5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★自国に誇りの持てる教育★

1 :名無しさんの主張:01/08/28 10:26 ID:KkbZkPWk
そんなこと、自分に自信がもてない奴の言うことだ。オレは自分に誇りがもてるので、「日本人」
なんてケチな概念に依存して生きる必要はない。

2 :名無しさんの主張:01/08/28 10:31 ID:BiZkE2xs
>>1
大人になった今は好き勝手に言えるよな。
自分が幼かったころに照らし合わせて
考えてみるのも大事なことだよ。
あのころは自分の考えなんて持てずに
教科書を闇雲に信用していただろ。

3 :名無しさんの主張:01/08/28 10:37 ID:f1004B0c
1に全面的には賛同しかねるが、自国に誇りと言う概念をやたらと矮小化して
とらえることに疑問を感じるという点で同意。
なぜ声高にそれを唱える人たちは、日本そのものよりもむしろ明治政府とその
体制に対する愛情ばかりを言うのだろうか。
明治政府はそれまでの日本の文化や風習をぶち壊しにしたという点でむしろ国辱
的な政府であると思えるのだが、そこら辺をどう感じるんだろう。
そして、戦後体制もまた、日本人の選択だったことを思えば、旧体制を懐かしみ
新体制を蔑むことは「自国に対する自信喪失」にはならないんだろうか。

4 :( ゚д゚)@昼の部 ◆KAOqMrK2 :01/08/28 10:39 ID:rnkZlJ9s
誇りも一歩間違えれば自尊心

5 :名無しさんの主張:01/08/28 10:40 ID:2iO8oLyc
戦後体制は自主的ではない部分が大きい。

6 :名無しさんの主張:01/08/28 11:07 ID:Mn5M9xtU
一般レベルでは「誇り」「自尊心」は同義語ではないの?

7 :名無しんの主張:01/08/28 12:01 ID:XGw6Oh9I


8 :名無しさんの主張:01/08/28 12:53 ID:Z2AcX0iU
「自国に誇りを持つ」≠「自国政府に誇りを持つ」

9 :名無しさんの主張:01/08/28 14:23 ID:nMW6eGE.
>>3
その疑問には、天皇の問題がからんで来るように思う。
戦後の改革よりも、明治期の西洋化の方が文句なしに大きい変革だったと思うが、
明治政府は天皇を国の中心に立てる(←これ自体、革命的であるが)ことで、多数の納得をとりつけた。
じっさい国体は、麻薬的に美味であった。
いまだ戦後体制に納得していない層は、その辺りの心のよりどころに不安を感じているのではないか。

10 :名無しさんの主張:01/08/28 18:37 ID:ZFYCpnME
作る会のひとたちは自国に誇りが持てないと生きていけないんだね
黛敏郎がヨーロッパコンプレックスから右傾化したことは有名だけど、そんな腰抜けが多いんだな

11 :/):01/08/28 18:51 ID:ZcbONh7c
 「自国に誇りを持つ」とは現代の日本国憲法下の日本国に誇りを持つことであって大日本帝国憲法下の戦前の日本に誇りを持つことであってはならない。
 戦時の軍国主義日本から、米軍により解放していただき、自由と民主主義をもたらしていただき、平和と経済的繁栄を享受することができる、現代の日本国に誇りを持つべきだ。
 今、自虐史観とかいって自国に誇りはないのかと批判されている連中は、実は最もこの戦後民主主義日本に誇りを持っている方々なのだ。
 一方、自国に誇りを持てとかほざいて歴史教科書に神話載せたりとか自主憲法を制定しろとか言ってる連中の方が、最も自国に誇りをもててない奴ら。

12 :R.E.M. ◆nsrznREM :01/08/28 18:58 ID:Vz1a/LpM
この場合の「国」てのは何を指すの?
>>11の言う「現代の日本国」か?
縄文の昔から続くこの地域の歴史と風土か?

何だ?

13 :/):01/08/28 19:07 ID:ZcbONh7c
>>12 ドイツ連邦共和国民はナチス時代のドイツに誇りを持ってると思うか?(一部ネオナチとかはおるやろけど)
 旧ソ連(今はしらん)国民はロシア帝国に誇りを持っていると思うか。
 中華人民共和国は中国4,000年だの何だの言って昔の各王朝にも誇りを持っているような気はするが。

14 :R.E.M. ◆nsrznREM :01/08/28 19:08 ID:Vz1a/LpM
>>13
A1→思わない。
A2→思わない。

15 :名無しさんの主張:01/08/28 19:19 ID:fyK9BxAM
11>戦時の軍国主義日本から、米軍により解放していただき自由と民主主義をもたらしていただき、平和と経済的繁栄を享受することができる、現代の日本国に誇りを持つべきだ。

 本当にそう思うのか?アメリカ様に助けられてよかったなとか?
 うーん?そのような人は国に誇りを持とうとしても別の国に
 誇りを持ちそうだな。(アメリカ?)

16 :R.E.M. ◆nsrznREM :01/08/28 19:20 ID:Vz1a/LpM
おいおい、それはUS万歳が喜ぶな

17 :/):01/08/28 19:40 ID:ZcbONh7c
>>15 別にアメリカがどうこうじゃないんだけどね。
 自国に誇りを持つことは戦後民主主義日本に誇りを持つことなんだと。
 少なくとも戦時・戦前の軍国主義日本に誇りを持つことは自国に誇りを持つことじゃないよね、と。
 そしてその戦後民主主義日本っていうのはたまたまアメリカの進駐軍が中心になってその基礎を作ったんだと。
 てなことで、私は靖国神社では太平洋戦争で戦死した帝国皇軍の軍人ではなく、日本国を軍国主義から解放するため命を懸けて戦った米軍兵を合祀すべきであったと思うのだが、それは極論?

18 :名無しさんの主張:01/08/28 19:42 ID:f1004B0c
たとえ神聖ローマ帝国が雲霞と消え去ろうとも、ドイツの芸術は我らの手に残れ
 ヴァグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー 第三幕より

国を愛し、誇りを持つとはこういうことだろう。

19 :名無しさんの主張:01/08/28 19:50 ID:.42Xs0Ss
>>11

アメリカに押し付けられた教育のせいで風紀の乱れがひどくなり、
性非行をはじめ多くの問題が生じた。
戦前は良かったよ。
今の日本なんて幻。
本当の日本へ帰ろう。
みんなで力を合わせて、日本へ帰ろうではないか。

20 :名無しさんの主張:01/08/28 19:57 ID:f1004B0c
戦前は何がどういう風に良く、また何故それがそうであったのかね。
現在と比べて。
若輩者ゆえ、戦前がどの様であったのか知らぬ。>>19氏はあたかも戦前を
見知っているような口調であらせられる。ぜひ実体験として戦前の良さを
語ってほしいものですな。

21 :一般人さん:01/08/28 20:05 ID:3FNMFf92
大多数の日本人は日本に誇りを持っているはず。
だから、その日本を代表する金権政治化や犯罪政治家に、頭をたれて一票を投じているんだロー?

22 :US万歳:01/08/28 20:09 ID:dKm6XPhI
いや、人間は「地球国家(アメリカ様)」を生まれたときから尊敬しなければならない、
愛国心は重要だ。

23 :名無しさんの主張:01/08/29 10:43 ID:oi1n6DoE
>>20

自分の祖父母の世代に聞くんだな。
当時の中学や女学校を出た方なら、戦前のよさを語ってくれるよ。

24 :20:01/08/29 11:41 ID:WOBHP6fw
>>23
近所の老人、祖母に聞いたが、今と比べて戦前が良かったという話はとんとない。
今を軽視して懐古趣味に逃避する軟弱者は見苦しいな。

25 :でり ◆DERRI7/I :01/08/29 12:11 ID:exAPsGcA
>>23
別スレでしばこに噛み付いていた

oi1n6DoE

ってあの別学厨房でしょ。
わかりやすい人格やなあ。
深みがないっつうか。言い方を変えれば。
まあ、戦前がすべて正しい、戦後はすべて
まちがっているというだけのことだものね(藁

26 :でり ◆DERRI7/I :01/08/29 12:18 ID:exAPsGcA
oi1n6DoE 戦前マンセーウヨくんの
の妄想さらしあげ

http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=soc&key=996704927

270 名前:名無しさんの主張 投稿日:2001/08/25(土) 18:09
>>267は宣伝に過ぎない。
大学でも合コンに積極的だったのは共学の人。
男子校出身の人で行ったことあるひとはほとんどいなかった。
じつは263=265=267=268
は共学君!
大学でも共学出身者は一様に目を血走らせていた印象が強い。
大学生にもなれば付き合わなくてはならないという強迫観念が強いようだ。

276 名前:名無しさんの主張 投稿日:2001/08/25(土) 18:31

ちなみに、大学時代に知りあった共学出身者は数十名はいる。
サンプルとしては充分です。

27 :/):01/08/29 12:47 ID:hMumM55E
>>25
>>23
 > 自分の祖父母の世代に聞くんだな。
 >当時の中学や女学校を出た方なら、戦前のよさを語ってくれるよ。
 は、本心で言ってるわけ?
 私は戦前の悲惨さについて皮肉をもって語っていると解釈したのだが。

28 :( ゚д゚)@実は昭和6年生まれ。 ◆KAOqMrK2 :01/08/29 12:50 ID:V9qxLOwU
>>23

戦前がよかった?最近の若い者は平和ボケもはなはだしいな。

29 :名無しさんの主張:01/08/29 12:59 ID:w148HUXU
>>1
「日本人」のどこがケチな概念なんだよ。
お前みたいな自虐馬鹿が多いから、色んな意味の無い騒動が起きるんだボケが。

30 :/):01/08/29 13:13 ID:hMumM55E
>>29 うんにゃ?
 日本人だ日の丸だ君が代だ靖国だとこだわりまくる反動右翼懐古主義のドキュソが多いからこそ色んな意味の無い騒動が起きるんだろう。
 日本なんて世界の中の一国に過ぎず日の丸なんかも労働運動の旗と同じ単なる旗の一種に過ぎず君が代も「ミニモニじゃんけんピョンと同じ単なる歌の一つに過ぎず靖国も第7サティアンと同じ単なる宗教施設の一つに過ぎないと割り切っていれば、何の問題も起こらない。

31 :名無しさんの主張:01/08/29 13:21 ID:i6Cz1WHM
ウヨの皆さん(に限らんけど)には一度
「自国に誇りを持つ」
ってのがどういう意味なのか、考えてほしいなぁ。
君らが誇りたい「自国」ってのはいったい何なんだ?
>>18をどう読む?

32 :名無しさんの主張:01/08/29 13:31 ID:Sjw/RuU.
>1
海外移住してください。

33 :名無しさんの主張:01/08/29 13:35 ID:oi1n6DoE
exAPsGcAフリーセックスマンセー社民主義くん>>26
の妄想さらしあげ

314 名前:でり ◆DERRI7/I 投稿日:01/08/26 09:06
これから、ヘアサロンいってあと、
複数で不純異性交遊しなくてはいけないので失礼する。
以後、がんばってくださいね。童貞氏。
それでは。

こういう発想しかできない人なのだ。

313 名前:でり ◆DERRI7/I 投稿日:01/08/26 09:04
>>311
都合のいい逃げですね。
こんなのは特殊な事例でもなんでもない。

戦前は情を巡って何十人も殺すのが日常的だったんだって、
でり君によると。
アホか?

34 :名無しさんの主張:01/08/29 13:36 ID:oi1n6DoE
>>27

戦前は学級崩壊などなかった。
現在の高校のような風紀の乱れも当時の中学、高校、女学校にはなかった。
私の高校時代の年配の先生は現在の風潮を自分が旧制中学に通っていたろと比べて
嘆いておられたよ。

35 :名無しさんの主張:01/08/29 13:49 ID:Av243Nuc
>戦前は学級崩壊などなかった。
現在はリベラリズムを「何をやっても構わない」と勘違いするバカが
増えてはいるね。
右翼・左翼の双方に納得できるような理論を構築している人もいるが、
勘違いバカを多数内包しているのは、どちらも似たりよったり。
反動のみで語っている奴は、ろくな意見が言えない。
自虐的懐古趣味もバカの見本。少しは現代社会に生きる知恵をつけろ。

36 :( ゚д゚)@昼の部 ◆KAOqMrK2 :01/08/29 13:52 ID:V9qxLOwU
oi1n6DoEたん必死だな(藁

37 :でり ◆DERRI7/I :01/08/29 13:54 ID:exAPsGcA
>>36
別スレで俺こないのか、なんて書いていたよ。
しかし、やはり童貞なんだろうね。oi1n6DoEは。
かわいそうだねぇ。自分が女性に相手にされない
ルサンチマンを戦前の男女隔離というイデオロギー
を支持することで癒しているという…。
涙が出てくるわ。ほんまに。

38 :29:01/08/29 14:04 ID:w148HUXU
>>30
お前、しゃべり場出た方がいいよ。
真剣10代な。

39 :名無しさんの主張:01/08/29 14:10 ID:W.G3aFJs
いまどきポストモダンの相対主義か。。

なつかしいなぁ。

40 :/):01/08/29 14:13 ID:hMumM55E
 私は宮沢俊義氏を尊敬するガチガチの個人主義リベラリストであるが、そんな立場からでも「何をやっても構わない」というのは間違っているのは自明です。
 なぜなら個人は自由であると同時に平等であるから。
 アンタが何をやってもいいのであれば他の人もアンタに何をやってもいいことになる。
 つまり無制限の自由は結局アナタの自由を奪う。
 したがって、自由を尊重することは当然に他の自由を侵害しない責任を伴う。
 これが「公共の福祉」の概念

41 :R.E.M. ◆nsrznREM :01/08/29 15:23 ID:o9sxhvh.
>30
正直、日の丸君が代靖国に拘ってるのは反対勢力だと思うんだが、どうだろう

42 :しばこ ◆ZsibaJ92 :01/08/29 15:34 ID:4vTLwuUM
to "oi1n6DoE"

Citizens of Hope & Glory,
Time goes by - it's the 'time of your life'.
Easy now, sit you down.
Chewing through your Wimpey dreams,
they eat without a sound;
digesting Japan by the yenn.

43 :名無しさんの主張:01/08/30 02:23 ID:tv7wl37c
>>13
ナチス時代の国防軍には誇りを持っているようだね

44 :ヽ(;´Д`)ノtripster ◆ZAKUlay. :01/08/30 08:29 ID:kUbf7r2o
>>26 そこ、大変なことになってるな。
   ちょっと逝ってレスつけて帰ってくるか。

45 :名無しさんの主張:01/08/31 16:48 ID:qyfyuFk6
よく「ここ変」で、アメリカのバカ学生が「世界のスーパーパワーはアメリカだけ
でたくさんだ。アメリカが地球のリーダーだ!」って叫んでるじゃんか。
右翼の人はあれみて、ああいう自己中みっともねーな、とおもわんか。
「日本だってすごいぞ!」なんて対抗意識燃やすのは、相手と同レベルになっちゃうし、
おとなげないよ。本当に自分に自信のあるドイツなんか、冷笑してるよ。

46 :名無しさんの主張:01/08/31 17:13 ID:r9nqLUcU
>>45
世界のスーパーパワーはアメリカだけでたくさんだろ?
中国が世界のスーパーパワーになったら、って思うとぞっとするが。
俺もアメリカ人だったら同じことを考えるだろうな。

47 :,mlk:01/08/31 19:55 ID:6A.dc35I


48 :名無しさんの主張:01/09/01 20:53 ID:.IUznPzQ
戦後民主主義教育を弾劾し、戦前の軍国主義教育、そこまでゆかなくとももっと厳
しい教育を復活させようと考えている連中が戸塚の味方をするのは当然です…もう
十数年前から「スパルタ教育」を説いていた石原慎太郎もその一人です…ぼくは戦
後民主主義教育に賛成ではありませんが…今の青少年の頽廃を戦後教育のせいにし
、徴兵されて鍛えられないからだというような単純な意見には与し得ません。…戸
塚のやり方は、たとえて言えば、独裁主義の警察国家のやり方です。恐怖政治を敷
いて民衆の不満を抑え込めば、一応社会の秩序は安定するわけです。…今の精神医
学や精神療法は家庭内暴力や登校拒否の問題をどうにもできないではないか。それ
に反して、このおれ(戸塚)は550人も治したんだぞと言うわけです。そのために
少数の犠牲者が出てもやむを得ない、と戸塚は考えているようです。これは、民衆
の反乱を鎮圧するためには少々の犠牲者が出てもやむを得ないと、反乱する民衆に
銃を向ける支配者の考え方と同じです。…前者(戸塚)のやり方は不満分子を力と
恐怖によって抑え込んだだけです。ぼくは、戸塚が「治した」と称している情緒障
害児が治ったとは全然思っていません。(和光大学教授岸田秀「嫉妬の時代」より)

49 :名無しさんの主張:01/09/01 20:59 ID:34f85czM
自国への誇りや愛国心は別に悪いもんじゃない。

ただ、今のコヴァ及びその類似連中の主張に沿うと
安易に「愛国心=大日本帝国時代の政策の前肯定」や
「愛国心=お国の為の自己犠牲マンセー」に繋がる
ところがかなりウザイ。
特攻隊賛美に拘る連中多いし。

