5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

光瀬龍で好きな作品

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/16(木) 17:27
先日TVで「アンドロメダ・ストーリーズ」がやってたので、思い出して思わずスレ立てました。
SF小説って小学生の時から沢山読んだけど、いろいろ読んで辿り着いたのが光瀬龍さんの作品。
壮大なスケールの作品にはまったもんです。
小松左京さんも好きだったので沢山読んだけど、光瀬龍さんの独特の作風が大好きだった。
もう亡くなってしまったので、新しい作品は読むことはできないのが残念です。

私が1番好きなのは「喪われた都市の記録」ですね。
ほかにも短編やジュブナイルやら時代物やらはもちろん、漫画(萩尾望都、竹宮恵子)なんかもありますが。
みんな好きな作品ばかりでした。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/16(木) 18:20
「たそがれに還る」は一般受けもする傑作だと思う。
・・・ところで「作戦NaCl」はどう考えてもアレだと思うが。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/16(木) 18:34
光瀬龍は時代物の方が好き。
「秘伝宮本武蔵」「宮本武蔵血戦録」それに晩年の
「信長と秀吉」。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/16(木) 19:34
宗教っぽいところがちょっとイヤだが
スケールの大きさで「百億の昼と千億の夜」

5 :さんぽさん:2001/08/17(金) 08:48
平家物語ってどう?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/17(金) 10:30
時代物はSF仕立てのしか読んでないなぁ。。

東キャナル市が出てくる話が好き。幽霊、マーシャンロード。。
あと、女性キャラが魅力的だったな。リーミンとか。ヒロ18も。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/17(金) 14:14
時間局物は、今から考えると、仮想戦記物に結構近いと思う。
一番出来がよいのは、「百億の昼と千億の夜」だろうが、年代記物も捨てがたいな。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/17(金) 14:26
「百億の昼と千億の夜」以外は挫折した根性無しがここにいます。


                いぢめて、いぢめて・・・・・

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/18(土) 23:06
角川ノベルズから出てた時間局物「所は何処、水師営」ともうひとつ
第二次世界大戦物の奴が好きだった。大戦物のラストは「夕映え作戦」
がトラウマになってる30代の自分にとっては、素敵な贈り物って感じかな

10 :SAGA:2001/08/19(日) 01:17
光瀬さんは、ハードボイルドを書く予定だったと、ある編集者から聞いて、あのいぶし銀のような作風に、納得がいきました。私の最高傑作は"シンシア遊水池2450年"です。

11 :ばーがでぃしゅ。:2001/08/19(日) 01:30
やっぱり宇宙年代記シリーズ。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 03:07
宇宙年代記はやるせないよね。

13 :nana-si ◆S0qIRC9I:2001/08/20(月) 01:19
「カビリア四〇一六年」
めずらしく恋の話。せつない。

年代記2chベストを決めてみたりはどでしょか。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 21:48
笙子ちゃんハアハア。。。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 22:22
暁はただ銀色。美文。文学ですよあれは。
宮野理香は『謎の美少女』の元祖。「ああっ、頭痛がするわ・・」
「宇宙のどこかに、地球光の照り返しだけを頼りに暮らしている星がある」
SFというより純文学。

ちなみに、ソノラマ文庫の記念すべき刊行第一冊目。イラストは火星シリーズの人。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:17 ID:W6wUQGrM
宇宙年代記は、最後に主人公が絶望的な状況になって、それでもまだなんとかしようとする・・って話が好きだな。
「幹線水路・・」とか。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/03 05:16 ID:LPk7AJDw
ここで「ロン先生の虫眼鏡」って言ったらどういう反応が返ってくるだろう
いや、マジで好きだったんですけどね。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/04 02:00 ID:FI5wmZ3.
少年チャンピオンの漫画版は読んでたよ。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/13 12:07
ハルキ文庫で復刻された「寛永無明剣」
タイムマシン物はやっぱり光瀬龍だね。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/13 12:57
なかなか盛り上がりませんね
光瀬龍さんは、日本の作家では一番好きなんですが。
やっぱり年代記シリーズがいいかな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 00:33
光瀬龍原作で、竹宮恵子が描いたのがあるのだが、手に入りづらいな。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 00:37
>17
「ロン先生」好きですよ。
理科の先生だったんだよね。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 00:39
育児にかまけて SFから遠ざかってるうちに・・・
亡くなったのも 1年も知らなかった
あんなに 好きだったのに・・・(号泣)

宇宙塵版 派遣軍還る
暁は ただ銀色
夕映え作戦
だから 雨の朝は
でも!やっぱ 百億・・・だなぁ・・うん

24 :短針銃:01/10/16 19:20
質問を2つほど。

●光瀬宇宙史の初期に出てくるリュウ君は
シリーズキャラですか?
●アジア同盟と全アフリカ連合、どっちが勝ったの?

