5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

旧共産圏のSF

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/01(日) 00:13
小説でも映画でも媒体は問いません。
ソラリスとかキン・ザ・ザとか好きな人いませんか?
最近だと一応、アヴァロンも入るかも。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/04(水) 02:35
世界SF全集の東欧編だかは、丸ごと一冊東欧短編SFが楽しめてお勧め。
入手困難につき、図書館などで探してみては。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/04(水) 15:21
スガルツキ―兄弟の作品はすべて邦訳されていたりするんだな、これが
探せば結構あるぞ
いわゆる「停滞の時代」以外の作品で重要なものは、ほとんど日本語になっていたりする

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/04(水) 15:55
×スガルツキ―兄弟→○ストルガツキ―兄弟

鬱…

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/04(水) 20:03
ストーカーは最後、真相が判明して終わるの?
それとも、何もわからないままなのかなぁ。だったら読み切るのよそうかな…

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/04(水) 20:33
>5
そこがええんやんか

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 00:32
つーか、ストルガツキーのベストはなに?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/05(木) 02:20
「蟻塚の中のかぶと虫」と「波が風を消す」

9 :G_Tomo:2001/04/05(木) 05:13
>>7
 絶対「ストーカー」!!
タルコフスキーのベストも「ストーカー」!

10 :G_Tomo:2001/04/05(木) 05:24
>>1
 キンザザ好きだ。
SFX入れスペクタクルにしなければSFが作れないハリウッド映画に対し、
素直に上質なSFとして楽しめる。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/01(火) 00:29
ソ連ので、氷づけから発見された原始人少年が生き返るのってありませんでしたっけ。
マンモスの氷づけがモチーフみたいで。

12 ::2001/05/01(火) 00:38
あったねえ。「ドウエル教授の首」とかと同じ出版社で
読んだ気が・・・?

(もちろんジュブナイル版よ)

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/01(火) 01:01
>11
松本零二がイラストじゃなかったっけ?

14 :どりふぇる:2001/05/01(火) 01:50
>>ストルガツキー
『蟻塚の中のかぶと虫』はホラーでしたねえ。こわいこわい話でした。
マクシム・カンメラーの三部作では、これがいちばん好き。


15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/01(火) 08:17
セルゲイなんちゃらって人いませんか。
星の略奪者だったかな。あれはすごいスペースオペラだと思ったけど。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/01(火) 12:40
セルゲイなんちゃら

たしかハンガリーの作家だったと思うが?

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/01(火) 21:46
え、覚えがない!
> 松本零二

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 02:39
レムは?
レムは?
レムは?



19 :厨房代表@SF板:2001/05/25(金) 08:43

        ∫        ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧,,∧ ∬       |レムレムうるせえ。お前らちゃんと国書刊行会に
   ミ,,゚Д゚ノ,っ━~   < 金は払ってんだろうな? サンリオでMaskaが
_と~,,,  ~,,,ノ_. ∀   |出なかったのはてめーらのせいだぞ。
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━ \_________
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .┻

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 09:36
 ストルガッキーと書くやつ、逝ってよし。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 13:47
>19
SFってのはね、金出して買うもんではなくて万引きするもんなんだよ

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/05(火) 23:12
最近は図書館で借りるもんになっている

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 00:53
>>21-22
衰退に拍車かけんなよ…。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 01:35
>>23
衰退してるから図書館にしか置いてないんだよ

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 04:38
イスカチェーリ

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 06:48
>>25
という奴はたいてい、昔ファッションやカッコつけで旧共産圏SFを
かじっただけのファン。当然今はフォローしていない。
イスカが活動しなくなってから何年たってんだ?

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 07:04
レムの「砂漠の惑星」が一番好きなんだがはずしてますか?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 11:27
>>15
セルゲイ・スニェーゴフ ロシアの作家だよん

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 11:30
>>26
最近ねぇ...数年前のSFMで特集があったきりだよね...
はぁ残念.

30 :厨房代表@SF板:2001/06/06(水) 15:30
| 『遥かな世界 果てしなき海』『ロシア・ソビエトSF傑作集』
| 『東欧怪談集』『異邦からの眺め』あたりのアンソロジーが入手困難になってるのが痛い。
| やっぱりいきなり長編読むより色々な作家の短編をまとめて読むほうが
| 導入としてはいいと思うから。
| レムもストルガツキーも絶滅状態じゃなあ。
\_______ ________________________
     V
   ∧ ∧  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ミ,,゚Д゚彡< と言うわけで買支えしてこなかった世代の連中は国書を
ヽ .ミっ  ミっ .| 応援するために『虚数』を全員買えやゴルァ。
⊂ミ,,,,,,,,ミ⊃ .\_____________