自分を殺して国を立てるというシチュエーションへの
こだわりが危険。

もっと別の観点、例えば、日本経済を反映させ、私達も
その栄華を享受できるようになりましょう、といった方向、
自他を共に活かす方向性ってのを見出せないものか。

50 :名無しさんの主張:01/09/01 21:25 ID:YKSKfk52
>>49
日本人に帰化した元サッカー選手ラモスルイは、特攻隊に憧れていた
と発言してた。日の丸を背負ってワールドカップで特攻隊員のように
戦いたかったとTVで述べていた。
俺が思うに、特攻隊は結果的に自滅であったにせよ、無償の崇高さを
感じるね。小泉が涙し俺も感銘を受けた。これが普通の神経であって
特攻作戦を反省するならともかく、隊員を誹謗するに至っては虫唾が
走るよ。

51 :名無しさんの主張:01/09/01 21:30 ID:SGu8NDIM
>>50
何で「特攻隊員を誹謗」なんて話が出てくるのか
よう分からんけど。

で、問題なのは、特攻隊の無償の崇高さとかに
感銘させようとする誘導的議論の中で、
> 特攻作戦を反省するならともかく
という、作戦への批判も一緒に封じ込めようと
する傾向が無いかな、という事なんだろうけど。

もっと別のスケールで言えば、「戦争責任問題、即、
中韓への責任、謝罪」と脊髄反射するウヨサヨの
陰で、敗戦についての自国への責任、敗因分析や
そこからの教訓、などが蔑ろにされてないか、と
いうのも気になるところ。

52 :名無しさんの主張:01/09/01 21:33 ID:SGu8NDIM
例えば、確か三好徹さんの"興亡と夢"に書かれていた話。

太平洋戦争中のある南方での決行前の作戦指令書を積んだ
連絡船が嵐で遭難した。 当然、この指令書を敵軍が入手
した場合、作戦は筒抜けになるので作戦変更が必要となる。
司令部ではこの問題について緊急会議が開かれた。

会議では誰がこの問題の責任をとるかが主な議題となり、
議論に議論を重ねた末、ようやく結論を得た。

その結論は連絡船の遭難はなかったことにする…。

この主の、『困った時には現実逃避』体質って
戦中も戦後もずっと一貫して引きづってる日本の
欠陥だと思うが、どうも昨今のコヴァ的似非ウヨ
体質ってこの拡大再生産になってる様に思えて
ならないんだよな。
戦中の良いとこばかり引っ張ってきて自惚れに
浸ることで、問題から目を逸らしている。

53 :名無しさんの主張:01/09/01 21:34 ID:SGu8NDIM
まだあった。

鎌倉時代、元寇の3年ほど前。
京都朝廷に朝鮮国王から一通の親書が届けられた。
その内容は、今、朝鮮は蒙古軍に攻められ危機に陥って
いる。奴等は次に日本をねらう気でいる。蒙古撃退のた
め援軍を送ってほしい。
これを受け朝廷では対策のため御前会議が開かれた。

その会議の結論は
「中国の古典には蒙古と言う国が一行も出てこない。
 したがって蒙古国は存在しない。
 よって蒙古問題は存在しない。」
というものだった。

54 :名無しさんの主張:01/09/01 21:35 ID:SGu8NDIM
まだまだある。

太平世戦争の最中、甲事件(山本五十六搭乗機撃墜事件)
についての対策会議、日本軍の使用している暗号電報が
アメリカに解読されて、飛行ルートが知られたのでは
ないかと疑われた。

暗号が解読されていた場合は日本側の作戦は米国に筒抜け
という事になり、その責任を誰が取るのかで議論は揉めに
揉めた。

その挙句の結論は
「甲事件は偶然に起きたものであり、暗号を解読されたわ
 けではない。 したがって暗号の変更は必要ない。」
というものであった

55 :名無しさんの主張:01/09/01 21:36 ID:SGu8NDIM
乙事件 (日本軍南方作戦指令書が嵐による船の沈没まとめて
流出した事件。米軍はしっかり拾っていて以後の日本軍の
作戦は米軍に筒抜けだった)についての前戦での作戦会議。

最終的には指令書流失が大本営に知られた場合に前戦司令官の
前途への影響に配慮した結論に到達。
「無かったことにしよう。」

56 :50:01/09/01 21:39 ID:YKSKfk52
>>49
すまぬ、すまぬ。あなたに対して「虫唾が走る」と言ったわけでは
ありません。誤解のあるような表現でした。お詫びします。

57 :名無しさんの主張:01/09/01 22:53 ID:EMUtengE
>55
お前のレスも無かったことにしてやるよ。
感謝しな。

58 :名無しさんの主張:01/09/01 23:02 ID:UZhzgzW.
だって、国の首脳部が舵取りを間違えてて、無知な国際感覚から保身に走った所為で、何人ムダに特攻していったことか...
特攻隊は100%無意味だった。忘れろ!

59 :名無しさんの主張:01/09/01 23:15 ID:amZ0gZqE
特攻は、日本人は死ぬまで戦う、という決意表明です。
あれが無かったらアメリカは日本をもうちょっとなめてた(る)でしょう。

60 :名無しさんの主張:01/09/02 07:12 ID:j5DcA3Bo
特攻作戦なんて無謀な事させた上層部への批判封じにしか
なってないな、特攻隊賛美って。

61 :名無しさんの主張:01/09/02 08:19 ID:WsuR.YjQ
>>49
もっと別の観点、例えば、日本経済を反映させ、私達も
その栄華を享受できるようになりましょう、といった方向、
自他を共に活かす方向性ってのを見出せないものか。

戦後経済的なものだけを求めてきた結果が今の荒れようだよ。

62 :名無しさんの主張:01/09/02 09:55 ID:gf/K6aNc
参考までに、
北米板では珍しいシリアス優良スレ

「アメリカに来て「右寄り」になった人 」
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=northa&key=998007461&ls=50

63 :名無しさんの主張:01/09/02 10:17 ID:Fiph.HGY
>>61
49ではないが、今の荒れようは経済的なものを求めるとき、「私たちも
その栄華を享受できるように」という部分が欠落していたからだろ。

64 :A.:01/09/02 10:29 ID:5S3mMLMI
「愛国心」とうのは基本的に戦争時の為にある言葉だと思うよ

命をかけてまで戦いに行く理由が、国王への「忠誠」であったり、共和国ならば「愛国心」であったりするわけだ

平和な時代は「博愛」の気持でいきましょ

65 :右翼よ:01/09/02 11:14 ID:26YTvzHE
おまえの息子が特攻しても名誉の戦死!と笑えるのか?

66 :名無しさんの主張:01/09/02 11:18 ID:78PDwH.s
だれか名誉の戦死してみない?
近いうちに。

67 :A.:01/09/02 11:21 ID:5S3mMLMI
>>66どうして?

68 :名無しさんの主張:01/09/02 11:37 ID:9VF6H8r6
>>64 では「ナショナリズム」ではどうかな?
他国が、ソレで主張してきたら?
やはり、同程度は必要でしょう。

69 :A.:01/09/02 11:52 ID:5S3mMLMI
>>68そうですね 自国が他国に比べて不平等に扱われていると思われるときはその精神が必要でしょうね

しかし一歩間違うと悲劇もともなう危険な思想であることも忘れてはならないでしょう

70 :名無しさんの主張:01/09/02 12:23 ID:L3dfpB2o
>>69
国民を戦争に駆り立てる時には必ず使われる
からね。
よっぽど慎重に扱わないと。

71 :名無しさんの主張:01/09/02 12:53 ID:dhDTsBA6
俺は大切なのは社会であって国家はどうでもいいと思う。
例えば日本が中国になっても(すごい例だけど)社会の中で生活が変わらなければ何の影響もないよ。
国家は単なるシステムのひとつであってそんなとこに自我を老いても仕方がない。

右翼でわからんのが自己批判することで誇りがなくなるという考えなんだけどなんでだ?
忠告されると切れだすドキュンみたいなものなのか?左翼もおんなじような物だけどね。

72 :A.:01/09/02 12:57 ID:5S3mMLMI
>>71中華料理は好きだからそれでもいいけどね

台湾に行けなくなるのはちと惜しい

73 :名無しさんの主張:01/09/02 13:35 ID:fALuegnA
まずは自分自身から始めるべきだよ>ウヨ

竹島に強襲攻撃特攻隊を組織して強引に奪取してくるとか
武器なんて金さえ出せば手に入るんだから(日本国内に持ち込ま
なくても公海上でロシア船とでも取り引きすればいい)、あとは
お前らの精神の問題だぞ。
一刻も早く突撃してこい、お国のために死ね(笑)

74 :名無しさんの主張:01/09/02 13:40 ID:6Z/94MDc
 そもそもウヨたんたちのいう「お国のために」の「お国」がなにを指しているか
が問題なんだよな。

75 :名無しさんの主張:01/09/02 17:33 ID:RovHar22
日本のウヨたんたちに、例えば日本にとって天皇が有害であるとなった場合、天皇を
廃し、あるいは天皇の敵となって彼を殺すことができるだろうか。
日本のウヨたんたちは、日本政府が日本の敵になった場合、日本のために政府と刃を
交えることができるだろうか。
それとも、日本政府や天皇を護るために、日本の敵になることを選ぶだろうか。

76 :名無しさんの主張:01/09/02 17:50 ID:IBZaUWw.
左翼の人で、もっとまともな人いないの?

77 :名無しさんの主張:01/09/02 18:12 ID:0lg.auk2
此処は思想板難民の巣ですか?

78 :結論:01/09/02 18:59 ID:p.RpfFWc
日本人やアメリカ人の「愛国心」を下らないものと思うのなら、
中国や北朝鮮、韓国の「愛国心」についても、同様の意見を述べなさい。

何やかやと細かい理屈を述べても、上記の矛盾がある限り、説得力は無いよ

>サヨク様へ

79 :名無しさんの主張:01/09/02 19:06 ID:RovHar22
>>78
なにを言いたいのかよくわからないが、下らんことに違いはあるまい

80 :>78:01/09/02 19:11 ID:p.RpfFWc
また誤魔化しか..

だからこそ、誰も聞く耳持たないんだよ。
小さい脳みそで、社民党や共産党が惨敗した理由を考えようね!

2ちゃんで主張しても、選挙で勝たなければ意味ないいですよ、わかりまちゅか?

81 :>80:01/09/02 19:11 ID:p.RpfFWc
78→79

82 :79:01/09/02 19:34 ID:RovHar22
>>80
>2ちゃんで主張しても、選挙で勝たなければ意味ないいですよ、わかりまちゅか?
2ちゃんでこんなことを一所懸命主張している君に言われたくないな。
2ちゃんは言葉の遊び、それを否定するようなことを言うのは無粋だと思わんか?

83 :名無しさんの主張:01/09/02 19:36 ID:RovHar22
で、右翼さんにとって守るべき「お国」とは何か、答えられる者はいないのか?

84 :↑↑↑:01/09/02 20:17 ID:IBZaUWw.
また下らん質問して勝った気だよ
ほんとに馬鹿だねお前

85 :名無しさんの主張:01/09/02 20:20 ID:RovHar22
>>84
君、自分でそれ書いて恥ずかしくならないか?

86 :84:01/09/02 20:27 ID:IBZaUWw.
恥ずかしい?
お前にそのまま返すわ。
何?「国とは何ですか?」って?
辞書でも調べろ馬鹿

87 :名無しさんの主張:01/09/02 20:35 ID:JYLx4TSc
交通通信の発達で、世界が狭くなっている今日、なぜ国が単位として
そんなに重要なのかわからん。

88 :名無しさんの主張:01/09/02 20:57 ID:RovHar22
>>86
言葉の意味、物事の意味を知ろうとするとき、辞書を読んで事足りるのか? 君は。
幸せやな。うらやましいよ。
それとな、あまり口汚く煽るな。見てる方が恥ずかしい。

89 :名無しさんの主張:01/09/02 21:11 ID:1sxRs6U2
>>87

文化が違うだろ。

90 :名無しさんの主張:01/09/02 21:20 ID:RovHar22
>>89
一理あるが、文化を理由にするには国は単位としては大きすぎるのでは無いか?

91 :x192赤 ◆C1AounDU :01/09/02 21:22 ID:fe50lU7k
個人的な意見。
右翼の考える愛国心・・・ナショナリズム(国家としての自尊的愛国心)
左翼の考える愛国心・・・パトリオティズム(郷土愛、博愛的愛国心)
正確な意味で捉えているか判らないけどこういうイメージ。

92 :New Face:01/09/02 21:34 ID:fpr3p87k
>>90
それには賛成。
単一民族国家で育った日本人にはなかなかイメージがわかないか
もしれないが、ヨーロッパ各国なんて地方が違えば気質も文化も
全く違うところなんていくらでもある。
それは関西と関東の違いなんてレベルじゃない。

文化が違うのに勝手に国境線を引かれ、不幸な目にあったアフリ
カ諸国も沢山ある。

それなのに国が類似した文化で一まとまりに成らなければならないのはお
かしい。県によって文化が違うんだから。
それならいっそのこと国が県と同じレベルになって世界政府ができればい
いんだよ。日本やアメリカや欧州や南米のような庶民的な国だけが集まれ
ば世界国家は夢じゃないかもしれないが、問題は中東諸国のように個より
も国家のほうが大切にされる地域があることだ。

日本に誇りを持てない人が多いのは、ずばり彼らは日本に生まれながら日
本が嫌いだからである。どこが嫌いなのか、それをはっきりさせ、日本の
問題を解決しなければいけない。
教育なんかより、そっちのほうが先にやるべき事だと思うよ。

93 :日本でていけや:01/09/02 22:06 ID:cQ2XTDwY
そんな誇りもたんでもええやろ。余計なお世話じゃ。個人の幸せの方が大事。
おしつけんな。あほ。タコ。

94 :,mlk:01/09/03 00:04 ID:nMHPe7PQ


95 :名無しさんの主張:01/09/03 04:41 ID:NSTUegc6
>>92
に同意。

>>93
日本から出たことのない人間の考えそうなことだ。>>62
スレを見てね。

日本はかつて「個人の幸せ」を尊重しない国家であった。
現在もなお世界には多くの国がそうである。

92が主張したいのは、現在の日本の民主性や国民の自由さ
を世界的な尺度で評価し、良い点と悪い点をはっきりさ
せることじゃないのかな。

「客観的な愛国心」ともいうべきものだよ。某隣国のよう
になんでも自分達の文化が一番だと洗脳するのではなくね。

96 :名無しさんの主張:01/09/03 08:42 ID:CJYYmGBo
>>95
最後二行にかなり同意。
しかし、今の日本の右翼さん達が某隣国(北)の人たちやカルト教団の信者のように
偶像を崇め懐古主義に浸り過去を無批判に肯定し自分たちは正しいんだと言い聞かせ
ている様を見ていると残念ながら「客観的な愛国心」なぞ不可能なことじゃないかと
思えてくるな。
それと、前段。外国人の友人に言われたんだが、「お前は友達だが、日本は嫌いだ」。
こんなことを外国で言われた人間が日本という国をどういう風に誇りに思えるだろう。

97 :95:01/09/03 09:54 ID:NSTUegc6
おはようございます。

>>96
>今の日本の右翼さん達が某隣国(北)の人たちやカルト教団の信者のように
>偶像を崇め懐古主義に浸り過去を無批判に肯定し自分たちは正しいんだと言
>い聞かせている

部分的には理解できる。国家や自治体の説明責任者である政治家の
いう事が信用成らんということですね。しかし、国民は皆が皆プロ
パガンダに乗せられる程馬鹿なのかな。揚げ足とりのつもりはない
けど、文章に目的語「誰に対して」が抜けているので96さんの主体
性のほうを知りたいな。少なくとも自分や96さんはそうでない、と
いうことが大切なんじゃないかな。


>外国人の友人に言われたんだが、「お前は友達だが、日本は嫌いだ」。
>こんなことを外国で言われた人間が日本という国をどういう風に誇りに
>思えるだろう。

どこの国の人間に言われたのか、なんでそう言われたのか、その人
間が日本に住んでいたのかどうか、文脈は何だったのか知らないし、
ここで詳細を知ることは自分の興味ではないです。ただ、そのよう
なことを言う人間の品性を疑うよ。自分も海外在住経験があるので、
いかにも異文化交流経験の少ない、短絡的な思考の人間のコメント
のように受け取れるね。

要は、その人間も個人としての主観でしかモノをいっていない(或
いは某隣国(南)のような軍事教育を受けたか)わけだし、「日本が
嫌い」といわれて過剰に反応して腹を立てたり、単純に傷ついたり
するのはナイーブすぎないかなってこと。

家族に反対されたので、婚約者が嫌いになった、っていう話のよう
だ。96のように周りの評価によって情緒的に自国への評価を決めて
しまう日本人が多いからこそ、自ら批判的な視点で利点・欠点を追
求する自律性が求められる、という意味で上の書き込みをしたのだ
が。

98 :名無しさんの主張:01/09/03 10:12 ID:RhfiAPN6
日本は世界の評判ランクではかなり下だろう。これまでも、たぶんこれからも。

99 :名無しさんの主張:01/09/03 10:27 ID:FGbz0hoQ
>>98
先の大戦の最高責任者であった昭和天皇が、
責任もとらずのうのうと長生きしたからよく思わない人は多いでしょうね。
さっさと死ぬか退位すべきだったと思う。

100 :名無しさんの主張 :01/09/03 10:31 ID:URTtCIVA
>>98,99
な、なんだ?ここは左翼ばっかりか?