25 :nana-si:01/10/16 19:44
>光瀬宇宙史の初期に出てくるリュウ君
うーん、たぶん違うと思う。同じ名前を使いまわすのは光瀬作品では
よくあるので、キャストシステムと考えた方が宜しかろう。
>どっちが勝ったの?
たぶんうやむやで終わる。覇権を争ってるうちに地球そのものが
太陽系内の覇権争いから脱落して終り。

26 :24:01/10/16 21:10
>>25
どうもです。
リュウ君物?は木星探査に行くやつとか、
「勇者還る」や「出帆旗、宣侯!」が好きです。
個々の統合戦争物はアジア同盟側が勝ってるのが多そうですが
たしかに、結局どうなったかは判らないですね。。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/06 21:30
誰も言わないけど「秘伝 宮本武蔵」は面白いんだよな。
もっと評価されてもいいと思うけど。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/06 23:18
>>9
「紐育、宣候」ね。

「征東都督府」も入れて、日清、日露、太平洋三部作。
架空戦記のハシリですな。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/06 23:35
「たそがれに還る」は如何でしょうか?

30 :光瀬作品:01/11/06 23:53
カナンの荒野の荒寥が、東洋的無常観と結びつく、とても淋しくて、とても美しいSF。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/07 00:31
年代記シリーズには脳移植や電子脳の移植などで情報をインプットされ
自分が誰だかわからなくなってしまうようなお話があるけど、
こういうのはサイバーパンクのはしりとは言わないんでしょうか?

32 :ラルフ0:01/11/07 00:36
3部作は別格として――。
「東キャナル文書」はどうでしょう?
構成がメチャ凝ってて、初読で話の意味がわかった人ってどのくらいいたんだろう?
今となっては物理的にめちゃくちゃですが、クェーサーが実は閉鎖空間で、その中の2個の構成の光が走り回って無数の星のように見える光景というのに痛くしびれたもんです。

33 :ラルフ0:01/11/07 00:39
>>32
構成は恒星のまちがいだ(汗)。

34 : :01/11/07 01:18
光瀬の作品の中で双太陽という言葉が多く出てきて珍しいと思っていたら
最近の観測では殆どの恒星は双太陽らしい、凄いと思った。
私は東キャナル系のさびれた物系が良いです。谷甲州があとにつづくぞ。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/07 01:55
>>21
「アンドロメダストーリーズ」
ですね。
24時間テレビのアニメはイマイチでしたが。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 00:03
「幻影のバラード」は光瀬SFの集大成だと思います。
タイムスリップSFと侵略ものとを合わせた傑作SFです!

37 : :01/11/08 01:04
>>27
同意!チャンバラの描写もいいが、
「実は家康・秀頼は・・・だった」って設定もいい。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 16:38
最近の架空戦記って、書いてる人SF作家じゃないでしょ?
やっぱり光瀬御大のような人のハード歴史SFで仮想戦記は読みたい。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 19:40
歴史物といえば、
光瀬氏の時間局物(笙子ちゃん限定!)と豊田氏のタイムパトロール物
(モンゴルの残光等)はどちらが作品数多いのだろうか?

笙子ちゃんは、ケイ・リーミンと並ぶ光瀬美人?

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 21:17
ある小説で、ヒロインをわざわざ「古くは<暁はただ銀色>の宮野理香が住んでいたあたり」に住まわせている作品がある。
「知らない人は、知らなくてよろしい」と作者が自分から突っ込んでいる。

<たたかう! ニュースキャスター>夏見正隆。ソノラマノベルズから今月復刊。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 22:42
>38
そういう意味では林譲治は光瀬龍の後継者の一人と思えるのだが。
違いは光瀬龍は文明論的で、林譲治は組織論といったところか。

42 :新星拳:01/11/09 20:25
宇宙塵版『派遣軍還る』
今読んでも、少しも古さを感じない。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 22:31
人 うたたに情けありて たそがれに還る。
あまりにも悲しい人類の抵抗が好きだった。そして、
巨大な敵の存在に恐怖した。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 22:42
「五三の桐のメロディー」は、最後の書き下ろしタイムスリップものじゃないでしょうか?
今読めないのは惜しい作品です。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 22:46
作品リストはこちらのURLです。
http://naha.cool.ne.jp/henkyo/henkyo/list1.htm

46 :古参伍長:01/11/10 09:26
「地球人よ、よく聞け
 我々はミツセ龍(ロン)だ」

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 10:28
全集は出ないんでしょうかね。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 20:37
<たそがれに還る>の「青の魚座ベータから石の花座ガンマへ向かう光子宇宙船」
というの、萌えた。秒速十三万キロ。加速を終えると、推進部の大反射鏡が冷却
されて縮んで行く。

