5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬱鬱鬱鬱日本て国はさ鬱鬱鬱鬱

1 :名無しさんの主張:01/11/13 23:09
二カ国で暮らした経験があるけど、
最近あらためて思うのは

・・・・・・
・・・・・・・・・・・
日本てネガティビティの巣窟だよ。
嫉妬・妬み・嫌味・皮肉・いじめ・
隠顕大国だよ。
みんながみんなお互いに足を引っ張り合っているような・・・。
自己確立が不可能なような・・・・。
それ以前に無信教国家は精神のよりどころを持たないからなあ・・。

489 :名無しさんの主張:02/11/09 14:58
>>1
もっと前向きにね。

俺は日本人に生まれて本当によかったと思う
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1031724664/l50

490 :名無しさんの主張:02/11/10 16:15
日本を悪くしたのは「体育会系」である
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1023912343/l50

491 :名無しさんの主張:02/11/10 16:21
借金でやりくりしてる国家は
先が暗い。



492 :名無しさんの主張:02/11/13 22:20
企業の不祥事、多いな。

493 :名無しさんの主張:02/11/23 13:50
行き場ないと…男女と犬、団地自室で死亡

 22日午後1時5分ごろ、名古屋市瑞穂区の公団団地の無職女性(34)宅で、こ
の女性と、同居する無職の男性(45)が死亡しているのを、部屋明け渡しの執行に
来た名古屋地裁執行官らが発見、瑞穂署に届けた。
 女性は、家賃滞納を理由に部屋の明け渡しを求める公団から裁判を起こされ、「今
は働くところがありません。食べていくのがやっとです。団地を出たら行くところも
ありません」と窮状を訴える手紙を裁判所に提出。弁護士を頼まないまま、9月に名
古屋地裁から明け渡し命令を受けた。


494 :名無しさんの主張:02/11/23 13:58
犬に家賃を払ってもらうべきだった

495 :名無しさんの主張:02/11/23 20:58
日本では一度レールから外れてしまうと地獄行きになるという典型的な例だな。

496 :名無しさんの主張:02/12/02 00:37
強きを助け、弱きを挫く

497 :名無しさんの主張:02/12/02 01:02
個人の人格を尊重しない

498 :名無しさんの主張:02/12/02 01:19
顔面通知表
5=滝沢・キムタク・・河村隆一
4=上川隆也・織田雄二・藤原竜也・藤木直人・オダギリジョー・hyde・ガクト
3=小泉孝太郎・矢部浩之・田村亮・イチロー・新庄・風見しんご・野々村まこと・安住アナ・窪塚・高橋由伸・サッカー稲本鈴木
2=草薙剛・巨人上原・パルマ中田・ユースケ・照英・野茂・ウッチャン・よいこ・チューヤン・畑山・ひろゆき・V6井野原・中村俊介…
1=巨人松井・ダンカン・松尾伴大・ナンチャン・爆笑問題・原口あきまさ・天皇家男子一般
非人間=ホンコン・宅八郎

499 :明らかにおかしいです:02/12/02 01:25
特に2・3あたり

500 :名無しさんの主張:02/12/02 01:26

500だ。

鬱 * 500

501 :498:02/12/02 01:38
いろんな板で意見きいてます
なんか意見ある?

502 :問題点:02/12/02 02:15
織田雄二・藤原竜也=hyde・ガクト :織・・・ゴリラ・藤・・・オカマ
風見しんご=窪塚  :風見シンゴ て・・
1=2    :区別不明
河村隆一   :?????

