5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

平井和正を糾弾するスレ

1 :百地:01/09/05 19:03 ID:s/ZMQKn.
 ・「予言」は当っても「約束」は守らない。(何度、「これ書きます。
あれやります」の言葉にだまされたか!)
 ・都合の悪い過去は無視したり、すりかえたりする( 幻魔がカルト批判
なのは確かだが、必要以上に現存する宗教の教義を書き込んでそれがオウム
のバイブルになったのは事実。それに対する反省なし。 リアル犬神明、あんだけ
入れ揚げたくせにいまじゃさらっつと流して済まそうとする。地球樹、「これは過去に書いた
小説のリメイクでなく、過去の作品の方が未来の作品を垣間見てできてしまったものなのだ」
と発言してたが実際書き終えるとまるで別物なので後に「過去の作品をもとに」と訂正
・煽りと切り捨て  高橋佳子、リアル犬神、玉置山等、自分が熱中してるときは散々「本物だ!」と
あおる癖に興味がなくなると冷たく切り捨てる。個人的なものなら構わないが作家とは
自信がゆうとうり「巨大な波動使い」でその影響も多い。人生狂った人も多いはずだ。この人マスコミの
影響とかにはうるさいのに自分に対してはあまり自覚が無い。今また「メガビタミン」にいれあげてるが
同じ不幸を繰り返そうとしている。

 他、まだまだあるが、この無責任作家をあらためて糾弾したい!

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 19:34 ID:mu3ZsobI
キチガイなんだから、大目にみてやれ。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 23:16 ID:CqMOmXtA

>・都合の悪い過去は無視したり、すりかえたりする( 幻魔がカルト批判
>なのは確かだが、必要以上に現存する宗教の教義を書き込んでそれがオウム
>のバイブルになったのは事実。それに対する反省なし。 リアル犬神明、あんだけ

それは平井和正のせいじゃないだろう。
反省求めてどーすんだ?

それより、幻魔にはまった奴って「太陽の法」に対する耐性は
どうだったんだろう?

俺は完全に抗体出来てたんで問題なかったが。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 23:35 ID:BwW0HKTk
まあ1のゆうことはもっともだけどさ。
おれはそんなのにはまった厨房だった自分が悪いと今は反省している

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 23:55 ID:D3niEbuM
それより何故1がそんなにムキになってるのかその理由が気になるが。
うっかり○○○に入ってしまいひどい目に遭ったとか、オカルト信仰
が挫折して突如責任を他者に転嫁したとか。もちろんこれはたとえだ
けどね。ホントのところはどうよ。>1

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/06 00:06 ID:/bbmPI5Q
公式サイトでやれば?匿名掲示板なんかじゃなくて。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/06 01:04 ID:6th0tkas
> 「太陽の法」に対する耐性はどうだったんだろう?
> 俺は完全に抗体出来てたんで問題なかったが。

同じく。

8 :トリフィド:01/09/06 01:16 ID:x2lPwJz6
>> 5
本棚を見ると平井和正の本の山があって、泣くに泣けないとか。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 01:08
これだけで沈んじゃうの?つまんね。ネタだったのかな>1

10 :百地:01/09/08 12:56
1です。> 本棚を見ると平井和正の本の山があって、泣くに泣けないとか
それもあります。 オカルト信仰。うんあった。玉置山にも登って同類の信者に
えらい目にあったのもある。
 けど一番いきどおりを感じるのが高橋佳子氏のこと。長編エッセイで「人間として
非常に魅力はあるが、考え方がちがうので袂をわかった。でも尊敬はしている」みたいな
書き方をしていた。感動した。高橋氏にも興味を抱いたので000にもいってみた。
教団はどうも集う人が偽善ぽかったので参加しなかったが、書籍は買った。その当時はもう
オカルトめいたことはあまりいわずに、まっとうに生きるための指針を説いていた。
多少幻滅したのは確かだが、それこそまっとうな事をいってるのでしみじみと読んだ。
ああ、平井はこの辺にひかれたのかと納得した。
 ところが数年後、彼女への評価を「冷静になれるまで棚上げ」していた平井が、あとがき
で突如「棚卸し」をした。
 それはひどいものだった。仮にもかつて師とあおいだ人間を「カリスマ」と言い捨て
暴露話を披露し、蔑むような書き方をした。ゆるせなかった。エッセイ内で当時の彼女の批判者
に対し「自分だけは違う」みたいな物言いをしていたが、当時か今かのちがいだけで結局平井も
同じような蔑むような批判をしたのだ。信じられなかった。
 そして平井の過去のいいかげんな言動をファンとしてゆるしていたが、それも正されるべきだと
思った。以上 糾弾スレ作成の理由である。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 13:08
10=DQN

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 02:34
「悪徳学園」あたりの
「甘っちょろい博愛主義は通じねえんだよ。
 やるかやられるかだ。お前は戦えるか?ん??」
という熱い煽りを受けた奴の心のもって行き場は?

こういうスレ立てても何か状況が変るわけじゃないが、
「なんだよあのオヤジはよお!」と一言言いたい元ファンは多いと思うぞ。
もちろん最近の平井が好きな人もいるだろうし、
どっちがいいかという議論も不毛だと思うが。
あくまでオールド平井ファンの叫びスレとしてあってもいいい。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 03:39
円熟した平井和正なんて、コンビニにたむろする凶悪なガキどもに
袋だたきにされちまえばいい。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 03:44
ASCIIから出てたリニューアルの幻魔を3巻まで買って面白そうだと思い、
中古屋で昔の本を全て買ってきて実際読んで愕然とした俺は一体どうしたら
良いんだ!
展開が変なんだよ!

15 :14:01/09/09 03:45
まぁ、昔の話なんだけどね。

16 :同情するなあ:01/09/09 08:38
作家って大なり小なり(作家でなくてもそうだが)狂的な部分あるからなあ。
それをいかに自分でコントロールできるか。出来る人のほうが少ない。
いわば世界を神の立場で操っていくわけでしょ、世の中は自分の思い通りに
かえられる、なんとことを思いはじめる。で、思い通りに行かないと
「世の中まちがっている」「もっと別の、真の世界があるはずだ」
作家の場合、著作で「発散」できるのですけど、スランプになったりして
書けなくなると悲惨になるみたい。
平井先生も繊細な人だったし、のめるこむこともあったけど、
今は「回復」しつつあるのでは。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 09:13
回復したってしばらくしたらまた別のネタ見つけてのぼせあがるんでしょ、この先生。
もう昔ほどネームバリューはないし、みんな免疫ついてると思うからいいんじゃない。

18 :一応。:01/09/09 09:46
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=999633712&ls=50

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 12:07
トンデモのなかでもわざわざB級なやつに入れ込むね、次々と。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 12:31
幻魔大戦はリアルタイムで読んでたが、たしかにあれは大いに嵌った。
(嵌る奴はほんとに嵌る作品だ。だから19の言葉はあたっていない。
平井はトンデモであったとしても超A級の筆力の持ち主だ)
おれは田舎だったから高橋の教団にも行かなかったが(情報もなかった)、
都会だったら講演会くらいは確実に行ってたろうな。

でもなあ、所詮作家って無責任なもんなんだと思うよ、平井にかぎらず。
小説だけ読んで各々勝手に感じとって、エッセイ等は無視するのが
この人の場合よい対処方かも、などど思ったりする。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 12:43
平井自身が入れ込む対象がトンデモの中でもB級だと
言ったのであって、平井の書いたものがトンデモ本と
してどうだと言った訳ではありませんがね。

>嵌る奴はほんとに嵌る作品だ。だから19の言葉はあた
>っていない。 平井はトンデモであったとしても超A
>級の筆力の持ち主だ

非論理的ですね。平井ファン的でもあるのかも知れま
せんが。 彼の筆力でガラクタが価値あるものに見え
る人も居るということでしょう。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 12:48
>彼の筆力でガラクタが価値あるものに見える人も居るということでしょう。

だからその筆力を超A級と評してるんだが何か?

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 13:07
トンデモの中でもB級なものに次々に引っ掛かるという事象
が、彼の作家としての筆力が優れていることによって否定さ
れる、とでも仰りたげな御様子でしたが?

>嵌る奴はほんとに嵌る作品だ。だから19の言葉はあた
>っていない。 平井はトンデモであったとしても超A
>級の筆力の持ち主だ

なにが、「だから」なのですかね?

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 14:19
>>10
「人生最大の師」などと持ち上げても「だからあなたも信じなさい」とは一言も言っ
ていないのだから、木乃伊とりが木乃伊になったとしてもそれは読者の責任でしょう。
かつては信仰心のごときパトスを抱いた愛読者が一転して糾弾。これって作者がかの
教祖を批判した感情的動機とそっくりのようですが。
オレに関して言えば、高校大学の間、平井和正と筒井康隆にずっととり憑かれていて、
そのために一般的な社会性を喪失した”被害”は受けたが、同時に宗教やイデオロギー
に染まらずにすんだという”効用”もあったので今更糾弾する気にはなれないですね。
正されるべきとは具体的にどうすべきだと?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 14:40
そうだな、24は大人だな
>オレに関して言えば、高校大学の間、平井和正と筒井康隆にずっととり憑かれていて、
そのために一般的な社会性を喪失した”被害”は受けたが

おれとそっくりじゃん(藁

こういう人同世代に結構多そうだねえ

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:07
>>23
1.「ガラクタを価値あるものに見せる」という芸当には大変な筆力が必要だ。
2.「だから」「トンデモの中でもB級の」ガラクタに多くの読者を「嵌めた」筆力は超A級だろう。
>>22は言っているのだと思われ。

むしろ>>23の方が
彼の作家としての筆力が優れていることが、
トンデモの中でもB級なものに次々に引っ掛かるという事象
によって否定される、とでも仰りたげな御様子ですな(藁。

27 :若造:01/09/09 17:13
本ってのは残るものさ。
変節前の平井に打たれた「オールド平井ファン」が、
平井と歩みをともにした昭和世代ばかりとは限らない。
漏れはゾンビー・ハンターシリーズと最近のやつを同時に買ってしまい、
「多彩な表現のできる作家だな」と素直に感心してた(笑)。
あんまり多彩すぎるのでおかしいなと思ってたらそういう事だったのさ。

28 :若造:01/09/09 17:19
あと、と学会が五島の起こしたノストラブームについて
「信じるほうが悪い」と断罪していたけど、
あの手の発言はキメ科白を吐きたい欲求の産物に思われるのさ。
どういおうと、平井の変節は読者に対して一種の不義だと思われる俺には、
なびいた読者の自己責任の事より、平井自身の病理を晒してほしいのさ。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:21
>変節前の平井

そうなんだけど変節が多すぎるんだよにゃー

30 :若造:01/09/09 17:24
蛇足だけど、みなもとたろうって漫画家がいるのさ。
ホモホモセブンというセンスのいいマンガ描いていたらしいが、
最近こともあろうに炉理路利なアニメ絵でやっているらしいのさ。
旧世代の生き残り戦略というか、喰っていかねばならない事情は
わかってあげたいと思うのさ。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:31
自分の宗教的信念でやっている作家も多いし、
劇的な変節をとげる作家もいる。
そういう生きざま自体がひとつのドラマというか。
だからそれだけで平井をどうこういうつもりはないが、
変節した先が、なんだか地に足のつかないニューエイジ系ってのが。
かつての平井作品から「こーいうのに騙されるなよ!」という
メッセージを勝手に読んでいた俺が悪いんだな。悪かったな。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:47
なんかアガってるな。

歳がバレるから詳しくは言わないが、元ドキュソだったおれには、
>12の言う「煽り」は生っちょろかったな。しょせん座って文書いているやつの
ファンタジーというか。
平井和正が暴れん坊でナイフで決闘したという話を知ったときも
「上等だ勝負しろやゴルァ!」としか思わなかったし。ドキュソだったのですまんな。
まああれだよ、おれが所属していた単車ツーリング団体のOBもそうだけど、
若い頃フカシまくっていた人ほど、歳とると宗教やったり、
人生哲学構築したりするもんだ。
だから、かつての平井ファンは諦めなさい(藁

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:52
人類=ダメ

=========ということで終了 =========

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 17:58
>円熟した平井和正なんて、コンビニにたむろする凶悪なガキどもに
>袋だたきにされちまえばいい。

それでもっぺんハングリーになってもらいたいね〜。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 18:06
君の悲しみはつまり、愛し抜いた女の、
実は高潔でもなく気高くもない素顔を知ってしまった青年の悲しみだ。
泣きながら先の見えない夜道をどこまでも走っていくがよい。
愛して止まなかった平井への思いは星空に捨ててしまえ。
そうして明日のヴァイオレンス作家になるがよい。

文壇では大薮春彦のポストが空いているのだから。

なんつって(笑

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 18:11
このスレに書き込んでる人は、
当然平井氏のめぞん一刻論は読んでるんだろうな?

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 18:38
読んですっかり忘れた

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 19:14
読者への責任だの不義だのと言っても、それによって作者が自分の信ずるところを
変更したら、そんな優柔不断こそ読者は許さないでしょうに。
「T山に登って神道の世界観に変更したいんだけど、かつての読者に悪いからけいこ
せんせいを信奉しつづけます」
んな情けない作家にイカれる読者がどれだけ出てくるのか大いに疑問ですな。
今信じているものが絶対だと信じつづける作家の極端さをこそ、読者は愛好している
のだと思ってたが。。。
「あんたが言うから神や終末観を信仰していたのに、そんなことにはならなかったじゃ
ないか。どうしてくれるんだ。責任とれ」
これに女々しさを感じるのは俺だけ?

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 19:28
だいたい、変節だの不義だの失礼じゃないか。
高次のステージに進化したと言いなさいw

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 19:29
>>38
だからこそ、おおかたのファンに見捨てられた訳じゃん。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 19:44
娯楽小説に人生変わるほど嵌れるか?
痛い奴多すぎ。

42 :23:01/09/09 20:34
>>26
言い方が悪かったですね。ベクトルの違う問題を持ち出してメ
タ視したような物言いをする人が不快だっただけです。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 20:37
38へ
キミが例え現役の熱心なファンであったとしてもさ、
まじめにひらりんのお言葉を信じてしまい傷ついた
かつての愛読者を「女々しい」とか言わんどいてよ。
悲しいよ。

1へ
あなたの憤激が理不尽でないことは、40の言うように
ほとんどのファンを失ったことが証明している。今後、
ひらりんが「言霊」力を発揮するのは、小説だけにし
て欲しいですな。

41へ
それだけの「魔力」があるから、かつての平井作品は
他の作家の小説とは隔絶した唯一無二の代物だったの
だよ。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 20:50
てえか「最近の平井変じゃない?」って妥当な意見だよ。
そう逝っただけで狂信ファンみたいな扱いする奴ってなんかヘンじゃない?

45 :ここも...:01/09/09 20:53
所詮、平井はあくまでネタで、
膠着、粘着、撃破したがりな厨の集いな訳か...

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 21:04
ある時期の平井は大藪以上に大藪的だった…。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 21:09
大薮はあくまでサディズムだからね。
平井の一見サディズムなものって、
正義感とか義憤の裏返しというバックグラウンドがあったように思う。
それだけに、過度期のゾンビーハンターなどは、
特に前半の描写などキレまくりで恐かった。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 21:12
そういえば、ゾンビーハンター2巻(日本が舞台の)の
苦いどんでん返し、割り切れなさはそのまま、
暴力平井から宗教平井への転換の苦しみみたいなものがほの見えて
興味深いのだがどうだろう。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 21:33
まあ、ここまで変転が激しい作風の作家だと死後にならないと一定の評価はできないかもしれない。
死後、文学史やSF史に残っていればだが。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 23:37
>>44
月光以降は読んでないから知らないけど、最近のひらりん、どう変なの?
求む解説。別に44が答えなくてもいいけど。

51 :K・パパ:01/09/10 00:38
うーん。中学生の時「イジメ」にあっていて、「狼の紋章」に出会えて、
生き延びられた、と思っている私にとって、ま、生きているのが幸か不幸か、
という問題は別として、一応、平井和正は命の恩人なわけです。
ここで、「変節」という言葉が度々使われましたが、「変節」と「回心」は
どう見分ければよいのか。これは平井氏自身が提議されている設問ですね。
平井氏自身が述べているように、彼は今までも、そしてこれからも
自身の「作家的良心」を裏切ることなく、作品発表を含めた、作家活動を
続けていくのでしょう。(これだけは信じられる)
私としては、この進化(変節?)し続ける魅力的な作家を、
ちょっと眉にツバつけながらも、これからもずっと、追いかけていくつもりです。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 01:09
>>51
変節と回心(改心?)は主観的かつ相対的な問題でしかないでしょうね。
当人にとっては回心でしかあり得ず、それが気に入らない読者にとっては
変節となる訳で。つまりどっちでもいいんですが、平井和正がいかに変節
しているように見えようと、今も昔も一貫して変わらないコア、それは常
に己の「作家的良心」に忠実でありつづけてきたことでしょう。
出版不況下で本を売るために、読者に媚びた駄作を書き散らすようになっ
たとすれば、それが真の「変節」であり作家としての死を意味するものだ
と思います。
と言いつつ、もう6年読んでないか・・・ もはや遠い日の思い出になっ
てしまったのが少々せつなかったりする。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 01:55
読者にこびるというか、
「オジサン、恐い話ばっかり書いてたけどこんな話も書けるんだよ♪」
という、アニメ世代への不器用なアピールのような気がする私も狂信ファン?

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 02:29
どうかなあ。
平井って結構シュブナイル風というか、
少なくとも中年世代に向けて書いてはいなかったのは確か。
超革中書いたり茶目っけのある性格だし、
いわいるポストサブカルチャー世代...ヲタク世代...の文化が成熟していくのを見て
是非参入したくなった、それくらいの動機じゃないのかな。
年齢や、もともと濃い性格を考えれば少し転向が不器用だったのは
許されていいのでは。

と、状況的には「怨み」は感じないんだが。

ただし、個人的には最近の平井作品は純粋に肌に合わない。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 04:04
常に若い世代に向けて書いてきたと思っていましたが。
幻魔大戦の導入部1〜3巻でも、はっきり言及されてますし。
月光も単にこれだけ切り取って考えるのではなく、ボヘミアン
からの流れで見れば、うなづけるのでは。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 12:34
あの歳でオレンジロードに感激できるのは凄いね…。
青春とは心の若さなんだね。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 17:22
讃美もキモいです。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 18:05
>青春とは心の若さなんだね。

吐瀉してきていいデスか?

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 19:51
で、平井和正は
まどかたん派なのか?
それともひかるたん派?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 22:36
↑やめれ

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 22:54
ひらりんの物語には、ストイックな究極の恋があった。
おいらはそいつを信じて、フツーの恋が30年間できなかった。
(飛来すと、究極の被害よのお)
ボヘミアンガラスストリートを読んで、恋をしてもいいのかーと
思い、よーやく恋人ができた。
これは、ひらりんの変節の賜物であろーか。
ボヘミアンはホントおすすめ。
恋愛のヒケツがわかる本。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 23:11
「狼は鳴かず、じゃなかったんですか?。」
「末世になれば狼も…(泣)」

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/10 23:37
もう一回ころぶと思うよ、このオヤジ

64 :56:01/09/11 01:45
いちおう皮肉のつもりだったんですが…。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 05:53
>>61
すいません、あのーもしかして30年間どーてー?

>ボヘミアンはホントおすすめ。
>恋愛のヒケツがわかる本。

もうオヤジのオレにはそんなこといわれてもいまいち購読意欲が・・・
月光よりまし?

66 :総花学会:01/09/11 09:23
>>62

上人様はその様な事は申されませぬ。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 17:52
「私が犬神明に会った、と言ったらあなたは信じるだろうか?」
平井のこの手の発言を読んで最初に思ったのは
ウソとかトンデモとか、ではなく、
啓発セミナーの無茶な命題みたいだなと。
おりしもセミナー流行の時期で、はまってしった友人を
脱会させようと説得中だったので余計そう思えたのかも。
後に平井ニューエイジ化のバックグラウンドを知って
あながち間違いでもなかったのを知った。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 18:02
>1の理屈でいくと平井以外に何人糾弾しなきゃいかんのだろ。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 18:05
けっこういるよな。

70 :犬神明:01/09/11 18:13
>67
嗅覚と超感覚は結びついていて、悪党からは悪のにおいがする。
平井が俺に持たせた属性。
一時の平井からは清らかで高次元な浮かれた臭いがしたが、
最近は肥沃なオタク市場に食い付こうとする臭いしかしないので安心しろよ。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 18:55
>>67
ひらりん個人を特定して
害悪とは言えないかも知れないが、
W栗本が転んだりしたあの現象、あの方向に染まっていたのは
疑いようもない。
ああいうムーブメントが深刻な弊害ばかり生んでしまったことについて
ひらりんはどう思っているのだろう。言及しているのかな?

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 20:42
次は、CCさくらに転ぶとみた。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 21:47
エヴァには、はまってたんか? この人

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 23:49
栗本が転んだりしたあの現象…ってなに?

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 08:48
チャネラー関係?

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 15:58
>>1
たかが小説を数冊読んだだけで
人生が狂うような奴は何をやってもだめだろ。

むしろ責任転嫁できる対象ができてよかったんじゃないか?
俺はわるくない、悪いのは平井だって自分をごまかせるからな。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 17:57
擁護派っているんだねえ。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 18:06
>76
これはイカンと思うものを糾弾することが、
人生の狂った者のタワ事と断定できる根拠は何か
そもそも、1はただそれだけの事を言っているに過ぎないのに、
人生云々と結び付けてしまう人が後を断たないのはなぜか。
自分が人生かけちゃってるから他人もそうだと自然に思い込んでいる(笑)

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 18:10
平井がものすごく気にいらない!
スレ立てちゃえ!

これでスレ立てて長文を書いた1を、やり過ぎと見るのは自由。
「こいつ、人生かけてる」と思うのは、思うやつの世界と器小さすぎ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 22:50
今回のテロ事件も幻魔かいてた頃だったら、幻魔の波動のせいにすんだろうなあ。
テロを喜んでるパレスチナゲリラとかも幻魔。

おれが思うに「煙草は幻魔の化身なのだ!」とかいうエッセイ書いた頃から
?になってこなかった?(煙草のこと比喩じゃなくて本気にそう思ってそうな
筆使いだったんだもん)

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 07:17
これ以上ややこしくしたくないのでどことは書かないが、
某オカルト系の板で、案の定、米側が敢えて先制攻撃をさせたとか
ペンタゴンの結界が破れてどうのとか、妄想陰謀論が花盛っている。
自分の家族がビルの下敷きになってもこんな事言うのかな。
ビリーバーって無神経だから嫌い。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 11:51
人は本質的に呪縛を恐れるのだと思う。
何かに夢中になるのはいい。
だけど夢中になりすぎると、ふいに
ゆり戻しがやって来る。
おれは、こんなものを信じていいのか? と。
心が自由を求めるのだ。
その結果、それまで信じていたものを
今度は糾弾することになる。
1も、そう。
平井も、そう。
みんな、同じ。

83 :ハルマゲドン接近?:01/09/13 16:09
作品を読んで人生観(それがどんなもんであれ)が変わるのは読者の勝手。
作品の変貌も作者の自由であってどちらもよくあること。
 問題は作家がフィクションでの感動を”後ろ盾”にして、それこそ「空想と現実
の区別もつかないキXXイ話」を世間に広めたことだろう。小説だけエッセイだけって
風ならこんなに被害?は出なかったはず。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 17:57
だな。ある時期から平井作品の感動は
目的ではなく手段になり下がったような気がする。
平井が示したがっているもんに興味ない。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 21:39
??よくわからない…。もう少し具体的に説明して。>84

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 21:57
角川幻魔はシュミレーション小説としての要素を持っていたと思うのね。
平井自身が関わった団体との複雑なジレンマ、葛藤、リアリティ、理想、
幻滅。一見リアルな設定の中で、実在のモデルを読者に想像させながら、
展開された巨大な虚構。物語にまどわされた読者は大勢いたはず。
小説の書き方としては、大変危険な手法だ。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 22:09
>>86
どうでもいいが「シュミ」→「シミュ」

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 22:11
>>86
だけどさあ、平井は途中までたぶん意識的にバランス感覚として
高橋の教団はモデルではないってコメントしながら書いてたでしょ。
そのバランス感覚は正しかったと思う。
それが高橋を全面におしだして、明らかにモデル小説のていをようしはじめた
頃から徐々に彼のバランス感覚がおかしくなっていったと思う。
それでも「幻魔大戦」という小説自体は、成立過程を無視して作品だけで
自律したものとして見れば、ぎりぎりのバランス感覚で成立、成功している作品では
ないかと思うがどうか。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 22:21
桑田次郎と仕事してたから拳銃とかクスリとかやってそうで恐いね!

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 22:24
>自律したものとして見れば、ぎりぎりのバランス感覚で成立、成功している作品ではないかと思うがどうか。

無印は失踪したままそのまんま…ってのを除けば、つか、そこに至るまでは面白かったな。
話が盛りあがってくるとテレポートしてそれっきりになる真はダメダメだな。
新はどーでもいいな。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 05:33
根本敬だっけ?
電波さんの脳内陰謀論とそこから来る言動に
「妄想幻魔大戦」という呼称つけたの。
言い得て妙。
幻魔って俺にはそういう作品。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 15:13
AGE

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 17:55
>幻魔。結局、覚醒せよというメッセージにも関わらず、「覚醒」って
何だったのか?
どうして覚醒したはずの主人公達が次々に失踪したりし、次に現れた時は
サタン化してたり、アル中になったりするのか?
主人公達の失踪、変心をキーワードに平井作品を読み解くことはできないか?
結局平井が覚醒者の心をシミュレートしきれなかったのだと、おれは思う。
だから周辺の登場人物の葛藤でお茶を濁したのではないか?
サタン化した人間の方が、悪の方が、シミュレートしやすいからじゃないか?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/15 19:22
覚醒せよなんてメッセージってあった?自覚しなきゃいけないみたいなのはあったけど....
もしかして覚醒って丈たちが超能力に目覚めて人格的に成長したりしたことのことかな?
あれって悟りを開いたわけでもないんたど。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 01:29
覚醒せよ...は、確か大友アニメのほうのキャッチじゃなかったか?
原作にそういう科白があったかどうか、今自分の幻魔本が本の山の中にあるので(笑
確かめようがないけど、「覚醒せよというメーッセジ」は誤読じゃないでしょう。

>覚醒って丈たちが超能力に目覚めて人格的に成長したりしたことのことかな?

さまにそれこそ平井先生にぶつけてみたい質問。
第一巻、東丈が全人類の祝福を受ける壮大なヴィジョンは感動した。
皆あれにひっぱられ幻魔を買い続けていたはず。
アンチクライマックスに落としてどうするんですか先生...

