5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここが変だよ日本人 パート2

1 :外国人:02/04/26 02:53
日本に住み始めてしばらくの外国人です。
日本に来てこれは?と言うような習慣や行動パターン、考え方に出会い
疑問を抱いています。
はっきり言うけど、あなたたち

「ここが変だよ、日本人」

368 :quotation from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/11/23 19:09
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 企業が家族だというたとえは、経営管理者が行使する権力を隠ぺいするものである。
日本の産業界の労働状況に詳しい、ある専門家が言うように、

    日本の労働倫理のさまざまな側面は、究極的には、根本的で誤解の余地を残さない
   力関係にもとづいている。……日本の経営者が、伝統的な経営者に許された特権の
   大部分を保持し、権力の手綱をしっかり握ってはなさないことに疑いの余地はない。
   労働者の経営参加、労働者の責任感、労働者の社内訓練と養成そのほかすべて、
   このような文脈のなかで理解しなければならない。これは、会社を民主化しようと
   努力する者にとって、手本にすべき理想とはまず言えない。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

369 :quotation 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/11/25 21:58
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・このように、日本の権力はいろいろな段階で、独特な文化というイデオロギーに
装われている。日本人に一生つきまとう教化の主要な目的は、服従を続けさせることに
ある。そして、この政治的な現実に支えられる文化が、いろいろなやり方で服従の念を
さらに強める。世界をあるがままに受け入れるという考え方が、流行歌やたくさんの
よく知られた物語、数々のテレビ連続ドラマでもてはやされる。社会的に賞賛される、
受身的な態度は、教育制度や会社などの要求に − たとえ要求が不条理なもので
あったとしても − 盲従する姿勢を強めてしまう。人為的に引き起こされたものであろうと
なかろうと、不幸を前にしてはあきらめるのが円熟のしるしとみなされる。騙されたと
騒ぎたてる者は、"未熟"ということになる。この態度があるから、自然発生的あるいは
組織的な不正な金もうけも多くなる。日本人は日常生活でいろいろなヒントを通じて、
自分の属するより大きな社会に個人としての自己を"没する"よう積極的に誘導される
のである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

370 :名無しさんの主張:02/11/26 00:15
 爆発騒音といえば、昔、次のようなことが起きたそうだ。
 この地域ではないが、ある場所でポン菓子作りをしている人が引っ越してきた。
 その人は、それで生計を立ててていたので、毎日のようにポン菓子製造機を使用していた。
 知っているひとならわかると思うが、ポン菓子製造機は、ものすごい爆発音を出す。
 ポン菓子そのものはおいしい。
 米を持っていって、作ってもらうのだが、米粒が、大きく膨らみ、ぱりぱりになる。
 砂糖で甘く味付けをしている。
 だが周辺住民は、怒った。
なぜなら毎日爆発音がしたからだ。
 いくら悪意がないとはいえ、不快だったのだ。
 それで結局どうなったのかというと、その家の人は、どこへ引っ越した。
 苦情が次々にきたからだ。
 これなども、使用者に悪意がなく、生活のためであっても、それが許されない例だ。
 この場合、周辺住民を無視して、爆発を続けることも可能だったかもしれない。
 だが、そうなると、その人の存在はどういう意味を持つだろうか?
 

371 :quotation 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/11/27 20:19
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
        頭を鈍らすためのイデ★ロギー

 社会・政治的な現実を説明する際の知的構築物を支配するイデオロギーの
影響力を知るには、イデオロギーが知的市民を引きつける力だけでなく、それが
どのくらい他の知識を持つ機会を奪っているかを考慮すべきである。日本では、
自国のイデオロギーが、それと根本的に異なる考えを制するので、市民の知的な
刺激を抑えることになる。サラリーマンや流れ作業の労働者が、実は強制させられて
いるのに、神秘的に結びつけられている高尚な文化ゆえに仕事をやっていると
信じこまされたり、はたまた、自国の文化こそが幸せの根源なのだと言われれば、
反抗的な考えが育ちにくくなるだろう。さらに重要なことがある。彼らの読む
新聞論評の大半が、個人的な生活より会社への奉仕を選ぶのは、より意義のある
さだめを全うすることになるという見解を補強しているとしたら、知性が鈍くなるのも
当然である。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