503 :名無しさんの主張:02/12/02 02:17
あくまで顔面だけで見てるんだよ
その人の持つ雰囲気は関係ない
窪塚なんて最初2に入れてたらみんなから3にしろと叩かれたがそんなもんだよ

504 :名無しさんの主張:02/12/02 03:35
顔面のみで見て、むしろ不適当。
風見シンゴの顔面は美しいのか不明。クボヅカは498の方が逆に性格の変さに
引きずられている。喋り方は考えない。
オダユージは間違いなく変。フジワラなんとかも。この辺はテレビの宣伝力に
毒されている。
また、ランク1と2の境界が不明。全部変わらん。
河村隆一が最高位というのは、笑い者になりたくなければやめた方がよい。
突っ込まずにはいられない。

505 :名無しさんの主張:02/12/02 09:18
俺、一人の意見じゃないぞ
風見しんごも最初2だったんだが周りの反応を見てあげた
河村隆一は実験的に入れてみた

506 :名無しさんの主張:02/12/02 09:20
窪塚は人によって激しく評価がわかれる
扱いが難しい

507 :名無しさんの主張:02/12/02 09:22
織田に文句がきたのはちなみに君が初めてだな
下げて反応を見る事にするが多分3はおかしいと叩かれる予感

508 :名無しさんの主張:02/12/02 09:44
>>1
( ´,_ゝ`)プッ。幼稚なことしか言えない1は、海外で相応の対応しかしてもらえず、恨みが日本社会に転嫁した典型的なDQN。

509 :名無しさんの主張:02/12/02 10:51
織田裕二の3はやはりクレームくらいました

510 :途中経過:02/12/02 10:53
顔面通知表
5=滝沢・キムタク
4=窪塚・上川隆也・河村隆一・織田裕二・藤原竜也・藤木直人・オダギリジョー・hyde・ガクト
3=小泉孝太郎・矢部浩之・イチロー・新庄・風見しんご・野々村まこと・安住アナ・ウッチャン・高橋由伸・サッカー稲本鈴木
2=草薙剛・巨人上原・パルマ中田・ユースケ・照英・野茂・よいこ・田村亮・チューヤン・畑山・ひろゆき・V6井野原・中村俊輔
1=巨人松井・ダンカン・松尾伴内・ナンチャン・爆笑問題・原口あきまさ・伊集院光・天皇家男子一般
非人間=ホンコン・宅八郎

511 :名無しさんの主張:02/12/02 13:56
月の研究をしています.
アンケートにご協力くださいm(__)m

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/6273/

512 :1993年刊より 人間性をむしばむ日☆的「残業」観 1:02/12/07 17:06
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
    日☆的甘えが座礁するとき
        企業戦士M氏は、なぜか死にたく☆った

 ・・・・日本では同僚以上に活躍し、出世街道を走っていたのにアメリカ生活で
挫折を感じるエリート銀行マンがいた。なぜ彼はつまずいてしまったのだろうか。
 秋も深まりつつある十一月上句、電話が入る。
「ちょっとお話ししたいことがあるのですが」
と言ったきり電話の向こう側は沈黙。だいたいこのような電話は大きな問題があることを
示唆している。
「実は主人のことでご相談があります」
とおそるおそる話してくる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

513 :人間性をむしばむ日本的「残業」観 2 ◆/rUyKbbz5. :02/12/09 22:06
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
「どのようなことですか」と聞くと、
「主人は某都市銀行ニューヨーク支店のM副支店長なんですが、主人の生活態度が
いつもと違ってきているのです。それで心配になって」
と言う。これはきっと女性問題だ、などと想像しながら、
「アポイントはいつにしましょうか」と聞くと、
「是非、今日お会いしたいのですが」といやにせっぱつまっている。
「それでは今晩七時にオフィスに来てください」と言って電話を切る。
夜、私のオフィスを訪れてきたのは、小柄で上品そうな装いの、三十代後半の女性
であった。
「主人が死にたいと言っているのです。なんとかしてください」
 こう彼女は切り出した。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