31 :エンタープライズでセクハラ:2001/07/15(日) 03:28
「トータルコンサルティング」って若い女性が大好きで、セクハラしまくっていた某スケベオヤジから
職員を守るために作った営業部って噂あるけど、本当ですか?真実を確かめるために質問です。
@「セクハラ」「スケベ」などの言葉を聞いて思い浮かぶ上司いますか?
A内勤サン・トレーナーも含めた職員の中に若い女性はいますか?
@が「YES」Aが「NO」だったら噂の信憑性高いかも…。セクハラの訴えが余りにも多かったから
男性ばかりの営業部にソイツを配属して、職員を守ったとか。セクハラ告訴寸前だったらしい…。
でも「女性が働きやすい会社」と会社説明会でアピールしている日本生命に限って、告訴寸前の
セクハラをするオヤジはいないよね。だからデマだと思うのですが、どうですか?

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 00:35
_
   ____        / ̄ ̄ > 7 /   /==|=== ̄||
  〇 )))) )) ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄))  // Г/ 〇)./ ▽  |  ⇒⊥______
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|回 ̄] (( /_7  " /     | ☆ / \  >   ヽ
            __ >――ゝ __ /____ |__\_ノ__ ノ__ノ
          ∠__ / ̄ ̄ ∠___// ̄ ̄◎ ̄ ̄◎ ̄ ̄ ̄◎ ̄ ̄¬}
           〈==={\ ̄ ̄ 〈==={ (◎)                (◎)/
            ゝ==\\_  ゝ== > ((◎) ((◎) ((◎) ((◎)((◎) /
              ゝ==ヽー ̄ ̄ ゝ==ヽ===========

33 :せんすおぶわんだあ!:2001/07/17(火) 01:07
なんだか脱線しまくってるようですが・・・ま、いいか?

東欧SFと言えばレムで、レムと言えば「金星応答無し」が自分の中のベスト。
よく考えると金星でヘリや飛行機飛ばしたりむちゃくちゃな気もするけど、
NASAは一時本気で火星に飛行機を送り込もうとしてたから、レムの
アイデアのパクりかも、なんて勝手に想像してた。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 01:09
ストルガツキ―兄弟いいなぁ・・・
最近新作出してるのかな?

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 01:43
兄のほうが亡くなっちゃったから、兄弟の作品は出ない。。。。。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 06:25

http://user.tninet.se/~prv247p/hatt/hatten.swf


http://kalashnikov.guns.ru/models/ka50.html

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 12:15
ストーカー
蟻塚の中の甲虫
波が風を消す
みにくい白鳥
そろそろ登れカタツムリ

この5作、女子高生の頃、SFずきのお父さんに無理矢理よまされた。
全然意味が分からなかったけどかっこいいなと思った。そのまま忘れてて
最近読み返したくなった。だけど、蟻塚と波風とストーカーは本屋にあったん
だけど他のが無い。どこにあるんだろう。それはさておきなんか読み返すと凄
かった。遍歴者すげー。ゾーンかっけー。路傍のピクニックとかいっちゃって
。やってきて去っていくだけの異文明..渋いな−。うーん。ちゃんととってお
くんだった。ようやくすこしづつ分かってきたのに。実家にかえればあるのかなあ。

38 :タイタス:2001/07/17(火) 13:44
東京創元文庫に確か東欧SFの短編集が入ってましたよね。
一時期探していたけど、見つからなかった。
早川の「異邦からの眺め」は古本屋で見つけたけど。
このアンソロジーにはひどいのも入っていたけど、
いいのはとても気に入りました。
レムの作品も、特別傑作ではないだろうが、いいし、
なにより最後に入っていたソビエトの作家の作品が
さみしいSF者っぽくてよかった。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 13:56
>>37
「みにくい白鳥」と「そろそろ登れカタツムリ」はまだ
新刊で本屋にありますよん.SFのところじゃなくて,
海外文学の棚に入っていることのほうが多い

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 13:59
>>38
創元の東欧SF集にはネズバードバとか,他では訳されていない
作家の作品が入っていて良い内容なんですが,いかんせん古書店
にもなかなか出ないんですよねー.

41 :( ´∀`)厨房代表@SF板( ゚Д゚,,):2001/07/17(火) 14:59
| 旧共産圏ということは中華人民共和国もいれていいのかい。
| でもSFとして紹介されたのは老舎『猫城記』(サンリオSF文庫)
| くらいかな。この本、たまにしか見かけないうえに馬鹿高いから
| 読んだことないよ。あとは金庸や残雪もいれていいのかなあ。
| 高いといえば『すばらしきレムの世界』全二巻(講談社文庫)。
| 買えるかそんな値段! と貧乏者の愚痴。
\_______ ________________________
     V
   ∧ ∧  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ミ,,゚Д゚彡<カンボジアやベトナムの作家の作品も小出版社から
ヽ .ミ    ミ  | 出てるらしいがこれも貧乏(後略)
  ミ,,,,,,,,ミ   \_____________

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 18:48
猫城記は老舎作品の中でも凡庸な部類にはいるのに,
サンリオというだけで高い...