101 :96:01/09/03 10:32 ID:CJYYmGBo
前段
ごめん。言われて気づいた>目的語
「自分に言い聞かせている」です。
後段
話せば長くなる。留学生だよ。僕自身はそれを日本国内で言われた。
彼の友人として彼の名誉のために弁護するが、僕の言葉足らずのせいで
97氏にひどい誤解をうけているが97氏の言うような人じゃない。むしろ
大の日本贔屓で日本人好き、日本の古典を学びたくて日本に来たような
奴だ。その彼の言葉なんだよ。文章下手なので伝わらないな。
この話を出したのは俺が悪かった。俺の中でも整理できていない。
で、97を含めて気になったのは
>自ら批判的な視点で利点・欠点を追求する自律性が求められる
全く同感だ。しかし、事実はどうか? 「隣国(南)から○○するなといわれた、
不当な内政干渉だ、断固として○○すべきだ」
これは自主的とは言えないだろ。
結局反発も恭順も同じことじゃないか。ちゃんと国内的に議論すべき議論が
感情的な反発から思考停止に陥っている例が多くないかい?
他者から言われたことを謙虚に聞き、それを吟味し内的に議論する姿勢が欠
けていないか?
我ながら話がそれたね。

102 :97:01/09/03 12:49 ID:URTtCIVA
>>101=96
>彼の友人として彼の名誉のために弁護するが、僕の言葉足らずのせいで
>97氏にひどい誤解をうけているが97氏の言うような人じゃない。むしろ
>大の日本贔屓で日本人好き、日本の古典を学びたくて日本に来たような
>奴だ。その彼の言葉なんだよ。

どうやって説明したらよいのかな。
海外で暮らしている人間が、自国との文化や社会構造の違いに
ついて知るにつれ、良い点と悪い点両方について学ぶことは
ごく自然なことだと思う。外国人に対する偏見や無知について
は、自分も海外で経験したことがあるし、実際に腹が立ったこ
とがあるからね。

その留学生さんの人間としての品性を指摘したのは、自分なら
もう少し謙虚な表現をするだろうな、と思ったからだよ。「日
本は外国人として生活するには、デメリットが多くてやってい
けるとは思えない」、とか「自分には合わない」とかね。そし
てその理由として、日本の社会の構造や、存在する偏見などの
客観的事実については指摘してもよいと思うが、やはり相手を
見て、というのは大切だと思うんだが?

後半で101が問題視している「感情的な反発」を正にその留
学生さんは表現してしまっている。そして96はそれを情緒
的に受け止めすぎでは?「好き嫌い」は個人の嗜好に過ぎな
いので、残念に思っても、それをどうしようとまで普通思わ
ないんじゃないかな。要はその人の好きにすればいいのだか
ら。

というわけで、101と自分は意見を同にしているけれど
>他者から言われたことを謙虚に聞き、それを吟味し内的に
>議論する姿勢

の意味するところが、101のはちょっと情緒的すぎ(というか
責めを受けて反省する、というのは抑圧的な儒教的な考え)
だな、と感じたよ。なんでもかんでも無条件に反省するのは
むしろ危険だ。日本人は、世界中でも類をみない程言語表現
が下手だから、呑まれるよ。101は、その留学生さんが君の
ことを「素晴らしい友人」と評価したことを素直に喜べばい
いんじゃない?

政治家やマスコミが馬鹿なのは、すでに上の書き込みで指摘
したので、理想論といわれればそれまでだけど事実関係云々
には触れません。「個人の姿勢や知識」と、「国家としての効
果的な外交のありかた」は別の次元の問題だと思ってるんで。

長文スマソです。

103 :/):01/09/04 10:10 ID:kwJmVfGo
>>99 それはあるね。
 太平洋戦争敗戦時にさっさと天皇制全廃して国旗も国歌も変えて、純粋な自由民主主義国家として再出発していれば、自国に誇りが持てないとかいう問題はあまりなかったように思う。
 ドイツでいえば卒業式にカギ十字の旗が掲げられ、ヒトラーの子孫が国の象徴として即位している状態だよね。
 国に誇り持とうとして違和感を覚えるのは当然かと思う。

104 :名無しさんの主張:01/09/04 12:28 ID:g6V6VlPM
もっとマシな左寄り出てこいや!!!

105 :名無しさんの主張:01/09/04 12:37 ID:Og490QyY
しょうもないことを突っ込むが、左寄りというよりは
後ろ向き・妄想的。

106 :名無しさんの主張:01/09/04 12:43 ID:1MBCC4G.
昭和天皇が退位しなかったのは、日本人が
「我々は戦争には負けたが、決して道理や道義において負けたわけではない」
という決意の現れであるので、上策だ。
終戦の時点で退位されていたら日本人が自ら
「あの戦争は間違っていた」
と宣言したことになる。

>>103
あほか。ドイツの場合。一時的に国家がナチスという「党」に入れ替わっていたのだ。
ハーケンクロイツはナチスの旗であってドイツの旗ではない。
だいたい、WW2当時からずっとドイツ国防軍のマークまった鉄十字(ヘーケンクロイツでないぞ)
は今でもドイツ軍の戦車やら戦闘機やらについ取る。

ほんと、さよにはまともなやつがいないな。

107 :名無しさんの主張:01/09/04 12:57 ID:wximkiXs
>>108
> 「我々は戦争には負けたが、決して道理や道義において負けたわけではない」

まあそれはいいとして、
あの時、国の体制が GHQのさじ加減一つでバンバン変えられて行った中で、当のGHQが天皇退位勧告の
意志を持っていたものの、日本人の誰かによる正義の訴えにより、やっぱり考えを変えて天皇が残されたのだっけ?
聞いた話では、もともとは日本の占領統治には国体を崩さない方が都合がいいというマッカーサーの持論だったような。

108 :名無しさんの主張:01/09/04 12:57 ID:pl/Ikso6
>>106
前段
それを内向けにしか表現できないのが内弁慶でヘタレな日本の右翼。
悔しかったらちゃんと国際的な場で、きちんとそれを主張してみろ。
自分で選んだ「無条件降伏」と戦後処理を後になってぐだぐだ文句を言って東京裁判の
被害者面をするのは全く見苦しいし大人げない。
誇りある国家を自認するつもりがあるなら、降伏受け入れも戦後処理の受け入れについ
ても、受け身の被害者ではなくその選択に責任を持て。それをせずに誇りもヘッタクレ
もあるか。

後段
国家が党に入れ替わることがあるというのは不思議だな。国家と政府の関係についてもう
少し整理して説明してくれ。政府は国家と一体不可分の存在ではないぞ。日本も。

109 :名無しさんの主張:01/09/04 13:20 ID:BzPFQknw
誇りを持つが、何時の間にか虚勢を張るにすりかわらないように・・・

110 :名無しさんの主張:01/09/04 13:23 ID:2mK8YPKI
>>109
禿同

111 :名無しさんの主張:01/09/04 13:32 ID:YoiNPtX.
>>109
無意味な煽りだ。

112 :名無しさんの主張:01/09/04 14:20 ID:FGTXPiwA
>>106
君は「責任」に関して混同しているようだな。
「責任」には三種類ある。まず問われるべきなのは刑事的責任、
次に政治的責任、そして道徳的責任である。
君が「我々は戦争には負けたが、決して道理や道義において負けたわけではない」
とするのは(賛否は棚上げしたとしても)道徳的責任の話である。
(一方的であるかどうかは別としても)東京裁判におけるA級戦犯らの責任は政治的責任である。
実際政治的に軍部・政府を動かしていたのは彼らだからね。
しかしこれら政治的責任や道徳的責任は天皇が刑事的責任を負って初めて意味が出てくる。
なんていったって天皇は最高責任者だからね。
たとえ政治的に責任を負わなくとも刑事的責任は負うべきだった。
肝心の最高責任者の刑事的責任が問われないまま今日まで至っていることが、
日本人の「責任」に対する曖昧さを培ってきた一番の原因である。

敗戦後、結局問われるべき「責任」は問われず、
「一億総懺悔」などと称され日本人全員に転嫁されたのだ。
こんな茶番が許されていいのか?

113 :/):01/09/04 17:24 ID:kwJmVfGo
>>106 うそ・・・ひょっとしてあの戦争は間違ってなかったの??
 一億総心神喪失状態だったともいえるから仕方ないと言えば仕方ないが

114 :名無しさんの主張:01/09/04 17:45 ID:2mK8YPKI
当時の日本政府の罪は、対外的な罪というよりも日本に対する罪が大きいな。
我が身=政府=国体護持のために日本という国を犠牲にしようとしたわけだから。
むしろ政府と国家を心中させようとしたと言うべきか。

115 :名無しさんの主張:01/09/04 17:54 ID:a5Uw0OCE
>>108
>自分で選んだ「無条件降伏」と戦後処理を後になってぐだぐだ文句を言って東京裁判の
>被害者面をするのは全く見苦しいし大人げない。
>誇りある国家を自認するつもりがあるなら、降伏受け入れも戦後処理の受け入れについ
>ても、受け身の被害者ではなくその選択に責任を持て。それをせずに誇りもヘッタクレ
>もあるか。

素晴らしいね。まったく素晴らしい意見ですよ。
是非、韓国や中国の人達にも言ってやってください。

116 :/):01/09/04 18:25 ID:kwJmVfGo
>>115 日韓併合や南京大虐殺は韓国や中国の人間が自ら選んだとでもいうのか?

117 :115:01/09/04 18:28 ID:a5Uw0OCE
>116
はぁ?
お前はもういいよ。
消えろ。

118 :/):01/09/04 18:36 ID:kwJmVfGo
>>117 そんなにおこりなや。
 南京大虐殺がデタラメやゆーことくらい知ってますがな。
 日本人が殺戮したのは中国兵士で民間人ではないってことくらいね。
 

119 :nikutai:01/09/04 18:40 ID:eqkCOGAQ
 コイツマジウザイ!→nishida-a@docomo.ne.jp
ヒトのメールアドレス使って、いたずらしまくってる。
マジ、攻撃。

120 :名無しさんの主張:01/09/05 23:52 ID:jEvJeg9c
失敗した時に、押し入れの奥からむかーしとった賞状とか引っ張り出して眺める奴が
いる。自信が揺らいだときに、「自国の誇り」なんかに逃げ込もうとする奴は臆病者
だよ。田中が石原をカワードと名付けたのもよくわかる。

121 :名無しさんの主張:01/09/06 22:57
>>118
>日本人が殺戮したのは中国兵士で民間人ではないってことくらいね。

それは間違い。民間人を殺してる。

但し、その民間人とは平服のゲリラであって、国際法上も人権保護されず、
虐殺しても良い対象です。従ってこの点で旧日本軍に罪はありません。

本来、南京虐殺問題に関しては、人数のあやふやさを突付くよりも
この論点の方が圧倒的、論理的に正しく、国際法に照らして説得力も
あるのに、何故みんな使わないの?

ついでに言えば、日本の市街地に対する爆撃は国際法に照らせば
明らかに米国の罪なのですが、もし原爆投下も無く本土決戦に
なり、教育されたとおり日本の民間人が竹やり等で応戦したら、
これはゲリラと解釈可能なので、虐殺されても米国には正当な
理由付けが出来てしまう…。

つくづく、本土決戦が無くて良かったと思うこの頃。

122 :名無しさんの主張:01/09/07 08:40
>>121
ちょっと疑問に思ったんだが、ゲリラ相手の爆撃は国際法で禁じられているのか?

123 :名無しさんの主張:01/09/07 09:01
あれ? IDが消えてる・・・

124 :名無しさんの主張:01/09/07 14:52
>>120

日本人としての誇りは極めて基本的な行動規範だろ。
あなたの言うことの意味がわかりませんね。
個人の欲望が最上だとでも言うのか?

125 :名無しさんの主張:01/09/07 15:01
>>124 ナショナリストだね。
>>122 ゲリラとの立証がないだろ?国際倫理の風潮は”機”だよ、よく考えないとね。

126 :名無しさんの主張:01/09/07 15:13
地球人としての誇りをもってメトロン星人に勝ちたいです。

127 :名無しさんの主張:01/09/07 15:15
なるほど、こういうイカレタ人が地球人としての誇りとか言うんだな。

128 :R.E.M.:01/09/07 15:26
よくわからんけど、例えば…
俺は今、鹿児島から広島に出てきているわけですが、なんと言うか…
故郷である鹿児島に「愛」を感じるわけですよ。「誇り」を感じるわけですよ。
広島人では無く鹿児島人なんだな。

さて、海外に出たらどうだろう。(俺の場合)この「鹿児島」が「日本」になる。
それだけのことじゃあ無いかしら。

人それぞれだと思うけれど…

129 :名無しさんの主張:01/09/07 16:30
>>124
「日本人の誇り」と「個人の欲望」は対置の概念としては不適切だと思われ。

130 :名無しさんの主張:01/09/07 17:15
鹿児島も廣嶋も日本だよ。
それとも廣嶋のサヨクが嫌いかね

131 :名無しさんの主張:01/09/07 17:43
>>130
意味不明。>>128は右よりでもなければ左よりでもない。
単に、俺の場合こう思うと述べているに過ぎない。

132 :名無しさんの主張:01/09/07 17:52
128はなんでいまどき県なんかにこだわるんだ?

133 :名無しさんの主張:01/09/07 18:01
国なんかにこだわるよりよほど健全だと思う。

134 :名無しさんの主張:01/09/07 18:03
なぜ?

135 :名無しさんの主張:01/09/07 18:07
サヨク最高です。
見事な馬鹿っぷりです。

136 :名無しさんの主張:01/09/07 18:07
薩摩は大和族ではなくて隼人族だからね。民族が違うのさ。
スペインにおけるバスク地方のようなものだよ。

137 :名無しさんの主張:01/09/07 18:12
その割には鹿児島は右翼的だといわれるぞ。

138 :名無しさんの主張:01/09/07 18:24
136が出雲か琉球かアイヌか蝦夷か何民族か知らんが、多民族連合国家で
民族の話を出すのはナンセンスだと思うぞ。

139 :名無しさんの主張:01/09/07 18:57
「健全なナショナリズム」というものがあると思うんだが。
日本の文化や歴史に誇りを持っちゃダメなのか?
それは弱い人間のすることなのか?
南京虐殺の真実を知ろうとすることは、歴史修正主義者として非難されることなのか?

140 :名無しさんの主張:01/09/07 18:58
日本は条約で東京裁判を受け入れたから大虐殺あった派には
従わないといけないのです。

141 :名無しさんの主張:01/09/07 19:06
>>140
東京裁判を再検証すべき時期にきてるんじゃないかな。
どうよ?

142 :名無しさんの主張:01/09/07 20:07
141は
http://www.nipponkaigi.org/


143 :名無しさんの主張:01/09/07 20:19
陶器、漆器、螺鈿細工・・・数え上げたらきりがない。
これらの世界に誇れる芸術作品の数々は日本の風土で生まれた。
それらを日本に持ってきたのは自分達だと韓国の人は言っているようだが、それは一面正しい。
九谷焼などは中国の明の影響が色濃く出ている。
しかし、それを発展させたのは日本人だ。
私が焼き物の中で一番好きなのは備前焼なのだが、備前焼のような作品はいかにも日本らしいし、
おそらく日本以外の風土では生まれなかったのではないか?

日本を誇るってこんなかんじでいいですか?
ちなみに私は日本は好きだけど、戦時の日本は嫌いなので右翼ではないらしいです。

144 :名無しさんの主張:01/09/07 21:18
右翼が好きなのは日本じゃなくて明治時代の統治システム。
日本のためといいながらその統治システムを護るために日本そのものを犠牲にした
戦前の政府の罪を忘れてはならぬ。そして、その戦前の政府(とその構成員)を信
奉する右翼こそ日本の伝統の破壊者。
>>143氏にほぼ同意。

145 :名無しさんの主張:01/09/07 21:23
戦前の日本のほうがいまより日本の伝統を大事にしていただろ。

146 :143:01/09/07 21:49
>>144
>右翼が好きなのは日本じゃなくて明治時代の統治システム
実は私が日本の歴史のなかでもっとも好きな時代というのは明治維新のころなんです。
外国の脅威に対して(少なくとも当時そう思われていた)みんなが立ち上がり、
公武合体なり、勤王なりの思想を戦わせた時代。
現代から見れば暗殺とかが暗躍したり、薩英戦争なんて無茶なことだってしてますが、
あの時代の日本人ってエネルギーってものすごかったと思うんです。
ただ、そのエネルギーがいつの時点からか変な方向に向かっていってしまったと、私は感じています。

>>145
>戦前の日本のほうがいまより日本の伝統を大事にしていただろ
それうそです。
西欧化すると言って日本の伝統を一番つぶしていたのは明治政府です。
あちこちの仏閣とかをつぶしてまわってったしね。
明治政府のおかげでいくつの文化遺産が消えていったことか・・・

147 :名無しさんの主張:01/09/07 22:19
明治時代の統治システムが好きな右翼って、今時いるか?
西尾幹二も産経新聞も今の象徴天皇制の方がいいと言うだろうよ。
サヨの脳内右翼って、一体・・・

148 :143:01/09/07 22:32
>>147
>明治時代の統治システム
システムそのものは当時の世界を見たら普通の立憲君主制だよ。
私にとって日本の歴史の汚点と思っているのは昭和の軍国主義。
確かに軍国主義の種は明治に作られたものですけどね。

149 :New Face:01/09/07 23:12
>>95
「客観的な愛国心」っていうのは、理由のない愛国心だと思うよ。
皆考え方もバラバラなのに、どこかで結びついているような絆だと思う。

一つの民族が潔癖症的に民族愛を持ってしまうのは非常に危険なんだと思う。
つい最近までのユーゴスラビアの民族浄化運動や、昔のドイツのようなことに
なってしまう。
愛国心と民族浄化の理念って全然違うものだと思う。

多民族国家アメリカ国籍のヒスパニックも中国系も、ブラジル国籍のイタリア系も
愛国心は、アメリカ、ブラジルに対して向けられている場合が多い。
つまり、多民族で無秩序に見える国でも、国民は無意識的に愛国心の絆でつながっ
ている。無秩序の中にまとまりがある。
アメリカ人だってイギリス系とヒスパニック系では人生観、価値観、美徳、すべて
正反対のように思えるが、無意識的にアメリカという観念の中で繋がっているんだ
と思う。

しかし、日本人は逆だ。周りに合わせることばかりが重要視されてきた故に、シガ
ラミは世界一の国でしょう。シガラミに縛られている個人は、そのシガラミを無意
識的に嫌うため、結果的に社会が嫌いになり日本が嫌いになってしまうわけだ。
だから、まず、どうして個人が社会に不満があるのかってことから解決しなければ、本当
に住み易い国には成らないよ。

150 :名無しさんの主張:01/09/07 23:27
>>149
青春学園ドラマの様なものですか?
優等生も番長も普通の人も美人も三枚目もニヒルな人も皆、学校が好き。
・・、という感じかね?