514 :人間性をむしばむ日本的「残業」観 3 ◆/rUyKbbz5. :02/12/15 12:04
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
「もう少し詳しく話の内容を教えてください」と促すと、
「私たちはアメリカに来て一年になります。初めのうち主人は『別天地だ。家も日本の
五倍の広さはあるし、庭までついている。もう日本など帰りたくない』とニューヨーク
赴任を喜んでいたのです。ところが三カ月ぐらい前からなのですが、なんとなく
私への接し方が変わってきたのです」
とここまで言うと、黙ってしまう。
「どんな変化なのですか」と促すと、
「口数が少なくなってきたのがいちばん大きな変化でした。それに加え、料理に関して
なにも言わなくなったのです。主人はとても料理にはうるさいのです。だからいったい
どうしたのだろう、と思いました。しかも帰宅時間が毎日のように午前様となったのです。
どうしたのかと思い、聞いてみても『仕事が忙しい』の一点ばりです。これはきっと、
アメリカが素晴らしいの連続でしたから女でも作ったのか、初めはそんな心配をしていた
のです。いろいろと探りを入れてもみました。ところがそのような兆候は見られないのです」
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

515 :チョンを轢き殺した米兵は無罪:02/12/15 12:05
クソみたいなスレはやめろよ。
合理的な論拠がただのひとつもない。


516 :名無しさんの主張:02/12/17 20:54
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhz6149/enqb/res/expbibljp1.htm

517 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 4 ◆/rUyKbbz5. :02/12/21 17:43
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 また沈黙である。心配しているのが手に取るように伝わってくる。
「食欲とか睡眠についての変化はありませんでしたか」
「確かに食欲は以前と比べて落ちてきています。睡眠も、帰ってくる時間が遅くなるだけ、
少なくなっています。『どうしたの』と聞いても『いや、別に』とつっけんどんで相手に
してくれないのです。でも初めのうちは、しばらくすれば元に戻るだろう、そう思って
ほうっておいたのです。私も子どものこととかコミュニティーでのボランティアの仕事
などで忙しかったので、そう心配ばかばりしていられなかったのです」
 ここまで話すと、急に涙ぐむ。二分ほど沈黙の後、
「ところが先週のことなのですが、夜食をつつきながら小声でぶつぶつとなにか
眩いているのです。『あなた、何ですか』と聞いても私のほうを見ようともしない。
いったいどうしたのだろうと近寄って、もう一度聞いてみると『日本に帰りたい』と言う
のです。あれだけアメリカに愛着を持っていた人がどうして、とびっくりしてしまいました。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

518 :名無しさんの主張:02/12/23 19:44
516 :エルビス :02/12/11 17:48
他人を別個の人間として尊重しない。
特に会社の上司なんて部下をまるで自分の女房のように扱う。
最低限の礼儀もない。
家族の絆はDryなくせに他人にはやたらにWetなのだ。
このあいだ日本の本社に帰ったら、
みんなと飲んでいるときに元の上司から、
「こいつは昔、ほんとに仕事ができなくテナー!」と初対面の社員の前で言われた。
本人は愛嬌のつもりなのだろうが、海外じゃ殺されるよ。家族じゃないんだよ。

524 :名無しさん :02/12/22 01:20
>>516
>他人を別個の人間として尊重しない。
激しく同意!

525 :名無しさん :02/12/22 03:13
>>516
俺も激しく同意。
特に対人関係における礼儀のなさ。
日本人というのは、組織ばかりに重点を置いて
個人対個人の関係を尊重できないと感じる。
日本と欧米諸国との大きな違いがそこにあると思う。

519 :名無しさんの主張:02/12/23 19:45
(・∀・)スンスンスーン♪
( ゚д゚)ハッ!


520 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 5 ◆/rUyKbbz5. :02/12/27 19:52
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 でも、もっとびっくりしたのは『オレはもうマンハッタンになんか行きたくない』と
言うのです。『いったいどうしたのですか』と聞くと、一言ぽつりと『死んでしまいたい』
と言って、それ以後私が何を聞いてもしゃべらないのです。これは心の問題だ、
そう思ったのですが、だれを訪ねてよいのかわからない。それに精神科の先生の
元を訪ねたということを他人に知られたくありません。迷いに迷ってイエローぺージを
めくって先生にお電話をした。こういうことなのです」
これだけの内容を、まったく見ず知らずの私に話すということは、それだけ切迫した
状況だ。そう判断してよい。そこで、
「お話はよくわかりました。できるだけ早い時期に、ご主人を連れてきてください」
と次の日の夜六時のアポイントを与える。ところが夜も真夜中を回ったころ、M氏の
奥さんからの電話でたたき起こされる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

521 :名無しさんの主張:02/12/27 22:28
体育会系的な風潮がイヤだ!