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 19:24
ソラリスの映画の方,大好きだよ。小説もいいけど。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 20:09
ソラリスの映画って,近未来的でありながら全体の色調は
ノスタルジックで幻想的ですよね.原作者のレムは映画を
観て怒ったそうですけど

45 :At.N.:2001/07/17(火) 21:02
友人と『五条霊戦記』を見に行った後で、
「弁慶(だったっけ、もう忘れたが)が森の中で魔除けに貝殻を投げながら進むところ、ストーカーを思い出したんですけど...」
「あ、そうそう、わたしも実はそう思った」
「きっと結界によって生じた重力異常を見つけるために投げてるんだよ」
「わはは」

...などと盛り上がったのを思い出してみたり。
いや、ストーカー(原作)って好きな話なんですが。

46 :さんぽさん:2001/07/17(火) 21:09
>>41
中華人民共和国は現共産主義国家だぞ、とつまらん突込みを
いれておこう。
日本では「西遊記」なんかがいろんなところでリメイクされたり、これを
土台とした作品があるけど中国本土ではどうなんだろう。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 23:50
age

48 :( ´∀`)厨房代表@SF板( ゚Д゚,,):2001/07/18(水) 08:55
| >>46 重いパンチが効いたぜ…そうだよなあ、北京や香港ばかり
| しか見てないから錯覚してしまった…。
| んでも中国は行ったことないから本屋さんがどんな感じなのかはわかんないなあ。
| 脱線するけど韓国の作家が最近数多く紹介されてくるようになったね。
| いまのところマンガがメインだけど、梁慶一とか林光默といった作家が
| 月刊マンガ誌に出てくるようになった。でも最近は日韓関係のこじれが
| そんなところにも影を落としているらしい…イヤナハナシダネ
\_______ ________________________
     V
   ∧ ∧  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ミ,,゚Д゚彡<台湾のセブンイレブンで“パパイヤ蒸しパン”が売ってるのを
ヽ .ミ    ミ  | 見たとき、なんとなくセンスオブワンダーだったよ。
  ミ,,,,,,,,ミ   \_____________

49 :37:2001/07/18(水) 12:45
>>39
ありがとう!
ありました!しかもなんかまだ読んだ事ないのもあった!うれしい!
あとは「波が風を消す」だけだ!

50 :サービスシーンもあり口:2001/07/19(木) 21:42
AKUMULATOR1(’94チェコ)、2は作られた?

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/19(木) 23:19
もうすぐキンザザの再映始まるよねー。
「ソビエト映画のなんちゃら」で観たけど、あの肩に力の入らない、
と言うより脱力しまくりの雰囲気がたまらなかた。
いつキンザザにワープしても良いように、いつもマッチ棒を持ち歩こうぜ!
「クー!!!」

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 01:09
アキュムレーター1!!! 最高っす。
2は無いはず。。。。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 01:10
>>51
くーくー

54 :どりふぇる:2001/07/20(金) 03:46
>>49
『収容所惑星』は?

1『収容所惑星』
2『蟻塚の中のかぶと虫』
3『波が風を消す』
で三部作だYO!

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 04:41
北朝鮮は国家の存在事態がSFの設定の演劇国家。

偉大なる首領とあがめられる独裁指導者の元、強権的に
あらゆる物資が管理される閉鎖社会、、。人民はその日の
食料にも欠くなか、街中には真新しいコンクリートの思想的な偶像が
立ち並ぶ。しかしどれも工事が中断している。
テレビではミサイルを打ち上げたことや、原子力発電所を建設したり
豪華な建物が建設されたことなど、非現実的な日常が連日流れる。、、





56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 05:28
>>55
「鉄の夢」だね。
あの国は(w

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 23:25
SFじゃなくてファンタジーだけど、「イリヤムロウメツ」
なんてどう?
正式タイトルは違ったかもしれないけど、怪獣が火を噴く
シーンなんか火炎放射器使ってて、迫力有るったら。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/21(土) 01:43
>>57
「キングドラゴンの逆襲」とか何たらかんたら、ヘタレな
邦題が付いてます。。。。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/21(土) 11:38
http://www.tk.xaxon.ne.jp/~yuugeki/nsdap19.htm

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 00:29
季刊ソヴェート文学 1973 SUMMER 通巻45号
「リットルマン」 ストルガツキー兄弟 深見弾訳
これ、読んだ人いますか?
A5サイズで二段組で130ページぐらいあるんですけど、
中篇の部類に入るんじゃないでしょうか?
内容は、遍歴者が存在すると思われる惑星の調査について、
という奴なんですけど、例によってなかなか重い感じです。
マクシムは出て来ませんが、それ関連の外伝のような感じですか?

