついてしょうがなかった。
脳みそをすりつぶして知的障害者に与える話。

26 : :02/04/15 00:42
>>20は相変わらず作品の出来とジャンルを混同する厨房。
「SF」が称号なら別だけど明らかにそうではない。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 00:51
>>21
過去スレ

安部公房はどう?
http://natto.2ch.net/sf/kako/1002/10029/1002901229.html

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 00:58
 大江健三郎のSFってどんなの?

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 01:00
>>28
あー私も興味あります。治療塔と治療塔惑星でしたね。たしか。
ずいぶん前ですが最初の数ページ読んで呆れて買うのをやめた覚えがあります。
実際どうなんだろ?

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 01:01
笠井潔がかなりしょうもないSF短編をけっこう書いてたような。
ミステリ作品集と間違えて買って読んでがっくりした記憶がある。

31 :かんきち:02/04/15 19:13
>>9 新潮文庫の「美しい星」でしょ。

32 :かんきち:02/04/15 19:20
>>12 読んでから書き込んでね。

33 :かんきち:02/04/15 19:25
>>6 森岡浩之でしょ。彼はSFプロパーですよ。「夢の樹が接げたなら」
を読んでみて。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 19:32
プロパーって何?

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 21:00
もとからそこにいる人・・でいいのかな。
最初からSF書いている人、とか。
もともと子会社に入社していて、親会社から出向したのではない人、とか(話が違うか

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 19:22
スティーヴン・キングの奥さんのタビサ・キングが書いた
「スモールワールド」(扶桑社文庫)はトンデモSFだよ。
品切れらしいから図書館か古本屋で探そう。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 19:28
>>34
製薬会社の営業社員の事、つまり星新一を指す。
ぢゃ無くて
SFファンのマーケットに向けて書かれた作品
及び専らそういう作品を書く作家の事。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 19:56
>34
頭がパーなプロ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 20:22
>>38 そこ、もっと具体的に ワクワク

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 00:47
時に、センス・オブ・ワンダーのあるSFってどういう奴?

例えば、面白くないけど、センス・オブ・ワンダーのあるものってどんなの?

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 08:52
コリン・ウィルソンの「賢者の石」。
SFと神秘主義が合体したような妙な作品だった。
脳味噌に電気流す実験で意識が活性化された主人公が、
トルコかどっかで発掘された遺跡をサイコメトリクスを使って走査
したところ邪悪なパワーを感じて...って確かこんな内容だったと思ったが。
アトランティス人の描写なんて三角形だったような...読んでみれば分かるけど。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 09:00
そらおめー、この話題じゃ高橋克彦を外すわけには行くまい。
「竜の柩」はいろんな意味でトンデモだぞ。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 09:01
ルイス(ナルニア国書いた人)の
マラカンドラ、ペレランドラ、サルカンドラ。
いや実はマラカンドラのあまりのしょうもなさに涙し
ペレランドラの途中で腹がたってきて
サルカンドラは読めませんでした。
…ナルニアは面白かったのにぃ。アキョキャキャキャ

44 :( ゚ ー゚) フーン:02/04/17 11:06
>>13
本名までは知らないかも・・・
というかカタカナでエイフェックス・ツインていわないと駄目なのかな?w

というわけで多少マニアックなネタage

45 :( ゚ ー゚) フーン:02/04/17 11:10
上のはごめんね、誤爆です。

推理作家のP.D.ジェイムズの「人類の子供たち」は
重厚な近未来SFだった気がします。
でも同じ推理作家でもパトリシア・ハイスミスのSF短編
「その木を殺さないで」はわけのわからない珍品でした。


46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 11:24
「宇宙戦艦ムサシ」の若桜木虔とかは、ポイント高くない?
でもこの人の場合、主に活躍しているジャンルがないけれど。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 11:31
>>46
霧島那智上げてどうするよ‥‥
つうか、アレと志茂田 景樹は作品よりも本人がエスエフ。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 12:13
>>46
>主に活躍しているジャンル

アニメのノベライズではないのか?

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 13:51
>>48
お隣(ミス板)で大人気(w

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 14:00
>>44
リチャード・ジェームズ?

便乗ポリゴンウィンドage(w

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 16:41
>>12
転送機の事故を描いた「ジョウント」という短編は怖いよ。SFとしては
どうかと思うけど。

52 :38:02/04/17 19:26
>39
つまり呪いで銀河ネットワークとかそーゆー事を四六時中考えていなくてはSF作家にはなれんと……
コレイジョウツイキュウシナイデネ

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 21:16
昔SFの話題がふとした弾みで会話に出て、おっさんが
「ああ、サイコダイバーシリーズとか黒豹スペースコンバットとかだね」と
総括していた。知らない人に語らせるとそういうことになるのかよ…

54 :トチロー:02/04/17 22:39
>53 黒豹シリーズは、トンデモ本でも取り上げていたけど、痛快無比の非常識小説だと思う。
おもしろいけどね。でも、スペースコンバットは笑えた。逆に退屈なトンデモが、アトランティスとかいう、平井和正の弟子が書いたやつ。投げ出してしまった。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 23:35
あー、「ハイペリオン」x4な。

56 : :02/04/18 00:32
退屈なトンデモってSFプロパーの作家にもごちゃまんとあるけどな。
一時期ハヤカワが一押ししてたジンデルの「ありえざる都市」とか。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 01:12
「ありえざる都市」は、そこそこ面白かったよ。
移動手段がスケートの都市なんて笑えた。

退屈なトンデモといえば、筒井康隆編集長だったときの
「面白半分」で秋竜山が書いてたやつ。この人の漫画も
かなり退屈で、朝日新聞の夕刊4コマ「Mr.ボオ」と
いい勝負してたけど、小説のほうも、やはり退屈で
退屈で、どうしようもなかったな。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 18:31
光文社カッパノベルズから出ていた大下英治の「魔クルスの黙示録」は黒豹シリーズ
も真っ青のトンデモ小説だよ。主人公の秘密情報部員(男性)は夜になると美女に変
身する特異体質。でもその原因はいっさい説明されない。敵はヒトラーの孫が率いる
ネオナチス。さらにヴァチカンとフリーメイソンも協力してたりする。
遺伝子操作でスフィンクスやケルベロスといった魔獣を実際に造り出して街で暴れさ
せたりします。とにかくトンデモないので古本屋で見かけたら立ち読みしてみて。
この作家の他の著作を見ればだいたいどんな人かわかるよね。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/5845/ooshita-eiji.html


59 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 20:46
age

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)