372 :名無しさんの主張:02/11/27 22:02
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・たしかに、あからさまな不一致は多くの日本人を不快にする。紛争の両当事者を
責めるという何世紀にもわたる喧嘩両成敗の伝統がいまだに存続している。これは、
日本人がいがみ合わず仲良くやっていると見せるのに、大いに効果的な手法である。
だが実際には、日本人が他の国民よりも隣人を愛するわけではない。考え方が似ていて、
振る舞いが一様に見えるから、その裏に隠された社会的結合力の問題がカモフラージュ
されるだけだ。日本の社会は、同質性の神話をもって包み隠さなけれぱならない多くの
衝突をかかえている。支配階級のエリートの間でとめどもなく続く衝突をこの神話が
隠している。エリートたちが無条件に同意するのはただひとつ、現在の権力の仕組みを
存続させることだけである。神話はまた、一方に〈システム〉の管理者、もう一方に左翼
その他〈システム〉に代表されるものに反対する集団、個人との間で展開される、儀式化
されてはいるものの慢性的な政治上の衝突も隠ぺいしているのである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////





373 :名無しさんの主張:02/11/28 21:30
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 "家族国家"賞賛の教化には、日本の精神が危険な非日本的な思想に脅かされ
かねないという警告が添えられた。熱気にもえた明治初期の学者や学生は、実に
広範な西洋思想に接していたのである。英国の自由主義、ルソーの主権在民説、
英米の経験主義、功利主義、そして社会進化論などであった。さらに、へーゲルの
国家についての思想は、マルクス主義やアナキズムが紹介される前に、日本で解釈が
なされていた。しかし、人間の体験をすべて包括しうる概念的枠担みとしての、西洋の
道徳思想や政治思想の体系に対しては、疑念が増してきていた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////



374 :001 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/11/29 22:15
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 このような状況の理由をさぐろうとする知的能力と個人的性向を持つ日本人が
いたとしても、体制ぐるみで彼らに与えられるのは愚にもつかない説明である。
このため、しばしば虚無主義者になったり、極端な唯美主義に逃げてしまうことになる。
 日本人的なものを信奉するイデオロギーが今日でも幅を利かす一因は、戦後
日本の生活に全般的に見られた知的貧しさによる。日本は因襲によって必然的と
されている権力関係やそこから発生する社会的行為を意欲的に分析する知的伝統を
欠いていたから、煽情的な週刊誌や知識人向けの月刊誌がのせる社会・政治的な
現実の説明も、疑わしい内容にながちである。これらの雑誌は、きまったように
日本人論の記事を載せる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

375 :2 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/01 14:19
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
日本文化のイデオロギーが圧倒的で強力であり、いたるところに顔を出すので、
日本の評論家は自分の知的な警戒心を保つのがきわめて難しくなる。一部の知識人は、
自分の研究領域で文化的説明が悪用されるのに気づいているようだが、他の領域の
誤用は気にしないようである。日本人は集団生活を好み、本来訴訟好きではなく、
論理的に考える必要もないとくり返し言われる中で、荒野に呼ばわる少数者の声を
聞きとるのは、もともと聞く耳のある者だけである。少数者の意見は、めったに新聞でも
お目にかかれないしテレビにも登場しない。これぞ現代日本の正統派の力といえる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

376 :3 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/03 22:03
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 日本人は〈システム〉が要求する規律をいとも平然と受け入れる。単に、国民の大半が
疑問すら抱かないからである。日本人の生活と文学を熟知する高名な研究者、エドワード・
サイデンステッカーは、こう言う − 「日本社会を理解する鍵は、日本人がノーを言う
ように教えられていないことを理解することだ」。たいていの日本の中学や高校では
社会の仕組みについて疑ってみる態度を奨励しないし、それどころか、なんであれ
質問する生徒に対していやな顔をしがちである。日本の親も同様である。あまやかされた
日本の子供はとても反抗的になることもあろうが、母親相手の心理ゲームでは、自己を
社会的な枠組みとの関係において客観的に見る学習の代用にはならない。いうまでもなく、
日本人もみずから構築したものに対し「ノー」と言う、人間として各国に共通の能力を
持つのだ。だが、日本の若者は成育の過程で、社会は究極的に人間の考えの産物であり、
自然の気まぐれまかせの避けられない結果ではないという点について教えられない。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