たまたま古本屋で見つけてビックリして買ったんですが、
大きな図書館にはあるかもしれません。
再録してる本があったら、教えてください〜

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 02:24
>>60
読みてぇ〜

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 13:41
>>60
それは抄訳で,全部の内容が翻訳掲載されているわけではありません.
また,再録などはされておりません.
お察しの通り,カンメラー三部作へと続く22世紀シリーズに属する
作品です.おなじ22世紀シリーズとしては,「地獄から来た青年」
などもそうですね.

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/24(火) 00:53
ソラリス
今度ソーダバーグがリメイクするそうですがどうなんでしょ?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/24(火) 02:56
お!抄訳だったんですか!>>62
ストルガツキーは、まだまだ訳されていないものが多そうですね
でも、群像社の翻訳シリーズもなんだか最近とまっているみたいで…
やっぱり深見さんが亡くなられたのが大きいのでしょうか?

『地獄からきた青年』も、例によって背景世界への言及は、
限られており、なかなか全貌がよく見えてこないというところが、
いかにもストルガツキーっぽい感じですね。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 12:44
SFマガジンを買ったら,ストルガツキー兄弟の作品が
掲載されていたのでage

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 13:54
アレクサンドル・ベリャーエフって確かロシアの作家じゃなかったかな。
(名前もそれっぽいし)
「ドウエル教授の首」のジュブナイル版「合成人間ビルケ」がトラウマになった子どもは
多いはず。
あと、光の速度が人間の歩く速さより遅くなった「狂った世界」っていうのもあった。
こちらはスパイものだったような記憶が。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 14:09
ベリャーエフは,「ロシアのジュール・ベルヌ」とも呼ばれる
ロシアSFの巨匠です.実際,ベルヌとほぼ同時代ですし,空
想科学冒険小説が持ち味だったという点で,その表現はある意
味間違ってはいないでしょう.
今読んでも十分に楽しめると思うのですが,ドウエルくらいし
か入手できないのは残念です...

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 22:27
66>67
御教授どうも。そうか、ベルヌと同時代の人だったんですね。
ちょっと調べてみたら旧ソ連に「ベリャーエフ記念賞」というSFの賞があって、
なぜかハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」が、94年に(なぜ??)受賞
したりしてました。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/26(木) 01:22
>>68
ハインラインはアメリカの右翼なので、ソ連にとっては禁書扱いの作家
でした。それゆえ、ソ連の崩壊まで一切翻訳されておらず、ロシア国内
への紹介が90年代以降になってしまったという政治的な事情がありま
す。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/26(木) 21:02
マガジンのストルガツキー読んだけど地味な割に面白かった。短く
て読みやすかったというのもあるけど(w

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/27(金) 12:50
>>69
確か,いきなり全集が出たんだよ.思い切ったことを....

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/27(金) 16:43
脱線してスマンが、みんなハインラインって好き?
サヨ者としてはどーしても好きになれないんだけど...
ロシアで翻訳されたってゆーのも信じらんない

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/27(金) 17:56
全面的に好きではないが、一部には読むべきものも啓発されるべきものもある、
ってところかな?
硬直した思考や世界観しか書けない三流の作家は読まず嫌いされても
しかたないけど、少なくとも一時期のハインラインはそうじゃなかったでしょ。

74 :72:2001/07/27(金) 19:45
確かに「時の門」とかの短編には良いものがあるとは
思うけど...長編は受け付けないんですよねー.
このへんは感覚が合わないということなんだろうけど.
「夏への扉」とかでもダメでした....

#ロシア人は「宇宙の戦士」をどう読んだんだろ(w

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/27(金) 21:22
ネットで原書手に入らないかなー。
ベリャーエフなんだけどさ。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/28(土) 01:41
>>75
http://lib.ru
当然、ロシア語ですが。。。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/29(日) 15:55
こーゆースレを沈めるのは最後の良心がゆるさん

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/01(水) 23:11
age

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 04:16
惑星ソラリスの幹線道路って日本の首都高なんですよね。
確かにモスクワの中世的な街並みから見たら、東京の夜景は未来都市その物だったでしょう。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 05:26
>>76
サンキュー あんたはいい人だ

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 09:53
>>79
そりは勘違い。
惑星ソラリスにはあのステーションしかない。
首都高シーンは地球です。

立ち並ぶ高層ビルの間を縫うようにして走る高速道路、
そこを走る多数の自動運転と車と言うありがちな未来のイメージですね。
運転の

82 :楽園の能天気:2001/08/07(火) 10:21
エフレーモフの「アンドロメダ星雲」とか「丑の刻」とか、今のSFとは違って助長的なんだよね。

83 :81:2001/08/07(火) 10:26
>>79
「映画・惑星ソラリスに出てくる幹線道路」の事だったら私の早とちりだ・・・(鬱

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 12:26
>>81
その前に出てくるロシアの美しい田舎の光景と,
東京の廃ガスが臭ってきそうな光景が対照的に
描かれていて印象的でしたね.