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 01:34
すまん、メーッセジって何だ(笑。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 01:48
だから「自覚」してたのは丈くんだけだったんだよ。それと三千子ねーさん
かな?だから世界は滅びたと。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 02:02
どうせ減衰させていくなら筒井の「虚人たち」くらいまで解体しちゃえ(笑

99 :こんなか:01/09/16 03:26
私は部屋の中に座っている。どういう部屋なのかはわからない。
どうやら私は「東丈」という名前で呼ばれる事になるらしい。
私の前にはザメディがいる。ザメディという名前の何かであるのは確かなのだが
どういうものなのかは未だ具体的な描写がないのでわかりようがない。
漠然としたボール状なのかも知れないし、単に「ザメディ」と書かれた何かであるに
過ぎないのかも知れない。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 06:46
なにこれ?>99

101 :名無さん:01/09/16 10:09
 ゾンビハンターは面白かったなぁ。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 10:15
真幻魔の後半で、飛行機の中で東丈が覚醒して「幻魔サタンと東丈の決戦の火蓋は
切って落とされた」っていうシーンあったと思うんだけど、あれの直接の続きって、作者
書いたの?期待だけさせて!っと糾弾する。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 12:17
なんか人気あるねこのスレ

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 19:40
76は擁護派というより、ひらりんにハマった経験がないのではないか?
1のように某教団の本を買ってみたり、熊野の山奥へ行くような愛読者
なら、ほとんど全作品を読破しているはずなんだよ。ひらりんにハマる
ってことは、2,3冊を読んだだけで済むような普通の読書体験じゃな
いのだ(断言)。

で、そのように一時期でもハマった愛読者なら、程度の差こそあれ51の
ように救われた経験があるはず(たかが、エンターティンメント作品に
と謗ることなかれ!)。だから、大方の元愛読者は糾弾はしにくいだろ
う。現役の熱いファンが背教者を責めるかのごとく攻撃してくるし。ま、
それはかつての自分の姿だったりするんだが…。

ところで、三千子姉さんが郁江に面談できていたら、幻魔は完結してい
たかもしれんと思うのだが、どう? 某教祖にまだまだ期待していた当
時のひらりんにはその場面は描けず、アル中のルナ姫でお茶を濁したの
だと。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 21:08
>>104
それは郁江の方が無意識的に避けたんだよきっと。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 00:00
リアたんのヘラチオ未遂萌え〜。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 01:25
角川幻魔を書き始める前に、幻滅してたんじゃなかったっけ?>104

あと思ったのは、実は1は平井氏と作品について2chのみんなとお話したかった
だけであって、本気で「糾弾」するつもりはないんじゃないかな。
盛り上げるための演出、つまりネタに過ぎないというわけ。
どう? けっこういいトコついてたりして?!

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 03:17
>>107 概出だけど。それを疑いながら乗ってみせるのが2ちゃんねらーの作法と思われ。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 05:29
心配するな。本気で糾弾したいおれがこれからどんどん書いてやる。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 05:46
すごい勢いのスレだな
やっぱなんとなくアンタッチャブルになってることスレにすると2ちゃんって
もりあがるんだな

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 06:03
単に、各々平井に言いたいことがたくさんあると思われ。
2ちゃんという場は関係ないでしょ。問題のスリカエはイケマセン。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 06:14
だって前の平井スレこんなに勢いなかったぞ

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 07:19
104はなんで、面談で完結するの? 面談前後の展開は?
意外な発想なので、もうちょい突っ込んで聞いてみたい。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/17 19:36
>>109
はやく掻いてよ。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/18 18:09
変節後の平井作品を読むとガンになります。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/18 22:13
平井はやっぱ青春の思い出ではあるなあ。
昔は手紙を出したら返事は来たんだ。

あと思い出としたら、あの高橋佳子だっけ?平井が一時期はまった。
あの人の新書を思わず買ってしまった、裏に載ってた写真で抜いた事かなあ。
結構美人で、その為、あの3部作を買っちまった。

探して、今でも抜けるか試してみようっと。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 01:49
>裏に載ってた写真で抜いた事かなあ。

あんたそれでも一応神とかについて語ってる本についてる写真でよくぬけるね。。。
聖域なき挑戦者ですな。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 06:38
昔平井センセイは三文SF作家を自称し、ペーパーバックライタ
ーとして、作品は読者が気軽に読める文庫や新書での出版を常と
してきたが(狼の紋章・怨歌が映画化にあわせてハードカバーの
合本として出た際、本当は嫌なんだが版元の要望でしかたなく出
すとか言い訳していた)、いつの間にか言魂使いに変身。
幻魔のあと、ウルフガイの続き(といってるが多分別の何か)を
ハードカバーで出版する頃には、ハードカバーについてこれん奴
はついてこんでよい、とかぬかす様になってました。
このセンセイ、こういった事例を含めすべての変節が、昔からの
読者を裏切ってくれたんじゃないかと思う。

オレ自身はもうとうの昔に見限ってるから、今後どんな恥ずかし
い発言をしてくれるのか、どんな情けないものにハマってくれる
のか、それだけを楽しみにしてます(期待を裏切らず笑かしてく
れるよ、相変わらず)。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 06:56
要するにミーハーなんですね。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 09:16
で、まどかとひかるとどっちがお気に入りだったのだろうか。
意表をついてまなみか?

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 11:40
この人ってあとがきとか対談で、これは小説として書いているが実は事実で・・・
みたいないらんこと書いたり言ったりするから被害者が出ちゃうんだよな〜。
人生狂わされたかつてのファンは、爆殺くらいする権利あると思うよ、ホント。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 18:32
>121
しかし、あの手の発言読んでころりと傾いちゃうつーのもどうか。
疑うことを知らないのか、信じてみたい精神状態なのか。頭が悪いのか。
似非宗教が後を断たない訳だ。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 19:52
>>118
見限ってる割にはヲッティングだけはしてるんだ。暇なんだね。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 22:44
平井を擁護すると交通事故に遇います。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 22:54
>122に心当たりがあるが故、ちょっと拗ねてみせる123。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:08
>>125
強制IDじゃなくなって良かったね。

127 :125:01/09/19 23:12
は? ワタシ、ここに複数レスしてるけど
一度も「別人」したことないです。関係ないですね。
残念でした〜。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:16
>>126
最近はやりの自爆テロってやつですか?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:17
↑図星だからってムキになるなよ。
心当たりがあるのはあんただろ。本人だもんね。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:18
あら。割り込まれた。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:21
もはや敵が何人いるのかわからない。
かつてベトナム戦争でジャングルにほうり出された米兵はこんなだったに違いない。
じゃあ俺、寝るね。って言っても信じてくれないのが淋しい(爆笑

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:23
すみません、1〜130は全部僕の自作自演です。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:25
ではあたくしも就寝しようかしら(藁

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:26
いやでも糾弾するためにわざわざウォッチングしてる心理は興味深い。
なんでそんなに気になるのかな?

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:27
ウォッチャーの心理を詮索すると狂牛病が発症します。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:28
>>116
すごい奴だな、或る意味尊敬する>高橋佳子で抜いた
その後、彼の人生は何事もなかったのだろか?

137 :久方ぶりの短編集には期待大:01/09/19 23:29
1は多少なりとも怒りが収まったのかい? このスレにささやかな
意義があるとしたら、元ひらりん愛読者の孤独な心を癒すことにあ
ると思うぞ。このスレにも現れているように、元ひらりん愛読者の
嘆きは、なかなか他人には理解してもらえないからな。

ひらりんに一度もハマったことがない人間には、たかが小説家にな
んぞと馬鹿にされるし、現役ファンには裏切り者扱い。カルト宗教
対策には脱洗脳のプロがいるのに、最盛期には数十万の青少年が熱
中し、その中の少なからざる者が宗教、オカルトへ入り込むきっか
けになった程に影響力のあったひらりんへの疑問を聞いてくれる専
門職の人が、全くいないのはマズイだろう。

糾弾では言いにくい元愛読者でも、「ひらりんに意義あり!」なら
ば、このスレに書き込めるのではないか。そして、他人もそこに疑
問をもっていたのか、なんて共感しているうちに、1のような怒り
の心も少しは落ち着くと思う。115のような心ない発言はいかんが
なあ(鬱な気分になっちゃったよ)。

>>113
「三千子姉さん、郁江と会談で幻魔完結説」は長くなるので、その
内に。86、88なんかの「幻魔大戦」観に近い立場から考えた説なん
だが。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:38
137
真面目に考えていますね。
俺のエモーションは単に
「あんなハッタリ野郎、飲み屋で見かけたら絡んでタコにしたるわマジ」
程度。

139 :121:01/09/19 23:41
>>122
小説がおもしろいから、騙されちゃうんでしょう。
あのヲヤジが説教するだけなら誰も騙されまいて。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/19 23:53
あのね、田舎の純真で純朴が厨房がね、幻魔大戦とか読むとね、正義の心にうたれるの
それが自然だと思うの。ぼくちんそうだったの。
おかげで今社会不適応者なの。

でもまあ年とると自己責任って言葉覚えるから糾弾まではしねーけどな。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 02:46
ゲーセンで働いていた頃、なぜかキース・エマーソンが好きな
ゲーマーがランダムに数人いて「リバイバルかな?」と思っていたが
あれは映画版幻魔の影響?

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 03:09
昔々、LDを使ったゲームで「幻魔大戦」ってのがあってのう・・・・・・・・・

143 :平井教信者:01/09/20 06:06
ガンも狂牛病もビタミンCで治ります。

144 :アンパンマン:01/09/20 06:43
何っ? 妄想幻魔大戦勃発!?よし今逝くっハァハァ

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 18:39
げんたまいせん

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 18:54
あたしが幻魔を読んでたのは、リアルタイム女子中学生の時代。
アドベンチャーもカドカワも、沐浴斎戒して、勉強机に向かって
超真剣に読んでたよ。平井さんに対する愛情がゆらぐことなんて
微塵もないって、信じてたよ。
 ある時、SFの偉い人にこう聞かれた。「君は平井さんが好きなの?
それとも平井さんの作品が好きなの?」
あたしは平井さんに会ったことなんて一度もない。作品だけ読んで
なんかわかった気になってたんだ。勝手に好きになってたんだ。
だから本当言うと、作品論はできるけど、平井論はできないのかもしれないね。
あの時あの作品に感じた感動は、やっぱりあたしだけのもので
誰のものでも(平井さんのものでさえ)ないんだから。
 それはもう奇跡みたいなもの?
 …でも、なんだかいろんなトラウマ、ここでは語れそうな気がするよ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 19:16
それでね、思ったんだけど、誰かに勝手に想われて、勝手に幻滅
されたことってない? 幻魔の主人公たちもそういうめに会わされ
てるけど、人に「幻滅した!」って言われるのって、いやだよね。
勝手に幻想を押し付けたのはどっちだよーって言いたくなるの。
平井さんが人前に出てこないのもそれじゃないかなーって
思ったりするんだけど、どう?
主人公たちが失踪するのも期待通りに生きられなくて、周りを幻滅
させるのが怖いからかも…。あん? やっぱまだあたし愛情残ってる?

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 19:24
平井がメディアにどのくらい出ているかよく知らないけど、
あとがきや対談での発言はナマの声だよね。
それで最近言っている事は1の指摘するとおり。
作品は作品、だから好きでいいと思うけど、
総体として、読者、作品、平井本人、ととらえると
どうも作品の感動をネタになにか騙されているような気になるんだよ俺は・・・

149 :信じやすいオレ:01/09/20 20:13
ゲンマタイセンを読んで人生観が変わった。
人々のタマシイは汚れきっている。ハルマゲドンは近い。
やがて前世のオレが覚醒してチョーノーリョクが発現する。
光のネットワークだけが地球を救えるかもしれない…

それから数年後。
さすがにリアル犬神明はやばいっしょ、と笑えるほど
電波な世界から足を洗ったつもりだったが…
性懲りもなくメガビタミンを実行してしまった俺って…

俺みたいなのがいるからマルチ商法とか廃れないんだろうなぁ。
あと、イングリッシュ・アドベンチャーとか(経験有・泣)。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 20:43
>149
そりゃ〜、ノリきれないあんたが悪いの。
「ピクニック・アット・ハンギングロック」ちゅう映画観た?
集団トランスに陥る少女達の中でひとり
「みんなどーしたの?目を覚ましてよキャーーー!!」って
パニクるブスな子。彼女は正しく、ダサいの。
思春期ならではの神秘の感覚? なんじゃそら? でしょ普通。
でもその子だって少女なんだからいっしょにトランスするのが正解なの。
途中で目を覚ましちゃダメなの。信じるってそういう事なの。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 22:14
実はあたしも、こーっそりメガビタミンやってみたのさ。
ポーリング博士はいいかもって思ってさ。
けどCとBが両方入ってるやつを大量に飲んでしまったせいかも
しれないけど、突如39度の高熱が出て、断念した。体質もあるかも
しれないけど、メガビタは、結構危険だわ。
飲むならCだけにしとき!

152 :玄玉伊仙:01/09/20 22:25
げんたまいせん
平井先生はどういってるか知らぬが
ポーリング博士自体は
だいぶ前から丸元淑生が紹介したり
平凡社で本が出たりしたので
信じる信じないといったジャンル
ではないような気が…
ちなみにサイボーグブルースは
パロディチャンドラと知って
しまった今でも好きさ好きさ好きさ

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 22:36
>150
ピクニックに行けずにお留守番させられた娘がいたよね。
今のあたしは、その娘の気分。そうして愛する者を失うのよ。
2001年になったから、ようやく語り始められるのかもしれないわ。

>148
うん。その気持ち、今はわかるよ。
あたしも平井作品とこれからどう関わって行くか、悩んでるところ。
もう、素直な気持ちでは読めなくなってしまった。
あとがきについては、考察の余地があると思う。しばらく考えとくよ。

154 :東 丈:01/09/20 23:02
結局、幻魔大戦シリーズを通して平井が描いた女性像って、結局彼の好みであっただけと
後日感じてたのは私だけ?

三千子にしても、変化する前の郁江にしても、由紀にしても、お蘭サマにしてもさァ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/20 23:28
平井氏は決して読者を騙そうなんて思ってないぞ。
真っ先に自分が信じきってるもんね。
彼には何かを崇拝することが快感なんだ。
そして覚醒剤と一緒で、現実に戻るとすぐに禁断症状が出るのさ。
つまりドーパミン過剰体質なんだよ。
そういう人間を理屈で責めてもムダムダ。
ロボトミー手術でもしないと変わりません。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 00:22
平井氏のメガビタミン本読んだけど、全然説得力ない。
要約すると以下の2点に尽きる。
@2回もノーベル賞もらったポーリング大先生が言うから間違いない。
Aメガビタミンが否定されるのは薬が売れなくなって困る製薬会社の陰謀。

しかしこの手のロジックって根拠は結局自分の信念だけなんだよね。
@聖戦の正しさはコーランに書かれてるから間違いない。
A聖戦を否定するのはアメリカ帝国主義の陰謀。
とか。
まあコーランを聖書とか資本論とか天皇制に置き換えてもいいんだけど。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 00:22
ポーリングのノーベル賞って言っても
ひとつは反核活動によるノーベル平和賞でしょ。
本業の方のノーベル化学賞にしたって
ビタミンとは無関係な、分子構造と化学結合の研究成果によるものだし。
更に平井氏はポーリングが三度目のノーベル賞を取る寸前だったとか
理科系の人間が聞いたら呆れるようなことまで書いてる。
DNAの構造解析をあと一歩でワトソン達より先に突き止めたはずだ、って表現だけど
ポーリングはDNAを「三重」螺旋構造だと思ってたわけで…
もちろんその手の都合の悪いことは一切書いてない。

肝心なのは、なぜビタミンが体にいいのかを実は全く書いてないという事実。
もちろん「過度の摂取は無意味」とする一般論に対しての医学的な反論もない。
とにかく効果てきめんなんだよ! という主張だけが全編を埋め尽くしてる。
その手の宣伝文句を書かせたら一流だってことは認めるけどね。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 00:25
なぜそんなに裏切られたと言い続けるのか、理解に苦しむ。
で、考えてみた。盲信してるとそうなるのかな、と。
改宗者のなかには以前信仰していた宗教を激しく攻撃する
人々がいる。振り子の振り幅が大きいほど、右から左へ
大きく振れるようなもの? たとえば新興宗教て、
教祖を神格化し、幼子が母親に抱くような強い依頼心を
もつようなもんだよね。だから親にも短所があることに
気づくと、反動のように反抗期に達すると反発してみたり。
人間に神がかかることはあっても人間は神にはなれない、
ということが書かれているのが、幻魔大戦なのだと思う。
東丈だって神隠しにあう直前まで、人間味あふれた存在
としても描かれていたよ。だけど、みんなは違うふうに
受け取っていたみたいだね。
自分は淡々と、もしくは自然に受け入れている感じ。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 00:28
IDが無くても、改行幅と文体でバレバレ。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 01:06
んんん? どれとどれがどうでバレバレなのか???

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 01:14
おおお、信者登場?

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 04:43
>改宗者のなかには以前信仰していた宗教を激しく攻撃する人々がいる。

そういう作家もどっかにいたぞ。誰とはいわんが。

163 :UZEEE:01/09/21 06:30
つーかIDでバレテルのお前、数回カキコしただけでは
自作自演とは言わないんだって。誰も装ってないって...
何番が誰とか厨な突っ込みはやめてね。死ぬ程恥ずかしい。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 06:34
だいたい、自作自演とかなりすましのポイントって
文体や改行幅をクローンするのがまず基本でしょ?(大笑)
おれ何言ってるんだろうって自覚あります?(爆笑)

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 06:49
>159

どい
言いが
かりはや
めてくださ
い。

166 :玄玉伊仙:01/09/21 06:54
GENKEN状態になってきた

167 :萬毛戦隊:01/09/21 07:35
平井和正の読者に対する裏切りといえば、やはりこれまでのシリーズ
をご本人の変節と共にすべて滅茶苦茶にしてしまったことだろう。
狼のレクイエム第3部をどれだけ待ちこがれたことか。
アダルトウルフガイもどっかいったまま帰ってこなかった(このシ
リーズも終盤はアッチのほうの世界になってたが)。
幻魔大戦もそうだ。
あの作品はウルフガイやゾンビーハンターがそうであったように、
マンガ原作の小説版としてスタートした。
序盤のマンガ版のストーリーに則って書かれたくだりは、今読んで
も面白い。当時の平井ファンも納得の一級のエンターテイメントだ。
しかし、途中からどうなったのかは皆さんご存じの通り。
多分他の作品と同様に、マンガ原作を基本的に忠実に小説化しよう
という構想だったんだろうが、途中から筆がすべって、そのまます
べってすべってすべりまくったあげく帰ってこられなかったという
ところだろう(これはマンガ版に登場した砂幻魔が出現する伏線を
完全に放棄していることから想像がつく)。
最初のままの形で進めていればかなりの傑作になったのではと、今
でも思う。
これらのシリーズの成り行きに失望した人は、決して少なくないは
ずだ。
実のところ、作家平井和正が変な宗教を信じようが、恥ずかしいマ
ンガにハマろうが、ビタミンCで健康になろうがどうでもよかった。
そんなことは個人の自由だ。とやかくいわない。
問題は最初にも書いたが作者の変質に作品が犠牲になり、当時の
(大多数の)読者がまったく望んでいないものばかり生み出されい
くようになったことだ。
作品は作家のものでどう変えようが自由だ、という意見もあるかも
しれないが、作家を見捨てるのも読者の自由だ。
実際に多くの読者がここで平井和正を見捨てたのは当然だろう。

なんかまとまりのない長文をかいてしまったが、最後に「俺の好き
だったあのシリーズを返せゴルァ!」の一言だけいっとく。

168 :久方ぶりの短編集には期待大:01/09/21 21:50
何だか内ゲバの様相になっていたが、158が現役ファンであるなら、
同じ愛読者仲間でありながら離れていった者や立ち止まって考えて
いる者に対して、「盲信してるとそうなるのか」とか読解力が足ら
ないからだと指摘するかのような、さも見下すような反論をしたら
いかんだろう。大体、一方的に自省なくひらりんを批判している者
は少ないし、そうした物言いだと一般ギャラリーにおける平井ファ
ン観が更に下落してしまうではないか。51のような真摯な吐露なら
胸を打つのに。

157へ
ひらりんに愛情が残っていたって当然じゃない? 日本SF界で最
高の人気作家であったひらりんが、実に多くの素晴らしい作品と魅
力的な登場人物たちを生み出したのは間違いないんだから。もっと、
再評価されるべきだよ。そして、あの愛すべきキャラたちを産んだ
ひらりん自身が、ファン思いの情愛深い人物であることは、愛読者
であった者になら自明なんだしね。
だけど…、なんだよな。

ひらりんが決して読者を騙すつもりでないと言う155には賛意、笑え
たな。ひらりんがドパーミング過剰体質かどうかは分からんが、繰
り返されたオカルト遍歴は、幼少期に遭遇した大東亜戦争下の悲劇
で、死への恐怖に取り憑かれたためなんだと推測している。

メガビタミン布教も大丈夫かと心配になるが、目くじらたてること
でもないのでは? 実行しない者は「業」がうんぬんには、うんざ
りしたけど。ちなみに、アスコルビン酸の粉末、一般的量は飲み初
めてしまったよ。もともと欠乏気味で、飲んだこともあったと言い
訳しつつ。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 22:21
(ーー;)

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 23:04
つうか、ひらりんがああだから再評価が非難ごうごうになったという
顛末じゃん。

指摘馬鹿の先手を打ってコクっておくが、俺はここのどっかで
知人がセミナーに入って云々と書いた者。
「う〜ん、信じがたいかも知れないけどXXはやっぱりXXXなんだよねえ。
 で、嘘くさいなと思いつつXXXまで試しちゃったりして。てへへ」
この手の連中の壊れた素直さに虫酸が走る。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/21 23:19
1部?の人達のレスを見ていて思うんだが
そこまでいくともうハマっているとかいう域を越えてるんじゃないかしらん

ガキの頃、アンキパン買ってきてとダダこねたことのある人間のいうセリフじゃないかもしらんが

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 00:11
>170
そうなんだよ。最近注目著しい山田正紀なんかもひらりん作品に
影響を受けたと証言しているのに、本家ひらりんの作品が注目さ
れないのは、ひらりん自身の責任ゆえだと思うよ。しかし、彼の
敬愛する山本周五郎のように、小説を書き上げたら後は編集者に
任せて忘れてしまうという態度なら、もっと広く読まれるように
プロの編集人が工夫できる余地があると思うんだけどね。

メガビタミンについては、健康問題という痛い点を突かれたので
離れた読者でも試してみたんだろう。あの本はそうとう読者を脅
しているからな。168の補足にもなるんだが、エッセイ集の『夜に
かける虹』を読んだ時に、ひらりんがたくさんの栄養補助剤を常
用しているのを知って、意外だと驚いたことがあった。体を大切
にするのは当り前にしろ、ひらりんはとうに死の恐怖を乗り越え
ているのだろうと勝手に思い込んでいたのだ。

しかし、違った。考えてみたら、ひらりん作品はデヴューの頃か
ら死の恐怖や不死へ憧れが重要なモチーフだった。今回のメガビ
タミンでガン、ガンと言うからには、ひらりんは今でも死がとっ
ても怖いはず。ひらりんにはオカルトやトンデモ医療に頼るので
はなくて、死の恐怖を克服して欲しいと切に願う。そうでないと、
また別の何かに熱中し、読者をひらりんの死の悪夢に巻き込んで
しまう可能性があるのではないか?

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 03:17
でも幻魔大戦書いてる頃はこれが使命で命がけでかいてる。書き上げたら死ぬだろう
といってたから、あの頃は死も覚悟してたんじゃないかなあ。

ついでにいうと、たとえ平井がどんなにドキュソであったとしても、当時小説を
文字通り命がけで書いていたという姿勢に対しては、少なくとも文学者であればどんな人間も
批判は出来ないと思うぞ。「幻魔大戦」を書いていた頃の
小説を書く>自分の命
という価値基準は、恐ろしいものではあるが、文学者としては究極に立派なあるいは理想的な態度であった
と思う。
そして我々(あえて多人称)はその誠実でひたむきな創作姿勢にも感動して当時「幻魔大戦」
を読んだのである。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 03:45
>そして我々(あえて多人称)はその誠実でひたむきな創作姿勢にも感動して当時「幻魔大戦」
を読んだのである。

いや、単に面白くて続きが気になったので…。

175 :173:01/09/22 04:01
あ、そうすか。。。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 07:18
思春期の頃って理想と現実のギャップに直面し始めて
その隙間を凄い妄想が埋めたりするもんだけど
平井さんは今だに思春期やってるんだと思う。
もちろんフィクション作家にとって妄想力は才能だけどね。

ただ一般社会に出ていくためには妄想を否定できないと何かと不便。
スムーズに現実モードに切り替えられた読者なら
いつまでも平井さんに不満を抱いたりしないよ。
いつの間にか自然と無関心になるだけで。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 09:09
>>いや、単に面白くて続きが気になったので
おれも。角川文庫で出版されるたびに幻魔大戦買ってた。

ネットも雑誌も、
真・幻魔も(文庫じゃなかったから)
当然にゴシップ誌や宗教関係雑誌も見てなかった
田舎の中学生としては
実在の宗教団体との関係など想像すらしてませんでした。

いまさらですが、当時も今も好きな
一部の女性キャラにモデルがいるなら
見てみたいというやじ馬根性がありますね

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 14:14
平井、まだ生きてビタミンの宣伝してるじゃないか。
死にそうと死にかねないは別なんだよ。

179 :玄玉伊仙:01/09/22 16:42
>>172 おお「夜にかける虹」!
…ところで平井先生の不死へのあこがれって指摘
は効いた。ビタミンは先生にとって犬神明血清の代替品!

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 23:28
>>179
それじゃ、メガビタミン実行者は悪鬼と化すのだろうか

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 00:10
なんか、自分の中の平井から卒業とか
問題のすりかえのような気が。
それを言うなら、変節前の平井も自分の中では小松、筒井、星の御三家より
ずっと下だったし、宗教がかってからはほとんど唾棄。
オウム以降、まだこんな事してる奴らがなぜ後をたたないのか
そういう社会病理としてウォッチしているんだよ。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 00:33
>172(自分)
訂正・『夜にかかる虹』の誤り。

>173
あの頃、命かけていたひらりんをかっこいいと思っていたよ。あのまま
命が果てるまで書き続けていたら、幻魔はどんな所まで行き着いていた
のか…。しかし、某教団と完全な決別宣言をする前に亡くなっていたら、
教団の聖人のように祭り上げられてしまっただろうし、預言書の如く扱
うファンが増えただろうから、中断して良かったんだろうな。167の憤慨
は分かるのだが、ひらりんはモチベーション無しに器用に物語の構成を
組み立てることが出来る職人タイプの作家ではないんだよ。

>179(玄玉伊仙)
早川の日本SFオールタイムベスト投票、何で『サイボーグ・ブルース』
が名前すら出てこないのかねえ。ベスト10入りは当然!

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 00:38
「オレは、この作品を書きながら自分で涙が止まらなかった」by西村寿行
いちいち小説家の煽りにまともに反応しているから
割高のビタミン飲む羽目になる。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 04:51
>>182
平井和正に必要なのは、モチベーションじゃなくて言霊だろ。

幻魔の話しをあさっての方へもってったのも言霊のせい。
幻魔が中断したのも言霊がこなくなったせい。
らぶこめマンガのオマージュとか書かせたのも言霊だ。
ウルフガイの続きとかいって始まったシリーズが、中身ヘナヘナで
みんなを失望させたのは、狼をかたった言霊が実は狐か狸だった違
いない。
メガビタミンも言霊の仕業だろうか?
本を書かせてるところをみると多分そうだ。
平井和正が悪いのではなかった。言霊がすべての元凶だったのだ。
誰か言霊を糾弾するスレをたてろ!(オレはいやだ。生き腐れにな
っちゃかなわん)

*言霊=でんぱと読みます

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 05:00
>184
そっち系の世界を肯定するとすれば、
言霊じゃなく低級霊に憑かれていると思われ。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 06:25
>>185
リアル犬神明もタヌキガイかキツネガイだったのだろう。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 06:48
擁護論もあるようですが、あの「狼男だよ」や
「ゾンビーハンター」を書き、熱く人類ダメ生物説を説いた
日本SF界のハーラン・エリスンみたいな、
ローリングストーンズみたいな、そういう男がいい歳こいて
嬉々としながら特定団体の提灯持ちをしている絵など
どー考えても物笑いです。私のセンスって変ですかね?