377 :名無しさんの主張:02/12/04 11:29
たいへん興味深いので本を買ってしまいました。


378 :名無しさんの主張:02/12/04 20:26
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・何でもアングロ・アメリカン流にしろという立場を筆者はとらないが、米国および
英国の教育改革の流れは大いに参考になる。基本的には、選択の自由の拡大と
結果責任(アカウンタビリティ)強化を目的とした分権化と規制の緩和を行うのが
望ましいと思われるが、文部科学省が従来以上に、ナショナル・スタンダードを明確にし、
定期的に全国試験を実施し、その結果を、県・市町村の教育委員会ごと、また個別の
学校ごとに公表することが適切であろう。つまり、徹底的な分権と規制の緩和を行う反面、
スタンダードの設定とそれに基づく評価については文部科学省の役割を強化する訳だ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////




379 :4 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/05 20:50
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・制度化され"文化的に"認められた服従の仕組みと、権力者が思うままに
現実を提示するのを許す日本の柔軟性が、権威主義的な権力行使に理想的な
環境をつくり出す。事実、先にも見たように、"官僚的権威主義"という分類表示こそ
日本の政治統一体を指していうのにもっとも近いであろう。ただしひとつの問題がある。
普通、権威主義の体制では、社会を制御する力の源がはっきりと分かるものだ。
ところが日本の場合、統制力がいたるところから、また社会そのもののなかからも、
たえず出ているように見える。公の権威構造と社会 − サラリーマンにとって、
後者は主に会社 − が、一般大衆の頭の中でひとつになり、さらに"日本文化"の
本質的要素になっている。国家、社会、文化がひとつの大きな混合物になり、
全体を包みこむ自然現象、また逃れられない力として、日本人の大半に作用している。
そして日本人は、この力を善と見るように仕向けられるのである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

380 :名無しさんの主張:02/12/05 21:18
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 "家族国家"賞賛の教化には、日本の精神が危険な非日本的な思想に脅かされ
かねないという警告が添えられた。熱気にもえた明治初期の学者や学生は、実に
広範な西洋思想に接していたのである。英国の自由主義、ルソーの主権在民説、
英米の経験主義、功利主義、そして社会進化論などであった。さらに、へーゲルの
国家についての思想は、マルクス主義やアナキズムが紹介される前に、日本で解釈が
なされていた。しかし、人間の体験をすべて包括しうる概念的枠担みとしての、西洋の
道徳思想や政治思想の体系に対しては、疑念が増してきていた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////





381 :5 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/07 13:37
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
11☆ 宗教としての〈シ☆テム〉

 日本人は、日本の社会・政治秩序を評価する手段として、法律や、宗教、あるいは
体系的に理路整然とした知的探究法といったものを一貫して用いることはしないから、
それを評価するためには結局身近な社会環境から発生する要求やその命ずるものに
もとづく日常生活上の"諸現実"を用いるほかない。このように、〈システム〉の外部に
〈システム〉の決定をくつがえしたり裁いたりするものがないのだから、〈システム〉は
みずからを裁けばいいということになる。これはつまり、〈システム〉は本来、善であり、
したがってその本質を批判するのは不可能だということを意味する。〈システム〉の
守護者たちは、彼らが代表している秩序体系には本来思いやりの精神が備わっている
と主張するが、これはそのことを裏づけている。こうして、〈システム>は宗教の代替物
にもなる。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

382 :名無しさんの主張:02/12/07 14:27
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1039209438/l50

383 :名無しさんの主張:02/12/07 15:03
べつに他と比べなくてもいいんちゃうの?

384 :名無しさんの主張:02/12/07 15:26
【フェミファシズム】
@いかがわしい男女平等

Aいかがわしい児童保護



385 :名無しさんの主張:02/12/07 17:22
連続書き込みうざい。
どっか逝って氏ね。

386 :名無しさんの主張:02/12/07 18:18
>>385
おれは第三者だけどさ、おまえがうざいんだよ。なんでおまえの価値観に合わす
必用あるんだよ。


387 :名無しさんの主張:02/12/08 21:27
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 "家族国家"賞賛の教化には、日本の精神が危険な非日本的な思想に脅かされ
かねないという警告が添えられた。熱気にもえた明治初期の学者や学生は、実に
広範な西洋思想に接していたのである。英国の自由主義、ルソーの主権在民説、
英米の経験主義、功利主義、そして社会進化論などであった。さらに、へーゲルの
国家についての思想は、マルクス主義やアナキズムが紹介される前に、日本で解釈が
なされていた。しかし、人間の体験をすべて包括しうる概念的枠担みとしての、西洋の
道徳思想や政治思想の体系に対しては、疑念が増してきていた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////