49 :ラルフ0:01/11/12 01:56
>>45

リスト見させて頂きました。う〜む。私もけっこうマメに集めていたつもりだったが、けっこう洩らしてるのがあるなぁ。

「闇市の蜃気楼」ってどんな話なんでしょうね。前にSFマガジンのリストにものってたのを見て、注文出してみたけど、入手できませんでした。
non-SFでは、「吹雪の虹」が好きです。これ、本編もいいんですが、徳間文庫版のあとがきがまたいいのです。「青春の痛み」を思い出させる好エッセーだと思います。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 02:05
昔から気になっていたんだが『百億の昼と千億の夜』って、海外(キリスト教圏)に
翻訳されてんのか? 悪魔の詩の事件の時にまずあれが思い浮かんじゃったよ。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 20:02
『百億の昼と千億の夜』傑作だ!キリストが悪者になってんだからすごいよね。
イスラム教圏に翻訳したら大ヒット間違い無し!
ビン・ラディンにも読ませよう。
星野ユキノブも影響受けたんだろうな〜。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 20:07
日本にはキリストというか、「神」と戦うSF多いかも?
海外はどうだろう?

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 21:39
光瀬さんのスゴいところ、ちょっと嫌味なとこっすね。
本人は戦時中UFOらしきものを目撃しているのに、
南山宏さんとの対談で
「君もいい歳なんだから、いいかげんに円盤信じるのやめたら」
的なことを言って、温厚な森さんを怒らせてる。そりゃちょっち
ひどいんでないかい?

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 22:43
「宇宙のツァラトゥストラ」の後書きは
空飛ぶ円盤を信じているみたいな書き方だったけどな。
それとも、戦時中に正体は分からないけれども異形の物を見たというだけなのか。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 00:47
13>カビリア四〇一六年、漏れも好き!

56 :トリフィド:01/11/20 02:59
>>50
キリストやキリスト教が悪の権化というSFは、英米圏でも
いっぱいあるYO!

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 05:16
「神」が人類に悪意を抱いてるってのは日本SFの特色の一つと思ってたーYO!

58 :無名草子さん:01/11/20 08:11
光瀬龍に匹敵する作家は、未だに現れず、と。

59 :nana-si:01/11/20 08:58
禿げしく同井!!

いまだに「百億…」と「果てしなき…」が歴代一位を争ってるってゆうのもなあ。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 23:09
結局、日本SF作家は光瀬龍と小松左京以上の作家を輩出していないと言うことなのでしょうか?

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 23:56
暁はただ銀色と、夕映え作戦はNHK少年ドラマシリーズもなかなか良かった。
NHKは当時高価だったVTRのテープを使いまわししていたので、もう二度
と見ることができない作品だが・・・

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 00:12
百億の〜がゲロ吐きそうなほど読みにくいんですがどうすればスムーズに読むことが出来ますか?

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 08:56
いや、別に無理して読むこたあ無いと思うが。

この感動を分かち合えないのはつくづくかわいそうだとは思うが。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 13:47
笙子お姉さんはちょっと年増美人って感じ。
かもめちゃんのほうが若くて可愛いそう、でも二人とも何千年も生きてるんだよな。

65 :トリフィド:01/11/21 15:32
>>62
萩尾望都版でまず親しんでから挑戦する。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 19:25
>>64
光瀬美人数あれど、あそこまで美しさについて書かれているのは
やはり笙子ちゅわんだけかな〜

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 22:18
筋金入りの光瀬ファンを自負しているが
「百億〜」に関しては漫画版の方が面白いと思う。

68 :nana-si:01/11/22 01:41
そーかなあー?

萩尾ファンだしマンガ版も持ってるがやっぱり小説のほうがいいなぁー。

やはり文字からのイマジネーションのほうが強烈だと思う今日子の語呂。(ことえりナイス!)

69 :67:01/11/22 12:34
>>68
たしかにそれを否定はしません。
しかし、光瀬作品の弱点(歴史を描く上での意図的な手法かもしませんが)と
思われる「キャラ立ち」が萩尾漫画版にはあると思うのです。
本来キャラものであるはずの「猫柳ソウレ」でさえ物足りない・・・

個人的には「たそがれに還る」がベストです。
理由は珍しくキャラが立っているから。

70 :nana-si:01/11/22 23:58
>69
まあ、確かにあしゅらおうのキャラ立ちは尋常じゃ無いが、ある意味
それだけってゆう印象があるなぁ、おれ。

あとやっぱりボリュームが足りない。せめて今の二倍は欲しいところだが。

71 :  :01/11/24 23:30
「百億〜」がマイベスト次点は「たそがれに還る」

72 :トリフィド:01/11/25 03:14
>>67
萩尾版になって、キャラクターに顔が付き、血と肉が付き
奥行きがある人間像になったことについては、大いに賛成
します。