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 16:06
だから前にも書いたけど、「幻魔対戦」は当初高橋の教団がモデルではない
と作者はいっていたわけ(実際はモデルだったんだが、バランス感覚でね)。
途中からがんがん、高橋のことを表立って言い出した。徐々にバランスが崩れて
いったんで、ちょうちん持ちのため「幻魔大戦」を立ち上げたわけではない。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 18:47
郁江がだんだん横暴なってく過程なんか、教祖の姿に重ねたのだろうね。

190 :  :01/09/23 19:04
「狼男だよ」おもしろかったなあ…初めて読んだのは
いたいけな中3女子のときだったから、わからないことが
いっぱいあったけど

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 19:33
ウルフガイシリーズ読んで躰壊した。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 19:33
>190

「狼の紋章」から入ったって違いあるけど。

あたしゃ、こころ引き裂かれるおもいだったよ。
まだ、中学生だった。

193 :187:01/09/23 20:32
>188
あたしゃ減摩という一作品だけを言っている訳じゃないんですがね。
それに、結果論で斬って捨てるのは嫌いだけど、
先でも後でも同じ事でしょう。
平井は現在もそのままつっ走っているのだから。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/23 23:04
>>181
脱帽するよ。ひらりんが宗教がかった頃に唾棄するようになったってことは、
1976年の『狼より若き友への手紙』辺りを同時代で読んだ世代ってことか?
もう4半世紀、ウォッチしていたなんて凄いぞ! あの本、前に百円均一の
棚で見つけたんだが(『ウルフレター』では削除されている物も載っていた
が)、このスレで書かれている程度のキツイファンレターに対してもひらり
んが返信を出しているのが新鮮だったなあ。

それはさておき、181にとってひらりんが「御三家」より下にあったという事
についてなんだが、まあ日本SF界の作家番付として妥当なんだろうとは思
う。オールタイムベストの自己流順位では、1に『果しなき』、以下『復活』
『日本』『ゴルディアス』『虚無』と小松左京でベスト5を独占しても良い
かなとの見解だし、近年未読のを集中的に読んでみた筒井も『霊長類 南へ』
なんかが、実に完成度の高い秀逸な終末物になっていたのにぶったまげたよ。

しかし、きちんと完結したものが少ないとは言え、SF作家としてのひらり
んの評価をちと低く見過ぎではないのか。無視されがちなんだが、ひらりん
の「SFマガジン」デビューは、小松や筒井より早い! そして、彼はすぐ
に『8マン』でSF界一の売れっ子作家になり、そのアニメ版は米国でも放
映され、日本SF作家として最初の国際派作家となったのだ。当時のひらり
んの短編だって粒ぞろいではないか。このあたりが黙殺されているのは、日
本SF界における人気作家への嫉妬、漫画原作者への差別、群れる仲良しメ
ンバーには採点が甘くなる党派観念性ゆえだと思うのだが?

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 00:02
おーい>>137さん
郁江vs三千子おねーさんのお話しまだかい?期待してるんだけど。

196 :181:01/09/24 01:03
>194
ほんの子供の頃から本好きだったのを割り引いても、私がかなり年期入って
いるのは事実。
しかしそれにしても、
>もう4半世紀、ウォッチしていたなんて凄いぞ!
とは何かね?
平井ウォッチを中心軸に25年私が生きてきたような言い種は気にいらんね。
信者じゃあるまいしそんな閑ないよ。
SF好きとして自然に平井の情報「も」入るという意味なんだが。脱帽されてもねえ。
尚、今私はさしつかえないので簡単に自分の経歴を明かした訳だが、
すでにここでは>27のようなレスも出ている事だし、
あんた、やや痛いぞとだけ指摘しておこう。
作家の評価についてだが、もちろん194の指摘も踏まえた上での主観であるので
ご了解願いたい。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 04:15
そういや「幻魔」シリーズもそうだが、アダルトウルフガイは再開せんのかの。

一人称小説なので、平井先生お得意の、主人公が物語り途中からでてきたり、
途中で消えるという手法はつかえんから、今再開したらどうなるんじゃろか。

たしか悪魔族かなんかと戦っていたんだよな。再開するなら幻魔とリンクするん
じゃろか。
(いったいオヤジ犬神明は寒いNYにいって何年たったのかの。
作中で時間はとまっているから、テロにはあわなかったんだろうけど、
あってたら、なんか一枚かんでたかの)

198 :萬毛戦隊:01/09/24 05:00
>>194
持ち上げ過ぎ。
エイトマンが海外で放送されたからって、国際派作家はないだろう。
翻訳が読まれてる訳でもなかろうに。
当時のSF作家としての評価に低い印象があるのも、その頃看板に
していたウルフガイがヴァイオレンス小説との境界的な作品であっ
たり、発表の媒体も中間小説誌だったり、SF作家としての括りか
ら少なからずはずれていた為ではないのか。
実際当時はSFなんてジャンルと無関係の読者がかなりいたはずだ
し、流行作家(死語)という括りなら先にあがっていた三作家より、
おそらく上をいっていただろう。
平井和正の作品がまったく再評価されないのは、過去の業績をチャ
ラにしてしまった当人の作品、行動、発言によるもので自業自得と
いう他はない。
今一度評価してもらいたいという気持ちは分かるが、そこに陰謀み
たいな話を持ち出すのは、この作家にしてこの読者ありと、逆にネ
ガティブな印象を与えるだけでないかと思う。

199 :おや?:01/09/24 05:50
またこんなスレ立ててもう(笑

ざっと全部読んだ。なるほろ〜。

どうも擁護派は、平井和正を擁護しているのか、彼が背負っている「何か」を
擁護しているのか動機が微妙に怪しいような・・・。
糾弾派は、日本国には信仰の自由があるって事を忘れないようにね(笑
んじゃ。

200 :長いよ:01/09/24 06:04
平井評価チャート

 神 人生の師 SF作家No1 普通 ゴミ 暗殺対象 お笑い芸人
 +--------+--------+--------+---------+---------+---------+

これで逝け。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 06:05
ズレたが気にすんな。漏れマカーだからw

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 07:31
暗殺対象ではないがゴミより下だなあ。漏れは。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 10:40
>>201
「人生の師」であっても「SF作家bP」とは思ってないかもしれないじゃん。
今の古い読者の殆どは「ひらりん愛好家」だと思うが、それはどこに入るんだ?
トンデモ本コレクターにとってはお笑い芸人の域なのか?
そもそも何故「ゴミ>お笑い芸人」なんだ
つまりそのチャート、単なるウケ狙いって訳ね(w.

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 18:04
>203
(w.ってあんた、マジレスすんなよ(w.

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 20:05
>>204
ネタに引っ掛かってら(ぷ

206 :ハ ズ カ シ イ:01/09/24 20:47
あのう205さん、どう見てもネタにムキになってんの203なんですが・・・
何がどうネタなんでしょう。流せばいいのに・・・

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 20:59
どツボってやつですな。
閑話休題。平井話再開しちくり。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 20:59
>>206
そういうキミもムキになってるやん。ほっとけよ。

209 :206:01/09/24 21:11
いや、俺は無関係なのでムキになる理由はないんですが、
ただ、もし203=205だと思ったらいてもたってもいられない
情けなさに・・・(笑)
まあそういう事で207から再開してください。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 21:21
あのー、205ですけど。>203の間違いでした。すまん>204
わざわざ無関係なんて断らなくてもいいよ。流せば?>209

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 21:44
自爆ってやつですな。(誰が?)
閑話休題。平井話再開しちくり。

212 :206:01/09/24 21:51
いやいや、俺は平井関係には興味がないというか、2ちゃんの
論争で必ず出てくるイタい人を見物するのが好きな一市民というか
ここに貼り付いている粘着でして。
誰の指図も受けませんので念のため。あーっはっは。失礼。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 21:53
話の流れは知らないけど、とりあえず>>212は恥ずかしい。
>>206で止めておけばよかったのにne(藁。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 21:59
213=203

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 22:03
>>198
持ち上げ過ぎとの指摘はごもっとも。しかし、伝奇SFに向かう
前の「本格SF?」作家としてのひらりん像は忘れられがちなの
で、アピールしてみた次第。処女長編の『メガロポリスの虎』な
んかは、テレビアニメ業界に身をおいた体験が生かされているし、
ほとんど現代ニッポンを描いているかのような先進的な設定で、
早すぎた傑作なんだよ。

「国際派作家」はないだろうって反論はねえ、ひらりんはアニメ
版の脚本も担当していたわけよ。終盤はたった一人で背負い込ん
でいたらしいんだが、純粋欧米製のアニメならひらりんの名前は
欧米SF界に轟いていたかもしれないのでは? 欧米では、80年
代でも日本製アニメを、さも自国で製作したかのように装ってい
たと聞くから、現実には名前が知れ渡ることにはならなかったの
だろうけど…。ま、平井作品の国際デビューが早かったのは紛れ
もない事実ではあるんだな。チャンドラーのいたハリウッドで平
井脚本の映画が製作されているとの歴史だって、ありえたかしれ
ないのだよ。ひらりんも映画版『地球樹の女神』のシナリオを書
いたりして、脚本家としての顔を最近まで持ち続けているんだし
ね。

>>195
すまん。様々な立場でひらりんをウォッチしている人が意見を述
べているのが興味深いので、このスレのタイトルに反して、ひら
評価するような方向にばかり走り、例の説について書くのを先送
りしてしまったよ。

216 :206:01/09/24 22:03
いやいや、ようやく皆さん2ちゃん坊らしくなってきましたね。
では俺は、一服してからさりげなく皆さんに溶け込んで平井問題を語りますので
どうか皆さん楽しく踊ってください。あ、繰り返しますが俺粘着ですので(w

217 :ハ ズ カ シ イ :01/09/24 22:07
>>213
そうだね。>>212は最近はやりの自爆テロ? アイタタタタ

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 22:09
216の自爆を誘ったところで話を元に戻しましょう。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 22:21
>>215(自分)
訂正・「ひら『りんを再』評価するような方向にばかり走り、」

あのチャートは選びようがないねえ。左翼側だけは嫌だが。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 23:30
ほかならぬひらりんが「感情の下痢」って表現してたなあ。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 23:32
なんか206が叩かれてばかりで可哀想なので、
やはり203がアレだなと206を擁護しておくw

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 23:34

平井のグレていたガキは、何やってんの、いま?

223 :あわわ:01/09/24 23:39
すみません、203です。なんか僕のせいで凄いことになってたようでなんと言って良いやら。
皮肉っぽい書き方しちゃったのが逝けなかったですね。すんませんです。
実際、僕のような「愛好家」はチャートのどこに当てはまるのか疑問だと言いたかっただけなので。
>>219
左翼がどちらかは聞かんときま(笑
批判にしろヨイショにしろ、敵の誹謗中傷になるのは避けたいですね。こちらも気を付けんと。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 23:52
↑おお。大人の見識。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/25 01:55
オールド平井の大ファンな自分としては
現在の平井の活動は、何者かに家族を人質に取られているとか、
言うことを聞かないと体内で爆弾が炸裂するとかいう
深い訳があって仕方なくやっていることだと固く信じている。

226 :萬毛戦隊:01/09/25 06:40
>>215
やっぱり持ち上げ過ぎ。
国際派作家なんて肩書きは、海外で作品が作家平井和正のものとし
て認識された上で評価を受けて、はじめて成立するものだろう。
平井和正の手によるエイトマンが、海外で放送されたという実績は
間違いないし、その事実を評価するだけなら理解できるが、それを
して国際派作家はどう考えても間違いだ。
エイトマンと同時期に鉄腕アトムや鉄人28号も輸出されているが、
その事実から横山光輝が国際派マンガ家といえるのか?(いや手塚
は国際的ですが)
脚本を書いていたということでいえば、豊田有恒はどうだ?
エイトマンとアトムの両方で大量に執筆している。豊田は平井より
2倍国際的なのか?
結局のところエイトマンが輸出されたのは、他の2作品と同様に海
外でも放送できる、無国籍なタッチのSFアクションものとして買
い手がついただけのことであって、特に平井和正による設定やスト
ーリーが高く評価されたからではないだろう。
エイトマンは知られていても、平井和正の名前を誰も知らないんじ
ゃ国際派なんて肩書きはまったく無意味だ。

キツいことを書いてるかもしれないが、事実に虚飾を施してまで、
高く評価しようという姿勢はやはりいただけない。
今一度評価してもらいたいという気持ちは、もう本当によく分かる
んだが、虚飾めいた表現や妄想まがいの話を付け加えるのは、この
作家にしてこの読者ありと、更にネガティブなイメージを与えるだ
けだと思う(メガロポリスの虎の評価みたいなのをどんどんやった
ほうが、よっぽど効果があると思うがどうか)。

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/25 06:53
>226
ウォッチングしてたのに水さすなよも〜。

228 :元愛読者:01/09/25 15:11
ふーん。こんなスレがあったとはね。

ひらりんを糾弾するなんて大人げない気もするが、しかし糾弾派の心情もわからんでもない。
角川版減摩(って書くところが古臭いが)・・・ストーリー自体に閉塞感があり、その後滅びてしまうのは確定的なので、このままでよし。
徳間版真減摩・・・行方不明になった登場人物多すぎ。しかも犬の帝国編もあれで終られちゃー・・・。
新減摩・・・お時と減摩正雪との戦いもまだ消化不良
アダルト狼・・・一応形にはなっているが、まだまだ食い足りず
ざっと自分が消化不良のシリーズを挙げてもこんなにある。
なのに次々と、明らかに今までとはベクトル違い(言霊違い?)のシリーズを立ち上げてもらっちゃー、
怒りたくなる気持ちもわからんでもない。
せめて、真・減摩編「行方不明者のその後」シリーズをやってもらいたい・・・。

229 :久方振りの短編集には期待大:01/09/25 22:09
>>223
単にチャートの左側(神様側ね)ってこと。「左翼」はまぎらわし
かったか。自分としては、1990年代半ば頃から、ひらりんのオカ
ルト話には嫌気がさしていたし、小説に関しても読む気の起きな
い物があったりと、「ひらりん愛好者」とは言えない状態になっ
ているんだよ。ただ、過去の傑作はやっぱり傑作、作家としての
才能も秀でていたのだと改めて再認識したので、今後も期待を残
し続けたい、との立場のつもり。ここに書き込んでいる時には、
敵を想定したりはしなかったんだが。

>>226
いやあ、キツイなあ。だけど、ひらりんデビュー時のシナリオラ
イターとしての活躍時代は、もっと論じられるべきなんで、貴重
な意見だと前向きに受け取りたい。「国際派作家」との表現は書
いていて自分でも笑ってしまったが、ひらりんが自分で原作を書
き、自分でチーフとして脚本を担当した作品が国外で放映された
のだから(豊田氏とは違う)、例え無名のままであったにしろ、事
実上の国際派作家だったのだと思っても、良いんではないの。

現在においても日本人のSF小説は、言葉の壁もあってか、なか
なか欧米に受容されていない(最近では、菅浩江の短編ぐらい?)。
ひらりんの魂の込もった傑作が映像化という手段で先駆的に国外
に旅立っていたって歴史は、その膠着状況を突破するための示唆
になると思うのだが。確か、日本版『スパイダーマン』の原作を
担い合った小野耕生が、米国人との間でアニメ版『エイトマン』
の話になったことがあったと書いていたんだけど、どのようにチ
ャンドラーの母国で受け取られていたのかを、詳しく知りたいよ
なあ。

最後に。指摘される程、自分がひらりん読者像をネガティブなイ
メージに堕してしまうかのような駄文を書き連ねていたとは思え
ないんだが、もしそうであったのなら慙愧に耐えない。現役ファ
ンの方々に心からの謝罪をし、退場することにするよ。

追伸
184や200、225のひらりんネタ、大いに笑えたぞ。郁江問題につ
いては、いずれ書き込むかも。

230 :はっ?:01/09/25 23:06
>>229
平井?

231 ::01/09/26 00:12
自爆テロ粘着発見!

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 01:40
ウルフガイDNAの話が出てないんだけどなんで?

233 :萬毛戦隊226:01/09/26 04:13
>>229
やはりキツく書きすぎたか?
書き込みの内容にあまりにも度を越した表現が見られたので、それ
を指摘しておきたかっただけなんだが(煽りじみた言い方は品性の
下劣さゆえ。申し訳ない)。
誤解のないよういっておくが、平井和正に対する評価や擁護を封じ
込めるつもりはまったくない。
こういう場所で、久方振りの短編集には期待大(長い)氏のような
発言は貴重だと思うので、引っ込んだりせずがんばっていただきた
い(ただし表現は的確に)。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 04:41
なぜ>229はチャンドラーばかり引き合いにだすのか?
チャンドラーよりレッドキングの方が強い!

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 04:57
手本は山本周五郎

236 :玄玉伊仙:01/09/26 06:50
ふーん「エイトマン」はアメリカでやってたのか…
てことは「アストロボーイ」→「ミク決」みたいな関係が
「ロボコップ」との間に…

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 06:55
>>230,231
いや、俺も一瞬そう「本人?」と思うもんがあったが。
某板某スレで某作家が自画自賛していた例もある事だし。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 07:28
229が言っているのは「国際デビュー」で、国際派作家ではない。
最近いんちきが露呈してしまった落i信彦が標榜いていたような活躍を
国際的活躍というのじゃないだろうか。
平井がエイトマンをやっていた時代は、まだ日本が安く使われていた時代で、
いわいるメイド・イン・ジャパンの意味が今思うよりずっと格下だった事も
忘れてはならない。
また、手塚がアニメにもたらした貢献は言うまでもないが、
ひらりんの立場が、中傷ではなく事実、単なるアニメ屋、TV屋という
レベルだった事も忘れてはならない。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 11:35
また煽ろうとして。もお

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 18:11
>>236
ロボコップは宇宙刑事もののもろパクリだぞ。

241 :玄玉伊仙:01/09/26 18:24
そーなんすか?いや正直ギャバンは見てましたけど、
ロボコップは見てないもんで…
でも、漏れ聞くロボコップのストーリーはどこが
宇宙刑事のパクリだかわかんない気がするんですが…
やっぱ、ボイサーとかイガクリスタルとか
巨大映像が銃を握ったりするんすか?ロボコップって…

242 :チープだからこそ:01/09/26 21:12
ロボコップ3は結構イイと思うよ。もろ宇宙刑事系だけど。
1.2でも示されていたチープで極端で冷酷な未来像全開で、
ちょとウォマック思い出した。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/27 05:38
パクリということなら、有名かもしれんが東宝のゴジラ映画「三大
怪獣 地球最大の決戦」のシーンを幻魔大戦でまるごとパクってい
たが、あれはどうなんだ?
知らなかったじゃ済まないレベルだと思うが。

あと平井和正がエイトマンの名前「東八郎」をお笑い芸人にパクら
れたと、前に憤っていたが、あれはどうか?
芸歴とか考えると話は逆なのではないか。
それに「あずまはちろう」なんて間抜けな語感は、どう考えてもお
笑い向けだしなあ。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/27 07:05
また煽ろうとして、もお。

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/27 11:19
>>243

そのパクリはコミック版の時点で存在するんだから、石ノ森章太郎も共犯。
というか、コミック版の「幻魔」は他の石ノ森作品との類似点が多すぎて、
平井と石ノ森の役割分担が判然としない。
そのパクリの件についても平井の責任が問えるものかどうか。
ベガ、江田、タイガーマンのキャラや、人種問題、厭世的なところは
まぎれもない平井の要素だと思うんだけどなあ。

「東八郎」の名はお笑い芸人のほうがエイトマンより10年くらい早くから
使っていたみたいだね。

246 :243:01/09/28 04:40
>245
レスどうも。
そういえばマンガの幻魔大戦は、石森章太郎が「いずみあすか」名
義で原作に名を連ねてたね。そのへんを考えると平井和正がパクっ
たんじゃないような気がする。
でも小説版でそのまま使っちゃてるんだよなー。

「東八郎」の件について、平井先生は今だにパクられたと信じてお
られると思う。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 06:10
平井って音楽家に例えたらワグナーのような人だね。
過剰な装飾で本性を隠しつつ人を魅了するところなんか。
いや、受け売りだけどさw

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 10:59
変な映画でメジャーになってドキュンに大ウケしちまったところまで似てるな

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 11:07
>でも、漏れ聞くロボコップのストーリーはどこが
>宇宙刑事のパクリだかわかんない気がするんですが…

姿を見れば一目瞭然じゃん。
…あれはボーグマンだってな(藁。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 12:04
結構映画「幻魔大戦」の平井に対する知名度の影響って大きいのかな?
おれは見た当時三日間激怒したが。

251 :血行:01/09/29 18:11
>250
映画「幻魔大戦」はずいぶん経ってからビデオで見たが、大友の東三千子は駄目駄
目だった。原作者の大友に対する不満はこの点に起因すると勝手に思っている。ち
なみに動画の東丈は、何だか三島由紀夫に似てると思った。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 19:04
文庫の減摩大戦で大友が書いた表紙絵があるじゃん。
何巻だか忘れたが、銀ブチ眼鏡をかけた知的な東丈のアップが
見た瞬間、スカしていて嫌な感じがした。
あれが知的オカルトエリート気取りの阿呆を増産したというか、
オウムに至る流れのささやかな一因だったとマジで思う俺なのさ。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 19:07
>>252
超能力アクションSFの主人公を2枚目に描くとオウムがどうこうって…電波ですか?

254 :でむぱ:01/09/29 19:33
当時の幻魔の流行とオウムの関係ってもっと検証されるべきだよ。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 19:40
減摩対戦最盛期とじゃ全然年代が違うと思われ。

256 :でむぱ:01/09/29 19:41
あ、というか、幻魔とオウムについてどうこう言ったのは
俺だけじゃないよ念の為。
もちろん、ひらりんは朝腹を崇拝せよなんて言っていないし
直接の原因ではないんだけどね。

257 :でむぱ:01/09/29 19:44
>>255
確かに。しかしよくオウム以前・以降で分けられる時代のタームで言えば、
あの一連のスピリチュアル肯定の流れは決して無関係ではないです。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/29 20:20
そういえばオウムの連中ってオーラの色がどうこう言うんだよね。
小説「幻魔」というよりは映画の表現にかなり影響うけてると思うな。

超越神力だ〜♪

259 :でむぱ:01/09/29 21:37
フードファイトつまんね。

あ、誤解のないよう言っておきますが、前記のように
大友やひらりんがオウムを讃美した事実はないので、
オウムにかこつけひらりんを貶そうとする気ではないので念のため。
ただ、喉元過ぎれば、というのか、
一時あれほど語られた「オウム学」とでもいうべき
オウムについての議論がさっぱり聞かれない昨今。
オウム(に代表されるオカルト世代の病理)に至るプレステージとしての
戦士症候群や幻魔という意見はどこ逝ったのかな、と。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 00:19
>>252
丈じゃなくて小説家の土屋かなにかの画だと思う。
あなた読んでないの?

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 01:23
上祐って絶対幻魔大戦読んでるよな。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 01:56
麻腹はヤマトだしな。しょうがねえ団体だな。

263 :252:01/09/30 02:24
>>260
いえ、とりあえず全部読んだハズです。
大友表紙のを読んだのはずいぶん昔だから間違いかも知れません。
それはそれとして、259で提起したような文意を汲んでもらえないのが残念スね。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 02:44
>>263
右と左に陣取ってわめき合うという2ちゃんの本質を忘れているね。
流れを戻させてもらうよ。えーと、平井は燃えカス。

265 :260:01/09/30 03:34
>>263
だって大友なんて、角川幻魔の本質も理解しないでイラストかいてたの明白ジャン。
その大友のイラストで幻魔大戦を語ろうってピントずれてると思うんですがね。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 04:34
252-256を読むと、大友は話のきっかけに過ぎないと思うんですがね。
平井は耄碌爺い。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 04:39
>>265
あくまで260で指摘されたミスに拘泥してでむぱを潰そうというつもりですね。
それでいいのです。それでこそ2ちゃん坊。さあ、もっと跳ねるのです。
平井は脳軟化症。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 05:09
なんか一気に知能指数が下がってきたな。
まあいいけど、あんまりヒドいことばかり書いて、誹謗中傷スレと
して削除されないよう気をつけてくれ。
平井はいんちき霊媒師。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 05:15
ぐだぐだうるせえよ! 嫌いなら読まなきゃいいだろう!
平井は神の使者。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 06:06
>269
心配しなくても、とっくの昔に読むのをやめてるから大丈夫だ。
平井は法螺吹き狼老年。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 06:22
>>270
上手いねえ。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 13:45
自作自演の匂い

273 :271:01/09/30 16:05
270よ、どうやら俺たちは同一人物らしいぞ!
平井信者は虚言癖。

274 :でむぱ:01/09/30 23:27
>>265
「幻魔大戦ってカッコいい!」「幻魔大戦ってニューウェイブ!」
という印象を大友の絵が強化したのは事実だと思うんですがね。
で、だから何だというのはその後のほうで述べた通り。
俺が語りたかったのは大友や幻魔大戦自体のことじゃなく、
のブレイクを含む一連の流れ、つー事なんですよ。

というか、この話題で誰もピンと来ないのか?
俺も歳だな・・・

275 :誤タイプ:01/09/30 23:28
俺が語りたかったのは大友や幻魔大戦自体のことじゃなく、
幻魔大戦のブレイクを含む一連の流れ、つー事なんですよ。

に訂正。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 23:34
とりあえず、映画「幻魔大戦」以降「オーラ」の描き方が一斉に変わったな。
それまでは「ビリビリビリー」だったのに。
以降の宇宙船表面を凸凹にしたディスカバリー号とならぶ業績といえよう(藁。
オーラは実に格好よかった。

>>274
映画の幻魔大戦の話だよな?超能力アクションアニメで、ニューウェイブ臭さ
は皆無だったと思うけど。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/30 23:47
ニューウェイブというか、角川映画ならではの
新鮮な宣伝イメージとかはあったよ。
でむぱ的に言うなら、減摩のイメージ固定は大友より
角川映画だな。

278 :277:01/09/30 23:55
そうそう。映画の封切り当時は、バブル始まった頃? だよな。
ヤクザが国民のおもちゃになったり、大御所スターがギャグやったり、
風穴あけてみようって風潮が盛んだった。
大友の絵柄はそういう空気にピッタリはまっていたよ。
永田トマト(笑)とか数限りないクローンがたくさん出て。
映画の筋はまあ、パターンといえばパターンだけど、
何より透過光のオーラと大友のタッチで、
オカルト新世紀! って新鮮なイメージがあったと思う、

279 :短編集には期待大:01/10/01 00:02
>>233
ご配慮、かたじけない。調子に乗って書き散らしていたので、クール
ダウンする良い機会を与えてもらったよ。『メガロポリスの虎』と言
えば、主人公が自分達を「制作屋」と言い放って、仲間を鼓舞するラ
ストが感動するのだなあ。未曾有のカタストロフィを、オカルト的手
法に頼らずに技術屋魂で乗り越えようとする点からは、アトムを視聴
率で超えた当時のひらりんの制作屋としての自負心が伝わってくるん
だが。

>>246
『三大怪獣 地球最大の決戦』は幻魔にハマるより前から好きだった
ぞ。ハマってからずい分経って、ノーカット版を見返してモロなので
のけぞったよ。責任があるとしたら、編集の内田勝さんにあるのだろ
うが、まあ、『三大怪獣』のお姫様エピソードは、『ローマの休日』
のパロディだしねえ。それよりも、霊がこの世の女性に宿り、神々し
くなるというシチュエーションを、ひらりんはいたく気に入ったので
はないかと思うんだよ。そんな平井作品がいくつかあるからね。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 07:39
映画「幻魔大戦」が話題になっているが、この作品平井和正的には
本当にどうでも良かったようだ。
完成披露の席で「宣伝映画を作ってくれてありがとう」とかいって、
周囲を凍りつかせた(超能力絶対0度)らしいし、まあ本が売れて
ラッキー!ってとこだったんだろう。

同じく映像化されてるのにシカト作品としてお勧めしたいのが、千
葉真一主演の東映映画「ウルフガイ燃えろ狼男」だ。
このあいだ初めてみたが、この映画はスゴい!面白すぎる。
原作はアダルトウルフガイ「狼は泣かず」(スパイダーマン「虎よ!
虎よ!」でも可)なのだが、驚くほど忠実に映像化している(指弾
を使うシーンとかうれしい)。
しかし原作に忠実なまま進み、原作のラストシーン直前で話は急展
開。JCIAの矢島(みたいだが名前が違う奴)は出るわ、人造狼
男は出るわ、”たか ”は出るわ、ゴレンジャーみたいな秘密基地は
出るわ、千葉真一のカラテは冴えるわで、まさにカオス状態。涙で
スクリーンが見えません(笑い過ぎの為)。
この作品の面白さは、原作を読んでないと理解できないだろう。
残念ながらこの映画、未だにビデオソフト化されてない。平井和正
と千葉真一のネームバリューを考えると、それなりに売れそうな気
はするんだが。やはり平井が発売の許可をしないんだろうか?(も
しそうだとしたら気持ちはわからんでもない)
まあ機会があれば、元平井ファンの皆さんには是非見ていただきた
い怪作だ(今の読者には勧めない。多分怒るから)。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 15:19
つうかお前気味悪い。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 15:21
だらだら讃美と擁護すんのは勝手だが
流れを故意に斬ってたれながす癖はやめてほしいもんです。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 15:22
去年リバイバル上映してたよな。
レアなだけの駄作を勧めるヲタク萎え〜。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 15:25
281=282

285 :まだいるよ:01/10/01 15:43
>>284
そうだよ。
誰が別人になりすましました?
頭わりい・・・

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 17:22
>>285
ジサクジエンを速攻で見破られて泣きべそかきながら居直るアンチたん…ハァハァ…。

287 :1:01/10/01 17:39
その画像ならココ
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 17:43
>>286
その上人格攻撃?最低だね。
って書くとオマエは285だと指摘されたりするんだろうね〜。
そうやって程度の低さ晒し続けてくださいね。

289 :玄玉伊仙:01/10/01 22:14
GENKEN以下になってきた…
江田四郎のしわざか?