388 :名無しさんの主張:02/12/08 21:30
だから比べるなって、人は人自分は自分なのよ
おまえの主張なんか世の中通りませんよ

389 :6 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/09 21:32
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 二〇世紀に入る少し前に構築され、広島、長崎に原爆が投下されるまで存続した
社会・政治的秩序においては、その秩序を宗教のようにとらえるという傾向がみられ、
それは公然と強調されていた。"天皇制"を養う精神的栄養素として確立された国家
神道が、他の宗教すべてを翼下に統括する上部組織として機能した。他の宗教は
天皇崇拝の思想と相容れない教義をすべて放棄しなければならなかった。
 国家神道は、神格天皇を中心にすえた"家族国家"の諸理論とともに、今や過去の
ものである。一九四五年の敗戦に続く三〇年間ほどは、日本人の間で"天皇制"への
痛烈な批判がきかれた。だが、このような批判も、天皇制にとってかわるほど決定的な
説明や、政治的信念として役立つほど深く強力な理論にもとづいていなかったし、
古い神話を根絶する世俗の信念体系や、社会主義的、人道主義的、あるいは自由
主義的な世界観などはいっさいなかった。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

390 :名無しさんの主張:02/12/09 21:46
ヽ(´π丶)ノヘ(゚_ 。)ノ  凸( ^ー゚) fuck!
(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ(´o`) 漱石
("J") ? ? ?? ????Fuck!
凸=(´Д`)¬ you! q=(`ε´)¬(・c_・ )¶:3ミ 
o(^-^(-_-(-.-;(・_・(・o・(^〜^ 9 みんな応援してるよ!!
(?_?) <(´ー`)♪三瓶 (´ー`)>です♪
 (`)Ξ(´)ぶぅ〜
????????????????????
????????????????????
?? <br> ??????????
エライコッチャc(゚ロ゚c)(っ゚ロ゚)っ エライコッチャ
??イクラ大好き
(´ι _`  ) アッソ



391 :名無しさんの主張:02/12/09 21:58
そうだお前が外人になれよそれで解決だ!おれって天才

392 :名無しさんの主張:02/12/10 11:32
ご協力をお願いします。
男性差別をなくすためにも。

●▲■男性差別をもっと表面に出そう■▲●
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1038982352/

393 :名無しさんの主張:02/12/10 14:25
ここがおかしい日本人!
公務員、議員に気前よくボーナスやってる日本人。
そんな法律は廃止させろ。

公務員に冬のボーナス 12月10日

 全国の公務員約429万人のほとんどに10日、冬のボーナス
 (12月期の期末・勤勉手当)が支給された。
 国家公務員は管理職を除く一般行政職員の平均支給額は
 約66万2000円(平均年齢36・2歳)、地方公務員は
 約61万8000円(同35・3歳)。
 月給引き下げの人事院勧告を受けた給与法の改正や条例改正で、
 年間総額は前年度と比べそれぞれ約8万2000円、7万
 2000円減となる。

 国家公務員の場合、2003年度から3月期の期末手当を
 廃止するのに伴い12月期の平均支給月数は増えたが、
 月給引き下げなどのため年間の手当支給額は下がる。
 地方も同様のケースが多い。

 総務省人事・恩給局の試算によると、特別職の最高額は
 小泉純一郎首相と山口繁最高裁長官で約591万円。
 国務大臣は約431万円、衆参両院議長は約541万円。
 国会議員が約322万円。

 一般職では、東大学長が352万円、事務次官が345万円、
 局長クラスが約262万円だった。


394 :7 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/11 21:51
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
さらに、戦後の日本はその憲法と法律にしたがって統治されるべきだという単純明快な
決意さえ固めることはなかったのである。こうして、服従という政治的な文化は生きつづけ、
〈システム>があらゆる実際面でまごうかたなき代用宗教としての力になっている。戦前の
日本の行為を指してよく使われた"日本主義"は、今日の〈システム〉に奉仕する慣行を
表現するのにもいまだに有効である。この日本主義は、もちろん10章で述べたイデオロギーと
切っても切れない関係で結びついている。"日本人らしさ"を信奉するイデオロギーを
簡潔にまとめたものはどこにも見当たらないとか、それが一冊の本にまとめられて本屋の
書棚に並んでいないことは重要ではない。それはあたかも形ある聖典のように、
〈システム>を支える目的を果たしているからである。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