あれはかなり意識してキャラクター造形したよね、萩尾さん。
特にオリオナエなんて、ほとんど名前しかなかったキャラに、
萩尾さんが個性をつけたようなものです。

73 :トリフィド:01/11/25 03:18
ありゃ、72番は69番へのレスポンスね。おまけに下げてるし。
で、

>>70
ボリュームが足りないのは、萩尾版の方ですか? 小説版よりも
ふくらませてあるのですけどね。ま、ディテールを削ってあっ
たりしますけど。
わたしは、萩尾版を小説にしたものを読みたいと思ったりしま
した。

74 :nana-si:01/11/25 04:54
>特にオリオナエなんて、ほとんど名前しかなかったキャラに、
萩尾さんが個性をつけたようなものです。

これには異議あり。アトランティス編、好きなのよ。

75 :hitsuji救助隊2180:01/11/25 09:26
>73
足りないのは小説版のほうでしょう、とゆうか、光瀬先生は天才肌なので
長編は構成がちょっと・・ってことでしょ?でも、宇宙年代記のように
考えれば、各パートともすごいいい。
>74
同意。先に小説を読んでから漫画を読んだときは、出だしちょっとがっかりした。
今から思えば、とっつきやすくするために萩尾さんが苦労してたところ
なんだろうけど。ラストに向けてどんどん盛り上がるし。

蛇足 ちなみに就職試験のとき、一番好きな本に「百億の昼と千億の夜」と
書けなかった私はチキンです。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 16:09
でもさあ、なんでプラトンがオリオナエちゅう名前になるの?
なんか由来があるのかなあ。
たとえば、プラトンの著作に出てくるとかね。

77 :トリフィド:01/11/25 16:15
>>75
あれってけっこう勢いで飛ばしている作品なんだよね。
細部を考えると、意味不明な部分がいろいろあったりして。
たとえば、シッタータがあのタイミングでめざめたのは
なぜかとか(彼らは何を待っていたのか? まるで無意味にお
互いを待っていたみたいだ)、小説版の最初の海の中パート
は何なのかとか、サイボーグ・おりおなえはどういう物体な
のかとか(萩尾版だとなぜかサイボーグ化されていたプラトン
さん?)

こういう考証をした人っているのかな。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 18:41
「紐育 宣候」の中の時間局説明ぺージで「時間管理局の設立にかんしては、
それだけで数千ページを必要とする」ってあるけど、本人は作品化の予定
はあったんだろうか?創作ノートとか残ってたら是非読みたい。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 19:28
>>78
「征東都督府」に成立過程あったような?

80 :nana-si:01/11/26 19:53
>78
そんなこと気にしてたら「猫柳ヨウレ…」なんて読めないぞ!

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 01:19
めちゃ短編なんだけどさぁ・・

レイコ、クレオパトラね

って・・・・おもしろかったなぁ・・・
マイナーすぎ??

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 19:32
>81  そんなことない!  俺もめちゃ好きだぞ。
あと年代記では<流氷1996年>が好きだぞ(本書が手元にないため
タイトル間違いは御免)。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 20:38
ちなみに、セイヤは西の夜と書く、というセイヤという
女性が出てきたのは何という話であっただろう。
その頃、将来自分に女の子が出来たら、西夜という
名前にしようと思っていた。ただ、読みは「さや」の
ほうがいいでしょうね。

とか考えていたら、<さやのいる透視図>とかいう
ビニ本嬢の話が文学賞を取ってしまった。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/05 22:11
>>83
流砂二二一〇年だね。
切ない愛の話に泣けた。

85 :イスカリオテの:01/12/06 04:02
一つと言えば、やっぱ「百億〜」か。
光瀬さんの宇宙ものは、読むとさらさらと砂の音が
聞こえる...。

86 :hitsuji救助隊2180:01/12/09 20:49
>77
亀レスだけど、なんか書かないと終わっちゃいそうなので。
夏コミでGETした「浮遊ふぁんじん 2000年夏増刊号」が特集で
「百億の昼と千億の夜」を載せていた。46ページのコピー本だったが感動した(古い)。

 ほかにもSF系サークルとかで取り上げたところ知りませんか? −−>みなさん

>85
同意。小説としての技術がどうこうでは無く、直接、琴線が鷲づかみになる・・

87 :トリフィド:01/12/09 21:58
>>85
滅びの美だよね、あれは。

88 :あいらら:01/12/18 02:45
年代記シリーズを三年前に読み返していてびびった。
「墓碑銘〜」に刻まれた年号が「1998」だったんだよ……。
アム・コダイとユイ・アフテングリの著作がどうしても読みたくて
身をよじった中学生の頃。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/10 02:33
僕は、かれらアトランティスより
が一番すきです。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/14 15:36
>>89
ヒロインがやられちゃうやつ?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 22:36
>90
で、再生してもらう。