522 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 6 ◆/rUyKbbz5. :02/12/30 20:00
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
「主人に『医者の診断を仰ぐ必要がある』と言ったところ目茶苦茶に怒り出したのです。
『オレは気違いではない。精神分析医のところなど絶対に行かない』と言って部屋に
入り鍵をかけて出てこないのです」
 おろおろしているのが手に取るようにわかる。だが心の問題を扱っていると、よくある
話でもある。そこで、本人を説得することにした。
「ご主人と話をさせてください」と頼むと、
「あれだけ怒っていたのだから、電話口に出るかどうかわかりません」
と不安そうな答えが返ってくる。待たされること十五分、M氏が電話に出てくる。ところが
奥さんの言っていたような剣幕はまったく感じられず、か細い声で、
「○○銀行のMです。家内がいろいろご迷惑をかけています」と言う。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

523 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 7 ◆/rUyKbbz5. :03/01/01 00:43
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 一回も面識がなく、精神状態が動揺している患者の場合、長い間電話で話をするよりも、
必要不可欠な会話の内容にしオフィスに来させるようにしむけなければならない。
M氏のような場合、私のオフィスに翌日来てもらい、診察をまず受ける、それがいちばん
重要なのだ。そこで、
「奥さんからの話を総合すると、かなりのストレスがたまっているようです。奥さんも心配
していますし、明日の朝七時に必ず私のオフィスに来てください」
と言う。だが、予想していたとおり、
「精神分析なんて必要ありません。会社に知れたらクビになってしまいます」
と日本人独特の精神治療に対する偏見が出てくる。この偏見は自分の首を絞めることに
なっているのだが、その実態に気づかない人が圧倒的に多い。こうした精神治療を
受けたがらないという姿勢は、周りの目を意識する、という日本人の横並びの発想と
深い関係がある。だが、M氏の奥さんはちょっと違った。周りの目などより、自分の家族の
ほうが大切だという、ごく自然な考え方で家族の健康を考えたのだ。だからこそ、M氏と
私の対応を親子電話で聞いていて、
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

524 :名無しさんの主張:03/01/01 01:35

 |
 |⌒彡   明けました……
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |
 |


525 :ぺご:03/01/01 03:20
523の続きマダー?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
☆チン
 チン☆ ∧_∧
ヽ___\(\・∀・)
\_/ ⊂ ⊂_)
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|       |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


526 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 8 ◆/rUyKbbz5. :03/01/01 12:00
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
「わかりました、明日七時に伺います」と優柔不断な彼の代わりに返事をしてきた。
 さて、翌朝、眠い目をこすりながらマンハッタンのオフィスに着くと、M氏と奥さんは
もう待合室で待っている。中肉中背のM氏は、背を丸め、おどおどした様子で
名刺を差し出す。
 私は、前日、奥さんが話してくれたことをかいつまんで説明し、どうして日本に
帰りたくなったのかを聞いてみる。すると、
「実は海外勤務などしたくなかったのです。でも会社の命令とあってしぶしぶ
引き受けたのです」
と本心を打ち明ける。
「日本での勤務評価はたいへんよかったので、ニューヨーク支店の副支店長としての
転勤命令となってしまったのです」とも言う。
「でも奥さんの説明だと転勤を喜んでいたと聞きますが」
「アメリカの居住環境には魅せられたのですが、仕事環境は悪夢のようなものです」
と矛盾点を自分なりに説明してくれる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

527 :名無しさんの主張:03/01/01 16:50
明けても日本て国はさ鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱

528 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 9 ◆/rUyKbbz5. :03/01/02 14:36
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
   「甘え」の心理が無責任体制をは☆こらす