151 :名無しさんの主張:01/09/08 00:05
>>139
> 日本の文化や歴史に誇りを持っちゃダメなのか?
> それは弱い人間のすることなのか?
> 南京虐殺の真実を知ろうとすることは、歴史修正主義者として非難されることなのか?

その件と「自国への誇り」とを、過度に感情的、
心情的に関連付ける昨今の一部の論調はやはりいただけ
ないでしょう。
「自国の戦史に汚点があると誇りを持てない→だから、
汚点は無いのだ」式の考え方は危険だよ。

そういう心情無しに、単に「南京虐殺に纏わる旧日本軍の
犯罪行為には証拠が無いから事実とは認められない」と
主張するならそれはすばらしく正しいことだ。

152 :名無しさんの主張:01/09/08 00:10
これまでがおかしかったんだよ。
反天皇制の宣伝のためにわざわざ”皇軍の残虐行為”をでっちあげて
宣伝しているやからがいたからね。

153 :名無しさんの主張:01/09/08 00:11
>>125
> >>122 ゲリラとの立証がないだろ?国際倫理の風潮は”機”だよ、よく考えないとね。

当時、中国人の平服ゲリラが多数出没したのは史実です。
撤退途中で虐殺された日本兵も数多い。

そしてまた、その様な状況下で「この平服の奴等はゲリラか?
ただの民間人か?」を逐一確認するまで一切攻撃不可などとい
う道理は無い。そんな事を強要されれば、実際にゲリラからの
攻撃で命を落とす段になって初めて「ああ、コイツ等はゲリラ
だったんだ…ガクッ!」となるのが落ち。

平服ゲリラが出没した以上は周囲の平服人民を虐殺するのも
やむ無しと言えるし、緊急避難みたいなものだ。
ゲリラと間違って殺された民間人は、恨むなら自国のゲリラを
恨むしかないね。

154 :x192赤 ◆C1AounDU :01/09/08 00:17
前にも書いたが、大筋では
右寄りの愛国心・・・ナショナリズム(国家としての自尊的愛国心)
左寄りの愛国心・・・パトリオティズム(郷土愛、博愛的愛国心)
だと思う。
単純に愛国心と書いてしまうと一緒のように感じるが、実際では
かなり違うものとも言える。ここのところを理解せずに話すと
「お前の愛国心は真の愛国心ではない」という事になってしまう
のではないか?
もちろんこれらが右翼・左翼を峻別するものだとは思わないけど。

155 :>:01/09/08 00:27
他の国と距離がある国に
愛国心なんか無理やり育てても↑みたいな奴らばっか増えてしょーもない。

156 :名無しさんの主張:01/09/08 01:08
>>151
「一部の論調」て、具体的には例えば「作る会」のことか?
歴史を捻じ曲げてまで、自説を主張しているとは思わないけどな。
もっと納得できるような具体例をたのむ。

157 :名無しさんの主張:01/09/08 01:16
>>156
歴史を捻じ曲げてるかどうかではなくて、
「先の戦争で日本に誤った目的や政策ミスが
 あったと認めると、じっちゃんを汚すことになる」
みたいな、過度に心情的な動機が元になっている
のが問題だという事でしょ。

南京虐殺や従軍慰安婦の問題に関して隣国等からの
誤った主張を正す事自体には何も問題無いし、誰も
このスレでも反対してないよ。

158 :名無しさんの主張:01/09/08 09:42
「自国に誇りの持てる教育」はなんだか利己的な人間を増殖しそうでいやだなぁ。
歴史というのは固有名詞が織り成す物語の集大成なんだけど、
自国に誇りを持つ、という意志が介在することで歴史が一般名詞の物語へと転化
してしまうのだ。

159 :笑い川蝉:01/09/08 09:49
どうでもいいが、

>平服ゲリラが出没した以上は周囲の平服人民を虐殺するのも
>やむ無しと言えるし、緊急避難みたいなものだ。

んなこたーない。

160 :突然すまんです:01/09/08 10:23
2・6・2の法則で標記の問題解決を考えると、言うまでも無く

上位2割=優秀で問題無し
下位2割=害人で排除必要

なので、中間6割が争点だが、各種調査を見る限り、
まともなのはこの内の1割でだべな。

結論:総人口3分の2を北鮮に食料輸出!!
   それで日本はいい国になる!!

161 :名無しさんの主張:01/09/08 10:28
>>160
その論理はおかしい。

中間の6割の中は、
上位上位2割=優秀で問題無し
下位2割=害人で排除必要
であるはずだから、
さらにその中の中間6割が争点だが、

その中の中間の6割の中は、
上位上位2割=優秀で問題無し
下位2割=害人で排除必要
であるはずだから・・・

結論:総人口2分の1を北鮮に食料輸出!!
   それで日本はいい国になる!!

162 :160:01/09/08 10:36
>>161
レスありがとう(藁
僕は、より絶望的なので3分の2で
いいかなと思ったんです。
急ぎお礼まで・・・・・・

163 :名無しさんの主張:01/09/08 10:45
まるで姥捨て山だな。

164 :名無しさんの主張:01/09/08 10:47
>>157

従軍慰安婦ですって!
よくそんな虚語をつかえますね、我が国を貶めるために作られた
インチキ用語を!

165 :名無しさんの主張:01/09/08 11:19
>>164
従軍慰安婦はインチキ用語なんかじゃないよ。
戦時中にはどこの国にも慰安婦はいたよ。
日本だけいなかったなんて通用しませんよ。

166 :名無しさんの主張:01/09/08 11:35
おまえ、少しは勉強したら?
慰安婦は民間業者が募集した売春婦のことだよ。
従軍、は軍に所属していることを示す用語。
従軍看護婦など。
従って、民間業者が募集していた慰安婦が従軍のわけはないの!

167 :名無しさんの主張:01/09/08 12:14
>>166
勉強不足は君じゃないか。
軍人向けに作られた慰安所があるのを知らないのかい?
別に民間が作ろうが軍が作ろうが国が作ろうが、
そんなことは重要な問題ではない。
重要なのは軍人向けかどうかということだ。
「軍人向けの慰安婦」という意味で従軍慰安婦という用語が流通してるんだよ。
君は言葉の「意味」と「なりたち」について勉強しなおした方がいいぞ。

168 :名無しさんの主張:01/09/08 12:30
君こそなりたちについて勉強しろ!
サヨクが宣伝のために使い始めたのが始まりなんだよ。

いまどきこんな馬鹿なこというやつがいるとは思わなかった。
キチか?

169 :名無しさんの主張:01/09/08 12:31
167の論理だと、民間が募集しても軍が強制的に連れて行っても
同じだというんだな。
恐ろしい奴だ。

170 :名無しさんの主張:01/09/08 12:34
>>164
> 従軍慰安婦ですって!
> よくそんな虚語をつかえますね、我が国を貶めるために作られた
> インチキ用語を!

>>157自体にちゃんと
> 隣国等からの
> 誤った主張を
って書いてあるじゃん。何怒ってるの?馬鹿じゃねーの?

171 :名無しさんの主張:01/09/08 12:36
従軍慰安婦、という言葉自体が問題なのです。
言葉は大切にするべきでしょ。

それと、隣国からの誤った主張、というけど、元は反日派日本人が
はじめたことなんだよね。

172 :名無しさんの主張:01/09/08 12:36
>>169
君は読解力がないのか?
従軍慰安婦という用語に民間募集的ニュアンスも強制的ニュアンスも
含まれない、と言っているのだよ。
従軍慰安婦が強制的に従事させられるのと民間が募集かけて従事するの
とでは明らかに違うだろうが。
君は「読解力」を身につけた方がいいぞ。

173 :名無しさんの主張:01/09/08 12:39
>>171
「従軍慰安婦という用語はインチキだ!」などと豪語する態度が
言葉を大切にした態度だとは思いませんけど。

174 :名無しさんの主張:01/09/08 12:40
君こそ、用語を正しく使う習慣を身に付けるべきだよ。
当時、従軍というのは、軍隊に所属して軍隊と共に移動する人のことを
呼ぶ用語だったんだよ。
従軍看護婦、従軍記者、などね。

175 :名無しさんの主張:01/09/08 12:45
従軍慰安婦という言葉で社会問題化しているんだから、
それが実在したか否かに関係無く「従軍慰安婦問題」
という呼称でいいんだよ。

それに対して「史実では、慰安婦は従軍ではなく
民間施設だった」と主張すればよいだけ。

176 :名無しさんの主張:01/09/08 12:48
従軍慰安婦という呼称自体が、反日勢力の主張する
”軍が直接運営した”という主張を肯定しているから
いけないんだよ。
民間施設であったことをはっきりするため、単に、慰安婦でよい。
あるいは、戦時中の慰安婦、とでもいえばはっきりわかる。

177 :名無しさんの主張:01/09/08 12:50
>>174
悪いけど「従軍慰安婦」という言葉は当時の用語じゃないよ。
当時使われていた従軍という言葉の意味と同じ次元で流通しているわけではない。
もし従軍という言葉の意味を当時使われていた意味として扱うべきである、
というのなら、それに変わる言葉を提示するべきである。
ただ悪戯に「その言葉はインチキだ!」などと言っているだけでは、
ただの揚げ足取りではないか。

178 :名無しさんの主張:01/09/08 12:52
言葉狩りはサヨクの手法。

179 :名無しさんの主張:01/09/08 12:56
>>178
そっか。
「従軍慰安婦という用語はインチキだ!」という主張していた輩は
サヨクだったんですね。

180 :名無しさんの主張:01/09/08 13:03
そうじゃなくて、普段はサヨクの言葉狩り手法を批判してる
筈の自称ウヨクが、同じ手法を自分の目的の為には平気で
使うのはおかしいってこと。

181 :名無しさんの主張:01/09/08 18:27
作る会の連中は何か勘違いしている
現代の教科書は確かに日本の良いところはあまり書いていない
むしろ事実を淡々と述べ若干悪いところもあるようなことを書いている
しかし若い連中はそんなのを読んだからといって自信喪失するわけがない
現実をねじ曲げて議論を巻き起こそうとしているのはまさに作る会である
自国の未来に希望をもち自国に誇りを持つことはどんな境遇であれ日本人だということを認識した時に可能となる
教科書でいくら良いことを書いたとしても事実をきちんと伝えなければただの虚像である
そんな教科書を読んで果たして本当の愛を知ることはできるのだろうか
それを受け止めるのはいずれにしても読む側 国民である
作る会は国民をコントロールできるなどと傲慢なことを考えてはならぬ
他国に対抗できるなどと阿呆なことを考えるのはやめよ
そういう目的で教科書など作るのならおよそどの学校も作る会の教科書など採用しないであろう
そのような政治的意図が見え透いたから採用率が低かった所以である

182 :名無しさんの主張:01/09/08 19:43
>>181
自虐教科書の影響を軽視してるよ。
今までの中学校の歴史教科書は、反抗と一揆のオンパレードだ。

183 :名無しさんの主張:01/09/08 20:35
>>182
ハ?
おれは自虐教科書で歴史を学んできたが誇りは持っている
そんなのその人自身の問題だろ
教科書のせいにスナ!ハナミズたれのクソガキが

184 :名無しさんの主張:01/09/08 20:51
>>183
おいおい、なに熱くなってんだよ。
読み比べてみろよ。現行の教科書は史上最低、ひどいもんだヨ。

185 :名無しさんの主張:01/09/08 21:03
>>184
>現行の教科書は史上最低、ひどいもんだヨ。

史上?歴史上?
君はえらく自虐的な歴史観を持っているんだな(ワラ

186 :一般人さん:01/09/08 21:05
「いま」の子供たちが荒れているのは。
「いま」の政治が荒れているからだ。
腐敗した政治家や官僚を正すことこそ、ほんとうに国家のためになる。
それを追求せずに、教科書がどうのとお題目ばかり唱えている右翼はなんなのか。
ホコリホコリと口にするだけでは、真の誇りは生まれない。

187 :名無しさんの主張:01/09/08 21:26
>>182
> 今までの中学校の歴史教科書は、反抗と一揆のオンパレードだ。

何故、一揆のオンパレードだと自虐なの?
寧ろ、国民自らの手で権利を勝ち取ろうという気概に溢れた
自尊心に富んだ国民像に繋げる事だって出来る。

20年程昔の教科書には全部明治以降に欧米から頂いたもの
みたいに書かれていて、そっちの方が自虐的だと思うな。

188 :名無しさんの主張:01/09/08 21:29
>>186

そうですね。現状の腐敗政治に対処せず、生まれる前の
過去についていくら引っ張り出して来ても誇りなんて芽
生えない。
寧ろ、誇りについて語る為に60年も昔の事をいちいち引
っ張り出してこなければならない程に荒んだ現在があか
らさまになる分、自虐的だ。

189 :名無しさんの主張:01/09/09 09:39
優良スレあげ

190 :つ〜か:01/09/09 10:04
自国に誇りを持つことができても、
自分自身が卑屈な劣等感を抱えていたとすれば意味無いじゃん。
今の自分がおかれている境遇を、
国家の幻想で底上げするなんて虚しすぎるよ。

191 :名無しさんの主張:01/09/09 10:05
>>190
そもそも「国家」などというものが幻想だからな。

192 :名無しさんの主張:01/09/09 10:24
>>191
無秩序の方がもっと悲惨だぞ。

193 :名無しさんの主張:01/09/09 11:28
>>188
っつーか、60年前の日本てマトモか?
明治中盤から敗戦までを題材にした書籍とかを読んでみ
謀略暗殺何でもアリだよ
むしろ、あの頃の方がよっぽど無秩序だと思う

194 :名無しさんの主張:01/09/09 12:00
どうして戦前や戦中に幻想を持っている人は、
ミャンマーや北朝鮮に移住しないんだろ?
待ち望んだ楽園が、ソコにあるというのに……

195 :名無しさんの主張:01/09/09 12:46
>>194
日本語しか話せないからだろ。

196 :  :01/09/09 13:16
とりあえず、やってTRYで
鯵のフライを料理できる人が70%以上で
あってほしいぞ。

197 :名無しさんの主張:01/09/09 13:23
>>192
おいおい、国家=秩序じゃないぞ。
国民国家が誕生するのはせいぜい近代以降だ。
それ以前に秩序がなかったかといえばそんなことはない。
細分化された共同体ごとに秩序はあったのだ。
秩序維持のために国家は絶対必要条件ではない。
まあ、利己的な資本主義にとっては国家はなくてはならんあろうが。

198 :188:01/09/09 13:30
>193
自慰史観の人達の「心の中の戦前、戦中」は素晴らしいもの
だったんでしょうよ。
それが現実の戦前、戦中とどれほど合致していようがいまいが、
現在の人々の誇りの為に過去をいちいち引っ張り出してくる
のは現状に対して自虐的っていう話です。わかりにくくてスマソ

199 :名無しさんの主張:01/09/09 14:49
サヨの脳内右翼は戦前戦中賛美、ですか?
そんなやついないって。

サヨの空理空論でどれだけの人が納得できるんだろうね。
もっともサヨにとっては、理論も歴史も国家解体のための単なる道具なんだろうが。

200 :名無しさんの主張:01/09/09 14:57
200GET

201 :名無しさんの主張:01/09/09 15:39
ウヨたんの脳内左翼の方が笑える。

202 :名無しさんの主張:01/09/09 15:40
>>199
国家を政府存続のための道具と考えている右翼さん方には負けるがね。

203 :名無しさんの主張:01/09/09 15:49
>>202
政府存続のための道具っていうか、
国家は資本主義の道具なんだがね。

204 :名無しさんの主張:01/09/09 15:53
しっかし、右翼って結局のところ何が主張したいのか分からん人らやねー。
一所懸命に自国に誇りを!なんて叫んでる割に自国の現在に対してやたらと
否定的=自虐的だし、北朝鮮を嫌うくせに天皇陛下万歳とかお国のために!
とかの言動が金成日まんせーなかの国の人らにそっくりやったり。
で、現在を否定してる右翼さんがたはいったい日本の何を誇りたいのかな?
祖国の誇りなんざ政府がどうたら都合で言うもんじゃなかろ。

205 :名無しさんの主張:01/09/09 15:57
>>203
俺の認識とは違うなぁ。
国家は住民の利益のために互助会てきな役割を果たす利益共同体。
政府は国家を運営するための機関。
むしろ国家が利益を生産するための道具として、その思想として資本主義
があるのではないのか?