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 17:12
ユーロスペースで「キン・ザ・ザ」観てきました.
最高ですよー.表現が古くて物が飛んできそうです
が,「SFマインド」が溢れる作品でした.お薦め
です.

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 18:47
チャペックはNGワードかな。「絶対子工場」はなかなか。「クラカチット」は買ったけど未読。
短編なら「移民局」。

>>38
品切れなら痛いね。クプリーンの「液体太陽」はいいよ。

あと適当に思い付くまま。
ドニエプロプ「カニが島を行く」、ブリューソフ「南十字星共和国」、作者忘れで
「ベルン教授のめざめ」、あとミジェヤっていう女の子の出てくるクローンものの
題名を忘れてしまった。なんとか人間製造場、だったかな。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 19:51
>>41

>高いといえば『すばらしきレムの世界』全二巻(講談社文庫)。
>買えるかそんな値段! と貧乏者の愚痴。

近所の古本屋(非ブックオフ系)で100円でした
ただし、1巻のみでしたが。
別の古本屋ではレムの『枯草熱』は1500円
P・クリスタン『着飾った補食家たち』が500円
「不思議惑星キン・ザ・ザ』は300円(ただし中古)
といった具合で激しく安くなっています。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 20:16
>>87
そのビデオ,めちゃほしー

89 :コピペ:2001/08/12(日) 02:07
”迷宮のような建物の中には、選別室、解釈室、筆生室、文書保存室、監禁室
等が扉を閉ざして並んでいた。国民の見るすべての夢を管理する怖るべき機構
<夢宮殿>。アルバニアの鬼才が描く、ダンテ的・カフカ的迷宮世界。”
夢宮殿 イスマイル・カダレ 創元

ファンタジーだそうだが

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 02:16
いやあれは普通小説>夢宮殿

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 12:17
普通に「完全な真空」が好き(普通か?)。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/13(月) 13:42
>>91
では「虚数」もどうぞ!

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/18(土) 04:50
>>92
ありがとう。今読んでます。
>>86
山椒魚戦争は手に入れやすいけど、ラストの章はいらんよな。
戦争はじまって終わりで良かった気がする。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 20:35
カザフスタン「ワイルド・イースト」(「東部劇」)
7人の侍翻案マッドマックス風映画 期待しないで観たほうがいい

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/25 21:08
ウズベキスタン「UFO少年アブドラジャン」(90)再映
ttp://www.pan-dora.co.jp/UFO/index.html

96 :九姉妹:01/09/25 21:20
>>1 アヴァロン入れてくれてありがとう(アヴァロンスレもよろしく)。
でも、アヴァロンは役者とロケはポーランドだけど「日本の映画」です。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 00:56
>>27
私もレムは「砂漠の惑星」が一番好きです。

ちなみに、タルコフスキーは「ノスタルジア」…。
「ストーカー」が二番目で「ソラリス」がその次。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 01:59
ロシア版ムーミン谷の彗星「ムーミントローリと彗星」(78ソ連)はカタストロ
フSFにいれていいのか?

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 15:19
ザミャー珍は?


                       ちょっと違うか・・・

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 01:25
>>96
監督の押井がタルコフスキー&SF好きだからにたよーなもんでは。
天たま、攻殻、アヴァロンと新作見るたびにワラタ。相変わらず好きだなーと。

3や96に触発されてストルガツキー、レムの読んでないやつを検索、注文。
けっこういっぱい出てたんですね、知らんかった。

他に皆さんのオススメあります?
この手のSFってストルガツキーとレムと安部公房しか知らないもので。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/09 11:57
>>99
ザミャーチンは,ロシアではSFの系譜に入っています

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 22:44
こないだ岩波文庫で復刊したザミャーチン「われら」おもしろいよね。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 20:54
こないだっていっても、、、、奥付をみると1992年になってたりして。。。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 15:33
昨日本屋でムロージェックの新刊見つけた。奥付見たら
今年の六月だって。。。。
未知谷って、時々凄いの出すけど、滅多に本屋で見かけ
ないという点がちょっとかな。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 12:06
そういえば,最近は「これぞSF」って感じの本がでないね.
文学の仮面をかぶった作品ばかりというか