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 23:13
前から気になっているんだがここ誤爆多いよな。
いちいち指摘はしないが、どうも肯定側の同一人物のような...

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 23:50
でもさすがに279と280は別人だろ。

292 :短編集には期待大:01/10/02 00:17
でむぱ氏の問題提議を逸らしてしまったのなら、すまん。274で
の発言には、もちろんピンと来るよ。『幻魔』の大ヒットが、
日本の青少年にハルマゲドン妄想を定着させる要因の一つになっ
ってしまったのは間違いない。Z祐も有田氏との対談で、自分か
ら幻魔を持ち出していたしなあ。

229でも触れたが、1990年代半ばにひらりんのオカルト話に嫌気
がさしたのは、過去にあれだけハルマゲドンを青少年に煽ってい
たひらりんのオウム事件に対する言動に、幻滅したのが決定的だ
った。あの時にひらりんは、『ボヘミアン』のあとがきで、小説
家は大説を語る事はないなんって言っていたんだぞ〜。ずっと、
大説を語っていたのに。ところが、『バチガミ』のあとがきでは、
地下鉄サリン事件は、何者かにリモートマニュピレート(?)さ
れた結果かもとか、更なるトンデモな陰謀論を匂わせているのだ。
ほとほと呆れたよ。その辺りの糾弾なら、作品論のようにはひら
りんの擁護はできんわ。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 01:12
流水大説マンセー!

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 03:48
>292
エライ!アンタいうときゃいうねー。
でも短文レスでツッコミ入れるしか能のない奴なんぞに、謝る必要はない。
アンタは書きたいことを書いたらいい。オレもそうする。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 06:37
>>294
その短レスで勝負してたひとりだろう?
虫のいい事ほざくなよ。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 06:40
ようし、俺も好きな事書こう。
あ、すみません俺295です。ジサクジエンですが(爆)
平井讃美はオカ板でやりやがれ。信者はサイコパス。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 07:02
あ、すみません、また295です。自作自演の上に粘着ですねえ(笑
誰も禁止してないんだから、好きなだけきっちり持論を
書きゃいいだけだよ。いちいち宣言するなよ294。
沸き上がる想いをまとめる文才がないのかな?
書いたけど相手にされなかったヒトなのかな?
SFスレでジハード状態。あんた面白いよ〜!!

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 07:54
295=296=297

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 19:38
>>298
ネタだと信じたい(笑)

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 22:12
>299
もちろんネタ。誰が見たって295=296=297。

「私はこういう風に遊んでいます」と、
素でやってしまった>284が
必死に284をネタに見せたがっているところ。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 22:22
ってゆーかさ、オウムって「GENKENごっこ」だったんじゃね〜の?
って気もしてる俺。(麻原本人は除く)

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 23:42
名無しさんの立場でも恥をかかされると根に持つ
粘着気質の>>300=281=282=285たん…ハァハァ…。

303 :玄玉伊仙:01/10/03 00:48
「ウルフランド」的になっているのかもしれ

304 :300:01/10/03 00:58
>>302
はあ・・・いや・・・いいんだけどさ。それでも。
俺はさしつかえないけどね。
俺ね、今、推測で物いうときは
ハァハァつけるのやめようと心に決めたわ。馬鹿しじゃなく字義どうりのオナーニだよそれ・・・
うう恥ずかし・・・
どうでもいいけど、キミが誰で誰に根をもってるか晒し放題な自覚あります?
アホマルダシ

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 01:02
書こうと思って来たが、300たんハァハァとか言われそうだな(笑)
うぜい。

306 :300:01/10/03 01:04
うぜい(藁

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 01:14
お前は粘着、お前は荒らし、と
なすり愛ながら毎日乗ってるルサンチマンたちに乾杯。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 01:21
というかsageろよ殺し会いは!

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 01:24
というか、近寄った時間帯という推理法からすると
303の玄玉伊仙も自作自演にされる恐れありと思われ

310 :ハルマゲドン接近!:01/10/03 04:27
妄想幻魔大戦勃発。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 06:52
私=300、ではないと言ったら、あなたは信じるだろうか。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 19:17
がたがた騒ぐとメガビタミン喰わすぞゴルァアアア!!!!!

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 21:35
>310
お前の頭ん中でな。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 21:46
>>312
オマエ、慈善家だな。

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 22:36
それにしても、>>300その他クンは連続書き込みが多いな。
それをネタにからかわれると怒ってるようだが…。とにかく
伝えたい事をもっと整理してから一回で完結に書くべし。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:14
説教してると

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:15
ケツの穴に

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:15
メガビタミン詰め込むぞゴルァ

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:18
マジレスで笑われたお前が

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:19
さりげにイイ子してんじゃねえよ

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:20
ヴァ〜〜〜〜カ

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:21
熱くなって

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:22
小夢中で糞レスつけてたくせに〜〜〜

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 00:24
316=317=318=319=320=321=323でした。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 01:09
話題戻しましょうか。
オウム事件は平井の責任ってことでしたっけ。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 01:38
>>316-324
遂に逆切れしちゃった低脳たん…ハァハァ…(藁藁

327 :ハルマゲドン接近!:01/10/04 06:14
妄想幻魔大戦泥沼化。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 07:13
>>326
あんたも、周囲も楽しめるオナーニしてくだせえ。
もーやめんか。

329 :名無し草:01/10/04 07:19
>また、ビタミンを補給すれば、風邪から癌までいろいろな病気が「なおる」と
>信じる人もいるが、実際には必要量以上のビタミンのほとんどは吸収されないで、
>すぐに体からだされてしまう。そのうえ、脂溶性ビタミンはほかのビタミンの
>作用のさまたげになることがあり、とりすぎると重い中毒をおこすこともある。

> アスコルビン酸(ビタミンCのこと:筆者註)を大量にとると風邪やインフル
>エンザを予防できるという説があるが、二重盲検試験では効果はなかったと
>されている。しかし、これとは別の実験では、アスコルビン酸が、発癌物質の
>ニトロソアミンの生成をふせぐことがしめされている。
>つかわれなかったアスコルビン酸はすぐに尿といっしょに体からでてしまうが、
>長期間にわたって大量にとっていると、膀胱や腎臓に結石ができたり、血栓
>溶解薬の作用をさまたげたり、ビタミンB12がこわれたり、骨からカルシウムが
>うしなわれたりする。

"ビタミン" Microsoft(R) Encarta(R) 98 Encyclopedia. (c) 1993-1997 Microsoft Corporation. All rights reserved.

330 :このスレに幻魔降臨中!:01/10/04 09:39
どうでもいいが、IMEに幻魔は登録されてないんだねー。

331 :でむぱ:01/10/04 18:39
ん?荒れてるなー。
俺の提議が親ひらりん派の怒りを呼んじゃったかな、もしかすると?
>>256でも書いたように、他意はなかったんだけどヤバネタだったら
忘れてくださいね。
>292レスさんきゅ。
やっぱ、ひらりんもまだまだ地に足がつかないというか
ふつうあの歳だったら思考が凝り固まってしまうのに
若いと言うか娑婆っ気が抜けないというか。

ここで議論になっている事って、ひらりんのそういう面を
お茶目と見るか、苦々しく思うかって事かな?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 19:33
>>331
違うな。

1.ハァハァたんが愉快犯か恥を糊塗している最中か
2.300は粘着か否か

これが目下の争点だ。

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/04 22:27
オウムもそうだけど幸福の科学の大川隆法ってもろ思いこみ東丈だったよ。
俺一時期会員だたんで、本暗記するくらい読んだ(笑い)けど。
だから、オウムと幸福の科学が仲悪かった訳だよね、近親憎悪だな。
世紀末日本を代表した(?)この二つの教団の精神的バックボーンになったんだから
良かれ悪しかれ平井和正ってスゴイ作家ではあるよな。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 00:16
幸福の科学には平井和正は影響あたえてるのか?
高橋圭子のオヤジさんの弟子でしょ、大川隆法って?

335 :短編集には期待大:01/10/05 00:25
314には笑えたな。もっと、おもしろユートピア(死語)して欲しいぞ。
それにしても、実際のところ、「G」やら「幸」やら「O」とかに、ど
のくらいヒライストが流れたんだろうね。そんなに多くはいないと思う
んだが。

どうせだから、もっと危ないネタを書くつもりだったんだが、今日はや
めとこう。いやあ、ひらりんの往年の名作を賞賛している方が楽しいよ。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 00:28
あれは弟子じゃないよ、ただのパクリだよ。
親父さんが宗教遍歴家でGLAの教義を二流商社マン中川隆くんに教えたのと
もとGLA会員でヨガ・瞑想研究家の原久子が草創期のブレーンだっただけ。
GLAを吸収できるかともくろんで高橋信次エルランティを教義に加えてたけど
できないと断念したら、とたんに大悪霊エンリルの化身ということになった(笑)

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 00:35
>>336
へー。じゃあそれまでの持ち上げぶりとどう整合性とったのかな。
主宰大先生様ともあろうものが、えんりる?ごときに騙されていた...
などどは言ってないんだろうな。解説きぼーん!

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 00:37
>>336
それで結局平井和正は幸福に影響あたえてんの?

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/05 01:08
宗教板でやったらいいんじゃ?

340 : :01/10/05 02:46
もはやこの手の「超能力」はSFじゃなくてオカルト小説の題材だろ。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 03:16
そういえば、

・突き付けるような生々しい描写で読者にチャレンジ
・何度かの挫折と試行錯誤
・メジャー受け開眼
・宗教がかる

ってのが、永井豪とジョージ秋山にもあてはまるような。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 05:29
永井豪といえば、幻魔が大ブームの時にSFアドベンチャー誌で
「超幻魔大戦」という、とんでもないマンガ(絵物語?)を連載
していた。
ストーリーはよく憶えてないが、舞台は絵に描いたような未来。
なんだかわからないが、ヒロインがデコスケとかいう家政ロボッ
トにレイプされる寸前ってとこで、突然永井豪が事故にあって連
載終了。
恐るべし幻魔!恐るべしバチガミ!恐るべし平井和正!

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 15:41
ジョージ秋山は平井和正の上をいってると思うな。
瞑想中気がついたら空中浮揚してたそうだし。
そういえば「教祖タカハシ」なんて書いてたな。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 15:47
「ラブリン・モンロー」、第一回の絵柄を見た時は
西海岸系アングラコミック風で「おおお〜!やるじゃ〜ん!」だった。
しかしどう展開したかは承知の通り。
一時、えぐるような問題提起を感じた浮浪雲も「今週の人生ワンポイント」
みたいになってるし。
若い頃の怒りや瞬発力を維持するのは大変な事...であるか...

345 :344:01/10/06 15:49
あれ? かぶったね343(笑)
どうも。

346 :344:01/10/06 15:56
あの当時ヤンマガを読んでいたが、
ラブリンモンローの説法くささ、アキラのニューエイジサインス感、
シャコタンブギの、ドキュソが人生のわびさびをかいま見る展開など、
(ときどきそういうイイ話がある)
今思うとあの時代ってかなり精神世界肯定だったと思うよマジ。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 16:45
ジョージ秋山は今でも宗教色が強いけどね。
あ、平井もいっしょか。

348 :333:01/10/06 21:20
>>334
>幸福の科学には平井和正は影響あたえてるのか?

亀レスだが、影響なんてレベルじゃないよ。
完全に幸福の科学のバックボーンになってるはず、大川は認めてないけどね。
<光の戦士>とか、「幻魔」から引用したらしい用語がゾロゾロあった位。
俺はそれで「幻魔」で予言していた救世主はまさにこの人(大川)だと確信
して会員になったんだよね。
他の宗教団体だったら絶対に入信しなかった。
なにしろ「幻魔」を読んで新興宗教のデタラメぶりを嫌というほど知っていたから。
ただその「幻魔」(というか平井和正)のおかげで大川を東丈と思ってしまった
んだよね。
最初のころは大川も凄く謙虚で、幸福の科学もかなりリベラルな雰囲気だったから
チョットGENKENみたいなイメージがあってなかなか楽しかった。
途中から大川がエル・カンターレ宣言してカリスマ化してから、あっという間に
堕落(?)してしまったので、俺は嫌気がさして会員止めてしまったけどね。
今となっては苦い思い出だが(笑い)。

349 :短編集には期待大:01/10/06 21:26
実在する宗教団体の教義とかに立ち入った話題になると、
話を続けられにくくなってしまうわなあ。幸福教団の宇
宙観は、G教団よりは幻魔宇宙にそっくりと思ったので、
教祖はひらりんの読者であったと個人的には確信してい
る。ただし、東大卒のエリートであることを売り物にし
ている教祖は、ひらりんの本を読んでいたなんて言うこ
とはないんだろうなあ。ひらりんが有名な哲学者なり、
国民作家であるなら、言及するんだろうが。

もし、本当に影響を受けた教祖がいるとしたら、ひらり
んの小説を預言書としたのだと、堂々と宣言して欲しい
ぞ。それだけ、深く信仰について考え抜かれた作品では
あるんだからね。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/07 04:06
>349
その影響を受けた作品が幻魔だとしたら、やはり怪獣映画をパク
ったマンガが元ネタになってる小説だなんて、カッコ悪くていえ
んだろう教祖様も。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/07 16:30
そのゴジラ映画のどこをパクってんの?
墜落する飛行機からフロイに召喚されるあたり?

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 08:02
>351
飛行機上での王女と侍従のあたりは、モロパクリなんで分かりやす
いが、重要なのは怪獣キングギドラの設定だ。
初登場したキングギドラは、宇宙をまたに掛け惑星の文明を根こそ
ぎ滅ぼしていく、邪悪で強大な存在として描かれている(2作目以
降は悪い宇宙人の手下に成り下がり、その面影はない)。
いうまでもなくこれは幻魔の基本設定そのものだ。
そのあたりを考えると、普通の人類ではなす術もない強大な敵に立
ち向かうのが、地球怪獣の連合軍なのに対して集結した超能力戦士
というのも、元ネタをひねって生み出した設定ではないかと思われ
る。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 12:01
>352
怪獣は再登場するとヘタレる、ってのは、特撮のお約束でわ。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 20:12
>>352
その程度でパクリとはいわんだろう、普通?
平井にしても「8マン」の加速装置とか日本のマンガやSFは散々頂きをやって
きたわけで今更という気がするなあ。
大体平井って怪獣映画のファンじゃないから、パクッたとすれば石ノ森がやった
事じゃないの?

355 :短編集には期待大:01/10/09 00:38
『地球最大の決戦』の頃はゴジラ映画の全盛期で、おそらくひらりんも
ロードショー公開で観ていたと思うぞ。279で指摘したような霊魂の宿
った女性との恋なんて、『美女の青い影』に似ているよなあ。『悪霊の
女王』のアニマでもあるか。終末の到来を予言する美女という設定が、
ひらりんの琴線に触れたのではあるまいか?

ひらりんは『きまぐれオレンジロード』にしろ、影響を受けやすいしな。
ただ、絶妙にひねったんだよなあ。例えばゴジラ映画では逃げるギドラ
を一同見送って大団円だったんだが、コミック版『幻魔』ではベガがル
ーナ姫に止とどめをさそうかと決断を促したのに逃してしまい、三千子
姉さん死亡の悲劇につながってしまうなどのようにね(小説版のルナは
ちゃんと決断し、その辺りから時空が分岐したようだが…)。

ところで、今年の「トンデモ本大賞」だが、『メガビタミン』がノミネ
ート外だったにもかかわらず3位の得票だったそうじゃない。誰か投票
した?

356 :玄玉伊仙:01/10/13 11:55
しつこく172の「不死」のモチーフの指摘にこだわりたいね。
リアル厨房だったころ「サイボーグブルース」で一番印象的だったのは
サイボーグがメンテナンスしないでいたためボロくなるくだりだった。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/13 21:00
>>玄玉
172読んだ。
TVショッピング見るたびついつい買っちゃう主婦と同じだ。
で、次から次に試さずにはいられないあさましい自己を正当化する為、
商品がどれだけ素晴らしくて必要不可欠か周囲に力説するうち
自分自身に洗脳かかっちゃう。
よーするに、はまらずにいられない体質。

358 :短編集には期待大:01/10/15 22:19
>>356
サイボーグ特捜官仲間が訪ねて来る話を例に出すなんて、良いねえ〜。
メテナンスしないとダメじゃないかと軽くあしらわれてしまう場面は、
確かに衝撃的だったよ。工業高校出身で機械いじりが得意なひらりんら
しいこだわり描写なんだろうが、それだけでなく、無敵のマシンもいず
れは壊れるし心も救われない、不死身人間であってもやはり寿命はある
だろうし魂は傷つきやすい、しかし、永遠なる魂の救済世界なら真の意
味での不死になれる…、とひらりんが遍歴していく予兆だったか。

>357
読む気のしない作品があると172後に書き込んでいるんだが、買っても
読む気がしないのではなく、買う気もしなかったんだよ。25冊ほど未購
入作品が溜まっても禁断症状にならないんだから、多分大丈夫(笑)。
メガビタミンだって一度たりとも試みてないし。でも、今のひらりん本
は買い逃すと、紙の本では手に入れにくいんだよなあ。

今度の短編集には、SF短編の名手だった時代のひらりんに再見できる
のではと期待している。ひらりんが新作の短編集を出すなんて、二十数
年ぶりの椿事なのだ。数年前に出版された『月光学園』のあとがきでは、
18回も「言霊」と記し(数えちゃったよ)、短編は執筆できないと言い
訳していたのだからさ。

359 :357:01/10/15 23:23
>>358

357はひらりん本人を指したもの。
しかし信者をも指していると今気づいた。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 01:30
1で書かれた「「予言」は当っても「約束」は守らない。」の発言ですが、
当たった予言とは何のことですか?

361 :まぼろしあくま:01/10/16 08:45
 SF特有の「先見性」(当時はなかった中学枝
の荒廃ぶりとか、あたかもソ連が存在Lないか
のようなストーリー進行とか)
あとΓ小枝」なところで傷ロを接着剤でふさぐ
などのアイデアのことかと
「xxがXXになる!」というハッキリしたものでなく
「時代の流れ」を「予見」することでしょう。
あ、幻魔の終わり頃で世間的には予言ブーム
だったのに「予言の時代は終った。これからは
あらゆる予言がはずれる」という逆説的予言は
ズバリ的中でしたね

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 13:52
いいからさっさとアダルトウルフガイ完結させれ

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 14:26
もう完結させようがないんじゃねーか?

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 21:15
波に乗ったSF作家ならぽんぽんとアイデアが出て当然。
「2001年、アメリカのビルに旅客機が撃突する」とかいうのを予言ってんだよ。
平井信者初め、信じたくて信じたくて仕方のない奴が
途切れた時代なんてないから、平井が言うような時代のターム自体妄想だな。
あとね、金八先生より前から不良ってたくさんいたけどな。

365 :玄玉伊仙:01/10/17 21:02
>>358 そうか、工業高校出身…
イヤー、平井センセ自身その後そういう方面の展開ないから
このセンスどっからきたのか不思議だったのだよ…
失われたもうひとつの可能性…
多元宇宙…幻魔にほろぼされちゃった宇宙あたりでは
平井センセは売れないがちがちハードSF一筋作家で
荒巻に「ベストセラー書かなきゃね…」
とかかまされて、石原所長あたりにグチたれてんだろーか。
いや、今からでも遅くない、そっちの宇宙の平井センセと
いれかわって福島編集長にボツにされた
「不死鳥はなんたら」をガジェット満載
ガーンズバックで海野十三なオールドテイスト
科学小説としてリサイクルしてくだされ。
中学生んときの作品のリサイクルより
ましじゃろうて。

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 21:49
どうせなら工場長・平井和正を見てみたいね。
年齢的にそろそろ管理職クラスかな。勤務地は荒川あたり。
鉄工所のオヤジって迷信深いアッパー系多いし(w

367 :短編集は手に入れた:01/10/18 22:05
工場長をしているひらりんとは、想像もしなかったなあ。この
スレには奇抜な書き込みが多いから飽きないよ。そう言えば、
某G教団の開祖は、工場経営者の顔を持っていたっけ。工業高
校卒というひらりんのあまり目立っていない面は、『地球樹の
女神』の後藤由起子の機械だらけの部屋のシーンなどのように、
時折現れているようだね。

幻の『不死鳥作戦(不死鳥は〜)』の設定は、『真幻魔大戦』
のオープニングにぶち込まれているかも。あそこは、ひらりん
唯一のスペースオペラと言うかワイドスクリーンバロック的な
シーンで、壮大なイメージにしびれたんだよねえ。ひらりんは
エヴァも観たようだし、モチベーション(言霊様)しだいでは、
『ハイぺリオン』みたいな作品だって書けると思うのだが。家
族が居間のテーブルの上にそんなのをさりげなく置いておけば、
あるいは…。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/18 23:06
>>367
このスレでのびのびだらだら、どうこう言いつつ
讃美してるあんたが一番奇抜。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/18 23:37
>>367
「ハイペリオン」か!
あの小説俺はほぼ十年ぶりによんだSFなんだけど、面白かった
のは平井的だったからかな?
第三部(?)で主人公とヒロインの少女が河下りするストーリーの
延々と続くくどい描写(大長編なのにほとんど時間がすすまない)とか
時間逆行病にかかった娘と父親の泣ける話とか、いわれてみると平井
が書いても違和感なさそうだな。
いきなり「ボヘミアングラス・ストリート」とか書き始めるオヤジだ
から、スペースオペラ位書いても不思議じゃないよね。
俺的には非SFの戦記物とか政治家の実録とか書いたら面白いと思う
んだが?
確かSF以外の小説って一度も書いてないよな?

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/19 00:28
> 確かSF以外の小説って一度も書いてないよな?

「虎は眠らない」(リム出版)があります。ハードボイルドなのかな。

371 :幻魔厨房:01/10/19 03:29
新作「ストレンジ・ランデブー」読んだ。
60年代の良質なジュブナイルSFのような懐かしく感動的な小説だ。
「美女の青い影」に入っている短編たちに感じが似てるかな。
還暦過ぎてもこんなリリカルなラブストーリーを書けるなんて、
平井さん、あんたやっぱりミューズの神に愛されてる言霊使いだよ!

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/19 17:52
>>368
そういう煽りにめげないのを信者というのだ。無駄無駄無駄ァ〜〜〜〜〜!!!

373 :無学者:01/10/20 21:10
この作家、昔の作品は好きなんだがなぁ。
80年代初頭ぐらいまで、かな。
たしかに昔の短編は素直に面白いと思えるんだよな。
長編(かなぁ?)ではサイボーグブルースとか、アンドロイドお雪とかサイボーグ/アンドロイドものは気に入ってる。
サイボーグブルースなんて、気づいたら3冊も持ってたし、全部同じ表紙。
古本屋で「無くしたけどもう一度読みたいな、100円?50円?250円か、いいや買っちゃえ」って調子で。
引っ越し荷物整理したらぼろぼろでてくるし・・・。

うるふがい?
アダルトぢゃないのは読んだけど、あとはどうもなぁ。
まかいたいせん?
なにそれ。

10年ぐらい前からかるとがかったのが気に障って立ち読みもしなくなったしなぁ・・・
俺にとってはすでに「過去の=新作は出ない」作家リストに入ってるし。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 21:37
俺は、往年の平井というとどうしても生頼の絵が切り離せないな。
特に死霊狩り3表紙の、レイバンをかけた田村の顔には
何かこう、崇高と言うか昇華を感じて痺れたものだった。
今思うと、平井が好き、という訳ではなく、平井、生頼込みで
本全体から来る、抗争と修羅と昇華...みたいな感じそのものが好きだった。
最近の平井本で洗練されたヘンな挿し絵が載っているともうノレない。

375 :なつかしい:01/10/20 21:53
私は46歳ですが、中学生の頃に嵌ったことのある身にとっては
何とも懐かしい限り。
平井作品が、未だにこれほど物議を醸し出せるとは、内容はともかく
やはりパワーだけは超一流だったということですか。
すごいですね。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 00:20
>>375
パワー「だけは」一流。確かに。
小説家の責任とはおもろい小説を書くこと。
その意味で小説家・平井は合格だろう。
しかし1が言っているような意味で、やっぱり俺は
平井を無邪気に肯定できないな。人として。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 00:48
というか、オウムや幸福の科学とか、そのへんの飛来問題レスが途切れて、
なんもなかったかのように讃美が続いているのが気味悪いです。
組織的な「なかったことにしよう」の息吹きすら。きっと自分が疲れているんでしょう。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 01:10
>>377
推理小説にヒントを得た殺人事件が発生した時の作家の責任程度でしょう。

379 :サイボーグ・ブリーフ:01/10/21 01:28
私も、中学頃から平井ファンだったから、学生時代、GLAとかの教団
に入るべきか悩んだことがあった。きっと、同じように悩む人って
結構いたんでしょうね。
 平井先生がいつか書いてたけど、自分が今ほっとしているのは、
自分が新興宗教に入信させた人がいなかったことだって。これもちろん
自分が直接にという意味だけど。で、私としては、小説読んで宗教始め
た読者は結局自分の責任としかいいようがないと思う。私について言うと
学生の頃、友人に誘われて新興宗教の集会に参加させられたことがある。
勧誘のノルマでどうしてもと頼まれたのです。で、とにかく入信してくれと
信者全員からしつこく頼まれたけど毅然として断った。(信者はみんな
弱そうだったので。)最後に責任者に会っていわれたのは「入りたくなったら
入ってくれればいいです。」最初からそんなつもりは‥
すいません。論点はずしちゃいましたね。つい言いたくなって。

 死霊狩り3の表紙は、私も最高だと思う。で、最近のは泉屋あゆみの絵
だけど今の作風には合ってる。今の平井作品には生頼さんの絵は合わない
と思う。

 作風はとにかく変わるけど私は今も平井ファン。当レスの皆様
お許しくだされ。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 03:52
直接も間接もない。
平井とカルトと入信者の密接な関係は疑うべくもないのだから。
過去レスにも詳しいので詳しくはもう言わないが。
常套句「信じる方がバカ」社会問題にまでなってそれが言い訳に通ると思わないように。
しかし平井、そんな事言っていたのか。
なんかおかしいんじゃないのこの平井ってひとは?