206 :203:01/09/09 16:13
>>205
国家の利益というのはつまり資本家の利益なんだよね。
利益マンセーの資本家たちが存在基盤をより強固にするために
国民国家が誕生したわけですよ。
ちなみに資本主義と言うのは市場のメカニズムそのものであって、
思想ではないと思うよ。

207 :通りすがりの者:01/09/09 16:20
数年前、歌舞伎町のとあるスナックで隣の席にいたおぢさんは、何と天皇教原理主義者と言うかぁ、日本人絶対至上主義者だった。
で、彼との会話は・・・

「君らは名誉日本人だ!」
「どうしてですか?」
「だって、君らは天皇陛下を神と崇め奉っていないだろう!
 国籍が日本って言うだけで、天皇陛下を神と思っとんらん連中は2級の名誉日本人だ!」

で、ほとんど会話にならないけど、おぢさんは更にこんなこと言っていました・・・

「日本人が唯一正しい人類であって、ほかは良く似た別の生き物だ!
 飢えて死のうが、戦争で殺し合いしようが我々日本人には関係無い。」

いやぁ、もっとすごいこと言っていましたが、ちょっと文章にはしにくいですね(^^;)

208 :名無しさんの主張:01/09/09 16:21
>>204
俺は中道左派だけど左翼の主張も意味不明。
あのつくる会教科書不採択運動はあきれたね。
あんな事やるくらいなら自分の子供には自分で教えてやればいいんだよ。
教科書で全人格が決定してしまうという論調は、右翼・左翼に共通して
拭えない悪癖だと思うね。
自分にとって教科書で覚えた歴史なんてごく僅かだよ。
その後の社会生活で見につけたものに比べれば。
教科書問題に限って言えば右翼の方がまだまとも。
なにせ押し付けているわけではなく正当な手順で検定を通しているからね。
あとは、社会教師の自己判断だろ。そればかりは現状では強制できないよな。
いっそのこと東京書籍とつくる会の教科書を並べて、歴史解釈の
多面性について教えた方がよっぽど有意義だと思うね。

209 :名無しさんの主張:01/09/09 16:22
天皇、土地とりすぎだろ。

210 :名無しさんの主張:01/09/09 16:33
昭和天皇、長生きし過ぎだろう。
第二次大戦の責任もとらずに・・・

211 :名無しさんの主張:01/09/09 16:38
>>209
天皇は今のままでいいんだよ。
考えても見ろ。天皇が下野したらおそらくオウムも真っ青の宗教団体ができるぞ。
それに比べたら多少金がかかっても象徴としてのみ奉っていた方がまし。
天皇もそれを気付いているふしがあるな。裕仁も明仁も諦観した雰囲気を
十分漂わせていた(orいる)。
皇室関係の予算なんて国家予算規模では微々たるものさ。
外交上親善大使としても利用できるし、大して文句も言わないし、意外と勤勉。
リーズナブルだね。

212 :名無しさんの主張:01/09/09 17:29
>>211
まっ、そんなとこだな。概ね同意。
しかし、昨今の状況を鑑みれば多少予算面での縮小は考えられてもいいと思う。
実際の金額を削減する効果よりも世間に対するアピールするという意味合いでね。
俺の感じでは、実際に近い将来真剣に国会で討議される可能性があると思っている。
それは恐らく、増税を国会で議論する際、同時にいくつかの予算の削減案がセットで検討されると考えられるが、
そのセットの中に含まれると思う。

213 :名無しさんの主張:01/09/09 17:34
>>211

いや、だから土地とりすぎだって。

214 :名無しさんの主張:01/09/09 17:41
>>206
個人的な主観としては、国家に寄り添うような資本家は、
あまり健全とは言えない気がするな。

資本家は、共同体を行き来し、物々交換を行う事で利益を出す。
特定の共同体に肩入れするような資本家が存在すると、
特定の共同体が強くなりすぎて、物々交換の自由が無くなるし、
特定の共同体を潰すような資本家が存在すると、物々交換の場所が無くなる。
そして、どちらの資本家が存在しても、共同体を食いつぶす。

ある意味、こーゆー悪質な資本家は、資本主義のガン細胞だと思う。

215 :名無しさんの主張:01/09/09 17:44
>>213
不動産屋さん?

216 :名無しさんの主張:01/09/09 18:58
>>199
> サヨの脳内右翼は戦前戦中賛美、ですか?
> そんなやついないって。

直前のレスくらいちゃんと読んだら?

>>198
> 自慰史観の人達の「心の中の戦前、戦中」は素晴らしいもの
> だったんでしょうよ。

自慰史観ですよ。自虐史観じゃなく。

217 :名無しさんの主張:01/09/09 19:38
資本家とか資本主義とか、冷戦終わってかなり経ってるのに
いまだにそんな議論して、どーなってんの?
日本の左翼って、不・思・議。

218 :一般人:01/09/09 19:50
いまだに北方領土を論議している右翼も不思議だよ(藁

閑話休題。
外務省の汚職が酷いね。国民の税金を私的な理由で騙し使ってた、はっきり言って犯罪だ。
「日本の国民」を騙した重罪。
「日本の誇り」を傷つけた重罪であると思う。
なのに、なんで右翼って、なにも抗議しないの?
外務省の前に宣伝カーでも乗り付けてがなりたててもいいと思う。
中国へ修学旅行をしようとした学校の前に宣伝カーで乗りつけた、って話があるけど、外務省相手では無理?

219 :名無しさんの主張:01/09/09 20:02
「体制批判はサヨク的だ」と考えているからじゃない?

彼等が体制批判を許されるのは、学校教育の左傾化の様に
サヨクが関与していると明言できる場合だけだよ。
他の場合は黙認するしかない。それがウヨク。

220 :一般人:01/09/09 20:52
結局は国や権力者がやることなら、それが詐欺だろうが犯罪だろうが汚職だろうがオッケーというのが右翼、と理解してもいいのか?

221 :名無しさんの主張:01/09/09 21:00
>>220
だから、右翼が好きなのは国(の文化や風土)じゃなくて政府(の体制と機関=天皇など)
なんだよ。
政府を護るためなら平気で国を犠牲にするような連中だからな。

222 :名無しさんの主張:01/09/09 21:02
>>220
そういう風に積極的に認めているというよりは、
立場上批判できないからと、消極的に黙認している
のが実態じゃなかろうか。

「『○○議員辞職せよー!』じゃ俺たちサヨクになっちまうよ…
 じゃ、黙ってるか…」

223 :名無しさんの主張:01/09/09 21:04
>>221
それは必ずしもそうではないと思う。右翼は自民党支持というより
愛国党支持だったり(古いか…)、必ずしも現行政府マンセーでは
無いと思う。

224 :名無しさんの主張:01/09/09 21:21
>>222
となると、右翼は左翼イデオロギーに対するアンチテーゼとして存在する
寄生イデオロギーなわけか・・・。左翼もいっしょか。お互い様、似たも
の同志ってこったな。

225 :名無しさんの主張:01/09/09 22:02
ウヨもサヨも大差ないのはなぜか
要するに結論ありきだからだ

226 :名無しさんの主張:01/09/09 22:04
>だから、右翼が好きなのは国(の文化や風土)じゃなくて政府(の体制と機関=天皇など)
>なんだよ。
>政府を護るためなら平気で国を犠牲にするような連中だからな。

これは「右翼」だけには当てはまらないね。
なぜなら「左翼」政権獲ったら自分たちの政府を守るために同じことをするから。

227 :名無しさんの主張:01/09/09 22:06
街宣右翼の80%が在日だってことを知らないやつが多いな。

228 :つ〜か:01/09/09 23:32
>>227
サッカー日本代表の試合で、
布施明や和田あきこが『君が代』を熱唱しているのを見て、
なんとも象徴的な出来事のように思えたよ。

229 :名無しさんの主張:01/09/10 00:25
>>228
君が代を歌えるだけで光栄と思ってるんだよ
とりあえずどうやったら誇りをもてるようになるか語り合ってみよう!

230 :名無しさんの主張:01/09/10 00:51
>どうやったら誇りをもてるようになるか

日本の文化や歴史に親しむこと。
来年度から使われる中学歴史教科書は、少なくとも現行の自虐教科書よりはましなようだね。
「作る会」の活動も無駄ではなかった。

231 :名無しさんの主張:01/09/10 00:58
>>230
作る会の新しい歴史教科書によって、左に偏っている日本書籍が敬遠され、
比較的中庸な帝国書院や東京書籍が伸びた。

232 :名無しさんの主張:01/09/10 00:59
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | ボクは妖精、ティンカーベル!
     \____ ______
           ∨
 . ..        Λ_Λ
  ___      ( __ __) __
 (   \     (6 ・ 」・)/  )
  (  ● \   (  ∀)/● Λ Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (  ●  \ノ ` --'、    ( ゚Д゚) < さあ、いっしょにネバーランドへ!
 .;.. (     〃⌒` ´⌒ヽ⌒~ P ミ   \__________
 ;    ̄/ ( 、V~つ人.゚ノ〜 | UU
 .. . . ( __/ ヽ、_/〃仝ヾ/~^ |  |
     U    /~~~~~~~ ヽ   U U
  ..       |__/|___|
         /  _ノ  〉 _)
         / /  |  /
        (_ \  (_ \
         \__)  \__)

233 :143:01/09/10 01:53
誰かも言っていたけど、教科書が教える歴史なんてたいしたことはないと思う。
私の場合には授業以外に本などで学んだものが自分の歴史観といものを形成した。
たぶんここに書きこんでいるほとんど人間は同じだと思うが。

234 :名無しさんの主張:01/09/10 02:01
>和田あきこが『君が代』を熱唱しているのを見て
和田あきここと金現子は日本に帰化したんじゃないの?

235 :名無しさんの主張:01/09/10 02:34
>>234
私は日本は好きだが「君が代」はあまり好きじゃないな。
正直、あんなのが国家なの?カッコわりいなぁってのが感想。
どっかの作曲家が曲を変えて演奏したってのをTVで見たけど、
たいしたことなかったもんなぁ。

236 :名無しさんの主張:01/09/10 03:12
>>233
その自覚のなさが教科書の怖いところだと思う。
大抵の人は、歴史教科書どおりの歴史観からなかなか抜け出せないよ。

237 :名無しさんの主張:01/09/10 03:19
>>236
根拠をどうぞ。
中学の時、明治維新以後を最後の授業45分で済ませました。
恐ろしいことです。

238 :名無しさんの主張:01/09/10 03:21
中学教師って偏向してる人多いらしいからね。日教組か。

239 : :01/09/10 03:22
国家って戦争を起こす原因だと思う。

240 :名無しさんの主張:01/09/10 03:39
>>239
短絡的だなあ。戦争を起こさない国家もたくさんあるだろ。
日本は半世紀以上戦争してないじゃん。これは誇るべきことだよ。

241 :名無しさんの主張:01/09/10 03:39
時刻に誇り
7時7分
ラッキーセブン

242 :名無しさんの主張:01/09/10 03:43
たかが半世紀でしょ。
それも日本は米国に首輪をされて鎖でつながれてる
犬のような状態で「戦争してないじゃん」はないじゃん。

243 :233:01/09/10 03:45
>>233
あなたも中学のころは自虐教科書といわれるもので学んだんじゃないの?
それが今のあなたの歴史観の元になっているの?

>>240
同意。

244 :243:01/09/10 03:47
243は>>236へのレス、スマソ

245 :名無しさんの主張:01/09/10 03:54
>>242
日米安保条約を破棄したほうがいいのかい?
それは日本が核武装することになるよ。

246 :名無しさんの主張:01/09/10 05:55
>>236-237
明治維新以後は受験で出ないからね〜

247 :名無しさんの主張:01/09/10 08:32
>>237

俺の場合なんか、授業では1分も取り上げる事なく
「あとは家で読んでおくように」で終わった。
しかも試験範囲には含まれないんだから、読む訳も無く。

読んでないんだから、自虐だろうが自慰だろうが影響
されようが無かったよ。

248 :名無しさんの主張:01/09/10 09:10
教科書なんかよりは、
常に弱者の味方であるヒーローもののアニメやストーリーを幼少の頃から
親しんできたことの方が影響してるだろう。
西尾幹ニは「新しいヒーローをつくる会」を結成すべきだったと思う。

249 :名無しさんの主張:01/09/10 10:17
>>248
 かくして自分たちの身、自分たちの社会は第三者的な強者に「守ってもらう」と
いう意識を植え付けるわけか。
 戦争中みたいな非常時に神風だなんだと楽しいことを国民に説いた政府の名誉を
回復しようとしていらっしゃる方々だ。仕方がないか。

「絶対に僥倖に頼るべきではないこと。常に理性以外のものを頼るべきでないこと」
これ言ったの、だれだったっけ。

250 :フェミは勘弁 ◆uDkyAjTQ :01/09/10 10:19
ウヨと一部のサヨは日本のことを考えてるからいいけど、
1みたいなのはしょーもないな。

251 :名無しさんの主張:01/09/10 10:36
>>250
1のような認識を最低限もちつつ、その上で、日本国や日本人の事を考えるならいいんでない?
自己の誇りが日本という所属に依存しているような一部の物の考え方は脆弱で説得力がない。
(逆にサヨだとアンチ中央政府という立場に依存)

252 :フェミは勘弁 ◆uDkyAjTQ :01/09/10 11:10
>>251
つまりどっちも必要ってことでしょ?私も同意見です。

253 :名無しさんの主張:01/09/10 11:16
>>251
1の文面を読むかぎりでは自分の誇りというものについて考えたことのない
勘違い野郎のような気がする。
それに自分の存在を誇らしく思うのなら、自分という存在のルーツでもある日本についても
考えてみてもいいのでは?

>自己の誇りが日本という所属に依存しているような一部の物の考え方は脆弱で説得力がない。
これは同意。

254 :名無しさんの主張:01/09/10 11:43
まあ日本についてだけではなく、
他の国のことも考えられるようになればもっといいよね。

255 :R.E.M.:01/09/10 11:46
フジのドラマ「イタリア通」に出てたイタリア人の愛国っぷりは健全?不健全?

256 :名無しさんの主張:01/09/10 12:36
>>253
だからお前ウヨだろ?
自分と言う存在のルーツである日本とか決め付けんなよ
ルーツは母親に決まってんだろ
そのくらいわきまえろ
生まれてきてから日本人になったんだよ

257 :R.E.M.:01/09/10 12:37
母親は何人?

258 :名無しさんの主張:01/09/10 12:42
>>253
>だからお前ウヨだろ?
ほかのスレいくとサヨと呼ばれるよ(w
>ルーツは母親に決まってんだろ
そんこと言ってんじゃないよ。っていうか何を言いたいんだかよくわからん
>生まれてきてから日本人になったんだよ
その通り、私を育てたのは日本の社会です。

259 :R.E.M.:01/09/10 12:45
ウヨサヨ罵倒抜きでは語れないものなのかいね?

260 :名無しさんの主張:01/09/10 12:54
>>253
>自分という存在のルーツでもある日本についても
>考えてみてもいいのでは?

自分のルーツを探れば探るほど「日本」などという分類は
殆ど意味をなさなくなるよ。
言葉も文化も日本固有のものなどどこにもないんだよ。
まあ三島由紀夫はそれを知って愕然としてたけどね。
だから天皇嫌いの三島は「天皇」という概念を神格化して
固有性を与えようとしたんだよ。

261 :名無しさんの主張:01/09/10 12:55
>255
そのドラマ、まだ観たことないんでよくわからんけど、その人が、「国」
以外にも何か自慢できるものを持っていれば、健全と言えるんじゃなかろ
うか。
何でもそうでしょ?学歴でもルックスでもさ。
それしか無い奴と、それ以外にも多種多能の奴とでは、同じ自慢話させて
も何か違う。
単に、相手に与える印象の違いだけかもしれないけど、前者は盲目になっ
てしまうと可能性が高いと思う。

逆に、一つの事柄のみを、徹底的に排除しようとする輩も同じ。

262 :名無しさんの主張:01/09/10 12:54
>>259
同意。
でも、普段ウヨだサヨだと騒いでいる人間が、日本の誇りについて
どう考えているか知りたいね。
意外と薄っぺらなもんだったりしたら笑っちまうが。

263 :名無しさんの主張:01/09/10 12:56
>>258
しかし日本の社会を維持してるのは日本と日本以外の国だよ。
つまりあなたを育ててきたのは日本だけではない。

264 :名無しさんの主張:01/09/10 12:59
>>260
>言葉も文化も日本固有のものなどどこにもないんだよ。
固有である必要あるの?
>>143にも少し書いたけど、日本は世界に誇れる文化を
たくさん持ってるよ。

265 :名無しさんの主張:01/09/10 13:06
>>263
>つまりあなたを育ててきたのは日本だけではない。
外国には旅行ぐらいしか行ったことのない私としては、
私を育てたのは日本としかいいようがない。
世界市民という意味となるとちょっと難しいが、
少なくとも実感をしたことはないね、残念ながら。

266 :名無しさんの主張:01/09/10 13:07
>>264
>固有である必要あるの?