 精神分析の講義を聞かされているみたいで、本来知りたいと思っている内容と違う
ではないかとお叱りを受けるかもしれないが、一言このM氏の対応について、精神分析
的な説明をさせてもらいたい。
 さて、何が言いたいかと言うと、精神的な問題を呈している患者に対し、彼らの心の中に
ある矛盾点を指摘することは、患者の予後を知るためにとても重要であるということなのだ。
 M氏のように、精神分析医に矛盾点を指摘された場合、自分なりにその矛盾点を
説明でき、より客観的に自分の置かれている環境に対処できるような対応ができるという
場合は、患者の予後は良い。ところが、精神的な問題が重症になってくると、こうした
矛盾点を指摘されたりすると、自分で説明できないばかりか、逆に精神的な動揺が
顕著になり、これまで以上に症状は悪化する。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

529 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 10 ◆/rUyKbbz5. :03/01/03 14:20
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 すなわち、患者の話すことの中にある矛盾の指摘は、患者の精神状態の診断を
的確に行うためには欠かせないテクニックなのだ。M氏のように、矛盾点を説明でき
たということは、心にまだ余裕がある、そう考えてよい。だから彼の対応ぶりを聞いて
いて、これならば外来で治療ができる、そう思いながらニューヨーク支店での仕事の
内容を聞いてみたのである。
「副支店長が決裁しなければならないものも結構あるのですが、通常は支店長が
最終的な決定を行うのです。ところが支店長の席は事実上空席なんです。彼はブラ
ジルに支店を作ることに忙しく、私は支店長代理という辞令をもらうことになり、実質的
にはなにもかも私にまかされることになったのです。決断をすることは昔から好きでは
ありませんでした。
だからそれでなくとも、責任が大きくなったことで気が滅人っていたのに、支店長代理
とはもう目の前が真っ暗になったのです」
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

530 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 11 ◆/rUyKbbz5. :03/01/05 12:01
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 こうして彼の話を聞いていると、「責任を負いたくない」そんな性格が浮き彫りに
なってきたのである。責任の所在が明らかになるということは、批判の矢面に立たさ
れることでもあるから、傷つきやすい性格の人はそのような状況を嫌う傾向にある。
M氏の場合、責任を回避したいとの性格は、裏を返せば傷つきやすい性格だとも
言えるのだ。
 外国という地に来ることで不安は増大していた。それに加え、自信が揺らいでいた
M氏は、自分の判断はひょっとして批判を受けるのではないか、そう思い始めたのだ。
こういう心理状態に置かれると不安はますます増大する。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

531 :山崎渉:03/01/07 16:17
(^^)

532 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 12 ◆/rUyKbbz5. :03/01/07 21:05
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 不安という感情を好む人はいない。当然、不快な状況に置かれれば、その状況
から脱しようとするのが人間の心理である。不安を排除すればよいのだが、不安を
完全に取り去ることなどそう簡単にはできない。だが、そうは言っても不安も増大す
れば病的な感情となる。人間の体は病気と戦うすべを知っている。そこで、M氏の
場合どうやって不安と戦ったかというと、昔優しくかばってくれたお母さんの元に逃
避しようとしたのだ。子どものときを思い出してもらえれば、すぐわかると思うのだが、
通常、お母さんは子どもを保護してくれる存在である。だから、不安を感じた子ども
は、お母さんの元に逃げ帰り不安を解消しようとする。
 大人になっても大きなストレスがかかると、人間はそのストレスから逃れようと、無
意識に昔、自分を保護してくれた人の元に帰ろうとする。その相手は通常、母親で
あることが多い。こうした現象を専門用語では退行現象と呼ぶ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