381 :ゆきお:01/10/21 05:34
常識人の書いた常識的な小説など読みたくないなぁ…
異端だからファンなんだけど。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 10:39
>>381
じゃあ松本智津夫の著作なんてもうよだれもんだろ?

383 :ひろゆき:01/10/21 15:26
ウソをウソと見抜ける人でないと掲示板を使うことはむずかしい。

384 :サイボーグ・ブリーフ:01/10/21 16:30
GLA入信までは、平井先生の責任もありうるかもしれんが、
オームなんて平井小説の世界とは無関係では?ちなみに真幻魔
を読んで山伏になった奴とかいないのだろうか。

385 :サイボーグ・ブリーフ:01/10/21 17:05
>>百地氏
リアル犬神の件は、本人がいなくなって中途切れになってしまった
のでは。平井和正自身が否定したことはないと思う。月光魔術団の
文庫版に当時の対談が載っている以上作者は今でも肯定しているの
では?

玉置山の件は、山が閉山したといっているだけで、別に切り捨てた
わけではないと思う。今でもHPの近況に玉置山の写真とか載せて
いるよ。

 メガビタについては、あれは興味あれば自分で試してみればいい
だけの話では。純粋に健康法なんだから、あれで人生を狂わせる人
はいないと思う。いたら教えてほしい。
ちなみに、わたしはチョビビタ派です。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 02:27
たしかに>>384の言う通りだと思うなぁ。
幻魔読んで、口腹の科学やオウム入った人がいるなんてちょっと信じがたい。
GLAに入るならわかるんだけど。
幻魔が直接の要因でGLA入りした人の人数もどれほどなのか?
イメージで批判するのは危険なので、するなら調査のうえで行ってほしい。
でないと説得力に欠けるので、コメント数だけ増えるだけで成果は得られないでしょう。
実際の教義の具体例を挙げて比較するところまでしないと、不毛じゃないですか?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 10:48
GLAの分裂騒動自体、平井氏が小松左京らを2代教祖に引き合わせたことから
たとえ旧幹部を失っても青年幹部とSF作家集団の支持でやっていけると
教祖を舞い上がらせた側面あり。「わたしには小松左京軍団がついている」
という発言が残ってる。
たいがいのSF作家てそんな人種じゃないのに(笑)

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 11:36
↑そら酷いな。
自分だけ来るってりゃいいものを、あの手の奴らは他人を巻き込んで伝染
させようとするからな。
そうか、「ミカエル様」に対抗して
「アンティ・ミカエル・ミカエルAMM」をたてよう、
なんて言ってたの、その頃のギャグか。
今はまともになってんのかね。

389 :短編集を読んだ(367):01/10/22 21:33
さんざん期待大と記していた新作短編集の感想について書くが、377の危惧
するような意図(目下の論点をはぐらかすつもり)はないので、念のため。

いやあ、SF短編の名手だったかつてのひらりんに再会できるかもしれん
との一方的な期待は、かなわなかったよ。昔から読みたかった表題作は既
にネットで読んでいたから省くとして(元になった未成年時代の方が読み
たかったが、ラストの余韻がひらりんらしい佳作だった)、完全な新作で
ある後ろの2話は、う〜む…。どう述べたものか、迷っていた。

何しろ、作家平井史上、類例がないのではないか。SF的要素は全くなく、
ハードボイルドでもない、一昔前の「ジュニア小説」のようなピュアな青
春小説。特に最後の話は、初心に戻って書いたと言うより、将来、平井翁
が作家人生最後の小説として発表する物の先取り作のように思えてしまっ
たな。人類の行く末への憂いとかあの世の真実とか、終末思想の微塵もな
い、普通の若者のお話。最後の最後にひらりんの辿り着くであろう境地?

正直言って、2作品とも物足りなさを感じたし、珠玉の傑作ではなかろう
(やっぱり、非日常的なイベントの起きうる舞台設定の方が、ひらりんの
作風には似合うか)。しかし、ひらりんにとって非常に大切な想いが託さ
れている話なんだと感慨深いし、心に残る。3話目のラストも好みだ。

もう新書版で9巻程の新作が完成しているというから、まだまだ執筆意欲
は旺盛みたいだねえ。その新作が気になるところだが、書店で本を手に取
り読みたい内容かどうかを、確認できる状況ではあって欲しいなあ。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 21:38
389のような内容は、こちらに書き込むべきでは?

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/981268153/l50

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 21:49
はい、>>388から再開。

392 :389:01/10/22 22:25
>>390
スマン。下の方にあるスレは、雰囲気が悪いからなあ。自分が書き込む
きっかけは、あくまで1の怒りをもっともだと思い(某G教団を理解し
ようとしていく過程にはびっくり)、現役側から彼(?)を見下すよう
な発言があったのでムッとしたからだからねえ。>43

386の調査しろとの反論には、初心に戻ってしまったよ。それぞれの信徒
を見つけ出し、ひらりんを読んでいたか、入信するきっかけになったかを
正直に答えて頂かねならない訳か。どこかの大学で大量の人員を使って、
研究でもしてもらわければ無理だろう〜。マジでやって欲しいもんだと、
前から思っているよ。

>>387
「ミカエルを囲む会」だっけ? 19か20だった大学生の女の子を、周囲が
持ち上げすぎた面はあったのだと思う。そして、ひらりんが毎度の熱狂で
神聖化し過ぎていたんだろうとも推測していたから、驚きはないんだが。

393 :通りすが〜り:01/10/22 23:08
こういうスレ、やっぱりあったのね。
あんま興味ないから事実の報告にとどめるけど、
幸腹の科学やってるおいらの知人は、
幻魔が原点ってはっきり言ってるよ。
小説は途中でへんになっちゃたけど、
平井和正の示しそうとした世界はすごいんだよ!って。
あれに一番近いのが幸腹の科学だったらしい。
らしい、というのは、いくら彼の説明をきいても
「輝くようなエモーションが」とか、意味がよくわからないから。
好きでやるんだし、もし痛い目に遇ったらそれも勉強じゃんと思うので
放置だけど、やっぱまずいのかな。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/22 23:35
GLAを捨てて、あえて降伏の科学を選ぶというのが今ひとつ理解に苦しむ。
仮にGLAを知らなかったのであれば、幻魔読者としては勉強不足だと思うし。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/23 00:39
おーっっと!
無実の平井先生を陥れる不敬の輩、ですかあ〜〜〜〜ッ????

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/24 10:52
減摩→降伏の道を辿った者はおそらく
むやみに長大なシリーズものに惹かれる傾向があるものかと思われ。
当時月に3冊霊言集を出していた大川はその最高峰かと思われ。
(俺もそうだったかと思われ。)

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/25 00:01
昔、深夜番組で、オウム教団VS降伏教団の討論番組があったのを思い出した。
浅原はしきりに降伏のカルト教祖自身が出て来なかったことをボヤいていたのが
記憶に残っている。討論自体も最後まで平行線だった。アレは不思議な番組だったな。
なぜ、こんな企画が成立し得たんだろうか。自分が当事者なら番組に出て行かないのに。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/25 22:53
>>397
朝腹が支離滅裂になるのは選挙に落ちてから。
あのオンエアが選挙前だか後だか忘れたけど、
前だったとすれば、オウムが一番充実していた時期。
朝腹も「ひょっとして、俺のオウムってイケてる?」と
内心驚きながらも自信満々ってとこだろう。

399 :K・パパ:01/10/25 23:52
1発言に戻します。
「無責任作家」と言いますがねー、
責任の取れる範疇でしか文章を書けない・書かない作家の小説なんか、
何が面白いのでしょう。少なくとも私には、面白いとは思われない。
常識的な人が、その常識的なセンスの範疇で書いた小説なんか、
誰が読みたいと思うのでしょう。
ま、本人の思惑とは別にトンデモとなってしまう可能性もありますが。
ただ、平井作品には独特の熱気がある。
純然たるフィクションなのに、事実を越えたリアリズムを感じさせる。
であるので「インタビュー・ウィズ・ウルフガイ騒動」は、
ファンにとって、ひとつの踏み絵だったと思うのですが…。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 00:06
>>399
小説内容じゃなく、本人が社会的にトンデモだと思う。

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 00:33
ゲッ……。
SF板にこんなものが
……なんてこったい。

果てしなく話題がガイシュツするだけになって
粘着連中だけの祭りの2スレ以降に突入したら、
ちゃんと難民板にでも移動しろよ。

いつのまに、こんな厨房板になってたのか…。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 00:43
>>399
戦士症候群のもう一方の雄「ぼくの地球を守って」。
作者は、カルト化していく読者に向かい
「白けるようで悪いけど、この話はフィクションです」と
はっきり釘をさしている。
単に、職場に押し掛けてくるいかれファンが嫌だったのかも
知れないが、人気絶頂期にあえて襟を正す態度は潔いと思う。
「対談」で、犬神伝説を加熱させた平井とはまさに対極。

いや、加熱させるのは構わない。しかしあれは、
作家個人の布教活動としてウルフとファンを「利用」したものであって、
「小説家として犬神明がどこまでいくのか見てみたい」というような
「汚れなき無責任」とはとうてい呼べないと思う。
それまでのファンや「狼男だよ」を手掛けた時の自分自身に対する
悪質な無責任だ。

真偽は不明だが、障害者に
「それは前世の因縁だから、
 信心すれば来世は『なおる』よ」と
言ってのける宗教者がいるとか。
清らかなプラスアルファを信じるものに、
こういう邪悪さに鈍感な者が多いのは何故なんだ。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 01:59
402の後ろ6行はそれまでの文脈からずれがある。
唐突に違う話が始まっている違和感がある。
前半については「布教活動」が何を指すか明記されてないが
仮に自著の宣伝行為を指すならば、本人自身が信じていた場合、
意図的に「利用」したとは言えないのでは。

404 :こっぴい:01/10/26 08:21
>>403
「道義にはずれてる自覚がない」といいたい例えだと思うYo!
鸚鵡や降伏が嫌いってスレ文脈には合ってるYo!

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 20:32
漫画家を例えに使うなら、鳥山明は
「魔人ブウがもう、ひとり歩きして止まらなかった」とか。
あの「対談騒動」もおんなじものだろう。
ただやはり、それを「まったく、ひらりんったら」と笑えるか、
おおマジで信じてしまうか、ひらりんのオフでの活動と併せて
トンデモと思ってしまうか、個人差はあるだろう。
ただ、クリエイターは転身を恐れてはいけないとはいうものの、
あの「対談」、ひらりんだって別に嫌われたくてやった訳じゃないだろう。
にもかかわらず一部ファンに決定的な禍根を残してしまったのは
結果的には失敗だったと思うのだが。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 21:19
あの対談、さすがにアレだと見かねた南山宏がやめとけって
平井に忠告したら、それが原因で仲が悪くなったんだって。

あの南山氏に忠告されるってのはなあ…

407 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/10/26 21:56
>>399
K・パパ氏の51での発言には好意を抱いただけに、落胆したぞ〜。
ひらりんがハルマゲドンの到来を間近だとアピールし、300対1の
割合でしか生き残る者がいないかのようにファンを驚かしたのは、
フィクション中ではなかっただろうに。また、年若いファン達よ
りも、自分の方が「後に」死ぬなんて凄い事も言っていた。後者
など宗教家の予言だとしても、空前絶後のトンデモ発言だよなあ。
そりゃ、敬愛する作家の真剣な訴えだけに、真面目に受け取って
しまい、どうしたら良いのかと焦ってしまった人も少なくないだ
ろう。

以上は、『夜にかかる虹(下)』収録の「終わりの始まり、始ま
りの終わり」と「メッセンジャー・イン・ハルマゲドン」中で述
べられていた。これらを含めた小説以外でのコワ〜イメッセージ
の数々を未だにひらりんが総括して訂正していないのだから、許
せない元愛読者たちが存在し糾弾したくなっても、やむを得ない
のでは?

>>396
勇気ある告白に敬意。元幻魔大戦原理主義者の自分としては、
幻魔読者からかの教団への転籍については394と同じ感想だったり
するんだが、長編愛好癖は理解はできるな。私見だが、地味そうで
目立たないG教団に対し、新興教団は華々しい躍進ぶりだったから、
面白そうだと選んだ人が結構いたんではないかな。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 21:58
>「小説家として犬神明がどこまでいくのか見てみたい」というような
>「汚れなき無責任」とはとうてい呼べないと思う。
>それまでのファンや「狼男だよ」を手掛けた時の自分自身に対する
>悪質な無責任だ。

禿胴。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 23:35
>面白そうだと選んだ人が結構いたんではないかな。

単に自分の好みで取捨選択したのなら、それはもう本人の責任であって
他者の責任にはできないのでは。最初にとばくちとなっただけで。
次から次へと布教出版攻勢をかける団体に目がいくのはわからないでもない。
アグレッシブな方向に気持ちが流れるわけだ。
何考えてるかわからない東丈より一転、行動する郁姫に人気爆発みたいな。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 23:42
>敬愛する作家の真剣な訴えだけに、真面目に受け取ってしまい、どうしたら良いのかと焦ってしまった人も少なくないだろう。

すくねえよ!あれだけ多くの読者の何パーがカルトにはしったんだ。普通真面目に受け取らねえよ。
結局エロ本よんでレイプしたり、映画見て人撃ったりする奴と同じ。数十万に一人の元々逝かれてて他の切っ掛けでも走った連中だろ。
そんなキティ共の為に平井がまともになって、ほぼ全てのまともな読者がおもろい本読めなくなる必要はないとおもうが?

411 :410:01/10/26 23:45
かぶったスマソ

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 23:49
俺は平井否定派だが、何も、今こそ平井の罪を暴いて社会的に抹殺せよ!
とか思っている訳ではない。
>>407が指摘するような紛れもない事実を、だから何?としか感じない感性や
「たいした事ないじゃん」と矮小化したがる心理をどうにかしてもらいたいだけだ。
こんな事書いても
「なんでどうにかしなきゃならないの?」ってナチュラルに思われるのが
ここでのオチって気もするが....

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 00:14
で、糾弾派は平井に具体的にどうしてほしいの?
エッセイや幻魔大戦や対談のたぐいをネットも含めて絶版にしてほしいの?
間違ったこといってゴメンってあやまってほしいの?
それともその影響力の暗部を、社会的に糾弾してほしいの?

それとも悪い男にひっかかって人生狂わされた女みたいに、文句いってるだけですか?
(たとえ悪かったらごめんね)

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 00:23
>>412
肩が凝ったと言ったら、これ試してごらんとヒランヤシールをくれたおばちゃん。
紛れもなく善意で、なおかつウザい。このセンスだよな。
>>413
平井を糾弾する奴の動機が、GALにつぎ込んで損したとか
そういうもんしかないと思ってるのかね?412の意味が汲めない一人らしいな。

415 :413:01/10/27 00:30
>>414
だから感性とか心理とか観念的な部分での反省とか自己批判をしてほしいと?
具体的にどうこうはいいからと?

まあ、そういう気持ちはわからんでもないが、物事結局はなんらかの形にしてなんぼじゃないかとも思うんだが。
またピントずれてたこといってたらごめんね。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 00:30
>>413
突っ込みどころ満載の作家だから突っ込んでるだけだよ。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 00:35
いやだからさ、ビリーバーって気味悪いんだよ。
この世から消えてほしいのが本音なの。
言い過ぎだったらごめんね。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 00:50
なんだかなあ。
>>413
「ここで問題になっている平井の言動」〜「ついていった」〜「裏切られた」〜「糾弾」
って発想はどうんなもんだろ。中にはそういう人もいるかもだけど。
最初の「ここで問題になっている平井の言動」そのものが糾弾されているんだよ。
例えが悪いってより、大部分には例えになってないと思うが。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 03:16
>で、糾弾派は平井に具体的にどうしてほしいの?

早く気づいてほしい。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 10:41
しかし「読者本人の責任」で済まそうとする奴多いのに萎え。
世の中には「詐欺」という犯罪もあるんだぜぃ。

421 :玄玉伊仙:01/10/27 12:14
まあSF板だからね…
作品がつまらなかったら糾弾すべきだし、
作品がおもしろいなら犯罪者だろうが
狂信者だろうが、SF作家としては賞賛
されるべきだろうし。
道徳的糾弾・宗教的糾弾はよその板でどうぞ。
ここではSFの話をしましょう。
平井和正のSF的見地からの糾弾・検証、
大いにやってくれ。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:01
>>421
仕切るな。1見ろ。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:03
>道徳的糾弾・宗教的糾弾はよその板でどうぞ。
>ここではSFの話をしましょう。

といわれても。ここはそもそも糾弾スレなわけだし。

平井の場合作品と読者向けのパフォーマンスを便利に切り分け
できないでしょ。
広くいえばSF作家の肩書きと作品を通じて社会にどう影響したか
という問題でもある。これはこれで大事な問題だよ。
SFの問題なんだから、よそでやるべきことじゃない。

純粋に作品についてだけ語りたい人がいるなら、別スレがあるから
それこそそっちでやれよ。そこで信者だけで自閉しててくれ。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:12
>421
J・ティプトリースレを見て欲しい。
個人的に嫌い、あるいは、ティプトリーをどこまで
こきおろせるかという実験、そういう動機で
あのティプトリーがボロクソにあしらわれている。
ああいうケースに対しそういう批判は成立すると思う。
あるいは、オカルト板などで、「狂信者・平井和正」などと
徹底的に叩かれるべきなのだろうか?
あそこのアンチのカルト嫌いはこんなもんじゃないが。
あくまでSF作家平井和正、と踏まえた上で語れるこの板で
騒がれているうちが吉。

425 :424:01/10/27 13:14
かぶったスマン。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:31
糾弾派は平井は五島勉などと同じ穴のムジナである、といいたいのかな?
(もっとも平井の場合は完全に世界の破滅の到来を信じきっていたが、
五島の場合は、かなり確信犯的に煽っていたいふしがある、という違いはあるが)

しかし五島の場合は、あんなもんを信じる読者もどうかしている、という論調は世間的にも
かなり見られると思うんだが、平井の場合には、あんなもんを信じる読者もどうかしている、
という論は許されないと?

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:36
>>426
「あんなもんを信じる読者もどうかしている」と言うのが
批判・糾弾でしょう。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:43
>>426
ちょっと文意がとりにくいんだけど
だって>>420みたいな意見もあるよ

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 13:43
428は>>427に対してだった

430 :427:01/10/27 13:48
ん?ん?
すまん、俺が読み間違っただろうか。俺は「糾弾側」だが。

431 :427:01/10/27 13:51
というか、煽る人とついていった人、両方でワンペアだと思う。
洗濯物をとりこむ時間なので失礼する。

432 :427:01/10/27 13:55
私が、貴重な休日を2ちゃんめぐりで費やしているネットヲタではなく、
家事の途中で寄っただけだと言ったら、あなたは信じるだろうか(笑

433 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/10/27 22:53
最新短編集のあとがきで、ひらりんが「言霊(霊感)」と記していたよ。
思わず笑ってしまったな。気にはしているんだと思う。自分が今後のひら
りんに期待するとすれば、とにかく面白い作品を書いて欲しいのが第一。
それから、ここで糾弾されているような事柄について、今の気持ちを小説
外で述べてもらいたいよなあ。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/28 22:39
age

435 :K・パパ:01/10/29 00:34
のびのびだらだら・ひらりん派さま。
407発言、「落胆」させて申し訳ない。
私も困っちゃった一人です。どう解釈すればよいのかと。
今や居直っているわけですが、つい、弁護したくなっちゃって。
433発言、「とにかく面白い作品を…」同感です。
「今の気持ちを小説外で…」平井和正という人は、新たな作品を手がける度に、
生まれ変わった気持ちになれる人らしく、今までの自分自身を他人のように
思いこんでいる節がある。そのへんがトンデモなところだし、
今までのファンにとっては、裏切られた気持ちになるのも当然。
例えば日本洋食の老舗「たいめいけん」が従来のメニューを全て放棄して
本格的なフランス料理やイタリア料理に切り替えたら?
ちょっと違うか。
あ、これは「平井和正を糾弾するスレ」であって、「平井作品を糾弾するスレ」
ではないのだね。何も私が熱くなる事はないのだ。なぜなら私は「平井作品」の
ファンであっって、「平井和正」個人とは縁もゆかりも無いのだから。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 06:38
>>435
まだ言っているのかお前。
オフでの個人的な信念や活動ぶりを能動的に作品に混ぜたのは
平井本人だぞ。まったく信者ときたら。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 07:17
>「平井和正」個人とは縁もゆかりも無い

それを言っちゃあ、だよ。
実際に平井と膝を合わせて語り合えば或いは、
ここの糾弾派だって、平井の意思や方向性に納得いくかもしれない。
しかし、実際にファンの一人ずつにそんな事していられないから
平井はてっとり早く作品で信念をアピールしたんじゃいか。
減摩にしろ、ウルフガイシリーズの後半にしろ、
「平井個人のステートメント」でなくて何だというのか?
自分はSF界の動向には疎かったが、あの手のものを読んで
何ともいえないうさん臭さを感じていた。
あの時期、平気でついていったファンの気持ちが心底わからない。
「平井、いよいよ始まるの?」とワクワクしていた人がいたなら
ごめんなさいネと謝っておく。
それでも「『平井作品」のファン』だった一人として、時々「最近」の作品も
読んでみるけど、もう自分の趣味じゃないなと痛感する。
糾弾というより、過去、なんとも白けさせてくれた作家がいたなというのが
平井に自分が思う事だなあ。

まあ、ただ自分のようなオールドファンばかりではなく、
「変節」後に平井を知った人もいるだろうし、
今書いたような文脈ばかりでは語れないだろうとは理解するが。

438 :うひょう:01/10/29 09:06
 そうですねえ。幻魔大戦なんかどんどん元から逸脱していって収集つかなくなってんじゃないかと。思っていたけど(GENKEN辺りから)。
思いつくだけのネタをただ紙に書き写してるだけって印象ですね。編集したり推敲する積もりが全然感じられないというか。話がどんどん横道に逸れても「言霊…」のせいにして知らぬ振りをきめこんでるだけじゃん。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 15:22
温帯がまた一人。
こっちのほうが先か。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 19:42
>>437
>>438
義理で書いた書き捨て作品は別として、
ある程度入魂して書いた作品に
作家の信念が反映されない方が稀じゃないの?

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 22:12
遠い昔の物語。
工房の頃のある夏休み、一週間ぐらい、メシ食う以外はひたすら幻魔を読んだ。
工房の頃のある春休み、一週間ぐらい、メシ食う以外はひたすら真幻魔を読んだ。
すべてが終わり思ったこと。

だからナンナノサ!わけわからん!!
特に真幻魔。犬が出てきてサア大変。だからナニ?

あれからまだ一度も平井物には手を出したことがない。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/29 22:23
>エッセイや幻魔大戦や対談のたぐいをネットも含めて絶版にしてほしいの?

僕ァ、別に守銭奴じゃありませんがね。
もしもそういう物質的な補償って線でいうなら
隣室に山積みになってる幻魔本をキャッシュバックしてほしいですね〜。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/30 10:01
絶版の意味わかってますか?

山積みの本は灯油かけて燃やすと
暖かくていいですよ

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/30 17:52
>>442
同人誌と平井本は土瓶敷きにちょうどいいですよ。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/30 21:00
>>443
ごめん、やり方よくわかんないや。教えて。
君んちでやっていい?

446 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/10/30 21:51
楽しい雰囲気で良いぞ〜。

>K・パパ氏
いやあ、「難民板」とやらに移ればとの書き込みがあったので、
初めて訪ねてみてびっくり。2ちゃんねるは、宇宙全域どころか
多元宇宙の彼方まで侵攻している幻魔大王軍みたいなんだねえ。
あそこに、ひらりんスレを設けてはいかんですな。それにしても、
幻魔フィーバーの渦中に発表された先駆的な論考『道化師と神』の
著者である中島梓女史は、どうしちゃったんだ?

>>437
神がかり始めた頃のひらりんに反発した世代の視点とは実に貴重だ。
『幻魔』発表時代から参入した年若いファン達のほとんどは、幻魔
を読んでいる時に作家の思想的バックボーンが気になったりはしな
かったろう。大多数は単なるSF小説と思っていたはず。だが、…。
その辺りからのアプローチなら、玄玉伊仙が421で提唱したSF的
見地からの検証も可能なんだよな。中島梓は、それを試みていたのに。

441には大笑い! イヌの続き、読みたかったよ。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/30 22:42
>>437
別に擁護するつもりもないが、あの「平井変節」の時期は、
雑誌ムーや戦士症候群に代表されるマインド革命的なものが注目され
輝いた時代でもある。まだサリンは撒かれていなかった。
オウム以前にもあの手の現象、言動をウサン臭いと見る向きは当然あったが、
時も時、バブル前期の何でもアリなお祭り騒ぎの中で
それまでの抹香臭い衣を脱ぎ捨て、団体名をアルファベッドの頭文字にした
宗教団体たちは誰はばかる事なく花ざかっていたのである。
そのような時代背景も考慮にいれるべきだ、と
同じおっさんの一人として指摘しておく。

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/30 23:38
>447
世の中は老いも若きも浮き足立ってましたね。
私見ですが、80年代始めに、今の17歳ムードって既に作られたと思います。
ツッパリが社会現象としてアピールする裏で、不良でもなく、
かといって幸せでもなく悶々としていた、自分もそんな一人。
ムーは自分も読みました。何か脱出口があるんじゃないかと思って。
でも、あの手の幻想で心を満たすのが余計に辛くて読むのはやめました。
でも、あっち方面に完全に行ってしまった人も世の中には多いと思う。

ええと、平井和正と関係ないような雑談ですかねハハ...

449 :西城恵:01/10/31 21:02
アダルト・ウルフガイが神がかった時、もうこのシリーズは死んだと思った。
幻魔大戦の小説版が出てきた時、ようやく少年マガジン連載のマンガの続きが
読めると思って期待したが、角川版は「6」で、新書版の「真」は「2」で
読むのをやめた。だから「狼のレクイエム」第三部を名乗る小説が出ても、
パラパラと短時間立ち読みして、その場を離れた。もう自分が好きだった
平井和正という作家は死んだものと考えている。いまいる同姓同名の作家は
別人なのだと・・・

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/31 23:37
449みたいなのは、聞き飽きたなぁ。同じくりごとをいつまでも聞かされても・・・

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 00:05
>>450
「オウムは解散せよ」ってのは繰り言かね?