しかし、光瀬龍先生自身は、この手の少年向きが自分の得意ジャンルって言ってたって、
なんかに書かれてたよね。漏れ的には納得いかんが。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/19 23:47
今日、「百億の昼と千億の夜」読了しました。
光瀬龍の作品読むのはこれが始めてでした。

ストーリーではよく分からない点が多かったけど、作中に何度も出てくる
いろんな廃墟のシーンの、なんというか独特の寂寥感がよかった。

>>77
海の中のパート、一体なんだったんだろうか?
あの生き物(のちにサイボーグシッタータに改造される奴)は何だったんだろう?
人間でもないだろうし、魚でもないし…。

93 :阿佐ヶ谷北:02/01/20 03:17
「猫柳ヨウレの冒険」(旧題「宇宙航路」)

初版は萩尾望都さんが表紙かいてます。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/20 10:43
>>92
シッタータが敵(?)に見つからないように、
知能を低下させ、海の底に隠したんじゃないのかな。
時が来たら、自動的に陸上用に改造して地上に行けるように
ある程度ヒトの形を保っておかなきゃならなかったから
魚ニンゲンになちゃったとか。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 01:31
幹線水路二0六一年
このラスト4行に泣いてくれ

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 17:17
水道屋マンセー!

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 17:31
幹線水路は俺も好き。
と言うか、十年以上前に一回読んだだけなのに、話も、ラストのフレーズも、
例の水の断面のシーンも覚えてて、今ビクーリした。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 19:37
ああ!ロン先生のロンは「龍」か!今はじめて気が付いたよ…鬱だし脳

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/28 23:57
 ただ一つ上げよといわれればやはり「百億の昼と千億の夜」。しかし、70年代後半
少年チャンピオンで萩尾望都が漫画化してくれなかったらこれほどポピュラーな存在に
なったかどうか。原作は光瀬ワールドに没入したものでないとわかりにくい。
 おもえばがきデカ全盛時の少年チャンピオンでよくぞ取り上げられたものだ。

 長編では「たそがれに還る」がわかりやすいと思う。「喪われた都市の記録」も悪く
はないがちょっと書き込み不足のような気もする。それに効果をねらったものとはいえ
妙な文字版の組み方をしたのもちょっと抵抗がある。この原点になったといわれる短編
「アンドロメダ・シティ」のほうがずっとおもしろい。

 歴史SFではいろいろあるが短編の「多聞寺討伐」や「化仏往生」が印象的だった。
もう一つあげるとすればジュニア向けにかかれた「夕映え作戦」。

 「派遣軍還る」は宇宙塵版、SFマガジン版ともにあまり好みではないが、光瀬龍と
いう作者を研究するときとても重要な資料になるだろう。
 そうそう、大事なのを忘れていた。火星を舞台にした連作物の「東キャナルシティ」。

 かつて早川や角川でかなりの数が出版されたが今はほとんど絶版だろうなあ……。


100 :はるく:02/01/29 01:08
「喪われた都市の記録」ハードカバー初版帯つき売ってたので思わず買ってしまいました!
マイベストは「異本西遊記」です。

101 :あげよう:02/01/29 11:08
「百億・・」の結末なんだけど、マガジンに連載当時と
のちの単行本では少し違うよね?手元にないので確認で
きないのだけど、転輪王が岩石の中にひそむ地衣類であ
ったっていうのが古いバージョンじゃない?

102 :あいらら:02/01/29 15:46
>101
ええっ、今知った!そんなバージョンがあったの?

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 18:23
>>93
>「猫柳ヨウレの冒険」(旧題「宇宙航路」)
>初版は萩尾望都さんが表紙かいてます。
それは徳間文庫版だけじゃ!


104 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 19:21
>>93
宇宙叙事詩を買いなされ。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/30 13:30
age

106 :あげよう:02/02/01 13:09
>102
古いマガジンを所有している友人にあったって
再確認しました。やはり単行本とは異なります。
1966年、8月号が連載の最終回です。


107 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 23:39
>>101,102,106
>転輪王が岩石の中にひそむ地衣類
 知らんかったなあ・・・ふーむ。
であるとすれば>>99で紹介されている処女作宇宙塵版「派遣軍還る」の影響をひきずっていたこ
とになるね。


108 :トリフィド:02/02/01 23:54
>>99
光瀬作品は、ハルキ文庫から相当数が出ていますよ。
宇宙年代記なんて、初の完全版が組まれたし。

109 :あいらら:02/02/02 04:02
>106
情報ありがとうございます。
とすると、話のオチ(?)そのものも、例のマトリョーシカ構造では
なかったということですかね。
そんな古いマガジン所有の方がいらっしゃるんですね、うらやましいです。
>107
マガジン版の「派遣軍還る」は「百億〜」より後ですよね。
「百億〜」の改訂とはどちらが先なんだろう。商業誌で「派遣軍〜」を
書くことになったので、「百億〜」を書き直したとか?