395 :8 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/13 20:50
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 共産主義のイデオロギーはしばしば宗教になぞらえられ、まさしく"現世の宗教"だと
言われてきた。その宗教的特長は明らかである。あらゆることを"説明"できる自己完結的な
哲学体系があり、それ自体の基盤になっている原理に訴えて批判的な議論を迎え撃つ。
それは教義を解釈する専門家層や疑似僧侶階級も作り出した。共産主義を拠り所とする
者は、崇高な目標の名のもとに、宗教的情熱をおびた大きな力を与えられる。いくつかの
点で、日本主義は共産主義より効果的でさえある。共産主義ほど吟味されず、当然の
こととされ、逃れられないからである。また、狂言的行動の危険や俗化への恐れなど、
教団宗教にまつわる属性を多く持っている。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

396 :9 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/15 18:47
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
    好都合な宗☆
        新興☆教

 ・・・・新興宗教のもっとも際立った特徴は、いとも簡単に蓄積したように見える巨富の
ほか、教義が極端に簡素化していることである。信者や会員がすでに信じていること
以上の信条が実質的にあるのだろうかと思わせる。どの教団もとり立てていうほどの
価値ある教義を発達させず、信者、会員に対して哲学的な指導、ましてや政治哲学
的な指導をおこなっていない。たしかに、創価学会は公明党を生み出した。しかし、
一九七〇年代に政教分離によって親教団から形式的に離されたこの新しい議員集団は、
オルタナティブの政治原理にもとづいて新しい政策の選択肢を呈示することによって
日本の政治の世界の質を高める、ということはなかった。自民党の一派閥と大した
かわりはないだろう。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

397 :10 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/17 21:51
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 日本の新興宗教の主な機能は社会的なものである。新興宗教は、集団活動に
参加したいという強い欲求がありながら、大企業の”一員”ではない人びとの安息の
所となる。新興宗教の熱心な信者の中で多いのは、孤独な主婦、バーホステス、
下層の労働者などである。
 一個人が自分の心の奥底まで宗教にかかわり得るとするのは、たいていの日本人
にとってなじみがない考え方である。宗教はむしろひとつの道具、自分の問題を
解決してくれそうだから取り入れるもの、なのである。ある新聞の人生相談欄で、
自分の娘がキリスト教会に入ってから”まったく違う女”になってしまった、と心配する
母親に対し、助言者は、娘がキリスト教信者になったきっかけの個人的な問題を、
まずつきとめることをすすめていた。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

398 :11 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/19 20:14
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
        教会としての会☆と社会

 ・・・・企業は、社員ないしその親が新興宗教の信者であることを好まない。入社
選考で、この点を調査することが多い。日本での宗教的熱意はその人の属する集団
への優先的忠誠によって表現される。したがって会社に対する忠誠と宗教への忠誠
とが衝突する可能性大きすぎるというわけだ。昔からある仏教の宗派は、信者の時間を
ほとんど奪わないから、その点脅威にはならない。ビルの屋上に設けられた”会社の
神社”を拝むよう社員に要求する会社もあり、キリスト教信者の社員を困らせるのは、
周知の通りである。会社が宗教的な活力の源だと如実に示したのは大手商社・
日商岩井の島田常務の有名な遺書だった。ダグラス・グラマン疑惑(一九七九年)に
関わった結果、ピルから飛び下り自殺したこの常務は、社員全員にあてこう書いた
− 「会社の生命は永遠です。その永遠のために私たちは奉仕すべきです」
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

399 :12 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/21 19:21
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 会社にもまして、<システム>全体が宗教的な活力を与えてくれる。悔悟の気持ちを
十分に示せばたいていの法律違反者が放免されること、管理者が彼らの運営する
組織が慈悲の泉であると国民に思わせたがること、逮捕された過激派が異説を主張
するという極端なケースでは、その信念を棄てさせようと多大の努力が払われること、
などを読者は覚えておいでだろう。日本には大いなる言論の自由がある一方で、
非正統説信奉が組織化され特定の団体と結びつくと、すぐさま<システム>がそれを
吸収するかあるいは無力化しようとする力が発動するようだ。既成の社会・政治的な
仕組みに個人が反抗するという可能性は、とても認められない。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