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 20:11
でもしばらく品切れで、去年暮れあたりにもう1度刷ったんでは
なかったかしら>岩波のザミャーチン「われら」

と、どうでもいい話でageちゃう。
アレクサンドル・グリーンとかどうっすか。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 15:43
独自の作風で良いですよねー>グリーン
今現在で最も入手性の良いロシアSF作家じゃないでしょうか

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 16:21
「われら」で描かれている世界は極端すぎて
ギャグにしか見えないんだけど。
それがザミャーチンの狙いなの?
アホな俺にはわからない

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 17:53
>>108
今ではギャグにしか見えないことが,当時はマジで心配されて
いたんです.ソ連のスターリン時代とか,ナチスも見方によっ
てはギャグですから....
で,現在は,ザミャーチンのネタが温くなった形で現実になっ
ているような気も....

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 10:40
>>55
>しかしどれも工事が中断している。
ニューウェーブみたいでカッコエエ〜。
まえ柳下毅一郎氏が北朝鮮について
主体思想のテーマパーク国家って書いてたけど
そういう国でもあるのか。

111 :SF板でびゅうします:01/11/12 01:29
「輝く世界」がとりわけ好きで、ずっと読み返し続けてる小説の一つです
>アレクサンドル・グリーン

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 01:33
ソラリスが好きです。
なんといっても、J.S.Bach のオルガンが泣けた〜〜。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 12:20
>>112
無重力になって二人が浮き上がるところでオルガンが鳴る
シーンは特にぐっときますよねー

114 :バッハ:01/11/12 16:18
う〜む レムの小説はアメリカのネアカで単純明快なSFと比べるとなにか哲学的な匂いがしますなあ。

ソラリスは映画と小説は全く別物じゃないか。まあSFマインドのなかった時代の
ソビエト映画だし。
あのストーリーを2〜3時間に収めること事態無理を生じると思うね。

ハリウッドでチャペックの山椒魚戦争をビジュアル化してくれんかな。キモイけど。
でも日本は富士山しか残らないんだ。チャペックの日本の知識なんてほとんどなかった
んだろうね。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 00:23
>>114
ソラリスは72年作なのですが、その頃にもソ連でSFは書かれていま
すよー。ストルガツキイの「ストーカー」とかがこの頃ですね。確
かに映画にSFマインドがあったかというと、、、考証の余地は大
いにあるとは思いますが。。。
タルコフスキー映画の中では、ソラリスは凡庸な作品だとは思いま
すけど(ストーカーがベストかなぁ?)、そこいらのSF映画とは
一線を画していると思いますです。まぁ、レム自身は映画の出来に
怒り狂ったそうですけど。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 14:12
>115
出来というより、原作とのあまりのテーマ性の違いでしょうね、レムのポイントは。
最近のアニメ方面の雪風・バビル・ヘルシング問題を見てるとこれを思い出す。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 14:37
面白いのは,レムが映画に対して怒り狂い,タルコフスキーは
レムの悪口を言いまくったんですよねー.
タルコフスキーは同じ事をストルガツキイ相手にもやったとい
う話です...さすがは大物監督だ...

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 15:51
>>114 うーん、おれは旧共産圏SFってあまり数読んだことないから、
質問?
いくつかの短編集とかを読んだだけ(「異邦からの眺め」とか早川の全集とか)
のイメージだと、
旧共産圏SFはかなり薄っぺらいというか、深みがない印象がある。
もちろんレムとかはいるけど、ストロガツキー兄弟とかにしても。
読み込みが足らんのか?
詳しい人に聞きたいが、
共産主義の時代に出版されていた一般的なSFってどういう内容だったの?

119 :118:01/11/13 15:53
すいません118です。
はじめの方の文章がかなり混乱してしまってますが、
誰か親切で詳しい人、教えてください。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 17:16
>119
いいなぁ「異邦からの眺め」欲しいんだが見当たらない。
それはさておき、薄っぺらですで深みがない感じですか?
う〜ん。
ソ連が崩壊し、冷戦という背景がなくなった今はピンとこないかも知れないですね。

政治的な制約受けながら書いているから、共産主義マンセー以外の作品は
ひねくれた読み方しないと意味が判らん場合が多いというのはあります。

構成的に二重底になっているような感じなんで、それを考慮して読み直して
見るのも一興かと思います。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 18:14
>>118
ソ連時代の短編だけだと薄っぺらな印象を受けけてしまうのはし
かたないかもしれませんね.
逆に旧共産圏の「まともな」作品は,欧米作品よりもずっと深い
内容ですよ.
ソ連時代の多くの作品は,ほとんど共産主義礼賛で今は読む価値
も無いと思うんですけど,エフレーモフのように体制の中にいな
がら特出した人も出てきてしまっているなので,油断がなりませ
ん.
ストルガツキーなんかは,発禁になったのを除くと,>>120さんの
指摘どおり政府にばれないように批判を隠していたりするので面
倒かもしれません.後になって解禁された作品は露骨でわかりや
すく,かつ物凄い内容ですよ.