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/02 07:53
君たちは「山上たつひこ」版阿修羅王を覚えておるかっ!
「萩尾望都のファンがひきつけおこすわっ!」

111 :あげよう:02/02/07 13:32
>109
マトリョーシカ構造(ウマイ!)についてはかわりはありません。
全ての対抗手段を失い、最期の迫った転輪王が阿修羅王に命じて
自らが潜む岩を割らせ、放射線にたたかれて粉末と化して飛散し
てゆく・・・これはこれで忘れられません。
古いマガジンは古書市でよく見かけます。当時の定価が200円、
今はその10倍くらいの値がついているかも知れません。
探してみるつもりです。


112 :ASR:02/02/13 17:02
「百億〜」は私の根本的モノの考え方にも影響を与えた本です。
転倫王が粉末飛散という結末のコミック是非手に入れたいものです。
阿修羅王の強烈な魅力にやられたまま今日に至っている私です。

113 :墓碑銘2007年まであと5年:02/02/14 00:30
「喪われた都市の記録」がダントツ。
全体の構成(最後が最初につながる)や特殊な段組のページがカッコイイ。
バビロンやら何やら古代都市が出てくるのも素敵。
トリップできる。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 01:26
ジュブナイルだけど
小学生のころ読んだ「消えた町」が滅法面白かった。
実家行けばまだあるかなぁ、もう一度読みたいです。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 22:45
>>114
>>ジュブナイルだけど
>>小学生のころ読んだ「消えた町」が滅法面白かった。

なっつかしーーー!!
徳間文庫だよね。
光瀬はジュブナイルの天才!!!
「作戦NACL」好きっ!
「異次元海峡」って光瀬だよね。ありゃあ名作。
「北北東を警戒せよ」は?

116 :あいらら:02/02/14 23:05
では旧バージョンでは、転倫王は、完全に存在が消滅したことに
なるんですね。それはそれでやるせない。そのへんをあいまいに
するために、書き直されたんでしょうかね。>111

ソノラマでどうしても手に入らなかった「夕ばえ作戦」をハルキ文庫で
注文ついでにハルキ文庫版「宇宙年代記」も買いました。
年代順に並んでいるのは一見いいような気がしますが、そうすると
一番最初の話が「シティ0年」…。見た瞬間、のっけからこれはどうなのか、と…。
なんとなく、気分の問題ですが(笑

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/16 19:54
シティ0年、タイトルの年代順からいけば最初だけど
全体の年代記の流れから行くとちょっと前過ぎる気もするね。

百億〜は、ハルキ文庫版ではまた最後少し変っているから
次に漫画出るときは変るのかな?
ストーリィの変更じゃないから変らんかな?

118 ::02/02/17 00:10
ぬ? ハルキ版百億は出てたっけか?

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/17 03:03
百億〜も宇宙年代記も大好きですが、あえて「たそがれに還る」です。
「わたしは人間ですよ。そう教えられてきた」(だっけ?)にはやられたと思った。
最近では、ハルキ文庫で初めて読んだ「猫柳ヨウレ」シリーズが
非常に笑えた。「宇宙年代記」と同じ作者なのが凄い、というか目うろこでした。
おすすめです〜

120 :117:02/02/17 18:11
>>118
ハヤカワでしたね。スマソ。

このラスト追加とあとがきが光瀬氏最後の仕事かな〜とも思ったり
するんですがどうでしょ。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 00:55
>120
西遊記ものはダメだとおっしゃる・・・・
猫柳ヨウレもの好きなので僕はあれも好きですが。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/18 01:00
なんかさ、多分、誰も書かないと思うけど、光瀬龍の丸に載った戦記物SFが面白かったなよ。
ビキニの原爆実験で沈んだ筈の長門が実はネオナチに接収されて・・・
という筋だった。


123 :117:02/02/18 06:25
>>121
あっ、百億は最近のやつね。
ラストにさらに数行追加のものです。

最後の仕事はなんでしょうね?過去ログにあった作品リスト見ても
判らないし。。。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 00:13
すみません、スレ違いは承知の上ですが...

女性の調査員が主人公で、次々に死に絶えた宇宙基地のようなところを
回るのですが、最後にはその女性自身が過去には政府に対する反逆者で、
捉えられて調査員にさせられていたことが仄めかされる...
というような短編集をどなたかご存知ないでしょうか?