400 :13 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/23 13:58
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 日本社会の宗教的特性のために、日本では社会の知的、批判的評価が低い
レベルにとどまっているということなのだろう。社会的な関心事がつねに優先し、
しかもその関心事に宗教的な意味を与える場合、社会分析は聖なる神性分析に
類似してくる。神を分析しようとしたら、神の神秘や聖なる特性がなくなってしまう
だろう。その結果、信念・信仰が弱まってしまうことになる。日本人論の核心である
”日本人らしさ”信奉のイデオロギーとちょうど同じように、日本主義はその宗教的な
実体をそのように認識されることがない。こうして、知らぬまに<システム>の宗教色が
なお一層強化されるのである。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

401 :00:02/12/23 17:00
第二名神高速道路・関西大環状道路に関する[緊急アンケート]を実施して
います。皆様方のご協力を何卒よろしくお願い致します 。
http://myd.nttnavi.co.jp/navis/myd_enq/msg_highway.html


402 :14 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/25 21:42
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
    仏教徒、キリ☆ト教徒、マルクス主義者、狂信者

 ・・・・政治的秩序を超えた真理に訴える伝統が日本では根づかなかったという事実が
あるからといって、このような信条や原理について考えたり訴えたりする能力が日本人
にないというわけではもちろんない。日本の〈システム〉は宗教の代替物として自然に
発生したものではないのだ。説明のつかないなにかしらの理由によって、宗教的思索
には関心をもたなかった国民が作り出したものではないのだ。人間の頭脳は必然的に、
心眼がとらえる事柄を支配する、目に見えない秩序を探索するものである。教えられて
そうするわけではないし、またしばしば活発な邪魔だてがあるなかでそうするのである。
人は単に育てられた環境の産物ではないことは、他の人びとと同じく日本人の場合にも、
歴史のなかではっきり証明されている。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

403 :15 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/28 08:29
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 歴史上のいくつかの転換期に、日本の権力者は、日本の正式の宗教にまだ少しは
残っていた超越的な価値や普遍的な原理を根絶してしまった。このような要素が、
彼ら権力者こそ究極的善の体現者だと提示することへの脅威になり得ると極度に
恐れたのである。このことは確かであろう。戦わずして諦めようとはせず、激しく弾圧
された宗教団体がいくつかあるからだ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

404 :16 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/29 18:37
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
        仏☆徒の反乱

 たとえば、鎌倉時代の偉大な仏教改革の一番手、法然(一一三三〜一二二一)は、
個人救済が可能だと説いた。当時、仏教はすでに神道に影響を与えていた。すなわち
輪廻転生によっていろんな姿に再生するという仏教の教えによって、死者の霊は
しだいに先祖の霊と合一するという神道の死後の世界の考え方を変えていたのである。
一〇世紀ごろから、人には来世があるという考えが、政治的統制を受けない倫理的
規範にもある程度の影響を与えていたが、その考えが人気を得たのは、日本固有の
仏教諸宗派が隆盛をきわめてからである。法然はその嚆矢だった。彼の説は、儀式的
行為よりむしろ、慈父のような阿弥陀仏の慈愛と慈悲に子供のようにすがるだけで、
仏の力で極楽浄土に往生できるというものであった。京都に近い比叡山の僧院に
本拠をおく体制の一部となった仏教は、法然を危険人物とみなし、手荒な行動に出た。
叡山の僧侶は、法然の仏法論集の刷本とその印刷に使われた版木を、手あたりしだい
に焼き捨てたのである。結局、彼の人気のせいで、当局は法然を流罪に処した。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

405 :17 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :02/12/31 11:25
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 次に現われた偉大な仏教理論家、親鴛(一一七三〜一二六二)もまた、彼の人生の
大半を日本の政治や文化の中心地から遠く離れた所で民衆に混ざり、島流し同然の
生活を送った。彼は法然の理論を一歩発展させ、信心だけで救われると説いた。仏の
名を唱えることも、儀式も、宗教上の信念からの独身生活も必要なく、信心のみが救済
の鍵だと説いた。中国から移入された仏教は支配階級エリートの道具になっていたが、
他のだれにまして親鷲は、無学な村の凡夫にも仏門を近づきやすいものにした。彼が
開いた浄土真宗は、今も日本最大の宗派である。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