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 18:29
ストルガツキーのオススメ教えて。
群像社でいろいろ出てるけど、どれから読めばいいか分からない。
ストーカーは面白かった。

123 :121:01/11/13 19:02
断然 「トロイカ物語」 笑えるし内容がシャレになっていない
次点 「月曜日は土曜日に始まる」 ちょっと不思議なユーモレスクファンタジー
その次「地獄から来た青年」 アクション? コメディ? 人情話?

ちょっと読みにくいけど「滅びの都」も良いですよ.
本当にお薦めできるのは絶版になっている「幽霊殺人」とか「蟻塚の中のかぶと虫」なんですけどね...

124 :122:01/11/13 20:39
>123
どうもです。
でも紀伊国屋あたりにでも行かないと売ってないんだよなー。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 14:54
>124
近所の本屋に取り寄せか、通販つかえばいいんじゃない?
群像社のHPで在庫確認してAmazonかesbooksあたりなら、
送料・手数料かからないで使えるし。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 15:05
http://www.gunzosha.com/

願 望 機(ストルガツキイ著 1989.7)
月曜日は土曜日に始まる(ストルガツキイ著 1989.3)
地獄から来た青年(ストルガツキイ著 1994.11)
世界終末十億年前(ストルガツキイ著 1989.2)  品切れ
そろそろ登れカタツムリ(ストルガツキイ著 1991.6)
トロイカ物語(ストルガツキイ著 1990.3)
滅びの都(ストルガツキイ著 1997.2)
みにくい白鳥(ストルガツキイ著 1989.11)
モスクワ妄想倶楽部(ストルガツキイ著 1993.7)

------------------------------------------------
世界終末〜以外は全部入手できるみたいですね 

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 17:35
子供の頃、「金星探検」を読んで、すごく面白かったのですが、
大人になって「無への跳躍」のタイトルでも翻訳があることを知りました。
ところがモノは世界SF全集。

入手したいのですが、単行本は出ていないのでしょうか?
(あっても絶版かな?)

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/28 17:17
このスレでストルガツキイに興味を持って,試しに「収容所惑星」
を古本屋で買って読んでみたら,これってけっこう面白いじゃん.
過小評価されてない?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/30 05:11
DVDプレーヤー入手して、すぐ購入したのが
「ストーカー」。
こんな良スレがあったとは。
レムは「ソラリス」より「砂漠の惑星」の方が好き。

130 :名無しの陽のもとに:01/11/30 09:21
>>129
小説としての結構、起承転結みたいなものは「砂漠の惑星」の方が達者な気がします。
ただ、私見では、なんらかの壮大なものに触れた・あるいは彼方の物語を垣間見たという
読後感は「ソラリス」にしかないと思います。私事ですが私は山登りが好きなのですが、
あの山と格闘したあげく登ったときの一種の感興といいますか、大きなものと対峙した
感覚、あの感覚と「ソラリス」の秘めているものは近しいと考えているのでありますが。
まったく東欧からあんな作家が出てくるとは驚きでした。
このへんいつか論にまとめたいと思いつつ。。。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/30 10:04
レムだと「エデン」はどう?
SFの類人類型の異星人の中ではかなり「異星人」してて
いいと思う。まあ一寸政治的なふいんきもあるが・・・。

ストルガツキイ探してみyo!

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 13:02
今年最高の旧共産圏SFだと思った作品.
「ナボコフ短編集」
SF味は薄めだけど,凄く面白いYO!

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/07 09:20
ビラルの「モンスターの眠り」、読みたいなぁ…

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 07:05
http://lib.ru/TRANSLATION/

本家のSlashdot見てたらこんなサイトが紹介されてました。
英訳されたロシアSFのアーカイブがあります。

んが、英語読むの遅いんで読みきるまで時間が。。。あう〜

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/15 00:13
アレクセイ・トルストイの「アエリータ」って今読めますか?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/17 12:59
>>135
昔,「火星に行った地球人」という題名で翻訳されたきりで,
復刊もされていません.映画のほうは,ビデオで入手できま
すよん.