必要があるって言ってるんではなくて、
ルーツを探れば「日本」という概念はあんまり意味がないよ、
と言ってるの。

>日本は世界に誇れる文化をたくさん持ってるよ。

そりゃ確かだが、それと自国に誇りを持つこととはぜんぜん違う。

267 :名無しさんの主張:01/09/10 13:10
>>265
それは「日本が私を育てたなんて実感したことない」
という主張と同じことだね。
別に実感する必要などないと思うよ。

268 :名無しさんの主張:01/09/10 13:18
日本に対する誇りってのは、べつに戦前の軍国主義を肯定することじゃないんだよ。
自分の国に誇りを持てずに、どうやってこの国をよくしていこうと考えるんだ?
だからサヨはバカで売国奴なんだよ。

自国に誇りを持つことが即ちウヨなら、俺は胸を張ってそう言えるよ。

269 :名無しさんの主張:01/09/10 13:18
>>266
>そりゃ確かだが、それと自国に誇りを持つこととはぜんぜん違う。
何故?
私は素晴らしい文化を持っている日本を誇りに思っているのだが、それは間違いだと?
じゃあ、自国の誇りとはどんなもの対してもてばいいというの?

別にこのことを誇りを持つべきだと人に強制するつもりはないよ。
それをどう感じるかは人それぞれだし、私の場合はそれが日本の文化だったということ。

270 :名無しさんの主張:01/09/10 13:23
>>266
じゃ、自国に誇りを持つとはどういうことなんだ?
俺にとって祖国の誇りとは豊かな風土と、その風土と不可分の文化、そして
自分がその文化の(一部分とはいえ)後継者であるという自負が祖国への愛
情と誇りの根幹をなしている。

271 :名無しさんの主張:01/09/10 13:34
>>270
普通はそうだよね。
一部の極右は天皇マンセーとか言い出すんだろうけど。

272 :/):01/09/10 13:59
>>270 自国に誇り・・・つまり自分が生まれ育った風土・文化への愛着・・・ということでいいかと。
 だから私は日本が他国に併合されるということになっても、それにより自らの生活水準が向上し、かつ言語を初めとする生活様式が脅かされないのであれば、喜んでそれを受け入れる!
(例えば Japan State.USA)

273 :名無しさんの主張:01/09/10 13:59
ここで国に誇りをとか騒いでるやつ、何時の間にか国家主義、全体主義に陥るなよ。

274 :名無しさんの主張:01/09/10 14:06
>>273
自分しか歴史を学んでないとでも?
いきすぎて牽強付会のバカサヨにならないようにな。

275 :名無しさんの主張:01/09/10 14:10
>>272
下らん煽りだな。
もうそのくらいしか言い返せないのか。悲惨の一言に尽きちゃう。

276 :名無しさんの主張:01/09/10 14:11
>>268
>自分の国に誇りを持てずに、どうやってこの国をよくしていこうと考えるんだ?

順番が逆だ。誇りを持ってるから国を良くするんじゃなくて良い国だから誇り
を持つものだろう。

277 :名無しさんの主張:01/09/10 14:13
>>270
>じゃ、自国に誇りを持つとはどういうことなんだ?

自国に誇りを持ったことないからわからない。
つーか自国に誇りを持つ必要などないのでは?
何のために持つの?
世界にもいいものはいっぱいあるよ。

278 :名無しさんの主張:01/09/10 14:17
>>270
>その風土と不可分の文化

風土と不可分であるし世界とも不可分である。
「日本文化」などと特殊化する根拠はどこにもない。

279 :名無しさんの主張:01/09/10 14:19
>>270
>自分がその文化の(一部分とはいえ)後継者であるという自負

文化(=人類の営み)の後継者であるという自負、
つまり世界市民という発想だな。

280 :名無しさんの主張:01/09/10 14:25
>>277
>つーか自国に誇りを持つ必要などないのでは?
別にかまわないんじゃないか?
昔じゃないんだから非国民とも呼ばれないよ(w

>何のために持つの?
私の場合、本を読んだり、見たり、触ったりした結果として
日本に対する誇りを持つに至った。
別に持とうとして持ったものじゃない。
でも、日本には素晴らしい文化や歴史があるということを日本人全員に
知ってもらいたいね。

281 :268:01/09/10 14:26
>>276
>誇りを持ってるから国を良くするんじゃなくて良い国だから誇り
を持つものだろう。

何も日本の全てを肯定し、全てに誇りを持てといってるわけじゃない。
自分や愛すべき人たち、風土、文化を育んできた日本に対し感謝してるから誇りが持てるんだよ。
(ちなみに俺は>>270ではないよ)
だから、良くしていこうと思うんだよ。

まあ、こんな説明してもわかんねーだろうなー・・・。
自己保身しか考えない奴と愛国心を危機と考えるヴァカにはな。

282 :名無しさんの主張:01/09/10 14:28
>>280
修正
日本人だけじゃなく、世界の人に知ってもらいたい。

283 :R.E.M.:01/09/10 14:53
平行線だなあ、、
それとも、元は一つの点だったのが< な感じに離れていったのかなあ
ウヨだサヨだと言っても、それぞれに「日本を良くしたい」て思ってるんだよな?

284 :名無しさんの主張:01/09/10 15:00
>>283
たぶん、サヨは「日本の誇り」とい言葉に嫌悪感を憶えるんだと思うよ。
どうしても右翼的な思考と結びついちゃって。
でも実際はウヨ、サヨ関係なくそれぞれが自分の中に持ってるんものだと思うよ。
それをどう表現するか、主張するかが一番問題になるんだと思う。

285 :名無しさんの主張:01/09/10 15:03
>>283
>ウヨだサヨだと言っても、それぞれに「日本を良くしたい」て思ってるんだよな?

サヨは二通りいるよ。
(1)人道サヨ・・・軍国主義を批判。愛国主義は軍靴の幻聴が聞こえるらしく拒否反応。でも日本はよくしたい。
(2)国家解体サヨ・・・史的唯物論に立脚。人類史は生産力と生産関係の矛盾により展開し、
資本主義も私的所有と社会的生産との矛盾から社会主義へ移行せざるをえないとする。
そして歴史的発展過程での社会変革は階級闘争により実現するもので、
資本主義社会の中で搾取され、疎外された労働者が社会主義社会の担い手として形成され、
階級闘争を通じて社会主義・労働者解放を実現すると説く。(藁

あとは自分さえ良ければ、っていう勘違い個人主義ヴァカ。

286 :名無しさんの主張:01/09/10 15:07
日本をもっと良くしたい人と、日本を悪くしたくない人の差だと思うな。

287 :287:01/09/10 15:53
日本がだめになったのを,
他人のせいにしてもしょうがない
批判してる人間もふくめて自分の生活を見直そう

288 :名無しさんの主張:01/09/10 15:59
>>287
日本は駄目になったのか?

289 :名無しさんの主張:01/09/10 16:00
高校でMDをウォークマンで聴いている。

高校に入って、初めて女子が話してくる。

女:「ねえ、なに聴いてるの??」

俺:「19の、シングルが1stから新譜まで入ってるやつだよ。」

女:「1stって、あの紙ヒコーキってやつだっけ??」(←こう勘違いしてるやつ、多し)

俺:「違うよ。その前に一つ出してるから。」

女:「嘘〜!聴かせて、聴かせて!」

俺:「いいよ!」

MD渡す。

女:「聴き終わったら返すね!」

この後も、話が弾めばいいなぁ・・・とか、思ってる俺。

しばらくして帰ってくる女子。

女:「これ、絶対19じゃないって!!どこかで、聴いた事ある気がするもん。」

男:「え〜!19だってば!!知らなかったから、違うと思うだけだって!!」

しばらく、お互い譲らず・・・

女が去った後、変な事言いやがる女だな・・・と思いながら、ためしにMDを再生。

『トゥルゥルゥルゥトゥトゥン!』何処かで聴いたことある、イントロ。なおかつ19じゃない。

『ひっかる、くもをつきぬ〜け、フライアウェイ!!』まっ、まさか・・・

『CHA−LA HEAD−CHA−LA!』

ド、ドラゴンボールじゃねえかぁ〜〜!!《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!!!!!!!!!!

290 :名無しさんの主張:01/09/10 16:18
>>285
いつの時代の左翼だよ(ワラ
確かに資本主義には欠陥があるが、
階級闘争は時代錯誤も甚だしいだろう。

291 :名無しさんの主張:01/09/10 16:26
ていうか日本、日本って拘り過ぎ。

292 :名無しさんの主張:01/09/10 16:28
>>289
爆笑した(藁
無理すっからだ。

293 :名無しさんの主張:01/09/10 16:55
誇り云々よりまず理系の教科書を・・・ぐふっ。

294 :R.E.M.:01/09/10 18:08
>293
なんだ?
俺が有名になったら「新しい数学教科書」を作ってやるよ。
中韓との外交問題になるかもなw

295 :名無しさんの主張:01/09/10 18:18
>>293
そういえば江戸時代に3平方の定理を数十通りの方法で証明した日本人がいたな。
誰も知らんだろなそういうの、私も名前を忘れたし。
そういうのを教科書にのせて日本人の誇りを培う?(w
意味ないのでsage

296 :名無しさんの主張:01/09/10 18:56
物理、化学、生物も(ボソッ
地学ゴメソ

297 :ちゅうぼう:01/09/10 19:27
誇りより、プロ意識が大事。

298 :名無しさんの主張:01/09/10 19:29
地獄にキコリ

299 :名無しさんの主張:01/09/10 19:29
もう少し別の観点から。

(a)戦前の日本は正しく、素晴らしかった→そして今の日本も素晴らしい
  : 自尊的ウヨ
(b)戦前の日本は正しく、素晴らしかった→それにひきかえ今の日本ときたら
  : 自虐的ウヨ
(c)戦前の日本は間違っていて、酷かった→それがどうして、今の日本は素晴らしい
  : 自尊的サヨ
(d)戦前の日本は間違っていて、酷かった→そして、今の日本も酷いままだ
  : 自虐的サヨ

300 :名無しさんの主張:01/09/10 19:30
300げっと!!( ゚Θ゚)そうでもないよ

301 :名無しさんの主張:01/09/10 19:36
>>299

みんなウヨかサヨなのか?

302 :/):01/09/10 19:40
自由民主主義者はみなサヨか?

303 :R.E.M.:01/09/10 19:50
ジョンレノンの歌詞に激しく感銘を受け、
一方でコヴァである僕はウヨ?サヨ?

304 :名無しさんの主張:01/09/10 19:54
>>303
ヴァカ。

305 :名無しさんの主張:01/09/10 20:05
>>303
ジョンの歌詞は理想だけど現実的じゃないよね。
サヨは日本の軍国主義化よりも中共のチベット侵略を批判しろよな。

306 :名無しさんの主張:01/09/10 20:07
>>305
中共はチベットを侵略なんかしてないよ。
あれは単なる同化政策だよ。チベットにデパート作ったりして
近代化してる。チベットの若者自身も密教国家なんかよりアメ
リカっぽい近代社会を望む様になりつつある。

307 :305:01/09/10 20:18
>>306
いや、そういうんじゃなくて。(ネタなんだろうけど

同化政策でもなんでもいいけど、武力にモノを言わせてる
中共をサヨは何故批判しないんだ?

308 :名無しさんの主張:01/09/10 20:20
れりびーれりびーれりびーれりびー
なとかかんとか れりびーいー

309 :143:01/09/10 20:48
>>299
日本の歴史は戦前・戦後だけじゃないよ。
>>146を見てくれよ。
戦前をよかったか、悪かったかというと昭和初期の軍国主義まで含んじゃうから
よかったとは言えなくなっちゃうじゃないか。

310 :名無しさんの主張:01/09/10 20:58
自分の国に誇りを持とうぜ!
東京ドームで天皇陛下万歳の大マスゲームやろうぜ
日本を批判する奴は国賊だから、強制収容所に送ろう!

311 :名無しさんの主張:01/09/10 21:02
>>309
そうだね。
少なくとも明治・大正・昭和と区分するべきだし、
戦後も1945年〜1970年・1970年〜1989年・1989年以降と区分するべきだろう。

312 :名無しさんの主張:01/09/10 21:02
>>310
おいおい、ネタだろうがあまり笑えんよ。

313 :名無しさんの主張:01/09/10 21:05
>>310
いや、日本嫌いなやつはさっさと中国に帰っていただこう。

314 :名無しさんの主張:01/09/10 21:06
アメリカ・インディアンは
侵略者たるアメ公に
どんな目に遭わされたんだっけ?

315 :名無しさんの主張:01/09/10 21:12
>>314
日本がアジアにしたのと同じような目に遭わせた。
要は同化政策だね。
「君たちもわれわれと同じ日本人だよ」というアジア日本化の手口は、
ピューリタン(清教徒)の「あなたたちの神はキリストですよ」
という手口と同じなんですよ。

316 :一般人:01/09/10 21:23
日本と聞いて、汚職三昧の政治家と官僚が連想されてしまうようでは、誇りなんてとてもとてもとても(藁

317 :143:01/09/10 21:34
>>316
同意。
日本はいい国だとどんなに口で言ったって政府がコレじゃ説得力がないもんね。
てことは、日本の誇りを語るには、まずそこから正していかなけりゃならないってことか?

318 :名無しさんの主張:01/09/10 21:47
>308
Let It Beはポール・マッカートニーだろ。

319 :名無しさんの主張 :01/09/10 22:16
だから騙されてるんだって。ウヨは。
まあ「国家の犬」の称号でも与えよう。

320 :143:01/09/10 22:20
なんのこと?って一応聞いてみる。

321 :308:01/09/10 22:28
俺はまだまだ甘かった

322 :名無しさんの主張:01/09/10 22:30
国に誇りを、っつっても範囲が広過ぎるんだよ。
ぶっちゃけた話、新宿でガス爆発が起ころうが、
兵庫で現役教師が中学生にワッパかけたとか、
沖縄で少女がレイプされようがまあ関係ないと言えば関係ないもんね。
そんな大きな括りで日本に誇りを、っつったってねぇ・・・

323 :名無しさんの主張:01/09/10 22:35
石原慎太郎だって日米関係を考えると、日本は嫌いだ、といってる。でもあいつは自分では
愛国者のつもりだろ。同じ理屈で、日本嫌いのサヨクもまた屈折した愛国者なのだ。ウヨク
ほど単細胞じゃないだけ。

324 :名無しさんの主張:01/09/10 22:36
>>315
「アジア日本化」?
韓国併合のことか?

325 :143:01/09/10 22:42
>>324
大東亜共栄圏のことじゃん?違う気もするが。

326 :名無しさんの主張:01/09/11 01:29
>>319
お前在チョンだろ?
自分が誇るべき国がないからって、日本人の会話に水を刺すな。

327 :笑い川蝉:01/09/11 01:32
>>326
こんなのがいるんじゃ誇りにくいよなあ。日本。

328 :名無しさんの主張:01/09/11 01:40
>>327
なんで?

329 :笑い川蝉:01/09/11 01:48
>>328
お前在米ジャップだろ?
自分が誇るべき国がないからって、アメリカ人の会話に水を刺すな。

こんなのを「誇り」に してるアメリカ人がいたらどう思う?

330 :327:01/09/11 01:55
>>329
別に普通の反応じゃないか?
誇りについて話してる時に、

>だから騙されてるんだって。ウヨは。
>まあ「国家の犬」の称号でも与えよう。

だぜ?

331 :名無しさんの主張:01/09/11 03:39
>自国に誇りの持てる教育
特定のイデオロギーに偏らない、ありのままの歴史教育を望む。
そうすれば、日本の文化・歴史に自然と愛着が沸くだろう。
幸いにも、隣国と違い日本の歴史はそのままで十分魅力的だから。

332 :笑い川蝉:01/09/11 05:25
>>330
327は私ですが。

それはともかく、普通なんですね?アメリカでアメリカ人が

>だから騙されてるんだって。ウヨは。
>まあ「国家の犬」の称号でも与えよう。

っていったら

>お前在米ジャップだろ?
>自分が誇るべき国がないからって、アメリカ人の会話に水を刺すな。

って返されるのが普通だと?それでそれをアメリカ人が「誇りに思う」 のも
普通だと、こうおっしゃりたいわけですか?

333 :330:01/09/11 06:12
>>332
普通かどうかは別として、理解できる。(俺が書いたんだから当たり前か)
自国に誇りを持ったら「ウヨ」で「国家の犬の称号でも与えよう」と言う奴は、
反日であり、ということはザイである可能性が高い。だから尋ねた。間違いか?
そして、自分では誇りについて何も書いていない。
だから俺は煽りと判断して「水を刺すな」と書いた。間違いか?