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 00:06
だいたい聞き飽きたならてめーが落ちろヴォケ。

453 :452は氏ね!!:01/11/01 01:06
いやだね、誰が落ちるかヴォケ。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 07:08
>>450
俺も、何様だと思うが。名無しに飽きたと言われても。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 13:59
>>449
 狼のレクイエム第3部は買わなくて正解。つーか違うタイトルで出してくれよな。
 作家の名前はどーでもいいんで、旧作の続編と称して変な新作を出さないように。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 18:16
これはおおげさな例えなんだけど。
ベトナム戦争の時、米軍側では戦略核の使用が検討されていたらしい。
しかし、様々な理由により使われる事はなかった。
「結局使わなかったんだから、今さら語っても無意味だろう」
あなたはそう思うだろうか?
平井和正も結局、ごくごく一部の気合いの入ったカルトヲタの人生を
ほんの少し煽っただけなのかもしれない。大部分には人畜無害な
「酔狂」で済んだじゃないか、と。
しかし仮に、あの時期、彼が入れあげた団体がオウムだったら?
統一教会だったら?
「平井はそんな事はしていない」
その通り。
自分は、平井の一連の活動の、本質的な危険性を言っている。
平井ファン転向せよ、と受け取らないでいただきたい。
そう言ったところで好きなものは好き、曲げる事は難しいだろうから。
ただ願わくば、「考えるファン」として振舞って欲しいと自分は思う。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 18:28
>>456
どうこう言って、叩いて遊びたいだけだろ?
正直に言ってごらん(w

458 :455:01/11/01 18:36
>>456
 正論だと思うけどね。
 ただ「考えるファン」なら裏切られたとか弾劾しようとか言わないわけで。
 私の知人でシツコク平井作品読んでるやついるけどさ(苦笑)、
 そいつにとっては「自分の思想」は自分のもので、
 「平井の思想」は「平井の思想」なわけ。
 だから平井がコケても、そいつがいっしょにコケることはないし。
 またそいつがコケても、平井の責任でもないわけな。
 つーか、それがアタリマエでしょ。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 19:02
>>458

考えられないファンに物言っている、考える元ファン、そういう構図だろ?
だいたい「裏切られた」って表現は何ざましょう。
愛読していたシリーズが変質したので、大変不愉快ではあったよ俺の場合。
で、捨てたと。
君は「コレは裏切りか? いやついていくべきか?」なんて葛藤しちゃった訳?
藁貼ってやろうかオイ。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 19:10
>だから平井がコケても、そいつがいっしょにコケることはないし。
>またそいつがコケても、平井の責任でもないわけな。
>つーか、それがアタリマエでしょ。

まったく。一度知ってしまえば、ひらりんがいてもいなくても
メガビタミンは購入できる。買うのは自由だ(笑)

461 :455:01/11/01 19:21
>>459
 つーか、
 元・考えられないファン=弾劾派
 現・考えられないファン=擁護派
 でしょ。
 俺も「別作品」をウルフガイの新作と称されてアタマきて捨てた口。
 葛藤? なかったっす。古本屋にソッコー売ったし。
 456さんが「考えるファン」って書いてたからさ、思い浮かんだわけよ。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 19:38
マターリとしたファンが逝っちゃった元信者を諭すスレ?

核使用→世界あぽーん
平井オーム入り→皆大笑い

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 19:43
>>462
「元」じゃない方も混じっているようです。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 20:04
>>461
君は即座に「別作品」と見破れた人、
糾弾派は「一度惑わされたけど考えるようになった人」
...ですか。
いや、ご立派です。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/01 20:59
抗争の時代は終わった。
今より大いなる融和の時代が始まるのだ。
血で血を洗う抗争を止めようとしない糾弾側よ、
己の狭い世界を飛び出し覚醒するのだ。
平井は、その気になればより大規模な活動も出来た。
しかし、敢えて種を撒き身を引いたのだ。
中途半端でも無責任でもない。彼がそうなるべく目論んだ事。
彼が思い描いた壮大なビジョンに思いを巡らせよ。実現せよ。

466 :えー坊:01/11/02 01:37
平井氏は早川文庫版のウルフガイシリーズの後書きで
自分はだれかがとり憑いて自動書記でかいているのだ
と言っていたように記憶しています。
だから、その時点で作品にたいする責任を回避している
わけですから 今更、文句をいうのは無駄です。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/02 02:04
 個人的に糾弾したいのは、「地球樹の女神」の新書の7巻以降出版せずにネットでの有料公開にしたことです〜。
 やっぱりあの挿絵で最後まで読みたかったです。角川版は絶版だし…。

468 :サイボーグ・ブリーフ:01/11/02 03:36
改竄の為、出版社を変えたのです。その後、徳間書店からハードカバーで
出してます。そのあと、e文庫化したはず。
でもあの挿絵by山田章博氏は確かにすばらしかった。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/02 04:25
467氏はアスペクト版のことを言っているとおもわれ。

470 :平丼信者(w:01/11/02 13:24
>>467
角川から1〜7巻まで出版。改竄が発覚し絶縁。
徳間からハードカバー1〜13巻出版
後、アスペクトから出版するも、出版不況の煽りを受けて月光魔術團
ともども出版頓挫。
ということで、平井氏の意志で紙の本での出版をやめたわけでないの
で筋違い。
逆にe文庫があったればこそ月光魔術團の続きを読めたのだからオン
ライン出版に感謝せねば。

>>469
アスペクト版は確か6巻までしかでていなかったので角川版のことと思
われ。

471 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/11/02 22:29
>>456
君の懸念には、まあ同感だよ。似たような意見の>>412もね。実際、現役ファン
かは分からんが、ひどい書き込みがあるからなあ(新興宗教に移籍した元愛読者
達を「キティ共」と罵っていたのには、ショック。告白してる人もいたのにさ)。
でも、あまりヒートアップすることもないよ。自分も>>172で、ちらっと書いた
から何だけど、現役のひらりんファンはもう少数だし、多分彼らがひらりんの
危ない言動に従う可能性も低いと思うんだ(嫌がる子供にメガビタミンを飲ませ
ようと頑張るお母さん達は怖いが…。あれ、マジで平気なのか?)。

ひらりんの「言霊力」もずいぶん弱まっているしな。統計的裏付けがないから
断言は出来ないが、ひらりんの読者がめっきり減ってしまったのは間違いない。
数年前まで、ひらりんの新書がベストセラーランキング上位に載っていただろ。
売れているように錯覚するが、あれ瞬間的だった。他のランク入り作品が翌月
にも残るのに、ひらりんのは載らない(載るのは次の巻)。おそらく、ひらりん
ファンは固定ファンが多いだろうと、出版社が過去の実績を元に多めに刷って
いたのではないか? 実売を元にした書店別のランクでは見かけなかったしさ。

まあ、1990年代に、読者がどんどん減っていったんだろうなあ。そして、その
理由は、ひらりんの危ない言動のせいと言うより、本当のところはひらりんの
小説をつまらないと思い離れて行った者の方が多かったのだと思う。蛇足だが、
離れて行った元読者達は、「言霊」に見放された訳ではない。逆なんだよな。

>>449
コミック版のファンなら、6巻が限度だったか! あと4巻でベガ、10巻程で
サンボ、『ハルマゲ少女』まで読めばルーナ姫が登場してるのに(誇張あり)。
どの時点で、ひらりん作品を読むのをやめたかと言う証言は、人それぞれで
大変興味深いぞ。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/02 22:54
ひらりんと周囲の事ばかりに話がいっているけど、
>456のいう「危険性」の中には、ひらりん本人の破滅という
ものも入っていると思う。中沢新一みたいな目に遇わなかっただけでも
ラッキーだよほんと。

473 :サイボーグ・ブリーフ:01/11/03 00:03
>>467
申し訳ない。私の理解が浅かったみたい。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/03 09:17
この掲示板で遊んでる奴らって、今流行のひっきー?!
キーボードが恋人の童貞やろうが!!
死ね!ばーか!

475 :474:01/11/03 13:25
「ひっきー」は「ヒッキー」ってカタカナだったかな?スマソ
鬱だし脳...

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/03 13:44
>本当のところはひらりんの小説をつまらないと思い離れて行った者の方が多かったのだと思う。

図星かも。オレも「地球樹」途中の巻、すっとばして読んだせいもあるかもしれないけど
ラストはなんじゃこれ? と思った。
「月光」は第一期を流し読みするのが精一杯。

でも最近でた短編集はよかったよ。昔の平井という感じで。

ただ・・・・・・「エイトマン」とかある種のリメイク書こうとしてるんだよね。
率直に言って、そういう行為は創作力の衰えた作家がすることが多いよね。
松本零士の「新ヤマト」とか永井豪の「デビルマン・レディー」とか。
平井もそうなのかなあ。
ただ彼の場合はもともとシリーズ型の作家だから、昔のものをほじくりかえしている
とは決め付けられないものがあるけど。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/03 16:03
>>476
永井豪は昔から同じ話を何度も何度もリメイクしてるぞ。

478 :449:01/11/03 16:58
>>476
エイトマンは漫画家が拳銃不法所持かなにかで逮捕され打ち切りに
なったんだよね。幻魔大戦も不人気で打ち切りになった経緯がある
し、平井としては中途半端に終わった作品を完結させたいと思って
いるんじゃないかな?エイトマンについては狼の世界(ウルフ・ラ
ンド)のころから、そういう事を書いていたし・・・

でも、幻魔にしても漫画の時とは全然違った展開をみせたし、エイト
マンも昔のイメージを持つ読者にとっては復活反対かもしれない。

>>471
ハヤカワ文庫や祥伝社からウルフガイを出していた頃も1週だけ、
トップで2週目は圏外でしたね

479 :ん?:01/11/03 18:45
なんだここ?

1はネタ。
アンチテーゼとして賛美して止まない下僕の会って事だろ?
見えすいてるな。

480 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/11/04 00:39
>>472
やっぱり小説を書くのが一番好きなようだから、最悪な形で危ない人物に
巻き込まれずに済んでいるのかもね。

>476
『地球樹』のラストに納得しなかった? 同じだよ。あの作品、完結した
初めての長編シリーズなんだが、不満が残ったんだなあ。その後の作品を
読んで考えていたのは、ひらりんは長編シリーズの完結の仕方が不得意で
はないかということ。『8マン』やコミック版『幻魔』などが不幸な打ち
切りで無理やり終わらされてしまったこともあり、長編シリーズを上手く
収拾するテクニックが鍛えられなかったのかもしれないと愚考した。

作品が長くなればなるほど、上手く完結させるのって難しいと思うわけよ。
しかも、終わった時に、なにそれって読者に呆れられてしまったならば、
次の長編シリーズにトライする読者は減ってしまう。読者全員が満足する
ことは不可能だろうけどさ。ひらりんは長大なシリーズが多いし、読者が
少なくなった一因ではないかと考えているんだが。『月光魔術団』はどう
だったんだろうか? 読まれた方の忌憚のない感想が聞きたいなあ。

>478
昔もランク入りが一週目だけとは初耳。増刷は小刻みだったのかな。

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/04 00:51
というかあれだけ長大なシリーズで大風呂敷広げれば、うまく収束でき
ないのが普通かも
「ゾンビー・ハンター」とかうまくまとまってるじゃん。
だけどあれ、全3巻で、一般の基準からいったらかなり長目だと思うよ。
展開のしすぎが原因で、収束の技術に問題があるんではなく、
やっぱり過程に問題があるんでは。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/04 01:08
>>480
小説版・幻魔以前の平井は遅筆かつ寡作で、ある意味いまよりも
ずっとマニアックな読者がついていたのさ。ウルフガイの続きが
読みたくてファンは禁断症状状態だったからね。新作がでた直後
にみんな買っちゃうんだ。もちろん増刷もされるから新しい読者
も徐々に増えていくんだけどね。1970年代、平井が1週だけ
ベストセラー作家になるのは当時の読者にとっては有名な話しだ
よ。

483 :サイボーグ・ブリーフ:01/11/04 01:14
>>480
そもそも小説を完結させること自体に意義を感じてないようです。
アダルトウルフガイの続きも書けることは書けるがあまり意味がない
的な発言あります。漫画的なキャラ立てを技法としているのだから
ストーリーを完結させるより、一話一話の盛り上がりを重視している
のでは。言霊がやってこないとも言えます。
月光魔術団は、具体的な内容は言うだけ野暮なので言いませんが、
要は謎と言うか、神秘的な終わり方です。ゲノム危機や秘密結社、
謎の登場人物全てに決着がついた訳ではないです。
再開しても自分的には全然不思議でない感じです。こんな説明では
わけわからないかもしれませんね。

484 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/11/04 22:41
>>481
『ゾンビーハンター』は大傑作だね。程よい長さだし。知ってる
のかな? あの作品、元のコミック版『デスハンター』では続き
があって、田村たちが新興宗教みたいに不死の布教をしているエ
ピソードがあるのだよ〜。ところが、新たな人物からの視点だし、
いまいちパワーダウン。それを考慮して、小説ではそのパートの
前で終わらせた(?)んだろう。そもそも、過程に問題があると
指摘には同感。でも、どんどん暴走してどこへ行くのか分からな
いのが、ひらりん作品の醍醐味でもあるからねえ。

サイボーグ・ブリーフ氏の説明(感謝)からすると、完結の流儀
は特に変わってないか。37巻もあってこれまでと同じだと、読者
が限られてしまっている現況は仕方ないな。「新作SF期待大」
としたいんだが、さて…。また圧倒してくれないもんかなあ。

>>482
なるほど。そのマニアなファンたちが、ひらりん神がかりの時に
どっと減ったので、ひらりんは宗教的表現をストレートに出さな
いよう、一時軌道修正せざるを得なかったのか。

485 :サイボーグ・ブリーフ:01/11/04 23:37
>>484
デスハンターでは、田村達が新興宗教を〜

はあ〜っ。驚きました。こちらこそ、ありがとう。

486 :481:01/11/05 00:16
>>484
知ってる。なかなか読める人いないだろうからここでネタバレしちゃうけど、
田村たちが生き残って(ゾンビーと一体化して)るんだよね。
でSが驚愕して終わるんだっけ?

487 :のびのびだらだら・ひらりん派:01/11/06 23:22
ずいぶん下がってしまったな(103)。最近のひらりん作品の話題になって
しまうと、より下に沈んでいる本家の平井スレ同様に閑散としてしまうね。

>485
『デスハンター』は、古本屋でけっこう高値。小説化されていないパートは
大してページ数がないから、わざわざ購入するまでもないかも。

>>486
君が「1」ってことはないよね? このスレのタイトルは衆目を集めたので、
様々な立場の意見が読めて面白かった。特に、70年代後半の「ひらりん神が
かり」の際にファンをやめた方が、それでも時たま読もうとしているんだが
とのコメントは感無量。新作の題名は「ひらりん、さすがだねえ」のかっこ
良さだから、内容の方も離れている古いファン達が戻ってくるような出来で
あって欲しいよ。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/06 23:28
ところで、せっかく1氏が指摘した一連の事柄についてなんだが、いまいち
じっくり話せなかったので残念。内容的には、マタ−リと冷静にsage進行で
話すべきかと思っていた。誰か、話し足りない人はいないかな?

489 :サイボーグ・ブリーフ:01/11/06 23:55
皆さん、驚いたことに(私だけ?)ライトノベル版に
「なんで幻魔大戦なの?」というスレッドが立っていますぞ。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/07 18:19
肯定の病理が観察できる興味深いスレッドでした。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/07 20:09
禿げ同。
否定の病理も観察できたけどね。
結局、平井と自我が直結してるイタイ連中のスレだったってこと?

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/07 20:26
>>490
>>491
キツい一否定につき十肯定でかき消されるのが最近のトレンド。
書くだけ無駄だ。のびのびだらだら晒させてやんな。

493 :来た。帰る。:01/11/08 20:53
括約筋の伸び切った垂れ流し肯定ぶりですな。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/08 21:33
でも、のびのび・だらだらひらりん派さんの平井批判は面白かったけどな。
ゲンマからビタミンって妄想のスケールがメッチャ矮小化してるのは笑ったけど、
そうか平井は死の恐怖にとりつかれているのね。
周五郎の晩年はわざと体を壊していい小説を書くために自分を追い詰めていたっていうけどね。
ぜんぜんちゃうやん(笑)。

495 :また来た。もう寝る。:01/11/08 21:47
ケツの穴は小さいが垂れ流しぶりは一人前って事っすね。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 11:38
>>490-495
自作自演ばればれだぞ(w

497 :494:01/11/09 18:03
>>496
まだ指摘やってんの?好きだねえ。
痛くも痒くもないんですけど....

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 18:20
指摘小僧で平井下僕。ああ素晴らしい。
あっ2回レスしちゃった!粘着ですね俺!
おならぷう。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 18:23
あ、すみません、何となくロムっちゃいました!
もうダメですね俺!

500 :496:01/11/09 18:36
>>497-499
自作自演だってバレバレ。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 22:25
なんだかなあ。リアル犬神明とかについて意見が聞いてみたいんだが…。

唐突だが、P.K.ディックだよ。神がかり作家ぶりがひらりんに似てるのでは、
と関心をもったのをきっかけに大半を読破した。例の釈義はさっぱり分から
んし、どうでもいいが(妄想幻魔大戦だしな)、確固たる現実が揺らぎ融解
して行く作風は、ひらりん作品(特に1990年代には加速)と共通している。
ただ、ディックのが1巻本なのに、ひらりんは9巻、37巻、と長大過ぎる。
それじゃあ、一般読者に敷居が高くなってしまっても仕方ない。

ところで、心身共に病んで早世したディックに比べ、ひらりんはとても健康。
なぜか? ひらりんがディックのように結婚と離婚を繰り返さず、家庭的に
円満だからだろう。この点、ひらりんには、S・キングが重なるな。

ひらりんファンなら、ひらりんも高く評価していた『虚空の眼』が必読!

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 22:51
平井なんかと比べられるディックとキングが可哀想。

503 :真491=494:01/11/09 23:38
>>501
ああッ俺のクローン(絶賛上映中)がッ(藁
煽りと一緒にすんなよ、>469
つか誰おまえ?>497

ディックと平井の作風に共通点があるのは同意。つか平井がディックに影響受けてるわけな。これ基本。
ディックの妄想は自我の危機から出てるんだよね。マジ分裂病。これ常識。
平井の妄想ってのはどーよ? あれは自我の危機からくるマジもんなわけ?
平井はなんでミョーチキリンな世界像を必要とすんの? オモシロイから? 死を容認できないから?
そのあたり平井ウォッチャーの分析キボンみたいな。
あとキングは常識人。平井はトンデモ。ぜんぜんちゃうやん。これ感想。

504 :昔のファン:01/11/09 23:40
>>501
>>なんだかなあ。リアル犬神明とかについて意見が聞いてみたいんだが…。

ずっと昔の平井の本の後書きだったか、対談だったかには「実は自分が
犬神明です」というイカレタ手紙が来たが、CIA等の様子がどんな資料
より詳しく書かれており、実際に経験したとしか思えない・・・というよ
うなことが書かれていたが、全体的なトーンとしては「まさかなぁ」という
冗談まじりの文章だったよ。それが10年後にはマジなものとして発表され
るのだからな。昔のファンが離れる理由の一端がわかると思いませんか?

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/09 23:46
>>504
知りつつも捨てられない、これ病理。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 00:53
ニカラグァはイタリアの首都、これ定説。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 14:16
平井なんかと比べられるディックとキングが可哀想。

508 :ディッキー:01/11/11 05:01
> 平井なんかと比べられるディックとキングが可哀想

まあ、これは煽りだと思うんですけどね。
狂気、デムパ、異様な女性観、私生活の乱れぶりでは確かにディックは分が悪い。
しかし、作品から滲むものにしろ、評伝で言われる人柄にしろ、
彼の他人に対する誠実さは疑うべくもない。
正直、現代日本のちんけなオカルトブームにモロにかぶれた
無責任作家と比べてほしくない。

509 :496:01/11/11 11:56
>>505-508
自作自演ばればれだぞ(藁

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 15:43
>>509
まだ指摘やってんの?好きだねえ。
痛くも痒くもないんですけど....

511 :501:01/11/11 19:33
ディックは愛されてるなあ。好きになったから読破したのだよ。

>>503
そうそう、ひらりんはディックの強い影響を受けたね。明白なのは先述した
『虚空の眼』なんだが、ひらりんは現実においても、世界の改変をあの作品
のように一個人の意思で行うことが可能だと、考えている節が見受けられる。
しかし、生霊が自宅に来たとか書いているひらりんだが、空に巨大な顔が見
えたディック程の異能者ではないと思う(最近、言わないよなあ…?)。

キングは昔、重いアル中になり(『シャイニング』の父親!)、更にコカイン
吸引にも耽り鼻がただれてしまったそうな。『クージョ』の頃が最も酷くて、
書いた記憶がほとんどないってさ。言霊作家的発言もあるので、逝きやすい
タイプみたいだよ。そんな彼を見守り続け更生させたのが愛妻。大学時代に
出会ってからずっと連れ添っている相手(ひらりんと同じ)というのがミソ。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 19:35
そうそう、キング作品のクリオリティが高い理由。言霊的に書く第一稿後、
数週間寝かせて推敲し、まず奥さんに読んでもらい、次に信頼する知人数名
が試読、その上で改稿。しかも、「編集者は常に正しい」との認識。いやあ、
凄い大家なのに感心するよ。

実はひらりんも、再チャレンジ、改稿した場合の方が、元バージョンよりも
良くなっているケースが多いのだ。『狼の紋章』は筆頭ね。

>>504
リアル犬神明出現は、ひらりんにとっては、待ちに待った「徴」だったそう。
ひらりん以外の者にとって、納得できない方がマトモっす。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 19:44
平井なんかと比べられるディックとキングが可哀想。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 20:07
煽ってんのは1でしょうたぶん。孤軍奮闘?(藁 まあ、どうでもいいけど。
信者の前で批判すんのも気が引けるけど、バカすぎるよね、1は。
平井を対象化できなかった自分の頭の悪さを棚にあげてるから、平井批判も厨房スレになっちゃう。
1が「自分は平井の元バカ信者の厨房です、平井をこき下ろすことで自我の安定をはかりたいんで、2ちゃんねらーの協力キボンヌ」ぐらいに自己客観化できる大人だったら、もうちょいマシなスレになったかもしれないけど。
1の厨房ぶりで駄スレになったねー実際>平井批判。糾弾か(藁

平井批判って、
(1)トンデモを信じているから
(2)過去言ったことの責任をとらないから
(3)一般読者を不用意に巻き込もうとするから
の三つくらい上がっていたね。
ひとつめは古い世代の素朴な感想でいちばん説得力がある。
ふたつめは1のような元信者のもので、特殊な批判だね。普通はそこまで平井の人格に興味ないです。
みっつめは現在の平井のダメダメっぷりを端的にあらわしているのかもな。オフィシャルサイト、キモイもんねー。
ま。だから1のような厨房が引っかかるわけで(藁
平井信者よ、自業自得だ(藁

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 20:28
>>511-512
 面白いねー。ここ数年、平井の新作ってぜんぜん読んでないんだけど、おれでも楽しめた。
 なんかもっとマトモな場所で読みたいな、あんたの平井論。
 すーぐ正当化(しかも平井の受け売り)する信者とか、平井を完全否定しないと気がすまない元信者とか、そういうバカがうるさいので、別のホームページとかで展開してくれないでせうか。
 ワガママ?

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 21:14
僕の平井を守って

517 :真の496:01/11/11 22:07
>>500>>509
ワラタ
誰だお前?

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 22:17
飛来信者の怨歌

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/14 20:14
久しぶりに幻魔大戦を読了
やっぱり最高だ!!
ハルマゲドンの到来を信じていた小学生の頃が懐かしい

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/14 22:08
超迎合的肯定者集団

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 22:03
>519
偉いねえ。もう10年以上も読み返してないが、今でも語りだせば止まらんよ。
幻魔だったら、あと数十巻続こうが愛読しただろうなあ。近年のスキンシップ
ひらりん路線みたいな雰囲気になってしまっても、かえって歓迎したぞ。

>>515
SF&エンタメファンを引き込める「ひらりん再評価サイト」(7割讃美、3割
愚痴と批判的検証)があれば面白いかもね。だが、このスレのように、そもそも
ひらりんにハマる奴が馬鹿、なんて身も蓋も無い嘲笑が飛び交う場所の方が、
煮つまらなくて良いんだろうな。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 22:21
>>521
ひらりんにはまったバカ、という見方は
ひらりん糾弾側から否定されているんだが。
愛読していたものが妙な方向に行けば誰だって不満だし、
それを言った途端「たちの悪い女にだまされた...」などと言われては、
**超迎合的肯定者集団のそしりはまぬがれないと思うが。
肯定の為なら曲解・無視なんでもありだもんなあ。ふう。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 23:56
幻魔大戦がアニメ化だって。

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/16 18:25
平井平正

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/16 22:08
>523
幻魔アニメ化って本当? コミック版なら、月の落下までちゃんと制作して
欲しいぞ。延々とディスカッションしている小説版の方でも良いが、高鳥君
のご乱交を放送コードでカットされてしまったら、つまらんからなあ。

>>522
最後の一行はオレを指してるの? 最初から一貫して1を支援し続けている
つもりなんだが…。同時に、自分なりのひらりん再評価(讃美&批判)文も
だらだらと書き込んでるが、純粋な糾弾派からしたら目障りだったかな?
スマン。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/16 22:26
よく分からないんだけど、1を支援しつつ
讃美と批判って???再評価???
なんじゃそら?