全体的に、どうしようもなく非情で絶望的な雰囲気で、
かつ女性調査員はサイボーグだったりしたので、
多分光瀬先生の作品ではないかと思うのですが、わかりません。

子供の頃読んだのですが、もう一度読みたいのです。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示下さい。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 00:44
>>124
こちらにもどうぞ↓

この作品のタイトルが知りたい!
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/998962706/l50

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 05:57
>>124
オーロラの消えぬ間に
かな?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/20 13:06
>>124
126で答え出てるけど、主人公がリトルバラだっけ。
宇宙年代記と似た宇宙だけど、作者の初期に書かれて典雅&オープンエンドな
年代記と比べて、これや「錆びた銀河」は行き詰まり感が強いですね。

128 :あいらら:02/02/20 15:39
「銹た銀河」は「フサ」が女だったので驚いた記憶が。
フサ…フサギコ!?

西遊記、最近読みました。悟浄がかわいい。光瀬氏の、一人称が
「わたい」のキャラってかわいいですねえ。
悟空たちにかけられたバーチャルリアリティの術(?)を解くのが
「アシュラ」だったのが、「百億〜」での「認識は、情報処理の結果の
一つに過ぎない」というあしゅらおうのセリフを思い出して
ちょっと感慨深かったです。

129 :124:02/02/21 00:00
>125,126,127
すみません、おとなげないと思いつつ誘惑に負けて書いてしまいました。
「オーロラの消えぬ間に」探してみます!ありがとうございました。


130 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 01:25
「錆びた銀河」、あとがきがかっこよくて好きです。
話も、まあ、好きですが。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/23 15:04
「その花を見るな!」とか大好きだったんですけど…
小学校か中学校の頃…。
眉村とか豊田とか手当たり次第に読んでた時代だな…。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 23:41
偶然このスレを見つけたので、今更ですがカキコします。
No.1『百億の昼と千億の夜』…あしゅらおう萌え〜
No.2『暁はただ銀色』…タイトルに惹かれたけど、中身も完成度の高いジュブナイル
No.3『喪われた都市の記憶』…”何でも作れる機械”のくだりは背筋が震えた
それにしても皆さんお好きですねぇ…。


133 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/07 01:03
重箱の隅つつく話のような気もしますが(でもファンは気づいて当然?)、
「SFマガジン版派遣軍還る」の序章!!!の星間文明史で(ハードカバーだとP40
文庫は手元にないので、わかりません)、「たそがれに還る」の件が言及されて
ますよね。これ読んだとき、おおぅと思ったもんです。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/09 03:21
「かれら星雲より」のフサと「火星人の道(i,ii)」のフサって同一人物か?
「銹た銀河」のフサは女だから違うけど……。

135 :西キャナル市民:02/03/16 13:01
「オホーツク2017年」
気がつきゃもうすぐだったりする…

136 :"シ":02/03/16 16:20
久しぶりに全部まとめて読み返してみたいなあ。
むかし光瀬龍のジュブナイルSFを集めてたことがあって、
朝日ソノラマや他のどっかから出てる文庫をあさりまくったんだけど
(『あばよ! 明日の由紀』とか)
夕映え作戦だけみつからなくて、角川文庫版を見つけたときは
実に嬉しかったなあ。
読んでてどんどん暗くなるのでSFマガジン版より宇宙塵版の
『派遣軍還る』がいいと思います。ケイ・リーミンは七瀬とならぶ日本SFの
ヒロインだ。


137 :西キャナル市民:02/03/16 19:03
いやー、やっぱ時間局の笙子ネーサンでしょー
「征東都督府」
敵を追い詰めると人格豹変するし…

138 :流れ星のバラード:02/03/17 17:11
ショック!!笙子ちゅわんに子供が!!

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 02:58
To "シ" さん

俺は、133&134だけど、>>136
>>読んでてどんどん暗くなるのでSFマガジン版より宇宙塵版の
>>『派遣軍還る』がいいと思います。ケイ・リーミンは七瀬とならぶ日本SFの
>>ヒロインだ。

は、禿同!!
SFマガジン版のリーミンは何か違う……と思ってたら、サイボーグですらないんだもんなぁ。
ほんとラストまで落ち込ませてくれました。

To >>138流れ星のバラードさん
あの子って実子でしたっけ? 忘れてしまった……。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 16:33
たそがれに還るも百億の昼と千億の夜も優れた作品だけど、どうにも
ファン以外が読むと龍頭蛇尾な気が…

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/30 04:30
>>140
>たそがれに還るも百億の昼と千億の夜も優れた作品だけど、どうにも
>ファン以外が読むと龍頭蛇尾な気が…

そうかな?
「たそがれに還る」は、完成度という意味では、最も高い作品だと思う。
「百億……」は、確かに中盤〜後半にかけて、やや書きこみ不足の感は否めず、
「たそがれに還る」より完成度という点では劣るかも。でも、龍頭蛇尾ってのは
ちょいと違う。第8章(最終章)の後半の凄さは、古今東西のSFの中にも匹敵
するものはそうそうない。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/30 04:32
キオスクに光瀬さんの本があったんでびっくりして衝動買いしてしまった。
本は「

143 :あいらら:02/03/30 09:24
>>142
「本は」何なんだ!?
気になるじゃないか!何がキオスクに置いてあったのか!?