それに、俺みたいなのがいるから日本に誇りに思えないなんて了見が狭すぎるな。
完璧に善良な国民しかいなければ国に誇りが持てないんだな。

334 :名無しさんの主張:01/09/11 08:32
>>333
319がどのレスに対するレスなのか、分からないからとりあえず一般論として述べたとして、
ウヨの誇り方ってのが「国家の犬」っぽい誇り方だからそういったんだろ。
あくまでも誇り方の問題だと思うぞ。

335 :名無しさんの主張:01/09/11 08:56
中共の犬

336 :名無しさんの主張:01/09/11 09:11
>自国に誇りを持ったら「ウヨ」で「国家の犬の称号でも与えよう」と言う奴は、
>反日であり

短絡的に過ぎるな。
自国に誇りを持ったら「ウヨ」なんて誰も言ってないだろ。ウヨ的な誇り方だから
ウヨなんだよ。
だいたい自分と誇り方が違うからといって「反日」なんていうシンプルを極めた思
考はある意味羨ましいが右翼さん全体の低質を疑われる原因になるからやめた方が
君らの名誉のためだぞ。

337 :笑い川蝉& ◆1zWv6mqc :01/09/11 09:23
>>333
>自国に誇りを持ったら「ウヨ」で「国家の犬の称号でも与えよう」と言う奴は、
>反日であり、ということはザイである可能性が高い。だから尋ねた。間違いか?

まず、>>319 には一言も’自国に誇りを持ったら「ウヨ」’とは書いていないのが
一つ。これは前後の流れを考慮しても文章の読解の間違いですね。

次にいわゆる「ウヨ」に対する批判を述べた人間は「反日」である。というのは
どういう根拠で述べられているのでしょうか?いわゆる「ウヨ」に対して批判的
なのは国民の大多数だと思いますが、ほとんどの国民は「反日」だとおっしゃら
れる?

同じように反日=ザイの可能性大というのはどのような根拠で?「ザイ」の大多数が
反日である、というデータには一度もお目にかかったことがありませんが?もっとも
「ザイ」が在日南北朝鮮人のことだと仮定して、ですが。

最後に

>「水を刺すな」と書いた。間違いか?

間違いですね。刺しちゃ駄目です。

338 :笑い川蝉ヲ& ◆2Vkq0G1I :01/09/11 09:31
ちなみにアメリカで>>329見たいなのに「理解を示す」のはKKKくらいですかねえ。

339 :名無しさんの主張:01/09/11 09:54
ゴーマニズム板が復活したYO!

340 :333:01/09/11 10:03
>>337
>まず、>>319 には一言も’自国に誇りを持ったら「ウヨ」’とは書いていないのが
一つ。

文脈もクソもないから全般を指していってると思ったが、たしかに書いてはないな。スマン。

>いわゆる「ウヨ」に対して批判的
なのは国民の大多数だと思いますが、

いわゆる「ウヨ」(2ch用語)ってのは、つくる会支持で反朝鮮だろ?
(少なくとも俺はこの認識で言った)多少なりとも知識のある奴は肯定してるって。

>同じように反日=ザイの可能性大というのはどのような根拠で?「ザイ」の大多数が
反日である、というデータには一度もお目にかかったことがありませんが?

俺も「ザイ」の『大多数』が反日というデータは見たことないな。
反日なザイが多い(割合でなく絶対数な)というのは幾らでも見かけるが。

>>「水を刺すな」と書いた。間違いか?
>間違いですね。刺しちゃ駄目です。

これまた失礼。水に流してくれ。

341 :一般人:01/09/11 10:40
ウヨのみなさん、外務省の前で抗議行動をやってくれ。
ああいうヤツラが国際的な日本の評判をおとすんだ。
日本の誇りを傷つけるのはああいうヤツラだ。
さあ。やってくれ。

342 :名無しさんの主張:01/09/11 10:42
>>341
君、「一般人」って恥ずかしいから止めた方がいいと思うよ。
まだサヨって名乗ってる方がマシ。

343 :名無しさんの主張:01/09/11 10:47
>>341
いや、評判は落ちないよ、仕事上の失策とかじゃないし。
それよりも内輪揉めで万歳三唱だろうね。

344 :名無しさんの主張:01/09/11 10:51
>>341
土下座外交に対する抗議だろ?
たしかに評判をおとしまくってるな。

345 :名無しさんの主張:01/09/11 11:00
資源の乏しい国は歴史上必然的に土下座外交となります。

346 :一般人:01/09/11 11:13
結局はお上には物申すことが出来ないわけだな。
一般人だからどうした?ん?
見苦しく話を逸らしちゃってまあ(藁

347 :R.E.M.:01/09/11 11:21
宅間がいようと,ネオ麦茶がいようと,そんな人間ばかりじゃあ無いぜ。

348 :一般人:01/09/11 11:30
大多数の日本人は日本に誇りを持っているはず。
だから、その日本を代表する金権政治化や犯罪政治家に、頭をたれて一票を投じてきたんだろ?
そう考えると、日本人の誇りとやらが、数々の政治腐敗や汚職を肯定し、それが社会全体に蔓延し、現在のようないきづまった社会を作り上げてしまったわけだな。
その事実から目をそらし、口先だけでお経のように誇り誇りとわめくことが、誇りある日本人の行動だというなら。
俺は誇り亡き日本人でいいよ。

349 :R.E.M.:01/09/11 11:32
>348
>大多数の日本人は日本に誇りを持っているはず。
「はず」ですか?
>そう考えると、
そうでなかったらどうなん?

350 :笑い川蝉:01/09/11 11:35
>いわゆる「ウヨ」(2ch用語)ってのは、つくる会支持で反朝鮮だろ?
>少なくとも俺はこの認識で言った)多少なりとも知識のある奴は肯定してるって。

多少なりとも知識のある奴、はつくる会や朝鮮、なんて大雑把にくくって
賛成も、反対もできないと思いますが。

どの点が疑問でどの点については反対でどの点については賛成なのか、知識の
ある人間なら自分の立場、ってのがあるんじゃあないですかね?

なんで一つの意見の違いで人を黒と白の集団にわけて、相手の集団を貶める事に
よって自分の正しさを主張するのか、私には理解できない。


>水に流してくれ。
水だけにね。

351 :R.E.M.:01/09/11 11:38
それこそ、俺の「レノンかつコヴァ」ですよ。
(俺は「知識がある奴」とは言いがたいが)そういう奴もいるってことですよ。
グループ別けは時として都合が良いかもしれないけど,罵倒しあうためなら全然無意味ってことですよ

352 :一般人:01/09/11 11:50
言葉尻を揚げ足取るしかないのかね。
大多数の日本人は日本に誇りを持っていなかった。
だから、ろくに政治能力も誇りもない金権政治化や犯罪政治家に、頭をたれて一票を投じてきた。
だけどそういう政治家を右翼って肯定しているんだよな(藁

353 :R.E.M.:01/09/11 11:52
>352
想像で一般論を語られてもリアリティが無いって話です。
もう少し自信を持ってください

354 :一般人:01/09/11 11:58
自信うんぬんの話じゃないだろ?
意見があるなら、論理だの一般論だの持ち出して建設的なこと言ってみてほしいけど。
重箱のスミをつつくような揚げ足取りじゃあなさけないよ。

355 :笑い川蝉:01/09/11 11:59
文化や歴史には誇りを持てるけれども。それと政治体制とはまた
全く別の話(持てるにしても、持てないにしても)だってのは、
当然の前提じゃあないんですかね。

356 :R.E.M.:01/09/11 12:01
>354
無いよ。君とは話の方向がちと違う気がするし。

357 :名無しさんの主張:01/09/11 12:04
>>355
凄まじく激しく同意。
なのに政治的選択の是非を問うと脊椎反射で反日と叫ぶウヨたんに激萎え。

358 :R.E.M.:01/09/11 12:05
ウヨとサヨは歩みよれないのか!?

359 :一般人:01/09/11 12:08
文化には誇りをもってはいるけどね。
政治ははずせないでしょ?
つごうのいいところ、きれいなところだけ切り取って差し出して、「はい、日本はイイ国ですね。誇りをもちましょうね」と言っても無理では?
それに、いまはもう文化より政治のほうが身近だろうしね。
衣食住足りて礼節を知る、と言うけど、リストラだのデフレだので生活や社会が行き詰まってて、のほほんと文化に思いをよせてはいられないだろうし。

360 :ドランブイ ◆brc76yZA :01/09/11 12:10
まあ一般人サンの言う事も判るよ、(歴史なんて言ってたら中国人やフランス人みたいになるぞ!)
現在の自分の属するユニオン、現国家にたいするナショナリズムは政治に対する関心の高さを誘起する。
汚職金満はそう言った制度では測れない自浄性の欠落に依る物。
クソREMの様に、「イヤだイヤだ、みんな社会が悪い」では話にならない。

361 :R.E.M.:01/09/11 12:12
>360
>クソREMの様に、「イヤだイヤだ、みんな社会が悪い」では話にならない。
REMて言うから俺かと思ったが・・・
俺はそういうこと言わないぞw俺のいない間に「クソREM」てのが現れたのかい?

362 :名無しさんの主張:01/09/11 12:13
>>355
私もそう思う。社会構造や政治家とか人口密度のせいにして
何もかも嫌になってしまうっていうのは、その人のアイデン
ティティに問題があるんじゃないのかな。

社会構造、政治家、人口密度といえば、在米インドネシア人
の知人が「自国はだめだ!」とぼやいていたが、それでも
その人は生まれ育った環境や、家族、教育、食べ物…いろい
ろ愛着も誇りも持っていたなあ。

早い話、他人よりまず自分をみるべきだよね。今自分があ
るのは何によるものなのか。悪いところもあるけど、日本
にしかなくて大事にしてゆきたいものはなんなのか…海外
に住んだことのある人はそういう差別化が容易なのかも知れ
ないね。異文化の人だって言うよ。「そりゃあ自分の故郷は
いろんな意味で一番ですよね。」ってね。

北米板スレッドでも議論されてるけど、国旗や国家だけで
「ウヨ」扱いされるのは日本くらいなんではないの?

363 :143:01/09/11 12:29
>>359
>それに、いまはもう文化より政治のほうが身近だろうしね。
>衣食住足りて礼節を知る、と言うけど、リストラだのデフレだので生活や社会が行き詰まってて、のほほんと文化に思いをよせてはいられないだろうし。
日本の文化に誇りを持っている人間の言葉とは思えんな。

364 :143:01/09/11 12:38
>>355
別の見方だけど、自分の国の文化や歴史に誇りを持っているからこそ
今の日本をそれに恥じない、いい国にしようという思考は当然でてくると思う。
それが今の日本にかけているのじゃないかと一般人さんは言いたいのかな?

365 :名無しさんの主張:01/09/11 12:48
いや、ただ単に汚職する「与党」政治家と官僚が嫌いなだけ
でしょうな。それと「ウヨ」と「サヨ」っていうのが混同さ
れてる。

366 :333:01/09/11 12:54
もしかして、今の政治を批判しないのがウヨなのか!?(>>348)
俺は他称ウヨだが、不満だらけだ!プソプソ!

>>350
二言。
>多少なりとも知識のある奴、はつくる会や朝鮮、なんて大雑把にくくって
>賛成も、反対もできないと思いますが。

「なるほど、自虐史観は変だ」「たしかに、今の南鮮はオカシイ」と思うであろうということ。

>なんで一つの意見の違いで人を黒と白の集団にわけて、相手の集団を貶める事に
>よって自分の正しさを主張するのか、私には理解できない。

俺はそんな意味ないことをするつもりは全くないから、俺にも理解できない。

367 :名無しさんの主張:01/09/11 13:05
>>366 いやいや、奴らの恣意的・意図的・意識的な呆れるほどに強力な意思を感じるのだよ。

368 :横レス:01/09/11 13:31
>>367
同意。
>>366はまともな人の様だが。

369 :笑い川蝉:01/09/11 13:40
>>366
> 俺はそんな意味ないことをするつもりは全くないから、俺にも理解できない

ならば右翼批判するやつはチョンだの、朝鮮は誇れる国じゃあないだの、腐った事は
言わんほうがいい。

>>357
>>362


政治体制なんて極端な話 市役所、なわけで、外国いったときにそこの市役所が駄目なら
「よしよし日本の市役所はよくやってる」。見るべきものがあるならば「これは見習った
ほうがいいな」ってな程度でそれ以上でもそれ以下でもないと個人的には思う。

370 :名無しさんの主張:01/09/11 14:46
中国人、今の日本とても良い思うね。
特に学校の先生が、素晴らしいアルネ。
いろんな権威を失墜させ、
国家から目をソラセることトテモ上手い。
自分国の過去、歴史を正当に教エマセん。
これ、中国にはトテモ良い。
自分の国に誇りモテナイ人増やすは
世界の中で日本ダケネ。
オリンピックも金髪デガンバッテル。
とても金髪似合うアルヨ。
イマ警察も、裁判所も、学校も、役所も
権力の必要なところすべてビクビク。
権力使えないアルネ。
この状態、中国ハ最モ求めていた。
アト少しね。
豚のように肥るヨロシ。
セックス・お金・物に狂いまくって国を忘れなさい。
自分のことだけ考えるヨロシ。
マスコミもっと頑張って「市民」「市民」と
煽てるヨロシ。
手も足も出なくなった時。
中国の出番アル。
アメリカは最後まで日本守れない。
2万人のアメ兵殺せば、
アメリカ国内世論が反戦に傾クアルヨ。
日本カラ手引く確実ネ。
中国徹底して人海戦術。
人殺す何トモナイ。
在日米軍人殺すには、
日本に中国人増やせばいいね。
あっという間にトドメさしてあげるアルヨ。
日本人美味しく肥ってください。
豚の料理は中国トテモ得意アルヨ。
我々の楽しみ、タクサン増やすマスコミ、
トテモ期待しているアルヨ。

371 :名無しさんの主張:01/09/11 15:44
中国人右翼好きあるよ。
何も考えず、疑問をはさまず、ひたすら国家に忠誠をつくしてくれるね。
奴隷みたいな人たちね。
これ、中国も採用したいシステムね。
中国も最近は体制に疑問を持つ人増えてきたね。
もっと日本の右翼みたいに、強い愛国心植え付けないとだめね。
愛国心が薄れているから、政治が腐敗したとか言い出すね。
社会主義に反対する人もおおくなてきたね。
政治の腐敗だとか汚職だとかイデオロギーとか、そんなこと国民考える必要ないね。
もっと日本の右翼を見習うヨロシ。
なにも考えず疑問をはさまずひたすら誇りと忠誠をもついい国民ね。
でも、日本の右翼たぶんいくじなしね。
口先だけね。
戦争になればまっさきに逃げて反戦叫ぶよ。
そんなところまでマネしなくていいね。






右翼なんてコワクないね。
ふだん威勢がいい人ほど、戦争になればスグ逃げ出すアルネ。

372 :143:01/09/11 16:08
>>371
中国人の中華思想って右翼思想と似てないか?
右翼なのに社会民主主義とはなんぞや?

373 :/):01/09/11 17:00
>>372 それいってりゃ北朝鮮なんて極右だぞ。

 ところで中国の革新派=市場主義・経済開放主義の方々って右派なの左派なの? 

374 :名無しさんの主張:01/09/11 17:08
確かにウヨたん、東京ドームで天皇誕生日にマスゲームとかしそうだもんな。

375 :名無しさんの主張:01/09/11 17:19
ウヨもサヨも全体主義という点では同じだという話もあるな。

376 :143:01/09/11 17:49
>>373
>それいってりゃ北朝鮮なんて極右だぞ。
そりゃそうだ(w
>ところで中国の革新派=市場主義・経済開放主義の方々って右派なの左派なの?
革新という意味なら左派でしょう。

>>375
>ウヨもサヨも全体主義という点では同じだという話もあるな。
思想によって人が集まれば自然とそうなるのでしょう。

377 :/):01/09/11 18:11
>>376 しかし私は国家の価値を軽視するリベラリスト・個人主義者であると自認しているが、この板では常に左翼左翼と呼ばれているぞ。

378 :R.E.M.:01/09/11 18:20
俺は平和主義者を自認してるが、ウヨとかガキとか言われるぞ

379 :143:01/09/11 19:52
私はひねくれ者なのでウヨとかサヨとかで区分けされるのが嫌いです。
思わず反発したくなっちゃう(w

380 :名無しさんの主張 :01/09/11 21:41
民主・資本主義→ウヨ
社会・共産主義→サヨ

というのが日本の戦前から綿々とつづく分類、

でも現代のヨーロッパの社会主義的民主主義の国や2党制のアメリカ
では、上記のようなイデオロギーの分散はあるにせよ、よりプラク
ティカルな意味で

リベラル派→サヨ
保守派→ウヨ

っていってるんだと思うのですが、解釈間違ってますか?

で、日本では混乱を招きがちである…と。
一体「与党」および右派政党→ファシストあるいは好戦的&経済至上
主義、サヨク→平和主義で福祉優先、マルクス主義なんて誰が決めた
のさ?どっちも中途半端じゃないか!

381 :名無しさんの主張:01/09/11 21:41
ウヨ・サヨ関係なく愛国心は大事。

382 :名無しさんの主張 :01/09/11 21:52
そうアルヨ。愛国心大事アル。
まえにワタシタチ、天安門で戦車で体制に反抗的な人民ひき殺したね。
外国からごうごう避難されたね。
でも、多くの愛国心ある中華民国人民は、もろ手を上げてワタシタチ政府を支持してくれたね、
これが愛国心ね。
日本人も見習うよろし。

383 :名無しさんの主張:01/09/12 00:04
アメリカ人は、愛国心持ってるのがふつうだね。
全員ウヨ状態?