527 :525(のびのびだらだら・ひらりん派):01/11/17 01:05
>>526
そりゃ、そうだ。固定ハンドルではないから、書き込みの変遷が明白で
ないからなあ。今度、屈折した心境を説明するよ。ともかく、1の憤激
をもっともだと思い最初に書き込んだ43、次の104、137、その後もずっと
自分なりに1を支援してきたわけ。それだけに、1には再登場して頂き、
彼が糾弾した個別の事柄について話してみたいんだが。

ただし、一方で、作家としてのひらりんを再評価したいという気持も強い
わけさ。そして、その場合、過去の業績は認め賭け値なしの讃美をするが、
172で記したような批判的分析もしなくては意味がない。515が嬉しい事を
言ってくれたが、このあたりのひらりんと作品のプラス&マイナス要素を
考えることが、しいては1の提議した問題の解明になると思うしね。

あ、1を支援したいと思ったのは、彼がG教団を『幻魔』の主旨で理解
しようとし、また熊野の山奥まで行った、コアな元愛読者だったからで、
ひらりんにハマリもしなかった人の糾弾なら参入もしなかったよ。

528 :526:01/11/17 01:34
>>527
なる程。「解題・平井和正」か。
しかし、いるのかいないのか分からないが
百地がどう言うかなって感じ。
つうかあんたが百地サン?
いや、下世話の勘ぐりは止めるとして、
小児的に平井がキライというならともかく、百地のような
深い因縁があるなら、細部にこだわらず
すっぱり切り捨てるのも襟を正す行為だと思うがな。
「どうこういいながらメガビタやめられない」なんて揶揄のままでは
ないか、なんて勘ぐりも...ああ、下世話だな俺(笑)。
まあ、どうアプローチするかは人それぞれだし
バトる気はないけどね。

529 :百地:01/11/17 13:07
1です。自分で火をつけておきながら反響の大きさ
に驚き、今まで読みに徹してました。真剣な書き込
みをされている方々には申し訳ございませんでした。
 43さん(特定のネームをお持ちにならないよう
ですのでそうよばさせてもらいます)私への支持、
またお気遣い有り難うございました。また他の方々
にもお礼申し上げます。
 スレを立ち上げて以来「だまされる方が悪い」「
お前が厨房なんだよ」とゆう意見を数多く読み、確か
にこれは認めざるを得ませんでした。自分を棚に上げ
激情にかられて安易に糾弾スレを立ててしまったこと
を後悔、また反省しています。今は熱もひき多少は冷
静に考えられるので現在の考えを書かせて頂きます。
(次項に続きます)

530 :百地:01/11/17 13:12
 反省したと言った後でこう言うのは気が引けますが
、平井和正は糾弾、少なくても「批判」はされるべき
だと今も思います。広告に騙される方が悪いのは確か
ですが、だからといって出した会社の罪が免責される
訳もなく、また「私が悪いのだから」と泣き寝入りし
ているだけでは愚行は繰り返されるだけだと思います
ので。作家は今も現役ですし幻魔も絶えず再版されて
ます。再アニメ化が本当ならまた店頭に積まれること
でしょう。免疫のない、特に最近ファンになった若い
人達に「作品を愛するのは素敵なことだけど、こうゆ
うこともあるんだよ、気をつけないと私みたいな駄目
な人になっちゃうよ」とゆうのは努めだとも思います。(
〈続きます〉

531 :百地:01/11/17 13:15
 まず「物語作家」としての平井ですが、これは否定
しません。危険なことを書くからといって否定してた
ら文学自体が成り立ちません。また時代を越えて読ま
れている力は認めざるを得ないです。
 問題は「物語り以外」での言動です。前項での「予
言・約束」は今は「まあ人間だからな」と納得してい
ます。
 見過ごせないのは初期のレスにもありましたが「物
語で得られた感動を後ろ盾にしてあとがき等で危険を
まねきかねない個人的思い込みを『真実』として流布
していること」と「後年その思い込みが誤りだったと
気づいても、流布したことで起きた問題に対しての自
覚・反省・謝罪がないこと」です。そして今もその姿
勢が変わっていないことです。(続きます)

532 :百地:01/11/17 13:18
 特に「自覚・反省・謝罪がない」のがどうしても認
めらない。前に高橋氏の一件を書きましたが、あのあ
とがきでも高橋氏に対する批判は行っていても、その
カリスマを信じ、教団の広告塔をやったことに対する
反省、それで生じたことでの謝罪は皆無でした。むし
ろ自分の観察の確かさを誇ってるようにも取れました。 リアル氏に対しても「不思議な人がいたんです」と過去形で語りその時自
分がどんな言動をしたか、今はそれにどうおとしまえ
をつけたかは語らない。万事がこれです。社会に対し
て影響力を持つ者が謝りを正す機会を持つのにそれを
なさないことはやはり無責任と批判されるべきでしょ
う。(続きます)

533 :百地:01/11/17 13:22
 「なんだ 相変わらず厨房じゃん」と言われそう
ですね。確かに「勝手に信じて勝手に裏切られた」
のを今だ根に持って、私憤を義憤にすり替えている
自分がいます。書き込むだけ愚かさをさらけ出すの
でやらねばよいのでしょうが、スレを立てた者の責
任として、このままでは批判している当の平井と一
緒だと思ったので書きました。
 これからも追加すべきことがあれば書きますし、
答えねばならないレスには答えたいと思います。
ただマンガ喫茶利用なので間があくのと、下がり
落ちて倉庫行きになったらお役御免と受けとらさ
せて頂くのはご了承願います。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/17 23:57
平井を読んでた頃は十代だったんだけど、当時はあとがきの
怪しげな言葉をいちいち真に受けてこわがっていたものよ。
今考えるとぬるい笑いがこみ上げるね。あんなに沢山読んだのに、
人に読んだといえない小説になってしまったよ。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 02:08
>>527

悪いけど、洗脳の抜けきってない肯定派としか思えない。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 09:05
アニメ化のソースは平井スレに乗せといたよ。

ところで俺も十代で幻魔読んだ口だが宗教に行こうとは全く思わなかった。後書き読んでも恐くもなかったしな。

百地さんが若い人が幻魔読むの心配してたが年齢は関係なく、自己責任がいやな人間がやばいと思うね。
誰かを盲信することで意志決定を避ければ楽だから。
それであとから責任は元盲信対象に転嫁でOK。
今の批判も悪いことした奴が「誰誰が誘ったから」とか言い訳してるみたいに見えるよ。
百地さんはもうわかってるみたいだが。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 09:46
>>536
あんた、もうほとんど嫌がらせだね。
読んだ時点で嫌なものを感じたって批判者が大半なのに、
敢えて元信者の1をヨイショしてどうすんだよ。
あんたが「変節期」の平井本を読んで、天然でなーんも感じなかったのか
故意に「恐くもなかった」と逝っているのか知らないけど、
ある意味晒してしまったようだな。
そこまでして1の言う「無責任問題」、
誰かが書いた「潜在的に危険な行為」を
無きものにしたいのか?
平井が無責任なら信者も無責任だな。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 13:12
>>537
親バカ子バカ。

539 :玄玉伊仙:01/11/18 13:16
ガイシュツですがSF板ですから
糾弾も批判もSFの観点からするよーに。
予言やら超能力やら異星人やら信じてだまされた、
とかいわれてもねえ…
子供でもドラクエやって龍が実在すると思う方は
少ないと思いますが…
それはそうとコミック版「幻魔大戦」読み返してしまいました。
やっぱおもしろいわ。
そう思って小説の方に手をのばすんだが
こちらは垂れ流し文章で苦痛。
だれか小説でリメイクしないかね。
いや、実際石川賢は「虚無戦史」シリーズを
幻魔への不満、自分なりの幻魔をえがきたいからと言ってたし…
(いいかゲッターロボってのは実在しないんだからな。
石川賢にだまされたとかいうなよ)

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 13:21
>>玄玉

>読んだ時点で嫌なものを感じたって批判者が大半

また流しやがったな。マジで思考にかけられたバイアス解けてねえな。

541 :玄玉伊仙:01/11/18 13:24
…で連続ですみませぬが。
つまり実際の作品でみたされぬ
「おれの読みたい幻魔」欲ね。
岡田斗司夫だかが「銀英伝」を
よく書けてる「ヤマト」とか言ってたでしょ。
よく書けてる幻魔読みたいんだわ実際。
クトウルーかな、とも思ったんだが。
ただ超絶存在への恐怖だけだったらそーなんだけど
そこへ挑む者が集まるっていう水滸伝的伝統と
超絶者への武器が超能力戦っていうあたりが
平井センセのオリジナリティだったのだろう。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 13:28
オウム嫌いは脱信者だけのものじゃないYo!

543 :玄玉伊仙:01/11/18 13:33
…どうも年寄りは話が長くていかんわい。
まあ、早い話、そういう線の読書したいわけ。
日本版クトウルーもの(栗本とか風見とか)
読めばいいのかもしれないが
(逆にクトウルーのふりして実は幻魔の影響
ってのも日本では多いと思われ)…
実際矢野健太郎の「邪神伝説シリーズ」はけっこう
いい線いってたし。…おっと他人の板違い指摘
しながら自分はマンガの話ばっかりじゃいかんね。
てわけで餓えた・渇いた「おれの読みたい幻魔」患者
によい作品教えてくださいまし。
これまでのレスからするとまず「ハイペリオン」
読めばいいのかい?あとディックとキング?
他には?

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 13:34
「P・K・ディックが落ちこぼれのポン中だった」
と言われたら、ファンは不機嫌になりこそすれ
決して否定まではしないだろう。
あんたら、何かが変。気味悪い。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 13:39
SF板らしくやりなさい、と?
だったら、1始め「平井そのもの」を糾弾するに
ふさわしい板に立てなおすけど?
どうもお互い話しになってないようだし
糾弾にふさわしい板とスレでね。
どう?

546 :玄玉伊仙:01/11/18 18:10
SF板では糾弾も批判もSFの観点からするように。
3回もいわすな
(あたしも批判してますぜい
…それにしてもあらためて見ると速攻レス、すごいスレだな)
それはそうと石森版「幻魔大戦」の徳間から出たやつ
読みたくなってきた…読めばどうせ期待を裏切られるんだろうが。

547 :545:01/11/18 19:03
別にいつ書いてもいいじゃんか...とはいえ
同定馬鹿がうるさいから釈明とくと、
今日は休みじゃなく「待機」だから
ネットと仮眠くらいしか出来ないんだよ。

つう事で、まずはソフト目のところにリンク貼らせて
もらったよ。

548 :527:01/11/18 19:06
>>528
一度補足しているんだが、メガビタミンは一度も試みてない(昔から、
たまに飲んでいたビタミンCを、安価な原末に変えてみただけだぞ)。
メガビタミンに縁を持たない人は、自己破壊傾向をそなえているとか、
毎度の調子で煽っているひらりんに頭にきたんだから、やれないわ。
それはともかく、このスレで、ひらりんの今後の作品には期待大と、
声大に書いてきたことを反省したよ。

>>529&百地氏
う〜ん。ひどいKGB女工作員に対してさえも約束を守るため助けに
行く彼なら、かつての愛人たちの命を救うために走り回った彼なら、
自らの不注意な言葉で逆上した女の子のため(恋人がいるのに)地獄
までついて行くと言った彼=「アダルト犬神明」だったならば、必ず
謝ってるんだろうなあ。

最近のひらりん作品にも情のあついキャラが出ているようだし、ひら
りん自身が遠方まで愛読者を見舞いに行くぐらいだから、まだファン
を大切にするひらりん魂は健在らしい。百地氏がここで書いたことを
私信にしたためて直接送ったなら、おそらく何らかのリアクションが
あるはず。もちろん、批判に敏感なひらりんに封を開く前に察知され
たり、読むのを途中でやめられないよう、最善の配慮をすべきだが。
百地氏、考慮してみて下され。ひらりんは、眠れなくなるかもよ。

549 :527:01/11/18 19:26
>玄玉
お久しぶり! 『新幻魔大戦』は半村良、山田風太郎的世界だから、
満足すると思うんだが。そうそう、キングの超能力物だが、初期の
『キャリー』『デッドゾーン』『ファイヤースターター』が平井的。
と言うか、『ランボー』と共に『レクイエム第三部』に影響を与えた
可能性もある。『キャリー』で崩壊する町の名はそっくりだしな。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 20:27
ある意味平井妄想より逝っちゃってるよ。桐山の本は(藁
http://www.agon.org/

http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1005797684/

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 22:32
>>550
桐山って平井と直接何か関係あったっけ?

552 :ゆきお:01/11/19 04:53
俺的には「何もかも全部平井和正の陰謀説」が良いですね。
言霊神秘主義で読者は操り人形、…なんて信じた方が面白い。
そうであるべきだろう! …と思いたい。

1の百地さんは、責任を持ってそう感じさせる文をお願いしたい。
とりあえず、今までのすべての書き込みにレスを書くなど責任の取り方を実地で指導してください。
きっと頑なな平井信者も百地さんの行動に目覚めるはずです。
…。
『責任』すばらしい言葉です。
百地さん、頑張ってください。

…で、いいの2ch的には?

553 :北の犬:01/11/19 09:53
>>1
流れてきました。

どうも、たてるところを間違ったみたいだね。
あんたの憤りはわかるけど、所詮SF板。
マターリと平井を語る板になっちゃったみたいだ。
続けたいなら、こういう糾弾向けの板教えるよ?

554 :邪教ハンター:01/11/19 12:39
久しぶりにSF板来たら、こんなスレあったとは・・・。

結局、角川版幻魔てのは、
「高橋父がG団体を急成長させていたときに急死し、
あとを継いだ高橋娘がカリスマと奇跡が足らず分裂縮小した」てのを元に、
東丈失踪ネタになったということですか?

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/19 14:57
おい1。
>>549がお前を支援してるんだってよ。

556 :ほとんどROMってた519:01/11/19 15:19
>>554
そうだろうな。東丈の突然の失踪はそう解釈するのが一番妥当だな。
郁江の描写と高橋佳子の描写を比較してもそんな気がする。


 俺はアメリカで発生して世界中に広まったキリスト教系の原理主義的色彩の濃い
カルト宗教団体(東○○○○○の教会)に1年ほどいたから作中にでてくる講演会
の異常な雰囲気っていうのはよくわかるよ。牧師が壇上に立ってどんな荒唐無稽
なことをいっても「アーメン、アーメン」とみんなで叫んで熱狂したり、アトラク班み
たいなことをやったり、キャンプに行っては一日中お祈りしたり、説教を聞いたり、
聖書の勉強をしたりとGENKENと似たようなことをしていた。財産をひったくるような
詐欺的集団ではなかったから(とはいっても少ない財産でもできるだけ多く献金
したほうが神様に喜ばれるという雰囲気があったので信じきっている人は生活を
切り詰めて献金してたが)俺は週にいちど千円くらいの献金ですんだ。
 光と闇の対比というのもよくわかる。サタンの誘惑というのがまじめに信じられていた
ので(はじめは信じていなくても毎日のように他の信者と一緒にお祈りや聖書の勉強
をしてれば理性では馬鹿馬鹿しいと思っても心の内部によくないことが思い浮かぶと
反射的にサタンの誘惑だと感じてしまう)幻魔と日々ホントに戦っていたようなものだった。
 大学生の頃の話。今となっては懐かしい思い出だ

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 22:15
>>549
「新幻魔大戦」はマンガ版と、小説「幻魔」「真・幻魔」の谷間に書かれた
もので、ひらりんとしてはマトモだった時期の作品である。だから「新の方
は満足しただろ」と言われても???

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 00:33
>557
スマン、勘違いしとった。石森版『幻魔』とあったので、『新』のマンガ版
と混同したのだよ。玄玉氏の言った石森版『幻魔大戦』とは、『リュウ』の
だね。あれはダメだったなあ。ひらりんを思わせるSF作家が、ちと意味深
な描かれようで面白いが…。詩的な雰囲気が好きな人はいるかも。

>556
結局、郁江を理解しようよって感じで、中断してしまったんだよねえ。平山
圭子の、「一人一人がGENKEN」が、せめてもの希望だったかな。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 05:22
リュウ石森単独版・幻魔大戦続編の、最後のコマは何を意味してるんですか?
ずっと疑問だったのですが、どなたか御意見お持ちの方いらっしゃいますか。

560 :邪教ハンター:01/11/21 08:56
単なるアオリ。
どっかで連載再開したときのためのネタ。
石森は期待させすぎ。
(リニューアル009や最近の仮面ライダーは出来いいな・・・)

例:「君はどこにおちたい?」

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 14:35
>>551
「まつだしょうち」なる怪僧のモデルの一部。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/22 23:48
>>560
石森単独版『幻魔』のラストは、なんじゃこりゃあだったねえ。後半からは、
『真幻魔』とリンクするかのように見せようと、路線転換したように思うが。
石森さん的には、ひらりんのと比較され、さぞやりにくかったんだろうなあ。
終盤はやけに暗い雰囲気だし、やる気が失せていたのではないか。

それに比べて、元祖コミック版『幻魔大戦』の方は、あと数回で終了しろと
通告されたにしては、絶妙の展開で終わっていた。どうだろうか? 連載が
続いていたならば、ルーナ姫の東丈イジメ(しつけ)は更に厳しくなって
いたのではないか? まだまだ東丈は、小説版の高鳥のように生意気だった
し…。小説版からのファンなので、コミック版への思い入れは少ないんだが、
元祖メンバー中心のストレートな続編も面白そうだね。

>561
『人狼白書』の人ね。ひらりんは、批判的観点からだろうが、某A宗に関心
があったんだろうな。美人教祖だったら、そちらに入信していたりして。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 02:11
>http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/999684198/
>
>小説家が作品を利用してファンを宗教に誘導。
>それに引っ掛かったもののどうにか帰ってきた人が立てたスレ。
>後悔と共に作家糾弾を呼び掛ける。
>
>許しがたいのは、ダニのような信者だかファンだかが
>その人を「悪い女にだまされたと泣き言こいてる」と言い捨て、
>マターリ雑談スレにしてしまった事。
>どう思いま?

1が全然関係のないスレにこんなことを書き込んでいる。
どう思いま?

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 02:15
厨房なんだから、大目にみてやれ。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 02:21
なるほど、こういうスレか。また来る。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 03:06
>>562
そういえば、犬神明はどうみても同教団のものと思われる九字を切る修行をしていた。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 19:01
最後のコマで、どくろマークのでっかい月をながめてポカーンとしているのは、何版のコミック?

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 20:27
ここ、結局1はネタなんでしょう?
1の発言に「いや、平井に責任はない」っていう
自己ツッコミして平井擁護したかったという。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/24 03:45
>566
そういうこと書かれれてもここは宗教に詳しい人間少なそうだから
検証しようもない。そのへんつっこんだ話全然ないんだなぁ。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/24 07:19
〉〉566 作者がA宗を信じてたかどうかはともかく
参考にしたのは確か。密教の技法を設明するくだり
がK山氏といいまわしが一諸だもの。当時K山氏の
「超能力のなんやら」はべストセラーだったそう
だから目にはしてたでしょ

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/24 11:12
>>556
平井の弟子が仙人になって佳子を糾弾してます。

http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1002861916/

で、こっちが佐々木ファンの掲示板
http://www67.tcup.com/6731/amon1.html

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/24 14:03
佐々木が2ちゃんで仙人名義で書きこんでるのか?

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 03:40
このスレッドには間違いなく
ウメモトヨシノリが紛れ込んでるな。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 04:02
作為的なこの流れ。間違いないだろう。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 04:41
ウメモトヨシノリって誰?

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 04:56
>>575
楳本美徳。
メガビタバイブル著作人(?)のひとり。
ひらりんは著作権放棄、こいつは貰っている。
胡散臭〜いデブなライター。
癌とか言って隔離病棟で同情引いてたが、
しっかり生きているらしい。
メガビタのおかげ?(ワラ

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 05:08
>>576
どうもです。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/25 10:36
>>573-576(以下略

579 :元ファン:01/11/26 09:05
平井作品のワタシへの影響は大きかった。
人生一部狂ったのも、多分そのせい。
トータルでいうと、プラスもあったしマイナスもあった。

平井氏本人は、恐らく異常に嫉妬深く、しかも攻撃的でのめり込みやすいタイプだと思う。
表現力が卓越しているので、多くの人間が惑わされて誤解しやすい。
そういう意味では、結構罪深い。

ただ、今でもリアル厨房の心情を持っているので、そこに引かれる人も多い。

そのせいかどうか知らないが、平井ファンはお馬鹿な厨房と同様に騙されやすい。

何よりも本人が一番の厨房で、何事にも騙されやすいという点は確か。

というわけで、厨房決定。

あと、ビタミンは普通の食事をしていれば必要量は摂取できます。
メガビタンなど買ってお金を無駄にしないように(w

580 :邪教ハンター:01/11/26 13:26
1938年5月13日生まれの方を、動物占いで分析。
どうでしょう。合ってます?

チータは瞬発力があり、走り出すと時速110kmにもなります。ただ、持続力はないので出だしで勝負、ぶっちぎりで勝つタイプです。獲物に届かないと分かるとやめる、「諦めの早いチャレンジャー」です。
■壁が高いほど燃えるが、だめだと分かるとすぐあきらめる。
■プライドが高く、人前で恥をかかされるのは耐えられない。
■好奇心が強く、何にでも挑戦し、冒険小説が大好き。
■CMで、欲しいと思ったらすぐ買ってしまう。
■異性と目が合うと自分に気があると思ってしまう。
■話も態度もでかい。
■焼き肉が好き。
■早とちりで、お人好しのところがある。
■明るく華やかなムードを持った人が多い。

↓ここで確認しました。
http://www.noracom.net/

581 :元ファン:01/11/26 13:43
>>580
当たっているわ、結構。

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 19:07
A宗についてはG教団ではT教祖が
「Kが呪詛を飛ばしてきたがはじき返してやったらひっくり返って寝込んだ」
とかいって邪悪な念力を使う連中として有名だったんだよ。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 19:19
571 にあるG教団のT教祖の行状、梅仙人こと佐々木君紀によれば平井は
かなりの醜聞を目撃しているにも関わらず、それに関して棚上げしたまま
幻魔を書き「ビューテイフル ドリーマー」でも肯定的に記している。
あれじゃ幾ら1の激怒したという「棚卸し」をチョコっとやったからって
平井がG教団の広告塔になった罪はまぬがれないんじゃないか?

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 19:39
誰かも書いていたけど、
ウルフガイ後期読んでアレルギー反応出なかったアフォと
アレルギー克服してまだ読んでるアフォは逝ってよし。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 20:40
地球樹の女神の後書き読んで、玉置山くんだりまででかけていった
私って、ばか?

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 20:43
>>585
多分。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 20:44
>>585
その自覚だけで、ばかではありませぬ

588 :586:01/11/26 21:00
>>585

>>587と同じ意味で「ばかじゃないよ」というつもりだったんだが
肯定してしまった。激しく陳謝...

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 21:41
>585
平井が飽きたあとでも、自分なりに玉置山詣でをやってるならいいんじゃない?
平井が玉置詣でを平井理屈(藁で止めたあと、おなじその理屈を信じて止めたなら、そりゃあんた信者っつんだよ。
リアル・ゲッターロボは実在するって言ったのに、いまになってあれは変なロボットだったね、なんて軽くすまそうとするなんて無責任だーとノタマウ元信者ってキモすぎてついていけないっす。
あ。犬神明だっけ(藁
ま、ばかでもいいじゃん。仕合わせなんだろ?

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 21:49
>>589
オウム嫌いなのは元信者だけじゃないよ。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 22:00
>590
 巽孝之がオウムに共感を示したのって知っている?
 サリン事件のあとだよ。
 おれのSF観と、やつのそれとはぜんぜん違うんだけど、日本のSF史、サブカル史のなかで、オウムとオウム的なものをどう位置づけるかっていうのは、文化史としてもSF史としても面白い問題なんだよ。知的な問題なの。
 まさかおまえ、PTAのオバサンじゃあるまいし、トンデモ=オウム=カルト>ムッキー!っていうひと(藁
 だったらSF板には合わねーなー。

592 :590:01/11/26 22:07
あっ、ごめん間違った。

平井嫌いなのは元信者だけじゃないよ。

だったや(笑)

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 22:08
是々非々で評価してみましょうとか
の〜びのびだらだらやってるから
脳みそ洗われちまうんだよヴァ〜カ。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 22:13
>591

3人しかいないと言われるSF板の常連でございましたか?

もっぺん言っとこ。ヴァ〜カ。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 22:14
なんでもいいじゃん、もう過去の人だし。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 22:49
とっても痴的な>>591さんのご高説聞きたいね( ´_ゝ`)

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 00:45
最盛期のファンが転向して平井を批判しているのか、
1のような「元信者」が平井を批判しているのか、
方向が同じならどっちでもいいと思うけど。
女々しい元信者の愚痴を発見しました隊長!ですか?ふう...
ほかに叩くもんあると思うんだけど。
誰が信者なんだか。

598 :597:01/11/27 00:53
まあ、明日あたりになれば**>>592-597(笑)とか
貼るおりこうさんの出没するスレで何言ってもしょうがないけどさ。

599 :自作自演:01/11/27 01:15
>>592-598(藁

よくも飽きずに...

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 01:24
**>>1-599

皆さん御免なさい。自分の妄想対談でした。
これからジャン機で平井先生の家に突っ込みます。
さようなら。

601 ::01/11/27 02:28
やっぱりあるか、平井スレ。
一言だけ。
BGSの最終章あたりは、亡きものにしたい。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 22:12
う〜ん、多元宇宙の彼方の板では、まだまだ幻魔大戦が続行してるねえ。
もう、1999年も過ぎて、無事に21世紀を迎えているのになあ。ともあれ、
「のびのびだらだら」是々非々でマターリと書き込みたいぞ。

>>570
それは興味深い。当初は批判的観点でなく、超能力獲得術の資料元として
重宝していたのかもね。『新幻魔』のお時も、護身術として九字を切って
いたし。もっとも、『悪霊の女王』の終盤に登場する密教系宗教団体は、
松田よりも更に悪いイメージだった。某G教団初代教祖の本を資料にした
からか? ひらりんが2代目教祖に出会い入信した後のアダルト犬神明に
いたっては、九字を使わなくなり、「神は光なり」などと、おまじないを
唱えると神さまの愛のパワー(?)で悪魔が退散するパターンに変わって
しまったっけ。光のネットワークもそんなもんだよな。

>>583
意義なし。それに、『幻魔』後半で某G教団教祖を思わせる疑問的行状を
郁江にさせながら、凡人には天の意向は分からんよ的結論で終わったのが、
『幻魔』最大の危険な点かもしれん。つまり、作者が20歳の女の子に洗脳
されたのだと認めたくなかったために(?)、自らを無理やり納得させる
かのような解釈のまま中断してしまった! 最終的な決別の場面を迎えた
かもしれぬ舞台(郁江と三千子の面談)を描くことなく…。いや、三千子
も郁江に説得されてしまった可能性が高いが、彼女は作者にとって、自我
を超えるような特別な存在だったようだから、作者に成り代わって郁江を
否定していたかもしれんではないか。是非、読んでみたかったなあ。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 22:29
>>602
マターリしたいなら SF板のもう一つのスレでやったらどうですか?
板違いかどうかって以前に1の(平井風に言えば)慟哭が伝わらないですか
あなたには?
1はネタという意見もあるようですが、そうだとしても
あり得る一般例として通用すると思います。
是々非々の検証には賛成ですが、のび切ったケツの穴から
温泉気分たれ流すような態度はいただけません。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 23:13
・602 つまり、作者が20歳の女の子に洗脳されたのだと認めたくなかったために(?)、自らを無理やり納得させるかのような解釈のまま中断してしまった!
そうか.あの第1部の唐突な終り方、そしてて2部でも話し合い
のくだりがなかったのは言霊うんぬんというより当時の
平井の限界だったのだね。多分未練だか迷いだかがまだあって
ハッキリ決別できない心情を表していたのか。納得.

605 :602:01/11/27 23:18
>603
1氏をネタだと思っていず、彼の「慟哭」がかつての己の如く感情移入
できたからこそ、書き込んできたのだが。攻撃一辺倒だけでは、すぐに
厭きられると思うんだけどねえ。

1氏よ、まだ読んでいるなら、>>548に書き込んだことを検討してみて
下され。「ひらりん、おかしいよ」と直訴する愛読者がいなくなって
しまったのが、ひらりんの言動&創作の劣化を加速させたのは間違い
ないんだよ。1氏の文章には真摯なものを感じるから、もしかしたら…。

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/27 23:40
ああ、そうか、郁恵と三千子があったら完結してたかもって、
郁恵(高橋氏)vs三千子(平井氏)で論争やって、平井氏が作中でかつての
若き師を論破して完結ってことですか?

607 :元ファン:01/11/29 06:46
そういえば、平井氏の主人公の年齢設定ってリアル厨房が多いんだよな。
超革命的厨房集団、少年犬神、地球樹の四騎、後藤しかり。
その辺にしとくと、書きやすいんだろうな。
ラストが何とか読めるのは、すべて主人公を厨房に設定した場合。

BGSあたりからは、主人公を工房にしたようだけど。
作者は精神的に工房に成長したんだろうけど、その分、作品がつまらなくなったような気もする。
まあ、厨房の大人になるかならんかの微妙な感覚をなくしたんだろうな。

そういうわけで、あげ。

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/29 11:50
ゾンビハンターやアダルトウルフガイの最後が読めないともおもわんぞ?
最近、面白くないのは単に年だから。 いくら叩きたいからって
リア厨が主人公=作者が厨房
最近面白くない=作者が成長した
って論理は無理がありすぎ。

609 :602:01/11/30 21:41
>>606
そう、「三千子と郁江が面談してたら完結?」説ね。後半の流れから行って、
明らかに否定に向かっていたんだよなあ。だからこそ、辛くなって書けなく
なってしまったのだと思う。まあ、そこで完結してしまったら、物語的には
破綻なんだが、小説版『幻魔』はそういう話だったんだから仕方ないんだわ。
コミック版からの古いファン達が、小説版『幻魔』にいかがわしさを感じた
のも当然なんだろう(元祖キャラは、事実上のお払い箱状態だったしね)。

そういう小説であったからこそ、『カラマーゾフの兄弟』に匹敵する極めて
稀な信仰追及の書だと今でも確信しているんだが…。しかし、教義ごと教祖
を徹底的に否定し切れなかったために、負の面が内包されたまま放置されて
しまい、悪影響を与える危険な書でもあり続けている。『エヴァ』の完結編
みたいに、熱狂的ファンの頭を冷やす終わり方をすべきだったのでは?