406 :18 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/01 21:30
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 第三番目の土着仏教の宗派の開祖、日蓮(一二二二〜八二)は、日本の歴史上、
もっとも華やかに活動しもっとも政治的、したがってもっとも物議をかもした宗教的指導者
だった。六〇〇年以上も経った今でも、個人の信念を国家の利益に優先させた人物の
特異な例として名を残していることは注目に値する。日蓮は、”南無妙法蓮華経”の
題目を唱えて、法華経の超越的真理を信じれば、一人ひとりの日本人の魂は救われ、
ひいてはそれが国民全体の救済につながると説いた。彼は、日本中が改宗しなければ、
外国からの侵略も含め、あらゆる災難に見舞われると予言した。実際に、一二七四年と
一二八一年、蒙古の族長で中国の支配者だったフビライ・カンが襲来し、そのことで
日蓮の名声はその後何世紀にもわたりきこえおよぶこととなった。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

407 :QP:03/01/01 22:06
て言うか議論になってないよ。自己満足ですか?

408 :19 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/03 13:02
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
        キ☆スト教の脅威

 ・・・・徳川時代から明治時代、そして今世紀はじめの数十年間に、宗教との競合に
対する恐れがあったことは、キリスト教徒に対する不寛容さに一番顕著に示されている。
 一六世紀末から一七世紀にかけての数十年間に、ポルトガル人のイエズス会その他
の宣教師による改宗者が、何人かの大名も含め一〇〇万人にも達した。このような時代
がどうして終わったかについては、意見が異なる。一説によれば、将軍が宣教師たちを
ポルトガルやスベインによる日本植民地化のための先兵だと見たからだという。おそらく
もっと重要だったのは、幕府への忠誠度が低い領主が外国の軍事的支援を受けかねない
と徳川幕府が恐れたことであろう。しかし、理由はこれだけにとどまるまい。たとえ絶対者
としてのその神が天にいるだげとしても、将軍や天皇の上におかれた異国の神への
信仰が政治的秩序に対して与えうる潜在力は、支配者にとって非常な脅威だったに
ちがいない。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

409 :20 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/05 16:21
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・一六三七年、多数のキリスト教徒が虐殺され、あるいは棄教を強制された後、
隠れキリシタンに浪人武士が加わり、キリスト教の旗をかかげて島原半島で反乱を
起こした。三万七〇〇〇人の男、女、子供が戦列に加わり、地元島原城を占拠して
四カ月間幕府軍に低抗して戦った。これは、約二三〇年後に明治維新で武士が
戦うまで、最後の大きな戦いだった。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

410 :21 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/06 21:02
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 仏教徒やキリスト教徒が追放されても、それとともに公認の”真理”を超えるなにかを
渇望する者が完全に姿を消したわけではなかった。一八世紀前半に生きた思想家、
安藤昌益は、幕府はイデオロギーに支えられた武力に頼る独断専横の統治だとして、
実態をありのままに捉えた一人だった。彼のような人物がほかにもいただろう。安藤昌益
の著作は一八九九年になるまで発見されず、広く日本の一般大衆に紹介されたのは
やっと第二次大戦後のことであった。
 キリスト教は無情に絶滅させられた。仏教はみずから発達させた超越的概念を抜き
とられ、いくつかの宗派が非合法化された。徳川支配の下に、新しい権力関係は正統派
イデオロギーの中で固定化した。このすべてが、今日の日本の政治的文化を形づくる
上で決定的であった。そして、それは政治的な采配の直接の結果なのである。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

411 :山崎渉:03/01/07 16:06
(^^)

412 :22 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/08 20:30
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
        二〇世紀の危☆な信仰

 ・・・・またもや、キリスト教徒が最初の標的だった。明示も三〇年を過ぎた頃、彼らは
新政府の規制の対象にされた。一八九九年、文部省が学校での宗教指導を禁止した。
その六年前には、東京帝国大学の哲学教授、井上哲次郎が、有名な『教育と宗教の
衝突』を出版し、その中で「當然の締結にして耶蘇教は徹頭徹尾非國家的なればなり」
と述べていた。もう一人のナショナリストでジャーナリストの陸羯南は、仏教が以前
政治体系に吸収されたようにキリスト教も同化するよう主張した。彼は、いかに日本人の
道徳を保持するかについて政府に指示する論説で有名だった。宗教教育の禁止は、
社会の新しい倫理の担い手をめざしてキリスト教にならって張り合っていた仏教系の
学校にも影響を及ぼした。だが、キリスト教徒は「体制イデオロギーにとってイメージの
上で”外国人”であり、彼らの異邦思想の反射を通じて愛国主義の輸郭が一層くっきり
と浮かび上がったのだ」。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