384 :名無しさんの主張:01/09/12 02:32
>381
その当たり前のことが、馬鹿サヨには通じないのよ。
すぐ戦争戦争言い出すんだもんな。話にならん。

385 :380=381:01/09/12 04:29
>>383
一部のサヨ日本人の定義によると、全員ウヨになっちゃうね。

386 :名無しさんの主張:01/09/12 08:24
愛国心をすぐ戦争に結びつけるのは馬鹿サヨだけじゃないよ。
馬鹿ウヨも同じ。

馬鹿ウヨときたら、二言目には「お国の為に死ねるか?」だもんな。
何かと特攻隊の話を持ち出したがるし。

そういう意味でも、馬鹿サヨと馬鹿ウヨとはいい勝負。
勝手に両者で自滅してろ。

387 :名無しさんの主張:01/09/13 03:35
天皇制は日本の無責任体質の温床である
我々は再度君主制と共和制について考える
一部の日本人は以下の点に注目する
第2次大戦は自衛戦争である
日本国憲法は押し付けである
東京裁判はアメリカによる不当な断罪である(パール判事もそういっている)

上記を踏まえた上でしかし
それとは別個に以下の点について考えなければならない
東京裁判の性質がどうであろうと日本に責任はないといえるかどうか
昭和天皇の責任
日本国憲法が押し付けであるとしてもその妥当性
日本は責任をとるべきか否か
今後の日本の政治責任とは何か

これらは日本人一人一人が真摯に考えなくてはならない問題である

388 :名無しさんの主張:01/09/13 03:44
>>387
仮に昭和天皇に責任があったらどうだっていうんだ?
それが天皇制の否定に繋がると考えるなら、君は単なる電波君だよん。

389 :名無しさんの主張:01/09/13 03:57
日本のトップとして責任も取らずにのうのうとアメリカの庇護の元で
天寿を全うした者を天皇としてあがめる奴の気が知れない。

390 :名無しさんの主張:01/09/13 04:01
中曽根大勲位
実はすごいスキャンダラスな人だったりして
リクルート KSD 許・・・・・・
もしそうだとしたら金丸 竹下を超える超大物政治家
その真相は?

391 :名無しさんの主張:01/09/13 04:09
>>389
だから、それと天皇制との関係は?

392 :名無しさんの主張:01/09/13 08:46
天皇制が無責任体質の温床なんじゃなくて、
日本に無責任体質が先ずあって、天皇制がそれに
(天皇機関説などで)利用されただけなんじゃないの?

天皇制を潰したところで、例えば首相機関説なんて
出てきて無責任体制が築かれたら同じ事なんだから。

天皇制を批判するのは叩く対象が違うって感がある。

393 :名無しさんの主張:01/09/13 11:24
確かに、天皇制と戦争責任には直接的には関係ないな。
だが、昭和天皇は確実に、敗戦国の責任者として戦争責任を負うべきだった。

394 :名無しさんの主張:01/09/13 11:43
>>393
確かにそうかもしれないが、最もむなしい「べき論」だな。
今更天皇制を解体したところで、その事実は変更できない。
せめて有効活用したほうが、まだしも国の為になる。
天皇制を解体したら、日本は世界のお笑い大国に成り下がるな。
何のプライドもないお笑い大国にね。

395 :名無しさんの主張:01/09/13 11:57
>>394
別に天皇制を解体せよといっているわけじゃない。
歴史認識として、日本人の手による先の大戦の再認識が必要ということ。
その中で、昭和天皇の日本人に対する責任、政府の日本人に対する責任を
きちんと追求し向き合わなければならないと言うこと。

396 :名無しさんの主張:01/09/13 12:19
>>395 正論だとしても(薄っぺら過ぎて判別不能)、意味のない議論!
おまえ、つまらんな...

397 :/):01/09/13 14:00
>>395 まったく具体性に欠ける意見であります。
 小学生が「2がっきのもくひょう」という作文で「いろんなことをがんばります」ってかいてんのと同レベルです。

 私としては戦前、戦中の日本という国自身やその政治指導者、当時の国家元首であった昭和天皇も、現在の日本国民にとっては敵であって、懐古的にその日本に対しても愛国心なるものをもつべきではないと思う。
 現在の日本は、敵である戦前、戦中の日本から解放されることにより建国されたのだ。
 天皇にしても、敬愛すべきは現在の日本国の象徴たる天皇であって、戦前・戦中の国を統治する万世一系の天皇は敵である。

398 :R.E.M.:01/09/13 14:18
帝国との繋がりを否定するなら補償だとか謝罪だとかはしなくて良い?

399 :/):01/09/13 14:24
>>398 そうはいかんでしょ。
 今の日本は戦中日本とは別人格であるとしても包括承継人ではあるわけだからそれなりの補償はしなきゃならんとおもう。
 謝罪というのはよくわからん。なんか昔の日本があほなことしたそうやけど許してやってや、といって許されるのであればしたらええけど、少なくともいまの日本人にはそういう道義的な責任はないと思う。

400 :名無しさんの主張:01/09/13 14:45
>>397
あなたの論理だと、戦前の日本国民も敵でしょうねえ。

401 :R.E.M.:01/09/13 14:52
敵の尻拭いをするってのは何か変な感じ♥

402 :/):01/09/13 14:58
>>400 戦前の日本国民は国のために死ぬのが尊いと思い込まされていた被害者だよ。

403 :R.E.M.:01/09/13 15:07
来年の夏は知覧に 行こうかなあ

404 :名無しさんの主張:01/09/14 10:11
>いまはもう文化より政治のほうが身近だろうしね
文化をどういう風にとらえているかは分からないが、一杯のみそ汁から昇る湯気、
ふすまを開くときに手に感じる敷居の滑らかさと軽さ、糊の利いた浴衣の衣擦れ。
これらより政治の方が身近に感じるというのであれば、残念だけど、日本の文化は
もう失われていると感じるよ。
文化を語る人が、こういう人物ばかりでないことを信じたい。

405 :名無しさんの主張:01/09/14 11:38
日本の夏、金鳥の夏。

406 :R.E.M.:01/09/14 11:42
天皇を「たかが象徴」という人がいる。象徴って「たかが」かね?
身近なところでアメリカや韓国に行って、「たかが象徴」である国旗を燃やしたらどうなるだろう。
誰か、そんなパンク精神を貫ける奴、いない?
素朴に好奇心です。

407 :>1:01/09/14 13:05
じゃあ今すぐ日本人やめて外国で暮らせ。
1みたいのを自覚がない、夜郎自大って言うんだ。
日本人として生まれ、日本という国家システムの中に暮らし、
少なからずもその恩恵を受け続けて生活してきたのを棚にあげて
そういう事を平気でのたまう。
1や1の主張に共鳴する輩どもは皆売国奴。

408 :/):01/09/14 13:13
>>406 私もどちらかといえば「たかが象徴」だとは思っているが、天皇を燃やそうなんて考えたこともない。

409 :名無しさんの主張:01/09/14 13:14
「自分に誇りを持てる」事と自分の国に誇りを持つ事は
それぞれについて尊重されるべきものであって、
「自分に誇りを持」つ事と引き換えに
「自国に誇りの持てる教育」を切り捨てるような論法は間違いだ。

410 :R.E.M.:01/09/14 13:18
>408
いいね。「天皇を燃やす」
いや、よくないか。過激派だなぁ

411 :名無しさんの主張:01/09/14 13:20
「自国に誇りの持てる教育」なんてしてる時点でアウトだよ。
要するに誇れるような自国でないから「自国に誇りの持てる教育」
するんだろ。韓国とか中国とか。

日本は自国を誇る必要なんて無い。だって日本がすごいのは
『自明』の事実だから。あんまり自国自慢をすると嫉妬買うよ。

412 :R.E.M.:01/09/14 13:21
正直、教育云々に関係なく自然と持てるものだと思うんだがね。>自国の誇り

413 :名無しさんの主張:01/09/14 13:28
正直、教育云々に関係なく自然と持てるものだと思うんだがね。>分裂体質の自覚

414 :名無しさんの主張:01/09/14 13:46
文化や歴史は、その中にどっぷり浸っていると
空気のようにその大事さに気付かないんだね。
天皇要らないとかもそうだ。
なくしてから後悔するパターンだね。

>>411
日本ははっきりいって誇りをもてる国だと思うよ。
それがわからないのは、ひとつには教育のせい。

415 :名無しさんの主張:01/09/14 13:47
>>411
>「自国に誇りの持てる教育」なんてしてる時点でアウトだよ。
>要するに誇れるような自国でないから「自国に誇りの持てる教育」 をする

この部分、激しく同意。

416 :名無しさんの主張:01/09/14 13:55
>>414
教育しなければ分からない誇りなどゴミ以下だろ

417 :名無しさんの主張:01/09/14 13:58
>>411
「日本がすごいのは『自明』の事実」

そうか?
大人にとっては自明でも子供にはどうすごいのかがわからないんだよ。
コンビニや自販機が町にあふれてるのを当たり前だと思ってる。
江戸時代にライプニッツより先に行列式を発見した日本人がいた。
学ばなければわからないことも多いだろ。

てゆうか、こんな自明なこと言わせるな!
あほらしい。

418 :R.E.M.:01/09/14 14:01
「ほら、日本って凄いだろ〜」
ではなく、「こんなことがありました。」「こんな人がいました」
ってだけでも十分っす

「ほら、日本って悪いだろ〜」
ではなく、「こんなことがありました」「こんな人がいました」
ってだけでも十分っす

419 :名無しさんの主張:01/09/14 14:03
俺は20歳ぐらいまで、日本なんて最低だと思ってた・・・。
今は逆だけどね。

420 :名無しさんの主張:01/09/14 14:03
なんせ、異文化との摩擦を経験したことのない国だけに自文化を軽視
し続けてるからなぁ。
だいたい政治からして、「誇りを持つ」(愛情を抱く)のは日本の体
制であって(例えば国体護持を叫んだり、例えば天皇至上主義だった
り)>>404的な意味での文化を自覚的に愛情を抱いている人は少数な
んじゃないかな。
だから、政府の考えている「誇り」の対象と、本来の意味での「誇り」
の対象が乖離しているから、「自国に誇りを持てる教育」なんていう
面白いことを言い出すんだろうと思う。

421 :名無しさんの主張:01/09/14 14:04
ここで言っているのは思想教育ってことだろ? 同じ知識を与えても
そこから何を感じ取るかは本人次第だしね。
もっとも思想教育ってこと自体がすでに敗者の発想だが。

422 :R.E.M.:01/09/14 14:05
「自国に誇りを持てる教育」
これは今までの所謂「自虐史観」への反動っすか?>専門家の方々

423 :名無しさんの主張:01/09/14 14:06
自国に誇りを持つ教育→素直に誇れる部分は誇る教育

424 :名無しさんの主張:01/09/14 14:07
>>422
その自虐史観とやらが分からないよ。

425 :/):01/09/14 14:28
 自虐史観
 日本人は太平洋戦争のときに正義の自由民主主義国家アメリカ合衆国に真珠湾攻撃をするなどという卑劣なことを行いました。
 したがって、原爆2発落とされても当然です。今後ともアメリカの言いなりになって、属国として生きていくのが償いです。
 また、中国で大虐殺やったり韓国人女性を慰安婦としてむりやり何人もチンチン突っ込んでザーメンまみれにしたり韓国人日本に強制連行して強制労働させたりひどいことしました。
 日本人は最低最悪の卑劣な民族です。この罪はいくら謝罪しても謝罪しきれるものではありません。
 今後とも、中国や韓国の方々が補償しろとおっしゃればお望み通りの金額をお支払いしますし、歴史教科書がヘンだよと言われれば素直に書き直しますし、地方議会参政権くれとおっしゃればもちろん献上いたします。
 だってアタリマエじゃないですか。私たち日本人はあんなひどいことしたんですもの
 ・・・という考え方のこと・・・?

426 :名無しさんの主張:01/09/14 14:31
そんな史観は学校でも習わなかったYO。自虐教育なんて妄想じゃないの?

427 :R.E.M.:01/09/14 14:32
そうなの?

428 :名無しさんの主張:01/09/14 14:45
メディアリテラシーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

429 :奈々四散:01/09/14 15:05
俺もそんな教育は受けなかったな。
中学の担任からはこう教わったよ。

「恥に無自覚であったり、過ちを認めない人間が持つ「誇り」などは
単なる自己欺瞞である。
例えば、誇りある真の愛国者は泥にまみれた国旗でも高々と掲げるが、
そうでない者たちは、汚れを隠し粉飾して掲げようとする。
後者こそは自己と他者を同時に欺き、自尊心という美徳を貶める愚者だ。」

別に尊敬に値するような人格者じゃなかったけど、この言葉は印象に残ってる。

430 :R.E.M.:01/09/14 15:08
素敵な先生っすね

431 :名無しさんの主張:01/09/14 15:10
江戸時代末期までの日本は良い国だったが、
明治維新から敗戦までは最悪の国だった。
という考えは自虐的でせうか?
それとも、誇り高い考えでせうか?

432 :名無しさんの主張:01/09/14 15:11

     彡ミミミヽ ノ彡ミミ)))
  ,((彡彡ミミミミ))彡彡)))彡)))
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡))))
  ))ミ彡゙         ミミ彡(((
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
 ((ミミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ)))))
 ((ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡ミ))
((ミミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡ミ))
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < >>429 感動した! すばらしい
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/

433 :名無しさんの主張:01/09/14 15:11
>>431
実に誇り高い。

434 :R.E.M.:01/09/14 15:12
>431
よくわかんねーよ
それだけで高くなる「誇り」って何なんだい?

435 :名無しさんの主張:01/09/14 15:13
>>429
すばらしい。

436 :/):01/09/14 15:15
>>431 そして今はすばらしい国に生きています、ってのがついて
 やっと誇り高い。

437 :R.E.M.:01/09/14 15:15
此度のテロで米国民がボランティアに励む姿を見て感動しましたが、
あれはどうよ?

438 :R.E.M.:01/09/14 15:16
>436
そうなん?
その素晴らしい国に誇り持っていいすか?

439 :やめられない名無しさん:01/09/14 17:34
>>437
そういうのもひとつだと思う。箇条書きにすればいいんだよね。

440 :/):01/09/14 17:39
>>438 いいじゃないすか。
 でもってその国に誇りを持ち、愛するからこそ誤った方向に向かおうとする国を憂い、国をよくしようと議論し、努力するんでないすか。

441 :やめられない名無しさん:01/09/14 17:41
アメリカの大手ブロードキャスト社および大衆紙の
「インターナショナル」欄では、いわゆる先進国の
様子はあまりとりあげない。不幸な第3国の様子ばか
り書くんだよね。

もちろんそういう国からの移民が沢山いるせいもある
んだけど、アメリカ生まれのミドルクラスの人達は、
自分達がどんなに素晴らしい国にいるか実感すること
ができるんだよね。

日本では同じ国の出来事をとりあげても、「文明批判」
と「洗練された文化的国家賛美」の間で揺れてるよう
なメッセージを含む文章しか書けない。

442 :名無しさんの主張:01/09/21 07:05
消滅帽子age

443 :名無しさんの主張:01/09/22 18:04
 扶桑社版を一読して明らかなことの一つは,これは日本の国家エリートの視点に立
つ歴史叙述だということです.歴史の中での被支配者や,差別されたり侵略された人
々の視点と行動には,きわめて小さな比重しか認めていません.
 昨今,「歴史は物語だ」という言い方が流行っています.絶対に正しい唯一の歴史な
ど存在しないことは確かですが,だからと言って,すべての「物語」が同じ平面に並ん
でいる訳ではありません.「物語」は,支配・被支配という権力関係に組み込まれており
,扶桑社版は,国家の支配エリートの「物語」に焦点をすえています.
 そのことは,この教科書の執筆者が,1945年の敗戦や,それに続く民主化と非軍事化
を,“まだ癒えない「傷痕」”と呼ぶような見方につながっています.これは執筆者が
,それ以前の旧体制の国家エリートの視点に立っていることを示しています.
 しかし,もし執筆者が民主主義を否定するのでないならば,なぜ日本は自力で民主
主義を確立できなかったのか,と率直に自問すべきなのです.なぜ,「外からの革命」
なしに日本は民主化できなかったのか,はたして旧支配エリートが民主主義を「自主的
に」選んだだろうか,旧日本軍や軍部の解体なしに,民主化ができただろうか.
 それは他面で,国家エリートではなく民衆の歴史の中に,私たちが誇ることのできる
民主化の萌芽がどのように生まれてきたか,そのルーツを探ることであり,また戦後の
「外からの民主化」を土着化し,自分のものにするために,どのような下からの努力や
たたかいが行われてきたかに着目することでもあるのです.下からの民主化のない民主
主義などありえないからです.したがって,いま私たちに必要なのは,国家やその支配
エリートの視点にしばられない,民衆の歴史や社会史にまで深く掘り下げた教科書では
ないでしょうか.

444 :名無しさんの主張:01/09/23 00:47
>>443
現行の中学歴史教科書が、異常なほど被支配者・被差別者に比重をおきすぎてるからね。
扶桑社版が「国家エリートの視点」とは言えないと思うな。
神話や文化面に特徴がある教科書だと思うよ。一石を投じたのは確かだね。

139 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)