137 :135:02/01/23 00:20
>136
どーもありがとうございます。とりあえずビデオ見てみます。
それにしてもテルミンとキンザザはよかった

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 00:28
>>131
エデンは途中で挫折したよ〜〜〜〜
せめてイラストの一枚もあればねえ。特に工場のあたりに。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 10:48
>>138
たしかに視覚イメージし難いね。レム。
「ソラリス」なんかも、映画では原作の海のイメージを全部無くしてしまった事が
映画の成功になったんじゃないかな。
でも映像で海の作り出す形態を見てみたい。
今だったらCGで出来そうだけど。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 02:04
>>139
「星からの帰還」を映像化したら、単なるディズニーランドの紹介になる恐れあり(藁

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 23:20
5月に「キン・ザ・ザ」のビデオが出るらしいぞ! よってage

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/12 23:40
おお、渋いスレが!
>>99
あり、でしょう。「われら」は岩波文庫でしたよね。
レムすきっす。
「金星応答なし」、厨房の時、早川の銀背読んだのが自分のSF初体験。
…まるで魔女で筆下ろししたようなもんでしたね。これが、ドイツ語からの
抄訳、という毒。速攻で文庫の完訳読んだけど、えがった。


143 :宇宙の戦士も好きだけど:02/03/13 02:44
砂漠の惑星は反物質砲搭載80トン戦車vsナノマシン(でいいのか?)の戦闘シーンが好きでした。

小生の初共産SF体験は「宇宙翔ける船(?)」とかいうハヤカワから出ていた短編集でしたが、
当時冷戦真っ最中だっただけに、ソビエトの人もSFが好きなんだなぁ、と妙にうれしくなりました。


144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/13 12:13
5、6年前に「ストーカー」(あぶない方)がブームになった頃、
池袋の某書店にストーカー解説本の小コーナーが作られたが、
一連のストーカー本の中にストルガツキーの「ストーカー」が並んでいた。


145 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 20:16
「愛國戦隊大日本」のエンディング、
「連載」に「イスカーチェリー」とあって大爆笑。

146 :うはう:02/04/03 23:21
 題名忘れたけど、子供向け翻訳もので・・・

 (1)どこか重力が強い星にロケットが不時着して、巨大な電気ヒトデ(?)等と
    戦いながら、死ぬ思いでロケット修理。
 (2)登場人物の会話は、ほとんど仕事のことばっかし。
 (3)やっとの思いで地球に帰ってくると、白鳥座探検の任務が待ってる。
    今度は何百年の旅だから、もう地球に生きて帰れない。
 (4)主人公の最後の一言「それでも俺達はきっとやってみせる!」

 ・・・子供心にも、ほとほと共産圏がイヤになりました(笑)

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 23:55
>96
でも衣装デザインが「シルバー・グローヴ〜銀の惑星」の人
だったりしますね>アヴァロン
結構好きな映画なんですが。ちなみに日本のビデオは
パッケージ裏の解説をなぜか原田眞人が書いている。


「オモン・アー」って翻訳の予定とかないんでせうか。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 17:51
古本屋で長年探していた「ロシア・ソビエトSF傑作集 上・下」(創元推理文庫)を
やっと手に入れた。嬉しー。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 02:13
銀の惑星ってどうなの?

150 :かおる ◆31hpx6to :02/04/12 02:24
初めて読んだSF小説が、「海底5万マイル」と言う潜水艦もののSFでした。
シービュー号風の海底アクション活劇で、艦の名はピオネ−ル(パイオニア)号。
主人公は、パブリック君という少年でした。ご存知の方はおられますか?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 19:41
吉祥寺のバウスシアターでロシアSF映画特集やるよ

http://www.baustheater.com/russian.htm

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 00:04
>>131
>>138
エデンについての解説でよく、エデン人は
「ひとつの個体が労働部分と思考部分に分かれている」って書いてあるけど
本編にはそんなこと全然書いてなかったような気がする。
なんなんだろう、あれ。それとも俺の記憶違い?

153 :かおる ◆31hpx6to :02/04/20 03:14
>>151
おー、ありがたい!。ドウエル教授の首は、中学のころ、原作を読んだかも知れぬ。
死棺の呪いは、テレビで見たけど、違った意味でおもしろかったよ。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 04:10
>>148

羨ましい〜高かったでしょう?
「異邦からの眺め」はただで手に入れられたんだけど
「ロシア・ソビエトSF傑作集 上・下」
手に入らないんだよな〜
東京創元社さん、復刊してくれよ〜
東欧傑作選と共に

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 20:03
>>146
たぶん、イワン・エフレーモフの「アンドロメダ星雲への旅」でわ。
邦題がいくつかあって、「アンドロメダ時代」、「アンドロメダ星雲」などあるが、
ジュニア向けのでしょう。中学校の図書室に、えらい古びた本があった記憶が。


41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)