533 :名無しさんの主張:03/01/09 18:50
おらおらー続きはどうした

534 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 13 ◆/rUyKbbz5. :03/01/09 21:03
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 M氏は、外国に住み副支店長という重責を負わされ、しかも傷つきやすい性格でも
ある。これまで以上に不安は増大し、自分を保護してほしいという願望が高まった。
その結果、無意識的に母親への依存度が高まったのである。実生活でどのように退
行現象が現れたかは、追って説明していく。さて、M氏の職場での様子はというと、
集中力が欠けたり、物忘れが多くなった。それがいらいらに転じて、部下からは気難
しい上司だとの印象を与えるようになったのだ。また、M氏は前章のA氏と同様に、ア
メリカにおける勤労感覚に対する違いによるカルチャーショックも受けた。
 M氏は自分の感じたカルチャーショックを次のように語った。
「いちばん困ったのは残業をしてくれないことですね。また昼休みというと、仕事が途
中でも食事に出かけてしまうのです。仕事を中心にスケジュールが組めない、これが
一番の悩みでした」
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

535 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 14 ◆/rUyKbbz5. :03/01/10 22:44
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 この、仕事第一の価値観と、個人の生活優先の価値観とのぶつかりあいはA氏と
同じだ。
 お客の獲得には、ティッシュペーパーを持っての挨拶回り、雨の日でも風の日でも
お客が取れるならば、無駄とわかっていても足を運ぶ、そんな企業の論理の中で育
てられたM氏はA氏同様、悲しいかな、アメリカの個人を大切にする考え方について
いけなかったのだ。
「私にとって生活の充実とは仕事に熱中していることです。ところがアメリカ人は自分
の生活を第一とする。アメリカに来て一年近くになりますが、こういった考え方はどうも
しっくりきません。しかも私の銀行は日系のアメリカ人を結構多く使っているのです。
また日系以外のアメリカ人の場合、日本に住んでいた経験があるとか、日本文化に
興味を示しているとかが、採用の場合の大きな考慮の材料となっています。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

536 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 15 ◆/rUyKbbz5. :03/01/12 18:57
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 だからニューヨークといっても、責任は多少日本にいたときより重くなるかもしれま
せんが、人間関係ではそれほど異和感がなくてすむかと思っていました。ところが、
日本人独特の気持ちを彼らがある程度理解してくれるものと思っていた私が間違っ
ていたことに気がついたのです。しかも、理解しないばかりか、日本人が大切にする
仕事第一の価値観をバカにしてくるのです。がっくりきてしまいました」
「もう少し具体的に説明してくれますか」
「そうですね、残業に対する感覚の違いがショックでした。彼らはよほどのことでない
限り残業などしません。日本では残業といっても、半分以上はサービス残業が占め
ています。でもこっちでは働いた時間全部がお金になるのです。しかも給料に比較
して一時間当たりの報酬は二倍となります。日本でこのレートで残業代がつき、しか
も働いた残業時間は全部お金になる、と言ったらほとんど全員残って残業しますよ。
アメリカ人の勤労意識に接して、こうまで日米で違うものかと思ってしまいました」
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

537 :名無しさんの主張:03/01/12 18:58
>>1
諦めろ

538 :人間性をむしばむ日☆的「残業」観 16 ◆/rUyKbbz5. :03/01/15 20:50
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
ここにA氏とは違った、M氏独特の問題点が浮かびあがってきている。M氏は、日系
人も含めて、日本を理解しているアメリカ人たちはお互いに気持ちを察し合うことが
できるものだ、そう信じ込んでいたのだ。思い込みの度合いの大きいM氏は、それと
ともに精神面で繊細な部分がある。日本にいたときにはこの性格が、以心伝心、あうん
の呼吸という人間関係にプラスとなっていた。ところが、こうした繊細さはアメリカ社会
ではもろさとして現れてしまったのである。
 相手は自分と同じ考え方をする、いや同じであってほしい。そう思っていたのに、
現実は大きく違っている。同じであってほしいという願望と、そうでなかったときの失望。
このギャップに彼は耐えられなかったのだ。それに加え、M氏は自分の信じていた
価値観がまったく受け入れられないどころかバカにされている、そんな現実に接した
ため自尊心が傷つけられたのだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

203 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)