>607
作者が成長=厨房の微妙な感覚をなくした? う〜む、主人公の少年少女が、
Hをしまくるようには変化していたよなあ。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/30 22:43
いやですから、ボクは筒井も星も大好きで、
ついでに平井も好きだったって程度なんですよ。
で、途中からゲロな内容になって、それでも
平気で読んでいる奴等が気味悪いなと。
何考えているんだてめーら大丈夫かと。
思い入れあればこその批判と思いたいのですかププププ

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/30 23:28
ドストエフスキーに詫びてこい。

612 :606:01/11/30 23:38
>>609
でも最後は唐突にそれこそ幻魔によって月落とされて完結って手も
あるんだから、対決させて論破して、物語破綻させても終わり、とうのが
正しい落とし前のつけ方ではあるよな。

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/01 00:20
>>600
スレの流れから外れて悪いがその広範囲ハイパーリンクは
やめてくれ。かちゅ〜しゃだとポインタが当たっただけで
止まっちゃうんだよ。頼む。

614 :百地:01/12/01 00:35
 1です。>>602さん 平井氏に直接手紙を書いたらとゆうご提案、検討中です。 確かにここで愚痴をこぼして批判していてもなんら建設的ではないし改善もされないのは確かです。ただ現在の私は
602さんと違い「優れた作品を書く平井」の“復活”を別に望んでも期待もしてませんしここ最近の作品も手にしてません。それに私以上に思い入れがあり、かつ冷静な批判を直接された読者の方が
いなかったとは考えづらく、今更私ごとき厨房が手紙を書いたところで   さんの期待されるような改善はなされないと考えています。
 ただ前回自ら「責任」だの「落とし前」だのいった手前、このスレを立てたことに関して「ケリ」をつける意味で直談判の必要があるかなとは思ってます。
しかしその場合当然として私がスレ立てをした張本人であることを真っ先に述べるつもりですし、1の文も付記します。この段階で既にゴミ箱行きが決定された気もしますが・・・ いや届く前に編集さんに間引きされる気も(本人のメールアドレスは公開されていましたっけ?)
とにかく考えてはいます。ご提案ありがとうございました。

615 :玄玉伊仙:01/12/01 07:04
なんか、いさぎよくてえらいっ!
…そっかー…まじめな人なんだ…

616 :602:01/12/01 21:17
>611
分かった。例によって、持ち上げ過ぎたか。

>>612
そうだな、どっちにしろ勝てるわけがないもんな。一行あけたら数億年後で、
「遥か昔に伝説のアズマ・ジョウ軍団が、ゲンマ大王軍を破ったらしい…」
と言うのは、どう?

>>614
最敬礼。よく考えて、じっくりとレスを書き込むつもり。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/01 21:30
持ち上げすぎたか、じゃねえよ。
持ち上げてどうすんだ持ち上げて。
お前ダニだなマジで。
百道、何か言ってやれよ。
それとも自作自演か〜?

618 :玄玉伊仙:01/12/02 08:14
いや、ドストエフスキーだって
「カラマゾフの兄弟」の肝心な部分
(テロリストの覚醒)書けずに
未完で逝っちゃったのは
ルシフェルの覚醒書けない
平井センセといい勝負だと思うが。
人をダニよばわりする617様の
ドストエフスキー観を
聞かせていただけるとありがたいものです。
…ついでですが「バトル・ロワイヤル」
の結末で「カラマゾフ」思い出しました。

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 13:00
>>571
そこで散々教祖の悪口書いているやつってほんとに佐々木君紀?!
ショックだなあ、おれ「アトランティス」を全巻読破したのに…。
あの佐々木がこんな恥知らずな事を書いているとは。
平井の変節よりこっちの方がショックだよ。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 13:53
>>618
ドストエフスキー論どうこうではないと思う。
「だに」というのはあまりに酷いとは思うけど確かに。
ここ最近の、数少ないけどまとまった1のカキコミを読んで、
それであなたに思うんだけど、
「持ち上げてどうすんだ持ち上げて。」
617の科白だけど自分も同じ事をあなたに感じる。
1は「言い過ぎでしたすみません」なんて一言も言っておらん。
「いやあ、もしこうだったら平井もよかったけどなあ」
なんて仮定法で和むところじゃないと思うのだが。
うがった見方をすれば、かなり意図的にスレの温度を下げて
マターリしようという工作的意図も感じるよ、悪いけど。
自分が仕切るスレではないので感想だけにとどめるが、
1がこういう「のびのびだらだら」にどう思うのか是非
ききたいところです。

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 14:17
>>620
そんなにおれはのびのびだらだら礼賛してるともオモエンが。
むしろあなたが徹底的な糾弾スレにならないことに不満を持ってるだけじゃないの?
でも徹底的な糾弾スレになりようもない理由はこのスレを最初から読めばわかるでしょ?

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 14:26
>>620
いやあ、よくわがんね。
持ち上げすぎたかなじゃねえだろに漏れも一票。
漏れは「百道-玄玉-のびのびだらだらひらりん派」陰謀説支持だから
怒りもしないが。
要は、始めにアンチテーゼを出して、そのあと自作自演で
そうでもないよ、けっこういいヨと讃美しちゃおうというオナーニスレ。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 14:27
このスレは平井が原因でカルト入っちまった。謝罪シル。という趣旨のスレなんだが1がその経緯をもう少し詳しく書いて欲しいな。
取り敢えず、どのカルトに平井のどの本のどんな推薦文を信じて入ったのかキボーン。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 14:44
620はおらんのか?

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 14:46
>>622
まさに「平井を守る者」だな(笑)
キース今何してるのかな。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 17:49


627 :玄玉伊仙:01/12/02 21:27
>>620
609「『カラマゾフの兄弟』に匹敵する」
→611「ドストエフスキーに詫びて来い」
→616「持ち上げ過ぎたか」
→617「お前ダニだなマジで」
→618「人をダニよばわりする617の
ドストエフスキー観を聞かせてください」
→620「ドストエフスキー論どうこうではないと思う」
…ってこの話の流れでは
ドストエフスキー論どうこうをきいてるんですが。
もっともこんないいかたするとまた
「スレの温度下げてる」(超能力絶対零度?)
とか言われそうなので
…いいからてめえのドストエフスキー観聞かせろやゴルア!
13行も使って話をそらしてんじゃねえよヴォケ!!!
お前の思考回路には「しきる」「しきられる」とか
上下関係しかねーのかよ。

628 :玄玉伊仙:01/12/02 21:33
続き
ドスどころかSFもろくに読んだことも
ねえくせにSF板に来んじゃねえ、カス。
3人しか住民のいないスレで今度は1の
代弁者戦略かよ。まったく他人によりかかること
しかできねえやつだな。それで「裏切られた」とか
うじうじ泣き言言ってりゃ世話ねえんだよ。糞野郎。

629 :玄玉伊仙:01/12/02 21:39
続き
…いかがですか。少しはスレの温度上昇に
貢献できたでしょうか。ところでほんとに
ドストエフスキーくらいはお読みに
なった方がよいですよ。ザミャーチン以下
のディストピアSFや小松左京センセなどに
多大な影響およぼしてるし。
あと読みもしないで「ドストエフスキーは
SFよりえらい」と思っている
権威よりかかりの方も多すぎますし。
「しきる」「しきられる」思考の方に
限定しきりサービス
「この話の流れに参加するときにかぎり自己の
ドストエフスキー観を必ず明らかにすること」

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 21:51
またそうやってずらす。
小松やSFがカスだなんて逝ってないでしょ。
ただ単に平井が...(笑)

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 21:53
今日の玄玉、こわあい。
図星だったかしら(笑)(笑)(笑)

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 21:54
平井さんて、ときどきわけわかんなくなるけど、面白いときは面白いよ。
糾弾したくなるような作品との距離の取り方が痛い>1

とは言う漏れも、玉置山に登ったりしているが(w

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 22:08
是々非々で評価してみましょうとか
の〜びのびだらだらやってるから
脳みそ洗われちまうんだよヴァ〜カ。

634 :玄玉伊仙:01/12/02 22:13
いやあ、
@SFへの愛のない方
(「平井センセへの愛」では
         ないですよ)
A短絡思考で他人をののしる方
B連続カキコの粘着の方
にはもれなく玄玉の怒りがビルに
体当たりしますのですよ。
反面いさぎよい方には男が惚れる。
あと、特に@は重要!そういう点では
玄玉はSF原理主義者でございますです。
(平井原理主義者じゃないからね)
まあ、3人しかいないのですから
マターリいきましょう。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 22:15
>>玄玉
いや、4人だよ。さっき初めて来たばっかだもんオレ(w

636 :玄玉伊仙:01/12/02 22:21
それは失礼いたしました。(藁
かくいう私も「住人」というほど
は来られませんで…
ま、トキワ荘のつのだじろう的
定期的通行人、まれびとのたぐいですので
よろしくおねがいします。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 22:50
おれもたまにカキコしてるから5人はいるのか?

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/02 23:17
のびのびだらだら書いている張本人だが、ひらりん公式サイトから派遣された
工作員ではないので、念のため。公式サイト自体、あまり見てないんだよなあ。
往年のひらりん讃美&復活希望ネタが、1氏に不快感を与えていたらスマン。

>玄玉
ひらりんはデビュー当初、文学的だとか言われ、ドストエフスキーと比較された
ことがあったと思う。やっぱり、信仰と苦悩の問題を扱っているからなんだろう
ねえ。美少女好きも共通か?

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 16:07
そういや幻魔の4巻で陽子がアダムスキーの本を擁護してたなあ。
そうなの? と思ってアダムスキーの本読みなおした真性厨房のオレ。
思えばあの時点で気づくべき。
と感慨を書いてあげてみる。

640 :あーねすち:01/12/13 18:53
ageちゃうyo!

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/13 20:20
荒れ板のトップにこんな糞スレ出すな。
淋しすぎるわ。

642 :602:01/12/14 22:49
>>616で書くと言っていた1氏(614)へのレスだが、某宗教板の姉妹スレ(笑)に、
ここへのリンクが張られ、注視されていたようなので、「棚上げ」中…。

>639
17巻では、東丈がSFファンだったことを井沢郁江が証言。クラークとかのSF
はサタン的とか言っていたような。『幼年期の終わり』とか、宗教側から見ると
やっぱり不愉快なんだろうなあ。あれって、某教祖の意見だったのかも?

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 01:26
「幻魔大戦」再アニメ化だって。
ソースはココ↓
ttp://www.asahi-net.or.jp/~wf9r-tngc/nikko.html?08210354

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 08:06
ひらりんに関心あるものにとっては、いろんな意味でたまらんスレだ。
ともあれ、あれほど多彩なキャラを描けるSF作家はほかにみたことナス。
球団になってないか。(ワラ

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 08:59
>>643
平井+石森の幻魔ではなく昔「リュウ」で単独でやってた石森作の
幻魔のアニメ化らしいぞ。
いま局地的に石森ブームだから。。。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 15:32
あの、ウルトラマンAみたいなヘルメット被ったルナ姫の奴?
フロイ様が犬コロの…。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 16:13
>>646
そりゃ少年マガジンでやってたオリジナルの方
リュウの方だっつてんでしょ

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 21:38
あれはソッソウ打ち切りくらったから知ってる人間は皆無だ。
そんなもんを何故アニメ化するのか小一時間ほど問い詰めたい。
お前単に幻魔大戦の知名度を利用したいだ(略)

649 :602:01/12/15 21:53
>>642への訂正&補足。
小説決定版『幻魔大戦』の17で、井沢郁江は東丈の影響でSF小説を読んだと
「作家」の土屋に話す(16章の最後)。郁江はブラッドベリ、レム、アシモフ、
そして特にクラークが好きなそうな。しかし、クラークの『幼年期の終り』の
オーバー・マインドに「かなり疑問」があったので、東丈に尋ねたと続ける。

「本物の宇宙意識よりも、むしろ幻魔の特性を持ってるそうです。物質的な
宇宙観は必ず袋小路に入ってしまうって…」

ひらりん自身、『幼年期の終り』を高く評価していたんだが、気味の悪い宇宙
意識のあり方には不満だったんではないかなあ。自分も、幻魔にハマっている
頃に初読した時は気に入らなかった。けったいなオーバー・マインドよりは、
フロイのような「人類に優しい宇宙意識」(笑)の方が安心できるではないか。
その後、SFに再転向し、やっぱり傑作だったんだと再評価し直したが。

それはともかく、ひらりんは、あれやこれと、20歳の美人大学生教祖に疑問を
尋ね、安堵する答えをもらっていたのだと推測している。例えば、ひらりんの
「言霊小説」は、物質的宇宙観ではないから袋小路に入らない、他のSF作家
よりも優れている…、などと。

650 :602:01/12/15 21:57
なんだよ。リュウ・石森単独版『幻魔』だとは…。それも、レアだがなあ。

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 22:01
石森版の「幻魔」ってラストで月の髑髏が落っこちてくるやつだっけ?

652 :サイボーグ・ブリーフ:01/12/15 23:34
幻魔と人間の混血の双子が、父の幻魔を倒すべく放浪する
といった内容だったような…

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/15 23:40
で、パンチラはあるのか?

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/16 01:20
http://thor.prohosting.com/~mizore/up/img-box/img20011215200645.jpg

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 20:36
**             ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!>>1、出てきやがれゴルァ!!!
     「 ⌒ ̄ |        ||   (`∀´ )    \___________
     |   /           |/   /     \
     |    | |         |    | |   /\\
     |    | |         |  へ//|  |  | |
     |    | |.       ◎ |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |        |/  \  / ( )
      | | | | >        |     | |
     / / / / |.  |三三| . |     | |
     / / / / |         ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 05:03
わかったぞ!この炎のしょーたいはーーー

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 19:09
あの戦争で死んでいったもの達の「残留思念」・・・新作ゴジラ公開中!

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 20:32
(ロイター発共同)
同時多発テロを受けて米国防省が行った調査により、
24日のクリスマスイヴに2ちゃんねるへの投稿を控える予定の2ちゃん坊が
日本全国に約500万人もいる事が明らかになった。
これは、クリスマスイヴにどのような書き込みをしても
「彼女いねーの?プ」の一言で斬り捨てられてしまう危険が大きい為と思われる。
ブッシュ大統領は定例記者会見でこの事実に触れ、
「彼女いねーの?プの重圧にひるむことなく普段どおりの書き込みを続ける事が
 クリスマスの重圧に打ち勝つ第一歩だ」
とコメントした。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/24 13:54
そいで、ハードカバー6冊セット(約2万円)通販のみの平井本
誰か頼んだ人いる〜?
おれはブクオフでサイボーグ・ブルースの初版(100円)ゲットしたから
それでいいや。

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/26 23:04
頼んだがなにか?
どっちかつーと新作エイトマンのブルーハイウェイの方が目的だがな〜

661 :602(テルちゃん再会期待大):01/12/30 22:13
>659
『サイボーグ・ブルース』の初版って、早川のハードカバーのやつ?
オレも100円で手に入れたことあるな。ついでに、『紋章&怨歌』の合本
の帯び付きなども…。ひらりんに限らずとも、第一世代の作家の昔なら
プレミアもんだった本を見かけることは多い。さすがに、『狼男だよ』
の初版はないんだよなあ。

>660
『8マン』の新作、期待大で良いのだろうか? 手に入ったら、正直に
こそっと教えて下され。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 22:05
1はどこにいった......
こんどはアム○ェイにでも引っ掛かっているとか

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 22:13
>661
そーです。早川ハードカバー。

664 :660:02/01/08 11:29
>>661
おそらく6000人位注文したようですね。
2月にはかなりブルーハイウェイのことで賑わうからすぐわかりますよ。
それがここか本スレかどちらに書かれるかで。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/10 09:28
なんだそりゃ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 18:35
hage

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/16 23:24
パソコンでエロゲーをする平井和正。

668 :602(テルちゃん再会期待大):02/01/18 22:36
>664
注文人数の総計だが、オレが迷ってのぞいた分だけはカウンターの数から減る
と思うよ。しかし、6000人も注文者がいたのならば、書店での販売も十分可能
だったんではないかなあ。大きな書店ぐらいには入荷しないもんかな。

『8マン』の新作は、まず文体が非常〜に気になる。はたして、1970年代末の
アダルト犬神明以来の「成年男性の一人称」になってるや否や? ワクワク。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 14:00
カバー絵からすると、数十年ぶりのハードな作風に期待できそう
『サイボーグ・ブルース』を越えるものを、もし書いたら平井を見直してやるよ

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 21:19
>>668
あれが売れたのは豪華特典のおかげっしょ。書店売りなら半分てとこじゃない?
漏れも電子ブックで持ってたんだけど新作エイトマソに釣られて刈った口だし。
早く二月なんないかな〜。


671 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/30 07:26
>>670
同意

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/03 02:20


673 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/10 22:40
すっかりさびれたね

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 20:13
ひさしぶりにあげ

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/27 20:49
実際に、平井和正が書いた場所や人、団体と接触した人って
どれくらいいるの?

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/28 20:57
T神社はともかくとして、M山へ行った人とかいないの?

言えないのかな。行った人であっても。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/04 00:41
結局結論はさー

ひらりんは厨房!逝ってよし!!

でOKだよね?

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/08 12:38
>>676
T神社はわかるけどM山ってどこ?

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/06 10:26
梅仙人、再登場age!

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/09 19:38
平井和正ってさ、現実と虚構が奇妙に入り混じってんだよね。
すべてが真実じゃないが、すべてが嘘ではないってところが
スゲー問題というかなんというか。

自分には、彼の作品や、彼の思想、彼の宗教的感性は
読みきれないし、理解できない。できる限り、近寄りたくない。

しかし、2chには、M山へ行った人はいないみたいだね。残念ながら。
自分と同じ時期に、M山へ行った人を探しているんだけどさ。

681 ::02/04/09 20:01
>>680
M山=ミ○○○山ですか?
マジで危険な場所なので興味本意には近付かない方がいい、と警告された事があります。


682 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 15:31
本人も結構気に入ってるという東宝「狼の紋章」に比べて、
東映「ウルフガイ 燃えよ狼男」の方は、原作者の公式コメントを読んだことがない。
やっぱ、あんなデタラメな内容がお気に召さなかったんだろうな(w
滅茶苦茶に面白いのに。
ビデオにもなってないのは、本人が許可しないからでしょうな。
東映チャンネルに加入してないからなあ。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/12 22:02
盗撮峠のこと?

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/18 02:19
>681

そうだね。たぶん、その通りなんだろうね。

685 :もるだー:02/04/18 21:26

 これまでに、T峠を取材した事のある2人(著名人)から聞いたけど、戦時中
のハイテク技術に関わるものが隠蔽されてるかもしれないそうだ。「次元トン
ネル」とまでいかなくても磁気異常やら怪現象が多発してる原因ではないか、
と個人的に推測している。
 何しろ、当時の日本軍は楢崎のようなお抱えの科学者がいたくらいだ。隠蔽
された超テクノロジーは存在してる思う。

 そういえば、リアル犬神明を名乗った方も最初に発見したのは日本宇宙現象
研究会で、同会がT峠取材中に出会った人物だ。そこの会長が南山氏に引き合わ
せ、平井氏とも合流し話題になった対談が実現したはず。
 リアル氏の話はともかく、特異体質など彼にまつわる超常現象は関係者の証
言を聞く限り信憑性が高い。

 警告しとくが、M山は近づかないほういいぞ。


686 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 17:58
M山とは? 知っとかないと知らずに近づいたりして。

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:09
>何しろ、当時の日本軍は楢崎のようなお抱えの科学者がいたくらいだ。隠蔽
>された超テクノロジーは存在してる思う。
無いよ
あったら戦争に負けてない

>リアル氏の話はともかく、特異体質など彼にまつわる超常現象は関係者の証
>言を聞く限り信憑性が高い。
信じやすい人だな




688 :楢崎ってこれですか…:02/04/19 20:09
楢崎皐月
楢崎皐月は1899年(明治32年)に山口県に生まれ、北海道で育つ。
日本電子工業 の専門学校を卒業したのち、独学で物理や化学を勉強する。
20代で当時輸入に頼るしかなかった特殊絶縁油を発明し、
軍の要請で満州の陸軍製鉄所長兼技術研究所長として技術開発を行う。
その満州の吉林に滞在していた頃に、その地でもっとも人々の尊敬を集めていた
老子教道志の蘆有三老師と出会い、楢崎は老子教の古伝にある不思議な
話しを聞かされる。その時の話しがカタカムナ文献の発見につながるのである。
また楢崎皐月は重要な発明、発見をした科学者ではあったが、
欲がなかったのか特許も出さず著作も概論以外のものは残さなかった。
その楢崎皐月が平十字から見せられた巻物を写 し、
入手したものを約5年かかって、文字の意味と、おおよその中
身の解読に成功したものがカタカムナ文献である。その研究を勉強する会が
今も続いていて、「相似象学会」という勉強会を作り「相似象 」 という
会誌に解読の成果を一部発表しています。

http://www.kumanolife.com/History/katakamuna.html


689 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:19
平井和正は今でも楢崎皐月信じているのかな。
平井和正はトンデモ系にはまりやすいんだけど冷めるのも早いから
案外今では全く信じてないかもな。


690 :精神世界って胡散臭いよな。:02/04/19 20:26
問合せ:〒150-0045東京都渋谷区神泉町17-2「相似象学会」

ってのを見つけた。ネットにさらしてるから、ウプしていいでしょ。
http://www.tithe.co.jp/divine/rinfo.html

しかし…これって、もろに精神世界系の団体にみえんだけど…。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:29
カタカムナって民族主義者の右翼がはまりやすそうな気がするんだが
平井和正は右翼って訳でも無さそうなのに信じちゃうところが不思議だ。


692 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:33
闇の歴史から光へと
http://www.kumanolife.com/History/index.html

をザザザっと見た感じだと、カタカムナはウヨと絡むってよりも、
漂泊民サンカと絡んでそうじゃない?

その辺詳しくないので、よーわからんのですが。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:36
この刷れとは話題ずれちゃうので下げるけどさ、

民俗・神話学板に、サンカスレはあった。ネタかどうか、いまだにわからない。

山窩だそうです
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/min/988420242/

こういう方向からだったら、興味あるけどな。

694 :もるだー:02/04/19 20:37

このスレが面白くなってきた!
>>687くんよ、少しは楽しんでくれないかな。

そう、M山に行った肝心の>>676->>680氏は、何か面白いネタはないのですか?



695 :もるだー:02/04/19 20:40
お、ヤゾーさんとこのサイトがリンクされてる。

平十字さんが実在したのなら、サンカだと思う。


696 :もるだー:02/04/19 20:44
>>691
脱カルトした「地球樹の女神」を読む限り、天皇家(白王家)に対し並々ならる敬意を表していると思う。

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:48
>>695
板違いの話題するならsageで

698 :もるだー:02/04/19 20:54
平十字は平井先生の本で知ったから関係あると思ったが、「板違い」とは
「平井和正を糾弾」してないから?


699 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 20:59
>>「平井和正を糾弾」してないから?
違うよ




700 :687:02/04/19 21:05
>>>687くんよ、少しは楽しんでくれないかな。
は?
あんたに決めつけられる筋合いは無い
トンデモな意見が否定するのは気にいらなかった?



701 :関係ないのでsage:02/04/19 21:07
もっとも天皇家は、大正天皇以降、伯家神道の儀式を受けていない、
という話もあるみたいだが。>696

伯家神道のまともなHPってあるのだろうか?
情報を仕入れたくても、ネット上では無理っぽいね。

702 :もるだー:02/04/19 21:09
俺、因みに三○系の会社に勤めてるの、平井先生の小説に登場する三○ね?
我国が誇る世界有数の軍事兵器産業だから極秘研究してるよ。
リアル氏が洞窟でみたUFO型の航空機も三○製ね。
三○財閥の創始者である岩崎も角川春樹さんによれば、出自が謎。
犬神一族、サンカ、三○(岩崎)、楢崎…。
どうだ、芋づる式に繋がってるのが分かるかい。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:13
それがどうした?
三菱が軍事兵器産業やってることと他とは全く繋がりが無い。
あんたが無理矢理繋げているだけ

704 :もるだー:02/04/19 21:17
>>701さん
>もっとも天皇家は、大正天皇以降、伯家神道の儀式を受けていない
よく御存知で。
その状態が100年続くと日本が崩壊するかもしれないそうだ。
2012年頃がその時期。

(ははは。>>700くんを怒らせちゃった。ゴメンネ)

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:18
もるだーとかいう奴は

三○が軍事兵器産業に関わっている→
日本軍の隠蔽された超テクノロジーは存在する

って言いたいのかな?凄い飛躍だな。
そういうの無関係って言うの。



706 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:21
>704
>ははは。>>700くんを怒らせちゃった。ゴメンネ)
だから、あんたに決めつけられる筋合いは無いって
トンデモな話しを否定しているだけ


707 :もるだー:02/04/19 21:23
あはは。2ちゃんねらーは面白いな。

関係あるんだよ。あのな、極秘研究だから公表されないのよ。
戦前からの蓄積があるから驚くようなことやってるぜ。

悪いが、今日はここまでいしとく。楽しかったよ。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:26
>>707
関係無いよ

さよならお大事に

709 :もるだーってさ:02/04/19 21:27
ひょっとして日本政府関係者でさ、
この掲示板が北朝鮮から閲覧可能なことを見越して、
けん制してる可能性ってないのか(w。

日本には秘密兵器があるから、テポドン打ちこんできたら、
即座に反撃可能だぜ〜とか。そりゃーそれで頼もしいけど。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:32
>>709
もるだーが旧日本軍極秘テクノロジー説やリアル犬神や楢崎のような
トンデモ話しを信じきっているというのと、三菱が軍事産業やっている
というトンデモ説とは無関係な話しをトンデモ説に結びつけてしまって
いるというのは分かった。


711 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 21:32
このスレを読んで2chにアタックかけてくるヤシはいるかもしれんな。











(いねーよ・藁)

712 :もるだー:02/04/19 21:34
>>709
俺が政府関係者で北朝鮮への牽制?
面白いこという。
勿論、違うけど、まるっきり外れでもないか。
(ちょっくらIGSにも関わってたからね)

713 :もるだー:02/04/19 21:37
皆さん、今日は盛り上げてくれてありがとう。

リクエストあれば、また俺の電波を聞かせてやるぜ。


714 :もるだーってさ:02/04/19 21:39
IGS=インターネット碁サーバー??????????

715 :もるだーってさ:02/04/19 21:40
International GPS Serviceか?

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/19 23:36
平井和正がキチガイなのをあらためて
しみじみと思い起こさせる流れ。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 12:42
>もるだー氏、他の皆さん
佐々木君紀氏のホームページへどうぞ。
カタカムナ、伯家神道等の話題が通じることでしょう。

718 :もるだー:02/04/20 12:48
>>717さん。ありがとう。

>>701さんへ
さる右翼の大物をして「これを書いた人は、どう考えても八十歳以上のご老人だろう」と言わしめたほど
深い知識が盛り込まれた神道関係の著書があります。伯家神道に御興味おありなら是非読んで頂きたいの
ですが、既に品切れ。本のタイトルは「白き王家の道」で、一部はネットでも公開されてます。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4669/2eswhitekall.html

レス不要です。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 21:11
ぜひぜひ続き希望…。>713

さっきHP見たけど、佐々木氏のHPは、
ちと糊的に自分は苦手かもしれない>717
平井和正の小説も苦手だが。

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 02:04
UFOみたことある?
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/981834369/


721 :もるだー:02/04/23 23:56

山形県の心霊スポット
http://piza.2ch.net/occult/kako/987/987487299.html

T峠を飛行する物体の写真!?
http://www.isop.ne.jp/aniwa/pro/ani_a2.html

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 03:24
でもさ、もるだーさん、M山の下の辺って、
営林が入ってるよ? 林道あるし。


M山の怪しさは否定しないけど、行った人ならわかるはず。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/24 05:20
全然糾弾してねぇな。

228 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)