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/30 10:35
え!し!ほ!

145 :142:02/03/31 03:58
ありゃ??肝心の書名が書き込まれてなかった。スマソ。
本は「宮本武蔵」。広済堂文庫、819円。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/03 23:42
>>141
>「たそがれに還る」は、完成度という意味では、最も高い作品だと思う。
>「百億……」は、確かに中盤〜後半にかけて、やや書きこみ不足の感は否めず、
>「たそがれに還る」より完成度という点では劣るかも。
 全面的に賛成いたします。ただ、萩尾望都が百億の昼と千億の夜を漫画家化し
てくれなかったら、光瀬ワールドを知ることはなかったかもしれません。百億の
昼と千億の夜は、はじめて読む人にとっては第1章の「影絵の海」は読みづらい
と思います。
------------------
※忘れがたい表現
●百億の昼と千億の夜
 導入部の天地創造を描いた序章全体。地球の誕生、生命の発展・・・すべてが感動的である。

●たそがれに還る
「どうして石と語ることができようか。彼らも同じようにまた言うだろう、風と手を結ぶにはどうしたらよいのかと」





147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 00:02
「たそがれに」は終わり方がカコイイ

148 :"シ":02/04/05 01:27
宇宙航路がハルキ文庫から出てるなー
たとえヘロインやってようと角川春樹を応援するぞー

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 02:30
「喪われた都市の記録」は、三回くらい読んでようやくぐるぐる繰り返していることがわかりました。
こんな私はイッテヨシですか?

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/05 19:13
>>149
千度繰り返して否。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 00:49
>>146
>>ただ、萩尾望都が百億の昼と千億の夜を漫画家化してくれなかったら、
>>光瀬ワールドを知ることはなかったかもしれません。

141だけど、俺もきっかけは萩尾望都のマンガだった。まだガキだったけど、
妙にあのマンガにとりつかれた。そんで、まず原作者の光瀬龍にハマって、
萩尾望都には2年くらい遅れてハマった。

>>百億の昼と千億の夜は、はじめて読む人にとっては第1章の「影絵の海」は読みづらい
>>と思います。

そうだね。光瀬氏はひじょうに視覚的表現をするもんだから、文章が表現している
光景をきちんと頭の中に作りながら読まないと、たちまちわからなくなってしまう。
これは、欠点ではなくて、長所だと思ってるけど。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 07:45
>>148
コカインだよ

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 01:26
どっちでもいいよー

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/14 18:46
モウコジャコウソウから取った例のやつか?

155 :初心者マーク:02/04/19 00:11
アンドロメダ・ストーリーズって、原作は単行本になっていますか?
教えて君でスマソ。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 00:31
>>155
あれも割と嫌な作品だよね。暗い。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 12:51
厨房時代にこの人の宇宙年代記と
半村良の石の血脈の出会わなかったら
今どんな人間になっていたろうか。
というわけで「シティ0年」に一票。

158 :あいらら:02/04/19 16:44
>157
「シティ0年」で成長したというのも、結構すごいものが(笑
自分は萩尾版百億から入ったせいもあって、「宇宙叙事詩」がバイブル。
今でも、暗誦できるほど覚えている箇所が山ほどある。

そして 誰かのために覚えていることも 誰かのために忘れていることも
今は遠く 夜の果てに棄てよう

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:05
「シティ0年」は初読のときむちゃくちゃこわかった・・・
今もそこらの凡百のホラーより数段おそろしい・・・

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 07:55
なぜ0年?

161 :あ〜、もう!琴線ぶるぶる:02/04/21 12:09
あ〜、「たそがれに還る」「失われた都市の記録」「百億の昼と千億の夜」
読みたくなっちまったよ〜  何とかしてくれ!!
ハルキ文庫で出てるの?  いますぐ本屋に走る。

光瀬は、とにかく設定&描写が萌え萌え。急所にグサ!と 来ますね。
竜頭蛇尾とか設定が、、、とか、もうどうでも良くなってくる。

そのあたり、ちょっと違うけど、松本零士なんかと似たところがある。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 23:15
>>161
百億だけはハルキ文庫じゃなくてハヤカワなので注意のこと。

・・・シロウズ萌え。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 01:49
たそがれに還るのラストって結局どういう意味なのか
いまだに分からない、
中盤に挿入されてる「宇宙が膨張してその果て
云々」っていう科学的考察が答えなの?



164 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 06:39
人知を超えたものを語ることはできない

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 20:16
>>163
探査基地の爆発した残骸?

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 22:14
ブクオフで魔道士リーリリの冒険を買った。
おもしろかった。


167 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 23:04
黄昏に還る買ってきたぜ
連休中に読むぜよ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)