413 :YOSHIKI:03/01/08 20:46
おまえら,永遠の命を手にした■慎太郎クローン■が
次期総理に向けて始動したぜ!
石原は「自分に代わって■慎太郎クローン■が首相になって
大日本帝国を再建する。」といっているらしいが、本当かよ?
詳しくはこのHPに書いてあるぜ。
http://www12.brinkster.com/uhikaru/a&w.htm

音楽や永遠の命の質問などおれのスレにいろいろ書けよ。
そして愛知万博の極秘情報も知りたければおれのスレに来いよな。
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/musicnews/1038739531/l50

石原隠し子及び■慎太郎クローン■ 関連スレ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1032166274/l50

おしんもよろしくな。
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1037874647/l50

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★■▲▼?■▲▼?,,,,,

414 :23 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/09 22:37
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 明治の寡頭政権が認める社会に適合するよう、キリスト教徒は至高神と信徒としての
個人の責任を捨てるべきだとされた。言いかえれば、日本のキリスト教は、キリスト教徒を
キリスト教徒たらしめる信仰の本質的な部分を奪われたあである。しかし、時には異議を
となえながらではあったが、多くのキリスト教信者がそれに順応した。一部のキリスト教
系の学校は、道徳指導の拠り所として聖書を天皇崇拝の基本文書である教育勅語に
かえたりした。
 日本のもっとも有名なキリスト教徒、内村鑑三(一八六一 〜 一九三〇)は、日本社会
に積極的に参加したいと願いながら解決不能な葛藤に悩んだ多くのキリスト教徒の
気持ちを代表している。つまり、知性や道徳の命ずるところは社会・政治的秩序体制
の要求になんら優先しない、と認めることの葛藤である。アメリカで学んだ内村は、
日本の学校で教えるには適さなくなっている自分に気がついた。一八九一年の有名な
エピソードによれば、彼は教育勅語の玉璽に頭を下げるのを拒否し同僚の嘆願で
やっと折れたという。彼のジレンマは、一九二六年執筆の有名な短文『二個のJ』に
痛切に描き出されている。(〔〕内は英文からの訳出)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

415 :24 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/11 10:49
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
   私に愛する二個のJがある。三番目はない。其一はイエス Jesusであって、もう
  一つのは日本 Japanである。イエスと日本とを較べてみて私はいづれをより多く
  愛するか私には解らない。……〔イエスのためには、彼の父なる神以外のものを
  認めることはできない……日本のためには、外国人の名のついた信仰を受け
  入れることはできない〕……私の信仰は、この二個の中心をもつ楕円である。

 内村が求めたのは、西洋の影響によって汚されていない、純粋に日本的でありうる
キリスト教だった。そんなものが可能だとしても、とてもむずかしい注文ではある。彼は、
聖書の物語とキリスト教の倫理的教義の一部はそのまま取り入れ、教会制度を捨て
ればそれが可能だと考えた。・・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

416 :25 from 1989 ◆CMLjWvtunQ :03/01/14 21:59
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 ・・・・今世紀になってからは、マルクス主義者もキリスト教徒も彼らの信条の本質的
原理を捨て去ることを条件として、社会的妥協を受け入れるかぎり、捨ておかれた。
一九〇〇年代初期に社会的地位が高いものの間で共通の話題は、どうすれば
”危険思想”をうまく抑制できるかだった。”危険思想”とは、主にキリスト教徒とマルクス
主義者の世界観から出た思想のことである。一九二三年には、このような思想を
抱かないよう国民に命じる勅令(国民精神作輿に関する詔書)が発せられ、その後は
こともなくおさまった。一九三〇年代から終戦時まで、強情なマルクス主義者は執拗に
つきまとわれるか巧みに説得されて転向させられた。一番あからさまに迫害されたのは、
共産主義者だつた。共産党はコミンテルンからの指示を受けていたから、外国の手先
として描き出すのは容易だった。もちろん、党は非合法だった。激しい党派間の争い
により分断され、大量逮捕によってさらに弱体化させられた。共産党の指導者は戦時
中の大半を刑務所で過ごしたのであった。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

417 : :03/01/15 21:49
結論は「朝鮮人はもっとヘン」ということですか

284 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)